大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!サンシャイン!!SS > ようマリ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1509788107/

    1: ◆jWGwB9JRzU (庭) 2017/11/04(土) 18:35:07.61 ID:DAtY87yD

    曜「また来年の夏休みが遠いなぁ…」

    千歌「そうだねぇ…」

    曜「また1年近くお父さんとお別れかぁー」

    千歌「…おとーさん?」

    曜「え?」

    千歌「おとーさんって…なんだっけ…?」キョトン

    曜「やだなぁ千歌ちゃん!船乗りのお父さんのことだよ!」

    千歌「船乗りはわかるけど… お父さん…?」ウーン

    曜「もう、からかわないでよ千歌ちゃん」

    千歌「からかってるのは曜ちゃんの方じゃん!」



    振り返れば去年の秋のこの会話もおかしかったんだ
    幼馴染みの千歌ちゃんが私のお父さんを忘れるはずもない
    かといって私をからかっているようには見えなかった



    2: ◆jWGwB9JRzU (庭) 2017/11/04(土) 18:35:34.74 ID:DAtY87yD

    ―――

    それから時が過ぎ、私が高校2年生になって暫くたった頃
    明らかにおかしいと感じる出来事が目に見えて増えていった


    鞠莉「廃校阻止は無理よ、何度も上に掛け合ったけど…」

    ダイヤ「理事長の鞠莉さんが言ってもダメなら仕方ないですわね…」

    曜「娘の鞠莉さんですらダメなら仕方ないね…」

    鞠莉「…」

    鞠莉「むす…め…?」

    果南「曜?何言ってるの?鞠莉と経営者は親子なんかじゃないよ」

    曜「えっ!?」




    鞠莉さんのお父さんが経営者だったはずなのに誰もそれを覚えていなかった
    鞠莉さんの大親友の果南ちゃんでさえも



    3: ◆jWGwB9JRzU (庭) 2017/11/04(土) 18:36:03.02 ID:DAtY87yD

    ―――

    それから私はこの世界の異常に気が付いた


    千歌「曜ちゃん!今日もお疲れ様!」

    曜「ありがとう、千歌ちゃん」

    梨子「あんな高いところから飛び込むの、怖くないの?」

    曜「小さい頃からやってるから… もう慣れっこだよ」

    曜「あ、ちょっとトイレ寄るね」

    千歌梨子「はーい!」



    タタッ

    曜「…!?」


    男子トイレが無い


    浦の星女学院は女子校で校内の男子トイレは少なかったから気にも留めなかった
    でもここは市営のプール
    確かに男子トイレもあったはずだったのに




    【曜「最後の日」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1509743589/

    1: 名無しで叶える物語 2017/11/04(土) 06:13:09.57 ID:nqiL2/v/.net

    ようまり



    2: 名無しで叶える物語 2017/11/04(土) 06:14:34.25 ID:DSEvsWF2.net

    その夢を諦めないで



    3: 名無しで叶える物語 2017/11/04(土) 06:16:19.23 ID:nqiL2/v/.net

    廊下・理事長室前


    曜(練習が終わって。お仕事で来られなかった、鞠莉ちゃんの様子を見に来たけど…)

    曜(この扉の前に立つと、なんだか緊張しちゃうんだよね。雰囲気が違うからかな、鞠莉ちゃんの部屋だってわかってはいるんだけど)

    曜(えっと、ノックって2回だっけ、3回だっけ?ま、いいや)スッ

    『ですから、その事については先日も――』

    曜(っと、取り込み中かな)ピタッ



    5: 名無しで叶える物語 2017/11/04(土) 06:21:19.53 ID:nqiL2/v/.net

    『何度も申し上げているとおり、私たちは学校を続けるために――』

    曜(どうやら電話で話してるみたい。内容は、学校のこと…きっと大人の話だ)

    『そんな!私が理事長をしているのも、スクールアイドルをしているのも、全てはこの学校を――』

    曜(…あまりいい雰囲気じゃなさそう)

    『はい…失礼します…』

    曜「…っ」

    『…』シーン



    6: 名無しで叶える物語 2017/11/04(土) 06:22:50.31 ID:nqiL2/v/.net

    曜(静かになった。終わったみたいだけど、今入っていくのは勇気がいる…)

    曜(ええいっ、怖気づいてどうする。全速前進…!)スッ

    コンコン

    『…はい』

    曜(声が暗い…)

    曜「すみません。私です、曜です」

    『…』

    曜「ぅ…」ドキドキ

    ガチャ




    【曜「嵐の中でシャイニーして」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1507755580/

    1: 名無しで叶える物語 2017/10/12(木) 05:59:40.03 ID:dLA/U3Bd.net

    ようまりです。



    2: 名無しで叶える物語 2017/10/12(木) 06:00:57.14 ID:ZPxXjZi5.net

    こういうの、なんて言うのかな。
    全く思いがけないっていうか、夢にも思わなかったっていうか…

    ひょんなことからってやつ?

    「かなちゃん、ダイちゃん、どこー…あれ?」

    気がつくと、目の前に…

    「お姉さん、だれ?」

    めっちゃちっちゃな鞠莉ちゃんがいた。



    3: 名無しで叶える物語 2017/10/12(木) 06:01:43.94 ID:ZPxXjZi5.net

    鞠莉「んー?」

    きょとんとした表情で私を見つめる女の子。

    言葉で説明するのは難しいんだけど、見た瞬間に「この女の子は鞠莉ちゃんだ」ってわかった。

    輪っかになってないけど、特徴的な結い方をした金色の髪。

    鞠莉「お姉さん、どうかしたの?」

    吸い込まれそうな瞳と、透き通った声。

    やっぱり間違いない。
    この子は、鞠莉ちゃんだ…!



    4: 名無しで叶える物語 2017/10/12(木) 06:03:53.83 ID:ZPxXjZi5.net

    曜(でも、どうしてこんなことに…)

    鞠莉「あの、おねーさん。だいじょうぶですか?」

    曜「えっ?」ハッ

    鞠莉「もしかして、お腹いたいのかなって…」

    曜「あ、ああ!大丈夫、元気一杯だよ!?あははははは!!」

    鞠莉「ふーん…?」

    曜(やばい、めちゃくちゃかわいい)

    曜(鞠莉ちゃんだから当然と言えば当然なんだけど、それにしたって可愛さが突き抜けてるよ…!)

    鞠莉「んー?」クビカシゲ

    曜(ああ、ぎゅってしたいな…)ソワソワ



    5: 名無しで叶える物語 2017/10/12(木) 06:05:19.41 ID:ZPxXjZi5.net

    曜『ちっちゃい鞠莉ちゃんかわいいいいい!!』ムギュウウウウウ

    鞠莉『うひゃぁぁぁぁぁぁっ!!』

    曜『かわいい、かわいいかわいいかわいいよおおおおお!!』ナデナデスリスリ

    鞠莉『きゃああああああああっ!!』ウワーン



    曜(…だめだ、犯罪的な光景になってしまう)ブンブン

    曜(っていうかさ…今更だけど、私って今とんでもない状況に陥っているんじゃないかな…)ウーン


    鞠莉(また静かになっちゃった。やっぱり具合悪いのかなぁ)

    鞠莉(こういうとき、まずは挨拶からだよね…よしっ)




    【鞠莉「So Close, Yet So Far」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1489897265/

    1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 13:21:05.44 ID:/nz3PqAP.net

    紆余曲折あって一緒に住むことになった2人がただわちゃわちゃするだけの短編集



    2: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 13:22:54.05 ID:/nz3PqAP.net

    不動産屋

    アリガトウゴザイマシター

    曜「住む所決まってよかったねー!」

    鞠莉「ええ。駅近、築浅、オートロック、セパレートタイプで、部屋の広さもそれなり」

    曜「家賃も2人ならどうにかなる金額だし、言うことないね!」

    鞠莉「ただ、このネーミングはちょっといただけないというか…」

    曜「マンション名の、メゾン・ド・モルゲンレーテ・日の出、のこと?」

    鞠莉「フランス語、ドイツ語、日本語…しかもモルゲンレーテって日の出って意味よ」

    鞠莉「ひどいメドレー。名前じゃないわ」コレガジュウショニナルノ…



    5: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 13:24:37.12 ID:/nz3PqAP.net

    曜「ふぅん…でも、私はいいと思うな」

    鞠莉「曜?」

    曜「ほら、鞠莉ちゃんがよく言うけど、私の名前って光り輝くって意味でしょ?鞠莉ちゃんもシャイニー☆に定評があるし、きらきらな私たちが住むにはぴったりな名前じゃないかな!」ニコッ

    鞠莉「!…ふふっ、そうかもね。ここなら私たちらしい暮らしができるかも、なんてね」

    鞠莉(年下なのに、いつも曜にはかなわないなあ)

    鞠莉(でも、なにかの意図を…メタ的な意味があるような気がしてならないのは何故?)



    7: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 13:27:51.82 ID:/nz3PqAP.net

    ◆肩こり

    曜「…」トントントン

    ガチャ

    鞠莉「ふぁ…おはよう、曜」

    曜「あ、おはよう鞠莉ちゃ…」クルッ

    ビシッ

    曜「うあっ!?あたたたた…」

    鞠莉「な、なによ人を見るなり痛がって。大丈夫?」

    曜「ああ、うん…ちょっと肩っていうか、背中全体が痛いっていうか…」

    鞠莉「うん?ちょっと触るわね…」 スッ

    曜「いたっ!」

    鞠莉「あら、肩っていうか、首から背中までカチコチになってるわよ!痛みの正体はこのコリね!」

    曜「ああ、これが肩こりなの?今までなったことないからわからなかったよ…」イタイヨー

    鞠莉「肩どころか背中ごと固まってる感じだけど…どうしちゃったの、いきなり肩こりなんて。何かした?」

    曜「わかんない…どうしてかな、鞠莉ちゃん…」グスッ

    鞠莉「曜…」




    【曜「メゾン・ド・モルゲンレーテ・日の出?」鞠莉「ひどいメドレーね」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1507366332/

    5: 名無しで叶える物語 2017/10/07(土) 18:08:46.27 ID:+yOnXDxx.net

    曜「ちょ、言葉選びおかしいって!私女の子だから!」

    鞠莉「お、おーう!英語だと同じvirginだから間違えちゃった!ソーリー!」アセアセ

    曜「もうっ…」

    鞠莉(まずい、いきなり動揺して変なこと言っちゃった!?)

    曜「鞠莉ちゃんは、こういうこと、その…
    詳しいんだよね」

    鞠莉「ほわっつ!?」

    曜「私その、初めてだから…面倒かけちゃうと思うけど」

    曜「やさしくしてくれると、嬉しいなって…えへへ…」テレテレ

    鞠莉(oh…)


    的なのをよろしくお願いしたい



    6: 名無しで叶える物語 2017/10/07(土) 18:09:46.48 ID:aopaqUsE.net

    鞠莉「お姉さんが慰めてあげるわ!!」

    と意気揚々に曜を誘うも、いざ夜になってから初めての行為を前にたじろぐ鞠莉ちゃんであってほしい



    8: 名無しで叶える物語 2017/10/07(土) 18:10:17.87 ID:cO0oWOzt.net

    逆に経験豊富な曜にいいように弄ばれるマリーがみてみたい



    12: 色んな可能性(>>6や>>8)を見たいので僭越だけど 2017/10/07(土) 18:41:10.74 ID:+yOnXDxx.net

    アリガトウゴザイマシター

    曜「ご飯美味しかったね!流石鞠莉ちゃんオススメのお店だよー」

    鞠莉「よ、喜んでもらえてよかったわ」

    鞠莉(正直、味なんてわからなかった。この後のことで頭がいっぱいで)

    鞠莉(こ、この後の…!)カァァ

    曜「…っ」

    曜「こ、この後さ!」

    鞠莉「ひゃいっ!?」ドキッ

    曜「こ、この後のことだけどね」

    曜「その、無理しなくていいから!」

    鞠莉「えっ?」




    【鞠莉「へ、へぇ…曜って童貞なんだ~♡」(お姉さんぶってて今さら処女なんて言えないわ…)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1506421736/

    1: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 19:28:56.28 ID:7Dlaa4Zr.net

    プルルル

    曜「ん?誰だろうこの番号…」ピッ

    曜「もしもし?」

    鞠莉「曜?久しぶりね♪」

    曜「もしかしてその声は…鞠莉ちゃん!?」

    鞠莉「イェース♪」

    曜「久しぶりだね!日本に帰ってきたの?」

    鞠莉「ついさっき帰ってきたところよ、それで今からヘリに乗って家に帰るところよ♡」



    2: 名無しで叶える物語 2017/09/26(火) 19:30:38.65 ID:7Dlaa4Zr.net

    曜「そうなんだ~!
    せっかくだからさ、Aqoursの皆で飲みに行かない?
    ほら、善子ちゃん達も成人したし!」

    鞠莉「そうね~…いいかもね♪」

    曜「でしょ?」

    鞠莉「それもいいけど…折角だから2人っきりで飲まない?」

    曜「へ?」




    【曜(22)「鞠莉ちゃんをセフレにしたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1505296038/

    4: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 19:11:23.80 ID:3l3n7S1P.net

    鞠莉「じゃあまずは練習ね!マリーって呼んでみて♡」

    曜「ええっ!?」

    こういうパターンかと



    5: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 19:29:25.43 ID:3l3n7S1P.net

    鞠莉「この程度で挫けるようでは、千歌っち呼びは夢のまた夢」

    鞠莉「特訓よ、曜!」

    曜「はい、師匠!!」



    千歌「せめて私の居ないところで話せばいいのにね」モグモグ

    果南「まあ、部室狭いから」モグモグ

    善子「このクッキー美味しいわね」モグモグ




    【曜「私も千歌ちゃんのことちかっちって言いたい!!!」鞠莉「Oh~」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1503789952/

    1: 2017/08/27(日) 08:25:52.31 ID:BNKxT1M9.net

    曜「あのね、鞠莉ちゃん…今日も、いいかな…?」モジモジ

    鞠莉「ふふっ…いいよ。練習が終わったら理事長室に来て。準備しておくから♡」

    曜「いつもごめんね、大事な仕事場を使わせてもらって…」

    鞠莉「他にベストな場所もないからね。このことは誰にも知られたくない。特に千歌っちには…そうでしょ?」フフッ

    曜「うん…」

    鞠莉「なぁに、モジモジしちゃって。私には照れなくてもいいのに。いつまで経ってもウブなんですから♡」

    曜「えへへ…」



    3: 2017/08/27(日) 08:26:56.18 ID:3cKM3Oo1.net

    千歌「~♪」スタスタ

    千歌「おろ?あれは鞠莉さんと曜ちゃん?」

    曜「っ、じゃあ、また」ソソクサ

    鞠莉「ええ、後でね」ソソクサ

    千歌「ん~?」ハテ



    5: 2017/08/27(日) 08:28:40.12 ID:3cKM3Oo1.net

    理事長室

    曜「じゃあ、いくね…!」

    鞠莉「ええ、グッとね」

    曜「っ」グイ

    鞠莉「~♪」

    曜「――!!」クワッ


    曜「に゛か゛い゛…」ウヘー




    【曜「2人だけの放課後」鞠莉「マリーズ・リポート」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1498665297/

    1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/06/29(木) 00:54:57.05 ID:ylUAVwEN.net

    鞠莉「いただきまーす」

    曜「はい、召し上がれー」

    鞠莉「具沢山で付け合わせも豪勢ね、とっても美味しそう」パクッ

    曜「トマトとズッキーニが安かったから、夏カレーにしてみたんだ。どうかな?」

    鞠莉「うん、美味しい!やっぱり曜のカレーが一番ね」ニコ

    曜「へへ、良かった!」パクッ

    曜「うん。美味しくできてる」モグモグ

    鞠莉「ん、その発言、まさか味見しないで作ってるの?」

    曜「そんなわけないでしょ、味見は料理の基本だよ。なんて言うかね、味見と実食は違うんだよ」



    2: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/06/29(木) 00:56:54.25 ID:ylUAVwEN.net

    鞠莉「味見と違う?そんなことあるんだ」

    曜「うーん…上手く言葉には出来ないんだけどね。鞠莉ちゃんも料理すれば、この感覚をわかってもらえると思うよ」

    鞠莉「それはまた、別の機会に詳しく聞くとして」

    曜「あ、逃げた。お粥作りに失敗して、ショック受けて料理頑張るんじゃなかったの?」

    鞠莉「いいのよ、もう。私は食べる専門だって気づいたから」

    曜「思い出すなぁ。飛び散るおかゆ、時間が経って黒くなったりんご、うずくまる鞠莉ちゃん。いやぁ文字通り大惨事だったよね」



    3: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/06/29(木) 00:58:02.07 ID:ylUAVwEN.net

    鞠莉「苦い思い出は、余計なスパイスよ。せっかくのカレーが不味くなるっ」

    曜「あらら、カレーの評価を人質にとるなんて…ん、物だからモノジチ?」

    鞠莉「なんでもいいから、ほら、食べましょうよ。お代わりはある?」

    曜「あるよ、たっぷりつくったからね。福神漬けを買い忘れたのは迂闊だったけど…」ウーン

    鞠莉「ふふっ、いつもありがとう。洗い物は任せてね」

    曜「いいの?ありがとう、助かるよ!」

    鞠莉「料理出来ないかわりに、そのくらいはね?」

    曜(久々に鞠莉ちゃんの料理、食べてみたいんだけどなぁ)ムー




    【曜「巷に雨の降るごとく」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1498909395/

    1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/(6段) (ワッチョイ a21f-Mzm3 [133.202.213.95]) 2017/07/01(土) 20:43:15.88 ID:BLdYMcef0.net


    曜「……ただいま、鞠莉ちゃん。伝えて来たよ、全部」

    鞠莉「それで、向こうは……?」

    曜「……ダメ、だって」

    鞠莉「……ぇ」

    曜「もう好きな子がいるって、それに私のことはそういう風に、見れないから……って……っ」

    鞠莉「……そんな」

    曜「……っ、ぐ、ぐずっ……う!」

    鞠莉「曜……」

    曜「っ、ご、ごめんね……っ、ぐす、あんなに相談乗って貰って、励ましてくれて……なのに……!」

    鞠莉「そんなこといいの。 こんな時に私のことなんていいから……」ギュッ

    曜「ぅ、うう……ごめんね……」

    鞠莉「……謝らないで、私だって何もできなかったから……だから……」

    曜「……っ、つ……ごめん、ごめんねぇ……鞠莉ちゃぁん……っ」
    VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured



    2: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 431f-Mzm3 [133.202.213.95]) 2017/07/01(土) 20:44:23.89 ID:BLdYMcef0.net

     一週間後 鞠莉の部屋


    曜「おはよう、鞠莉ちゃん」

    鞠莉「いらっしゃい、また来たのね」

    曜「迷惑だったかな、ごめんね」

    鞠莉「そんなことないわよ、コーヒー淹れるから、席についてて?」

    曜「……うん、おじゃまします」

    鞠莉「砂糖とミルクもたっぷり入れてあげるから、ね?」



    3: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 431f-Mzm3 [133.202.213.95]) 2017/07/01(土) 20:45:42.62 ID:BLdYMcef0.net

    鞠莉「曜、今日も目の下にクマが凄いわよ。ちゃんと寝れてるの……?」

    曜「あ、あはは……衣装作りに苦戦しててね」

    鞠莉「嘘、やっぱりまだ……」

    曜「……ごめん、本当はまだ辛いや」

    鞠莉「あの後、ちゃんとお話とかはしてるの?」

    曜「これまで通り、特にケンカとかしてないよ。友達なのもこれまで通りだけどね」

    曜「……ずっと、ずっとずっと好きだったのにさぁ……」

    曜「フラレて、いっぱい泣いて、鞠莉ちゃんも慰めてくれて。もう諦めたことなのに、やっぱり……苦しいよ……胸の奥に穴が空いたみたい……」

    曜「……ぅ、う…………」

    鞠莉「……」



    4: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 431f-Mzm3 [133.202.213.95]) 2017/07/01(土) 20:46:57.47 ID:BLdYMcef0.net

    鞠莉(これまでは、曜が両思いになるための作戦会議とか、成果報告とかのために家に来てたのに)

    鞠莉(振られてからは他に当てもなくフラフラと私の所に来るようになった)

    鞠莉(曜ってば、毎日暗い顔して、泣き続けて、こんなに傷付いて。もう、見てられない)

    鞠莉(……私は、曜のことが)

    鞠莉(……私が)

    鞠莉「……ねえ、曜」

    曜「……ぐずっ……鞠莉、ちゃ……?」

     チュッ

    鞠莉「……ん、っ」

    曜「ん、ぅん……!?」

    鞠莉「っ、う……ぷは、っ」

    鞠莉「……ごめんね、曜。 私が曜にしてあげられることなんて、こんなことしか思い付かないの」ギュッ

    鞠莉「こうして、他人の体温を感じると、少しはマシな気分になれるはずだから」

    曜「え、……え?」

    鞠莉「……嫌なら、振り払って」

    曜「…………」


     ギュッ

    鞠莉「……曜」

    曜「鞠莉ちゃん、あったかい……」




    【鞠莉「こんなことしかできないから……」】の続きを読む

    このページのトップヘ