大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!サンシャイン!!SS > ダイかな

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1518270333/

    1: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/02/10(土) 22:45:33.44 ID:PcdAgISP

    ダイヤ「んくぅーっ!」プルプル

    ダイヤ「だめですわ」ハァハァ

    果南「やっほーダイヤ」ガラ

    ダイヤ「果南さん。良いところに」

    果南「なになに?」

    ダイヤ「この瓶の蓋がどうしても開かないので開けてくださいな」

    果南「やってみる。」ニギ

    果南「ん」ガシャァン

    果南「ごめん割れた」

    ダイヤ(果南さんはお強いですわ)



    2: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/02/10(土) 22:46:17.64 ID:PcdAgISP

    果南「ん?」テクテク

    犬「ギャンギャングオォン」

    ダイヤ「ひぃぃぃ堪忍して下さいましぃ」ガクブル

    果南「ダイヤが野良犬に吠えられてるね」

    果南「ダイヤ大丈夫?」

    ダイヤ「果南さん!野良犬が!野良犬がぁ」ヒシッ

    犬「ギャンギャングルル」

    果南「ダイヤに吠えるな」ギロ

    犬「」ジョロロ

    犬「キャインキャイン!!」タタタ

    ダイヤ(果南さんはお強いですわ)



    3: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/02/10(土) 22:47:09.12 ID:PcdAgISP

    果南「ダイヤ勉強教えてー」トテトテ

    ダイヤ「果南さん」

    果南「こっからここまで教えて」

    ダイヤ「要するに全部ですわね。 良いですわよ」

    ダイヤ「それではここから。」

    果南「んっと」ベキ

    果南「ぺ、ペンが折れた」

    ダイヤ(果南さんはお強いですわ)




    【ダイヤ「果南さんはお強いですわ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1516268252/

    1: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/01/18(木) 18:37:32.25 ID:CypC8caA

    ∫∫( c||^ヮ^||「ダイヤ~構ってよダイヤ~」スリスリ

    ダイヤ「…果南さん」

    ∫∫( c||^ヮ^||「?」

    ダイヤ「離れてくださる?」

    ∫∫( c||^ヮ^||「やだ」

    ダイヤ「離れなさい」グググ

    ∫∫( c||^ヮ^||「やーーだーー!」ハグゥゥ



    3: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/01/18(木) 18:38:14.16 ID:CypC8caA

    ダイヤ「一体なんなのですか?生徒会室に来るなりダラダラと…みなさんに示しがつきませんわよ」

    ∫∫( c||^ヮ^||「こんな姿見せるのはダイヤだけだからいいのー」

    ダイヤ「なぜ私には見せますの…」

    ∫∫( c||^ヮ^||「だって私達…恋人同士じゃん///」

    ダイヤ「身に覚えがありませんわ」

    ∫∫( c||^ヮ^||「ひどいやダイヤ…私の愛の告白を忘れちゃったんだね…」シクシク

    ダイヤ「嘘泣きは見飽きましたわ」

    ∫∫( c||^ヮ^||「ちぇー」



    4: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/01/18(木) 18:38:55.76 ID:CypC8caA

    ∫∫( c||^ヮ^||「はぁ~暇だな~」ギュー

    ダイヤ「私は生徒会の仕事があるので離れなさい」

    ∫∫( c||^ヮ^||「え~そんなの後でいいじゃん」ギュー

    ダイヤ「はぁ…仕事が終わったら構ってあげますから」

    ∫∫( c||^ヮ^||「今構ってよ~」スリスリ

    ダイヤ「」イラッ

    コンコン

    ダイヤ「!」

    ∫∫( c||^ヮ^||「!」

    「ダイヤさーん!いますか~?」

    ∫∫( c||^ヮ^||「ダイヤ、誰か来たよ?」

    ダイヤ「今身動きがとれないので果南さん出てくださる?」

    ∫∫( c||^ヮ^||「え~~~~」

    ダイヤ「構ってあげませんわよ」

    ∫∫( c||^ヮ^||「しょうがないなぁ」スッ




    【∫∫( c||^ヮ^||「ダイヤ~ねぇダイヤってば~」スリスリ ダイヤ「はぁ…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1514877695/

    1: 名無しで叶える物語(浮動国境) 2018/01/02(火) 16:21:35.73 ID:UNpBalA2

    という設定の本を次の同人イベで出そうと画策する梨子ちゃん



    9: 【5円】 (りんご) 2018/01/02(火) 16:54:40.06 ID:APd9og6K

    ∫∫( c||■ヮ■||  1冊ください

    |c||^.- ^|| あら果南さん、どうしてここに?

    ∫∫( c||■ヮ■|| 人違いです

    |c||^.- ^||/■-■ヒョイッ そんなわけありませんわよ

    ∫∫( c||;^ヮ^|| ……どうしてダイヤがここにいるの

    |c||^.- ^|| 人違いですわ

    ∫∫( c||^ヮ^|| 私達、会わなかったことにしない?

    |c||^.- ^|| ですわね……お互いのために

    メノ^ノ。 ^リ お買い上げありがとうございます



    14: 【776円】 (りんご) 2018/01/02(火) 17:19:09.67 ID:APd9og6K

    |c||^.- ^|| 私がこのようなものを所持しているなど

    ∫∫( c||^ヮ^|| 私も隠すべきだと思う

    |c||;^.- ^|| もしもルビィに知られでもしたら……

    ~~~

    ⌒°( ^ω^)°⌒ あー、ルビィプリンが食べたいなぁ

    |c||^.- ^|| このプリンは私の……

    ⌒°( ^ω^)°⌒ お母さん、おねえちゃあの本が

    |c||^.- ^|| 分かりましたわ! 差し上げますから!

    ⌒°( ^ω^)°⌒ やったあ! 流石おねえちゃあ!

    ~~~

    |c||^.- ^|| なんてことに……

    ∫∫( c||;^ヮ^|| ルビィはそんな子じゃないと思うけど



    15: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/01/02(火) 17:25:55.12 ID:ggCaMxiU

    >>14
    いや、ルビィならやりかねませんわ……




    【ダイヤ「果南には鞠莉さんがいるのは分かってます、でも今だけは私を見て…抱いてください…」ギュッ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1514282798/
    1: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2017/12/26(火) 19:06:38.62 ID:H0NIlsjL

    落ちてたので再び
    浦の星卒業後
    2年経ってる設定です



    2: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2017/12/26(火) 19:08:19.77 ID:H0NIlsjL

    国際線ターミナル


    果南「んはあーっ、ただいま!!あー飛行機長かったー」ノビー

    果南「浦の星を卒業してすぐに留学して、ちゃんとした資格取って働いてたらあっという間に時間が経っちゃったもんね」

    果南「それまで1度も日本に帰らなかったなんて我ながらびっくりしちゃうよ」

    果南「でもこうしてやっとの思いで長期の休みを取れて、遂に帰国できて嬉しいなあ!」



    3: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2017/12/26(火) 19:11:21.84 ID:H0NIlsjL

    果南「2年も経ってるしきっと色々変わってるんだろうな…」

    果南「私も、私自身も変わったのかな…それとも」

    果南「…考えても仕方ない。時間が勿体ないし行くとしますか。ええと、行き先は…」ポチポチ

    果南「待っててね、ダイヤ」

    ~~~~~



    4: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2017/12/26(火) 19:12:24.12 ID:H0NIlsjL

    ~~~~~

    東京
    電車内

    ダイヤ「……」ガタンゴトン🚃

    ダイヤ「…はあ…疲れた」

    ダイヤ「毎日講義、そのあと夜遅くまでアルバイトをして、レポート、課題をこなし、ゼミの活動やら教授から誘われて学会にも行きましたわ、それに加えて年末ですし各方面で退屈極まりない飲み会ラッシュ…」

    ダイヤ「ああ、外の世界を経験するために進学したわけですが、学生生活も暇ではないのですね」トホホ



    5: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2017/12/26(火) 19:17:29.92 ID:H0NIlsjL

    ダイヤ「それに……」

    ダイヤ「この辛さを共有できる相手がいないことがなにより辛い…」

    ダイヤ「友達が少ないのは元々ですがこんなに嘆かわしいことだと思いませんでした。がむしゃらだった高校時代に、あの頃に戻りたい…」

    ダイヤ「わたくしは、誰よりしっかりしなくてはいけないのに…」

    ダイヤ「思い出すのはいつもAqoursのことばかり」

    ダイヤ「最近会ってませんし。元気でしょうか…」

    ダイヤ「はあ、とにかく今は癒し、癒しがほしいですわ…」ゲッソリ

    ダイヤ「お母様に言ってルビィの画像を送ってもらいましょう…」



    6: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2017/12/26(火) 19:23:51.31 ID:H0NIlsjL

    ~~~~~

    ダイヤ「……はあ」トボトボ

    ダイヤ「今日はもう帰ってシャワー浴びて寝たい。夕飯は抜いてしまいましょう…」

    ???「……」ウロウロ

    ダイヤ(あら?うちのアパートの前に誰かいる…)

    ダイヤ(背は同じくらいだけれど髪の毛が長くて…顔はよく見えません、いかにも怪しいですわ…)

    ダイヤ(近頃物騒で不審者が増えていると聞きますし、関わらない方が良さそう。急いで家に入りましょう)スタスタ


    腕ガシッ

    ダイヤ「ピ、ピギャアアア!!!?」



    8: 名無しで叶える物語(家) 2017/12/26(火) 19:27:19.65 ID:ihZ/gG9v

    よっしゃ!かなダイやんけ!



    【ダイヤ「疲れた…」果南「癒してやるよ、私のこのハグで!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1510577415/

    1: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2017/11/13(月) 21:50:15.58 ID:paueZ0Cn

    ダイヤ「は?」

    果南「どうなの?」



    11: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2017/11/13(月) 22:16:42.10 ID:paueZ0Cn

    ダイヤ「どうとは」

    果南「だから、ダイヤってオナニーする?」

    ダイヤ「くっ!!」ヒュッ!

    果南「おっと」ヒョイッ

    ダイヤ「果南さんっ!!!///」

    果南「あはは!なに怒ってるの?」

    ダイヤ「怒るに決まってますわっ!!?お、おな……っ!!破廉恥なっ!」

    果南「オナニーでしょ?」

    ダイヤ「果南さん!!!」



    12: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2017/11/13(月) 22:20:19.16 ID:paueZ0Cn

    ヒュッ!

    果南「危ないってば」ガシッ

    ダイヤ「…っ!…ちょっと…!」

    果南「こうすれば動けないでしょ?」

    ダイヤ「…!…何を…!こんなものっ!…ぐっ!このっ…!…!!」

    果南「ね?」

    ダイヤ「はぁ…はぁ……何が望みですの?」

    果南「…ダイヤって言ってほしいの?」

    ダイヤ「……バカ///」

    果南(たまらん)



    14: 名無しで叶える物語(笑) 2017/11/13(月) 22:21:30.58 ID:celcH9O1

    |c||^.-^|| やりますねぇ!




    【果南「ダイヤってオ○ニーとかするの?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1509614747/

    1: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2017/11/02(木) 18:25:47.83 ID:XCSzZjR8

    かなダイ

    ダイヤさん視点
    話の前に2人が何していたかはご想像にお任せする



    2: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2017/11/02(木) 18:26:39.15 ID:XCSzZjR8

    果南「ぃつっっ!いててっ!」

    ダイヤ「…」

    果南「こりゃ海水しみるよぉぉ」

    ダイヤ「冬ですから、そう何度も入らないでしょうに」


    果南さんの背中にくっきりと引っ掻き傷が残っている。これだけ傷があればお風呂に入るときに大変でしょう。
    そんな彼女の、わたくしよりも少し広い背中にクリームを塗るのだ。



    3: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2017/11/02(木) 18:28:40.57 ID:XCSzZjR8

    果南「う、うう…今回は結構ひどくやったね」

    ダイヤ「血が滲んで…腫れてきてますね。すみません」

    果南「いいっていいって。ま…強いて言うなら次からもう少し爪切って欲しいかな?」

    ダイヤ「そうね」

    そう言ってわたくしが彼女の背中に付けた傷をなぞる。



    4: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2017/11/02(木) 18:30:58.93 ID:XCSzZjR8

    果南「んふふ、ダイヤくすぐったいよ」


    すみませんと謝りつつも調子にのって付けてしまったその傷に、どこか独占欲が満たされる気がしてしまう。

    動物で言うならマーキングだろうか。果南の背中に手を這わせながら、つい不敵な笑みがこぼれる。


    ダイヤ「だいぶ塗れましたわ」

    果南「ありがと」




    【果南「うう、いたた…」ダイヤ「またやってしまいましたわ」ヌリヌリ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1508730711/

    1: 名無しで叶える物語 2017/10/23(月) 12:51:51.51 ID:5Q6eSCUK.net

    部室

    ダイヤ「では、果南さんと鞠莉さんはこのまま私の家で勉強会ですわ」

    鞠莉「イエーイ! 二年ぶりのダイヤ家お泊りですねぇ~!」

    果南「ダイヤの家泊まるの久々だな~」

    ルビィ「果南ちゃん、去年と一昨年はしょっちゅう泊まってたもんね」

    鞠莉「え」

    ダイヤ「ルビィ」

    果南「……」



    2: 名無しで叶える物語 2017/10/23(月) 12:53:28.16 ID:o0QVsW8b.net

    鞠莉の知らない真実



    4: 名無しで叶える物語 2017/10/23(月) 12:55:05.12 ID:5Q6eSCUK.net

    ルビィ「あ」

    鞠莉「そうなの果南?」

    果南「ま、まぁ」

    鞠莉「なんで泊まってたの?」

    ダイヤ「ただの勉強会ですわ。果南さんが勉強得意でないのは知っていますでしょ?」

    鞠莉「そうだけど……」

    ルビィ「ごめんお姉ちゃん。これ言っちゃダメなんだったよね」

    鞠莉「え」

    ダイヤ「ルビィィィィィィィイイイイイイ!!」

    花丸「修羅場ずら」ワクワク

    善子「アンタ楽しそうね」



    5: 名無しで叶える物語 2017/10/23(月) 12:58:39.88 ID:nU8UFEn7.net

    黒ルビィと三年生の闇




    【果南「ダイヤの家泊まるの久々だな~」ルビィ「……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1490873899/

    1: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/30(木) 20:38:19.97 ID:F8MmjOh7.net

    書き直し
    閲覧注意



    2: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/30(木) 20:39:10.26 ID:F8MmjOh7.net

    とあるホテル
    パン...パンッ

    ダイヤ「っっ....ぁんっ、果南さんっ!///」

    果南「だ、ダイヤっ...!///」

    ....

    ダイヤ「ふぅ...///」

    果南「ほぁ...///」

    ダイヤ「今日の果南さん、とても激しかったですわ」

    果南「え、えぇっ!?ごめん、痛くなかった?」

    ダイヤ「うふふ、お気遣いありがとうございます、大丈夫ですわ」

    果南「そっか、良かったぁ...」

    ダイヤ「でもここまで気持ちよいのなら少し勿体ない気がしますわね」

    果南「ん、何が?」

    ダイヤ「私たちのどちらかが殿方であればなあ....と」

    果南「....それは無いんじゃないかな、女同士じゃなければこうやって出会うことも愛し合うことも無かったわけだし」

    ダイヤ「そんなの当たり前ですわ....でも情事に道具を使うのも少し冷めてしまうこともありますのよ」

    果南「んー、私も生だったりしたらどんな感じなんだろうって思ったことはあるけどさ....」

    ダイヤ「....果南さん、鞠莉さんの所に頼んでつけてもらってはどうかしら?」



    4: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/30(木) 20:40:15.60 ID:F8MmjOh7.net

    果南「え、えぇっ!?鞠莉の所ってそんなのもやってるの///!?」

    ダイヤ「ふふっ、冗談ですわ」クスクス

    果南「っ....全く、第一なんでつけるのが私なのさ」

    ダイヤ「あら、意外と似合ってると思いますわよ、果南さんがつけた姿」クスクス

    果南「ダイヤぁ.....このぉっ♪」バッ

    ダイヤ「っっ!?果南さっ」

    ギュッ

    果南「柔道の絞め技だよ!ちょっと痛い目に」

    ダイヤ「っっ...ケホッ、か...かなっ...くるっ...!」トントン

    果南「あっ、ごっごめん、やり過ぎた!」

    ダイヤ「ケホッケホッ....」

    果南「ごめん、大丈夫?」

    ダイヤ「......」

    果南「....ダイヤ?」

    ダイヤ「....っっ♥」ゾクゾク

    果南「だ、ダイヤ!?目が怖いことになってるよ!?」

    ダイヤ「か、果南さん....」

    果南「なっ、何?」

    ダイヤ「さっきの....もう一度やっていただけませんか?」




    【ダイヤ「果南さんとの首絞めックスにハマってしまいましたわ...///」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1476018895/

    1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 22:14:55.01 ID:qHrG9Zbz.net

    鞠莉「んん~♡かなぁん///」

    果南「もう、しょうがないなぁ」ギュッ

    鞠莉「幸せ~」

    ダイヤ(昔は私も鞠莉さんのように果南さんからハグされていたのですが…)チラッ

    鞠莉「うりゃうりゃ~」モミッ

    果南「ちょっと!胸揉まないでよ///」

    ダイヤ(鞠莉さんのあの様子を見ると頼むのが恥ずかしいというかなんというか…)ムラムラ

    鞠莉・果南「?どうしたのダイヤ」

    ダイヤ「はっ…な、なんでもありませんわ!
    それより、ほかの皆さんが見たら誤解するようなはしたない真似はしないでくださる?」

    鞠莉「…本当は果南とハグしたいんじゃないの?」

    ダイヤ「なっ…///」

    果南「そうなの?」

    ダイヤ「ななっ…///そ、そんな訳あるはずがありませんわ!
    そもそも私にはルビィという最愛の妹がいますから、いつでもハグは出来ますわ!」



    3: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 22:16:31.40 ID:qHrG9Zbz.net

    果南「そっか、じゃあしなくてもいいんだね」

    ダイヤ(あっ…またタイミングを逃してしまいましたわ…)

    鞠莉「……」ニヤニヤ

    果南「あっ、みんな来たみたいだね
    じゃあそろそろ練習始めよっか」


    練習後


    ダイヤ「鞠莉さん、ちょっとお時間よろしいですか?」



    5: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 22:18:41.68 ID:qHrG9Zbz.net

    鞠莉「ん?なぁにダイヤ」

    ダイヤ「そ、その……え~っと…」

    鞠莉「?」

    ダイヤ「か、果南さんと……し、したいのですが…」

    鞠莉「え??もう少しビックな声で言ってくれないと聞こえないよ?」

    ダイヤ「だからその!果南さんと…ハグ…したいのですが…///」

    鞠莉「オゥ!そうだったのネ~
    すればいいんじゃない?」



    6: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 22:20:57.40 ID:qHrG9Zbz.net

    ダイヤ「で、ですが如何せん久しぶりなものでどうすれば良いか…」

    鞠莉「ん~じゃあ見本みせればいいの?」

    ダイヤ「…!」パァァ

    鞠莉「じゃ、見ててね?」

    鞠莉「果南~♡」ジーッ

    果南「?…しょうがないなぁ…はい、おいで」

    鞠莉「大好き~♡」ギュッ

    果南「もう、甘えん坊さんなんだから…」ナデナデ


    数分後

    鞠莉「はい」

    ダイヤ「はいじゃありませんが」




    【ダイヤ「ずるいですわ!私も果南さんとハグしたいですわ!!」】の続きを読む

    このページのトップヘ