大きいサイズ

    カテゴリ: 中二病SS

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 21:44:08.20 ID:E6TK5rmp0

    森夏「冨樫くん、小鳥遊さんと上手くやってる?」

    勇太「まあそれなりに…相変わらず朝は弱いみたいだが」

    森夏「で、その………あれは大丈夫?」

    勇太「十花さんのことか?それなら心配ない」

    森夏「じゃなくて…、せ、せせ、性欲の発散///」

    勇太「はぁ!?」

    森夏「男なんだから当然するでしょアレを!まさかホモじゃないでしょ?」

    勇太「断じて違う!」



    36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 21:57:10.19 ID:E6TK5rmp0

    森夏「じゃあオ、オナ………はどうしてるの?ずっと我慢ってわけにもいかないんじゃ」

    勇太「…二人が寝静まったあとにトイレで、かな…。回数は同棲する前よりも減ったが」

    森夏「妹さんもいるし、生殺しみたいね」

    勇太「……………おい!!なんで俺が丹生谷にオナニー事情を話さないといけないんだ///」

    森夏「えっ……ぁ」

    勇太「うああああああいっそ殺してくれー!!!」



    38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 22:02:29.24 ID:E6TK5rmp0

    勇太「はあ、はあ…」

    森夏「冨樫君も苦労してるのね」

    勇太「いいか………絶対に他の奴に言いふらすんじゃないぞ」

    森夏「なによそれ。あたしが信用されてないみたいじゃない」

    勇太「一生の恥だ、トラウマだ…」

    森夏「じゃ、じゃあさ…あたしが手伝ってあげようかなー、なんて」

    勇太「!?」



    40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 22:08:14.52 ID:aIAuLgdx0

    なに!?



    【勇太「六花と同棲とか…理性が持つだろうか」六花「?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 19:38:11.24 ID:Ba96i15l0

    勇太「………」

    勇太(最近自室に篭って何やってるのかと思ったら…)

    勇太(おいおいなんだこれ…パソコンの検索履歴がやばいぞ…)

    結婚 近親   近親相姦  官能小説   近親相姦 小説 厳選   エスカレートする兄妹

    いけない兄妹   兄妹 えっち 方法 …etc

    勇太(あいつパソコン買ってもらったの1ヶ月前だよな…はぁ…)

    勇太(みなかったことにしよう…)

    勇太(ん…? これは……小説なんか書いてんのか樟葉 へーちょっとみてみるか)  カタッカタ

    『兄妹以上恋人未満』



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 19:48:32.21 ID:Ba96i15l0

    「ねえお兄ちゃん…ちょっとシャーペン貸して欲しいんだけど……お兄ちゃん?」

    私は3つ年上の兄の部屋の扉をノックし声をかけたが、兄からの返事はない。
    出てくる気配もなかったので、恐る恐る扉を開けてみると、そこに兄の姿はなかった。

    (あれ…?居間にいるのかな?)

    (後で借りたって言っておけば大丈夫だよね)

    悪いと思いつつ、こっそり兄のカバンを弄りシャーペンを取り出す。 
    別にそこに兄が現れても十二分に弁解の余地はあるのだが、私はものすごくいけないことしてるように感じてしまい、
    慌ててカバンから離れそれをポケットにしまった。 

    しかしそんな時に限って視界の片隅に、電源の落ちていないDVDプレーヤーが目に入ってつい立ち止まってしまう。
    無視することもできず、近くに放置されていたリモコンを手にし、電源ボタンを押そうとしたその瞬間

    『や…ちょ…お兄ちゃ…アァン』

    テレビに全裸の男女が絡み合ってる映像が映し出された。

    「っ…なにこれ…!」

    酷く慌てた私は思わずリモコンを落としてしまい ゴトッと鈍い音がして電池が放り出された
    その時 部屋のドアの扉が開いてちょうど兄が……



    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/30(水) 19:50:45.21 ID:qDg+KM1A0

    いいね



    【勇太「樟葉が官能小説書いてた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 19:15:24.69 ID:cbChtpRX0

    学校

    一色「なぁ勇太」

    勇太「なんだ一色」

    一色「小鳥遊さんていつもベランダから勇太の部屋に入って来るんだろ?」

    勇太「まぁな」



    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 19:20:25.45 ID:cbChtpRX0

    勇太「玄関から入ってくればいいものを、まったく・・・」

    一色「それって勇太が部屋にいなくてもベランダからくるのか?」

    勇太「基本そうだな、俺がいる時は降りてくる手伝いをしてやったりするけど」

    勇太「俺が居なくてもベランダから勝手に侵入してくるな、六花は」



    9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 19:25:03.16 ID:cbChtpRX0

    勇太「それがどうかしたのか?」

    一色「勇太が部屋にいない場合、小鳥遊さんは勇太の部屋で一人でなにしてるのかなって思って」

    勇太「別にゴロゴロしてるだけだろ、大概いつもそうだし」

    勇太「以前は不可視境界線の探索だの言って部屋をあちこち荒らしまくってたこともあったけど、今じゃどこに何があるか完全に把握されてるしな」



    11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 19:30:10.17 ID:cbChtpRX0

    勇太「おかげでエロ本ひとつおけやしない」

    一色「それは気の毒だが、今はかわいい彼女がいるんだから贅沢ゆうなよ、このっ」

    勇太「・・・まぁな」

    一色「何がまぁなだ、顔赤くしやがって」

    勇太「うるさいなもう」



    12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 19:34:32.11 ID:cbChtpRX0

    一色「それでさっきの話しだが」

    勇太「ん?六花が俺の部屋で何してるかって話か?」

    勇太「それならさっき言った通り・・・」

    一色「彼氏の家族が誰もいない、そして彼氏のベッドの上で一人きり・・・」



    【六花「この毛布ゆうたの匂いでいっぱい///」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    富樫樟葉↓↓
    t2-027

















    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 20:56:44.01 ID:YB/DXifr0

    勇太「まったく六花はいつもそうなんだよなー」

    樟葉「…………」

    勇太「ほんとに六花は困ったやつだよー」

    樟葉「…………」

    勇太「あっそうだ、他にも六花がなー」

    樟葉「……お兄ちゃん」

    勇太「ん、なんだ?」

    樟葉「なんで小鳥遊さんの話ばっかりするの?」



    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 21:02:05.68 ID:YB/DXifr0

    樟葉「なんで六花さんの話ばっかりするの?」

    勇太「え、ダメか?」

    樟葉「べつにダメってわけじゃないけどさ……
       なんか最近、その話ばっかりだし」

    勇太「まあ、あいつと一緒にいると話題に事欠かないからな」

    樟葉「ふーん……六花さんと一緒にいるの、そんなに楽しいんだ」

    勇太「そうだな、振り回されることもあるけど……楽しいかな」

    樟葉「へー」

    勇太「ん、どうしたんだよ?」

    樟葉「別にー。はやくご飯食べないと冷めちゃうよ」

    勇太「わかってるよ」モグモグ

    樟葉「はーあ……ごちそうさま」



    8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 21:09:15.19 ID:YB/DXifr0

    樟葉(最近のお兄ちゃんは口を開けば六花六花六花六花……)

    樟葉(学校でもずっと六花さんとべったりみたいだし……)

    樟葉(あんな眼帯の人の、どこがいいんだろ)

    樟葉(それに重度の中二病患者だし……)

    樟葉(お兄ちゃん、六花さんと一緒にいたら色々思い出しちゃうんじゃないのかな)

    樟葉(お兄ちゃんがダークフレイムマスターだった時は)

    樟葉(お兄ちゃんのそばにいられたのは私だけだったのに)

    樟葉(…………)

    樟葉(このままじゃお兄ちゃんが六花さんに取られちゃう)

    樟葉(それだけはなんとしても阻止しないと)

    樟葉(お兄ちゃんは私だけのお兄ちゃんなんだもん)



    11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 21:17:49.67 ID:YB/DXifr0

    勇太「そうだ、明日友達来るから」

    樟葉「友達って、男子?」

    勇太「男子も女子も。部活の皆で学園祭の打ち合わせするんだよ」

    樟葉「部活って、夏の極東結社昼寝魔術の会だっけ」

    勇太「極東魔術昼寝結社の夏、な。5人くらい来るから」

    樟葉「六花さんも来るんだよね」

    勇太「そりゃーあいつの部活だしな」

    樟葉「ふうーん」

    勇太「なんだよ?」

    樟葉「別に。てゆーかお兄ちゃん、友達いたんだね」

    勇太「なっ……失礼なこと言うなよ。誰だって友達くらいいるっての」

    樟葉「中学の頃はいなかったじゃん。
       孤独こそが闇の力を強めるんだーとか言ってたよね」

    勇太「うるさいよ、余計なこと思い出さなくていい」

    樟葉「友達なんて煩わしいだけ、本当の信頼など築けるわけないって……」

    勇太「それ以上人の黒歴史をほじくりかえすな!」



    【勇太「それでなー六花のやつがなー」 樟葉「…………」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    hu08kaaw4hf8f4t





































    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 00:59:41.16 ID:bubWCVfX0

    11-12話期間

    森夏(中防、泣いていたな…)

    森夏(なんとか慰めてあげられないかしら)

    森夏(そうだ.モリサマーのブログを復活させれば…
               でも、黒歴史をほじくり返すのは…ちょっと)

    森夏(あーーっもうっめんどくさいわね。とりあえずやってみるわ!!)



    4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 01:05:51.40 ID:bubWCVfX0

    森夏(そういえば全部消しちゃったんだっけ…)カタカタ

    森夏(うーん。使いたくないけどこの封印のUSBをつかうか…)

    森夏(今見るとはずかしいな…。)カタカタ

    森夏(とりあえず、こんな感じでいいかしら)

    精霊巫女モリサマー
    ~選ばれし物よ。集まれ~

    宿命を背負った者たちよ
    苦悩し時、我を求めよ

    森夏(とりあえず、あとは過去の日記とコメント欄だけでいいかしら)カタカタ



    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 01:13:05.31 ID:bubWCVfX0

    次の日 朝

    森夏(うーん。あまり寝れなかったけど、用意できたわね)

    森夏(あとは、このページのURLを書いた手紙を蝋で閉じてと…)

    森夏(よしっ!!できわー!!)

    朝 登校時

    森夏(で、問題はいつ渡すかなんだけど…凸守はいつもここを通るはず…)

    森夏(全然来ないわね…。もしかして今日に限って別の道??)

    凸守「どうしたんですか??先輩っ??」ゴツンッ

    森夏「いたっ…。って、あんたもしかして!!中坊!!」



    【森夏「凸守をなぐさめてあげるわ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2naee8izwfwzcn4







































    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 22:04:42.30 ID:L4vlshFL0

    勇太「ちょっと来るの早すぎたな」

    勇太「さすがにまだ会場には入れないか」

    勇太「仕方ない、そのへんでちょっと時間潰そう」

    一色「あれ、勇太じゃん。こんなとこで何してんだよ」

    勇太「ギク」



    2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 22:09:15.21 ID:L4vlshFL0

    勇太「よ、よう一色、奇遇だな」

    一色「スーツ着てるってことはアレか、会社の研修かなんかか?
       いやーお互い大変だよなまだ入社前だってのに」

    勇太「いや、違うよ……」

    一色「そういやお前、どこに決まったんだ?」

    勇太「…………」

    一色「ん? 勇太?」

    勇太「……まだ、決まってない…………」

    一色「えっ、まだ決まってなかったのか!? もう2月だぞ」

    勇太「…………」



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 22:15:05.78 ID:L4vlshFL0

    一色「あー、あれか、留年したか」

    勇太「…………」

    一色「そうだよなー、それならまだ決まってなくて当然か。
       まあこれからだから焦ることないぞ、本格的に採用始まるのは春からだし」

    勇太「…………」

    一色「俺も周りが内定取りまくってて焦ったけどさ、夏には決まったから」

    勇太「…………」

    一色「夏の就活は地獄だぞ~。スーツの暑さは想像を絶するぞ」

    勇太「…………」

    一色「だから勇太も、長引かせないでさっさと決めちゃえよな」

    勇太「…………」

    一色「一留くらいならマイナスにはならないはずだし」

    勇太「……留年してないんだ」

    一色「あん?」

    勇太「俺もお前と同じ……今年の3月で大学卒業だよ」

    一色「え…………」



    4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 22:21:29.24 ID:L4vlshFL0

    一色「…………」

    勇太「…………」

    一色「……そ、そうか」

    勇太「…………」

    一色「あ、で、でもアレだろ? 卒論とかが忙しくて就活の時間が」

    勇太「卒論は余裕だったよ。単位もちゃんと取れてた。
       4年生になってからは週1回しか大学行ってなかった」

    一色「…………」

    勇太「ただ……落とされ続けただけなんだ」

    一色「お、おう……」

    勇太「ははは、笑っちゃうだろ?
       1年以上も就活続けてどこにも採用されないんだぜ。
       なんなんだろうな俺って」

    一色「そ、そんな自分を卑下するな……あと2ヶ月弱あるんだからさ、
       愛しの六花ちゃんのためにも頑張って卒業までに内定ゲットしろよ、な」

    勇太「六……花……?」



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 22:30:09.14 ID:L4vlshFL0

    勇太「あ、ああ、六花か……最近会ってないから忘れかけてたよ……」

    一色「お前ほんとに大丈夫か? 精神病んできてないか?」

    勇太「いや、多分大丈夫だ……ははは……」

    一色「小鳥遊さんとはまだ付き合ってんだろ?」

    勇太「ずっと付き合ってるよ。でもこのままだと振られるかもな」

    一色「そ、そんなこと言うなって。小鳥遊さんはお前が就職できなかったり
       ブラック企業に採用されて家に全然帰れなかったり既卒フリーターになったとしても
       お前のことを嫌いになるような人じゃない、そうだろ?」

    勇太「励ますフリしてダメージ与えるのやめてくれよ」

    一色「と、とにかく頑張れよ。応援してるからな。
       そうだ、お前の就職決まったらお祝いしようぜ、高校の時のメンバー集めてさ」

    勇太「お祝いか。お祈りなら何度もされてるんだけどな」

    一色「…………」

    勇太「じゃあそろそろ合説始まるから行くよ」

    一色「お、おう…………」



    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 22:31:43.02 ID:KBCimYxp0

    彼女いない以外一緒で死にたい



    8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 22:32:42.40 ID:oGqgqToX0

    こうならなくて良かった



    【勇太「無い内定でも恋がしたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    tm752mffmgcfac0



    2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) [saga]:2012/11/13(火) 00:07:00.53 ID:vcsrKCh/0

    ~~~

    極東魔術昼寝結社の夏

    ~~~


    ガラッ


    森夏「……なぁんだ。今日は誰もいないんだ」


    ガラッ、パタン


    森夏「せっかくチア部が休みになったから来てやったってのに……こういう時に限って――」


    ガラッ!


    凸守「ふっふっふ……かかったデスね! 偽モリサマー!!」


    森夏「なっ! 中坊!?」


    凸守「出入り口はこのミョルニルハンマーの使い手、凸守が抑えまぁした! 今日という今日は、我が敬愛するモリサマーを騙る貴様を、この手で打ち滅ぼさせてもらうぅ…デス!」


    森夏「はんっ! なるほどね……放課後になっても誰もいないのはアンタの差し金ってこと」


    凸守「差し金? 何を言ってるDeathか。これは運命に導かれし結果Death。そう……あなたを倒せという、世界の導きなのデス!」

    凸守「モリサマーは言っていました。『世界を信じ、正しきことを行うものに、この世の意思は応えてくれる』と」


    森夏「ひいいいいいいぃぃぃぃぃぃぃーーーーーーー!!! だから! そういうこと言うなって言ってんでしょ!」バッ!


    凸守「ふっ……止まって見えるデス」サッ


    森夏「くっ……!」


    凸守「さあ! 後ろは取りました! コレで――」


    グシャッ!!!


    凸守「――え?」

     
    【凸守「偽モリサマーを怒らせてしまったデス…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    bub85wobd045rq7


    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 20:47:10.12 ID:cPEJ9AaO0

    凸守「これでようやく駒が揃ったデス」

    六花「私たちのダークフレイムマスターは不滅だった」

    勇太「クックッ……」

    森夏「……どういうことよ」



    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 20:49:59.90 ID:cPEJ9AaO0

    勇太「ああ、感じる。闇の力が再び肉体を蝕んでいく」

    六花「不可視境界線はダークフレイムマスターの力無しには発見できなかった。しかし、今だからこそっ」

    凸守「さぁダークフレイムマスターよ!わがマスターの願いを!!」



    9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 20:54:30.02 ID:cPEJ9AaO0

    森夏「ちょっと何遊んでるの冨樫君、バカなことしてたらクラスのみんなに言いふらすわよ」

    勇太「ふふっ、我が闇の力を憎む聖なる神、いやモリサマーよ、ひれ伏すのだ、この復活せしめた闇の力の前でっ!!」

    森夏「いい加減にしなさいよ」

    くみん「うるさいよぉ……ムニャムニャ」

    凸守「だっ、ダークフレイムマスター!? こいつはニセモリサマーデスぞ!!」



    【森夏「冨樫君が中二病を再発した!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20120720165001



    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:24:36.99 ID:ZQYKHyMjT

    勇太の部屋

    勇太「お、お茶入れてくるね!」

    森夏「うん、お構いなくー」

    ガラッ

    森夏(さて、部屋の主もいなくなったことだし早速アレを探さないと……)

    森夏(富樫くんがお茶を入れてくるまでに見つけないと駄目ね……どこから探せば……)

    森夏(待って、感覚を研ぎ澄ますのよ森夏……そうすればきっと簡単に見つかるはず…………ここ!)



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:26:34.78 ID:ZQYKHyMjT

    森夏(あった!あとはバッグに隠して……)スッ

    ガラッ

    勇太「お、お茶入れてきたよ」

    森夏「わぁ、ありがとう!(あ、危なかったぁ)」

    勇太「あのさ、それで話って?」

    森夏「え?」



    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:28:12.37 ID:ZQYKHyMjT

    勇太「なんか、二人で話したいって言ってたよね?」

    森夏「う、うん!そうそう!(そういえばそんな口実で来たんだっけ)」

    勇太「わざわざ俺の家まで来るってことは結構大切な話なのかなーとか思ったり……」

    森夏(どうしようかしら、目的は済んだわけだしもう帰ってもいいんだけど……)

    森夏(でもそれだと不自然よね……ここは何か適当に質問でもして……そうだ、実に高校生らしい無難な質問を思いついたわ)

    森夏「あのね、私、富樫くんに聞きたいことがあって」



    【森夏「元中二病でも恋がしたい!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    C2ZNj


    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/21(水) 19:34:25.18 ID:YCvKX+K50

    森夏(あー体育だるー)

    先生「それじゃ好きな人4、5人でグループを作ってね」

    生徒「丹生谷さん、一緒に組んでもいい?」

    森夏「ええもちろんよ」ニッコリ

    生徒「丹生谷さんと同じグループなんてラッキー」


    六花「………」



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/21(水) 19:35:05.25 ID:YCvKX+K50

    アニメで会話してくれないのでSSでも書いて満足するしかない



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/21(水) 19:35:53.35 ID:YCvKX+K50

    六花「………」

    森夏(ったく…中二病なんて患ってるからぼっちなのよ)

    森夏(ま、私には関係ないわよね。同好会だって好きで入ったわけじゃないし)

    先生「どうしたの? 早くどこかに入れてもらいなさい」

    六花「え、あ、う…。その、私の邪王真眼は人を遠ざけるので…」

    先生「ジャオウシンガン? 何をわけのわからないことを言ってるの」

    六花「えうう…。前世からの孤独の呪いで…」

    森夏(うわあああ見ちゃいられないぃぃぃぃぃ)



    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/21(水) 19:35:57.87 ID:1pWnr/uq0

    世話焼きモリサマーかわいい



    【森夏「小鳥遊さんの中二病を更正させてやる!」】の続きを読む

    このページのトップヘ