大きいサイズ

    カテゴリ:ラブライブ!サンシャイン!!SS > かなまる

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1545053510/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/12/17(月) 22:31:50.24 ID:N0Cy+fST

    花丸「早速いただくずら」モグモグ

    果南「今日は何をしてきたのかなん?」

    花丸「ルビィちゃんの家でずっとゲームしてたよ」

    果南「マルってゲームとかできたっけ」

    花丸「操作が簡単なやつなら」

    果南「ふーん……ところで、ずいぶん遅くまで遊んでたみたいだけど、本当にしてたのはゲームだけ?」

    花丸「……水ゴリラ、何が言いたいずら?」



    7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/12/17(月) 22:38:35.12 ID:N0Cy+fST

    果南「単刀直入に言うけど」

    花丸「うん」

    果南「アンタ、浮気してるんじゃないでしょうね」

    花丸「は、はぁ!?そんなわけないずら!」ガタッ

    果南「どうだか、頻繁にルビィちゃんと遊んでるし」

    花丸「ルビィちゃんはただの友達ずら!友達と遊んで何が悪い!」

    果南「へぇ、マルは恋人よりただの友達を優先するんだぁ」




    【花丸「水ゴリラ、ただいまずら」果南「おかえり、夕飯できてるよー」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1541646394/

    1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/11/08(木) 12:06:34.96 ID:Vm3yKagZ

    ノcノ,,・o・,,ノレ「皆さんご無沙汰ずら。悶絶少女専属爪剥ぎ少女マルずら。本日紹介するのは陸ゴリラ」

    ノcノ,,・o・,,ノレ「毛むくじゃらの体に均整の取れてない体格。その姿に恐怖を抱く方も多いじゃないかずら?」

    ノcノ,,・o・,,ノレ「でも実際はゴリラはとても優しい動物ずら。そんな陸ゴリラについて、いんたーねっつで調べたことを紹介するずら」



    2: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/11/08(木) 12:07:21.49 ID:Vm3yKagZ

    ノcノ,,・o・,,ノレ「まずゴリラの名前についてずら。」

    ノcノ,,・o・,,ノレ「ゴリラはギリシャ語で「毛深い女部族」という意味ずら。」

    ノcノ,,・o・,,ノレ「ちなみに内浦の水ゴリラも下の毛は結構毛深いずら」

    || 

    ノcノ,,・o・,,ノレ「ゴリラの学名はゴリラ・ゴリラ。ローランドゴリラはゴリラ・ゴリラ・ゴリラずら」

    ノcノ,,・o・,,ノレ「これもうわかんねぇずら」



    3: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/11/08(木) 12:07:50.28 ID:Vm3yKagZ

    ノcノ,,・o・,,ノレ「大人のオスゴリラの平均握力は約400キロ。 向こうが親愛の情で握手しようとしても悲惨な目に遭うので要注意ずら」

    ノcノ,,・o・,,ノレ「内浦の水ゴリラは親愛の情でハグしてこようとするので注意ずら。マルはこれで4回背骨が砕けたずら」

    ^|| 



    4: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/11/08(木) 12:08:19.90 ID:Vm3yKagZ

    ノcノ,,・o・,,ノレ「ゴリラの血液型は人間のABO式血液型判定によると、みんなB型ということになるそうずら。人間のB型の血液とゴリラの血液を混ぜても凝固反応が見られないずら。」

    ノcノ,,・o・,,ノレ「あれ?」

    ノcノ,,・o・,,ノレ(水ゴリラは確かO型..?)

    ノcノ,,・o・,,ノレ「?」

    ノcノ,,・o・,,ノレ「まぁいいずら。次」

    ヮ^|| 



    5: 名無しで叶える物語(家) 2018/11/08(木) 12:08:46.23 ID:KkcYkrUc

    剥ぐ、しよ?




    【ノcノ,,・o・,,ノレ「マルと学ぶ陸ゴリラ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1541521057/

    1: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/11/07(水) 01:17:37.26 ID:i+xvGUx6

    果南「ねえ、何でだと思う?」

    鞠莉「え、知らないわよ」

    ダイヤ「鞠莉さん、そこの書類を取っていただけます?」

    鞠莉「これ?はいどーぞ」

    ダイヤ「ありがとうございます」

    果南「二人とももうちょっと興味持ってくれても良いんじゃない?」



    2: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/11/07(水) 01:18:51.60 ID:i+xvGUx6

    果南「おい!真剣に悩んでるんだよこっちは!」バンバン

    ダイヤ「机を叩かないでくださる?」

    鞠莉「Shut up. 果南」

    果南「冷たい、夜の海より冷たいよ二人とも」

    鞠莉「だって花丸の奇行なんて今に始まったことじゃないでしょ」

    ダイヤ「考えるだけ時間の無駄ですわ」

    鞠莉「そういうわけで、仕事の邪魔よ、果南」

    果南「ここだけ氷河期かな?」



    3: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/11/07(水) 01:19:54.09 ID:i+xvGUx6

    鞠莉「で?何をそんなにエキサイトしてるのよ果南は」

    果南「あ、聞いてくれるんだ」

    ダイヤ「まあ、放っておいたら騒がしくて仕事になりませんし」

    鞠莉「聞くだけ聞いてあげるわよ」

    ダイヤ「幼馴染のよしみですわ」

    果南「ダイヤ……鞠莉……」

    果南「だったら最初から黙って聞いてくれれば良いのに」

    ダイヤ「摘まみ出しますわよ」



    4: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/11/07(水) 01:22:53.42 ID:i+xvGUx6

    果南「最近ね、マルがかりんとうを投げつけてくるんだよ」

    鞠莉「さっき聞いた」

    ダイヤ「話したいことはそれだけですの?」

    果南「それだけって……かりんとう投げられるって中々あるもんじゃないよ」

    ダイヤ「まあそうですが……」

    鞠莉「剥き出しで投げてくるの?」

    果南「いや、小袋で個包装されてる」

    ダイヤ「えぇ……?」

    鞠莉「食べ物を粗末にはしないのね。……いや投げてる時点でダメか」

    ダイヤ「投げられたかりんとうはどうしてるんですの?」

    果南「食べるよ。勿体無いし」

    鞠莉「食べるんだ……」




    【果南「マルがかりんとうをぶつけてくる……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1540554407/

    1: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/26(金) 20:46:47.86 ID:YXAp/ru8

    花丸「かかったずらな!トラップカード発動ずら!」

    花丸「その飴は実は素直になる飴ずら!これで水ゴリラの弱点を探して恥ずかしいネタも聞き出すずら!」

    花丸「まずは水ゴリラは誰が好きずらか!?どうせ金髪で水ゴリラはレズだとこのボイスレコーダーで恥ずかしい証拠を…」

    果南「花丸が好き」

    花丸「きいやああああああああああああ///」



    4: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/26(金) 20:51:02.28 ID:YXAp/ru8

    ボイスレコーダー「花丸が好き」

    花丸「きいやあああああああ///」

    ボイスレコーダー「花丸が好き」

    花丸「きいやあああああああ///」

    ボイスレコーダー「花丸が」

    ボイスレコーダー「好き」

    花丸「きいやあああああああ///」 👀
    Rock54: Caution(BBR-MD5:1341adc37120578f18dba9451e6c8c3b)



    7: 名無しで叶える物語(ほうとう) 2018/10/26(金) 20:54:28.74 ID:sZyXHm+t

    またいちゃついてんのか



    10: 名無しで叶える物語(大陸鉄道) 2018/10/26(金) 21:02:06.59 ID:kAWvRNgq

    逃れられない運命




    【花丸「この飴は水ゴリラだけには食べさせないずら」果南「じゃあ食べる」ぱくー 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1464090235/

    1: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 20:43:55.51 ID:uX0RQVM+.net

    【SS】千歌「果南ちゃん、耳かきお願い!」果南「はいはい」

    【SS】鞠莉「耳かき上手なんだって?」果南「鞠莉まで……」

    【SS】果南「……耳かきやばい」

    【SS】ルビィ「お姉ちゃーん、耳か……き……」

    果南「……というか、耳かきしてくれるの?」ダイヤ「その通りです」

    【SS】果南「ふむ……」ダイヤ「耳かきを、ですか……」

    の続きです。
    今回は前のを読んでないと若干違和感あるかもしれません……

    URL貼るの時間かかるんで、もし読んでないのがあればよかったらブログの方で読んでくださると助かります。



    2: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 20:47:29.42 ID:uX0RQVM+.net

    果南「あ」


    果南「…………」ガサゴソ

    果南「…………」ガサゴソ


    果南「スマホ忘れた……」


    果南「……んまいっか、部活もないし」


    果南「今日は昨日言ってた通り、耳掃除に来ただけだし」


    果南(耳掃除に来ただけって……改めて言うと私どんな趣味持ってんのよ)


    果南(でもまあ……損はないし)


    果南(善子らへんでも捕まえよーっと)テクテク



    3: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 20:48:10.79 ID:uX0RQVM+.net

    □□□
    プール横


    曜「おーい、果南ちゃーん!」ブンブン


    果南「あ、おはよー」ピタッ

    果南「熱心だねー」


    曜「えへへ、やることなかったから……」


    果南「みんな似たようなもんなのね」


    曜「みんな……?」

    曜「あ、そういえば、さっき千歌が探してたよー」


    果南「まじかー」

    果南「ありがとー」


    曜「うん、伝えたからねー!」


    果南「ほーい」テクテク



    4: 名無しで叶える物語(ふく)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 20:48:35.03 ID:uX0RQVM+.net

    □□□
    中庭


    果南「お、早速中庭に善子」


    善子「あら、休みの日なのにどうしたの」


    果南「そっちこそ」


    善子「これよ!」


    果南「あぁ、お絵かき……」


    善子「魔法陣よ!」


    果南「あら、ごめんごめん」


    果南「ところでさ」


    善子「ん?」


    果南「耳かきしt……」


    善子「いやよ」


    果南「えっ」




    【【SS】果南「耳かきとかどう?」花丸「えっ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1532128740/

    1: 名無しで叶える物語(庭) 2018/07/21(土) 08:19:00.83 ID:9oxkkrM3

    果南「実は私もなんだ…こういうのなかなか話せる人いなくってさ…」

    花丸「えっ?えっ?」



    2: 名無しで叶える物語(茸) 2018/07/21(土) 08:20:07.35 ID:Y6m8HB9G

    沼津のトムとジェリー



    4: 名無しで叶える物語(庭) 2018/07/21(土) 08:27:09.88 ID:9oxkkrM3

    果南「ごめん…突然びっくりしたよね…でもやっと打ち明けられる人が見つかったから言わなくちゃって思って…」

    花丸「…」



    7: 名無しで叶える物語(庭) 2018/07/21(土) 08:33:19.82 ID:9oxkkrM3

    果南「ダイヤと鞠莉…千歌にも打ち明けようか何度も何度も悩んだ」

    果南「でももし受け入れられなかったら…嫌われてしまったらって思ったら怖くてさ」

    花丸「…」



    10: 名無しで叶える物語(庭) 2018/07/21(土) 08:49:40.27 ID:v+nFC1Wo

    水ゴリラスレだいすき




    【果南「花丸さ…もしかして女の子のカラダに興味があるの…?」花丸(ゲェ…よりによって水ゴリラに知られたずら…どうすれば…) 】の続きを読む

    このページのトップヘ