大きいサイズ

    カテゴリ: アイマスSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1449419668/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/07(月) 01:34:28.56 ID:ycfUH5Iqo

    伊織「もう2015年終わろうとしてるのに今更?」


    P「まあそう言うな」


    春香「私は天海春香ですイェイ!」


    ……


    雪歩「萩原雪歩17歳です――あれ?」


    雪歩(団結2010の時も17歳って言ってたような……)


    ガッ


    雪歩「あ――」


    雪歩(足がもつれて――)


    ガターン!


    P「雪歩!」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/07(月) 01:35:51.75 ID:ycfUH5Iqo

    雪歩「いたた……すみません。一瞬ぼうっとしちゃって」


    伊織「何でダンスレッスンでもないのに転ぶのよ。春香じゃあるまいし」


    春香「酷いっ」


    真「たんこぶできてるよ雪歩。大丈夫?」


    P「念のため病院に行こう」


    雪歩「そんな大げさですよプロデューサー」


    P「だから念のためだよ。頭打ってるしな」


    ……


    雪歩「……」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/07(月) 01:37:26.98 ID:ycfUH5Iqo

    雪歩(私は17歳……うん。間違ってない)


    雪歩(今は2015年12月……うん。間違ってない)


    雪歩(団結2010を収録したのは……あれ、いつだっけ?)


    雪歩(2010ってことは5年前……のはずだよね)


    雪歩(その時も私は17歳って言ってた……あれ、どういうこと?)


    雪歩(ミンミンミン、ミンミンミン、ウーサミン)


    雪歩(違うそうじゃない)


    雪歩(私の記憶違い? ――ううん。そんな問題じゃない気がする)


    真「雪歩、どうしたの? ぶつけたとこまだ痛む?」


    雪歩「真ちゃん……うん。ちょっと考え事」


    真「悩み事? 僕で良ければ聞くよ」


    雪歩「あのね……」




    【P「団結2015を収録するぞー」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492688747/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/20(木) 20:45:47.55 ID:Wcj+RV5uO

    P「なんだ…なんで俺は椅子に縛り付けられている!?」 

     
     
     
    響「全部プロデューサーが悪いんだぞ!」

    P「響!?」

    響「ちなみにオチが付かなかったりしてグダグダになるのを防ぐために>>72に爆弾が仕掛けてあるぞ! >>72までいったらこの事務所は木っ端微塵さー!」

    P「そんな! なんでこんなことを!」

    響「>>+2」





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/20(木) 20:47:44.59 ID:iV+if4Coo

    昨日スピードって映画を見て…



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/20(木) 20:47:54.76 ID:3iGddT3r0




    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/20(木) 20:58:14.66 ID:Wcj+RV5uO

    P「スピードって…あのキアヌ・リーブス主演のやつだっけ?」

    響「そうだよ。爆弾が仕掛けられたバスをずっと走らせるやつ」

    P「なんだ、響はその映画の真似をしてたのか。ビックリしたなぁ」

    P「さて、じゃあ気が済んだらこれを解いてくれ」

    響「それはダメ」

    P「えっ」

    響「理由はまだあるんだよ」

    響「>>+2」



    6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/20(木) 21:02:20.51 ID:bDhxBt+Zo

    詳しいことはハム蔵に聞け



    7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/20(木) 21:03:24.67 ID:066kTHfg0

    そんな無茶なww




    【P「こんなこと辞めてくれ!」響「うるさい!」【安価】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493725269/

    1: ◆3QFkN49T2. 2017/05/02(火) 20:41:10.05 ID:FR+YAerb0


    小鳥さんと一緒に悪ふざけするだけの短編集です  






    2: ◆3QFkN49T2. 2017/05/02(火) 20:42:37.89 ID:FR+YAerb0


    【ミルク派】


    ― 765プロ事務所 ―

    P「……」カタカタ

    P「ふぅ。終わった…」

    小鳥「お疲れ様ですプロデューサーさん」ニコッ

    小鳥「はいどうぞ。コーヒーです」

    P「いつもすみません小鳥さん」ニコッ

    小鳥「いえいえ。お砂糖とミルクはどうしますか?」

    P「ミルクで」

    小鳥「はは! なぁおい聞いたか! ミルクだってよぉ!」

    P「……」



    3: ◆3QFkN49T2. 2017/05/02(火) 20:46:33.62 ID:FR+YAerb0

    小鳥「おいおい。ここはバーだぜ坊や」ニヤッ

    P「……」

    小鳥「ミルクが飲みたきゃママに頼んでおっぱいでも吸わせてもr」

    P「……」サッ (ボールペン)

    小鳥「なっ! まさかそいつは…っ!」

    P「ふっ…」ニヤッ

    小鳥「3本入り100円で売っている…普通のボールペン、だと…っ!?」

    P「こいつで落書きされたくなかったら、俺の目の前から今すぐ失せるんだな」

    小鳥「ひぃ~!」

    P「はぁ。やれやれ…」



    やよい「なんだかプロデューサーと小鳥さん、すっごく楽しそうだね」ニコッ

    伊織「バカが移るから見ちゃダメよ、やよい」




    【P「小鳥さんと俺」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493994994/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 23:36:34.98 ID:F7FKg1lm0

    ______________

    765プロ事務所
    伊織「……よいしょ、これで全部終わりっと」

    テーンテーテーテーテーテーテー

    伊織「17時のチャイム……こんな時間に自由なのも何時ぶりかしら」

    P「お疲れ、伊織。……もう帰るのか?」

    伊織「ええ、……いつまでもここにはいられないもの」

    P「そうか……折角だし送って帰ろうか?」

    伊織「あんたに送って貰わなくても一人で帰れるわよ」

    P「……さいですか、大人な伊織ちゃんには余計なお世話でしたね」

    伊織「ええ、大人なレディーの伊織ちゃんは一人でも平気なの」

    P「そうか」

    伊織「……」

    P「……」  






    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 23:37:22.63 ID:F7FKg1lm0

    伊織「……あんたがどうしてもって言うなら一緒に帰ってあげないこともないわ」

    P「……」

    伊織「…ね?」

    P「……はあ、仕方ないな」

    P「……伊織様、どうか私に帰り道の付き添いの命を頂けないでしょうか」

    伊織「にひひっ、そうやって初めから素直になれば良いのよ♪」

    P「本当に機嫌がコロコロ変わるお嬢様だこと」

    伊織「そんなこと言っておきながら、結構まんざらでもなさそうじゃない?」

    P「……俺の大事な伊織様が事件に巻き込まれても困るしな」

    伊織「まあ、そういうことにしておいてあげるわ」

    P「やれやれ……」

    P「じゃあ戸締りとかするから先に出ておいてくれ」

    伊織「わかった、下で待ってるわ」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 23:39:06.30 ID:F7FKg1lm0

    __________

    P「悪い、結構待たせたな」

    伊織「まったく……この伊織ちゃんを寒空の下放置するなんて良い度胸じゃない!」ピトッ

    P「うわっ!いきなり手を首元にあてるな!」

    伊織「……誰のせいでこんなに手が冷えたと思ってるの?」

    P「……返す言葉もございません」

    P「仕方ない、ほら」

    伊織「…どうしたの?手なんて差し出して……気でも狂った?」

    P「違うわ!」

    P「……ほら、俺のせいで冷たくしちゃったから、……少しでも温めようと思って」

    伊織「……思って?」

    P「思って……」

    伊織「……」

    P「……ああ!もうわかったよ!言えば良いんだろ!」

    P「手、繋ぐぞ」

    伊織「にひひっ、だから素直になりなさいって言ってるじゃない♪」

    P「はあ……」ギュッ

    伊織「……♪」ギュッ




    【伊織「キスのひとつで」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494330053/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 20:40:54.25 ID:mw4agl0xo

    春香「はあ?」

    P「春香はアイドルとしてもっと高みを目指せると思うんだ」

    春香「は、はい……」

    P「だから俺が春香をもっと輝かせてやる!」

    春香「………」

    P「輝かせてやる!!」

    春香「あ、ありがとうございます」

    P「ふっ、礼なんていらねえぜ……」

    春香(プロデューサーだからそれが当然ですよねっていうツッコミは止めておこう) 






    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 20:41:57.45 ID:mw4agl0xo

    P「でだ、具体的なプランだが」

    春香「はい」

    P「………」

    春香「………」

    P「………」

    春香「………?」

    P「春香は……アレだな」

    春香「はい?」

    P「普通に可愛いよな」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/09(火) 20:42:56.07 ID:mw4agl0xo

    春香「へ?」

    P「いや、うん……可愛い、普通に可愛い」

    春香「そ、そうですか?」

    P「おう、ホント可愛いよ、だって普通に可愛いもん」

    春香「え、えへへ ありがとうございます!」

    P「うんうん」

    春香「えへへへ~」


    P「バカヤローーーー!!」

    春香「えふぇ!?」




    【P「春香をもっと輝かせたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490518971/

    1: ◆T4kibqjt.s 2017/03/26(日) 18:02:51.34 ID:kd+YpNG20

    注意
    オムニバス形式っぽい感じです。
    とても短いです。
    Pと律子の仲が悪いです。
    それでも良ければどうぞ。





    2: ◆T4kibqjt.s 2017/03/26(日) 18:04:14.95 ID:kd+YpNG20

    律子「…ちょっと」

    P「あぁ?なんだよ」

    律子「また勝手に私の仕事終わらせたでしょ!余計な事しないで下さい!」

    P「なっ…余計な事って何だよ!俺は最近律子が忙しそうにしてるから、ゆっくり休ませてやろうと思ったのに…!それに仕事は完璧にこなしたぞ!」

    律子「はぁ!?ふざけないで!私が忙しそうにしてたのは、なんとかあなたとの時間を捻出しようとしてたからって事知ってるくせに!!あと、あなたの仕事が完璧なのは分かってますからいちいち言わなくても結構です!」

    P「黙れ!なんで善意でやった事をそんな風に言われなきゃいけないんだ!それに俺なんかと一緒にいるより家でのんびり過ごした方が休まるだろうが!このバカ女!」

    律子「はあぁっ!?私はあなたと過ごした方が癒されるし、かえって休まるんです!私の彼氏の癖にそんな事も分からないんですか!?それに俺なんかですって!?あなただからに決まってるでしょ、この鈍感男!」

    P「はっ…!じゃあいいよ。今夜は止めてって泣いても寝かさないからな?律子なんか足腰立たなくなってガクガクのまま営業に行けばいいんだ」

    律子「望むところですよ。そっちこそ、私の疲労回復マッサージで出す情けない呻き声がご近所に聞かれないと良いですけどね?それじゃ」スタスタ バタン!

    P「…ったく、何だよあいつ…あーあ、これが倦怠期ってやつですかね?小鳥さん」

    小鳥「は?(威圧)」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/26(日) 18:08:17.38 ID:OYalw8njO

    これには小鳥さんも思わずマジギレ



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/26(日) 18:18:10.85 ID:cETgvIHKo

    ぴよちゃんへの流れ弾に見せかけた集中砲火




    【【アイマス】P「俺と律子は喧嘩が絶えない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490201798/

    1: ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 01:56:38.79 ID:3n922KgO0

    春香「あまみんって私のこと?」

    亜美「そだよ」

    真美「天海春香だからあまみん」





    2: ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 01:57:04.40 ID:3n922KgO0

    春香「えっと、いつもの『はるるん』はどうしたの?」

    亜美「いやぁ、最近なんだかマンネリ感があってさ」

    真美「この際だから皆のニックネームも一新してみよーってことになったんだ!」



    3: ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 01:57:35.14 ID:3n922KgO0

    春香「あまみんもはるるんもあんまし変わらない様な……それで、他の皆のはどんな風にするの?」

    亜美「いやぁ、まだ思いついてないんだよねー」

    真美「はるる……あまみんのは簡単に思いついたんだけど、他の皆はまだなんだ」

    亜美「だから、これから本人の希望も聞きつつ決めてこーかなーって」



    4: ◆.xKc9zwqNY 2017/03/23(木) 01:58:07.66 ID:3n922KgO0

    春香「え、私の希望は?」

    亜美「んじゃね、あまみん!」

    真美「ばいびーあまみん!」

    春香「……まいっか」




    【亜美「あーまみん!」真美「あまみん!」春香「ふぇっ!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492584006/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/19(水) 15:40:06.69 ID:Sy0KXrXG0

    P「アイマ聖水?」


    春香「はい!以前アイマ水っていうストラップを付けただけのただの水が爆売れしましたよね!」


    P「ああ、あれは正直うまくいきすぎて笑ったが…まさかアイマ聖水は」


    春香「はい!それの派生版です!どうですか!」


    P「う~ん……名前の響きからして大体何なのか見当がつくな」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/19(水) 15:43:07.84 ID:Sy0KXrXG0

    P「で、そのアイマ聖水はどんなジュースで何を付けるんだ?」


    春香「ジュース?付ける?そんな小賢しいことはしませんよ」


    春香「やっぱ聖水ですから名前通り私たちのおしっこを使えばいいんですよ!」


    P「何!?リンゴやオレンジじゃなくてガチの尿かよ!」


    春香「はい!あとおまけは一切つけません!」


    P「ストラップすら付けないのか!」


    春香「あと値段も高めの1000円!」


    P「高すぎだろ!山の上の自販機のほうがまだ安いぞ!」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/19(水) 15:46:47.99 ID:Sy0KXrXG0

    P「何もつけずに1000円なんて売れるわけないだろ!」


    春香「それがそうでもないんですよ!」


    P「どういう意味だ?」


    春香「まず販売する場所はドーム内、それ以外の所では一切販売しません」


    春香「そして飲料水はアイマ聖水以外は一切販売しません!」


    P「ドーム内…ああなるほど、ライブするときドームの中は飲み物の持参は禁止されている」


    春香「はい!そして唯一の飲み物がアイマ聖水だけとなるとファンのみなさんは必然的にそれを飲むことになります!」


    P「こりゃいい!それならどんなに高くても確実に売れるな!」


    春香「でしょ!」


    P「でかした春香!早速それで行こう!」




    【P「新しいグッズのアイデアないかな?」春香「アイマ聖水なんてどうですか!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1416209450/l50

    1 : ◆p3yuNM37DY 2014/11/17(月) 16:30:50.22 ID:Bt3oPOj/O

    貴音「はて……?あなた様?」


    貴音「私の体は、病気なのでしょうか……?」


    貴音「その病気とは、どのような……」


    貴音「…………………」


    貴音「その様子ですと、なかなか話しにくい病気なのですね…」


    貴音「……わかりました、病気の事は聞きません」






    2 : ◆p3yuNM37DY 2014/11/17(月) 16:34:01.89 ID:Bt3oPOj/O

    貴音「きっと、あなた様は私が不安にならないように気遣って、話さないのですよね?」


    貴音「……もう、この話はいたしません」


    貴音「あなた様に大切にされているのです、かまいませんよ」


    貴音「それに、今、私、四条貴音は……」


    貴音「もう私だけの物ではないのですから」


    貴音「そうですよね……あなた様」



    3 : ◆p3yuNM37DY 2014/11/17(月) 16:38:10.01 ID:Bt3oPOj/O




    貴音「なんと……完全に個室なのですか」


    貴音「本当に、よろしいのですか?」


    貴音「私は、相部屋でもかまわないのですが……」


    貴音「……私が、安眠妨害なく寝れるように、と」


    貴音「ふふふ……あなた様のそのような心遣いに、私はいつも感謝しておりますよ」


    貴音「あなた様……いつも、ありがとうございます」ペコッ



    【貴音「入院……ですか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491852574/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/11(火) 04:29:35.29 ID:6kK4Zp8Lo

    P「なぁ、今ちょっと良いか?」

    響「…うん?」

    響「…自分?」

    P「そうそう」

    響「……」

    響「良いけど…」

    P「ん?どうした?」

    P「歯切れが悪いけど…忙しかったか?」

    響「そういうわけじゃなくて…」

    響「うー…なんて言えばいいのかなー…」

    響「プロデューサー、なんかいつもと違う感じがするというか…」

    響「モヤモヤってするっ!」

    P「……」

    P「(俺もその気持ちわかるぞ、響)」

    P「(お前の名前を呼ばずに会話してる自分にモヤモヤする)」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/11(火) 04:30:53.94 ID:6kK4Zp8Lo

    響「なんというか…やだっ!」

    P「やだって酷いな…」

    響「う、ご、ごめん…」

    響「うー……」

    響「だってぇ…」

    P「…俺、お前に何かしたか?」

    響「してない…と思う…」

    響「なんなんだろう、これ…」

    響「なぁ…プロデューサー…?」

    P「うん?」

    響「じ、自分…どこかおかしくなっちゃったのかな…!?」

    響「プロデューサーに呼ばれてから、ずっとよくわかんないモヤモヤが消えないんだよ…」

    響「こんなの…どうしたらいいかわかんない…」

    P「……」

    P「(やばい…今にも響が泣きそうだ…)」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/11(火) 04:31:50.99 ID:6kK4Zp8Lo

    響「うぅ…」

    P「……」

    P「…なぁ、響?」

    響「…なぁに?」

    響「……」

    響「…あれっ?」

    P「ん?」

    響「なんか今、モヤモヤが無くなったような…」

    P「お前の勘違いだったんじゃないのか?」

    響「むっ!そんなこと…!」

    響「……」

    響「…あ、またモヤっときた」

    P「響」

    響「お、スッキリ!」

    P「コロコロ変わるなお前」

    響「モヤっ…」

    P「(面白い)」




    【P「相手の名前を呼ばずに会話をしてみるとどうなるか」】の続きを読む

    このページのトップヘ