ブログのトップへ

2008年06月06日

「美術的価値ある原稿を失った」 “金色のガッシュ!”作者、小学館に330万円損賠求め提訴…原稿紛失で

1 名前:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ 投稿日:2008/06/06(金) 16:31:26 ID:???0
漫画原稿紛失、著者が小学館を提訴
「少年サンデー」に連載していた漫画の原稿を紛失したとして、著者が発行元の小学館を相手取り、330万円の損害賠償を
求めて提訴しました。

「何よりマンガに対する情念がこもっている、とても大切な
原稿です」(「金色のガッシュ!!」著者 雷句 誠 さん)

訴えをおこしたのは、「少年サンデー」に去年12月まで連載されていた漫画
「金色のガッシュ!!」の著者・雷句誠さん(33)です。

雷句さんは「金色のガッシュ!!」の連載終了に伴い、小学館側から原稿の返却を
受けましたが、カラー原稿数枚がなくなっていたことが分かりました。このため
「美術的価値のある原稿を失った」として、小学館に対し、330万円の損害賠償を
求めています。

小学館は、「訴状が届き次第、きちんと対応させていただきます」としています。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3870019.html

※関連スレ
【話題】 「もう小学館の仕事は受けません」 漫画"金色のガッシュ!!"作者が決別宣言
…各誌からオファー殺到★2
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1212120285/


11 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 16:33:43 ID:VY1tnmqP0
担当がオクで売りさばいてるんですね。わかります。

16 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 16:35:17 ID:p+uMYjeE0
原稿紛失は編集の小遣い稼ぎ

18 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:36:08 ID:Xx/+oveDO
どうやったら原稿無くせるんだよ

20 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:36:26 ID:MpX6XeKy0
サンデー編集部って本当に糞だな

19 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:36:24 ID:ta0H/+pD0
これは訴えられるのも仕方ないけど、美術的価値だけは同意できないかもw

21 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 16:36:29 ID:xfEJOoEG0
連載中にもらってたページ当たりの原稿料×2
ぐらいでいいだろjk

300万はねーよw


252 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:04:40 ID:bLWJn85A0
>>21

慰謝料もはいってるんじゃないかな?
人気でたし、カラーならそのくらいで売れそうだし


277 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:08:29 ID:lcdg96xb0
>>21

再販できなくなるのに稿料×2じゃ幾らなんでも安過ぎ

23 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 16:36:33 ID:yk5Z/xfN0
美術的価値があるかどうかは分からないけど、これも立派な著作物だからな
330万じゃ安すぎだろ


24 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:36:37 ID:BStr0LX70
この作者だけじゃないからなぁ。
最近のサンデー編集に異様なまでに不満を持ってるのって。

なんかあったんかいな。ちょい前まで部数はともかく良い雑誌だったんだが。


29 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:37:34 ID:E4/hEKUu0
雷句って、ちょっと痛い人だったりするのか

50 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 16:40:20 ID:cNvx+setO
>>29

小学館では問題多発のようだ
◆相次いで苦悩を告白する「少年サンデー」の漫画家たち いったい何が起きているのか
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/news/1212646129/

37 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:38:47 ID:kuIe8hqn0
どっかに売っちゃったのかな?
管理が悪くて無くなったのか?


40 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:39:11 ID:qkmYhED+O
思い入れあるだろうし、
提訴はいいんだが
……


……美術的価値……あの絵で?

57 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:40:58 ID:KRq5E1m4O
>>40

294 (´, _ `)ゝ ◆DOAXxc3WC2 2008/06/06(金) 16:31:23.47 ID:dUeWwh350
ちなみに雷句はカラーイラストをチャリティオークションにだした事があって。

1
 164,000円

2
 354,000円


42 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:39:24 ID:D0Nv5dNPO
カラー原稿数枚なら330万は安いな〜

43 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 16:39:25 ID:sBpzCr570
原稿料はあくまでも原稿の掲載権利の対価だからな
極端な話、貸してたものを無くされたのと同じこと
貸してたものの価値含め、許すか許さんかは人それぞれだろ


46 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 16:39:41 ID:3f+NXXq80
原稿なくされて怒っている漫画家はかなり多いぞ

48 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 16:39:58 ID:zUT1HTXa0
自分で「美術的価値」とか言っちゃいかんだろ

49 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 16:40:04 ID:R+LBKxsA0
美術的じゃなくて金銭的っていえばいいのに

53 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:40:30 ID:MpX6XeKy0
まあ美術的価値については失笑するが、
紛失そのものについてはもっと怒っていいぞ作者。
貴重な原稿をなくす編集部がおかしい。


56 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 16:40:55 ID:Lwe4G02m0
美術的価値はともかく、本人が大切にしてる原稿を紛失するなんて最低だな

60 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:41:13 ID:lVmU04wR0
あー、これはひどいなー
小学館みたいな大手でこれだもんなー


61 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 16:41:16 ID:QwulluVF0
後々、よそで出されないための編集の嫌がらせだろ。

67 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:41:44 ID:XzpldDV70
ま、ふつ〜〜に
カラー原稿だけ都合よく無くなりはしないけどね


69 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:41:49 ID:AjlCR+20O
美術的価値ってのは建て前だろJK

この訴訟の根底には今までのいろんな鬱憤がたまってんだろうな
しかしよりによってカラー原稿って…作者乙


74 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:42:48 ID:t76JQtX+0
美術的価値はともかく、
人気マンガのカラー原稿だから1枚でも数十万円の市場価値がある。
それともし小学館から版権を引き上げて別の出版社から出版するとき、
オリジナル原稿が無いと出版物から起こさなくてはならなくなる。


75 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:42:57 ID:oFf72JNz0
カラー原稿ならデータ残ってるからデータで返して貰えばいいじゃん

162 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:54:45 ID:Ejmfa+osO
>>75

漫画家にとって作品は自分の子供
君は我が子が行方不明になっても、アルバムに写真が残ってるから良いやと思えるか?


83 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:44:38 ID:nm3p+IOYO
最近、サンデー編集部の悪い噂が出てたがこれが決定打だな。

86 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:44:46 ID:6m7/ZUyw0
原稿は1枚が1万円札より遥かに価値があるだろ。
どうして紛失するのか?


90 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:45:25 ID:zvsOCfFq0
美術的な価値で争うと負ける可能性が高い気がする。

94 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:45:40 ID:CZFK2dXX0
美術的価値なんて所詮個人の見解によるとこが多きいだろうし
漫画家なら十分それを主張してもいいと思う
美術館行けばこれが飾ってるの?ってはけっこうあるだろ


106 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 16:47:11 ID:TSqCOpyY0
荒木のカラー原稿だったら、1枚に100万円出しても惜しくない

109 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:47:16 ID:Ml4zYrAM0
アニメ顔の少年がオナニーする人形が数十億で落札される時代だからな〜

116 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:48:08 ID:ZtMduKAGO
講談社もセラムン作者の原稿無くして色々と連載が停止中だし、
幻冬社もローゼンの原稿紛失したりして連載終了したもんな。
量が膨大なのと、全体的に管理が甘いのが原因だろうね。


121 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 16:48:56 ID:jXm9rA8TO
こういう訴えが漫画家を守る小さな一歩になるかもしれないし
心の中で「GJ」と思ってる作家はいるんじゃね

124 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:49:32 ID:XPNAvmj/0
モテモテ王国の国王巡幸の原稿も紛失したみたいだしな
小学館はどういう管理してんだ


126 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:49:43 ID:/Z1eJ/cf0
木城ゆきとも同じ事やられたって書いてたな
訴訟を起こす準備をしてたら、突然郵便で原稿が送られてきたそうだ。


127 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:49:45 ID:C2wQSjMW0
カラーって書くのめちゃくちゃ大変なんだぜ
それを数枚もなくされたら怒るのもわかるよ


128 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:49:53 ID:5QulHzhSO
これって原稿紛失そのものより、編集部の漫画家に対する態度が問題だったんじゃない?
漫画家が提訴なんてよほどの事だろ。


132 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:50:52 ID:kczmOp8Y0
なるほどねぇ
あの発言の裏には、こんな隠し玉が
てか、管理できてない以前に、カラー原稿だけが無くなってるって、おかしくね?
売ったのか、ヤクザ編集者が??


134 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 16:51:05 ID:deEQtcpx0
最終巻ちゃんと発売されるんだろうな・・・・。

なんか不安になって来たぞ。


136 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:51:15 ID:9YhdtcK6O
村上春樹の原稿が古本屋で売られていた事件あったからな
多分社員がマニアに売ってしまったのだろうな


140 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:51:38 ID:WF1YqZuT0
もう原稿はコピー以外渡せないな。
生原稿とデジタルデータは自分で保管しないと。


141 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 16:51:41 ID:B2BJH/Zk0
そんなに原稿が大切なら
印刷終わったらすぐ返せって取り決めにしといたらいいじゃん
出版社と漫画家の契約って一体どうなってんのよ


175 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:56:00 ID:zvsOCfFq0
>>141

まだ名前も売れていないポっと出の時期に
そんな有利な契約は結べない。


142 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:51:48 ID:t76JQtX+0
おそらくこれは氷山の一角だよ。
これ以外にもいろいろあるんだろうな。


145 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 16:52:00 ID:77HE1Kmm0
小学館の学年誌は、原稿紛失にかけては半世紀の歴史がある。

おかげで、貴重な漫画がどれだけ再刊できず闇に消えたことか。


146 名前:黒髪 ◆zPj5UUC2Qk [] 投稿日:2008/06/06(金) 16:52:04 ID:saU/igOY0
2ちゃんの漫画大好きニートに編集やらせたほうがよっぽどマシだな

仕事できなさそうだけど


156 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:53:23 ID:6DLLMaht0
美術的価値って言わずに商業的価値の方が金取れるんじゃないの?
普通はプロの漫画家の原稿を雑に扱うだけで怒られるよ。
小学館って最低だな。だから少年サンデー売り上げ下がるんだよ。


177 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 16:56:06 ID:AeABcdhw0
美術的価値はともかく希少価値は間違いなくあるからなぁ
昨今サンデー編集部の評判は異常に悪いし・・・


182 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 16:56:50 ID:wMr14fAdO
原稿紛失って担当の首が飛ぶレベルのミスだよなー

186 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:57:09 ID:WJygbr0d0
美術的価値のある原稿 って言い方は、訴訟用の言葉だろ
そこに引っかかってる奴らは頭悪いの?


194 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:58:05 ID:eyCumsrT0
日本のアートは市場価値が低すぎるから投機対象として美味しすぎるというし、
雷句のカラー原稿も海外へ持っていけばそれなりの額で売れるのかも知れん。


208 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 16:59:22 ID:Cfc9K0LoO
人気作家の生原稿は数十万になるからなー。

原稿がないなら時間がたってからの再版もできないし。


212 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 16:59:53 ID:ta0H/+pD0
訴えられる前に示談に出来なかったサンデー編集部が無能
330万でもこうやって世にニュースがでるより増しだろうにw


228 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:01:38 ID:t6VjrYJHO
普通の原稿じゃなくてカラーが何枚かっていう所が不自然だな

230 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:02:00 ID:c7Bu6smc0
原稿がオークションとかに流れてたら面白い展開なんだけど

231 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:02:05 ID:gYP2KYvw0
まぁオクに流すようなバレバレな事はいくらなんでもしないだろう。
ファンにこっそり売り飛ばすか、若い女の子にあげる代わりに食っちゃうとかだな。


233 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:02:20 ID:X/0XGzwOO
○んだらけで発見に1ペソ

237 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:02:55 ID:RERGgtiV0
これ、本当は今回だけの話じゃ無いんじゃマイカ
何度かあって、堪忍袋の尾が切れたみたいな


239 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:03:06 ID:8BmUfwWb0
これがサンデー問題の全てってことはないだろうな。
編集との関係が良好なら数枚の原稿で訴えたりしないだろう。
いろいろ積み重なった中で法的対応が取れる件がこれだったってことかな。


287 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:09:24 ID:5QulHzhSO
>>239

「漫画家の替えなんか幾らでもいるんだ」

みたいな言い方をしたとしてもおかしくないね。
インテリぶってる作家ではなく漫画家が法に訴えるのは余程の事。


248 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:04:05 ID:zYHzkW5A0
しかしなんだ。
昔からサンデー編集部って漫画家とよく揉めるよな。


262 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:06:03 ID:vt7pckF/0
美術的価値は兎も角、腕を壊すほど気合と情熱かけて描いたものが
「ナクシチャッタ、テヘ」ではキレて当然だろ


265 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:06:16 ID:iHykMJoI0
出版社はこれで億単位を稼ぐわけだから、商品の扱いとしてはひどいよ。

282 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:08:51 ID:5Y0PpThQ0
やはり編集として作家との信頼関係を無くすような事はするべきではない

290 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:09:36 ID:R94YXVYL0
編集として最大のタブーじゃないか? 原稿紛失って・・・
やった奴は処分くらうだろ、「普通の」出版社なら


311 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:12:21 ID:t76JQtX+0
>>290

ほんの10年くらい前まで日常茶飯事だったんだよ。
ようやくここ何年かで厳重な原稿管理が必要だという話になった。


302 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:10:49 ID:UemGbaEJ0
小学館敵には提訴そのものよりも騒がれる方が痛いんだろうな。
絶縁宣言で注目を集めてからの提訴か…
雷句さん、なかなか策士な上にかなり恨みこもってるね。


309 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:12:17 ID:MpX6XeKy0
高橋留美子の原稿は大丈夫なのかねー?
犬はどうでもいいがうる星とか。


320 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:13:33 ID:lvDJO8Mw0
雷句が描いたガイナックス関連作品

12

330 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:14:36 ID:lVmU04wR0
>>320

おお、いい絵だな・・・

342 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:16:24 ID:QwulluVF0
>>320

ガンバスター、どんだけデカイんだよw

359 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:17:50 ID:etzQIT9z0
>>320

うまいな

やっぱ売れる漫画家は絵柄とか作風とか考えてんだな


450 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:26:28 ID:C76bG4940
>>320

古くっさい平凡な絵柄だな
個性だそうと崩しまくったのが、ガッシュってわけか


324 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:13:47 ID:ubKbZGWB0
編集者が原稿なくすと、原稿料3倍返しって西原理恵子画伯が言ってた。

337 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:15:30 ID:DpyIY8RY0
小学館に限らず、この裁判が判例になるのが怖い出版社はいくらでもあるんじゃ?
訴えて賠償金がもらえるなら、って後に続く漫画家が続出したりしてw


353 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:17:18 ID:TkFVQDGw0
どう見ても金うんぬんの話じゃねーな。
よっぽど小学館がむかついたんだろう


354 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:17:30 ID:JfzjErr40
雷句にとっちゃ300万なんてはした金だろうし本気で切れたんだろうな

356 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:17:35 ID:UWLFw/zJP
小学館はこういうの多いな
そりゃ小学館で仕事はしたくないわな


362 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:18:00 ID:R2alTPR3O
美術的価値は実際にあると思う

1枚の原稿にどれだけ時間と労力を費やしているのかを考えると
330万は妥当かも


374 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:19:10 ID:Tr2Tu/fS0
「手を加えていない段階のオリジナルの物」「再販するために必要な物」
の取り返しのつかないものを紛失したってことだろ?そりゃ訴えられて当然だわ


378 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:19:29 ID:s4BzFatjO
情熱家だから怒るのも無理はないな

385 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:20:31 ID:???O
小学館に勝つ要素がまるでないですね。
あくまでも原稿は小学館が著作者から貸与した形ですから。

あとは原稿の価値がどう割り出されるか。


399 名前:黒髪 ◆zPj5UUC2Qk [] 投稿日:2008/06/06(金) 17:21:57 ID:saU/igOY0
編集は代わりきくけど「才能」に代わりはきかないんですよ

400 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:22:00 ID:t76JQtX+0
これは小学館と絶縁する覚悟があるからこそ訴えられるわけで、
原稿紛失(窃盗)なんて山ほどあるわけだよ。
みんな泣き寝入りしてるってこと。


404 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:22:14 ID:nDCLWOe10
島本和彦も似たような被害にあった事を
吼えろペンの巻末で語ってたな


414 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:22:58 ID:CUzdNmX10
サンデー読んでても、編集部の腐り具合が読者に伝わってくるくらい
ヤバイ感じだったけどね。

やたら漫画に出たがる編集とか。


423 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:23:35 ID:feT9C/RD0
>>414

某パン漫画か

426 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:23:44 ID:bOPRm/ju0
330万なんて裁判所が認めないだろ。
ぜいぜい、100万円がいいところ。
それより、コイツが小学館とケンカをしたことの損失の方が大きいだろな。
それは、業界から干されてからわかることだけどな。
馬鹿な奴。この漫画家。


459 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:26:50 ID:5TwCTZCZO
>>426

小学館に1000%落ち度があるのだから
作者の評判が落ちることなどありえません


464 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:27:08 ID:N+HhGsXY0
>>426

他の出版社から、オファーがんがん来てます。

まぁ、ライクくらい売れた作家で、他からお呼びがかかってるような人間だから
裁判できたんだろうけどナ。


それこそ、パッとしない作家なんか、干されると思って泣き寝入りしてそうだし。

501 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:30:39 ID:emtd+/vY0
>>426

今一番酷いのがサンデーなんだから別にいいだろ
むしろ他のサンデーの漫画家は感謝してると思う


427 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:24:12 ID:7MWilIX30
こういうのは多めに請求するものだから
330万に過剰反応しても。

小学館と徹底抗戦する姿勢をみせたいだけだろ


438 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:25:05 ID:rF23TBwD0
訴訟って事は話がこじれたって事だろうな、これは
どうせ
「無くなるのは仕方ない事だから諦めろ」
とか適当な対応したんだろ、小学館


445 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:25:47 ID:JE6cykt90
無くしたことは事実みたいだな。その時点でダメだろ。

452 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:26:31 ID:gEFHGMfd0
世話になってるくせに、なんていう仇討ちだ。
漫画家なんて、お前だけじゃないんだぜ。


512 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:32:32 ID:7MWilIX30
>>452

世話になっているかどうかと、紛失してもいいかは別問題

458 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:26:49 ID:WI5bb5PZ0
330万って少ないほうじゃないかもっと多めに請求してもいいはず
こういうのがんがん訴えてちゃんと管理する意識持たせるべき


455 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:26:43 ID:7MWilIX30
雑誌会社の暗部を描く、社会派漫画かけばいいのに。

463 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:27:07 ID:cpmu46+kO
コナンに探してもらえ

469 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:27:25 ID:+Htgc4+sO
ガッシュとかどうでもいいけど小学館嫌いだからどんどんやってくれ

472 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:27:33 ID:+U2Ci+V/0
苦心して描いた大切な原稿です、とか言えばよかったのに
この人の漫画は好きだからあんまキナ臭くなって欲しくないな


490 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:29:25 ID:FPyT4Hf80
原稿以外にもいろいろ関係悪かったんだろうな
いい関係保ってたなら、いくら大切だろうと美術的価値があろうと
訴訟まで起こさんて。


499 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:30:33 ID:5ZzVfowQ0
漫画家にとって原稿は命よりも大事って表現は昔からよくあるよな。

503 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:30:48 ID:1xv1GPoB0
こいつここまで騒ぐと出版界から干されるんじゃないか?
なんか落とし所間違ってるような気がする


524 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:33:41 ID:5TwCTZCZO
>>503

落としどころを間違えたのはむしろ小学館の方
だから訴訟にまで発展しているという見方が一般的だと思う


530 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:34:06 ID:1hlXoz2d0
いくら原稿を紛失したからといっても普通は裁判にまではしない。
長年小学館にお世話になったわけだし。
つまり小学館側の対応に問題があったのではないか?
「無い物は無い!訴えるならやってみろ!」的な対応だったのだろう


541 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:35:24 ID:rgI5FLyj0
美術的価値はともかく思い入れのある原稿紛失はかわいそうだなぁ
火事で写真紛失した人みたいなもんか


557 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:36:22 ID:C1n7WkHQ0
俺でもタイトル知ってるくらいだから相当有名なんだろう
逆に言うとそのくらいじゃないと泣き寝入りしか手がないって事だな


603 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:39:41 ID:C+ccdBki0
雷句GJ!!
新連載は週間少年ジャンプ頼む。看板になれるぞ


613 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:40:26 ID:ou7tYmlg0
横流し、って皆言ってるが、普通に無くしただけだと。
ゴミと一緒にシュレッダーにでもかけたんじゃね?


620 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:40:44 ID:iJWS0IHPO
カラー原稿だけとか狙いうちにもほどがあるw

623 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:40:56 ID:xeemIGoW0
ガッシュは大好きだけど悪いが原稿の希少的価値はあっても美術的価値は無いよ

645 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:42:48 ID:uPnz3MmZ0
>>623

紙とインクと手間賃以外の価値が発生してるだろ。
それを裁判用に「美術的価値」って表現してるだけだろうに。


631 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:41:44 ID:ylKhgCK10
http://www.websunday.net/gash/

こんな絵が芸術的価値あるの?
子供の落書きに毛が生えた程度だが。


671 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:45:33 ID:N+HhGsXY0
>>631

だったら明確に芸術的価値の境界を提示してくれ。

694 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:47:31 ID:6BKjJ0Lr0
>>631

芸術品てのは、ごく一部の人間でも価値を見出したら、それで成立するもんだ

ガッシュの絵がオークションで数十万の値段ついてるし、当然芸術的と言える
漫画舐めすぎだな


650 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:43:04 ID:PU2PEiTG0
原稿関係でトラブル起こすとたいてい打ち切りになるか
作者が逃げる
今回は裁判になった
とても珍しい事例
よほど怒っていたんでしょう


674 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:45:46 ID:EqiUqjSU0
美術的価値って言ってるのは訴状を作った弁護士でしょ。
価値のない物に損害賠償請求できないんだから。


687 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:46:47 ID:LAcrHWTw0
美術的価値ってのは紙の値段とインクの値段じゃねーよって法律用語
描いてある内容の価値をそう表現するしかないから使ってる


708 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:48:59 ID:YxS81zDi0
久米田も逃げ出した、椎名も事あるごとに文句付けてた、それでこんどはこれだ。
プロ漫画家になろうなんてやつが癖がないわけがないが、それにしても小学館
がいかに異常かうかがいしれる。


741 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:52:13 ID:xjLi1VW10
小学館でもう書かないってこの程度の理由だったの?
こいつの作風ってどうかんがえてもサンデー向きなのに。
訴えて絶縁ってどう考えてもアホとしか思えない。


778 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:55:38 ID:lDMhSsEZ0
>>741

え?これが「その程度」の事?

748 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:52:43 ID:Z2c9hi5L0
完全デジタルになったらこういう話は無くなるんだろうな。

783 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:56:01 ID:t5bfctKd0
完全版がでなくなるわけか?

789 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:56:40 ID:iEQxeTdi0
借りたものは返す
大きな会社のくせにそんな事すら出来ないのか


805 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:57:50 ID:UmG5qsEWO
漫画家からしてみれば、預けた命を紛失されたわけだから
そりゃ怒る罠。


810 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:58:12 ID:1xv1GPoB0
実際小学館位の老舗なら出版界の影響力絶大だろ
ここまで話が大きくなると他所の出版社もわざわざ火種囲むほどのリスクは避けそうだが
古い組織ほどこういう事には過敏になりそうな気がするよ
雷句の新作が世に出ることはあるのか心配


836 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 18:00:48 ID:N+HhGsXY0
>>810

おもしろければ、オールOK。

とりあえず、次の連載先くらいは問題ないだろう。
ただ、そこで面白いものを描けなければ普通に消えていく。


771 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 17:54:49 ID:UmG5qsEWO
ちびっこのファンには見せられない確執だなこれは

844 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 18:02:03 ID:CUzdNmX10
正直、どんな確執が存在したのかぶっちゃけて欲しいけどね。

それやると、逆に名誉毀損とかで訴えられたりするのかね。


855 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 18:03:31 ID:Q/VC1x290
雷句くらいの売れっ子漫画家にとっては330万ははした金だからな
出版社との仲を悪くしてまで(小学館以外の出版社にとってもイメージ悪い)
要求しなきゃならんような金ではない

金よりも長年たまった怒りが 原稿紛失をきっかけに噴出したんだろう


872 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 18:05:21 ID:SrgxC4040
原稿って、著作権の大元なんだよ
これがあって始めて著作権が成立するぐらいの代物
ライセンス商売しているのになんだこりゃw

なんで杜撰に管理するんだ、馬鹿じゃないのか?
バカじゃなければ、アレなんだろうなw


888 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 18:07:47 ID:BStr0LX70
やっぱり小学館は出版業界の王者だけあって、編集が偉そうなんかねぇ?
業界トップだからエリートぞろいだろうし。


904 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 18:09:01 ID:8seAtDXs0
編集が糞だな
美術的価値はともかく金銭的価値はあるんだから徹底的に戦え


906 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/06(金) 18:09:12 ID:RrYLhLsRO
まぁお金より
ちゃんと原稿を保存する意識を持ってくれよっていう
問題提起だろ


489 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:29:23 ID:qouWPSYwO
これを機に管理がキチンとされるように
なるのであれば
この裁判は大きな意味があるね




金色のガッシュ!! (1)金色のガッシュ!! (1)
雷句 誠

小学館 2001-05
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Powered by livedoor
dqnplus at 19:31│Comments(1408)アニメ・漫画




この記事へのコメント

1. Posted by 1   2008年06月06日 19:32
2. Posted by aa   2008年06月06日 19:32
なんとまぁ
3. Posted by 1   2008年06月06日 19:32
1だ
4. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 19:32
このコメントは削除されました
5. Posted by あう   2008年06月06日 19:32
5 まさかの一桁!
6. Posted by    2008年06月06日 19:32
ひとけた
7. Posted by ひとけた   2008年06月06日 19:32
一桁あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
8. Posted by     2008年06月06日 19:32
おりゃああ
9. Posted by    2008年06月06日 19:32
初の一桁?
10. Posted by        2008年06月06日 19:32
ひとけた?
11. Posted by ええ   2008年06月06日 19:33
あああああ
12. Posted by おういえ   2008年06月06日 19:33
ひとけた!
13. Posted by     2008年06月06日 19:33
すげええええええええええええ
14. Posted by ひとけた   2008年06月06日 19:33
15. Posted by    2008年06月06日 19:33
 
 
 
 
 
      なくすほうが悪い
 
 
 
 
 
16. Posted by あ   2008年06月06日 19:33
遅いぞ糞度も
17. Posted by    2008年06月06日 19:33
また失くしたのか
18. Posted by f   2008年06月06日 19:33
17や
19. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 19:33
このコメントは削除されました
20. Posted by    2008年06月06日 19:34
一桁逃した
21. Posted by    2008年06月06日 19:34
一桁?

正直どうでもいいw
22. Posted by        2008年06月06日 19:34
久々の二桁!!!
23. Posted by う   2008年06月06日 19:34
きたw
24. Posted by わ   2008年06月06日 19:34
なぜなくす
25. Posted by     2008年06月06日 19:34
売ったな…
26. Posted by    2008年06月06日 19:35
激しくどうでもいいwww
27. Posted by     2008年06月06日 19:35
2桁
28. Posted by     2008年06月06日 19:35
二桁?
29. Posted by 幻獣ガチャペン拳   2008年06月06日 19:36
あっそ
30. Posted by     2008年06月06日 19:36
こんな話題の二桁いらねぇよ!

…ヽ(´∀`)ノふたけたぁ〜♪
31. Posted by 。   2008年06月06日 19:36
二桁!
32. Posted by TRO   2008年06月06日 19:37
ふたけたげと
33. Posted by     2008年06月06日 19:37
ふたけたげっと

34. Posted by    2008年06月06日 19:37
美術的価値はともかくとして
原稿はどこにいったんだろうな

しかし漫画ってどういう仕組みなんだろう
雑誌社→製作元に掲載依頼→原稿の貸し出し
原稿をコピー・印刷して雑誌に掲載
みたいな流れなのか

雑誌社が製作元に作成依頼→作成された物を〜
なら紛失しても
雑誌社のものだからみたいな理屈が通るんだが
35. Posted by    2008年06月06日 19:37
二桁だ〜〜 (ノ´∀`)ノ
36. Posted by あ   2008年06月06日 19:38
ゲッターうぜえ

漫画家大事にしない出版社はこれだから
37. Posted by mizu   2008年06月06日 19:38
二行!
38. Posted by 小松   2008年06月06日 19:38
そりゃガッシュベルは 可愛いから そのくらいは.....
39. Posted by mu   2008年06月06日 19:39
ふたけたか
40. Posted by あ   2008年06月06日 19:39
ふたけた
41. Posted by w   2008年06月06日 19:39
ふたけた
42. Posted by さと   2008年06月06日 19:39
じゃ、俺も二桁
43. Posted by     2008年06月06日 19:39
からくりとD-LIVE!の連載終了と久米田康治がマガジンに移った事もあって、何かありそうだなと思ってたけど・・・なるほど。
44. Posted by     2008年06月06日 19:40
久々のふたけたひゃっほい
小学館は同人叩きしてたら身内に叩かれるとはwww
45. Posted by     2008年06月06日 19:40
44
46. Posted by     2008年06月06日 19:40
二桁あああああああああ!!!!
47. Posted by qq   2008年06月06日 19:40
1けた?
48. Posted by     2008年06月06日 19:40
美術を鼻で笑う奴は
決まって美術の知識も力も無い
49. Posted by     2008年06月06日 19:40
チャリティに出した二枚目の清麿、えらい男前ww

カラー原稿なんて無くされたらキレて当然だろ。
50. Posted by     2008年06月06日 19:40
ふたけた〜
51. Posted by     2008年06月06日 19:40
こんな落書き誰がいるって言うんだよ・・・
52. Posted by     2008年06月06日 19:41
紛失とか有り得んw売ったんだろw
53. Posted by     2008年06月06日 19:41
ちゅっちゅしたい
54. Posted by     2008年06月06日 19:41
二桁!!!!
55. Posted by 7KING   2008年06月06日 19:41
真実はいつもひとつ!って裁判の時に言わないかな
56. Posted by     2008年06月06日 19:41
(*´д`*)ハァハァ
57. Posted by    2008年06月06日 19:41
なくすのは悪いがこれはちょっと・・・
58. Posted by      2008年06月06日 19:41
2けた!!
59. Posted by    2008年06月06日 19:41
預かった物を無くすような会社がオカシイ
編集がパクッてんじゃねぇの?w
60. Posted by      2008年06月06日 19:41
二桁キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
61. Posted by     2008年06月06日 19:41
雷句の顔初めて見たわ
62. Posted by    2008年06月06日 19:42



「雷句誠ってこんな顔してるんだ
イメージと違うなぁ」
って思ったのは俺だけでいい
63. Posted by     2008年06月06日 19:42
二桁 ふとローゼン思い出したのは俺だけじゃ無いはず
64. Posted by     2008年06月06日 19:42
米51
本スレみろよw10万以上値段がついてる
65. Posted by     2008年06月06日 19:42
同じものは2度と出せないのに馬鹿ばっか
66. Posted by あ   2008年06月06日 19:42
皆川亮二が集英社と講談社でマンガ描き始めたのはサンデー編集部に嫌気がさしたからだったのか
67. Posted by    2008年06月06日 19:42
額が高いとか言ってるヤツって凄いなw
その原稿が幾らになるか想像付かないのか?
68. Posted by    2008年06月06日 19:42
アマだけど物書きだからライクの気持ちが痛いくらい分かる。
それとは別に2ちゃんじゃフルボッコだろうなと思ってたから、擁護の嵐に驚いた。
69. Posted by あ   2008年06月06日 19:43
2桁!
70. Posted by     2008年06月06日 19:43
本スレ162が凄い説得力ある
71. Posted by     2008年06月06日 19:43
この業界腐ってんだな
72. Posted by     2008年06月06日 19:43
ライクってこんな顔してたのか
正直もう少し若いかと思ってたw
好きだからいいけど
73. Posted by あ   2008年06月06日 19:43
二桁
74. Posted by    2008年06月06日 19:44
ひどいなぁ。
二桁
75. Posted by SON   2008年06月06日 19:44
ガッシュの作者が
キャッシュを要求してます、なーんt
76. Posted by     2008年06月06日 19:44
今時の出版物はデジタルデータにしてるだろうから
再販はおそらく問題ないんだよ
だから美術的価値という一点もので争う必要がある
77. Posted by か   2008年06月06日 19:44
数枚紛失で330万なんて大げさな…
78. Posted by     2008年06月06日 19:44


原 稿 無 く し た ぁ ?


79. Posted by     2008年06月06日 19:44
しかしこの人がチチもげやベリーメロンの作詞したと思うと何か感慨深いものがある
80. Posted by     2008年06月06日 19:44
米62
弁護士かと思った
81. Posted by     2008年06月06日 19:44
他人から借りたものは何であれキチンと返す。
社会人以前に人として当然だろ?
世話になってるからとか言っちゃってるのは人の俺のもの、俺のものは俺のものとかいうジャイアンなの?
それともどうでもいいと自分が判断すれば他人の物を無くしても責任ひとつ取らないの?
82. Posted by     2008年06月06日 19:44
これはひどい
さすがはサンデー
83. Posted by チーム江坂   2008年06月06日 19:45
二桁
84. Posted by 外道戦記   2008年06月06日 19:45
二桁ゲド戦記
85. Posted by     2008年06月06日 19:45
>62
たぶん単行本買って巻末のおまけとか読んだりしてると思うと思うw
86. Posted by     2008年06月06日 19:45
編集が原稿売りさばいたんだろw
87. Posted by     2008年06月06日 19:48
別にデータで保存してあるんだからいいだろ
88. Posted by     2008年06月06日 19:48
いや、これは怒って当たり前だろ
どうやって紛失できるっていうんだよ
ありえねーだろ
89. Posted by    2008年06月06日 19:49
アフタに移籍希望
あー、でも作風で浮いちゃうか
90. Posted by    2008年06月06日 19:49
…( ^ω^)
91. Posted by     2008年06月06日 19:49
週刊藤田への伏線だな、これはw
92. Posted by    2008年06月06日 19:49
ガイナ絵いいなぁ。
両方の絵がifの世界だから特に。
93. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 19:49
このコメントは削除されました
94. Posted by    2008年06月06日 19:49
ブログで言ってたのはこの事か。
ローゼンの作者みたいに雑誌移れ
95. Posted by    2008年06月06日 19:50
いいぞ、もっとやれ
殿様気取りは面目潰せば良いよ
そんな俺は立ち読み派
96. Posted by     2008年06月06日 19:50
あなごさんのベリーメロン、クソ吹いたwww
97. Posted by チーム澤田   2008年06月06日 19:50
二桁
98. Posted by     2008年06月06日 19:51
これは酷い・・・
99. Posted by Lightning   2008年06月06日 19:51
>美術的価値はともかくとして
>原稿はどこにいったんだろうな

作者もおそらく同じこと考えてると思う。
原稿がどこに行ったか明らかにならないままでいることがライクにとっては一番耐えられないんじゃないかなぁ
100. Posted by     2008年06月06日 19:51
*77
330万は安いよ
単行本一冊出れば数千万
状況によっては画集や原画集がポコポコ発売される世の中でのカラー原画数点だ

しかも裁判をするときでも満額330万を取れるわけじゃないんだぞ
大抵過失割合やなんだかんだで5〜60%が良いとこ
オークションなら原稿が1枚30万以上で売れてるんだし裁判費用(45〜100万)とかも考えると安すぎなくらいだよ
101. Posted by     2008年06月06日 19:51
米91
それ普通にいいな
102. Posted by 774   2008年06月06日 19:51
富樫仕事
103. Posted by    2008年06月06日 19:52
これで本当に不手際で紛失したとかじゃなくて、
勝手に原稿売り払って私腹肥やしてたとかになれば、
サンデーどころか小学館自体存続の危機に陥るんじゃね?
104. Posted by        2008年06月06日 19:53
美術的価値に疑問もつのはおかしいのか?
創造って意味で無難な使用だと思うが。
紙に書いた「絵」が売れてるなら
そこにある付加価値は、美術or絵画だろ
105. Posted by    2008年06月06日 19:53
いずれにしてもこれが原因で再販されなくなったりしたら悲しい。
106. Posted by    2008年06月06日 19:53
サンデーはワイルドライフしか読んでないからもういいや
107. Posted by     2008年06月06日 19:53
つーかガイナックスの絵うめぇwww
ぶっちゃけライク舐めてました
108. Posted by  な   2008年06月06日 19:53
バイトで来てる専修大学の奴らが売ったんじゃね?
109. Posted by     2008年06月06日 19:53
胡坐をかいてる殿様は油断しきってるね

出版業界は今かなりの有名どころでも倒産してるってクローズアップ現代で言ってた!
110. Posted by     2008年06月06日 19:53
賠償額みると金うんぬんじゃなくてほんとに怒ったってことだろうな

スレのほうじゃ作者をえらい叩いてるのが多かったのが印象的だったが
111. Posted by    2008年06月06日 19:54
二桁?

ローゼンメイデンもたしか原稿無くされて作者がキレたんだっけな
112. Posted by     2008年06月06日 19:54
2けた
113. Posted by     2008年06月06日 19:54
また描けばいいだろ
114. Posted by midori   2008年06月06日 19:54
つかやっぱり小学館はダメだな。
これはこれからの少年誌での
いい傾向になるんじゃないか
115. Posted by mush   2008年06月06日 19:54
原稿失くされたらそりゃ怒るだろうけど、美術的価値を自ら主張するとは失笑ものだな。
116. Posted by     2008年06月06日 19:54
絶対積もり積もった怒りが今回ので噴出したんだろうな。
そうでもなけりゃ大手漫画家が300万ぐらいで
顔出して記者会見するほどじゃない。
サンデー漫画家はGJと言ってそうだ。

117. Posted by     2008年06月06日 19:55
「美術的価値」……
まぁ「商品的価値」って言われるよりはまだ漫画家らしいからいいや。
それ以上の的確な言葉もあるんだろうけど、問題の大きさに比べれば
微々たるものだし。
118. Posted by     2008年06月06日 19:55
思った以上に小学館擁護の発言があって吃驚したわ

編集は何言われても仕方ないだろコレ
119. Posted by     2008年06月06日 19:55
※51
何に価値を見いだすかは人それぞれ。
この作者が好きでこの漫画が好きな人なら喉から手が出るほど欲しいだろ。
120. Posted by     2008年06月06日 19:55
ずさんな管理体制がようやっと浮き彫りになったわけだ
121. Posted by    2008年06月06日 19:55
仮にも看板作品の原稿を紛失するってどんだけ管理がザルなんだ・・・・・?
預けてた大事なものを勝手になくされたんじゃカラーだろうがモノクロだろうが漫画以外だろうが怒るよこれは・・・・。

その原稿がブラゴやティオ、ビクトリームだったら揺らいでたかも(それでも盗まんが)

それにしても雷句先生の絵はガッシュの画風がデフォかと思ったが意外にうまくて驚いた。
122. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 19:56
このコメントは削除されました
123. Posted by     2008年06月06日 19:56
久米田も追い出されたな、編集長…
その後マガジンでヒットしたけど
124. Posted by     2008年06月06日 19:56
そういや昔、まんだらけに生原稿が横流しされてて訴訟になってたなwww
125. Posted by    2008年06月06日 19:56
正直330万円は安いよな
126. Posted by    2008年06月06日 19:56
ヤングサンデーは廃刊するし、小学館の漫画部門はリストラの嵐で士気が下がってるんじゃね?

で、小遣い稼ぎに横流し。
127. Posted by     2008年06月06日 19:56
弱い立場で泣き寝入りする漫画家が多い中、
干されてもびくともしない地位の者が立ち上がるのは
とても意義のある事だ
128. Posted by    2008年06月06日 19:56
原稿紛失はやっちゃいけない事だろう・・・
こりゃ怒るのもわかるわ
129. Posted by      2008年06月06日 19:56
うむ、玄米ブレードが読みたい
つうか絶対関係者が取ってるな。
130. Posted by     2008年06月06日 19:57
※77
全部の原稿が揃って一つの漫画。
一つの漫画は億の売上。

ヴィーナス像とかちょこっと削って指の爪の部分はがしたとして、
「爪こわしただけだから数十万くらいの損害だ」とは認められないだろ。
131. Posted by    2008年06月06日 19:57
美術価値で失笑とか言ってる連中は論点ずれてるし
本気で何かを造る苦労なんてわからないんだろうな
132. Posted by     2008年06月06日 19:57
ガンバスターうめえwwwwwww
ちょっとガッシュ買って来る
133. Posted by     2008年06月06日 19:57
金額が良心的だな。
とにかく、サンデーの体質を表にだして
改善してほしいとの考えなんだろうな。

サンデーの部数減少はこういうところが原因なんだろ。
こんなんじゃ、質のいい漫画家こないだろ。
134. Posted by .   2008年06月06日 19:57
無くしたページってどこかと思ったら、一巻の最初の見開きカラー・・・
キレて当然だろw
135. Posted by     2008年06月06日 19:58
※113
お前が作ったモノを他人が借りて無くしたとして、
「また作ればいいじゃん」って言われても納得できるのか?
136. Posted by     2008年06月06日 19:58
amazonはマンガの達人でもよかったな
実際に書いてみればその苦労が分かるってもんだ

さて、ヤフオク監視してくるか
137. Posted by     2008年06月06日 19:58
「美術的価値」に脊髄反射してる奴がこれだけいることに驚いた。
裁判のための方便だろ?
138. Posted by      2008年06月06日 19:59
原稿を無くしただけじゃなく
今までの積もり積もったものがあったんじゃないかな
139. Posted by      2008年06月06日 19:59
ワイルドライフの作者が漫画賞のコメントで読者に何も言わず、
編集の冠茂をベタ褒めしてるのを見ちまって気持ち悪くなった。

もはや宗教。

冠茂は石渡治がサンデーに連載してた
宇宙飛行士の漫画とか焼きたてじゃパンとかに冠茂というキャラを出演させるくらい自己顕示欲の強い編集。

サンデー編集者は椎名とかにも文句言われまくってたりして個人的にイメージが最悪だ。
140. Posted by     2008年06月06日 20:00
※135
無くなる前にお前の役に立って良かったって言うよ
141. Posted by      2008年06月06日 20:00
小学館の編集はクズばっか。
漫画の事なんて何もわかってない奴ばっか。
票をとっても好き嫌いで扱い最悪。
142. Posted by    2008年06月06日 20:00
(ネタは古いが)土田世紀の編集王を思い出した
実際あんな感じなんだろうな、サンデー編集部
143. Posted by     2008年06月06日 20:00
やっぱり小学館はダメだな

せっかくだからコナンの原稿もなくして青山にも訴えられるぐらいされればいいのに
144. Posted by     2008年06月06日 20:00
これからの対応次第で世間の漫画の見方が変わる?
145. Posted by     2008年06月06日 20:00
>米134
mjd?
そりゃブチギレるわ
146. Posted by       2008年06月06日 20:01
330万ってwwww
いたるならともかくこいつの絵にそんな価値ねえよ
147. Posted by     2008年06月06日 20:01
小学館はクソだな
148. Posted by    2008年06月06日 20:01
漫画家がこういう訴訟が普通に出来る(+できるだけ問題起こらない)環境に改善されていくと良いんだけれどなぁ・・・
149. Posted by a   2008年06月06日 20:01
しょうもないマンガしか描けんくせに文句だけは一丁前
150. Posted by 77   2008年06月06日 20:01
>100,130
把握した

151. Posted by    2008年06月06日 20:01
今まで相当数の泣き寝入りがあったんだろうな・・・
雷句には是非頑張ってもらいたい。
152. Posted by     2008年06月06日 20:02
*143
コナンの漫画が無事だというのか?
既になくなっててもおかしくない・・・・
映画のセルとかも横流ししてそうだな。
153. Posted by    2008年06月06日 20:02
小学館は調子に乗りすぎたな
雷句に続いて小学館作者はこぞって裁判起こせばいいのに
154. Posted by     2008年06月06日 20:02
紛失したカラー原稿が5枚で、その価値は150万、で、その他含めてで330万で訴えたわけで、一枚あたりは30万って計算だからそんなおかしくないと思うけどね
155. Posted by     2008年06月06日 20:02
※113
お前は今まで創作物というものを作ったことがないんだろうな
156. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 20:02
このコメントは削除されました
157. Posted by    2008年06月06日 20:02
雷句がんばれ
158. Posted by     2008年06月06日 20:02
鳥山の保存の仕方を見習えwww

DBの返却原稿、車のガレージの空いた場所に山積み

編集『先生、原稿が痛むのでもっと保存の仕方など考えたほうが…』

鳥山『あ、そうなの?』


コレ大物の保存の仕方な
159. Posted by     2008年06月06日 20:03
久米田は逃げ出して正解だったな・・・
160. Posted by      2008年06月06日 20:03
ブログ開設当初に弁護士サイトにリンクして、
(何で唯一のリンク先が弁護士?と思った)
       ↓
オークションにカラーイラスト出品して、
(イラストの金銭的価値がおおまかにわかる)
       ↓
今回の訴訟・・・と。

ちゃんと伏線が張ってあったのか?
161. Posted by     2008年06月06日 20:03
まあサンデー廃刊くらい追い込んだ方が良いかもね。
業界への見せしめみたいなもんで。
162. Posted by     2008年06月06日 20:03
この程度でとか言ってる奴は絵描いたことないだろ
カラーとか一作仕上げるのにどんだけ時間かかると思ってんだ
163. Posted by    2008年06月06日 20:03
※34
漫画は、基本的に原稿依頼しているわけではなくて、作者と出版社の間に販売権利の確約が行われて、それに沿って作者が書いてそれを出版社に貸与する形になってる。
編集は出版社として方向性や内容についてのレギュレーションをもたらすことで方向性の修正は行うけど、本来は内容について口出すことはできない。
(実際は出版レギュレーションと雑誌の方向性を盾にとって、自分の好きなように口出しまくるけど)

なので、原稿はあくまでも貸しているだけなので、紛失や紙面以外の流出は契約違反となる。

最近の編集者は自分が書かせてると思ってるので、原稿そのものを自分のものと勘違いしてる馬鹿が多いのが原因だと思う。
冬幻舎のローゼン問題も似たようなものだったしね。
164. Posted by      2008年06月06日 20:04
そりゃ怒るわ。
無理やり慰謝料にしてるんだろうな。
かわいそうに。

ところでらいくさんのガイナ絵いいね。
165. Posted by          2008年06月06日 20:04
もしそのカラー原画
オークションにかけたらいくらになったんだろうなー
普通に330万は軽く超えそうだが。
166. Posted by       2008年06月06日 20:04
>>57みてビックリした
無くしたんじゃなくて売っちゃったからもう無い
ってのは鋭いのかもね・・・
167. Posted by     2008年06月06日 20:04
※156
どうせ裁判官の頭はガッチガチで漫画?プッってなるのは解ってたから、
低めの路線でいったんじゃね?
168. Posted by     2008年06月06日 20:04
火田君もマガジンで師匠と一緒に連載すればいい
169. Posted by      2008年06月06日 20:04
※158
作家皆が鳥山と同じ価値観と思うな
170. Posted by Posted by       2008年06月06日 20:05
絵を描いたら分かるけど、美術的価値っていっても別に遜色ないと思うよ?
それが建前だとしても十分通用するっしょ
171. Posted by     2008年06月06日 20:06
鳥山さんワロタw
172. Posted by     2008年06月06日 20:06
※158
鳥山が原稿を大事にしないから他の漫画家も原稿紛失くらいでグダグダ言うなってこと?
173. Posted by    2008年06月06日 20:06
画力なさすぎ
あ、漫画だから良いのか?
美術的価値とかw
174. Posted by     2008年06月06日 20:06
*163
そういう契約なのか。
賠償額どころか、数週間営業停止とかでもよくないか?
他人のものを会社の管理不足でなくしたことになるんだから。
175. Posted by     2008年06月06日 20:07
※63
ローゼンのあれは実はデマだと聞いたことがあるが…
176. Posted by     2008年06月06日 20:07
藤原カムイも丸々一話分失くされたことがあってそれ以来データ入稿になったと聞いたことがある。
177. Posted by     2008年06月06日 20:07
鳥山先生って近所の子供とかに原稿上げてたって聞いたけどどうなんだろ?
178. Posted by     2008年06月06日 20:07
途中のチャリティーの値段と同じくらいの価値があるのなら、それに基づいて計算して賠償するべきだな
けど、作者の方もそんなに原稿が大事ならすぐに返してもらって自分で保管するべき
179. Posted by    2008年06月06日 20:07
どーせまた勝手に売り飛ばされて小遣い稼ぎされたんだろ。
懲罰的なんちゃらも含めて一億円くらい吹っ掛けたらいいのに。
作家にとって何より大事な原稿を紛失とか出版社の資格ねぇよ。
180. Posted by     2008年06月06日 20:08
※174
それくらい求めてもいいよな。

もし「売っちゃった」とかだったら、
管理不足どうこうのレベルじゃないので倒産してほしいが。
181. Posted by     2008年06月06日 20:08
まぁ1億年後にはカラー以外もなくなってるんだから別によくね?
182. Posted by     2008年06月06日 20:08
なんか既定事実みたいに言われてるけどローゼンのはあくまで噂だろ…
実際どうだったかまでは知らんが
183. Posted by     2008年06月06日 20:08
※160
価値があるってことの証拠のためのオク出品か
184. Posted by     2008年06月06日 20:08
コイツの顔ってコイツのマンガに出てきそう。
185. Posted by _   2008年06月06日 20:08
島本和彦も何か言って欲しい
なんなら吼えペンの中でネタとしてでいいから
あと久米田
186. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 20:08
このコメントは削除されました
187. Posted by        2008年06月06日 20:09



330万って慰謝料『も』含めた額だろ?

よくスイーツ女が「私のプライベートを犯された!」と言って、ストーカー等に慰謝料200〜300万要求するのと、
「(プライドを持って)仕事として描いた絵が紛失された!」と言って330万要求するのと、
どっちかだ…って事じゃね?





188. Posted by     2008年06月06日 20:09
米173
自己紹介乙であります〜
189. Posted by X   2008年06月06日 20:09
芸術的価値(笑)と思っている人はノラクロとか明治とかの風刺画が現在、学術的・芸術的価値になってんだからさ笑って否定しちゃいけないよ。100年後・150年後には教科書に載るかも知れないじゃん?
190. Posted by     2008年06月06日 20:09
※178
最初から有名な漫画家ならともかく、
契約当初に「原稿は連載終了後返す」ってなってたらどうしようもないだろ。
191. Posted by     2008年06月06日 20:09
ガッシュは、ジャンプなら1ヶ月で打ち切られそうな漫画なのにそんなに価値あるの?
192. Posted by     2008年06月06日 20:09
だからこないだ、「もう小学館で描くことはない」みたいなこと言ってたんだな。
193. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 20:09
このコメントは削除されました
194. Posted by     2008年06月06日 20:10
※163
※34じゃないけどありがとう。よく分かった。
契約違反じゃ擁護の余地もないな。小学館、潔く謝罪と賠償しろ。
195. Posted by     2008年06月06日 20:10
*158
鳥山明も昔は原稿すごく大事にしてたよ
ドラゴンボールの中期から思うように描かせて貰えなくなってから壊れたんだから
それ以降は原稿の扱いが雑
196. Posted by    2008年06月06日 20:10
皆結構同意してるのに
まず美術的価値について突っ込んでるの
にワロタ
197. Posted by     2008年06月06日 20:10


美術的価値ではなく商業的価値の方がもっと高額の賠償を求めることが出来るのでは?

198. Posted by     2008年06月06日 20:10
金銭で済む問題じゃないよな、これは。
次回作が楽しみになってきた。
199. Posted by     2008年06月06日 20:10
まんだらけやらに売られて編集の小遣いになってたりした事件があったしな
まさかカラーの回に限って捨てるわけもなし
漫画家は怒って当然
むしろ同様のことは何度も起きてたろうけど
泣き寝入りするしかなかったのが漫画家の現状ってとこだろうな。
200. Posted by    2008年06月06日 20:11
なんか美術的価値を嘲笑ってるやつが多いな。

まあ、確かに漫画で美術的価値とか言ってもワロスだけど、そうでも言わないと裁判所が取り合わないから仕方がないんだ。

なぜなら、裁判所は漫画原稿は既出誌からの再生可能なものとして価値を認めていない。
本人にどれほどの思い入れがあっても、それでは相手に何のダメージも与えられず泣き寝入りするしかない。

美術品としてなら、真作と複製物については法的にも明確な線引きがされているので、真作としてなら十分裁判を起こせる価値がつく。
さらにそのものに知名度があるなら(実際アニメ化までしているので知名度はそれなりにある)紛失した相手に社会からの懲罰的意味合いを持たせることもできる。


まあ、マンガに限らずマスターってのは一番大事なんだぞ。
コピーがあるからいいやとかまた作ればいいとかいう奴は、何も作ったことがない奴だろうから口出すな。
201. Posted by    2008年06月06日 20:11
芸術的価値云々は置いといて、これは怒っても当然でしょう。
苦労して描いた原稿なのに、それが自分の手元に帰ってこないとかさ・・・
それに普通に考えたらありえない話だしね。
202. Posted by    2008年06月06日 20:11
なんか小学館の工作員も沸いてるみたいだね。逆効果だけどw
203. Posted by    2008年06月06日 20:11
これは痛いニュースなのか?
しごく真っ当な記事だと思うが
204. Posted by     2008年06月06日 20:11
芸術的価値を追求すると意味不明になるからな。
美術館とかになぁにこれ、ってものが飾ってあったりするし。

そこに「美」を感じて金を払う人間がいる以上そこには美術的価値があるもんだろ。
オクで数十万ってことは、
少なくともその辺の落書きとは違うと認識している人間がいるわけだから。
205. Posted by     2008年06月06日 20:11
※191
ジャンプじゃねーし、1ヶ月で打ち切られてねーし、アニメ化されてそこそこ売れたわけだが何か?
206. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 20:12
このコメントは削除されました
207. Posted by     2008年06月06日 20:12
要は芸術的価値ってのは紙に書かれた作品に付加価値がありますよ、
って言う為のお決まりの法律用語みたいなものなのか

法に無知なのを晒さずに済んでタスカタ
208. Posted by     2008年06月06日 20:13
小学館工作員うぜぇwww
209. Posted by       2008年06月06日 20:13
300万?高すぎねえ?馬鹿じゃね?そんな価値あるかよ!
…って言う奴は、自分で何も生み出した事がない人間なんだろうな…。
210. Posted by     2008年06月06日 20:13
自分が漫画家の立場になって考えれば?
211. Posted by     2008年06月06日 20:13
>>197
多分あんまり金銭自体にこだわってはいないだろ
330万とかは訴訟の最低額なんじゃない?
たしかチャンピオンのシューマッハ裁判のときも
金に関してはいくらでもいいから最低額
という話で300万くらいだった気がする
212. Posted by     2008年06月06日 20:13
※191
自分の主観だけで物事語るとバカにされますよ。
213. Posted by    2008年06月06日 20:13
330万って、何でそんな安いん?wwww
214. Posted by     2008年06月06日 20:13
*177
子供できる前までは家に遊びに行くとキャラ付でサインかいてくれたのはガチ
ただ、原稿は初耳だな
今でも御殿まで行って遭遇できればサインはくれるはず
215. Posted by     2008年06月06日 20:13
※205
だから小学館だからアニメまでなったんでしょ?w
平たく言うと、飼い犬が主を咬んだって話だねw
216. Posted by     2008年06月06日 20:13
あんな下手糞な絵に美術的価値は皆無だがこれはいけないな
217. Posted by     2008年06月06日 20:14
まずは責任の所在と
原稿がどう紛失したか徹底的に調べるべきじゃないのか?
窃盗罪として刑事事件でもいい気がする。
横流しの可能性が否定できないし。
218. Posted by     2008年06月06日 20:14
まあ、「ただのマンガを失った」じゃ裁判が成り立たないし、美術的価値でいいんじゃないか?ドロリッチ吹いたけどな
219. Posted by      2008年06月06日 20:14
まあ自分で美的価値っていうのは痛いけど
明らかに作者が正しいな
価値的にも妥当なんじゃない?
最近クソな編集部がおおいんかな?
コミックバーズといい
どうなってんだ
220. Posted by     2008年06月06日 20:14
米203
小学館が痛いねって話じゃね
221. Posted by     2008年06月06日 20:15
これは完璧に盗んでるな
222. Posted by     2008年06月06日 20:15
5 Amazonは「編集王」かと思ったよ。
223. Posted by       2008年06月06日 20:15
※215
犬だって虐待されれば飼い主を噛むだろ?
224. Posted by     2008年06月06日 20:15
スレ内でも指摘されているけど、
美術的価値=商業的価値ですよ。
後はガッシュがどれくらい売れているかから推して知るべし。
225. Posted by     2008年06月06日 20:15
*203
サンデー編集部が痛いんですよ。
226. Posted by     2008年06月06日 20:15
※215
>だから小学館だからアニメまでなったんでしょ?w
>平たく言うと、飼い犬が主を咬んだって話だねw

平たく言ってないし。
難しい言葉覚えたてで使いたいのは解るけど、
もうちょっと勉強しようぜ、な?
ああ、算数の宿題もちゃんとやれよ?
227. Posted by    2008年06月06日 20:15
*215
意味がわからん。
コナンだってジャンプだったら売れなかった
打ち切られてたはず。映画にもなってないはず。
なんてお前の妄想に何の意味があるんだ?
何の意味も価値もないだろ。お前の存在同様に
228. Posted by     2008年06月06日 20:15
ううん…
テレビでこの手の話題を全く見ないのは
気のせい?
それともマスゴミの所為?
229. Posted by     2008年06月06日 20:15
形あるものは、いつか壊れるんだお…( ;ω; )ブワッ
230. Posted by    2008年06月06日 20:16
※178
出版社は基本的に連載が終わるまで生原稿は返さないらしいぞ。
増刷する際に必要になるという慣例らしいが、何か意図がありそうだけどな。
231. Posted by OIOI   2008年06月06日 20:16
漫画家を目指している人が投稿した作品の管理なんかもっといい加減そうだけど、ここは返却してるのかな。
投稿作品はどこも本人切手負担とかで返却すべきだと思うけど、そうでもないようだし、そういうのって結局処分されちゃううわけ?かわいそうだ。

これは精神的被害含めてもっと請求してもいいんじゃね>弁護士
232. Posted by 名無し   2008年06月06日 20:16
奇面組の新沢基栄の裁判はまだ決着していないけど、長くなるのかね。こういう事例は
233. Posted by     2008年06月06日 20:16
無くしたなら完全に編集の落ち度だけど
売却はないってw
王手の編集がそんな金に困ってるわけないし
まんだらけで騒ぎになったようにすぐばれるから
ただ出版社の現場知ってればわかるけど原稿管理相当いいかげんだからなw
234. Posted by     2008年06月06日 20:17
>漫画舐めすぎだな



(笑)
235. Posted by    2008年06月06日 20:17
>>57
下の絵、何かが変だと思ったら太陽が手前にあるのに、鏡に何の反射も無く綺麗に写ってるからだね。
236. Posted by     2008年06月06日 20:17
この人、ガッシュの画を見る限り、ワザとヘタに描いてないか?
ガイナのヤツと比べると明らかにキャラのレベルが落ちてるだろ。
チャリティーの画を見ると風景ばかりが上手いw
237. Posted by     2008年06月06日 20:17
まあ何にしてもサンデー側がどう対処するかだな
あと雷句は次回作どこで描くんだろう
238. Posted by だだ   2008年06月06日 20:18
漫画家が自分の原稿を「美術的価値がある」と言い切ったことが素晴らしい
そもそも世界に誇る文化であるマンガなんだから、美術的価値があって然り
「いやそんな価値は・・・」なんて謙虚にするのが日本的美学なのかもしれないが、そんな感覚は糞だ
良いものは良いと言って良い

この文化的・美術的価値を理解できない編集部は糞だ
239. Posted by     2008年06月06日 20:18
*233
サンデーは、もう大手とはいえないんですよ・・・
まあ、どういう管理体制だったかははっきりさせるべき。
240. Posted by ´・ω・`   2008年06月06日 20:18
いやいや常識的に原稿無くすか?有り得ないだろ…
241. Posted by :(   2008年06月06日 20:19
こういうの聞くと、アメリカみたいに書き手が既存の会社に不満を持って、自分で会社興すというのがあっていいと思うけど、日本だと流通とか無理なのかね…。

ズレるけど、音楽も映画も向こうは俳優や歌手と会社の契約で芸能事務所なんてないものな。大手事務所の奴ばかりワイドショーが褒めちぎって宣伝するというのは本当に旧態依然で白ける。
242. Posted by     2008年06月06日 20:19
米228
今日の夕方のニュースでやってたよ。
結構尺も長かった。
243. Posted by        2008年06月06日 20:20
「美術的価値」ってのは、訴える為にはソレくらい言わないと動いてくれないからだと思う。
ココで「アニメ・漫画・コミック的価値」とか言っても、
正式でお堅い人間が集う場所じゃちょっと微妙だろ。
244. Posted by     2008年06月06日 20:20
米241
日本の出版業界は上下関係が腐ってるので・・・

これほど新参に厳しい業界も少ないと思うぞ
245. Posted by    2008年06月06日 20:20
※191
ジャンプが大好きなんだね^^^^^^^^
246. Posted by      2008年06月06日 20:20
※23
同意。
美術的価値と言ってくれたのは嬉しいね。
漫画家の扱いは悪すぎる。
247. Posted by 、   2008年06月06日 20:21
小学館は窃盗が業務なのか。
この人が起こってた理由はこれね。
248. Posted by     2008年06月06日 20:21
※233
サンデーが全体となって売ることは流石にないだろうが、
編集部の個人が盗んで、小遣いにしてたとかなら考えられるんじゃね?
まんだらけとかじゃなく、マニアと個人の取引とかだったら発覚は遅れるだろ。
249. Posted by     2008年06月06日 20:21
美術的価値って単語にいちゃもんつけてるレスはいったい何なんだ。
著作物としての価値を他にどういう語で表せばいいんだよ。金銭的価値ってだけで片付けていいもんじゃねーだろ。
250. Posted by      2008年06月06日 20:21
※238
同意。
美術的価値と言ってくれたのは嬉しいね。
漫画家の扱いは悪すぎる。
251. Posted by     2008年06月06日 20:21
美術的価値(笑)なんて批判してる阿呆は
程度が低いねぇ。
252. Posted by     2008年06月06日 20:21
最近別の出版社の雑誌で連載再開した漫画を思い出したのは俺だけではないはず
原稿の管理くらいちゃんとやれと
253. Posted by 聞いてくれ   2008年06月06日 20:21
数年前、小児科の患者に彼からガッシュのぬいぐるみが届いた。

頑張ってほしい。
254. Posted by     2008年06月06日 20:21
ガッシュは知名度あるしアニメにもなった。
○○だったら売れてないでしょ〜とかは意味の無い戯言。
実際は売れたんだから。
失くされたのは価値のあるものだった、それだけは変えられない事実。
255. Posted by     2008年06月06日 20:21
雑誌で優劣付ける奴って損してるよな
いいものは良いし悪いものは悪い
編集はどこもろくなもんじゃないな
256. Posted by     2008年06月06日 20:22
*230
それ嘘だよ
基本的に単行本になる前に修正が入る事が多いから その修正前にはいったん纏めて原稿が返される その後また出版社に預ける事になるがそのときも貸し金庫のような場所に厳重に保存される
ジャンプの場合だとその保管期限がたしか1年くらいだし
その後にちゃんと纏めて返してもらえるよ
ただし普通ならね
257. Posted by .   2008年06月06日 20:22
まあ、当然の訴えだな。著作権は作者にあるんだろうし、
印刷・刷版が済んだ時点で、作者にいったん返却するのが
当たり前。
小学館も、随分とテングになったものだ。
1000万円ぐらい請求してやれ!
258. Posted by     2008年06月06日 20:22
これで作者叩いてる奴は小学館の工作員以外の何者でもないだろ…
259. Posted by      2008年06月06日 20:22
この件で漫画家や漫画家志望者からのイメージが果てしなく悪くなったわけで
未来の大物作家様を何人失ったことになるのやら…w

300万円どころじゃないね。
260. Posted by     2008年06月06日 20:22
別にお金を取りたくて裁判に持ち込んだんじゃないんだろうな
330万なんてお金なら黙っていても版権で入ってくるだろうし
弁護士たててなんやかんやでそれぐらいはすぐ持ってかれる
むしろ お抱えの漫画家に訴えられたサンデー という構図が重要なんだろう
261. Posted by     2008年06月06日 20:22
消えた原稿のページだけ描きおろして、重版すればもうちっと売れんじゃね?
重版するほど需要があればの話だが…
262. Posted by        2008年06月06日 20:23
※253
エエ話だ……
263. Posted by     2008年06月06日 20:23
もう同じものは作れないからな。

美術的価値は、あまり同意できんが認められる可能性は高い。
264. Posted by     2008年06月06日 20:23
※232
ググってみたが詳細が分からなかったのでkwsk
265. Posted by    2008年06月06日 20:24
誰が書いたかたいして見分けもつかん萌え絵にウヒョウヒョしてるクズが美術的価値(笑)とか批判してるwwww
266. Posted by     2008年06月06日 20:24
*236
締め切りが何週間もあるものと7日で一話書き上げるものを同じクオリティーで考えるなよ
267. Posted by     2008年06月06日 20:24
小学館が糞なだけ
訴えられて当然
負ければざまぁwwwだね
268. Posted by d   2008年06月06日 20:24
セーラームーンの作者が原稿なくされて「なかよし」の連載打ち切ったらしいけど、原稿失くすのってよくあることなのか?
どうやって失くすのか知りたい。
269. Posted by     2008年06月06日 20:24
※261
どっちにしろなくなった原稿は幻の原稿になるわけだが。
解決にはならないね。
270. Posted by     2008年06月06日 20:25
本スレの コナンに探してもらえ
で吹いた
271. Posted by    2008年06月06日 20:25
※233
大手とか金に困ってるかどうかは関係ないだろ。

大手で金に困ってなければやらないってんなら、大銀行の役員が横領事件起こすことはあり得ないって言ってるのと同じじゃねーか。

やるやつはどれだけ金があって役職についててもやるんだよ。
理由なんざ本人にしかわからねー

遊ぶ金ほしさかもしれないし、知り合いに「この漫画の何かいいアイテムあったら頂戴」とか言われて、深く考えず気楽に『ほれ、生カラー原稿』とかあげちゃったのかもしれない。
扱いぞんざいで破ったとかコーヒーこぼしたとかして証拠隠滅に捨てたのかもしれない。


まあその辺は考えてもはじまらない。
今は「返却義務のある借り物の原稿をなくした」という事実しかないわけだしな。
272. Posted by     2008年06月06日 20:25
作者の実績考えりゃ賠償金もっと取れそうな気もするが
金じゃないのかも知れん。
問題提起自体が重要と思ってんじゃね。
過去に泣き寝入りした作家さんも大勢いるだろうしな。
273. Posted by      2008年06月06日 20:26
金色のガッシュって
TVでアニメ2・3回みたけど

クソつまらなかった!!!

漫画のほうはマシなのか?

274. Posted by     2008年06月06日 20:26
小学館に限ったことじゃない
少なくとも私が関わった出版社は
どこも原稿の管理はものすごくずさん。
というか編集に原稿渡した時点で
返却は諦めてる。

管理できないんだったら作家に
返却すればいいのにね。
275. Posted by     2008年06月06日 20:26
金銭よりも編集部体制のクソさを世に知らしめるための裁判ってとこか
作者の収入からしたら300万なんて端金、一種の方便か

そりゃ心血と想像力を尽くして描いた作品、しかも1巻見開きカラー?なんてだいじなもん無くされたらそりゃブチ切れるわな
276. Posted by     2008年06月06日 20:26
久米田はネタにしてきそうだなw
277. Posted by     2008年06月06日 20:26
『失くした物はいずれ見つかるが、捨てた物は見つからない』って剣心の義父が言ってた
278. Posted by     2008年06月06日 20:26
まあ作者の気持ちはわかるわ
ただ小学館がマトモに管理する気になるかどうかは別だけどな
279. Posted by     2008年06月06日 20:26
カラーだけ都合よくなくすわけないっつっても
カラーは校了が別なんだけどな。
280. Posted by     2008年06月06日 20:26
美術的価値ってのに色々ツッコミ出てるけど
訴訟する上での必要文面的にはどうなの、この場合?
美術的価値以外に、何かこう丁度良い言葉ってあるのかな
雷句的には原稿を「ただの商売品」と割り切りたくなかったのだろうが

ガチ弁護士とかのマジレスきぼん
281. Posted by poimandres   2008年06月06日 20:27
講談社でも、武内直子のセーラームーンか何かの原稿の扱いに不備があったとかで喧嘩になってたな。
282. Posted by     2008年06月06日 20:27
小学館とケンカするかw
283. Posted by 鋼田一 豊広   2008年06月06日 20:27
2
かの荒木飛呂彦氏も原稿を一部紛失されてしまったので
表紙を本誌のコピーで代用した事があるそうだ。
284. Posted by     2008年06月06日 20:28
*276
確実にするねw
285. Posted by    2008年06月06日 20:28
小○館では女性ライターに仕事を与えるのに
その見返りとして合体を要求する。
そんなクソ会社
286. Posted by     2008年06月06日 20:28
原稿なくすとかどんだけだよ…

著者に2度描かせるのは精神的にキツイぞ
俺なんか同じ絵すら2枚続けて描きたくは無い
微妙に違いが出るからな
287. Posted by    2008年06月06日 20:28
美術的価値は建前に決まってるだろ
明確な価値が認められなければ係争にもならないんだから

ローゼンは原稿どうの言う前に
アニメ化されてあれだけ人気が出たのにかなり後まで増刷をしなかったのに呆れた
会社としても売り時だったろうに…
288. Posted by     2008年06月06日 20:28
>>268
酒に酔って電車に置き忘れる
289. Posted by 姉   2008年06月06日 20:29
ガッシュがつまらんとか関係なくこれは無いだろ
290. Posted by     2008年06月06日 20:29
慰謝料込みだとしたら逆に訴訟額としては安いだろ。
「…もし自分が」って想像してみ?
実際に勝ったとしても請求額満額ってコトにはほぼならないだろうし、
弁護士費用やらなんやら考えたらこれは安いよ。
しかも現物が戻って来るわけでもないんだし。
291. Posted by    2008年06月06日 20:29
マンガが好きで漫画家やるなら、小学館では描かない方がいいね。
292. Posted by     2008年06月06日 20:29
これは売りさばいてるなw
293. Posted by 華麗なるV様   2008年06月06日 20:29
1 ガッシュのコミックス最終巻が発売しないなんて事態になったら俺はP2Pを使わざるを得ないな。
294. Posted by     2008年06月06日 20:30
↓ここから出版関係者は発言の際に挙手してけ

295. Posted by    2008年06月06日 20:30
確かガッシュって連載一時中断してたよな
あの頃にもなんかあったんじゃない?
296. Posted by     2008年06月06日 20:30
小学館の仕事は二度と請けない、というのはこういうことか


何より大事な信頼を踏み躙るんだから当然だわな
297. Posted by      2008年06月06日 20:31
漫画編集が原稿失くすって、消防士が出火するとか
警官が警察手帳失くすようなレベルのミスじゃないの
298. Posted by     2008年06月06日 20:31
正直紛失するのも分かる。
数百話もある生原の管理ってマジきつい。
中には原稿の管理は編集者まかせの作家もいる。
ガッシュの作者さんは自分で保管したがる人間だったわけだ
299. Posted by     2008年06月06日 20:31
この手の裁判(美術品等の固定額のない賃与著作物の紛失による賠償請求)の場合、賠償額は請求額の20〜30%程度になるらしい。

330万だと、弁護士費用で全部すっ飛ぶね。


ということはだ。
お金が目的じゃなくて、悪しき風習を断ち切るためと、出版社(ここだけじゃなく各社)自覚を持たせるため。
ひいては、後輩に少しでも有利な道を作ってやるために公開することが目的だったんじゃないかと思う。
300. Posted by     2008年06月06日 20:32
マガジンのもうしまで、担当が居酒屋に原稿置き忘れたって事件が載ってたな。
あの時はもうしまの作者が持って帰ったから事なきを得たけど
あのまま無くしてたらこんな風になってた可能性もある訳だ。
301. Posted by     2008年06月06日 20:32
雷句はだから小学館じゃもう仕事しないって言ってるのか
当然だわな
最近小学館悪い噂ばっかだわ
302. Posted by    2008年06月06日 20:32
サンデーに投稿したマンガ、三つとも戻ってこなかったなあ。
小学館はもっと原稿管理をしっかりすべき。だから新人離れするんだよ・・・
303. Posted by     2008年06月06日 20:32
※287
桃種…、というかローゼンというマンガは結果的にあの会社に潰されたようなもんだからな。
あ、そういえばどっかの雑誌でローゼン再開の噂はどうなったんだ?
304. Posted by     2008年06月06日 20:33
絶対売っただろ
305. Posted by     2008年06月06日 20:33
※297
そいつでメシ食ってんだからなぁ。
306. Posted by    2008年06月06日 20:33
オクで横流しですね、わかります
307. Posted by :(   2008年06月06日 20:33
※244

そうなんだろうね。どこの業界もズブズブになってそれぞれ「ここは俺のライン」みたいに酷い事になってる。新人というか外の人間が入っていけない風通しの悪さがあるよね。日本独特の物があって自由度がない。て事は似たような作品ばっかできるんだよ。新人が「これをやりたい」と言っても通じないんだろうし。

TV局だって吉兆とか役人のようなのはリスクが無いから徹底的に叩くけど、大手芸能事務所に所属してる芸能人は絶対叩かない。吉本の島田紳助とかジャニーズ、エイベみたいなのは奴等の都合のいい賞賛と宣伝しかやらないからね。そういう息苦しさやうそ臭さがあって、新しい人が入ってこないんだよな。漫画もそんな感じなのかなと
308. Posted by     2008年06月06日 20:33
絶対食っただろ
309. Posted by    2008年06月06日 20:34
売った
310. Posted by     2008年06月06日 20:34
美術的価値に突っ込んでる奴ら。

ゴッホの絵は生前1枚しか売れなかった。
浮世絵だって、書かれた頃は「美術的価値」があるとは思われてなかった。

10年100年すれば、どんな市場が成立しているかは誰にも分からんぞ。
311. Posted by     2008年06月06日 20:34
それでもうサンデーで描かないって言ってたのな、納得
312. Posted by     2008年06月06日 20:34
バオウ・ザケルガ
313. Posted by     2008年06月06日 20:34
>>273
お前の感想なんかどうでもいい
314. Posted by    2008年06月06日 20:34
自分はガッシュが終わって長年購入してきたサンデー読むのやめた。良い区切りだった。
315. Posted by       2008年06月06日 20:34
この場合は小学館が悪いだろ。
絵だろうが漫画だろうが、仕事の一部を無くされたんだからな。
リーマンですら数日掛けて練り上げた企画が潰されただけで、
慰謝料要求するような痛い奴がいるんだからさ。
雷句は漫画が全ての会社なんだから、むしろ330万なんて安過ぎる位だよ。
316. Posted by     2008年06月06日 20:34
※303
ヤンジャンで月一連載中やがな
317. Posted by カジ   2008年06月06日 20:35
そもそも何処に保管すんの?
コナンや犬夜叉とか凄い量だとおもうけど
318. Posted by    2008年06月06日 20:35
そろそろ同人〜個人でオリジナル出して売るの
が主流になるのかね…

編集者はエリートさんだろうが、
そこに登り詰める時何か落としてきちゃったんだろ
319. Posted by     2008年06月06日 20:35
※310
つまり今日の萌え絵は・・・何も言うまい
320. Posted by     2008年06月06日 20:35
干されるか干されないかの境目の作家にとっては
心強い出来事何じゃない?
321. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 20:36
このコメントは削除されました
322. Posted by     2008年06月06日 20:36
売っただと!?

『嘘じゃ』

嘘だと!?

『ホントは本当じゃ』
323. Posted by     2008年06月06日 20:36
自分で自分の原稿を美術的価値と言えるのは凄いな
いや、皮肉でもなんでもなく、ちょっとびっくりした
324. Posted by     2008年06月06日 20:36
某チャンピオン作者の汚物騒動の時より少ない金額。
あの時だって元友人だからって、最低限の金額提示だったんだよな。
330万が高いと吼えているヤツは餓鬼か小学館関係者だけだろ。
325. Posted by     2008年06月06日 20:36
そもそも今のサンデーって何を掲載してるか知らんなー
326. Posted by     2008年06月06日 20:36
来週の絶望先生が密かに楽しみwww
327. Posted by '   2008年06月06日 20:37
※302

ひどい…それじゃ投稿する気もなくなるわな。一生懸命描いた2つとない大切なものなのに

これって裁判費用や労力考えると全く割りに合わない。この人は問題提起しているんじゃね?偉いよ。今までそういうのって出版社はナアナアにして書き手を泣かせてきたんじゃねえかって思えるもの。
328. Posted by     2008年06月06日 20:37
>320
この絵で懐かしい記憶が
よみがえってきた。

雷句さんの絵、いいな。
329. Posted by     2008年06月06日 20:37
※316
知らなかったw クス
330. Posted by     2008年06月06日 20:37
>>315
商談で決まった事を一方的に破棄されるレベルだと思うよ
普通は訴える
331. Posted by     2008年06月06日 20:37
※317
小学館はでかいんだぞ
332. Posted by    2008年06月06日 20:37
美術品とみなすと原本紛失が致命的になる
複製権や展示権は原本作成者にあるからな

金銭的価値だけを認めてしまうと本気で紙代とインク代しか出ないぞ
つか、ビッダーズとかのオークションで換金できると言うこと自体、
金銭的価値ではなく美術的価値・骨董的価値・希少価値があるってことだろ
金銭的価値ってのはそれ自体を店とかで販売できる価値のことだぞ
333. Posted by    2008年06月06日 20:37
美術的価値(笑)
って思ったがトップのイラスト見て考えが変わった。
334. Posted by     2008年06月06日 20:37
※317
普通に最近の原稿は編集部だろうけど、多分大手なら専用の原稿保管倉庫か、マンションの一室でも借りて保管していると思われ。
でなきゃ、作家さんに少しずつ返却していく。
335. Posted by     2008年06月06日 20:38
>>295
あれは作者が手を骨折しただけだから関係ないと思う

>>300
もうしまなんてもっと悲惨だろ
西本が何も言えない立場ってだけで第一話目のカラー原稿紛失されてる
336. Posted by    2008年06月06日 20:38
出版社でもなくなるが、印刷会社でも紛失なんてザラだぞ。一番ワラタのが「原稿切っちゃった事件」と「お菓子の油ついちゃった事件」手袋つけてあつかえよプゲラ
337. Posted by    2008年06月06日 20:38
漫画家の仕事そのものをうっかり無くすなよ
338. Posted by    2008年06月06日 20:38
壺でIP抜いたら小学館の社員書き込んでるな
339. Posted by    2008年06月06日 20:38
広告・出版業界は体質古いからなー
契約なんていいかげんだもんな
340. Posted by     2008年06月06日 20:39
これはライクに頑張って欲しいな

でも小学館訴えたら系列の集英社も無理だろうし、
久米田と同じく講談社行きか
341. Posted by     2008年06月06日 20:39
雷句の顔初めて見たが
意外な顔だな
342. Posted by    2008年06月06日 20:39
美術的価値ってのは「美術館で展示するような価値がある」という意味ではない
美術的価値(笑) とか言ってる奴のほうが指差して笑われるぜ
343. Posted by     2008年06月06日 20:39
本スレでライクを応援するレスが少なくてすげー残念だ…
なんか揶揄してるレスばっか
これはもっと支援されていいと思う
344. Posted by    2008年06月06日 20:40
ヒラコーも同じような目にあってたような…
345. Posted by    2008年06月06日 20:40
カラー原稿紛失の損害額:31428
訴訟が業界に与える影響:Priceless
346. Posted by    2008年06月06日 20:40
好調がどういう反応するのか気になってる俺
347. Posted by      2008年06月06日 20:41
※280
卵でスマン
一般的に、物の価値は、使用価値または交換価値にあるんだけど
使ってナンボの使用価値
売ってナンボの交換価値
でも、カラー原稿を使うのは印刷屋等だから漫画家がこれを使うわけではないし
漫画家はカラー原稿を売りたいわけじゃない
だからこれらは使えない

でも何らかの価値があるものだ!って言わないと請求たてられないし
だから、近そうな絵画に準じて美術的価値に絵の価値を求めるしかないと思う
348. Posted by     2008年06月06日 20:43
小学館も考えを改めたほうがいい。

「小学館に原稿を任せると紛失される」
ってレッテルを貼られたら、今後
有望な、もしくは有名な作家のオファーは取れなくなるぞ。
そんで今苦痛を味わっている作家達が右ならえな行動起こしたら終わりでしょ。
それにマンガ作家だけの話でもなくなるかもしれん。小説家だって考えちゃうよ。
349. Posted by    2008年06月06日 20:43
他の出版社はちゃんと保管してるのかな?

ゴルゴやこち亀なんかは初期の原稿は無いだろうけど、それでもすごい量になってそうだな
350. Posted by あ   2008年06月06日 20:43
和田ラジヲはこれを危惧していたのだな
素晴らしいリスク回避
351. Posted by     2008年06月06日 20:43
てか本スレの奴、馬鹿しかいないな
352. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 20:44
このコメントは削除されました
353. Posted by     2008年06月06日 20:44
価値とか訴訟とか金とかよくわからないけど、失くした側が悪いってのはニートの俺でもわかるんだぜ?
354. Posted by     2008年06月06日 20:44
まあ小学館は
「はいはい330万くらいくれてやんよ。
 すーみーまーせーんーでーちーたぁ〜」
くらいの態度取りそうな気もしないでない。
355. Posted by ななし   2008年06月06日 20:44
これってお金の問題じゃないよね。
美術的価値云々はそういう名目じゃないと訴訟用件満たせないから言ってるんじゃね?
会見でも他の漫画家も同じ目に逢ってるみたいなことを言ってたよ。
まあ原稿を無くす方が悪いな。
356. Posted by        2008年06月06日 20:44
漫画家の方を非難してるコメント見ると
世の中バカが多いんだなって安心する
357. Posted by あ   2008年06月06日 20:45
*173
編集乙wwwwwww
漫画家を貶めて必死に自己弁護ですか?ww
お前もそのうち訴えられるから覚悟しとけよw
飛ばされないよう祈ってなww
358. Posted by     2008年06月06日 20:46
何十周年かの記念企画ページにモテモテ王国を載せていた神経はどうなのよ?
未収録の単行本化を待っている俺に対する挑戦か?
359. Posted by ノ∀`   2008年06月06日 20:46
元漫画家志望で、小学館に持ち込みに行った事がある俺が来ましたよ。
で、その時に編集部のコピー機にガッシュのネームが無造作に放置されてた。
360. Posted by よしのり   2008年06月06日 20:46
よしりんも同じことで怒ってたね
361. Posted by     2008年06月06日 20:47
サモハンかと思った。
362. Posted by     2008年06月06日 20:47
330万なんて黙ってガッシュ売らせときゃすぐに手に入る額だろうしなあ
やっぱり主眼は小学館への不満なんだろう
363. Posted by     2008年06月06日 20:47
※352
マジならピンポイント過ぎるな・・・言い訳できるレベルじゃない
364. Posted by    2008年06月06日 20:47
もしかして

新吼えろペンで
「あの会社では酷い目にあった」
「原稿だけは絶対返してくださいね」
ってさんざん云われてた
心根の腐った出版社って

小学館サンデー編集部のことだったのか?

炎の転校生ってサンデーだったよね
そういえば。
365. Posted by     2008年06月06日 20:47
330万が高いとか
痛いニュースも小中学生が来るようになったのな
366. Posted by     2008年06月06日 20:47
借りた物は返しなさいって、婆っちゃが言ってた
367. Posted by     2008年06月06日 20:48
弁護士費用で全部なくなるよな
330万なんて
368. Posted by     2008年06月06日 20:49
※352
飛び飛びで失くしてる?
どういうわけだろ?
369. Posted by     2008年06月06日 20:49
美術的価値でトンチンカンなこといってる

馬鹿どもは、ちゃんとログスレ全部読め。

だからお前らはいつまでたっても馬鹿なんだ、馬鹿野朗。
370. Posted by      2008年06月06日 20:49
※367
訴状みないと何とも言えないけど
少なくとも不法行為を訴訟物にしたら弁護士費用も被告からとれる
371. Posted by 名無し@カゼタカさん   2008年06月06日 20:50
出版社に渡すのは、生原稿じゃなくちゃダメなの?
コピーのほう渡せばいいじゃん
372. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 20:50
このコメントは削除されました
373. Posted by    2008年06月06日 20:50
どうでもいいが、作者の顔が自画像とは似ても似つかない件
374. Posted by     2008年06月06日 20:50
なんで、小学館をフォローしてる奴がいるんか
わからん。
375. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 20:51
このコメントは削除されました
376. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 20:51
このコメントは削除されました
377. Posted by     2008年06月06日 20:51
大韓民国に嫉妬なさって哀れな2チャンネルたち
378. Posted by     2008年06月06日 20:51
氷山の一角だろうな。
他の漫画家の再販本でも昔の作品の原稿が
編集側の手違い(?)で行方不明、
泣く泣くコピー原稿で再販されたなんて本も
あったし。

小学館だけじゃないだろうな。
コレを機会に漫画家の皆も確認とった方が
いいかもしれんよ。

しかし、小学館も落ちたなw
379. Posted by     2008年06月06日 20:51
これでオクで原稿入手した人とか名乗り出て来ると面白い展開なんだが
380. Posted by       2008年06月06日 20:52
※374
小学館だけに小学生が集まってるんだよ
きっと
381. Posted by      2008年06月06日 20:52
無くしたから提訴というか、いろいろあったんだろうな。
気の毒に。

印税でそこそこ稼いでる漫画家さんなのに330万は安いよ。
美術的価値は提訴するための口実か。
裁判官が漫画オタじゃないと、原稿の価値とかわかんないだろうしなあ。



382. Posted by     2008年06月06日 20:52
この絵に価値があるの?とか言ってる奴は
とりあえず16億のフィギュアの方をもっと言ったらいいと思うよ
383. Posted by     2008年06月06日 20:52
>374
出版関係かS社社員じゃね?
どう考えても出版社が悪いだろ。
384. Posted by    2008年06月06日 20:52
ぜったい、売ったな。
385. Posted by     2008年06月06日 20:52
逆立ちしても失くした方が悪いに決まってるだろ。
小学館擁護とか作者叩いてるヤツは脳ミソ溶けてるのか?
386. Posted by     2008年06月06日 20:52
原稿紛失なんてのは、漫画家にとって金の切れ目と同じくらい縁の切れ目。
美術的価値(wなんて言ってる奴は漫画読む資格なし。
全部、資源ごみに出して来い。
387. Posted by     2008年06月06日 20:53
原稿紛失時は「原稿料10倍払い」という業界の掟を
編集側が知らなかったか、出ていく人間なのでわざと破ったのか?
388. Posted by     2008年06月06日 20:53
重要書類だろー
なくしちゃったよっテヘッでは済まないと思うけど甘い会社みたいね
389. Posted by     2008年06月06日 20:53
昔、銀河戦国群雄伝ライを連載してた時、
真鍋も同じように切れてたことがあったな。
あっちは裁判まで行かなかったように思ったが。
390. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 20:53
このコメントは削除されました
391. Posted by     2008年06月06日 20:53
>>134
もう最終巻出てなかったっけ
392. Posted by      2008年06月06日 20:54
※381
そこで何でも鑑定団の出番ですよ
393. Posted by     2008年06月06日 20:56
※386
だから裁判用語なんだよ
いい加減分かれ
告訴するためには、色々な言い回しがいるんだよ
394. Posted by    2008年06月06日 20:56
漫画家にとっても編集にとっても商売道具、メシの種だろ。それを紛失とはひどいな。
はいからさんが通るでヒロインが原稿をなくした時は何とか事なきを得て笑い話だったんだけどな
395. Posted by     2008年06月06日 20:56
【ブログより抜粋】

私は以下に記載する「陳述書」にて、
編集者など、個人名を記載しています。
理由はこの文章の内容を明確にするため、(株)小学館の中にも真面目な良い社員はいます。その人たちを巻き込まない様にするためです。そして、裁判は「公開」が基本の世界です。
裁判所に提出したそのままの文を記載いたします。

なお、私も滅多な事ではこういう公の文章にて個人名を出して避難すると言う事はいたしません。きっと些細な事でそう何度も個人名を出して避難していては、友人さえいなくなってしまいます。
こういう公の文章で名前を出すという事はよっぽどの被害がでているか、名前を出さなければどうしようもない状況とお考えください。
この点に関しましてはご理解をお願いします。

中々こいつ良いヤツじゃないか。
でも誤字は直そうなw 『避難⇒批難』
396. Posted by    2008年06月06日 20:56
※186
俺も今読んでみたが
普通に面白いわ これ
397. Posted by     2008年06月06日 20:57
5 300万?桁1つ間違えてるだろライクさん!
398. Posted by     2008年06月06日 20:57
美術的価値は多くの人が求めれば出てくるのは当たり前。ピカソの落書きにしか見えない絵でも数億の美術的価値がある。
ソレは多くの人々に認められた証拠でもある。

絵の出来云々がわからず、『こんな絵で美術的価値があるのか?』

って言っているヤツは、元々、美的価値観がないんだから、自分の美的価値観のなさに気づけよ。

そして、気付いたらワザワザ書き込まなくてイイよ。
399. Posted by    2008年06月06日 20:57
※381
「もう印刷終わったんだし別にギャーギャー言わなくてもいいんじゃね?」
という判断をされることを避けるための文言だと思える
商業的価値は印刷完了で消尽している、とか思われたらどうにもならん
400. Posted by     2008年06月06日 20:58
たまに玄人ぶったお馬鹿の叩きコメントがちらほらとw
401. Posted by     2008年06月06日 20:58
もっと子供っぽい顔かと思ったら普通のおっさんなんだな
402. Posted by     2008年06月06日 20:58
小学館は前科がある
3大の中でも特に腐った会社
もう潰せ、他の業界ならとっくに潰れてるよ
403. Posted by     2008年06月06日 20:58
これはやヴぁいな
生々しいやり取りだ・・・
404. Posted by    2008年06月06日 20:59
新連載の見開きカラーかよ
これは号泣する
405. Posted by だめ狼   2008年06月06日 20:59
>>324
西原理恵子画伯は
「あの原稿なくさないかな〜
 そしたら原稿料3倍返しでお金一杯入ってくるのになぁ」
と言ってたっけなwww
あの吹っ切れ方はすごいと思うww
406. Posted by     2008年06月06日 20:59
因みに双葉社はかの名作ルパン三世の第一話の原稿をかなりの部分で紛失している。
407. Posted by     2008年06月06日 21:00
連載中断の原因になった右手の骨折って、もしかして
編集者にキレて机ぶっ叩いて折った、とかだったりするのかな
408. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 21:00
このコメントは削除されました
409. Posted by     2008年06月06日 21:00



あれれ、ドラえもんの同人誌で著作権について大騒動を巻き起こした小学館ではないか。 どしたん?


410. Posted by    2008年06月06日 21:00
>>320
なんだよ俺好みな絵描きやがって
普通に保存しちまったじゃねーか
411. Posted by     2008年06月06日 21:00
雷句の師匠の藤田は何か言わないのかな
あの人の漫画にかける情熱って半端ないじゃん
412. Posted by      2008年06月06日 21:00
雷句ほどの売れっ子だから訴えられただけで泣き寝入りしてる漫画家って
他にもいるんだろうな。
これは本当に頑張って欲しい。
413. Posted by     2008年06月06日 21:00
しかし、300万のはした金で裁判した時点で既に『怒髪天をつく』勢いだったんだな。

もう、個人名をだしている時点で、編集者がよほど、「糞」 なんだと思うよ。

マスゴミの人間って、個人名を出して勝負しているという割には、いざとなったら会社に守ってもらって逃げ回るだけだからな。
414. Posted by     2008年06月06日 21:01
よく考えたら漫画に限らず

納品したものが、手違いでなくしちゃいました
また一からお願いしまーす
とか反省のないセリフはかれたらキレてもいいだろうな
415. Posted by    2008年06月06日 21:02
オークションとかに出てるのかな・・・
と勘繰ってしまう
416. Posted by a   2008年06月06日 21:02
ブログ、読めば読むほど小学館に腹立ってくる。雷句誠はよくやった。
417. Posted by     2008年06月06日 21:02
美系の人間は無意味に噛み付く癖があるよな
あれはなんなんだろう
418. Posted by     2008年06月06日 21:02
※398
なんでもいいけどな。
引き合いにピカソ出してくるお前は頭がおかしい。
419. Posted by     2008年06月06日 21:02
美術の意味はき違えてる馬鹿大杉ワロタw
420. Posted by     2008年06月06日 21:02
どうでもいいがゲッター多すぎだろ
うぜえ
421. Posted by     2008年06月06日 21:03
ライクのブログ読む限りでは
結局、天下の小学館ってな意識が
編集者に染み付いてるんだな
「いるじゃないですか・・・一回もうサンデーでは描かないといって、また戻って描く人が。」
「漫画編集なんて楽だよ、漫画なんて漫画家に描かせればいんだから。」
この辺とか本当ならひでえ
422. Posted by    2008年06月06日 21:03
作者的にはお金どうこうとかじゃなくて、訴えることに意味があるんだろうね。
423. Posted by     2008年06月06日 21:03
頑張ってくれ
モノ作る人間にとっては到底許せることではない
424. Posted by     2008年06月06日 21:03
怒ってる割に
良心的な金額だなw

いいひとっぽい
425. Posted by    2008年06月06日 21:04
仮に島本和彦先生なら、
黙って同じ原稿を根性再現するに違いない。
426. Posted by       2008年06月06日 21:04
さー、そろそろ催眠術にかかって国会を占拠するか
427. Posted by     2008年06月06日 21:04
   賠償金の金額は原稿料の3倍でした。
   私のカラー原稿の原稿料が1枚17,000円×3で51,000円。
   そのうちの一枚はカット扱いとされ、1枚10,000円×3で30,000円。
   51,000×4(枚)+30,000円=234,000円が賠償金。
   その金額に何故か「補償金」と言うのが付き、その金額が266,000円
   合計500,000円が小学館の出した、紛失したカラー原稿に対する金額です。


だってよ
428. Posted by .   2008年06月06日 21:04
ほとんどの奴が「美術価値はともかく」と前置きしててワロタwww
429. Posted by    2008年06月06日 21:05
※424
まあ重要なのは訴えたこと自体と訴えた内容だからね
金額はそんなに関係ないんだろうさ。
430. Posted by    2008年06月06日 21:05
博物館に飾って有るものだけが芸術じゃないって
爆発太郎が言ってた。
431. Posted by     2008年06月06日 21:05
島耕作の作者も原稿なくされたって言ってなかったか
出版でメシ食ってる出版社が生原稿をなくすなんて最悪だろ
たくさんの作家から告訴されて300万と言わず
3億ぐらい賠償させられたらいいのに
432. Posted by     2008年06月06日 21:05
ローゼンの件はガセで作者がファビョっただけじゃなかったっけ
433. Posted by     2008年06月06日 21:05
427
マジか
お前らの血は何色だ
434. Posted by    2008年06月06日 21:05
どこの編集でもやってんだな〜。
社員が働きすぎなんじゃないか?寝不足疲労の頭じゃ掲載済原稿の管理なんか頭にないだろ。
435. Posted by     2008年06月06日 21:05
※415
オークションに出されてるなら流石にもう足が付いてる。
ねらーのこの手の追跡調査能力はマジ国家組織規模に匹敵するからなw

そもそも公の競売に出すほど馬鹿じゃないだろ。
436. Posted by     2008年06月06日 21:06
「ミスをしたアシスタントにミスをした所をしっかり見ろと、顔を近づけさせたところ、そのアシスタントも勢い余って顔を机にぶつけ、ケガをする。」

こえええええ
雷句ってこんなことしてたのか・・・
でも親のところに謝りに行ったって
437. Posted by     2008年06月06日 21:06
漫画家の変えはいくらでもいるってか新人育てないとな、ジャンプ見たくなる
438. Posted by      2008年06月06日 21:06
小学館が提示した「紛失したカラー原稿に対する金額」を自分が飲んでしまったら、今後「原稿を無くしても漫画家に金払えばいいや」という前例を作ってしまうことになる
だから戦うことにした


雷句、お前偉いよ
金額とかの問題じゃないんだよな…
439. Posted by 名無しサソ   2008年06月06日 21:06
これは小学館の不手際だな
440. Posted by     2008年06月06日 21:06
※425
編集者に反省も誠意もない場合は
「パグシャァアアアッ」
って音とともにブン殴られて吹っ飛ばされるけどな
441. Posted by    2008年06月06日 21:06
金色のガッシュなら、カラーじゃなくても原画はほしい。
442. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 21:07
このコメントは削除されました
443. Posted by     2008年06月06日 21:07
ブログ読んでたら目から汗が(ノД`)
444. Posted by     2008年06月06日 21:07
この無くなった原稿って
担当者がヤフオクとかに売っちゃったのか?
445. Posted by     2008年06月06日 21:07
ガキじゃあるまいし、原稿どこにいったんだよw
捨てるわけねーし・・・って捨てたんか?
446. Posted by     2008年06月06日 21:07
ティオのパンチラ原稿ならほしい
447. Posted by     2008年06月06日 21:08
美術的価値ってのは直接的な表現にならないための方便だろう。

しかしサンデーここまでひどいことになってるのか。これは例のサンデー卒業発言も納得できるな。
448. Posted by     2008年06月06日 21:08
※424
ここで泣き寝いりしたら、後に続く新人たちはもっと悲惨な目に遭うって文面だったな。
金は民事で訴える以上は必要だから取り合えずって感じだし。
作者自身、美術的価値よりも掛かったマンパワーで金額決めてるし。
449. Posted by     2008年06月06日 21:09
※432
どっちも証拠がない
断定するなヴォケ

まあアマゾンのレビューにわざわざ
「あれは2ちゃんの嘘ですよ」って書き込みあったし俺は作者の言ってることは本当だと思うけどな
450. Posted by     2008年06月06日 21:10
※449
別に断定してないような
451. Posted by     2008年06月06日 21:10
燃えペンのネタになるんですね
わかります
452. Posted by 00   2008年06月06日 21:10
※407

ほんとにそうみたい。
ブログ読んで本人が書いててびっくりした。
骨飛び出るって本当に大変だったんだな。
雷句先生。
ただでさえ週間連載はストレス溜まるのに。
453. Posted by    2008年06月06日 21:10
しかし、小学館黒い噂しか聞かないなwww
454. Posted by     2008年06月06日 21:10
原稿は無くなっても、印刷所に版下は保存されてる。
よって小学館はいつでも再販できるけど
他社に版権移しての再販は事実上不可能となる。
つうわけで小学館の計画的犯行。
455. Posted by     2008年06月06日 21:10
信じられない話だが、当たり前になってる。
出版社が倒産した際に、原稿持ち逃げしてだらけに売ったクソ編集もいるくらい。
456. Posted by     2008年06月06日 21:11
時間に追われ死に物狂いで描いてたものを無くされりゃだれでも切れるわ。しかも、何年間も続けてた作品の一部となりゃ…
457. Posted by        2008年06月06日 21:11
※449
落ち着け、断定はしてない

まあ尼のレビューは俺も見た、それだけしか書いてないから絶対バーズ編集者のものだと思う。
458. Posted by     2008年06月06日 21:11
スレで同じケースの真鍋のこと書いてあったのに載ってねーのな
ちなみに真鍋の場合紛失枚数は違うが800万ほどの和解金。解決の数年後また紛失したメディアワークスはある意味すごい。
459. Posted by     2008年06月06日 21:11
やはり冠茂はクズだったようだな
460. Posted by      2008年06月06日 21:11
訴状見た
330万円の内訳

カラー原稿1枚30万円×5=150万
慰謝料150万
弁護士費用30万
461. Posted by    2008年06月06日 21:12
社員の小学館擁護のアホはほっといて
雷句さんのブログ読んできてみ、
すごいから。
良くそんな状況で連載続けてたなと思ったが、
基本的に楽しみにしてる読者を思ってのことだったんだな。

もう小学館は駄目なのかもしれん。
462. Posted by |っ'ω'c|   2008年06月06日 21:12
意外と、まんだらけを探すと出てくるかもよ。
出所不明なものも平気で売っているみたいだから。
463. Posted by カトブレパス   2008年06月06日 21:12
ライクさんが、被った損害は

著作権料 × コミック販売数 ÷ ページ数

で、330万ぐらいなんじゃない?

慰謝料とかも含まれてるんだろうけどw

漫画だって、美術的価値はあるでしょ?

画家なんだからw

名探偵コナンの原稿なくしたら、とんでもないことになるだろうな〜。

ヤングサンデーが休刊するぐらいの騒ぎじゃないだろう
464. Posted by 、   2008年06月06日 21:12
頑張って下さい
465. Posted by     2008年06月06日 21:12
ところどころにある釣りなのかマジなのか、
それとも編集者の方ですか的なレスがあるのが泣けてくるな
釣りじゃないとしたら本気で漫画家と漫画を舐めてるとしか思えない
これは自信をもって訴えるべき罪状。がんばれ雷句。
466. Posted by    2008年06月06日 21:13
なぜ売れたのか簡潔に述べよ
467. Posted by     2008年06月06日 21:13
ミスが続いて机殴って骨折したと書いてあるが、ミスしたアシスタントの人の顔も机に叩きつけたっぽいのですが((;゚Д゚)ガクガクブルブル
468. Posted by     2008年06月06日 21:13
雷句がんばれ
469. Posted by 、   2008年06月06日 21:13
美術的・・・まあ裁判だから主張しないとな。
アニメになるほど売れた漫画のカラー原稿となると、欲しい人はたくさんいるしな。
で、一番近くにいた小学館社員がパクったとw
470. Posted by     2008年06月06日 21:14
酒井ようへいっての知ってる?
なんか連載むちゃくちゃにされたってかいてあったけど
471. Posted by    2008年06月06日 21:14
人の物なくしたら叱られるってガキの頃に学ぶんだけどな

大手企業が、ビジネス絡みの物無くすって致命傷だろ
雇用者との信頼の根幹に関わるものだし、今回は只の過失ってわけじゃないだろうからな

子供相手の商売ならイメージも最悪
472. Posted by      2008年06月06日 21:14
陳述書はほぼ全面慰謝料に関してのもの
推測するに、この漫画家、小学館に対する制裁のために訴えを提起したんだな
473. Posted by    2008年06月06日 21:15
流石にここまで腐ってるとは思わなかった・・・
ヤングサンデーと一緒にサンデーも休刊しちまえ
474. Posted by a   2008年06月06日 21:15
なんていうか、創作物を創るのにどれだけのパワーがいるか
分かってる奴とそうでない奴で意見が真っ二つだな…

是非小学館に勝って欲しい
創作業が寂しい事になってる今の日本でこそ
475. Posted by     2008年06月06日 21:16
サンデーってコナンなくなったらあとなにがあるの?
476. Posted by     2008年06月06日 21:16
数年後ヤフオクへ出回るに5000ガバス
477. Posted by あ   2008年06月06日 21:16
小学館の悪業が日の目を見るぜwwwwwwwwwwww
478. Posted by     2008年06月06日 21:16
※474
お前何言ってんの?
社員だろお前 舐めてんのはてめえの方だよ
479. Posted by     2008年06月06日 21:16
ロボットも失くす事はあるさ
480. Posted by     2008年06月06日 21:17
小学館の必死すぎる工作が滑稽だ

この程度の反論しか出来ないレベルじゃ
そのうちボロ出しそうだなw
481. Posted by     2008年06月06日 21:17
これが板垣先生なら即ボッコボコですよ
482. Posted by     2008年06月06日 21:17
オク出品の絵、俺にとっては微妙だな・・・
全盛期の頃の絵がよかった
483. Posted by     2008年06月06日 21:17
美術的価値っつーのは付加価値部分の言い回しだってスレで書かれてるというのに反応してるやつが多いな。

5千円で買った飼い犬を車に轢かれても"弁償"金額は5000円。
ソレ以上を取るならその価値の根拠を示さなきゃならん。
慰謝料とかは典型だわな。
484. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 21:17
このコメントは削除されました
485. Posted by     2008年06月06日 21:18
※474
釣りか?
実際に漫画っつ〜創作物を作ってるのは小学館じゃなくて雷句の様な漫画家だ
小学館はあくまで創作物の継ぎ接ぎをして雑誌って形にしてるだけに過ぎない
お前の理屈なら雷句に勝って欲しいって結論以外はありえないんだがな…
486. Posted by     2008年06月06日 21:18
小学館に「対して」勝って欲しいってことだろ
文脈よめよwwww
487. Posted by *´艸`   2008年06月06日 21:18
ワンピースの原稿がなくなったら面白いのに
488. Posted by     2008年06月06日 21:18
社員の工作はスルーしとこうぜw
こいつらそのうち口割ってくれるぞ
489. Posted by     2008年06月06日 21:18
330万って本が10万冊くらい売れたときの値段か
490. Posted by Posted by   2008年06月06日 21:19
漫画の展示会、展覧会などが催される最近でTV化までした漫画だから「美術的価値」がある、、、というのは百歩くらい譲れば擁護できるんじゃないか?www

しかし、カラー原稿を失くされるのはショックだろうな。作者。
自分と作品の重要度を軽視されている様なもんだもんな。
でも盗まれてどっかで売られていたとしたらソレは逆転するんだがw
491. Posted by     2008年06月06日 21:19
※471
大手小手に関わらず、違法スレスレの慣習や契約書の無い口約束等が罷り通ってるのが漫画出版業界。
492. Posted by     2008年06月06日 21:19
※486
うん、それ無理。
日本語崩壊してるレベルは文脈でフォローきかんwwwww
493. Posted by    2008年06月06日 21:19
※478
おいおいwww
たぶんそれお前の読み違いだぞ。
文脈からして『是非(雷句が)小学館に勝って欲しい』だろw
494. Posted by     2008年06月06日 21:19
しかし陳述書の編集の態度を見るにホント糞だな
小学館側の弁護士もこういうアホの弁護するのに骨が折れるだろうな
なんか担当弁護士に対しても横柄な態度とるんじゃないの
495. Posted by    2008年06月06日 21:19
ブログ読んできたがこの作者相当切れてるな。

あとどうでもいいが椎名高志の漢字間違えてる
496. Posted by saba   2008年06月06日 21:19
さて、とりあえず……

漫画家の原稿には美術的価値がむろんある、
と思うのだが。方便とかじゃなく。
497. Posted by     2008年06月06日 21:20
※452
ブログ見てみた。マジだったのか
手加減損ねるほどキレさせるってどんだけ余計なストレス与えてるんだ


つーかミスを指摘されてふて腐れ、怒鳴られてようやく直すってそれが人の財産も預かる社会人のやることかよ
反抗期の中学生じゃあるまいし
立場に驕って人間腐ればそうなるのか

まあそんな人間ザラにいるけどさ
498. Posted by    2008年06月06日 21:20
ブログ読んだら小学館に怒りが沸いた
499. Posted by     2008年06月06日 21:20
自分で「美術的価値」というのはちょっとな・・・。
しかし紛失する方も悪い。
500. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 21:20
このコメントは削除されました
501. Posted by    2008年06月06日 21:20
絶望先生ネタだな
502. Posted by     2008年06月06日 21:21
小学館って相変わらず糞だな。
503. Posted by     2008年06月06日 21:21
※492
言い訳見苦しいよwwww
誰でもわかるだろこんなん
折角このニュースに対する立場が同じなんだから
冷静になれ
504. Posted by 元スレよめよ   2008年06月06日 21:22
ゆとりども
505. Posted by     2008年06月06日 21:22
※490
お前が漫画とか買うとする。
それはお前が漫画に美術的価値を認めてるからだ。 
506. Posted by    2008年06月06日 21:22
ここで作者非難する馬鹿は死んでくれよマジデ
アニメのセル画のように役目を終えたものは権利者が売却することはよくあることだが
漫画の原本ほど失えないものはないぞ
漫画であれアニメであれ。
JOJOの荒木神の原稿がもしも裏で流されたりしてみろよ
穏やかな荒木が突如として人間をやめてしまうかもしれない
人間をやめられると困るんだよ
507. Posted by     2008年06月06日 21:22
久米田先生は幸運ですね^^
こんな糞雑誌に早々と見切りをつけて自分はマガジンから作家いじり

>>501
間違いなく来週の絶望のネタになるwwww
508. Posted by     2008年06月06日 21:22
33巻が平成20年6月18日に発刊予定

『予定』っていうのが・・・
永久に33巻が出ないなんてことは無いだろうな・・・
一応表紙も書き下ろしたみたいだけど・・・
509. Posted by     2008年06月06日 21:22
トップの絵、ノノが成長したティオにしか見えないなw
510. Posted by     2008年06月06日 21:23
※493
既に言われてるが、文脈でフォロー出来る様なレベルのミスじゃないぞwwwwwwwww
人に理解求める前にまず己の愚行を如何にかせいとwww

※499
美術的価値ってのはあくまで裁判用の建前だろうよw
裁判すんのに必要だから弁護士と相談してこういう言い回しを使ってるだけだろう品
511. Posted by あ   2008年06月06日 21:23
カラー原稿1枚30万円×5=150万
慰謝料150万
弁護士費用30万
512. Posted by     2008年06月06日 21:23
美術的価値は知らんが、自分が創り上げたもんを失くされたら怒って当然だろう。
俺だって自分が書いた図面失くされたらキレると思うし。
513. Posted by     2008年06月06日 21:23
未だに「漫画家」ってだけで、馬鹿にしてる奴が居るんだね。
可哀相にな。
514. Posted by     2008年06月06日 21:23
ガッシュ好きだったなあ
サンデー編集部ってそんなに酷かったのかー
515. Posted by     2008年06月06日 21:23
2755>お前の方がおかしいだろう。
「給料が少ないのがいるのはわかるが、それで文句ゆーなという話」

↑誰が給料の少なさを嘆いているんだ?給料が少ない事に嘆いているんじゃなくて、多くの人は一般常識からかけ離れた主題に対して、自分の常識と比べ合わせて、おかしいから批判してるんだろう。

516. Posted by     2008年06月06日 21:23
※503
いや、俺その当人じゃねーからwwww
ただ俺もパッと見て「ん?んん?んー……(3秒)あ、主語抜けてる」とえらく時間かかったんだよwwwww
517. Posted by    2008年06月06日 21:24
※474
下の二行目が間違えているぞ。
原稿を創ったのは作者であって、出版社じゃない。
「創作業が寂しい事になってる今の日本でこそ作者に勝って欲しい」だろ。

原稿を無くすような糞みたいな出版社ではなくてな。
518. Posted by     2008年06月06日 21:24
漫画は画集とかと同じで、原稿の絵に価値があり
小説の場合は文章その物があれば再販できるから
原稿そのものには金銭的な価値が小さい。

「美術的」とは、美術品・画集と同様の扱いで原稿を見て欲しいということだよ。
ここを小説のように低く判断されたくないという主張だな。
519. Posted by     2008年06月06日 21:24
※506
いや、むしろやめてあの若さの理由を教えて欲しい!
520. Posted by    2008年06月06日 21:24
雷句が他誌で新作出したら、絶対買うわ。サンデーはもう買わね。
521. Posted by    2008年06月06日 21:24
昔無くしてたと思った原稿がオクで流れていた事に対して訴訟を起こした事件があったな
522. Posted by     2008年06月06日 21:25
そりゃ無くしたら怒るわな。
523. Posted by     2008年06月06日 21:25
小学館クソすぎるだろ
責任とってサンデー廃刊にしろや
524. Posted by     2008年06月06日 21:25
「原稿を「著作物」として扱われることはあっても、「美術品」として扱った前例がない」
言われてみればそういう気がする
525. Posted by     2008年06月06日 21:25
※510
俺はそれ書いた奴とは別だよwwww
100歩譲って日本語として間違ってても
これが文脈でわからないとなると可哀想
526. Posted by    2008年06月06日 21:25
本文だけ見たが作者叩いてるのは
編集者にしか見えないwwwwwww
527. Posted by     2008年06月06日 21:25
ジャンプ編集部はもっと酷そうなのに
こういう訴訟沙汰の話は聞かんな
528. Posted by     2008年06月06日 21:26
ゆとり世代が社会人になるとこういうことがおきるのか。ゆとり世代始まったな
529. Posted by     2008年06月06日 21:26
※503
如何流れを見ても、言い訳をしているのはお前さんの方な件について
そもそも、ミスなり意図的なりは考えないにしろ、”絶対的に必要な一文”を記載して無い時点で、それはソイツの責任に拠るミスでしかないし、それに対して「文脈見りゃ判るだろ」なんて言った所で、どう足掻いても言った奴の発言自体が既に言い訳でしかない。
530. Posted by     2008年06月06日 21:26
普通に編集が売っちゃったんだろ、小遣い稼ぎに。欲が絡むと人間ばれたら大問題なこともしちゃうんだよなー
まぁ金額的に妥当なんじゃね、吹っかける人はもっと吹っかけるし。
誰かが弁護士の報酬とかも含めての詳細張ってたし、まぁこんなもんだろ。
再販できない問題に関してはあくまで取らぬ狸の皮算用であるからそこまで含めると訴えが通り難いと思ったんだろうな、とりあえず告訴して溜飲下げる意味もあるんだろ。
負けたらもっと顔真っ赤になるがw
531. Posted by     2008年06月06日 21:26
もし編集が本当に売ってたりしたら、
買った人名乗り出たら面白い事になりそうだけどな。
532. Posted by     2008年06月06日 21:27
※527
あっちはある意味もっと徹底してるからな。うち切りレース。
533. Posted by     2008年06月06日 21:27
叩いてるやつはとりあえず作者ブログ読んどけ。新人作家を守るためにわざと高く損害賠償を求めてるってさ。
534. Posted by Posted by   2008年06月06日 21:27
※474
釣れますか?
535. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 21:27
このコメントは削除されました
536. Posted by     2008年06月06日 21:27
もうサンデーでは見れないのか
ん?でも他の雑誌だって50歩100歩じゃ…
537. Posted by     2008年06月06日 21:27
ガンバスターのカラーイラストは光の速さで保存した。あれになら、俺のなけなしの貯金全額つぎ込める。
538. Posted by 。   2008年06月06日 21:27
いやいや、昔のマンガの原稿はコマをバラバラにして読者プレゼントに…
539. Posted by a   2008年06月06日 21:27
blog見たがほんとにひどいんだな。
今のサンデーはほんとひどいのが多いと思ってたが、編集がこれじゃ当然だな。
なんにせよ雷句さんには頑張ってほしいわ。
これだけ小学館には腐った人材が多いんですよーってのが伝わるだろうしw
540. Posted by      2008年06月06日 21:27
とりあえずスレ>>450をぶん殴ってやりたい
541. Posted by     2008年06月06日 21:28
小学館のような大手が原稿紛失って…もっとまじめにやれよ…
という弱小出版社のつぶやきでしたw
542. Posted by     2008年06月06日 21:28
この記事の内容で作者叩いてるのって
編集者、出版関係者にしか見えないよなw
543. Posted by    2008年06月06日 21:28
美術的価値にひかかってる奴って頭悪いの?
544. Posted by     2008年06月06日 21:28
雷句さんの漫画は大好きなだけに、こんなトラブルに巻き込まれてしまうなんて気の毒だ…。
師匠の藤田さんの反応も気になるところだが。
545. Posted by    2008年06月06日 21:28
がんばれ作者!
546. Posted by     2008年06月06日 21:28
訴状の一番下

「証拠方法          
1 甲1 フリー百科事典「ウィキペディア」より」

おいおいw
あの記事俺も結構いじってるのにw
547. Posted by     2008年06月06日 21:29
533
損害賠償を高く求めてるというより小学館側の提示額が不相応なくらい低いって話じゃねーの
548. Posted by     2008年06月06日 21:29
515ですが、投下場所を間違えた。すみません。
549. Posted by     2008年06月06日 21:29
雷句のブログよんで
木多康昭と編集って
どんな状態なんだろうと
ふと思った
550. Posted by     2008年06月06日 21:29
330万…分かるやつから見れば安いけど
一般人や裁判官から見れば漫画家の地位も低いし理解できないんだろうな
551. Posted by     2008年06月06日 21:29
>>536
他の雑誌にも原稿の扱いとかを改めてほしいってことかな?
552. Posted by     2008年06月06日 21:29
それだけまだ作者<<<<出版社の縮図が根強く残っている。
売れてなければ構図は変わらないが売れてくると逆になる。
その逆のタイミングを押し下げようと言う裁判の意味合いも強いのだろう。

声優がDVDや映画の著作権が認められたのもほんの2・3年前。
漫画家は売れて暮らすか、ただ死ぬか、手塚治虫氏がそう言う位だからまだまだ地位的には低いのは周知の事実だ

とマジレスしてみた
553. Posted by     2008年06月06日 21:29
※540
同意。
敢えて絵柄をアニメのそれに近づけてるだけだっつーのに。
554. Posted by     2008年06月06日 21:29
美術的かどうかは置いといて
実際そのくらいの金額を生み出せる可能性はあるわな
555. Posted by     2008年06月06日 21:30
ほんとほんと
出版業界のアホ連中にとって図星の痛いニュースなのに
必死になって作者にすり替えようとしてるし
556. Posted by    2008年06月06日 21:30
荒木が若さを保っている秘密はただ一つッ
波紋呼吸法に加え、描き上げた原稿に読者の感想や叱咤激励の魂が乗り移るゥ!!
それを大事に保管している集英社の上空高度1000万曽絛から宇宙の考えることをやめたカーズ様に送られ、増幅したエネルギーを直接次元を越えて荒木が吸収しているのだァ!!
557. Posted by      2008年06月06日 21:30
※518
お、法律の素養があるお方だ
慰謝料150万円について感想を教えてほしい
558. Posted by     2008年06月06日 21:31
てかガッシュの作者レベルで1枚17,000円って新人漫画家の原稿料ってどんだけ安いんだよ
559. Posted by     2008年06月06日 21:31
※554
お前が漫画に「面白い」と思うそれも美術的価値なんだよ。
思わなければただの紙くずだろ?
560. Posted by     2008年06月06日 21:32
原稿をFAXで送ってた漫画家いなかったっけ?
561. Posted by     2008年06月06日 21:32
俺は雷句の絵には美術的価値があると思うよ。下手くそな絵に見えるし、最初の頃はなにこれ?と鼻で笑ってたけど、あれはあれで味があるんだ。とてもいい味が。
単行本巻末のあとがきコーナーではいっつもバカみたいなこと描いてたけど、ほんとは苦労してたんだな。読者のために頑張ってくれてたんだろう。
がんばれ、雷句。応援してるぞ。
562. Posted by     2008年06月06日 21:33
※558
今丁度やってる、えーと、なんだっけ。
あのアルバトロスの作者が「死ぬ!死んでしまう!」という勢いで叫び出したほどに安いらしい。
563. Posted by 神のみぞ知るセカイ   2008年06月06日 21:33

いっぽう、若木民喜は「小学館以外では仕事したくない」と言った。



……大丈夫なのか、たみー
……まさかおまえも原稿紛失とかされてないだろな
564. Posted by     2008年06月06日 21:33
前もあったな。
まんだらけとかに裏で
売られてたんじゃないの?
565. Posted by     2008年06月06日 21:33
とりあえず小学館の高島雅と飯塚洋介は鼻持ちなら無い奴らしいね
566. Posted by     2008年06月06日 21:34
訴訟で欲しいのはお金じゃないよ、相手に謝罪させるためには民事で損害賠償を請求しないと裁判にならない。
自分の大事な原稿がヒドイ扱いを受けた、そういう大事なモノを無くされたから怒ってるんだろうし。
だから金銭的じゃなく二度と同じモノが描けない=美術的価値って言ってるんじゃ無かろうか。
昔、真鍋譲治がライの原稿無くされて雑誌変わんなかったっけ?
567. Posted by     2008年06月06日 21:34
>>558
原稿料は新人でも2〜3割引くらいの額じゃないの?
漫画家は単行本やグッズの収入で稼いでくれって感じだろうし
568. Posted by     2008年06月06日 21:34
こりゃ勝ち目ないでしょ、小学館・・・

唯一勝てるのは「あっ、見つかりました!はい、お返しします」のケースだけ。
今から、横流しした先に土下座して返してもらうんだろうか。
569. Posted by    2008年06月06日 21:35
作者にとっての美術価値は作者自身の魂が込められた作品そのものだろうがあああああ
ヤギに一万円札を渡すとムシャムシャ食ってしまうだろう
美術価値じゃないが価値が分からない動物に与えることを豚に真珠、猫に小判、馬の耳に念仏なんだよ
美術価値があるかだと?馬鹿者が
どうかは貴様らが決めることじゃねー
作者が命を削って作ったものを無くされてキレるのは当たり前だろ
570. Posted by     2008年06月06日 21:35
ぬるぽ
571. Posted by     2008年06月06日 21:35
>>558
一応断っとくけど、雷句ってまだ漫画界じゃ『若手』扱いだぞ
実際まだ活動期間一桁だし、連載一本だけ
ヒットはしててもあまりでかい態度取れるような作家ではない
572. Posted by     2008年06月06日 21:36
※559
その「美術的価値」を自分で言うのが問題なんだろ
損害賠償自体は妥当だと思うよ
573. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 21:36
このコメントは削除されました
574. Posted by     2008年06月06日 21:36
告訴するには、対象物の価値を日本語で説明しないといけないから
「美術的価値」って言っても別に問題ないだろう。
美術的にどの程度高いかは、人によるけど。

それよりも、何時間何十時間もかけて描いた原稿を「ごめ〜ん!なくしちゃった!」じゃブチ切れるのも当然だろ。
もうこれで、カラーで再販はできなくなっちゃったわけだから。
こんなことになるなら、最初からコピーしたものを渡しとけば・・・ってなるわな。

ガッシュは好きじゃないが、この作者には漫画家としてのプライドを見た気がする。
今後応援するぜ。
575. Posted by      2008年06月06日 21:36
※568
それでも無理だろ
逆に雷句先生を怒らせてしまうぞ
576. Posted by     2008年06月06日 21:36
締め切りに必死になってカラー原稿を上げたら、その原稿は取りにこない。「なぜか?」を聞けば、「いつでもいいだろ」との返答、この人もまた仕事場で怒ってからやっと遅刻も直り、喧嘩を売る態度も消えました。

 雷句のブログみてきたけどこれ普通に
リーマンとしてもあり得ないなwww
 小学館の編集者って一応高学歴の連中
があつまってんだろ?給料もいい額もら
ってるだろうにちゃんと仕事しろよな

 漫画で大きくなった会社なのに漫画家
大事にしないとかなにしてんだよ
577. Posted by Wakamoto   2008年06月06日 21:37
ビクトリームも応援しているぞ
578. Posted by     2008年06月06日 21:37
生原稿欲しいわ
579. Posted by     2008年06月06日 21:37
※572
お前馬鹿だろ
スレをもっとよく読めよ
580. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 21:37
このコメントは削除されました
581. Posted by     2008年06月06日 21:38
※572
ちゃうねん。
美術的価値を言いださなきゃ原稿料分しか返してもらえないのよ。
だって原稿には原稿としての価値しかないから。

5千円で買った犬は車にひかれても弁償してもらえる額は5千円なのよ。
愛犬だったとしてもな。
慰謝料は別だぞ。慰謝料がこの場合美術的価値に当たると思えばいいさ
582. Posted by      2008年06月06日 21:38
カラー原稿1枚30万円×5=150万
慰謝料150万
弁護士費用30万
583. Posted by    2008年06月06日 21:38
>>561
ヘタクソとか平気で言ってる人間は絵が描けないし描いたこともない
絵を描く人は誰もが通る道をその人も歩んでいる上手くなっていくのがみえるからヘタクソとは決して言わない
価値があるかどうかは買うか買わないかそれだけのこと
584. Posted by    2008年06月06日 21:39
数枚ってのが本当に2、3枚なのだろうか?

例えば表紙のカラーイラストは1枚、数十万するわけで

原稿紛失は原稿料の3倍返しって風習はあるにしても

3枚で330万くらいなら余裕ででる可能もあるしな。
それが5枚10枚とかだったら330万は全然安いぐらいかもしれない。

585. Posted by     2008年06月06日 21:39
※580
 おれも今ブログよんでたんだが酷いよな
ヤクザじゃないんだから社会人としてこんな
組織があんのかよとかオモタ。

 まじでひくわ
586. Posted by     2008年06月06日 21:40
※576
漫画が好きでやってる「プロ」の編集はまずいない。
出版社のいち社員がたまたまその部署に回されたとかそんなのが大半。
「俺は文芸とかやりたかったのに」とか端っから漫画蔑視の志向がある奴は、
訴状にあるよなクソ編集へと変貌する。
587. Posted by    2008年06月06日 21:40
572. Posted by   2008年06月06日 21:36
※559
その「美術的価値」を自分で言うのが問題なんだろ
損害賠償自体は妥当だと思うよ



自分で言わなきゃ誰が「価値のあるものだから損害賠償してもらいます」と言うんだよ
親か?親戚か?友達か?

お 前 は 馬 鹿 か ?
588. Posted by    2008年06月06日 21:40
サンデー編集部では編集長からして最悪らしいな。
編集部内で力のある編集者は他の編集者の担当漫画家が売れ出したら、その担当を奪って自分の実績にして更に力を増していくようで。
若くていい編集者は古参編集者に食いつぶされるだけ。
そりゃあ、サンデーも落ちぶれるだろ。
589. Posted by      2008年06月06日 21:40
※560
それは地方とかに在住で、ネームとかコマ割りとかの
打ち合わせのために、FAXで送っているということだろ?
590. Posted by     2008年06月06日 21:41
サンデーは作家に優しい。
そう思っていた時期が僕にもありました。
591. Posted by     2008年06月06日 21:42
畑君もマガジンに移って師匠とパロやれよ
592. Posted by     2008年06月06日 21:42
ブログ読んだけどひどいな…

こういうことは、これくらいの人気漫画家じゃないと出来ないことだと思うから
他のひどい扱いを受けてる漫画家さんとかのためにも頑張って欲しいです
593. Posted by     2008年06月06日 21:42
どこの編集も屑が揃ってるな
そりゃ部数落ちても仕方ないわ
594. Posted by    2008年06月06日 21:43
※587
だな
「美術価値がないなら訴訟起こされても困ります」で突っぱねられるからな
595. Posted by     2008年06月06日 21:43
美術的価値があるかどうかは、作者が決めることではない。
596. Posted by     2008年06月06日 21:43
まぁなくなったのが普通の原稿ではなくカラー数枚ってことは間違いなく小学館内部の誰かがパクったわけで。
パクったのが上の連中でも下の連中でも小学館はきちんと責任取るべき
金云々よりも自分が7、8年間一生懸命描いたのが失くしましたじゃ怒って当然だろ
597. Posted by     2008年06月06日 21:44
溜まりに溜まった怒り爆発だなw
昔ならともかく今の大手出版の編集は過去の先人らの貯金でデカイ態度取れるだけで
現状の雑誌の売り上げは下がりっぱなしだしな
598. Posted by     2008年06月06日 21:44
新人だったらそれこそゴミ屑扱いだろうな
秋山先生とかも言ってたしw
599. Posted by     2008年06月06日 21:44
事件が発覚した時点で雷句の勝ちかな?
600. Posted by     2008年06月06日 21:44
※590
老害に優しいの間違いだろ(w
601. Posted by     2008年06月06日 21:44
※572
「美術的価値」ってのは、訴状に書かれていることだよ。
何か勘違いしてるのかもしれないけど、「美術的価値」って表現は「その位すごいもの」って意味じゃなく、「原稿料相当以上の価値のあるもの」って意味。
原稿料もらったんだからもう対価は支払ったでしょ、で終わらされないよう、転売されれば相当額の値段がつくことや、コミック発刊と切り離せないものであることを主張してるのが、この「美術的価値」って言葉になってる。
なんでもない時に使う「この作品には美術的価値が〜」という言葉とは、全然意味違うのよ。
602. Posted by     2008年06月06日 21:44
もし横流してるにしろしてないにしろ原稿紛失やっちゃった奴の首切るくらいのパフォーマンスは必要だろうな。
一応企業なんだから世間からの信頼第一だろ、紛失するなんて企業として信頼するに値しないってことだから。横流しなんて論外。
金目当ての訴えではないだろ、訴えた金額なんて印税で軽く補えるだろうし、再販できないことを考慮すればもっと吹っかけてもいいくらいだろ。
美術的価値ってのは良くある建前ってやつじゃないの?訴える上での形式みたいなのあるし、まぁ詳しい人に聞いてみるのが一番なんだけどw
603. Posted by     2008年06月06日 21:44
※595
この中に工作員がおる……お前やろ!!
604. Posted by     2008年06月06日 21:45
それだけ自分の作品に情熱もっているのはいいことだな
605. Posted by      2008年06月06日 21:45
まあ自分の描いた人気漫画の現物が手元に残らないってのは悲しいな
606. Posted by     2008年06月06日 21:45
※580
これはひどいwwwwwwwwwwww
607. Posted by     2008年06月06日 21:45
米600
ワロタ
608. Posted by    2008年06月06日 21:46
二次オタにとってイベント限定フィギアを預けておいて無くされた様なもんだからな。

よく分かるよ。
609. Posted by      2008年06月06日 21:46
著作権に過敏になってきてるのに、漫画家の著作権には鈍感なんですね、わかりたくねーw
610. Posted by      2008年06月06日 21:46
※601
すまん
慰謝料の額について一言ください
611. Posted by    2008年06月06日 21:46
美術的価値とは言いすぎだと思うけど
商業的価値としては妥当な額じゃねぇか
慰謝料とかもろもろふくめればもう少しいってもいいはず
612. Posted by a   2008年06月06日 21:46
請求額うんぬんよりも、自分のところの掲載原稿の管理もしっかりできてないサンデーは終わってるな。
編集部にとっちゃ、原稿なんて何よりも重要な書類ちゃうんか。
613. Posted by     2008年06月06日 21:46
「美術的価値」にしておかないと、掲載巻の印税をページ数で割った額や、
原稿料に少し上乗せした程度の額を実際の被害額として提示される
可能性がある。
実際は完全版の発行機会が失われたり、トビラ絵の場合だと版権商品への
二次利用が不可能になったり、それ以上の被害が発生してるわけでな。
でも裁判官がアホだと、取らぬ狸のなんとやらで一蹴されるかもしれんのよ。
614. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 21:46
このコメントは削除されました
615. Posted by …   2008年06月06日 21:46
小学館ひどいな…
616. Posted by     2008年06月06日 21:47
もうサンデー買いたくないけど、
椎名さんや畑さん、藤田さんとかが読みたいんだよ・・・。

みんなマガジンかジャンプに移ってくれんかなぁ。
617. Posted by     2008年06月06日 21:47
美術的価値はまぁ建前ってことだろ
330みたいな中途な額でなくとりあえず求めるだけなら1000ぐらいいこうぜ
618. Posted by      2008年06月06日 21:48
プロの生原稿って1枚1枚、本当に人が描いたもんなのかってくらい輝いてるからな

てか原稿紛失って・・
捨てるとかありえないし、誰かこっそり持ち出したんだろ
619. Posted by      2008年06月06日 21:48
何年も描き続けた作品が未完で終わるような衝撃
620. Posted by    2008年06月06日 21:48
595. Posted by   2008年06月06日 21:43
美術的価値があるかどうかは、作者が決めることではない。



※601見ろボケ
621. Posted by      2008年06月06日 21:48
>616
椎名先生のコミックスは買いたい、が、小学館の売り上げになると思うと悔しい
622. Posted by      2008年06月06日 21:48
原稿料って言うから買い取って掲載しているモノとばかり思ってたから貸し出してる形だとは知らなかった
623. Posted by     2008年06月06日 21:49
小学館って著作権関係きびしいけど作者には厳しいってとか終わってるなw

著作権は作者のためにあるべき屑がしゃしゃりでるな
624. Posted by    2008年06月06日 21:49
これは、値段の問題じゃない。
もし本気で訴訟起こす気だったら、500万〜1000万ぐらいはまずふっかけると思う。

これは訴訟起こすのが大事なんだろ?
こうやって、周りに小学館のなんたるかを知らしめるためだと。
私は思うんだが。
ハズレだろうか?
625. Posted by     2008年06月06日 21:49
              , - ‐‐ ‐-、__
           /   , -、       \
         /    /   ノ_,__/| ハ  ヽ
         /     ゝ--ァフ=ミ、 ´ 丶ト、 |
        /   /  /   /{ .トゥイ!    ,>ヽ Yヽ
      / / /  /   / ` Y:::ノ    {:::Y\,ノ やさしい編集者がいてくれたら
        | / /  |    |   /し    入イ|  |
        | |  |   |    |         //.|i  |  こんなつらい戦いはしなくてよかったのかな?
       | |  |   |   |  `ー- -   /|  |
      ヽ | ヽ  ヽ   |       ,/ |  |
         \ ヽ  ヽ  `Yー - '´/ ,rく  /
        /ー'ー-ャ-'ー 'ト、  _,、__,人__ノ
       /      `\,/ \´
626. Posted by    2008年06月06日 21:50
単行本その物が出るかどうかわからない
秋田書店はどうなんだろう
627. Posted by      2008年06月06日 21:50
原稿買取なら原稿料より儲かるわけだがw
628. Posted by     2008年06月06日 21:50
小学館いい加減にしろ!

他の少年紙はもう買わなくなったが、唯一サンデーだけは未だに買ってるんだよ。
失望させるな!
629. Posted by    2008年06月06日 21:50
「美術的価値はともかく」

ってのが多過ぎてワロタ
630. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 21:51
このコメントは削除されました
631. Posted by     2008年06月06日 21:51
※436
それ編集じゃないかと思ったんだけど、どうなんだろ

ていうかブログ見たけど、本当にひどいな。
こんな状況でよく連載続けたよ。
この人の書く漫画は好きだし、がんばって欲しい。
632. Posted by     2008年06月06日 21:52
美術的価値と言ってるのは弁護士にそう言えと言われてるからだろ
ここに引っかかってる奴は論点ズレすぎ。馬鹿かと
633. Posted by     2008年06月06日 21:52
まあ、「商業的価値」だと「すでに対価は払った」とゴネられるからな。
カラー扉はグッズに転用するのが常だから、実際の被害額は330万
どころじゃないよ。
634. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 21:52
1 このコメントは削除されました
635. Posted by    2008年06月06日 21:52
改蔵打ち切るような編集部は糞だと思ってたが
まさかここまで酷いとはな・・・

再来週くらいの絶望先生が楽しみだな
636. Posted by     2008年06月06日 21:52
小学館に人間はいないのか
637. Posted by     2008年06月06日 21:53
なんか今までさんざ叩かれてたジャンプの編集者が人格者集団に思えるわw
よく考えたら幕張を掲載してた編集部だしな
今でも銀魂とか見たら、作家にいじられることを許容してるみたいだし
638. Posted by     2008年06月06日 21:53
改蔵は打ち切られて当然だろ……
639. Posted by     2008年06月06日 21:53
なるほどな、そういう理由だったのか
640. Posted by 601   2008年06月06日 21:54
※610
主張してるのは330万の損害賠償だけど、妥当なのかどうか、「数枚」って表現なんでちょっとわからない。
チャリティーオークションとかの額が本スレに出てたけど、あの位つく生原稿が10枚前後って考えると、妥当かなぁ。
コミック発刊には欠かせないこと考えると、損害は甚大だから、もうちょっと主張できる気もする。あくまで「カラーの生原稿」として取引することのみを想定してあの額にしてるのかもしれない。

でも、損害賠償で満額いくケースはレアだから、落としどころは半分程度じゃないかと思う。
満額もしくは200〜250万で小学館が示談に持っていけばいいんだろうけど、それができるなら提訴まで行ってないよなぁ。
641. Posted by なまえ   2008年06月06日 21:55
何日も徹夜して寿命を削って作った作品が
「紛失しますた。ごめりんこ♪」じゃ
キレるだろ・・・
642. Posted by    2008年06月06日 21:55
雷句先生のブログ見てきたけど、紛失カラー原稿のひとつに、第一話の表紙があるのな。
そりゃ怒るよなぁ…自分が生み出した初めてのヒット作の第一話表紙が無いって、
どんな想いか想像すると泣けてくる。
もちろん他のカラーも大事だけど、第一話の表紙って、特別じゃないかな作者にとって。
643. Posted by 西原理恵子   2008年06月06日 21:55
お前は知らんだろうから教えてやる
漫画業界では原稿を紛失すれば原稿料の10倍返しが鉄の掟
この漫画はページ○万

数ページで○00万がっちょり
500万の損失なぞ
すぐうまる
644. Posted by     2008年06月06日 21:55
ジャンプとマガジンの編集はやさしいだろ
冨樫とかGTOの作者とか例がある
645. Posted by    2008年06月06日 21:55
さすが度胸星打ち切った会社
646. Posted by    2008年06月06日 21:55
「市場的価値」の方が誤解がないと思うんだけどなあ。
漫画原稿だからってわけじゃなくて、ゴッホだろうが村上隆だろうが法廷で材料費や人件費以外の金銭的な付加価値を認める場合は「市場的」とか「商品的」って言い方で統一すればいいじゃん。
647. Posted by     2008年06月06日 21:55
>621
だよねぇ。
いい作家がサンデーに残ってるのが
悔しい。
小学館に儲けさせたくないわ。
648. Posted by     2008年06月06日 21:55
椎名は百貨店とか書いてた頃はよかったな

あの頃はサンデーも面白かった
649. Posted by    2008年06月06日 21:56
美術的価値って言葉に疑問を抱いてるならば

丹精こめて作ったもの
同じものが2つと作れないもの

とでも脳内変換してくれや
その付加価値くらいさすがにわかるだろ?

本人は本件で論点とはしてないが
金銭的価値もあるのは言わずもがな

俺が欲しいかと言われれば・・・・まあそれは関係ない
650. Posted by     2008年06月06日 21:56
>>616コンビニの雑誌コーナーで立ち読みと言う手があるじゃない、コミックも中古で買えば自分自身は小学館に金払わなくてすむ。まぁ新品で買ったほうが作者に金が行くから好きな人だと迷うところだよなぁ。
俺ARMSとか好きだったから迷ったけど全部新刊で揃えたし。

ライク先生は人気でてそれで固定のファン層も着いただろうから小学館と縁切っても大丈夫なんじゃないかなとは思う、結構人気作家の取り合いあるって聞くしさ。
651. Posted by     2008年06月06日 21:56
コンビニで売ってるような復刻版コミックの権利を
データ握ってる小学館が独占するって事だもんな。
故意だとしても過失だとしても、悪質すぎるわ。
652. Posted by Posted by   2008年06月06日 21:57
アニメになった時にタイトルについた「ベル」って何のことだ?(真顔)
653. Posted by     2008年06月06日 21:57
原稿くらいどうでもいいじゃんwと思ったが
ブログ読むとやっぱりひどい。
これで年収1000オーバーはいくだろうから編集者はボロい商売だ
元記事さっと見ただけで米してる人は元ネタちゃんと読むべきだな
654. Posted by     2008年06月06日 21:57
※644
マガジンの編集がやさしいとか
なにをソースに言ってるんだwww

身近に漫画家志望のやつがいたら聞いてみろよ
マガジンの編集部なんてそれこそヤクザぞろいだぞ
655. Posted by      2008年06月06日 21:57
※640
おお、コメありがとう

訴訟物は不法行為に基づく損害賠償請求権+物権的返還請求権な

費目の内訳
カラー原稿1枚30万円×5=150万
慰謝料150万
弁護士費用30万

慰謝料150万っていうのがどうなのかと

656. Posted by     2008年06月06日 21:57
いま頃古本屋の倉庫の中かな
657. Posted by     2008年06月06日 21:58
※637
ジャンプはマシリトの時代から……

尾田栄一郎が読み切りの人気なかった新人時代に「お前ほど努力してる奴が成功しないはずはない」みたいなことを担当に言われて励みになったと画集に書いていた。
今の尾田におべんちゃら使うのならともかく、まだ有象無象の新人の一人でしかなかった尾田にそういうこと言えるんだから偉いと思った。
658. Posted by     2008年06月06日 21:58
ちなみに漫画原稿は湿度などを管理しておかないと劣化しやすく、
ワンルームマンションを自宅兼仕事場にしているようなクラスの作家
では保管が難しい。
だから漫画家への返却を渋り、設備の整った出版社側で保管しようと
する編集者も普通にいるんだけど、こう杜撰な対応を取られるとなあ。
659. Posted by     2008年06月06日 21:58
米571
若手って言っても知名度からいっても
十分クラス的に中の上はあると思うが。
660. Posted by     2008年06月06日 21:58
圧力で消されるとか書いている奴いるけど
雷句くらいだと、一生遊んで暮らせる金はゆうに持っているだろうからな〜。
661. Posted by      2008年06月06日 21:58
いでじゅう打ち切ったサンデーだ
なかさく可愛いかったのに………
662. Posted by    2008年06月06日 21:59
無くしたより盗られた可能性が高い気がするな
663. Posted by      2008年06月06日 21:59
金剛番長面白いのにな
664. Posted by    2008年06月06日 22:00
小学館マジで嫌な奴多い。
間接的に仕事してるんだがマジで油断してると安く使おうとしてくる。
俺も名前出したいぜ。本気で氏ね!
665. Posted by     2008年06月06日 22:00
米652
それいったらガンバリスト駿はどうなるんだ?
666. Posted by     2008年06月06日 22:00
ジャンプの編集者は逆に仕事の鬼って感じで
漫画家に怖がられてそうなイメージがあるが
マガジンはヤクザな感じで
どっちも仕事はしてる分マシかもな
667. Posted by     2008年06月06日 22:01
 ちなみにサンデーの編集部は花形業務。一千万近い年収をもらっている。連載している中堅漫画家より給料は上。
 それが看板作家の原稿も満足に管理できないんだからな。
 マジで「自分達がだれに食わせてもらっているか」考え直せ!連載原稿料だけで生活できない作家が多いのに
668. Posted by     2008年06月06日 22:01
>650
同意。
好きな作者には儲けてほしいねぇ。

「もう小学館とは仕事しません」発言の裏側には
こんな今までの確執があったんだな。
雷句先生ガンバレ。
669. Posted by     2008年06月06日 22:01
金剛番長は某ゲームに似すぎててどうも…
670. Posted by    2008年06月06日 22:02
>>352
1番最初の頃に描いたのって
思い入れもあったろうね。作者が可哀想だ。
671. Posted by     2008年06月06日 22:02
※654
確かにマガジンの編集はヤクザまがいだが、漫画家も負けず劣らず……
梶原一騎あたりとやりあうために、そういう編集が育っていったのかもw

ジャンプは昔から連載引き延ばしや十週打ち切りは編集のせい、と読者サイドからよく言われていたが、作家サイドからの悪口はあまり聞かないな。確かにジャンプ帝国に逆らえないってのもあるんだろうが、漫画の中でネタにされる率の高さを見ると、昔から漫画家との関係を築くのが上手いのかも。
672. Posted by     2008年06月06日 22:02
ていうか、陳述状みてみると原稿だけだったら訴訟ならなかったと思うんだよな
(表向きは原稿紛失が一番訴えやすい方法だったから、それで訴えたんだろうけど)
673. Posted by     2008年06月06日 22:02
雷句ていったらうしとらのアシの時を思い出すんだが。
674. Posted by    2008年06月06日 22:03
老害と言われる作家を優遇して新人にそのしわ寄せを行かせたり、良作の明らかな打ち切りや安西みたいなパクり漫画家推したり見ててサンデーの編集は糞だなと常々思ってたがね。パン漫画やフィギュアスケート漫画の糞化も編集のせいだと思ってる
675. Posted by     2008年06月06日 22:03
>いるじゃないですか?もう描かないと言って、また戻って描く人が・・・

安西先生のことですね、分かります
676. Posted by     2008年06月06日 22:05
それでも終わりかけのデスノート第三部が何とかしてくれる
677. Posted by     2008年06月06日 22:05
※612
編集部からすれば印刷してしまえばただの紙なんだろうね。

それにしても、コミックスの重版もあると思うんだが、
あれらはすべてデジタルデータでやってるって事か?
それなら、デジタル化したら作者に返して作者に管理させるほうがいいんじゃないか。
678. Posted by    2008年06月06日 22:05
>>673
ヒーローババーンの事か。
お前とはうまい酒が飲めそうだ。
679. Posted by     2008年06月06日 22:05
674
でも多数の読者に支持されるから連載が続くわけで……
政治家の質が国民の質を表す、ってのと同じじゃないか……
680. Posted by     2008年06月06日 22:05
金剛番長の編集は煽りのセンスからしても相当マトモな編集だが
何でこんな人が肥え溜にいるんだろうか
681. Posted by      2008年06月06日 22:06
ローゼンは再開したって話。
幾つかのブログで記事は読んだ。

無くしたのは噂だが、もし本当に嘘だったら
編集部が公式に否定するだろ。そんなデマを
黙認したら漫画家からの信用を失うからな。
682. Posted by     2008年06月06日 22:06
この後、ヤフオクに出品されてて騒ぎになるんですよねわかります。
683. Posted by Posted by   2008年06月06日 22:06
菅野さん、マジで小学館でやってくなら気をつけてくれ・・・。
潰されねぇか、めちゃめちゃ心配だよ・・・。
編集長や福編でこれじゃぁ・・・。
684. Posted by     2008年06月06日 22:06
ジャンプとマガジンの編集は木多が居たくらいだから大人だわな

そういえば畑君はサンデー編集のネタをやらないような…
685. Posted by     2008年06月06日 22:06
           ,ィヾヾヾヾシiミ、 
          rミ゙``       ミミ、
          {i       ミミミl 
          i゙i ,,,ノ 、,,-=、 ミミミ!
           {_i=・}-{_=・`} ̄レゥ:}
             l ̄,,,,_,゙ ̄` :::ン
           |/ _;__,、ヽ..::/l
           ヽ.~ニ~ ' .::::ノ/ }\_ 
         _,,.-‐' `ー '"::/ / 
 「フフッいるじゃないですか一回もうサンデーでは描かないといって、また戻って描く人が。」
   
686. Posted by vb   2008年06月06日 22:07
電撃からUJに移籍のはやブレも怪しい
687. Posted by      2008年06月06日 22:07
※675
安西先生・・・
漫画が描きたいです・・・
688. Posted by     2008年06月06日 22:07
集英社の場合は最初からマンガ雑誌の編集部を志望するヤツが多いんだよ。
対して講談社は集英社よりも文芸書・一般書を多く扱っているから、不本意な
配属でマンガ雑誌に回され、やさぐれるヤツが出やすくなる。
689. Posted by     2008年06月06日 22:07
原稿無くしといて2chでネガキャン工作とか
小学館の編集者はどんだけレベル低いんだよw
690. Posted by     2008年06月06日 22:07
カラー原稿って普通の原稿に比べてどのくらい時間かかるの?
691. Posted by 232   2008年06月06日 22:07
>>264
新沢基栄は「帰ってきた ハイスクール!奇面組」の原稿を編集者に紛失されて裁判起こしている。(原稿料と慰謝料合わせて610万円)
692. Posted by     2008年06月06日 22:08
※678
何の事だと思ってたがそれか。
アレは吹いた。
単行本を本当に買い直す羽目になったんだ
693. Posted by     2008年06月06日 22:09
※655
5枚か。もうちょっと多いと思ってた。
でも、慰謝料150万は、妥当な線ではないかと思う。
「世界に1つしかない、二度と同じものは描けない生原稿を失くされた」と「貸したCD失くされた」とかと同列では語れない。損得抜きにしても、相当なショックだと思う。
判断がどう下るかは別として、単純な商品価値と同額の慰謝料なら、特に主張しすぎとは思わないなぁ。
この辺は、弁護士が著作者の気持ちをどれだけ汲むかによって、主張額の判断が分かれそう。
694. Posted by     2008年06月06日 22:10
西島大介の原稿紛失事件についての言及が全くないことに驚き。
確かにマイナー作家だが……
695. Posted by    2008年06月06日 22:10
確か、高橋しんもサンデーと何か揉めてたんだよな。
何揉めてたのか知ってるヤツいる?
696. Posted by     2008年06月06日 22:10
てかライクこんな顔だったのか
思った以上に太いな
697. Posted by     2008年06月06日 22:11
>>162はちょっと違う気がする
写真はただの印刷物だけど子供は生きてるじゃん

子供が描いてくれた自分の絵とそのカラーコピー、ぐらいの差だろ
698. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 22:11
このコメントは削除されました
699. Posted by     2008年06月06日 22:11
雷句誠のブログで陳述書を読んだ。

いやーー、編集者って漫画家をなめてるんだなー。
そして、漫画もなめてるんだろうなー。

作品に対して、文句言うだけなら誰だってできる。
漫画家のモチベーションを下げてどうするんだよー。
700. Posted by     2008年06月06日 22:11
こういうのって、原稿そのまま渡さないで
高性能なコピー機で綺麗にコピった原稿だけ渡すとか無理なのか?
原稿の横流しだの未返却問題とかザラにあるようだし
モロモロでオリジナル原稿を渡すの避けるべきでは?
701. Posted by    2008年06月06日 22:12
二ヶ月以内に絶望先生のネタになること確定w
702. Posted by     2008年06月06日 22:12
つうかさ、小学館に限らず
出版業界ってホントいい加減だよなw
原稿紛失から、金銭トラブル、果てはテキトー口約束まで
この手のトラブルは他の大手出版でもよく聞く話。

ネット時代の今
いつまでも昭和のビジネス慣習やってんじゃねーよって話だw
703. Posted by    2008年06月06日 22:12
いやあやっぱり小学館は糞だね
漫画家の命である原稿を無くすなんて万死に値するわ
これ以後原稿紛失なんてことは二度と起こらないで欲しい
704. Posted by     2008年06月06日 22:12
『吠えろペン』のアレはどれくらい実話入ってるんだろうな。
掲載前に紛失されて、全ページ最初から描き直しするはめに
なったってやつ。
705. Posted by     2008年06月06日 22:13
「美術的価値」ってのは訴状に書くならそんなもんだろ。
「ただの紙切れを無くされて、腹が立つから裁判に訴えました」
じゃマトモに裁判してくれんよ。

事実、1枚1万超で売れるんなら美術品と呼んでもいいと思う。
美術品と言っても、なにも一枚1億円超の名画ばかりじゃないんだよ。
あれは歴史上別格の作品の話であって、1万とか数千円とかその
オーダーの「美術品」の方が多いんじゃね?

あとこれが、単純な「紛失」なのか「転売」或いは「横領」なのかは
重要だな。カラー原稿なんて枚数は少ないんだろ?何故か枚数の少ない
カラー原稿が狙い打ちされてるということは、単純な紛失でない可能性も
高いのでは。
706. Posted by     2008年06月06日 22:13
>>162
アルバムから例えクローンでも生まれさせることはできないが、原稿ならデータがあれば複製できる。

全然違うだろ。
707. Posted by     2008年06月06日 22:13
米580読んで俺も漫画の編集者になろうと思った
708. Posted by     2008年06月06日 22:13
※695
もしかして吠えペンでネタにされてた仮面編集の件とか……。
709. Posted by      2008年06月06日 22:13
※693
ありがとう
参考になる
710. Posted by     2008年06月06日 22:15
※708
そっちを実話かどうか気にするのかよwwww
711. Posted by     2008年06月06日 22:15
カービィのひかわが鬱になった理由もこういう所にあったのかもしれないと邪推してしまう
たぶん違うだろうが
712. Posted by     2008年06月06日 22:15
※700
それでもコピーのコピーに乗せることになる
わけだから品質は悪くなるんじゃない?
と言ってみる。
713. Posted by     2008年06月06日 22:15
チョン系以外で初めて工作員湧いてると思えたスレ。
714. Posted by     2008年06月06日 22:16

ちょ・・・第1話の表紙を紛失って、これどう見ても故意だろ?

文庫化とか他社から出すとか、そういう可能性を完全につぶしちゃってるわけだし。
描き直すにしても当時とは絵柄変わっちゃってるだろうから違和感出ちゃうよな。

これはかなり悪質な気がする。

715. Posted by    2008年06月06日 22:16
原稿なくしたやつも、
否定派意見のやつの思考と同じなんだろうな。
マンガの編集者だからってマンガ好きだとは限らないって言うしな。
716. Posted by      2008年06月06日 22:17
※683
うわ。
同じ心配してる人がいた!
いい担当に当たれば問題ないんだろうけどなあ。

717. Posted by Posted by   2008年06月06日 22:17
失くされたカラー原稿、第1話のも入ってるのは信じられないな・・・。

これはキレて当然だわ。過去話、イライラすることばかりだなwww
しかも終了を通達してから1年間描き続けたエネルギーはすげぇよ。
718. Posted by    2008年06月06日 22:17
漫画の扉絵なんてそこいらの模造リトグラフですら15万のぼったくりになってんのに原画なんだから当然倍どころじゃねー価値があるだろ
719. Posted by     2008年06月06日 22:17
なるほどね
これからは原稿のデジタルデータを編集部に送る時代になるってことか
生原稿はキレイだが週刊誌掲載時では画質がつぶれてしまうわけだから
無理に生原稿を貸さなくても圧縮かけた低画質データで十分雑誌掲載や単行本収録は可能だしな
720. Posted by     2008年06月06日 22:18
美術的価値はあると思う。もちろん、マンガ歴史においての価値だけど。
しかし、たまらんよな。作家が死ぬ気で書いた原稿をきっとその辺にポンと放り出しているんだろう。
 管理できないなら印刷フィルム化したら一ヵ月後にでも速攻で返せばいいのに
721. Posted by     2008年06月06日 22:18
※707
小学館クラスの編集になろうと思ったら、相当の高学歴と自己アピール能力が必要だぜ


性格は悪くともなれるようだがな
722. Posted by    2008年06月06日 22:20


編集が原稿無くすとかwwwww

良い大人がwwwww

馬鹿小学生レベルの仕事をwwwwww

流石はエリート

小学館クオリティって奴か


723. Posted by はぁ?   2008年06月06日 22:21
ガッシュとか糞つまらんくせによくいうw
片腹痛いわ
724. Posted by Posted by   2008年06月06日 22:21
※716
お前もかぃ、ブラザー。
期待してるだけにめちゃくちゃ心配だよ。
きみまるも。
725. Posted by s   2008年06月06日 22:22
原稿紛失は白黒原稿では原稿1枚の値段の十倍が基本です。
提訴の代金などを含めて妥当かとも思われます。
726. Posted by     2008年06月06日 22:22
 ちなみに秋田書店では連載終了後に最初の担当が風呂敷にまとめて作家自宅を訪れて「あの時はこんなことありましたねえ」なんてページを手繰りながら話す編集者もいるそうだ。

 人情味ある編集者だといいのにねえ
727. Posted by    2008年06月06日 22:22
サンデー編集部は全員辞めた方がいいな。
漫画の編集が原稿無くすとかありえねぇだろ。
雷句や他の作家にハゲるほど土下座しろ。
728. Posted by    2008年06月06日 22:22
サンデー乙ったなこりゃ…
729. Posted by     2008年06月06日 22:22
※720
まあ、大島弓子のように作家側の管理が不十分なせいで
原稿破損→再版時に修復でおおわらわって例もあるから、
返却すれば無問題とは一概にいえんけどな。
美術品同様に、専門の管理業者が必要なのかも。
730. Posted by     2008年06月06日 22:23
絶望先生より先に秋本がこち亀でネタにすると思う
731. Posted by 馬鹿な作者だなぁ   2008年06月06日 22:23
そういう文句は面白い漫画かけるようになってからしろって(笑)
732. Posted by てってってー   2008年06月06日 22:23
原稿なくすような編集者か・・・

G戦場ヘブンズドアは名作
733. Posted by    2008年06月06日 22:24
※723
貴様はなにも生み出せないのに絵も描けないのに
それこそ片腹痛いわ
734. Posted by Posted by   2008年06月06日 22:24
>>723
お前は馬鹿だ。
もうそういう次元の話じゃねぇんだよ。
735. Posted by     2008年06月06日 22:24
ちょっと小学館に
「お前の雑誌で連載してる人のファンだがアホな編集を飼ってるお前のとこに金を入れたくないんだ。どうしたらいい」
とか聞いてきたい気分だ。
736. Posted by     2008年06月06日 22:25
まあ、結局は単に「仕事に失敗しました」ってだけなんだよな。

今までどうにかなってたから同じ失敗繰り返すんだろうけど。
本来致命的なんだぞ?仕事失敗ってのは。
737. Posted by     2008年06月06日 22:25
それより驚いたのがガッシュの作者ほどの花形作家の原稿が1P17000円って・・・
738. Posted by Posted by   2008年06月06日 22:25
漫画は作家と編集者で名作が生まれる・・・そう思ってた時代が俺にもありました・・・
739. Posted by     2008年06月06日 22:26
金銭が発生する仕事。
ましてや著作権等がある原稿を損失してるんだから普通の会社じゃありえない。
土下座して、言い値を払って、再度謝るのが普通。
ましてや裁判沙汰になんて絶対持ち込ませない。
740. Posted by     2008年06月06日 22:26
編集者は原作者と同義な場合があるからな大切だ
741. Posted by 釣れたw   2008年06月06日 22:26
>貴様はなにも生み出せないのに絵も描けないのに

君は何ができんのwいってみ!
742. Posted by       2008年06月06日 22:26
※731
そういう文句は原稿管理できるようになってからしろって(笑)
743. Posted by    2008年06月06日 22:26
漫画の編集さんって、絵は描けないまでもネームはきっちり切れるクラスの人がなるもんかと思ってた。
ちょっとひどすぐる。
744. Posted by    2008年06月06日 22:27
ネットで特に情報とか仕入れて無くても、サンデーの編集が頭おかしいっぽい感じなのは伝わってきてたな
745. Posted by     2008年06月06日 22:27
※741
人にものを頼む時は自分のことを先に紹介するべきじゃないかな?無職ヒキニートくん
746. Posted by ぷぷぷ   2008年06月06日 22:27
で、ガッシュって何?人気なの?
747. Posted by     2008年06月06日 22:27
※737
原稿料はメジャー誌の人気作家でもそんなもん。
稼ぎのメインは単行本印税や版権商売だよ。
748. Posted by なんちゃってP   2008年06月06日 22:27
原稿と同時に、評判も落とした小学館・・・
749. Posted by     2008年06月06日 22:28
美術的価値ってのは絵が綺麗とかそういうのじゃないだろ
その原稿は世界に一つしかなくて同じものを作ることなんて不可能だから
その原稿には美術的価値があるんだよ
750. Posted by    2008年06月06日 22:28
とにかくこれから小学館には人材が集まらんだろうなあ。小学館擁護の米見てると馬鹿しかいない。これビジネスなんだぜ。やっぱ欧米みたいに何でも契約書に書かせないと駄目だなあ。マジで中国並みのお粗末さ。こんなんでもエリートなんだから余計に悲しくなるわ。
751. Posted by うけるw   2008年06月06日 22:29
>人にものを頼む時は自分のことを先に紹介するべきじゃないかな?無職ヒキニートくん


自己紹介乙!w
752. Posted by    2008年06月06日 22:29
ローゼン思い出した。
あれも原稿無くしただったかされたよな。
753. Posted by     2008年06月06日 22:30
ちなみに今までで一番高い原稿料は手塚の1P2万円だそうだ。

 文芸部門では司馬遼太郎の原稿用紙1枚5万円が伝説
754. Posted by     2008年06月06日 22:31
※738
漫画家が話を思いつかねーから毎週編集が話を考えてる人気漫画もある。で、漫画家のほうはそれが続くうちに当然と思いはじめる。編集の努力の上にあぐらかいてる漫画家もいるんだよ。で、いくら働いても会社員なので給料同じ、印税全部作家のもの。
それはそれでどうかと思うが……
だから会社辞めて原作者になる編集者も多い。

最近だと浦沢直樹のブレーンの人とか(浦沢は自分でも話考えてるが)、ちょっと前だとキバヤシとか。
755. Posted by 久米田康冶   2008年06月06日 22:31
ネタ提供ありがとうございました。相変わらずのようですね。
それと火田くん、元気ですか?連絡なくて寂しいです。
756. Posted by     2008年06月06日 22:31
編集がクソなんだろうな
久米田もかなりうんざりしてたみたいだし
最近は色んな人から不満出てるし
757. Posted by ガッツュ   2008年06月06日 22:31
正直あんまり面白くないとはいえ管理できないのはいかんよなぁ
面白くはないけどあんまりだよね、無くした奴は死刑にしろ!
758. Posted by     2008年06月06日 22:32
※741
変なこといって言い返されたら釣れたとか
低脳すぎるわ、てか痛い。
759. Posted by    2008年06月06日 22:32
司馬遼太郎1p5万!?
小説でそれかよ・・・。
漫画家ってかわいそうだな。
760. Posted by     2008年06月06日 22:33
ガッシュファンの人はどう思ってるんだろうな。
自分はいい大人だけれど、正直アニメ化された漫画の、実際に描かれた生原稿で330万円?! 安いだろ! と思うんだが。
761. Posted by     2008年06月06日 22:33
なんでサンデーの編集者は馬鹿しかいないん?
762. Posted by     2008年06月06日 22:33
米753
1枚5万円で、
「しかし、
 である。」
とかって改行やらかしちゃうからシバリョーは凄い。
マンガではコミックバンチが最低2万/Pを提示して、
うちは破格の条件だと宣伝してたな。
763. Posted by ブログのコメントオープンにしろ   2008年06月06日 22:33
雷句誠はイタイ奴
小学館編集部は無能
今回これで露呈ってことだな
764. Posted by     2008年06月06日 22:33
>無くした奴は死刑にしろ!
管理しているヤツがいないと見た。
765. Posted by ?   2008年06月06日 22:33
糞みたいな漫画家には糞みたいな担当がお似合いかと
766. Posted by     2008年06月06日 22:34
漫画家舐めて嫌がらせした編集部が、逆切れで訴訟起こされただけのことだろ。
今頃、元担当が雷句KYだとか、生意気だとか愚痴ってるはずw
767. Posted by Posted by   2008年06月06日 22:34
※753
そうなのか〜・・・もしかして手塚先生の2万は今現在とは貨幣価値に誤差あったりするのかな?
司馬遼、原稿用紙1枚5万か。すげえなw
768. Posted by     2008年06月06日 22:36
陳述書読んで思った。
もう小学館は終わってる。
769. Posted by     2008年06月06日 22:36
作者ブログの冠茂っつー編集者の下りヒデーな。
ジャぱんに美形キャラとして出させた自己顕示欲の高いバカぐらいだと思ってたけど、
ここまでクズとは。
770. Posted by     2008年06月06日 22:36
別に小学館が悪くないとは言わないが、原稿が命だなんだのいって、誇張して責め立てて優越感に浸ろうという奴は気持ち悪いな。

そ う い う お 前 は、

 著 作 権 守 っ て ん の ?

って言いたくなる。
771. Posted by    2008年06月06日 22:37
レス見てるとゆとりばっかだなw
美術的価値だとか額の問題だとかサンデーの力だとかは突っ込みするべきとこじゃないだろw

金色のガッシュベルは俺も読んでたけど
ストーリーと言い画力と言い、作品への愛みたいのが感じられたよ。
なんか良い漫画だった。ちょっと泣きそうになったことが何回かあったし。
サンデーはうしおととらとか、この金色のガッシュベルとか皆川良二の作品だとか
良いのがいっぱいあるのに、もっと大事にしろよなぁ…。
漫画の才能っていうのも無形の財産じゃねーの
772. Posted by     2008年06月06日 22:37
※759
司馬遼太郎の原稿にはそれくらい価値があると思う。
神の手塚は一ページ十万だったという話を聞いたことがあるが、眉唾かも。
原稿料が上がるのもいいことばかりじゃないらしいがね。出版界の慣例で、原稿料が一度上がると下がることはなく、一見いいことのようだが、原稿料が半端に高くなってから人気が衰えると仕事の依頼が来にくくなるそうだ。
新人と同じ額で良いと言っても、慣例だから原稿料は下げられないと言われるそうだ。
773. Posted by Posted by   2008年06月06日 22:37
>>766
だよなwww
ぜってー、愚痴ってるよw
そこらに屯してるDQNと変わらないなw
774. Posted by    2008年06月06日 22:37
日本て漫画界だけじゃなくこういう世界だよ。電通とかもっとひどいし。TV局の人間なんか大人になってもイジメやってる幼稚な人間たくさんいるし。日本のエリートって所詮こんなもん。何とかしたかったら自分が偉くなるしかない。
775. Posted by     2008年06月06日 22:37
作者だけでなく、編集者や
出版社の人間と協力して成し遂げた仕事の筈なのに
裁判に踏み切るとはな。
776. Posted by     2008年06月06日 22:37
雷句がイタイんじゃなくて、イタイおもいをしたから耐えられずに裁判に訴えたんだろう。
こういう事件がなけりゃ、サンデー編集部は絶対に変わらないし、後進がかわいそうだ
777. Posted by     2008年06月06日 22:38
うーん、どうでもいいですね
778. Posted by    2008年06月06日 22:38
作者叩きしてるちょっと考え直せ。
まぁ既に書かれてることばっかだが、

たかが原稿とか言ってる奴、お前らが見てる漫画は一発であの絵になってるわけじゃないんだぞ。
何個もの工程を経て見慣れてるあの絵になるんだ。
最初からとか言われても「全く同じ物」はできない。
作品は大切な子供くらいに思ってる漫画家もいる。
手塩に掛けたものを信頼して預けて、「無くしたから書き直してください」とか、
大袈裟に人間で例えて(不謹慎だが)、前の相撲の事件ので
「時太山、死にました。」の後に「作り直してください」とか言われてたらマジどうよ?
779. Posted by     2008年06月06日 22:39
ブログの
>きっと漫画家のほとんどはほぼ24時間、自分の作品に付いて考え、悩んでいる。それに対して編集者は一体どれだけの時間、担当している漫画に時間を費やしてるだろう?

お怒りも分かるけどこれはちょっとどうかと思ったなぁ
自分の作品について考えるのは当たり前、担当が漫画家と同様に努力して成功した所で報われるのは漫画家だけだしね
780. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 22:39
このコメントは削除されました
781. Posted by     2008年06月06日 22:39
小学館、50万円で手打ちにしようとしたのかよ……
そりゃブチ切れても当然だわ。
782. Posted by    2008年06月06日 22:39
>775
よっぽど腹に据えかねたんでしょうね
小学館のクズっぷりが伺えます
783. Posted by     2008年06月06日 22:40
手塚は連載がないことを恐れていたから、後期は自分から原稿料は高く依頼しなかったらしいね。(変わりに単行本の売り上げ比率を多く要求したとか)
 
784. Posted by 星屑ユウナ   2008年06月06日 22:40
キモいおっさん大好き☆彡
ユウナのヤフーブログに来てチョ、肉便器ユウナになります。

浅倉しゃん好き☆彡
785. Posted by     2008年06月06日 22:40
有名大文学部崩れのDQNの巣窟ってイメージ >出版社
786. Posted by     2008年06月06日 22:40
某イベントでは、サークルカットにうっかり手を突いただけで、
滅茶苦茶お説教されると聞いたのに……。

○学館の編集は同人イベントのスタッフ以下?
787. Posted by     2008年06月06日 22:40
作者を叩いてるやつって何なの?
788. Posted by またまた釣れたw   2008年06月06日 22:40
>変なこといって言い返されたら釣れたとか
低脳すぎるわ、てか痛い

(*´艸`)ププー
煽られて信者必死w
789. Posted by     2008年06月06日 22:40
※769
冠茂には、幕張に出てた編集たちを見習えと言いたい。
担当してた女性作家に手を出したことを数百万部出てる誌上で暴露されたり、若ハゲをネタにされたり。
挙げ句の果ては、「父さん、母さん、俺、くわえます」
なのにいまだに、ヤンマガ連載の単行本巻末漫画に出てくるくらい良好な関係を築いているとは……
790. Posted by Posted by   2008年06月06日 22:41
作者叩きしてる奴は視野狭窄なんだよw
許してやってくれ
791. Posted by      2008年06月06日 22:42
>788
何かめちゃくちゃ浮いている人がいるけど何?
釣り?素の馬鹿?
792. Posted by    2008年06月06日 22:42
※789

矢作w
793. Posted by     2008年06月06日 22:42
編集が協力的じゃないから裁判にまで踏み切られるンじゃないか
不手際だからどっちみち訴えられてもここまで怒らない
794. Posted by Posted by   2008年06月06日 22:42
※780
イイハナシダナーwww
795. Posted by     2008年06月06日 22:42
正直、なくす方が全面的に悪いと思うが
最近の物言い見てるとちょっと痛くてなあ…師匠にあたる藤田に、本人絶対見てなさそうなブログで苦言とか。

いやガッシュは好きだしチャリティの絵は正直ちょっと欲しいと思ったんだけどなw
(二桁万円は出せんが)
796. Posted by     2008年06月06日 22:42
ああ、ジャぱんのgdgdっぷりは、
編集によるものが多かったってことだな。
797. Posted by     2008年06月06日 22:42
「原稿をなくした」という部分で訴えてるんだからこれは小学館は罰を受けて当然だろ

てか、それ以上に作者を叩いてるのは何なんだ?
798. Posted by     2008年06月06日 22:43
作者よりも取り巻きの方が痛いよなー
俗に言うガッシュ厨という奴か…
799. Posted by     2008年06月06日 22:43
※780
チャンピオンすごいなw
800. Posted by     2008年06月06日 22:43
※770
それで飯食ってんだから命だろ……
801. Posted by .   2008年06月06日 22:43
今日の更新つまんないな
802. Posted by     2008年06月06日 22:43
秋田の編集さんと作家の仲のよさは結構有名。
あるラーメンマンガ描いていた作家の編集さんが、作家のために現地取材を福島まで行ってきた(本人は東京)とか、打ち切られた作家のためにアシスタントの口を世話したりとか・・・

 人柄が出るんだろうな。結局
803. Posted by Posted by   2008年06月06日 22:44
※789

矢禿wwww
804. Posted by     2008年06月06日 22:44
小学館のお偉いさんとか株主とかの子供の手に渡ってる
805. Posted by (´・ω・`)   2008年06月06日 22:44
サンデー編集部のユルさは昔からだろ

昔、マガジンに「天才バカボン」連載されてたころ、

サンデー編集長「マガジンは売上伸ばしてるのに、こっちは不調だな」
某編集者「じゃ、あっちでやってるバカボンをこっちに引っこ抜いちゃいましょうか」


なんつって
本当にやっちゃった事もあったんだから…
(ちなみに、サンデーでは半年しかもたなかったそうだ)


↑の「天才バカボン引き抜き事件」
合併企画でネタに上げてくれると思ったんだが
ちっともやってくれねぇヽ(`Д´)ノ
806. Posted by    2008年06月06日 22:44
チャンピオンRED見てると、秋田書店はフリーダム過ぎる気がするぜ!
807. Posted by     2008年06月06日 22:44
カラー原稿だけ紛失って、小遣い稼ぎか何かで売られちゃったって事か?

とんでも無いヤクザだな
808. Posted by     2008年06月06日 22:44
>>780
チャンピョン吹いたww
809. Posted by     2008年06月06日 22:45
変なのが湧いてるな
今は春休みでも夏休みでもないはずだが…?
810. Posted by     2008年06月06日 22:45
>791
傍目から見てるとお前も相当浮いてる希ガス
811. Posted by     2008年06月06日 22:46
編集職の選定基準が学歴っていうのも変な話しだよなぁ
頭からっぽの俺のほうが夢が詰まってるんだぜ
812. Posted by     2008年06月06日 22:46
※798
儲ってのはそういうもんだww
813. Posted by    2008年06月06日 22:47
原稿紛失・・・
漫画家にとってそれは魂と言えるものを簡単になくすとは
小学館最悪だな
814. Posted by     2008年06月06日 22:47
日記で歴代担当の名前出してマジギレしてた
相当根が深いな
815. Posted by     2008年06月06日 22:47
知り合いの漫画家さんが「小学館の編集はやる気が無い」なんて事言ってたがホントだったのね

漫画家志望だが小学館、少なくともサンデーだけはやめとくわ
816. Posted by k   2008年06月06日 22:47
>無くした奴は死刑にしろ!
無くしたんじゃなく持ち逃げしたと見た

普通に考えてなくすというのは通常ありえないだろ?

子供がおもちゃを無くすのとは訳が違うぞ?

確実に無くさない等にプロセスを踏んでいるはずだし無くすと言うより誤ってシュレッダーに掛けたというオチの確立の方が高いと思うんだが

小学館の中に何人も横流ししてる大馬鹿がいるんだろうよ?
そりゃあ懐はあったまるだろうがそのせいで作者のモチベーションは急転直下ですよ?
というか誰でも怒るだろ?
817. Posted by     2008年06月06日 22:47
秋田は結構マターリらしい話を聞いたな。もちろん人によってやり方があるだろうけど。
チャンピオンの多様っぷりを見ると、今一番挑戦的な雑誌のような気がしてきたw
818. Posted by     2008年06月06日 22:47
※807
おっと他社で再リリースはさせないぜ疑惑もかかっているぜ
819. Posted by     2008年06月06日 22:47
有野叩きしてたギア厨そっくりだなこいつら
どこのオタクも所詮一緒か…

罰をとか言ってる奴キモいにも程がある(;'A`)
820. Posted by     2008年06月06日 22:47
>>779
>報われるのは漫画家だけだしね

担当した作家がヒット飛ばせば給料も待遇も向上しますよ?
821. Posted by    2008年06月06日 22:48
賠償額は満額もしくはそれに近い額が支払われると算出したのでは。
満額近く出たら、そのパーセンテージ分漫画家の言い分が認められたとなるんではないかと。
そういう判例を作ろうとしての金額設定のような気がする。

勝てるかどうかは裁判官次第だろうが。
822. Posted by       2008年06月06日 22:48
>791
あほだwww
823. Posted by     2008年06月06日 22:48
1 同じ編集として馬鹿作家如きにこうも舐められるってのに同情するよ

二度と業界から浮き上がれないように速めに噂流されるんだろうな
824. Posted by     2008年06月06日 22:48
※806
今月号のREDいちごの付録見て、秋田本気で見直したわw
825. Posted by    2008年06月06日 22:49
小学館編集部必死だなwwwww
826. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 22:49
このコメントは削除されました
827. Posted by Posted by   2008年06月06日 22:49
原稿失くした→他社で再販されない為ってのは中々の信憑性だなー。
紛失物の中に第一話のカラー原稿も入ってるのはそういうわけなのか。
828. Posted by     2008年06月06日 22:50
「ああ……あの冠だったらあり得るな」
と思ってしまうあたりが何とも。
829. Posted by     2008年06月06日 22:51
※816
たぶん本当に紛失だと思う。
てきとーに棚に入れて、てきとーに整理しているうちにあらどっか行っちゃったって感じで。
あと、横流しなんかしたら、一瞬で足がつきそうな気がする。
830. Posted by    2008年06月06日 22:51
アンチが頑張ってるなw
831. Posted by     2008年06月06日 22:51
つか始めて顔見たな。
後書きでよくダイエットの話してたが確かにちょっとぽっちゃりしてるわw
832. Posted by    2008年06月06日 22:51
小学館か…

もし、からくりのアンジェリーナ人形べろべろばぁ原稿を“紛失”してたらマジ許さん。
833. Posted by     2008年06月06日 22:51
2008年から三大少年誌はジャンプ、マガジン、チャンピオンになりました
834. Posted by Posted by   2008年06月06日 22:51
※823
ふむ、お前は有能そうだなww
まずは何ができるか聞こうか
835. Posted by     2008年06月06日 22:51
>823
ん、低能な編集の方ですか?
836. Posted by     2008年06月06日 22:52
※788
レスどうも
信者とか言い出してる時点で阿呆なことに築けガッシュはビクトリームしか知らん。
厨房は早く寝なさい。
837. Posted by       2008年06月06日 22:53
>>同じ編集として馬鹿作家如きにこうも舐められるってのに同情するよ

編集が漫画家舐めてたからこういう事態になったんじゃないすか?
838. Posted by     2008年06月06日 22:53
一、二年前かな?サンデーで連載中の漫画全部に粗筋ページが付いたことがあったんだけど、あの時
編集者総とっかえ的なうわさが流れたよね。
839. Posted by     2008年06月06日 22:55
米823
同業者として、発言を疑う。

作家には原稿を描いていただくもの。
そして掲載させていただくものだろ。
確かに編集によってブラッシュアップされることはあり、その功績も大きいけど、
編集なら作家を立てるべきだろ。
裏方であることを認識しろ。
840. Posted by     2008年06月06日 22:56
※819
傍から見れば、厨とか言ってるお前の方が痛々しく見えるがな
まぁ同じ穴の狢か・・・
841. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 22:56
このコメントは削除されました
842. Posted by あ   2008年06月06日 22:57
こんな事があって大円団まで持ってけたのか
つくづく漫画家って人たちは驚異的だ

藤田を尊敬してニコニコで手描き動画を出してた人がいたけど
確かサンデーに入選したとか
大丈夫なのかなあ
843. Posted by w   2008年06月06日 22:57
雷句はもう売れっ子で金も儲けてるから金額はそこまで重要視してないだろ。

原稿をなくすとか、その他もろもろの編集部の腐ったところに切れて糾弾するために訴訟を起こしたんだろ。青少年の勇気・友情・努力とかたいそうな言葉を使うくせに、どこの編集部もマジで糞だよな。

・・・それにしても、この件で雷句たたいてるゆとり達はなんなの?馬鹿を通り越して可哀想なんだけど。
844. Posted by     2008年06月06日 22:57
ちっちちっちぃおっぱぁ〜い♪
ぼいんぼいん♪
845. Posted by あ   2008年06月06日 22:57
ライク叩きが少なくてちょっと安心した。
別に信者ってわけじゃないが、これは編集部が悪いだろJK
846. Posted by     2008年06月06日 22:58
ガッシュ、最後の鳳瑞分駆け足だったのは、こういう事があって嫌気がさしてたのか、
それとも描きたいこと殆ど描けたからやめる気マンマンだったのか、
どっちなんだろう。
847. Posted by k   2008年06月06日 22:59
>>823

何様ですか?
何故上から目線なのか聞きたいのだが?


>>829
「あらどっかいちゃった!」で済む話なら探すという気も無いんですね!
探せば出るに決まってるでしょうが?
出ないとでも思っています?
少なくとも捨てられる可能性は低いですよ?
いくら整理が悪くても捨ててしまっていては問題外ですし。
普通に物を無くせば社員総出で探すだろ?
それも人気作家のカラー原稿だぞ?
普通に考えて隅々まで探すと思うんだが?

それで出なかったら9割方横流しだが?
何かおかしな発言がありましたか?
848. Posted by     2008年06月06日 22:59
※795
>師匠にあたる藤田に、本人絶対見てなさそうなブログで苦言とか。
kwsk
849. Posted by     2008年06月06日 22:59
※845
しかし、後続スレでは工作員沸きまくり。
腐りきってるな、小学館。
850. Posted by     2008年06月06日 23:00
>信者とか言い出してる時点で阿呆なことに築け

ん?築け?きずけで変換したの?もしかしてゆとりの方ですか?w

築けwwwwwwwwwwwwwwww
厨房がうんたら言ってる奴がwwwwwwwwwwwwww

さっさと糞して寝ろ糞ゆとりw
851. Posted by      2008年06月06日 23:00
原稿料って
正しくは原稿使用料(掲載料)と言うって昔聞いた。

そのとおりだとしたら
「紛失したので「使用料」の払い直しをします」
それで原稿の価値が補えるってのはおかしいやね。
三倍の額であっても同じ。


ドラえもん同人誌を糾弾した出版社と同じかと思うと、
興味深い展開だなとも思う。

雷句センセの
「いつから漫画雑誌に取っての漫画家はここまで馬鹿にされる様になったのか?」
この言葉は重いなと。
852. Posted by    2008年06月06日 23:01
まあ無いとは思うが、サンデー編集がこんなところに書き込んでたりしてたらどうしようもない無能だなそいつは
853. Posted by     2008年06月06日 23:01
※843
馬鹿なの。
ついでに俺も言い返したら信者認定されてて
無視できなくて困ってるの。煽り耐性ないの。
854. Posted by     2008年06月06日 23:02
※843
普通に暮らしてるゆとり世代がかわいそうだろ
ああいうのは馬鹿の一言で十分
855. Posted by \(^o^)/   2008年06月06日 23:02
こんなことやってるから編集社は寄生虫だって言われるんだよ。
しかも宿主を侵してどうする。
編集は著作者の才能に肖って糧を得てる自覚を持った方がいい。
856. Posted by     2008年06月06日 23:02
雷句の器がちっちゃすぎで面白い!!
857. Posted by ゆとり大量発生   2008年06月06日 23:03
大円団ワロタ

ゆとりの巣窟だなぁ〜ここ
858. Posted by     2008年06月06日 23:03
米853
…プッ
859. Posted by     2008年06月06日 23:04
※846
ブログに本人が書いてる
こんな奴らと仕事したくないけど待ってるちびっ子の為にも・・みたいな漢字
860. Posted by       2008年06月06日 23:04
※842
そういや居たね、そんな人
すげえ喜んでたけど大丈夫だろうか
861. Posted by     2008年06月06日 23:05
体質を許して、泣き寝入りするよかまし。
862. Posted by w   2008年06月06日 23:05
>>850
ふいんきにツッこんじゃう方ですか?
にわか厨は草はやしてないでさっさと寝ろよ
客観的に自分のレス見てみろよ。相当キモイぜ?必死すぎて

雷句に限らず、どの漫画家にもしてはいけない仕打ちだってことが理解できないのかな?信者とか言い出してる時点でアホってのはそういうことだろ。
863. Posted by あ   2008年06月06日 23:06
ガッシュ最終巻読んでみろ
まじ鳥肌たったぞ
王道だったけど最後4話は誰もが納得する完璧な話だった。

だから俺はライクを応援する
がんばれライク
864. Posted by     2008年06月06日 23:06
訴状に、証拠方法にウィキペディアってあったが、
漫画賞受賞とか掲載時期の事だからウィキでもいいのかね
865. Posted by     2008年06月06日 23:07
小学館の社員やらが火消しに奔走してるのなら
自分の職場にかかわる問題だから
(火消し自体は良し悪しは別として)
まぁまだ解らんでも無いが、

信者は自分に何のメリットもデメリットも無いのに
よくそんなに必死になれるよな。
866. Posted by      2008年06月06日 23:08
これは、編集部が悪い
867. Posted by 釣られんな   2008年06月06日 23:08
コメの方々連コメスマソ
※850
言葉使いが汚いぞ。
2chの言葉の使い方を知らないとか、
ほんとに厨房だな。
もう少しものを考えて発言しなさい。
868. Posted by     2008年06月06日 23:09
なくしただけなら、良好な関係があればここまでこじれなかったと思うけど。
 相当腹に据えかねたんだろうな。
 っていうか、原稿はとっとと返せ。借り物だろうが
869. Posted by     2008年06月06日 23:09
こんな糞会社にポケモンやドラえもんの同人誌を訴えられたと思うと・・・
870. Posted by    2008年06月06日 23:09
講談社もヒーロー物の資料大分散逸させたんだよな?
ゲントウシャはローゼンメイデンの作者に対してヒドい事したんだよな?
逃げられて当然

まあこうして戦うほかはないんだけど・・・・美術って言うのには同意しかねるわ
村上は芸術だけどな!ヲタとなにひとつかかわりがないと言う事実が芸術、ああいうパーフォーマンスでもあるんだよアレはしんで欲しいけどな
いちいちこっちの貧乏人のサブカルを外人に説明しないでよろしい、勝手に解釈させとけばいいのだ
871. Posted by     2008年06月06日 23:10
米865
互いに暇でコメント打っている奴がいるというだけのこと
そもそも君のコメントにもなのメリットもない
872. Posted by     2008年06月06日 23:10
客観的に自分のレス見てみろよ。相当キモイぜ?必死すぎて


これ書いてる奴も客観的に見たら気持ち悪いなぁ…

っと。
873. Posted by      2008年06月06日 23:10
サンデーの編集者は「編集王」読んで勉強しろ。
874. Posted by      2008年06月06日 23:11
※852
公衆便所の落書き如きを相手にする編集なんていねーよwwいたら確かに無能だなそいつは
875. Posted by     2008年06月06日 23:11
*867
そういうときはきずけ(何故か変換できない)でおk
876. Posted by    2008年06月06日 23:11
作るものの気持ちが、売る側にはわからない。
どこにも同じような事があるような気がする。
877. Posted by     2008年06月06日 23:11
※863
正直クリア戦はあまり面白くなかった
ブラゴとコンビ組んでた辺りはいいけど、クリアが本性出してからがちょっとね
正直、ファウードでゼオンと決着つけた後にブラゴと雌雄を決するくらいでいいと思った

で、ブログ見たらファウード辺りで終わりのつもりだったみたいだし
やっぱモチベーションみたいなのが面白さに影響したんじゃないかと思える

でも卒業式の話は超・ガチ
最終回直近の話としてここまで良いのは余りお目にかかれないと思うくらいに
この辺は当初の構想からあった部分だからだろうか
878. Posted by ※867   2008年06月06日 23:11
※862
ありがとう、心の友よ。
879. Posted by     2008年06月06日 23:12
サンデーも休刊ですか
880. Posted by       2008年06月06日 23:12
>865
おまえ擁護している奴を信者扱いしているだけの皮肉屋だろ。違うか?
881. Posted by     2008年06月06日 23:12
金の問題じゃないだろ。
お前は一枚目と同じ絵をもう一度まったく同じく描けるか?つまりそういうことだろ
882. Posted by W   2008年06月06日 23:12
最後4話なんて誰もが納得するわけないだろ…
あれで鳥肌(笑)とか言ってる信者きもいな
あ、信者だからきもくて当然か(笑)
883. Posted by     2008年06月06日 23:12
普通に思い出云々となんとかなら激しく同意だが
…美術的価値はやめといたほうがw
まあそれでも同意はするけどw
884. Posted by     2008年06月06日 23:12
873
編集王の担当してたのが誰だか知ってて言ってるのか?
皮肉か?
885. Posted by     2008年06月06日 23:12
※863
イラクに見えるから不思議。
886. Posted by       2008年06月06日 23:13
必死こいて描いたカラー絵を失くされたら確かに怒るわ。
美術的価値はどうでもいいとして
887. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 23:13
このコメントは削除されました
888. Posted by     2008年06月06日 23:14
※847
会社ぐるみで横流ししてるならともかく、一社員がそんな危ない橋を渡るとは思えない。
再販阻止のための偽装紛失なら分かるけど。
889. Posted by     2008年06月06日 23:14
師匠筋の富士鷹からのコメントが欲しいな
890. Posted by     2008年06月06日 23:14
美術的価値とか金額はほとんど問題ではなく、
編集部ができて当たり前のことをできてない、
というのが裁判起こした一番の理由だろうな。
たぶんこれ氷山の一角だぞ。
891. Posted by ららら   2008年06月06日 23:14
釣りって便利な言葉だよなぁ(笑)
892. Posted by ささ   2008年06月06日 23:15
462と452はしね
893. Posted by       2008年06月06日 23:16
>882
やっぱり皮肉屋にしか見えないな
894. Posted by     2008年06月06日 23:16
陳述書ってのを初めて読んだが、みんなこういうもんなのか?
大部分は原稿紛失とは別の恨み辛みだったようだが。

小山ゆうの名前を出してたが、ちゃんと話つけてんのかね。
895. Posted by k   2008年06月06日 23:16
読んだことないけど、弟と妹がハマってたからきっと面白いんだろうな
896. Posted by     2008年06月06日 23:17
米891
ここは低レベルな煽り&IDがないんだという状態だから致し方ない
897. Posted by     2008年06月06日 23:17
ミスをしたことない奴だけ編集叩けよ
ミスするのも当然だ人間だからな
完璧な奴などそうはいない
898. Posted by     2008年06月06日 23:17
これは紛失がどうこういうよりも

編 集 が 原 稿 を 盗 ん で 売 り 飛 ば す

のが常態化してるという問題提起だろ
そうそう都合よく高値のつきそうなカラー原稿が無くなるか?
899. Posted by     2008年06月06日 23:18
編集はこれだしコナンだけでいつまで持つやら
900. Posted by     2008年06月06日 23:18
米897
手が滑ってたのであなたを殺しますがよろしいですね?
901. Posted by         2008年06月06日 23:19
>895
前半は面白いと思うけど後半はただ戦って戦って終わったような気がする
902. Posted by     2008年06月06日 23:19
原稿をなくしたら、数倍〜数十倍の金を払うのは出版社の慣例。
慰謝料は自分の受けた精神的ダメージに対しての金額だから、言うだけならいくらでも請求できる。
金額の妥当性は裁判所が決めることであって、おまえら叩いてるやつが高いだとか
云々ぬかすことではない。

実際、ほかにも不満があっての告訴だろうし、慣例を考えても非常識な額ではない。
出版社への恩義を感じてないなら、もっと莫大な金額を請求するだろ。
それに出版社が屁とも思わないような金額を請求しても、意味がねぇんだよ。
903. Posted by    2008年06月06日 23:19
※898
>編 集 が 原 稿 を 盗 ん で 売 り 飛 ば す
ごめん、それって常態化してんの?だとすると認識を改めないといけない。
カラー原稿紛失は、モノクロと分けて保管してたからだと思ってたんだが……
904. Posted by .   2008年06月06日 23:19
実際問題次の連載が何処になるかってなると
ジャンプは集英社で小学館の子会社だから無理だとして。

マガジンはガッシュと同じ様なマンガの場合
明らかに場違い感がでちゃうからチャンピオンになるのか・・・?
チャンピオンでも厳しいかな・・・。
905. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 23:20
このコメントは削除されました
906. Posted by     2008年06月06日 23:20
*900
そんな事したら右手が骨折しますよ。w
907. Posted by     2008年06月06日 23:20
>489 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:29:23 ID:qouWPSYwO
>これを機に管理がキチンとされるように
>なるのであれば
>この裁判は大きな意味があるね

管理人・・・
少なくともそうなるにはまず火消しに必死な小学館工作員をどうにかしないとな
そういえば天外魔境1の元データは紛失してリメイクできないという話があったけど最近携帯電話既に出でいて、PSPで天外魔境コレクションを出すみたいだぞ
908. Posted by     2008年06月06日 23:21
米897

人間はミスをする生き物だけど、
今回のはしちゃいけないミスなんだよ。
909. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 23:21
このコメントは削除されました
910. Posted by     2008年06月06日 23:22
任天堂は早くこんな会社と手を切って講談社か集英社に行ったほうがいいな
911. Posted by       2008年06月06日 23:23
>897
まず雷句誠のブログ読んでから書いてくれよ
的外れなこと言っているぞ
912. Posted by     2008年06月06日 23:23
なんというか、こういう問題に関して
立ち向かえる組合みたいなものはないんかな?

※875
サンクス
913. Posted by      2008年06月06日 23:23
※897

そりゃミスはするさ。
問題はミスしたことより、
ミスに対する小学館側の態度じゃないか?

914. Posted by     2008年06月06日 23:23
作者のブログすげーな
事の顛末書いてあるが、よく連載続けた
915. Posted by     2008年06月06日 23:23
※898
横流しは希なケース。
カラー原稿、特に扉絵はあちこちで使い回すから、他の原稿より紛失
する可能性が高いんだよ。
もっとも、まともに管理してりゃ起きないミスだけどな。
916. Posted by     2008年06月06日 23:24
コレは無くすのが悪いな、原稿無くすってどれだけ適当な管理してたんだよ
917. Posted by     2008年06月06日 23:24
※909
おせえよw
918. Posted by     2008年06月06日 23:24
何もしないで日和見、保身しか考えない漫画家よりは先見て行動してる分マシだと思うな
編集に不満があっても、裏やブログでぐちぐち言ってるだけじゃ何も改善しないだろ
漫画家もそろそろ漫画家同士で組合作る時期なんじゃねえの?
919. Posted by Posted by   2008年06月06日 23:25
上で「ベル?」て言ってる人がいたけど、
あれは、外国でガッシュという眼鏡のブランドがあるから、
ガッシュだと商標などで困る(外国への展開)なので、ガッシュ=ベルになったわけよ。
920. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 23:25
このコメントは削除されました
921. Posted by     2008年06月06日 23:25
優秀な探偵を派遣します
922. Posted by     2008年06月06日 23:26
※897
仕事人として最低限のマナーさえも備えていないのはミスとは関係ないけどな
そしてそんな怠慢姿勢から生まれるミスに擁護の余地はない
923. Posted by k   2008年06月06日 23:27
>>888

会社ぐるみの方がリスクが高いし成功しても利益すくねぇよw

質問だが
その横流しした社員が最初からやめる気で有ったら?
目の前に1P数十万円の価値がある原稿が5枚あったら?

普通の人ならシナイと思うよ?
フツウのヒトハネ?w

だけどね?
世の中お金だと思い込んじゃっている大馬鹿も少なくないんだよ?
会社首になるリスクを負っても利益が大きいと自分は思うよ?
仕事はやる気さえあればまた違うところにつけるしワザワザ小学館が横流しの事実言うような真似しないから名前にも傷が付かない

わかる?
人間の汚い部分が?
世の中奇麗事だけでやろうと思っているヒトもいるけど間逆のヒトも少なくないんだからそれぐらい理解しようね?
924. Posted by Posted by   2008年06月06日 23:27
※919
マジで!そうだったのか!
教えてくれてありがとう!!
925. Posted by     2008年06月06日 23:27
※897
代わりのきかん預かり物を杜撰に扱うのは、ミスとはいわんだろ。
926. Posted by     2008年06月06日 23:30
作者はどう見ても正しい訴えだろ。
折角美術的価値の言い回しについてまで解説してくれてる人もいるのに未だ勘違いしてるのもいるし。
原稿は作者に取っての命ってのは間違いない。まさか漫画家が原稿料だけで食ってると思ってるわけじゃないよな?
コミックとかの印税、作家と名のつくものは印税とか関連商品で儲けてるンだ。
原稿が無ければ再販できねぇそうだし、漫画で飯食ってる以上それは命だろう。
面白い面白くないは個人の感性だけど実際に売れてるんだから多くの人に受けたわけで、その原典に価値が無いわけがない。
それにまともに仕事も出来ないような奴は叩かれて当然、仕事には責任が付きまとう、原稿の管理も立派な仕事、それが出来ない無能なんだからせめて過失の責任くらいは取れ、ごねるなんて潔くない。
927. Posted by     2008年06月06日 23:30
ミス=死が良いんじゃね?w
こういう凡ミスするような輩は死ぬべき
その方が小学館の為にもなるよ
絶対に許してはならない
総力をあげて自殺まで追い込もう!
928. Posted by     2008年06月06日 23:31
330万じゃ、訴訟費用と弁護士報酬で吹っ飛ぶと思うけどなあ。
ましてや満額出なかったら、むしろ足出るんじゃね?
どう考えても「金じゃない」って起こした訴訟だろうよ、これ。
929. Posted by     2008年06月06日 23:31
※923
小学館社員を擁護するわけじゃないが、叩くにしてもちょっとピントがずれてると思う。
金が一番なら小学館の社員辞めないって。
年収一千万を棒に振ってまで、目先の数十万追うわけない。
ただ単に作家を舐めてて原稿無くしたってだけのことだろう。
930. Posted by     2008年06月06日 23:31
やったことはひどいし提訴も理解するが
美術的価値はないだろう
931. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 23:32
このコメントは削除されました
932. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月06日 23:33
このコメントは削除されました
933. Posted by    2008年06月06日 23:34
良い事おしえてやんよww


前スレとチョット違うが、
俺が某出版社に勤務していたときの話。


関係各社から頂いたプレゼント用の品々は、
表向きプレゼント応募の対象だが・・・偽名の当選者発表し全部編集者の懐行きだったさwwww


例えば、グラドルのサイン色紙等も全部貰ったか捨てたかのどちらか。
送る金もったいないじゃん。
経費削減と言うことでwwwうっぇっへっへ
934. Posted by     2008年06月06日 23:34
美術的価値とした意図については作者ブログの訴状に説明がある。
せめて読んでから言え。
935. Posted by 竜聖者   2008年06月06日 23:34

ガッシュはぶっちゃけ好きじゃなかったけど、絵の上手さは判る。美術的価値はあるね。

作る側の気持ちってのが分かって無いんだろうな…編集。自分の子供と同意語なのに。

これからはもうオリジナル渡せないな、全部家でデジタルコピーか。

もっと頑張れ作者!
936. Posted by    2008年06月06日 23:34
※930
脊髄反射しないでちょっとは他人のコメントも見ようぜ・・・
937. Posted by 932   2008年06月06日 23:35
*932の続き
>58 名前: 留学生(アラバマ州)[] 投稿日:2007/10/02(火) 19:27:32 ID:80fFgOLJ0
>>>26
>読みたくねぇw

>91 名前: 牧師(北海道)[] 投稿日:2007/10/02(火) 19:30:22 ID:3k7zL8q00
>>>26
>ラノベだな

ところで
>762. Posted by   2007年10月04日 02:12
>ガッシュが順調にENDに向かってるのは腐女子キモオタ層のコミック以外で金を落としてくれる顧客が少なかったのと
>キラーグッズが無いためだよ
>本来は骨折の時期に強制的に長期休載=人気低迷を盾に萌え路線キャラで梃入れされそうになったんだけど
>ファンからのどうして休載中なの?打ち切り?等のハガキやメールが長期にわたり予想外の量が届いていたため変更が無くなった
>ただ今の連載終了後半年の休養の後続編スタートで植木の法則の末路をたどることも会議でほぼ決定らしい

これってマジか?
938. Posted by     2008年06月06日 23:35
まあ普段からの積み重ねだろうな。普通は示談で済むぞ。
939. Posted by     2008年06月06日 23:35
編集は漫画家の苦労なんて知らないし、
漫画家は編集の苦労なんて知らない。


人が人を思いやる。
それができないだけ。
940. Posted by あ   2008年06月06日 23:35
他人の著作物の権利の一部を借りて金に換算する会社だろ、出版社って

今時のデジタル入稿してる小説なら一度出版されたものから文章を起こし直しても劣化する訳じゃないけど
今回の件はアナログ映像作品なんだから、原本の重要性をちゃんと認識してない編集は糞としか言い様がない
941. Posted by Posted by   2008年06月06日 23:35
 不買は他の漫画家は罪はないし、作者のいういい編集だっているからそういう事はやめた方がいい。
 まあ、今はネットの力があるから、そこで徹底的に叩くしかないと思うね。
 検索ワードで、雷旬誠のランキングあげて、爆笑の番組とかで取り上げてもらうとかね。
942. Posted by     2008年06月06日 23:35
これを見越して久米田はデジタルに移行していたのか……
んなわけねえか
943. Posted by     2008年06月06日 23:35
※930
法律で言うところの美術的価値ってさ。
「作品に対して他者が捻出するであろう金銭」的な価値って事で良いのかね?
だとしたら、330万は安い気もするんだが。
944. Posted by 智美   2008年06月06日 23:35
これは訴えられてもおかしくない。小学館は原稿の保管とその管理を怠ったのだから。
945. Posted by     2008年06月06日 23:37
ブログの訴状みたが
伝聞を書いてたり、編集の思惑を想像で書いてたり
あまり客観的じゃないんだな
こういうのは事実だけを淡々と書くものだと思ってた
946. Posted by     2008年06月06日 23:39
美術的価値ってのは裁判用の方便か
タイトルは俺でも知ってるし有名なんだろうけど、干されても大丈夫なんだろうか
947. Posted by 名無し   2008年06月06日 23:39
盗みは犯罪です
948. Posted by Posted by   2008年06月06日 23:39
 あと、雷旬の最初の担当さんは、スピリッツで連載してる料理漫画のバンビーノの担当者。
 この作者は30過ぎまで、あんまりパッとしなかったけど、熱い料理漫画として人気あるし、ドラマにもなったね。

 あと、昔は八巻という編集もいて、健太やりますや、俺たちのフィールド。
 スピリッツに言ってからは、編集王やおごってジャンケン隊の担当などをしていた。
949. Posted by     2008年06月06日 23:39
こんだけ売れてる漫画家だからできたことなんだろうな
漫画は読んだことないけどがんばってくれ
950. Posted by k   2008年06月06日 23:39
>>929
まあ正直な話事実は闇の中なので水掛け論にも程があるんだが。
ただ単に原稿をなくしたにしてもカラー原稿5pだけってのはちょっと不自然な気がしてならないのは何故?
まあそれも原稿ぶちまけてしまったという可能性も否めないし

首宣告とかされた社員ならやらないとは言い切れないよ
まあ横流ししたのが社員だとは限らないし(まあ確立は目茶目茶低いが)



まあどちらにせよ作者を舐めきっていることには変わりないんですね!
なくしたのなら管理がずさん過ぎで作者舐めてるんだろ?
横流ししたんなら作者=金を生む機械としか未定な言って言うことですね!
舐めてるにも程がありますが?

まあ事実がどちらであろうと
小学館のずさんさにホトホト呆れるんだが?
951. Posted by     2008年06月06日 23:40
※945
気持ちはわかるけど、多分に私怨が篭りすぎだよな
小学館を擁護するつもりはサラサラないけど
話半分に見えてしまう
952. Posted by     2008年06月06日 23:41
※946
ここでイモ引いたら業界のためにならないとの事で。
特に新人が原稿返してもらえなかったって話は良く聞く事だし。
953. Posted by     2008年06月06日 23:42
ガッシュみたいな一時期の看板作品の作者ですら
ブログで書かれてるような扱いをされたんだから、
人気出なかった作者の扱いとかどんだけ酷かったんだろうな……。
954. Posted by    2008年06月06日 23:42
そりゃあ利き腕へし折れても漫画を描き続けた画家だもの…、300万は妥当だ。
最初はちょっと変かなと思ったが、他の作者の擁護のためでもあるという部分に心打たれたよ。
955. Posted by    2008年06月06日 23:43
痛ニュー管理人は※欄見て笑ってそうだなー
956. Posted by     2008年06月06日 23:43
※943
金の問題じゃないんでしょ
957. Posted by     2008年06月06日 23:45
出版社的には扱い難い人のレッテル貼られちゃったね
どんだけ金のなる木だろうと、いつ爆発するかも知れないとなると
自分のトコに引っ張るのは躊躇われる

清廉潔白整然と仕事するとこならそんな心配は無用だろうけど
どの出版社も悪い噂は同じくらいあるし
958. Posted by     2008年06月06日 23:45
※950
そこは別に不自然じゃない。
カラー原稿はモノクロと別に保管することが多く、単行本が出てからも
関連グッズへの使用であっちこっち行くからな。
二次利用で持ち出した原稿をすぐに保管場所へ戻さず、適当にほっぽら
かしといたってのがありがちな線ではないかと。
959. Posted by    2008年06月06日 23:45
まあ出版業界自体が斜陽産業で、そのなかでも
子供向けがメインの小学館は少子化の影響も
あってむちゃくちゃ景気が悪い。

貧すれば鈍するということで社員のモラールも
下がりまくってるということなんだろうな。
960. Posted by     2008年06月06日 23:45
頭に来るのはわかるがもう一回書きなおした方がいいと思ったw

移動って異動だよね?違うかないいのかな
ビルが動くのかと思ってびっくりした
漫画化の金をそんなトランスフォームビルに使いやがって小学館・・・て思った
961. Posted by     2008年06月06日 23:46
>>950
まんだらけの件があってから、漫画原稿を金に換えるのは相当困難になった。ガッシュのように、数年前まで連載してたくらいの人気作品なら尚更。
962. Posted by *   2008年06月06日 23:46
師匠はどう思ってるのかな…
963. Posted by     2008年06月06日 23:46
小学館編集者と冨樫義博がタッグ組んだらどうなるんだろうか?
964. Posted by     2008年06月06日 23:46
※953
>ブログで書かれてるような扱いをされたんだから、
>人気出なかった作者の扱いとかどんだけ酷かったんだろうな……。
雷句の陳述書に東遊紀の人の逸話が載ってたけど……
965. Posted by     2008年06月06日 23:47
訴訟が何でもかんでも金欲しさに起こしてると思うなよ
966. Posted by     2008年06月06日 23:48
つーか、世界に1つしかない原稿を
なんでこんないい加減に管理するのか謎だよね。
腐敗してるってか、ホントありえない。
なんらかの災害等でやむにやまれない状況で
消失、損壊しました。なら話は別だけど
これほどだらしない出版社ってどうよ。と思う。
967. Posted by      2008年06月06日 23:48
ガッシュの作者は結構がんばってたもんねー
これは気の毒に
968. Posted by     2008年06月06日 23:48
*957
真面目に管理できる会社ならどうと言うことはないと思うぞ
969. Posted by     2008年06月06日 23:48
いやまあ作者の感情とか他の作者のためとか
そういった感情的な物を全て排除して
単純に「もしカラー原稿5枚が戻ってきたらいくら稼げるか」だけで考えても
300万なんか超余裕だろ
970. Posted by     2008年06月06日 23:49
俺はイラクファンだから流石にむかっとくるな
原稿なくすとかありえないだろ普通…
まじ担当死んで欲しい
971. Posted by     2008年06月06日 23:49
※950
カラー、特に扉や表紙のは煽りとかタイトルロゴ入れる前提だから別管理であることが多い
ロゴとか入れた後、原本をほっぽって結果なくしちゃったんだろうね
972. Posted by     2008年06月06日 23:50
なあ、ニュータウンヒーローズの単行本が出ない理由ってもしかして・・・
973. Posted by     2008年06月06日 23:50
※963
冨樫の場合、幽白後期から編集とのやり取りはバイク便だけだったらしいから、どこに行っても冨樫は冨樫なんじゃね?
紛失しても、コピーと変わらないクオリティだしw
974. Posted by     2008年06月06日 23:50
※957
お前馬鹿だろ。
売れりゃ富樫みたいな奴でも仕事は来るんだよ。
クソ工作員お疲れさん。
975. Posted by     2008年06月06日 23:50
*960
そういえばビル・ゲイツの入社試験に「富士山を移動させるにはどうすればいいか」って言うのがあったな

異動じゃないぞw
976. Posted by     2008年06月06日 23:51
小学館おわったな…
977. Posted by     2008年06月06日 23:51
   _,,....,,_  _人人人人人人人人人人人人人人人_
-''":::::::::::::`''>  冠茂と仲良くしていってね!!! <
ヽ::::::::::::::::::::: ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
 |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ     __   _____   ______
 |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__    ,´ _,, '-´ ̄ ̄`-ゝ 、_ イ、
_,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7   'r ´          ヽ、ン、
::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7 ,'==─-      -─==', i
r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ i イ iゝ、イ人レ/_ルヽイ i |
!イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ レリイi (ヒ_]     ヒ_ン ).| .|、i .||
`!  !/レi' (ヒ_]     ヒ_ン レ'i ノ   !Y!""  ,___,   "" 「 !ノ i |
,'  ノ   !'"    ,___,  "' i .レ'
978. Posted by     2008年06月06日 23:51
※966
そんな貴重なもんでも、毎日扱ってると感覚がずれちゃうんだろうな。
だからって、粗末に扱っていい訳ないけど。
979. Posted by _   2008年06月06日 23:51
つまりマンガに情熱を注いだ人生 10万円/年 ってことな。

安いな。
980. Posted by     2008年06月06日 23:51
※975
ビルゲイツじゃなくてマイクロソフトだろw
わかってて間違えたんだと思うが、何か笑ってしまった
981. Posted by     2008年06月06日 23:52
※968
だからそういう管理がちゃんと出来てるところなら心配は無用って言ってるだろ

ただ実情はともあれ、悪い噂のない出版社がどれほどあるって話だよ
982. Posted by     2008年06月06日 23:52
※964
いや、それ以外にも酷い目にあった人たくさん
いるんだろうなと。
983. Posted by    2008年06月06日 23:52
とりあえず雷句とガッシュは愛されてるっぽいので安心した。
984. Posted by     2008年06月06日 23:53
※972
それは雷句のただのわがまま
ブログで言ってる
世に出したくないんだってさ
985. Posted by Posted by   2008年06月06日 23:53
 ニュータウンズは、作者が断ったらしいから、噴出ではないだろう。
 最初、この小学館の話が出て時は、ニュータウンズの原稿の噴出の噂がされた。
(ガッシュで人気でたのに、昔の作品の単行本が出ないのはおかしいと)
986. Posted by     2008年06月06日 23:53
※970
恐ろしい事に原稿の紛失ってのは「よくあること」なんだよ。
だから小学館も「いつも通り」金払って済ませようとした。
987. Posted by _   2008年06月06日 23:54
つまり漫画に情熱を注いだ人生 10万円/年ってことな。

安いな。
988. Posted by     2008年06月06日 23:54
※979
生まれた瞬間から漫画に情熱注いでたんなら安いな
989. Posted by    2008年06月06日 23:54
どこの出版社になるのかは知らないけど
次回作のいい宣伝にはなったなw
話題作り乙
990. Posted by      2008年06月06日 23:55

そういや、まんだらけに雑誌の編集者がオリジナル原稿売り払ったとかで、昔問題になっていたな。

まんだらけ自体も、手塚治虫の原稿をバラにして販売とかあくどいことやってるし。

中古品点探せば見つかるんじゃねーか?

991. Posted by     2008年06月06日 23:55
※985
一方で原稿紛失してるのにもう一方では噴出するのかよwwwwwww
992. Posted by    2008年06月06日 23:56
アニメにもなったし結構印税生活してるんだろうにね、
それだけ自分の絵に誇りを持ってるのか
993. Posted by     2008年06月06日 23:57
業種に関係なく、信用できない相手との仕事は恐ろしくキツいよな。
994. Posted by     2008年06月06日 23:57
本スレの人はよくわかってないみたいだけど
カラーとモノクロの原稿だと印刷の工程から別々に入稿する事が
多いので紛失しやすい。
最近出たDr.スランプの完全版でもカラー原稿が大分紛失してるので
小学館だけの問題じゃない。
995. Posted by     2008年06月06日 23:57
管理が・・・できてないところの方が多いかもなあ
かもなあ。じゃなくってそうなんだけど
幻冬舎の桃種の扱いもひどかった
どうも・・・こういう作家いじめは蔓延して来ちゃってる感があるな
マンガの内容から推し量れちゃう例すらある・・・何かちょっとエンターテインメントにかかわるものの態度じゃない(この場合作家も

996. Posted by    2008年06月06日 23:58
とりあえず新作読みたいから
裁判に勝利して気持ちよく次回作を
『別の雑誌』で書いて欲しいものです

藤田先生も一緒によそに移ってくれないかな〜
そしたらサンデーを買う理由は無くなるし
997. Posted by k   2008年06月06日 23:59
895
961
971

>>895
>>971
確かにそれはいえるな。というかその意見から見るとなおさら小学館の管理のズサンさが浮き彫りに見えるのは気のせいか?

>>971
たとえお金に出来なくても欲しいと思うマニアな社員がいないとも限らないんだが・・・
事実自分の身近なヒトもそういうことした人がいたしね
998. Posted by     2008年06月06日 23:59
原稿の紛失はどこの出版社でもよくある。
勿論あっちゃいけないことなんだが、定食屋の飯に虫が入ってるのと同じくらいよくある。
紛失原稿の原稿料の十倍が賠償額の相場で、これまでは作家からもあまり文句が出なかった(言いたくても立場上言えないってのはあっただろう)。
そういった意味で、裁判にまで発展した今回のケースは珍しいが、どう決着が付くのか興味あるな。
999. Posted by     2008年06月07日 00:00
そう言えば、井上雄彦は原稿料だけで1Pあたり15万程度ってマンガ編集者から聞いたことがあるんだが…
1000. Posted by     2008年06月07日 00:00
原稿を紛失したことない出版社だけが雷句を雇える

無理じゃね?
1001. Posted by     2008年06月07日 00:01
1000なら雷句誠勝訴
小学館は魔界の王の特権により消滅
1002. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月07日 00:01
このコメントは削除されました
1003. Posted by     2008年06月07日 00:01
>アニメにもなったし結構印税生活してるんだろうにね
そういう成功者は「噛み付かない」
成功しなかった者は「噛み付けない」
というなめた考えが原稿紛失なんていうありえない事態を生み出してるんだろうな
1004. Posted by     2008年06月07日 00:02
オレは自分だけ持ってても仕方ないと思うしコピーでいい人だわ
それに持ってるならみなに見せて自慢したい
自慢できないならいらないな
1005. Posted by     2008年06月07日 00:02
サンデーは数年前に編集部の体制かわってから作家とのもめ事が増えたな。ようするに今の編集長がクズなんじゃね?

昔はどっちかというと作家を大切に育てる雑誌として定評があったのに。
1006. Posted by     2008年06月07日 00:04
997
原稿の管理はどこもこんなもん。
原稿紛失は出版社じゃ日常茶飯事とまではいかないが、定期的に起こる。
出版界じゃ頻繁に起こる原稿紛失って事故そのものが問題というより、そんなよくあることでここまで作家を怒らせるまでに至った、サンデー編集者の作家の扱い方に問題があるんだと思う。
1007. Posted by    2008年06月07日 00:04
ぶっちゃけ編集部って上の方はまともなサラリーマンだけど
担当レベルになるとそこらのラーメン屋のあんちゃん以下のガキがゾロゾロいるからな
1008. Posted by マツモトリカ   2008年06月07日 00:04
3 ザ ケ ル な !
1009. Posted by     2008年06月07日 00:04
>>※1000
無くした事も頭にきてるだろうけど
他に色々と頭にきてることがあったんじゃね?

小学館の評判きいてると
そうとしか思えなくなってくるから困る
1010. Posted by     2008年06月07日 00:04
ボンボンの休刊はポケモン人気に圧されたのも多分あるよなぁ
ロックマンも移ってしまったし、正直ガンダムも…って感じだったしな
1011. Posted by あ   2008年06月07日 00:05
銀行に預けているお金が無くなっていると言ってるのと同じだと思うぞ

「自分のもの」って思っているものを他人に失くされたりすると
仮に無価値同然のものでも損した気分にならない?
それが価値があるのならなおさらだと思う。

1012. Posted by あ   2008年06月07日 00:06

この雷句ってヤツ、アシスタントに怪我させてんのかよ
オレも漫画家アシやってたが、暴言吐かれたり怪我させられるなんて普通ありえないぞ

まあどっちもどっちだな
1013. Posted by     2008年06月07日 00:06
>>1007
さすがに編集を馬鹿にしすぎだろ。
その辺のDQNレベルならどれだけ扱いやすいか。
むしろ能力があるだけに厄介。
頭が良くて弁の立つ奴が仕事をサボる癖をつけて会社の力を傘に着ると、手が付けられない。
1014. Posted by     2008年06月07日 00:06
※1005
その前も相当にクズだった。
久米田追い出したり、高橋しんに連載させて
大コケさせた上に壊したり。
1015. Posted by    2008年06月07日 00:07
原稿無くすのは酷いが作者の発言ワロタ
1016. Posted by     2008年06月07日 00:07
みんなログを読もうとしないから、「美術的価値」にどんどんツッコミが入る……
1017. Posted by     2008年06月07日 00:07
※1005
>昔はどっちかというと作家を大切に育てる雑誌として定評があったのに。
今でもそうだよ
今回の件で激しくぐらついた評価だけど

極論すると「サンデーが一番マシ」という可能性すらある

原稿料が低いとか貯金が一万切ったとかで痛ニューにも挙げられた若木民喜なんかは
「サンデーでしか描きたくない」とか言うくらいだし
待遇がいいからじゃなくて憧れ的なものなんだろうけど
1018. Posted by    2008年06月07日 00:07
ガッシュぐらいの人気漫画なら
カラー原稿紛失で330万なんてむしろ安いぐらいだ

やっぱり問題掲示が狙いなんだろうな…
他の漫画家のためにもライクがんばってくれ
1019. Posted by     2008年06月07日 00:08
米997
それが「よくあること」ってだけで、怒る理由は十分だと思うが。
1020. Posted by     2008年06月07日 00:08
雷句さんが怒るのは無理はない。
漫画家さんの中には、原稿の表面に触るのさえ嫌がる人がいる…
それくらい本人にとっては大事な物。

これは小学館が悪いな。
1021. Posted by     2008年06月07日 00:09
雷句さんがブログかなんかで小学館ではもう
書かないって言ってたのはこれがあったからか

がんばってほしいな。
他の作者のためにも。
1022. Posted by     2008年06月07日 00:10
>漫画家さんの中には、原稿の表面に触るのさえ嫌がる人がいる…
どうやって写植してどうやって出版しろってんだよ
そこまでいくとただのわがまま
1023. Posted by     2008年06月07日 00:11
※1017
またまたご冗談を
1024. Posted by     2008年06月07日 00:11
角川に移籍したらどうだろうか
1025. Posted by     2008年06月07日 00:12
※945
陳述書だからね

訴状はまた別にちゃんと載ってるだろう
1026. Posted by     2008年06月07日 00:12
グレンラガンの絵は素直に上手いと思った
1027. Posted by     2008年06月07日 00:13
※1014
そーいや久米田を追い出した編集長から一回変わったんだっけ。じゃあ少なくともここ2代はダメだな。

確かに扱いにくい作家ってのもいるだろうけど、こう作家とのトラブルが多いと明らかに編集のほうがおかしいとしか思えない。
1028. Posted by    2008年06月07日 00:13
冨樫の下描き原稿ならいくらなんだろう
1029. Posted by 代弁者    2008年06月07日 00:14
担当は腹を斬って死ぬべきである
さっさと自殺に追い込もう
ネットの恐さを知れ、叩き潰されろ
1030. Posted by    2008年06月07日 00:14
blog読んだがライクがマジで可哀想になった。
ゴネてるだけかと思ってたが、あれ読む限りじゃライクはよく我慢したよなとは思う。
1031. Posted by     2008年06月07日 00:15
もう3大誌の作家全員で一気に抜けて新雑誌作ろうぜ
編集の仕事なんて作家が交代でやれば余裕だよ
漫画家の1/20も働いてない
1032. Posted by     2008年06月07日 00:15
>ミスをしたアシスタントにミスをした所をしっかり見ろと、顔を近づけさせたところ、そのアシスタントも勢い余って顔を机にぶつけ、ケガをする。
>幸いケガは大した事がなく、後もわからないまでに直るが、過失とはいえ、傷害事件にできる事故である。腕を折った自分も包帯を右手に巻いたままアシスタントの子のお母さんへ電話をかけ、必死に謝る。よく許してくれたと思う。
このあたりの流れがよくわからんのだが……
アシスタントが自分で頭をぶつけたように読めるが、それだとしたら雷句が必死に謝ることもないし……
そもそも机に顔を近付けさせたら勢い余って顔をぶつけ、傷害にできるほどの事故になったってどんなだ?
完徹明けとかで朦朧としてたのか?
1033. Posted by     2008年06月07日 00:16
これで事実上、「藤田組」とサンデー編集部は完全決裂になるんじゃね?
1034. Posted by    2008年06月07日 00:16
本人もブログで書いてるけど
「仕事のパートナー」ではなく「道具扱い」されたんじゃ嫌になるわな
1035. Posted by     2008年06月07日 00:17
>1028
信者なら家を抵当に出してでも買うだろうが、傍から見ればチラ裏の落書き
1036. Posted by     2008年06月07日 00:18
※848
いや雷句のブログ見てこいよ、最近のだからw
まあ単行本一巻の発売控えて、藤田らしくないとか昔の藤田ならどうとかちょこっと書いてた。
さすがに引いたわ
1037. Posted by     2008年06月07日 00:18
小学館のバイト必死だな
深夜労働お疲れ様ですwww
1038. Posted by     2008年06月07日 00:18
サンデー買うの止める決心がついた。
もう買わん。
1039. Posted by     2008年06月07日 00:19
東方求聞史紀=一迅社
東方儚月抄 =一迅社
東方三月精 =角川書店
東方香霖堂 =メディアワークス

サニーミルクは興味を持ってないようです

             ________
     ___   ,.- '"´,、__,..、_ `ヽ!γ⌒ハ┐
     i,.-Yヘ  /`´ ________^ヽ┐'ヽ |/
     /  ハi ̄,. '"´      ̄ `ヽ、! ゝ
    i   i/く/ ,  / ,  i ヽ, 、 ',ハ
    イ   | ./ゝ、!_, ハ ハ 、_,!ィ|ノi i , |
  O|  .| o 。イ,=-‐'、レ' ´,-=、/。o ハ!
   .ノ|  /l | レ゜,,,       ,, i,.イノ'V゜
    | ハ .イ |   / ̄ ̄`i .人ヽ、ヽ!  ふぁ〜
 ト、 イ/ |/i  !ヽ、|      .|,イノ トレi/|
 ', \ ノ|〈ヘハ レ-`=r─'i´レヘ|ハ〉´ |
  ヽ、  ヽレヘハ7 ヽ、ハ二/ヽト、/  /
   \   7´  ri´ ̄`y'⌒ヽ,!   /
1040. Posted by     2008年06月07日 00:20
米1032
そのくだりについては俺も共感しかねるな
過失ではなくれっきとした傷害だよな
1041. Posted by    2008年06月07日 00:20
原稿なくしたんでもう一度書いて下さい。

あっあったww

隠滅

って漫画が炎尾の漫画でありましたねぇ^^;
1042. Posted by     2008年06月07日 00:20
おいおい、
ガッシュの記念すべき
「第一話」の「表紙の原稿」を無くしたのかよ
そら怒るぜ
1043. Posted by     2008年06月07日 00:21
サンデー買ってるけど
ぱっと見面白くなさそうだったから見たこと無い
もしかして面白かった?


1044. Posted by     2008年06月07日 00:22
藤田は・・・多分この編集者とタメ張れるほどの道を極めた人なのだと思う
本気で怒ったらきっと
何 で も す る
何をするかはわからない
1045. Posted by     2008年06月07日 00:22
秋田は比較的こういう噂を聞かないんだけど、何か知ってる人いる?
1046. Posted by     2008年06月07日 00:23
おいおい、
ガッシュの記念すべき
「第一話」の「表紙の原稿」を無くしたのかよ
そら誰だって怒るぜ
1047. Posted by    2008年06月07日 00:23
サンデーを読んでいた時期が俺にもありました。
ARMSとかファンタジスタとか
1048. Posted by        2008年06月07日 00:23
美術的価値が在るなんて本人もあんまり思って無いだろ、単純にサンデー編集部を反省させるためか腹いせのために裁判起こすための理由であるだけで。

それにしてもガッシュの絵は本当に崩して書いてたんだな、次にこの人の連載してる漫画読んでもわからないかも。
1049. Posted by     2008年06月07日 00:24
今まで原稿は出版社が作者から買い取ってるものだとおもってたんだが、借りてるものだったのか?
1050. Posted by     2008年06月07日 00:24
本スレに小学館の工作員が何人か湧いてるな。
1051. Posted by     2008年06月07日 00:25
※1045
秋田は基本的に編集も作家ももともとガラの悪いのがそろってるから。

ヒエラルキーは喧嘩の強さで決まるという年伝説があるwww
1052. Posted by     2008年06月07日 00:25
ここで小学館を叩いているのは、評判を悪くさせておいて
ちゃっかり自分の漫画を持ち込もうとしている連中みたいだなw

1053. Posted by    2008年06月07日 00:25
最初からコピーを会社に渡しとけばよかったのに

1054. Posted by       2008年06月07日 00:25
ガッシュベルとか絵ヘッタクソwww

と思ってた俺が本当にアホでした。
ガンバスターの絵に惚れた
良い絵描くじゃないですか
これからも頑張って欲しいな
1055. Posted by      2008年06月07日 00:26
>1043

少年のための少年漫画が読みたいのなら絶対読んだ方がいい。
第1話は神の作品といっていい。
1056. Posted by     2008年06月07日 00:26
どんな綺麗事を言おうが、仕事である以上、上下関係ははっきりさせなけりゃならん。
雷句レベルならアゴで使われても仕方ないんじゃない
鳥山とか冨樫だったら誰もが納得するだろうな
信者がでしゃばると作者が大変だな(´・ω・`)
1057. Posted by     2008年06月07日 00:26
※1051
板垣ですね、わかります

あとはアスキー(現エンターブレイン)に引き抜かれたO村編集長とか見ててもそんな感じだな
1058. Posted by     2008年06月07日 00:27
漫画家でも無いやつが的外れな批判してるのが面白いw
1059. Posted by     2008年06月07日 00:27
米937
自分の頭で考えようぜ。
多分コナン犬夜叉についで売れてたようなのがそんな扱いうけるわけねえだろ。
大体あの展開で引き伸ばしようもないし、残り十体しか魔物いねえのに萌えキャラってありえない。
まああのブログ見るとそのくらい言ってきそうな気もするが、人気が打ち切り食らうレベルまで低下はないだろ。
1060. Posted by     2008年06月07日 00:27
米1049
買い取っているのは著作権の中の一部であって
原本そのものは借りている状態
1061. Posted by     2008年06月07日 00:27
編集なんて何の才能も無いこじんまりとしたクズのくせに、
自分がすごい事してる気になって調子に乗るからな

ライク頑張れ
1062. Posted by    2008年06月07日 00:27
どんなマンガか気になるので明日にでも古本屋で読んでくるね
1063. Posted by       2008年06月07日 00:27
紛失というよりパクったんだろどうせ
1064. Posted by     2008年06月07日 00:28
ブログ読んできたが。
漫画家さんのは、まあ、「陳述書」だし、多分に私情が迸ってるとこはあるが、気持ちはわかる、社会人として。
しかし「訴状」の方…。
ウィキペディアを「証拠」に引き出すってどういう…。
1065. Posted by うはw   2008年06月07日 00:28
神の作品!(笑)
1066. Posted by     2008年06月07日 00:29
※1049
雑誌掲載作品にしろ本にしろ、もちろん買い取り原稿ってものもあるけど、基本的にメジャーな雑誌の原稿料ってのは基本的に「掲載権」の代金でしかない。原稿はあくまでも作家本人のもの。だからこそ単行本になるともう1回「印税」が入るし、増刷したりワイド版や文庫版が出ても作者に金が入る。
1067. Posted by    2008年06月07日 00:30
なくなった原稿に一巻の表紙の絵とかあるんだろ
酷すぎる('A`)
1068. Posted by    2008年06月07日 00:33
ブログの提訴の流れを見て雷句を徹底的に応援する気に

こりゃ小学館が酷い、原稿なくしたとかそういうレベルの話ではなく。
1069. Posted by     2008年06月07日 00:33
※1031
>編集の仕事なんて作家が交代でやれば余裕だよ
>漫画家の1/20も働いてない
言い過ぎ。
マイナー三流漫画家の立場から言わせて貰うと、編集さんの仕事なんてとても出来ません。胃に穴を空けながら、一般常識のない漫画家の原稿を待ち続ける。勿論仕事はそれだけじゃなく、会社でのデスクワークも山積み。関係各部署との連携をとりつつ抱えているいくつもの仕事を平行させて進め、ようやく一冊の本が出る。
俺の担当さんでさえそうなんだから、週刊誌の編集者がどれだけの激務か。
と言って作家を蔑ろにして良いとは勿論思わないが。

それぞれの仕事にそれぞれの厳しさがある。
優れた作家とそうでない作家がいるように、優れた編集者とそうでない編集者がいるだけ。
1070. Posted by     2008年06月07日 00:33
※1043
王道だけど俺は面白いと思った

あとガッシュの絵、サンデー向けに無理矢理絵柄変えたってどっかで言ってなかったか?
1071. Posted by     2008年06月07日 00:34
小学館の中でも仕事ができないモチベーションもない奴らがマンガ編集に回されてるとしか
1072. Posted by     2008年06月07日 00:34
冠茂はキバヤシみたいになりたいんだろうな……
1073. Posted by    2008年06月07日 00:35
やっぱりサンデーって腐ってるんだな
老害漫画はしつこく居座ってるし、単行本の発刊ペースは遅いし、
何より読んでて面白い漫画がほとんどない。
ガッシュの終わり方も妙に尻切れトンボだったしな
1074. Posted by 出目の金五郎   2008年06月07日 00:35
何故330万?

裏がある?

この件に関してはよくわからないなぁ

作者の性格知らないし…
1075. Posted by     2008年06月07日 00:36
なにがショックかって、作者がピザだったことだorz
1076. Posted by     2008年06月07日 00:36
>米1060、1066

そうなのか、勉強になったありがとう
1077. Posted by     2008年06月07日 00:37
>胃に穴を空けながら、一般常識のない漫画家の原稿を待ち続ける。勿論仕事はそれだけじゃなく、会社でのデスクワークも山積み。関係各部署との連携をとりつつ抱えているいくつもの仕事を平行させて進め、ようやく一冊の本が出る。
横からすまん、全く具体的な事がわからないんだがw
1078. Posted by    2008年06月07日 00:37
あの程度で芸術ならそれ以上は国宝級だな

まあ原稿は返してもらうかしっかり金取るこったな
1079. Posted by あば   2008年06月07日 00:37
まぁこの作者ならこの先どんなに干されようが
ガシュで貯めた財産があるから全く生活には苦労しない。
1080. Posted by     2008年06月07日 00:38
そのうち
元編集「職場の大掃除してたら出てきた原稿です」
お宝鑑定団「自己評価額はいくらでしょう?」
元編集「美術的な価値もあると思いますし330万くらいで」





お宝鑑定団「原作者には価値があるでしょうが・・・」
元編集「ショボーン」


1081. Posted by     2008年06月07日 00:39
※1074
>何故330万
ブログの訴状読めばわかるよ
1082. Posted by     2008年06月07日 00:39
これは作者GJだな
サンデーざまあwww
1083. Posted by    2008年06月07日 00:39
ピザ乙
1084. Posted by     2008年06月07日 00:39
※1069
有能な編集ってのは基本的に人間ができてるかどうかだからなあ。作家なんてだいたいみんなエキセントリックだし怠け者だし。そういう人間をうまくあしらいつつ事務的な仕事もしなきゃならん。

実際、編集もピンキリだよね。ただここんとこのサンデー編集部はなんか全体的におかしい。部数が減って追いつめられてるせいもあるんだろうけど。
1085. Posted by     2008年06月07日 00:40
※1056
5000万部売れる漫画を描いている雷句がアゴで使われる人間なら

お前なんて奴隷だよ。
しゃべってないで労役に戻れ。
1086. Posted by     2008年06月07日 00:40
※1074
ブログで書いてるじゃんて
ヤフオクにイラストを出したら落札価格が17万と35万
大体の間を取って26万、プラス実際に使われた原稿としての価値を上乗せして一枚30万換算
残りの金額は証明書に貼った収入印紙代や弁護士費用
1087. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月07日 00:41
このコメントは削除されました
1088. Posted by     2008年06月07日 00:41
2 1077
さらに横からだが、とにかく忙しいってことを言いたいんだろう
漫画編集部の何がキツいかって、スケジュール通りに仕事が進まないことだった
話作りには関わらなくてもいいって方針の編集部だったからアイデア出しとかはしなかったけど、やるところは好きでもないと辛いんじゃないかな
1089. Posted by s   2008年06月07日 00:42
うう
1090. Posted by    2008年06月07日 00:43
吠えペンのあれとかあれとか
これの話だったのかなーって思っちまう
1091. Posted by     2008年06月07日 00:43
こりゃ勝とうが負けようが絶版決定だな。
古城編辺りで全部売ったんだが今のうちに揃えとこうかな?

※1075
何を今更
あとがきで散々ダイエットの話してたろw
1092. Posted by     2008年06月07日 00:44
コーチやフロントが無能だと現場の頑張りにも限界あるよな
部数も落ちていくわ
1093. Posted by     2008年06月07日 00:45
カラーなんて通常の原稿より、すごい大変だし
330万じゃ安いと思うよ
編集部頭おかしい
1094. Posted by     2008年06月07日 00:45
>お前なんて奴隷だよ。
>しゃべってないで労役に戻れ。

仮に漏れが奴隷ならお前は奴隷にもなれないゴミクズだけどなw
信者乙!
1095. Posted by     2008年06月07日 00:46
なんだかんだでお前らガッシュ大好きだな
1096. Posted by    2008年06月07日 00:47
新連載のときのカラー原稿が無いってことは売ったくせえなw
1097. Posted by     2008年06月07日 00:47
>>1080
日本と海外じゃ価値が変わるぞ。
1098. Posted by      2008年06月07日 00:47
*1055
*1070

サンク
隠れた名作らしいのでネットカフェ行って来る
1099. Posted by     2008年06月07日 00:48
俺の記憶にあるだけでも、
・久米田が出て行った
・獣医漫画の小学館漫画賞受賞時コメントが編集への感謝ばかりでファンへの一言も無し
・若木民喜が原稿料について編集部のいい加減さをコメント
・安西が「今のサンデーは自分の帰る所じゃない」
・椎名も公式サイトで編集への不満タラタラ

サンデー大丈夫か?
でも魔王と藤田だけは読んでます
1100. Posted by     2008年06月07日 00:49
有り得るのは、これで雷句が数年干される事。
出版業界の掟が守れないKY君にあるのは絶望の未来w
1101. Posted by     2008年06月07日 00:49
東遊記が途中で展開のスピードが速くなったのにも原因があったのかー
あの漫画は好きだった。

絶望先生と吼えろペンのいいネタになるから楽しみだ

漫画家に幸あれ!
1102. Posted by     2008年06月07日 00:49
※1094
うん、じゃあそうだとしよう。
だが俺はゴミクズではないし、お前も奴隷ではない。

当然雷句もアゴで使われるべき人物じゃない、という文脈だったんだ。
察知してくれると思ったが、わからなかったね。ごめんね。
1103. Posted by     2008年06月07日 00:50
※1098
いってら
今月最終巻が出るからそれまでに20巻ぐらいは読んどけw
1104. Posted by     2008年06月07日 00:52
相場も知らないから分からないが330万は少ないと思う
だから余計にこの作者は金額じゃなく
本気で怒ってるんだと言う事がよく分かるよ
まあサンデーの編集はクズだな
1105. Posted by     2008年06月07日 00:52
こりゃ怒るな…
漫画描くのってらくそうに見えるがかなり時間と労力をかけるからなぁ。
しかも一生懸命描いた漫画家にとって命の次に大事な原稿を
なくされたらそりゃショックだよ。
まぁ俺はファンでもないからあんまり関係ないけど。
1106. Posted by     2008年06月07日 00:52
作者が踏み切ったのがすごい
本当に立派だ、ファイト
1107. Posted by     2008年06月07日 00:52
>1099

おれの記憶ではクロマティ高校が小学館漫画賞にエントリーされてたような気がする。
どうぜん当て馬のつもりだったんだろうけどw


1108. Posted by 1   2008年06月07日 00:52
売っぱらったってことはなさそうだ。
小学館社員は20代でも1000万プレーヤーだから
金に困ることはないだろ

俺は某社の編集者だが、ただでさえゴチャついている編集部。

1・2枚くらい間違えて捨ててしまうことくらいありそうだ。

1109. Posted by     2008年06月07日 00:53
もしこれで干されるにしても、秋田書店というか
核実験場のチャンピオンREDならきっと何とかしてくれる!

かも知れない。
1110. Posted by     2008年06月07日 00:55
米1091
これだけ流通してる漫画は今更絶版しても大して意味ないから、
価値を考えて買うならお勧めはしないよ。
読みたくて買うなら心からお勧めしておくがね。
ブックオフを筆頭とした影響で最近は漫画売る人が多いから、
新しい漫画なんて量が多けりゃすぐ市場に出回る。
マンガを買って読むのが大好きな学生の俺にはありがたいことだ。
1111. Posted by     2008年06月07日 00:56
ケロロと一緒にやるとかガンガンでやるとか
金にはもう困らないだろうけど
1112. Posted by    2008年06月07日 00:56
※1109

親父殿……チャンピオンREDは少年誌にござるか?
1113. Posted by     2008年06月07日 00:57
紛失した原稿分の単行本の売上から単純計算しても
相当な金額になると思うがな。

「美術的価値」って表現は訴訟を起こす上での表現であって
それを真に受けて必死にかみついてるアホはちょっとイタすぎ。
1114. Posted by     2008年06月07日 00:57
※1110
いや、価値じゃないよw普通に好きでたまに衝動的に読みたくなるから買い戻そうかなあと
前売ったのも場所がないから仕方なく、だしな。
1115. Posted by     2008年06月07日 00:57
1077
わからないならいいと思う
そういった仕事に君が興味を持った事がないだけだから
事務と営業両方やってる感じだとでも言えば何となくわかる?
しかも敏腕ともなると漫画原作者だw
あくまで影に徹したものだけどね・・・そのストレスや自負に耐え切れなかった時、クズ編集者、編集ゴロへ転落して行く
それはそれで過酷
1116. Posted by     2008年06月07日 00:58
つうか、こんなことで干されるわけないだろ
1117. Posted by     2008年06月07日 00:58
>1100
ライクは十分稼いでるからお前と違ってもう仕事しなくても暮らせるけどな
1118. Posted by    2008年06月07日 00:58
○大出で小学館入社のエリートなこの俺が何で高卒のバカのご機嫌取りしなきゃなんねーんだ
って考えが滲み出ちゃうんだろうなあ…
1119. Posted by     2008年06月07日 00:59
これってもう出版できないってこと?
コピーとか、PCに画像を保存してるとかはないのか。
絶版決定なのかね。
1120. Posted by     2008年06月07日 00:59
※1108
^^;
1121. Posted by     2008年06月07日 00:59
*1114
ある程度売れてても絶版後は最終巻近辺だけなかなか揃わない漫画も結構あるぜ。
揃えるなら絶版になる前に集めとけ。
1122. Posted by     2008年06月07日 01:00
がめついな
1123. Posted by     2008年06月07日 01:00
米1114
そうか。それはとてもとてもいいことだ。
今日の朝イチで買いに行くといいよ。
1124. Posted by    2008年06月07日 01:00
編集部をなめてるな

調子こきやがって
1125. Posted by     2008年06月07日 01:01
良いから改蔵の26巻を作る作業に戻るんだ!!!
1126. Posted by    2008年06月07日 01:01
美術的価値ってのが違和感を感じる。
芸術的価値だったらなんとなくわかるんだが。
漫画は美術ってことでいいのか?
1127. Posted by     2008年06月07日 01:02
サンデー、ヤングサンデー、スピリッツとも面白くなくなってる。
ビックコミック系で元気なのは、ビックコミックオリジナルぐらいだし・・・。
次に危険なのはスペリオールかな?

ここまでいろいろボロボロになってると、さすがに小学館の方針がまずい気がする。
1128. Posted by ら   2008年06月07日 01:03
編集の仕事が厳しいのは分かる。しかし、だからと言ってカラー原稿を紛失する理由にはならない。

バンカーが忙しいから顧客から預かった金を紛失しました、と言う様なものだろ。つか、原稿の価値を認識した上でこんな事したのだから、業務上横領で刑事告訴すればいいのに。

そして、売ったにせよ譲渡したにせよ、相手先は編集を吊し上げれば分かるはず。何故調べないのか。腐り切っているとしか思えない。
1129. Posted by     2008年06月07日 01:04
※1119
無くなった部分は掲載誌から保管できる。一応。
小学館から版権切り上げれば、別の出版社から再販することは可能。
小学館から睨まれるからできるかは知らん。
1130. Posted by    2008年06月07日 01:04
データとかフィルムがあれば出版はできるけど
雷句の許可無くできるかどうかは知らない
雷句が出版できるかも分からない(´・ω・`)
1131. Posted by …   2008年06月07日 01:05
こういう裁判ってのは今までなかったんだろう。どういう判決が出て、どんな判例が残るか気になるな。日本は著作権とか作ってる側の権利みたいなのが何事もいい加減なんだよ。口約束でやったりやらなかったり。
1132. Posted by     2008年06月07日 01:06
「『訴える』と心の中で思ったならッ! その時スデに行動は終わっているんだッ!」

まぁそんな訳で、正直この訴訟を「行った」時点で既にもう勝負はついている。
訴訟で負けない事くらいはできるかもしれないが、あの訴状には何も反論できないよw
1133. Posted by     2008年06月07日 01:07
出版業界は完全カースト制だから、裁判で勝ってもあとで潰されるだけ。
勇気は買うが、自殺行為だな。文字通り殺される可能性もある。
1134. Posted by     2008年06月07日 01:08
作者自身のblogで今回の流れ全部書いてるね
サンデーというか小学館が一気に嫌いになった…
1135. Posted by    2008年06月07日 01:08
取りあえず>>450の嫉妬が醜い
1136. Posted by     2008年06月07日 01:09
*1130
所持する権利は雷句にあるが使用(出版)する権利は小学館にあるんだ
他の出版社に乗り換える場合はその出版社が小学館から金色のガッシュの権利を買い上げないといけない
そう言った意味では小学館から他社が金色のガッシュの権利を買えるかというと多分額面的に無理だと思う
1137. Posted by     2008年06月07日 01:11
米1126
美術は芸術じゃないんですか?
1138. Posted by     2008年06月07日 01:12
お前ら”美術的価値”なめすぎ
キース・ヘリングなんてマジ落書きなんだぞw
1139. Posted by     2008年06月07日 01:13
※1138
しょうがないよ。美術だ芸術だってのは主観(と経済)で決まるものだから、理解できないものが存在するのは避けられない。
1140. Posted by     2008年06月07日 01:13
まあどっかで誰かが怒っとかないとな。

ここらで1回訴訟に負けてサンデー編集部そうざらえするくらいのほうが、今の小学館のためのような気がする。
1141. Posted by    2008年06月07日 01:14
みんな美術的価値ってところは否定するのか
作者カワイソスw
1142. Posted by     2008年06月07日 01:15
本人のブログでいろいろこまかい事情、いや編集者の現状が書いてあったけど
あれは 酷いわ
原稿よりもこの腐った編集達を訴えたかった事がよくわかった
1143. Posted by      2008年06月07日 01:15
雷句さんのブログ見たら、
訴状した理由がわかった。

いくらなんでも、
サンデーが酷すぎるな。
1144. Posted by     2008年06月07日 01:16
まあ実際、まだ一部には「良い編集」も残ってるんだと思いたい。椎名氏が短編集を出させてもらえてるあたりが、サンデー編集部に最後に残った良心のような気がしてる。
1145. Posted by     2008年06月07日 01:16
ここで俺がすべき事は、サンデー不買なんだろうか・・・?
1146. Posted by     2008年06月07日 01:17
450 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 17:26:28 ID:C76bG4940
>>320
古くっさい平凡な絵柄だな
個性だそうと崩しまくったのが、ガッシュってわけか

基本的に絵を見る能力のない馬鹿が発言するとこうなる。
目、口、輪郭。小学生が見たって分かるはずだ。
1147. Posted by     2008年06月07日 01:18
※1146
全員が理解できるものは芸術とは言わない。
1148. Posted by     2008年06月07日 01:19
※1136
ただ、大概は期限付きだよね。
何年かすれば出版権は作者に戻ってくるはず。
1149. Posted by     2008年06月07日 01:19
米1144
藤田さんも戻ってきてるし、金剛は頑張ってるしな。
まともな人がいない事はまずあり得ないと思う。
早くクズを駆逐して、いい編集部に戻って頑張ってほしい。
雷句さんの話に出てきたような編集はゴミだけど、
漫画読みとしては決して小学館はきらいな出版社じゃないんだよ。

米1145
まだ少し早い。小学館の公式声明まで待つんだ。
1150. Posted by     2008年06月07日 01:21
※1121※1123
そうするわー
給料日まで無理だけどなw33巻出たらオンラインでまとめて買うとするよ。
1151. Posted by    2008年06月07日 01:22
もう出版業界が今までの部分だけであるなどとは思わないでいただこうっ!
潰れるのは!
お前たちだ!

て、感じに革命を
あさってには革命を
1152. Posted by     2008年06月07日 01:22
はてはて ヤフオクかまんだらけか

どっから発掘されるんでしょうね
1153. Posted by     2008年06月07日 01:22
※1144
短編もそうだし藤田呼び戻しとか、一部は頑張ってる気がするよ

なんとなく読んでみたら結界師も地味に面白かった。
1154. Posted by     2008年06月07日 01:24
米1151
いや、出版業界は変わらんよ。
恐竜と同じような存在だから。
1155. Posted by    2008年06月07日 01:25
村上春樹の担当編集者だった
安原顕も村上の直筆を無断で
売り捌いていたね。
腐ってるがな(´・ω・`)
1156. Posted by      2008年06月07日 01:25
Lost+Blainは無かったことになるんだろうな、、、、、
1157. Posted by     2008年06月07日 01:25
藤田はそれなりの武力を持ってるからな
あの人は本気で怒ったら何でもする人だ
武力の問題じゃなく、な
1158. Posted by     2008年06月07日 01:26
米1152
まずないだろうが、本当にそんな事になったら損賠が5倍にはなるなw
1159. Posted by     2008年06月07日 01:27
闇の勢力に消されないように(笑)
ライクのブログを保存しますた
1160. Posted by     2008年06月07日 01:27
この前からライクがサンデーで書かない理由は何かと思ったらこれかwww
これは辞めたいな。ライクを全力で応援するわwww
サンデー糞編集と思ってたがここまでとは・・・・・・・・
右手の骨折の元凶も結局糞編集だったのかww

まあ、ライクならマイナー雑誌行っても応援するぜwww
訴訟、これからの漫画家のためにも頑張ってくれ。
1161. Posted by     2008年06月07日 01:29
こんなんだからヤングサンデーが休刊になるんだな。
まあサンデーもあと2,3年後にゃチャンピオンと同じ位置にあるだろ。
1162. Posted by     2008年06月07日 01:30
美術的価値か。
アメリカだけじゃなくて
フランスのオクにかけても一枚数百万は行くと思うぞ。
今はこの系統のタッチが人気だし。
価値について言ってるやつは、
中国のハルヒパクリにいくらの値段が付いたか知らないんだろうな。
1163. Posted by `ω´   2008年06月07日 01:30
このスレ気持ち悪いのわいてたな
編集でほとんどいなくなってて見やすい
 
雷句ブログみてきた
あれはキレるわ
しかたない
これで屑が消えてくれたらいいな
1164. Posted by     2008年06月07日 01:30
サンデー編集部というより小学館がクソにしか思えんな
1165. Posted by       2008年06月07日 01:30
裁判の方法として美術的価値を叫ばなければ闘えないだけで
本質は原稿の紛失に怒ってるんだよな

美術云々にそんな突っ込むなよ
1166. Posted by     2008年06月07日 01:31
俺もどんなもんかと思ってblogみてきた。
あれはキレるわ。最低きわまりねえな。

仕事する人間の態度じゃない。小学生でも、もっと責任感あるよ。雷句がんばってほしい
1167. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月07日 01:32
このコメントは削除されました
1168. Posted by     2008年06月07日 01:32
美術的価値ってのは建前というか、弁護士が指導する訴え用の文句みたいな気がするな
実際330万は慰謝料って感じだろ
1169. Posted by     2008年06月07日 01:32
今祈ることは雷句さんが無事に訴訟を終えることと、
この影響の余波が他作品に及ばない事だな。
藤田さんの漫画は乗りに乗ってきたし、
金剛はどこの民明だよと突っ込みたくなる神展開。
結界師も安定して面白いし、先が楽しみな作品は多いんだよ…
1170. Posted by 1126   2008年06月07日 01:32
米1137
だから、
漫画は美術なのか
ってことを聞いてる。
美術が芸術だろうがなんだろうが別にいいんだよ。
1171. Posted by     2008年06月07日 01:33
美術的価値、じゃなくて資産的価値って言えばよかったのかもな
主張は正しいんだが自分で言っちゃうと途端にうさんくさい言葉になっちゃうから難しい。

別に作者叩く気は毛頭ないが、チャリティーじゃない普通のオークションでもあんなに高値ついたのかなあ…と思わなくもない。
1172. Posted by     2008年06月07日 01:34
人気漫画家の原稿って凄いプレミアつくからなあ。オリジナルのカラーなら相当なもんだろ。
1173. Posted by     2008年06月07日 01:34
米1170
物わかりが悪いなあ・・・
1174. Posted by    2008年06月07日 01:35
アノ...国会議事堂占拠してるんですケド(´;ω;`)ブワ
1175. Posted by     2008年06月07日 01:36
なんかヤンサンだけじゃなく

サンデー本体も休刊しそうなグダグダさだな
1176. Posted by    2008年06月07日 01:37
>1126
10年ROMれ
1177. Posted by     2008年06月07日 01:38
こういうのは売れてる漫画家がやってくれてこそ効果があるからな
雷句くらい売れれば330万も大した額じゃねぇんだろ?
抗議という意味で、今回の提訴はGJと言わざるを得ない
1178. Posted by     2008年06月07日 01:38
とりあえず部屋にあるガッシュ既刊全部読んでくる
1179. Posted by     2008年06月07日 01:38
雷句GJ
でも、330万はむしろ安いと思うぞ・・・
もう一桁上げてもいい気がする。
雷句のブログ読んだがそんな気持ちになるほど、ひどいわ。

あと、美術的価値うんぬんなんて言ってる馬鹿が多いがむしろ基準提示してみろよww
ガッシュは最近の漫画ではかなり面白かった作品だし、ファンも結構いるからな。
チャリティーも大々的に宣伝されてたわけではないから、もっと値段上がったと思うな。
小学館で書かない宣言をしたときにそれを知ったが、俺が気づいたときには終わってたしなorz
俺でも30万くらいまでなら出したと思う。
1180. Posted by      2008年06月07日 01:39
そう言えば、ローゼンメイデンの作者も編集とゴタゴタがあったんだっけ。
アレも原稿を無くされたとかだった気がするが、そんなに良くある事なのか?
単行本として出せれば更に儲けられるんだし、書いて貰ってる人を怒らせるのは
不味いと思うんだけどなぁ…。
1181. Posted by     2008年06月07日 01:39
なぜか、水木しげる先生のカラー原稿が手元にあるのだが、こういうのも多分なんだろうな
1182. Posted by      2008年06月07日 01:39
米1171
それだと本の原版ができた時点で意味が無いから
慰謝料の請求としては変でもやっぱり美術的価値で闘うしかないだろう

米1170
この原稿が美術だかどうかは置いておくとして
デュシャンに言わせりゃ何がARTでないか、
何がARTかは到底定義できないよ。
1183. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月07日 01:40
このコメントは削除されました
1184. Posted by     2008年06月07日 01:40
平野や逢瀬もコミックガムに原稿紛失されて連載やめちゃったんだっけ
1185. Posted by     2008年06月07日 01:41
米1170
ひとつだけ聞きたいんだけど、誰かが漫画は美術だと言ったら貴方納得するの?
というか貴方はそもそも美術の定義をした上でそれを聞いてる?
貴方が言う所の芸術と美術の違いって何?
これらを自ら提示しないで質問したところで誰も答えられないし答えないよ。無駄だから。
1186. Posted by     2008年06月07日 01:41
関係ないけど、公的な文書に「ファウード編」とか入ってるのが妙に笑えた
1187. Posted by     2008年06月07日 01:42
自分で美術的とかって言っちゃいけないモンなのか?
編じゃねぇか?
1188. Posted by 米1185   2008年06月07日 01:42
よく見たらひとつだけじゃないな。すまん。
1189. Posted by     2008年06月07日 01:43
このまま雷句が干されるほど漫画界が腐ってるわきゃないだろうが
そもそも雷句は金の卵を産み続けられる鶏なのか、まだわからんのだよな。
まだ新人に毛の生えたようなものなのに、この先が心配だ。
1190. Posted by 1126   2008年06月07日 01:43
米1182
あー、いたねー。
まあそう考えるとどうでもいい疑問か。
1191. Posted by     2008年06月07日 01:45
※1180
出版社にとって大事なのはヒット作を
抱え込んで利潤をだす利権であって
作家であるとか読者であるとかは
売り上げ部数であるとかの書類上の
数字以上の意味は無い。

 しかも漫画家が成功したとしても
彼らの収入があがるわけじゃない。
元々30代で年収1000万越えるのが大手の
編集者だから多少どうなろうと高給取り
なのは変わらない。

 その上、漫画自体仕事で関わってる
ってだけの愛着しかなかったら、漫画家
なんて本当のところは関わりたくないの
が本音だと思うよ。

 実際何人か編集者にあったことが
あるが本当は漫画なんて大して好きじゃ
ないんだろうなって人たちばかりだった
1192. Posted by     2008年06月07日 01:45
芸術には音楽なども含まれるよ
美術は主に視覚的芸術のことだ漫画は芸術ダヨチミィ
1193. Posted by     2008年06月07日 01:46
今年に入ってからもろくなイメージねえなサンデーは
例のデスノートパクリ漫画といい(しかもあれ人気最悪でずっと巻末だし)
1194. Posted by     2008年06月07日 01:46
>>1189
まあ最悪雷句は、これで完全に干されたとしても余裕で遊んで暮らせる金はある。
印税だけでざっと10億以上。

だからこそ、余裕がある自分がいかないといけないとおもったんだろうよ。
新人じゃ明日の飯が心配で、喧嘩うれねえからな。
1195. Posted by Posted by   2008年06月07日 01:47
え?アシを怪我させたうんぬんは担当編集の話からの流れだから、編集がアシに怪我させたって話でしょ??

ライクとしては親御さんから預かっている身だから謝罪に行ったんじゃないの。
この担当の行動から行ってもアシの見方なんて「道具」以下だろうから謝罪になんか行く筈も無いだろうし。
1196. Posted by     2008年06月07日 01:48
※1192
視覚がないと堪能できないものを視覚芸術というはずなのだが・・・漫画は盲目でも楽しめたとは初耳だ。
1197. Posted by     2008年06月07日 01:48
米723
この件は作品がつまらないかどーかは別問題なのよ、君みたいな低脳に理解出来るかは知らんけど。

ポイントになってるのは、
・預かり物である原稿をプロである筈の小学館編集部員達が無くした
・その預かり物は高価な上に代替の効かない物である
・小学館が雷句と和解出来なかった
の3つ。
で、上の内の2つは確実に小学館が悪いから小学館が叩かれてんの。
分かるかい、お馬鹿さん?
1198. Posted by     2008年06月07日 01:50
※1195
担当といえど、そんなに仕事場に長居することはそうそうない。
特に仕事中ならな。

ミスが多いアシに指摘したとき勢い余ってライクが怪我させたとしか読み取れなくないか?あのブログだと
1199. Posted by     2008年06月07日 01:53
1196
ちゃんと読み給いチミィ
1200. Posted by Posted by   2008年06月07日 01:54
美術的価値ってのは、訴訟するにあたっての建前だろう。
作者のブログ読んだら、作者否定のコメントなんて出ないはず。
小学館の対応に本気で腹が立った。
担当も編集も、クビ程度じゃまだ足りないと思う。
1201. Posted by     2008年06月07日 01:56
おい新記事ガッシュ関連きてるぞ!
酷い!酷すぎる!早く移動しよう!
1202. Posted by     2008年06月07日 01:57
本スレに社員らしきレスが多数見られるん
だが、非常に気持悪いな。

オクや秋葉の某所とかで探したら出てくる
かもな、どう考えても編集が売ったとしか
思えないし。
1203. Posted by     2008年06月07日 01:58
どうでもいいことだけど七号が2m前後で
番長は50mクラスでバスターは300mだよな
1204. Posted by     2008年06月07日 02:00
米1198の読み方で合ってると思われ>アシの怪我
1205. Posted by ふ   2008年06月07日 02:01
小学館て看板漫画家が他の出版社に移っちゃうってイメージが強いわね
1206. Posted by Posted by   2008年06月07日 02:02
※1198
でも
「その頃、(小学館担当の高島雅の)同じミスが続き、机を思いっきり殴り、拳の骨が右手の皮膚を突き破りました。
ミスをしたアシスタントにミスをした所をしっかり見ろと、顔を近づけさせたところ、そのアシスタントも勢い余って顔を机にぶつけ、ケガをする。」

やっぱり担当編集がミスした原稿に(頭を押さえつけて)顔を近づけさせたんじゃないのか?
勢いあまって顔を机にぶつけるって。

「障害事件にできる事故である」「もうサンデーでは駄目だ」って流れでもそう思えたんだけど、、、

偏見でモノ見えなくなってるかな??
1207. Posted by     2008年06月07日 02:02
米1198で正しいと思う。
あの時点で編集がそれをやってたらたぶん雷句さんは我慢してない。
不可抗力とは言え自分でやってしまったから親御さんにまで謝罪をしたんだろう。
1208. Posted by     2008年06月07日 02:03
こどもの夢を壊しておいて330万は安過ぎ
1209. Posted by Posted by   2008年06月07日 02:05
※1207
そか。偏見で変な見方しちまったww
1210. Posted by     2008年06月07日 02:06
まあ、有名大のエリートが、小学館って名前だけで入社するようなところだろうし
そんな連中からみたら、漫画家なんて薄汚い生物とかおもってるんだろうな。
1211. Posted by     2008年06月07日 02:07
現在の印刷技術だとデータ保持してるのが普通なので
再販は可能。
カラー原稿は別工程で印刷かけるので
白黒原稿から切り離されるのは通常行程。
オクに流されるとかじゃなく、途中の工程のどっかにまぎれて
原稿たぶんあるよ。もうかなり前の原稿は、似たような印刷物件の数が多すぎて見つけるのが困難だろけど。
廃棄に紛れてしまった可能性もある。
1212. Posted by a   2008年06月07日 02:11
というか、作家を馬鹿にする=それを好きな読者を馬鹿にする
だろ?
ちょっとあれだな
1213. Posted by     2008年06月07日 02:12
話題豚斬りスマソ

自分は3年前スクエニに出した原稿今だに戻ってこないぞw
電話で2回、封書で1回問い合わせたがなしのつぶて
返送料として1000円分の切手貼った封筒も同封したのに
これって詐欺だよね。少なくとも返送用の切手は詐欺られた事になる

スクエニなんて潰れればいいよ。
もう二度とこんな雑誌社の本なんて買わね。

1214. Posted by 名無し   2008年06月07日 02:12
データは残ってるが原稿は紛失した

…わかるか?
1215. Posted by     2008年06月07日 02:13
雷句さんの訴状読んだ後に24巻のあとがき漫画読むとわかるけど、
よく我慢してたと思うよ正直。
訴状ではあれだけ怒りの表現使ってるにも関わらず、
あとがき漫画読んだだけではそんな雰囲気全くないからな。
あー、仕事大変なんだなぁとくらいにしか思わないもの。客商売の鑑だよ。
1216. Posted by     2008年06月07日 02:14
米1213
それ、返却するって契約じゃないんじゃないの?返却する契約になってたのに返さないなら訴えればよい。
1217. Posted by     2008年06月07日 02:15
スクエニですらそうかwww
どこのクズ飼ってるんだよスクウェアエニックス株式会社w
1218. Posted by     2008年06月07日 02:16
友達から聞いた話だけど小学館で漫画の編集をやるってのは大変なんだって聞いたぞ。
沢山仕事をかかえてそれでも作家のわがままに振り回されて大変なんだってよ。
漫画家のほうに原因があって色々こじれた可能性もあると思うね。
まあ俺は当事者じゃないからわからんがね。
1219. Posted by    2008年06月07日 02:17
23巻のオマケ漫画で笑えなくなった どうしてくれる小学館
1220. Posted by     2008年06月07日 02:18
※1218
漫画の編集が大変なのは確か。
といっても、今のところ小学館を擁護する要素はかけらもないぞ。
1221. Posted by     2008年06月07日 02:19
※1214
再販できないと考えている奴に説明した>データがあれば
オクに流れる可能性が低いことも

原稿については、いくらの値段がついても納得しなかったんじゃないかねえ
そのまえのわだかまりがあってのことなんだろし
作者の立場らすれば、それでいいと思う
1222. Posted by 名前   2008年06月07日 02:19
時代が変われば人のメンタリティも変わる。
ある時代の雰囲気の中でしかかけないものがあるんだよ。
100年もたてば、再生産が聞かなくなったこの時代の漫画の中から芸術扱いされるものが間違いなく多数出てくる。

紛失物の価値はともかく、貸しといた商売道具を無くされたんだ。
小学館に勝ち目なし。
そもそも賠償額なんてどうでもよくて、クソ会社を負けを晒すことが目的だろうから、雷句の勝ちはほぼ確定。
1223. Posted by     2008年06月07日 02:21
米1213
一応聞いておくが、漫画賞か何かの応募か?
注意書きで原稿は戻りませんと最初の所で書いてなかったかい?
いや、そのどちらでもないのならいいのだけど、
スクエニについてはよく知らんがものによっては最初にそう明記してあるものもあるからな。
最初にそう書いてあったら原稿送った時点で同意とみなされるから以後何やっても法的に意味がないぜ。
ちなみに勝手に送られてきた封筒を返す義務はないよ。

そうでないと確信できるなら残念だったなとしか言いようがないけど。
1224. Posted by     2008年06月07日 02:23
米1216
ごめん、これはただの投稿原稿の事なんだ。
でも返却希望者は切手貼って住所氏名書いた定形外封筒を同封する事、って規定だったからそうしたのになしのつぶてなんだよ。
わざわざ送るときより少し多めの切手貼ったのに…

出版社だからって許されるとでも思ってんのかな…大手はみんなこんないい加減なの?
一般社会ならこんな事考えられないよね。預かったものを紛失したばかりか謝罪もないなんて。
小さい出版社の依頼原稿は紛失された事は一度もなかったから驚いちゃってさ。

もう一度言う 返送料詐欺しても平然としてるスクエニは潰れればいいよ^^
1225. Posted by     2008年06月07日 02:26
米1219
大丈夫。
シェリーのデザインとか決めてる段階だから少なくともあの武器出る前の話だろうし、
雷句さんもまだまともだったと言ってる編集の人の時期の話な筈。
そんなにドロドロはしてなかったと思うよ。
…そう信じたい。
1226. Posted by    2008年06月07日 02:26
その頃ローゼン馬鹿の俺はももたね先生の不憫さに泣いて酒を啜った
1227. Posted by     2008年06月07日 02:27
一般の会社もね、結構いい加減なところはいい加減だよ。
いろんなとこと仕事してみるとアレなとこも多いのがわかるよ。
1228. Posted by     2008年06月07日 02:27
米1224
そりゃお気の毒に…
1229. Posted by      2008年06月07日 02:27
ライクさんのブログ見てきた。

こ れ は ひ ど い

まさかここまで腐ってるとは思わなかった。
一瞬「え?・・・あ、ギャグ?」って思ってしまうくらい。
社会人としてありえんわ。会社同士の取引だったら、間違いなく担当者は首切られてる、そんぐらいひでぇ。
どこの反抗期厨房だよ・・・
まじライク頑張れ!応援する。
1230. Posted by     2008年06月07日 02:29

作者ブログ読めば「陳述書」のいちばん先頭に書いてあるが、
訴訟になる前に一度、編集側と和解交渉してるよな。

でもそこで編集側(編集長、副編集長、現担当)が出してきた条件が、
原稿料の3倍を支払うってものだった。
しかも紛失原稿のうち1つはカット扱いで低く見積もられてた。

過去の担当者の態度とか、経理の杜撰さとかですでに怒ゲージMAXのとこへ、この対応。
そら訴訟になるだろうよ。

1231. Posted by     2008年06月07日 02:29
※1224
 ガンガンの賞は返却がルーズで早くても3ヶ月以上待たされる。
 あそこはそういう意味じゃ評判悪いよ
編集部に直接いかないと返却されないかも
1232. Posted by 1213   2008年06月07日 02:31
米1223
説明足りなくて悪かった
原稿返却希望者は同封してって書いてたから、ちゃんとその通りに米1224の手順で同封して送ったんだよ。
そうしたら発表後1か月後に必ず返送しますって書いてあったから。

結局なんの賞にもかすらなかったのは自業自得だからいいんだけどさ、2か月経っても戻ってこないから恥をしのんで電話したのに、今探してます、預かった原稿を無くすなんて無責任な事はうちはしない!なんて半ギレされたからさ…
あれから3年経つんだけどな…
あんな最低な会社さっさと潰れてほしいよ。

1233. Posted by     2008年06月07日 02:38
作品は自分の子供も同然。
他の漫画家たちも勿論そうなんだろうけど、ライク先生のコメントや後書きからは
それが強く感じられるからな。提訴は妥当だろ。

願わくば不正を行っている連中を裁いて欲しいもんだ。
1234. Posted by    2008年06月07日 02:39
久米田が逃げたのも当然だなw
しかもその後にアニメ化までされたのは
「いい面の皮」だな

小学館は、いい加減マンガと小説で価値基準を変えるようなキチガイ編集者はクビにしろよ
1235. Posted by    2008年06月07日 02:40
漫画書いたこと無いやつはわからないだろうけど、
原稿紛失って本当にひどいことなんだぜ・・・。
提訴する為に色々な理屈つけなくてはいけないだけで、
きっと根底にあるのは単純に「怒り」なんだよ。
がんばれよー
1236. Posted by    2008年06月07日 02:44
>1032
その前に本人も怒りで机ぶん殴って右手を開放骨折してるくらいだから、ストレスでかなりおかしくなってたんじゃね?
で、加減間違えてアシさんの頭を机に叩き付けた・・・とそう読めた。

まあ、だからといって傷害事件な事は間違いない訳だが、それは本人とアシさんの間で話し付けてるんだろうし。

1237. Posted by 三途   2008年06月07日 02:50
「カラー原稿だけ」ですかい?
製版過程で別れたのが戻ってきてないのでなければ
わざとだな。

昔は原稿なくすのは首吊り級の恥だった。
十年位前が一番酷くて何とかしようでましになってた筈だが・・・
今は十年前のいい加減な奴が権力もってやってるのか?
1238. Posted by     2008年06月07日 02:57
製版会社がカラーとモノクロじゃ違うんだろ。
カンプ出しに子会社使ってあとはデータ管理で印刷まで、原稿本体は投げっぱなしってとこか。
返却時に他の原稿と混ざってどこかの出版社のなんかの原稿の中に入ってると見た。
1239. Posted by    2008年06月07日 02:58
あなたの株券なくしました

と、同じこと?
1240. Posted by     2008年06月07日 03:03
このニュースを気に他の出版社が小学館の漫画家の引き抜こうと燃えてるな。
小学館ざまぁwww
1241. Posted by    2008年06月07日 03:03
ブログの訴状見てきた。

>本件原稿の紛失に際し、被告が提示した賠償額は、1枚に付き、原稿料の3倍という、原告の漫画家としての仕事を嘲るがごとき金額であった。被告に対して多大な貢献をした原告であってもである。これが、原告ほど売れていない漫画家であったならば、なにをか言わんである。
>漫画界の世界で成功を収めた原告の、後に続く新人の漫画家たちへの最低限の責任として、「雷句誠がこの金額で納得して、君が文句を言うのはおかしいだろう?」と何も言えなくしてしまう状況をつくってしまうことは絶対に避けなければならず、本訴はその意味では、後輩たちへの原告の使命でもあるのである(甲13)。


賠償金を原稿料の3倍に値切るとか、小学館は作家舐めすぎだと思うよ・・・
雷句氏には是非頑張って欲しい所だと思う。 
1242. Posted by     2008年06月07日 03:08
初の見開きカラーだもんなー
思い入れだって他の原稿の数倍だよな
1243. Posted by    2008年06月07日 03:10
原稿みたいな大事な預かり物を無くすってことは、
普段いい加減に仕事してるってことじゃないのか?

数年後に誰かのデスクの片隅から、
タバコやコーヒーの染みだらけで発見されたりして…。
1244. Posted by     2008年06月07日 03:16
おそらく編集者の手元には戻ってこないで倉庫行
漫画家のもとから持ってきたときは別だが出版されてるやつだからな
1245. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月07日 03:18
このコメントは削除されました
1246. Posted by     2008年06月07日 03:19
実際小学館だけじゃなくて原稿なくされるのはよくあること。
ただその後の誠意の違いもあるし、ほとんどの人は食いぶちがなくなるのを恐れてる。

訴訟まで踏み切ったのは、よほどのことがない限り有り得ない。
1247. Posted by     2008年06月07日 03:19
ちょっと話がズレるけど・・・

あのさ、ロスブレがいまだに打ち切りにならないのが、ずっと不思議だったんだけど
もしかして編集主体で企画した連載だからなのかな

漫画家主体の連載だったら、とっくに終わってるレベルだよな、あれ
1248. Posted by     2008年06月07日 03:21
まあそのへんはサンデーなので>終わらない漫画
最近は切るようになってきたが
1249. Posted by     2008年06月07日 03:24
実績を作った漫画家こそ立ち上がって欲しいね
1250. Posted by     2008年06月07日 03:35
ブログ読んだ

・・・雷句がんばれ
1251. Posted by 青   2008年06月07日 04:07
金じゃないな。今の漫画家達に編集の理不尽さを伝えたいのでは…。まあ、不遇な漫画家達はいくらでもいるがこうやって行動を起こすのは素直に尊敬するよ。自分も漫画家の端くれとしてこの結末を楽しみにしてます。
1252. Posted by     2008年06月07日 04:09
*358
モテモテ王国はオンデマンドで完全版が出ました
1253. Posted by      2008年06月07日 04:19
デジタルデータが残ってるから商業的価値は武器として威力が小さいんだろ
だから美術的価値で争うんじゃねぇの

その程度も推測できない馬鹿は、自らの知能の至らなさを声高に宣言しなくても良いよ
1254. Posted by     2008年06月07日 04:34
これぶっちゃけ金はどうでもいいって感じだろうな。
単純に小学館の内部を露わにしようとしてるように見える。

公になる裁判に踏み切ったのは同僚や後から出る新人の事を思っての事なんじゃないかなぁ。

と、好意的に解釈してみる。
1255. Posted by     2008年06月07日 04:42
※62
自画像の印象が根強く残ってるからねぇ。

雷句先生頑張れ、応援しますともさ。
1256. Posted by    2008年06月07日 04:50
本来は大御所にこそ立ち上がって欲しいよな、漫画家の地位向上とか訴えたってバチは当たらないだろう
1257. Posted by     2008年06月07日 05:28
裁判勝てるようにV字体勢で待機しつつ祈っとくよ。
1258. Posted by    2008年06月07日 05:34
うわぁぁぁ
雷句先生マジ勝って欲しい。
クリア編詰まんないとか言ってマジ悪かった!
明日バイトの帰りに短編集買うわ。
1259. Posted by     2008年06月07日 06:01
作品読んだことないけどガッシュって女の子じゃなかったのか
1260. Posted by てってってー   2008年06月07日 06:16
私は以下に記載する「陳述書」にて、
編集者など、個人名を記載しています。
理由はこの文章の内容を明確にするため、(株)小学館の中にも真面目な良い社員はいます。その人たちを巻き込まない様にするためです。そして、裁判は「公開」が基本の世界です。

とあるんだから小学館を否定するな
個人を非難しろよオマエラ
1261. Posted by :*:・( ̄∀ ̄)・:*:   2008年06月07日 06:31
次、更新まだっすか?

1262. Posted by    2008年06月07日 06:35
300万じゃ安すぎるな。
1263. Posted by    2008年06月07日 06:49
いくらぐらいが妥当なの?
ガッシュって大して人気があったわけじゃなかったと思うけど
そういうのは関係ないのか?
1264. Posted by まさか   2008年06月07日 06:54
雷:もう!なんだよ!!担当に文句言ってやる
  truuu・・・
  ○○さん酷いじゃないですか
編:酷いって?ストーリーが?
雷:ぐへ〜〜、違いますよ!!原稿ですよ、
  原稿ちゃんと返してもらってないんですけど。。
編:えー?本当に?そんなことないと思うけどな。
雷:ごまかさないでくださいよー!よりによってカラー原稿だけ一部ないんですよ。
編:あー、本当に?ハッハッハ!やっちゃった☆
雷:やっちゃった☆じゃないですよ!!
編:失くしちゃったんだぜ!
:ちょっと!!人の原稿なんだとおもってんスか!
編:売っちゃったんだぜ、返してとか言っちゃやだぜ!
1265. Posted by aaa   2008年06月07日 07:04
ロト紋の完全版のあとがきでも原稿紛失云々言ってたな
その文面は楽観的に捉えてたけどね。というかそういう風に取れたというか
1266. Posted by     2008年06月07日 07:25
出版社(小学館)の知名度がある程度有ること(購買層が居る)が前提で作者の作品(金色のガッシュ!!)に価値が生まれる。
作者(雷句 誠)が同人で全て管理していたら作品の知名度と価値は生まれたのか?って疑問があるんだけど、作者はそこにどんな事を感じてるのかね?
小学館が契約時に著作権と所有権で人格権に関する項目で契約してればこんなことにはならなかったと思うけどな('A`)
1267. Posted by     2008年06月07日 07:44
小学館は作家に無理やり
プロパガンダをねじ込むよう言ってくるからな
1268. Posted by     2008年06月07日 07:56
一枚30万だから11枚紛失したのか・・・
これはヒドイ
1269. Posted by     2008年06月07日 08:02
雷句を叩いてる連中が小学館の工作員にしか見えないのだが。
1270. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月07日 08:20
このコメントは削除されました
1271. Posted by     2008年06月07日 08:30
漫画家が命削って描いてるもんだからな・・・
また描いてくださいって言ったっておいそれと同じ物なんて描けるもんじゃないし漫画扱う人として一番軽視してはいけないことだよ
吉兆の食べ物リサイクルしてるのと同じ考えだ
1272. Posted by     2008年06月07日 08:46
漫画家叩いてる人って、
もう二度と手に入らないものを貸して、
「もうそろそろ返して」
「あ?売ったからねぇよ☆」
と言われても平気な人達なんですね。
1273. Posted by あらら   2008年06月07日 08:49
ライクたたいてるの、確実に小学館の関係者だな…
1274. Posted by あ   2008年06月07日 09:00
銀河英雄伝ライの真鍋も土下座して慰謝料払えと騒いだ事もあったらしいね
1275. Posted by     2008年06月07日 09:13
現行紛失といと、真っ先に吼えろペンを思い出したwwwwww
まさに血の涙だよなwあれはw
1276. Posted by     2008年06月07日 09:17
そうか、将来的にガッシュの愛蔵本出すとき困るよなコレ
そう思うと原稿紛失ってとんでもない失態だな
1277. Posted by 小学館最高   2008年06月07日 09:48
これからの日本はどうなるか判らないし、編集者たるもの人気の出た漫画家の原稿は紛失して当然です。
ほとぼりにさめた所で売って将来の貯えにするのですから
担当の役得に文句をいう作者など糞です。
1278. Posted by     2008年06月07日 09:52
完結していて、当時読んでいた小学生ぐらいが大人になって買う可能性があり、
それに著作権なども加わって、将来的には330万程度では済まない損害だな。

管理者としての信頼も欠き、業界に不信感を招いたという意味では
個人的には安い賠償に思える。むしろ訴えることに重点を置いたのかね。
1279. Posted by    2008年06月07日 09:58
てか、雷句自身が、ガッシュに似てね?
1280. Posted by    2008年06月07日 09:59











!!
1281. Posted by     2008年06月07日 10:00
たしかに小学館の賠償額は問題がある

無くしたといって密売すれば大儲けですからね
1282. Posted by    2008年06月07日 10:22
300万て慰謝料抜きの価値か?安いな
1283. Posted by     2008年06月07日 10:27
ちょっとガッシュ買ってくる
1284. Posted by     2008年06月07日 10:31
スクエニはおまけのつもりで出版事業やってるからな。
出版業界の中でもかなり異端だし他との付き合いも殆どないぞ。
そういう意味でかなり異端
ヘタウマでも描かせてくれるからデビューするだけならいいかもしれんがお家騒動見てわかる通り、作家の扱いは酷いぞ
1285. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月07日 10:36
5 このコメントは削除されました
1286. Posted by マ儿コ   2008年06月07日 10:38
ごめん誤爆orz

ってかわかりずらいよ、馬鹿
1287. Posted by     2008年06月07日 10:44
>>320
ちゃんとした画も描けるのね…見縊ってスマソ
1288. Posted by     2008年06月07日 11:15
作者叩いてる俺かこいいですね、わかります。
1289. Posted by deep   2008年06月07日 11:46
1 少年サンデー買うの止めるデー。
少年サンデー終わってるデー。
少年サンデー読みませんデー。
少年サンデー、廃刊決定デ。\(^_^)/
1290. Posted by     2008年06月07日 11:53
※1260
雷句も小学館の真面目な良い社員を擁護してるだけ。
小学館は提訴してる相手だし、馬鹿編集のしでかした事の全責任は小学館にある。
印象操作したい小学館の工作員とか言われたくないならきちんと読もうぜ。
1291. Posted by     2008年06月07日 11:58
実際これで小学館のひどさが浮き彫りにされ
少なくともネット上の世論は作者の思惑通りなんじゃないだろうか
1292. Posted by      2008年06月07日 11:59
小林よしのりも「戦争論」の原稿を紛失して
書き直しができねぇって言ってたな。
よくあることなのか?
だったら裁判も当然だな
1293. Posted by    2008年06月07日 12:01
雷句ホントに頑張れ
1294. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月07日 12:15
このコメントは削除されました
1295. Posted by    2008年06月07日 12:26
村上のマスターベーションしてる等身大フィギュアが億単位で売れてるんだぜ?
カラー原稿だったら十分美術的価値があるよ。
実際、オークションで高値で売れてるんだから、
本人がそれを主張してもなんら不思議ではないし、問題もない。
1296. Posted by 小麦粉に芋デンプン   2008年06月07日 12:27
すぐ人をアホだのバカだの見下す奴って、「頭が本質的に悪い」ってのがとても多い気がするね・・・。
まぁ、全体に対して相対的に頭がよすぎるってケースもたまにあるけどね。

おそらく頭の悪い奴って、すぐ物事を安易に一面的にとらえて答えを出そうとするからだと思う。
だからすぐ「こいつは○○だ」とか言い切れちゃうんだろうね。

そういう奴って、自分が正しいって根拠なく思い込めるんだよね。
ある意味うらやましぃが、自分としては満足な猿はごめんこうむりたぃね。

訴訟における「原稿紛失」がキッカケにすぎなくて、その背景に積もり積もったものがあるだろうことくらい、容易に想像できるこったろうがな。

賠償請求額が高いだの、美術的価値はおかしいだの・・・「ちょっと思っただけ」の付け足しならスルーするが、話に何度も割り込ませるなよ、恥ずかしい。
論点ずれてるのもそうだし、内容自体、主観的で考えたらずな意見だぞ。
1297. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月07日 12:34
このコメントは削除されました
1298. Posted by     2008年06月07日 12:40
サブカルに理解を示せないオッサンの多いことw

下手な絵画よりアニメになるほどの漫画の原稿のほうが遥かに高いんだけどねぇ

所詮漫画されど漫画
1299. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月07日 13:00
このコメントは削除されました
1300. Posted by      2008年06月07日 13:03
芸術的価値=自分の感想な奴が多いな。
実費と手間賃以上の価値が出てるじゃん。
そのプラスアルファの価値をどう言葉に置き換えるかってこと。
価値はあるけど言葉にはできないよでは、裁判勝てないだろ。
1301. Posted by    2008年06月07日 13:06
記事消した?
1302. Posted by     2008年06月07日 13:09
小学館関係者も工作してそうだな。
1303. Posted by    2008年06月07日 13:20
子供の落書きに毛が生えた程度って言ったヤツはものすごく絵が上手いんだろうな
1304. Posted by 。   2008年06月07日 13:26
これだけははっきり言える。ベルセルクの合戦シーンの原稿無くしたら、下手すりゃ作者死ぬ。
1305. Posted by     2008年06月07日 13:32
バスタードの戦闘シーンとかも相当大変そうだよなぁ
1306. Posted by 名無し   2008年06月07日 13:32
>>162がめちゃくちゃカッコイイこと言ってるから皆もっと触れてくれwww
1307. Posted by     2008年06月07日 13:37
まぁ問題はどうやって紛失したかだろ

カラーイラストだけが紛失しているはおかしい

1308. Posted by     2008年06月07日 13:40
ああまた編集者の小銭稼ぎに消えたのか
分かります。
1309. Posted by     2008年06月07日 13:49
カラー原稿だけないのはおかしい
についての説明は無視されていくんだろうな
1310. Posted by 。   2008年06月07日 13:50
アメリカなら一億とか二億はくだらないだろ。
1311. Posted by     2008年06月07日 14:15
てか原稿なんて無くなるもんだろ
加筆しようとしたら無くしてましたなんてざらにあること
1312. Posted by     2008年06月07日 14:25
小学館の連中は上層部から編集あたりの末端まで異様にプライド高いからな。
自分らが最有力の最大手と本気で信じ込んでやがるし、作家なんか自分らのパシリ程度にしか思ってないときたもんだ。

少しづつ色々暴露されていくだろ。
腐敗しきってる自公みたいなもんだ。
1313. Posted by     2008年06月07日 14:27
小学館釣れすぎワラタ
1314. Posted by     2008年06月07日 14:28
出版するまでの素材って扱いなんだろね。
今後は原稿は作家本人が管理するって方向にしないとかわらないんじゃないか。
管理できるのかわからんが。
1315. Posted by sage   2008年06月07日 14:30
橋口の仕事の速さにワロタw

本来の仕事が忙しいにもかかわらず、臨時ブログをたちあげるってwww
1316. Posted by 御用漫画家   2008年06月07日 14:53
橋口は冠の言うままかくだけなんじゃない?
暇なんだよ。
あ、かくだけってのは原稿をだけどね。
ブログもかもしれないけどw
1317. Posted by     2008年06月07日 14:53
橋口とかいう奴必死すぎだろwww
1318. Posted by     2008年06月07日 15:03
むしろサンデーの漫画家にヤヴァイ奴が多いんじゃなかろうかという気もしてきた
良くも悪くも
1319. Posted by     2008年06月07日 15:12
小学館相当焦ってるな
裁判の結果が楽しみだ
1320. Posted by あ   2008年06月07日 16:10
奇面組の原稿が紛失したときはショックだったのに、これは別に何とも感じないな
1321. Posted by    2008年06月07日 16:25
原稿上げるために、漫画家は命削ってるからなあ
編集はそんな苦労したことないだろうから想像できないんだろうが

誰の原稿だろうが、仕事の成果物うっかりなくされたらそりゃ怒るわ
編集以前に社会人としてしっかりしろ
1322. Posted by     2008年06月07日 16:25
上からの指示かは知らんけど、橋口さん馬鹿だなぁ。

このタイミングでそんなモン書いても、火に油注ぐだけだと思うんだが。

問題の編集者達が「橋口さんに対して」は良い人でも、
雷句さんに対しては良い人とは限らんだろうが。

とりあえず小学館に対しての気持ち悪さが増した。

漫画家生命切られるリスク抱えてでも
後進の為に踏み切った雷句さんとでは重みが違うな。
1323. Posted by    2008年06月07日 16:33
適当に仕事していた、と仕事上のパートナーとして判断した相手に反省を迫るための裁判
社会的に注意されなきゃ分からないから裁判という形で起こしたと理解する
受発注関係のままじゃ、どうしてもなあなあになるからね

小学館に限らず、他人の著作物を扱う仕事をしている人はちゃんと反省した方がいい
裁判起こされなきゃ自浄できないってどんだけだよと思う
1324. Posted by     2008年06月07日 16:37
締切守らないって裁判起こされる漫画家もでてくるかな
米国の出版社とかに
1325. Posted by     2008年06月07日 16:50
ひどい話だよな。漫画家は己の命を打ち込んで原稿を描いているというのに……。
1326. Posted by     2008年06月07日 16:50
美術的価値?
芸術?

まさかプロのマンガ家からそんな言葉が出るとは



1327. Posted by ?   2008年06月07日 16:59
>1326
どういう意味かわからん。
漫画家馬鹿にしてるのか?
そうではないのか?
1328. Posted by     2008年06月07日 17:06
キャバクラのおねーちゃんにあげちゃったんだろ


つか今だに美術的価値につ込んでるヤツなんなの?ばかなの?

たとえばヨドバシで、パソコンがプラスチックや金属の『原材料費』で買えるとでも思ってるの?
1329. Posted by    2008年06月07日 17:07
もう生原稿渡さなくていいよ
コピーしたのでも渡しとけ
こんな編集にはそれで十分だろう

>>1326
学生か社会人か知らないけど、
報告書提出しました→上司がなくしました、ならキレないまでも絶対ムッとすると思うよ
ましてそれが毎日終電前まで頑張って仕上げた書類ならね
1330. Posted by     2008年06月07日 17:08
>1326は葛飾北斎の作品にも同じ事を言う勇者に違いない。
1331. Posted by     2008年06月07日 17:10
ていうか普通の相場で考えるとカラー原稿の原稿料1枚5万なんてのは
駆け出しぺーぺーのイラストレーターの仕事と同じくらいだから安すぎ

こんだけ売れた作家さんなら1枚30万でも全然問題ない むしろまだ安い
1332. Posted by a   2008年06月07日 17:14
>>1326
芸術的価値は法律用語
紙とインクの代金以外の価値が原稿にはありますよって意味

著作権しか認められてない現状だと、原稿紛失されたらもう再版できない
つまり原稿を紛失されると著作権を発揮しようにも出来ない

でも、現状では法的に原稿自体に芸術的価値が認められていないので、紛失されたら二束三文で賠償がなされてしまう

だから原稿に芸術的価値を認めさせるという意味も含めて裁判を起こしたんですよ


こうじゃないかね?
1333. Posted by     2008年06月07日 17:27
※1332
1326の後に読むと
君がえらく賢くみえる
1334. Posted by            2008年06月07日 17:29
ガッシュは弟が好きだったな。自分が読んだ時はもう大学生だったからそんなにはまらなかったけど、もっと子供の時にみたら絶対夢中になったと思う。
ああいう、子供を中心に夢中にさせる熱い漫画って貴重。

作家本人を知ってる訳じゃないけど、人間性みたいなのは作品にでるからね。
1335. Posted by    2008年06月07日 17:30
なぜ美術的価値って言うのかというと、
そう言っとけば金額をある程度好きに設定できるから。

工業的価値で換算すると、
画材代と作者の時間単価を換算してもう一度書くのに必要な時間を掛けた分とあとはちょっと慰謝料くらいしか取れない。

っていうか、作者しかかけない一品物なら普通に美術作品だろ?
1336. Posted by     2008年06月07日 17:35
原画はよくスタッフがパクってるんだよな
貴重なやつなら個人で一枚何百万もマニアが払ってくれる
1337. Posted by     2008年06月07日 17:41
美術的価値について噛み付いてるバカはとりあえず米蘭の601見てくるといいよ
解説してくれてるから。
1338. Posted by s   2008年06月07日 17:51
美術的価値=芸術品の図式で論議するとおかしなことになるんです。

創作物として普通に著作権の発生する著作物ですので、原画にそのような価値があると主張するのは問題ないと思います。言葉の使い方で揚げ足を取られているように感じました。

メディアももう少し大人になるといいのだけど・・・。多くの場合そのような揚げ足を論議の対象としていろんな意見がでるよね。

作者の意図は、損害賠償を求める訴訟により、今までのサンデー編集部に怒りをぶちまけ、社会に露出させることですので目的は達成した感があると思います。

ですが、、今までの大御所の先生達も我慢してある意味「大人の対応(噛み付かない)」表ざたにならなかったのに、今回の件は、若い作者故に今の時代このような大事になることもあるという例だと思っています。

どちらにしても、作者と業界の関係者の問題ですので是非をどうこう言える立場ではありませんが・・・。
1339. Posted by      2008年06月07日 17:53
1332の意見は凄く説得力があるな
美術的価値たって、ゴッホやロダンじゃないんだから
億を要求してる訳じゃないもんな
美術=有名な絵描きって概念に占有されすぎ
仮に、俺等が学校の授業で描いた一文にもならん
落書きだって美術とは定義出来るしな
1340. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月07日 17:56
このコメントは削除されました
1341. Posted by     2008年06月07日 18:22
絵のヘタウマで難癖付けるヤツ頭おかしいだろ
そんなら谷岡ヤスジ展についてどう説明つけるつもりだ?
1342. Posted by 山   2008年06月07日 18:43
こんな顔だったのか
1343. Posted by     2008年06月07日 18:51
美術的価値(笑)
漫画家風情が笑わせてくれるよ
1344. Posted by    2008年06月07日 18:59
いやいや、俺が勤めてた某大手印刷会社で出版社から借りていたデュープフィルムを紛失した社員いて、出版社は激怒してたよ。会社は出版社に500万円の損害金払ったよ。その紛失した社員のボーナスは消えたけどね。
1345. Posted by     2008年06月07日 19:34
米1343さん、
米601を読むとわかりやすいよ!!
1346. Posted by あ   2008年06月07日 19:47
戦国だよな今頃間違いに気付く俺恥ずかしW
1347. Posted by     2008年06月07日 20:10
漫画に限らず、自分が精神注ぎ込んで制作したものを
他人によって失くされる悲しみと虚無感は解る。大いに解る。
1348. Posted by    2008年06月07日 20:14
1343みたいな世間知らずのニート風情が笑わせてくれるよ
1349. Posted by    2008年06月07日 20:39
橋口たかし ブログ
上記でググれ♪
1350. Posted by     2008年06月07日 20:44
馬鹿コメントが多すぎて困るwww

米ランでみると1343のようなのがw

ただお金が欲しくて起訴してるわけじゃないぞ??
お金はガッシュクラスだと何十億もってるし、倫理的に許せないから妥当な額を請求してるだけってわかるだろ。
この話でライクさんを批判してる奴は、脳で物事考えてるんでしょうか?
1351. Posted by     2008年06月07日 20:48
何十億も持ってんの?
長者ランキングぶっちぎりトップだよそれ
1352. Posted by 1352   2008年06月07日 21:05
同じ小学館だと、コロコロとかはどうなってるんだ?こっちは最大のライバル・ボンボンが消えたし、余計図に乗ってそうなんだが…
1353. Posted by        2008年06月07日 21:06
>1351
?億万長者ランキングを検索したら日本のトップは8025億だったぞ
1354. Posted by _   2008年06月07日 21:14
>>1352
あれ?
ボンボンって消えたの?
1355. Posted by     2008年06月07日 21:27
「美術的価値」に噛み付いてる奴はまず間違いなく低脳
1356. Posted by     2008年06月07日 21:36
※1353
芸能で漫画家のランキングが大体わかる
実業家と並べてはいけない
1357. Posted by 、   2008年06月07日 21:39
橋口たかしのブログ見たが。
どっちが正しいんだ…
1358. Posted by     2008年06月07日 21:48
漫画じゃないけど村上春樹の原稿の事件を思い出した
こういうことはよくあるのかな
ひどいことは確かだ
1359. Posted by     2008年06月07日 21:49
本文844
雷句のブログミロ
1360. Posted by 80世代   2008年06月07日 21:56
小学館は、内山まもるのウルトラマン関係の原稿も探してくれよ。
ここ数年は復刻のチャンスだったのに。
1361. Posted by    2008年06月07日 22:05
>>※1355
低脳じゃなくて編集部関係者かもよw
1362. Posted by      2008年06月07日 22:14
いいっぷりは気持ちいいんだけど、
これは次に週刊誌で連載するときに、編集者は威圧されるなw

編集者に縛られず書いた漫画がツマンネだったら情け無いぞ雷句。ちょっと調子乗りすぎ。
雷句からは冨樫の才能は感じない。
1363. Posted by はっしー   2008年06月07日 22:15
>1357
仲間内でだけあんなノリなんじゃないか?
橋口の担当ってずっと冠じゃないの?だとして、なんで他のやつらとまでそんな深い語りするの?
強固なんだろうね冠派閥。担当ってよりツレなんじゃ?

漫画賞祝いに紹介されたってのもスパイとかじゃないのかなw
冠様のおかげでとれたんだって念押しに言かせたとか。
友達少ないってならそれこそ内内輪で祝うだろうに。橋口にポっと出されたって邪魔だろう。
それを恩売ったとかw頭温かいなぁ。
1364. Posted by     2008年06月07日 22:19
金の為じゃないだろ
金ならもう何億も持ってるんだし
これからの漫画家に同じ目にあわせたくないから自分が訴えたんだろ
1365. Posted by     2008年06月07日 22:25
知り合いの漫画家も原稿紛失されていたよ。
女の編集者で、原稿紛失に気付いていない段階で、
セリフミス、ページ反転などの問題が多くて文句言ったら

「あの漫画家きもちわるいんで変えてください」

とか言って、即逃げていったらしい。

そんでもって、あとから原稿がなくなっていることに気付いて、さらに文句言ったが

「もうどうしようもない」の一言で終了。

腐っているよね。

単行本や企画モノができたときは、会社の金で
盛大なパーティや飲み食いするとかは良かったらしいけれど。
1366. Posted by 越前   2008年06月07日 23:00
橋口たかしのブログが速攻消えてるね。
何かあったんだろうか。
1367. Posted by     2008年06月08日 00:00
「漫画」ってだけでナメてかかる連中多すぎ
書いてた時期はうんざりしたわ
1368. Posted by    2008年06月08日 00:31
雷句カワイソス
1369. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月08日 00:45
このコメントは削除されました
1370. Posted by    2008年06月08日 01:58
「美術的価値」噛み付かれ過ぎてて噴いた。
陳述書が法的にどういう性質のものかさえ理解してないんだろうな、かわいそうに。

馬鹿なスレ住人が多かったのか
小学館の工作員が多かったのか。
1371. Posted by     2008年06月08日 02:02
美…術的…価値??
1372. Posted by     2008年06月08日 02:07
小学館といえばラノベ部門の編集もロクなのがいないな

他社でも(特に新人レベルの)原稿の扱いは本当にずさんだよ…
投稿者なんか本当にかわいそうだ。
自分のはデータだからまだいいけど、雷句ぐらい売れてる奴じゃないと
本当に泣き寝入りするほかないよな
1373. Posted by 韓国人の頭は今すぐ爆発しろ   2008年06月08日 02:07
提訴する建て前の言い方か何か知らんが、「美術的価値」以外に表現の仕方はなかったんだろうか?
1374. Posted by 梅の里   2008年06月08日 02:59
まあ、たいてい民事裁判では高額の要求をふっかけるから、330万円の価値があるとは誰も思っていないさ。

それにしてもチャリティーで1枚十万以上の値がつくとはねえ。まあ330万円と単純比較はできないけど。

いくら直筆とはいえ、コミック1冊500円なのに10万円も出す気持ちは分からないな。
行列のオークションもそうだけど。
まあ、石坂浩二の絵を買ったハンバーグ屋の店主は宣伝効果を考えればいい買い物をしたといえるだろうが。
1375. Posted by     2008年06月08日 03:57
*1252
まじありがとうさっそく注文した
1376. Posted by     2008年06月08日 05:16
*1374
紛失した原稿に関しては

>オークションでの売買価格の平均値が25万9000円であること、
>紛失された原稿は実際に雑誌本文で使用されたものでありプレミアがついていること、
>オークションの開催自体が読者に余り知られていない中で行われたこと等を考え合わせ、
>一応原稿1枚につき、30万円と算定した。
>従って、紛失された原画原稿が5枚あることから、
>総額150万円の美術的価値が侵害されたものといえる。

この原稿の価値150万+慰謝料150万、更に弁護士費用の30万で計330万
陳述書を読めば詳しく書いてあるが、ガッシュ読んだ事の無い俺から見ても妥当な気もする
1377. Posted by    2008年06月08日 05:34
建前だけど俺は正解だと思う。

1枚のイラストにそこまで金出すかって話だろ、そこで10万20万付いてる時点で美術的な価値はあると思うな。

つかあれだよな、叩くならもう少し考えてからにしろと(ry
1378. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月08日 07:50
このコメントは削除されました
1379. Posted by 猫   2008年06月08日 09:33
金目的というより、抗議って意味が大きいようなもう少し大切にしないと漫画家も原稿もこれだから他社に引き抜かれる・・・
1380. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月08日 10:08
このコメントは削除されました
1381. Posted by aa   2008年06月08日 10:12
何も考えないでライク叩いてる奴の多いこと多いこと
ゆとりは考えないからね
1382. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月08日 10:18
このコメントは削除されました
1383. Posted by     2008年06月08日 10:34
訂正
出してた× 書いてうpしてる○
1384. Posted by     2008年06月08日 12:30
実際はアレだろ。出版社の誰かが小遣い稼ぎにコッソリ転売
してたってだけ。それの売上が150万かそこらと予測される。
発覚したのは氷山一角だから、その倍くらいは払って貰わないと
犯罪抑止は期待できない。

米国なら懲罰的賠償金ということで10倍くらいは
払わされるんじゃないかな。
1385. Posted by      2008年06月08日 15:22
ちょっと大めに請求するのが裁判ですから
1386. Posted by     2008年06月08日 19:17
ちょ、自重しろ雷句。
裁判やってたら、チャンピオンで連載する暇が無くなるじゃねーか。
1387. Posted by     2008年06月08日 22:52
橋口更新
1388. Posted by ロリ個人情報評論家   2008年06月09日 00:32
マンガの原稿ですら無くなるなら、
読者葉書の個人情報はどうなのだろう?
1389. Posted by     2008年06月09日 06:51
ライクへの対応は小学館が悪いと思えるが、
金額の算出に関しては納得できんね。
原稿料が「1P○○円」って小学館と同意して商売してるなら、
漫画家と出版社の間での価値はそれだけしかないでしょ。
紛失はありえないことだけど、小学館側の計算の仕方は問題ないように思える。
客観的市場価値が〜なんて事言い出すのだったら、
仕事請ける時点で当然その金額だろ。

まぁライクの言いたかったことはそこじゃないと思うから、
小学館が幾ら提示しても裁判起こしたような気がするけど。
1390. Posted by    2008年06月09日 07:59
もし本当に編集がカラー原稿をちょろまかして売りさばいてたとしたら、その編集は業務上横領の罪で逮捕される可能性があるんじゃないかと思うんだが、違うんだろうか?
誰か法律に詳しい人、解説求む。
1391. Posted by    2008年06月09日 12:43
小学館と喧嘩するという事は集英社とも喧嘩をするという事。


1392. Posted by     2008年06月09日 13:25
*1389
原稿料は出版権の対価であって、
所有権は作家のままだから。
いわばレンタル代。

飯おごってやるから車貸してくれ、っていわれて貸したら
事故って廃車にされ、飯3回おごるから勘弁してくれって言われるようなもん。

レンタル代を基準にするんじゃなくて
車そのものの価値、原稿そのものの価値から賠償額を決めるのは至極妥当と思う。
1393. Posted by .   2008年06月09日 16:41
マジで原稿をサ○デー編集部がオクに出しているような気がする
1394. Posted by     2008年06月09日 17:04
雷句先生がんばれ
1395. Posted by        2008年06月09日 17:22
>小学館と喧嘩するという事は集英社とも喧嘩をするという事。
オーナーが同じと言うだけで競合する会社という点ではなんら変わらん
1396. Posted by 1389   2008年06月09日 21:27
*1392
その例えはおかしい。
例えの車の貸し借りは商売じゃない。
商売として考えて下さい。飯一回では車をレンタルしない。

レンタルという考えでいくなら、
当然不測の事態も加味しての金額。
(ライクにその認識があったかはまた別問題)
今回は明らかに小学館の落ち度ありだけど、
天災で失う場合も十分にありえる。
そういった場合の保障の基準として
原稿料を使用するのは当然でしょう。

ライクが明らかにしたかったことは
金銭とは別にあるのは陳述書の内容見ても明らかだし、
大部分が納得できる。
だけど、金銭の算出と、過去に担当者に
自宅(ってことは就業時間外でしょ?)での
ネーム確認うんぬんの所だけは納得(理解)できないね。
1397. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月10日 15:06
このコメントは削除されました
1398. Posted by このコメントは削除されました   2008年06月10日 19:06
このコメントは削除されました
1399. Posted by     2008年06月11日 02:49
だから何
1400. Posted by         2008年06月14日 20:38

ここの話が変な方向に向かったのは「美術的価値ある原稿」の部分が原因だな
1401. Posted by     2008年06月18日 10:52
美術的価値 って単語にいちいち引っ掛かってる奴らはバカなの?編集部の人間なの?

提訴するにあたってそう言い表すのが一番適当だと「弁護士」が決めてるものなのに
1402. Posted by 豆しば   2008年10月06日 19:00
ずさんな管理に腹が立つ。子供に夢を与える仕事なのに、あまり大切にされてないと思うと作者も悲しいだろうな。まさか売ったとか、取引先の子供がファンで軽い気持ちで横流ししたんじゃあるまいな!!
1403. Posted by 発言者   2008年11月11日 23:06
1 数年前テレビの「なんでも鑑定団!」で、有名な作家の直筆で書かれた原稿用紙が鑑定に出された。鑑定を依頼した人は、普通の人で出版業社の人ではなかった。ただこの人は、偶然原稿を手に入れたので、鑑定団に依頼したみたいだった。それで、どこで手に入れたかというと会社から出た紙屑などを回収することを生業としていたこの人が言うには、ほかの紙屑の中に紛れこんで棄てられていたそうである。そして、紙屑と一緒に廃棄に出していた会社は本の出版会社だったようである。
1404. Posted by    2008年12月10日 11:44
サンデーばっかじゃねえか。こういう話でてくるの。あんな雑誌早くつぶれろよ
1405. Posted by 通りすがり野郎   2009年01月20日 19:08
俺すっげ雷句先生のファンだった…
これだけは許せねーな。

サンデーなんて潰れちまえよ。
漫画家の気持ち考えろ。
1406. Posted by ア   2009年04月28日 21:58
冠茂か?
1407. Posted by 名無し   2012年03月11日 21:34
まさかの窃盗事件か
1408. Posted by 名無し   2014年09月06日 12:09
あれから六年経っても小学館編集はクソのまま

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
このブログについて
このブログについて

ブログランキング

livedoor


このブログ内を検索
WWW を検索

スポンサードリンク
Archives
おすすめ
Recent Comments
スポンサードリンク