大きいサイズ

    カテゴリ: その他のSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518879132/

    1: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/17(土) 23:52:12.58 ID:iY6Gh4SY0

    石上「会長、この資料出来ましたよ」

    白銀「おお、もうできたのか。さすがだな」

    石上「いえいえ」

    かぐや「……」



    藤原「あのー会長、これなんですけど……」

    白銀「ん?どれどれ?」

    かぐや「……」

    かぐや(椅子に座っている会長の正面に立ち、覗き込むように会長を見て、上目遣いで私可愛いアピールですか。本当に卑しい豚)





    2: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/17(土) 23:55:00.77 ID:iY6Gh4SY0

    白銀「っ」

    かぐや(ん? 会長が一瞬視線をそらして……ハッ! まさか!)

    藤原「?」

    かぐや(藤原さん……見損ないました)

    かぐや(この制服のちょっとした隙間から谷間アピールしてくるとは……明日あなたの家がどうなっているか? 楽しみね……)

    白銀(四宮がジッと睨んできたから、思わず目をそらしてしまった。俺は何もしていないはずなんだが……)ドキドキ


    藤原「ありがとうございます! 助かりました」

    白銀「あ、ああ、また何かあったら聞いてくれ」



    3: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/17(土) 23:56:48.25 ID:iY6Gh4SY0

    伊井野「会長、ここなんですが……」

    白銀「どうかしたのか?」

    かぐや「……」

    かぐや(正面から話せばいいのに、わざわざ隣に行って話すとか……)

    かぐや(そんなに会長とくっつきたいんですね。残念です。あなたはいい子だと思っていたのに)

    伊井野「……あっ、すみません……」

    白銀「ん? どうかしたのか?」

    伊井野「あっ、いえ、なんでも」


    かぐや「…………」ゴゴゴゴゴ

    石上(き、今日の四宮先輩、いつも以上に怖い)ガタガタ

    かぐや(へ、へぇ……。伊井野さんの指が会長の指に当たりましたね……いいえ、わざと当てたのね……)

    かぐや(なるほど伊井野さんはそういう姑息な手を使うんですね。いいでしょういいでしょういいでしょう)

    かぐや(あなたがそういう手を使うなら、私も色んな手を使ってあげましょう)



    4: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/17(土) 23:59:24.53 ID:iY6Gh4SY0

      *  *  *



    かぐや「----という事があったんです」

    早坂「はぁ……」

    かぐや「会長が男性として魅力的なのはわかります」

    かぐや「だからと言って、真面目に生徒会活動をしている時に会長の気を引こうとか、頭がおかしいとしか言いようがないわ」

    早坂「確かに頭がおかしいかもしれませんね」ジー

    かぐや「あっ……でも……ま、まさか……」ワナワナ

    早坂「?」

    かぐや「ま、まさか早坂も会長の事が好きなんじゃ」

    早坂「今の流れでどうしてそうなるんです!?」




    【【かぐや様は告らせたい】かぐや「遊園地ラブラブデート大作戦!!!?」早坂「はい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1409878151/

    1 : ◆yXF/ojHTKk 2014/09/05(金) 09:49:11.94 ID:DWiTdYRoO


    女体化勇次郎「親子だからか?些末なことに囚われていては強くなれん。強くなりたくば喰らえ!」

    刃牙「やだよ」

    女体化勇次郎「…ふんっ、思えば近親相姦。初めてではある」

    刃牙「……」ダクダク

    女体化勇次郎「例え女の身であろうと範馬勇次郎、息子に背を向けることはない」

    刃牙「いや、だからさ……そういうんじゃなくて」

    女体化勇次郎「なぁ刃牙?!お父さんとヤろうぜ?本気でよぉ?もお…」

    刃牙「はは…勘弁してよ」

    女体化勇次郎「梢とやらのことが気になるか?あんな小娘のどこがいい?見ろ、俺のこのたおやかな乳房と尻!」ガッチガチ

    刃牙「……」







    2 : ◆yXF/ojHTKk 2014/09/05(金) 09:50:50.85 ID:DWiTdYRoO

    女体化勇次郎「そそるだろう?これで勃たぬなら貴様は男ではない」

    刃牙「ごめん……ピクリともしないよ」

    女体化勇次郎「何ぃ?」ピキッ

    刃牙「本当さ。ほら」シーン…

    女体化勇次郎「……腑抜けめっ!」ギリィッ

    刃牙「それより親父、どうしちまったんだよ。何で女なんかに」

    女体化勇次郎「朝起きてみると女になっていた。ままあることだ」

    刃牙「ねぇよ。どんな同人誌だよ」

    女体化勇次郎「それ以上でもそれ以下でもない。胸は脹れ、尻は丸みを帯び、男の象徴たる男根は女陰へと遂げた」

    刃牙「うるさいよ。見た目はただのメスゴリラだよ」

    女体化勇次郎「イヤミかっ!」

    刃牙「イヤミじゃないよ。見たまんまだっつぅの。ここまでがっかりする女体化なんて無いよ」

    女体化勇次郎「上等な料理に蜂蜜をぶちまけるがごとき思想!!」

    刃牙「意味が分かんないよ。女になって頭がおかしくなったのかい?親父」

    女体化勇次郎「性欲をもて余す」

    刃牙「帰れよ」



    3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 09:52:42.14 ID:8gM8lM+70

    たまに周りが変人すぎるため常識人になる刃牙



    【女体化勇次郎「抱かれてやる」刃牙「やめろ、親父」ジリ…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1519372282/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/23(金) 16:51:23.17 ID:O5msvtM+0

    拳祟「そ、そこをなんとか頼んます!!!」

    彩画堂「自分の描きたいの描かせてよ」

    拳祟「せ、せや!! この肉まん沢山あげますわ!! これでええでっしゃろ!!」

    彩画堂「やだ」

    拳祟「くっ……」



    2: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/23(金) 16:51:54.90 ID:O5msvtM+0

    拳祟(彩画堂はん……KOFの同人誌を象徴する漫画家や)

    拳祟(昔のようにKOFの同人誌……特にワイとアテナのr18本を沢山作ってくれはったら……)

    彩画堂「でもなんでそんな事を?」

    拳祟「……」

    拳祟「実現してほしいからや」

    彩画堂「?」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/23(金) 16:52:34.07 ID:O5msvtM+0

    拳祟「あんたが描いた同人誌と……同じ展開が最近起こっとるんや!!」

    拳祟「舞はんとか舞はんとか舞はんとか……兎に角最近、舞はんがエロい目にあっとんねん!!」

    拳祟「あんたが描いた同人誌と同じシチュエーションで!!」

    彩画堂「へー」

    拳祟「けどな!! おかしいねん!! あんたが描いたワイとアテナがエロい目に合う展開だけ……」

    拳祟「それだけ実現せえへんねん!!」



    4: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/23(金) 16:53:00.48 ID:O5msvtM+0

    拳祟「なんでや!! おかしいと思わへんか!?」

    拳祟「そこでワイが思うたのは……」

    拳祟「既存の同人誌じゃなくて新しいのを描けばそれが実現するかもしれへんってことや!!」

    拳祟「なんの根拠もあらへんけど……試してみる価値はあると思うんや!!」

    彩画堂「締切が近い……」カリカリ

    拳祟「話聞いてくれや!!」




    【拳祟「ワイとアテナの同人誌、もっと描いてくれや!!」彩画堂「エヴァ描きたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518354111/

    1: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/11(日) 22:01:51.68 ID:ApI2NqoK0

    かぐや「ほれ薬!?」

    早坂「はい。とあるルートで手に入れた貴重なものです。せっかくなので使ってみますか?」

    かぐや「はぁ……。何か勘違いがあるようなので言っておくけど」

    早坂「?」

    かぐや「会長が私に惚れて、惚れて、すっごく惚れて仕方ないから相手をしてあげているだけ」

    早坂「なるほど」

    かぐや「だから私がほれ薬を使う必要はないわ。それにほれ薬を使ったら、まるで私が会長にもっと好きになって欲しいみたいじゃない」

    早坂「わかりました。勘違いをしてすみません」

    かぐや「わかればいいのよ」

    早坂「では、これは処分しますね」

    かぐや「え?」

    早坂「?」

    かぐや「え、えーと、処分するのは勿体ないわ。だって貴重な物なんでしょう? そ、それに私の知り合いにそういう薬を使いたい人がいるかもだし……」





    2: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/11(日) 22:02:52.66 ID:ApI2NqoK0

    早坂「なるほど。では、使い方を説明しておきますね----」


    ■内容
    ジュースとか食べ物に混ぜて好きなあの人をGET!

    ■使い方
    1粒…あなたを好きになります
    2粒…手をギューっと握りたくなる
    3粒…めちゃくちゃにしてーーーー


    かぐや「……めちゃくちゃ? どういう意味かしら?」

    早坂「セッ〇スですね」

    かぐや「セッ……!?」

    早坂「薬は全部で5粒しかありません。有効活用してくださいね」

    かぐや「5!? え!? 5粒も使ったら私どうされるの!?」

    早坂「え? これを使うのはお知り合いの方なんでしょう?」

    かぐや「……もちろんです。私は知り合いの身を案じただけです」

    早坂「なるほど」



    3: ◆xW69XHZIXl2A 2018/02/11(日) 22:03:27.97 ID:ApI2NqoK0

    かぐや「……で?」

    早坂「?」

    かぐや「そ、その……キスは2.5粒くらいでいいのかしら?」

    早坂「さあ? そもそも使ったことありませんし。3粒飲ませてさっさとやっちゃった方がいいのでは?」

    かぐや「ダメです! そういうエッチなのは結婚してからなの!」

    早坂「かぐや様は会長さんと結婚まで考えているのですね」

    かぐや「違います! これは知り合いの話です。でも、あくまで参考に聞きたいだけで------」




    【かぐや「ほれ薬!?」【かぐや様は告らせたい】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519187898/

    1: ◆FFa.GfzI16 2018/02/21(水) 13:38:18.28 ID:DCvq+upYO

    ・パワポケSS
    ・個人的なランキング
    ・登場人物は准とパワポケのみ
    ・彼女候補+α





    2: ◆FFa.GfzI16 2018/02/21(水) 13:48:32.32 ID:DCvq+upYO

    パワポケ「皆さんパワプロクンポケットを知っていますか?」
     
    パワポケ「パワポケをただの野球ゲーム、ネタゲーム」
     
    パワポケ「そう思ってる人に送ります」
     
    パワポケ「発表!バッドエンドランキングベスト10!」パフパフ
     
    准「あの、ちょっと盛り上がってるとこ悪いけどパワポケさん何してるの?」
     
    パワポケ「遅れました こちら今回のアシスタント夏目准さんです」
     
    准「ねえ!無視なの?!」
     
    パワポケ「ん?何か分からないことがあったか?」
     
    准「いや、もういいよ やるなら早くやって…」
     
    パワポケ「ではまず10位から」




    4: ◆FFa.GfzI16 2018/02/21(水) 13:49:56.25 ID:DCvq+upYO

    パワポケ「10位!森友子!」
     
    准「パワポケの8のキャラだね」
     
    パワポケ「バッドエンドでは友子との記憶を全て消され友子は殺されます」
     
    准「ええ、何それ…」
     
    パワポケ「そして、主人公は誰か分からずともずっと待ち続けると言う」
     
    准「悲しすぎるよ」
     
    パワポケ「因みに湯田君の
    『………人は忘れるから生きていけるんでやんすよ。 苦しいことや悲しいことを全部覚えていたんじゃ辛くて仕方ないでやんすよ。』は名言として語り継がれてるな」
     
    准「あのメガネいい事言うじゃん」

    パワポケ「でも、主人公は結局忘れられなかったみたいだな 人間らしくていいと思います」
     
    准「そうだね」




    【パワポケ「発表!バッドエンドランキングベスト10!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519124523/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/20(火) 20:02:03.63 ID:4R83i1tS0

    BLACK CATのSSです。

    前作

    イヴ(適当に本を買ったらTo loveると書かれた本も買っちゃった)




    2: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/20(火) 20:02:47.78 ID:4R83i1tS0

    スヴェン「To loveる……」

    スヴェン「ジパングの漫画家が描いているラブコメディ漫画……」

    スヴェン「こんな少女達が辱める姿が沢山ある漫画……紳士としては見過ごせない」

    スヴェン「ましてや……」












    ヤミ『』

    スヴェン「イヴとそっくりの……金色の闇が酷い目にあってるのは許せねぇ!!」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/20(火) 20:03:16.86 ID:4R83i1tS0

    スヴェン「大体なんでこんな有害指定図書になるような漫画が……少年誌で連載されているんだ」

    スヴェン「教育上よろしくないと思わねえのか? 編集部もどうかしているな……」

    イヴ「スヴェン」

    スヴェン「!」

    イヴ「一人でブツブツ何を言ってるの?」

    スヴェン「……いや、なんでもない」

    スヴェン(俺とした事が……少々取り乱してしまった)



    4: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/20(火) 20:04:20.45 ID:4R83i1tS0

    スヴェン(だがそんな悪魔もとっくに終わった)

    スヴェン(この18巻をもってTo loveるは完結した)

    スヴェン(そう、二度とこのような悪夢が繰り返されることはな……)

    スヴェン(……ん? この隣にある漫画……)

    スヴェン「……」

    スヴェン「To loveるダークネス……?」



    5: ◆LYNKFR8PTk 2018/02/20(火) 20:04:57.46 ID:4R83i1tS0

    スヴェン(なんだこれは……To loveるよりも絵柄が綺麗じゃないか……?)

    スヴェン(ま、まさか……続編なのか?)

    イヴ「スヴェン、本買ったから帰ろう」

    スヴェン「あ、ああ」

    スヴェン「……」

    スヴェン(悪夢が再び……始まろうとしているのか?)




    【スヴェン「To loveるダークネス……?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1437739360/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2015/07/24(金) 21:02:40.14 ID:Hlor1cu2O

    イヴ(純文学のコーナーにある本をまとめて買ったけど……これだけなんか違うような……)

    イヴ(……でも折角買ったし……いっか)











    本屋

    妻「おいアンタ、何純文学のコーナーに漫画なんか置いてるんだい」

    夫「いやあ、うっかりうっかり」






    2: ◆LYNKFR8PTk 2015/07/24(金) 21:06:24.12 ID:Hlor1cu2O

    ガチャ

    イヴ「ただいまスヴェン」

    スヴェン「おう、おかえりイヴ」

    トレイン「うっひゃー……またそんなに本買ったのかよ」

    イヴ「うん」

    スヴェン「読め読め、そうしないとこいつみたいな馬鹿になっちまうからな」

    イヴ「分かった、トレインみたいになりたくないから読むね」

    バタン

    トレイン「……今の俺って反面教師?」

    スヴェン「それ以外に何がある?」



    3: ◆LYNKFR8PTk 2015/07/24(金) 21:09:22.69 ID:Hlor1cu2O

    イヴの部屋

    イヴ(……『To loveる』……なんだかこの本だけ異彩を放っている……)

    イヴ(……とりあえず読んでみようかな)

    ペラ……

    イヴ(……あれ? これ、小説じゃない……漫画だ)

    イヴ(……たまにはいっか)



    4: ◆LYNKFR8PTk 2015/07/24(金) 21:13:29.52 ID:Hlor1cu2O

    ペラ……

    イヴ(ええっと……主人公は……この結城リトって人なんだね)

    イヴ(……『高校生』?)

    イヴ(『高校生』っていうのは……ええと……)








    スヴェン『ジパングではな、15歳ぐらいになると『高校』ってところに行くんだ。 そこに通うやつを『高校生』って言うんだ』

    イヴ『分かった』











    イヴ(じゃあこの結城リトって人はジパングの人なんだね)



    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/24(金) 21:14:57.91 ID:Z28Rptspo

    ヤミちゃん出てきたらどうなるか




    【イヴ(適当に本を買ったらTo loveると書かれた本も買っちゃった)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518609483/

    1: ◆j7qD9pF5YU 2018/02/14(水) 20:58:03.59 ID:QiKHxFTX0

    ガバガバ時代考証&もしかしたらキャラ崩壊しているかもしれない





    2: ◆j7qD9pF5YU 2018/02/14(水) 20:58:59.66 ID:QiKHxFTX0

    ~例のアパート~

    バサラ「♪~」ヨゾラヲーカケルラブハー

    ミレーヌ「…」ボーッ

    バサラ「♪~…」ムッ

    ジャーン…

    バサラ「…」ムスー

    ミレーヌ「…あ。」ハッ

    ビヒーダ「…」ッシャーン!

    レイ「どうしたミレーヌ、今日は調子が悪いんじゃないか?」

    バサラ「今日『も』だ、レイ」

    ミレーヌ「『も』は余計でしょ! 『も』は!」プンスコ



    3: ◆j7qD9pF5YU 2018/02/14(水) 21:00:36.60 ID:QiKHxFTX0

    レイ「今日は何があるんだ? デートか?」

    ミレーヌ「うん、午後からお仕事から帰ってきたガムリンさんとね!」

    バサラ「そうかよ、ファイアーよりもデートの方が大事ってか?」

    ミレーヌ「どっちも大事に決まってるじゃない!」ムカー

    バサラ「そりゃ結構なことだ」

    ミレーヌ「何よその言い方!バサラの分からず屋!分からず屋!分からず屋!」

    バサラ「デートのことで頭をいっぱいにさせて練習の邪魔をする奴よりはマシだと思うぜ?」

    ミレーヌ「む、むう…そりゃ悪かったわよ!だけど!」

    レイ「まあまあ、二人ともそんなにカッカするな、それにミレーヌ」

    ミレーヌ「へ?」キョトン

    レイ「今から出ないとデートには間に合わないんじゃないか?」

    ミレーヌ「…あーっ!いっけなーい!もうこんな時間!?」

    レイ「またどっかの誰かに連れ去られたりするんじゃないぞ?」

    ミレーヌ「分かってる!それじゃあ!」タタタッ

    ビヒーダ「…」カッカッカッカッ



    4: ◆j7qD9pF5YU 2018/02/14(水) 21:01:42.43 ID:QiKHxFTX0

    ~待ち合わせ場所~

    ガムリン「…」トケイチラッ

    ガムリン(ミレーヌさん、何かあったのだろうか…)

    ガムリン(くっ…こうして待っていると出撃する前よりも緊張するな…)

    ガムリン(特に今日のデートは「あの事」についてキチンと言わなければならない…!)

    ガムリン(「あの事」を言ってミレーヌさんに変な奴だと思われてしまったら、俺は…!)

    フィジカ(愛する相手ならば何事も包み隠さず報告するべきですよ)

    ガムリン(フィジカ、いきなり人の思考に入らないでくれ、あと成仏してくれ)

    ミレーヌ「あ、いたいた!ガムリンさーん!」フリフリ

    ガムリン「ミ、ミレーヌさん!」ドキッ

    ミレーヌ「ごめんなさい!ファイアーで練習してたらすっかり遅れちゃって…」

    ミレーヌ(…あれ?)




    【【マクロス7】ミレーヌ「ガムリンさんハゲ疑惑?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518781485/

    1: ◆j7qD9pF5YU 2018/02/16(金) 20:44:45.91 ID:pQsT3G3h0

    激しくネタバレ&キャラ崩壊注意





    2: ◆j7qD9pF5YU 2018/02/16(金) 20:45:54.37 ID:pQsT3G3h0

    ~マクロス・シティ上空~

    ガルド「…ッイサム!7時の方向!来てるぞ!」

    ゴースト『…』ドドドドドド

    イサム「ッチィ!」ブゥン

    ISAMUISAMUISAMUISAMUISAMUISAMUISAMUGULDISAMUISAMU

    ヤン「…!やっぱりだ、あのゴースト、シャロンが操っている!」

    ヤン「ゴーストどころじゃない、マクロス・シティ全体がシャロンに支配されているんだ!」

    イサム「ハッ!冗談じゃねぇぜ…!」

    ガルド「イサム。俺がゴーストの相手を引き受ける。お前はミュンを守れ!」

    イサム「ああ!?何言ってんだ、俺がアイツとデートするんだぜ!?」

    ヤン「いや、ゴーストとまともに戦うとしたらYF-21の方が向いてる!ここは大人しく引き下がった方がいい!」

    ガルド「そういうことだ、それにイサム…ミュンは、お前を待っている!」

    イサム「…後で泣きついてくるんじゃねぇぞッ!」ビューン

    ガルド「…そっちこそな!」フッ



    3: ◆j7qD9pF5YU 2018/02/16(金) 20:47:24.28 ID:pQsT3G3h0

    ゴースト『…』ゴオオオオオ

    ガルド(まともに戦える…か)

    ガルド(コイツの性能を限界まで引き上げてやっと互角に戦えるかどうか…だろうな)

    ガルド(それでも駄目だとしたら…)

    ガルド「…さあ来い、お前の相手は俺だ…ッ!」ギュオオオオオッ

    ゴースト『…』ズドドドドド

    ガルド(くっ…やはりコイツ…速いッ…!)

    ガルド(だが…これくらいであれば…ッ!)

    ガルド「ぐおおおお…ッ!」ググググ

    ゴースト『…』ビュオオオオオオ




    4: ◆j7qD9pF5YU 2018/02/16(金) 20:48:39.02 ID:pQsT3G3h0

    ゴースト『…』ズドドドド

    ガルド「…!ガアッ…!」ガガッ

    ガルド(…やはり、このままではヤツを仕留められない。それどころか…)

    ガルド「…よお、イサムッ!調子はどうだ!」

    イサム「ガルド…!おうよ、ミュンも見つけたぜ!今んところ無事だッ!」

    ガルド「そうか…こっちももうすぐカタがつく!」

    イサム「そうかよ、んじゃあ終わったら三人で一杯やるとしますかッ!」

    ガルド「7年ぶりの再会を祝してな!先に行ってるぜ…!」

    イサム「…!?ガルド、お前何言って…」

    ガルド「うおおおおおおおおおッ!!」ゴオオオオオオ

    ゴースト『…!』ギュオオオオオ

    イサム「ガルドッ!?」

    ドカァン ズガァン ドゴオオオオオオオオンッ

    イサム「ガルドオオオオオオオオッ!!!」





    【【マクロスプラス】ガルド「気合と筋肉で意外と生き残れた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518952754/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 20:19:15.28 ID:29DT7ED70

    コナン「死ぬまでに一度はしてみたいことってあるか?」

    灰原「どうしたのよ急にそんなこと言い出して」

    コナン「いや、なんかオレの周りって殺人事件ばかり起きるだろ?」

    コナン「なんか人がバタバタと死んでいくのを見てるとさ、オレもいつ死んでもおかしくねーなって、、」

    灰原「そうね」

    コナン「だからせめて死ぬ前にさ、一度はしてみたいことって何かあるかなーとふと思ってさ」

    灰原「そう」

    コナン(オレはやっぱり、いつか蘭とちゃんと付き合って、そして結婚して、、くふふ)

    灰原「どうせあなたはあの彼女と付き合って、結婚したいとか考えているんでしょ」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 20:21:26.31 ID:29DT7ED70

    コナン(ギクッ!)

    コナン「バ、バーロー! んなことじゃねえよっ!///」

    灰原(ホント分かりやすい人ね・・)

    コナン「そ、そんなことより、オメーはどうなんだよ? なんか思いつくことあるか?」

    灰原(・・・死ぬまでに一度はしてみたいこと、か・・)

    コナン(相変わらず鋭いやつだな・・でもいつか絶対に蘭と・・くふふ)

    灰原(・・・)



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 20:24:24.42 ID:29DT7ED70

    コナン「まあそもそもオメーは生きることにあんまり執着なさそうだけどな」

    灰原「・・・」

    コナン「な、なんだよこっちをじっと見て。冗談だよ冗談」

    灰原「・・・そうね。私は、、」

    灰原「・・死ぬまでに一度は、好きな人とデートでもしてみたい、、かしら」

    コナン「ふーん、そうか・・」

    コナン「・・は?」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 20:26:47.46 ID:29DT7ED70

    コナン「え、なんて言ったの今」

    灰原「好きな人と一度でいいからデートしてみたいって言ったのよ」

    コナン「・・・ぷっ!」クスクス

    コナン「オメーが!? 好きな人と!? デート!? ぷっはっはっはっ!!」

    灰原「あら、そんなにおかしいかしら」

    コナン「おかしすぎるっつーの!!だってあの灰原が! 灰原だよ! ぷっ」




    【コナン「灰原の好きな人」】の続きを読む

    このページのトップヘ