大きいサイズ

    カテゴリ: コードギアスSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517661443/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 21:37:23.46 ID:RYegwfqRo

    ルル「ああ、そうだ」

    C.C.「今さら何を言ってるんだ、お前は」

    ルル「いや、ずっと俺は思っていた」

    C.C.「ほう?」

    ルル「気まずいから復活したくない……とな」

    C.C.「……」

    C.C.「は?」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 21:39:45.39 ID:RYegwfqRo

    C.C.「気まずい、だと?」

    ルル「C.C.よ、考えてもみろ」

    C.C.「?」

    ルル「世界中の人々が、悪逆皇帝ルルーシュは死んだと思っている」

    C.C.「そうだな、それがゼロ・レクイエムだ」

    ルル「なのにだ……どんな顔をして復活すれば良い?」

    C.C.「……」

    C.C.「知るか」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 21:42:49.11 ID:RYegwfqRo

    ルル「知るか、だと!?」

    C.C.「ああ、そんなものは私の知ったことじゃない」

    ルル「……C.C.よ、お前は俺の共犯者だ」

    C.C.「そうだな」

    ルル「俺が復活する時、隣に立つのはお前以外に居ない」

    C.C.「……まあ、そうだな」

    ルル「お前は、隣に立つ俺が気まずそうな顔をしていても良いのか?」

    C.C.「それは……嫌だな、何となく」




    【C.C.「復活したくない、だと?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517540876/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 12:07:57.11 ID:uDa1+EqQ0

    ※超短編ギャグです


    スザク「そこまでだ、ゼロ」

    ルルーシュ「ユーフェミアは罪無き日本人に…」

    スザク「便利な力だな、ギアスとは」

    ルルーシュ「!?」

    スザク「君は嘘を吐いた!僕とユフィに!ナナリーにも!」

    ルルーシュ「そうだ、そのナナリーが拐われた!」

    スザク「…」

    ルルーシュ「スザク、一時休戦といかないか?俺とお前が組めば…」

    スザク「その前に手を組むべきはユフィだった!」

    ルルーシュ「全ては過去の事だ!」

    スザク「過去っ!?」

    ルルーシュ「懺悔など後でいくらでも出来る!」

    スザク「いや、君には無理だ!」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 12:09:48.15 ID:uDa1+EqQ0

    ルルーシュ「落ち着け、ユフィは別に死んだわけではないだろう!?」

    スザク「生きてはいるさ!でも…アレは…あんな状態では…」

    ルルーシュ「後で何とでもしてやる!だからスザク…力を貸してくれ!」

    スザク「今更お前の言う事が信用できるか!」

    スザク「…何故だ、何故あんな酷い命令をッ!」

    ルルーシュ「仕方がなかったんだ!」

    スザク「仕方ない!?アレが!?何かするにしたってもっと別のやり方があっただろう!」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 12:11:08.82 ID:uDa1+EqQ0

    ~富士山麓~
    ユーフェミア「でもどうしてあんな事を?脅されたって私は貴方を撃ちませんよ」

    ルルーシュ「あぁ、違うんだユフィ。俺が本気で命令したら誰も逆らえないんだよ」

    ユーフェミア「…?」

    ルルーシュ「例えそれが『BL好きになれ』なんて命令だとしてもね」

    ユーフェミア「ッ!?嫌っ、そんなこと考えてはダメ…」

    ルルーシュ「ユフィ?」

    ユーフェミア「ルル×枢…?枢×ルル…?うん、やっぱりルルーシュは受けよね」

    ルルーシュ「…なんだ、これは…?どうなっている…?」

    ユーフェミア「日本人の皆さんにもやってもらわなきゃ!」

    ルルーシュ「待て、ユフィ!」




    【スザク「何故ユフィにあんなギアスをかけた!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1386130361/l50

    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 13:12:41.41 ID:JVnC+awp0

    ナナリー「久しぶりですね。こうしてお兄様と一緒に眠ることができるのは」

    ルルーシュ「ナナリー、ほら。もっとくっついたほうがいい。隙間ができると冷えてしまうからな」

    ナナリー「はいっ」

    ルルーシュ「最近、一緒にいてやれなくて悪いと思っている」

    ナナリー「そんな。こうしてお兄様が優しくしてくれるだけで、私は幸せですから」

    ルルーシュ「ははっ。そうか。俺もナナリーの傍にいられるだけで幸せだ」

    ルルーシュ(だが、俺はもうこの手を血で染めている……。ナナリーを抱きしめることなどできはしない……)

    ナナリー「あら……?」

    ルルーシュ「どうした?」

    ナナリー「お兄様、血の臭いがします」

    ルルーシュ「……!!」

    ルルーシュ(まさか、ナナリー……!!俺に染み付いてしまった血を感じとったのか……!?ならばナナリーの傍に居てやることもできない……俺は……!!)

    ナナリー(お兄様……からじゃない。私から臭っている気がする……。えーと、下半身から臭ってきてるような……。どこかで怪我でもしてしまった、とか?)



    4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 13:16:29.69 ID:bBfd6gQG0

    実は痔だったというオチは…

    ないか



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/04(水) 13:18:14.29 ID:XWhnkbn70

    わかったぞ血尿だな



    【ナナリー「お兄様、血の臭いがします」ルルーシュ「……!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/11(火) 16:20:10.87 ID:nZArsurT0

    カレン「今回の作戦も上手くいきましたね、ゼロ」

    ゼロ「そうだな。得られた結果は悪くない。成功と言えるだろう。だが、これは通過点に過ぎない。満足はするな、カレン」

    カレン「はい。勝って兜の緒を締めよ、ですね」

    ゼロ「そういうことだな」

    扇「流石はゼロだ。玉城だったら勝利に酔いしれて、隙だらけになるっていうのに」

    玉城「そりゃ、扇もだろぉ!」

    藤堂「ゼロの言う通りだな。我々の目的は日本解放にある。そのための手段で浮かれていては成功など掴めないだろう」

    カレン「でも、ゼロがいれば大丈夫ですよ。ゼロにはこれといった弱点とかないですし、ブリタニアだっていつか弾けるはず」

    ゼロ「あまり私を過信するな。私とてそこまで万能ではない。まぁ、有能ではあるがな」キリッ

    C.C.「……」



    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/11(火) 16:27:27.04 ID:nZArsurT0

    ゼロの自室

    ルルーシュ「さてと、次の作戦を練るとするか」

    C.C.「なぁ、ぼーやぁ?」スリスリ

    ルルーシュ「なんだ?」

    C.C.「騎士団の軍資金を少しばかり私個人に流してくれないか?」

    ルルーシュ「無駄と分かって言ってるのか?」

    C.C.「いーや。私の要求が通らないなんてこれっぽっちも思っちゃいないよ」ギュッ

    ルルーシュ「……近いぞ」

    C.C.「なぁ、ルルーシュ……?」

    ルルーシュ「な、なんだ……離れろ……」

    C.C.「もし、私の願いを叶えてくれるなら、なんでもしてやる。私の体を好きなように使っていいぞ?」

    ルルーシュ「やめろ。寒気がする」

    C.C.「私の体温は人並みのはずだが?」ギュゥゥ

    ルルーシュ「お、おい!! なんのつもりだ!!」



    8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/11(火) 16:31:18.14 ID:g5caKTvD0

    積極的だな魔女め



    【C.C.「ゼロはハニートラップに弱い」カレン「はぁ?」ゼロ「……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 21:40:53.31 ID:kWKnzKVV0

    ルルーシュ「C.Cの戸惑った顔が見たいな」

    カレン「……は?」

    ルルーシュ「カレンもそう思わないか? あんな傲慢な女が戸惑う瞬間を」

    カレン「まあ…」

    ルルーシュ「そこでだ」

    ルルーシュ「カレン、力を貸してくれ」

    カレン「はあっ!?」

    カレン「なんであたしがっ!」



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 21:42:20.38 ID:kWKnzKVV0

    ルルーシュ「仕方ないだろう。如何せん、C.Cの考えてることは読めん」

    カレン「ああ、それは分かるわ」

    ルルーシュ「そこでだ。女のお前なら、少しぐらいC.Cの考えていることが分かるだろう?」

    カレン「あたしも分からないわよ。あんな奇妙な子、初めて会ったわ」

    ルルーシュ「そう言うな。俺よりは分かるだろう?」

    カレン「私はアンタが何を考えてるか分からないわ……」

    カレン「アンタって、時々突拍子もなくおかしなことを言うわよね」

    ルルーシュ「お前にとってはそうかもしれんが、俺はもう耐えきれんのだ!」

    カレン「何がよ?」

    ルルーシュ「C.Cの一言一言が、だ!」

    カレン「ふうん。アンタも苦労してるのね」



    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 21:44:19.33 ID:kWKnzKVV0

    ルルーシュ「この屈辱がお前にわかるかっ!?」

    カレン「分からないわよ、そんなの」

    ルルーシュ「くっ! いいだろう、ならば教えてやる。先日のことだが……」



    ――――――

    ―――





    C.C「おいルルーシュ。ピザはどうしたピザは」

    ルルーシュ「そんなものはない」

    C.C「全く、これだから童貞坊やは」

    ルルーシュ「童貞は関係ないだろうっ!?」

    C.C「ほう。自分が童貞だと大声で宣言するとは」

    ルルーシュ「っ!?」

    C.C「流石は『ゼロ』だな」



    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 21:45:52.75 ID:kWKnzKVV0

    ――――――

    ―――



    ルルーシュ「屈辱の極みだ……」

    ルルーシュ「ここまで俺を侮辱するやつなど……!」

    カレン「へぇ……、アンタって、経験ゼロだったんだ」

    ルルーシュ「はっ!?」

    ルルーシュ「(クソ! 余計なことを言ってしまった!)」

    カレン「意外かも……」

    ルルーシュ「カレン、今聞いたことをすべて忘れろっ!」キィィィン

    カレン「必死ね」

    ルルーシュ「(しまった! ギアスは同じ相手に二度通用しない! くっ、どうすれば!?)」



    8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/14(火) 21:46:44.85 ID:VKEu4Ug8P

    ジェレミアを呼べ



    【ルルーシュ「C.Cの戸惑った顔が見たいな」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    code-geass_cc0012















    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:27:08.06 ID:AwG3BGUG0

    C.C.「だから、お腹に私たちの子供がいるんだよ、パパ」

    ルルーシュ「」

    C.C.「どうしたパパ、顔が真っ青だぞ。このあいだはあんなにハッスルしてたのに」

    ルルーシュ「・・・C.C.」

    C.C.「なんだいパパ?」

    ルルーシュ「とりあえず、パパと呼ぶのをよしてくれないか。」

    C.C.「どうしてだ。せっかく私たちの合作が私に宿ったというのに。」

    ルルーシュ「し、しかしっ、身に覚えが

    C.C.「なくても私は覚えている。この身にしっかりと刻まれたんだからな」



    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:30:38.01 ID:AwG3BGUG0

    ルルーシュ「し、しかしっ、身に覚えが

    C.C.「なくても私は覚えている。この身にしっかりと刻まれたんだからな」

    ルルーシュ「・・・お、おいおい。・・・ちょっと待ってくれ。俺が・・・パパ?・・・父親?この歳で?」

    C.C.「名前は何がいいかなー?」サスサス

    ルルーシュ「は、腹をさするな!」

    C.C.「なにをそんなにあわてているんだ?パパ。」

    ルルーシュ「パパと呼ぶな!」

    C.C.「お前のパパは薄情だなー」サスサス

    ルルーシュ「・・・・・・」



    10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:33:16.94 ID:AwG3BGUG0

    ルルーシュ「・・・・・・背負えというのか。・・・俺に。」

    C.C.「パパ・・・・・・」

    ルルーシュ「・・・だとしても」

    C.C.「?」

    ルルーシュ「・・・何故だ?」

    C.C.「そりゃおまえ、やればできるし・・・」

    ルルーシュ「そうじゃない・・・!」

    ルルーシュ「何故ッ!俺はッ!覚えていないッ!!」

    C.C.「え?」

    ルルーシュ「せっかく!せっかく童貞を卒業したというのに!!せっかく!こんな美女とにゃんにゃんしたのに!!」

    ルルーシュ「何故ッ!!俺はッ!!覚えていないッ!!!」

    C.C.「えー」



    13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/01(月) 22:36:03.41 ID:nLtsnIbQ0

    やればできる
    いい言葉だな



    【C.C.「妊娠した」ルルーシュ「・・・・・・は?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ktapibndxs665m3


























    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/11(木) 23:45:34.72 ID:VTUSonkf0

    ―――斑鳩 ゼロ私室―――

    ルルーシュ「蓬莱島に来て数日、中華との交渉も必要な分は全て済んだ」

    ルルーシュ「合衆国日本の内政については、神楽耶に指示も出し、滞りなく進んでいる」

    ルルーシュ「物資の調達や在庫管理は扇や藤堂に任せてある……問題はない」

    ルルーシュ「そしてC.C.とカレンはそれぞれ偵察任務についている……久しぶりに一人だけの、自由な時間だ」

    ルルーシュ「一人ではできない事も多いが、逆に一人でなければできない事だってある」

    ルルーシュ「あいつらが帰って来ないうちに済ませなければな……よし、決行するなら今だな」



    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/11(木) 23:52:59.56 ID:VTUSonkf0

    ルルーシュ「室内の温度、湿度とも数値に異常はない……」

    ルルーシュ「俺自身の脈拍、心拍とも正常値……健康状態にも問題はない」

    ルルーシュ「メンタルも非常に落ち着いている……先ほどハーブティーを飲んだのは正解だったな」

    ルルーシュ「室内には俺一人。現在、誰かが尋ねてくる様子もなし」

    ルルーシュ「姿見には汚れ一つない。角度のズレも一切ない……条件は全てクリアされた」

    ルルーシュ「では改めて! ゼロとしてのポージングの練習を開始するッ!!」ビシィッ!



    9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/11(木) 23:58:39.82 ID:VTUSonkf0

    ルルーシュ「……ふっ!!」バッ!

    ルルーシュ「まぁこの程度は慣れたものか……では次、こうッ!!」バサァッ!

    ルルーシュ「……今一つキレというか勢いが足りない……ではもっと大きく動きをつけてみるか」

    ルルーシュ「ぃよぉっ!!」シュババッ!

    ルルーシュ「ふははははは! いいぞ、やれるじゃないか!」ウットリ

    ルルーシュ「だがこの程度は序の口だ……1年の時を経て新生した、より威厳あるゼロのポーズを世に見せつけてやる!!」



    10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/11(木) 23:59:28.98 ID:FPm/awAX0

    時々C.C.が影武者やってたけどルルーシュがポージング指導してたんだろうな・・・



    【ルルーシュ「こんな事をしているのは知られたくないからな……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    xjaymanx_code_geass_0002_1600





















    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/18(木) 17:59:41.29 ID:YSqZ7Fc90

    スザク「……」

    ルルーシュ「スザク!!貴様は友達を売り渡すのか!!」

    スザク「そうだ。友達を売り、僕は上に行く」

    ルルーシュ「くっ……!」

    シャルル「よぉくやったぁ……」

    スザク「いえ」

    シャルル「では、目を」

    スザク「イエス、ユア・マジェスティ」グイッ

    ルルーシュ「シャルルゥゥゥ!!!!またお前は!!俺を!!!」

    シャルル「シャルル・ジ・ブリタニアが刻むぅぅ!!」キュィィン

    ルルーシュ「やめろぉぉぉ!!!!」



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/18(木) 18:02:50.43 ID:YSqZ7Fc90

    チュン……チュン……

    ルルーシュ「……」

    カレン「ルルーシュ……起きて……」

    ルルーシュ「ん?カレン?」

    カレン「朝ごはん、できたけど」

    ルルーシュ「今、何時だ?」

    カレン「もう7時。そろそろ着替えないとダメじゃないの?」

    ルルーシュ「そうだな」

    カレン「お弁当はテーブルの上ね」

    ルルーシュ「いつも悪いな」

    カレン「そう思うなら、手伝ってほしいけど」

    ルルーシュ「今晩は俺が作るよ」

    カレン「ホント?やったぁ」

    ルルーシュ「ふふ……」



    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/18(木) 18:07:37.55 ID:YSqZ7Fc90

    ルルーシュ「カレン、まだか?」

    カレン「ちょっと待って……」

    ルルーシュ「置いて行くぞ」

    カレン「なによ。私が起こさなかったら寝坊してるくせに」

    ルルーシュ「それとこれとは関係ないな」

    カレン「じゃあ、もう起こしてあげない」

    ルルーシュ「それは困るな」

    カレン「そう思うなら―――」

    咲世子「ルルーシュ様、カレン様」

    ルルーシュ「咲世子さん。どうかしましたか?」

    咲世子「ミレイ様が生徒会室に来て欲しいと」

    ルルーシュ「分かりました」

    カレン「なんだろう?」

    ルルーシュ「どうせ、くだらないことだろ。とはいえ、待たせたらどんな貧乏くじを引かされるかわからないな。急ごう」

    カレン「待ってよ、ルルーシュ」



    【カレン「ルルーシュ!ごはんできたわよー!」ルルーシュ「わかった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    5yqpiahpsz3yv0f








































    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/28(水) 00:55:52.30 ID:uuR6gbn20

    マオ「だから、人の心に付け入って、こんなこともできちゃうのさぁ!!!」

    ルルーシュ「……シャーリー?」

    シャーリー「ルル……私……人を殺しちゃったの……」

    ルルーシュ「シャーリー……」

    シャーリー「ごめん……ルル……私……」

    マオ「そうだ!!君はルルーシュを撃つんだ!!」

    ルルーシュ「人殺しが罪だというなら、罪を重ねるな!!」

    マオ「上手い!!モノはいいようだねえ!!」

    シャーリー「……っ」

    ルルーシュ「マオ!!」

    マオ「あっはっはっはっは!!」

    ルルーシュ(マオをどうにかするしかない……!!)

    マオ「そう!!僕をどうにかするしかないよ!!ルルー?あははははは!!!」



    2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/28(水) 01:00:05.77 ID:uuR6gbn20

    ルルーシュ「……」

    マオ「いいねえ!!そうやって何種類も解決策を考えて、そして無理なものを排除していく!!実に君らしいよ!!!」

    ルルーシュ「……」

    マオ「でも、君じゃあ、僕には勝てないんだよぉ。ルルー?」

    シャーリー「ルルっ……」プルプル

    ルルーシュ(シャーリーも精神的に限界だな……。仕方ない……)

    マオ「おや~?何をするのかなぁ?」

    ルルーシュ「シャーリー!!!」

    シャーリー「は、い……?」

    ルルーシュ「好きだ!!!」

    シャーリー「?!」

    マオ「何をバカな!!こんなときに愛に訴えるのかい?!そんなこといってもお前の本心は―――」

    ルルーシュ(シャーリー愛してる!!シャーリーと結婚したい!!子作りしたい!!!)

    マオ「こ、これは……!?」

    ルルーシュ「シャーリー!!俺はお前のすべてを受け入れる!!だから、結婚するぞ!!シャーリー!!!」



    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/28(水) 01:04:18.84 ID:uuR6gbn20

    マオ「ルルーシュ!!都合のいい言葉を並べたって!!僕は騙せないぞ!!」

    ルルーシュ「好きなだけ心を読めばいい。俺の心にブレはない!!」

    マオ「なんだとぉ……!!」

    ルルーシュ「シャーリー……こっちにこい……さぁ……好きだ、愛している……」

    シャーリー「でも、私……人を殺して……ルルのことも……私……」

    ルルーシュ「シャーリー、ほら、まずは抱き合おう。話はそれからだ」

    シャーリー「やめて……そんなこと言わないで……!!」

    ルルーシュ「シャーリー、もう一度キスすれば分かる」

    シャーリー「……!!」

    マオ「嘘だ!!ルルーシュはそんなことこれっぽっちも考えていない!!!」

    ルルーシュ(シャーリーが好き。シャーリーの足が好き。ナナリーも好き。シャーリーの声が好き)

    マオ「ルルーシュ!!この声をとめろぉぉぉ!!!耳障りだ!!!」

    ルルーシュ「シャーリー……さぁ……。俺は本気だ」

    シャーリー「うぅ……!!」



    9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/28(水) 01:08:30.16 ID:k+0JpvEy0

    このルルーシュなら童帝などたやすく超えられる



    【マオ「僕のギアスは心を読むんだよ!!」ルルーシュ「ほう……?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    z101





















    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/12(金) 11:10:30.57 ID:K9+SmTZW0

    スザク「これはテロリスト達が調達した毒ガス兵器。まさか、ルルーシュ……」

    ルルーシュ「まて、俺は……」

    プシュ……

    スザク「!?」

    ルルーシュ「カプセルが開いた―――」

    スザク「ルルーシュ!!」ガバッ

    ルルーシュ「うぐ?!」

    C.C.「……」ドサッ

    スザク「え……」

    ルルーシュ「……見ろ、スザク!!これのどこが毒ガスだというんだ!!」

    スザク「まだ分からないよ。人型の風船だってあるんだ。その中に毒ガスを詰めれば……」

    ルルーシュ「まさか。この少女に触れたら……」

    スザク「ああ。この少女が破裂して毒ガスを撒き散らすかもしれない」



    4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/12(金) 11:14:04.76 ID:DnzXdT6sO

    ただし毒ガスは尻から出る



    【スザク「それは毒ガスだ!!」ルルーシュ「少女じゃないのか!?」】の続きを読む

    このページのトップヘ