大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!サンシャイン!!SS > まるマリ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529230134/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 19:08:55.15 ID:WSWCbt620

    【部室】

    花丸「ねえ聞いて、鞠莉ちゃん」

    鞠莉「んー?」

    花丸「この前ルビィちゃんがね」

    鞠莉「うん」

    花丸『ねぇ、きいてよはなまゅちゃあ~、きのうおねぃちゃあがね~』

    鞠莉「んふふっ、ちょ、ちょっと待って?」

    花丸「んもー、なんずら?」

    鞠莉「えっ今のってルビィの真似?」

    花丸「うん。似てるでしょ? 結構得意なんだ」

    鞠莉「得意というより悪意を感じるんだけど」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 19:12:10.74 ID:WSWCbt620

    花丸「そんなことより、ルビィちゃんがね?」

    鞠莉「うん」

    花丸『ねぇぇ、きいてよぉん、はなまゅちゃぁぁん』

    鞠莉「んふふふっ、ちょっと!!!」

    花丸「なーんずらぁー」

    鞠莉「盛ったわよね? さっきよりも……くふふっ、盛ったわよね?」

    花丸「盛ってないってば。似てるでしょ?」

    鞠莉「似て……んー似てるケド……ごめん進まないからそれナシで話して?」

    花丸「止めてるのは鞠莉ちゃんずら……」

    鞠莉「ソーリーソーリー」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 19:16:56.72 ID:WSWCbt620

    花丸「ルビィちゃんがね、ダイヤさんにまた怒られたって話をしててね」

    鞠莉「あー……ダイヤも言ってたわねえ。お風呂上がりに食べようと思ってたデザートをまた盗られたって」

    花丸「それを聞いてね、マルは、羨ましいなって思ったずら」

    鞠莉「お風呂上がりのデザートが?」

    花丸「……ねぇ鞠莉ちゃんさあ」

    鞠莉「ん?」

    花丸「わざと止めてる?」

    鞠莉「えっ? あ、ごめんそんなつもりはなかったんだケド」

    花丸「はあ、まったく……」

    鞠莉「えーっと、花丸? なんか今日キツくない?」

    花丸「……本題に入ってもいいずら?」

    鞠莉「お、オーケー……」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 19:20:00.33 ID:WSWCbt620

    花丸「とにかくマルは、ルビィちゃんから毎日のようにこんな話を聞いてるずら」

    鞠莉「へえ……毎晩デザート食べて太らないのかしらね」

    花丸「」ペシッ

    鞠莉「あぉち!?」

    花丸「もぉ、もぉ! だからそこじゃないってば!」

    鞠莉「あー、食べてすぐ寝るとモーモー牛さんになっちゃうっていう?」

    花丸「」キッ

    鞠莉「んふふ、ごめんごめん、もうしないから。そんなに可愛い顔で睨まないで」

    花丸「ぷくー」



    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 19:25:15.65 ID:WSWCbt620

    鞠莉「こほん。で、何が羨ましいって?」

    花丸「……し、姉妹、ずら」

    鞠莉「えっ獅子舞?」

    花丸「」グッ

    鞠莉「冗談冗談! 姉妹よね! うんわかってるからその振りかぶった鈍器を下ろして!」

    花丸「」ペリッ モグモグ

    鞠莉「お、おーけー、のっぽパンは人を殴るものではないわ」

    花丸「ごくん。つまるところ、マルは鞠莉ちゃんにお姉ちゃんになって欲しいずら」

    鞠莉「オー、急に話が飛躍したわね」

    花丸「ねえいいでしょ? 鞠莉おねえちゃん」

    鞠莉「おっとォ、私に決定権はないのかしら」




    【花丸「ねえ鞠莉おねえちゃん」鞠莉「お姉ちゃんじゃありません」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1519866016/

    1: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/01(木) 10:00:16.96 ID:/ZN7IyLU

    最近ね、そんな風に思うんだ。

    なんでかっていうと、
    鞠莉さん近頃よく来てくれるの、図書館に……

    でも、それは本を読みにじゃなくてね?

    マルに…会いに来てくれてるんだ……


    鞠莉「はーい、マル」


    ……こんな風にね。



    2: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/01(木) 10:01:14.42 ID:/ZN7IyLU

    花丸「…鞠莉さん」

    鞠莉「ごきげんいかが?」

    鞠莉さんはそう言いながら、マルに軽くウィンクすると、
    カウンターの中まで入り込んできました。

    最初は「部外者は立ち入り禁止ずら」って言ったんだけど、
    「理事長だからいいの」って言われて何も言い返せなくなっちゃった。

    鞠莉「マル」スッ

    隣に腰かけてくる。

    腰かけた場所は椅子じゃなくてカウンターなんだけど……

    注意しても無駄なので黙っておいた。

    鞠莉「はぁ~疲れた」

    視界の端に鞠莉さんが足を組むのが見える。

    太股がスカートからチラリと見えて、少しだけドキッとした……



    3: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/01(木) 10:01:47.74 ID:/ZN7IyLU

    鞠莉「ふふ、今どこ見てる?」

    その視線に気付いたのか、誘うように問いかけてくる。

    花丸「どこって…」

    だからマルは……こう答えた。

    花丸「日誌ですけど……?」

    手元にある図書委員の当番日誌をさしながら、
    当たり前の事のように……

    むしろ、それ以外に何かあるんですか?という風に答えた。

    鞠莉「ふふ、そう?」クスッ

    でも、そんなマルの考えなんて見透かしてるように鞠莉さんは笑った……

    花丸「……」

    毎日、こんな駆け引きばかり繰り返している。

    鞠莉さんはいったいマルをどうしたいんだろ?



    4: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/01(木) 10:02:27.76 ID:/ZN7IyLU

    鞠莉「マル……」スッ

    花丸「っ……」ゾワァ…

    いきなり頭を撫でられた……

    花丸「やめてください…」

    鞠莉「えー?イヤよ」ナデナデ

    花丸「……」フイッ

    もう……




    【花丸「マル、鞠莉さんに狙われているのかな……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1507484959/

    1: 名無しで叶える物語 2017/10/09(月) 02:49:19.48 ID:u5Wb3SqJ.net

    まるまり



    2: 名無しで叶える物語 2017/10/09(月) 02:50:33.27 ID:u5Wb3SqJ.net

    ダイヤ「今日はデュオ組で分かれての練習となります...それでは、散!」パンッ


    ルビィ「おねぇちゃー♪」ダキッ


    ダイヤ「うごっ!!」ヨロッ


    果南「ちかー、あっちの日陰でやろー?」


    千歌「あー果南ちゃん、あんなとこ連れてってチカにスケベなことする気でしょ」ニヤニヤ


    果南「え?」


    曜「ジモッ!」シュッ


    善子「アイッ!!」ギランッ


    鞠莉「...」


    花丸「...」



    3: 名無しで叶える物語 2017/10/09(月) 02:51:05.87 ID:u5Wb3SqJ.net

    鞠莉「...」


    花丸「理事長」


    鞠莉「なに?」


    花丸「梨子さん、どうしたずら」


    鞠莉「作曲するって、今日はお休みよリリーは」


    花丸「っっっはぁ~~~~~」


    鞠莉「え」


    花丸「理事長と二人きりなんだね...」


    鞠莉「なによ、不満なわけ?」



    4: 名無しで叶える物語 2017/10/09(月) 02:51:46.92 ID:u5Wb3SqJ.net

    花丸「マル...理事長のこと苦手ずら」


    鞠莉「地味にショックなんですけども」


    花丸「憂鬱だよ...はぁ、だよ...」


    鞠莉「本人の前でやめて?ねぇ?」


    花丸「理事長はマルのこと苦手じゃないの?」


    鞠莉「別に、そんなこと思ったことないわよ」


    花丸「嘘つけずら」


    鞠莉「いやいやいや、どうしてそんな信頼されてないマリー」




    【花丸「っはぁ~~~」鞠莉「え?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1469553554/

    1 :名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/07/27(水) 02:19:14.26 ID:Pi/azln6.net

    鞠莉「はあ~い、シャイニー♪今日もいい天気ねー♪」

    千歌「あっ、鞠莉ちゃん」

    鞠莉「ノンノン♪千歌ちゃん呼び方が違うでしょ~?」

    千歌「あっ、ま、マリー……」

    鞠莉「イエー↑ス♪よろしい♪今日もレッスン頑張りましょう!」

    千歌「うん!他の皆ももう来ると思うよ。梨子ちゃんも曜ちゃんも今日は掃除当番だから、私だけ先に屋上に来たの」

    鞠莉「んー、他の皆はなにやってるのかしらねー?この時間に私と千歌ちゃんの2人だけなんて」

    千歌「ねー……って、うわわ!」

    鞠莉「?」

    千歌「わ、忘れてたあ~……!私も今日掃除当番だったんだ……!ど、ど、どうしよー!皆怒ってるよー……!」

    鞠莉「Oh……あまりにドジねえ……」

    千歌「ごめん!鞠莉ちゃん!他の子来たらもう練習始めてて!私、行ってくるから!」バタン

    鞠莉「なあ~んだ、1人になっちゃったわ」



    3 :名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/07/27(水) 02:24:24.63 ID:Pi/azln6.net

    鞠莉「まあいいわ、ストレッチでもしてましょうか」グイー

    鞠莉「~♪」

    キィィ……バタン

    鞠莉「……!はあーい、シャイニー!花丸ちゃん、今日もベリープリティーね!」

    花丸「あ、おはようございます。鞠莉ちゃん。今は1人なんだね」

    鞠莉「もー、花丸ちゃん?おはよう『ございます』なんて、他人行儀よー?」

    花丸「あ、えへへ……年上の人と喋るのはいまいち慣れなくて……」

    鞠莉「気軽にマリー♪って呼んでいいのよ♪」

    花丸(参ったなあ……この人やっぱ苦手だなあ……)

    鞠莉(参ったなあ……花丸ちゃんやっぱ苦手だなあ……)



    5 :名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/07/27(水) 02:27:13.11 ID:Pi/azln6.net

    鞠莉「とりあえずストレッチしてたの♪付き合ってくれるかしら?」

    花丸「あ、はい!」

    鞠莉「ノンノン!『うん』とかそんなんでいいのよ?」

    花丸「え、あ、うん……はい……」

    鞠莉「……イエー↑ス!」

    花丸「じゃあ柔軟……後ろから押すずら」

    鞠莉「ずら?……花丸ちゃん、まーた津軽弁が」

    花丸「……後ろから押します」

    鞠莉「え、あ、はい」



    7 :名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/07/27(水) 02:30:22.81 ID:Pi/azln6.net

    鞠莉「イエー↑ス!いい感じよー、花丸ちゃん♪どんどん筋肉がほぐれていくわー♪」

    花丸「え、そうなんだ……」

    鞠莉「え?……まあ、うん」

    花丸「あはは……」

    鞠莉「……筋肉がほぐれるわあ♪」

    花丸「ですよね……」

    鞠莉「あの、敬語……」

    花丸「え、あっ!ごめん!ごめんなさい!ずら!」

    鞠莉「いや、そんな謝らなくてもいいのよ。ていうかまた津軽弁が」

    花丸「いっ、言ってないですよ?」

    鞠莉「だから敬語……」

    花丸「あ、はあ……!」

    鞠莉(津軽弁弄りしたいわあ……させてくれないけど)

    花丸(この人津軽弁のことやたら言ってくるずら……)



    8 :名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/07/27(水) 02:33:24.06 ID:IdKRcSAX.net

    津軽弁?青森?



    10 :名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/07/27(水) 02:36:33.16 ID:Pi/azln6.net

    >>8
    ググったら津軽弁じゃないみたいね
    申し訳ない
    適当に脳内で補完しておいてください




    【鞠莉「花丸ちゃんのことが苦手」花丸「鞠莉ちゃんのことは正直苦手ずら」】の続きを読む

    このページのトップヘ