大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!サンシャイン!!SS > かなマリ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1499008999/

    1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 00:23:19.93 ID:YQU7Se2u.net

    かなまり



    3: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 00:27:16.95 ID:YQU7Se2u.net

    理事長室


    ガチャ


    果南「ん、おつかれ」


    鞠莉「うん」カリカリカリ


    果南「...」テクテク


    鞠莉「...」カリカリカリ


    果南「はぁ...つかれたぁ」ギギッ


    鞠莉「練習、終わったの?」


    果南「みんなもう帰ったよ」


    鞠莉「...そ」



    5: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 00:29:20.44 ID:YQU7Se2u.net

    果南「よっこいせ」


    鞠莉「...」カリカリカリ


    果南「なんか手伝おっか?」


    鞠莉「ノープロブレム...ありがと」カリカリカリ


    果南「ちぇー」


    鞠莉「...」


    果南「...」


    鞠莉「私のこと、待ってなくても平気よ?」


    果南「うん」



    7: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 00:31:35.71 ID:YQU7Se2u.net

    鞠莉「...」


    果南「理事長の仕事、あとどのくらいで終わるの?」


    鞠莉「うーん...」


    果南「うーんて」


    鞠莉「...」ガタッ


    果南「...?」


    鞠莉「ほい!ほい!ほい!」


    果南「なにそれ!??なにその動き!?!!?」


    鞠莉「お仕事おーわりマシター!こんぷりーと!喜びのダンス!」


    果南「おおー」パチパチパチ




    【果南「ただの雨の日」鞠莉「ただの放課後」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497276256/

    1 : ◆tdNJrUZxQg 2017/06/12(月) 23:04:16.94 ID:NUfsjtd30

    ラブライブ!サンシャイン!!SS





    2 : ◆tdNJrUZxQg 2017/06/12(月) 23:05:28.03 ID:NUfsjtd3o

    だんだんと梅雨入りの気配も近付いてきた6月の頭のこと。


    鞠莉「せっかく、こっちに戻ってきて、初めての誕生日みたいなもんだからさ」


    居間でルビィが運んできてくれたお茶を啜りながら、聞き流す。


    鞠莉「ほら、去年はいろいろ大変だったじゃない?だから、今年こそはって──」

    ダイヤ「……さて、今日の課題は──」

    鞠莉「ちょっとダイヤ!?聞いてるの!?」

    ダイヤ「……むしろ、聞いてるように見えますの?」


    黒澤家を突然来訪し、延々と喋り続ける金髪娘に言い返す。



    3 : ◆tdNJrUZxQg 2017/06/12(月) 23:05:54.35 ID:NUfsjtd3o

    ダイヤ「……それでなんの用ですの?」

    鞠莉「だーかーらー!!今年こそ果南との素敵なBirthdayを過ごしたいって話!!」

    ダイヤ「はぁ……」


    わたくしはため息交じりに天井を仰ぐ。


    鞠莉「もう!久しぶりに会った幼馴染にその対応はないんじゃないの!?」

    ダイヤ「久しぶりって……まだ3ヶ月も経ってませんわよ」


    浦女も卒業し、鞠莉さんは一人県外の大学へと進学していったのですが──



    4 : ◆tdNJrUZxQg 2017/06/12(月) 23:06:21.35 ID:NUfsjtd3o

    鞠莉「ダイヤと果南はいいよね!未だに実家暮らしで……」

    ダイヤ「鞠莉さんも家にはお手伝いさんがいると聞きましたけど?一人暮らしではないのでしょう?」

    鞠莉「あれはパパが勝手にやっただけ!わたしは一人でも全然ダイジョブだって言ったのに!」


    たぶん、鞠莉さんのお父様の判断が正しいと思いますが……

    鞠莉さんを一人にしたら何をしでかすか本当にわからないですし。


    鞠莉「……ダイヤ……今、失礼なこと考えてない?」

    ダイヤ「……それはともかく、なんで果南さんとの話でわたくしの家に来たのですか?」

    鞠莉「え、それ聞く?」

    ダイヤ「……はい。全く話が飲み込めてないので」

    鞠莉「……あーこれだから硬度10のダイヤモンドヘッドは乙女心がわからないのよ」

    ダイヤ「……誰かいませんかー?この金髪シャイニー娘を今すぐ家から追い出して──」

    鞠莉「Sorry!!わたしが悪かったよ!!」




    【鞠莉「──期待する誕生日。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1496836744/

    1: 名無しで叶える物語 2017/06/07(水) 20:59:04.15 ID:Phr8gLai.net

    鞠莉「けど?」

    果南「こんなものが一緒に入ってたんだけど」

    鞠莉「当たり前じゃない、マリーが入れたんですもの」

    果南「紐だよね?」

    鞠莉「紐というか…正確にはリボンね」

    果南「随分長いね、2mくらいありそう」

    鞠莉「そうね、それくらい必要ですもの」

    果南「鞠莉、あのさぁ…」

    鞠莉「なにかしら?」

    果南「先に言っちゃうけど」

    鞠莉「うん♡」



    2: 名無しで叶える物語 2017/06/07(水) 21:01:10.60 ID:Phr8gLai.net

    果南「やんないから」

    鞠莉「えっ!?」

    果南「『えっ!?』じゃないし」

    鞠莉「やってくれないの?」

    果南「普通やらないでしょ」

    鞠莉「そうかしら?マリーならやるわよ」

    果南「えっ!?」

    鞠莉「『えっ!?』じゃないわよ」



    3: 名無しで叶える物語 2017/06/07(水) 21:03:15.93 ID:Phr8gLai.net

    果南「念のため聞くけどさ」

    鞠莉「何かしら」

    果南「この紐なにに使うの?」

    鞠莉「紐じゃなくてリボンよ」

    果南「そこはこだわるんだね」

    鞠莉「そうね、大事なことですもの」

    果南「で、質問の答えは?」

    鞠莉「念のため答えるわね」

    果南「うん」



    7: 名無しで叶える物語 2017/06/07(水) 21:16:11.87 ID:LyuX8yZI.net

    鞠莉「プレゼントに掛けるのよ」

    果南「ふーん」

    鞠莉「なによその反応」

    果南「プレゼントって?」

    鞠莉「果南からマリーへの誕プレに決まってるじゃない」

    果南「へー」

    鞠莉「なによその返し、ムカつく反応ね」




    【果南「鞠莉、バースデイパーティーの招待状届いたんだけどけどさ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487067074/

    1 : ◆yZNKissmP6NG 2017/02/14(火) 19:11:14.90 ID:XdM+YPyno

    果南「はい、これ。鞠莉のぶん」

     表情には出ていないと思う。

     声色にも出ていないと思う。

     何の違和感も、不自然さもなく。

     私は、その包みを彼女に差し出した。

    鞠莉「Oh,thank you! 果南ったら私にだけくれないのかと思ったわ」

    果南「そんなわけないでしょ? タイミングが合わなかっただけ」

    鞠莉「タイミング、ねぇ……」

     訝しみながら私が渡した包みを見つめる鞠莉に、心がざわつく。

     ああもう、なんでこんな気持ちになんなきゃいけないんだろう。

     バレンタインなんて、大っ嫌い。





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 19:12:09.43 ID:XdM+YPyno

     今どき女の子同士でチョコレートをあげるのなんて、別に珍しくもなんともない。

     女子高である浦の星も、だから、バレンタインデーが無関係というわけではなくなってくる。

     Aquoursのメンバー同士でも渡しっこしていたし、私も他の部員にチョコをあげた。

     そう。だから、鞠莉にあげるのだってなにひとつおかしなところはない。

     そう、自分に言い聞かす。

    鞠莉「じゃあ、果南の考えるベストタイミングっていうのはさ」

    果南「え?」

    鞠莉「部員がみーんな帰った後、夕日の差し込む二人きりの部室のことをさすの?」

    果南「ぅ、え?」

    鞠莉「だってそうでしょう? 他の子たちにはとっくに渡してたじゃない」

    鞠莉「私に渡すベストタイミングは――今、ってこと?」

    果南「いや、それは別に、」

    鞠莉「ねえ、果南」

     遮るように。射抜くように。

     鞠莉の言葉が、まっすぐ飛んでくる。


    鞠莉「これは――何チョコ?」



    3 : ◆yZNKissmP6NG 2017/02/14(火) 19:13:41.25 ID:XdM+YPyno

    果南「――――」

     友チョコだよ。やだなぁ、変な勘違いしないでよ。他の子にあげたのとおんなじだよ。

     笑いながら、そう言ってしまえばよかったのに。

     言葉が、喉の奥から出ようとしない。

     それを言ってしまえば、とても大切ななにかを裏切ってしまうような気がしたから。

     だけど、その逡巡は、とても聡い鞠莉になにかを思わせるには十分な時間。

    鞠莉「ふぅん。そっか」

    果南「いやいやいや、なにか勘違いしてない? 鞠莉。それは別に、」

    鞠莉「はい、私からもHappy Valentine」

    果南「え? ……あ、えっと」

     ひょい、と。

     なんのためらいも、感慨もなく。

     鞠莉もまた、きれいな包みを私に差し出す。

    果南「……ありがと」

     なんだか拍子抜けしたような気分。

     なぁんだ、私が勝手に深読みしただけか――

    鞠莉「あ。本命だから、それ」

    果南「――――っ」

     ――この子は、本当にずるい。




    【果南「Guilty Kiss」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1491916031/

    1: 名無しで叶える物語(かぶらずし)@\(^o^)/ 2017/04/11(火) 22:07:11.48 ID:5RW6MIBt.net

    ※実験SS



    2: 名無しで叶える物語(かぶらずし)@\(^o^)/ 2017/04/11(火) 22:07:37.32 ID:5RW6MIBt.net

    鞠莉「誰かに見られなかった?」

    果南「いや平気」

    鞠莉「果南、ほんとにいいの?」

    果南「なんで?」

    鞠莉「まだ、思い切れなくて…」

    果南「理由……聞いてもいい?」

    鞠莉「ノンケに戻れないのよ?怖くないの?」

    果南「少しだけ」

    鞠莉「レズになるのよ…こわいの」



    4: 名無しで叶える物語(かぶらずし)@\(^o^)/ 2017/04/11(火) 22:09:20.27 ID:5RW6MIBt.net

    果南「ごめん、そうだったんだ」

    鞠莉「気がついちゃったのわたし」

    鞠莉「日常に戻れなくなるかもって……」

    果南「わかるよ…そうだね…」

    鞠莉「早く言えばよかったね、ごめんね…くだらないことで」

    果南「くだらなくなんかないよ」

    果南「ずっと鞠莉は悩んでたんだね」




    【鞠莉「つながれた」果南「両手」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1491309762/

    1: 名無しで叶える物語(きびだんご)@\(^o^)/ 2017/04/04(火) 21:42:42.60 ID:hhKPJd3p.net

    果南「センター?私が?」

    千歌「うん!この前投票あったでしょ?それで果南ちゃん一番だったの!」

    果南「へぇ、そうなんだ」

    鞠莉「あっれぇあんり嬉しくないの?」

    果南「いや、そういうわけじゃ、」

    梨子「果南さんに合う曲を作るので、頑張ってくださいね」ニコッ

    善子「記念にプレゼントも用意してあげるわ!」

    果南「あっはは…いいよいいよ。そんな大袈裟にしなくても」

    曜「いやいや!果南ちゃん!センターだよ!センター!」

    果南「わかった、わかったって…」



    果南「私が1位かぁ…」



    3: 名無しで叶える物語(きびだんご)@\(^o^)/ 2017/04/04(火) 21:44:56.60 ID:hhKPJd3p.net

    果南(1回目は…曜がセンターだったよね)

    果南(ていうか私ビリッケツだし…。本当に正式な投票なのかな)

    ダイヤ「…果南さん?どうかしました?」

    果南「え?いや、」

    ダイヤ「センターのプレッシャーは大きいかもしれませんが、果南さんならきっと大丈夫です」

    鞠莉「そうよ!なんたって果南はsuper girlなんだから」

    果南「うん。ありがと」

    果南「…」



    4: 名無しで叶える物語(きびだんご)@\(^o^)/ 2017/04/04(火) 21:50:42.13 ID:hhKPJd3p.net

    果南(そういえば考えたことなかった。投票とか、人気とか、全然)

    果南(今まではAqoursのみんなと一緒にスクールアイドルがやれて楽しいって思ってた。それに今も。でもいざ自分がセンターなんて)

    果南「…おっかしいな。小さい頃からプレッシャーには強いと思ってたんだけど」

    果南「参ったなぁ…」

    ピトッ

    果南「…!冷たっ」

    鞠莉「チャオ♪帰らないの?もうみんな帰っちゃったよ」

    果南「…鞠莉の方こそ、もう最終下校時刻じゃないの」

    鞠莉「理事長の仕事が忙しくって♪部室に電気がついてたから寄ってみたのよ」

    鞠莉「…珍しいね」

    果南「…?」

    鞠莉「滅多に見ない顔してる」

    果南「あ~…わかっちゃうか…」

    鞠莉「ふふっ…当たり前よっ!果南を何年見てきたと思ってるの!」




    【果南「Happy party train」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1489335422/

    1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/03/13(月) 01:17:02.31 ID:eP81CYEW.net

    鞠莉「…」

    果南「え、何?どうしたの?」

    鞠莉「別に?」

    果南「いや…絶対に何かあったよね?」

    鞠莉「何もないわよ?」

    果南(いつも何考えてるか分かんないけど、今日ばっかりは本当に理解のしようがないよ…)



    2: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/03/13(月) 01:18:38.99 ID:eP81CYEW.net

    ―次の日―

    果南(昨日の鞠莉…一体どうしたんだろ…)

    ガラララ

    鞠莉 スタスタ

    果南「あ、まr…「喋りかけないでよ、果南」

    果南「え…」

    鞠莉 ツ-ン

    果南(えぇ!?私何かしたっけ!?)



    3: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/03/13(月) 01:21:15.16 ID:eP81CYEW.net

    ―放課後―

    鞠莉「ふふふ…順調よダイヤ!」

    ダイヤ「本当ですか?」

    鞠莉「もちろんよ!ダイヤが教えてくれた作戦のお陰ね!」

    鞠莉「これで果南のハートも…」ニコニコ

    ダイヤ「私もその手を使って意中の相手を落とすことに成功しましたからね」

    鞠莉「流石、生徒会長」

    ダイヤ「理事長に褒められるのは嬉しいですが、なんだか複雑な気持ちですわ」



    5: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/03/13(月) 01:24:37.46 ID:eP81CYEW.net

    鞠莉(ダイヤ考案の作戦…!)

    鞠莉(押してはダメなら引いてみる作戦!)

    鞠莉(いつもはグイグイ攻めてる私だけど…)

    鞠莉(急に奥手になって…なおかつトゲトゲとした……いわゆるツンとした態度を取れば…!)

    鞠莉(気になった果南は、いつも以上に私に構ってきてくれるはず!)

    鞠莉(生徒会長…マジ感謝)



    7: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/03/13(月) 01:26:06.22 ID:Ne1P2UFz.net

    頭脳プレイヤー鞠莉




    【果南「ねぇ、鞠莉」 鞠莉「…」ムスッ 果南「?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1489904655/

    1: 名無しで叶える物語(邪馬台国)@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 15:24:15.63 ID:A1YFPTuE.net

    鞠莉『はあじゃなくって』

    果南「お勤めお疲れさま」

    鞠莉『むー……』

    果南「なに?」

    鞠莉『……なんでもないのよなんでも』

    鞠莉『労いThank you, 果南』


    ガチャ

    ツ-…ツ-…



    5: 名無しで叶える物語(邪馬台国)@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 15:27:39.86 ID:A1YFPTuE.net

    果南「さて、と……」ノビ-ッ

    果南「えーっと、なになに…」

    果南「とりあえずチョコは刻んだから、生クリームを火にかけて……」カチッ


    ボッ

    果南「沸騰するまで待つ、と」

    果南「普通の料理なら適当でいいのにお菓子となると大変だよねぇ……」

    果南「前適当にやったら大変なことになったし…」


    プルルルルル

    果南「もう」



    8: 名無しで叶える物語(邪馬台国)@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 15:31:12.76 ID:A1YFPTuE.net

    プルルルルル
    プルルルルル


    キュッ ジャ- キュッ

    …フキフキ


    プルルガチャ

    鞠莉『私マリーさ 果南「もしもし?」

    鞠莉『電話に出るのがtoo lateよ?果南』

    果南「電話に出んわ……なんちて」


    鞠莉『…………果南』

    果南「鞠莉」

    鞠莉『鞠莉じゃないわ、マリーさん』

    果南「マリーさん」

    鞠莉『Good girl、果南』



    9: 名無しで叶える物語(邪馬台国)@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 15:34:54.08 ID:A1YFPTuE.net

    果南「で?今度はどこにいるの?」

    鞠莉『私マリーさん』

    果南「…またそこから言う必要ある?」

    鞠莉『今校門にいるの』

    果南「歩くのはやいね」

    鞠莉『だって早く会いたいもの』

    果南「も~まりぃ♡」

    鞠莉『ノンノン、私マリィじゃなくてマリーさんよ』


    ブツッ

    果南「……」


    ツ-…ツ-…




    【鞠莉『私マリーさん、いま浦の星の理事長室にいるの』果南「はあ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1489680896/

    1: 名無しで叶える物語 2017/03/17(金) 01:14:56.43

    果南「よいしょっと…!」ゴトッ

    果南「ふう、今日の作業完了! 帰って晩御飯だ」パンパン

    果南「…あれ?」

    果南「カギが無い?」

    果南「イルカちゃんのキーホルダーが…」

    果南(鞠莉からもらった大切な…!)

    果南「…あの時かも?」タタタッ


    果南「船尾には無いか…」キョロキョロ

    果南「あ… お客さんに手を貸した時!?」

    果南「船、出さなきゃ! 日が沈んじゃう!!」ドルルン



    2: 名無しで叶える物語 2017/03/17(金) 01:16:18.58

    ~~~~
    ~~~



    果南「…この辺だったはずだけど」GPS

    果南「まずいな~… 見当たらない」

    果南「お気に入りなのに…」

    果南「潮の流れからいって、もう少し南かなん?」ボソッ

    果南「って、独りでボケてる場合じゃない!」ドロロロロ…



    3: 名無しで叶える物語 2017/03/17(金) 01:17:40.29

    ~~~~
    ~~~


    果南「うわ~、トップリ暮れてきた」アセアセ

    果南「イルカちゃん、夜光になってるから見えるはず」キョロキョロ

    果南「もっと南かな~?」

    果南「…ん?」

    果南「やったね! 見ぃ~つけたっ!!」エヘン

    果南「アンカーかましてっと…」ヒョイボチャ

    果南「待っててイルカちゃん!」ザブン



    4: 名無しで叶える物語 2017/03/17(金) 01:18:45.88

    ~~~~
    ~~ザブザブ~


    果南「…よっと! ごめんねイルカちゃん」ゲッツ

    果南「さて、シャイニー丸に戻ろ…」ザブ


    果南「!!」



    果南「…っ、私としたことが」

    果南「潮が……速い…っ!」ギリッ



    5: 名無しで叶える物語 2017/03/17(金) 01:19:50.73

    果南「…くっ、流れに逆らうのは無理ね」ハアハア

    果南「たはは… 基本中の基本なのに、ダイバー失格だわ」テヘペロ

    果南(スーツは着てるから、しばらく浮いていられる…)

    果南(この潮じゃ流されながら岸に向かうのも無理…)

    果南(体力温存で、起死回生狙いね…)プカリ




    【果南「夜の海… 星がキレイ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1489239254/

    1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/11(土) 22:34:14.15 ID:8b+CsziY.net

    鞠莉「かなーん、えいっ」モミッ

    果南「きゃっ……もう、また鞠莉!」グイッ

    鞠莉「いーじゃなーい、少しくらーい!」

    果南「少しもなにも揉めば変わりはありません!」

    鞠莉「えー」

    果南「まったく……自分のでも揉んでなよ」

    鞠莉「それは何か違うのよねー」

    果南「触ってるものは変わらないじゃん……」

    鞠莉「もー、果南はわかってないなぁ」モミモミ

    果南「すぐ触る!」バシッ



    4: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/11(土) 22:36:38.87 ID:8b+CsziY.net

    果南「なにしてるの?」

    梨子「あ、果南さん」

    梨子「練習の前に少し曲を確認しておきたくて……」

    果南「曲って、次の?」

    梨子「うん、また次も早く作っておかないと」

    果南「千歌にも歌詞急ぐように言わないとね」クスクス

    梨子「ほんと」クスクス

    果南「じゃ、先行ってるね」ガララ

    梨子「うん、すぐ行きます」

    果南「他のみんなはもういってるかなぁ」モミッ

    鞠莉「私は今きたところかなぁ」モミモミ

    果南「朝揉んだばっかりでしょ!」ペシッ

    鞠莉「そういう問題じゃないの!」

    果南「なんで鞠莉が半ギレなの!」



    9: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/11(土) 22:41:46.12 ID:8b+CsziY.net

    ダイヤ「果南さん」チョイチョイ

    果南「どうしたの、ダイヤ」

    ダイヤ「今日は生徒会の方で用事があるので、少し遅れるとお伝えいただけますか」

    果南「んー、いいよー」

    ダイヤ「助かります」

    果南「たいへんだね、毎日」

    ダイヤ「いえ、嫌いなことではありませんから」

    果南「何か手伝えることがあれば言ってね」

    ダイヤ「ありがとうございます、では」

    果南「うん、またあとで」モミッ

    鞠莉「果南は偉いなぁ、友達を気遣ってあげて」モミモミ

    果南「鞠莉はえろいなぁ、人の胸ばっかり揉んで!」ペシッ



    14: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/11(土) 22:45:17.23 ID:8b+CsziY.net

    千歌「か、果南ちゃん、今日の夕方ひま?」

    果南「うん、別にひまだけど」

    千歌「よかった、最近耳がかゆくて……」

    果南「はは、わかった、今日は千歌んち寄ってくよ」

    千歌「やったー!」

    千歌「それじゃ、またあとでね!」

    果南「はーい」モミッ

    鞠莉「私も耳かきしてほしーなー」モミモミ

    果南「……それやめたらね!」ベシッ



    18: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/11(土) 22:47:58.69 ID:8b+CsziY.net

    曜「果南ちゃん、衣装のことで相談したいことがあるんだけど……」

    果南「んー?」

    曜「次の衣装、胸回りなんだけど……材料の問題で胸元を開かないといけないんだ」

    果南「どんな材料使ってんの?」

    曜「果南ちゃん開いちゃってもいい?」

    果南「うん、鞠莉も開くならいいよ」モミッ

    鞠莉「どうして私まで!」モミモミ

    果南「すぐ人の胸揉むから!」ベシッ

    鞠莉「ちなみに私は胸元オープンぜんぜんウェルカムだからね!」

    果南「それで隠すとか言われたら私怒る」



    21: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/11(土) 22:50:12.36 ID:3pLKNqFM.net

    隙あらば揉む




    【果南「逆に私が揉んだらどうなるんだろう」】の続きを読む

    このページのトップヘ