大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!サンシャイン!!SS > ふたなり・性転換要素

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1509110388/

    1: 名無しで叶える物語 2017/10/27(金) 22:19:48.69 ID:U61otXcY.net

    ピンポーン♪

    曜「はーい」

    「宅配でーす」

    曜「!」



    3: 名無しで叶える物語 2017/10/27(金) 22:22:04.14 ID:U61otXcY.net

    __
    _____

    曜「ついにきたっ!千歌ちゃんのテラ寝そべり!!」

    曜「わー♡」ギュー♡

    テラちか「…」

    曜「かわいいぃぃぃ♡♡♡」

    曜「…はぁ…幸せぇ♡」

    ピンポーン♪

    曜「ん?また?」

    ガチャ

    「食品です」

    曜「オナホだ!」



    5: 名無しで叶える物語 2017/10/27(金) 22:22:42.43 ID:1Whxt6Hv.net

    おいw




    【曜「千歌ちゃんのテラ寝そにオナホ突っ込んでたら抜けなくなった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1508679272/

    1: 名無しで叶える物語 2017/10/22(日) 22:34:32.62 ID:Q8uZq5D2.net

    ルビィ「うん…!」

    ダイヤ「ぶ、部室で…?」

    花丸「梨子さんすごく苦しそうにしてたずら!」

    ルビィ「このままじゃ梨子さんが!お姉ちゃん助けて!」

    ダイヤ(これは…不味い…)



    3: 名無しで叶える物語 2017/10/22(日) 22:40:47.59 ID:Q8uZq5D2.net

    梨子「ハァ…ハァ…」

    曜「ふふ、美味しいなぁ…梨子ちゃんのおちんちんは…」ペロペロ

    梨子「曜ちゃん…もうやめて…私もう限界…ハァ…ハァ…うっ」ビクッ

    曜「まだ4回しか出してないよ?もっと飲みたいなぁ…梨子ちゃんの精子…」ペロッ

    梨子「ひゃあっ!」ビクンッ

    曜「ふふ…」レロレロ

    梨子「ああっ!」ピュルルッピルッ



    4: 名無しで叶える物語 2017/10/22(日) 22:45:56.86 ID:0djYLrwv.net

    一年生は純真だなぁ




    【ダイヤ「曜さんが梨子さんのおち○ちんさんを食べている?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1508761030/

    1: 名無しで叶える物語 2017/10/23(月) 21:17:10.84 ID:qVTYCkxT.net

    ようちかが付き合ってて
    えっちとかも普通にしてる設定です
    途中からふたなり注意



    4: 名無しで叶える物語 2017/10/23(月) 21:21:29.68 ID:qVTYCkxT.net

    千歌「そう!μ'sは活動日誌を付けてたらしくて」

    千歌「だから私達も、やってみないっ?」

    果南「いいじゃん、賛成♪」

    ルビィ「わぁ...楽しそぉ!」

    善子「いいんじゃない?」

    花丸「いいと思うずら~」

    ようまりりこ「私も賛成~」

    ダイヤ「そうですね、いいと思いますわ」

    千歌「よぉし!じゃあ決定で!」

    千歌「それじゃあ今日は千歌が書くから、明日は曜ちゃんで、その次は梨子ちゃんでー」

    曜「頑張るであります!」



    5: 名無しで叶える物語 2017/10/23(月) 21:23:28.15 ID:qVTYCkxT.net

    ーーー

    曜「ふぅ、今日は私だねっ」

    曜「あ...このノート...」クンクン

    曜「ほのかに千歌ちゃん家の匂いが...」ムラッ

    曜「...って、わたし何してんの!変態じゃんっ」アセアセ

    曜「ちゃんと書かないと!」ペラッ



    6: 名無しで叶える物語 2017/10/23(月) 21:25:53.29 ID:qVTYCkxT.net

    曜「あ、千歌ちゃんは何て書いたんだろう...えーと」

    曜「『今日はチカ、サビのところを上手く回れたよ!でも、あそこの歌詞もーちょい工夫できそう...みんなはどう思う?』か...」

    曜「って、ただの交換日記になってるし!」アハハ

    曜「ぃよーし、書くぞー!」カキカキ




    【曜「活動日誌?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1508231945/

    1: 名無しで叶える物語 2017/10/17(火) 18:19:05.61 ID:kkNsE0G6.net

    果南(しかも善子と一緒だし...)ムラムラ

    善子(電車の中って予想以上に暑い...)ムシムシ

    果南(そりゃあこれから水着で撮影なんだからムラムラするに決まってるじゃん...!)ムンムン

    果南(みんな、私におちんちんついてるとも知らずにあんなにくっついてきて...!)ムクムク



    4: 名無しで叶える物語 2017/10/17(火) 18:23:17.14 ID:kkNsE0G6.net

    果南(あぁぁおちんちんが...!)ギンギン

    果南(うっ...善子の尻が当たって...)

    ガタンガタン

    善子「きゃんっ!」グラッ

    果南「!?!」ムニュ

    果南(善子が私にもたれかかって...
    善子の手がっ私のおちんちんに...!)ビクッ

    果南(ていうか今の『きゃんっ!』ってなに!余計に...)ビンビン

    善子「ご、ごめん果南...」ササッ

    善子(ヘンな声でた...///)



    6: 名無しで叶える物語 2017/10/17(火) 18:28:23.29 ID:kkNsE0G6.net

    果南(あぁ~...善子の脇...キレイ)

    果南(ッ...!脇汗がくぼみに溜まってる、えっろ)

    果南(それに胸も結構あるよね)

    果南(...くっ、この状況だからそういうことばっかり考えちゃう)

    善子「...果南?」上目遣い

    果南「ーーもう我慢できない」ボソッ




    【果南(ああ...電車の中なのにムラムラする...)ムラムラ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1508672729/

    1: 名無しで叶える物語 2017/10/22(日) 20:45:29.40 ID:vLDBHcaJ.net

    ルビィ「う、うん。お願いしてもいい?」

    ダイヤ「はあ。そろそろ1人で処理できるようになりなさい」

    ルビィ「で、でも! お姉ちゃんにしてもらったほうが気持ちいいから――」

    ダイヤ「わたくしはあなたの性処理道具ではありませんのよ?」

    ダイヤ「今日は少し疲れているので、明日まで我慢するか今日自分で処理するかして」

    ルビィ「うゅ……」

    ダイヤ「おやすみなさい」

    ルビィ「おねえちゃぁ……」ウルウル

    ダイヤ「そんな顔してもダメですわ」スタスタ



    5: 名無しで叶える物語 2017/10/22(日) 20:49:10.07 ID:vLDBHcaJ.net

    ルビィ「うぅ、お姉ちゃんの手がいいよぉ……」シコシコ

    ダイヤ(ルビィ、これもあなたのため……!)ノゾキッ

    ルビィ「お姉ちゃんにお口で気持ちよくしてもらいたいよぉ……」シコシコ

    ダイヤ(わたくしはルビィ可愛さゆえに今まであそこが大きくなれば処理をしていました)

    ダイヤ(でもそれではわたくしがいなければ何も出来ない子になってしまう!)

    ダイヤ(だから、今は心を鬼にして……!)

    ルビィ「おねえちゃ、おねえちゃぁ♡」シコシコシコ

    ルビィ「うぅ、でないよぉ……」シコシコ

    ダイヤ(っ! あんな痛々しい姿、もう見てられませんわ……!)クルッ



    6: 名無しで叶える物語 2017/10/22(日) 20:53:25.58 ID:vLDBHcaJ.net

    ――
    ダイヤルーム

    ダイヤ「これもルビィのためだから……」

    ダイヤ「本当はわたくしだってルビィの――」

    ダイヤ「もう考えるのはよして寝ましょう、疲れているのは本当ですし」

    ダイヤ「おやすみなさい、ルビィ」スゥ

    「……」コンコンコン

    ダイヤ「すぅ、すぅ……」

    ルビィ「お姉ちゃん、ねてるの……?」ガチャッ

    ダイヤ「るびぃ……」

    ルビィ「ぴぎっ!?」




    【ルビィ「あ、あのお姉ちゃん」ダイヤ「また大きくなってしまいましたの?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1508396434/

    2: 名無しで叶える物語 2017/10/19(木) 16:01:51.37 ID:hwp0hr9M.net

    運動場の片隅に打ち捨てられるようにして建てられた小屋、ここはとある女子校の体育用具室だ。

    使われもしない資材が乱雑に押し込まれており死角も多いこの場所で、小さな窓から差し込む茜色の光が照らし出すのは二人の女の子。

    制服からしてこの学校の生徒だろうが、その雰囲気は異様と言わざるをえなかった。



    3: 名無しで叶える物語 2017/10/19(木) 16:02:53.23 ID:hwp0hr9M.net

    「ち、千歌ちゃん、一体どうしたの……? 顔が怖いし、それにその、身体が……」

    「あれあれ?どうしたの?私たち女の子同士だよ。身体が少し密着してたぐらいじゃ、なんの不都合もないと思うな。ふふっ」


    長い深赤色の髪の少女が、肌と肌が触れ合うほどの距離に追い詰められ、艶めかしい吐息や室内にこもった蒸れるような熱気によって、妖しい雰囲気を醸し出している。



    4: 名無しで叶える物語 2017/10/19(木) 16:05:14.40 ID:hwp0hr9M.net

    「そう、かもしれないけど……んっ」

    「わたしね、梨子ちゃんとどーしてもお話ししたいことがあるんだぁ……♥ 誰にも内緒のお話だし、これぐらいくっついてひそひそ声じゃないと、誰かに聞こえちゃうかもしれないから♥」

    「だったら早く、済ませて欲しい、な…?…あっ、でないと、私……っ」

    「でないと、どうなっちゃうの♥ もしかして、わたしと身体を擦り合わせてたら困っちゃうことでも、あるのかな……♥」



    6: 名無しで叶える物語 2017/10/19(木) 16:06:42.82 ID:hwp0hr9M.net

    身長差のせいで姿勢こそ千歌が梨子を見上げているが、精神的な構図は完全に逆だ。

    腕を腰にまわして、乳房を押し付けながら吐息のかかる距離でねちっこく囁く千歌に対して、身を縮こまらせ何とかして抜け出そうとする梨子。だが、運動らしい運動の経験に乏しい梨子の腕力では、千歌を振りほどくのは難しい。

    それどころか、身動ぐことでかえって千歌に胸を押し付ける形になっており、劣情の摩擦熱は知らず知らずのうちに梨子の頭を蕩けさせていく。


    「千歌ちゃんっ♥ からかうのは、いい加減……っ♥ や、めてっ♥」


    女の子同士でまぐわっているという状況。どうしてこうなったのか、という点について、ここまでの経緯は大したものではない。




    【千歌「私たち女の子同士だよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1508239368/

    1: 名無しで叶える物語 2017/10/17(火) 20:22:48.10 ID:DV9jslEH.net

    果南「めっちゃイヤそうな顔するね」

    千歌「ヤらせてって……ストレートすぎて引くんだもん」

    果南「いや彼女なんだからいいじゃん」



    2: 名無しで叶える物語 2017/10/17(火) 20:25:38.51 ID:DV9jslEH.net

    千歌「もっとあるじゃん。他に言い方」

    果南「処理してとか?」

    千歌「彼女に使うセリフじゃない」

    果南「めんどくさい」

    千歌「性欲処理とか彼女じゃなくてセフレじゃない?」

    果南「恋人の性欲の発散に付き合えるのって彼女だけじゃない?」

    千歌「そーだけどさー」



    4: 名無しで叶える物語 2017/10/17(火) 20:29:15.96 ID:DV9jslEH.net

    果南「千歌って浮気は許さないじゃん」

    千歌「逆に許す人がいるなら連れて来いって話だけど……」

    果南「ごもっとも」

    千歌「え、なに?ヤりたいだけなの?」

    果南「千歌とヤりたいの」

    千歌「今プリンセスの日だからヤダよ」

    果南「はい嘘~。先週終わってるの知ってまーす」

    千歌「周期把握されてるの怖いんだけど」




    【果南「千歌~。一発ヤらせて~」千歌「え~……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1507647714/

    1: 名無しで叶える物語 2017/10/11(水) 00:01:54.87 ID:47paj5ZP.net

    ダイヤ「別に……なんでもありませんわ…」

    ルビィ「……」

    ーーー

    ーー






    ルビィ「いっちゃえ♥いっちゃえ♥」パンッパンッ



    2: 名無しで叶える物語 2017/10/11(水) 00:02:27.99 ID:47paj5ZP.net

    果南「いやぁあっ!いやぁあっ!」

    ルビィ「いい声で鳴きますね、果南さん♥」パンッパンッ

    果南「ゆるしでぇ…ルビィ……」

    ルビィ「ゆるしません♥」パンッパンッ

    果南「ひいぃっ!ひいぃっ!」

    2

    ルビィ「おねえちゃんをいじめたの果南さんですよね?」

    果南「ちが……あれはダイヤが………」

    ルビィ「え?悪いのおねえちゃんなんですか?」グイッ

    果南「うっ」

    ルビィ「悪いのは果南さんですよね?」

    果南「………………はい」

    ルビィ「じゃ、おしおきです♥」パンッパンッ

    果南「あ゛あ゛あ゛あ゛ああぁぁぁ!」



    3: 名無しで叶える物語 2017/10/11(水) 00:04:49.96 ID:47paj5ZP.net

    ルビィ「ふふ、果南さんも所詮女ですね♥」

    果南「あが……あがが…」ガクガク

    ルビィ「果南さんイっちゃったんですか?」

    果南「はぁはぁ………」ガクガク

    ルビィ「果南さん見てください、ルビィまだこんなに」

    果南「ちょっとまって……もう無理……」

    ルビィ「何が無理なんですか?」



    4: 名無しで叶える物語 2017/10/11(水) 00:07:14.17 ID:47paj5ZP.net

    ルビィ「まだ反省してないみたいですね」

    果南「これ以上やったら……わたし……」

    ルビィ「どうなるんですか?」クチュクチュ

    果南「やだ……もうやだ……やめて……」

    ルビィ「だめです♥」ズブズブ

    果南「だぁめぇっ!こわれるぅ!!」

    ルビィ「いっちゃえ♥いっちゃえ♥」パンッパンッ

    果南「い゛や゛あ゛あ゛ああぁぁぁ!」




    【ルビィ「おねえちゃんその顔どうしたの?」ダイヤ「………」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1505829648/

    1: 名無しで叶える物語 2017/09/19(火) 23:00:48.40 ID:uDl6JeCl.net

    曜「ん……」

    目がさめると私は手錠で拘束され貼り付けにされていた

    曜「ここは…」

    曜「…って私裸じゃん!?」

    「あ…目、覚めた?」

    薄暗い中ゆっくりと近づいて来た子は私のよく知ってる人だった

    千歌「よーちゃん♡」



    2: 名無しで叶える物語 2017/09/19(火) 23:03:37.71 ID:uDl6JeCl.net

    曜「千歌ちゃん…」

    千歌「あれ?驚かないんだ…」

    私は1発でピンと来た

    ここはきっと鞠莉ちゃんのホテルの一室なんだろう

    そして、私を拘束したのは千歌ちゃんだ

    曜「…これ…千歌ちゃんがしたの?」

    千歌「うん、そうだよ?」

    曜「……」

    曜「恥ずかしいから解いてほしいな」

    千歌「えへへ♡」

    「だめ♡」

    時計を見たら短い針が2を指していた



    4: 名無しで叶える物語 2017/09/19(火) 23:10:00.34 ID:uDl6JeCl.net

    曜「…ねぇ千歌ちゃん」

    千歌「なぁに?曜ちゃん」

    曜「なんでこんな事を?」

    千歌「…曜ちゃんをくすぐるためです」

    曜「それは本当にやめて!?」

    千歌「と…言うのは嘘なのだ」

    曜「!…そっか」

    曜(よかった…最悪のケースは回避できた…!)

    千歌「…♡」

    曜「っ!?」ビク

    体がびくっと揺れる

    千歌ちゃんのか細い手が私のお腹に触れた

    千歌「…ねーようちゃん」

    千歌「曜ちゃんのおちんちん触ってもいい?」

    曜「……ぇ…や…ちかちゃ」

    千歌「えい♡」ギュッ♡

    曜「んっ!?♡」ビク!!!!

    曜「ぁ…!♡…っ♡」

    おっきくなった私のアレを千歌ちゃんの右手が包む

    しかも不意打ちだ

    千歌「……ふーん…こんな形なんだ」

    曜「ち…千歌ちゃ…は、離して…」

    千歌「離してほしい?」

    曜「ほ、ほしい…」

    にぎっ♡

    曜「んっ♡」

    千歌「だーめ♡」




    【曜「生えた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1501333302/

    1: 名無しで叶える物語 2017/07/29(土) 22:01:42.15

    ダイヤ「善子さんの黒魔術により、男性器の召喚に成功しましたわ!」ビンビン

    ダイヤ「エリーチカを犯せますわ!」

    絵里「くっ殺せ!」

    ダイヤ「何をおっしゃるのですか?今から私の黒澤の子を孕んでもらうのです!」

    絵里「そんなこと認められないわ!」

    ダイヤ「認めるもなにも、決定権は私にあるのです!子作りをしましょう!」

    絵里「嫌よ!!やめて!!私には将来を誓い合った相手が!!」

    ダイヤ「私が忘れさせてあげますわあ!」

    絵里「嫌ああ!!!」



    2: 名無しで叶える物語 2017/07/29(土) 22:08:21.19

    ダイヤ「綺麗な処女おまんこです。原型が無くなるくらいにぐちょぐちょに犯してあげますわあ!」

    ダイヤ「着床するまで中出ししてあげますわあ!」

    ダイヤ「そして、この黒澤家特選の妊娠促進剤で1週間後には産まれるように」

    ダイヤ「出産まではアナルで毎日犯してあげますわあ!」

    ダイヤ「ロシア人のおしりなら出産日までユルユルになることも無いでしょうし!!」



    3: 名無しで叶える物語 2017/07/29(土) 22:12:17.85

    絵里「い、嫌あ!!!」

    ダイヤ「産まれてくる子は黒髪に蒼眼、顎の下にセクシーぼくろもあったら最高ですね!!」

    絵里「いや……やめて…」

    ダイヤ「ロシア人の遺伝子を黒澤の極濃な精子で根絶やしに染め上げるのですわあ!!」

    絵里「た…す…けて……」

    ダイヤ「それでわお覚悟を!!!」ビンビンビン

    絵里「!!嫌あああああああああ!!!!」




    【ダイヤ「エリーチカを孕ませますわあ!」】の続きを読む

    このページのトップヘ