大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!サンシャイン!!SS > ちかりこよう

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1540656572/

    1: 名無しで叶える物語(家) 2018/10/28(日) 01:09:32.32 ID:KsOgmQ7Y

    ~マクドナルドにて~

    千歌「ラブライブにエントリーするときにさ、提出求められたじゃない。プロフィール」モグモグ

    曜「ああ、そういえば書いたねぇ」

    千歌「スリーサイズとかさ、セクハラじゃない?と思ったけど。それはさておきとして」モグモグ

    曜「さておきとして?」

    千歌「気に入らないんだよねぇ~」モグモグ

    曜「……なにが?」

    千歌「ところどころが……」

    曜「分かんないなあ」

    千歌「例えばダイヤさんのプロフィールなんだけど」



    3: 名無しで叶える物語(家) 2018/10/28(日) 01:13:34.06 ID:KsOgmQ7Y

    千歌「嫌いな食べ物がさ、グラタンとハンバーグらしいんだよね」

    曜「へー、そういえばそうだっけ」

    千歌「どう思う……?」

    曜「どうって……」

    千歌「グラタンは分かるよ。嫌いな人もいるだろうなって」

    曜「まあクリームっぽい感じ?が嫌なのかもね?」

    千歌「問題は次だよ!これ!ハ ン バ ー グ ! ? なぜ!?」

    曜「えっ」

    千歌「嫌いな食べ物になぜハンバーグ!?千歌初めてそんな人見た!」

    曜「まあ、好き嫌いだし……」

    千歌「だって数多くの料理の中でハンバーグだよ!?」



    4: 名無しで叶える物語(家) 2018/10/28(日) 01:17:20.68 ID:KsOgmQ7Y

    曜「いいじゃん別に……」

    千歌「ハンバーグって!なんならグラタンも何故だよ!ホワイだよ!」

    曜「えっ、さっきグラタンは分かるって……」

    千歌「数多くの料理が存在するこの世の中で!グラタンとハンバーグをピンポイントで挙げる!……理解できない!千歌はやだ!」

    曜「えぇ……」

    千歌「じゃあ逆に聞きたいんだけどダイヤさんはグラタンとハンバーグ以外の食べ物は嫌いじゃないと。嫌いだったとしてもグラタンとハンバーグ程じゃないと。その2つが群を抜いて嫌いだからわざわざ挙げたんだよね?」

    曜「そうなるのかな……?」

    千歌「ざざむしの佃煮もハンバーグよりはマシなんだ。へー」

    曜「ざ、ざざむし」



    5: 名無しで叶える物語(家) 2018/10/28(日) 01:20:49.56 ID:KsOgmQ7Y

    千歌「ダイヤさんってざざむしの佃煮はバクバクドカドカ食べるんだね。育ちがいいみたいな顔してとんだ野生児がいたもんだぁ」

    曜「……でもそれなら千歌ちゃんだって」

    千歌「なに?」

    曜「ざざむしは書いてないよね?確か千歌ちゃんの嫌いな食べ物はコーヒーとしおから……」

    千歌「……!……千歌は分かるじゃん」

    曜「え?」

    千歌「だってコーヒーとしおからって普通じゃん。嫌いな食べ物によく名前が挙がる常連みたいなもんじゃん」

    曜「???」

    千歌「でもダイヤさんは変なこと書くからざざむしとかいう話になる訳じゃん!」

    曜(か、勝手すぎる……)




    【千歌「皆のプロフィールが気に入らないんだよね」曜「!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1539847495/

    1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/18(木) 16:24:55.71 ID:V8/3EpX0

    曜「入って入って~」

    千歌「おじゃましまーす」

    梨子「お邪魔します」

    千歌「あれ? 珍しくよーちゃんの部屋綺麗だね」

    曜「まあ流石に梨子ちゃんが来るってなるとねぇ」

    梨子「そんな、気にしなくても良いのに」



    2: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/18(木) 16:25:23.03 ID:V8/3EpX0

    曜「私が気にするのー」

    千歌「変なところで女の子だよね」

    曜「変なところ言うなし」

    梨子「曜ちゃんのお部屋ってランニングマシーンとかあるのかと思ってた」

    曜「そんなのいらないよ、走りたかったら外走れば良いんだし」

    梨子「それもそっか」



    3: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/18(木) 16:25:50.14 ID:V8/3EpX0

    千歌「あっ! 昨日出た新刊買ってるじゃん!」

    曜「いやー、やっぱり沼津だと新刊出たらすぐ買いに行けるからありがたいよね」

    千歌「チカも読もっと」

    梨子「その漫画面白いの?」

    曜「すっごく面白いよ!」

    千歌「そこの本棚に1巻からあるから梨子ちゃんも読んでみて!」

    曜「それ私のなんだけど」




    【梨子「漫画読んでたら絶対ネタバレしてくる人がいる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1537946905/

    1: 名無しで叶える物語(家) 2018/09/26(水) 16:28:25.63 ID:Z686GbYP

    千歌「り、梨子ちゃんっ」

    梨子「千歌ちゃん! どうしたの? 体育館裏に呼び出しなんて……」

    千歌「あ、あのねっ。その、えっと……」

    千歌「こ、これっ、受け取ってくださいっ!///」サッ

    梨子「わあっ! 手紙? ありがとう!」

    千歌「……その……」

    梨子「ん、どうしたの?」

    千歌「て、手紙を渡しておいてアレだけど……で、出来れば、今開けてほしいなって///」

    千歌「それで、その……中を、読んでほしいっていうか……」

    梨子「……わかったよ、千歌ちゃんがそういうなら」ニコッ

    千歌「あ、ありがとっ」

    梨子(えーっと、封を切って……中身中身)パサッ

    梨子(……一文だけ、英語で書いてあるこれは……)


    梨子(「I love you.」……つまり……)



    2: 名無しで叶える物語(家) 2018/09/26(水) 16:29:16.98 ID:Z686GbYP

    梨子(……えっ、千歌ちゃんって曜ちゃんが好きだったの!?)

    梨子(いや、いやいや……で、でも、ここに明らかに「I love 曜.」って書いてあるんだけど)

    梨子(えっ、この状況謎過ぎない? なんで千歌ちゃんが私に曜ちゃんへの好意を伝えてるの?)

    梨子(無理やり、無理やりそれはわかるとする……いや、わからないけど)

    梨子(わかったとして、なんでこんな大げさな舞台設定に? わざわざ体育館裏呼び出しとか……手紙の一文とか)

    梨子(「曜ちゃんとの恋愛の相談に乗ってほしい」的な意味なら、二人でいる時とか、家で通話で良くない?)

    梨子(ダブルで難解……ダブなん……)

    千歌「……む~!///」

    梨子「ひゃっ!?」ビクッ

    千歌「わっ、ご、ごめん!」

    千歌「でも、そうやってまじまじ読まれても……そ、その……へ、返事が、欲しいな……///」モジモジ

    梨子(いや、返事と言われても何を返事すれば良いのかさっぱりなんだけど)

    梨子(そもそも何一つ理解できてないし。でも千歌ちゃんは返事を求めるし)



    3: 名無しで叶える物語(家) 2018/09/26(水) 16:29:42.73 ID:Z686GbYP

    梨子(……と、とりあえず返事ね、えーっと……)

    梨子「あー……う、うん、いいと思う!」

    千歌「……へ?」キョトン

    梨子(えっ、なんでピンと来ないみたいな顔を? ピンとくる返事が不可能だと思うんだけど)

    千歌「え……えーっと、その……OKかNOで答えてほしいなーって」

    梨子「え、えぇ……そ、それは勿論(曜ちゃんと千歌ちゃんの恋愛は)OK(だと思う)よ!」

    千歌「えっ、いいの!?」

    梨子「もちろんよ、だって(曜ちゃんと千歌ちゃんは)お似合いだと思うもん」

    千歌「え、(チカと梨子ちゃんが)お似合い?」

    梨子「うんっ、だって(曜ちゃんと千歌ちゃん)いっつも一緒にいるし……」

    千歌「い、いや、それ(チカと梨子ちゃん)はそう(一緒にいることが多い)だけど……」

    梨子「私ね、いっつも思ってたんだ」

    梨子「――(曜ちゃんと千歌ちゃんの)二人がいつか、結ばれたらな……って」ファサッ




    【梨子「『I love you.』の意味」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1516362040/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/01/19(金) 20:40:40.39 ID:q0fC7s63

    (*> ᴗ •*)ゞ「乱暴はしないよね?」

    从/*^ヮ^§从「(*> ᴗ •*)ゞちゃんを虐めるために縛り付けたワケじゃないよ!」

    メイ*,> _ <,リ「これから幾つか質問するから、それに答えてくれたら、解いてあげるね」

    (*> ᴗ •*)ゞ「なんだか、嫌な予感がする」



    5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/01/19(金) 20:44:59.22 ID:q0fC7s63

    从/*^ヮ^§从((*> ᴗ •*)ゞちゃんをイスに縛り付けた理由はただ一つ)

    メイ*,> _ <,リ((*> ᴗ •*)ゞちゃんは、会話の最後にヨーソローって言って勢いで誤魔化そうとする時があるんだよね)

    从/*^ヮ^§从(だから、右手を封じることで敬礼出来ない状況にすれば)

    メイ*,> _ <,リ(どんな質問に対しても、勢いで誤魔化されないと思ったんだけど)

    メイ*,> _ <,リ(これって、右手だけ縛れば良かったんじゃ...)

    从/*^ヮ^§从(細かいことは気にしない!)

    メイ*,> _ <,リ(えぇ...? いいのかな)



    7: 名無しで叶える物語(庭) 2018/01/19(金) 20:46:53.38 ID:6xdzldhs

    こいつら、脳内で…!




    【(*> ᴗ •*)ゞ「なんで私はイスに縛り付けられてるのかな」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1533397638/

    1: ◆IWPMrAlWUs 2018/08/05(日) 00:47:18.89 ID:UArWksXN0


    今までもssは書いてきたけど、ここで書くのは始めてだからこのスレの空気に合わなかったら申し訳ない。
    一瞬で読み終えるようなサイズだけど勘弁してくれい。
    もう書き切ってるから一気に放出します






    2: ◆IWPMrAlWUs 2018/08/05(日) 00:54:07.00 ID:UArWksXN0

    千歌「ノーブラ(ンドガールズ)っていいよね」

    梨子「分かる。ノーブラ(ジャー)は最高だわ」



    3: ◆IWPMrAlWUs 2018/08/05(日) 00:55:01.06 ID:UArWksXN0

    千歌「こんな近くにファンがいたとは嬉しいよ。流石、(μ’sがいた)音の木坂出身だね」

    梨子「ふふっ、(レズの巣窟)音の木坂出身なら当たり前よ」

    千歌「やっぱりね、あんなに燃えるものもないと思うの」

    梨子「ええ。あれは一位二位を争うレベルで萌えると断言してもいいわ」

    ちかりこ「Oh Yeah!ってね」

    ちかりこ「アハハハハww」



    4: ◆IWPMrAlWUs 2018/08/05(日) 00:56:31.61 ID:UArWksXN0

    梨子「そうそう、ノーブラといえば雨の日のことは外せないわよね」

    千歌「どうしてもその話になっちゃうけど、本当に衝撃的だったよ。あれは確か5年前のμ’sのライブだったっけ」

    梨子「あら、千歌ちゃんもそこにいたの?本当に奇跡ね。千歌ちゃんはその時はまだμ’sは知らなかったはずだから(たまたま近くにいた美少女の透けブラなんて)見てるはずがないと思ったのだけど」

    千歌「ううん、私はμ’sのPVで始めて見たの。心の底から生で見たいとは思ったよ」

    梨子「ふふっ、まだまだね」(千歌ちゃんがそんな細かいところまで注視しているとは思わなかったわ。意外なところに強者がいるとは…)



    5: ◆IWPMrAlWUs 2018/08/05(日) 00:57:17.02 ID:UArWksXN0

    千歌「最初から何処かおかしかったんだよ。でもね、ライブ中に誰も気付かなかったのがほんとにもう…」

    梨子「それはしょうがないんじゃないかな?」(普通モブの胸なんて見てないし)

    千歌「まあ、そこでめっちゃ動くでしょ。それでもまだ気付かなくて…今だから分かることでもあるけどね。」

    梨子「そうね。ユッサユッサ揺れていたけど、誰も気付かなかったよね。」





    【千歌「ノーブラっていいよね」 梨子「分かる。ノーブラは最高だわ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1532350049/

    1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/23(月) 21:47:29.02 ID:F/WrodLr

    曜「pixiv...?ssまとめ...?なにこれ?」


    梨子「帰ってから読んでね。私は何も言ってない、何も布教してないから。曜ちゃんが勝手に調べただけだから。バイバイ」シップウダッシュ!



    深夜3時


    曜「えっっっっもっっっっ、なにこれ尊すぎる、やばい、ようちかすごい、やばい」



    4: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2018/07/23(月) 21:53:22.45 ID:9wp/mIFK

    ようちかは初心者入門編スターターキットだから



    6: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/23(月) 22:02:39.58 ID:F/WrodLr

    初5chでスマホでやってたらエラー発生したんでPCでやるわすまん


    千歌「おはよー!」

    ビックゥ
    曜「お、おはよーそろ。」

    千歌「うっわどうしたの曜ちゃん。なんか疲れてない?というか寝てない?」

    曜「夜更かししちゃって…」

    千歌「もー、だめだよちゃんと寝なきゃ。」

    梨子「曜ちゃんにしては珍しいね。」

    曜「誰のせいだと…」

    千歌「?」

    曜「なんでもない!」

    梨子「ktkr」



    8: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/23(月) 22:06:24.83 ID:F/WrodLr

    千歌「学校に着くまでまだ時間かかるしちょっとでも寝ておいたら?」


    曜「!?」
    曜(こ、これは…!ssの定番、膝枕では!?寝不足な私に膝を差し出して寝ていいよ?とコテンと首をかしげながら聞いてくる千歌ちゃんの流れでは!?!?!?)

    曜「じゃ、じゃあねようかなー?」

    千歌「うん、そうしなよ。」

    曜「…」

    千歌「…?どうしたの?」


    曜「…なんでもない。おやすみ。」
    窓にもたれかかって寝始める。

    梨子「…wwwwww」




    【曜「ようちかって?」梨子「ggr」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1525959721/

    1: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2018/05/10(木) 22:42:01.80 ID:xLpvp7cA

    梨子「ち、千歌ちゃん?」

    千歌「おちんちんびろーん」

    梨子「だめよ、女の子がそんなこと言っちゃ…」

    千歌「おちんちんびろーん」

    梨子「どうしたの急に…変よ?」

    曜「」ガラッ

    梨子「曜ちゃん、千歌ちゃんがなんかおかしくなって…」

    曜「おちんちんびろーん」

    梨子「!」



    3: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2018/05/10(木) 22:45:04.73 ID:xLpvp7cA

    千歌「おちんちんびろーん」

    曜「おちんちんびろーん」

    梨子「え?え?」

    千歌「あのね梨子ちゃん」

    梨子「ん?え?」

    千歌「おちんちんびろーん」

    梨子「あ…もしかして…」

    千歌「おちんちんびろーん」

    梨子「……わたしも言えってこと?」

    千歌「おちん」コクン

    曜「びろん」コクン 👀
    Rock54: Caution(BBR-MD5:1341adc37120578f18dba9451e6c8c3b)



    5: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2018/05/10(木) 22:48:05.99 ID:xLpvp7cA

    梨子「いやよ!言いたくないわよ!」

    千歌「おちん……」ショボン

    梨子「う……」

    曜「りこんちん」

    梨子「え?わたし?」

    曜「ちかんちん」

    梨子「えっと、千歌ちゃんのこと?」

    曜「りこんちん、びろびろ、ちかんちん」

    梨子「いや何言ってるのかわかんないから」




    【千歌「おち○ちんびろーん」梨子「!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1523939737/

    4: 名無しで叶える物語(茸) 2018/04/17(火) 13:51:01.43 ID:3HJF2s6e

    高校を卒業したのは3年前のことだ。

    沼津にある大学に入学してからは、留年しないように勉強に励み、サークル活動に打ち込んで、アルバイトをこなしつつ、たまに地元のボランティアにも参加なんてしてたらあっという間に月日が経ってしまった。

    地元からの知人が多かったことに加えてAquorsの知名度も相まって、友人に囲まれた賑やかな学生生活を送ることができたとは思う。


    だけどそこに彼女は居なかった。


    高校生活の2年間、いつも一緒に時間を過ごした、あの悪友は私の隣には居なかった。



    5: 名無しで叶える物語(茸) 2018/04/17(火) 14:03:17.55 ID:3HJF2s6e

    千歌「ねぇ、よーちゃん」

    曜「ん?どうしたの千歌ちゃん」

    春休みが明けて前期日程が始まり、私は千歌ちゃんと一緒に大学の食堂でたむろしていた。

    千歌「どうしよおぅぅ、このままじゃ卒業できないよおおぅぅ」

    曜「単位、まだ足りてないの?」

    千歌「やばいようぅ、もう皆は取り終えてるってのにぃぃ」

    千歌ちゃんを悩ませているのは大学の授業の単位数た。
    卒業の条件としての最低単位数に未だ到達できておらず、前期どころか後期も授業を取らなければいけない危機的状況らしい。

    曜「でもほとんど私と同じ授業取ってきたじゃん。一緒に勉強したこともあったし」

    千歌「よーちゃんは取れててもチカが取れてないやつなんて沢山あるもん」

    あるもん、じゃないよ。可愛いな。



    7: 名無しで叶える物語(茸) 2018/04/17(火) 14:27:23.26 ID:3HJF2s6e

    千歌「留年だけは絶対絶対ゼッタイ避けなきゃいけないんだよぉ……」

    曜「……まあ、単位が足りてないからまたもう1年やり直しって言うのはねぇ」

    千歌「つらいのだ……」

    曜「でもね千歌ちゃん、言っちゃ何だけど半分は自業自得だからね。同じ授業受けようね!って約束したのに途中から来なくなったり、せっかくプリント用意してたのにレポート書くのサボったり、思い当たる節あるからね」

    千歌「しょーがないじゃん、大学生だもん」

    曜「大学生とは」

    千歌「あーあ、なんで卒業しなきゃいけないんだろ。ずっと大学生でいたいなあ」

    曜「千歌ちゃんそれ高校3年生のときも言ってたよね?ずっと高校生でいたいって」

    千歌「チカは初志貫徹なのだ」

    曜「頭良さげな言葉使ってるけど根っからのサボり魔ってことだからね」

    千歌「でもよーちゃんも高校のとき思わなかった?いつまでもこうしてたいなーとか、卒業なんかしたくないなーって」

    曜「そりゃまあ、思ったよ」

    千歌「ずっとこうして3人で居られたらいいのなぁって」

    それは、どうだろうね。



    9: 名無しで叶える物語(茸) 2018/04/17(火) 14:44:23.80 ID:3HJF2s6e

    私の高校生活は、中学生時代の私からすれば想像がつかないほどに、そして大学時代の私からしても絵空事に聞こえるように、劇的なものだった。

    劇的で、刺激的で、衝撃的で。

    千歌ちゃんと一緒に何かが出来たらそれでいいや、なんて考えていた一年生時代が空虚に思えるほど、私を人生を狂わせることになるイベントが起きた。

    イベントというよりはアクシデントというべきか。
    言ってしまえば不慮の事故みたいなもんなんだけど。

    二年生の春に、私は彼女に出遭った。

    同じ人に惹かれ導かれ、同じ人を愛することになり、同じ人の夢の為に共に走った、そんな鏡写しに遭遇した。

    その恋敵―――桜内梨子は、ピアニストという夢をぶら下げながら内浦を離れていった。




    【梨子「大人になろうよ」曜「オトナ?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1524480156/

    1: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/04/23(月) 19:42:36.93 ID:cwkvX3J5

    千歌「うぐっ……。ひっく……」グスグス

    梨子「っ! 千歌ちゃんどうしたの!?」

    曜「誰かが千歌ちゃんが寝てる間に千歌ちゃんの服を脱がせて落書きしたの!」

    千歌「服もどこにもなくて、ぐすっ……」

    梨子「そんな、ひどい……!」

    曜「くっ、誰がこんなことを……!」ググッ



    5: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/04/23(月) 19:45:42.96 ID:cwkvX3J5

    梨子「曜ちゃん、その強く握りしめてるマジックは?」

    曜「あー、これは千歌ちゃんが寝てる間に落書きした時に使ったやつ」

    千歌「えっ」

    梨子「そっか、じゃあこの件とは関係ないね」

    千歌「えっ!?」



    7: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/04/23(月) 19:48:51.86 ID:cwkvX3J5

    千歌「曜ちゃんじゃん! 犯人!」

    曜「えっ、私じゃないよ!?」アセアセ

    梨子「そうよ、曜ちゃんは寝てる千歌ちゃんの身体に落書きしただけよ」

    梨子「千歌ちゃんが寝てる間に身体に落書きされた件とは関係ないと思うな」

    千歌「関係なくないよ! それ同じ件だよ!」



    8: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/04/23(月) 19:50:06.39 ID:CMZA5wrP

    梨子ちゃんもグル




    【曜「千歌ちゃんが寝てるし身体に落書きしよう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1520778096/

    1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/11(日) 23:21:36.99 ID:+Bd3HJUu

    千歌「…」

    梨子「ねぇ千歌ちゃん」

    千歌「…」

    梨子「千歌ちゃん?」

    千歌「…」

    梨子「千歌ちゃん!」

    千歌「…あ、梨子ちゃんいたの?」

    梨子「さっきからずっと話しかけてるんだけど…」

    千歌「そうだったの?ごめんごめん、ちょっと考え事しててね」

    梨子「考え事?何考えていたの?」



    2: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/11(日) 23:26:46.20 ID:+Bd3HJUu

    千歌「ちょっと恐竜のことについて考えてたんだけどね」

    梨子「恐竜のことを?なんで?」

    千歌「あのね、新しく見つかった恐竜には見つけた人の名前がつけられることもあるんだ」

    梨子「それで?」

    千歌「いやー、私も恐竜の化石でも見つければ普通じゃなくなるんじゃないかとおもってさー…」

    梨子「…」

    千歌「もしつけるならどんな名前がいいかなーってね」

    梨子「…そんなことを考えていたの?」

    千歌「あはは…」

    梨子「それよりも新しい歌詞はもう出来たの?」

    千歌「あ…」

    梨子「…」

    千歌「ごめんなさーい!」



    3: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/11(日) 23:30:52.27 ID:+Bd3HJUu

    (・8・)ホーホー

    曜「そんなことがあったんだね…」

    梨子『まぁ歌詞を考えてくれるなら全然構わないんだけどね…』

    曜「恐竜かー…私達が小学生の頃はドラえもんの恐竜映画がやってたし、恐竜のゲームも流行ってたっけ?」

    梨子『それと最近有名な恐竜映画の四作目もやっていたし幼稚園の頃は恐竜の戦隊ものもやってたわね』

    曜「ははは…じゃあ梨子ちゃん、また明日学校でね!おやすみなさーい」

    梨子『おやすみなさい曜ちゃん』

    曜「…」

    曜「もしも恐竜が生き残っていたらどうなってたのかな…」




    【曜「恐竜時代にタイムスリップしちゃったよ」】の続きを読む

    このページのトップヘ