大きいサイズ

    カテゴリ: ガヴリールドロップアウトSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490312332/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/24(金) 08:38:52.96 ID:eYw59i7a0

    -エンジェル珈琲-

    マスター「……さて、天真くん。ここいらで少し休憩をとろうか」

    ガヴ「へい……つっても、ずっと休憩してるようなもんでしたけどね」

    マスター「うっ……は、ははは。そうかもね。じゃあ裏の控え室に……」

    ガヴ「うす」ガサゴソ

    マスター「……おや?何だい、その缶は」

    ガヴ「あ、これっすか?」




    ガヴ「缶コーヒーっす」

    マスター「え」




    ガヴ「さっきバイト前に買いました」

    マスター「え、えええええええええ!?缶コーヒー!?」





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/24(金) 08:41:15.22 ID:eYw59i7a0

    ガヴ「そうっす」カシュッ

    マスター「な、何故缶コーヒーを?」




    ガヴ「いや、なんか飲みたかったんで」

    マスター「の、飲みたかったぁ!?」ガーン




    ガヴ「駄目っすか?」

    マスター「いや、駄目じゃないけど!駄目じゃないんだけどさぁ!!」

    マスター(な、何ということだ……よりにもよって、コーヒー喫茶のマスターの目の前で缶コーヒーを飲もうとは……!)ワナワナ



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/24(金) 08:42:56.21 ID:eYw59i7a0

    ガヴ「んくっ」ゴクゴク

    マスター「……!」ハッ


    マスター(そ、そうだ!確か天真君はコーヒーの味が分からなかったはず!以前、私のブレンドコーヒーを飲んだときもよく分からないと言っていたし……)

    マスター(だからきっと、缶コーヒーの味だってよく分からない……そうだよね、天真君!)



    ガヴ「……」プハッ








    ガヴ「あ、この缶コーヒーうめぇ」

    マスター(ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!?!?!?!?)ズギャァァァァァアアアアン







    【ガヴ「あ、この缶コーヒーうめぇ」 マスター「!!?!?!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490274547/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:09:08.00 ID:2ryAOY/e0

    マスター「いらっしゃいませ」 グラサン「……」
    の続きです。今回はグラサン視点





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:10:21.31 ID:2ryAOY/e0

    -教室-



    ガヤガヤ……



    サターニャ「……でね、この前魔界通販で買った商品が今日届くの!」

    ヴィーネ「はぁ……またそんなムダ遣いをして」

    サターニャ「ムダじゃないわよ!」



    ガララッ



    グラサン「授業を始める。全員席に着け」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:11:27.71 ID:2ryAOY/e0



    ガタガタ……



    グラサン「ではまず、前回の宿題プリントを回収する。後ろから前に回して……」

    サターニャ「先生……」スッ

    グラサン「なんだ、胡桃沢」


    サターニャ「私……」




    サターニャ「今回も宿題をやってきていないわ!」ドォォオオオン




    グラサン「……」



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 22:13:13.29 ID:2ryAOY/e0



    グラサン「……どうしてお前はいつも、宿題をやってこないんだ」

    サターニャ「愚問ね!悪魔に、悪魔的行為をする理由を問うのかしら?」

    グラサン「……まさかとは思うが、プリントの問題が解けないのを誤魔化しているんじゃないだろうな」

    サターニャ「なっ……そ、そんな訳ないじゃない!私は「あえて」やらないだけよ!」

    グラサン「そうか……まあいい。これ以上お前のために時間を割く訳にはいかない」



    グラサン「胡桃沢、廊下で立っていろ」ゴゴゴ…

    サターニャ「」












    【グラサン「マスター、いつものを」 マスター「かしこまりました」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1489231073/

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/11(土) 20:17:53.476 ID:aSxM6oSK0.net

    ヴィーネ「そんなに好きならラフィからすればいいじゃない」

    ラフィエル「わかってませんねぇ、告白はされるから良いものなんですよ」

    ラフィエル「それにほら、愛の告白といえば一世一代の面白イベントです」

    ラフィエル「きっと今までにないサターニャさんの痴態……もとい失態が見られるに違いありませんよ!」

    ヴィーネ(なぜそこまで愛されてる自信が……?)

    ラフィエル「さて、どうやったらサターニャさんが告白してくれると思いますか?」

    ヴィーネ「あ、そこは丸投げなのね」

    ヴィーネ「う、うーんと……>>5とかいいんじゃないかしら?」



    5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/11(土) 20:20:31.752 ID:QImpon7Fd.net

    無視



    8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/11(土) 20:22:18.913 ID:9pGjmcL10.net

    これは悪魔的行為



    9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/11(土) 20:22:55.328 ID:QImpon7Fd.net

    押して駄目なら引いてみるってやつよ




    【ラフィエル「安価でサターニャさんに告白されたいです」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490226314/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 08:45:15.21 ID:2ryAOY/e0

    -エンジェル珈琲-


    マスター「……」




    マスター(今日は静かだねぇ……)




    マスター(お客さんは誰も来ないし、天真くんのシフトもない……)




    マスター(なんだかちょっと寂しいけど……それでも私のやることはただひとつ)




    マスター(ここに訪れたお客様に、最高のコーヒーを振る舞うことだ)





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 08:46:27.02 ID:2ryAOY/e0




    カランコロン…




    マスター(おや、噂をすればお客様が1人……)






    グラサン「……」ゴゴゴ…






    マスター「」






    マスター「!」ハッ

    マスター「い、いらっしゃいませ。お好きな席へどうぞ」スッ

    グラサン「……」スタスタ



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 08:47:49.65 ID:2ryAOY/e0


    グラサン「……」ドスン

    マスター「こちら、メニュー表です。御注文が決まりましたらお呼びください」

    グラサン「……」コクッ


    マスター「……」スタスタ













    マスター(怖ぃぃぃいいいい!!怖すぎる!!誰なのあれ!?)ヒィィ

    マスター(ヤクザ?ヤクザなの!?何かただならぬオーラを感じるんだけど!!)

    マスター(ま、まさかこんなとてつもないお客様が来るなんて……天真君が休みで本当に良かった!)



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/23(木) 08:49:56.94 ID:2ryAOY/e0

    マスター(……)

    マスター(だ、大丈夫。いざとなったら私がこの店を守って……)チラッ





    グラサン「……」ゴゴゴ…





    マスター(無理無理無理無理!!あんなの絶対に勝てる訳がない!)

    マスター(手を出した瞬間に跡形も無く消されちゃうよ!)

    マスター(あ、あわわわ……私の店が……!)






    グラサン「マスター」ゴゴゴ…

    マスター「は、はいっ!?」






    【マスター「いらっしゃいませ」 グラサン「……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490155388/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/22(水) 13:03:08.40 ID:2gE/rgNu0

    男子「今日こそ天真さんに告白するぞ……!」 ガヴ「ん?なんだこの手紙」 

    男子「白羽さん、俺と付き合ってください!」 ラフィ「えーっと……」 

    男子「胡桃沢、話があるんだ」 サターニャ「望むところよ!」 

    男子「月乃瀬さん、俺……」 ヴィーネ(まさか……)
    の後日談的なものです。告白シーンはありません。男(ry





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/22(水) 13:05:03.96 ID:2gE/rgNu0

    -校門-

    男子(ふぅ……今日も疲れたなあ)

    男子(こんな日は、早く家に帰って寝るに限る)

    男子「……ん?」




    タプリス「……」




    男子(な、なんか、ダー○・ベイダーみたいなのが居る!?)ガーン


    タプリス(ふっふっふ……私は気付いてしまいました!天真先輩たちに会いに行くのに、わざわざ校内に進入する必要はありません!)

    タプリス(こうして、先輩方が校門を通るのを待ち伏せれば良いのです!完璧な作戦です!)

    タプリス(それに、ここに居れば入れ違いになることはまずありませんし……我ながら、自分の成長が恐ろしいです)

    タプリス(ああ、天真先輩、白羽先輩、月乃瀬先輩……早く来ないかなあ)ソワソワ



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/22(水) 13:06:15.58 ID:2gE/rgNu0


    男子(どうやら誰かを待ってるっぽいな。正直、関わりたくないが……他の生徒もみんな目を逸らしてるし)

    男子(ただ……)


    タプリス(最近はインターネットにもかなり詳しくなって来ましたし、天真先輩のお役に立つ準備は万端です!)

    タプリス(天真先輩、褒めてくれるかな……「よくやったな、タプリス」なんて、頭を撫でられたりしちゃうかも!?きゃ~~~~~♪)


    タプリス「……♪」ピョコンピョコン


    男子(すっっっっっげぇ気になる……!)

    男子(他校の女の子っぽいけど、一体誰なんだよあれは!1人コスプレ大会でもしてんのか!?)

    男子(……よし。まあ、怪しいやつだったらそんときはそんときだ。試しに声を掛けてみよう)

    男子「あの、君……」

    タプリス「!」バッ



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/22(水) 13:07:17.82 ID:2gE/rgNu0



    タプリス「……」



    タプリス「……」サッ

    男子(あ、目を逸らした……人見知りなのかな)

    タプリス「……」


    タプリス(やばいですやばいですやばいですやばいです緊急事態発生です!!)ダラダラ

    タプリス(ま、まさか天真先輩たち以外の方に声を掛けられるなんて!)

    タプリス(この姿で居れば他の方々は皆、私を避けてくれると思ってたのに……完全に油断していました!)


    タプリス「……」

    男子「君、大丈夫?もしかして誰かを待って……」スッ

    タプリス「っ!触らないでくださいこの悪魔!!」バシッ

    男子「はい!?」




    【男子「あの、君は……」 タプリス「な、何ですか!?」【番外編】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1490068494/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/21(火) 12:54:54.61 ID:hRSSFpmo0

    ラフィ「天界は暇ですねー」

    ガヴ「そうだな」

    ラフィ「サターニャさんやヴィーネさんが居たら面白かったんですけどねー」

    ガヴ「そうだな」

    ラフィ「何か暇を潰せるものがあればいいんですけどねー」

    ガヴ「そうだな」

    ラフィ「そうだガヴちゃん、セックスでもしませんか?」

    ガヴ「そうだな」

    ラフィ「んもー、ガヴちゃんったら話聞かなすぎですよー」

    ガヴ「いやこの天界でまともに楽しめそうな娯楽ってセックスくらいしか無いだろ」

    ラフィ「」




    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/21(火) 12:56:16.67 ID:hRSSFpmo0

    キャラ崩壊注意
    書き溜めなし注意
    その他二次創作に関する諸注意

    以上が許せる方のみ見やがって下さい



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/21(火) 13:08:13.12 ID:hRSSFpmo0

    ガヴ「いやー、前々からお前のその二つのメロン、収穫してみたくてな」

    ラフィ「中年男性みたいなこと言わないで下さい! というか、本気ですか……? ガヴちゃん」

    ガヴ「自分から誘っておいて何言ってんだ。ほら、椅子座ってないでこっち(ベッド)来いよ」

    ラフィ「そ、そこでするん……ですか?」

    ガヴ「ん? ああ、対面座位の方がいいのか。マニアックだなぁラフィは。仕方ない、特別に私から出向いてやろう」

    ラフィ「え、いや、そういうことではなく……」

    ラフィ「(ああっ、ガヴちゃんが私の膝に座ってしまいました! 普段なら友情を感じられて嬉しいのですが、今日ばかりは……。しかも、私の身体をまたぐ形でこちらを向いて座り、顔がこんなに近いなんて////)」



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/21(火) 13:20:33.19 ID:hRSSFpmo0

    ガヴ「お、結構身長差あると思ってたが、こうして膝に座ると若干私の方が目線高いな」

    ラフィ「ちょっと、ガヴちゃん? 流石にまずくないですか……?」

    ガブ「あ? 何がだ?」

    ラフィ「その……、誰かに見られたり、とか……」

    ガブ「ああそうか。幸いにも今は誰もいない。両親と姉は遅くまで帰ってこない。妹に見られたら……プロレスごっことか風呂上がりとか言っておけばいいだろ」

    ラフィ「古典的な言い訳!」

    ラフィ「(というか、最後までやる気ですね?)」




    【ラフィエル「ガヴちゃん、セッ○スでもしませんか?」ガヴリール「そうだな」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489933731/

    1: か ◆aDRXZRX9R2 2017/03/19(日) 23:28:51.99 ID:hgrN9pe4o

    ガヴリール「ふわぁ~……」アクビ

    ガヴリール「トイレいこ……」

    ガヴリール「ムニャ……」ヌギヌギ

    ガヴリール「ん!?」

    ガヴリール「毛が……生えてきた!」





    2: か ◆aDRXZRX9R2 2017/03/19(日) 23:34:14.92 ID:hgrN9pe4o

    ピンポーン

    ヴィーネ「ガヴー! 学校行くわよー!」

    ガチャッ

    ガヴリール「ヴィーネ! 聞いてくれ!」

    ガヴリール「生えてきたんだ!」

    ヴィーネ「え!?」

    ヴィーネ「生えてきたって……」

    ヴィーネ(嘘……!? おちんちん!?)

    ガヴリール「なんだよその目」

    ガヴリール「まだ生えてなかったんだよ!」

    ヴィーネ「私だって生えてないわよ!?」

    ヴィーネ「天使はそういうものなの……?」

    ガヴリール「えっ、悪魔は生えないのか」

    ガヴリール「こっちじゃ普通は中学生くらいには生えてるらしいぞ」

    ヴィーネ「天使ってすごいのね……」



    5: か ◆aDRXZRX9R2 2017/03/20(月) 02:00:33.51 ID:J3sSiGY1o

    ヴィーネ「でも絵画とかの天使って生えてるイメージあるわね」

    ガヴリール「そうか?」

    ヴィーネ「そっちの話も気にはなるけれどまずは学校に行きましょう」

    ガヴリール「めんど……」

    ヴィーネ「ほら早く着替え……て……」

    ヴィーネ「わ、私向こう向いてるから自分で着替えなさい!」

    ガヴリール「?」



    6: か ◆aDRXZRX9R2 2017/03/20(月) 02:04:27.00 ID:J3sSiGY1o

    ガヴリール「服脱ぐのめんどくさい」

    ガヴリール「服着るのめんどくさい」

    ガヴリール「ヴィーネやって」

    ヴィーネ「ひゃうっ!?」

    ガヴリール「ひゃう……?」

    ヴィーネ「わ、私そういうのは慣れてないから!」

    ガヴリール「なんか今日のヴィーネ変だぞ」

    ヴィーネ「うぅ……」




    【ガヴリール「下の毛が生えてきたんだ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490109928/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/22(水) 00:25:28.38 ID:2gE/rgNu0

    男子「今日こそ天真さんに告白するぞ……!」 ガヴ「ん?なんだこの手紙」

    男子「白羽さん、俺と付き合ってください!」 ラフィ「えーっと……」

    男子「胡桃沢、話があるんだ」 サターニャ「望むところよ!」
    の続きです。男子は(ry 






    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/22(水) 00:26:38.85 ID:2gE/rgNu0

    -廊下-

    男子(はぁ……最近の俺、本当にツイてないよなあ)トボトボ

    男子(この短期間で3回も告白に失敗してるし……やっぱり、俺が誰かと付き合おうなんて無理な話なのかなあ)

    男子「はぁ……」


    ヴィーネ「あれ?男子くん?」

    男子「あ、月乃瀬さん」

    ヴィーネ「どうしたの?元気なさそうだけど……」

    男子「いや、何でもないよ」

    男子(この子は月乃瀬さん。真面目で面倒見の良い女の子だ)

    男子(たまに、先生に仕事を任されたときに一緒になったりする)



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/22(水) 00:27:45.67 ID:2gE/rgNu0

    ヴィーネ「そう……ならいいんだけど」

    男子「はは。ちょっと先生に授業資料の整理を頼まれちゃってね。今向かう所なんだ」

    ヴィーネ「あ、じゃあ私手伝ってあげようか?」

    男子「え?あー……大丈夫だよ。そんなに大変な仕事でもないし」

    ヴィーネ「いいのいいの。どうせ時間は余ってるしね」

    男子「じゃあお願いしようかな」

    ヴィーネ「はーい」


    男子(こんな感じで、月乃瀬さんは他の人の手伝いを率先して引き受けてくれる)

    男子(それは成績や評価の為ではなく、純粋な善意によるものだ。しかも、それが嫌味にならない)

    男子(男女問わず、彼女に好感を持っている人は少なくないだろう)



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/22(水) 00:28:47.17 ID:2gE/rgNu0


    男子「でも、月乃瀬さんもどこかへ行こうとしてたんじゃ?」

    ヴィーネ「ああ、違うの。さっきまで東階段の掃除をしていて、今はその帰り」

    男子「東階段?あそこの担当って月乃瀬さんのクラスだっけ?」

    ヴィーネ「違うわよ?私が自主的にやっただけ」

    男子「じ、自主的に!?……月乃瀬さんらしいね」

    ヴィーネ「そうかしら」クスクス


    男子(しかも、聞いたところに依ると料理・洗濯・裁縫など、家事全般が得意らしい)

    男子(噂では知り合いの女の子の世話もしてあげてるとかなんとか)

    男子(こんな子をお嫁さんに貰えた日には、それはそれは幸せな日々が約束されるだろう)

    男子(……)




    【男子「月乃瀬さん、俺……」 ヴィーネ(まさか……)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490082884/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/21(火) 16:54:45.49 ID:+zzNRbh30

    男子「今日こそ天真さんに告白するぞ……!」 ガヴ「ん?なんだこの手紙」

    男子「白羽さん、俺と付き合ってください!」 ラフィ「えーっと……」
    の続きです。男子は同一(ry

    舞天高校に購買があるかは知りませんが、ここではあるということでお願いします。あるんだよ! 






    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/21(火) 16:55:56.73 ID:+zzNRbh30

    -購買-

    男子(んー……めぼしいパンは全部売り切れてるなあ)

    男子(お!メロンパンが一個だけ残ってるじゃん。もーらい)バッ

    男子「あ」

    サターニャ「あ」

    男子「……」

    サターニャ「……」

    男子「いいか、このメロンパンに先に触ったのは俺だ。その意味、分かるよな?」

    サターニャ「そっちこそ、この世の全てのメロンパンは、私の胃に納められるべき供物だということを理解しているのかしら?」

    男子「いや知らん」

    サターニャ「スキありっ!」バッ



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/21(火) 16:57:09.85 ID:+zzNRbh30

    男子「あ、てめっ!返せ!」

    サターニャ「ふふん、油断するのが悪いのよ!」

    男子「くっ……このぉ!」ガバッ

    サターニャ「なっ、ちょっと!放しなさいよ!」

    男子「はっはっは!女子が男子に力比べで勝てると思って……」





    おばちゃん「で、何か言うことは?」ゴゴゴ…

    男子「すみませんでした」ドゲザ

    サターニャ「もうしません」ドゲザ



    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




    【男子「胡桃沢、話があるんだ」 サターニャ「望むところよ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489976815/

    1: ◆Mva6m5m6DU 2017/03/20(月) 11:26:55.93 ID:jYLjs5qu0

    ガヴリール「ん?タプリスか…何もしてないぞ?」

    タプリス「ですが…これは、なんです…?」

    ガヴリール「あぁ…それか、それは掲示板っていうやつだ…」

    タプリス「掲示板…?あの町内会の集会所前、企業内、学校内、市区町村役場や裁判所などの役所前、アミューズメント施設の施設内などにあるあの…」

    hira131173


    ガヴリール「間違ってはないが…そっちの掲示板ではなく『電子掲示板』の方の掲示板さ…」

    タプリス「電子掲示板…ですか?」

    ガヴリール「あぁ…そうだよ。電子掲示板のことさ、Bulletin Board System略してBBSともいうが…」





    2: ◆Mva6m5m6DU 2017/03/20(月) 11:27:45.64 ID:jYLjs5qu0

    タプリス「そ、そういうのもあるんですか…」

    ガヴリール「あぁ、そうだよ。ちなみに私は、この『13ch』の管理人をしている…」

    タプリス「天真先輩…凄いです…!」

    ガヴリール「別にすごくもないぞ…荒らしなどにも対策しないと人減ってしまうしな…」

    タプリス「あっ…大変ですね…」



    3: ◆Mva6m5m6DU 2017/03/20(月) 11:28:21.85 ID:jYLjs5qu0

    タプリス「天真先輩…?何をしてるんですか?」

    ガヴリール「ん?タプリスか…何もしてないぞ?」

    タプリス「ですが…これは、なんです…?」

    ガヴリール「あぁ…それか、それは料理っていうやつだ…」



    4: ◆Mva6m5m6DU 2017/03/20(月) 11:29:16.73 ID:jYLjs5qu0

    タプリス「そ、そういうのもあるんですか…」

    ガヴリール「あぁ、そうだよ。ちなみに私は、この本をだしている…」

    タプリス「天真先輩…凄いです…!」

    ガヴリール「別にすごくもないぞ…」

    タプリス「あっ…大変ですね…」




    【タプリス「天真先輩…?何をしてるんですか?」】の続きを読む

    このページのトップヘ