大きいサイズ

    カテゴリ: シュタインズ・ゲートSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1442819910/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 16:18:31.00 ID:Nid5QxFno

    紅莉栖「私、既に死んでるのよね……」

    岡部「そ、そうだな」

    紅莉栖「岡部は精神がおかしくなった状態からスタート」

    岡部「うむ……」

    紅莉栖「世界は第三次世界大戦へと突き進む」

    岡部「らしいな」

    紅莉栖「夢も希望も無いわね」






    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 16:21:46.45 ID:Nid5QxFno

    hira089022
     

    紅莉栖「だってこの顔見てよ! あんた、死神みたいな顔してるわよ」

    岡部「白衣でないのは気に食わんが、このダークな雰囲気こそ俺の理想とする狂気のマッドサイエンティスト……ククク」

    紅莉栖「ちなみに正面に立ってる赤毛の女の子は私じゃないわ。椎名かがりさん」

    岡部「ゼロのキーパーソンだな」

    紅莉栖「@ちゃんでは、私とかがりさんの血縁的関係を指摘してるレスがあったけど、あれってどうなのかしら」

    岡部「つまり、お前の離婚した母親が別の男と再婚して子どもを作る可能性か?」

    ダル「腹違いの妹とか、胸が熱くなるだろJK」

    紅莉栖「橋田はいいわよね、相変わらず超人的スペックをフル活用するわけだし」

    岡部「こいつはウィザード級のスーパーハカーだからな」

    ダル「ハカーじゃなくてハッカーだろJK」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/21(月) 16:24:34.94 ID:Nid5QxFno

    ダル「つーか牧瀬氏だって、電脳空間に登場するし、アプリとして常にオカリンのスマホの中に居れるんだからいいじゃん」

    hira089023
     

    紅莉栖「は、はぁ!? 別に岡部といつもつかず離れず一緒に居ることができても嬉しくなんかないから!」

    岡部「お、おう」

    紅莉栖「それに、それは私じゃなくてAmadeusでしょ。私の2010年3月時点の記憶を持った、別人格の存在よ」

    紅莉栖「岡部、Amadeusの私に鼻の下を伸ばしたり、橋田にHENTAI行為をさせるようなことがあったら、脳ミソに電極ぶっさすからね」

    岡部「わかっている……」



    【紅莉栖「シュタインズ・ゲート・ゼロが発売&アニメ化されるけど」岡部「ほう?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1322442898/

    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 10:14:58.40 ID:WK+XAbir0

    紅莉栖「パパやママの写真まで特定されてる…」



    2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 10:15:40.38 ID:6iUEvRZj0

    紅莉栖はそんなことしない



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 10:18:07.05 ID:kksgMpZy0

    ドクター中鉢終了のお知らせ



    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 10:23:23.06 ID:WK+XAbir0

    紅莉栖「日本にしかないマクドナルドのメニューを堪能しにマクドナルドで昼食をとろうと行ったの」

    紅莉栖「それで私の座った席の横に忘れ物と思われるカバンが一つそこに」

    紅莉栖「ほら、私学者でしょ?そういう未確認物体Xは気になるわけじゃない」

    紅莉栖「で、とりあえず中身を見てみたのよ」

    紅莉栖「そこにはね、なんとDSとDSのカセットがたくさんあったわけ!!」

    紅莉栖「これは神様が普段努力している私にへのご褒美だと思ったわ!」



    9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 10:28:42.01 ID:WK+XAbir0

    紅莉栖「でね、岡部、私は何も悪いことはしてないのよ?」

    紅莉栖「こういうのって忘れていった奴が悪いじゃない?」

    紅莉栖「こういう貴重品を一つのカバンにいれて持ち歩く奴が悪いじゃない!」

    紅莉栖「デッドボールというリスクを背負いながらも打席に立つメジャーリーガーと同じなわけ」

    紅莉栖「だから、こういうイレギュラーな事故が起こっても、このDSやカセットの持ち主の人は覚悟して持ち歩いてると私は思うのよ」



    10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/28(月) 10:32:05.66 ID:7RwB55FmP

    クズリスティーナ



    【紅莉栖「DSを置き引きして売ったことをネットに書いたら炎上した」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/17(火) 18:33:15.20 ID:u8zNIRXV0

    るか「はい、町内会のチームなんですけど人手が足りなくて」

    るか「ですので凶真さんに助っ人を頼もうかと思って」

    岡部「ふむ、ついに我が魔球スーパーバイオレンスマグナムボール一号を解禁する時がきたのか」

    紅莉栖「漆原さん、こんな度がつく運動音痴なんかに助っ人を頼むなんてやめといた方がいいわよ」

    橋田「牧瀬氏に激しく同意」

    まゆり「鈴さんに頼んだほうがいいと思うなー」

    岡部「おのれ貴様らよくもラボ創設者にして狂気のm」

    紅莉栖「はいはい。厨二病乙」



    2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/17(火) 18:37:21.66 ID:u8zNIRXV0

    岡部「くそ、助手の分際で!」

    紅莉栖「誰もあんたの助手なんていってない!」

    岡部「貴様とて、度がつくほどの運動音痴ではないのか?」

    紅莉栖「運動音痴なのは認めるけど、少なくともあんたよりはマシでしょう」

    岡部「ほう、ならば貴様がその助っ人を引き受けてもらおうか」

    紅莉栖「はぁ?なんでそうなるのよ!」

    まゆり「ええ!紅莉栖ちゃん助っ人するの?頑張ってねー☆」

    橋田「牧瀬氏だけはブルマで頼むぜ」



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/17(火) 18:44:13.83 ID:u8zNIRXV0

    紅莉栖「いや、まだ引き受けるとはいってn」

    岡部「この鳳凰院凶真よりも運動音痴ではないと、その試合で証明してみせろ!」

    るか「まぁ、女性の方がいたらチームも華やかになりますし」

    まゆり「お弁当持って応援に行くねー☆」

    橋田「牧瀬氏もうあきらめた方がいいと思われ」

    紅莉栖「あ・・・ありのまま今起こった事を話s」

    岡部「おいねらー、落ち着け」



    【岡部「ソフトボールだと?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:36:27.79 ID:SVquIP9R0

    紅莉栖「待って、待つのよ私、落ち着きなさい、まずは現状の確認」

    紅莉栖「えっと、まず流出したのは●を買った人のみ、と。 うん該当」

    紅莉栖「さらに、それをクレカで買った人、と。 これも該当」

    紅莉栖「そして流出したメアドのリストはこれ、と。検索して……BINGO!やったね☆」

    紅莉栖「っざけんなああああああああああああぁぁあぁあァアあああばばばばば」

    ダル「Oh……牧瀬氏……」

    紅莉栖「ちょ、橋田!あんたいつからいたのよ!!」

    ダル「このたびは誠にご愁傷さまですとしか言う言葉が見つからないお」

    紅莉栖「何他人事みたいに言ってんのよこの重度@ちゃねらーが!あんたも例外じゃないでしょーが!!」

    ダル「だって僕●とか買ってないですしおすし。@ちゃんのザルセキュリティじゃ怖くてクレカなんて使えないお」

    紅莉栖「ぬぬぬぬぬ……そ、そうだ橋田!いえ橋田さん!漏れたリストから私の名前を消せないの!?
         スーパーハカーなんでしょ!?お願い、なんでもするから!!」

    ダル「ん?今何でもするって言っ……サーセン、真面目に答えるからそんなに睨まないでほしいお!
        ていうか冷静になってよ牧瀬氏、もうネットの海に漏れてしまったものを回収なんて無理だろ常考」

    紅莉栖「うう……」



    4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:38:24.16 ID:uudNIo1w0

    さーてクリスチャンはどんな恥ずかしい書き込みをしてたのかなっと
    フフッヒ



    【紅莉栖「ほ、本名まで流出って、う、嘘でしょおおおぉぉぉぉ!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 22:07:21.43 ID:OGML3ZML0

    岡部「またスシローか!前回も言っただろ!」

    紅莉栖「コスパコスパ」

    ダル「ホント牧瀬氏はスシロー好きすぎるお」

    紅莉栖「コスパコスパ」

    岡部「頼むからスシロー以外にしてくれ・・・」

    紅莉栖「んじゃあね、すたみな太郎。コスパコスパ」



    2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 22:07:48.05 ID:Tje59+Ma0

    ダンガンコスパ



    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 22:11:33.67 ID:OGML3ZML0

    岡部「わかった。じゃあすたみな太郎行くか」

    紅莉栖「コスパーーー!」

    ダル「えぇ~マジ?」

    紅莉栖「なによ」

    ダル「前から思ってたんだけどさ、牧瀬氏ってコスパコスパうるさいよね。ケチっていうか」

    紅莉栖「は?私のどこがケチなのよどこが」



    9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/13(火) 22:14:17.12 ID:yJtGagbv0

    スシローってそんなにコスパいいのか?



    【岡部「外食行くか」紅莉栖「スシローにしましょ!コスパコスパ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 23:22:12.80 ID:bQnK731r0

    ダル「牧瀬氏も@ちゃん見てたとか驚きだお」

    紅莉栖「お、Jか?」

    ダル「僕はVIPPERだお。牧瀬氏もVIP見たら?面白いよ」

    紅莉栖「(Jじゃ)いかんのか?」

    岡部「助手がねらーでかつなんJ民だったとは・・・」

    ダル「キター!SERNにつなっがったお!」

    岡部「でかしたダル!」

    紅莉栖「SERンゴwwwwwwwwwwww」



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 23:23:12.08 ID:7sVbnW6C0

    くりすj民だったのか



    8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 23:26:16.63 ID:bQnK731r0

    ダル「ま、まだ触りの部分だけなんだけどね」

    岡部「ハッキングまでやってのけるとは、流石はスーパーハカー」

    紅莉栖「(ハッキングとか)いかんでしょ」

    岡部「さっそく情報を探すぞ」

    ダル「分かったお!」カタカタ

    紅莉栖「橋田ぐう畜」



    11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 23:27:59.43 ID:XcSU+m8Q0

    紅莉栖ぶっ壊れすぎw



    12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 23:27:59.78 ID:BxcoqJql0

    この紅莉栖は顔面グーで殴る



    【紅莉栖「アメリカから来たンゴwwwよろしくニキーwwwww」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    p8k11fbsbwt79n5
































    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 02:07:45.94 ID:RHQA4oFN0

    紅莉栖「も、もう四月になっただけあってさすがに暖かいわね、上着いらないわ」 ヌギッ

      ゆさっ ゆさっ

    岡部「……じょ、助手よ……」

    ダル「Oh……牧瀬氏……」

    まゆり「……紅莉栖ちゃんは今日もかわいいねぇ☆」

    紅莉栖「さ、サンクス、まゆりもかわいいわよ……」

    岡部「……う、うむ……うん」

    紅莉栖「……あ、あぁなんか肩こっちゃったな!ちょっと軽く体操でもしようかしら!いっちに、いっちに」

      ゆっさゆっさ どたぷん! どたぷん!

    岡部「…………」

    まゆり「…………トゥットゥルー」

    紅莉栖(ほ、ほんの出来心のイタズラだったのに……どうして誰からもツッコミが無いの?
         何この空気?!頼むから誰か何か言ってよ!!)

    ダル「こんな時……どんな顔したらいいか分からないお……」

    紅莉栖(笑えよベジータ)



    2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 02:08:46.44 ID:PhjXzUym0

    なるほど理解したので続けて



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 02:09:50.43 ID:Y4X3el/80

    ワロタwwwww



    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 02:16:09.26 ID:Yq6CeCDBO
    これには岡部も苦笑い



    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 02:16:58.27 ID:SJ2LB1wH0
    太ったのかと思った



    9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 02:18:25.69 ID:TeI+Qyq60
    >>7
    同じく



    【紅莉栖「は、ハロー」どたぷ~ん 岡部「!!?!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    52d0fe11


    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 21:56:14.62 ID:ODnXdlzu0

    紅莉栖「だが愛を超越すればそれは性欲となる!行き過ぎたオ●ニーがテクノブレイクを誘発するように!」

    岡部「…! それが分かっていながら!なぜオナる!?」

    紅莉栖「HENTAIにオ●ニーの意味を説くは、ナンセンスだな!」

    岡部「貴様は歪んでいる!」

    紅莉栖「「そうしたのはあんただ!」

    岡部「……!」

    紅莉栖「岡部という存在だ!」

    紅莉栖「だから私は岡部を押し倒す!他のラボメンなどどうでもいい!己の意志で!!」

    岡部「貴様だって、ラボメンの一員だろうに!」

    紅莉栖「ならばこれは、ラボメンガールズの声だ!」

    岡部「違う!貴様は自分のエゴを押し通しているだけだ!貴様のその歪み、この俺が断ち切る!」

    紅莉栖「よく言った!岡部ェ!」

    ダル「……さっきから二人で抱き合いながら何いってんの?」

    岡部・紅莉栖「……あっ」


    【紅莉栖「この気持ち!まさしく愛だ!!」岡部「愛ぃ!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    c602aeb7
    転載元スレ
    http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1338802186/1-
    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/04(月) 18:29:46.66 ID:k4u3bKtL0

    岡部「ん? なんだあの黒いノート」

    岡部「DEATH NOTE・・・ 直訳して死のノートか・・・下らん」



    ~五日後ラボ~

    岡部「フフ、欲しい物は手に入った」

    リューク「その様子だと随分気に入ってるみたいだな」

    岡部「う、うわっ!?」

    リューク「何故そんなに驚く。ノートの持ち主死神リュークだ」

    岡部「し、死神・・・、ノ、ノート?」

    リューク「ん? お前デスノート拾ったんじゃないのか?」

    岡部「デスノート・・・あの黒いノートか!」

    リューク「そうだ、使ってないのか?」

    岡部「え、英語が読めんのだ、俺は」

    リューク「ククッ、それは失敗したな」

    岡部「死神・・・俺を・・・殺すのか?」


    【岡部「デスノート?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1653016


    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 11:40:24.72 ID:2sOKi5230

    岡部「フフッ・・・フフフフフ・・・」

    岡部「フゥーハハハ!」

    岡部「電話レンジ(仮)・・・」 チラッ

    岡部「やはり本物・・・!」

    岡部「オペレーションウルドは大成功、我がラボの資金難は一気に解消された!」

    岡部「これをシュタインズゲートの選択と言わずして何だというのだフゥーッハハハハ!」


    【岡部「ロト6当たった」】の続きを読む

    このページのトップヘ