大きいサイズ

    カテゴリ: 進撃の巨人SS

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495988012/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 01:13:33.14 ID:sYdvG0Il0


    エレン「よし!まずは>>3だな!」

    アルミン「大丈夫かな...」

    ミカサ(エレンが楽しそうだ...これはいい事)




    時系列的にはまだ訓令兵の頃だと思って下さい





    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 01:21:38.17 ID:Ij3yqGQWO

    喫茶店の開業



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 01:24:04.62 ID:sYdvG0Il0

    エレン「よし!喫茶店を開業するぞ!」

    アルミン「!?」

    ミカサ「エレンがやると言うなら、私も従おう」

    アルミン「ま、待って!訓練兵団はどうするのさ!!」

    エレン「そりゃあお前...>>6だろ」




    6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 01:43:21.55 ID:xWYV4dUNo

    全員喫茶店のアルバイトになってもらうしかないだろ



    7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 19:50:25.84 ID:sYdvG0Il0


    エレン「そりゃあお前全員バイトに雇うしか無いだろ」

    アルミン「そういう!意味じゃ!ねぇよ!!」ダンダン

    ミカサ「アルミン、落ち着いて」

    アルミン「ふぅー...ふぅー...」

    エレン(...アルミンどうしたんだ...>>9したら機嫌直すかな)




    8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 20:09:43.81 ID:vo8XGeQbO

    誉めちぎる



    9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 20:15:00.16 ID:H9zoCVhc0





    【エレン「安価で人類救う」アルミン「」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1496147098/

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/30(火) 21:24:58.644 ID:oyudI25J0.net

    ━『その日、人類は思い出した……』━

    ズドォオオオオオン!!!
    「何あれ、巨、人……?」
    ダッダッダッダッ
    「壁が……壁が破られた……のか……!?」

    ━『奴らに囚われていた恐怖を』━

    ドドドドドッ
    「巨人だ!巨人が入ってきたぞ!!」
    ズゥン
    「助けてえええ!やめっ、うわああ!!」

    ━『鳥籠の中に捕らわれていた、屈辱を』━

    ダダダダダダッ
    「うわああああ!助け、助けえええええ」
    ズブシャアアアッ
    「あ……ああ……お父さんっ!お父さ……きゃああああ!やめて!助けてえええ!」

    ドォオオオオン
    「な、に……?わたし、助かったの……?」

    「怪我は無いか、女」

    「まさか、あの巨人を一撃で消し飛ばしたの……?あなたは一体……?」

    「私は……」

    「私は、吉田沙保里という。逃げろ。今、すぐにだ」



    3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/30(火) 21:25:33.141 ID:p3B9uR2o0.net

    映画化決定



    5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/30(火) 21:26:01.275 ID:oyudI25J0.net

    「きゃあああ!」
    「駐屯兵団はまだ来ないのかよ!助けてくれよ!」

    吉田沙保里「……ついにこの日がきたか……」

    ダダッダダッダダッ
    ズシャッ
    吉田沙保里「……私を掴めると思ったか……、愚かな」

    吉田沙保里「ぬんッ!!」

    ブシャアアアッ

    「巨人の上半身が破裂した……!?あの人は誰なんだ!?」

    女「あの人こそ、人類の希望だよ」


    吉田沙保里「巨人共よ!私を狙うといい!……しかしこの命、容易く奪えると思うな!!」

    吉田沙保里「ふんっ!」
    ドバァ!!


    女「さあ早く、早く逃げよう!あの人が巨人を引き付けてくれてるうちに!」

    「あ、ああ!」



    6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/30(火) 21:27:09.699 ID:oyudI25J0.net

    「うわあああっ!やめてく…」
    「ごめんなさいごめんなさいごめ…」
    「あなた達だけでも逃げなさい!は…」


    吉田沙保里「ふん!はああああっ!」
    ズブッ、ドカアアアン


    「早く行け!逃げるぞ!!」
    「押さないでよ!」
    「早く!こっちへ!!」


    「船に乗れ!邪魔だ!そこをど……」

    「そういえばあの人はどうした!巨人と戦っていた人が……」

    「もう手遅れだ、諦め……」

    「門が破られ……」

    「……」

    「……くしてやる!!」

    「エレン……?」
    「この世から、一匹残らず!!!」
    「エレン……っ」

    ━━



    7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/30(火) 21:27:28.338 ID:oyudI25J0.net

    『進撃の巨人』
    ━ x ━━━━━━━
    『吉田沙保里』



    8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/30(火) 21:28:20.807 ID:Qw5RbJmZ0.net

    吉田沙保里が好きになってしまう




    【吉田沙保里『その日、人類は思い出した━━━』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496061069/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 21:31:10.11 ID:sYdvG0Il0


    エレン「まずは>>5かな」


    コンマの末尾が偶数なら対象のキャラがエレンを好き、奇数なら普通です。

    嫌いという選択肢?知らんな





    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 21:37:03.09 ID:OrbqDmLNO

    エルヴィン



    6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 21:47:09.42 ID:sYdvG0Il0

    末尾9...奇数なので好感度は普通です


    エレン「エルヴィン団長!」バァン

    エルヴィン「どうした?」カキカキ

    エレン「いえ...あっ...何でも...ありません...」

    エルヴィン「そうか...」ペラペラ

    エレン「...」

    エルヴィン「...」サラサラ

    エレン「...あの」

    エルヴィン「何かな?」サラサラ

    エレン「いえ、失礼しました」

    エルヴィン「...」サラサラ

    エレン(やべぇよ...やべぇよ...)

    エルヴィン「君は何か緊張しているようだが」サラサラ

    エレン「はっ、ハイ!?」

    エルヴィン「君の事は私達調査兵団が命を賭けて守る。安心してくれていい」ヅラ

    エレン「...ありがとう、ございます」




    7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 21:49:07.32 ID:sYdvG0Il0

    エレン「団長の思わぬ本音が聞けた所で次だな」

    次>>10



    9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 01:36:25.12 ID:hEYFU16Zo

    アルミン



    10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/30(火) 02:35:57.95 ID:OE4BjROA0





    【エレン「安価で出たキャラとひたすらイチャつく」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1495994879/

    1: nepia ◆kZNznMCWtw 2017/05/29(月) 03:07:59 ID:vnufMj7U

    ミカサ「最近エレンの様子がおかしい」

    アルミン「そうかな? ぼくにはいつもの悪人面に映るけど」

    ミカサ「エレンが、他の女と話している」

    アルミン「そりゃエレンだって話すよ」

    ミカサ「すごく楽しそうに話している」

    アルミン「エレンも思春期の男の子だからね。仕方ないよミカサ」

    ミカサ「わたしと話しているときよりも楽しそうにしている」シュン

    アルミン「ミカサとは常日頃から話してるから、新鮮味に欠けるんだろうね」

    ミカサ「そう。わかった。なら仕方ない」

    アルミン「うんうん、仕方ない仕方ない」

    ミカサ「エレンに纏わりつく害虫を、駆逐するまで」スチャ

    アルミン「」



    2: nepia ◆kZNznMCWtw 2017/05/29(月) 03:14:15 ID:vnufMj7U

    【翌日 朝の食堂】
    ミカサ「おはよう、エレン、アルミン」

    エレン「おうミカサ」

    アルミン「おはようミカサ」

    クリスタ「おはようみんな」

    ミカサ「」ギロッ

    クリスタ「」ヒエッ

    エレン「なに怖い顔してるんだミカサ?」

    ミカサ「わたしは別に怖い顔はしていない。エレンの気のせい」

    エレン「そっか」

    アルミン(いやメチャクチャ怖いよミカサ。向かいのジャンがおびえているよ)

    ジャン「」ガクガクブルブル

    クリスタ「えっと……ここ座ってもいいかな?」

    アルミン(クリスタが仕掛けた! エレンの真横をキープしようとしている)



    3: nepia ◆kZNznMCWtw 2017/05/29(月) 03:22:17 ID:vnufMj7U

    ミカサ「だめ」

    アルミン(間髪入れずにミカサが割り込んだ! エレン絡みじゃさすがの瞬発力だ!)

    エレン「いいじゃねえかよミカサ。ご飯はみんなで食べたほうが美味しいぞ?」

    ミカサ「エレン……ならば、私も真横に行こう」

    アルミン(ミカサが席を立って椅子ごとエレンの真横に移動したっ!)

    アルミン(これは修羅場になった! いや、違う。修羅場になったんじゃない! 今まで勘違いをしていただけだ!)

    アルミン(元からこの訓練所は、修羅場だ)

    エレン「なあミカサ……暑苦しいんだが」

    ミカサ「エレンを一人になんてさせない」

    エレン「いや、だからってゼロ距離はないだろ」

    ミカサ「膝を突き合わせて味わう朝食は、美しい」

    エレン「そういうのって向かい合わせで突き合わせるもんだろ。横でくっ付けるもんじゃないだろ」

    ミカサ「細かいことは気にしなくていい」ギュッ

    エレン「」ヒエッ




    【ミカサ「駆逐してやる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1381939481

    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17(木) 01:04:41.77 ID:1an016Ge0

    エレン「うぉぉぉぉおお……」

    エレン「ちくしょう、なかなか硬い奴だな、城門を通過しねぇ……」

    エレン「でもだからって諦めるのか?DNAに刻まれた排泄という行為を……」

    エレン「そんなの駄目だ!!それを諦めたら家畜以下だ!!」

    エレン「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!」

    エレン「クルッ!!クルぞ!!!!」

    エレン「ふんっ!!!!」ビリッ

    エレン「あっ切れ痔が」

    ピュゴオオオオオオオオオオオオオオオオ

    巨人化エレン「ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!」



    2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17(木) 01:05:26.07 ID:8m72TbJ60

    う●こする目的があるから巨大化か



    【エレン「脱糞してやる…一本残らず!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482462535/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/23(金) 12:08:55.58 ID:3MjCHTcF0

    進撃の巨人のネタSSです
    キャラ崩壊あり
    このSSに3曲、実在の曲が登場します





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/23(金) 12:10:01.72 ID:3MjCHTcF0

    アルミン「...」

    ミカサ「エレン、口の周りにスープがついている。拭いてあげる」

    エレン「やめろって! 俺はガキじゃねえ!」

    アルミン「...」

    フランツ「ほら、ハンナ、あーん」

    ハンナ「あーん/// 美味しい///」

    アルミン「くそっ!!」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/23(金) 12:11:09.64 ID:3MjCHTcF0

    ライナー「どうしたアルミン、でかい声出して」

    アルミン「ライナー...それにベルトルト、ジャンも」

    ベルトルト「...やあ」

    ジャン「お前が怒るなんて珍しいな。なんかあったのかよ?」

    アルミン「実は...周りの人たちがイチャイチャしてることに腹が立つんだ...!」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/23(金) 12:12:32.05 ID:3MjCHTcF0

    ジャン「はあ? お前ほんとにアルミンかよ? そんなの興味ねえと思ってたぜ」

    アルミン「僕だって男だからね...皆もそう思わない?」

    ライナー「俺もお前がそういうことを言ったのには驚いたが...まあ、同感だな」

    ベルトルト「僕もだ」

    ジャン「ああ...特にあの死に急ぎ野郎がミカサと...ちくしょう!」

    アルミン「やっぱり!!皆もそう思うだろう!!!!!!??????????」




    【アルミン「恋愛ソングにケチをつける」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1495856228/

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/27(土) 12:37:08 ID:N20RNZv.

    ・アルサシャ

    ・現パロ

    ・2人とも既に付き合ってる



    2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/27(土) 12:38:17 ID:N20RNZv.

    アルミン「エレンごめん!」バッ

    エレン「? どうしたよアルミン」

    アルミン「今日の午後、3人で遊びに行く約束してたろ?」

    エレン「そうだな。俺とお前とミカサとで、な」

    ミカサ「……」コクコク

    アルミン「そうなんだけどさ、実は急用があって行けなくなったんだ」

    ミカサ「急用?」

    アルミン「ミカサは僕と一緒にいたから知ってると思う。だからエレンに説明するよ」

    エレン「お、おう」

    アルミン「実は……」




    【サシャ「スマフォイッジッテンジャネェエェ!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1494633558/

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 08:59:18 ID:tX72ZLGk

    やや下ネタ注意
    【夜 男子寮】

    エレン「なんだそりゃ? 昼の立体起動と何が違うんだ?」

    アルミン「ぼくも聞いたことがないね。そもそも夜間は訓練禁止のはずだし、装置を動かしたら音で分かると思うんだけど」

    ジャン「俺も詳しくは知らんが、さっきトイレに行ったときに上官が話しているのを聞いたんだ」

    エレン「で、それがなんだっていうんだよ」

    ジャン「上官いわくだな、夜の立体起動は、すげえ気持ちいいらしい」

    エレン「はあ?」

    アルミン「き、気持ちいい?」

    ジャン「ああ。身体中を快感が駆け巡るそうだ」

    エレン「巨人に出くわしたときみたいな感じか!?」

    ジャン「果てには絶頂を迎えるらしい」

    エレン「巨人を討伐した瞬間みたいな感じだな!?」

    ジャン「なんでも巨人で喩えるんじゃねーよこの死に急ぎ野郎が!」ガシッ

    エレン「うるせー服やぶけちゃうだろうがあ!」グワシッ

    アルミン(立体起動…快感…絶頂…あ、これS●Xのことだな)



    2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 09:14:39 ID:tX72ZLGk

    アルミン「や、やめなよ二人とも!」

    ジャン「ふぅ……ふぅ……」

    エレン「はぁ……はぁ……」

    アルミン(ふたりとも息も絶え絶えだ……まるで事後みたいだな)

    【翌朝 食堂】
    ミカサ「おはよう」

    エレン「おう」

    アルミン「おはよう、ミカサ」

    ミカサ「エレン、聞いて。エレンの瞳の大きさが、通常時の0.85倍しかない」

    エレン「?」

    ミカサ「気になることがあって、なかなか眠れなかった証拠」

    エレン「……あぁ、別になんでもねえよ」

    ミカサ「話してほしい、私に」

    エレン「お前には関係ないことだろ、母親ヅラしていちいち詮索してくんなよ」

    ミカサ「悪かった」シュン

    アルミン(ミカサが凹んじゃった。まぁいつものことだけど。エレンが気になっているのは、おそらく昨晩の――)



    3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 09:20:27 ID:tX72ZLGk

    アルミン「エレンは、夜の立体起動のことが気になってるんだよ」

    ミカサ「夜の、立体起動?」

    エレン「おいアルミン余計なこと――」

    アルミン「まあまあ、いいじゃないか」

    アルミン「あのねミカサ。噂によるとこの訓練所には、夜の立体起動なるものがあるらしいんだ」

    アルミン「それはすごく気持ちの良いことで、ぼくたちに快感を与えてくれるんだって」

    ミカサ「気持ちの良いこと……」

    ミカサ「私もエレンと、気持ちの良いことしたい」

    エレン「おいおい、なんですぐそうなるんだよ」

    アルミン(うっはw)




    【エレン「夜の立体起動?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432042872/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 22:41:22.88 ID:3nx7IF4R0

    進撃のSSです。





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 22:42:17.99 ID:3nx7IF4R0

    クリスタ「今いーい?」

    ユミル「駄目、今ちょっとかったるい」

    クリスタ「いつもそうじゃない」

    クリスタ「前座るね」

    ユミル「本読めないぞ」

    クリスタ「うんごめんね」

    ユミル「最近甘えてないか」ギュ

    クリスタ「そんなことないよ」

    クリスタ「どこか体の悪いところない?」

    ユミル「ないよ」

    クリスタ「良かったね」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 22:43:39.23 ID:3nx7IF4R0

    ユミル「なんだよ、それだけか?」

    クリスタ「えーと」

    クリスタ「死んだら人はどうなるの?」

    ユミル「ヘビィな質問だな」

    ユミル「そんなの知りたいのか?」

    クリスタ「うーん」

    サシャ「ユミル」

    ユミル「なんだよ」

    サシャ「明日の献立って知ってます?」

    ユミル「知るか」

    サシャ「えー知らないんですか?」

    ユミル「いつもと同じだ」

    サシャ「ありがとうございます」

    ミカサ「エレン知らない?」

    ユミル「知らん」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 22:46:02.31 ID:3nx7IF4R0

    クリスタ「ユミル」

    ユミル「どうした?」

    クリスタ「ユミルってすごいね」

    ユミル「そんなことねーよ」

    クリスタ「いつまでも元気でいてね」

    ユミル「なんだ私は死んじまうのか」

    ユミル「それともお前と会えなくなるのか?」

    クリスタ「私達もうすぐここを出なくちゃいけないから」




    【クリスタ「ねーねーユミル」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1446283036/

    1 : ◆uSEt4QqJNo 2015/10/31(土) 18:17:16 ID:sQ0EHOHo



    ミカサ「……エレンはどこ?」

    アルミン「ミカサ、早まるんじゃない!」

    ジャン「ミカサ、落ち着け」

    ライナー「悪いがここは通せないぞ」

    ベルトルト「エレンはここにはいないよ」

    ミカサ「……みんな」ユラリ

    「「「「!?」」」」

    ミカサ「トリック オア トリート?」


    .



    2 : ◆uSEt4QqJNo 2015/10/31(土) 18:19:13 ID:sQ0EHOHo


    ――――数時間前


    ミカサ「エレンが補習になってしまった……エレンにまた会えない」トボトボ

    ミカサ「立体機動の練習もついてくるなと言われてしまった」ションボリ

    ミカサ「もう4日になる。私はエレンの傍にいたいだけなのに……」

    ミカサ「……」

    ミカサ「せめて座学の補習に出なくていいように手伝おう」

    ミカサ「教えるのはアルミンの方が上手い。私は何かわかりやすそうな資料を図書室で探してみよう」



    3 : ◆uSEt4QqJNo 2015/10/31(土) 18:21:42 ID:sQ0EHOHo

    ―――
    ――


    ミカサ「何かないだろうか」キョロキョロ

    ミカサ「ん?」

    ミカサ「机に本が置きっぱなし」パラッ

    ミカサ「ハロウィン? 日付は今日」

    ミカサ「……仮装をしてお菓子を貰う。くれなければイタズラをしていい」

    ミカサ「イタズラ……」

    ミカサ「これはイベント……やってもいいはず……やろう」

    ミカサ「まずは仮装」

    ミカサ「……」

    ミカサ「クリスタは可愛い服を持っているかもしれない。行ってみよう」

    タタタタタッ……



    【ミカサ「エレンにイタズラする」】の続きを読む

    このページのトップヘ