大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!サンシャイン!!SS > ダイかな

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1490873899/

    1: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/30(木) 20:38:19.97 ID:F8MmjOh7.net

    書き直し
    閲覧注意



    2: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/30(木) 20:39:10.26 ID:F8MmjOh7.net

    とあるホテル
    パン...パンッ

    ダイヤ「っっ....ぁんっ、果南さんっ!///」

    果南「だ、ダイヤっ...!///」

    ....

    ダイヤ「ふぅ...///」

    果南「ほぁ...///」

    ダイヤ「今日の果南さん、とても激しかったですわ」

    果南「え、えぇっ!?ごめん、痛くなかった?」

    ダイヤ「うふふ、お気遣いありがとうございます、大丈夫ですわ」

    果南「そっか、良かったぁ...」

    ダイヤ「でもここまで気持ちよいのなら少し勿体ない気がしますわね」

    果南「ん、何が?」

    ダイヤ「私たちのどちらかが殿方であればなあ....と」

    果南「....それは無いんじゃないかな、女同士じゃなければこうやって出会うことも愛し合うことも無かったわけだし」

    ダイヤ「そんなの当たり前ですわ....でも情事に道具を使うのも少し冷めてしまうこともありますのよ」

    果南「んー、私も生だったりしたらどんな感じなんだろうって思ったことはあるけどさ....」

    ダイヤ「....果南さん、鞠莉さんの所に頼んでつけてもらってはどうかしら?」



    4: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/30(木) 20:40:15.60 ID:F8MmjOh7.net

    果南「え、えぇっ!?鞠莉の所ってそんなのもやってるの///!?」

    ダイヤ「ふふっ、冗談ですわ」クスクス

    果南「っ....全く、第一なんでつけるのが私なのさ」

    ダイヤ「あら、意外と似合ってると思いますわよ、果南さんがつけた姿」クスクス

    果南「ダイヤぁ.....このぉっ♪」バッ

    ダイヤ「っっ!?果南さっ」

    ギュッ

    果南「柔道の絞め技だよ!ちょっと痛い目に」

    ダイヤ「っっ...ケホッ、か...かなっ...くるっ...!」トントン

    果南「あっ、ごっごめん、やり過ぎた!」

    ダイヤ「ケホッケホッ....」

    果南「ごめん、大丈夫?」

    ダイヤ「......」

    果南「....ダイヤ?」

    ダイヤ「....っっ♥」ゾクゾク

    果南「だ、ダイヤ!?目が怖いことになってるよ!?」

    ダイヤ「か、果南さん....」

    果南「なっ、何?」

    ダイヤ「さっきの....もう一度やっていただけませんか?」




    【ダイヤ「果南さんとの首絞めックスにハマってしまいましたわ...///」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1476018895/

    1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 22:14:55.01 ID:qHrG9Zbz.net

    鞠莉「んん~♡かなぁん///」

    果南「もう、しょうがないなぁ」ギュッ

    鞠莉「幸せ~」

    ダイヤ(昔は私も鞠莉さんのように果南さんからハグされていたのですが…)チラッ

    鞠莉「うりゃうりゃ~」モミッ

    果南「ちょっと!胸揉まないでよ///」

    ダイヤ(鞠莉さんのあの様子を見ると頼むのが恥ずかしいというかなんというか…)ムラムラ

    鞠莉・果南「?どうしたのダイヤ」

    ダイヤ「はっ…な、なんでもありませんわ!
    それより、ほかの皆さんが見たら誤解するようなはしたない真似はしないでくださる?」

    鞠莉「…本当は果南とハグしたいんじゃないの?」

    ダイヤ「なっ…///」

    果南「そうなの?」

    ダイヤ「ななっ…///そ、そんな訳あるはずがありませんわ!
    そもそも私にはルビィという最愛の妹がいますから、いつでもハグは出来ますわ!」



    3: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 22:16:31.40 ID:qHrG9Zbz.net

    果南「そっか、じゃあしなくてもいいんだね」

    ダイヤ(あっ…またタイミングを逃してしまいましたわ…)

    鞠莉「……」ニヤニヤ

    果南「あっ、みんな来たみたいだね
    じゃあそろそろ練習始めよっか」


    練習後


    ダイヤ「鞠莉さん、ちょっとお時間よろしいですか?」



    5: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 22:18:41.68 ID:qHrG9Zbz.net

    鞠莉「ん?なぁにダイヤ」

    ダイヤ「そ、その……え~っと…」

    鞠莉「?」

    ダイヤ「か、果南さんと……し、したいのですが…」

    鞠莉「え??もう少しビックな声で言ってくれないと聞こえないよ?」

    ダイヤ「だからその!果南さんと…ハグ…したいのですが…///」

    鞠莉「オゥ!そうだったのネ~
    すればいいんじゃない?」



    6: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 22:20:57.40 ID:qHrG9Zbz.net

    ダイヤ「で、ですが如何せん久しぶりなものでどうすれば良いか…」

    鞠莉「ん~じゃあ見本みせればいいの?」

    ダイヤ「…!」パァァ

    鞠莉「じゃ、見ててね?」

    鞠莉「果南~♡」ジーッ

    果南「?…しょうがないなぁ…はい、おいで」

    鞠莉「大好き~♡」ギュッ

    果南「もう、甘えん坊さんなんだから…」ナデナデ


    数分後

    鞠莉「はい」

    ダイヤ「はいじゃありませんが」




    【ダイヤ「ずるいですわ!私も果南さんとハグしたいですわ!!」】の続きを読む

    このページのトップヘ