転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1476018895/

1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 22:14:55.01 ID:qHrG9Zbz.net

鞠莉「んん~♡かなぁん///」

果南「もう、しょうがないなぁ」ギュッ

鞠莉「幸せ~」

ダイヤ(昔は私も鞠莉さんのように果南さんからハグされていたのですが…)チラッ

鞠莉「うりゃうりゃ~」モミッ

果南「ちょっと!胸揉まないでよ///」

ダイヤ(鞠莉さんのあの様子を見ると頼むのが恥ずかしいというかなんというか…)ムラムラ

鞠莉・果南「?どうしたのダイヤ」

ダイヤ「はっ…な、なんでもありませんわ!
それより、ほかの皆さんが見たら誤解するようなはしたない真似はしないでくださる?」

鞠莉「…本当は果南とハグしたいんじゃないの?」

ダイヤ「なっ…///」

果南「そうなの?」

ダイヤ「ななっ…///そ、そんな訳あるはずがありませんわ!
そもそも私にはルビィという最愛の妹がいますから、いつでもハグは出来ますわ!」



3: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 22:16:31.40 ID:qHrG9Zbz.net

果南「そっか、じゃあしなくてもいいんだね」

ダイヤ(あっ…またタイミングを逃してしまいましたわ…)

鞠莉「……」ニヤニヤ

果南「あっ、みんな来たみたいだね
じゃあそろそろ練習始めよっか」


練習後


ダイヤ「鞠莉さん、ちょっとお時間よろしいですか?」



5: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 22:18:41.68 ID:qHrG9Zbz.net

鞠莉「ん?なぁにダイヤ」

ダイヤ「そ、その……え~っと…」

鞠莉「?」

ダイヤ「か、果南さんと……し、したいのですが…」

鞠莉「え??もう少しビックな声で言ってくれないと聞こえないよ?」

ダイヤ「だからその!果南さんと…ハグ…したいのですが…///」

鞠莉「オゥ!そうだったのネ~
すればいいんじゃない?」



6: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 22:20:57.40 ID:qHrG9Zbz.net

ダイヤ「で、ですが如何せん久しぶりなものでどうすれば良いか…」

鞠莉「ん~じゃあ見本みせればいいの?」

ダイヤ「…!」パァァ

鞠莉「じゃ、見ててね?」

鞠莉「果南~♡」ジーッ

果南「?…しょうがないなぁ…はい、おいで」

鞠莉「大好き~♡」ギュッ

果南「もう、甘えん坊さんなんだから…」ナデナデ


数分後

鞠莉「はい」

ダイヤ「はいじゃありませんが」




【ダイヤ「ずるいですわ!私も果南さんとハグしたいですわ!!」】の続きを読む