大きいサイズ

    カテゴリ: ガヴリールドロップアウトSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1507636842/

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/10(火) 21:00:42.940 ID:d8tbXUTk01010.net

    タプリス「…………」ドキドキドキドキ

    タプリス「き、今日はついに月乃瀬先輩と……」

    タプリス「髪、ちゃんとセットできてますよね?服、おかしくないですよね??」パタパタ

    タプリス「うう、緊張します……」

    ガチャッ

    ヴィーネ「タプちゃんおまたせ!準備できたから、行きましょうか!」

    タプリス「あっ、あの、はいっ!」

    ヴィーネ「遊園地デート……ね!」

    タプリス「は、はいっ!よろしくお願いしますっ///」テレテレ



    2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/10(火) 21:06:45.426 ID:d8tbXUTk01010.net

    ヴィーネ「た、タプちゃんが言い出したんだから、そんなに照れないでよ……」

    タプリス「あ、そ、そうでしたね……えへへ」

    タプリス(この前お家にお邪魔した時、勢いと冗談半分で言ってしまいましたが、まさか受け入れてくれるなんて思ってませんでした……)

    タプリス(月乃瀬先輩と、で、デート……)ポワワワワ 

    ヴィーネ「タプちゃん?ぼーっとして大丈夫?……デートって言い方はおかしいかしら、お出かけって言いましょうか」

    タプリス「へ、平気です!さあ、でででデートに行きましょう!」ダッ

    ヴィーネ「あっ、タプちゃんそんなに急いだら……」



    3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/10(火) 21:07:52.979 ID:d8tbXUTk01010.net

    ガッ

    タプリス「わわっ、足がっ」

    トサッ ギュッ

    ヴィーネ「もう、転んじゃうところだったじゃない。怪我はない?」

    タプリス「あっ、あぅ、だいじょうぶです……」

    タプリス(とっさに抱き抱えてくれるなんて、優しい……ていうか、早速迷惑かけちゃいました)

    タプリス「すみません月乃瀬先輩!気をつけます!」バッ

    ヴィーネ(……ちょっと危なっかしいかも……そうだ!)

    ヴィーネ「ねえタプちゃん、手を繋いで歩かない?」

    タプリス「ええっ!?そ、そんな小学生みたいな……流石に恥ずかしいですよ!」

    タプリス(月乃瀬先輩と手を繋げるなんて、めったにないチャンスですけど……)

    ヴィーネ「そう、じゃあいいのね」プイッ

    タプリス「ああっ……」

    ヴィーネ「ん?どうしたの?」ニヤニヤ

    タプリス「あ、あのっ……今日はデートですからね!私がエスコートします!」ギュッ

    ヴィーネ「ふふっ、ありがと♪」ギュッ




    【ヴィーネ「タプちゃんと」タプリス「遊園地デートですっ!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1507640192/

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/10(火) 21:56:32.841 ID:O8B5VFnJ01010

    サターニャ宅

    ガヴリール「ヴィーネ、誕生日おめでとう」

    ラフィ「おめでとうございますヴィーネさん」

    サターニャ「ヴィネットおめでとう!」

    タプリス「おめでとうございます月乃瀬先輩!」

    ヴィーネ「みんな……ありがとう!」ウルウル

    ガヴリール「というわけで」

    サターニャ「誕生日会の準備を始めるわよ!!」

    ヴィーネ「……え?」



    3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/10(火) 21:57:40.586 ID:O8B5VFnJ01010

    ヴィーネ「ねぇ、今から始めるの?」

    ガヴリール「だって今日平日だったし」

    ラフィ「一応下準備は前日に行ったので、そこまで時間はかかりませんよ」

    ヴィーネ「そっか、じゃあ私は……」

    サターニャ「ヴィネットはあっちの部屋で待ってて!」

    ヴィーネ「え!? なんで!?」

    ガヴリール「お前が主役なんだから当たり前だろ」

    タプリス「そうですよ!月乃瀬先輩は主役らしくあっちの部屋でゆっくりしててください!」

    ヴィーネ「……そっか、私主役だもんね」

    ヴィーネ「じゃあ任せたわね!」



    4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/10(火) 21:58:40.736 ID:O8B5VFnJ01010

    ラフィ「では、役割分担した通りにお願いしますね」

    タプリス「分かりました!」

    ガヴリール「じゃあ私はこれだな」

    サターニャ「ヴィネットの誕生日!盛り上げていくわよ!」

    オー!

    ヴィーネ「……」ウズッ




    【ガヴリール「ヴィーネの誕生日」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1507561442/

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/10(火) 00:04:02.366 ID:In1EEXaw0

    【天界・天真家】


    ハニエル「へ~、下界ってふしぎな物がたくさんあるんだね~!」

    ガヴリール「そうそう。それでさー、下界のハンバーガーってやつがまっずいの」

    ハニエル「えー!」

    ガヴリール「まずメニューの写真と実物が詐欺かってぐらい違う。ぺしゃんこだし」

    ハニエル「ぺしゃんこなのっ?」

    ガヴリール「あと作るやつが下手くそだとチーズが溶けてなかったりするんだ」

    ハニエル「それはガッカリだねー」ションボリ

    ガヴリール「でもクセになるんだよね。店があるとなぜか食べに入っちゃうんだ」

    ハニエル「えぇ?おいしくないのに食べたくなっちゃうのっ?」

    ガヴリール「もしかしたら中に依存物質でも入ってるのかもね」ケラケラ

    ハニエル「ガヴお姉ちゃん、いぞんぶっしつってなぁに?」



    4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/10(火) 00:06:16.890 ID:In1EEXaw0

    【数日後・ガヴリール宅】


    ゼルエル「どうしてくれるんだガヴリール」

    ガヴリール「え、なに、私なにかした?」

    ゼルエル「お前が下界の事を話すからハニエルが興味を持ってしまった」

    ガヴリール「いや、別にいいじゃん」

    ゼルエル「それが、ハニエルがずっとハンバーガーを食べたいと言っててな……昨日も一日中ハンバーガーの絵を描いていたんだ」

    ガヴリール「げっ、まじか」

    ゼルエル「食べさせたくてもハニエルを下界に連れて行くわけにいかないし、なんとかなだめているんだが」

    ゼルエル「時折すすり泣きが聞こえるんだ。私はもう見ていられない。なんとかしてくれガヴリール!」

    ガヴリール「あー……ごめんハニエル」

    ガヴリール「とは言っても、下界の食べ物をハニエルに与えるのは……」

    ゼルエル「そもそもハンバーガーを持ち込んだところで、ゲートの許可が降りないぞ」

    ガヴリール「ぐぐぐぐ……」



    6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/10(火) 00:08:25.821 ID:In1EEXaw0

    【学校】


    ガヴリール「助けてヴィーネ!」グスグス

    ヴィーネ「あんた、何やってんのよ……」

    ガヴリール「ハニエルが下界の話を聞きたいとせがむから、つい話しちゃったんだよ」

    ラフィエル「うーん、幼いハニエルちゃんが興味を持ってしまうのも仕方ない事ですが……」

    ヴィーネ「人間界に降りたくても降りれないのはかわいそうよね」

    ラフィエル「我慢しなさいと言うしかないですからねー」

    ガヴリール「ううう……」

    ガヴリール「こうなったら世界を終わらせてハンバーガーの存在を消すしか……!」スッ

    ヴィーネ「そんな事でラッパを出すな!いつも最終手段が早すぎるわよ!!」

    ヴィーネ「あんたが全人類を消したら天使も悪魔もみんな職を失うんだからね!?」

    ガヴリール「やばいな、わたし超危険なもの持ってるじゃん……」

    ヴィーネ「自覚しなさいよ!」




    【ガヴリール「ハニエルに下界のこと話しちゃった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1507697574/

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/11(水) 13:52:54.622 ID:RX4Se7110.net

    主役:まち子(委員長)

    脇役:白羽・ラフィエル・エインズワース
       胡桃沢・サタニキア・マクドウェル
       天真・ガヴリール・ホワイト
       月乃瀬・ヴィネット・エイプリル
       千咲・タプリス・シュガーベル


    ということで、まち子視点での話となります
    また、このスレは【まち子「白羽さんが殺された」】の続編になります
    なりますが、物語はパパッっと数レスで追うので、前編を読む必要は特にありません



    3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/11(水) 14:02:57.619 ID:RX4Se7110.net

    昨日の朝、HRに来た先生が私達のクラスメイトである白羽さんが亡くなったことを告げた。
    殺されるような人じゃなかった。恨まれるとか、憎まれるとか
    そういうのからは遠い存在の人だった
    そんな、白羽さん―本名:白羽=ラフィエル=エインズワース―の死に深くかかわっているとされる
    重要参考人、兼、容疑者として連れていかれたのが、同じくクラスメイトの天真さんだった

    天真さん―本名:天真=ガヴリール=ホワイト―は死亡推定時刻
    つまり、白羽さんが殺される寸前まで傍にいた可能性があり、それは、
    天真さんの住んでいる付近の防犯カメラ等の情報からも明らかで
    最悪なことに、天真さんの住んでいるところから遺体発見現場までは
    本当に……とても近い距離だったのだ

    私―まち子―は天真さんがそんなことをするわけがないと信じ
    白羽さんがなぜ殺されてしまったのか。と、ほかにも重要参考人とされそうな
    胡桃沢さん―本名:胡桃沢=サタニキア=マクドウェル―と
    月乃瀬さん―本名:月乃瀬=ヴィネット=エイプリル―のアリバイを集めるために
    授業と授業の合間、昼休み、放課後の時間を使って
    天真さんや白羽さんの当日の行動や、そこで関わった人たちの話を聞いて回った



    9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/11(水) 14:11:10.959 ID:RX4Se7110.net

    「そこで得られたのが……」

    白羽さんは天真さんだけでなく、月乃瀬さんや胡桃沢さん。
    月乃瀬さんと用事のあった後輩、千咲さん―本名:千咲=タプリス=シュガーベル―や
    天真さんの働いている喫茶店のマスターなど、複数の人物と接触していたということ
    そしてやはり最後に会ったのは天真さんであり、真っ直ぐな回答は天真さんあるいは通り魔的な犯行ではないか
    という何の解決にもならない答えだった

    しかし、胡桃沢さん達の話を聞いていくうちに、
    胡桃沢さんの初めの言葉が偽り―と言っても誤差の範囲?―で、自宅にいたのに
    千咲さんが訪れたときは留守だった―寝ていた―という事や
    死亡推定時刻の近辺は、全員にアリバイが存在しないということが分かる

    でも、私はそこで詰まってしまった
    けれど、そこで終わるわけにはいかない
    天真さんは殺していないと言う。私じゃないと言う
    私はその言葉が嘘ではないと信じたい
    クラスメイトを信じたいし、クラスメイトを犯人に陥れた真犯人が許せない

    だから

    「……私だけじゃなくて、ほかの人の力も借りるべきなんだ」

    まずは、昨日調べたことを改めよう




    【【ガヴドロ】まち子「白羽さんを殺した犯人」【安価】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1507433049/

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/10/08(日) 12:24:09.925 ID:xxJEWqRw0.net

    主役:まち子(委員長)

    脇役:白羽・ラフィエル・エインズワース
       胡桃沢・サタニキア・マクドウェル
       天真・ガヴリール・ホワイト
       月乃瀬・ヴィネット・エイプリル
       千咲・タプリス・シュガーベル


    ということで、まち子視点での話となります



    2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/10/08(日) 12:28:00.146 ID:xxJEWqRw0.net

    「おはよ、いいんちょ」

    「おはよう、天真さん。今日は珍しく早いのね」

    「それがさ、ラフィに昨日夕飯作ってもらったんだけど財布忘れていったからさ……」

    無いと困ると思ってさ、面倒くさいけどさ。と、天真さんは疲れた表情で言う
    いつも遅刻ギリギリで、むしろ遅刻してくることがある天真さんが珍しく早く来たその理由が
    友人である白羽さんのためだということが、私は少しだけ嬉しかった

    疲れたといっても、だるいと言っても、面倒だといっても
    それでも友達のためなら疲弊した? 身体を押して学校に着てくれるから

    「ラフィは……まだか」

    きょろきょろとあたりを見渡した天真さんは白羽さんがないことを確認すると
    来たら起こして。と勝手に告げて、自分の席に伏せって寝息を立てる



    3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/10/08(日) 12:29:24.629 ID:xxJEWqRw0.net

    「……起きるかしら」

    寝つきが良いのかもしれないけれど、寝るのが早いし、熟睡に近い感じがして呟くと
    段々とまばらだったクラスメイトも増え始めて、
    暫くしてから、月乃瀬さんと胡桃沢さんが廊下を走ってきたのだろう。ギリギリで登校してきた

    「ちょっとガヴ! 先に来てるなら連絡しなさい!」

    「んぁ?」

    「んぁ? じゃ、な・い・で・しょ!」

    寝ぼけ眼の天真さんに月乃瀬さんは怒ったように言って、一緒に行くって話しだったのにと言う

    ――それは酷い




    【【ガヴドロ】まち子「白羽さんが殺された」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502792998/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/15(火) 19:29:58.73 ID:cRegkofV0

    ガヴリール 「 あいつ誕生日なの?へぇ いつなんだ? 」

    ヴィーネ 「 今から1週間後の8月15だけど 皆賛成ね? 」

    ガヴリール 「 かなりめんどい 」

    タプリス 「 あの悪魔の誕生日を祝うなんて気乗りしません! 」

    ヴィーネ 「 …ガヴは4月に タプちゃんは6月に誕生日だったわね 」

    ヴィーネ 「 サターニャも含めて皆で誕生日会したの忘れた? 」

    ガヴタプ 「 「 ぐっ… 」」

    ラフィエル 「 ヴィーネさん 私は勿論賛成ですよ! 」

    ガヴリール 「 わかったわかった それで?どうするんだ? 」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/15(火) 19:30:59.49 ID:cRegkofV0

    ヴィーネ 「 部屋に飾り付けしてケーキ作ってプレゼントをー 」

    ラフィエル 「 せっかくなので何かサプライズしませんか? 」

    タプリス 「 前日まで冷たく当たって当日におめでとー! 」

    タプリス 「 ってやつですね? 」

    ヴィーネ 「 サプライズは賛成だけど それは普通すぎるような 」

    ガヴリール 「 確かにあるある過ぎていまいち盛り上がらない 」

    タプリス 「 そ、そうなんですか 」

    ヴィーネ 「 サターニャの親御さんと一緒にケーキ作るのはどう? 」

    ガヴリール 「 サターニャの親? 」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/15(火) 19:32:23.08 ID:cRegkofV0

    ヴィーネ 「 サターニャって確か実家が洋菓子店なの 」

    ラフィエル 「 そうだったんですね!それはいいアイディアです 」

    ヴィーネ 「 ね? 皆で行って美味しいケーキを作ろう! 」

    ガヴリール 「 ちょっと待て私達天使は魔界行けないだろ 」

    ヴィーネ 「 角と羽作るから何とか悪魔のフリできないかしら 」

    ガヴリール 「 そこまでするか…お前らどう思う? 」

    ラフィエル 「 面白そうでいいではありませんか 」ワクワク

    タプリス 「 1度魔界に行ってみたかったです! 」

    ガヴリール 「 マジか…じゃサプライズはケーキで決定だな 」




    【【 ガヴドロ 】ヴィーネ 「 サターニャの誕生日会を開きます! 」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1491224820/

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/03(月) 22:07:00.232 ID:oWY9jtgr0.net



    ヴィーネ「ふんふんふ~ん」ウキウキ

    ガヴリール「どうしたのヴィーネ、やけにテンション高いじゃん」

    ヴィーネ「えへへ、そう?やっぱりわかっちゃう?」

    ヴィーネ「実は昨日、スマホを新しくしちゃいました!!」

    ガヴリール「へー、凄いじゃん、ちょっとみせてよ」

    ヴィーネ「ふふっ、いいわよ…」ゴソゴソ

    スッ

    ヴィーネ「じゃーーん!!アクマフォン8!!」

    ヴィーネ「魔界オリジナルの最新機種よ!!」

    ガヴリール「へぇー、魔界って凄いのな、私も悪魔に生まれたかったよ」



    3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/03(月) 22:12:16.164 ID:oWY9jtgr0.net



    サターニャ「ヴィネット……!あんたそれ…!」

    ヴィーネ「ふっふーん、気づいちゃった?」ウキウキ

    ヴィーネ「実はこれ、今魔界で話題のアクマフォン8なの!」

    ヴィーネ「こうやってフリフリすると魔法が使えちゃうんだから!!」フリフリ

    サターニャ「何それすごい!!」

    ヴィーネ「ふふふ、そしてなんとこの携帯には天使位置情報サービスがついていて…」

    ヴィーネ「下界にいる天使の位置が全てわかっちゃうの!!」

    サターニャ「いいなぁー……私も機種変更したいなぁ……」

    ヴィーネ「ふふふ、いいでしょー?」ドヤッ


    ガヴリール(機種変更ごときであんなにはしゃぎやがって、子供かよ)



    8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/03(月) 22:18:56.565 ID:oWY9jtgr0.net



    ラフィエル「へぇー、良かったですね、ヴィーネさん」ニコニコ

    ヴィーネ「ふふふ、それでね、ここを押すとね…」

    ガヴリール「あーわかったわかった、凄いのはわかったから少し落ち着けって」

    ヴィーネ「むぅー、まだ凄い機能がいっぱいあるのに…」

    サターニャ「…ぐぬぬ、アクマフォン8、調べたところまだ市場に出回ってないようね…」

    サターニャ「……ていうかまだ市場に出回ってないのにどうやって手に入れたのよ…」

    ヴィーネ「えっ?嘘、そんなはずないわ……」

    ヴィーネ「お父さんが魔界の携帯ショップで買ってきたって言ってたのに…」

    ガヴリール「…何だか少し妙な話になってきたな」



    13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/03(月) 22:21:00.009 ID:NJLOYruqd.net

    魔界製自体が中国製っぽい




    【ガヴリール「ヴィーネがウキウキしてる…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1503235257/

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/20(日) 22:20:57.004 ID:A6iBytzq0.net

    ヴィーネ「私達もついに三年生ね。進路どうしようかしら……」

    サターニャ「そうねー……私は多分家のお店継ぐことになると思うけど」

    ガヴリール「……」

    ラフィエル(あれから数ヶ月……私たちは高校3年生になりました)

    ラフィエル(それまでの間特に何も起こっていません)

    ラフィエル(しかし、それはマルティエルが捕まったという報もないということ)

    ラフィエル(マルティエルのことを信じたいですが……)

    ラフィエル(マルティエルは絶対に何かをしようとしています)

    ラフィエル(これを嵐の前の静けさと言うんでしょうね)

    ガヴリール「ラフィエル?」

    ラフィエル「はっ!?ど、どうかしましたか!?」

    ガヴリール「そっちは2年の教室だぞ」

    ラフィエル「あっ……」



    2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/20(日) 22:21:19.404 ID:A6iBytzq0.net

    …………
    ……

    キマシインシデント決行前夜

    マルティエル「……ついに完成しました」

    マルティエル「思ったより時間が掛かりましたが……」

    マルティエル「この発明の規模で考えればむしろよくこの短時間で完成させられたものです」

    マルティエル「これでお嬢様を振り向かせることができます」

    マルティエル「その障害となる存在も蹴散らすことができます」

    マルティエル「待っていてくださいお嬢様」

    マルティエル「私の愛を邪魔するこの世界を変えてみせます」

    マルティエル「さあ……」

    マルティエル「最後の戦いです」



    3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/20(日) 22:21:41.726 ID:A6iBytzq0.net

    翌晩

    ガヴリール「大変だ!!」

    ラフィエル「何があったんですか!?」

    ガヴリール「使徒座ネットを見てみろ!」

    ラフィエル「……!」

    ラフィエル(オーストラリアに巨大な十字架が出現……!?)

    ラフィエル(これは……マルティエルのメッセージでしょうか……)

    ラフィエル「これは準備が整った、ということでしょう」

    ラフィエル「天界ではなく下界で活動していたとは……」

    ガヴリール「いくのか?」

    ラフィエル「ついに姿を現したんです。この機会は逃しません」

    ラフィエル「主として……マルティエルにお仕置きします」



    4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/20(日) 22:22:05.280 ID:A6iBytzq0.net

    ガヴリール「……姉さんには連絡した」

    ガヴリール「姉さんたちに任せてもいいんじゃないか」

    ラフィエル「あの時……ゼルエルさんは不利な状況だったとはいえマルティエルを捕らえることができませんでした」

    ラフィエル「マルティエルは……指名手配から逃れ続けていました」

    ラフィエル「そして誰にも気づかれることなく……あの巨大な十字架を作り上げ一晩で地上に出現させました」

    ラフィエル「今までのマルティエルとはワケが違います」

    ガヴリール「だったらなおさらだ。彼奴の狙いはラフィエルなんだぞ」

    ラフィエル「だからこそです」

    ラフィエル「歪んでいようとマルティエルが私のことを想っているのならば……」

    ラフィエル「私にはこの騒動に終止符を打つ義務があります」




    【ラフィエル「キマシインシデント」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1503153706/

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 23:41:46.494 ID:cBYsViEK0.net

    マルティエル「キマシパワー。それは女の子が女の子と触れ合った際に生じる精神エネルギー」

    マルティエル「……と私がお嬢様とキャッキャウフフするために考えた架空の代物」

    マルティエル「私の脳内にのみ存在する空想のエネルギー……でした」

    マルティエル「以前キマシパワー欠乏症作戦を実行したときのこと」

    マルティエル「お嬢様のご学友に留まらず乗客のほぼ全ての女性が百合に目覚めました」

    マルティエル「それだけではありません。男性もまた百合のためならばと同性と付き合うという気概を見せました」

    マルティエル「あの時は事が上手く運んでいるとしか思っていませんでしたが」

    マルティエル「本来同性愛は差別的な目で見られるものです。それが一瞬の内に浸透したのは普通ではありません」

    マルティエル「明らかに何らかの作用が働いていると判断しそれに関して調査を行いました」

    マルティエル「そして私はその作用を及ぼす力を発見しました」

    マルティエル「女の子と女の子が触れ合った際に生じる力……同性愛に目覚めさせる力……!」

    マルティエル「これこそがキマシパワー!」

    マルティエル「そして私は……ついにそれを制御する力を得たのです!」



    2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 23:42:32.404 ID:cBYsViEK0.net

    マルティエル「自分で言うのはアレですが……私は同性にモテる体質です」

    マルティエル「学生時代はよく女の子に告白されたものです」

    マルティエル「それでもお嬢様は堕とせてないのですが……」

    マルティエル「それはさておき。そういうこともあり同性と触れ合う機会は容易に得られました」

    マルティエル「過去に完成させたキマシパワーメーターも用い検証を重ね……」

    マルティエル「感情の変化とキマシパワーの発生の関係を突き止め」

    マルティエル「そしてキマシパワーを発生させる装置を開発しました」

    マルティエル「これぞキマシパワージェネレーター」

    マルティエル「この装置があればキマシパワーを発生させることができ……」

    マルティエル「同性愛に目覚めさせることだってできるはずです」

    マルティエル「さて……実験といきましょう」

    マルティエル「狙うは……」



    3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 23:43:23.808 ID:cBYsViEK0.net

    天真邸

    ハニエル「わー!タプお姉ちゃんだ!」

    タプリス「お久しぶりです、ハニエルちゃん」ナデナデ

    ハニエル「♪」

    ゼルエル「これがキマシパワージェネレーターか。少し大きいな」

    マルティエル「試作品ですから。ですが改良の余地はあるので程なく小型化と高性能化できるかと」

    マルティエル「まあ、それもこの実験が成功すれば……ですが」

    ゼルエル「楽しみだな」

    マルティエル「それにしても妹さんを実験体として差し出すとは……神の腕もなかなか」

    ゼルエル「タプリスを利用するマルティエルが言うか」

    マルティエル「ふふ、確かに」

    ゼルエル「さあ実験を開始しよう」

    マルティエル「御意」




    【ラフィエル「マルティエルがキマシパワーを悪用しているみたいです」 ガヴリール「なんだっそら」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1507618325/

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/10(火) 15:52:05.988 ID:22qHDGB6d1010.net

    ガヴリール「うわーん! ヴィーネ、宿題見せてぇー!!」

    サターニャ「ヴィネットー! ラフィエルが弄ってくるの、助けてぇー!!」

    ラフィエル「ヴィーネさーん、うわーんうわーん!!」

    ヴィーネ「えとえと……こういう時、どうすればいいの?」


    ヴィーネ「こ、こうなったら……変身っ!!」パアア



    2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/10(火) 15:52:59.948 ID:22qHDGB6d1010.net

    ガヴリール「ヴィーネが悪魔姿になった! この変態っ!!」パシャパシャ

    ラフィエル「おヘソが見えてます! 露出度が高いですっ!!」パシャパシャ

    サターニャ「槍がカッコいいわ! あとスカートが短いわっ!!」パシャパシャ


    ヴィーネ「や、やった! みんなの泣き顏が止まったわ!!」

    ヴィーネ「私のセクシー姿でみんなメロメロよっ!!」フンスッ



    3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/10(火) 15:53:26.251 ID:22qHDGB6d1010.net

    まち子「はぁ……このクラス、いつも何かと騒がしいのよね」

    まち子「もう少し、静かにする事は出来ないのかしら?」

    ヴィーネ「お困りのようね、委員長っ!!」


    ヴィーネ「そんな時は……変身っ!!」パアア

    委員長「あなたが一番騒がしいわよ、月乃瀬さんっ!!」

    ヴィーネ「気分転換は大事よ、委員長!!」




    【ヴィーネ「ど、どうしよう……変身っ!!」】の続きを読む

    このページのトップヘ