大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!サンシャイン!!SS > ダイよし

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1518696996/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/02/15(木) 21:16:37.21 ID:kZkIi5gj0

    善子「……」ドキドキ

    ダイヤ「? どうかしまして? 善子さん」

    善子「あ、い、いえ、別に」

    ダイヤ「それにしては少し態度が硬いような……」

    ダイヤ「まあ、いいですわ。お茶を入れて持ってくるので少し待っていて」

    善子「あ、ありがとうございます……」

    善子(っあああああああああああ!)

    善子(付き合って初めて部屋にくるんだから緊張するに決まってるじゃない!)

    善子(こんな狭い部屋に2人っきりで! ダイヤはそういうつもりなの!? ねえ!?)



    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/02/15(木) 21:20:06.49 ID:kZkIi5gj0

    善子「と、とりあえずダイヤの嗜好を調べるためにそういう本を探すところから……」ガサゴソ

    善子「って、あの堅物がそんなの持ってるわけないか――」チラッ

    善子「……緊縛、調教、女王様」

    善子「え、ちょっ……! ダイヤそっち系!?」

    善子「ヨハネ痛いのとか嫌なんだけど!」

    善子「どうせダイヤのことだからあったとしても妹がどうとかそういうのだと思ってたのにぃ!」

    善子「ま、まあ、嫌って言えばやめてくれるわよね」

    善子「見なかったことにしましょう」スッ



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/02/15(木) 21:25:10.88 ID:kZkIi5gj0

    ダイヤ「善子さん、申し訳ないけどドアを開けてくださる?」

    善子「ひっ……。い、今開けるからちょっと待ってて」アセアセ

    ダイヤ「ありがとう。両手がふさがっていて」

    ダイヤ「粗茶ですが、どうぞ」

    善子「あ、ありがと……」ジッ

    ダイヤ「? わたくしの顔に何かついてます?」

    善子「あっ、べ、別にそーいうんじゃないから!」

    善子(よくよく見たらこの吊り目とか口元のほくろとかそういうの似合いすぎてるし!)




    【善子「ダイヤと付き合ってみたら変態だった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1513606467/

    1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2017/12/18(月) 23:14:27.71 ID:Ofwjxzh9

    善子「・・・ルビィは?」

    ダイヤ「沼津の方に遊びに行っていますわ」

    善子「入れ違い!」



    2: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2017/12/18(月) 23:16:37.69 ID:Ofwjxzh9

    善子「まぁ、約束してたわけじゃないから仕方ないか・・・」

    善子「お邪魔しました」

    ダイヤ「せっかくですしウチにおあがりなさい?」



    3: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2017/12/18(月) 23:16:56.89 ID:Ofwjxzh9

    善子「でもルビィいないんでしょ?」

    ダイヤ「わたくしでよければお相手しますわ」

    善子「いや、いいです」



    5: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2017/12/18(月) 23:17:47.89 ID:Ofwjxzh9

    ダイヤ「まぁそう言わずに」

    善子「いやいや・・・」

    ダイヤ「遠慮しなくていいのです、せっかく遠い場所から黒澤家に来たことですし」グイッ

    善子「ちょっ、引っ張らないで!」



    7: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2017/12/18(月) 23:18:08.49 ID:Ofwjxzh9

    善子「」セイザ

    ダイヤ「さて、では何をして遊びますか?」

    善子「何でもいいけど・・・」チョコン

    ダイヤ「別に正座はしなくてもよろしいのですよ?」



    8: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2017/12/18(月) 23:18:40.20 ID:Ofwjxzh9

    善子「緊張してんのよ!」

    ダイヤ「緊張?」

    善子「いや、だって三年生とマンツーで遊ぶことなんて今までなかったし・・・」

    善子「っていうかダイヤと遊ぶ日がくるなんて思わなかったし」




    【善子「ルビィ、遊びにきたわよ!」 ダイヤ「あら、善子さん」ガチャッ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1509546801/

    27: 名無しで叶える物語 2017/11/02(木) 07:05:40.83 ID:8Szspuzq.net

    日本家屋特有の床の軋みを響かせると、
    部屋の中にいたダイヤさんは振り返らずに「どうしたの? ルビィ」と声をかけて
    私が何も言わずにまた一歩距離を詰めると
    今度は不思議そうに「ルビィ?」と呼びながら振り返って――

    「あな――ッ!?」

    不審者―身バレしないよう変装した私(善子)―の姿を見た瞬間に声を上げようとしたダイヤさんに
    一気に駆け寄って口を押え、抵抗のために動いた手を抑え込んで床へと押し倒す
    それでもダイヤさんの体には抵抗力が強く宿っていて
    何をされるのかと言う恐怖心に涙がにじんでいきながら、力強い反抗的な瞳を見せる

    「大人しくしないと、もう一人に大人しくしてもらうことになるけど?」




    【善子「ダイヤさんには無理矢理エ○いことしたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1509618428/

    1: 名無しで叶える物語 2017/11/02(木) 19:27:08.81 ID:Zfrpr/mJ.net

    善子「いいじゃない、仲間なんだから」ギューッ

    ダイヤ「仲間であろうとこんなにくっつきませんわ!」グイグイ

    花丸「……なんで善子ちゃんあんなにダイヤちゃんにべったりなんだろう」

    ルビィ「さあ……」

    梨子「善子ちゃんはね、ダイヤちゃんに懐いたの」スッ

    マルビィ「「懐いた?」」



    3: 名無しで叶える物語 2017/11/02(木) 19:30:52.44 ID:Zfrpr/mJ.net

    花丸「懐いたって、そんな犬みたいな――」

    梨子「善子ちゃんって結構人見知りでしょ?」

    ルビィ「ルビィ程じゃないけど、最初は距離取っちゃってるよね」

    花丸「でも仲良くなれば一気にぐいっていくずら」

    梨子「それでダイヤちゃんとも1対1だとやっぱり距離取っちゃってたところもあって」

    梨子「ダイヤちゃんがそれに対して寂しがっちゃって」

    花丸「あぁ、大体想像はつくずら」



    5: 名無しで叶える物語 2017/11/02(木) 19:34:28.68 ID:Zfrpr/mJ.net

    梨子「それで、昨日沼津で善子ちゃんを尾行してたときのことなんだけど」

    花丸「……ストーカーは犯罪ずら」

    梨子「善子ちゃんが映画を見ようと映画館に入ったところでばったりダイヤちゃんと出くわしちゃって」

    ルビィ「お姉ちゃん、映画好きだから」

    花丸「話をきくずら!」




    【善子「ダイヤ!」ダイヤ「鬱陶しいから離れなさい!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1507318853/

    1: 名無しで叶える物語 2017/10/07(土) 04:40:53.04

    ダイヤ「ところで善子さん、今日行くお店はどのようなところなのですか?」

    善子「くっくっく、ヨ ハ ネ、をも虜にした現世のエデンよ」

    ダイヤ「お気に入りの居酒屋ですのね」

    善子「夜闇を好む魔族をおびき寄せ……」

    ダイヤ「まあ、居酒屋を訪れる時間帯と言えば夜が多いでしょう」

    善子「中の使い魔たちはヨハネに数々の供物を寄越す……」

    ダイヤ「メニューは豊富ですよね」

    善子「しかし、不覚を取ればヨハネでさえ冥界へといざなわれてしまうという……」

    ダイヤ「善子さんはつい飲み過ぎてしまうほうと」

    善子「……あーもう! 雰囲気が台無しじゃないの!」



    2: 名無しで叶える物語 2017/10/07(土) 04:41:29.56

    ダイヤ「行きつけの居酒屋紹介するだけでよくそこまで言葉が出てきますわね」

    善子「ふっ、堕天使的にはこんなのまだ序の口よ」

    ダイヤ「そこは今でもまったくブレていないのですね、善子さん」

    善子「だからヨハネよ、あ、着いた此処ここ」

    ダイヤ「……ほう」

    善子「なによ」

    ダイヤ「いえ、思っていたよりずっとお洒落なお店だったので」

    善子「ふふん、ヨハネはこーいうお店に詳しいのよ」

    ダイヤ「確かにイメージ通り……のような違うような」



    3: 名無しで叶える物語 2017/10/07(土) 04:41:57.71

    善子「夜な夜なリトルデーモンたちと宴を催してる姿を想像してごらんなさい」

    ダイヤ「楽しそうにハシャいでいる善子さんが浮かびましたわ」

    善子「でしょう?」

    ダイヤ「あ、それでいいのですね」

    善子「ほら、入るわよ」

    ガラッ

    店員「いらっしゃいませー」

    善子「あ、予約してた津島です」

    ダイヤ「んふっ……」




    【善子「ハイボールと」ダイヤ「ウーロン茶」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1501063020/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 18:57:00.66 ID:OZxqLM87.net

    善子「……」

    ダイヤ「…………」

    善子(ダイヤと付き合って2ヶ月、そろそろ一線を超えるべきかと思って家に呼んだのに――)

    善子(なんでお互い下着姿で気まずくならなきゃいけないのよ!)

    ダイヤ(まさか、勝負下着を着てきたら善子さんと被ってしまうなんて――)

    ダイよし((どうしてこんなことに……))



    2: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 18:59:17.43 ID:g9HlY84X.net

    |c||^.- ^|| ペアルックですわ



    3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 18:59:38.77 ID:OZxqLM87.net

    ――
    練習時

    善子「ねえ、ダイヤ」グイーッ

    ダイヤ「……なんですの、練習中ですわよ?」

    善子「柔軟中くらいいいじゃない。今日ね、親いないの」

    ダイヤ「……それで?」

    善子「寂しいなあって」

    ダイヤ「わたくしに来てほしいと?」ソワソワ

    善子「べ、別にそうとは言ってないんだけどね!」



    4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 19:03:03.59 ID:OZxqLM87.net

    ダイヤ「し、仕方ないですわね! 善子さんが寂しいというなら泊まりにいってあげますわ」

    善子「ダイヤが泊まりたいっていうなら仕方ないわね!」

    花丸「……お互い素直じゃないずら」

    ルビィ「ね、来てほしいなら来てほしい、行きたいなら行きたいって言えばいいのに」

    花丸「まあ2人らしいといえばらしいけど……」




    【善子「ダイヤを家に呼んだら勝負下着が被った」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1502069406/

    1: 名無しで叶える物語 2017/08/07(月) 10:30:06.86 ID:3mrdH8cv.net

    夏間近

    梅雨も明けてだんだんと暑くなってきた、7月

    貴女が浦の星を卒業してから、3ヶ月

    貴女に恋してから、半年と少し。

    (ダイヤさん、会いたいよ...)

    とか、考えながらいつもの帰り道。

    ダイヤさんは卒業後、大学へは行かずそのままホテルオハラへ就職した。

    ダイヤさん曰く

    「鞠莉さんに来るかと言われたので」

    らしい。

    あのダイヤさんが大学へ行かなかったのは少し驚いたけど、ちょっぴり嬉しかった。

    そんな事を思い出しながら

    日中かんかん照りの太陽が目一杯照らして、熱くなったアスファルトの上を歩いていると

    ポツ ポツ

    雨だ

    雨宿りしようと早足で歩いた

    私はアツアツのアスファルトに落ちた雨の匂いが好き

    少しムワッとするけど

    何て言ったら良いのかな?



    2: 名無しで叶える物語 2017/08/07(月) 10:30:50.90 ID:3mrdH8cv.net

    こう、鉄の匂い?

    「善子さん!」

    聞き覚えのある声に呼ばれた

    後ろを向くと、少し雨に打たれ

    いつもよりずっとずっと色っぽい

    私が恋した彼女、黒澤ダイヤが居た

    「仕事は?」「なんでここに?」「私に会いに来てくれたの?」

    そんな言葉より

    「会いたかった」

    ...言ってしまった。

    顔が熱くなる。

    アスファルトの暑さと雨の冷たさでなんとも言えない体温。

    少々雨に打たれ私の前髪から汗と、雨が、一緒に滴る。

    「「あ、あの...」」

    台詞が被った。

    気まずい...

    でも、ダイヤさんは一呼吸置き 1度目を閉じて、深呼吸した。

    小さく息を吸い

    雨の音にかき消されないような大きな声で

    「もし良かったら、お食事へ行きませんか?雨宿りも兼ねて...!」

    私は小さく頷く。

    汗と雨が一緒に地面へ落ちた




    【ダイヤ「心配は愛情」 ダイよしSS】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1502008357/

    1: 名無しで叶える物語 2017/08/06(日) 17:32:37.80 ID:kPNx+4Nq.net

    ダイヤ「へぇ、って他に言うことは?」

    善子「ん? あぁ、おめでとう」

    ダイヤ「他に!」

    善子「はぁ? あぁ、スクールアイドルなんだからバレないように気をつけなさいよ」

    ダイヤ「そうじゃなくて!」

    善子「いや、バレちゃまずいでしょ?」

    ダイヤ「確かにそうですけど!」



    2: 名無しで叶える物語 2017/08/06(日) 17:35:48.88 ID:cfTPu14/.net

    彼氏(彼女)



    4: 名無しで叶える物語 2017/08/06(日) 17:37:30.79 ID:kPNx+4Nq.net

    ダイヤ「あなた、いいんですの? わたくしに彼氏ができて」

    善子「? 別にいいけど?」

    ダイヤ「っ!」

    ダイヤ(な、なんということ……。善子さんに彼氏ができたという嘘をつけば嫉妬してくれると思ったのに……)

    善子「ヨハネも彼氏いるし」

    ダイヤ「はぁっ!?」

    善子「いいじゃない、ダイヤもいるんだから」

    ダイヤ「いや、まあ、そ、そそ、そうですけど!」

    ダイヤ(善子さん、彼氏がいますの!?)



    5: 名無しで叶える物語 2017/08/06(日) 17:40:47.05 ID:kPNx+4Nq.net

    ダイヤ(あんなにわたくしにべたべたくっついてくるからてっきりわたくしが好きだとばかり――)

    善子「あ、そうだ。ダイヤの彼氏見せてよ」

    ダイヤ「え? あ、いいですけど」

    ダイヤ(信憑性を持たせるためにルビィに男装させて撮ったこの写真……。まさかこんな形で使うなんて……)スッ

    善子「ふーん、ちっこいのね、年下?」

    ダイヤ「えぇまあ」

    善子「ダイヤって年下好きそうだしね」

    ダイヤ「……好きですけど?」

    ダイヤ(善子さんが好きと言うことを考えればあながち間違いでもありませんわね)




    【ダイヤ「彼氏ができましたわ」善子「へー、そう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1500119946/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/07/15(土) 20:59:06.74 ID:KJ0s1uVe.net

    善子「え?」

    ダイヤ「何か不満が?」

    善子「いや、ダイヤが構ってくれるのに驚いて」

    ダイヤ「だって暇なんでしょう?」

    善子「ダイヤのことだから『勉強でもしたら?』とか言うと」

    ダイヤ「わたくしだって息抜きで遊ぶことくらいありますわよ?」



    2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/07/15(土) 21:02:03.46 ID:KJ0s1uVe.net

    ダイヤ「それで、やりませんの?」

    善子「やる!」

    善子「でも暗号問題って?」

    ダイヤ「暗号問題は暗号問題ですわ」

    ダイヤ「わたくしが今からホワイトボードに暗号を書くのでどういう意味か答えてみて?」

    善子「暗号! ヨハネそういうの得意よ?」

    ダイヤ「ふふ、では期待していますわ」



    5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/07/15(土) 21:08:23.41 ID:KJ0s1uVe.net

    ダイヤ「では一問目はこれですわ」キュッキュッ

    「ルビィ」は「BcIeCaJa」
    「梨子」は「CaBcIaAcDb」
    では、「DcCbGa」は?

    善子「んー……?」

    善子「大文字と小文字が交互に並んでるのね」

    善子「あっ! CaとBcがどっちにもあるわ!」

    ダイヤ「まあ、いい着眼点ですわね」



    7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/07/15(土) 21:10:27.50 ID:KJ0s1uVe.net

    善子「うーん……。ルビィが8文字、リリーが10文字……?」

    善子「ルビィはくろさわるびぃで7文字……」

    善子「さくらうちりこ……。7文字……」

    善子「うーん……。ヒント!」

    ダイヤ「もうですの?」

    善子「全然分からないし!」




    【善子「ひまー」ダイヤ「暗号問題でも出します?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1498043743/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:15:43.60 ID:FXYnW3Y8.net

    ルビィ「し、しんじゃうの?」

    善子「えぇ、もう1人の自分を見たものは死んでしまうらしいわ」

    花丸「そういえば芥川龍之介も亡くなる前にドッペルゲンガーを見てたとかいう話を聞いたことあるずら!」

    ルビィ「えぇ!?」

    善子「そう、アメリカのリンカーン大統領もドッペルゲンガーを見たって言われてるの」

    ルビィ「ひぃっ!」



    3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:19:48.56 ID:FXYnW3Y8.net

    ダイヤ「……善子さん」

    善子「何よ、折角人が楽しく話してたのに」

    ダイヤ「人の妹を怖がらせておいて何が楽しく、ですか!」

    ダイヤ「ルビィも、そんな根拠もない話で怖がらない!」

    ルビィ「で、でも芥川龍之介さんもリンカーンさんも――」

    ダイヤ「芥川龍之介は自殺でリンカーン大統領は暗殺ですわよ?」

    ルビィ「あ……」



    4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:24:52.65 ID:FXYnW3Y8.net

    善子「ダイヤはなんにもわかってない!」

    ダイヤ「何がですの?」

    善子「ドッペルゲンガーは原因が何であろうと死ぬ前に現れるのよ」

    善子「きっと死を伝えにきた悪魔的存在!」

    ダイヤ「ですからそういうのがありえないと言っているのです!」

    ダイヤ「自分にそっくりな人物は世界に3人はいるとよく言うでしょう?」

    ダイヤ「そっくりな人を見つけてドッペるゲンガーだと思い込み、心を病んでしまった人がいるだけではなくて?」

    善子「うー……。ダイヤは夢がないんだから」



    6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:28:20.72 ID:FXYnW3Y8.net

    ダイヤ「ですからもう2度とドッペルゲンガーの話はしないこと、いいですわね?」

    善子「ヨハネがどんな話したっていいじゃない!」

    ダイヤ「ルビィが怖がるので」

    ルビィ「ぴぎぃ……」ブルブル

    ダイヤ「花丸さんも変に茶化さない」

    花丸「はーい……」

    善子「……」

    ダイヤ「善子さんもわかりましたわね?」

    善子「はーい」




    【ダイヤ「ドッペルゲンガーですの?」】の続きを読む

    このページのトップヘ