大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!サンシャイン!!SS > 三角関係・どろどろ要素

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1510366841/

    1: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/11/11(土) 11:20:41.77 ID:oFeKiX99

    私、高海千歌。

    スクールアイドルやってるよ。

    みんながいてくれるから、私は頑張れる。

    だけど、一番頑張れるのは––––


    曜「ヨーソロー!千歌ちゃん、今日も頑張ろっ!」

    千歌「...うんっ!もちろんだよ!」


    幼馴染であり、大親友の曜ちゃんのおかげ。

    ずっとずっと大好き。曜ちゃん。

    ルビィ「......」



    2: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/11/11(土) 11:22:29.00 ID:oFeKiX99

    千歌「よろしく、ルビィちゃん」

    ルビィ「よろしくお願いします、千歌さん」


    今日はユニット初練習。

    私は、曜ちゃんと一緒のユニット。嬉しいな。

    –––でも。


    曜「ルビィちゃん!頑張ろうね!」

    ルビィ「はい!曜さんっ」


    ......。



    3: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2017/11/11(土) 11:26:51.42 ID:oFeKiX99

    なんだろう。

    ルビィちゃんも、大事な仲間なのに。

    別にいいんだけど。だけど...

    私が曜ちゃんの一番なのに...


    ルビィ「千歌さん?千歌さん!」

    千歌「え?あ、ごめん」

    曜「もー、千歌ちゃん!ちゃんとやんないとーー」プンプン

    えへへ。ごめんね。

    ルビィ「そうですよ、ラブライブ近いのにボーっとしてたら落ちますよ?」

    ...はぁ?

    ユニット曲、ラブライブで使わないのに。

    ...何だろ。この気持ち


    千歌「......うん、ごめんね」




    【千歌「私達の」ルビィ「境界線」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1505304788/

    1: ◆ZTPjpycbhE 2017/09/13(水) 21:13:08.33 ID:0aGD5EvD0

    千歌「ふわぁ……」

    梨子「千歌ちゃん寝不足?」

    千歌「うん、ちょっと漫画読んでたら止まらなくなっちゃって」

    梨子「もう、寝不足は肌荒れの原因になるよ?」

    千歌「そういう梨子ちゃんの肌はすべすべだね」プニプニ

    梨子「ひゃっ!? もう、千歌ちゃん!」カアアアアアアア



    3: ◆ZTPjpycbhE 2017/09/13(水) 21:16:20.78 ID:0aGD5EvD0

    千歌「うりうりー」プニプニ

    梨子「もうやめてったら千歌ちゃん!」

    曜「えっと、こほん」

    千歌「あ、曜ちゃんおはよう」

    曜「おはよう、じゃないよ。もう朝からいちゃついて……」

    曜「挨拶してるのに全然気付かないんだもん」

    梨子「あ、ごめんね曜ちゃん」



    4: ◆ZTPjpycbhE 2017/09/13(水) 21:20:46.47 ID:0aGD5EvD0

    曜「妬けちゃうなー。私だけ蚊帳の外でいちゃいちゃとさ」ムスッ

    曜「見てるこっちが恥ずかしいくらい」

    梨子「も、もう! そんなんじゃないったら!」

    千歌「あはは、ごめんね、曜ちゃん」

    千歌(実はチカとしてはこんな風にからかわれるのは嫌じゃないんだよね)

    千歌(チカは梨子ちゃんのことが好きで、でも今の関係が壊れるのが嫌だから告白なんてできない)

    千歌(だから、まだしばらくはこのままでいいんだ)



    5: ◆ZTPjpycbhE 2017/09/13(水) 21:22:51.59 ID:0aGD5EvD0

    ――

    果南「で、まだ想いを伝えられてないと」

    千歌「だって、断られたらと思うと怖いから」

    果南「大丈夫だと思うけどなー……」

    果南「そんなうじうじ悩んでたら他の子に取られちゃうよ?」

    千歌「他の子って例えば?」

    果南「善子とか。ほら、善子って同じユニットってこともあって結構梨子に懐いてるじゃん」

    千歌「善子ちゃんはなんていうか犬みたいに懐いてるだけだよ」

    果南「犬って……」アハハ...



    6: ◆ZTPjpycbhE 2017/09/13(水) 21:25:02.56 ID:0aGD5EvD0

    果南「善子を抜きにしても梨子って結構もてるんだよ?」

    果南「ほら、ファンからのメッセージもこんなに」

    千歌「うっ……」タジッ

    果南「わかったら早く気持ち伝えなよ? じゃないと本当に取られちゃうよ」

    千歌「はーい……」

    千歌(今日の帰りにでも伝えようかな)

    千歌(関係が壊れちゃうのは怖いけど果南ちゃんの言う通り他の人に取られちゃ元も子もないし――女は度胸だ!)




    【千歌「隣の家の女の子が寝取られる話」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1502451016/

    1: 名無しで叶える物語 2017/08/11(金) 20:30:16.50 ID:yMJ0r2dD.net

    曜「…へ?」

    梨子「いや…へ?じゃなくて…」

    曜「彼女…ってあの彼女?」

    梨子「そうそう、鞠莉さんと果南さんみたいな」

    曜「うーん…じゃあ梨子ちゃんは彼氏とか欲しいの?」

    梨子「わっ…私?!…私は…ちょっとだけ」チラ

    曜「そうなんだー…うーん、私は今はいいかなぁ」

    梨子「…そうなの?」

    曜「うん。なんか皆んなと一緒に居るのが本当に楽しいし、そんなに我儘は言えないよ」

    梨子「でも曜ちゃんモテるし勿体ないんじゃない?この前も後輩の子にラブレター貰ってたでしょ?」

    曜「それは…そうだけど。どうしたの?梨子ちゃん、やたら催促するね」

    梨子「いやっ、そういうわけじゃ…」

    「おーい!渡辺さーん!」

    曜「じゃあ梨子ちゃん彼女になってくれる?」

    梨子「…えっ?!?」

    曜「ふふっ…なんてね、冗談だよ。じゃあ私水泳の方あるから、また明日ね」

    梨子「うん、バイバイ」

    曜「バイバーイ!」

    梨子「…」

    梨子「…//」

    梨子「…バカ」



    7: 名無しで叶える物語 2017/08/11(金) 20:37:02.74 ID:yMJ0r2dD.net

    ----

    「-さん」

    「-梨子さん」

    ダイヤ「梨子さん!」

    梨子「っぁはい!」ガバッ

    ダイヤ「…さっきから何度も呼んでいたのですけど」

    梨子「すっ、すみません!」

    ダイヤ「お疲れですか?でしたら練習はお休みになられた方が…」

    梨子「大丈夫です!元気ですから」

    ダイヤ「…本当でしょうか」

    梨子「…はい」

    ダイヤ「私に力になれることがありましたらお気軽に言ってくださいね」

    梨子「…」

    梨子「…ダイヤさんは」

    ダイヤ「?」

    梨子「ダイヤさんは好きな人とか…いますか?」

    ダイヤ「?…私は皆さんが大好きですわよ」



    9: 名無しで叶える物語 2017/08/11(金) 20:39:28.43 ID:yMJ0r2dD.net

    梨子「いや…そういうことじゃなくて…。じゃあ、果南さんと鞠莉さん、どう思いますか?」

    ダイヤ「どうとは…。とても仲がよろしいですわね」

    梨子「それもそうですけど」

    ダイヤ「イチャイチャしすぎて練習に身が入らない時があるのはいただけませんわ」

    梨子「どっちから告白したとか…」

    ダイヤ「どうでしょう…。お二人はすれ違う前から仲がよろしかったですから…。言うとしたら果南さんですかね…?」

    梨子「鞠莉さんも結構イきそうですよ」

    ダイヤ「鞠莉さんは肝心なところでヘタレですから、それはあり得ません!」

    梨子「あの人、人の恋愛には先手必勝なのに、自分のことだと一気に…「悪かったわね」

    ダイヤ・梨子「?!」

    果南「やっほ、二人とも」

    鞠莉「ヘタレですって?ダイヤ」

    ダイヤ「いや…これは…その」

    鞠莉「梨子…どう言うこと?ダイヤと色恋話だなんて」ワキワキ

    梨子「それは…」

    鞠莉「貧乳共ッ!鷲掴みよ!」

    ダイヤ・梨子「イヤァァァァ!!」




    【梨子「ねぇ、曜ちゃんって彼女作らないの?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1502711887/

    1: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 20:58:07.08 ID:n8cVKRgr.net

    曜「はぁ…なんで私千歌ちゃんと話す時だけこんなに緊張するんだろ…」

    曜「千歌ちゃんと付き合いたいけど…もし…もし振られて今の関係が崩れるぐらいなら諦めた方がいいのかなぁ…
    もう…善子ちゃんでいいかな」

    曜「うん、善子ちゃんでいいや
    善子ちゃんに告白しよ」

    プルルル

    善子「もしもし?」

    曜「あ、善子ちゃん?」

    善子「な、なによ?なんか用?」

    曜「あーうん…善子ちゃんってさ、好きな人いる?」

    善子「は、はぁ?い、いないけど!?」

    曜「そっかぁー、もしさー
    …私が善子ちゃんの事好きだって言ったらどうする?」



    3: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 20:59:45.71 ID:n8cVKRgr.net

    善子「な、何言ってるのよ!///
    からかってるなら怒るわよ!」

    曜「からかってないよー」

    善子「え?本気?」

    曜「本気だよー」

    善子「そ、その…本気なら…」

    曜 (お?)

    善子「よろしく…で、いいの?」

    曜「うん!これからよろしくね!」

    善子「う…///」

    曜「じゃあまた明日!」



    4: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 21:02:13.37 ID:n8cVKRgr.net

    曜「意外とすんなりいけちゃった」

    曜「今日から私もリア充だ♪」

    次の日

    曜「あ、善子ちゃんおはよ♪」

    善子「お、お、お、おはよ!」

    曜「どうしたの?」

    善子「ど、どうしたもこうもないわよ!
    昨日の今日で意識しないわけないでしょ!」

    曜「そうかなぁ?
    私は普通だよ?」

    善子「うぅ…///」



    6: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 21:04:53.76 ID:n8cVKRgr.net

    善子「そ、それにしても…なんで私なのよ」

    曜「え?だって善子ちゃん可愛いじゃん」

    曜 (千歌ちゃんの代わりで、なんて口が裂けても言えないよね)

    善子「なっ…///」

    曜「顔真っ赤だよ?」

    善子「うっさい!///」

    曜「あはは♪」

    プシュー

    曜「あれ、千歌ちゃん」

    千歌「おはよー!今日も2人で登校してきたんだ?」

    曜「う、うん!」




    【曜「千歌ちゃんを諦めて善子ちゃんに告白したらとんでもない事になった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1501998079/

    1: 名無しで叶える物語 2017/08/06(日) 14:41:19.52 ID:ysrtaYmE.net

    鞠莉「ねえねえ果南果南! 今、恋人いないんでしょー? ならまた昔みたいに」


    果南「――いるよ」

    鞠莉「え」


    果南「恋人、いるの」

    鞠莉「……」

    鞠莉「えー!? そんな嘘ばっかり」

    鞠莉「マリーを差し置いて恋人作ってたの!? ひどいひどいっ」

    鞠莉「あ、驚かせようとしたって無駄なんだからー。向こうで人を見る目だって養ってるのよ?」


    果南「……」

    鞠莉「……」

    鞠莉「あ、あの果南」


    鞠莉「――ほん、とに?」

    果南「……うん」


    鞠莉「……」


    鞠莉「ふーん。果南、私がいない間に恋人作ってたんだ?」



    4: 名無しで叶える物語 2017/08/06(日) 14:47:01.38 ID:ysrtaYmE.net

    果南「わ、悪い!?」


    鞠莉「ううん。そうよね……あなたは素敵だし」

    鞠莉「そのこと私が一番わかってる自信、あるんだから」



    鞠莉「それにしてもっ! 久しぶり果南! 二年ぶりかしら」グイッ


    果南「……」ドキッッ…


    鞠莉「……」ニッ…


    果南「なん、でここに」

    鞠莉「うーん、どうしてだと思う?」


    鞠莉「それより果南、なんか大人っぽくなったね!」

    果南「鞠莉も……」ドキドキ…


    鞠莉「そうー?」

    果南「とにかく……!! どうして戻ってきたのか教えてよ……っ」

    鞠莉「あら、寂しかったの?」


    果南「ふざけないでっ!!!!」

    鞠莉「私は寂しかったわよ」

    果南「え」


    鞠莉「あなたと離れていた期間、本当に寂しかった」



    5: 名無しで叶える物語 2017/08/06(日) 14:49:55.79 ID:ysrtaYmE.net

    果南「……!?」

    果南「な、なにそれ」

    鞠莉「戻ってきたのはね――またあなたと恋人に戻りたいと、思ったからよ」


    鞠莉「だからまた恋人になろう?」


    果南「何、言ってるの」


    果南「――何ふざけたこと言ってるのさ!!!」


    果南「そっちからフッたんじゃん!! 私はまだ、鞠莉と一緒にいたかったのに! あっち行っても時々でいいから、一年に一回でもいいから戻ってきてくれればそれで良かったのに……っ。勝手に振って……っ」


    鞠莉「……ごめんね」


    鞠莉「でもね、やっぱりあなたのこと好きで」


    果南「やめて、今更やめてよっ!」


    鞠莉「私ね、明後日から浦の星に戻るの」

    果南「本当に……戻ってくるの?」

    鞠莉「ええ」


    果南「やめてきたの?」

    鞠莉「うん」


    果南「むちゃくちゃすぎるっ……」




    【鞠莉「ふーん。果南、私がいない間に恋人作ってたんだ?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1497890520/

    1: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 01:42:00.31 ID:Wk87GCo/.net

    一応胸糞、鬱注意です



    2: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 01:42:40.39 ID:Wk87GCo/.net

    千歌ちゃんは私を見るとニコリと笑う

    満面の笑みを顔に浮かべ、とても可愛らしい笑顔を私に向けてくれる


    でもその笑顔は私だけに向けられてるものではない



    3: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 01:43:19.18 ID:Wk87GCo/.net

    千歌ちゃんとダイヤさんの目が合えば千歌ちゃんはニコリと笑う


    千歌ちゃんは、果南ちゃんと、鞠莉ちゃんと、善子ちゃんと、ルビィちゃんと、花丸ちゃんと


    目が合えばやはり同じ様にニコリと可愛らしい笑顔を向けてくれる



    4: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 01:43:55.25 ID:Wk87GCo/.net

    でも梨子ちゃんだけは"トクベツ"


    千歌ちゃんは梨子ちゃんと目があった時だけ、まるで恋する乙女のように少しだけ頬を赤らめ、はにかんだように笑う


    幼馴染、ずーっと千歌ちゃんの側にいた私でも見たことのない、切なさの残る表情で にこりと、笑う


    それを見た私は首をかしげる



    5: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 01:44:46.30 ID:Wk87GCo/.net

    千歌ちゃん、千歌ちゃんはどうしたら私の前でも、あの"トクベツ"な笑顔を浮かべてくれるのかな


    昔からずっと私の片想いだっていうのは知ってた


    女の子が女の子を好きになる事が普通じゃないってことも知ってた


    だから今までずっと我慢できてた




    【曜「一方通行な三角関係」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498315159/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/24(土) 23:39:19.37 ID:EZNWQpiN0

    サクッと。
    お気軽にどぞ。





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/24(土) 23:41:28.01 ID:EZNWQpiN0

    ザーッ・・


    千歌「・・・」

    果南「・・・」

    千歌「雨だね~・・・」

    果南「うん、雨だね・・・」

    千歌「ここ最近止まないね、雨・・・」

    果南「そうだね・・・」




    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/24(土) 23:42:13.04 ID:EZNWQpiN0

    千歌「・・・」

    果南「・・・」

    千歌「あじさいってさ~・・・」

    果南「うん・・・」

    千歌「紫に太陽の陽、花って書いて紫陽花(あじさい)って読むんだって・・・」

    果南「へぇ~・・・」




    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/24(土) 23:43:43.23 ID:EZNWQpiN0

    千歌「・・・」

    果南「・・・」

    果南「カタツムリってさ~・・・」

    千歌「うん・・・」

    果南「外国じゃ食べられるらしいよ・・・」

    千歌「あ、聞いたことあるかも・・・」

    果南「確か食用カタツムリの名前が、えっと・・・」

    千歌「マグ○ルゴ・・・?」

    果南「それはポケ○ンだよ、しかも熱いよ・・・」

    千歌「あ、そっか・・・」

    果南「千歌ったら・・・」

    千歌「あはは・・・」





    【千歌「愛哀傘」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1493803907/

    1: 名無しで叶える物語 2017/05/03(水) 18:31:47.70 ID:W9BBzdEJ.net

    ○月○日
    今日のダンスの練習はすっごくキツかった。ルビィは運動が苦手だからもっと練習してみんなの足を引っ張らないようにしないと。

    ○月○日
    今日の練習はキツかったわね。まあヨハネはこれくらい簡単にこなしてみせるんだけど。



    2: 名無しで叶える物語 2017/05/03(水) 18:33:22.15 ID:W9BBzdEJ.net

    ○月□日
    放課後一人でダンスの練習をしてたら善子ちゃんが練習に付き合ってくれた。教わった通りに踊ったら今までより上手にできた。ありがとう善子ちゃん。

    ○月□日
    ルビィが一人でダンスの練習をしていた。困っているリトルデーモンを放っておけずヨハネ降臨。「善子ちゃんはすごい」ですって? 堕天使だものこれくらい当たり前よ。



    3: 名無しで叶える物語 2017/05/03(水) 18:35:30.48 ID:W9BBzdEJ.net

    ○月△日
    今日はよりにもよって怖い先生の授業の宿題を忘れちゃった。でも善子ちゃんがノートを写させてくれたおかげで何とか怒られずにすんだ。「まったくもう、ルビィはヨハネがいないとダメね」って。ごめんね善子ちゃん。

    ○月△日
    ルビィが宿題を忘れたみたいだからノートを見せた。やればできる子なのにちょいちょい抜けてるのよねこの子。まったくもう、ルビィはヨハネがいないとダメね。



    4: 名無しで叶える物語 2017/05/03(水) 18:37:23.68 ID:W9BBzdEJ.net

    ○月×日
    今日は善子ちゃんの家に遊びに行った。善子ちゃんはいんたーねっとに詳しくてルビィがあれが知りたいって言うと「まったくもう、ルビィはヨハネがいないとダメね」って言って直ぐに調べてくれる。善子ちゃんってすごいなぁ。

    ○月×日
    今日はルビィが遊びに来てくれた。ちょっとネットでググるだけでルビィは「善子ちゃんはすごいね」なんて言うからすごく照れ臭い。それにしても、友達と家で遊ぶってこんなに楽しいのね。




    【善子「まったくもう、ルビィはヨハネがいないとダメなんだから」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1491314186/

    1: 名無しで叶える物語(かぶらずし)@\(^o^)/ 2017/04/04(火) 22:56:26.24 ID:xvo7pmTF.net

    ※寝落ちしちゃったので建て直し



    2: 名無しで叶える物語(かぶらずし)@\(^o^)/ 2017/04/04(火) 22:56:49.84 ID:xvo7pmTF.net

    ルビィ「おつかれさまです」ガチャ

    果南「ルビィおつかれ」

    ルビィ「あれ?果南さんだけですか?」

    果南「うん」

    ルビィ「そうですか」

    果南「…」

    ルビィ「…」

    果南「ねえルビィ、誕生日……来月だよね」

    ルビィ「…………はい」

    果南「ルビィ、あの……」

    ルビィ「わかっています、黒澤家の娘として覚悟はできてます」




    ルビィ「果南さん、ルビィを幸せにしてください」



    3: 名無しで叶える物語(かぶらずし)@\(^o^)/ 2017/04/04(火) 22:58:35.24 ID:xvo7pmTF.net

    ルビィ「果南さん」

    果南「うん」

    ルビィ「昔わたしが海で溺れたとき助けてくれたのが果南さんでした」

    果南「ああ」

    ルビィ「うちのお母さんはすごく感謝して、それで果南さんがわたしの許嫁になりました」

    果南「うん、そうだね」

    ルビィ「わたしもあのときのこと、すごく感謝してるんです」

    ルビィ「果南さんだったらわたしが困ったとき、助けてくれるって」

    果南「ルビィ…」

    ルビィ「だからルビィのこともらってください」



    4: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/04/04(火) 22:59:10.87 ID:TH507GJS.net

    なんてことですの...




    【ダイヤ「黒澤家は十六になると許嫁と婚約の儀を挙げるしきたり」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1490353427/

    1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2017/03/24(金) 20:03:47.22 ID:cTulN4rZ.net

    ルビィ「はぁ……」


    ルビィ(また二人だけで盛り上がって……ルビィのことなんて視界に入らないのかな)

    ルビィ(花丸ちゃんの隣はずっとルビィのものだと思っていたのに)

    ルビィ(その居場所はあっという間に奪われて)

    ルビィ(そう……)


    花丸「やめるずら」ビシッ

    善子「いたっ!何するのよずら丸!」


    ルビィ(津島善子……あいつに!)



    2: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2017/03/24(金) 20:08:28.60 ID:cTulN4rZ.net

    ルビィ(どうして……どうしてそこにいるのがルビィじゃないの?)

    ルビィ(ルビィ、花丸ちゃんに嫌われるようなことなにかしたかな?)

    ルビィ(ねぇ気付いて、ルビィ、寂しがってるんだよ?悲しんでるんだよ?)

    ルビィ(一人ぼっちはいやだ、だけど二人の間に割って入って花丸ちゃんに邪険に扱われたら立ち直れない……)

    ルビィ(だからといって、このままルビィだけが我慢をして二人が幸せになるなんてことも絶対に許せない!)



    5: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2017/03/24(金) 20:13:00.85 ID:cTulN4rZ.net

    ルビィ(そんな色々な想いがごちゃ混ぜになった末にルビィが辿り着いた答え……それは)


    ルビィ「二人の仲を引き裂いてあげる」


    ルビィ(考えられる中で一番ダメなものだった)


    ───────
    ─────
    ───



    7: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2017/03/24(金) 20:18:44.62 ID:cTulN4rZ.net

    ルビィ「」コソッ

    善子「」トコトコ

    ルビィ(あいつが買い物で外出するのは昨日の会話を盗み聞きしてリサーチ済み)

    ルビィ(あとは偶然を装って出会ったふりをして一緒に行動)

    ルビィ(そうやって少しずつ親睦を深めて花丸ちゃんに向いてる気持ちをルビィに向けさせて)

    ルビィ(ルビィの虜になってもらうからね、可哀想な堕天使さん)



    8: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2017/03/24(金) 20:20:16.29 ID:rsNff+a/.net

    ファ?!よしルビやんけ!




    【ルビィ「二人の仲を引き裂いてあげる」】の続きを読む

    このページのトップヘ