大きいサイズ

    カテゴリ: ガンダムSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1412178873/

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/02(木) 00:54:33 ID:IqCai8dY

    シャア「ララァ・スンは私の母になってくれるかもしれなかった女性だ! そのララァを殺したお前に言えたことか!」

    アムロ「お母さん? ララァが…? …うわっ!?」

    その時、サイコフレームの光がアクシズ全体を包んだ。



    2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/02(木) 00:55:25 ID:IqCai8dY

    ~ラー・カイラム艦内~

    ロンド・ベル兵「アクシズ進路変更確実! 地球から離れます!」

    ブライト「あの光は…」

    ~宇宙空間~

    ハサウェイ「まるで、虹みたいだ…」

    ユウ・カジマ(蒼い宇宙にかかった、虹か…)



    3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/02(木) 00:55:56 ID:IqCai8dY

    ~???~

    アムロ「…こ、ここは…!」

    シャア「こ、これは…我々はサイコフレームに呑まれたというのか!?」

    ???「…人は、今戸口に立っている…そこをくぐれる日が来るのかもしれない…」

    シャア「その声…ララァ…ララァ・スンなのか…?」



    4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/02(木) 00:56:30 ID:IqCai8dY

    ララァ「人の思いは、時間も、空間さえも超えることができる…」

    アムロ「…人はいつか、時間だって支配することができる…」

    シャア「しかし…その人の思いが地球さえ破壊するんだ…!」

    ララァ「そうではありません、大佐。この空間は、人の心の光の結晶…この虹の彼方に、道は続いているんです」

    シャア「何…?」



    5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/02(木) 00:57:07 ID:IqCai8dY

    ララァ「大佐…アムロ。これが、あなた達が望んだ人の心の光が満ちた世界…」

    シャア「私が、望んだ…?」

    アムロ「ララァ、君は俺たちをどこへ連れて行くつもりだ!?」

    ララァ「………」

    アムロ「答えてくれ、ララァ! この虹の彼方に、何があるっていうんだ!? …うわっ!?」




    【アムロ「涼宮ハルヒ…」シャア「神の力、か」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1545223420/

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/19(水) 21:43:40 ID:3XO19F/o

    『僕は今でもリバプールのファンだし、これからもずっとそうだ。』
    ―――元スペイン代表 シャビエル・アロンソ・オラーノ

    >>2008年の深夜ドラマ『ロス:タイム:ライフ』と『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のクロスオーバーです。
    ※多少捏造とかあるかもしれませんが、大丈夫な方はどうぞ。



    2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/19(水) 21:44:19 ID:3XO19F/o

    ―――――――――
    ――――――
    ―――

    ラフタ「ちょっと買い過ぎちゃったかなぁ?でも仕事が始まったら当分こういう買い物はできないだろうしね…」

    アジー「……。」

    ラフタ「…どうしたの?」

    アジー「買い忘れ…さっきの店だ、ちょっと待ってて。」

    ラフタ「私も行こうか?」

    アジー「いや、すぐだから…」

    ラフタ「……。」

    ………

    ラフタ「…おっ?」

    『BEAR FACTORY』

    ラフタ(ここって…テディベアのお店かな?)



    3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/19(水) 21:44:57 ID:3XO19F/o

    ―――――――――
    ――――――
    ―――

    ラフタ「へえー、可愛いじゃん。」

    ラフタ「何この子?目つき悪っ!…なんか、似てるかも。」

    ………

    ラフタ「すみません、これ下さい。」

    店員「はーい、ちょっと待っててくださいね。」

    ………

    刺客「…。」サッ

    ラフタ「……えっ―――」

    バン…バン…


    <additional time → 03:20:00:00>



    4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/19(水) 21:45:57 ID:3XO19F/o

    副審1「…。」タッタッタッ

    副審2「…。」タッタッタッ

    第4審判「…。」タッタッタッ [3:20]


    主審「」ピーッ!

    ラフタ「……!?」キョトン


    実況「さあ表示されました!ラフタ・フランクランド選手のロスタイムは3時間20分です!」

    解説「いやー、この突然の銃撃、絶対裏で何かありそうですよね…」

    <Profile>
    ラフタ・フランクランド -LAFTER FRANKLAND-
    年齢:21歳
    職業:元「タービンズ」所属・女性パイロット
    漢字表記:浪蓋 布蘭宮嵐人
    死因:銃殺

    実況「残された時間は僅か、ラフタ選手はロスタイムで人生の何を清算するのか!?」

    解説「こんな形でロスタイムを迎えるのは残念ですが、せめて悔いのないプレーを見せてほしいですね。」




    【【オルフェンズ】ラフタ「ロス:タイム:ライフ…?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1426324381/

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 18:13:01 ID:FqlRKe1k

    テレビ『さぁ、目前に迫ったガンプラバトル世界選手権!注目の選手たちを一挙紹介です!!』

    メダロット博士「ガンプラバトル…か…」

    メダロット博士(ガンプラバトルに使われるプラフスキー粒子…突如発見されたが、その経緯には謎が多い…)

    メダロット博士「子供の玩具というには過ぎたテクノロジー…これから我々はどの様に向き合っていくべきなんじゃろうな…」


    ガンプラ…それはテクノロジーが生み出した全く新しいホビーである

    プラフスキーと呼ばれる粒子で動かすプラモデルでバトルを行う

    各パーツに改造を施すことによって無限の能力を引き出すことが出来るのだ



    2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 18:13:32 ID:FqlRKe1k

    セイ「母さん、醤油買い忘れるなんて…」

    セイ(スタービルドストライク…基本的な部分は完成した…けど、何かが足りない気がするんだ……)

    コンビニ店員「いらっしゃいませー」

    セイ「あれ?レイジ?こんなところでどうしたの?」

    レイジ「よう、セイ。いや、あそこの雑誌…ガンプラ選手権世界大会の特集やってんだよ」

    セイ「あ、本当だ。あれがどうかしたの?」

    レイジ「いや、ちょっと立ち読みしたいんだけどさ…変な格好した奴等がずっと立ち読みしてて中々どかねぇんだよ」

    セイ「変な格好の人達?」

    レイジ「あぁ、アレだよ」

    ロボロボ団「コンビニでずーっと立ち読みして店員や客に迷惑をかけてやるロボ!」

    セイ「あぁ、あれは…!」



    3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 18:14:03 ID:FqlRKe1k

    ガーッ

    コンビニ店員「いらっしゃいませー!」

    イッキ「そこまでだ!ロボロボ団残党!」

    アリカ「こんな余所の街でもしょうもないいたずらしてるなんて!」

    ロボロボ団「あぁー!お前は天領イッキ!!ロボ!!」

    レイジ「なんだなんだぁ!?」

    セイ「ロボロボ団だよ、レイジ」

    レイジ「なんだよ、そのボロボロ団っての?」

    ロボロボ団「ロボロボ団!ロボ!!」

    セイ「ロボロボ団っていうのは、しょうもないいたずらばっかりする悪の組織だよ
    この街で見るのは珍しいなぁ」



    4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/14(土) 18:14:46 ID:FqlRKe1k

    レイジ「悪の組織?にしちゃずいぶんだせぇなぁ…頭に変なのついてるし」

    ロボロボ団「これは我々のチャームポイントロボ!
    言わせておけば言いたい放題…こうなったらロボトルで勝負だロボ!」

    セイ「えぇー!?待ってよ、僕達メダロットなんてもってないよ!」

    レイジ「メダロット?ロボトル?なんだそりゃ?」

    ロボロボ団「うるさい!メダロット転送ロボ!」

    ゴーフバレット「…」

    レイジ「なんだ、こいつ?」

    セイ「メダロットだよ。レイジみたことない?」

    レイジ「いや、ねーな」

    セイ「メダロットっていうのはね、人工知能メダルを搭載したロボットなんだ
    ティンペットっていう基本フレームにメダルを搭載して、頭・右腕・左腕・脚のパーツを装着して出来るんだよ
    パーツの組み合わせで色々カスタマイズできるんだ」

    レイジ「へー、面白そうだな」




    【メタビー「ガンプラバトル?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1416583147/

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/22(土) 00:19:07 ID:820oNyds

    ブライト「信じられん……アクシズが押し返されていく……」

    連邦兵「これが>>2ガンダムの力なのか……」

    ジオン兵「なんて綺麗な光なんだ……」

    ナナイ「大佐……」



    2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/22(土) 00:35:04 ID:rTEKEyRM

    ターンX



    3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/22(土) 00:41:59 ID:BVedwCvg

    綺麗な光って月光蝶かよ



    6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/22(土) 01:39:46 ID:820oNyds

    アムロ「このターンXガンダム、凄い……流石はターンAのお兄さんだ!」

    シャア「ぐっ……アムロ、一体何を企んでいるっ……!!」

    アムロ「………」



    アムロ「フフ、フフフフフフ……」

    アムロ「気が付かなかったのか、シャア!アクシズに溜め込まれていた莫大なエネルギーは、全てこのターンXガンダムが貰っているぞ!」

    シャア「くっ……アムロ!貴様、この私を利用したな!?」

    アムロ「その通りだ、シャア!そして、今からこのターンXガンダムを使い、>>8を>>11してやるのさ!!」



    8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/22(土) 03:36:44 ID:Gj5klEzg

    地球



    11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/22(土) 10:15:43 ID:ejz/zY9Y

    平和




    【【安価】アムロ「>>2ガンダムは伊達じゃない!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : https://hibari.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1323695510/

    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 22:11:50.30 ID:FE+WfaYKO

    ガロード「へ?」

    ティファ「抱いて」

    ガロード「抱いてって……」

    ティファ「お願い……ガロード」

    ガロード「な、なんだかよくわからないけど……こ、こうかな……」ギュッ

    ティファ「……///」

    ガロード「な、なんだか照れちまうな……へへ」



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/12(月) 22:16:02.15 ID:FE+WfaYKO

    パッ

    ガロード「あれ?」

    ティファ「もういい……ありがと、ガロード……」

    ガロード「う、うん……」

    タタタタタ……

    ガロード「なんだったんだぁ……?」




    白イルカ『よう、どうだった?嬢ちゃん』

    ティファ「とても……温かかったです」




    【ティファ「ガロード、抱いて」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1424877695/

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 00:21:35 ID:7CphOHLc

    イアン「……本当に良いのか、刹那。一度なってしまえば、お前はもう戻れなくなるんだぞ」

    刹那「構わない。やってくれ、イアン」

    イアン「……分かった」



    チュィィーン ガリガリガリ……チュィィーン……



    2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 00:24:50 ID:7CphOHLc

    翌朝

    ロックオン「よう、アレルヤ」

    アレルヤ「あぁ、ロックオンか。おはよう」モグモグモグ

    ロックオン「朝飯食ってる所に悪いんだが、刹那を見なかったか?」

    アレルヤ「刹那?モグモグ、多分格納庫に居ると思うけど」

    ロックオン「そうか、ありがとうよ」

    アレルヤ「……」モグモグ



    3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 00:28:21 ID:7CphOHLc

    ロックオン「刹那、いるか?次回のアップデートでハルートが参戦する件についてなんだが」ウィィーン

    シーン……

    ロックオン「……刹那?」

    イアン「刹那なら、もう居ないぞ」

    ロックオン「おやっさん……そりゃどういう意味だ」

    イアン「……刹那は……」



    イアン「刹那は……ガンダムになったからな」



    4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 00:48:25 ID:yAzSN.4U

    ついになっちまったか…



    6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/26(木) 02:27:12 ID:eHjsFssw

    俺自身がガンダムになる事だ…!




    【刹那「俺がガンダムだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1541067846/

    1: ◆jZl6E5/9IU 2018/11/01(木) 19:24:07.19 ID:9MjM9DH10

    お台場 ガンダムベース

    ナナミ「それではこちらお釣りでーす。いつもありがとうございます」

    サラ「ありがとうございます」ニコリ

    お客さん「はは、どういたしまして、小さな店員さん」

    ナナミ「……いやー、サラちゃん効果すごいなぁ」

    サラ「? そうなの?」

    ナナミ「うん。お店の売り上げがいつもと全然違うんだもん。助かっちゃうよー、こんなにかわいいしさー」ウリウリ

    サラ「ナナミ、くすぐったいよ」フフッ

    コウイチ「お疲れ様、こっち手伝いいるか? 手が空いてさ」

    ナナミ「全然ー。ちょっと休めばお兄ちゃん。最近ずっと忙しかったでしょ?」

    コウイチ「はは……まぁ、確かに。いろいろとハードワークだったからなぁ」

    サラ「……ありがとう。ごめんね、コウイチ。私のために」

    コウイチ「ううん、気にしないで。サラちゃんには、いろんなことで助けてもらったから。僕なりにしてあげられること、したかったし」

    ナナミ「ホントホント、リクくんやサラちゃんに会わなかったら、まーだ部屋に篭ってたもんねー?」

    コウイチ「言うなよ……」

    ナナミ「……ホント、皆がいてくれてよかったね、お兄ちゃん」

    コウイチ「……そうだな、うん。とりあえず、ダメ人間は卒業かな」

    サラ「うん。コウイチ、ダメ人間じゃないよ」

    コウイチ「はは、お墨付きか。どうもありがとう」ニコリ

    サラ「」ニコリ





    2: ◆jZl6E5/9IU 2018/11/01(木) 19:26:31.06 ID:9MjM9DH10




    アヤ「こんにちは」

    サラ「いらっしゃい、アヤ」

    ナナミ「いらっしゃーい」

    コウイチ「いらっしゃい」

    アヤ「ふふっ、すっかり店員さんだね、サラちゃん」

    サラ「うん。お客さんいっぱい褒めてくれたよ」

    アヤ「よかったね。……そうだ、サラちゃんに合うサイズでいろいろと服を用意してみたんだけど」

    サラ「服?」キラキラ

    ナナミ「へー、いいねいいね。着てみる?」

    サラ「うん!」コウイチ「なるほど、服かぁ。そういうのは考えなかったなぁ」

    ナナミ「こういうのってなんか高いんじゃないの? 大丈夫?」

    アヤ「そんなことないですよ、これ子供の時に遊んでた人形が着てたやつのリサイクルですから。それに、サラちゃんにはいろいろとお世話になりましたから。頑張っちゃいました」

    サラ「ありがとう、アヤ」ニコリ



    3: ◆jZl6E5/9IU 2018/11/01(木) 19:26:59.43 ID:9MjM9DH10

    コウイチ「へぇ。……よくできてるなぁ」

    ナナミ「お兄ちゃんこういうのは作れないの?」

    コウイチ「いやー、さすがに手芸は範囲外だよ。……勉強してみようかな」

    アヤ「いえいえ、そこまでコウイチさんができたらせっかく用意した私の立つ瀬ないですから。そのままでいてください」

    ナナミ「確かに。私もお裁縫やるお兄ちゃんはちょっと見たくないなぁ」

    コウイチ「……言われてみると、想像つかないな」ハハ…

    サラ「」ウズウズ

    ナナミ「っと、ごめんごめん。じゃ、裏行って着替えよっか」

    サラ「うん!」パァ




    【サラ「続く世界」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526052001/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/12(土) 00:20:01.76 ID:zqojh/K20

    現在上映中の『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』及びガンダム関連作品のネタバレ注意





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/12(土) 00:25:21.70 ID:zqojh/K20

    宇宙世紀0079、サイド3がジオン公国を名乗り地球連邦に対し独立戦争を仕掛けてから10日程過ぎた頃……。


    ドズル 「次の出撃で俺の艦に乗りたいだと?」

    ガルマ 「はい、僕も士官学校を出たれっきとした軍人です。ザビ家の名前だけで出世したくない」

    ドズル 「お前はまだ若い。父上の傍にいてやれ」

    ガルマ 「僕は確かにザビ家の末弟だ。でももう子供扱いは嫌だ」

    ガルマ 「ドズル兄さんはどうすれば僕を一人前と認めてくれるの?」

    ドズル 「そうだな……」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/12(土) 00:28:42.28 ID:zqojh/K20

    ギレン 「……で、お前はこの忙しいさなかにガルマ相手に3回も艦隊戦の模擬戦を行ったのか?」

    ドズル 「ああ……あくまでシミュレーションだが……」

    ギレン 「そして全敗したと?」

    ドズル 「聞いてくれ、ギレン兄。あいつは只者じゃない。ガルマは戦術の天才だ」

    ドズル 「指揮官として率直な意見を言う。参謀としてあいつが欲しい」

    ギレン 「父上がガルマを前線に出すのを良しとするか」

    ドズル 「それは……」

    ギレン 「まあいい……。父上には私から話しておこう。聞いてくれるかどうかは分らんがな」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/12(土) 00:31:55.40 ID:zqojh/K20

    ガルマ 「ドズル兄さん、ありがとう」

    ドズル 「ギレン兄にも礼を言っとけよ。父上を説得したのはギレン兄だ」

    ガルマ 「分ったよドズル兄さん、ギレン兄さんに会った時にきちんとお礼を言うよ」

    ガルマ 「それで、ドズル兄さんは今度の戦いでどんな作戦を立てたの?」

    ドズル 「それなんだが……」




    【ガルマ・ザビ「ドズル兄さん、包囲殲滅陣です!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1484379403/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/14(土) 16:36:43.29 ID:SNkhlylj0

    ガンダムSS(宇宙世紀)?
    なお、ガンダムとは関係ない2016年公開映画のネタばれがあるので注意。





    10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/14(土) 17:38:05.77 ID:SNkhlylj0

    >>2の改行部分に「?」が入っていました。失礼しました。以下が修正した>>2です。


    ララァ 「お帰りなさい、大佐」

    シャア 「ああ、ただいま」

    ララァ 「大佐、その袋は?」

    シャア 「ファルメルがドックに停泊している間、気分転換にララァと映画を観たくなってな。旧世紀の作品が安かったから買ってきた」

    ララァ (大佐のような人でも円盤のワゴンセールを漁るのかしら)

    ララァ 「劇場には連れていって下さらないのですか?」

    シャア 「それはサイド3に帰ってからだ。私とて大勢の部下がいる。指揮官が部隊そっちのけで映画館でデートという訳にもいくまい」

    ララァ 「フフッ、なら我儘は言いません。映画のタイトルは?」

    シャア 「一本目はこれを観よう」

    つ『君の名は。』



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/14(土) 16:48:10.79 ID:SNkhlylj0

    ここから『君の名は。』ネタばれ注意!

    シャア (『君の名は。』アニメーション監督、マコト・シンカイの代表作。この作品の前にも幾つか監督作品はあるが、後年宇宙世紀まで語り継がれることとなった彼の伝説はここから始まったと言えよう。彗星衝突により町が壊滅するシーンは意表を突かれ印象に残ったが、ジオンのコロニー落としの犠牲者も死の直前あのような光景を観たのだろうか?)

    シャア (私とてモビルスーツパイロットとして戦線に加わってはいたが、私がスペースノイドの代弁者を名乗るならあのような傲慢かつ無慈悲な大量殺戮などしない)

    シャア (ザビ家の連中め、思い上がるな! 神にでもなって地球の人間を裁いたつもりか?)

    ララァ 「大佐、何を泣いているのですか?」

    シャア 「少し感傷的になってな……。どうだ、ララァ?」

    ララァ 「お言葉ですが映画の体を為していません」

    シャア 「!?」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/14(土) 16:56:17.68 ID:SNkhlylj0

    シャア (ララァは『君の名は。』を酷評するのか!? 認めたくないものだな)

    シャア (だが映画は人それぞれ好みがある。気を取り直して……)

    シャア 「まだ他にも円盤は買ってきた」

    シャア 「これはどうだろう?」

    つ『この世界の片隅に』




    【シャア・アズナブル 「見せて貰おうか、『◯◯◯◯◯!』の劇場版とやらを」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1389417428/

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/11(土) 14:17:08.04 ID:mgB1VKDi0

    ティファ「ガロード、おはよう」

    ガロード「……」

    ティファ「ガロード?」

    ガロード「さぁて、ウィッツたちと朝飯でも食ってくるかなぁ」

    ティファ「あ……」



    2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/11(土) 14:18:19.72 ID:0dzNTq6I0

    泣かすぞ高木



    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/11(土) 14:18:26.36 ID:mgB1VKDi0

    食堂

    ウィッツ「とっとと食っちまえよ。おせぇなぁ」

    ロアビィ「んじゃ、お先に失礼するよー」

    ガロード「待ってくれよ! 今食べ終わるからさ」

    ティファ「ガロード、食事中?」

    ガロード「……」

    ティファ「あ……えっと、隣いい?」

    ガロード「あー、早く食っちまわないとな~」

    ティファ「……ガロード」



    5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/11(土) 14:18:34.59 ID:oU3ohqWX0

    テクス先生に怒られるぞ




    【ガロード「ティファのこと無視してみるよ」】の続きを読む

    このページのトップヘ