大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!サンシャイン!!SS > かなりこ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1550183404/

    1: 名無しで叶える物語(家) 2019/02/15(金) 07:30:04.47 ID:bhCDAqIB

    梨子「果南さん?」

    果南「…」

    梨子「聞いてます?私の話」

    果南「き、聞いてる!聞いてるよ!」

    梨子「だったら答えてください。何ですか?これは」


    果南「…アジフライ、かな~ん…」ハハ…



    2: 名無しで叶える物語(家) 2019/02/15(金) 07:31:04.74 ID:bhCDAqIB

    梨子「はぁぁ…」タメイキ

    果南「ぅ…」

    梨子「……今日が何の日か知ってますよね?」

    果南「…バレンタインデーです…」

    梨子「ああ良かった。私の勘違いってわけじゃなかったんですね」

    果南「…」

    梨子「じゃあこの可愛らしくラッピングされたものはバレンタインのプレゼント、で合ってたんですね」

    果南「はい…」


    梨子「……どうしてアジフライかなぁ」ハァ


    果南「ゴメンナサイ」




    【梨子「何ですか?これは」果南「」ダラダラ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1549797169/

    1: 名無しで叶える物語(湖北省) 2019/02/10(日) 20:12:49.89 ID:PfU+/Fmk

    果南「えー、欲しいものか…なんだろ」

    梨子「いろいろ考えたんですけど、どうしてもこれ!ってものが見つからなくて…当日にこんなこと聞いちゃってごめんなさい…」

    果南「いや、それは全然気にしなくていいんだけど」

    果南(最近よく考え事してるなって思ってたけど、そんなことだったんだ…)

    果南「んー…欲しいもの…やっぱりあれかな」

    梨子「あれ?」

    果南「ハグ」

    梨子「それはプレゼントじゃないです!」



    2: 名無しで叶える物語(湖北省) 2019/02/10(日) 20:14:30.77 ID:PfU+/Fmk

    果南「えー、そう?私は嬉しいんだけど」

    梨子「だ、だってなんか違うじゃないですか!…それに、ハグは…いつも、してますし…//」カアッ

    果南(いつもしてるのに毎回照れて可愛いから全然いいんだけどな)

    果南「うーん、だって他に欲しいものって言われても思いつかな…あ」

    梨子「な、なにか思いつきました?」

    果南「うん。やっぱりハグがいいかなって」

    梨子「だ、だからそれは」

    果南「確かにいつもしてるから…だから特別にってことで」

    果南「梨子ちゃんからハグしてきてほしいな」

    梨子「」



    4: 名無しで叶える物語(湖北省) 2019/02/10(日) 20:17:02.68 ID:PfU+/Fmk

    梨子「わ、わたしから!?」

    果南「うんそう。さあばっちこい」

    梨子「む、無理無理!絶対無理です!」

    果南「なんで?嫌?」

    梨子「い、嫌とかじゃなくて…は、恥ずかしいし…//」カアッ

    果南「えー、でももう私これに決めちゃったし。決めたら余計してほしくなってきたよ。ほらおいで」

    梨子「だ、だから無理……って、だからハグはプレゼントじゃないです!」



    6: 名無しで叶える物語(湖北省) 2019/02/10(日) 20:17:46.23 ID:PfU+/Fmk

    果南「でも、今私が一番欲しいのは梨子ちゃんからのハグだよ?」

    梨子「で、でも…」

    果南「だって毎回ハグするの私からだし…たまには梨子ちゃんからしてほしいよ」シュン

    梨子「うっ…」

    果南「でもそっかー、絶対無理かあ…傷付くなあ…梨子ちゃんそんなに嫌かあ…」チラッ

    梨子「も、もう!真剣に聞いてるのにからかって…果南さんなんかもう知りませんっ」プイッ




    【梨子「果南さん、誕生日プレゼントなにがほしいてすか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1539576691/

    1: 家 ◆YmvLytuhUo (やわらか銀行) 2018/10/15(月) 13:11:31.37 ID:OlR6Ig77

    ずっといるから知ってる。 一度来ただけじゃ分からないような良いところも悪いところも。

    それを実感したのはきっと、あの子が私の隣にいることが多くなって

    私が彼女に、自分の知っているその全部を少しずつ

    ぽつぽつと話し始めたからだろう。



    そう、それはまるで傘に入るか入らないか──少し迷うくらいの

    にわか雨を降らせるような感じで。



    2: 家 ◆YmvLytuhUo (やわらか銀行) 2018/10/15(月) 13:13:50.18 ID:OlR6Ig77

    ─学校、三年生教室


    果南「演奏会をやる? 来月に?」

    梨子「はい、学生で演奏できる人が欲しかったみたいでお誘いをもらったんです」

    梨子「ここの会場なんですけど……」ピラッ

    果南「へえ、ここでやるんだ…懐かしいなあ」

    梨子「果南さん、行ったことあるんですか?」

    果南「昔ね、それよりその演奏会さ、観に行ってもいいの?」



    3: 家 ◆YmvLytuhUo (やわらか銀行) 2018/10/15(月) 13:15:28.97 ID:OlR6Ig77

    梨子「え……も、もちろん! というより、そのために来たというか……」ボソボソ

    果南「? いいんだよね?」

    梨子「は、はい! それとあの、飲み物サービスのチケットもあるから…良ければ」ドウゾ

    果南「わっ、相変わらず用意いいね、ありがとう梨子ちゃん楽しみにしてるね」

    梨子「うん…頑張ります」ニコ



    4: 家 ◆YmvLytuhUo (やわらか銀行) 2018/10/15(月) 13:16:14.68 ID:OlR6Ig77

    梨子「それじゃあ…お邪魔しました」ペコリ

    ピシャン

    果南「…………演奏会、かあ」ヒラヒラ

    果南「ねえ、二人も観に行くよね?」フリムキ

    ダイヤ・鞠莉「……は?」

    果南「…え? 何その反応、行かないの?」

    鞠莉「行かないもなにも…」

    ダイヤ「流石に私たちが同伴するのは無粋だと思うのですけれど」



    5: 家 ◆YmvLytuhUo (やわらか銀行) 2018/10/15(月) 13:17:06.17 ID:OlR6Ig77

    果南「無粋ってなにが」

    鞠莉「だ、か、ら、梨子は果南にだけ観てほしいってこと」

    果南「そうなの?」

    ダイヤ「少なくともここにいる果南さん以外の全員はそう捉えたと思いますわよ」

    果南「それじゃあ私が梨子ちゃんのこと分かってないみたいじゃん」

    鞠莉「いや、実際にそうじゃない」

    果南「そんなことないって、この前だって……」




    【果南「雨音演奏曲」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1536250454/

    1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/09/07(金) 01:14:14.73 ID:zOS/k2oN

    ー部室ー

    果南「最近さ……」

    梨子「はい」

    果南「ダイヤのホクロが気になるんだよね」

    梨子「へぇ……」

    果南「ほら、点Pがあるじゃん」

    梨子「何の話ですか?」



    2: 名無しで叶える物語(笑) 2018/09/07(金) 01:15:34.52 ID:zOS/k2oN

    果南「ほら、あの、数学にでてくるやつ」

    梨子「ああ……」

    果南「あれって動くでしょ。ダイヤのホクロも動いたら面白いなーって」

    梨子「はぁ」

    果南「……あはははは!」

    梨子「え、何怖い」



    3: 名無しで叶える物語(笑) 2018/09/07(金) 01:16:04.88 ID:zOS/k2oN

    果南「いや想像したら面白くてさ」

    梨子「そうですか、怖いので前置きしてください」

    果南「今から笑うよーって?」

    梨子「……そんなことする人いませんね」

    果南「でしょ?人はいつだって突然笑うんだよ」

    梨子「そうですね」




    【梨子「感覚で会話する松浦果南」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1534912956/

    1: ぬし ◆z9ftktNqPQ (帝国中央都市) 2018/08/22(水) 13:42:36.58 ID:/lZoaN+6

    ♪1.お昼ごはんまで眠らせて

    梨子「果南さーん。起きてますか?」ヒョコ

    果南「んー。ねてないよ…」ゴロ

    梨子「ああ、もう。またフローリングに寝転がって。埃が付きますよ」

    果南「んー。つかないよ…」ゴロ

    梨子「すでに付いてますから」ヒョイ

    果南「頭なでた?」

    梨子「埃を取りました」

    果南「なでないの?」

    梨子「埃が付いちゃうから撫でません」

    果南「んー…」モゾモゾ


    心底面倒くさそうに唸りつつ、手をばたつかせる。

    残念ながら、私が見立てたところ、果南さんの手が届きそうな範囲にはなにもない。



    3: ぬし ◆z9ftktNqPQ (有限の箱庭) 2018/08/22(水) 13:44:19.16 ID:bsKjn72J

    果南「んんー」モゾモゾ

    梨子「…」

    梨子 スッ

    果南「あ」ペシ

    果南「あった」モゾ…


    上半身を器用にうねらせて、少しだけ上昇。

    お気に入りのクッションに頭を乗せると、うつ伏せのまま果南さんは動きを止めた。


    梨子「苦しくないんですか?」

    果南「まふぁふぁええる」


    もごもご。

    たぶん、「まだ耐えれる」だと思う。



    4: ぬし ◆z9ftktNqPQ (有限の箱庭) 2018/08/22(水) 13:45:43.51 ID:bsKjn72J

    果南「…」ジッ

    梨子「…」ジッ

    果南「??」

    梨子「ふふっ」

    梨子 ナデ…

    梨子「そろそろお昼ごはんの用意をしますよ」ナデ…

    果南「うん」

    梨子「おそうめんでいいですか?」ナデ…

    果南「うん」


    お団子にされたポニーテールが、まだ行かないで、だって。

    お腹ぺこぺこっていうほどでもないもの。

    もう少し、お昼は遅くてもよさそうね。


    ♪1.お昼ごはんまで眠らせて(もっと甘えたがりなときは私の膝です) 終




    【【ss】かなりこ、ふたりぐらし。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1465704361/

    1 :名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/06/12(日) 13:06:01.83 ID:hOjm3Prf.net

    【SS】千歌「果南ちゃん、耳かきお願い!」果南「はいはい」

    【SS】鞠莉「耳かき上手なんだって?」果南「鞠莉まで……」

    【SS】果南「……耳かきやばい」

    【SS】ルビィ「お姉ちゃーん、耳か……き……」

    果南「……というか、耳かきしてくれるの?」ダイヤ「その通りです」

    果南「ふむ……」ダイヤ「耳かきを、ですか……」

    果南「耳かきとかどう?」花丸「えっ」

    の続きですが、読まなくても全く問題ありません。

    自分のブログの方に全部まとめています。



    3 :名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/06/12(日) 13:08:48.77 ID:hOjm3Prf.net

    □□□
    廊下


    果南「最後は梨子かなぁー」


    果南「音楽室にいる、って聞いたけど……」


    果南「いなかったらどうしよ」


    果南「うーむ……」


    果南「天気もいいし……泳ぎにでも行こうかなぁ」


    果南「あ、でも千歌ちゃんは学校来てるかな」


    果南「来てたらまたお家にお邪魔でもしよっかな……」







    ガラララッ


    千歌「うわああああああああん! 梨子ちゃんのバカぁぁぁぁぁぁぁぁ!」ダダッ


    梨子「ちょっ、千歌ちゃん!? そういうつもりで言わせたんじゃ……!」オロオロ


    千歌「バカぁぁぁぁぁぁぁぁ!」タタタ…


    果南「……千歌?」


    梨子「…………」


    果南「……行っちゃった」キョトン



    4 :名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/06/12(日) 13:09:28.92 ID:hOjm3Prf.net

    梨子「あ、果南ちゃん……」


    果南「や、梨子ちゃん」


    梨子「おはよう……」

    梨子「ナイスタイミングというかバッドタイミングというか……はぁ」


    果南「……なんかあった?」


    梨子「ううん、千歌ちゃんをちょっと、からかっちゃったら……」


    果南「……ああなったの?」クスクス


    梨子「……うん、まあそんな感じ」クスクス




    【【SS】梨子「……私、耳かき最後?」果南「まあ、善子ちゃんはやだっていうし……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1531740676/

    11: 名無しで叶える物語(家) 2018/07/16(月) 20:53:39.67 ID:YqcJzpPr

    果南「……」ジーッ

    梨子「……あ、あの。何ですか果南さん」

    果南「あ、ゴメン。梨子のお腹、凄く綺麗だなって思って――」

    梨子「……///」サッ

    果南「あ~。隠しちゃった」

    梨子「は、恥ずかしいですもん!///」



    12: 名無しで叶える物語(家) 2018/07/16(月) 20:57:01.44 ID:YqcJzpPr

    梨子「そ、それに!綺麗なお腹なのは果南さんの方です!」

    果南「えー?そうかな?私なんて身体動かしてるから細めなだけだよ」

    梨子「腹筋だってきちんとあって凄いです……」

    果南「いやいや。腹筋なら曜の方が凄いよ。ムキムキだよ~?」

    梨子「と、とにかく!私のお腹なんてそんな良いものじゃないです!///」



    14: 名無しで叶える物語(家) 2018/07/16(月) 20:59:21.07 ID:YqcJzpPr

    果南「そんなこと絶対無いと思うんだけどな……」ジィッ…

    梨子「~~~~///」

    梨子「み、見ないで……恥ずかしい……」

    果南「―――やっぱり、凄く綺麗だよ?」

    梨子「~~~!!///」首ブンブンッ



    16: 名無しで叶える物語(庭) 2018/07/16(月) 21:01:44.11 ID:yVqKX1ka

    漫画版だとようちかほったらかした傍で乳繰り合ってそうな雰囲気がある




    【果南「梨子ちゃんのお腹柔らかそう……」梨子「えっ?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1524083711/

    1: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/19(木) 05:35:11.19 ID:69Tt2tQH

    「チカ。好きだよ」

    「チカも…好きだよ、果南ちゃん」


    「千歌ちゃん、好きよ」

    「梨子ちゃん。チカも好きだよ!」


    「チカ…」

    「果南ちゃん…」

    「千歌ちゃん…」

    「梨子ちゃん…」


    「「好き」」

    ***



    2: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/19(木) 05:35:55.51 ID:69Tt2tQH

    ♪♪♪

    私は桜内梨子。

    静岡県の沼津は内浦で、スクールアイドルをやっています。

    発起人は同級生の高海千歌ちゃん。

    同じく同級生の渡辺曜ちゃんと共に三人で立ち上げ、今では一年生と三年生がそれぞれ三人ずつ加わって九人もの大所帯となりました。

    控えめで目立つことなんてほとんどなかった私がスクールアイドルなんて、と当初は戸惑ったものだけれど。


    ーー梨子ちゃん!

    ーー梨子ちゃんと一緒がいいの

    ーー梨子ちゃんのピアノ好きだな~。

    ーー梨子ちゃん、行こっ!


    とっても強引な誰かさんに振り回されているうちに、やがてそんな気持ちは少しずつなくなっていきました。

    今、私の胸の中に強くある想いは、純粋にたった二つだけ。

    一つ、スクールアイドル『Aqours』として、この九人で目指せる限りの高みへと到達したい。

    そしてもう一つ、私はーー千歌ちゃん、あなたのことがーー

    ♪♪♪



    3: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/19(木) 05:36:39.39 ID:69Tt2tQH

    ♪♪♪

    「よ~し、今日の練習はここまでにしよっか。各自クールダウンして解散~」パンパン

    「はーー、つっかれた~」バタ

    「うゆ…」バタ

    「水分が…足りないずらあ…」バタ

    「水分不足は危険よ…ほら、余ってるから飲みなさい」

    「ありがとう善子ちゃん!」ゴク

    「ヨハネ!」

    「あはは、一年生はまだ体力が足りないな~」

    「果南さんがバケモノなだけで、私たちも結構ヘロヘロですわよ…」

    「果南は七つの心臓と筋肉でできてるから。体力についてなにを言ったって暖簾に hyper push だよ」

    「ちょっと、人をバケモノみたいに」

    「いえ、みたいじゃなくてはっきり言いましたわよ?」聞いてなかった?



    4: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/19(木) 05:37:14.23 ID:69Tt2tQH

    言ったなー?!

    ちょっ…追いかけっこには付き合いませんわよ!

    GO! GO! カナ~ン!

    鞠莉さん! 煽るのはおやめなさい!


    「んっ…くう、疲れたなあ」ノビー

    「梨子ちゃん梨子ちゃん!」ドシンッ

    「きゃっ?! もう、千歌ちゃん! そんな風にしたら危ないわよ」

    「えへへ…ごめんごめん。それより、明日ね、よーちゃんと遊びにいくんだけど、梨子ちゃんも行くでしょ?」

    「ええ…なに、もう。突然ね」

    「ねーねー梨子ちゃん、いいでしょー行こうよー」グイグイ

    「あっこら伸びるから…わかったわかった、私も行くわよ」

    「ほんとに?! やったー! よーちゃーん、梨子ちゃんも行くってー!」

    「やりい! ナイス千歌ちゃん!」

    「じゃあ10時に出て一緒に行こうね、梨子ちゃん」

    「はいはい、わかったわよ。千歌ちゃんから誘ったからには寝坊なんて許さないからね。10時になっても出てこなかったら置いていくわよ」

    「え? 起こしてくれないの?」クビカシゲッ

    「起こしません!」




    【果南「わたしのチカと」梨子「私の千歌ちゃん」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1522340775/

    1: 名無しで叶える物語(もも) 2018/03/30(金) 01:26:15.21 ID:v9rKQEuz

    ー果南の部屋ー

    果南「zzz…」スヤスヤ

    梨子「…」

    梨子 (眠れない…)

    梨子 (う~ん…)ネガエリ

    イルカのぬいぐるみ「ーーー」

    梨子 (イルカさん…やっぱりさみしいよ)モフモフ



    果南『明日も学校だから今日は別々に寝よ?』

    梨子『え…やだ…』

    果南『だ~め、梨子は一緒に寝ると全然眠らないんだもん』

    梨子『…』

    果南『明日は一緒に寝てあげるから、ね?』ナデナデ

    梨子『…うん』

    果南『ごめんね…』ナデナデ

    梨子『…』シュン

    果南『……そうだ!』



    2: 名無しで叶える物語(もも) 2018/03/30(金) 01:27:17.71 ID:v9rKQEuz

    果南『梨子』

    梨子『?』

    果南『今日はこの子が一緒に寝てくれるから』ポフッ

    梨子『これ…果南ちゃんのイルカさん♪』モフモフ

    梨子『かわいい♪』ギュッ

    果南『良かった…ひとりでも平気?』

    梨子『うん♪』

    果南『いい子だね♪』ナデナデ


    梨子 (イルカさん抱いてると…)モフモフ

    梨子 (余計にさみしくなっちゃう…)ギュッ



    3: 名無しで叶える物語(もも) 2018/03/30(金) 01:27:54.05 ID:v9rKQEuz

    梨子 (果南ちゃんは…)チラッ

    果南「zzz…」スヤスヤ

    梨子 (…普通に寝てる)

    梨子「…」スッ

    梨子「ねぇ果南ちゃん」ヒソヒソ

    果南「zzz…」スヤスヤ

    梨子「ねぇ…」ツンツン

    果南「zzz…」

    梨子「さみしいよ…」ツンツン

    果南「zzz…」

    梨子「ほっぺた柔らかい」ムニムニ

    果南「zzz…」

    梨子「…」ムニムニ

    梨子「果南ちゃんの寝顔、可愛いな…」




    【梨子「イルカさんと内緒話と距離」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1520339427/

    1: 名無しで叶える物語(神宮) 2018/03/06(火) 21:30:27.55 ID:R6qy4Eaf

    果南「……面と面向かって、言われても困るよ……///」

    梨子「ダメ、ですか……?」

    果南(うっ、上目遣いはやめて……)



    的なね



    5: 名無しで叶える物語(おいしい水) 2018/03/06(火) 21:33:03.98 ID:hp7/xU/5

    わ、私も腹筋あるヨーソロ…



    6: 名無しで叶える物語(庭) 2018/03/06(火) 21:37:03.00 ID:lSSKxx84

    >>5
    筋トレが趣味のくせにパワーあるイメージないよね君



    9: 名無しで叶える物語(神宮) 2018/03/06(火) 21:40:36.21 ID:R6qy4Eaf

    梨子「……前に、チラって果南ちゃんのお腹が見えた時から、憧れてたんです……」モジモジ

    梨子「……梨子も、果南ちゃんみたいなお腹になれたらなあ、って……」

    果南「梨子ちゃんのお腹が割れてる姿って、あんまり想像したくないけどね……」

    梨子「……どうしてですかっ!」ムスッ

    果南「イメージ的に、っていうのかな……梨子ちゃんは割れてちゃいけない感じがね……」



    11: 名無しで叶える物語(神宮) 2018/03/06(火) 21:47:26.75 ID:R6qy4Eaf

    果南「別に私も、ボディビルダーみたいな立派な腹筋、ってわけじゃないよ?」

    梨子「そんなことないよ、果南ちゃんのお腹はなんていうか……」

    梨子「……まるで、モナカアイスみたいな腹筋してるから……」

    果南「モナカアイス、ってそれもうバッキバキに割れてることになるよ、流石に……言い過ぎじゃない?」

    梨子「……ごめんなさい、過言でした……」

    果南「んー、そう言われたら言われたでちょっと悲しいかな」




    【梨子「あのっ、果南ちゃんの腹筋……触っても、いいですか?」】の続きを読む

    このページのトップヘ