大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!サンシャイン!!SS > ダイちか

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1486739235/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 00:07:15.31 ID:mj93QUbr.net

    ダイヤ「・・・・・・・・・」

    カキカキ

     

    ダイヤ(外で部活に励む生徒も、この時期はまばらなせいか)

    ダイヤ(冬の生徒会室は――静かで、どこか寂しい)

    ダイヤ(もっとも、私にとっては、落ち着いて仕事が出来る良い環境)

    ダイヤ(だけど、もうすぐ昼休み)

    ダイヤ(この、私だけの静寂を吹き飛ばしてしまう――)

    ダイヤ(あの子が、そろそろやって来る頃)

     

    バタバタバタ

    ガラッ!

    千歌「こんちかー!」



    3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 00:08:47.32 ID:mj93QUbr.net

    ダイヤ「ノックもせずに入ってくるのは、不躾ですわよ」

    千歌「えへへ、すいません」

    千歌「でも、チカとダイヤさんの仲だし、いいかなーって」

    ダイヤ「何を言っておりますの。“親しき仲にも礼儀あり”ですわ」

     

    ダイヤ(これ以上は、またお説教になってしまいそうなので――私は、ため息をついて、口を閉じる)

    ダイヤ(千歌さんは、構わずニコニコしながら、私の向かいの机の上に、お弁当を広げ始めた)



    4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 00:10:11.19 ID:mj93QUbr.net

    ダイヤ「また、ここでお昼を食べるんですの?」

    千歌「迷惑ですか?」

    ダイヤ「いえ、そこまでは言っていませんが・・・・・・」

    千歌「ですよねっ!」

    ダイヤ「・・・・・・相変わらず厚顔無恥な方ですわね」

    ダイヤ「ですが、なぜわざわざここで? 曜さんや梨子さんと、教室で食べれば良いではありませんか」

    千歌「ほら、ダイヤさんがひとりで生徒会室にこもってるのを、ほったらかしにするのは可哀相かなって!」

    ダイヤ「余計なお世話ですわ」



    5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 00:11:35.41 ID:mj93QUbr.net

    ダイヤ(このところ、千歌さんは毎日のように、昼休みになると決まって生徒会室にやってくる)

    ダイヤ(千歌さんがお弁当を食べながら、とりとめのない話をして、私がそれに相槌をうつ)

    ダイヤ(まったく、何が楽しくて、こんなことをしているのか・・・・・・)

     

    千歌「ダイヤさんだって、物好きじゃないですか」

    ダイヤ「なにがですの?」

    千歌「生徒会の仕事ですよ。もう来期の生徒会長も決まってるんだから、仕事なんて丸投げしちゃえばいいのに」

    千歌「3年生はもう登校しなくてもいいのに、こうやってわざわざ生徒会室に来て、仕事してるんですから」

    ダイヤ「わたくしの好きでやっていることですわ。諸々の雑事はきちんと片付けてから、引継ぎをしたいので」



    6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 00:12:33.31 ID:mj93QUbr.net

    千歌「だったら、もっと部活の練習の方にも、顔出してくださいよー」

    ダイヤ「それはまた、別の話ですわ」

    ダイヤ「わたくしの、スクールアイドルとしての活動は、終わったんですの」

    ダイヤ「最後に、念願のラブライブに出場することも出来ましたし」

    ダイヤ「未練は無いですわ。これからは、千歌さんたちが、新たなAqoursの歴史を作っていくんですのよ」




    【ダイヤ「貴方と見る雪」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1486480415/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 00:13:35.01 ID:GAlmcqYr.net

    ~沼津のカラオケBOX~

     

    千歌(曜ちゃんは水泳部の練習、梨子ちゃんもピアノの練習ってことで)

    千歌(思い切って、ひとりで沼津のカラオケBOXまで来てしまいました)

    千歌(なにげに“ヒトカラ”初体験の普通怪獣ちかちーです)

    千歌(なんかちょっと緊張する・・・・・・)ドキドキ

     

    <トウザカルホド ヒカルイチバンボシー

     

    千歌「まあでも、今どきひとりでカラオケ来る人も珍しくないって言うし」

    千歌「誰かに会うわけじゃないから、気にしなくてもいいよね!」

     

    <イツカソンナコイ シテーミータカッター



    2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 00:14:46.93 ID:GAlmcqYr.net

    千歌「それにしても、さっきからノリノリで歌ってる人がいるなー」

    千歌「んん? ちょっと待てよ・・・・・・」

     

    <モウイラナイヨー ムネノブレーキハー

     

    千歌「・・・・・・これ、μ'sの歌だ! 『Angelic Angel』!!」

    千歌「上手いなー、どんな人が歌ってるんだろ?」

     

    <ミツメアウータメニー ウマレターフータリニナッテクー

     

    千歌(この部屋だ)

    千歌(ちょーっとだけ、覗いてみよー・・・・・・)ソーット



    5: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 00:17:04.17 ID:fPaK25oV.net

    ダイヤさんはそういうの似合うなぁ



    7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 00:17:41.35 ID:GAlmcqYr.net

    デンデンデデン!

     

    ダイヤ「あーっもしっもはぁー!!」

    ダイヤ「ほしくないのさぁー もっとがすき!」

    ダイヤ「エンジェー!!!」←シャウト

    ダイヤ「つぅーばぁーさをーただのぉー! かざぁーりにはぁーしーないー!!」

     

    ダイヤ(あああ、やはり名曲ですわ、神曲ですわ、『Angelic Angel』!!」

    ダイヤ(流石はエリーチカのセンター曲!! まるで私がエリーチカになったかのような感覚・・・・・・ッ)

    ダイヤ(さぁ、もいっちょいきますわぁー!!)



    11: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 00:22:39.10 ID:Yw+1gahV.net

    こいついつも絵里に溺れてんな




    【千歌「カラオケ来たらダイヤさんがヒトカラしてた・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1482328624/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 22:57:04.13 ID:o8cUtUyf.net

    クッソ久々にダイちか
    短め



    2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 22:57:31.05 ID:o8cUtUyf.net

    千歌「さむっ!?」

    ダイヤ「さすがに12月は冷えますね……」

    千歌「あ、でも手を繋ぐのにすごくちょうど良くないですか?ほら」

    ダイヤ「何かどこかの歌に聴いたようなフレーズですわね?」

    千歌「そんなことどうでもいいじゃないですか、あったかいし」



    3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 22:57:57.78 ID:o8cUtUyf.net

    ダイヤ「そうですわね」

    千歌「あ、そうだダイヤさん?」

    ダイヤ「はい?」

    千歌「はい、メリークリスマス!」

    ダイヤ「少し早くありません?」

    千歌「だってクリスマスお互い忙しいじゃないですかー。2人で会える時間もそんなないし今のうちにってことで」



    4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 22:58:24.50 ID:o8cUtUyf.net

    ダイヤ「まあそういうことでしたら……ありがたく頂戴しますわ。中身は何ですの?」

    千歌「開けてみれば分かりますよー」

    ダイヤ「あら、これは……素敵ですわね」

    千歌「万年筆です。ちょっと奮発して買ってみました、どうですか?」



    5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 22:59:08.51 ID:o8cUtUyf.net

    ダイヤ「ええ……とっても素敵だと思いますわ。ありがとう」

    千歌「うへへ、喜んでもらえたなら良かったです」

    ダイヤ「でも……私の方は何も用意してませんでしたわ」

    千歌「別に良いですよー、この手の温かさを少し分けてくれるだけで私は幸せです」



    6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 22:59:41.80 ID:o8cUtUyf.net

    ダイヤ「でも……ええ、そうですわね。今はそういうことにしておきましょう」

    千歌「素直でよろしい」

    ダイヤ「貴女ね……」

    千歌「……はー、冬が開けたらダイヤさんも卒業なんですよね」

    ダイヤ「そうですわね」




    【千歌「今日は2人で!」ダイヤ「少し早めのクリスマス、ですわ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1484059233/

    1: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 23:40:33.93 ID:u3F+BCo1.net

    金曜までド短編ちかダイ



    2: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 23:41:02.16 ID:u3F+BCo1.net

    千歌「あー……あったかーい」

    ダイヤ「炬燵は落ち着きますわね……」

    千歌「眠くなりますよね……あ、みかん食べます?」

    ダイヤ「いただきましょう」



    3: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 23:41:30.63 ID:u3F+BCo1.net

    千歌「皮むいてあげましょうか?」

    ダイヤ「それくらい自分で出来ますわ」

    千歌「ダイヤさんみかんの筋は綺麗に取るんですね」

    ダイヤ「ええ、いけませんか?」



    4: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 23:41:58.23 ID:u3F+BCo1.net

    千歌「ダメです!」

    ダイヤ「えっ」

    千歌「みかんの筋には栄養が沢山あるんですよ?食べた方が体にいいんです」

    ダイヤ「……それでも昔からの癖は抜けませんわ」




    【千歌「今日は2人で」ダイヤ「冬の炬燵の中、ですわ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1483245198/

    1: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2017/01/01(日) 13:33:18.95 ID:NV0pAGax.net

    ダイヤ「見つかったら私の高校生活完全に終了ですわ…♡」ドキドキ


    誰か助けてあげて



    7: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2017/01/01(日) 13:46:43.85 ID:loY1heqk.net

    何してんねん




    【ダイヤ「授業中に全裸で廊下を歩いて興奮してるなんて…私、とんだ変態だったんですのね…///」ジュン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1484233016/

    1: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/12(木) 23:56:56.11 ID:58AXamWx.net

    設定ミスしても懲りずにちかダイ



    2: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/12(木) 23:57:37.49 ID:58AXamWx.net

    ダイヤ「……ふぅ」

    千歌「だーれだっ!」

    ダイヤ「ぴぃっ!?ち、千歌さんいきなり何をするんですか!」

    千歌「あれ、バレてた」



    3: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/12(木) 23:58:45.80 ID:58AXamWx.net

    ダイヤ「私にこのようなことをするのは貴女か鞠莉さんくらいですわ!」

    千歌「ぶー……今日は早いんですね、何してるんです?」

    ダイヤ「何って……こうして部活動の記録を付けているのですわ」

    千歌「なんでまたそんなもの付けてるんです?」



    4: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/12(木) 23:59:12.24 ID:58AXamWx.net

    ダイヤ「そんなものって……!スクールアイドルだって一枚岩じゃありませんのよ?卒業は避けて通れませんし、後輩だって入ってきます」

    千歌「ふむふむ?」

    ダイヤ「だからこうして、日々の練習やライブ活動を記録に収め、後世に繋いで行くのですわ」

    千歌「へー……なんか、壮大ですね!」




    【ダイヤ「放課後の部室」千歌「静かな空気!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1484133736/

    2: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 20:22:41.22 ID:RTnb44Lf.net

    千歌「ふんふんふーん♪」

    ダイヤ「楽しそうですわね、千歌さん」

    千歌「だって久々にダイヤさんとデートですもん!」

    ダイヤ「これまでだってお互いの家で遊んでたじゃありませんか」



    3: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 20:23:09.55 ID:RTnb44Lf.net

    千歌「家デートとは意味合いが違うんですー!」

    ダイヤ「……ま、はしゃぐ気持ちも分かりますがハメを外しすぎないように」

    千歌「……あ、でもルビィちゃんから聞きましたよー?ダイヤさん昨日ずっとそわそわして眠れなかったって」

    ダイヤ「なっ!?そ、そんなこと……」

    千歌「ダイヤさんも、楽しみですよね?」



    4: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 20:23:59.86 ID:RTnb44Lf.net

    ダイヤ「うー……はい」

    千歌「うんうん、楽しい時は楽しみましょ?」

    ダイヤ「……そうですわね」

    千歌「で、ダイヤさんなんか目的あったんですっけ?」

    ダイヤ「ええ、ルビィに頼まれて雑誌を」



    5: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 20:25:29.41 ID:RTnb44Lf.net

    千歌「本当は?」

    ダイヤ「……自分用のも買いますわ」

    千歌「じゃ本屋ですね、あとは……映画とかどうです?」

    ダイヤ「いいですわね、何か良いのありますか?」

    千歌「えっとですねー、私の持ってる少女漫画が映画化してますよ、どうです?」



    6: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 20:26:01.74 ID:RTnb44Lf.net

    ダイヤ「たまにはそういうのも良いかも知れませんわね」

    千歌「お昼はどうします?」

    ダイヤ「そうですわね……ファミレス、あたりでいいのでは?」

    千歌「落ち着けますもんね、そうしましょう」

    ダイヤ「今日も夕方あたりに帰る、で良いですわね?」




    【ダイヤ「今日は久しぶりに」千歌「あなたとデート!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1482407015/

    1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 20:43:35.09 ID:gUvjAOS2.net

    ――秋葉原

    千歌「いやーやっぱりアキバのスクールアイドルショップは充実してますねー」

    ダイヤ「当然ですわ!東京の中でもアキバと言えばまさに聖地!」

    千歌「ついにaqoursのグッズまで出てましたもんね!沼津でも見なかったのに!」

    ダイヤ「あれに関しては一切許可など出していないはずなのですが……権利関係はどうなっているのでしょう……」

    千歌「あはは……でも、こうしてアキバまで来れてよかったです!大会の時はあんまり観光!って気分にもなれなかったので」

    千歌「そういえば、ルビィちゃんは来なかったんですか?」

    ダイヤ「ルビィは先日のテストの結果がひどかったので家でお勉強ですわ」

    千歌「あちゃー」



    4: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 20:44:38.22 ID:gUvjAOS2.net

    ダイヤ「さて、午後からはまた別のお店や穂むらを巡りますわよ!」

    千歌「おぉ!穂むら行くのは初めてです!!」

    ぐ~……

    ダイヤ「……と、その前にどこかで昼食にいたしましょうか」

    千歌「さんせーい!」

    ダイヤ「実はわたくし朝を抜いてきてしまいまして、ちょっとガッツリ食べたい気分ですの」

    千歌「じゃあ定食屋とか丼ものとかですね」

    ダイヤ「しかし今はちょうど昼飯時、どこも割と並んで……あら、ここなんかいいですわね」

    千歌「え、ここですか……?あっ!でもここ」

    ダイヤ「こういう時の食事処は一期一会ですわ!ごめんくださーい!」

    ――ごはん処 あだち



    5: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 20:44:40.83 ID:adsBKo6x.net

    |c||^.- ^||♡从/*^ヮ^§从




    【千歌「私とダイヤさんの」ダイヤ「アキバランチですわ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1481639499/

    1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 23:31:39.25 ID:/CnAwFUq.net

    千歌「……ふぅ、掃除終わり、っと」

    廊下の雑巾がけも終わって、小さく体を伸ばす。掃除も洗濯も済ませたし、晩ごはんの準備には早すぎるし、とりあえずやることはなくなっちゃった。

    千歌「ダイヤさんは……まだ帰ってきてないよね」

    ダイヤさんと一緒に暮らし初めてまだ一週間とちょっと、慣れないながらもなんとか毎日お嫁さんやってます!

    お母さんに「あなたには許嫁がいます!」なんて言われたのが1ヶ月くらい前かな?いきなりそんなこと言われてびっくりしたけど、相手を聞かされた時はもう、びっくりなんて通り越して理解が追い付かなくて……

    本当は『黒澤家と高海家の子で、黒澤家の長女と一番歳の近い異性の子』って話だったみたいだけど、近年同性婚への理解が進んだ結果なのか、両家庭と町の人達で話し合いの末、私とダイヤさんは約束通り許嫁に。ってそんなこと寝耳に水だよ……

    実感もないままトントン拍子で話が進んで、気がついたらもう引っ越しの準備まで終わっていて、ダイヤさんが18歳の誕生日を迎えてすぐ、私は黒澤家に嫁ぐことになった。

    千歌「この歳で嫁ぐって、ねえ……」

    突然の結婚で、しかもよく知った相手となんてびっくりはしたけれど、正直あんまり嫌だとか、不安だとかはなかったの。よく分かってないまま「ああ、私、ダイヤさんと暮らすんだ」って、それくらいの感覚で嫁入りして。そりゃ当日はドキドキしたけどね?

    ルビィちゃんもお義父さんもお義母さんもとっても良くしてくれて、黒澤家のみんなに馴染むのはあっという間だった。

    ただ、ダイヤさんとだけはどうしてもぎこちないというか……いきなり夫婦ってことになって、お互い距離感が手探りというか…… 

    千歌「……私、ちゃんと出来てるのかなぁ」

    私、ダイヤさんの妻、なんだよね……?

    妻って、どんな感じでいたらいいんだろ……?



    2: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 23:32:33.10 ID:/CnAwFUq.net

    ルビィ「千歌ちゃん、掃除中?」

    千歌「あっ、ルビィちゃん。ううん、今終わったとこだよー」

    ルビィ「そっか、よかった。そろそろおやつ食べようと思ったから、一緒にどうかなって」

    千歌「うん!食べる食べる!」

    ルビィちゃんは私にとっては義理の妹になって、この家ではまだ新参の私にいつも気を遣ってくれる。いい妹を持ったもので♡

    キッチンからおやつのプリンとスプーンを持ってきて、ルビィちゃんと一緒に居間のこたつに入る。

    ルビィ「プリン美味しい~」

    千歌「今日はちゃんと自分のプリン食べてるよね?」

    ルビィ「だ、大丈夫だよ!お姉ちゃんの名前書いてないし!」

    千歌「ならよし」

    それから、ルビィちゃんとスクールアイドルの話とか学校の話なんかをしながら、昼下がりを過ごす。こうしてかわいいルビィちゃんとお話しながらこたつでぬくぬくなんて、なんだか癒されちゃいます♪



    3: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 23:33:12.95 ID:/CnAwFUq.net

    そして、しばらくして……

    「──ただいま戻りました」

    千歌「……!」

    慌ててこたつから抜け出し、玄関へ駆け出す。

    千歌「お、お、お帰りなさいっ!」

    お出迎えは妻としての大事な仕事。でもやっぱりぎこちない感じ……

    ダイヤ「もう、廊下を走ると危ないですわよ」

    千歌「ご、ごめんなさい……」

    しかも怒られちゃった……

    ダイヤ「いや、そんなに責めてる訳では……」

    千歌「あ、鞄持ちますね!」

    ダイヤ「え、大丈夫です……?」

    千歌「え……えと、そうですか」

    あれ……鞄持つのって妻っぽくない?断られちゃうの?

    やっぱり、ぎこちないかな……



    4: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 23:34:19.82 ID:/CnAwFUq.net

    ダイヤさんは最近、休日はお父さんの仕事についていって、見習いとして見学してるんだって。

    「家を継ぐものとしての義務ですわ」って本人は言ってるけど、朝から早起きして仕事行って、帰ってくるのは夕方近くで。

    夕食を食べてお風呂に入ったら今度は学校の予習復習。日付が変わっても一向に手を休めずに……

    千歌「ダイヤさん、そろそろ寝ないんですか?」

    ダイヤ「いえ、まだ大丈夫ですわ」

    千歌「え、でも朝早くからお仕事見に行って疲れるだろうし……」

    ダイヤ「当然の義務ですから」

    千歌「……そう、ですか」

    義務義務って、やっぱり無理しすぎじゃないかな……

    ダイヤ「先に寝ててもいいですから」

    千歌「じゃ、お言葉に甘えて……お休みなさい」

    ダイヤ「ええ、お休みなさい」

    寝室の畳の上に敷き布団を2つ並べる。これも妻の仕事です。

    私とダイヤさんは、他の家族たちの生活する家の隣にある別館で生活しています。ご飯なんかは家族みんなで食べるけど、「夫婦なんだから」って、気を遣ってくれているみたい。

    布団を敷いてしまって、灯りを消す。襖の隙間からはダイヤさんの部屋の灯りが漏れていて、シャープペンがノートの上を走る音だけが聞こえてくる。

    千歌(頑張りすぎ、だよね……)

    よくわからないままでも婚約関係になって、私たちは一応夫婦な訳で。

    やっぱり、心配だよ……

    こういう時、妻ならどうするべきなのかな……?




    【千歌「黒澤家に嫁入り」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1480492600/

    1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 16:56:40.51 ID:MSHqG90K.net

    千歌「はい、代金」

    ルビィ「はい、どうも」

    ルビィ「…昨日のお姉ちゃん、激しいオナニーしてたっぽいよ?」

    千歌「……ゾクゾクゾク」

    ルビィ「今夜は楽しんでね♪」



    千歌「スーハースーハー…ダイヤさんのにおいが…すごっ…学校なのに…我慢できないや」クチュッ

    ダイヤ「千歌さんどつしたのですか?」ポン

    千歌「!!」ポロッ

    ダイヤ「ん?ハンカチが落ちましたわよ?」ヒョイ

    千歌「あ…」

    ダイヤ「ん…なっ…///私のぱぱパンティー!?」



    3: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 17:01:01.52 ID:Cp5d2NIk.net

    |c||^.- ^||これはどういうことですの?



    6: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 17:03:23.29 ID:z4c+/YWQ.net

    淡々としてて笑う



    13: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 17:21:36.70 ID:uls90bve.net

    千歌「え、いや…違うんです」

    ダイヤ「何が違うんです!これは私のパンツですわ!昨日履いた!」ガクガク

    ダイヤ「自分のパンツの事なんて自分が一番分かってますわ!!!」

    千歌「ちょっ…くるしいです…」

    ダイヤ「あっ…すみません…」パッ



    14: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 17:21:51.27 ID:uls90bve.net

    千歌「ふう…」サッ

    汗フキフキ…

    千歌「汗かいたー…」フキフキ

    ダイヤ「……」

    ダイヤ「……ん?あぁ!」

    千歌「んん?」フキフキ

    ダイヤ「それも!私の!!!」ビシッ

    千歌「……」ジーッ

    千歌「……あっ」




    【ルビィ「はい、お姉ちゃんのパンツ」千歌「いつもありがとね」】の続きを読む

    このページのトップヘ