大きいサイズ

    カテゴリ: はがないSS

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 18:48:27.15 ID:Glc0EAL20

    星奈「ねぇあんた達、今度の休み暇?」

    小鷹「何だ?何かあるのか?」

    星奈「このあたしの運転でドライブにでも連れて行ってあげようかと思ってね」

    幸村「あの……星奈のあねご……」

    夜空「さすが肉だ、道路交通法も知らんとは」

    理科「理科でも知ってますよ……」

    小鷹「さすがにDQNすぎるだろ……」

    星奈「もうっ、なんでそうなるのよ!!」

    星奈「無知はあんたたちの方よ!ホラ!!」ガサゴソ

    ジャーン

    夜空「……なんだそれは?」

    星奈「ドライバーズIDよ。もしかして知らないの?」ニタァ

    夜空「し、知っているに決まっているだろう!見るのが初めてなだけだ」チッ

    ※ドライバーズID…年齢による取得制限のないエーアイカーの運転免許



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 18:55:52.32 ID:Glc0EAL20

    小鷹「しっかしいつ手に入れたんだそんな物?」

    星奈「ほら、あたしって天才だから?1年生の内にパパーッと取っておいたのよ」

    夜空「一緒に乗る友達もいないくせに何を偉そうに」

    星奈「な、なんですって!?」

    夜空「しかも、聞くところによるとドライバーズIDというのは小学生でも取ることが可能らしいな」

    夜空「つまり、天才だろうが何だろうが隣人部の中でそれを取得できない者はいないということだ」

    夜空「そんな物を見せびらかして虚しくならないのか貴様は」

    星奈「うるさいわね!あんただけ乗せてあげないわよ!?」

    夜空「それは困ったな、いやしかし……」

    夜空「肉よ、最後に運転したのはいつだ?」

    星奈「ぐっ……」

    夜空「最後に運転したのはいつだ?と聞いている」



    4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 19:00:31.33 ID:Glc0EAL20

    星奈「教習受け終わってからは……一度も」

    理科「一度も!?」

    小鷹「おいおい、そりゃないだろ!?誰でも安全に運転できるエーアイカーとはいえそれじゃあ」

    星奈「仕方ないじゃないっ! 一緒に乗る友達が……いなかったんだから……」

    夜空「これを踏まえて……肉の運転する車に乗りたいなどと言う愚か者はいるか?」

    シーン……

    星奈「うぅ……」

    夜空「とはいえ、私も興味がないわけではない」

    夜空「肉、貴様にチャンスをやろう」

    星奈「チャンス……?」

    夜空「次の休日までに勉強しなおして来い」

    夜空「そして次の休日、私と小鷹が貴様の運転に付き合ってやる」

    夜空「そこで全員が乗っても大丈夫だと判断できれば後日全員でドライブに行く、それでどうだ?」

    小鷹「えぇっ俺も……!?」

    夜空「流石に後輩の命まで無下に扱うことはできないからな」



    【夜空「超速変形!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/06(金) 23:44:27.59 ID:KVj7uiLD0

    星奈「私がいいバイト教えてあげよっか?」

    夜空「いかがわしいバイトではないだろうな・・・」

    星奈「全然!」

    星奈「私の事を名前で呼ぶだけの簡単なお仕事よ!」



    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/06(金) 23:51:15.53 ID:KVj7uiLD0

    夜空「むぅ・・・給金次第では考えてやらんでよないぞ」

    星奈「日給は2000円よ」

    夜空「たったそれだけの事でその額はどうなのだ?」

    星奈「いいの!未来への投資なんだから!」

    夜空「・・?」

    星奈「た、ただし、私と1日1時間以上は一緒にいないとダメだからね」

    夜空「実質時給2000円か・・ふむ」



    10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/06(金) 23:52:20.24 ID:KjfwJaE20

    星空久しぶりや
    期待



    【星奈「夜空、お金欲しいの?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/06(水) 04:28:58.68 ID:0kNDV2ci0

    小鷹「ん?ああいいが他の連中には言ったのか?」

    夜空「え、と…私と二人でいくのだ。嫌なのか!?」

    小鷹「別にいいが、何で怒ってんだよ。しかしなんでまた」

    夜空「いいではないか!その...たまには(断られなかった、よかった)」ゴニョゴニョ

    小鷹「なんなんだ? それじゃ、まぁ日曜の9時にいつもの駅に集合ってことで」
      「今日は小鳩が早く終わるらしいから飯作らないと駄目だし帰るわ。じゃあな」バタン

    夜空「あっ!こだ…か」シーン

    夜空「私の馬鹿野郎」

    ……ガチャ

    夜空「(ピクッ)なんだ肉か」

    星奈「なんだってなによ!」

    夜空「うるさいぞ肉。少しは肉らしく黙ってられないのか。」

    星奈「な、なによバカ夜空」ボソッ



    2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/06(水) 04:37:49.08 ID:0kNDV2ci0

    日曜

    小鷹「さーてそろそろ行くか」

    小鳩「クックック、我が眷属よ邪悪なる日の光のあるうちから何処かへ出かけようというのか?」

    小鷹「ああ、夜空に誘われて映画にな。晩飯までには帰るから待っててくれ。」

    小鳩「むー...またあんちゃんはそうやってほったらかしにする!」ウガー

    小鷹「悪い悪い。帰ったら豚骨ラーメン作ってやるから、な?」

    小鳩「ホンマに!?分かった!はよ帰ってきてよ!?」

    小鷹「わかったから、じゃあ留守番たのむぞー。」がちゃっ

    小鳩「…クックック、我は偉大なる夜のけつぞくじゃけ、寂しくなか」



    3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/06(水) 04:42:21.12 ID:0kNDV2ci0



    小鷹「おーっす。すまん待ったか?」

    夜空「おはよう、小鷹。今来たところだ、気にするな」

    小鷹「そうか、ならいいんだ。で、今日はどこに行くんだ?」

    夜空「映画だと言ってただろう。それも忘れたのか?」

    小鷹「いや、そうじゃなくてだな…なにを見に行くのか聞いてるんだよ」

    夜空「前にも言ったが私はその場所で適当に決めるのだ。…その、前みたいなのは、なるべく選ばないようにするから」モニョモニョ

    小鷹「そ、そうだな。うん、今度はそのー二人で決めないか」

    夜空「ああそうだな。ちょうど着いたし、何にしよう。」




    【夜空「小鷹、今度の日曜日なんだがその…え、映画にいかないか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/03(水) 20:22:17.22 ID:0TgO+MjA0

    夜空「友達契約のために支払う代金だ」

    星奈「えっ、私達……その、友達だったの?」

    夜空「金を払えばな」

    星奈「いくら?」

    夜空「えっ……ご、5万くらいか?」

    星奈「今手持ちは無いわね……」

    夜空「仕方ないな。それなら友達契約は不履行。私達は友達では……」

    星奈「ちょっと待っててね」ピッピッ プルルルル

    星奈「もしもし?」

    15分後

    星奈「はい。五万円」

    夜空「あ、どうも……」



    4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/03(水) 20:24:08.78 ID:fjjuU4U00

    ペガサスにお尻ペンペン√だな



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/03(水) 20:24:51.84 ID:60YuXP1j0

    お金を払ってまで友達になろうとする星奈たん可愛い



    【夜空「おい肉、友達料金はまだか?」星奈「なにそれ?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 03:12:16.41 ID:tZKFeLq50

    柏崎邸

    天馬「ん? 星奈、帰ったのなら挨拶くらいせんか」

    星奈「パ、パパ!」

    星奈「えっと、ただいま」

    天馬「その手に持ってるビニル袋は一体なんだ?」

    星奈「べ、別に大したもんじゃないの。じゃあ私、部屋戻るから」



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 03:14:28.02 ID:2pm+cna10

    それでこそ肉



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/05(金) 03:18:08.57 ID:8poVV4W7O

    こじらせすぎだろwww



    【星奈「夜空のゲロ、家に持って帰ってきちゃったわ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 :代行 2013/05/25(土) 20:33:37.64 ID:OvjbYH++0

    安価で理科になんかします



    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25(土) 20:40:59.32 ID:Rt+Bmvmq0

    小鷹「あれ?今日は理科だけか?」

    理科「はい、みなさん用事で今日は来られないみたいです」

    小鷹「そうか。仕方ない、本でも読んでるか」

    理科「先輩、二人きりなんだから、何かしようとも思わないんですか?」

    小鷹「え?なんだって?」

    理科「またそれですか」

    小鷹(理科って普段はふざけてるけど、イタズラしたらどうなるんだろ)

    小鷹(よし理科に>>10 しよう)



    10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25(土) 20:42:16.45 ID:Aq5w4GzX0

    開発



    12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25(土) 20:43:00.63 ID:4ql64kF90

    開発ってなんだwwwww



    13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25(土) 20:43:01.69 ID:Rt+Bmvmq0

    小鷹(開発か・・・いったい何をすればいんだ>>13)



    18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25(土) 20:45:05.52 ID:Rt+Bmvmq0

    理科でおねがいしまぁすww
    再安価 >>20



    20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25(土) 20:45:55.69 ID:VU0MJTcL0

    しりあな



    【小鷹「安価で理科にイタズラしよう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ra47jtwxnqvbobu






































    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/22(金) 05:00:40.65 ID:W0yp56tR0

    小鷹「お、理科どうしたんだ?」
    理科「こんなところで何してるんですかー?」
    小鷹「え?なんだって?」



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/22(金) 05:01:34.90 ID:W0yp56tR0

    理科「聞こえてますよね?毎度のごとく聞こえてないフリするのやめてください・・・。」

    小鷹「え?なんだって?」



    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/22(金) 05:02:41.28 ID:W0yp56tR0

    理科「小鷹先輩のそういう所、理科は好きじゃないです・・・。」

    理科「・・・いいこと思いつきました」

    小鷹「え?なんだって?」



    8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/22(金) 05:02:58.44 ID:v4As9wwG0

    安定の難聴でわろた



    【理科「小鷹センパーイ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    mq5jr96v37cnxek






































    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06(土) 08:59:26.06 ID:pSHSk9OyP

    小鷹(事の原因を考えてみれば、俺が星奈に告白されたのがすべて悪いんだ)

    小鷹(いつまでも逃げ続けられるはずもないし、いっそ嫌われちまえばいいんだ)

    小鷹(隣人部にいられなくなるかもしれないが、生徒会に腰掛けしてる状態よりはマシだ)

    小鷹「問題は、どうやって嫌われるかだな」

    小鷹(ないとは思うが、他の部員――夜空や理科、幸村にまで好かれてたりしたら……)

    小鷹(そうだ、全員に告白すればいいんだ!)

    小鷹(そうすればもう告白される事もないし、全員に告白する最低野郎が好かれるはずもない!)

    小鷹「これだぁ!」

    葵「と、突然どうしたんですか、小鷹くん?」

    小鷹「あ、いや、ちょっと考え事をしててな」

    小鷹(待てよ、葵も俺を好きだったり……するはずないよな。我ながら自意識過剰すぎるっての)



    2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06(土) 09:03:23.55 ID:pSHSk9OyP

    葵「……何か悩みがあるようですね」

    小鷹「悩みは確かにあるんだけどな、解決方法が見つかったかもしれない」

    葵「そうなんですか? 自分に手伝えることがあったら言ってください!」

    小鷹(そうだな。試しに葵に告白してみるか。……どうせ最低野郎だって噂になって嫌われるだろうしな)

    小鷹「葵、お前付き合ってる奴っているか?」

    葵「きゅ、急にどうしたんですか? これから告白シーンに入るドラマの台詞みたいですよ?」

    小鷹「好きだ」

    葵「ふぇっ!?」

    小鷹「葵が好きだ。俺と付き合ってくれ」

    葵「……ぷっ、あはっ、あはははっ」

    小鷹「俺、変な事言ったか?」

    葵「だ、だって、小鷹くんみたいなチョイワルなイケメンが、ぷくくっ、自分のような人間に告白なんて、あははっ」 ケラケラッ

    小鷹「葵。俺は本気だ」 ガシッ

    葵「えっ? で、でも、自分は、その……うぅぅ……」 テレッ



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06(土) 09:07:47.97 ID:pSHSk9OyP

    小鷹(さすがにこれ以上はやりすぎか。叫ばれたりしたら嫌われるじゃ済まないしな)

    小鷹「……なんてな、悪いな、今のはじょ――」

    葵「わ、わかりました! 自分は小鷹くんとお付き合いします!」 ダキッ

    小鷹「えっ、ちょっ」

    葵「じ、自分みたいな人間と小鷹くんが釣り合わないですけど、でも、釣り合うように頑張りますから!」

    小鷹(やばい、取り返しが付かない方向に!)

    葵「柏崎星奈にも負けないくらい、小鷹くんの隣にいて当然な人間になってみせます!」 スリスリッ

    小鷹「お、おう……」

    小鷹(どうしてこんな事になったんだ! いや、逆に考えるんだ、葵に告白される前に片付いて良かったと思えば……)

    葵「小鷹くん、頭ナデナデしてください!」

    小鷹「これでいいか?」 ナデナデ

    葵「えへへへー」 デレデレ

    小鷹(ま、まあ、結果オーライだよな?)



    8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/06(土) 09:10:03.04 ID:U47h0FGX0

    どんどん行け



    【小鷹「そうか、俺が最低野郎として嫌われちまえば丸く収まるのか!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    %96%E9~1
















































    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16(火) 22:11:52.80 ID:rVnNXw6w0

    夜空「おい肉、もう少しテレビの音を小さくしろ」

    星奈「嫌よ!今大事な告白シーンなんだから」

    夜空「うるさくて読書に集中できん…」ペラ

    小鷹「まあまあ」

    理科「いつも通りの隣人部に戻りましたね」

    小鷹「ああ……一時はどうなることかと思ったが」

    理科「主に小鷹先輩が原因じゃないですか」ジト…

    小鷹「お、俺が望んでああいうことになったわけじゃないぞ」

    理科「またまたぁ。両手に花で満更でもなかったんでしょ?」

    小鷹「どっちを選んでも悲惨な結末しか待ってないと思っただけだ…」



    2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16(火) 22:17:56.96 ID:rVnNXw6w0

    幸村「しかし…結局お二人のどちらも選ばなかった兄貴はヘタレとしか言い様がありません…」

    小鷹「残った方が不幸になってほしくなかった。それだけだ」

    理科「まあ、隣人部が離散するような展開にならなかったのは幸いです」

    小鷹「…ああ」

    星奈「ああん!可愛すぎるぅ!」クネクネ

    夜空「…」ガタッ

    理科「おや、さすがに目に余ったんでしょうか」

    夜空「肉、せめて周りに気を使え」

    星奈「ちょっと邪魔しないで」カチカチ

    夜空「…」サワ

    星奈「んな!?い、いきなりお尻触らないでよ!」



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/16(火) 22:22:28.55 ID:rVnNXw6w0

    夜空「だらしない尻だ…。さすが肉だけあって厚みがある」サワサワ

    星奈「なによ、それっ…///」ピク

    小鷹「…………なにやってんだ?」

    夜空「なに…肉が人目をはばからずにエロゲをやり込むものだからペナルティとしてな…」フニフニサワサワ

    星奈「ちょっ……手つきがヤラシイわよぉ///」ピクピク

    夜空「分かったらもう少し抑えろ」パッ

    星奈「はあ…はあ…」ヘナ



    【星奈「あたしは夜空となら」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ge4l0ode7esh6yx














    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 21:06:08.41 ID:K8hrQds40

    難聴物語



    2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 21:09:56.67 ID:K8hrQds40

    夜空「なんだ、小鷹も耳鼻科か」

    小鷹「奇遇だな」

    小鷹「今日はどういった症状で?」

    夜空「最近肉の声が届かなくてな……」

    小鷹「へぇー」

    夜空「いや、普段は聞こえているのだが油断すると聞こえなくなるのだ」

    夜空「で、そういう小鷹はどうしたんだ?」

    小鷹「俺はー……何かみんなに勧められた」

    夜空「なんとなく分かる気がするな」

    夜空「まぁ大丈夫だろう、小鷹は」

    ナース「羽瀬川小鷹さーん」

    小鷹「じゃ、行ってくるわ」

    夜空「うむ」



    4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 21:15:08.08 ID:K8hrQds40

    小鷹「異常なしだってさ」

    夜空「やはりな」

    小鷹「俺だって最初っから難聴だなんて思ってなかったし」

    夜空「皮肉だろうな」

    小鷹「うるせぇ」

    ナース「三日月夜空さーん」

    夜空「では私も行くとするか」スック



    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 21:18:00.50 ID:zWDPIpDvO

    あんた聞こえないフリだったやん



    【小鷹「耳鼻科に行ったら夜空がいてそのあと星奈も来た」】の続きを読む

    このページのトップヘ