大きいサイズ

    カテゴリ: ドラゴンボールSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524967500/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/29(日) 11:05:01.04 ID:c2fXHG9s0

    悟空「いやさ、よくよく考えたら、オラ達が間違ってたんじゃねえかって最近思うようになってよ」

    ブラック「ほう...とうとう俺の正義を理解したか孫悟空よ。サイヤ人は地球人以上に野蛮な存在だと思っていたが...孫悟空、貴様だけは違ったようだ」

    悟空「へへ、ありがとよ。でさ、そのお詫びの印として、おめえにちょっとプレゼントをしてえんだけど...」

    ブラック「ほう...俺にプレゼントとは、随分と気がきくではないか。折角だ、有り難く頂いておくとしよう」

    悟空「よっしゃ、じゃあ、今出すぜ...」ゴソゴソ

    悟空「ほい!中身は是非おめえが確認してくれ」

    ブラック「どれ...」カチャ

    ボワッ

    ブラック「なっ!?」

    悟空「はっはっはっは!やーいやーい引っかかった!その中にはありったけの睡眠薬をしかけてたんさ!」

    ブラック「......」ス-ス-

    悟空「よし、んじゃ、今の内に」ゴソゴソ

    ゴソゴソ

    悟空「へっへ、これでどっからどう見てもブラックだな」

    悟空「じゃあなブラック!道着とポタラはオラが貰っとくぜ!」バシュゥゥゥ

    ─────

    クズロット「さーて、これで好き放題悪りぃ事してもオラが疑われる事はねぇな!」

    クズロット「よーし、んじゃまずは、>>3 でもすっか!」





    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/29(日) 11:14:03.72 ID:/ByJSnkDO

    パチスロ



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/29(日) 11:31:23.00 ID:c2fXHG9s0

    クズロット「まずは今まで正義のヒーローぶって出来なかったパチスロでもすっか!」

    ──────

    クズロット「うーん...とは言ったものの、オラパチスロの事なんて全くわかんねぇぞ...」

    ザマス「...おや、我が同士も訪れていたのか」

    クズロット「ざ、ザマス!?どうしてここに!?」

    ザマス「...?どうしたのだ同士よ。二人で手を繋ぎながらここを訪れ、帰りには人目つかぬ場所で愛の営みをする、というのは我々の日課ではないか」

    クズロット「そ、そういやそうだったな」(アイツオラの体使ってそんな気持ち悪い事やってたんか...許せねえ)

    ザマス「さて、ではまずは、パチスロにじっくりと興じるとしようか。同士よ、私がいい台を先に取っておいた。お前はそこで打ち込むと良い」

    クズロット「あ、ああ、ありがとな...」

    ザマス「...?同士よ、何故孫悟空の真似事をするのだ?」

    クズロット「しゃ、洒落だ洒落」

    ザマス「...そうか...」

    クズロット(まずったな...気を極限までブラックに似せているとはいえ、これじゃあバレちまう...クソ、こうなったら>>6しかねえな)



    6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/29(日) 11:54:07.00 ID:vGH8IDVXo

    ザマスを魔封波で封印




    【悟空「ブラック、ちょっと良いか?」ゴクウブラック「何だ孫悟空」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531145154/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 23:05:54.78 ID:5yLOLXi40

    ドラゴンボール×浦安鉄筋家族のクロスオーバーです。

    ※ギャグです





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 23:07:16.98 ID:5yLOLXi40

    ザーボン「フリーザ様、あと1時間程でナメック星に到着します」

    フリーザ「そうですか。実に楽しみですねぇ」

    ウィーン

    ドドリア「フリーザ様!報告があります!」

    フリーザ「おや、何かあったのですか?」

    ドドリア「どうやらこの船に密航者がいたようです!」

    フリーザ「ほう、密航者ですか……。それで、捕まえたのですか?」

    アプール「はっ!こいつであります!……ほら、こっちに来い!」

    春巻「ちょー!離してちょー!助けてくれちょー!」ジタバタ

    フリーザ「これはこれは……随分と貧相な密航者ですねぇ」

    春巻「ホイ?」

    フリーザ「私はフリーザという者です。命が惜しかったら、私の質問に素直に……」

    春巻「リャーン!カッコイイ操縦席だちょー!あっちの窓には流れ星が見えるちょー!ほしほしー!」ウロウロ

    フリーザ「話を聞け貴様ぁー!!」バキッ

    春巻「こるどー!」グシャ



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 23:08:20.10 ID:5yLOLXi40

    アプール「うわぁ……フリーザ様のパンチをまともに食らった……」ガタガタ

    春巻「痛いウー」ルリルリルリ

    ドドリア「こ、こいつ……!フリーザ様の一撃をくらって生きてやがる!」

    フリーザ「ほう、これはこれは……。少しは骨があるようですねぇ」

    春巻「ここはどこちょー?」スクッ

    ザーボン「しかも、もう怪我が治っているぞ……」

    フリーザ「ここは私の宇宙船です。さて、素直に答えていただきましょうか。なぜ貴方は密航したのです?」

    春巻「よく覚えてないちょー。遭難して気がついたらこの宇宙船の倉庫みたいなところにいたマオ」

    フリーザ「やれやれ……。どうやら素直に答える気がないようですね」

    ウィーン

    ナバナ「ふ、フリーザ様ぁ!た、大変です!」

    フリーザ「まったく、騒々しいですねぇ……。次は何ですか!」

    ナバナ「そ、倉庫にあった食料が全て無くなっています!」




    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/09(月) 23:09:43.35 ID:5yLOLXi40

    ザーボン「な、何だと!?ま、まさか……」

    春巻「お腹がペコペコだったから、全部食べちゃったちょー」ポリポリ

    フリーザ「テメーの仕業かぁぁあああー――――っ!」ドグシャア!

    春巻「なかお!」グシャ

    フリーザ「あの倉庫には俺の食料も入っていたんだぞー!」

    春巻「とてもおいしかったちょりー」ペロリ

    フリーザ「くぁぁああああああああ!!」ガンッ

    春巻「くうらー!」グシャ

    ザーボン「あ、あのフリーザ様が……滅茶苦茶怒ってる……」ガタガタガタガタ

    ドドリア「あ、あの野郎……余計なことを……」ガタガタガタガタ

    春巻「おりょりょりょりょ……」ピクピク

    フリーザ「ちぃ、まだ生きているのか!しぶとい奴め……!」

    ザーボン「何であいつはフリーザ様の攻撃を受けて生きているんだ……?」

    アプール「え。いえ、その、私にいわれましても……」




    【春巻「ドラゴンボール?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1444828259/

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/14(水) 22:10:59 ID:i17XTERY

    時空間――

    ドラえもん「もう少しで、のび太君の家に到着するよ」

    のび太「白亜紀、楽しかったね。ピー助にもまた会えたし」

    ドラえもん「だけど、あまりムチャしちゃダメだよ!」

    ドラえもん「もう少しであの恐竜に食べられるところだったんだから!」

    のび太「うん……とっさにショックガンを撃たなかったら危なかったよ」

    のび太「でもあの時のぼく、かっこよかったろ? ワイアット・アープみたいでさ」

    ドラえもん「もう! 全然反省してないんだから!」

    のび太「!」ハッ



    2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/14(水) 22:16:02 ID:i17XTERY

    のび太「――ドラえもん! 前! 前っ! 他のタイムマシンがある!」

    ドラえもん「うわっ!? ブレーキをかけても間に合わないっ!」キキッ

    のび太「ショックガン!」サッ



    ズバッ!



    のび太「ふぅ……あっちのタイムマシンの動きを止めることができた……」

    ドラえもん「危なかった……」

    のび太「もう! なにやってんのさ、ドラえもん!」

    ドラえもん「ごめん……」



    3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/14(水) 22:19:02 ID:i17XTERY

    トランクス「どういうことだ……!?」

    トランクス「時間移動の途中で、タイムマシンがストップしてしまった……!」カチッカチッ

    トランクス「くそっ、どうすればいいんだ……!」ガンッ



    のび太「中の人が困ってるみたいだよ」

    ドラえもん「ようし、ぼくのタイムマシンでぼくらの時代まで引っぱっていこう!」




    【トランクス「のび太君とドラえもん君、おかげで助かったよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1440602959/

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/27(木) 00:29:19 ID:lJj2BNlE

    界王「ぷぷぷっ……! くくくっ……!」

    界王「どうじゃった? 今のギャグは?」

    ジャイアン「……?」

    ジャイアン「なんだよ、どういうことだよ!」

    ジャイアン「このオレさまが死んじまうっつうのかよ!」



    2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/27(木) 00:34:40 ID:lJj2BNlE

    界王「いやいや、そうではない」

    界王「今のは、お前のあだ名“ジャイアン”と死ん“じゃいやん”をかけたシャレ……」

    界王「いわば、超(スーパー)ギャグだったのだ!」

    界王「……どうじゃ? 面白すぎるじゃろう?」

    ジャイアン「う~ん……よく分かんねえな」

    界王「む……」



    3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/27(木) 00:38:52 ID:lJj2BNlE

    界王「どうやら、もう二、三個ギャグをおみまいせねば」

    界王「お前にワシのすごさは伝わらんようだな」

    界王「タケシよ、試しにお前の友だちの名前をワシに教えるのだ」

    界王「それでギャグを作ってやろう」

    ジャイアン「オレの友だち?」



    4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/27(木) 00:43:12 ID:lJj2BNlE

    ジャイアン「え、と……のび太とドラえもん、スネ夫、あとしずかちゃんってとこだな」

    界王「ふむ……」

    界王「……」

    界王「!」ピーン

    界王「ギャグの天才であるワシは、さっそくギャグを思いついたぞ!」

    界王「笑いすぎて腹を壊さないようにしておくのだぞ」




    【界王「ジャイアン死んじゃいやん!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526383507/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/15(火) 20:25:08.26 ID:5l5akqrJ0

    母「あんた、まだ独身なの?」

    男「うん……なかなか出会いがなくって……。今の職場、男だらけだし……」

    母「はぁ……いつになったら私は孫の顔を見られるのかしら」

    母「やっぱり一番の親孝行は孫の顔を見せることよねえ」

    男(このところ俺の顔を見るたび、こういう話題ばかり……うっとうしいなぁ)

    男「分かったよ、見せてやるよ!」






    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/15(火) 20:27:11.86 ID:5l5akqrJ0

    男「――ってわけで、顔を見せてあげてくれ!」

    悟空「おめえの母ちゃんに会えばいいのか?」

    男「うん……やってくれるか?」

    悟空「そりゃかまわねえけど……」

    悟空「孫は孫でも、オラは『そん』だぞ」

    男「なぁに、字が同じならいいのさ。じゃ、よろしく頼む!」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/15(火) 20:29:13.70 ID:5l5akqrJ0

    男「母さん!」

    母「なに?」

    男「約束通り、孫の顔を見せてやるよ」

    母「なにいってるの。昨日の今日で見せられるわけないでしょ。つまらない冗談は――」

    男「おーい、来てくれ!」

    悟空「オッス、オラ悟空!」

    母「キャーッ! 悟空ッ!!!」



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/15(火) 20:31:49.39 ID:5l5akqrJ0

    母「え、ウソウソウソ! 本物? 本物の悟空なの?」

    悟空「ああ、オラ本物だぞ」

    母「あらやだ、こんな格好でごめんなさい!」

    悟空「いや、気にしねえでくれ。オラだって普段通りの格好だしさ」

    母「あ、あのっ! 私あなたの大ファンなんです! 大大大ファンなんですぅ!」

    悟空「サンキュー!」

    男(そういや母さん、ドラゴンボール好きだったなぁ……)



    5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/15(火) 20:34:52.21 ID:5l5akqrJ0

    男「一番よかった悟空のシーンといえばどこだい?」

    母「そうねえ……よかったシーンがありすぎて、なかなか一つに絞れないけど……」

    母「あえて選ぶなら、リクームを一発で倒すシーンかしら」

    悟空「リクーム? 誰だったかな、そいつ」

    男「えーと、ギニュー特戦隊のメンバーの一人だよ」

    悟空「ああ、あいつらか~……ギニューならよく覚えてんだけどな!」

    悟空「体をとっかえっこされた時はたまげたぞ!」

    母「中身がギニューになったあなたも、悪役風味でステキでしたわ……」

    男(中身悟空のギニューはスルーか)




    【母「一番の親孝行は孫の顔を見せることよねえ」男「分かったよ、見せてやるよ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1433607940/

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 01:25:40 ID:lFc5ifPQ

    セル「笑えよベジータ」

    ベジータ「……」

    セル「笑って……くれよ……」

    ベジータ「……」

    セル「どうしたのだ、ベジータ! 笑えよ!」

    セル「あの自信たっぷりな笑顔を、もう一度見せてくれよ!」

    ベジータ「……」



    2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 01:28:37 ID:lFc5ifPQ

    セル(な、なぜだ……!?)

    セル(いくら呼びかけても、まるで反応がない!)

    セル(くそっ、どうすれば笑わせることができるのだ!?)

    セル(一番手っ取り早い笑わせる方法といえば、やはりギャグ……か)

    セル(ギャグの達人を連れてくるしかあるまい!)



    3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 01:31:14 ID:lFc5ifPQ

    ヤムチャ「ハナクソの秘密をそっと話くそう」

    ベジータ「……」





    セル(く……やはりヤムチャではどうにもならんか……)

    セル(ヤムチャごときに期待した私がバカだった……)

    セル(せっかく完全体になったというのに、早くも人生の汚点ができてしまった……)



    4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 01:33:53 ID:lFc5ifPQ

    界王「どれ、ワシに任せてみろ」

    セル「キサマは……界王!?」

    界王「宇宙一のギャグの天才であるワシにかかれば」

    界王「ベジータを笑わせることなど造作もないことだ」

    セル「おおっ、よろしく頼む!」

    セル「ベジータに笑顔を取り戻させてやってくれ!」




    【セル「笑えよベジータ」ベジータ「……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1431603702/

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/14(木) 20:41:42 ID:S8gTToHs

    2015年──

    漫画やアニメを司る“神”は、あることを閃いた。



    神「ドラゴンボールZの『復活のF』がだいぶ好評で好調のようだ……」

    神「ならばこの機会(ビッグウェーブ)を、逃す手はない!」

    神「ドラゴンボールだけではなく、他の漫画の強敵を次々復活させ──」

    神「日本の漫画アニメ界をさらに高みへと導くのだ!」



    2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/14(木) 20:43:32 ID:S8gTToHs

    神「さぁ、まずは北斗神拳の使い手にして、世紀末覇王!」

    神「ファンが葬儀まで開いたという、この男の再来を望む人間は多いはずだ!」

    神「私の神の神たる力を使い、復活させてやろう!」



    ラオウ「む……おれは生涯に悔いはなかったのだが……」



    ~ 北斗の拳 復活の「R」 ~



    3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/14(木) 20:45:53 ID:S8gTToHs

    神「自らの贖罪のために妖怪となり、地獄へ堕ちた悲しき武道家!」

    神「再び、いかなる技をも粉砕するパワーを見せてくれ!」

    神「修行すれば、きっと数ヶ月でトップクラスのS級妖怪になれるだろう!」



    戸愚呂弟「オレは冥獄界にいたはずなんだがねェ」



    ~ 幽遊白書 復活の「T」 ~



    4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/14(木) 20:47:35 ID:S8gTToHs

    神「志半ばで、この世を去った世界最高の名探偵!」

    神「『が……ま……』とは、『が、また復活する時までさようなら』だったのだ!」

    神「よみがえった命と頭脳をフル稼働させ、再び犯罪者と戦うのだ!」



    L「私の遺志は、すでにニアとメロに受け継がれたはずですが……」



    ~ デスノート 復活の「L」 ~




    【神「復活のFが好評なので、どんどん強敵を復活させよう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1523879056/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/16(月) 20:44:16.45 ID:T/j/Pfn50

    悟空「悟飯、悟天! 修行を始めっぞ!」

    悟飯「はいっ!」

    悟天「うんっ!」

    悟空「じゃあ、まずは軽く組み手……」

    悟空「うっ!?」

    悟飯「ど、どうしました、お父さん!?」

    悟空「わかんねえ……いきなり腰が……」ガクッ

    悟飯「しっかりして下さい!」






    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/16(月) 20:45:51.41 ID:T/j/Pfn50

    悟空「いちちちち……!」

    チチ「悟空さ、どうしちまっただ!?」

    悟飯「分かりません……! 修行を始めようとしたら、突然腰の痛みを訴えて……」

    チチ「ううう……どうすりゃいいだべか……」

    悟天「トランクス君のお母さんに診てもらったら?」

    悟飯「ブルマさんか……。発明家だけど、こういうことにも詳しそうだし、行ってみよう!」

    悟空「す、すまねえ……」




    【悟空「オラ、椎間板ヘルニアになっちまったぞ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1425127446/

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/28(土) 21:44:06 ID:D4zOJxV.

    ジャギ「…………」

    ラディッツ「…………」

    戸愚呂兄「…………」

    ジャギ「お前の声…よく世紀末では聞いたなぁ…」

    ラディッツ「うるさいわ!!」

    ジャギ「俺の部下にも居て…」

    ラディッツ「黙れ!!」

    戸愚呂兄「このスカウターは幻海の形見か?」

    ラディッツ「違うわ!誰だ!!」



    2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/28(土) 21:51:00 ID:D4zOJxV.

    ジャギ「こうして貴様らに集まってもらったのは他でもねぇ」

    ラディッツ「なぜお前が仕切っている」

    ジャギ「黙れモヒカン声!俺ぁ貴様ら腑抜け共より遥かに昔からジャンプの看板を背負っていたのだ!!」

    戸愚呂兄「背負っていたのはお前じゃあないがな」

    ジャギ「ラオウの兄者とトキの兄者か」

    戸愚呂兄「ケンシr」

    ジャギ「ラオウの兄者とトキの兄者か」

    ラディッツ「いやだからケn」

    ジャギ「貴様ら俺の顔より醜く焼け爛れるかぁ!?」

    ラディッツ「俺が地球人の編み出した武器に敗北するワケが無い」

    戸愚呂兄「お前の拳法と武器では、この俺に致命傷など与えられん」ぐにゅぐにゅ

    ジャギ「うわなにそれきも」

    ラディッツ「キモイぞ」

    戸愚呂兄「解剖するぞ貴様ら」



    3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/28(土) 21:55:44 ID:D4zOJxV.

    ジャギ「もうなんでもいい!いいから俺の話を聞け!!」

    戸愚呂兄「五分だけでもいい?」

    ジャギ「古いわ!虎&龍なぞ!女共は虎と兎が好まれる時代なんだ!」

    ラディッツ「よく解らんがさっさと本題に入れ、戦闘力たったの5…ゴミめ」

    ジャギ「ほざきやがれぇい!原作の台詞ぶっこめばいいと思いおって!!」

    ジャギ「だがまぁいいだろう、なら言わせてもらう」

    ジャギ「俺達………」

    ジャギ「『主人公の兄貴』の割に」

    ジャギ「扱いひどくね?」

    ラディッツ「おい、このチビは主人公の兄ではないぞ」

    戸愚呂兄「うるせぇえ――――ッ!!俺の弟は主人公に負けぬ活躍をしたろうがァーッ!!」




    【ジャギ「兄より」ラディッツ「優れた」戸愚呂兄「弟など…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1425902690/

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/09(月) 21:04:50 ID:fh6cM6fc

    ついにドラゴンボールを七つ揃えたフリーザ。



    フリーザ「さあ、ドラゴンボールよ!」

    フリーザ「このフリーザ様に永遠の命と若さを与えなさい!」

    ギニュー「うおおおおお!」



    シ~ン……



    ギニュー「なにも起こりませんね……?」



    2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/09(月) 21:07:13 ID:fh6cM6fc

    ギニュー「もしや、もう不老不死になられたのでしょうか?」

    フリーザ「……ええ、そのとおりです!」

    フリーザ「私には分かります! このみなぎる力、まさしく不老不死!」

    フリーザ「ついに私は……私は! 永遠の命と若さを手に入れたのです!」

    ギニュー「うおおおおお!」

    フリーザ「ほーっほっほっほっほ! 実に晴れやかな気分ですよ!」

    ギニュー「よろしければ、私が晴れやかなダンスを踊りましょうか!」

    フリーザ「そ、それはまた、次の機会に……」



    3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/09(月) 21:09:30 ID:fh6cM6fc

    ギニュー「これで、フリーザ様は未来永劫、全宇宙を支配できるというわけですな!?」

    フリーザ「そのとおりですよ、ギニューさん」

    フリーザ「死すらも克服した私に、もはや恐れるものはありません!」

    フリーザ「全宇宙に私の強さと怖さを思い知らせてやろうではありませんか!」

    フリーザ「永遠にねぇ!」ニタ…

    ギニュー「ははーっ!」

    フリーザ「…………!」ハッ

    フリーザ「…………」ガタガタ…

    ギニュー「どうされましたか? フリーザ様」



    4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/09(月) 21:11:37 ID:fh6cM6fc

    フリーザ「ああ……うああああっ……!」

    フリーザ「うわああああああっ!」ガクッ

    ギニュー「フリーザ様!?」

    フリーザ「私は……私はなんという愚かなことを……!」

    ギニュー「お、愚か……!?」

    フリーザ「永遠の命を手に入れた私は……今、全てを悟ってしまいました」

    フリーザ「“支配”などというものが、なんと小さく醜いものかを……」

    ギニュー「!」




    【フリーザ「ついに私は永遠の命と若さを手に入れたのです!」】の続きを読む

    このページのトップヘ