大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!サンシャイン!!SS > よしまる

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1504865481/

    1: 名無しで叶える物語 2017/09/08(金) 19:11:21.74 ID:TjOz4OOw.net

    ダイヤ「よろしいですか?」

    梨子「はい。かまいませんけど」

    曜「私たち何かしたかな?」

    梨子「うーん…特に何もしてないと思うんだけど」



    2: 名無しで叶える物語 2017/09/08(金) 19:12:26.39 ID:TjOz4OOw.net

    ダイヤ「何故、お二人が呼び出しを受けたかおわかりでしょうね?」

    梨子・曜「全然」

    ダイヤ「自覚が無いんですか!?」ドン!

    梨子・曜「」ビクッ!

    ダイヤ「あなた達二人により後輩が悪影響を受けているんですよ!」

    梨子・曜「え!?」



    4: 名無しで叶える物語 2017/09/08(金) 19:13:46.01 ID:TjOz4OOw.net

    ダイヤ「まず梨子さん!」

    梨子「は、はい!」

    ダイヤ「あなたが、いかがわしい本を学校に持ってくる事自体酷い事なのに、しかもそれを花丸さんに貸すだなんて!」

    曜「いかがわしい本!?」

    梨子「!!」



    5: 名無しで叶える物語 2017/09/08(金) 19:14:28.45 ID:TjOz4OOw.net

    数日前

    梨子「花丸ちゃんは本を読むのが好きなんだね」

    花丸「色んな本を読んでるずらよ」

    花丸「梨子さんも何かお勧めの本とかあるかな?」

    梨子「お勧めの本か…これなんてどうかな。とても感動できる本だと思うよ」

    花丸「感動できる本なんだー。ありがとう!さっそく読んでみるずら!」




    【ダイヤ「梨子さん、曜さん。少しお話があるんですが…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1503922936/

    1: 名無しが叶える物語(堕天使)@ラブアローシュートがお送りします 2017/08/28(月) 21:22:16.71 ID:c86u0VuHo


    ―――――――――――――――――――――――――――
    ・ラ板でのももと笑によるもの
    ・安価はラ板での実際の安価(地域名はランダムチェンジ)
    ・ここでの安価は無し

                          善子「……」カタカタカタ...ッタ-ン!
    ―――――――――――――――――――――――――――



    2: 名無しが叶える物語(堕天使)@ラブアローシュートがお送りします 2017/08/28(月) 21:25:31.00 ID:c86u0VuHo

    花丸「本当にいいの?善子ちゃん。ベッド貸してもらって……」

    善子「別にいいわよ、気にしないで?せっかく泊まりに来てくれたんだし、私は床で寝るの慣れてるし」

    花丸「ん……ありがとね。善子ちゃん。……それじゃあ、もう九時だし、寝ちゃうね?」

    善子「うん、分かったわ。相変わらず寝るのが早いのね」クスッ

    花丸「本当はもっといっぱい善子ちゃんと話したかったけど……眠くて……」フワァ……

    善子「あーもー、無理して起きてなくていいんだからね?目も真っ赤になってるし……」

    花丸「うん……明日、いっぱいお話しようね。……じゃあ、おやすみ、善子ちゃん……」

    善子「ん、お休み。ずら丸」

    ~~~

    善子「さて……ずら丸、寝たかしら?」ホッペツンツン

    花丸「……ん、んぅぅん……」コロン スースー

    善子(よし……ぐっすりお休み状態ね)

    善子「それじゃあ早速パソコンを起動して……と」ポチッ



    3: 名無しが叶える物語(堕天使)@ラブアローシュートがお送りします 2017/08/28(月) 21:28:19.95 ID:c86u0VuHo

    善子(前からこういうの、やってみたかったのよね~……♪)カタカタカタカタ

    善子(そう、いわゆる「安価行動スレ」というヤツ……!!)

    善子(前この掲示板で見た「安価で妹と絡みますわ」というスレ……)

    善子(なんというか、単純に面白かった!)

    善子(私も何回か安価を取ってみたけど、あの安価でまさかあんなことになるなんてね……今でも笑いが止まらないわ)プクク

    善子(つい2スレ目まで凸っちゃったけど、まさかあの安価が原因であんな結末を迎えるなんて……)

    善子「っと、それじゃあそろそろスレ建てをしてっ……と」

    善子「スレタイは……『安価で寝てる幼馴染にいろいろする』でいいか」カタカタカタ

    善子「最初の本文は私とずら丸のスペックを書けばいいのよね」

    善子「んー……」ムムム

    善子「『>>1 156cm 多分細め おっぱい微』、『幼馴染 152cm ちょっとむっちり おっぱい特大』と」カタカタカタ

    善子「よし、それじゃあ早速>>5レス目の安価から始めようかしらっ」

    善子「さーて、どんなのが来るかな~♪」ワクワク



    4: 名無しが叶える物語(堕天使)@ラブアローシュートがお送りします 2017/08/28(月) 21:29:32.10 ID:c86u0VuHo

    名無しが叶える物語(妹)@ラブアローシュートがお送りします

    お腹ぷにぷに



    5: 名無しが叶える物語(堕天使)@ラブアローシュートがお送りします 2017/08/28(月) 21:30:23.80 ID:c86u0VuHo

    名無しが叶える物語(姉)@ラブアローシュートがお送りします

    >>1の住所開示



    6: 名無しが叶える物語(堕天使)@ラブアローシュートがお送りします 2017/08/28(月) 21:32:43.91 ID:c86u0VuHo

    名無しが叶える物語(船)@ラブアローシュートがお送りします

    おっぱい鷲掴み



    7: 名無しが叶える物語(堕天使)@ラブアローシュートがお送りします 2017/08/28(月) 21:33:25.91 ID:c86u0VuHo

    名無しが叶える物語(わかめ)@ラブアローシュートがお送りします

    ワロタ




    【善子「寝てるずら丸にイタズラしちゃうわ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1502597717/

    1: 名無しで叶える物語 2017/08/13(日) 13:15:17.89 ID:QVY4GytK.net

    善子「ねーずら丸ー?」

    花丸「なに?」

    善子「なんで貴重な午後休みの日に私の部屋にいるの?」

    花丸「ルビィちゃんと遊べなくなったから」

    善子「……」

    花丸「冗談ずら」

    善子「…何気に傷付くからやめなさいよ」



    2: 名無しで叶える物語 2017/08/13(日) 13:16:04.51 ID:QVY4GytK.net

    善子「ルビィはなんで?」

    花丸「自主練したいんだって。今日のステップうまくいかなかったから」

    善子「相変わらずマジメねー」

    花丸「本当にね」

    善子「付き合おうとは思わなかったの?」

    花丸「もうマルの活動限界はとっくに越えてるずら」

    善子「そーよねー」

    花丸「善子ちゃんだったら付き合ってたの?」

    善子「ふっ…私がこれ以上下界でチカラを使ったら天界の奴らに見つかってしまうわ…」

    花丸「まー善子ちゃんもマルと同じで体力無いもんね」

    善子「聞きなさいよ!」



    3: 名無しで叶える物語 2017/08/13(日) 13:16:37.14 ID:QVY4GytK.net

    善子「で、ずら丸の事情はわかったけど…だからってなんで家に来るのよ?」

    花丸「途方にくれてたマルの目の前に、ひとりでバスに乗り込む親友の姿があったら思わず後を追うのは仕方のない事ずら」

    善子「……」

    花丸「別に冗談じゃないよ?」

    善子「わ、わかってるわよ!うるさいわね!」///




    【善子「ある夏の午後」花丸「ふたりの会話」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1502453727/

    2: 名無しで叶える物語 2017/08/11(金) 21:16:54.16 ID:a/XyQC3A0.net

    ルビィ「おねいちゃ~ん♡」ギュー

    ダイヤ「あら~、ルビィったら~♡」ギュー


    善子「あの2人、ほんと仲いいわね……」

    花丸「そうだね♪」

    善子「姉妹かぁ……」

    花丸(……!)ピーン



    3: 名無しで叶える物語 2017/08/11(金) 21:19:52.21 ID:a/XyQC3A0.net

    花丸「善子おねーちゃんっ♡」ギューッ

    善子「お、おねっ……!?」ビクゥッ

    花丸「善子おねーちゃ~ん♡」スリスリ

    善子「な……は、はぁ!? な、何よお姉ちゃんて!!///」カァァァ

    花丸「だって、誕生日的に善子ちゃんはマルより8か月くらいお姉さんずら~♪」ニコッ

    善子「わ、わけのわかんないこと言わないでっ!!///」ドキドキ



    4: 名無しで叶える物語 2017/08/11(金) 21:23:00.70 ID:a/XyQC3A0.net

    花丸「善子おねーちゃんはこう見えてもちゃんと包容力を持ってるから大丈夫ずら!」グッ

    善子「こう見えてって何よ! 普段ぽわぽわしてるアンタに包容力褒められても嬉しくないわね……」

    花丸「マルのお姉さんになってくれないずら……?」ジッ

    善子「うっ……///」タジタジ

    善子「し……しっかたないわね~!/// ヨハネお姉さまと呼んでくれるなら考えてあげてもいいけどっ!///」プイッ

    花丸「やったー!♡ 善子おねーちゃん♡」



    5: 名無しで叶える物語 2017/08/11(金) 21:27:08.01 ID:a/XyQC3A0.net

    善子「ヨハネお姉様!」

    花丸「ヨハネお姉様……うーん、呼びにくいよ」

    善子「じゃあヨハネお姉さんでもいいわよ」

    花丸「やったぁ! ねぇねぇ善子おねーちゃん! マルと腕相撲しようよ!」

    善子「ヨハネって言ってるでしょ! 何がやったぁ、なのよ!」

    善子「……え? 腕相撲?」



    6: 名無しで叶える物語 2017/08/11(金) 21:31:12.56 ID:a/XyQC3A0.net

    花丸「うん♪」

    善子「全然姉妹がやる遊びとは思えないんですけど……」

    善子「っていうかずら丸が腕相撲? インドアなアンタが? ははっ、似合わなすぎ~!」クスクス

    花丸「むぅ~! 元引きこもりで同じくインドア派な善子おねーちゃんには言われたくないずら~!」

    善子「なっ! ひ、引きこもりゆーなっ! あったまきた!」

    善子「やるわよ腕相撲! 瞬殺よ瞬殺! アンタなんて一捻りなんだから!」

    花丸「そうこなくっちゃ♪」




    【花丸「善子おねーちゃん♪」 善子「お姉ちゃん!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1501984249/

    1: ◆6sysT0v2o77I 2017/08/06(日) 10:50:49.46 ID:MHpDgdf4o

    ~昼休み、部室~

    善子「すぅ……すぅ……すぅ……」

    花丸(善子ちゃん、部室で椅子にもたれてお昼寝するの好きだよね、ほんと)

    花丸「それではいつものように……こほん」

    花丸「善子ちゃん、起きて―」ボソッ

    善子「すぅ……すぅ……」

    花丸「起きないとほっぺにチューしちゃうよー」

    善子「すぅ……すぅ……すぅ……」 

    花丸「じゃあするからね? ……んっ♡」チュッ♡

    善子「ん……んぅ……」

    花丸(またしちゃった……♡ 眠ってる善子ちゃんも可愛いずら……♡)

    花丸(……さて……)

    善子「すぅ……すぅ……」 

    花丸(よし、いつも通り……完全に熟睡してる)

    花丸(じゃあさっそく、善子ちゃんのスカートの中にお邪魔して……)モゾモゾ



    2: ◆6sysT0v2o77I 2017/08/06(日) 10:56:47.34 ID:MHpDgdf4o

    花丸(スンスン……スカートの中、汗で結構蒸れてるね……♡)ムワッ

    善子「すぅ……すぅ……すぅ……」 

    花丸(善子ちゃんの匂い、堪らないずら……♡)

    花丸(今日のパンツは白だね……っと、お股のところに鼻を思いっきり押し込んで……)グニュウッ

    善子「ぅ……んん……」モゾモゾッ

    花丸「すぅううううううううっ」スーッ♡ フーッ♡

    善子「んん……すや……すや……」

    花丸「っはあ……♡ 善子ちゃんのすごく濃い匂いがする……♡」ムラムラ



    3: ◆6sysT0v2o77I 2017/08/06(日) 11:04:15.72 ID:MHpDgdf4o

    花丸「すんすん……汗で蒸れた善子ちゃんのアソコの匂い……♡」スンスン グリグリ

    花丸「マルはこの匂いの虜ずら……♡ すんすん……何回嗅いでも飽きない……♡」クンクン グニュグニュ...スンスン

    花丸「……!? なんだか湿って……! こ、これは……っ!?♡」グリグリ...ジワッ...

    善子「……なにしてるの? ずら丸」

    花丸「っ!!」ビクゥッ

    善子「ヨハネのスカートの中に隠れてないで、出て来なさい」

    花丸「……」モゾモゾモゾ



    4: ◆6sysT0v2o77I 2017/08/06(日) 11:18:06.90 ID:MHpDgdf4o

    善子「どうだった? 私の匂い」

    花丸「最高でした」グッ

    善子「よろしい」

    善子「他になんか変なことしてないでしょうね? 例えば……」

    善子「アンタ、寝ているヨハネの唇にキスしたことは?」

    花丸「ありません!」

    善子「ほんとに?」




    【花丸「善子ちゃんが寝てる……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1501248652/

    1: ◆6sysT0v2o77I 2017/07/28(金) 22:30:52.60 ID:4HsiaUuro

    ~昼休み、部室~

    花丸「……」ナデナデ

    善子「……///」ナデラレ

    善子(花丸は昔っから、私がどこか具合が悪いと、その部分を撫でてくれた)

    善子(堕天使であるヨハネに対して、この娘は天使みたいな存在だ)

    善子「本来、天使という存在はこのヨハネにとって天敵なのだけれど……」ブツブツ



    2: ◆6sysT0v2o77I 2017/07/28(金) 22:36:20.50 ID:4HsiaUuro

    花丸「……」ナデナデ 

    善子「アンタだけは、特別……。ああ、なんたる癒し……」ブツブツ

    花丸「えっと……頭痛のせいで頭がおかしくなっちゃったのかな……///」ナデナデ

    善子(!? しまった……! 声に出てた……!?)

    花丸「それとも、もう治ったからこそ、いつも通りのおかしな言動が……///」ナデナデ

    善子(訂正。天使ならこんなこと言わない)



    3: ◆6sysT0v2o77I 2017/07/28(金) 22:45:50.58 ID:4HsiaUuro

    善子「えっと、こほん……! そうね、治ったわ……頭は」ナデラレ

    花丸「そっか……よかった」パッ

    善子「でも今度はその……む、胸が苦しくて……」

    花丸「ええっ!? や、やっぱり保健室に行こうよっ!」アセアセ

    善子「いいの! あなたが撫でてくれたら良くなりそうなの……っ!」ウググ...



    4: ◆6sysT0v2o77I 2017/07/28(金) 22:51:20.07 ID:4HsiaUuro

    花丸「ええっと……そ、そこが痛いの……?」

    善子「そう……! この、左胸が……!」

    花丸「……っ」

    花丸「手っ! 手を握っててあげる!」ギュッ

    善子「……」




    【善子「ずら丸、頭が痛いわ……」 花丸「大丈夫? 善子ちゃん……」ナデナデ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501339363/

    2: ◆6sysT0v2o77I 2017/07/29(土) 23:44:15.75 ID:ExX6Ntnbo

    ~放課後、部室~


    花丸「それぞれ用事があるからしばらく遅れるって」


    善子「ふーん……そんなこともあるのねぇ……」テクテク...スッ


    花丸「……」ガタッ テクテク...スッ


    善子「……」



    3: ◆6sysT0v2o77I 2017/07/29(土) 23:47:24.70 ID:ExX6Ntnbo

    花丸「2人きりだね」


    善子「そうね」


    善子「……なんでわざわざ隣に座るの」


    花丸「だめ?」


    善子「別に」



    4: ◆6sysT0v2o77I 2017/07/29(土) 23:50:39.82 ID:ExX6Ntnbo

    花丸「良かった♪」ギュッ


    善子「なんで手を繋いだの」


    花丸「だめ?」


    善子「いいけど」


    花丸「……暇だねぇ」スリ...



    5: ◆6sysT0v2o77I 2017/07/29(土) 23:53:39.40 ID:ExX6Ntnbo

    善子「寄りかからないで」


    花丸「こうしていたいの」


    善子「そう」


    善子「……しかし、暇と言ったわね」


    花丸「うん」




    【善子「あれ? 他のみんなは?」ガチャッ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501317541/

    2: ◆6sysT0v2o77I 2017/07/29(土) 17:40:06.47 ID:ExX6Ntnbo

    ~善子の部屋~

    花丸「じゃあ、これ咥えてよ」サッ

    善子「え? ストロー取り出してどうしたのよ」

    花丸「いいから」

    善子「やれやれ……はむっ」パクッ



    3: ◆6sysT0v2o77I 2017/07/29(土) 17:41:12.39 ID:ExX6Ntnbo

    花丸「じゃあいただきまー……」

    善子「待ちなさいよ」パッ

    花丸「? どうしたの?」

    善子「人のツバ勝手に飲もうとしないで」

    花丸「え? だって善子ちゃんが飲んでいいって」



    4: ◆6sysT0v2o77I 2017/07/29(土) 17:45:14.48 ID:ExX6Ntnbo

    善子「自由に飲んでいいなんて言ってない」

    善子「ヨハネが飲ましてあげる」

    花丸「それじゃあ善子ちゃんに悪いよ」

    善子「遠慮しないで」

    花丸「じゃあ、お願いします」




    【花丸「善子ちゃん、喉乾いたずら」 善子「私の唾液でも飲んでなさいよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1500200556/

    1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 19:22:36.45 ID:HYZozm7m.net

    善子(最近ずら丸がこればっかり言ってくる…)

    花丸「善子ちゃん?どうかした?」

    善子「…ずら丸ってホントは私の事嫌い?」

    花丸「そんなことないずら!マルは善子ちゃんが大好き!ほんと冗談は善子ちゃんずら!」

    善子(分からない…)



    2: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 19:25:13.04 ID:HYZozm7m.net

    こんなほのぼのよしまる書いて



    12: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 19:45:25.45 ID:sjTvZ791.net

    善子「訳がわからないわよ……」

    花丸「上段は善子ちゃん!」

    善子「は?」

    花丸「下段はルビィちゃんずら~」

    善子(頭が痛くなってきた……)

    花丸「どうしたの?顔色が悪いよ?」

    善子「誰のせいだと思ってんのよ」



    14: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 19:50:31.37 ID:sjTvZ791.net

    花丸「善子のよ~は良い子のよ~♪」

    善子「いい加減にしないと怒るわよ!!」

    花丸「おおっ?!怒るなんてまさに冗談は善子ちゃんずら~」

    善子「ずら丸のくせに…」

    花丸「ずら~ずら~」

    善子「ずら丸ずら丸ずら丸!!」

    花丸「ずら~ずら~」




    【善子「ヨハネ、降☆臨!」花丸「冗談は善子ちゃんずら」善子「……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1500814469/

    1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/23(日) 21:54:29.66 ID:2gfPHLwC.net

    善子「え? ずら丸が私に惚れるボタン?」

    鞠莉「そう! 善子にプレゼント♡」

    善子「小原グループって実は魔導科学者集団を束ねる秘密結社なの?」

    鞠莉「さあ? 私が作ってってパパにお願いしたら、できちゃった♡」

    善子「いにしえの魔導と現代科学を組み合わせなきゃ、こんなものできないでしょ!」



    2: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/23(日) 21:56:13.73 ID:2gfPHLwC.net

    鞠莉「いや、100パーセント科学の賜物よ? 魔導なんてこの世に存在しないんだから」

    鞠莉「特殊な電磁波を相手の脳に照射して、ちょこーっと洗脳する技術を開発しただけだから」

    善子「な、なんという魔導に匹敵する科学力……。堕天使的にはアレだけど、これはこれで夢が……」

    鞠莉「って! そんなことはどうだっていいの! はいこれ! ……受け取ってくれるわよね♡」

    善子「いらないわ」



    4: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/23(日) 21:58:26.98 ID:2gfPHLwC.net

    鞠莉「えっ……ど、どうして?」

    善子「私には人の心を操る趣味なんてないから。つまんないし」

    鞠莉「むぅ……堕天使のくせに? いつも人を魅了したいとか言ってるくせに?」

    善子「自分の力で成し遂げなくては意味がないわ」

    鞠莉「ふーん……つまんないの。じゃあ大義名分を与えるわ」



    5: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2017/07/23(日) 21:58:47.80 ID:UsscmGSV.net

    善子さんカッケー




    【善子「まさかずら丸がここまでヘタレだとは思わなかったわ」】の続きを読む

    このページのトップヘ