大きいサイズ

    カテゴリ: かぐや様は告らせたいSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1555149753/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/13(土) 19:02:33.76 ID:X/91rcqj0

    ハーサカ「……ですか」

    かぐやちゃん<はさか、はさか!

    白銀「…」ピョンピョン

    ハーサカ「いやする必要なくね?」

    白銀「いやあるだろ」


    ※・四宮裁判が長引いて氷の出る幕が無くなったという設定のifルート
    ・今回はかぐやちゃんモードのみの登場



    2: アニメしか見てない人はジャンプラで見るか、単行本買おう! 2019/04/13(土) 19:58:32.33 ID:X/91rcqj0

    ハーサカ「いいじゃないですかこのままで」

    ハーサカ「あんなクッソ面倒くさい本体よりもかぐやちゃんの方が数十倍可愛いですし何より癒されますし」

    白銀「うわ酷い言い草」

    ハーサカ「良いんですよ私達は他から見ればただの主従関係でしかないけど実際はれっきとした仲良し幼馴染なんですから」

    ハーサカ「かぐや様の愚痴の1つや100つ言ったところでです」

    白銀「お前それでもメイドなの?」

    ハーサカ「そういう御行くんはなんでかぐやちゃんモードを解除したいんですか?」

    白銀「なんでってそりゃコミュニケーションが一向に取れないからに決まってんだろ!」

    白銀「第一なんでこんな状態で平然と登校できんだよ意味わかんねぇよ!」
    かぐやちゃん「かいちょ、はなび!」

    ハーサカ「かぐやちゃんがいる間は基本的に授業は中止してかぐやちゃん鑑賞会が行われるので別にそもそもコミニュケーションを取る必要自体無いんです」

    白銀「もはや学級崩壊じゃねーか」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/13(土) 20:20:25.17 ID:X/91rcqj0

    白銀「とにかく困るんだよ!四宮とは色々と込み入った話もあるんだしこのままだと!」

    早坂「一応自分のIQを低くするという方法もありますが」

    白銀「今込み入った話って言ったつもりなんだけど?」<無理じゃん

    早坂「3、4日も経てば多分元に戻ると思いますよ?」

    白銀「それじゃ遅いんだよ!クリスマスに間に合わない!」

    早坂「それはまた一体何故…」

    白銀「それは…その……」
    かぐやちゃん「はさか、はなびはなび!」

    白銀「…四宮と一緒に日本で過ごせる最後のクリスマスになるかもしれないからな」

    白銀「去年は散々な結果だった…お正月の事もある」

    白銀「ここらでケジメつけなきゃいけないんだよ…!何としても…」

    早坂「御行くん…」

    かぐやちゃん「………」




    【早坂「白銀御行は手懐けたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1553940000/

    1: ◆xW69XHZIXl2A 2019/03/30(土) 19:00:00.50 ID:9qCIR9cZ0

    藤原「!?!?!?!!?」

    石上「いえ、最近の本誌や単行本を読んで思っていたんですが、藤原先輩って会長の特訓回と伊井野を弄る以外ではほぼ存在感出してませんよね?」

    藤原「え? ど、どゆこと?」

    石上「藤原先輩ってシリアス回だと扱いにくいし、仕方ありませんよね」

    白銀「まぁ……そう言われれば」

    藤原「……か」

    白銀「?」

    藤原「会長のせいですよ!」

    白銀「え?」

    藤原「そもそも会長がポンコツのせいで、いつの間にか私が聖母みたいな立ち位置になり、扱いにくいキャラ扱いされちゃうんです!」

    白銀「……」

    石上「……」





    2: 鋭太は真涼の旦那 2019/03/30(土) 19:02:23.69 ID:9qCIR9cZ0

    藤原「こうなったらシリアルを探してきます! 私がどんなに素晴らしいシリアルキャラだったのかを皆さんに思い出させてあげます!」

    白銀「……」

    石上「……ぷっ」


    藤原「こら! そこ! 笑いましたね!!!!」

    石上「だ、だってシリアスをシリアルて……藤原先輩がシリアルって……ぷぷっ」

    藤原「くぅーーー!!」バンバン


    藤原「こうなったら二人とも行きますよ! 二人に私の本物のシリアスを見せてあげます!」

    白銀「すまんが俺は生徒会の仕事があるから。いやー生徒会は忙しいなー」

    石上「僕もこの仕事を片付けないと。本当に生徒会って忙しいですよねー」

    藤原「こら男子ども! 今日は暇だって事は同じ生徒会メンバーの私が知ってるんですからね!」



    3: ◆xW69XHZIXl2A 2019/03/30(土) 19:03:17.78 ID:9qCIR9cZ0

     
      *  *  *




    藤原「あっちからシリアスの気配がします!」

    石上「そんな気配するわけないだろ」ボソッ

    白銀「やめとけ。後が面倒だから今日は好きにさせてやろうぜ」ボソボソ


    スタスタ


    藤原「くんくん! こっちです! 近いですよ! すぐ近くにシリアスの臭いが!」

    石上「気配なのか臭いか、はっきりしろよ」ボソッ

    白銀「まぁまぁまぁまぁ」ボソボソ


    藤原「ここです!」

    白銀「って風紀委員室!?」

    石上「伊井野を弄る気まんまんじゃねーか!」




    【【かぐや様は告らせたい】石上「藤原先輩の……存在感が消えた……?」藤原「え!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1550384980/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/17(日) 15:29:40.89 ID:zdArzUoP0

    石上「どうもです、会長。ずいぶんはやいですね」

    白銀「そうか?今来たところだぞ」

    石上「いえ、僕は祭りの待ち合わせの時間より早く来ちゃったなって思ってたところなんで」

    白銀「なるほど。それにしても、石上は甚平を着てくるとは意外だったな」

    石上「家にあったんで、パッと着てきました。会長はもしかしたら制服かもって思ってたんすけど、普通に私服ですね」

    白銀「俺は制服でいこうとしてたんだがな、妹がうるさくてな……」

    石上「そうですか。そういえば四宮先輩達はまだですよね?」

    白銀「ああ。まだ来ていないが」

    石上「いや、生徒会で遊ぶの初めてなんで、どういう格好でくるのかなと」

    白銀「祭だしな、藤原書記は浴衣できそうだな。四宮も、浴衣じゃないか?」

    石上「なんか四宮先輩は浴衣似合いそうっすよね」

    白銀「そうか?浴衣なんで誰が着てもあまり変わらんだろう。日本人ならそれなりに似合うものだ」



    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/17(日) 15:30:51.65 ID:zdArzUoP0

    石上「そんなもんですか……って、会長!体ブルブル震えてますけど大丈夫ですか!?」

    白銀「だ、だ、大丈夫だ。風邪でも引いたかな」

    石上「風邪とかいうレベルじゃなくて、バイブレーションみたいになってますよ!!残像見えてますよ!」

    石上の一言。それは道中、白銀が必死に押さえつけてきた妄想という名のパンドラの箱を開けてしまった!

    和風美人である四宮と浴衣という組み合わせは考えるまでもなくベストマッチ!白銀にとっては、それは戦車級の攻撃力を誇る武器となるのだ。



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/17(日) 15:31:22.44 ID:zdArzUoP0

    石上「具合悪いなら今日はやめにしますか?」

    白銀「問題ない!ほら、震えは止まっただろう」

    石上「止まりましたけど……。無理はしないほうがいいっすよ」

    白銀「ああ。そうだな」

    拳を握りこみ、爪を食い込ませることで震えを力づくで止めた白銀!

    呼吸を整えようとした白銀だが、落ち着くことは許されなかった……。

    藤原「あっいましたよ、かぐやさん!もう会長と石上くんは着いてたみたいです」

    かぐや「ちょっとまって。藤原さんもっとゆっくり……」

    石上「あっ。来ましたよ会長」

    白銀「なにっ!?もうか!?」

    藤原「こんばんは、はやいですねー二人とも」

    石上「丁度、そろそろ藤原先輩と四宮先輩きますかねーって話してたところですよ。じゃあ、そろそろいきますかって、どうしました、会長。固まってますよ」

    白銀「……ん。大丈夫だ。よし、いこう」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/17(日) 15:32:10.05 ID:zdArzUoP0

    石上「はい……ってそっち反対ですよ!どこいくんですか!」

    白銀「ああ。すまない。こっちだったか」

    白銀(平常心、平常心だ!!いくらちょっと四宮の浴衣がかわいいくたってそれで心を乱されてはならない……)

    かぐや(ふふふ。会長。そんなにわざとらしく私から目を逸らして。少し裾が短いかなと思いましたけど、早坂に言われた通りこれにして正解でした。明らかに動揺していますね。今夜こそ、私に告白してもらいましょうか)

    藤原「わあー。楽しみですね。たくさん出店がありますよー。綿あめに、金魚掬いに、射的に、かき氷!!どれにいきましょうかー??」

    高校2年生のとある夏の夜。

    狭い生徒会室からこの夏祭りに戦場を移し、恋愛頭脳戦の火蓋が今にも切られんとしていた!




    【【かぐや様は告らせたい】かぐや様は祭りに行きたい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1549291131/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/04(月) 23:38:52.27 ID:JBd5yZsK0

    ハロウィーン回です。

    昨日も「かぐや様は撮ってみたい」というssを投稿したので宜しければ是非。


    石上「あっ、会長。四宮先輩と藤原先輩はまだ来てないんすか?」

    白銀「ああ。生徒会室には来てないな。藤原書記はまだしも四宮まで遅れるとは珍しい」

    石上「そうですか。それより、聞いてくださいよ、会長」

    白銀「どうした?そんな顔して」

    石上「いやー、今日が何の日かわかりますか?」

    白銀「10月31日。つまり、ハロウィーンだろ」

    ハロウィーン。それは古代ケルトの文化に端を発する宗教的儀式。古代の人々は10月31日を秋の終わり、そして冬の始まりの日と定め、秋の収穫を祝うと同時に悪霊を追い払うために火を灯した。そして、家に訪ねてくる祖先の霊をもてなしていた。

    それが、アメリカに伝わり現在のようなただの民間行事となり『トリックオアトリート』というあらゆる国で子供が仮装しお菓子を求める日になったのである。

    石上「そうです!ハロウィーン。つまり、それは若者が身元がバレないようにしてトラックをひっくり返す日です」

    白銀「いや、言い過ぎじゃないか……。流石にそれは一部の話で……」



    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/04(月) 23:39:35.66 ID:JBd5yZsK0

    石上「いーや。違いますよ会長。日本はハロウィーンに侵食されておかしくなってるんです。渋谷の映像を見てみてくださいよ」

    白銀「ああ。まあ、あれは確かにな」

    石上「でしょう!好き放題暴れて、ろくに片付けもしない奴が雁首並べて行進してるんですよ。もう毎年何人も逮捕されてますし。そして、一番気に食わないのは……」

    白銀「気に食わないのは?」

    石上「イベントにかこつけてただイチャイチャしたいだけのカップルですよ!!」

    白銀(ああー。やっぱり)

    石上「今日の朝も、そこらじゅうでカップルがコスプレして歩いてましたよ!これ見よがしに!そういう浮かれた奴らが、法を犯すんですよ!どうせいつもと違ったコスプレセッ〇スがしたいだけっすよ」

    白銀「石上。ブレーキ、ブレーキ」

    石上「でも、ほんとのことですよ。だいたいっすね……」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/04(月) 23:40:20.13 ID:JBd5yZsK0

    石上の青春ヘイトは留まることを知らない!話しているうちにさらに熱を帯びてくる!彼の不服、不満は一朝一夕に溜まったものではない!一旦蓋を開ければそれこそ、無限に放出される。

    白銀も熱弁を振るう石上に集中しており、気づくことはなかった。

    生徒会室の扉が開いたことを。

    石上「ハロウィーンに仮装する奴なんて、頭が空っぽなんすよ。特に女子。ただ男に媚びようとする尻軽っすよ」

    白銀「そんなことはないと思…………!!!」

    石上の背後で膨れ上がる二つの殺気!!白銀はそれを感じ、パッと顔を上げる。そこには二つの怒りの炎がゆらめていた!

    白銀(石上ーーー!!後ろ!後ろ!)

    石上「だからですね、生徒会でも取り締まるべきっすよ。ただ男に媚びようとするビッチ達を。どう思いますか?会長」

    白銀(どうしてこういつもタイミングが悪いんだろうな、石上は)



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/04(月) 23:40:48.88 ID:JBd5yZsK0

    白銀「……え? ま、ま、まあ、最早文化の一つになっているからな。節度を守れば楽しめる行事だと思うぞ。取り締まりは必要ないだろ」

    石上「もう、甘いっすよ会長。仮装してる尻軽たちにガツンと言ってくださいよ」

    藤原「だれが」

    かぐや「尻軽ですって?」

    石上「…………ひっ!!」

    ばっと振り返る石上。そこには、フランケンシュタインの仮装をした藤原とドラキュラの仮装をした四宮が、恐ろしいほどにこやかな笑みを浮かべていた。

    藤原は笑みを貼り付けたまま机の中をごそごそと探すと、大きなハリセンを取り出した。にまーっと笑みを深くする。

    藤原「やっぱり、まだ必要でしたねー」

    硬直した石上の前に戻ると、風切り音を立てながら石上の頭に振り落とした!

    藤原「とりゃ!とりゃ!とりゃ!とりゃ!」

    慈悲のない藤原の連撃!石上には成すすべはない!石上は机に頭をめり込ませんばかりになっていた!

    藤原「ふぅーー。今日はこれくらいにしといてあげます」

    石上「ど、どうもありがとうございます…」




    【【かぐや様は告らせたい】かぐや様は着させたい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1549184922/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/03(日) 18:08:42.97 ID:NkLupBRF0

    かぐや「生徒会のPVですか?」

    白銀「ああ。どうやら学校のホームページを新しく作り直すらしくてな、部活やら委員会の紹介ページに生徒会も載せたいという校長の意見で、俺たちもPVを撮る事になった。撮る事になったんだが……。 」

    かぐや「どうしたんですか、会長。そんな苦々しい顔して」

    白銀「……言いにくいんだが……実はその〆切が明後日なんだ」

    かぐや「……それは随分急な話ですね」

    白銀「すまん。俺のミスだ。どうやら〆切の期限を間違っていたみたいだ」

    かぐや「いえいえ、会長。間違いは誰にでもある事ですからお気になさらず」



    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/03(日) 18:10:07.56 ID:NkLupBRF0

    白銀「そう言ってくれるとありがたい。迷惑をかける。早速、映画部から借りてきたこのカメラで撮影しようと思うんだが、石上会計。動画編集とかはできるか?」

    石上「簡単なものなら出来ますが、凝ったものは作れませんよ。いいんですか?」

    白銀「ああ。生徒会の活動風景を軽くまとめるだけで構わないだろう。あっいや、四宮は映れないんだったよな」

    かぐや「ええ。家の方針で……。ごめんなさい」

    白銀「いや、構わない。それにPVの事を忘れてた俺が悪いんだしな。石上、いいソフトかなんかはあるか?」

    石上「それなら、この編集ソフトで……」

    と、男二人はPVの撮影について話し始めた。

    傍目から見れば、会長のミスをカバーしようとしている雰囲気のいい生徒会である。だが、現実は違う!

    男二人は一切気づいていないのだ!四宮かぐやの口元に笑みが浮かんでいることに!

    かぐや(ふっふっふ。会長には申し訳ありませんが、〆切の情報。私が誤ったものを流させていただきました)



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/03(日) 18:10:39.79 ID:NkLupBRF0

    時は一週間前に遡る。生徒会室に一人先についたかぐやは、会長の机の上の束になったプリントの山を崩してしまう。元通りしようとしたその時、一枚のプリントがかぐやの目に留まったのだった。

    かぐや「生徒会のPVですか……。また、酔狂なものをあの校長は…。〆切が近いようなので早く会長に伝えないといけませんね」

    と、プリント達を再び積み上げたその時!かぐやに電撃が走る!

    かぐや(ちょっと待って。撮影したPVはインターネットに載せるはずだから、私は出ることができない。会長と一緒に映ることはできない。しかし、逆に言えば出させられることもない。つまり、絶対的な安全地帯)

    かぐやは超がつくほどのお嬢様であり、その素顔をインターネットに載せることなど、言語道断。一度、誰かが勝手に載せようものなら四宮グループの力によって、一瞬でその画像、映像は圧殺されるだろう。

    かぐや(この状況、どうにか利用できないかしら……。そうだわ!私が完全に撮影側に回れば好き放題、会長を撮ることができるじゃない!)

    かぐやは先日、会長の猫耳姿を写真に収めてから撮影熱を燃やしていた。会長の姿を再びデータとして残しておきたい。そう思っていた。




    【【かぐや様は告らせたい】かぐや様は撮ってみたい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1548938811/

    1: ◆xW69XHZIXl2A 2019/01/31(木) 21:46:51.65 ID:DvhQmtBq0

    石上(生徒会会計)「体育祭で女装するので四宮先輩の制服を貸してください」

    かぐや「いいですよ」

    白銀「……」


      *  *  *


    白銀「俺も四宮の制服を着てみたい!」

    白銀「……」

    白銀「しかし、直球で言った場合……」




    ☆妄想中~~~~~~~~~~~


    白銀「四宮!俺は四宮の制服を着たい!」

    かぐや「なるほど。私が石上くんに制服を貸して嫉妬していると?」

    白銀「ち、違う。そういう訳じゃなくて」

    かぐや「会長なぜそんなに焦っているのですか?」


    かぐや「お可愛いこと」


    ~~~~~~~~~~~~~~~



    白銀「うわあああああああああ!ダメだ!直球勝負は無しだ!」

    白銀「というかそもそも女子の制服を借りようとか変態だろ!」

    白銀「前提条件が間違っていた!考え直さなければ!」





    2: ◆xW69XHZIXl2A 2019/01/31(木) 21:49:22.91 ID:DvhQmtBq0

    かぐや「……」

    白銀「ん?どうかしたか?顔が真っ赤だぞ?」

    かぐや「あっ、いえ。ちょっと今日は暑いなーと。それよりコーヒーいかがですか?」

    白銀「ありがとう。頼む」

    かぐや「は、はい。淹れてきますね」

    白銀「はぁ……四宮の制服を着たいなー」

    かぐや(会長!さっきから考えが駄々洩れですよーーーーーーー//)




    【【かぐや様は告らせたい】白銀「四宮の服を着てみたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1481338620/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/10(土) 11:57:01.08 ID:HNgl75Et0

    ~~秀知院学園・生徒会室~~

    白銀「なに……俺に相談だと?」

    石上「はい……」

    白銀「ふむ……わかった」

    白銀「石上には以前ちょっと話に付き合ってもらったことがあるからな(添い寝事件)」

    白銀「今度は俺がお前の話を聞いてやるか」

    白銀「して……どういった相談なんだ?」

    白銀(まあ、石上会計が相手なら大した内容じゃないだろう……)

    石上「実は……」



    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/10(土) 11:58:15.73 ID:HNgl75Et0

    石上「僕……童貞を卒業したいんです」

    白銀「ふむ……なるほど……」

    白銀「…………」

    白銀(!?!?)

    【予想の遥か斜め上をゆく相談内容!!!!】

    白銀「すまん……どうも耳の調子が悪いようで……もう一度言ってくれないか?」

    石上「童貞を卒業したいんです」

    白銀「おまっ……い、いきなり何を言い出すんだ石上!?!?」

    【白銀 狼狽!!!!】



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/10(土) 11:59:43.49 ID:HNgl75Et0

    石上「会長、夏休み明けの生徒の様子を見て何も感じませんか?」

    白銀「……いや、特に何も……」

    石上「カップルたちのイチャつき方が夏休み前よりもいっそう親密な感じになってるじゃないですか」

    白銀「そうなのか?よく見てないが……」

    石上「……僕がさびしい夏休みを送っている間に、きっと彼女持ちの連中はもう……」

    石上「あぁ~~っ!!!!想像しただけで腹が立つ!!!!」

    白銀「…………」

    石上「……だから僕も早く童貞を卒業したいんです」

    白銀「お、おう……」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/10(土) 12:00:29.41 ID:HNgl75Et0

    白銀「……うん……そう言われてもだな……」

    白銀「まあ、その……まずは彼女を作るほうが先だろうな……」

    石上「彼女は今どうでもいいんですよ、童貞さえ捨てられれば」

    白銀「……ん?」

    石上「ほら、童貞か非童貞かで男って何となく雰囲気が変わるじゃないですか」

    石上「だからとりあえず非童貞にさえなれば、彼女なんて後から湧いてくると思うんです」

    白銀「いや、だからな石上……」

    白銀「そもそも彼女がいないんじゃどうしようも……」

    石上「だから……会長にちょっとお尻を貸して貰えないかと思って」

    白銀「――!?!?」




    【【かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~】『石上優は一皮むけたい』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528565684/

    1: ◆xW69XHZIXl2A 2018/06/10(日) 02:34:44.63 ID:B3D8YMgx0

    ①かぐや「そうです! アニメ化です! アニメ化!」早坂「はぁ……」


    かぐや「……」

    早坂「どうしたんですか? 深刻そうな顔をして」

    かぐや「どうやら会長はアニメのキャラと結婚したいみたいなの……」

    早坂「……なるほど」

    かぐや「ま、まさか会長がそんな性癖を持ってるなんて」

    早坂「そういえば会長は『桃缶』という漫画が読める『ミドジャン!アプリ』を携帯にダウンロードしていましたね」

    かぐや「そうなの! しかも最新話が1話40円で読めるみたいで……」

    早坂「入れてて良かったミドジャンアプリ! というやつですね」

    かぐや「……」

    早坂「……」

    かぐや「まぁ、今週号のヤンジャンのネタは置いておいて、話を戻しましょう」

    早坂「そうですね」





    2: ◆xW69XHZIXl2A 2018/06/10(日) 02:36:18.56 ID:B3D8YMgx0

    かぐや「それでどうやって会長を現実に戻したらいいのかしら……」

    早坂「うーん」

    かぐや「……やはり、アニメではなく現実の魅力を教えるしか……」

    早坂「アニメ……。そうです! アニメですよ! かぐや様!」

    かぐや「え? どういう…………ま、まさか」

    早坂「はい」


    かぐや「四宮家の力を使って、私達の話をアニメにさせるという事ね」

    早坂「そうです。四宮家の力でアニメを死滅………………え?」



    かぐや「ふふっ。これで会長はアニメの私に恋焦がれて……」


    ☆妄想中~~~~~~~~~~~

    白銀『くそーーっ。このキャラ可愛すぎるだろう! って、このキャラ四宮にそっくりだし同姓同名じゃねーか!』

    白銀『うおおおお! 四宮! 俺と結婚してくれー!』

    かぐや『わーい』

    ~~~~~~~~~~~~~~~


    かぐや「という事になるでしょう!!」

    早坂(……本当にそんな事になったら気持ち悪いと思いますが)



    3: ◆xW69XHZIXl2A 2018/06/10(日) 02:37:26.31 ID:B3D8YMgx0

    かぐや「そうです! アニメの最後は結婚までさせましょう! 原作崩壊? 大丈夫です。原作がすぐに追いつきます!」

    早坂「わかりました。では、そのように手配を」

    早坂(アニメで結婚までやってモデルが私達でしたー。と、会長にバレたらドン引きされる気が……)


    かぐや「~♪」

    早坂(まぁ、かぐや様が嬉しそうですし。バレないように頑張りますか……)


    早坂「あっ、かぐや様」

    かぐや「どうかしました?」


    早坂「アニメ化おめでとうございます」ニコッ



     本日の勝敗
     かぐやの勝利
     勝因・本当にアニメ化した

    ①終わり




    【【かぐや様は告らせたい】白銀「アニメ化記念!」かぐや「短篇集!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528625544/

    1: ◆xW69XHZIXl2A 2018/06/10(日) 19:12:24.95 ID:B3D8YMgx0

     人を好きになり告白し結ばれる。
    それはとても素晴らしい事だと誰もが言う。



         だが、それは間違いである!!



     搾取する側とされる側!
     尽くす側と尽くされる側!

     勝者と敗者!!



     もし貴殿が気高く生きようと云うのなら
     決して敗者になってはならない!


     恋愛は戦!!



     好きになったほうが負けなのである!!





    2: ◆xW69XHZIXl2A 2018/06/10(日) 19:13:08.02 ID:B3D8YMgx0

    ■四宮邸

    早坂「なるほど。会長と恋人同士になったのはいいけど、どうしたらいいか? わからないと」

    かぐや「ええ、どうやら会長は私と恋人同士になっただけで嬉しくて、どうしたらいいかわからないみたいなの。まったく会長ったら困ったさんなんだから」

    早坂「顔が緩んでますよ。会長と恋人同士になれたのがそんなに嬉しいのですか?」

    かぐや「ち、違います! 嬉しいのは会長であって私じゃないです!」


    かぐや(そう、この私を誰だと思っているの?)

    かぐや(国の心臓たる四宮家の長女よ)

    かぐや(会長と恋人になったのも、会長が私を好きすぎて生徒会の仕事もままならないから!)

    かぐや(だから私に何か感情があって、会長と一緒になったわけじゃない!)


    かぐや(そうよ! 四宮家の私が自分から会長を求めるなんて、あってはいけないこと!)

    かぐや(さあ、会長! 私を求めてきてください!)


    かぐや(求めてくれれば……私は……)


    かぐや(……//)カァー


    早坂「かぐや様……。自分から求める事が恥ずかしいからって、会長にばかり負担をかけても……」

    かぐや「心を読まないで!」



    3: ◆xW69XHZIXl2A 2018/06/10(日) 19:14:00.07 ID:B3D8YMgx0

      *  *  *


    ■白銀自宅

    白銀(四宮と付き合いだした……)

    白銀(……)

    白銀(…………)

    白銀(………………)


    白銀(ま、まず何をしたらいいんだ!?)

    白銀(石上から『参考に』と借りたギャルゲーは、みんな相手からアプローチしてくるし……)

    白銀(って、このゲーム。相手と付き合ったら終わりじゃねーか!)

    白銀(付き合った後が知りたいんだのに……)


    白銀(一体……俺はどうすれば……)

    白銀(……)

    白銀(いきなり胸を触ったりしたら怒られるよな……?)



    4: ◆xW69XHZIXl2A 2018/06/10(日) 19:14:50.35 ID:B3D8YMgx0

    御行パパ「御行……」

    白銀「な、なんだよ」

    御行パパ「風のうわさで聞いたんだが彼女ができたらしいじゃないか」

    白銀「あ、ああ。ってどこから聞いたんだよ!」

    御行パパ「学校の裏サイトだ。まぁ、それはいい」

    白銀「なんでナチュラルに学校の裏サイト見てるんだよ!」

    御行パパ「そんなゲームばかりしていないで彼女をデートに誘え」

    白銀「そ、そうか。デートか」

    御行パパ「ああ、俺も妻と最初にデートした時は(以下略)」




    【【かぐや様は告らせたい】早坂「かぐや様はデートに誘わせたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521037436/

    1: ◆xW69XHZIXl2A 2018/03/14(水) 23:23:56.42 ID:G9HutpjE0

    早坂「調査の結果、会長さんが貰ったバレンタインのチョコの数は14個です」

    かぐや「まったく嘆かわしい! 会長は節約家なのよ!!」

    かぐや「その会長に14個もお返しを用意させるとか狂ってるとしか言いようがないわ!」

    早坂「そうですね。わざわざバレンタインチョコを用意したのに、渡さなかったとか狂ってるとしか言いようがないと思います」

    かぐや「……」

    早坂「……」


    かぐや「私は会長の事を考えての事! 下手に本命チョコを渡したら、会長がお返しにすごく困るじゃない!」

    かぐや「だって会長の愛は『重い』と、心理テストで照明されてるんだから! お返しもすごく『重い』に決まってます!」

    早坂「やっぱりあのチョコは本命だったのですね」

    かぐや「本命じゃない! 義理だから!」

    早坂「……」

    かぐや「……」





    2: ◆xW69XHZIXl2A 2018/03/14(水) 23:24:55.29 ID:G9HutpjE0

    かぐや「そうだわ! ホワイトデーがなくなれば全部上手く行きます!」

    早坂「は?」

    かぐや「今すぐ四宮家の力を使って、日本のホワイトデーを廃止するわよ!」

    早坂「四宮家の力を使っても出来る事と出来ない事がありますよ」

    かぐや「ホワイトデー廃止くらい造作もないわ」

    早坂「バレンタインデーのチョコすら渡せない、四宮家の力なのにですか?」

    かぐや「……え?」

    早坂「私や使用人の人も頑張ったのに。二人っきりにする為にどれだけの労力を……ハァ……」

    かぐや「……」

    早坂「……」



    3: ◆xW69XHZIXl2A 2018/03/14(水) 23:26:01.33 ID:G9HutpjE0

    かぐや「そうだわ! 名案があります!」

    早坂「はい?」

    かぐや「3月14日は休校としましょう。これで恋愛脳どもを駆逐できるわ!」

    早坂「普通に3月13日か15日に渡すと思いますよ」

    かぐや「……」

    早坂「……」




    かぐや「い、一体……。私はどうすればいいの?」ガタガタ

    早坂「普通に学校で一日を過ごしてください」

    かぐや「え? でも、それだと会長が他の女どもにクッキーを渡して……。私にはクッキーくれないのに……」

    早坂「愛が重い」




    【【かぐや様は告らせたい】かぐや「ホワイトデー」】の続きを読む

    このページのトップヘ