大きいサイズ

    カテゴリ: 咲のSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506773104/

    1 : ◆.4Vb7WGlxQ 2017/09/30(土) 21:05:04.65 ID:DAuK3gLX0

    咲ネリ、短いです。





    2 : ◆.4Vb7WGlxQ 2017/09/30(土) 21:08:10.74 ID:DAuK3gLX0

    ~臨海女子、麻雀部部室~



    咲「え?」


    ネリー「……みかん、食べたい」

    ネリー「食べさせて」


    咲「私今、牌譜の整理で忙しいんだけど…」


    ネリー「そんなのどーでもいいから、早く」


    咲「どうでもいい事ないでしょう?」

    咲「サボってたら智葉先輩に叱られちゃうもん」


    ネリー「……ふーん、マネージャーのクセにネリーの言う事聞けないんだ」


    ネリー「ネリーよりもサトハのこと気にするんだね」




    3 : ◆.4Vb7WGlxQ 2017/09/30(土) 21:08:41.25 ID:DAuK3gLX0


    咲「そんなんじゃなくて……」


    ネリー「ふんっ」


    咲「……」


    咲「はぁ……もう、分かったってば」スッ


    ネリー「……なにさ」


    咲「食べさせてあげる。剥くからちょっと待って?」ムキ


    ネリー「もういいよ。食べたくなくなったし」プイッ


    咲「そんなに拗ねないでよ」


    ネリー「別に拗ねてない」


    咲「もう…」




    4 : ◆.4Vb7WGlxQ 2017/09/30(土) 21:09:12.78 ID:DAuK3gLX0


    咲「……はい、剥けたよ。食べるんでしょ?」


    ネリー「……」チラ


    ネリー「白いとこ、取ってよ」


    咲「だめ。栄養があるんだから、ちゃんと食べるの」


    咲「はい、あーんして?」


    ネリー「……まあ、そんなにサキがネリーに食べさせたいなら、食べてあげる」


    咲「うんうん、どうぞ」スッ


    ネリー「……あむ」


    咲「おいし?」


    ネリー「……」モキュモキュ


    ネリー「……おいしい」


    咲「ふふ、良かった」ニコ




    5 : ◆.4Vb7WGlxQ 2017/09/30(土) 21:09:52.66 ID:DAuK3gLX0

    咲「まだ食べる?」


    ネリー「食べさせて」


    咲「……しょうがないな」フフ


    咲「はい、あーん」


    ネリー「あー……ん…」パク


    咲(可愛いなぁ…)






    【ネリー「サキ、みかん食べさせて」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506163778/

    1 : ◆Xk..svTef9j1 2017/09/23(土) 19:49:38.64 ID:u1+Fwgaf0

    咲-saki- 宮守女子SS

    他校のキャラは出てきません

    古参の三人が新顔の二人を構う話

    シロ、塞、胡桃の一人称視点で一話ずつ、計三話投稿

    前作↓
    灼「あっちが変」豊音「こっちが変」
     
    今作に近い内容の過去作↓
    白望「五人の距離の概算」





    2 : ◆Xk..svTef9j1 2017/09/23(土) 19:51:36.23 ID:u1+Fwgaf0
     
    白望「おおきな新顔と背の高い本棚」



     静かなのは良い。
     静かなのは、だるくなくて良い。
     でも、身じろぎ一つ憚られる図書室の静寂は、決して快適とばかりも言えないものだった。



     その日、私たち宮守女子麻雀部の面々は学校の図書室に集まり、一週間後に迫った中間考査に向けて試験勉強をしていた。

     日の当たる窓際のテーブルに陣取り、参考書を開き、黙々と各々、ノートなり問題集なりにペンを走らせていた。

     高三の夏という大事な時期であり、試験後にインハイを控えていることもあって、みんな真剣である。

     三ヶ月前に豊音が編入して来て以来、なんだかんだと五人で集まってはゆるりと遊んでいたが、この日ばかりは真面目な雰囲気だった。

     私以外の四人は。



    3 : ◆Xk..svTef9j1 2017/09/23(土) 19:53:03.98 ID:u1+Fwgaf0

     隣に座る塞と胡桃は、それぞれ時折手を止め、眉をしかめながらも、基本的には順調に勉強を進めている。
     
     向かいに座るエイスリンと豊音も同様。
     しかし二人からは、どことなく楽しげな様子も窺える。
     
     図書室だから声には出さないようにしているが、二人とも今にも、鼻歌でも歌い出しそうなほど表情が柔らかい。
     問題を解く手元の動きも軽快で、さらさらと問題集の解答欄が、ノートの余白が埋まっていく。
     
     わりと最近まで編入試験のために勉強していた豊音は特に順調なようで、インハイ前の最後の関門である中間試験に対しても、特に気負いのようなものはないらしい。

     肩に力が入り過ぎの塞、いろいろと大変そうな留学生のエイスリン、ポーカーフェイスを崩さない胡桃、三人共なんとはなしにプレッシャーを感じているようだが、豊音は一人るんるんである。

     こんなの楽勝だよー、と。
     どこか得意げですらある。



    4 : ◆Xk..svTef9j1 2017/09/23(土) 19:54:49.16 ID:u1+Fwgaf0
      
     夏の大会前の中間試験……というイベントを楽しむかの如く、豊音は一人エネルギッシュだった。

     問題は、私だった。

     そう、こうして四人の様子を呑気に観察している私、小瀬川白望の試験勉強が、順調であるはずがない。

     一応、教科書や授業のノートを開き、脇には参考書も置き、試験勉強の体裁だけは整えている。
     が、手はまったく動かない。
     頭が全然働かない。
     勉強に集中しようとすればするほど周りの様子が気になって、仕舞いには周りを気にすることすらだる
    くなり、いつも通り背もたれに体重を預け、手を投げ出し、天を仰ぐ。

     何を思うでもなく、ごく自然に体から力が抜ける。
     そして同じく何の思慮もなく、ごくごく当たり前に口が開き、これまでの人生で何度口にしたかわからない、例の口癖が漏れる。

    白望「だる――」

    胡桃「シロ」

     言い終わる前に、隣に座る胡桃に脇腹を小突かれた。




    【白望「古参、新顔、ニューフェイス」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506266349/

    1 : ◆.4Vb7WGlxQ 2017/09/25(月) 00:19:09.29 ID:c5/0wA2s0

    咲さんがメインを務めるラジオSS。
    前回→咲「宮永咲のお先におやすみなさい」健夜「南2局目、かぁ」【咲先ラジオ南2局目】





    2 : ◆.4Vb7WGlxQ 2017/09/25(月) 00:21:25.36 ID:c5/0wA2s0

    アシ『なぜ人を好きになるとこんなにも苦しいのでしょう?』



    咲「えっ、突然なに!?オープニング飛ばしていきなりお便り……?」


    咲「しかも、なんかこれどこかで聞いたことあるフレーズだけど」


    アシ『……』ジ-ッ


    咲「そんな、早く答えてくださいみたいな目で見られても困るよ!?」


    咲「ええっとぉ……ひ、人を好きになると、だよね?」

    咲「苦しい、かぁ」ウ-ン



    咲「きっと、誰かを好きになるとその分不安な事も沢山出来ちゃうからですかね!」


    咲「もし告白して、ダメだったら……とか、そうなった時もとの関係に戻れるかなぁ、とか」

    咲「でもでも、そんな不安もありつつ、たくさんの期待も同時に膨らんでいって」


    咲「心がぱんぱんになって、苦しくなっちゃうんだと思います!」




    3 : ◆.4Vb7WGlxQ 2017/09/25(月) 00:21:56.79 ID:c5/0wA2s0

    アシ『咲さんにその経験はあったんですか?』



    咲「ふぇ!?ど、どうかなぁ?」メソラシ



    アシ『顔赤いですよ?冷房強めますか?』



    咲「も、もうっ!あんまりからかわないでよ!/////」プイッ



    アシ『ちなみに、今のお便りへの模範解答は』


    アシ『それは心が君のこと急かして蹴飛ばしているからで。シンプルな頭で聞けばいいのさ、Let's get to your love!』


    アシ『ですよ咲さん』ヤレヤレ



    咲「そんな返し、いきなり出ないよ!!ダメだなぁみたいな顔されても!!」


    咲「ていうかそれ、やっぱり聞いたことあるよ……怒られても知らないよ私っ」




    4 : ◆.4Vb7WGlxQ 2017/09/25(月) 00:22:49.95 ID:c5/0wA2s0


    アシ『すみません。私的に、ラジオといえばこの曲でして、丁度いいネタお便りが来たのでつい』

    アシ『では、始めてください』



    咲「この流れでオープニング始めるの!?しかも曲って言っちゃってるし…」


    咲「はぁ……なんだか、今日は変な始まり方になってしまいそうですが、許してくださいね」



    咲「宮永咲のお先におやすみなさい、本日9月24日、日曜日!」


    咲「深夜11時から45分間、是非お付き合いくださいね♪」



    淡い恋の端っこを決して離さなければ~♪
    この夏は例年より騒々しい日が続くはずさ~♪



    咲「この番組は、りゅーもんスタジオと」


    咲「全国麻雀協会さん」


    咲「親愛なるリスナーの皆さんの提供でお送りします!」



    咲「オープニングでその曲使って、怒られても知らないからねっ!」

    ―――
    ―――




    【咲「ここでおハガキを一通」アシ『R.N恋するウサギちゃん』【咲先ラジオ南3局】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504961988/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 21:59:48.47 ID:JA9qgXdPo

    京太郎「暇だああああ」

    京太郎「暇すぎて死にそうだ」

    京太郎「………何しよっかなあ………」


    安価↓1 何する?





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 22:02:08.09 ID:gURyAhqwO

    大阪に旅行



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 22:06:45.12 ID:JA9qgXdPo

    京太郎「………大阪にでも行くか」

    京太郎「……え?なんで大阪かって?」

    京太郎「そりゃあ………」


    A インハイで見た巨乳の子を探したい(ストーカー並の願望)

    B 野球が見たいねん(オリックスには興味ない)

    C 見知らぬ土地なら気兼ねなくナンパできるし……

    D その他


    安価↓1



    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 22:07:14.67 ID:7zkjYGQrO

    B




    【京太郎「暇だから安価で行動する」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505045133/

    1 : ◆.4Vb7WGlxQ 2017/09/10(日) 21:05:34.17 ID:2xsIsNWg0

    咲玄、短いです。





    2 : ◆.4Vb7WGlxQ 2017/09/10(日) 21:07:48.22 ID:2xsIsNWg0


    ~よこどり~



    咲「……」ペラ


    玄「食べない??」


    咲「……」

    咲「……」ア-ン


    玄「それは食べるってことだね。ていうか、食べさせてって事?」


    玄「もー、ダメだよ咲ちゃん!ちゃんと自分で食べなきゃっ」





    3 : ◆.4Vb7WGlxQ 2017/09/10(日) 21:08:19.25 ID:2xsIsNWg0


    咲「……」ペラ


    咲「……」ムゥ


    玄「本読んでるから手を汚したくないってこと……?」

    玄「なら本読むのを一旦ストップしない?」


    咲「……」


    咲「……」ウワメヅカイ


    玄「うっ…そんな目で見られると困っちゃうよ」


    玄(それに、た、食べさせるなんて恥ずかしいし……/////)

    玄(でもでも、咲ちゃんがこんな事させてくれるのって珍しいかも…)


    玄(……よしっ。やっぱり、ここはこのチャンスを)




    4 : ◆.4Vb7WGlxQ 2017/09/10(日) 21:09:10.42 ID:2xsIsNWg0


    玄「もう、仕方ないな咲ちゃんは。今回だk」




    憧「なによ咲、みかんを前に口開けて」


    憧「ほいっと」ポイッ


    咲「あむ……」



    咲「~~♪」モグモグ


    憧「あははっ、ハムスターみたいで可愛い」



    憧「……ん?」チラリ


    玄「うぅぅぅぅ……!!」プク-ッ




    【玄「咲ちゃん、みかん食べる?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503869596/

    1: ◆DzxgKhP8WYry 2017/08/28(月) 06:33:16.59 ID:+hrNyuTpO

    【東京】


    怜「来たで東京!」

    竜華「久しぶりに来たなぁ」

    怜「早速やけど、なんか食べへんか?」

    竜華「せやな。うちもお腹空いたわ」

    怜「何がええかなー」

    竜華「軽くでええし、ハンバーガーでも食べよか?」

    怜「ええな!東京にもマクド揚げたお芋さんはあるやろか?」

    竜華「それは…どうやろなぁ」





    2: ◆DzxgKhP8WYry 2017/08/28(月) 06:35:57.27 ID:+hrNyuTpO

    怜「ないなぁ『マクドバーガー』」キョロキョロ

    竜華「バーガー屋さんならなんでもええやん。ほら、あそこのお店なんてどうや?」

    怜「ん……?」


    【東京バーガー】


    怜「東京バーガー!そんなハンバーガー屋あるんか!」

    竜華「せっかく東京来たんやし、入ってみいひん?」

    怜「せやな!あの店に決まりや!!」



    3: ◆DzxgKhP8WYry 2017/08/28(月) 06:38:09.57 ID:+hrNyuTpO

    【東京バーガー】

    ウィーン

    店員「いらっしゃいませ。ようこそ東京バーガーへ!」


    怜「おおっ!なんか店員さんも大阪とは雰囲気ちゃうな!」

    竜華「せやね!」

    怜「なんていうか…シュッとしとるわ!」

    竜華「シュッとしとるな!」



    4: ◆DzxgKhP8WYry 2017/08/28(月) 06:42:00.95 ID:+hrNyuTpO

    店員「ご注文いかがいたしますか?」

    怜「何がオススメですか?」

    店員「こちらの『東京バーガー』がオススメですよ」

    怜「東京バーガー?」

    竜華「そんなんがあるんやなぁ」

    怜「じゃそれにしよか?」

    竜華「うちはそれでええで」

    怜「東京バーガー2つください!」

    店員「かしこまりました」

    店員「オーダー、東京2!」




    【怜「マクド軍の大大大勝利や!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503208809/

    1 : ◆GtxVadXeUQ 2017/08/20(日) 15:00:11.40 ID:7JI4QgwG0

    今日は短いですがまったりいきます
    全部できていないので気合入れるために作成しながら投下します
    宜しくお願いします





    2 : ◆GtxVadXeUQ 2017/08/20(日) 15:05:21.37 ID:7JI4QgwG0

    咲のSS 今回のアラサーシリーズ

    はやりん「私の少年」京太郎「ヒェッ・・・」
     
    理沙「アルノ!」 京太郎「ヒェッ・・・」
     
    晴絵「なぜ笑うんだい?」京太郎「ヒェッ・・・」



    3 : ◆GtxVadXeUQ 2017/08/20(日) 15:10:08.03 ID:7JI4QgwG0

    チュン チュン チュン

    京太郎「んー……朝、か?」ゴシゴシ

    健夜「あ、起きた?京太郎くん」

    京太郎「は……あ、はい」ムクッ

    健夜「お腹すいてない?モーニングでも頼む?」スッ

    京太郎(あっ、イイ匂い……)ムクムク



    4 : ◆GtxVadXeUQ 2017/08/20(日) 15:16:46.69 ID:7JI4QgwG0

    健夜「京太郎くん?」

    京太郎「朝御飯も良いですが……」ガッ

    健夜「へっ?」

    京太郎「その前に憧さんを頂きたいな!」チュ

    健夜「昨日あんなにシたのに――んぅ!」

    京太郎「ほらっ、もっと吸わせて」ムチュー

    健夜「んふぅ……ぅん///」チュムチュム




    【健夜「りんご!一緒に食べられるね!」京太郎「ヒェッ・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503128052/

    1 : ◆GtxVadXeUQ 2017/08/19(土) 16:34:12.79 ID:7VBb1oPf0

    京太郎「ウー!ハーッ!」ゴトッ

    京太郎「生中、おかわり~!」

    店員「お客さん、少し飲み過ぎじゃない?」

    京太郎「金なら心配すんなって~」グデングデン

    京太郎「天下の独身貴族様だかんよ~!」

    ?「…………」ビクッ

    店員(そういう問題じゃないんだけどなぁ……) 






    3 : ◆GtxVadXeUQ 2017/08/19(土) 16:36:39.60 ID:7VBb1oPf0

    アラフォー女『結婚相手に求める条件は――』

    ○先生『貴女は一体彼に何を与えることができるん?』

    アラフォー女『あああああああああ!!』

    京太郎 「大将~、チャンネル変えていい?」

    京太郎「こういう笑える馬鹿女は見たくないんで」

    ?「…………」ムカッ

    京太郎「チッ、若い頃に調子こいてたんだろーな」



    4 : ◆GtxVadXeUQ 2017/08/19(土) 16:40:36.99 ID:7VBb1oPf0

    京太郎「何でもできると思い上がって……」

    京太郎「行き遅れ手遅れで歳ばっかくって……」

    京太郎(……まぁ、俺も人のこと言えねーか)

    京太郎「くくっ……あっはっは……」グビグビ

    晴絵「なぜ笑うんだい?」ズイッ

    京太郎「ヒェッ・・・」




    【晴絵「なぜ笑うんだい?」京太郎「ヒェッ・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503080936/

    1 : ◆GtxVadXeUQ 2017/08/19(土) 03:28:57.15 ID:7VBb1oPf0

    ※プロ麻雀カード参照

    京太郎「デンデンデンデンデンデン」

    理沙「o(・ω・*)oプンスコ」

    京太郎「テレレレンレンレレン」

    理沙「o(*・ω・)oプンスコ」

    京太郎「デンデンデンデンデンデン」

    理沙「ヾ(* >ω< )ノ~♪」  






    2 : ◆GtxVadXeUQ 2017/08/19(土) 03:30:04.46 ID:7VBb1oPf0

    京太郎「白いTシャツ似合う女の……」

    理沙「ヾ( >ω< *)ノ」

    京太郎「ヒト」

    理沙「(*゚ー゚)」

    京太郎「ヒェッ・・・」ビクッ

    理沙「…………」


    京太郎「……子?」

    ○(# ゚∀゚)≡○)Д`)・∴'.



    3 : ◆GtxVadXeUQ 2017/08/19(土) 03:32:05.59 ID:7VBb1oPf0

    京太郎「白いTシャツ似合う女のコ」

    理沙「(*^-^*)」

    京太郎「何故いつも怒っているの?」

    理沙「ヾ(*`・ω・´*)ノ」プンスコ

    京太郎「窓際に立たされたボクは」

    京太郎「ボコボコな顔でうなだれてる」

    理沙「((# -з))」プイッ




    【理沙「アルノ!」 京太郎「ヒェッ・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502970132/

    1 : ◆GtxVadXeUQ 2017/08/17(木) 20:42:12.95 ID:F7p6sda10

    咲SS まったり





    2 : ◆GtxVadXeUQ 2017/08/17(木) 20:44:34.46 ID:F7p6sda10

    ピピピ ピピピ ピピピピピピp

    はやりん「……はやや!」ガバッ

    はやりん「寝坊した!超 Very Bad!!」

    はやりん「遅刻遅刻ぅ!」ダダダ

    モブ「あれ?お客様?ちょ――」

    はやりん「バイバイビー☆」



    3 : ◆GtxVadXeUQ 2017/08/17(木) 20:46:44.99 ID:F7p6sda10

    はやりん「初日から飲み過ぎて遅刻じゃ」モグモグ

    はやりん「かなりヤバイ、って」モグモグ

    はやりん「感じだよねー☆」ダダダ

     ド ン ッ!

    はやりん(はやや!?子供にぶつかっちゃった!)

    「い……イタタ……」グスッ

    はやりん「君、大丈夫!怪我はない?」ブルン

    京太郎「ヒェッ……」ビクッ



    4 : ◆GtxVadXeUQ 2017/08/17(木) 20:48:16.62 ID:F7p6sda10

    京太郎「うわぁああああん!!」

    京太郎「おっぱいオバケがぶつかってきたー!」

    はやりん「オバっ――」

    京太郎「わぁああああん!!」

    はやりん「は、はやややや!」アワアワ


    瑞原はやり 少年と出会う




    【はやりん「私の少年」京太郎「ヒェッ・・・」】の続きを読む

    このページのトップヘ