大きいサイズ

    カテゴリ: アイマスSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1409462863/

    1 : 2014/08/31(日) 14:27:53.66 ID:0KZqD9gJ0



    ●主な登場人物 … 雪歩、P



    ●序章の【雪歩と催眠術】は冗長な導入なので、おそらく飛ばしても読めます。

    ●エロはございません。

    ●細けぇことはいいのです。








    2 : 2014/08/31(日) 14:28:49.85 ID:0KZqD9gJ0



    ●目次


    case.1 …【雪歩と催眠術】[43/43]

    case.2 …【雪歩と犬】[29/29]

    case.3 …【雪歩とご褒美】[25/25]

    case.4 …【雪歩と男の人】[22/22]

    cace.1´…【完璧な催眠術】[8/8]





    3 :雪歩と催眠術 0/43 2014/08/31(日) 14:30:45.54 ID:0KZqD9gJ0




     【雪歩と催眠術】






    5 :雪歩と催眠術 1/43 2014/08/31(日) 14:33:11.66 ID:0KZqD9gJ0



    ―――765プロ事務所―――



     ガチャッ…


    雪歩「……。」トボトボ



    P「おお、雪歩。おかえり」

    雪歩「っ!! ……は、はい」ビクビク

    P「うん? どうした、浮かない顔だな」

    雪歩「ごめんなさい……ごめんなさい、ぷろでゅーさぁ……」ジワッ

    P「……もしかして、仕事がうまく行かなかったか?」

    雪歩「……っ」コクッ





    6 :雪歩と催眠術 2/43 2014/08/31(日) 14:37:18.34 ID:0KZqD9gJ0



    P「……そっか。だけど大丈夫だよ、雪歩。失敗は誰にでもあるからな」ニコッ

    雪歩「でも、私……私……」ウルウル

    P「おいおい、午後の仕事に目を腫らして行くつもりか? ほら、ハンカチ」スッ

    雪歩「ごめんなさい……でも、午後のお仕事も、うまくできる自信がありません……」

    P「公開収録のラジオだったよな。前にも一回やったじゃないか」

    雪歩「……その時も、緊張して、うまく喋れなくって……」シュン

    P「ああ……そういえばそうだったか」

    雪歩「こんなダメダメな私なんて……!!」ジワッ

    P「あっ、雪……!!」ガタッ


     バサッ


    雪歩「―――あれ、その本……『催眠療法』?」





    7 :雪歩と催眠術 3/43 2014/08/31(日) 14:40:02.34 ID:0KZqD9gJ0



    P「ああ、これな。友達に海外で働いてる医療関係者がいてさ、ちょっと教えてもらったんだ」

    雪歩「催眠って……催眠術のことですよね?」

    P「そうだ。テレビで見るヤツは、ちょっと胡散臭いイメージだけどな」

    雪歩「それって、危なくないんですか……?」

    P「大丈夫だよ、危険はない。べつに『ゴリラになれ~!』なんて催眠をかけるわけでもないし」

    雪歩「じゃあ、なにをするんですか?」

    P「苦手なものや怖いものを克服させたり、気持ちをリラックスさせたりだな」

    雪歩「……! あ、あの、それってもしかして……」

    P「あはは、わかっちゃったか……そうだ、雪歩の男性恐怖症や緊張症をどうにかできないかと思ってさ」

    雪歩「……プロデューサー」ジーン





    【雪歩「催眠療法……ですか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489967580/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 08:53:01.00 ID:aJqx1wVIo

    公園

    やよい「よいしょ……ふー」

    俺「……」

    やよい「……」

    俺「やよいちゃん、こんにちは」

    やよい「! はい、こんにちは! あの……?」

    俺「僕は、やよいちゃんのお母さんの、お友達だよ。
     何してるのこんなところで。早く帰らないとお母さん心配しちゃうよっ?」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 08:54:26.82 ID:aJqx1wVIo

    やよい「えっと、お母さん、今日はお仕事で居ないんです。
       家に帰っても私一人だけですー」

    俺「そうなんだ。……じゃあ、お母さんが帰ってくるまで、
     お兄ちゃんのおうちで遊ぼうか」

    やよい「え? おにいさんのおうち……?」

    俺「お菓子もジュースも、おもちゃもたくさんあるよ?」

    やよい「え!? お菓子とジュースがたくさん!?
       あ……でも、知らない人ですし……。
       プロデューサー、知らない人のおうちに行っちゃ駄目だって言ってます……」

    俺「そっか……やよいちゃん、あー、おりこうだね。
     じゃあ、ちゃんと……ご挨拶しなきゃね」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 08:55:13.60 ID:aJqx1wVIo

    俺「じゃあ僕は、やよいちゃんのお母さんのお友達の、俺。
      君は、やよいちゃん。よろしくね」

    やよい「あ、はい! よろしくお願いします」

    俺「ほら、これで、知らない人じゃなくなったよ」

    やよい「! はい!」

    俺「じゃあ、おにいさんのおうち、行こうか」

    やよい「はい、お願いしまーす!」

    俺「じゃあ、行こうか……」




    【俺「がわ゛い゛い゛な゛ぁ゛や゛よ゛い゛ぢゃ゛ん゛」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489834125/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 19:48:46.28 ID:AXcyQ8FO0

    春香「えっ?」

    P「すまん、言い方が分かりにくかったな」

    P「正しくは、雪歩が話す言葉が再翻訳になった、だ」

    春香「どっちにしろ、言ってる意味が分からないんですけど」

    P「見れば分かる」


    雪歩「…… ZUZUZU」

    雪歩「朝にHAA……において私が飲む茶は、暖かで、よいDESU Uである」


    春香「…………」

    春香「んんっ?」  






    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 19:51:05.15 ID:AXcyQ8FO0

    P「たぶん今のは、『はぁ……朝に飲むお茶は、温かくて美味しいですぅ』って言ったんだな」

    春香「えっ、え? 再翻訳ってつまり…?」

    P「まぁそういう事なんだ」

    春香「そんな。だって、昨日まで雪歩普通だったのに、何で…!?」

    P「うーん、こうなった原因は俺にもサッパリでなぁ」


    小鳥「……すみません、たぶん私が原因です」

    春香「え、うえぇぇぇっ!? 本当ですか、小鳥さん!?」ドヒェー!

    P「無理にリアクションしなくていいんだぞ? カメラ回ってないし」

    春香「あ、はい」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 19:53:37.26 ID:AXcyQ8FO0

    小鳥「ほら、雪歩ちゃん今度のハリウッド映画で主演が決まったじゃないですか」

    P「えぇ、今や雪歩はSランクのトップアイドルとして超すごいですからね」

    春香「CMも年間2、300本とかだし、グラビアとかドラマも、
       CDの売上とかもアレですもんね。とにかくヤバいっていうか」

    小鳥「えぇ、でもそんな雪歩ちゃんでも、英会話だけはちょっと自信が無いみたいで…」


    小鳥「だから昨日、私が仕事中、暇潰しに使っている某翻訳サイトを紹介したんです」

    P「うん……仕事中の暇潰し、というのには一旦目を瞑りましょう。それで?」



    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 19:55:34.81 ID:AXcyQ8FO0

    小鳥「普段の日常会話文を適当にぶち込めば、一瞬で英語に翻訳されるけど、
       その翻訳文をまた日本語に直すのも楽しいわよ。ゲラゲラ笑っちゃうの」

    小鳥「って雪歩ちゃんに教えたら、「ふえぇ……ありがとうございますぅ」って」

    P「いや、雪歩はそう「ふえぇ……」なんて言わないですよ」

    春香「中途半端なクオリティですね、モノマネ」

    小鳥「まぁそこはちょっと目を瞑ってですね」

    P「そうですね、目を瞑りましょう。そしたらアレですか」

    小鳥「えぇ、昨日の今日です」


    雪歩「私は今日のレッスンを奮闘的にやり通す必要がある」




    【P「雪歩が再翻訳になった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1408935179/

    1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/25(月) 11:53:10.14 ID:G55e50b50

    P「奇遇だな、俺もなんだ」

    美希「あ、やっぱり?」

    P「おう」

    美希「...」

    P「...」

    美希「...」カァァ

    P「...」

    美希「...うん」

    P「そうだな」

    美希「...えへへ///」ダキッ

    P「ふっ」ギュウウ





    小鳥「は?」

    春香「は?」





    5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/25(月) 12:09:49.52 ID:OdzEFfBPO

    考えてることがバレたら765プロをクビになる自信がある



    8 : ◆o/gbrcBHTQ 2014/08/25(月) 12:34:13.75 ID:G55e50b50

    P「あ、おはようございます」

    小鳥「は、はい...おはようございます」

    P「春香もおはよう」

    春香「お、おはようございます...プロデューサーさん」

    P「...」

    美希「...」

    P「いや、仕事は行けよ」

    美希「...」

    P「離れたくないって...お前な」

    美希「ハニーも離れたくないくせに」

    P「...」

    美希「...やったー!」



    小鳥「な、何が起こってるんですか....」

    春香「え?...え?」



    【美希「ハニーが好きすぎて、考えてることが分かるようになったの」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488526692/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 16:38:12.45 ID:BqXMGY/S0

    手紙


    「冬馬君へ」


    「お誕生日おめでとう!これは私たちからのプレゼントだよ!」


    「みんなが一生懸命考えたんだ。気に入ってくれたら嬉しいなぁ、大切に使ってね!」


    「天海春香&765プロ一同」


    冬馬「あいつら…。わざわざ俺のためにプレゼントを送ってくれたなんて…」


    冬馬「マジ嬉しいぜ!後でお礼言わないとな!ところで中身はなんだろうな」パカッ


    冬馬「>>3か」




    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 16:43:26.81 ID:NPJOphnyo

    ドラえもん



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 16:46:40.37 ID:BqXMGY/S0

    ドラえもん「やぁ!ぼくドラえもんで……」


    カポッ


    冬馬「……うん?」


    冬馬「……」


    カパッ


    ドラえもん「も~、ひどいなぁ冬馬君は~。急にふたを閉めるなんて…」


    冬馬「いや…まさか、お前…ドラえもんなのか?」


    ドラえもん「うん!ぼくドラえもんです!」


    冬馬(なんで!?)



    6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 16:50:53.95 ID:BqXMGY/S0

    冬馬「何でプレゼントの箱の中からドラえもんが出てくるんだよ!?」


    ドラえもん「わからないの?ぼくがプレゼントなんだよ」


    冬馬「何!?」


    ドラえもん「春香ちゃんたちから頼まれたんだよ、冬馬君のプレゼントになってくれって」


    ドラえもん「だから僕は言われたとおりに冬馬君のプレゼントになってくれたんだ、わかった?」


    冬馬「わかったような…わからないような…」


    冬馬「…プレゼントの箱がタイムマシンの入り口になってるとかじゃなくてか?」


    ドラえもん「タイムマシンの入り口は別の所にあるよ」


    冬馬「ああ、そうなのか…(マジでドラえもんがプレゼントなのかよ、いや嬉しいけど今は驚きの方が強いぞ)」


    冬馬「まあ、立ち話はアレだからリビングで話そうぜ。あとどら焼きあるけど食うか?」


    ドラえもん「どら焼き!? もちろん!!!」




    【冬馬「765プロのアイドル達からプレゼントに>>3を貰った」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488466251/

    1: ◆7F/YYgK6TM 2017/03/02(木) 23:50:51.44 ID:4MT/4qEj0

    ※木星SSです。女の子要素一切ゼロです。

    夜。この時期はまだまだ夜の冷え込みがつらい。
    早く暖房が効いた場所に行きたくて、タクシーを降りて看板を確認してから
    すぐさま店のドアを開けた。
    待ち合わせ場所になっていた飲食店は、受付カウンターも寒かった。
    外との出入りが多いからだろうか?早く奥のスペースに行きたい。 
     






    2: ◆7F/YYgK6TM 2017/03/02(木) 23:52:23.05 ID:4MT/4qEj0

    ――――

    お連れ様はこちらです、と店員。
    店員に会釈してから真っ黒のドアを軽くノックして開けてみる。

    北斗「よっ、冬馬。お疲れ」

    冬馬「…お、おう」

    飲食スペースが個室になっている店は仕事柄よく打ち合わせ等で行くが、
    プライベートではもしかしたら初めてだったかもしれない。

    冬馬(なんだかちょっと緊張するぜ…)

    居酒屋独特の明るくノスタルジックな雰囲気も
    黒を基調とした個室も、それを際立たせるシックでおしゃれな照明も
    俺には新鮮な環境だったが、北斗はすんなりと溶け込んでいた。
    仕事はどうだった?という問いにそれなり、と返す。
    北斗は軽く微笑むとメニューを広げた。



    3: ◆7F/YYgK6TM 2017/03/02(木) 23:53:37.10 ID:4MT/4qEj0


    北斗「じゃあ、最初はなに飲む?」

    冬馬「そうだな…って、前言わなかったっけか?」

    北斗「あぁ、そうだった。変にこだわらなくてもいいと思うんだけど…」

    冬馬「いいだろ、最初の入り口はこれってイメージなんだよ」

    北斗はそうか、と一言いい、壁の店員呼び出しボタンを押した。





    【冬馬「大人の階段登る」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1419257189/l50

    1 : ◆.xKc9zwqNY 2014/12/22(月) 23:06:39.56 ID:xwFRW1qB0

     自分、我那覇響!ワケあって一人暮らししてる、うちなー出身の普通の女子高生さー。
     
     さて、一人暮らししてる人なら解ると思うんだけど、自分一人のために毎日自炊するのって結構めんどくさいんだよね。

     だから、今日はちょっと手抜きして近くのラーメン屋で晩御飯を済ますぞ!





    2 : ◆.xKc9zwqNY 2014/12/22(月) 23:07:41.78 ID:xwFRW1qB0

    ガラッ

    響「お兄さん、しょうゆラーメン一つ下さい!」

    店員「あいよ! しょうゆラーメン一丁入りましたー」

     ここのしょうゆラーメン、美味しいってネットで評判だったからなぁ。楽しみだぞ!



    3 : ◆.xKc9zwqNY 2014/12/22(月) 23:09:05.58 ID:xwFRW1qB0

    「ざっけんな!」

    ?「何をそんなに怒っているのです。ここは神聖なるふぃぃるど。騒音はご法度ですよ」

     な、なんだかよく分かんないけど、あの銀髪の美人さんが危ないぞ!よーし……



    4 : ◆.xKc9zwqNY 2014/12/22(月) 23:09:55.68 ID:xwFRW1qB0

    男「うるせぇ!くらえ俺の必殺技!コショ…」

    響「ちぇすとー!」ドゴォ

    男「うぁらばっ!?」

    響「何があったか知らないけど、女の子に手をあげるのはよくないぞ!」



    5 : ◆.xKc9zwqNY 2014/12/22(月) 23:11:03.93 ID:xwFRW1qB0

    ザワザワ……

    客A「おい、あの子…」

    客B「ファイト中のファイターを…殴っただと!?」

    ザワザワ

     ん? なんか変な空気だぞ……



    6 : ◆.xKc9zwqNY 2014/12/22(月) 23:11:58.41 ID:xwFRW1qB0

    ?「もし、そこの貴女」

    響「じ、自分、何か変なことしちゃったかな……」

    ?「何と……貴女、らあめんふぁいとをご存じないのですか?」

    響「ら、ラーメンファイト?」



    7 : ◆.xKc9zwqNY 2014/12/22(月) 23:12:47.31 ID:xwFRW1qB0

    ザワザワ……ザワザワ

    ?「……どのみち、これでは今宵のふぁいとはお預けでしょう。店主、お会計を!」



    【貴音「らぁめんふぁいたぁ貴音」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479906861/

    1: ◆3HCtmRnFQI 2016/11/23(水) 22:14:21.46 ID:RVp93m9W0

    アイマスSSです。

    アイドルの設定についてはアニメ準拠。765しか出ませんがあしからず。





    2: ◆3HCtmRnFQI 2016/11/23(水) 22:15:13.54 ID:RVp93m9W0

    P「趣味かぁ」

    小鳥「どうしたんですか?プロデューサーさん」

    P「あぁ、いえ。俺も何か趣味を持たないと、と思いまして」

    小鳥「趣味ですか…。あ、もしかしてこの前の休みもずっと家にいたんですか?」

    P「あはは…。前と比べて上手く仕事を回せるようになって、休みも増えましたからね。これを機に何か…」

    小鳥「う~ん…あ、皆を参考にしてみたらどうです?」

    P「皆?」

    小鳥「春香ちゃんたちですよ。アイドルの皆にはいろんな趣味があるんですよ?」

    P「もちろん知ってますよ。でも、参考にする、とは?」

    小鳥「アイドルの皆の趣味を体験して、自分に合った趣味を探すんです!」

    P「なるほど……ん?」

    小鳥「アイドルのことを知る機会にもなって一石二鳥!これしかありません!」

    P「えーっと、音無さん?話がよく…」

    小鳥「善は急げです、早速皆に伝えますね!」

    P「音無さーん!?話を聞いてくださいよー!」



    3: ◆3HCtmRnFQI 2016/11/23(水) 22:16:19.25 ID:RVp93m9W0

    ---

    ピロリン♪

    雪歩「?小鳥さんからメール?」


    雪歩「えぇぇ、自分の趣味を!?」

    雪歩「どうしよう、プロデューサーとだなんて…緊張しちゃうよぉ~」

    雪歩「ええっと、私の趣味で、紹介出来そうなものは…」



    4: ◆3HCtmRnFQI 2016/11/23(水) 22:17:02.62 ID:RVp93m9W0

    ――後日

    P「結局音無さんに押し切られてやることになってしまった」

    P「オフが一番近かった雪歩からになったけど…」

    雪歩「あ、プロデューサー。おはようございます」

    P「(そうか、町中だから変装を)ああ、おはよう」

    雪歩「小鳥さんから聞きました。えっと、紹介できるような趣味は無いんですけど…」

    P「ゴメンな、急にこんなこと」

    雪歩「いえ!他でもないプロデューサーのためですから、頑張ります!」

    P「ははは、お手柔らかにな」




    【P「趣味を見つけたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487952953/

    1 :1 ◆0NR3cF8wDM 2017/02/25(土) 01:15:53.68 ID:1dQds34t0

     コンコン ガチャ オハヨウゴザイマース


    千早「おはよう、春香」

    春香「あ、おはよう千早ちゃん!」

    千早「今日は……その……ええと、あの……いい天気ね」

    春香「そうだね。お誕生日おめでとう千早ちゃん! ケーキ作って来たよ!」

    千早「ありがとう、春香……って、違う!!」

    春香「え」

    千早「そこは、もう少し焦らすところでしょ!?」

    春香「えぇ……」  
       






    2 :1 ◆0NR3cF8wDM 2017/02/25(土) 01:18:52.86 ID:1dQds34t0

    千早「自分から誕生日のことを言い出せない私。春香は忘れているのかしら、それとも……やきもきする私。その後も、事務所で会う誰からも誕生日のことは触れられず、私は少し落ち込んでしまうのでしょう。みんな忙しいから忘れていても仕方ないわ、そう自分に言い聞かせて今日のお仕事に向かうの。だけれど、実はみんな気づかれないよう、こっそり誕生会の用意を進めているのよね。それで、帰って来た私が事務所のドアを開けると、一斉にクラッカーが……」

    春香「長い長い、長い上にすごくベタだよ千早ちゃん!」

    千早「多分、探せば様々な作品の様々なキャラで同じような誕生日SSが見つかるわね」

    春香「やめてやめて、色んな所にケンカ売らないで!」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 01:22:17.17 ID:WOjM/vsGO

    ちーちゃん誕生日おめでとう




    【春香「やんちゃな千早ちゃんの誕生日」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488002094/

    1 : ◆kBqQfBrAQE 2017/02/25(土) 14:54:54.95 ID:rlcca1EQ0

    アイマスSSです。





    2 : ◆kBqQfBrAQE 2017/02/25(土) 14:58:29.20 ID:rlcca1EQ0


    春香『ありがとうございましたー!』

    パチパチ…

    P「…うん、まずまずだったんじゃないかな」

    P(人の入りがまばらなのは、俺自身の力不足だから仕方ないけど…)


    ライブが終わったら、必ず皆と行うことがある。それは…。

    春香「あっ、プロデューサーさん!」

    P「お疲れ様、いいライブだったな」スッ

    春香「ありがとうございます!お客さんも盛り上がってくれて、とっても楽しかったです!」スッ

    パチン!




    3 : ◆kBqQfBrAQE 2017/02/25(土) 15:00:21.10 ID:rlcca1EQ0

    …と、こんな感じにライブが終わった後にハイタッチをすることだ。

    皆とコミュニケーションを取るために、やよいとのハイタッチから思いついた。入社してからしばらくの間、皆とどう接したらよいのか悩んでいたが、我ながら良い効果をもたらしていると思う。

    P「…おっ」

    P「お疲れ様、千早。相変わらず良かったぞ」スッ

    千早「…どうも」ポツリ

    コツコツ

    …ただ一人を除いて。




    4 : ◆kBqQfBrAQE 2017/02/25(土) 15:01:23.89 ID:rlcca1EQ0

    その子の名前は、如月千早。

    青みがかった長髪の、16歳の少女だ。性格も容姿も、16歳にしては大人びている印象だ。

    何より、歌にしか興味がないとのこと。アイドルになったのも歌を歌いたかったからだと、きっぱり言い放たれた。

    しかし、その歌声は本物だ。素人の俺でも感動してしまうほどに、千早の歌唱力は高い。

    その才能をただの一アイドルとして、芸能界という広く深い海に沈めたままにさせたくない。どうにかして日の目を浴びさせてやりたい、そう思っている。そう思っているのだが…。



    P「今の関係で、ちゃんとやっていけるのかなあ…」ハァ






    【千早「幸せなら手をたたこう」】の続きを読む

    このページのトップヘ