大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!サンシャイン!!SS > ルビよし

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1497329044/

    5: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 14:07:34.39 ID:JmEDgnKz.net

    悪魔「んんっ…風が気持ちいい…」

    地上に出る時は、湖畔の木陰が定位置になっている。
    いつも通りそこの木に背中を預けていると、1人の天使が視界の隅に入る。
    天使は私を見るなり驚いて、もう一本先の木陰に隠れてしまった。
    当たり前のことに、天界や下界は悪魔を邪険に扱っている。
    それが気に入らず少しだけムスッとしてしまって。

    悪魔「何よ、悪魔は邪魔?」

    返事はない。



    6: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 14:10:57.04 ID:JmEDgnKz.net

    子どもの頃からそう育ってきたから、邪険に扱われることに対しての悲しみは特にないけれど、ため息は出てくるものだ。

    悪魔「…でしょうね、私たちはあなた達から邪険に扱われてるもの」

    天使「ち、違うよ…」

    と身を隠したまま言葉を発する天使。
    人見知りだから、怖いの
    と、か細く続けて。

    嘘か誠か分からないけど、直球に嫌がられてないことを知る。

    悪魔「人見知りって…」

    悪魔「…(人を助ける天使のくせに。)」

    …そう思うけれど、自分にも共通する部分がある。
    悪魔は人の心を破壊するもの。
    私はその概念に違和感を感じ、周りの友だちから距離を置いてたから友だちがいない。

    所謂、独りぼっちだ。

    だから、住む世界が違う正反対な天使なのにどこか共感してしまった。

    悪魔「…そう」

    おかしいでしょ とは結局言えずに心の中にしまって、流れるのは静寂。
    先程の飴のように甘い雰囲気を纏った声の耳触りがよくて、それとなくポツポツと会話を引き出してみた。

    お互い顔どころか姿も見合わずに話を進め、
    天界の事情はどうなのかとか、早く帰らなくて大丈夫なのかとか。
    ただそれだけを話した。



    7: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 14:15:00.96 ID:JmEDgnKz.net

    天使「…優しい悪魔さんなんだね」

    天使「また明日も来ていいですか?」

    悪魔「好きにすれば」

    と、ぶっきらぼうに返してしまう。
    これはもう癖かもしれない。

    翌日、いつも通り過ごしていると地面を踏み鳴らす音が聞こえて。
    ああ、昨日の天使だろうなと特に警戒はしなかった。

    悪魔「…本当に来たのね」

    第一声をあげると

    天使「だ、だめでしたかっ?」

    なんて上ずった声で聞いてきた。
    …ちょっと申し訳なくなるじゃない。

    悪魔 「別に…」

    と、これまたぶっきらぼうに返す。

    天使「そっか…よかった…」

    時間を共にするにつれ、少し打ち解けてきた。
    それと同時に、あることが思い浮かんだ。

    こっちだけ姿を明かして、向こうは隠れたまま…なんて卑怯じゃない?




    【ルビィ「独りの悪魔と」善子「優しき天使」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1497794723/

    1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 23:05:23.75 ID:pAoUrCHp.net

    ルビィ「堕天使感謝デー?」

    善子「……なんてものは存在しないんだけど」

    善子「だけどいつも付き従ってくれるリトルデーモンにたまには感謝の気持ちを込めてね?」

    善子「お礼をするのもいいんじゃないかって思うの」

    善子「そういうわけで今度の休みはわがままをなんでも聞いてあげるから」

    善子「ルビィがしたいことを考えておいてね」

    ルビィ「う、うん……」


    ───────
    ─────
    ───



    2: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 23:08:33.61 ID:pAoUrCHp.net

    善子「さて、ルビィは一体どんなお願いをしてくるのかしら」

    善子「ささやかなもの?それともなんでもなんて言っちゃったことを後悔するようなものだったりして」クスクス

    善子「……まぁ、ルビィがそんな無茶を言うとは思えないけど」

    善子「フフ、当日を楽しみにしてるわ」



    3: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 23:11:05.17 ID:pAoUrCHp.net

    ルビィ「う~ん……」ムム...

    ルビィ「わがままをなんでも……かぁ」

    ルビィ「ルビィの好きなようにお願いしたい気持ちもあるけど」

    ルビィ「よっちゃんのリトルデーモンとしてここは……」


    ───────
    ─────
    ───




    【善子「堕天使感謝デー」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1497239907/

    1: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 12:58:27.62 ID:jBkqgEwG.net

    ─放課後、学校玄関前


    善子「─さてと…じゃあそろそろ帰りましょうかルビィ」

    ルビィ「うん、善子ちゃん」

    善子「今日はまあまあ楽しかったわね、それに天気もいいし」

    ルビィ「そうだねぇ、今日はとってもいい日かも」ニコッ

    善子「ええ、あとはこのまま無事に終わってくれればいいんだけど……」

    ルビィ「え?」



    2: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 12:59:29.13 ID:jBkqgEwG.net

    ルビィ「善子ちゃん、無事ってなにが……」


    ポツポツ


    ルビィ「?」

    善子「……」


    ザーッ


    ルビィ「…あれ?急に雨が降ってきたよ」



    3: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 13:00:31.69 ID:jBkqgEwG.net

    善子「…………やっぱり」

    善子「…あーもうっ!また雨じゃないの!」

    ルビィ「結構降ってるね……天気予報では晴れだって言ってたのに」

    善子「全くよ!天気予報なんてホンット全然当てにならないわね!」


    善子「はぁーっ、こういう時くらい不運を発動させなくてもいいのに……」タメイキ

    ルビィ「…善子ちゃん?」



    4: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 13:01:21.74 ID:jBkqgEwG.net

    善子「あぁ…不幸だわ……本当に不幸だわ…」ウツムキ

    ルビィ「ねぇ善子ちゃん……雨、止むかなぁ…」

    善子「…多分止まないわよ、私がいるから」

    ルビィ「……」

    ルビィ「善子ちゃん、そんなこと言わないでちょっとだけ待ってみようよ…ね?」ニコッ



    善子「……まあいいけど」




    【善子「雫が映したその顔は」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1495765428/

    1: 名無しで叶える物語 2017/05/26(金) 11:23:48.37 ID:Tw5kVguq.net

    『─ねえねえ、聞こえる?』

    『私の声、ちゃんと届いてる?』

    『…………』

    『……まだ答えられないみたいだね』

    『…ねえ、貴女はそろそろこっちに来ることは出来ないの?』

    『うーん、早く遊びに来てほしいんだけどなぁ……』


    『私、もう待ちくたびれちゃったよ……』








    善子「…………ん……」パチ

    善子「…また、あの夢……」ボーッ



    2: 名無しで叶える物語 2017/05/26(金) 11:24:44.81 ID:Tw5kVguq.net

    善子「これで四回目ね……」フワァ

    善子「この夢を見始めてから…」ノビー

    善子「…それにしても、よくもまあ聞いてもいないのにベラベラと好き勝手言ってくれるじゃない」

    善子「アラームのつもり?夢の世界に目覚ましなんていらないっての」フンッ



    3: 名無しで叶える物語 2017/05/26(金) 11:25:36.29 ID:Tw5kVguq.net

    善子「……」

    善子「……でも今日は、少しだけ…違ったわね」スタッ

    善子(今回は声だけじゃなくて……)



    善子(ぼんやりとだけど…姿が見えた気がした)



    4: 名無しで叶える物語 2017/05/26(金) 11:26:26.72 ID:Tw5kVguq.net




    善子「しかしまあ、本当に変よね……」キュッ

    善子(普通は夢の内容を覚えてる、なんてことは長くて一日程度しか持たない)シャコシャコ

    善子(よっぽど印象的なものでもなければ)ペッ


    善子(…だけど私が見てる夢の内容は、誰かが喋ってるのをただただ聞いているだけ)ガラガラガラ

    善子(たったそれだけの、大したことのない…あっけないほどつまらない夢…)バシャバシャ

    善子(なのに何故か…私はそれを覚えていて、しかも似たようなものを立て続けに見ている)キュッ


    善子「問題はそこなのよねえ…」ウーン



    5: 名無しで叶える物語 2017/05/26(金) 11:30:06.66 ID:Tw5kVguq.net

    善子「……」


    善子「やっぱり“アレ”が原因なのかしら?」

    善子「もしそうだとすれば、今日も多分……」

    善子「…まあ、今ここで考えたところで何が分かるってわけでもないし」

    善子「……確信を得るためにも、まずは学校に行かなくちゃね」ガチャッ

    善子「いってきます──」バタンッ


    ……



    【善子・ルビィ「未来通信」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1495166575/

    1: 名無しで叶える物語 2017/05/19(金) 13:02:55.75ID:EF3fAFA/.net

    ルビィ「ん?」

    善子「よく私のこと見てる気がするんだけど」

    ルビィ「えー、そうかなぁ」

    善子「いや絶対とは言えないんだけどね」

    ルビィ「うん」

    善子「でもなんか視線を感じるのよねえ……」

    ルビィ「ふーん…」



    2: 名無しで叶える物語 2017/05/19(金) 13:04:13.94ID:EF3fAFA/.net

    ルビィ「考えすぎじゃないかなぁ?」

    ルビィ「気のせいだと思うよ」

    善子「…そう、やっぱり私の思い過ごしなのかしら」

    ルビィ「…」


    ルビィ「……多分ね」ボソッ

    善子「え?」

    ルビィ「ううん、何でもないよ」

    善子「?まあいいけど」


    ……




    3: 名無しで叶える物語 2017/05/19(金) 13:04:59.31ID:EF3fAFA/.net

    ルビィ「…あっ、もうこんな時間だ…そろそろ帰らなくっちゃ」

    ルビィ「それじゃあまたね、善子ちゃん」バイバイ

    善子「ええ、また明日」テヲフリ



    善子「……」

    善子「…本当に気のせいなのかしら……?」




    【善子「近頃のルビィってさ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1494693105/

    1: 名無しで叶える物語 2017/05/14(日) 01:31:45.69ID:oO+efqip.net

    拝啓──様


    お元気ですか。


    ──こうして私から手紙が届いたことに貴女は驚いているかもしれません。

    それでも私が書き始めたのは、今までの出来事を自分なりに整理しておきたかったからです

    それと──


    ─貴女にこの気持ちを伝えたくて─


    ただ、言いたいことがたくさんあって一体どれから話せばいいのか

    少し迷いました。


    でも、私の始まりはきっとあの日からだと思うから

    まずはその話をさせてください。



    そう、あれは確か──



    2: 名無しで叶える物語 2017/05/14(日) 01:32:59.36ID:oO+efqip.net

    ─善子の部屋


    善子「─ルビィ、ずら丸、今から堕天使ヨハネの儀式を始めるわよっ!」

    ルビィ「わーっ!」パチパチ

    花丸「えぇ…またやるの?」

    善子「当然よ、成功するまで付き合ってもらうわ」

    花丸「それだと一生帰れる気がしないずらね」

    善子「何ですって!?」

    花丸「本当のことずら」



    3: 名無しで叶える物語 2017/05/14(日) 01:33:50.62ID:oO+efqip.net

    善子「くっ……見てなさいよずら丸、絶対成功させてみせるんだから!」

    花丸「はいはい、楽しみにしてるずら」

    ルビィ「それでヨハネ様、今日はなんの儀式をするんですか?」

    花丸「ルビィちゃんノリノリだね……」

    善子「フッ…よくぞ聞いてくれたわね、それは……」



    4: 名無しで叶える物語 2017/05/14(日) 01:34:34.60ID:oO+efqip.net

    ルビィ「それは?」

    善子「……あーっと…」


    善子「……成功すれば分かるわ」

    ルビィ「そっか、楽しみは最後までとっておくんだね!」

    善子「…そういうことよ」メソラシ

    花丸(絶対嘘ずら、儀式って言っても多分思いつきでそう言っただけずら)

    花丸(その証拠にさっきの善子ちゃん、すごく動揺してたし)




    【ルビィ「今がいちばん大切だから」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1493951606/

    1: 名無しで叶える物語 2017/05/05(金) 11:33:26.43ID:oRarsD5M.net

    ─放課後、中庭


    善子「はあ…退屈ね、特にやることもないしもう帰ろうかしら……って」

    善子「あら、あそこにいるのは……」スタスタ

    ルビィ「……」

    善子「ちょっと」ポンポン

    ルビィ「え?」フリムキ

    善子「クスッ、やっぱりルビィだったわね」

    ルビィ「あ、善子ちゃんだ」パアッ

    善子「何やってるのよこんなところで」



    2: 名無しで叶える物語 2017/05/05(金) 11:35:37.40ID:oRarsD5M.net

    ルビィ「うん、花丸ちゃんを待ってるの」

    善子「ふーん、ずら丸…確か今日は委員会活動だったかしら?」

    ルビィ「そうなんだ、善子ちゃんも花丸ちゃんを待ってたの?」

    善子「私は適当にふらついてただけよ」

    ルビィ「じゃあ善子ちゃんも一緒に待とうよ、今日は一緒に帰ろ?」ニコ

    善子「まあ別にいいけど…ここ座るわね」

    ルビィ「えへへ、どうぞ」



    3: 名無しで叶える物語 2017/05/05(金) 11:36:54.59ID:oRarsD5M.net

    善子「……」

    善子(そういえばルビィと二人きりって久しぶりな気がするわね)

    ルビィ「善子ちゃん、今日はいい天気だねぇ」

    善子「…ん、そうね」

    ルビィ「ねえ善子ちゃん、今日はやらないの?」

    善子「なにを?」

    ルビィ「黒魔術」

    善子「やらないわよ、暑いから……」タメイキ

    ルビィ「そっかぁ、前はやってたのにね」

    善子「そんなに毎度やるわけないでしょ」



    4: 名無しで叶える物語 2017/05/05(金) 11:38:46.31ID:oRarsD5M.net

    ルビィ「じゃあ次はいつやるの?」

    善子「そうね、来週くらいかしら?」

    ルビィ「ねえねえ、ルビィも一緒に行っていい?」

    善子「フッ、当然よリトルデーモン」

    ルビィ「ありがとうヨハネ様」

    善子「こっちこそね」



    善子・ルビィ「フフッ…」クスクス




    【ルビィ「ゆめうつつ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1493391209/

    1: 名無しで叶える物語 2017/04/28(金) 23:53:29.36 ID:XE8ORmHI.net

    ─ワイワイ ガヤガヤ


    梨子「──フフッ、よっちゃんは本当に善い子だね」ナデナデ

    善子「ちょっ、私は堕天使よ!善い子なんかじゃないわ!」

    曜「はいはい、分かってるよーしこー!」ナデナデ

    善子「善子言うなっ!というか撫でるなぁっ!///」

    ルビィ「うゅ……」

    ルビィ(最近の善子ちゃん、いつもあんな調子で皆に可愛がられてるなあ……)


    ルビィ「…」

    ルビィ「いいなぁ……」ボソッ



    2: 名無しで叶える物語 2017/04/28(金) 23:55:15.54 ID:XE8ORmHI.net

    ルビィ(…もしもだけど、もしもルビィがいい子になったら…そうすれば……)

    ルビィ(ルビィも…)

    善子「ああもうやめなさいって言ってるでしょ!?///」

    ルビィ「……」ジーッ

    善子「…ん?どうしたのよルビィ?こっちをじーっと見て」

    ルビィ「…善子ちゃん」

    善子「だからヨハネだって…」

    ルビィ「ルビィをいい子にしてくださいっ!」

    善子「はぁっ!?」



    5: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 00:01:11.08 ID:x29N/ggg.net

    善子「いきなり何言ってるのよ?」

    千歌「そうだよ!ルビィちゃんは元からいい子じゃん!」

    鞠莉「そうね、ルビィは純粋なプリティーガールよ?」


    ルビィ「…それじゃあなんでみんな善子ちゃんのほうに行くんですか?」

    果南「それは、なんでだろう?」

    鞠莉「んー…面白いから?」

    善子「なんでよっ!」




    【ルビィ「善い子になりたいっ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1492358076/

    1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:54:36.19 ID:DN/OJtF/.net

    よしルビ



    2: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:56:07.60 ID:DN/OJtF/.net

    放課後


    ルビィ「ってことで、善子ちゃんのこと好きなのでした」


    善子「え?」


    ルビィ「ルビィ、善子ちゃんのこと好きなの」グイグイ


    善子「ちょ、落ち着きなさい!押し寄らないで!」ンゴゴ


    ルビィ「当ててんの」


    善子「いや当たってないから」


    ドスッ


    善子「うごっ!?」



    3: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:57:33.00 ID:DN/OJtF/.net

    ルビィ「今イラっとしました...ルビィ今ちょっとイラっとしました」ムスッ


    善子「いや...その...ごめん」


    ルビィ「さっ、帰ろ帰ろー」ニギッ


    善子「手握らないで」ペイッ


    ルビィ「やーなんでー!」


    善子「子供の引率じゃないんだから繋ぐ必要ないでしょ」


    ルビィ「ルビィはこどもじゃない!」


    善子「ん、いやだから...え?うん、繋がなくていいでしょ?」



    4: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:59:13.37 ID:DN/OJtF/.net

    ルビィ「でも、善子ちゃんのこと大好きなルビィとしては繋ぎたいのですが」モジモジ


    善子「...」ジトッ


    ルビィ「えへへ」モジモジ


    善子「さっきからもじもじしてどうしたの、トイレ?トイレ行きたいの?」


    ルビィ「ちょっぷ!」ペシッ


    善子「いだっ!」


    ルビィ「まったく...善子ちゃんにはガッカリです!まったくまったく!まったくもぉです」ムスッ


    善子「叩くことないでしょ!」


    ルビィ「DVよくないと思うなぁルビィ」


    善子「DVしてんのはあんたのほうよ、いやそもそも私ら付き合ってすらないけど」


    ルビィ「がーん!」




    【善子「もう帰るから!」ルビィ「だめ!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1483020337/

    1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/29(木) 23:05:37.20 ID:rA0JBY3F.net

    ヒック……ヒック……ゥエーン

    どおしたの? あし、いたいの?

    うん……ヒック……それにおかあさんともはぐれちゃった……ヒック

    それはたいへんだよね、さがすのてつだうよ

    ヒック……いいの?

    おねえちゃんがこまってるひとをみかけたらたすけろって、おんぶするからのって

    ありがとう



    2: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/29(木) 23:08:56.89 ID:rA0JBY3F.net

    「ん……」


    懐かしい夢……
    私がまだ小学校低学年の頃の出来事
    お母さんとはぐれて迷子になった上に足まで挫いちゃって
    どうしようもなくて泣いていた時にあの子が助けてくれたのよね



    3: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/29(木) 23:11:32.70 ID:rA0JBY3F.net

    小柄で体力もないみたいで私のことをおんぶし続けることは出来なかったけど
    途方にくれていた私に手を差し伸べてくれたあの子は正に天使のような存在で
    その子の影響で私も天使になるんだって思ったんだっけ
    不運続きの今では神に追放された堕天使になっちゃったんだけど♪



    5: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2016/12/29(木) 23:15:23.80 ID:rA0JBY3F.net

    結局あの後お母さんと合流できたらお礼を言う前に去って行っちゃって
    あの子の名前を聞くこともできなかったのよね
    記憶が曖昧でどんな顔をしてたのか思い出せないけれど
    一体あの子は今どこで何をしてるんだろう?
    ただ、どこかで会ったことがあるような気がするの……




    【善子「赤髪の天使」】の続きを読む

    このページのトップヘ