大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!サンシャイン!!SS > ルビまる

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1509893248/

    1: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/11/05(日) 23:47:28.25 ID:rpEihqQk

    「―――ふぅ」

    読み終えた小説をぱたんと閉じて、マルは一息。


    この本―――浦女の図書室の最後の購入リストの中にあった、1冊なんだ。

    もう廃校になっちゃうから―――図書室の購入リクエストも、これでおしまい。

    浦女が無くなっちゃうのも、もちろん寂しいけど。


    この図書室の本棚には、もう―――本が増えることも無い。


    ううん、むしろ―――

    最近置かれたばっかりの本棚も、もう古くなって歪んじゃった本棚も―――

    そこに住む本たちも、それを読む生徒も、みんな――――

    ここから、いなくなっちゃう。


    実際、もう学校の備品は少しずつ片付けられていて―――

    図書室も例外じゃない。



    2: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/11/05(日) 23:49:22.62 ID:rpEihqQk

    いくつかの本棚は、もう空になった。

    そこに居た本たちは、生徒たちが貰っていった。


    オラたちは、統合した学校に行くことになるけれど―――

    貰われていった本たちは、生徒たちが大切にしてくれるけれど。

    じゃあ、居場所のなくなった本たちは、どこに行くんだろう?

    ふと、そんな考えが頭をよぎった。


    きっとオラたちの行く学校の図書室でまた会える本は、ほんの少しで―――

    沼津の図書館や他の学校の図書室に行く本もいれば―――

    処分されて、二度と誰にも読んでもらえない本もいる。


    そう思うと、マルは寂しくて、寂しくて仕方なくて。

    居ても立っても居られなくて―――

    今まで読んだことのなかった本も、苦手で遠ざけていた本も、全部読んでみようって。

    そう決めたオラは、暇さえあれば図書室に引きこもるようになったのでした。



    3: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/11/05(日) 23:52:01.75 ID:rpEihqQk

    えっと、それで―――

    この本は、ちょっと前に流行ったネットの小説が、本になったもの、みたいで。

    オラ、そういうのはあんまり読まないんだけど―――


    その、えぇっと―――すごく、は、恥ずかしい、描写が、あって―――。

    えっと―――その、男女のそういうシーンなら、他の本でもたまに目にはしていたんだけど。


    この小説の主人公は女の子で、ヒロインも女の子で。

    最後に―――


    「マル~~?」

    「ひゃあ!!」


    がらっと、突然勢いよく開いたドアに―――マルはおかしな声をあげてしまいました。




    【花丸「紅い唇」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1508080677/

    1: 名無しで叶える物語 2017/10/16(月) 00:17:57.65 ID:fsaAa8+/.net

    ルビまる



    2: 名無しで叶える物語 2017/10/16(月) 00:18:59.03 ID:fsaAa8+/.net

    ルビィ「~♪」シャンシャン


    花丸「ルビィちゃん、お風呂沸いたよぉ」


    ルビィ「あとちょっと」シャンシャン


    花丸「それじゃマル、先に入ってるからね」


    ルビィ「え?」


    花丸「え?」


    ルビィ「いや、ダメ」


    花丸「え?」


    ルビィ「だめ」


    花丸「え?」



    3: 名無しで叶える物語 2017/10/16(月) 00:19:49.27 ID:fsaAa8+/.net

    ルビィ「マルちゃん」


    花丸「なんずら」


    ルビィ「ルビィは今日ね、国木田家にお泊まりに来ているよ」


    花丸「うん」


    ルビィ「お客さんなわけ」


    花丸「うん」


    ルビィ「ふたりきりなの」


    花丸「うん」


    ルビィ「そゆこと」


    花丸「え?」



    4: 名無しで叶える物語 2017/10/16(月) 00:20:45.72 ID:fsaAa8+/.net

    ルビィ「だから、お客さんのルビィが一番風呂をいただくの」


    花丸「図々しい客ずら」


    ルビィ「一番がいい」


    花丸「ルビィちゃんそゆとこあるよね、そゆとこ」


    ルビィ「そいえばね」


    花丸「?」


    ルビィ「マルちゃんのハロウィンUR、当たったよ、ほら」


    花丸「おぉ、おめでとずら」


    ルビィ「だからね、ルビィが一番風呂なの」


    花丸「ん?」


    ルビィ「いまだ!!」ダッ




    【ルビィ「お風呂大戦争!」花丸「ぷかぷかずらぁ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1506434791/

    1: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 23:06:31.95 ID:xbeco/y4.net

    ルビまる



    2: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 23:07:37.22 ID:xbeco/y4.net

    9月21日


    ルビィ「実はルビィには夢があるのでした」


    花丸「ほーん」


    ルビィ「きいて、きいて、」


    花丸「ルビィちゃんの夢ってなに?」


    ルビィ「ふふふ、それはね」


    花丸「うん」ペラッ


    ルビィ「ちょっとタイム」


    花丸「...」



    3: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 23:08:27.81 ID:xbeco/y4.net

    ルビィ「あのさ、本一旦置いて」


    花丸「...」ペラッ


    ルビィ「おいて?」


    花丸「うるさいずら」


    ルビィ「恋人のお話はちゃんと聞きなさい!」


    花丸「だから聞いてるずら、とっとと話せずら」


    ルビィ「ちゃんとルビィのお顔見て!、本読むのやめて!!」



    4: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 23:09:08.37 ID:xbeco/y4.net

    花丸「いつも思うのです、マル」


    ルビィ「なに」


    花丸「ルビィちゃんのお話は、すごくつまらない」


    ルビィ「言った、言ったね?言ってはいけないことを言ったね?」


    花丸「でも可愛いから許しちゃうずら」


    ルビィ「えへへぇ」ニヘラ


    花丸「...」ペラッ


    ルビィ「いやちがうちがうちがう」




    【ルビィ「にんにん!」花丸「なにそれ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1503847947/

    1: 名無しで叶える物語 2017/08/28(月) 00:32:27.61 ID:/yaaylOJ.net

    ルビまる



    2: 名無しで叶える物語 2017/08/28(月) 00:33:38.27 ID:/yaaylOJ.net

    花丸「ちゅー」


    ルビィ「...」


    花丸「~♪」


    ルビィ「マルちゃん」


    花丸「ん~?」ギュッ


    ルビィ「なにしてるの」


    花丸「見てる通りずら」


    ルビィ「やめて」


    花丸「怒ってる?ルビィちゃんにはなにもしてないよ」


    ルビィ「なにもしてないから怒ってるの」



    3: 名無しで叶える物語 2017/08/28(月) 00:35:13.91 ID:/yaaylOJ.net

    花丸「はぁ...いいこずらねぇ...」ヨシヨシ


    ルビィ「やめてよ」


    花丸「いやずらー」プイッ


    ルビィ「許せぬ」


    花丸「ルビィちゃんより良い子ずらこの子」ナデナデ


    ルビィ「貸してそれ」


    花丸「ダメずら、寝そべりルビィちゃんに酷いことするつもりずら」


    ルビィ「なら代わりに」ムニッ


    花丸「っ」ペシッ


    ルビィ「痛い」



    5: 名無しで叶える物語 2017/08/28(月) 00:36:52.88 ID:/yaaylOJ.net

    花丸「いきなりなにするずら」ギロッ


    ルビィ「マルちゃんのおっぱいを吸収するのじゃ」


    花丸「なんてやつずら」


    ルビィ「ねー、ルビィにもルビィにも」


    花丸「?」


    ルビィ「その子と同じようにして」


    花丸「やだ」


    ルビィ「どうして」


    花丸「寝そべりルビィちゃんは良い子、黒澤ルビィちゃんは悪い子」




    【ルビィ「浮気だ!」花丸「してないずら」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1502205085/

    1: 名無しで叶える物語 2017/08/09(水) 00:11:25.71 ID:KQpM7xwN.net

    ルビまる



    3: 名無しで叶える物語 2017/08/09(水) 00:13:02.38 ID:KQpM7xwN.net

    花丸「...」チラッ


    ルビィ「~♪」ポチポチ


    花丸「ルビィちゃん、なにしてるの?」


    ルビィ「んー?」


    花丸「んーではなく」


    ルビィ「なーいしょっ!」


    花丸「はよ教えろずらー!」ムギュー


    ルビィ「うわぁああああ!!」ケラケラ



    4: 名無しで叶える物語 2017/08/09(水) 00:14:35.80 ID:KQpM7xwN.net

    花丸「マルのことほったらかしにして」


    ルビィ「マルちゃん意地悪なので無視です」プイッ


    花丸「なにしてたの?」


    ルビィ「無視でーす」


    花丸「泣いちゃうずら」


    ルビィ「いいよ」


    花丸「うるさいよきっと」


    ルビィ「それはやだなぁ」


    花丸「ほれみろずら」



    5: 名無しで叶える物語 2017/08/09(水) 00:15:19.01 ID:KQpM7xwN.net

    ルビィ「ずらずらずらずらうるさいけどね、元から」


    花丸「んだこのぉー!!」ポヨンポヨン


    ルビィ「ぎゃぁあああ!!おっぱい攻撃やめてぇええええ!!」アハハハ


    花丸「許さぬ!マルのあいでんてぃてぃをうるさいとは許さぬ!!」ポヨンポヨン


    ルビィ「えいっ!」ムギュッ


    花丸「んなっ!」ビクッ


    ルビィ「むにむにー!!」ムニョン


    花丸「あはははは!くすぐったいずら!」


    ルビィ「ふんがっ!」ベシッ




    【ルビィ「恋人おしまいなの?」花丸「おしまいずら」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1501688726/

    1: 名無しで叶える物語 2017/08/03(木) 00:45:26.35 ID:mEzv+vNO.net

    ルビまる



    2: 名無しで叶える物語 2017/08/03(木) 00:47:23.68 ID:A9HqzRXj.net

    ルビィ「お風呂ー!」


    花丸「おっふろー!」


    ルビィ「マルちゃんとお風呂久しぶりだね!」


    花丸「ねー!」


    ルビィ「ルビィから入っていい?」


    花丸「ダメずら」


    ルビィ「あはは!それセガのスタンプのやつ!」ケラケラ


    花丸「いや、...え?」


    ルビィ「とぉー!!」バシャー


    花丸「おい」



    4: 名無しで叶える物語 2017/08/03(木) 00:49:27.52 ID:A9HqzRXj.net

    ルビィ「ふひぃー、あったかいー♪」チャポン


    花丸「ダメって言ったのに」


    ルビィ「え?さっきのネタだと思った」


    花丸「んなわけないずら、セガコラボスタンプ好きすぎでしょルビィちゃん」


    ルビィ「ごめんなさい」シュン


    花丸「まぁいいずら」


    ルビィ「うゅ」



    5: 名無しで叶える物語 2017/08/03(木) 00:50:16.12 ID:AtrTrrjm.net

    やったぜ




    【ルビィ「マルちゃんってスケベだよね」花丸「え?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1500215054/

    1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 23:24:14.16 ID:Dv/XjOys.net

    帰り道


    花丸(ルビィちゃん、今日は大事な用事があるとかで一人で帰っちゃった)

    花丸(それに今日はルビィちゃん家の周りには近づかない方がいいって)

    花丸(気になって後を付けてきちゃったずら♪)



    犬「ガウ!ガウガウ!」

    ルビィ「……」



    花丸(大変!ルビィちゃんが犬に襲われてる!助けなきゃ!!)



    2: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 23:25:44.68 ID:Dv/XjOys.net

    ルビィ「……」ジー

    犬「がうが……」

    犬「くぅーん」ゴロゴロ

    ルビィ「……」ナデナデ



    花丸(犬がお腹を見せてるずら……あれは絶対服従のポーズ……)

    花丸(なんだかいつものルビィちゃんじゃない……犬苦手なはずなのに……)



    3: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 23:27:12.87 ID:Dv/XjOys.net

    モブ男「」ペラペラ

    ルビィ「」コクッ



    花丸(大変!ルビィちゃんが男の人に絡まれてる!)

    花丸(ルビィちゃんはお父さん以外の男の人が大の苦手ずら!!助けなきゃ!)



    4: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 23:28:58.23 ID:Dv/XjOys.net

    ルビィ「」ユビサシー

    モブ男「」ペコリ

    ルビィ「」ニッコリ



    花丸(ずらぁ!?一体どういうことずら!?)




    【花丸「ルビィちゃんが犬に襲われてる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1495381966/

    1: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 00:52:46.40 ID:XM1tQV1G.net

    ルビまる



    2: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 00:54:15.52 ID:XM1tQV1G.net

    ルビィ「...」ムスーッ


    花丸「それじゃ、おやすみずらー」カチッ


    ルビィ「...」ムスッ


    花丸「...」


    ルビィ「むー」


    花丸「どしたずら?」


    ルビィ「マルちゃんさぁ、最近色んな子と仲良いよねぇ」


    花丸「んー、まぁそれなりには」



    3: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 00:55:11.57 ID:XM1tQV1G.net

    ルビィ「今だって善子ちゃんと電話しちゃってさー、なに?寝る前のおやすみの通話?」


    花丸「え、いや」


    ルビィ「ルビィのことほったらかしでさー、30分も楽しそうにさー、今日はルビィとデートなのにさー」


    花丸「る、ルビィちゃ...」


    ルビィ「そんでなにもなかったかのようにルビィとおやすみなさいするんだ」


    花丸「あのー...」


    ルビィ「なに?」


    花丸「怒ってるずら?」


    ルビィ「怒ってないよ」ギュッッッ


    花丸「うぐっ!怒ってる!絶対怒ってる!」



    4: 名無しで叶える物語 2017/05/22(月) 00:56:53.81 ID:XM1tQV1G.net

    ルビィ「全然怒ってないもん、ルビィ心寛大なので...ぐすっ」


    花丸「泣いてるずら?」


    ルビィ「泣いてない」


    花丸「ん、1回電気つけるね」カチッ


    ルビィ「眩しいでしょ!!」


    花丸「ご、ごめんなさいずら!!?」


    ルビィ「夕方にして!!まったくもう、まったくまったく!!」プンスコ


    花丸「ルビィちゃん...なんだか怖いずら」


    ルビィ「そんなことないよ、ほら」ニコニコ


    花丸「目が怖いずら!!!?」




    【ルビィ「マルちゃんのばか!」花丸「なんずら?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1491661207/

    1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 23:20:07.80 ID:y8b6yliv.net

    ――休日 国木田家・花丸の部屋


    ルビィ「うわ~、赤ちゃんの頃の花丸ちゃん可愛いねぇ!」ペラッ

    花丸「そんなことないずらよ~///」テレテレ

    ルビィ「この頃から『ずら~』って言ってたの?」

    花丸「あはは、さすがに『バブバブ』だったと思うずらよ」

    ルビィ「……すごい、もうこの頃から本を読んでたんだね~」ペラッ

    花丸「2歳の頃には本を読む仕草をしてたみたい。さすがに文字は読めなかったけど」


    ルビィ「こっちは、幼稚園の頃だね」

    ルビィ「あれ?花丸ちゃんの隣にいる女の子ってもしかして……」ペラッ

    花丸「うん、善子ちゃんだよ。この頃はまだ髪が短かったずら」

    ルビィ「……善子ちゃんも可愛いなぁ。この頃からお団子に羽が付いてたんだね」

    花丸「昔から自分のことを『天使』だと思い込んでた、面白い子だったずらよ」フフッ


    ルビィ「そう……だったんだね……」



    5: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 23:25:10.44 ID:y8b6yliv.net

    ルビィ「ねえ……花丸ちゃん」

    花丸「なに?ルビィちゃん」

    ルビィ「花丸ちゃんのお家って、今までお引っ越ししたことってある?」

    花丸「えっ?ううん、生まれてからずっとこのお寺に暮らしているずらよ」

    花丸「生まれも育ちもこの内浦ずら」

    ルビィ「そうだよね」

    ルビィ「実家がお寺なら、そう簡単にお引っ越し出来るわけないよね……」

    花丸「……ルビィちゃん?」

    ルビィ「ルビィもね、生まれも育ちも内浦で、ずっと今の家に住んでるんだけど……」

    花丸「そうだね。ルビィちゃんの家は網元のお屋敷だからね。それがどうかしたの?」

    ルビィ「……おかしいと思わない?花丸ちゃん」

    花丸「え?」

    ルビィ「花丸ちゃんの家からルビィの家まで、そう離れていないのに」


    ルビィ「なんでルビィたち、もっと小さい頃に知り合わなかったんだろう……」


    花丸「……………………あっ」



    6: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 23:30:21.31 ID:y8b6yliv.net

    花丸「言われてみれば……内浦は小さい街だし、それに子どもは少ないから」

    花丸「季節の行事ごととかで、もっと早くルビィちゃんと知り合っていたはず」

    花丸「なのに、どういう訳かルビィちゃんと出会った記憶が全くないずら……」

    ルビィ「中学の時、初めて花丸ちゃんの家に遊びに行った時は驚いちゃったよ」

    ルビィ「お寺に住んでいたのもそうだけど、自宅から1kmしか離れてなかったんだもの」


    ※ルビィの自宅の位置は「大川家長屋門」、花丸の自宅の位置は「来迎寺」とします。


    ルビィ「沼津に住んでいる善子ちゃんと花丸ちゃんが幼なじみだと分かってからは」

    ルビィ「今まで黙ってたけど、ずっと『疑問』ばかり思い浮かんじゃって……」

    花丸「疑問……ずら?」


    ルビィ「花丸ちゃん、どこの幼稚園に通っていたか覚えてる?」

    花丸「えっ?沼津の幼稚園だった気がするずら。内浦には幼稚園がないから」

    ルビィ「うん、そうだね。内浦に幼稚園はないからね」

    ルビィ「沼津の幼稚園に通っていたら、善子ちゃんと知り合ったのは筋が通ってるよね」

    ルビィ「……一応」ボソッ

    花丸「う、うん……」



    7: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 23:31:40.24 ID:ykGi3Yxb.net

    闇の証拠
    9U2A5bP



    8: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 23:34:07.17 ID:zM4UlsNi.net

    >>7
    いやG'sではちゃんとみんな幼馴染み設定だろ何がおかしい



    11: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 23:36:54.99 ID:yFEVhyML.net

    >>8
    この時ルビィはお姉ちゃんと同じ長髪のはず=ここにいるのはルビィではない
    という仮説があってな




    【ルビィ「花丸ちゃん、アルバム見てもいい?」花丸「いいずらよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489583431/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 22:10:31.78 ID:wtr1RXd80

    ――前作のあらすじ

    【前作】ルビィ「ずっと」花丸「友だちだよ」
     
     
    ルビィ「花丸ちゃんと善子ちゃんの人気が、クラスでもネットでもうなぎ登りとなり」

    ルビィ「日に日に、2人が仲良くしている姿を見るのが辛くなっていたルビィは」

    ルビィ「ある出来事がきっかけで、授業が始まる前に教室を飛び出してしまいました」

    花丸「状況を把握した曜ちゃんから」

    花丸「ルビィちゃんが善子ちゃんに『嫉妬』していることを知り」

    花丸「図書室で隠れて泣いていたルビィちゃんに、思いの丈を打ち明けたところ」

    花丸「お互いに『特別な存在』だったと気付いて、ルビィちゃんと更に絆が深まりました」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 22:12:27.44 ID:wtr1RXd80

    ルビィ「その後いろいろありましたが、善子ちゃんとも無事に仲直り出来て」

    ルビィ「次のライブ曲のセンターも、ルビィたち3人が務めることになりました」

    花丸「そして、お休みの日にルビィちゃんと長浜城跡で富士山を眺めていた時」

    花丸「ルビィちゃんは、まるに……」


    ルビィ「今回は、それからしばらく経った後のお話になります」

    花丸「少し長いですが、先に前作を読むと話が分かりやすいかもしれません」


    ※本家で2度も規制が入り投稿失敗したため、こちらで初投稿となります。



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 22:14:07.08 ID:wtr1RXd80

    ――部室


    善子・花丸・ルビィ「メインセンター(ずら)?」

    果南「そう!」

    果南「今回の曲は3人がセンターを務めることになるんだけど」

    果南「サビの部分で中央に立つことになるセンターが『メインセンター』ってわけ」

    梨子「サビの最初はソロパートから始まる構成だから」

    梨子「メインセンターは極めて重要なポジションになるわ」

    果南「そこで今回は、3人の内誰がメインセンターをやるか決めて欲しいんだけど……」

    善子・花丸「……………………」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 22:15:42.88 ID:wtr1RXd80

    ルビィ「そ、それなら、善子ちゃんか花丸ちゃんに……」


    花丸「ルビィちゃんにお願いするずらっ!」
    善子「ルビィに任せるわっ!」


    ルビィ「え…………ピギィ!?」ビクッ

    ルビィ「ど、どうして2人ともルビィを?」

    ルビィ「ルビィなんかより、2人のほうがメインにふさわしいと思うのに……」

    花丸「『なんか』じゃないよ、ルビィちゃんっ!」

    ルビィ「……え?」



    6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 22:18:05.12 ID:wtr1RXd80

    花丸「ルビィちゃんはまるたちと同じくらいスクールアイドルとして成長しているずら」

    花丸「それを大勢のお客さんに見てもらうには、誰よりも目立たないといけない」

    花丸「だからルビィちゃんには、是非メインセンターをやって欲しいずらよ!」

    ルビィ「で、でも……」


    善子「わたしとずら丸は前からそれなりに評価されていたことだし、次はルビィの番」

    善子「わたしが認めた最高のリトルデーモンが」

    善子「いかにすごい存在か盛大にアピールする時なのよっ!」

    善子「あのサイトの管理人も、次のライブを見に来るかもしれないしね」

    ルビィ「花丸ちゃん……善子ちゃん……」



    7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 22:20:29.29 ID:wtr1RXd80

    果南「どうルビィちゃん?2人から推薦されたけど」

    ルビィ「……………………」

    梨子「無理にとは言わないわ。ゆっくり考えていいから……」


    ルビィ「ううん。ルビィ……メインセンターやりますっ!」

    花丸・梨子「ルビィちゃんっ……!」

    善子「フフッ、それでこそ我がリトルデーモン4号よ!よく言ってくれたわっ!」

    果南「分かった。それじゃルビィちゃんにやってもらうことにするから」

    果南「よろしくね、メインセンター!」

    ルビィ「うんっ!がんばルビィ!」ニコッ


    花丸「はっ…………///」ドキッ




    【花丸「はじめての」ルビィ「キモチ」】の続きを読む

    このページのトップヘ