≪京都議定書が課すのは、個人レベルの責任だTOPNASA長官後任決まる?≫

2005年02月17日

フジテレビの、京都議定書関連ニュースで何度も見かけた表現

フジテレビを見ていたら、京都議定書に関するニュースをやっていて、温室効果ガスをどのくらい削減しなければならないのか、解説していた。その内容はというと…。

  • 日本の温室効果ガスの削減目標は、1990年水準から8%削減です(棒グラフ表示)。
  • 2003年の排出水準は、1990年に比べて6%増でした(棒グラフ表示)。
  • (ここでマイナス8%のグラフィックが移動し、プラス6%のグラフィックに合体)
  • 従って、14%削減しなくてはなりません。

そんな乱暴な計算で良いのか?

わかりやすく、1990年の排出水準を100とする。従って目標水準は92だ。一方2003年の排出水準は106となる。なるほど2003年の排出水準から削減する幅は14だ。しかし母数が異なるのだから、削減幅をパーセントで言うのなら、2003年排出水準の13%と表現するのが筋というものだろう。



Posted by dpr_japan at 08:50│Comments(1)TrackBack(0)Science

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dpr_japan/14474373
この記事へのコメント
関西(大阪京都神戸)求人アルバイト情報 bright size life
Posted by 京都祇園水商売求人アルバイト情報 bsl at 2009年12月28日 20:11