大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!サンシャイン!!SS > ルビかな

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1546419676/

    1: 名無しで叶える物語(湖北省) 2019/01/02(水) 18:01:16.13 ID:W0SPJhDI

    とある日の放課後、3年生の教室…

    ザァアアア…

    果南「…」

    果南「また雨か…」ハァ

    鞠莉「あめあめふれふれ かあさんが~♪」ガラッ

    鞠莉「じゃのめでおむかい うれしいな~♪」フフフン

    果南「鞠莉、雨なのにご機嫌だね?」

    鞠莉「イェース!マリーはレイニーでもサニーでもシャイニーなのデース☆」

    果南「あはは、なにそれ。で…どう?練習はできそう?」

    鞠莉「体育館は運動部が使ってるし、空き教室も無いから練習は中止だって」

    果南「そっか…これで今週は毎日、雨で練習が無くなっちゃったね」

    鞠莉「そういう時もあるわよ!」

    鞠莉「…そういえば、さっきの歌に出てくる“じゃのめ”ってなんなのかな?」

    果南「蛇の目。ヘビの目みたいな模様がついた和傘のことだよ」

    鞠莉「ワオ!果南ってばハクシキ~!」



    2: 名無しで叶える物語(湖北省) 2019/01/02(水) 18:01:48.03 ID:W0SPJhDI

    鞠莉「じゃあ練習も無いし、そろそろ帰ろっか?」

    果南「…ごめん鞠莉、今日は先に帰っててもらえる?」

    鞠莉「いいケド…どうかした?」

    果南「ん?いや、別に…」

    果南「ちょっと考え事…かな?」

    鞠莉「考え事って…何かあったの?」

    果南「心配しないで大丈夫。私も少ししたらすぐ帰るからさ」

    鞠莉「そう…?じゃあ私は帰るけど…」

    果南「うん、また来週ね」



    3: 名無しで叶える物語(湖北省) 2019/01/02(水) 18:02:17.79 ID:W0SPJhDI

    ザァアアア…

    果南「…」

    果南(なんだろ…私の心もこの雨みたいに晴れてくれない)

    果南(昔からそうだ。何か悩みがあるとき、決まって雨が降り続ける…)

    果南(鞠莉とも仲直りして…Aqoursに入って…毎日が楽しいはずなのに…)

    果南「どうして…なんだろ」ハァ



    4: 名無しで叶える物語(湖北省) 2019/01/02(水) 18:03:13.40 ID:W0SPJhDI

    ルビィ「あれ…果南さん?」チラッ

    果南「あ、ルビィちゃん」

    果南「今日は練習中止だよ。まだ帰ってなかったの?」

    ルビィ「う、うん。先生にプリント出して職員室から戻ってきて…」

    ルビィ「そしたら教室から果南さんの声が聞こえたから」

    果南「そっか…」

    果南「…」

    果南「ルビィちゃん、せっかくだし教室入りなよ。たまには話でもどうかな?」

    ルビィ「え…?る、ルビィとですか?」

    果南「うん。あ、用事があるなら大丈夫だけど…」

    ルビィ「う、ううん大丈夫です!いまそっちに行きますから!」




    【果南「私の中の止まない雨」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1532859202/

    1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー) 2018/07/29(日) 19:13:22.67 ID:eyXOifUK

    これはルビィが中学2年生でお姉ちゃん達が高校1年生の時のお話。

    果南ちゃん、えっと松浦果南ちゃんは浦の星女学院っていう高校に通うお姉ちゃんの友達。

    もう1人、お姉ちゃん達の友達の小原鞠莉ちゃん。

    鞠莉ちゃんは、ハーフの女の子で色々とあるみたいで、お父さんのいるアメリカに留学してた。

    で、この鞠莉ちゃんと果南ちゃんが付き合ってたんだけど、鞠莉ちゃんが転校してすぐに果南ちゃんは


    私のお姉ちゃんと付き合い始めた。



    3: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー) 2018/07/29(日) 19:15:35.62 ID:eyXOifUK

    ルビィがもっともっと小さかった頃は、お姉ちゃん達も3人で遊んでた。

    でもルビィもお姉ちゃんも大きくなるうちに、色んな習い事を始めさせられて

    それからあんまり鞠莉ちゃんも、果南ちゃんも家に来なくなっちゃった。

    お筝を片付けるお姉ちゃんの背中河いつも寂しそうだった

    でも、高校生になってお姉ちゃん達はスクールアイドルを始めた。



    4: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー) 2018/07/29(日) 19:17:02.41 ID:eyXOifUK

    お姉ちゃんもルビィも、スクールアイドルが大好きだったから、お姉ちゃん…すごい嬉しそうだった。

    ずっと寂しい思いしてたんだもん、やっとまた3人で遊べるねって

    ルビィ、ずっと思ってた。


    でも、違ったんだ



    5: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー) 2018/07/29(日) 19:19:24.78 ID:eyXOifUK

    さっきも言ったけど、鞠莉ちゃんが転校することになって、スクールアイドルは辞めちゃうみたい。

    えっと、話が少し前後しちゃうんだけど

    スクールアイドルをやってた頃、よく2人も家に泊まりに来てたことがあったんだ。

    そこでね、もっと小さな時は3人で寝てたのに、その時は鞠莉ちゃんと果南ちゃんだけ別の部屋で寝てたんだ。

    その時に見ちゃったんだよね、2人がしてるのを




    【ルビィ「果南ちゃん、もうルビィ子供じゃないよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529680721/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 00:18:41.45 ID:GSa90hge0

    とある昼下がり。ルビィ宅にて


    ルビィ「……」

    果南「……」

    ルビィ「ねぇ、果南ちゃん」

    果南「ん?なにかなん?お姉ちゃんとハグし」

    ルビィ「たくなるわけないでしょ」

    果南「えーいいじゃんハグしようよー」


    この人は松浦 果南。私のお姉ちゃんの幼馴染で、私の"もう一人のお姉ちゃん"です。





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 00:19:13.52 ID:GSa90hge0

    ルビィ「いやだよ〜暑いんだもんハグ」

    果南「それは私の愛がこもってるからだよ」(`・ω・´)キリッ

    ルビィ「なら尚更そんな人とハグしたくありません絶対に襲われます」

    果南「襲わないよ〜!」




    【ルビィ「私の"もう一人のお姉ちゃん"」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1527347790/

    1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/05/27(日) 00:16:30.08 ID:s4To7c94

    果南「なんで?」

    ダイヤ「お願いしますわ」



    2: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/05/27(日) 00:17:04.76 ID:s4To7c94

    ダイヤ「じつは、両親からお願いされましたの」

    ダイヤ「ルビィが自立できるようにって」

    ダイヤ「ほら、今って夏休みでしょ?」

    果南「うん」

    ダイヤ「だから一週間だけ、東京にある賃貸住宅にルビィを住ませるの」

    果南「へぇ」



    3: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/05/27(日) 00:17:39.20 ID:s4To7c94

    ダイヤ「でも、いきなり都会で一人暮らしなんて危ないでしょ?」

    果南「危ないね」

    ダイヤ「でもわたくしが一緒に行っても意味がないわ」

    果南「うんうん」

    ダイヤ「でもルビィ一人だと不安でしょ?」

    果南「そうだね」



    4: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/05/27(日) 00:18:07.84 ID:s4To7c94

    ダイヤ「だから果南さん、お願いしますわ」

    果南「えぇ~・・・困ったなぁ」

    果南「何で私なの?」

    ダイヤ「果南さんも卒業したら一人暮らしでしょう?」



    5: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/05/27(日) 00:18:30.47 ID:s4To7c94

    果南「まぁ確かに」

    ダイヤ「果南さんにもタメになる経験になると思ったのよ」

    果南「う~ん、納得した」

    ダイヤ「ではお願いしますわね」

    果南「仕方ないなぁ」




    【果南「私がルビィと共同生活?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1521588456/

    1: 名無しで叶える物語(禿) 2018/03/21(水) 08:27:36.51 ID:a6AQ2Q4f

    ルビィ「キスしよ?」

    果南「ダメだって」

    ルビィ「なんで?」

    果南「ダイヤに怒られるよ?」

    ルビィ「へーきへーき。こっそり、ね♡」

    果南「私も怒られるんだから」



    2: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/03/21(水) 08:29:49.79 ID:PoLdSV4y

    |c||^.- ^|| こっそりすればバレませんわ



    7: 名無しで叶える物語(禿) 2018/03/21(水) 08:35:57.20 ID:a6AQ2Q4f

    ルビィ「だって果南ちゃんのこと大好きなんだもーん!」チュッ♡

    果南「あっ!もう///」

    ルビィ「えへへ〜♡果南ちゃん可愛い♡」

    果南「ダイヤにバレても知らないよ?///」

    ルビィ「お姉ちゃんには内緒ね♡」





    みたいなのいいと思う




    【ルビィ「果南ちゃんだいすき!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1509098496/

    1: 名無しで叶える物語 2017/10/27(金) 19:01:36.31 ID:/GYHIjGk.net

    ルビィ(16)「ねぇ果南ちゃん、まだ結婚できないの?」


    ダイヤ鞠莉「は?」


    果南「」



    11: 名無しで叶える物語 2017/10/27(金) 20:09:09.13 ID:iYnZcnat.net

    鞠莉「かなーん?」ゴゴゴ……

    ダイヤ「果南さん」ズゴゴゴゴ……

    果南「うん。待って。小さい頃の約束だってば」

    果南「ルビィだってふと思い出しただけで、本気でなんて言ってないよねっ!?ねっ?!」

    ルビィ「ルビィは本気ですよ?」

    果南「」



    13: 名無しで叶える物語 2017/10/27(金) 20:12:34.79 ID:iYnZcnat.net

    ノξソ>□<ハ6 Noooooooo!oh my God!!!

    |c||σ.□σ|| ンマアアアアア!!!

    果南「やっば……。る、ルビィ!逃げるよ!!」ギュッ

    ルビィ「あっ……///」

    タッタッタッ


    ダイマリ「「待ちなさいこのスケコマシー!!」」




    【ルビィ(6)「えへへ、ルビィおとなになったらかなんちゃんとけっこんするー」果南「よしよし、考えとくね♪」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1487525075/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/20(月) 02:24:35.51 ID:TFNn7Yim.net

    かなルビ
    完全な妄想の世界なのでご注意ください



    3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/20(月) 02:27:14.48 ID:TFNn7Yim.net

    果南「え?」

    ルビィ「さよなら・・・」

    果南「ちょっ、待ってよ!」

    ルビィ「ルビィのこと好きじゃないくせに!!」
    果南「え?ルビィ!!」



    12: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2017/02/20(月) 02:31:50.75 ID:JqM9U42z.net

    ルビィ(果南さんはルビィのこと、最初から彼女として見てくれてなかったんだ。友達の妹だからって、優しくしてくれてただけなんだ・・・。)グスッ

    ルビィ(バカだなあ・・・ルビィって・・・)ポロポロ



    21: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2017/02/20(月) 02:36:46.43 ID:JqM9U42z.net

    ルビィと果南さんが出会ったのは、小学生のとき。
    ルビィはずーっと前から、優しくてかっこいい果南さんに憧れてた。
    中学生になったぐらいで、この気持ちが恋なんだって気づいたんだ。
    勇気を出して告白したら、果南さんは優しくギュッって抱きしめてくれた。
    嬉しかったなあ・・・



    29: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2017/02/20(月) 02:41:44.04 ID:JqM9U42z.net

    だけど、果南さんにはルビィみたいな子供は釣り合わない。
    最初から分かってたのに・・・
    なのに悲しいんだ・・・



    果南「うっ・・・ううぅ・・・」ヒック

    ダイヤ「泣かないでください、果南さん」



    39: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2017/02/20(月) 02:48:10.82 ID:qG1gxfbh.net

    果南「ダイヤ・・・私、ルビィに嫌われるようなことしたかな・・・」グスッ

    ダイヤ「ルビィがあなたを嫌いになるなんて、有り得ませんわ。」

    果南「どうして振られたのか、分かんないよ・・・」グスッ

    ダイヤ「大丈夫ですわ、話し合えば解決するはずです」ギュッ



    43: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/20(月) 02:53:08.03 ID:TFNn7Yim.net

    ルビィ(あ・・・部室に忘れ物しちゃった)

    ルビィ(戻ろう・・・)グスッ



    果南「ダイヤ・・・私、ルビィと別れたくないよ・・・」グスッ

    ダイヤ「大丈夫です、 そんなに泣くなんて珍しいですわね」ナデナデ

    果南「ダイヤ・・・」ギュッ




    【ルビィ「果南さん、別れましょう・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492356928/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/17(月) 00:35:28.98 ID:qLEKtzXc0

    ――土曜日

    果南(ちょっと早く着きすぎたかな)

    果南(みんなまだ来てないだろうなぁ)

    果南(……あれ? 部室から何か……)

    ルビィ「素直になーらーなーくちゃ」

    果南(ルビィの声だ)

    ルビィ「打ち明けてみようほんとのこーとー」

    果南(……何の歌だろ)





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/17(月) 00:36:42.06 ID:qLEKtzXc0

    ルビィ「ピギッ……あっ、果南さん」

    果南「まだルビィだけ?」

    ルビィ「はい、おねぇちゃんは生徒会のお仕事が残ってるって言ってました」

    果南「そっか。それじゃあ鞠莉も一緒かな」

    ルビィ「たぶん、そうだと思います」

    果南「……」

    ルビィ「……」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/17(月) 00:37:26.47 ID:qLEKtzXc0

    果南(正面に座ったはいいものの)

    ルビィ「……」

    果南(何を話せばいいものか)

    ルビィ「……ふあぁ」

    果南「……ふふっ。眠そうだね、ルビィ」

    ルビィ「あっ、ごめんなさい……」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/17(月) 00:38:27.75 ID:qLEKtzXc0

    果南「ううん。昨日遅かったの?」

    ルビィ「ちょっとだけ、歌の練習してて」

    果南「歌……さっきの?」

    ルビィ「はいっ。ユニットの曲を作ってて」

    果南(そういえば、新曲作るって言ってたっけ)




    【果南「ルビィはなんでも知ってるの?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1477223893/

    1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/23(日) 20:58:13.89 ID:JOsuahLS.net

    ルビィ「か…果南さん…!?なんでうちに…!?」

    果南「ダイヤに会いに来たんだ」

    ルビィ「お姉ちゃんは今お出かけしてて…」

    果南「うん、おばさんから聞いたよ。まあせっかく来たんだしルビィに挨拶しようと思ってね」

    ルビィ「そ…そうなんですか…」

    果南「…」ジー

    ルビィ「…」

    ルビィ(えぇ…)



    5: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/23(日) 21:00:28.50 ID:JOsuahLS.net

    果南「アイドル雑誌?」

    ルビィ「は…はい…今日発売された雑誌なんです…」 

    果南「なるほど、それであんなに夢中だったんだ」

    ルビィ「すいません…」

    果南「ほんとに好きなんだね、アイドル」

    ルビィ「はい…」

    果南「…」ジー

    ルビィ(なんだろうこの状況…)



    6: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/10/23(日) 21:00:31.68 ID:Tr+O3Ysw.net

    果南ちゃんは喋るとき人との物理的な距離が近そう



    8: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/23(日) 21:01:51.87 ID:CLI5SdiA.net

    かなルビ…そういうのも




    【果南「何読んでるの?」ルビィ「…!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1473422866/

    1 :名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/09/09(金) 21:07:46.81 ID:o5cY7QCe.net

    ※10話の合宿回とは関係ありません

    ダイヤ「合宿をしますわ!」

    鞠莉「Oh, Got Shook?」

    ダイヤ「日本語ですわよ!」

    果南「合宿……」

    千歌「え、何? 合宿!? 楽しそ~♪」キャッキャ

    ダイヤ「楽しそ~♪」キャッキャ

    ダイヤ「じゃありませんわ!」

    千歌「ピャッ」ビクッ

    ダイヤ「今のAqoursは一部の方々を除いて基礎的運動能力が不足していますわ! アイドルのステージは体力勝負。ここらで徹底的に私たち全員の体力底上げを図る必要があると考えられます!」

    鞠莉「あ~、分かる~。この前の練習後なんて、誰かさんと来たら疲れちゃってろくに立てなかったもんねぇ?」



    2 :名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/09/09(金) 21:08:16.74 ID:o5cY7QCe.net

    ─────────

    ダイヤ「……はっ、はっ、ひゅー、ひゅー………み、水……ヵハッ、ゲホゲホ、ゲーッホゲホっ!」

    果南「ダ、ダイヤ? 大丈夫? なんか死にそうな顔してるけど……」

    ダイヤ「だ、大丈夫に、決まっておりますわ……私がこの程度で……あ"ぁ"~~~っ!!!」

    曜「はいはーい、立って立って! しんどいだろうけど、ちゃんとストレッチしないと後に響くよ!」

    ダイヤ「あ"ぁ"~~~! もう無理ですわイヤですわ立ちたくありませんわ~~~っっっ!!」

    ルビィ「お、お姉ちゃんが……何か……ヤバげだよぉ……」ゼヒュー…ゼヒュー…

    花丸「よ……幼児退行……ってヤツずらね……」ゼヒュー…ゼヒュー…

    善子「ふ、ふふ……よ、よわってるわね……だ、堕天さしぇるなぁ、今が、チャンしゅ……」ゼヒュー…ゼヒュー…

    梨子「じ、自分も……弱ってたら……意味、ないんじゃないかな……?」ゼヒュー…ゼヒュー…



    3 :sage(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/09/09(金) 21:08:54.78 ID:o5cY7QCe.net

    千歌「んん~っ! やっぱりAqoursのみんなでやる練習はいいね~っ! THE・青春ってカンジ!」

    鞠莉「分かる~! この気合いと根性って感じが、もうサイッコーにエキサイティ~ンっ!」

    千歌「お、いいねぇ鞠莉ちゃん! 一緒に叫ぼっか!」

    鞠莉「ウン、やるやる! せーのっ!」

    千歌・鞠莉「「シャイニーっ!!!!」」ざっぱーん

    ダイヤ「よ、曜さんと果南さんはともかく……あなたたちはどうして、あの2人の練習についていけるんですの……」

    千歌「みかんパワー!」

    鞠莉「ド根性っ!」

    ダイヤ「い、意味が分かりませんわ、……よ……がくっ……」

    ─────────




    【【SS】ルビィ「合宿に行ったら果南さんがぱんつ被ってた」】の続きを読む

    このページのトップヘ