002_e18bf9dda6d170f9940c2c6eba81fe8a
これは、僕と彼(DKⅣ)との2カ月に及ぶ闘いの記録。




彗星の如く現れ、あまりの強さに実装当初は「ムリゲー」、「レーザー避けるの不可能」、「毒マジぱねぇわ」と言われ、一瞬で間違いなくアストルティア最強の座に君臨した。


ドラクエに復帰したての僕は初日こそトライする事は出来なかったが、実装2回目に初挑戦し、結果惨敗の終わる。しかし、最強故に得られる「称号」のカッコよさに惹かれ、Ⅳの日は毎回通うことになる。




実装当初よく一緒に打ち消しに挑戦したフレ
2015-12-23-16-59-45ダスカ氏



ドラクエブログ界の中でもキレイと定評のあるブログを書くし、「おとな」なイメージがある。
この、人としての感情が著しく乏しいバトルロボコップウーマンが
BlogPaint
BlogPaint
ぶちぎれるレベルなので、間違いなくダークキングⅣは最強。



そんなダスカ氏が本気になっても
BlogPaint
僕たちは打ち消しを果たす事が出来なかった。



この悔しい思いを晴らすべく、その後も最強実装日になる度に誘う。
っていうか普通に行くフレがいなかったぼっちおじ。





【だすん中期(DK実装後2週間程度)】
image
『だすんダクキンいこ!』
2015-12-23-16-59-45
『○○時からチムメンと予定があるからそれまでならー』







【だすん後期(DK実装後4週間程度)】

image
『だすんダクキンいk・・』
2015-12-23-16-59-45
『ムリ』



自身のチームを持ち、チームリーダーとしての人望も超厚いロボコップ氏。次第に打ち消しをチムメンと行くようになる。そんな彼女のチームに対する愛情、チムメンを大事にする様、チームワークを第一にするリーダーシップ、チームリーダーとしてあるべき姿、言わば「チムリの鏡」のような姿を目の当たりにし、僕は素直に心の底からこう思った。










image
ダスカまじブスくそが。」







更に一人になったぼっちおじ。
いやまてよ僕には兄さんがいるじゃないか。


122559925307ぐーふ氏(デフォルト)

頼れるぐーふ氏。魔4人でボスを倒したり、TAをやったりいつも楽しく遊んできた仲。
ブログや魔法使いの先輩でもあり、僕は彼の事を実兄のように慕ってる。


image
『よし、ぐーちゃんを誘おう!』









【ぐーふ中期(DK実装後2週間程度)】

bandicam 2016-11-29 21-28-31-630








【ぐーふ後期(DK実装4週間程度)】
bandicam 2016-11-29 21-32-27-769

アンタ何してん。




bandicam 2016-11-29 21-32-50-770
bandicam 2016-11-29 21-32-59-166
楽しむな。全裸野郎がイメチェンを楽しむなまず服を着ろ。

という訳で、ぐーちゃんはダクキンに興味がない模様。
一緒に行ってくれそうなフレ壊滅状態のレア。 ぼっちここに極まる。

「これは野良で行くしかない。」

そう決心し、僕は7月後半頃から野良にて最強ダークキングに挑むことになる。




ここからが僕とダクキンとの本当の闘い・・・









image
『てめぇやいば入れる気あんのかぁああ』

image
『壁更新せぇやぁああゴラァアアア』

image
『何回テンペあたんねぇえええんボケェエエエ』



8月。
僕は怒り狂っていた。





野良で何十戦トライするも、一向に勝てず。溜まるフラストレーション。周りは次第に打ち消しを達成していく。
勝てない理由は装備がダメ!ステータスが低い!などと間違った方向へ行き、

bandicam 2016-11-29 21-24-25-328
普段装備にあまりお金をかけないスタイルの僕が、毒耐性の為に一部位に1000万も使った。
ステを上げる為、HP頭や守備錬金体上など、ダクキン用に一式買い揃えた。3000万は軽くとんだ。


BlogPaint
それでもあと一歩が届かない。


固定で数十戦もしている周りはどんどん出荷され、更には「まもの構成」なるものが登場し、TAすら行われるようになっていた。

僕は焦っていた。

その焦りは次第に怒りとなり、その矛先は、装備をまともに揃えてこない野良へ向けられた。
言うまでもなく間違った方向だ。しかし僕は野良にえげつない嫌悪感を抱く。



image
『これじゃダメだ!加入条件が厳しい募集をしているPTに参加しよう。』

所謂、「皮装備×、天宮以外×」などの必須条件がついたPT募集だ。
次第に自ら募るようにもなった。


そんなある日、
楽園鯖1をうろついていると、とても気になるPT募集をしている方に出会う。




BlogPaint

回復しずくのみ??この時期しずくは超高級品。
しかし、この時はとにかく打ち消したい願望が強く、秒でこのPTに参加する。


BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint


image 284247415816
『ブチブチブチブチ(怒怒怒』

 



僕たちの出会いは最悪だった。





しかし、勝利には代えられない。
怒りを抑え、いざダークキング戦に向かう。



BlogPaint
それでもやっぱりあと1歩が届かない。
しずくに頼り過ぎて、ぎこちない動きになってしまう。火力が出ない。


飯1を終え、数百万G分のしずく清算の時。

BlogPaint
ビックマウスなだけあって、PSも高かった。
このPTならいつか勝てる。誰もがそう思った。
BlogPaint
しかし、しずく代が・・
BlogPaint
!!
BlogPaint
PT結成時の強気発言は、我々の「勝ちたい」という覚悟を試しただけ。
しずくは最初から負担するつもりだったと語る彼。


BlogPaint
しずく代どうこうではなく、彼の「心意気」が嬉しかった。
僕たちは胸を打たれ、何としてもこのPTで勝とう!と一致団結。


我々がフレンドになるのに多くの時間は必要なかった。



翌朝までトライしたが、慣れない戦法や火力もう1枠の戦士(バト)の入れ替わりが激しく、なかなか連携がとれない。結局打ち消しはならず。


しかし、僕は野良で素敵な出会いをし、素晴らしいフレンドが出来た。
僕の中で野良のイメージがガラッと変わるきっかけを最強ダークキング挑戦により、得る事が出来た。




出会いが最悪だった僕たちが、最強実装に合わせ日程を調整、最強ダークキングへ挑む。いつの間にか戦友となっていった。時にはお揃いのバニースーツでバカをし、時にはくだらない話で笑いあった。僕は最強ダークキングを討伐したら、天宮一式をその場で捨てて戦士はもう二度としねーぜ!なんて言ってたっけなあ。


しかし、お互い社会人。
次第に仕事やリアルが多忙になり、INが重なる事がなくなっていった。僕も毎回INする事が難しくなり、僕たちは一緒に最強ダークキングを打ち消すという夢を叶えられなかったのだ。



そして再び野良に戻ったレア。
もう、数週間前の様な野良に対する嫌悪感、装備に対する過剰な反応をする事がなくなっていた。

「志」は皆同じ。仲間に不信感を抱いていては、勝てる戦闘も勝てはしない。






僕は間違っていた。








BlogPaint
BlogPaint
9月3日、ついに最強ダークキングを打ち消す。
この時の相方戦士は、騎神一式に毒錬金の皮のズボンを履いていた。
装備など関係ない。出会ったばかりの仲間を信頼出来るか否か。今の僕はそう思っている。

「称号」を取る事は遅くなってしまったが、そんなものただの飾りにすぎない。
僕は最強ダークキングに挑戦する事により、多くのものを手にし、自分の過ちを見つめ直す事ができた。



yamikinn

野良に咲く友情の花
それは確かにアストルティアに存在したのだ。



打ち消しを終えた僕は、
次第にドラクエから距離を置くようなった。
こんな簡単な事にすら気付けなかった自分が果たしてオンラインゲームをする資格があるのか。


自分を見つめ直す時間が僕には必要だった。




もし、フレがいなくて、強敵への挑戦を諦めている人がいたら勇気を出して一歩踏み出してみてほしい。そこにはまだ見ぬ仲間があなたを待っているかもしれないから。



きっともう自らは行く事が無いであろう。大切な事に気付かせてくれた最強ダークキング。これを実装してくれた開発スタッフ、一緒に打ち消しに挑戦してくれた仲間、僕のダークキング討伐に関わった全ての方に

「ありがとう」

の感謝の気持ちを胸に刻み、
今日も僕は夜の街へと繰り出し、おっぱぶ嬢の乳を揉みしだく。


image
『ああ、やっぱりおっぱいが一番さいっきょ』



おわり