大きいサイズ

    カテゴリ: 化物語SS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496158785/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/31(水) 00:39:45.44 ID:qd361WoA0

    仮面ライダー(+α)×化物語

    今までのSS

    ひたぎクラブ



    まよいマイマイ




    するがモンキー




    なでこスネイク



    これが最終章となります





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/31(水) 00:41:18.66 ID:qd361WoA0

    俺は天空寺タケル!

    18歳の誕生日に襲ってきた眼魔に倒され、紆余曲折あって生き返る事ができた

    それでも、俺の周りで不可思議現象がなくなることはない

    前回も、かつて出会った撫子ちゃんという女の子を助けたばかりだ

    まだ、この事件は続くのだろうか・・・



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/31(水) 00:43:58.26 ID:qd361WoA0

    今日は色々あって延期になってしまったたこ焼きパーティの準備をしている

    マコト「タケル、このテーブルはこっちでいいのか」

    タケル「うん、お願いね」

    御成「タケル殿~お客さんですぞー!!!」

    タケル「あれ、誰だろ?」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/31(水) 00:53:55.31 ID:qd361WoA0

    御成に呼ばれて門まで行ってみると、そこには・・・

    真宵「どーもー」

    駿河「来たぞ!天空寺先輩!」

    撫子「こ、こんにちは・・・」

    タケル「君達・・・どうして・・・」



    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/31(水) 07:55:00.66 ID:qd361WoA0

    真宵「手伝いに来ました!」

    撫子「タケルお兄ちゃんの役に立ちたくて・・・」

    タケル「そっか、ありがとね」

    駿河「戦場ヶ原先輩も文化祭の準備が終わってから来るそうだ」

    タケル「なんか悪いな・・・」

    戦場ヶ原さんは最近になって俺や羽川さんの手伝いをするようになった、これも借りを返す一環・・・だそうだ



    6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/31(水) 09:47:06.22 ID:qd361WoA0

    タケル「神原さん、あれから腕の調子はどう?」

    駿河「ああ、バッチリだ!神様ってすごいんだな!」

    真宵「私の事も皆さんだけに見えるようにしてくれましたしね」

    撫子「うんうん・・・神様さまさまだよね・・・」

    タケル「ハハハ・・・」


    神様・・・ちょっと大盤振る舞いしすぎです




    【仮面ライダーゴースト「つばさキャット?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494688934/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 00:22:14.44 ID:s/3xB/Oh0

    仮面ライダー×化物語

    前回のSS

    するがモンキー

    仮面ライダーゴースト「するがモンキー?」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 00:23:16.39 ID:s/3xB/Oh0

    俺は天空寺タケル!

    18歳の誕生日に襲ってきた眼魔に倒され、紆余曲折あって生き返る事ができた

    それでも、俺の周りで不可思議現象がなくなることはない

    前回も後輩の神原さんの事件に巻き込まれてしまった

    そして今回は・・・



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 00:25:30.90 ID:s/3xB/Oh0

    今日は久しぶりに眼魔の世界からマコト兄ちゃんたちが帰ってくる日だった

    アカリ「そろそろ時間ね」

    御成「楽しみですな!」

    タケル「・・・うん」

    そう話していると、俺たちの目の前に目の紋章が現れた



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 00:27:27.47 ID:s/3xB/Oh0

    そこから、3人の人影が現れた

    マコト「久しぶりだな」

    アラン「相変わらず美しい空だ・・・」

    カノン「ただいまです」



    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 00:29:36.36 ID:s/3xB/Oh0

    タケル「3人共・・・おかえり」

    マコト「そっちは変わりはないか?」

    御成「勿論ですとも!」

    アカリ「そっちも元気そうね」

    カノン「はい」




    【仮面ライダーゴースト「なでこスネイク?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492184062/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/15(土) 00:34:22.59 ID:uFuiQKeX0

    仮面ライダー×化物語

    前回のSS

    まよいマイマイ








    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/15(土) 00:36:20.35 ID:uFuiQKeX0

    俺は天空寺タケル!

    18歳の誕生日に襲ってきた眼魔に倒され、紆余曲折あって生き返る事ができた

    それでも、俺の周りで不可思議現象がなくなることはない

    この間も真宵ちゃんという少女を不可思議現象から解き放った

    そして今回は・・・



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/15(土) 00:39:04.28 ID:uFuiQKeX0

    ある夜、俺はピンチを迎えていた

    仮面ライダーゴースト(オレ魂)「ハァ・・・ハァ・・・」

    雨ガッパの怪人「・・・・・」

    突然謎の雨ガッパの怪人に襲われたのだ

    どうしてこんな事になったのかはわからないが、もしかしたらあの時の事が関係してるのかもしれない



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/15(土) 00:43:57.74 ID:uFuiQKeX0

    あれは夕方の事、俺は学校帰りだった、その時

    真宵「おや、また会いましたね」

    タケル「あ、真宵ちゃん、元気?」

    真宵「おかげ様で、てんきゅうじさんもお変わりなく」

    タケル「・・・・・」

    真宵「失礼、噛みました」




    【仮面ライダーゴースト「するがモンキー?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489073555/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/10(金) 00:32:35.77 ID:myv/G7rn0

    仮面ライダー×化物語

    前回のSS

    仮面ライダーゴースト「ひたぎクラブ?」



    今回は「まよいマイマイ」1本でいきます





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/10(金) 00:35:57.54 ID:myv/G7rn0

    俺は天空寺タケル!

    18歳の時に襲ってきた眼魔に倒され、紆余曲折あって生き返る事ができた

    それでも俺の周りには不可思議現象が絶えないようだ

    この間もクラスメイトの戦場ヶ原さんの事件を解決したばかりだ

    そして今回は・・・



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/10(金) 00:39:27.71 ID:myv/G7rn0

    ブロロロロロ・・・

    タケル「・・・・・」

    真宵「・・・・・」

    今、俺は八九寺真宵という少女と一緒にバイクで走っている

    なぜこんな事になったのかというと

    話は数時間前に遡る・・・



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/10(金) 00:48:26.93 ID:myv/G7rn0

    タケル「ふぅ、こんなもんかな」

    俺は買い物帰りに公園で休憩していた

    タケル「しかし休日だというのに誰もいない公園だなぁ・・・ん?」

    真宵「・・・・・」

    そう思っていたらこの辺の案内図を見ている小学生くらいの女の子がいた



    6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/10(金) 06:30:31.45 ID:myv/G7rn0

    タケル「おおきなリュックだな・・・まさか家出?」

    タタタ・・・

    タケル「あ・・・」

    そう考えていたら、その子は走り去って行った、その代わりに

    ひたぎ「あら、天空寺君じゃないの」




    【仮面ライダーゴースト「まよいマイマイ?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488468918/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 00:35:18.55 ID:ZnXw8TNp0

    俺は天空寺タケル!

    18歳の誕生日に襲ってきた眼魔に倒され、紆余曲折あって生き返る事ができた

    今は失われた時間を取り戻すべく勉学に勤しんでいる

    やっと普通の生活が戻ってきた!

    はずだったんだけど・・・





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 00:38:24.70 ID:ZnXw8TNp0

    タケル「・・・・・」

    ひたぎ「・・・・・」

    今、俺は少々面倒な事に巻き込まれている

    教室を出たら、いきなりある女子生徒に襲われ、言わゆる「壁ドン」をされている所だ

    それだけならまだいい、彼女は更に俺の口の中にホチキスを突っ込んでいるのだ

    何故彼女、戦場ヶ原ひたぎがこんな事をするのか、俺には見当はついていた

    あれは今朝の事だった・・・



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 00:54:37.89 ID:ZnXw8TNp0

    タケル「ハァ・・・ハァ・・・」タタタ・・・

    俺は急いでいた、昨夜遅くまで勉強していたせいで寝坊してしまったのだ

    タケル「まずいぞ、ただでさえ出席日数ヤバイのに遅刻なんて・・・」

    俺は階段を駆け上がっていた、ふと上を見上げると、信じられない物が目に映った



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 01:16:33.22 ID:Wf+l4K310

    あらららぎくんは出るのか

    それが問題だ




    【仮面ライダーゴースト「ひたぎクラブ?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1324375697/1-

    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 19:08:17.09 ID:DL+6vEx30

    ※原作のネタバレあり



    火憐「この(身体的に)ちっさい兄ちゃんめが!」

    月火「この(人間的に)ちっさいお兄ちゃん野郎めが!」

    阿良々木「う、うわあああああああん!もうお前らなんか知らないからなー!」ダッ

    月火「涙目敗走とはこのことだねー」



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 19:10:20.36 ID:DL+6vEx30

    ~暦の部屋~

    阿良々木「くそっ……あいつらめッ……!」

    忍「そこはかとなく格好つけておるが、ただ単に妹御達に喧嘩で負けた、というのが格好悪いのう」

    阿良々木「いやいや、卑怯なんだよあいつら!口喧嘩では月火ちゃんを中心に正論で潰しに来るし!」

    阿良々木「体喧嘩では火憐ちゃんには敵わないし!下手したら凶器も出てくるし」

    忍「体喧嘩ってなんじゃ。なんかちょっとエロいの」



    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 19:15:54.45 ID:DL+6vEx30

    阿良々木「いくら兄である僕が強大な存在だからといってファイヤーシスターズ二人がかりで来られたらどうしようもねぇよ。おしまいだよ」

    忍「姉妹だけにか」

    阿良々木「そんなつもりで言ったんじゃねぇよ!なんか僕が寒いやつみたいだろうが!」

    忍「まぁなんにせよ、相も変わらずお前様は妹御と本当に仲がいいの」



    8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 19:17:25.57 ID:DL+6vEx30

    阿良々木「はぁ?・・・まぁ確かに夏休みのあの件以来、一時期に比べれば距離は縮まったかもしれないけれど、基本的には仲悪いよ」

    忍「いや、普通にキスしたりおっぱい揉んだりしてたじゃろうが」

    阿良々木「それとこれとは別だ。僕とあいつらが本当に仲が良いのなんて日曜の朝にプリキュア一緒に見るときだけだ」

    忍「そういえば今朝も見ておったの……」



    10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 19:20:20.93 ID:DL+6vEx30

    阿良々木「それに、おっぱい揉んだりキスしただけで仲良しだってんなら、僕は斧乃木ちゃんとだって仲良しという事になるぞ」

    忍「もうお前様死ねばいいのにのう」ゲシッ

    阿良々木「痛い!蹴るな!僕が変な性癖に目覚めたらどうしてくれる!」キュン

    忍「もう目覚めとるじゃろ。覚醒して余りあるじゃろ」

    阿良々木「僕はノーマルだ!!」



    【阿良々木「反転したっていうのか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1359923774/l50

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/04(月) 05:36:14.06 ID:K2kC75G0P

    暦「それが恋なんだよな?」

    火憐「おうよ兄ちゃん、愛し合う二人の結晶だぜ!」

    暦「じゃあさ火憐ちゃん、仮にだ、仮にだよ?」

    暦「僕が火憐ちゃんをバックから激しく犯して、子宮に直接精子流し込んだ挙句、危険日種付けセックスで孕ませてぇーと思ってたとすればさ」

    火憐「は、孕!?種……!?」

    暦「それはつまり、僕が火憐ちゃんに恋してるって事になるんだよな?」



    6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/04(月) 06:05:16.96 ID:K2kC75G0P

    火憐「いや兄ちゃん、それはどっちかってーとタダの欲求不満なんじゃねーの?」

    暦「なんと、僕が欲求不満!?」

    火憐「そうだぜ兄ちゃん。妹を犯して孕ませるだなんて、普通の世間一般の兄ちゃんは考えないんじゃねーの?」

    暦「そうかー、ただの欲求不満か」

    火憐「そうだぜー、タダの欲求不満だぜ」

    暦「でも火憐ちゃんは、僕の子供を産みたいんだよね?」

    火憐「え?」



    7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/02/04(月) 06:12:36.74 ID:K2kC75G0P

    火憐「いや兄ちゃん、確かにあたしは、恋したかどうかはその人の子供を産みたいかどうか、みたいなことは言ったけどさ」

    暦「言ったけど?」

    火憐「別に兄ちゃんの子供を産みたい訳じゃ」

    暦「あれ?火憐ちゃんは僕のこと嫌いなの?」

    火憐「……ん?」



    【暦「なぁ火憐ちゃん、そいつの子供を産みたいと思ったら」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497529529/

    1 :怒り新党 2017/06/15(木) 21:25:30.26 ID:z3RyheTw0

    八九寺「さよなら」

    暦「ストップだ八九寺、違う違う。そうじゃない。『阿良々木さんがぁ、阿良々木さんが怖いですぅ!!』だろ!?!?」

    八九寺「いやいや、おかしいでしょう。そういうのは漫画やアニメのキャラクターがやるやつでしょう? 現実の人間同士の同人誌を持ってるなんて、普通にドン引きですよ」

    暦「それも違うぞ八九寺。そこは『阿良々木さんに犯されるぅ!』だ」

    八九寺「なんでこんなものがあなたの部屋から見つけられて冷静でいられるんですか。なにを元ネタの忠実な再現に躍起になってるんですか」

    暦「だってお前と僕の会話ってテンプレートが確立されてるじゃん? そろそろ新しいテンプレートを追加していく頃合いじゃないかって、そう思ったんだ」

    (元ネタ:http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1308664914/)






    2 :怒り新党 2017/06/15(木) 21:32:19.72 ID:z3RyheTw0

    八九寺「テンプレートなんてありませんよ。私と阿良々木さんのおしゃべりはいつも新鮮採れたてピチピチの生ものですよ」

    暦「嘘だ! 絶対マンネリ化してるって! だってお前今日会った時言ってたじゃん!」


    八九寺『おはようございます阿良々木さん。あ、はい。いつものやつですね。かみまかみまー。これでノルマ達成ですよね。じゃ、行きましょっか』


    暦「あれか? 流れ作業なのか? レーンに乗って右から左へ受け流すだけなのか!? お前絶対飽きただろ! 僕との会話に、というか僕自身に!」

    八九寺「あれれ~そんなことありましたっけ??? そんなはずないですよ。私と阿良々木さんは今朝方確かに、熟練の夫婦漫才のごとく流麗なやり取りを繰り広げていましたよ」

    暦「記憶を捏造するな。記録上は確かに残っているはずだ。なんせ僕たちが今朝鉢合わせたのは交番前、監視カメラにやり取りがばっちり映っているはず」

    八九寺「監視カメラには阿良々木さんが1人で阿鼻叫喚している摩訶不思議な映像しか残ってないでしょう。確認なんてしに行ったら警察の方からまたこいつか……って顔されちゃいますよ」

    暦「そうだった! 八九寺が神様だってことを失念してしまっていた! それにしても後半部分には異議を申し立てたい。僕はまだ警察の厄介になったことはないはずだ!!!」

    八九寺「確信がないのが恐ろしいところですね。いやでも、毎日警察の厄介になってるじゃありませんか。毎日どころか生まれてから今までずっとお世話になってるじゃありませんか」

    暦「八九寺、誤解を招く表現はやめてもらおう。それは僕が人として生まれて普通に育ってきた、ただ両親がともに警察官だった、それだけのことだからな」

    八九寺「生まれてから今までずっと保護観察下にあるんですよね」

    暦「違うわ! 犯罪者予備軍と一緒にするな」

    八九寺「幼女や少女、果ては童女に加えて妹さん達にまであれやこれやするのが犯罪ではないと言うんですか? 思考が性犯罪者ですね!!」

    暦「うるさい! その口(物理的に)(性的に)閉じてやる!!!」ガバッ

    八九寺「ギャー!!!」
    ペタペタ サワサワ グチョッ ペロペロ チュッチュ




    3 :怒り新党 2017/06/15(木) 21:39:33.52 ID:z3RyheTw0

    八九寺「まったく、ひどい目にあいました」

    暦「僕の被害の方が深刻だ。顔があんぱんのヒーローみたいに腫れ上がってるぞ」

    八九寺「彼女さんと親御さんにチクらないだけありがたいと思ってください」

    暦「ありがとうございます八九寺様、このご恩は一生忘れません」

    八九寺「よろしい(ま、羽川さんにはメールで連絡してるんですけどね)」



    4 :怒り新党 2017/06/15(木) 21:46:28.43 ID:z3RyheTw0

    暦「しまった! こんなことをしてる場合じゃないぞ八九寺。早く続きに入ろう。次はこう言うんだ。『じゃああの本、阿良々木さんの私物ではないんですね?』」

    八九寺「諦めが悪すぎますよ。私は私の思う道を行くのです。天上天下唯我独尊、地球は私の本拠地(北白蛇神社)を中心に回っているのです」

    暦「地球の中心、案外近いところにあるもんなんだな……」




    【八九寺「阿良々木さんが私との和姦モノの同人誌を隠し持ってました……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501740501/

    1 : ◆WpEgOxXb5Y 2017/08/03(木) 15:08:22.10 ID:EjL7S2SM0

    これは蛇神事件のその後に起きた出来事である。





    2 : ◆WpEgOxXb5Y 2017/08/03(木) 15:09:51.68 ID:EjL7S2SM0

    1.


    引きこもり生活を続けながら漫画を書いていた
    この私、千石撫子がなんでこんな真っ昼間の外にいるのでしょう。
    しかもパジャマ姿で、裸足のまま、
    何か気でも変わったのかな?
    いや、そうではないんです、何か気が変わったとすれば、
    今の状態、じゃなくて撫子の中に問題があると思います。
    でも問題があると言っても病気を患っている訳でもなく、
    ましてや精神的に問題があるわけでもありません。
    問題とは、私の中に神が宿ってしまったこと。


    そう、撫子はまた神様になってしまったのです。







    5 : ◆WpEgOxXb5Y 2017/08/03(木) 15:12:45.89 ID:EjL7S2SM0

    2.


    今、撫子は白蛇神神社に居ます
    本当に懐かしいこと気がしてなりません。
    蛇神様時代を思い出します。
    でもクチナワさんはもういません、
    いるのは違う神様、撫子にとり憑いた神様
    名前は、「クロノス」と呼ばれているらしいです。
    なんでこの引きこもりである撫子にとり憑いたのか、
    撫子には検討もつきません、何せ私から
    望んでやったものではないですから、
    相手から、神様から一方的にとり憑いたんですから。




    暦「....千石」

    暦「そこにいるのか?」


    入り口から懐かしい声が聞こえてきました。
    果たして会うのはいつぶりでしょうか、
    撫子には思い出せません。思い出したくありません
    思い出すと、また抱いてしまう、あの感情を....
    こんな事を思っているとき、私は立ち上がります


    撫子「来ちゃったんだ、暦お兄ちゃん」

    暦「あぁ、千石」

    暦「もう一度救うために」


    救う?一体何を救うのでしょうか。
    私の中にいる神様でも殺すのでしょうか?



    撫子「暦お兄ちゃんには救えないよ....」



    そういって、私は地面に手をおきまっすぐ線を描くように下に降ろしました。
    そして、撫子は暦お兄ちゃん指差し言いました。
    女子とは思えない声を発しながら、


    撫子「....割れろ」


    すると地面が真っ二つに割れました
    この時、撫子はてっきり漫画でしか見られないと思っていましたから
    (嘘だと思ったら本当に使えるとは....)
    とてもびっくりしていましたよ、ええ、
    でも自分の意思とは違いなぜか体は勝手に動くんですよね。
    今度はその指を下から上に撫でるように動かしていました。
    すると、地面の割れ目から岩山が飛び出してきたではありませんか。
    もう撫子びっくりです。
    何が起こっているか分かりません。


    暦「がはぁ!!」


    暦お兄ちゃんがその岩山に突き刺さり、横に倒れました。
    なかなか直では見れない現状です。



    クロノス「どうだ?」


    私の中にいる神様が撫子に話しかけてきました。
    どうだこうだもありませんよ。
    今撫子の目の前に見えているのは、
    お腹らへんが貫通していて、
    横に倒れている暦お兄ちゃんの姿ですから。



    6 : ◆WpEgOxXb5Y 2017/08/03(木) 15:14:25.47 ID:EjL7S2SM0



    撫子「そういわれても....撫子には何も言えないよ」

    クロノス「そうか、だがこれは自分がやったことだ」


    自分のやった事って....
    神様が勝手にやった事じゃないんですか?
    私は何もやってないはずですよ。


    クロノス「お前はそうおもっているかも知れないが、悪魔でも
    これはお前の意思だ」

    クロノス「俺はお前の意思を具現化して実行しているだけだ」

    撫子「......」


    撫子は黙っていました。
    この神様の言うことに何も反論できなかったのです。
    反論する気もありませんでした。
    そうこう考えている内に、また神様が私に言ってきました


    クロノス「話している内に....ほら」

    撫子「......?」

    クロノス「まだ戦う気があるみたいだよ」

    クロノス「しかも今度は助っ人もご登場のようだ」


    私に見えていたのは、


    暦「どうしてもお前を救わなければいけないんだ、千石」


    横になっていたはずの暦お兄ちゃんが起きていました。
    そしてその横にいたのは、


    忍「またすごいものにとり憑いてくれたな、前髪娘」


    暦お兄ちゃんの影にいる元鉄血にて熱血にて冷血の吸血鬼、
    忍野忍さんでした。




    【【化物語】なでこクロノス】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489872916/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 06:35:16.87 ID:XQIErafB0

    化物語のssです。





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 06:35:50.91 ID:XQIErafB0

    良く晴れた日に

    私と阿良々木がキャッチボールをしている

    なぜだ?

    もし誰かいたとしても

    聞いてもだれも答えてくれないだろうし

    聞ける人なんていないし

    自分しか知らないことを自分も知らなかったら

    どうしたらいいのだろう


    暦「早く投げてくれないか」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 06:36:43.42 ID:XQIErafB0

    私はボールの縫い目を見つめていた

    遠くで子供達の声が聞こえる

    あの子達はキャッチボールをしたことがあるだろうか?

    私は少なくとも記憶のなかには無い

    子供なら絵日記の宿題のように思い出せるだろう

    というか書いた記憶がない。絵日記

    昔書いたら嘘しかかけなかっただろうな


    暦「老倉ぁ」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 06:37:16.85 ID:XQIErafB0

    もちろん私は無視をしていたい

    だか、ボールをぶつけてやりたい気持ちもある。あいつに

    ・・・結構遠いなあいつは

    どのくらい力を込めればどこまで届くかわからない

    何回も失敗した

    力んだボールはいくつも地面を叩いた

    あいつがバッターだったらデッドボールを投げて

    目の前から消し去ってやるのに

    ぶつけてやるからとっとと前に進め

    こうなると、いつも思う

    根拠の無い自信が、いつも自信になっていると


    暦「おーい」


    足を踏み出し

    少し前を思い出す

    それ以上は無理だから




    【そだちカーブ】の続きを読む

    このページのトップヘ