大きいサイズ

    カテゴリ: 遊戯王SS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1513431837/

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/16(土) 22:43:57.013 ID:zqsKkET00

    AI『あれが伝説のデュエリストか。でも天下のプレイメイカー様なら勝てるんじゃねえか?』

    遊作「…黙って居ろ」

    遊作(ただ構えているだけなのに凄い威圧感だ…。だが俺は勝って見せる!ここで負けていたら奴らへの復讐など到底叶いはしない)

    表遊戯(もう一つの僕、この人…)

    遊戯(ああ、彼の目からは深い悲しみと憎しみを感じる。だが今はデュエルを楽しむぜ)

    デュエル!

    遊作「先行は貰う!」
    手札↓5



    2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/16(土) 22:44:29.234 ID:abv6QxCD0

    封印されし者の右腕



    3: 海老天 ◆EBITEN.OiVVZ 2017/12/16(土) 22:44:44.190 ID:Ou0B+S1R0

    封印されし者の右足



    4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/16(土) 22:45:19.834 ID:UcWmXDlzd

    封印されし者の左腕



    5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/16(土) 22:45:27.737 ID:Zv+ecVO60

    ラーの翼しんりゅう



    6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/16(土) 22:47:18.512 ID:0QhtoqSp0

    エクゾディア




    【遊作「遊戯さん、俺とデュエルしてくれ」遊戯「来い、遊作!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1451643480/

    1 : ◆6lM76zkyEU 2016/01/01(金) 19:18:00 ID:HNkXpDgs

    ・遊矢×柚子

    ・短い

    ・デュエルなんてない



    2 : ◆6lM76zkyEU 2016/01/01(金) 19:18:46 ID:HNkXpDgs

    正月・柊家……

    遊矢「あー極楽、極楽。やっぱり冬はコタツだよな」

    柚子「もう、ウチに来るなりコタツに潜り混んで。だらけ過ぎよ」

    遊矢「良いじゃん、正月なんだし。こんな時くらいダラダラさせてくれよ」

    柚子「お正月だからよ。よく言うでしょ? 『1年の計は元旦にあり』って」

    遊矢「分かった分かった。来年の元日はちゃんとするからさ」

    柚子「今から来年の話しないでよね、まったく」ハァ



    3 : ◆6lM76zkyEU 2016/01/01(金) 19:19:20 ID:HNkXpDgs

    遊矢「なあ、柚子」

    柚子「何よ?」

    遊矢「みかん剥いてー」

    柚子「嫌よ。子供じゃないんだから自分で剥きなさい」

    遊矢「面倒臭いだよ」

    柚子「みかんの皮剥くのが面倒臭いって……じゃあ食べなきゃ良いでしょ?」



    4 : ◆6lM76zkyEU 2016/01/01(金) 19:20:14 ID:HNkXpDgs

    遊矢「剥きたくないけど食べたいの。特に柚子の素手で剥いたのを食べたい」

    柚子「遊矢、それ若干気持ち悪い」

    遊矢「気持ち悪い言うな。食べたいんだよ、みかん。みかんーみかんー」

    柚子「あーもう、うるさいわね。剥けばいいんでしょ、剥けば」

    遊矢「流石、柚子。何だかんだで俺に甘い」

    柚子(この野郎)




    【遊矢「正月とコタツとみかん」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1458899449/

    1 : ◆6lM76zkyEU 2016/03/25(金) 18:50:49 ID:Q7aTctKk

    ガタン、ゴトン、ガタン、ゴトン……

    遊矢「……んっ」

    遊矢(あれ、電車? 俺寝てたのか?)

    遊矢(やば、今何処だろう?)

    遊矢(……よかった。まだ着いてない)

    遊矢(寝過ごしたら危なかったな……ん?)

    柚子「Zzz」



    2 : ◆6lM76zkyEU 2016/03/25(金) 18:51:34 ID:Q7aTctKk

    遊矢(何で柚子が俺の肩に……こいつも一緒に寝たのか)

    柚子「Zzz」

    遊矢「おい、柚子。肩重いんだけど」

    柚子「Zzz」

    遊矢(完全に寝てる。まあ今日はずっと歩きっぱなしだったし)

    遊矢(きっと疲れてるんだな。仕方ない、もう少し寝かせとくか)



    3 : ◆6lM76zkyEU 2016/03/25(金) 18:52:15 ID:Q7aTctKk

    遊矢(しかしもう夕方か。結局1日柚子とぶらぶらしてたな)

    柚子「Zzz」

    遊矢(夕焼けが目に眩しいなぁ)

    柚子「Zzz」

    遊矢(今日の夕飯何だろう?)

    柚子「……ゆぅや」

    遊矢「え?」




    【遊矢&柚子「Zzz」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1464617566/
    1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 23:12:46 ID:V6oV5yZs

    ※キャラ崩壊注意

    アカデミア……

    グロリア「…………」トコトコ

    ザワザワ

    グロリア(ふふっ、感じるわ視線を。私への羨望の眼差しを)

    グロリア(ただ歩くだけでこれだけの注目を集めてしまうなんて私って罪な女だわ)

    グロリア(まあそれ相応の気品と美貌を兼ね備えているんだもの。ある意味必然よね)



    生徒A(まな板だ……)

    生徒B(まな板だ……)

    生徒C(かなりまな板だ……)



    2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 23:14:09 ID:V6oV5yZs

    グロリア(それにしても何だか小腹が空いたわね。何か甘い物でも食べた気分だわ)

    女子生徒「きゃ!」ドン!!

    グロリア「ん? ちょっと、ちゃんと前見て歩きなさい」ギロリ

    女子生徒「もう、何でこんな所に『壁』なんてあるのよ!」

    グロリア「…………」

    女子生徒「あ、グロリア様! す、すいません! 前見てなくて!?」アタフタ

    グロリア(……壁)



    3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 23:15:17 ID:V6oV5yZs

    グロリア&グレースの部屋……

    グレース「踏み出した空に~走ってく光~♪」←掃除中

    グロリア「グレース! グレースゥ!!」ドタバタ

    グレース「あら、お帰りなさいグロリア姉さま。今日のおやつはショートケーキですよ」

    グロリア「本当♪ ……って、そうじゃない! 一大事よ、由々しき事態よグレース!!」

    グレース「どうやらその様ですね。でも帰ったらまずは手を洗わないと」

    グロリア「ああもう、忘れてた! とにかくすぐに洗って来るからケーキとお茶の用意して待ってて!!」




    【グロリア「これは由々しき事態よ」 グレース「そうですね」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1464002113/

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 20:15:13 ID:iPYDSdK6

    柚子の部屋……

    遊矢「柚子の部屋に来るのも何だか久しぶりだな」キョロキョロ

    柚子「来て早々いきなり人のベッドの上に座らないでよ。後あんまりキョロキョロもしないで」

    遊矢「固いこと言うなよ」

    柚子「全く遊矢は……あ、飲み物入れて来るけど何が良い?」

    遊矢「う~ん、じゃあクリームソーダ。アイス多めで♪」

    柚子「ウチは喫茶店じゃないからそんなのないわよ。コーヒー淹れて来るからちょっと待っててね」



    2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 20:17:20 ID:iPYDSdK6

    遊矢(にしてもしばらく見ないうちに柚子の部屋も大分変わったな。前より何処となく女の子らしい部屋になったような気がするし)

    遊矢「あれ、本棚のあの漫画は……へー新刊出てたんだ」

    遊矢(待ってる間暇だしちょっと読ませて貰おうっと。しかし柚子って結構漫画持ってるよな……ん?)

    遊矢「何だこれ? 本の後ろに封筒が……手紙か?」

    遊矢(何でこんな所に手紙が? 白い封筒にハートマークのシールで止められてて……いや、まさかこれ……)

    遊矢「ラブレター?」



    3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 20:19:13 ID:iPYDSdK6

    遊矢(わざわざこんな所に隠していたんだからその可能性はあるよな)

    遊矢(誰かからは知らないけど柚子の奴、こんなの貰ってたのか。い、意外と隅に置けない奴だな、柚子って)

    遊矢「…………」ソワソワ

    遊矢(あれ、何で俺ちょっと動揺してんだ?)

    遊矢(仮にこれがラブレターでそれを柚子が持ってても俺には関係ないはずなのに……そうだよ、あいつはただの幼馴染なんだから)

    遊矢「…………」ソワソワ



    4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/23(月) 20:20:39 ID:iPYDSdK6

    遊矢(それにしても誰だよこんな手紙を柚子に渡したのは? あんなストロング女にラブレター出すなんてよっぽどの物好きだよな)

    遊矢(封筒には名前は書かれてないけど……中の手紙読めば多分分かるよな)

    遊矢「…………」

    遊矢(いや、流石に手紙読むのはまずいだろ。プライバシーの侵害だし……でも何か気になるし……う~ん)

    柚子「お待たせ。ごめんね、買って置いた筈の砂糖が見つからなくて……」

    遊矢「うわっ!?」ビクッ




    【遊矢「ラブレター?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1467901611/

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/07(木) 23:26:51 ID:CihC5d0c

    遊星(日付が変わる少し前、突然アキから電話があった)



    2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/07(木) 23:29:28 ID:CihC5d0c

    アキ『ごめんなさい、こんな時間に。もしかしてもう寝てた?』
    遊星「いや、昨日の夜からずっと起きてるぞ」
    アキ『そうなの……って昨日の夜から!? 遊星、また貴方徹夜してるの?』
    遊星「ああ、色々とやる事が多くてな」
    アキ『駄目よ、そんなの! ちゃんと睡眠とりなさい! そんな生活続けていたら絶対何時か倒れるわよ!!』
    遊星「わ、悪い……ところでアキこそこんな時間に何の用なんだ?」



    3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/07(木) 23:31:35 ID:CihC5d0c

    アキ『えっと、それは……』

    遊星「明日も学校なんだろ? あまり夜更かししない方がいいんじゃないか?」

    アキ『子供扱いしないで。用ならあるわよ……その、遊星と少しお喋りしたいなーと思ったのよ。うん、そう」

    遊星「突然だな。だが俺となんか話をしてもつまらなくないか?」

    アキ『そんな事ないわよ! 少なくとも私には!!』



    4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/07(木) 23:33:19 ID:CihC5d0c

    遊星「アキ?」

    アキ『あっ……ご、ごめんなさい。やっぱり急だし迷惑、かしら?』

    遊星「……俺は正直話をするのはそんなに得意じゃない」

    アキ『…………』

    遊星「だから話をするにしても殆ど聞き役に徹する事になるが……それでもいいか?」

    アキ『! え、ええ!』




    【遊星「7月7日」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1483721808/

    1 : ◆6lM76zkyEU 2017/01/07(土) 01:56:48 ID:cD4WPNfY

    ※融合次元が来る前の平和なエクシーズ次元でのお話です。



    2 : ◆6lM76zkyEU 2017/01/07(土) 01:58:26 ID:cD4WPNfY

    元日・黒咲家

    瑠璃「長閑な年明けだね~」オコタゴロゴロ

    隼「瑠璃、少しだらけ過ぎだぞ」

    瑠璃「いいじゃない、お正月なんだし」

    隼「今日はユート達と初詣に行くんだろう? 何時までものんびりしていていいのか?」

    瑠璃「まだ時間があるから大丈夫よ」ミカンムキムキ

    ユート「だが時間的にそろそろ準備してもいいんじゃないか?」

    瑠璃「もう、ユートは心配性ね……って、うわあああああぁぁぁぁ!?」ビクッ

    ユート「!?」ビクッ



    3 : ◆6lM76zkyEU 2017/01/07(土) 02:00:43 ID:cD4WPNfY

    瑠璃「ななななな、何で!? 何でユートがウチに居るの!?」アタフタ

    ユート「いや、たまたま近くに用事があったから挨拶がてらに寄ったんだ。あけましておめでとう、瑠璃。今年もよろしく」

    瑠璃「あ、うん。今年もよろしくお願いします……って、違う! 本当に違うの! 今日はお正月だからであって普段からこんなにダラダラしてる訳じゃないの!!///」アワアワ

    ユート「そ、そうか」

    瑠璃「ああ、髪もボサボサだし恰好もダサいし……うえええん、ユートの馬鹿ぁ! ごめんなさぁーい!!///」ダダダッ

    ユート「……何か不味かったかな?」

    隼「気にするな。あいつの自業自得だ……ほら、茶を淹れたぞ」

    ユート「ありがとう、隼。そして今年もよろしく頼む」

    隼「こちらこそ今年もよろしくな、ユート」



    4 : ◆6lM76zkyEU 2017/01/07(土) 02:01:32 ID:cD4WPNfY

    サヤカ「2人とも、あけましておめでとう♪」

    アレン「あけおめ~! 今年もよろしくな、お前ら!!」

    ユート「アレン、サヤカ、あけましておめでとう。今年もよろしく」

    瑠璃「おめでとう……今年もよろしく……」ズーン

    サヤカ「あれ? 何か瑠璃元気ないね。せっかくの新年なのに」

    瑠璃「出掛けに色々あって……詳しく聞かないでくれるとありがたいです、はい」




    【ユート「初詣に行こう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1481368486/

    1 : ◆6lM76zkyEU 2016/12/10(土) 20:14:46 ID:8mmZLUcs

    ※融合次元が来る前の平和なエクシーズ次元でのお話です。



    2 : ◆6lM76zkyEU 2016/12/10(土) 20:15:59 ID:8mmZLUcs

    黒咲家・トイレ……

    隼「…………」

    集「……ふぅ」

    隼(まさかシャワー中にいきなり便意に襲われるとは……俺の胃もまだまだだな)

    隼(しかし慌てていたとはいえ全裸でトイレに駆け込んでしまった)

    隼(瑠璃が出掛けていて助かった。こんな姿、万が一あいつに見られたら大変だからな)

    隼(少なくともあいつの前では俺は完璧な兄でなければならない)オシリフキフキ



    3 : ◆6lM76zkyEU 2016/12/10(土) 20:17:18 ID:8mmZLUcs

    隼(とにかく瑠璃が帰って来る前に早急に着替えなければ……)

    隼「…………」チラッ

    隼「我ながら随分と出したものだ」フッ

    ジャー

    隼(さて、着替えたら瑠璃の部屋でも掃除しておいてやるか。きっと喜ぶに違いない)ガチャ

    隼「……ん?」ガチャガチャ



    4 : ◆6lM76zkyEU 2016/12/10(土) 20:18:30 ID:8mmZLUcs

    隼(何だ? ドアが、開かない?)

    ガチャガチャ

    隼「くっ!」

    ガチャガチャ

    隼「ふん!」

    ガチャガチャガチャ

    隼「ガブリンチョ!」

    ガチャガチャガチャガチャガチャガチャ

    隼「くっ、駄目だ! びくともしない!」



    5 : ◆6lM76zkyEU 2016/12/10(土) 20:19:49 ID:8mmZLUcs

    隼「どうして急にドアが? まさか壊れたのか? 勝手に?」

    隼(これは不味いぞ。俺は早く出て着替えないと……ええい!)

    隼「開け! 開けと言っている!!」

    ガチャガチャ……ポロッ

    隼「なっ!?」

    隼「ドアノブが外れた……だと?」




    【隼「孤軍の隼(はやぶさ)」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1482580086/

    1 : ◆6lM76zkyEU 2016/12/24(土) 20:48:06 ID:Lkg1S.Qk

    ※このお話は以前書いた『クロウ「今日は楽しいクリスマス」』と繋がっています。



    2 : ◆6lM76zkyEU 2016/12/24(土) 20:51:00 ID:Lkg1S.Qk

    ネオ童実野シティ……

    警官A「おー雪が降ってる」

    警官B「ホワイトクリスマスってやつだな」

    警官A「これで休みなら嬉しいんだろうけど」

    警官B「本当にな。何でこんな日に仕事なんだか……」

    牛尾「――お前ら、何そんなところでブツブツ言ってんだ?」

    警官A「あ、牛尾さん!」

    警官B「お疲れ様です!」



    3 : ◆6lM76zkyEU 2016/12/24(土) 20:55:02 ID:Lkg1S.Qk

    牛尾「まあ言いたい事は分かる。今日はクリスマス・イヴだし、町はこんなに賑やかだ。こんな日に仕事なんかしたくはねえだろ」

    警官A「あ、いえ、そんな事は……」

    牛尾「だがな、こういう日だからこそ俺達がしっかりしねえといけねえ」

    牛尾「町は賑やかだがそういう日に、自分勝手と楽しさを履き違える馬鹿とかは出てきちがちだからな」

    牛尾「町の奴らが笑顔でクリスマスを過ごせるかは俺達の肩に掛かってるんだ。頼むぞ、お前達」

    警官A&B「は、はい!」

    <○○地区で暴行事件発生。付近のセキュリティは……

    牛尾「たくっ、言ってる傍から……ああ、お前らはいい。俺が行くからここは頼んだぞ」

    ブロロロローン!



    4 : ◆6lM76zkyEU 2016/12/24(土) 20:56:52 ID:Lkg1S.Qk

    牛尾(クリスマスなだけにみんな笑ってやがる。男も女もガキも老人も)

    牛尾(シティの奴もサテライトに住んでた奴も、分け隔てなくクリスマスを楽しんでいる)

    牛尾(正直少し前までは考えられなかった光景だ……そしてあの頃よりずっと活気に満ちた良い町だ)

    牛尾(これも全部遊星達が戦い、勝ち取った世界なんだろうな)

    牛尾「へっ、あいつらが取り戻したこの平穏……今度は俺達セキュリティの手で守り抜いてみせるぜ!!」

    …………

    クロウ「ふざけんなぁ、クソォ! どいつもこいつもクリスマスだからって浮かれやがって! 俺だって……俺だってなぁ! 可愛い女の子とキャッキャウフフ(死語)なストロベリークリスマスナイトを過ごしてえんだよ!!(涙」ゲシゲシ

    男「も、もう勘弁してぇ……」ボロボロ

    牛尾「」




    【牛尾「今日は楽しいクリスマス」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1387550379/

    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/20(金) 23:39:39.42 ID:Kn93Ej8AO

    クロウ「ありがとうございました~」

    クロウ(ふぅ、これでノルマ完了っと。それにしても今日は一段と冷えるな~)

    クロウ「おまけに……」チラッ


    「パパ~サンタさん来てくれるかな~」

    「映画の時間までまだ時間あるけどどうする?」

    「早めに移動してツリーが良く見える場所取っとこうぜ」


    クロウ「クリスマス・イヴか……独り身には余計寒さが身にしみるな」



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/20(金) 23:42:20.57 ID:Kn93Ej8AO

    …………

    クロウ「ただいま~。稼ぎ頭のお帰りだぞ~」

    遊星「お帰り、クロウ。寒い中配達の仕事、大変だったな」

    クロウ「まったくだ。手が悴んじまって、Dホイールの運転も苦労したぜ」

    遊星「今温かいお茶を入れて来よう。ストーブの前で待っていてくれ」

    クロウ「言われなくてもそうするよ。お~あったけ~♪」ホカホカ



    4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/20(金) 23:47:00.86 ID:Kn93Ej8AO

    クロウ「そういえばジャックの奴はどうした? 姿が見えねえけど……」キョロキョロ

    遊星「お前が帰って来る少し前に出掛けたよ。ほら、お茶」

    クロウ「サンキュー。何だ、まさかまーた何時ものカフェで高い紅茶でも飲みに行ってんのか?」

    遊星「さあ? 行き先は言わなかったが今夜は遅くなるらしい。
    そういえば出掛ける直前に『今夜くらいは相手にしないと』とか呟いていたが」

    クロウ(……女か。相手はカーリーか、深影さんか、それともカフェの店員か?)

    クロウ(いや、ジャックの場合、3人まとめてって可能性もあるんだよな。
    『女3人相手に出来ず何がキングか』とか言って……ちっ、どっちにしろ忌々しい)ズズッ

    遊星(お茶、苦かったかな? クロウの奴、随分と渋い顔をしている……)



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/20(金) 23:49:37.13 ID:Kn93Ej8AO

    遊星「おっと、もうこんな時間か。俺もそろそろ出掛ける準備をしないと」

    クロウ「ああ、そういえばお前もこれからアキとデートだっけ?」

    遊星「デートじゃない。一緒に映画を観て、そのついでに食事をして来るだけだ」

    クロウ「知ってるかな、遊星君。それ世間一般的にはデートって言うんだよ?」ニッコリ

    遊星「喋り方がおかしいぞ、クロウ。それとその何処か殺気を感じさせる笑顔は止めてくれ」




    【クロウ「今日は楽しいクリスマス」】の続きを読む

    このページのトップヘ