大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!サンシャイン!!SS > ダイかなまり

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1531725095/

    1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/16(月) 16:11:35.24 ID:odh1BxaA

    部室

    ダイヤ「あら、そうでしたっけ」

    鞠莉「こっちに戻って来てからまだ一度も」

    ダイヤ「なるほど……それで」

    果南「今日なんかあるの?」

    ダイヤ「ええ。お父様と小原家で少しばかりお話があって」

    果南「ふーん」

    ルビィ「お父さんも楽しみにしてたよ。ようやく娘三人と食事ができるって」

    善子「娘扱いなんて随分気に入られてるのね」

    ルビィ「うん! だって鞠莉ちゃんはお姉ちゃんと将来――」

    ダイヤ「ルビィ」



    4: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/16(月) 16:15:30.72 ID:odh1BxaA

    ルビィ「あ」

    ダイヤ「帰りますよ」

    ルビィ「うん」

    ダイヤ「鞠莉さんも」

    鞠莉「ゴーホーム♪」

    スタスタ…

    果南「ちょっと待って」

    ダイヤ「……」



    6: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/16(月) 16:19:10.70 ID:odh1BxaA

    果南「ルビィ、鞠莉とダイヤの将来が何なの?」

    ダイヤ「同じ家の跡継ぎとして将来協力し合う。それだけですわ」

    果南「いや、ルビィに聞いてるんだけど」

    ダイヤ「ルビィの代わりに答えたまでです。姉ですから。ね、ルビィ?」

    ルビィ「え、果南ちゃん聞いてないの?」

    果南「え」

    ダイヤ「ルビィィィィィイイイイ!!」



    8: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/16(月) 16:23:51.22 ID:odh1BxaA

    果南「聞いてないってどういうことなのダイヤ」

    ダイヤ「いや、その」

    果南「私にだけ隠してることあるの?」

    ダイヤ「別に隠してたわけじゃないんですよ?」

    果南「じゃあ教えてよ」

    ダイヤ「……ですから、黒澤家と小原家の……ビジネスの話なので果南さんが聞いても」

    ルビィ「果南ちゃん可哀想……」

    果南「え」

    ダイヤ「ルゥゥゥビィィィィィイイイイ!!」




    【鞠莉「ダイヤのお父さんに会うの久々ね~」ルビィ「……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1516120792/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/01/17(水) 01:39:52.99 ID:nh2XEgWW

    |c||^.- ^||「乱暴はやめなさい!」

    ノξソ>ω<ハ6 「別に|c||^.- ^||を虐めるために縛り付けたわけじゃないわ」

    ∫∫( c||^ヮ^||「そうそう。これからいくつか質問に答えて貰えればすぐに解放してあげるよ」

    |c||^.- ^||「嫌な予感しかしませんわ...」



    3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/01/17(水) 01:40:59.88 ID:nh2XEgWW

    ノξソ>ω<ハ6 (|c||^.- ^||をイスに縛り付けた理由はただ一つ☆)

    ∫∫( c||^ヮ^||(|c||^.- ^||は、話を誤魔化そうとする時に口元のホクロを掻く癖があるんだよね)

    ノξソ>ω<ハ6 (だから、ホクロを掻けない状況にすれば)

    ∫∫( c||^ヮ^||(どんな質問に対しても、誤魔化さずに答えてくれるんじゃないかって考えたワケ)



    5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/01/17(水) 01:41:58.54 ID:nh2XEgWW

    ∫∫( c||^ヮ^||「|c||^.- ^||は今、好きな人いる?」

    |c||^.- ^||「え!?」

    ノξソ>ω<ハ6 「ちゃんと答えてよ」

    |c||^.- ^||「い、いますわ...。お慕い申している方が、います」



    6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/01/17(水) 01:43:12.36 ID:nh2XEgWW

    ノξソ>ω<ハ6 (答えてくれた!)

    ∫∫( c||^ヮ^||(ということは、一応効果がありそうだね)

    ノξソ>ω<ハ6 (普段なら絶対答えてくれないものね!)




    【|c||^.- ^||「何故わたくしをイスに縛り付けるのですか!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525964479/

    1: ◆Tn3qm05sjE 2018/05/11(金) 00:01:19.39 ID:pbMcVVqn0

    ガラガラッ

    ダイヤ「おはようござぃ…」

    鞠莉「もぅっ!果南のわからず屋!」

    果南「鞠莉こそ何度言ってもわかってくれないじゃん!」

    ダイヤ「ちょっ、一体何があったんです?」

    鞠莉「あ、聞いてよダイヤ!果南が頑固なの」

    果南「それは鞠莉だって一緒でしょ」

    ダイヤ「け、喧嘩はやめてください!」






    2: ◆Tn3qm05sjE 2018/05/11(金) 00:01:54.31 ID:pbMcVVqn0

    ダイヤ「とにかく喧嘩の理由を聞かせてください」

    果南「いいよ、説明したうえでどっちが正しいかダイヤに決めてもらおうか」

    鞠莉「望むところよ、それじゃ早速話すけど…」


    ~~(回想始まり)~~

    果南『それにしても"ようりこ"はいいよね』

    鞠莉『まぁそれもいいけど"りこよう"の方がいいに決まってるでしょ?』

    果南『え?それは無いわー』

    鞠莉『は?』

    果南『は?』

    ~~(回想終わり)~~



    3: ◆Tn3qm05sjE 2018/05/11(金) 00:02:34.00 ID:pbMcVVqn0

    ダイヤ(くっだらねぇですわ!!)

    果南「ダイヤも"ようりこ"派だよね?」

    鞠莉「いいえ、"りこよう"派よね?」

    果南「何言ってるのさ、曜がヘタレながらも一生懸命にやってる感じが伝わってそれで梨子ちゃんをキュンキュンさせるのがいいんじゃん!」

    鞠莉「果南こそ解ってないわね、曜のヘタレっぷりに業を煮やした梨子が攻めるのがいいのよ!」

    果南「いやいや、梨子ちゃんは漫画版を見る限り受けの方が似合うじゃん」

    鞠莉「アニメ版の梨子なら攻めの方がいいわ」

    ダイヤ「とても本人たちには聞かせられませんわ…」




    【ダイヤ「け、喧嘩はやめてください!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1472021464/

    1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/08/24(水) 15:51:04.91 ID:806dNAPT.net

    ダイヤ
    (生徒会長たる者、常に生徒の悩みに耳を傾け、適切な助言ができるように努めるべきです)

    ダイヤ
    (そう、たとえその生徒が)

    鞠莉
    「ダイヤ、いるー? いるよね、おじゃましまーす」

    ダイヤ
    (理事長であったとしても)

    鞠莉
    「シャイニー☆」

    ダイヤ
    「シャイニー☆」



    2: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/08/24(水) 15:52:01.15 ID:806dNAPT.net

    鞠莉
    「うえーん、ダイヤー」

    ダイヤ
    「どうしたのですか、鞠莉さん」

    鞠莉
    「ちょっと私のプライベートなナヤミゴトを聞いてくれる?」

    ダイヤ
    「ふふふ、何でも聞きますよ。私でよければ」

    鞠莉
    「きゃー、ダイヤ大好きよ! ぎゅー!」

    ダイヤ
    「ちょっと鞠莉さん、生徒会室でいきなり抱きつかないでください! 人が来たら大変なことになっちゃいますよ!」



    3: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/08/24(水) 15:52:28.11 ID:806dNAPT.net

    鞠莉
    「人が来なければいいの?」

    ダイヤ
    「そういう問題ではありません」

    鞠莉
    「じゃあもっとハグする」

    ダイヤ
    「ハグもいいですけど、今問題になってるのはあなたの悩みでしょ」

    鞠莉
    「そうそう、まさに私が悩んでるのは、なかなか思いどおりにハグできないということなんだけど……」

    ダイヤ
    「どの口が言っているのですか」




    【ダイヤさんと一緒に引力について学ぶSS】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504616067/

    1: ◆8TImjtGSKs 2017/09/05(火) 21:54:27.53 ID:0nyyHNw6O

    ────とある土曜日の夜。


    鞠莉「さて、そろそろ寝ましょうか」

    ドンドンドン

    「ま~り~……」

    鞠莉「What!? ……って、果南じゃない。おどかさないでよ」

    果南「──して」

    鞠莉「?」

    果南「鞠莉ん家のトイレ貸して!」






    2: ◆8TImjtGSKs 2017/09/05(火) 21:55:00.88 ID:0nyyHNw6O

    ジャー

    果南「良かった……乙女の尊厳は守られた……」

    鞠莉「何があったの。Restroomなら果南の家にもある筈でしょ?」

    果南「そうなんだけどね。でも、しばらくあのトイレは使いたくないというか……」

    鞠莉「詰まったの?」

    果南「それだったらどれだけ良かったか……いやそれはそれで良くないけど」

    鞠莉「詰まったワケじゃないか……あ」ピーン

    鞠莉「もしかして、ゴキブリでも出た?」

    果南「うん、出た。しかも2匹」

    鞠莉「Oh……(マジか)」



    3: ◆8TImjtGSKs 2017/09/05(火) 21:55:57.05 ID:0nyyHNw6O

    果南「父さんも母さんも、来週まで用事で家にいなくてさ……。もう無理、私あの家に帰れない……」

    鞠莉「そんな、この世の終わりみたいな顔しなくたって」

    果南「終わりだよ! この休み中に倉庫の片づけ引き受けちゃったの!」

    鞠莉「あー……だったら、ゴキジェットでもなんでも使えばいいじゃない」

    果南「その死体の処理は誰がするの?」

    鞠莉「……確かに」

    果南「確かにじゃなくて! 前にお風呂に出た時だって……」




    【果南「“G”線上のシンデレラ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519464998/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 18:36:39.05 ID:/+hpBmw+0

    曲からssへシリーズ2つ目です





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 18:37:38.11 ID:/+hpBmw+0

    『―――ヤ,どこにいったの?―――ヤ!』

    ―――
    ――――――
    ―――――――――
    ――――――――――――



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 18:38:35.24 ID:/+hpBmw+0

    パチッ

    ダイヤ「……またあの夢ですか」

    ダイヤ(ここ数日,おかしな夢を見るようになりました)

    ダイヤ(誰かに呼ばれているような……そんな夢です)

    ダイヤ「気にしてもしょうがないですわね,もう起きないと」パタン



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 18:39:34.16 ID:/+hpBmw+0

    ルビィ「あ,お姉ちゃん!おはよう!」

    ダイヤ「おはよう,ルビィ.お母様もおはようございます」

    黒澤母「おはようございます.朝ご飯の準備ができてますよ」

    ダイヤ「ありがとうございます.いただきます」

    ルビィ「お姉ちゃん,なんか薄っすら隈ができてるけど大丈夫?」

    ダイヤ「ええ大丈夫です.ただ,最近少し変な夢を見るようになったもので」



    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/24(土) 18:40:31.03 ID:/+hpBmw+0

    ルビィ「変な夢?どんな夢なの?」

    ダイヤ「……なんてことのない夢です」

    ルビィ「ふーん……まあいいや!お姉ちゃん早く行こ!」

    ダイヤ「そうですね,このままでは遅刻してしまいます」

    ルビィ「お母さん行ってきます!」

    ダイヤ「行ってきます,お母様」

    黒澤母「いってらっしゃい.気をつけて」




    【ダイヤ「GALAXY HiKE and Seed」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1516375151/

    1: 名無しで叶える物語(家) 2018/01/20(土) 00:19:11.40 ID:MuUdGWWT

    かなん「だーいーやーちゃーん」

    まり「あーそーぼー」

    だいや「」カラカラカラ


    かなまり「だいや、あけましておめでとう!」

    だいや「…あけましておめでとうございます」

    かなまり「それとたんじょうびおめでとう♪」

    だいや「あ、ありがとうございます。…あの…」



    2: 名無しで叶える物語(家) 2018/01/20(土) 00:19:55.43 ID:MuUdGWWT

    ダイヤ母「あら、お友達ですか?」

    だいや「あっ…!すみませんおかあさま、すぐに…」

    ダイヤ母「……」


    ダイヤ母「…ダイヤさん、皆さんがお見えになるまでにはまだ少し時間があります」

    だいや「? はい」

    ダイヤ母「ですから、それまでは自由にしていても構いませんよ」

    だいや「は、はい!ありがとうございます!」パァァ



    3: 名無しで叶える物語(家) 2018/01/20(土) 00:20:59.32 ID:MuUdGWWT

    まり「なにしてあそぶ?」

    かなん「せっかくだからそといこうよ」

    だいや「えっと…」チラッ

    ダイヤ母「そういえば昨日、お爺様が色々と玩具を用意していたみたいですよ?」

    だいや「いってきます!」タッタッタッ


    ダイヤ母「ふふっ」

    かなん「おばさん、ありがとう」

    ダイヤ母「いいえ、うちのダイヤをよろしくね」ニコッ

    まり「まっかせといて!ぜったいにハッピーなたんじょうびにしてあげるんだから♪」ブイッ



    5: 名無しで叶える物語(家) 2018/01/20(土) 00:22:16.70 ID:MuUdGWWT

    だいや「――お、おまたせしました!」ハァハァ

    かなん「なにがあるの?」

    だいや「ええと…たこあげ、はねつき、こままわしができますわ」

    まり「もっちろん!ぜんぶやるのよね♪」

    かなん「あたりまえ!」

    だいや「でも…そんなにじかんは…」

    まり「おひるまでにかえればオーケーだって」

    だいや「えっ」

    かなん「おばさんがいってたよ」

    だいや「おかあさま…」

    まり「じゃあさっそくあそびましょ~♪」

    だいや「はい!」


    ―――




    【ダイヤ「変わるもの、変わらないもの」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1517751310/

    1: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/02/04(日) 22:35:10.99 ID:64csZ8bg

    教室

    果南「オナニーすると思う?」

    鞠莉「しないでしょ、ダイヤよ?」

    果南「そうかな…なんかさ、実はすっごいそういうの好きだったりして」

    鞠莉「ないない、だって小さい頃から一緒にいるけど一切そういうところないじゃない」

    果南「確かに…あ、ねぇ鞠莉」

    鞠莉「んー?」

    果南「鞠莉はするの?」

    鞠莉「は?何を?」

    果南「ん?いやオナニー」

    鞠莉「わっつ?」

    果南「だからオナニー」

    鞠莉「果南」

    果南「なに?」

    鞠莉「思いっきりぶっ飛ばすわよ」

    果南「ごめんなさい」



    2: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/02/04(日) 22:38:17.76 ID:64csZ8bg

    ガラッ

    ダイヤ「ふぅ、ようやく終わりましたわ」

    鞠莉「ご苦労様、今度は何してたの?」

    ダイヤ「先生に頼まれてた書類を運んでましたの」

    果南(こっそりオナニーしてたりして)ヒソッ

    鞠莉(ちょっと、聞こえるわよ)

    ダイヤ「?…なに?」

    果南「ん?ねぇねぇダイヤ」

    鞠莉「!?」

    ダイヤ「はい?」

    果南「くぱぁって知ってる?」



    5: 名無しで叶える物語(おいしい水) 2018/02/04(日) 22:40:24.54 ID:2QWHROQj

    ダイヤさん絶対ブチ切れる




    【果南「ねぇ鞠莉、ダイヤってさ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1511880189/

    1: 名無しで叶える物語(なっとう) 2017/11/28(火) 23:43:09.28 ID:bQyQOZwa

    鞠莉「ダイヤ、果南、一緒にお茶でも飲みましょ」

    鞠莉「美味しいお茶持ってきたの、マカロンもあるわよー♪」ドーン

    ダイヤ「仕事もないですし…いいですわ」

    果南「うん…」

    あまり元気がなさそう、どうしたのかしら?

    鞠莉「かなーん、話きいてたの?」 👀
    Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)



    3: 名無しで叶える物語(なっとう) 2017/11/28(火) 23:56:33.07 ID:bQyQOZwa

    果南「うん。大丈夫…」

    ダイヤ「本当に大丈夫ですか?」

    果南「あと今日一緒にお茶飲めない、ごめんね」タッタッタッ

    鞠莉「あっ、待って…」

    ダイヤ「果南さん…一体どうしたんでしょう?」

    鞠莉「これはド・ウ・ミ・テ・モ怪しいわね、ダイヤ一緒に付けましょ♪」

    ダイヤ「そうですね、ちょっと心配ですし追いかけましょうか」




    【鞠莉「ダイヤ、果南、一緒にお茶でも飲みましょ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498225953/

    1: 鶯団子 2017/06/23(金) 22:52:33.53 ID:we5bRXgHO

    ダイまりですが一応ダイかなまりです、

    書きためてるので順次投下





    2: 鶯団子 2017/06/23(金) 22:53:08.66 ID:we5bRXgHO


    鞠莉「なんなのよもう!!いつもはご飯ばっかり食べてるクセして今日に限ってパンがいい?冗談にも程があるわ!!」

    ダイヤ「冗談は鞠莉さんの方でしょう!あなたがいつもご飯よりはパンがいいと言っていたから今日は絶対にパンにするんですの!!感謝してくれませんこと!?」

    鞠莉「はぁ?そーいうのをおせっかいって言うのよ!大人しくご飯炊いて!!」

    ダイヤ「今日という今日は許しません!鞠莉さんの自分勝手さを思い知りました!!そんなにご飯が食べたいならどうぞ、一人で炊いてくださいな。」

    果南「………」



    3: 鶯団子 2017/06/23(金) 22:56:14.80 ID:we5bRXgHO


    ~~遡ること数時間前~~

    3年組で果南宅にお泊り

    鞠莉「かにゃ~~ん♪」ギュッ

    ダイヤ「…」ジトー

    果南「鞠莉…あのさぁ…。」

    鞠莉「なぁに?果南?」ギュッ

    果南「鞠莉の彼女って…誰かわかってる?」

    鞠莉「あそこの。」ユビサシ

    ダイヤ「……」ジトーーー

    果南「……そうだよね。」



    4: 鶯団子 2017/06/23(金) 22:58:24.71 ID:we5bRXgHO


    果南「じゃあ、質問を変えるけど…なんで鞠莉は私に抱きついてるの?」

    鞠莉「それはもう果南に抱きつくのがマリーの日課?みたいなもんだし…」

    果南「うぅん…、ま、まぁ百歩譲って抱きつくのはいいよ。ダイヤの方見て?」

    鞠莉「?いつもの仏頂面ね?」

    ダイヤ「………」ジトーーーーー

    果南「いやいやいや…、明らかに拗ねてるよね…?」

    鞠莉「あら果南、そーいうこと言われるとダイヤは恥ずかしくておこっちゃうのよ?」

    果南「そこまで分かってるなら鞠莉がとるべき行動は分かってると思うんだけど…。」

    鞠莉「えぇ…?」

    ダイヤ「…」




    【鞠莉「今日は絶対ご飯!」ダイヤ「絶対パンですわ!!」】の続きを読む

    このページのトップヘ