大きいサイズ

    カテゴリ: 咲のSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527333314/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 20:15:14.49 ID:jseeUoHpo



    とある中学校の通学路を、一組の男女が歩く。


    特に会話をするでもなく、少年と少女はただ歩く。

    そのゆったりとした歩みは、恐らく少女の歩みに合わせられていた。

    少年の背は高く、少女の背は低い。


    少し前を歩いていた少年が、不意に立ち止まって、言う。





    「なあ、オレたち、付き合ってみるか?」











    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 20:18:14.74 ID:PbCSukpG0

    ※【咲-saki-】SSです。

    ※タイトルそのまま。所謂京咲。

    ※こうであったなら、原作ではこういうやり取りがあったのでは、という妄想垂れ流し。エロはない。





    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 20:20:30.55 ID:PbCSukpG0


    いつからだろうか、小さな友人を、友人と思えなくなっていたのは。

    それに気づいた頃は、何度となく疑ってみたりもした。

    何かの気の迷い、一時的な錯乱、吊り橋効果、発情期的な何かetc...

    でもやはり、何度疑っても、自分でも信じられなくても、それはどうやらそういうものらしかった。

    友人の距離というものを遠く感じ、今まで何度も触れたことのある指先に緊張し、親しく交わす言葉の一つ一つに心臓が跳ねる。



    それは所謂、巷で噂の、恋だとか愛だとかいうものらしかった。





    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/26(土) 20:21:39.61 ID:PbCSukpG0


    いつからだろうか、将来という曖昧な先の想像の中で、常にその人が傍にいるようになったのは。

    それが恋愛と言われるものであるかどうか、判断がつかない。

    恋愛というものを、自覚したことがないから。

    初恋すら、怪しいものだ。

    だから、とにかく、それがそうしたものかどうかは分からない。

    ただ、傍にいることが当たり前であるように思えていた。



    だから、驚いた。

    彼のその言葉に。


    そして──私の言葉に。






    【【咲-Saki-】京太郎と咲が付き合っていたらの話】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://engawa.open2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1538876770/

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/07(日)10:46:10 ID:pVG

    一~九(萬子)、①~⑨(筒子)、1~9(索子)です。

    原作17巻のキャラがちょっと出ます。18巻(たぶん190局まで)のネタは極力よけるかオブラートに包んでますが一応ネタバレ注意です。

    240レスくらいで終わる気がします。



    2: 名無しさん@おーぷん 2018/10/07(日)10:52:27 ID:pVG

    インターハイ個人戦決勝

    南四局・親:辻垣内智葉


    智葉:11233①①②⑦⑧⑧⑨⑨
    ツモ:2

    智葉「……」

    打:⑦


    憩:②⑨⑨南南西西白白發發中中
    ツモ:發

    憩「……」

    憩(出和了は厳しそうですよーぅ)

    打:⑨


    照:444③④⑤⑥⑦南南北北北 ツモ:⑥

    照「……」

    打:⑦


    小蒔「…zzz」

    小蒔:一一二四五六七八九九九白白 ツモ:三

    打:白

    憩「ポン」

    打:⑨


    照「……ツモ、1300・2600」


    恒子『決まったーーー!今年の個人戦優勝は……これで二連覇達成、宮永照だぁぁぁぁ!!!』

    -----------------
    ---------
    ----



    3: 名無しさん@おーぷん 2018/10/07(日)10:54:04 ID:pVG

    第71回全国高等学校麻雀選手権大会、その個人戦は宮永照の優勝という形で幕を閉じた。そして個人戦が行われる前に行われたもう一つの戦い、団体戦。
    団体戦二連覇中の王者白糸台。海外の有力選手を呼び寄せて結成された臨海女子。ダークホース、清澄と阿知賀女子。四校による団体戦決勝は逆転に逆転を重ねるデッドヒートの末、清澄高校の優勝という結末を迎えていた。
    清澄高校麻雀部部長、竹井久。彼女にとってその結末は高校三年間における一番の願いであり、あるいは唯一の願いだったかもしれない。久を知るものの多くはそう思っているだろう。

    しかし、彼女の頭の中には一つ、この大会における心残りがあった。



    4: 名無しさん@おーぷん 2018/10/07(日)10:55:34 ID:pVG

    「今さらだけど、このタイムスケジュールおかしいわよね」

    「なんの話じゃ」

    会場の近くにあるコンビニで買った六人分のタコスやら飲み物やら、私とまこはそれらの入った手提げ袋を揺らしながら部員たちのいる待ち合い室へと向かい廊下を歩いていた。

    「この大会よ。ほら、個人戦の5位から16位を決める試合は決勝前には終わってるじゃない?」

    「じゃのう」

    「だったら決勝の間にその選手の分のインタビューとかは進めておけるでしょ。なんでそうしないのかしら」

    疑問というよりは文句に近い口調で言う、けれど本気で不満には思ってない。


    清澄高校からは二人の選手が全国大会個人戦に出場している。

    咲と和、高校一年生ながらにして全国出場の権利を得た二人は、これもまた高校一年生ながらにして準決勝、ベスト16まで勝ち上がるという快挙を成し遂げた。

    後輩がマイクを向けられる側に立つんだし嬉しくないわけがない。自慢じゃないけどちょっとくらいは彼女たちを育てられたと思ってるし、ほんの軽口だ。

    「記者にも都合があるじゃろ、決勝観ずにインタビューなんかしとったら決勝に出た四人への質問とか困るじゃろうし」

    「決勝とそれ以外で記者を別にすればいいじゃない」

    「そんなに人手割けんわ普通」

    「あーあー、ちゃっちゃと荷物纏めて引き上げたかったのに」

    まこが呆れ顔を浮かべる。短くはない付き合いだ。冗談半分で言っていることはわかっているんだろう。そんな都合のいいことを考える。

    「さっきの和への会見、20分近くかかってたのよ、予定だと10分なのに。スケジュールの意味なくない?」

    「そりゃあ……まあ和だしのう。心配せんでも咲のは時間通り終わるじゃろ」

    身も蓋もない言い方だとは思うが、確かにそうだ。去年の麻雀全中覇者であの容姿では仕方ない。
    基本的には今後の抱負やコクマのことなどを形式的に聞いてインタビューは終わりらしいけれど、和は例外でいろいろ訊ねられたみといだ。


    「マスコミも現金ねぇ」

    わかりきっていたことを、何の気なしにごちる。




    【【咲-Saki-】照「わたしに妹はいない」久「……そう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1438605948/

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/08/03(月) 21:45:48 ID:rXN4eUf6

    久「・・・!」

    ピーン

    バッシィーーンッ!!

    久「ツモ!!」




    和「このシーンがTVで放送されてから、各所で話題になっているみたいです」

    久「どうしましょう・・・」




    【咲「部長が『ものすごいツモをする雀士』として話題になってる…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1345035808/

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 22:03:28.60 ID:g5dXROT40

    京太郎「そろそろインハイも終わってから結構経つし東京から帰らないとなぁ」

    京太郎「こないだのプールの帰りにキスされてから一回もキスできていない……」

    京太郎「それにこっちからキスするまでは自分からはしないって言ってたし」

    京太郎「ここは男としてバッチリキスしてから長野に帰りたい!!」

    京太郎「……だけどなぁ」

    京太郎「しようと思って咏さんの顔見ると」

    京太郎「すっげぇ緊張してきて結局いつもキスできずにいるんだよなぁ」

    京太郎「はぁ、どうしよ……」

    prrrrrrrr

    京太郎「おっと、電話だ」


    前スレ  京太郎「なんだかんだで八月か……」



    すまん風呂入ってたら落ちてた



    2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 22:04:00.70 ID:g5dXROT40

    京太郎「もしもし」

    咏『あ、もしもし京太郎くん?』

    京太郎「何かあったんですか?」

    咏『いやぁ、そろそろ京太郎くん長野行っちゃうじゃん?』

    咏『だから長野に帰っちゃう前にまた会いたいなぁって』

    京太郎「いいですね、今度はどこ行きましょうか?」

    咏『えっとそれなんだけどね』

    咏『どこかに行くのもいいんだけど……』

    京太郎「??」

    咏『京太郎くんさえいいならうちに来て欲しいかな~つって』




    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 22:04:32.72 ID:g5dXROT40

    咏『ダメ?』

    京太郎「いいに決まってます!」

    咏『そ、そっかなら良かった』

    咏『じゃあ明後日は仕事ないからその日に遊びに来て』

    咏『え~と住所は○○××だから!』

    京太郎「了解です、んじゃまた明後日に」

    咏『ん、バイバーイ!』

    ブツッ

    京太郎(家に呼ばれた……)

    京太郎(ということは一日中ふたりっきりだし)

    京太郎(おれからキスする絶好のチャンス!)




    【京太郎「そろそろ長野に帰らないとな……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1535298187/

    1: ◆c6GooQ9piw 2018/08/27(月) 00:43:07.35 ID:AC+zqVI2O

    本編から2年後
    咲ちゃんが高校3年生
    インターハイが終わって8月下旬くらい?





    2: ◆c6GooQ9piw 2018/08/27(月) 00:46:52.49 ID:AC+zqVI2O

    咲「ん……」

    夏休み。
    残り少ない日数だからこそ、大切にしなければ。

    そう思いつつも畳に寝そべり、まどろみながらテレビを眺めていた。

    照『──』

    プロとしてテレビに映る姉を見るのは、なんとも妙な気分だ。

    相変わらずの愛想笑いで、柄にもないことを話している。

    咲(そういえば、今日帰ってくるんだっけ)

    仕事が忙がしく、お盆に帰ってこれなかったらしい。

    咲「社会人は大変だね……」

    適当なことをつぶやいてみる。
    別に、来年の自分に思いをはせているわけではない。

    咲「……」

    暑さも落ち着いてきて、陽気が心地いい。

    咲はいつの間にか、眠りに落ちていた。



    3: ◆c6GooQ9piw 2018/08/27(月) 00:48:12.99 ID:AC+zqVI2O

    「咲」

    咲「ん……」

    聞き覚えのある声に目を覚ます。
    顔を上げると、先ほどまでテレビで見ていた顔がそこにあった。

    照「久しぶり」

    咲「うん」



    4: ◆c6GooQ9piw 2018/08/27(月) 00:49:09.40 ID:AC+zqVI2O

    咲「何日くらいいれるの?」

    照「明後日まで」

    咲「ふーん」

    照「もっといてほしい?」

    咲「別に」

    照「ふふっ」

    え、そんな反応?




    【咲「姉の帰省」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517583497/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 23:58:17.93 ID:FDaVVMylO

    久「誕生日おめでとう!」

    京太郎「ありがとうございます!ありがとうございます!」

    久「え…どうしたの? そんな深々とお礼なんて」

    京太郎「俺、選挙に出ることにしたんです」

    久「えっ! でもまだ君の年齢じゃ出馬できないような…」

    京太郎「はい! なのでその練習ということで! ありがとうございます! ありがとうございます!」

    久「ちょ、ちょっとやめてよ朝から! 目立ってるじゃない!」

    京太郎「ところで先輩、選挙ヘはもう行かれました?」

    久「?」


    京太郎「―――だって、もう先輩選挙権持った大人じゃないですかぁ」


    久「え……」

    久(そういえばそうだった…今年から私は…私は…)

    久「また一歩、大人の階段を登ってしまったのねええええええええええ!!」


    ※ ※ ※ 


    久「はっ!夢…? 嘘…でも、本当にもう、私おばさんなんだ…」

    ※選挙というものに対する過剰なイメージです





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 00:07:09.67 ID:whNqCDB5O


    霞「はっ!」

    美穂子「そんな…」

    ハギヨシ「私も…」

    智美「ワハハ…バカな…」

    怜「うちも…」

    竜華「うちもや…」

    セーラ「………」

    菫「認めん…認められん…が…」

    晴絵「おばさんになってしまったのねえええええええええ!!」

    ※選挙に対する過剰なイメージです




    【京太郎「ありがとうございます!ありがとうございます!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514532098/

    1 : ◆.4Vb7WGlxQ 2017/12/29(金) 16:21:39.11 ID:uBBirajW0

    不定期更新。
    咲さんの性格が改変されている点だけ、ご注意ください。





    2 : ◆.4Vb7WGlxQ 2017/12/29(金) 16:27:12.06 ID:uBBirajW0

    コマ1.お悩み解決部


    ~雀高校・とある教室~


    咲「……」ペラ


    淡「……」チラ


    咲「……」


    淡「へーい!そこの可愛いかーのじょっ♪」


    淡「どーかなっ、読書なんかやめて今から私とお茶でもしに行かない?」ニッコリ


    咲「……」チラ


    淡「むふふ」キラキラ


    咲「……」ペラ


    淡「無視!無視ですかサキ!」ガ-ン




    3 : ◆.4Vb7WGlxQ 2017/12/29(金) 16:28:20.37 ID:uBBirajW0

    淡「ねーねー、折角面白そうな部活作ったんだしさー、学校に蔓延る悩みを解決しに行こうよ~」


    淡「暇だよー、構ってよー。悩みはいいから、せめて私とお話してよ~」


    咲「……はぁ」パタン


    咲「だからこんな部作るのやめようって言ったのに」


    淡「だってぇ!アニメとか漫画でよく見るんだもん、こういう部」


    咲「淡ちゃんは昔からそうだよね。なにかに影響されて、後先考えずに始めちゃってさ」


    咲「一人じゃ嫌だって言って私まで巻き込んで」


    淡「ぐぬぬ……」




    4 : ◆.4Vb7WGlxQ 2017/12/29(金) 16:29:19.47 ID:uBBirajW0

    咲「そもそも、どうしてお悩み解決部?」


    淡「そりゃもう、学校中の人気者になりたいからですよ!」


    咲「淡ちゃんだったらもっと別の方法があったでしょうに」


    淡「例えば??」


    咲「よくモデルのスカウトとかされてるし」

    咲「雑誌とかに載って有名になった方が、学校中の人気者になれるんじゃないの?」


    淡「もー、サキは分かってないなぁ」


    咲「何がさ」


    淡「私はね、サキと一緒に人気者になりたいの!」

    淡「ずっと言ってるでしょ。私達は、二人で一つなんだからっ」フンス


    咲「……そうは言ってもね」





    【【咲-Saki-】咲淡で日常風SS】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1479023485/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/13(日) 16:51:25.52 ID:AexoA+NRO

    咲「今日のプロアマオープンの大会の決勝でその……」

    恭子「壊したんか?会場を……」

    咲「はい……」

    恭子「マジか……試合中にカメラが壊れたり停電したりは聞いたことあるけど会場が全壊って……」

    咲「でも私だけのせいじゃないんです!同卓した人達だって……」

    恭子「せやったらなんで!」

    咲「うぅ……それは……」

    恭子「上手いこと押し付けられたっちゅーわけか」

    咲「はい……」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/13(日) 21:38:05.48 ID:exS4bk9TO

    恭子「まあ法律的手段に訴えればなんとかなるやろ」

    咲「あっちにはコネとか色々あるんです。勝てませんよ」

    恭子「確かに私らはただの一般人やし敵わんかもな」

    恭子「そういえばお姉ちゃんは何しとったんや?」

    恭子「デカい大会なら出とったやろ?」

    咲「お姉ちゃんはまさかの予選落ちで那須のお菓子の城に傷心旅行に行っちゃいました」

    恭子「なんやそれ……」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/13(日) 23:50:12.78 ID:BDcpKpBkO

    恭子「とにかく、これは払うしかないんやな」

    咲「ごめんなさい私のせいで」

    恭子「咲は悪くない」

    咲「でも私が賞金ほしさに大会に出たから」

    恭子「気にせんでええよ」

    咲「洗濯機とか冷蔵庫を買い替えたかっただけなのに……」

    咲「あと乾燥機と食洗機も欲しかったけど」

    恭子「けっこう欲張りやな……まあ優勝すればそれくらい出るやろうけど」




    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/13(日) 23:58:20.33 ID:BDcpKpBkO

    咲「だってせっかく恭子さんと一緒になれたんだから色々ちゃんとしたいなって思って」

    恭子「ごめんな、私が安月給やから」

    咲「そんな、私だってお給料安いですよ」

    咲「でも本当に申し訳ないです……私なんかと一緒になってしまったばっかりにこんな事に巻き込んじゃって」

    恭子「私も好きで咲と一緒になったんや、迷惑やなんて思ってへん」

    咲「恭子さん……」

    恭子「とりあえず、なんとか期日までに支払えるように知りあい当たってみる」

    咲「わ、私もみんなにお願いしてみます」




    【恭子「なんやこの請求書は?」咲「ごめんなさい……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1393733713/

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/02(日) 13:15:13 ID:AzIn2ZA6

    ~~次鋒戦開始~~

    まこ「よろしゅうな」

    巴「お願いします」

    エイスリン「ヨロシク!」

    由子「よろしくなのよー」


    由子(宮守女子のエイスリン・ウィッシュアート……以上な和了率を持つ実力は無視できないのよー)

    由子(勿論、永水も清澄も警戒するけれど─────)

    由子(そんなわけで対宮守の戦略を練ってきたのよー)

    由子(それは─────>>3!)


    ※ ~~な行動をするでも、~~な能力を手にいれるでもなんでもいいです

    ※ 闘牌描写に期待はしないでください



    3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/02(日) 13:27:50 ID:JGUrK0cM

    相手の声が出なくなる能力を会得



    4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/02(日) 13:35:36 ID:ccn3usSU

    強すぎワロタ




    【真瀬由子「安価で二回戦次鋒戦なのよー」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531054374/

    1 : ◆IClzeUGWus 2018/07/08(日) 21:52:54.64 ID:7mvftKtg0

    【阿知賀こども麻雀クラブ】


    憧「なんで男子は外で遊んでいたのに私たちは授業だったわけ?」

    和「本当ですね」

    穏乃「私もドッジがよかったー」

    憧「あたしドッジ嫌い。突き指して麻雀できなくなるし」

    和「私もドッジボールはあまり……」

    穏乃「なんで!? いいじゃん」

    憧「あたしら、もう小六だよ? ドッジでテンション上がる年じゃないよ」

    穏乃「特別授業よくわからなかったし、絶対ドッジの方がよかったよー」

    憧「ホント、特別授業は謎だらけだったねー。結局さ、赤ちゃんってどうやったら産まれるの?」







    2 : ◆IClzeUGWus 2018/07/08(日) 21:55:31.20 ID:7mvftKtg0

    穏乃「あの新任の保険の先生、声小さすぎて聞き取れなかった」

    憧「それね! 尻すぼみに声が小さくなっていくから、最初の単語しか聞き取れなかった」

    和「保健の先生は授業をする専門家ではないので仕方ないですよ」

    穏乃「それでもさ、限度があるよね」

    和「顔も真っ赤でしたし、もしかしたら、体調が優れなかったのかもしれませんよ?」

    憧「あたし、途中でメモ取るのあきらめたよ。だって聞こえないんだもん」

    穏乃「和はわかった? 赤ちゃんができる仕組み」




    3 : ◆IClzeUGWus 2018/07/08(日) 21:57:31.56 ID:7mvftKtg0

    和「要は、男の人と女の人が同じ布団で眠れば赤ちゃんができる……みたいな話だったと思います」

    憧「それって、どういうことなの? どうして同じ布団で眠れば赤ちゃんができるの?」

    和「それは……わかりません」

    穏乃「脳波! 脳波なんじゃない!? アルファ波がレム睡眠とリンクしたときに赤ちゃんができるんじゃないかな!」

    和「……睡眠に関する知っている単語並べただけですよね?」




    4 : ◆IClzeUGWus 2018/07/08(日) 21:59:30.96 ID:7mvftKtg0

    憧「でも、一応理屈は通ってるよね。脳波をリンクさせるためなら、同じ布団で眠る必然性あるし」

    和「つまり、脳の位置の近さが大事ってことですか?」

    穏乃「男と女の脳波が上手くリンクすれば、できるんだよ! Wi-Fiみたいに!」

    和「Wi-Fiって……」

    憧「でも、それだと授業中に隣の席の男子が居眠りしてて、あたしも居眠りしたら赤ちゃんできちゃわない?」

    穏乃「うーん。隣の席くらいの距離じゃ受粉しないんだよ、きっと」

    和「学校も教育機関ですから、そのくらいの配慮はしていると思いますよ」

    憧「あー、そっか」

    和「でも、教科書を忘れて席をくっつけるときは注意しないといけないかもしれませんね」

    穏乃「それは、ホント要注意だね」

    憧「教科書見せてもらってて居眠りするってどうなの? って思うけどね」





    【憧「赤ちゃんってどうやったら産まれるの?」】の続きを読む

    このページのトップヘ