大きいサイズ

    カテゴリ: エヴァンゲリオンSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1355380584/

    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 15:36:24.38 ID:Qfl5hlpe0

    シンジ「今日はどんな動画で抜こうかなー」

    シンジ「………ん?素人投稿モノ?」

    シンジ「えーと何々…………愛人とのハメ撮り動画かあ」

    シンジ「普段ならスルーするジャンルだけどたまにはこういうのもいいかも」

    シンジ「よし、今日はこれで抜こう」



    4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 15:37:33.07 ID:gyqIP+id0

    英語読めるってシンちゃんインテリだなー



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 15:37:46.77 ID:9FqVzWRd0

    和太鼓をもて



    9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 15:39:26.49 ID:Qfl5hlpe0

    シンジ「ポチッとな」

    再生

    シンジ「うわあ……この女金髪だ……ギャル物でもないのに恥ずかしくないのかな?」

    動画「愛してる」

    動画「嘘つき」

    シンジ「えっ?」

    動画「嘘ではない」



    【シンジ「xvideosでも見よう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1424352282/l50

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/19(木) 22:24:42.10 ID:XGMJq46AO

    アスカ「……」ピッ


    【From】コネメガネ
    【Sub】ねーねー
    -----------------------
    姫はジブリで何が一番好き~?o(`▽´)o




    アスカ「……」

    アスカ「……」メルメルメル







    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/19(木) 22:27:21.12 ID:XGMJq46AO

    【To】コネメガネ
    【Sub】は?
    -----------------------
    いきなりなに



    【From】コネメガネ
    【Sub】Re:
    -----------------------
    いいじゃんいいじゃん、ヒマにゃんだも~ん
    構って構って~
    姫が構ってくれなきゃ死んじゃうにゃ(>_<)



    【To】コネメガネ
    【Sub】Re:
    -----------------------
    うぜぇ……



    【From】コネメガネ
    【Sub】Re:
    -----------------------
    じゃああたしが当ててあげるね
    耳すまでしょー???



    【To】コネメガネ
    【Sub】Re:
    -----------------------
    聞けよ
    ていうか違うし



    【From】コネメガネ
    【Sub】Re:
    -----------------------
    あれ、そうなの?
    じゃあ姫はなにが好き???(‘o‘)ノ



    【To】コネメガネ
    【Sub】Re:
    -----------------------
    ラピュタ



    【From】コネメガネ
    【Sub】Re:
    -----------------------
    バルス!!!!



    【To】コネメガネ
    【Sub】Re:
    -----------------------
    うぜぇ





    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/19(木) 22:29:44.58 ID:XGMJq46AO

    【From】コネメガネ
    【Sub】Re:
    -----------------------
    ちなみにあたしが何好きか当てられたら焼きプリン贈呈(≧∇≦)キャハ☆



    アスカ「……」

    アスカ「……」メルメルメル ピッ


    【To】コネメガネ
    【Sub】Re:
    -----------------------
    もののけ



    【From】コネメガネ
    【Sub】Re:
    -----------------------
    ぶーっ!!(≧ε≦)
    正解はおもひででしたぁ~♪♪


    【To】コネメガネ
    【Sub】うぜぇ
    -----------------------
    ていうかチョイス渋過ぎでしょ
    あんた本当に何歳なのよ……



    【From】コネメガネ
    【Sub】Re:
    -----------------------
    それは企業秘密だにゃ!(b^ー°)-☆



    【To】コネメガネ
    【Sub】Re:
    -----------------------
    うぜぇ



    【From】コネメガネ
    【Sub】Re:
    -----------------------
    姫さっきからそればっかだね(o^∀^o)



    【To】コネメガネ
    【Sub】Re:
    -----------------------
    あんたのその異常な鋼メンタルは一体どうなってんの?





    【アスカ「ん?コネメガネからメール……?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423564011/l50

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/10(火) 19:26:52.19 ID:HrAH8Nb90

    シンジ「やだ」





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/10(火) 19:29:07.54 ID:HrAH8Nb90

    アスカ「はあぁぁぁぁ!?なんでよ!この私がキスしてやるって言ってんのよ!」

    シンジ「嫌なものは嫌なんだよ。ほら、ご飯作らなきゃいけないからペンペンとでも遊んでてよ」

    アスカ「待ちなさいよ」

    シンジ「んもー、どいてってば」



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/10(火) 19:30:50.57 ID:HrAH8Nb90

    アスカ「理由を言うまでぜええぇったいどかない!」

    シンジ「理由って?」

    アスカ「私とキスしたくない理由に決まってんでしょ!こんな美少女がキスしよ?って言ってんのよ。それで断るとかあんたホモなの?」

    シンジ「ホモじゃないよ!単純にアスカが好みじゃないだけだよ」

    アスカ「」



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/10(火) 19:45:44.81 ID:HrAH8Nb90

    アスカ「は?はぁ?はああぁぁぁぁぁ!?あんた、正気なの?こんな美少女なのよ?」

    シンジ「まず、自分を美少女って言っちゃう人は好きじゃないよ。それに……」

    アスカ「それに……なによ」

    シンジ「アスカって面は良いけど中身最悪じゃん。理不尽にキレるし、すぐ暴力振るうし我儘だし、他に代表作らしい代表作ないし」

    アスカ「な、中の人は関係ないでしょ!なによ、ちょっと出演作品が多いからって良い気になって!それじゃあ、あんたの好みは何なのよ!」

    シンジ「アスカと正反対な人」



    5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/10(火) 19:49:08.06 ID:AlSzyLadO

    和葉がおりまんがな!!



    【アスカ「ねえ、シンジ。キスしよっか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417083596/l50

    1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 19:20:06.53 ID:52vn4Covo

    ネルフ本部 管制室

    レイ「……」

    マヤ「あら、どうしたの?」

    レイ「いえ。どんな仕事をしてるのか、興味があって」

    マヤ「そ、そう。見ていても面白くないと思うけど、好きなだけ見学して」

    レイ「ありがとうございます」

    青葉「珍しいな。いや、初めて見るな」

    日向「ああ。エヴァ以外に興味なんてないと思ってたのに」

    マヤ「シンジくんの影響じゃないですか?」

    レイ「……」

    レイ(知らない機械がたくさんある……。今まで知らなかったこと……知る必要のなかったこと……でも今は知りたい……。不思議……)





    2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 19:25:48.56 ID:52vn4Covo

    日向「そろそろ昼か。休憩にしよう」

    青葉「ああ。何食べる?」

    日向「そうだなぁ」

    マヤ「私も休憩にしよっと」

    レイ「……」

    マヤ「ええと……」

    レイ「私は結構です。もう少し見ていたいので」

    マヤ「そう。それじゃまたあとで」

    レイ「はい」

    レイ「……」

    レイ「この大きな赤いスイッチは……?」

    レイ「……」

    レイ(押すと……どうなるの……。今まで気にも留めなかったこと……気にする必要もなかったこと……だけど今は気になっている……。この気持ちは……)

    レイ「……スイッチ、オン」ポチッ



    3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 19:32:36.01 ID:52vn4Covo

    食堂

    リツコ「それは本当なの?」

    ミサト「そうよ。見ていて気が付かなかった?」

    リツコ「あのレイが……。信じられないわね」

    ミサト「まぁ、シンちゃんの影響よねぇ」

    シンジ「え?ぼ、僕ですか?」

    ミサト「このこのぉ、あたしの目は誤魔化せないわよぉ。最近、よく喋ってるじゃない。レイとシンちゃん」

    シンジ「あ、あの、それは綾波だって、1人だと寂しいかなって……思って……」

    ミサト「で、なにしてらっしゃるの、お二人さんはぁ。ぶふふふ」

    シンジ「な、なにもしてませんよぉ。ただ、本とかを……その……薦めてあげたりとか……お弁当のおかずは何がいいとか相談したり……それぐらいで……」

    ミサト「あーら、まるで恋人同士じゃない」

    アスカ「はっ! ガキにはお似合いね!!」

    ミサト「あれ?嫉妬?」

    アスカ「はぁぁぁぁ!?そんなわけな――」

    バンッ!!



    【ミサト「ネルフ本部の全機能が停止ですって!?」リツコ「ありえないわ!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417774655/l50

    1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 19:17:45.30 ID:VxW+p3/j0

    アスカ「は?」

    シンジ「だって、特に大した理由もないのに僕達一緒に暮らす事になったんだよ。これはもうアレまで一直線のパターンじゃないか。なのに、アスカときたら僕に何にもしてこないなんてどういう事だよ」

    アスカ「……なによ、アレって?」

    シンジ「アレって言ったらアレに決まってるじゃないか。僕の股間のロンギヌスの槍はいつでもスタンバイ状態なのに、何でアスカは何にもしようとしないの。こんなのおかしいよ。間違ってるよ。アスカ、ちゃんと空気読んでよ」

    アスカ「……は?」





    2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 19:24:25.47 ID:VxW+p3/j0

    シンジ「そりゃもちろん、僕だってわかってるよ。アスカはツンデレだし、最初は好感度0から始まってる訳だから、そのままじゃ何にも起こらないって」

    アスカ「…………」

    シンジ「でも、お約束のラッキースケベはあったし、それに空から降ってくる使徒を倒した事で僕の好感度が一気に上がったじゃないか。もう十分だよ、これ以上気がねする必要なんてなかったはずだよ」

    アスカ「…………」

    シンジ「なのに、アスカはちっとも空気を読まず、何にもアプローチしてこないんだよ。おかしいよ。一緒に家にいるんだから、やりようなんかいくらでもあったじゃないか」

    アスカ「アンタ……頭、大丈夫?」



    3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 19:30:43.08 ID:VxW+p3/j0

    シンジ「例えば、食事だよ。食事の時にソースを取ろうとして、偶然二人の手が重なっちゃうとかさ」

    アスカ「…………」

    シンジ「リモコンの取り合いをしてたら、滑って転んでいつのまにか二人で抱き合ってて、あっ/// みたいな展開とかさ」

    アスカ「…………」

    シンジ「ゴキブリが出てきて、きゃー怖いー、とか言って咄嗟に僕に抱きついちゃうとかさ。一緒に暮らしてるんだよ。いくらでもそういう事が出来るじゃないか。なのに、何でそれをしないんだよ、アスカは。もう少し空気を読んでよ」

    アスカ「…………」



    4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 19:38:03.72 ID:VxW+p3/j0

    シンジ「僕が綾波にお弁当をあげる事で、嫉妬フラグまで立ったんだよ。だけどアスカはそれでもまだ何にもしてこないし」

    アスカ「…………」

    シンジ「ようやくアスカが行動を始めたのって、綾波が料理の練習を始めてからでしょ。それじゃ遅いんだよ。遅すぎるんだよ」

    アスカ「…………」

    シンジ「それにやる事が料理の練習ってどういう事さ。夜中にまた忍び込んで僕に抱きついてくればそれで済んだじゃないか。それでアスカルート確定だったのに、何でわざわざ回り道をしちゃったんだよ」

    アスカ「…………」

    シンジ「おまけに綾波の好感度を上げようと思ったら、自然とアスカの好感度が下がってくんだよ。どういう鬼畜仕様なのさ、これ。もう少し考えてよ」

    アスカ「…………」



    5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/05(金) 19:38:15.19 ID:zR+aYjkAO

    空気は吸うものだよ



    【シンジ「アスカって空気も読めないの?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1416823751/l50

    1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 19:09:11 ID:ffCvocQE

    シンジ「さて、頑張ろう!」



    2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 19:09:40 ID:5sQRh4Z2

    寄付



    3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 19:15:20 ID:ffCvocQE

    シンジ(まずはミサトさんからかな)

    シンジ「ミサトさん」

    ミサト「なに、シンちゃん?」

    シンジ「これ、使って下さい」っ千円

    ミサト「え?」

    シンジ「使って下さい、お願いします」(真顔)

    ミサト「あ、うん……。えと……よくわからないけど、ありがとね」


    シンジ(不思議そうな顔をしながらも受け取ってくれた)



    4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 19:20:10 ID:ffCvocQE

    シンジ(次は父さんだ)

    シンジ「父さん」

    ゲンドウ「何だ、シンジ」

    シンジ「これ、使って」っ千円

    ゲンドウ「……?」

    シンジ「使ってよ、父さん」

    ゲンドウ「シンジ……。ひょっとして小遣いが欲しいのか。それなら葛城三佐に言え。生活費は渡してある」


    シンジ(やっぱり受け取ってくれないか……。まあ、父さんだししょうがないよね……)



    5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 19:25:12 ID:ffCvocQE

    シンジ(次は冬月副司令だ)

    シンジ「冬月副司令」

    冬月「ん? 何かね?」

    シンジ「これ、使って下さい」っ千円

    冬月「……どういう事かね」

    シンジ「使って下さい、お願いします」

    冬月「……何か事情があるのかね? ふむ……。それなら」スッ

    冬月「これは受け取るが、代わりにこれを受け取ってもらおうか。それで良かろう? 子供からお金をもらう訳にはいかないからな」っ二千円


    シンジ(逆に寄付された)



    6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/24(月) 19:29:55 ID:ffCvocQE

    シンジ(次はリツコさんだ)

    シンジ「リツコさん」

    リツコ「あら、なにかしら?」

    シンジ「これ、使って下さい」っ千円

    リツコ「…………何かのドッキリ?」

    シンジ「違います。とにかくこれ、使って下さい」

    リツコ「……遠慮しておくわ。それはシンジ君が使いなさい」


    シンジ(興味をなくしたかのように、向こうを向いちゃったよ……。疑り深いリツコさんは無理かな……)



    【シンジ「全員に>>2をしてみる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1416932696/l50

    1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 01:25:06.49 ID:0QxaJKvWo

    シンジ「LCLについてのアンケート?」

    リツコ「ええ」

    アスカ「メンドくさ……何で今さらそんなことするのよ?」

    リツコ「シンクロ率上昇の為よ」

    レイ「私は現状のままで問題ありません」

    リツコ「レイは問題なし、と……二人はどう?」

    シンジ「……」

    アスカ「……」

    リツコ「……どうやら、不満があるようね、遠慮なく意見を聞かせて」






    2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 01:27:10.53 ID:0QxaJKvWo

    シンジ「その……何度も肺に入れておいてこういうのもなんですけど、まだちょっと抵抗が
        あって……」

    リツコ「ふむふむ」

    アスカ「あと、無味無臭なのもちょっとね、溺れてるみたいでいい気はしないわ、せめて何
        か味がついてればいいのに」

    リツコ「なるほど、わかったわ、参考にさせてもらうわね」



    3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/26(水) 01:29:13.32 ID:0QxaJKvWo

    ~3日後、作戦司令部~

    リツコ「と、いうわけで、LCLにマ○コの匂いをつけてみたわ」

    ミサト「はぁ!? アンタ、頭湧いてるんじゃないの?」

    リツコ「ダメだったかしら?」

    ミサト「……面白いから許可するわ!」

    リツコ「さすがミサト」

    ビーッ! ビーッ! ビーッ!

    ミサト「警報! 使徒ね!」

    リツコ「チルドレンを呼びましょう」

    ミサト「反応が楽しみね!」

    リツコ「アナタもなかなか鬼畜ね」



    【リツコ「LCLにマ○コの匂いを加えてみた」【一応R-18】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405776009/l50

    1 : ◆Kq.keaQOyE 2014/07/19(土) 22:20:19.80 ID:YE85wLi70

    シンジ「なんで勝手に行っちゃったんだよ!ASKA!僕を独りにしないでよ!!」

    シンジ「はぁ……、気持ちの整理が付かないや」

    シンジ「とりあえず>>3にでも行って気持ちを落ち着かせよう……」





    3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 22:22:29.04 ID:2omu+WvP0

    芸能事務所



    4 : ◆Kq.keaQOyE 2014/07/19(土) 22:25:02.00 ID:YE85wLi70

    シンジ「……ここがASKAの元芸能事務所なのか」

    シンジ「随分立派だなぁ……」

    シンジ「って、ここに来ても思い出すだけじゃないか!!」


    >>7 (あれはシンジ君?)



    7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 22:31:24.25 ID:9eBWR8iJ0

    綾波(改二)



    【シンジ「ASKAが精神汚染されていたあげく警察に捕まった……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 09:30:38.96 ID:uqdnw9wj0

    シンジ「ホントにそんなのでいいの?付き合いだして一周年のプレゼント」

    アスカ「いいわよ」

    シンジ「まぁ、僕は楽だけど……」

    アスカ「さてっと。じゃ、早速使うわねこれ」

    シンジ「へ? う、うん。どうぞ」

    アスカ「シンジ。い…一度だけでいいから、私が渚とエッチできるようセッティングして」

    シンジ「…………え?」

    アスカ「何でも言うこときいてくれるのよね……?」



    10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 09:44:24.90 ID:uqdnw9wj0

    シンジ「ってアスカが……」

    レイ「そう」

    シンジ「こんな話してゴメン!黙ってようかと思ってたけど、アスカが直接変なこと言って綾波とカヲル君に迷惑かけちゃうかも知れないから」

    レイ「……」

    シンジ「とにかく、何か言ってきても、カヲル君は無関係だから気にしないで。アスカのほうは僕が何とか説得するから」

    レイ「分かったわ」

    シンジ「それじゃ。またね」



    11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/22(日) 09:48:15.18 ID:uqdnw9wj0

    アスカ「イヤ」

    シンジ「諦めてよアスカ。カヲル君は綾波と付き合ってるんだから」

    アスカ「なにこの券。嘘だったわけ?」

    シンジ「できることとできないことがあるだろ」

    アスカ「あんたが本気で頼めば渚は言うこときくでしょ。試した?」

    シンジ「……試してはないけど」

    アスカ「じゃあやっぱ嘘ついたのね。サイテー!」

    シンジ「アスカぁ」

    アスカ「命令聞いてくれないならあんたとは別れるし、首絞めたこととか全部言いふらすから」

    シンジ「……」



    【アスカ「『シンジに一回だけ何でも命令できる券』貰っちゃった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/12/08(土) 20:37:11.66 ID:8NQEX2ssP

    ミサト「シンジ君って癒し系よね」

    シンジ「なんですか、それ」

    ミサト「一緒にいると心が安らぐってことよ」

    シンジ「はぁ」

    ミサト「嬉しくない?」

    シンジ「実感がありませんから」

    ミサト「まぁ、自分自身じゃ分からないものよね」

    シンジ「はい」



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 20:38:48.43 ID:WavhNuRb0

    だって美少年だもの



    【シンジ「癒し屋シンジ?」】の続きを読む

    このページのトップヘ