大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!サンシャイン!!SS > ダイマリ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1484665833/

    1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:10:33.68 ID:4r264MDD.net

    先生(24/女性)
    「そうなの これ、理事長から読んでねって」スッ

    ダイヤ「は、はぁ ありがとうございます えーっと…」ペラ

    『to : pretty jewelry head
     
     シャイニー☆ 生徒会長のダイヤちゃんに2つのnewsをお届けするわ!』

    ダイヤ「……」

    ダイヤ(既に胡散臭い… ジュエリーヘッドってなによ…)ジト



    4: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:16:31.06 ID:4r264MDD.net

    『良い方と悪い方、どっちから聞きたいかしら? といっても、素直じゃないあなたのことだから、きっとbad newsを聞きたいわよね!

     そう思って… 2つともbadなnewsにしておいたわ! やだ、マリーったらとってもダイヤ想い♪

     あぁでも、理事長としてはnot so goodね… 一人の生徒にいれこんじゃったら、トクベツ扱いするなって言われちゃうもの… マリー反省、しゅん

     でもね、ダイヤ あなたも気づいているでしょう? これが――愛なのよ

     from : みんなの、あなたのマリー♡

     

     追伸(←これ一度でいいから使ってみたかったのよね! 始めから本文にいれとけばいいのに、って思うんだけどフシギな魅力があるわ!)
     理事長室で待ってるからね! ciao☆』



    5: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:18:36.62 ID:XvgJLmvI.net

    圧倒的テンション



    6: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:20:02.28 ID:wK/SBctW.net

    Go to 理事長室



    7: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:20:22.59 ID:lGt7+v0G.net

    マリーっぽくて可愛い




    【ダイヤ「お手紙…? 鞠莉さんからですの?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482252457/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 01:47:38.02 ID:2UW3DXYJ0

    短編・キャラ崩壊あり



    鞠莉「ハグして欲しいの!」

    ダイヤ「なんですのいきなり」

    鞠莉「私気づいたのよ」

    ダイヤ「はぁ」

    鞠莉「私からはダイヤにも果南にもハグしたわ。そして果南からもハグされた。でも....」

    鞠莉「ダイヤからはまだハグされてない!!」

    ダイヤ「.....」

    鞠莉「.....」

    ダイヤ「そうですか」

    鞠莉「反応薄っ!」 
     






    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 01:48:16.60 ID:2UW3DXYJ0

    ダイヤ「でも、どこかでしたことありませんか?」

    鞠莉「ないわ!」

    ダイヤ「どこかの世界線とか過去とかできっと...」

    鞠莉「急に何言ってるのダイヤは!?」

    ダイヤ「大体ハグなんてルビィにも最近できてないのに何で鞠莉さんにしないといけないんですか!」

    鞠莉「なんか逆ギレされた!?」




    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 01:48:54.32 ID:2UW3DXYJ0

    鞠莉「ダイヤ~、ハグしてよ~。プリーズプリーズ」クイクイ

    ダイヤ「まぁ別にいいですけど」

    鞠莉「やったわ!」

    ダイヤ「それじゃあいきますわよ?」

    鞠莉「いつでもカモーーンよ!」

    ダイヤ「.....」ギュ

    鞠莉「.....」

    ダイヤ「どうですか...?」ギュ

    鞠莉「.....」





    鞠莉「違う!!」

    ダイヤ「はい?」





    【鞠莉「ダイヤ!ハグして!」 ダイヤ「はい?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481204721/

    1 : ◆E9MhvIcHXGjR 2016/12/08(木) 22:45:21.87 ID:qWZN5ddl0

    ・ファーストキスといえばレモン味ですよね

    ・すごく短いです

    ・ダイマリです


    【SS】善子「へぇー、ファーストキスはイチゴ味なのね……」
     
    よしりこ編も読んで頂けると嬉しいです。 
     





    2 : ◆E9MhvIcHXGjR 2016/12/08(木) 22:50:00.19 ID:qWZN5ddl0

    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


    ~ 生徒会室 ~


    ドッサリ

    ダイヤ「最近、Aqoursの練習や試験勉強で忙しくて、生徒会の仕事が溜まってしまいましたわ……」

    ダイヤ「さすがに、この量を空いた時間だけで片付けるのは無理ですね……」

    ダイヤ「仕方ありません、仕事が片付くまで練習は休ませてもらいましょう」

    ガチャ

    鞠莉「ちょっと! 聞いてよ、ダイヤ!」

    ダイヤ「何ですの、この忙しい時に……」

    ダイヤ「しょうもない話だったら怒りますわよ!」

    鞠莉「さっき、ネットを見たらファーストキスはレモン味じゃなくてイチゴ味なんですって!」

    鞠莉「レモンが好きな私にとって、すっごくショッキングだわ!」

    ダイヤ「やっぱり、しょうもない話でしたか……」




    3 : ◆E9MhvIcHXGjR 2016/12/08(木) 22:53:01.66 ID:qWZN5ddl0

    ダイヤ「鞠莉さん、あなたも理事長の仕事が山ほど残っているんでしょ」

    ダイヤ「私は生徒会の仕事で忙しいんです! あなたもさっさと仕事を片付けてきなさい」シッシッ

    鞠莉「……」

    鞠莉「しょうもなくないわよ……」ボソッ

    ダイヤ「……鞠莉さん?」

    鞠莉「だって……小さい頃からずっと楽しみにしていたのよ……」

    鞠莉「本当に好きなレモンの味がするのか、好きな人ができて、初めてキスする時をずっと楽しみにしていたのに……」シュン

    ガチャ

    ダイヤ「鞠莉さん……」





    【【SS】鞠莉「嘘っ! ファーストキスはレモン味じゃないの!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1470320493/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/04(木) 23:21:33.63 ID:4uUJaD3u0

    ダイヤ「遅い…」

    ダイヤ(人を呼び出しておいてなんで来ないのかしら)

    ダイヤ(まったく、最近鞠莉さんにからかわれてばかりですわぁ)

    ダイヤ(なんであの人はいつも上から…)

    ダイヤ(たまにはわたくしが優勢でいたいですわ)




    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/04(木) 23:22:31.51 ID:4uUJaD3u0

    ダイヤ(はぁ…もしも鞠莉さんがルビィよりも小さかったらどうなんでしょう)

    ダイヤ(お姉ちゃん、とか呼ばれてみたり…)

    ダイヤ(…///って、何1人で考えているのですかわたくしは!)

    ダイヤ(というかこのソファに座ってると何だか眠くなりますわね…さすが理事長室…)



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/04(木) 23:23:37.62 ID:4uUJaD3u0



    まり「起きて!」

    ダイヤ「はっ!ね、寝てましたの…」

    まり「ねえ、ダイヤ」

    まり「あの棚の上のファイルをtake meして☆」

    ダイヤ「え、鞠莉さんあなたその姿…」

    まり「届かないよ~」ピョンピョン

    ダイヤ(小さい…)

    ダイヤ(どういうこと???…これじゃ、ルビィより小さいじゃない)

    ダイヤ(まさかわたくしの願望が叶った?)

    ダイヤ(何が起こったかわからないけれど、これはチャンスですわ!)



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/04(木) 23:24:17.95 ID:4uUJaD3u0

    ダイヤ「しょうがないですわね」ヒョイッ

    まり「あ、ちょっと何するの」

    ダイヤ「抱っこしててあげるから、自分で取りなさい」

    まり「むぅ…子供扱いしちゃ、angryだよ?」

    ダイヤ(な、何ですの、今の…///)

    ダイヤ「ふふっ、わたくしの肩までしかないくせによく言いますわね」

    まり「うるっさい!」




    【ダイヤ「小さい理事長」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1472475709/

    1 :名無しで叶える物語(きびだんご)@\(^o^)/ 2016/08/29(月) 22:01:49.63 ID:I8QeaRq3.net

    高く高く昇っていた太陽も高度を落とし
    蝉たちも声を潜め始める。

    広がる空は一面のオレンジで
    今日1日を終わらせる準備を始めていた。

    オレンジ...か。あの子ならみかん色、なんて言うかしら。

    ようやく一つの壁を乗り越え、みんなの願いや想いが集まって
    Aqoursは9人揃った。

    訪れた平穏な日々。
    大変ではない、と言ったら嘘になるけれど。すごく充実している。

    今日も無事に生徒会の仕事と練習を終え、
    穏やかな1日に終わりを告げる...はずだった。

    ...はずだったのだけれど。



    4 :名無しで叶える物語(きびだんご)@\(^o^)/ 2016/08/29(月) 22:02:36.03 ID:I8QeaRq3.net

    ――ピンポーン。

    ...嫌な予感がする。

    ――ピンポーン!

    こんな時間に訪ねてくる知人は
    お父様・お母様に御用のあるお客様を含めても
    あまり思い当たらない。

    ――ピンポーン!ピンポーン!ピンポンピンポン....

    この非常識なチャイムの鳴らし方。
    おおかた犯人は1人しか思い浮かばない。

    無視を決め込んでいると
    聞きなれた甲高い声が耳に飛び込んできた。

    「ダーーーーイヤーーーーーーー!!チャオーーーーーーーー!!」

    ...やっぱり。
    声の主はAqoursのメンバーであり、浦女の理事長であり、
    そして...旧友でもある、金髪のアイツ。

    見た目を裏切らないその破天荒ぶりは
    昔からいつだって波乱を連れてきた。

    私の"不変の日常を過ごしたい。"という願いは
    もう何度打ち砕かれたことか...。

    「ダーーーーーイヤーーーーーーーー?いないのーーーー?アブセーーーンス?」

    「...なあんだ。せっかく松月で新作のみかんプリン買ってきたのに...」

    "プリン"という単語にぴくり、と耳が反応する。
    ダメよダイヤ...軽率に食べ物に釣られるなんて...

    「おまけに抹茶シュークリームも付けたのに。今日もひとりで間接照明しかない、暗いホテルの部屋で食べるのね...マリーってやっぱりロンリーガールなのね...ぐすっ。」

    不覚にも少し寂しそうにしている顔が浮かんでしまった。
    ダメよダイヤ...お茶くらいなら...なーんて考えたら。

    「...いないならしょうがないね。かえろ...」



    5 :名無しで叶える物語(きびだんご)@\(^o^)/ 2016/08/29(月) 22:03:27.18 ID:I8QeaRq3.net

    そっと縁側の影から覗くと
    両手いっぱいに紙袋を下げた、いつもより小さくなった背中が見えた。
    黄昏時の空はよりいっそう切なさを加速させる。

    今日ばかりは本当に私に会いたくて来てくれたのかも...、
    なんて思ってしまったのが最後だった。

    「...鞠莉さん。」

    門を後にする鞠莉さんを呼び止める。

    振り返った彼女は....
    ここ数年で一番のしてやったり顔で勝ち誇った笑顔をしていた。

    ――また罠にかかってしまいましたわ!!

    「なーんだダイヤ。いるんじゃない。居留守なんてひどぉい。」

    「わ、悪かったですわよ。また妙なものでも持ってきたのかと思ったので...」

    以前にもこうして手土産を持って遊びに来てくれたことがあった。
    大きな箱にいっぱい入った、カラフルで可愛らしいマカロン。
    二人でお喋りしながら一緒に口に運んでいく。

    これはイチゴ...こっちはパッションフルーツ?あ、こっちは抹茶...
    おやつは和菓子が多かった私にとっては最高のおもてなし。

    ...のはずだった。

    「か、辛!!なんですの!?これぇ!?」

    「ふふ、ダイヤ。ひっかかったわね!これはロシアンルーレットマカロン!略してRRMだったのよ!」

    「はぁ!?ふざけないでくださいます!?か、辛ぃ...」

    涙目になった私をけたけたと笑いながら水を差し出してくる。
    本当にこの女は...

    それからというもの、鞠莉さんが我が家に来るときは
    常に警戒をしている。――

    「ほら、ダイヤ!スイーツ買ってきたから一緒に食べよう?」

    「ありがとうございます。お茶、淹れて来ますわね。」

    「レモンティー濃いめでオネガイ♡」

    「おだまらっしゃい!うちは麦茶しか出ませんからね!」

    滅茶苦茶な注文は無視して、透明なグラスにお茶を注ぐ。
    お皿と...それからスプーンも持っていかなきゃね。




    【鞠莉「ダイヤ号で」ダイヤ「どこまでも」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1470735792/

    1: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/08/09(火) 18:43:12.53 ID:UeZa/tb+.net

    鞠莉「…ぅ♡だ、だいやぁ♡」ビクン

    ダイヤ「まだまだいけますわよね?」

    鞠莉「うん♡もっと、more!」

    ダイヤ「その表情、たまりませんわぁ」ゾクゾク

    ダイヤ「いきますわよ?」クチュクチュ

    鞠莉「んっ!す、すご…ん…」



    2: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/08/09(火) 18:44:37.09 ID:UeZa/tb+.net

    ダイヤ「…んちゅ♡ぷはっ…ハァ」

    ダイヤ「あんまり声を出しちゃダメですわ」

    鞠莉「大丈夫♡ここは、no trespassing」

    鞠莉「立入禁止なんだから♡」

    ダイヤ「そう、でしたわね…」

    ダイヤ「それじゃ、思う存分叫びなさい♡」



    3: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/08/09(火) 18:45:05.87 ID:UeZa/tb+.net



    いつからでしょう

    こんなにも本能をむき出しにして…

    彼女を求め続けてしまう…

    本能?こんなのはわたくしの偽りの姿だと、そのはずでしたわ

    もっと健全で綺麗な距離の取り方を望んで、それが最初のわたくしの願い…



    4: 名無しで叶える物語(きりたんぽ)@\(^o^)/ 2016/08/09(火) 18:45:35.18 ID:UeZa/tb+.net

    今のわたくしは…

    綺麗ではない?そんなことありませんわ

    彼女はこんなに美しいのに

    あぁ…黒澤ダイヤという女はいつでも彼女を欲してしまう…

    これが本当の姿なんですのね




    【鞠莉「No trespassing」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1471786199/

    1 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/21(日) 22:29:59.50 ID:l3M1MUi7.net

    ダイヤ「はい?」

    鞠莉「ということで……お手!」

    ダイヤ「しませんけど」

    鞠莉「ダイヤ、ペットと言えばお手するものなんだよ?」

    ダイヤ「だから、しません!そもそもペンギンは、お手などしませんし!」

    鞠莉「じゃあもう、ペンギンじゃなくて犬でもいいや。はい、お手!」

    ダイヤ「わたくし、犬でもありませんわ!」

    鞠莉「……えっ……まさか……クマ?」

    ダイヤ「頭に噛みつくわよ?」



    3 :名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/08/21(日) 22:31:33.63 ID:uPStObd6.net

    小原家なら人間の一人や二人飼っててもおかしくない



    4 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/21(日) 22:32:22.48 ID:l3M1MUi7.net

    ダイヤ「突然来てくれと言われたから、来てみれば――」

    ダイヤ「来て早々に、わたくしを飼う?お手をしろ?まったく、なにを考えていますの?」

    鞠莉「ええ?簡単な話よ?この間PV撮影のために、水族館に行ったじゃない?」

    鞠莉「その時のペンギンがもう、So Cute で!――だから、ダイヤを飼おうかなって」

    ダイヤ「全然わかりませんけど!?そもそも飼うって!?」

    鞠莉「ホントはカワイイペンギンを買いたいけど……ペット用のは数百万するし……」

    鞠莉「野良ペンギンはいないみたいだしね。だから、ダイヤでガマンするしか選択の余事がないの……」

    鞠莉「ダイヤはタダみたいなもんだし…………」

    ダイヤ「あなたの思考回路はよくわかりませんけど……とにかく無性に腹が立つわ」



    6 :名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/08/21(日) 22:35:16.75 ID:l3M1MUi7.net

    鞠莉「怒らないでダイヤ!ダイヤのためにいろいろ揃えたのよ?」

    鞠莉「まずはこれ、ハーネス!」

    ダイヤ「…………それは?」

    鞠莉「胴輪よ?これで、飼い主の手元からペットが脱走するのを防げるうえに――」

    鞠莉「散歩をすることができるの!」

    ダイヤ「…………それで?」

    鞠莉「ダイヤにプットオン☆」

    ダイヤ「却下。マリさん、あなた何を考えてますの……」

    鞠莉「何って……環境に対する影響を、それはそれはしっかり考えたわ!」



    8 :名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/08/21(日) 22:37:24.32 ID:eUHZZ4qd.net

    ダイヤさんは既にルビィって名前の小動物飼ってるからね




    【鞠莉「しかたないから、ペンギンのかわりにダイヤを飼う!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1470060027/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/01(月) 23:00:28.32 ID:ofcOsowU0

    ~生徒会室~

    鞠莉「ダ~イヤ?」

    鞠莉「遊びに来たよ☆」

    ダイヤ「何か用ですの?」

    鞠莉「特にないけど~」

    鞠莉「久しぶりだからっ!」モミッ





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/01(月) 23:01:11.95 ID:ofcOsowU0

    ダイヤ「はぁ…」

    ダイヤ「…離しなさい…!」

    鞠莉「うっ…そ、ソーリー☆」

    ダイヤ「用がないなら帰って」

    鞠莉「まあ、そう言わずに~」

    鞠莉「さっき千歌ちゃんたちがいたときみたいにさ?」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/01(月) 23:01:56.16 ID:ofcOsowU0

    ダイヤ「さっきは生徒がわたくし達が不仲だと思わないように振る舞っただけですわ、勘違いしないように」

    鞠莉「え、ジョークでしょ?」

    ダイヤ「本心ですわ」

    ダイヤ「突然きて、訳の分からないことをするつもりならわたくしはあなたに付き合ってられませんわ」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/01(月) 23:02:21.53 ID:ofcOsowU0

    鞠莉「ひ、酷いなぁ」

    鞠莉「私だってちゃんといろいろ考えてるよ~」

    ダイヤ「そうは見えませんわね…」

    鞠莉「もう~ ス・マ・イ・ル!」

    鞠莉「また笑いながらマリーと楽しいことしようよ~?」



    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/01(月) 23:02:55.65 ID:ofcOsowU0

    ダイヤ「生徒会長としての仕事や黒澤家の長女として家のこと…」

    ダイヤ「わたくしだって、忙しいのだから暇なあなたに付き合ってられないって言ってるの、わかりませんの?」

    ダイヤ「とりあえず今だって仕事があるから出て行きなさい」




    【鞠莉「笑って」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1470061428/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/01(月) 23:23:48.48 ID:Yt9Oxzof0

    鞠莉「ねぇダイヤ?」

    ダイヤ「まだ仕事中ですのよ?」

    ダイヤ「何で当然のように生徒会室にいるんですの?」

    鞠莉「細かいことはいいじゃん♪」





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/01(月) 23:25:35.96 ID:ofcOsowU0

    鞠莉「それを言うならダイヤだっていつの間にか理事長室にいたりするしね」

    ダイヤ「そ、それは用事があったときに…」

    鞠莉「たいしたことなくても来るけどな~」

    ダイヤ「まずその話はいいですわ…///」

    ダイヤ「それで、どうしましたの?」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/01(月) 23:26:05.32 ID:ofcOsowU0

    鞠莉「デートしましょ♪」

    ダイヤ「な、で、でーと…」

    ダイヤ「いきなりどうして…」

    鞠莉「行きたいからだよ~」

    ダイヤ「そんな話なら携帯とかでも…」

    鞠莉「わかってないな~」

    鞠莉「直接誘うからいいんでしょ?」

    鞠莉「ダイレクト?」



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/01(月) 23:26:44.80 ID:ofcOsowU0

    鞠莉「ていうか、デートに対しては疑問ないんだね☆」

    鞠莉「可愛いなぁ~」

    ダイヤ「う、うるさいですわ…///」

    ダイヤ「それで、どこへ?」

    鞠莉「三津シーパラダイス!」

    ダイヤ「この前PV撮影で行ったじゃない」

    鞠莉「だから~」

    鞠莉「ホントわかってない!」

    鞠莉「2人きりで、行きたくなったからだよ?」




    【ダイヤ「マリンブルーなら」 鞠莉「え?マリー?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468841567/

    1 : ◆E9MhvIcHXGjR 2016/07/18(月) 20:32:47.83 ID:tFV3t4WY0

    ・アニメの3話を観て思いついたネタです

    ・短いです

    ・ダイマリです 
     






    2 : ◆E9MhvIcHXGjR 2016/07/18(月) 20:35:04.90 ID:tFV3t4WY0

    ~ 3年生の教室 ~


    ダイヤ「鞠莉さんがこの学校の理事長になりましたけど、本当に大丈夫なのかしら」

    ダイヤ「……というより高校生に理事長をやらせるこの学校は本当に大丈夫なのかしら……」


    『ピンポンパンポーン』

    『生徒会長の黒澤ダイヤさん』

    『理事長がお呼びです』

    『至急、理事長室に来てください』

    『繰り返します~』


    ダイヤ「……さっそく、嫌な予感が的中しましたわ」ハァ




    3 : ◆E9MhvIcHXGjR 2016/07/18(月) 20:37:56.38 ID:tFV3t4WY0

    ~ 理事長室 ~


    コンコン

    ダイヤ「失礼します。 鞠莉さん、わたくしに何のようですか?」

    鞠莉「ノー! ダイヤ、私は理事長だよ」

    ダイヤ「理事長、わたくしに何か御用ですか?」イラッ

    鞠莉「うん、よろしい!」




    4 : ◆E9MhvIcHXGjR 2016/07/18(月) 20:40:22.36 ID:tFV3t4WY0

    鞠莉「実はダイヤに頭をナデナデしてもらいたくて呼んだの♪」

    ダイヤ「そんなしょうもない事で呼ばないでください……やりませんわよ」

    鞠莉「あれれー、ダイヤは理事長と生徒会長のどっちが偉いかわからないのかな?」

    ダイヤ「くっ……」プルプル

    鞠莉「ほら、早く早く♪」ワクワク

    ダイヤ「少しだけですからね」ナデナデ

    鞠莉「えへへ///」





    【【SS】鞠莉「私が浦の星女学院の理事長です♪」ダイヤ「嫌な予感しかしませんわ……」】の続きを読む

    このページのトップヘ