ブログのトップへ

2012年09月09日

ルノアールの絵画がフリマで見つかる 購入者「額縁が欲しかった。絵は捨てるつもりだった」

1 名前:そーきそばΦ:2012/09/09(日) 12:17:16.46 ID:???0
フランス印象派の巨匠、ルノアールが描いたとみられる絵画が、アメリカ・バージニア州のフリーマーケットで見つかり、今月、オークションにかけられることになりました。

見つかったのは、印象派の巨匠として知られるフランスの画家、ルノアールが描いたとみられるセーヌ川の風景画です。アメリカ・バージニア州でフリーマーケットを訪れた女性が、人形などが山積みされた箱を買ったところ、その中に入っていた絵画の額縁にルノアールの名前が書かれているのに
気づいて、地元のギャラリーに鑑定を依頼しました。

鑑定では、1926年にパリで売られ、その後、行方が分からなくなっていたルノアールの作品
とみられることが分かったということです。地元のギャラリーの鑑定士は「ピンクや紫など
といった鮮やかな色彩や光の表現方法、ルノアールの特徴である素早い筆のタッチなどから、
一目見た瞬間、ルノアール作品だと思った」と話しています。

絵画は今月、このギャラリーでオークションにかけられますが、落札価格は10万ドル
(日本円で780万円)に上るとみられるということで、発見した女性は「額縁が欲しかったので、
絵は捨てるつもりだったが、母の言うことを聞いて鑑定に出してよかった」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120908/t10014881991000.html

3 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:20:07.97 ID:Kz0qJbL+0
この女性は額縁にいったい何を飾る予定だったんだ???

6 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:21:03.47 ID:/8skTl8e0
額縁の額を超えたんだな

8 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:21:29.41 ID:at4dVpHV0
見て何も感じない絵なのに誰々が書いたからという理由で高値になる

278 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 15:43:34.00 ID:pocpc4+r0
>>8
単なる布切れもスカートの下にあるだけで価値が上がる

13 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:24:15.30 ID:NDbtrG1OO
フリマで売った人の心のケアが必要なレベルw

20 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:27:50.36 ID:nD+4dD8j0
>額縁が欲しかったので、絵は捨てるつもりだった

オレも投票券だけ欲しかったから、CDは捨てた

25 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:29:25.54 ID:K8qLVMrI0
絵は捨てるつもりだった、か

たしかにこれといってすごい絵でもないもんな

26 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:30:13.40 ID:5GRsyYoN0
>>1
わかるわ。
額縁のほうが、造形やらみて
いいなと、思うときがあるからな。

29 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:31:39.47 ID:UGMR5lpu0
フリマに出品したやついまごろ大げんかだろな

37 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:34:27.85 ID:yb56s4Mh0
>>29
刃傷沙汰になってるかもね

30 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:31:55.15 ID:w7wtzecA0
へぇ〜。
幼女専門かと思ってたけど、風景画も描いてるんだね。

32 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:32:49.30 ID:QYG7Bqdm0
確かに立派な額縁だわ

1

34 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:32:57.50 ID:S8CNg7JD0
ビックリマンチョコのシールだけ欲しかった、みたいな

45 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:36:53.72 ID:HcP8GAHL0
江戸時代の輸出品の包装紙に
浮世絵使った話だろ?

46 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:36:57.77 ID:aK/UnDb8O
いまいち凄さが分からんからドラゴンボールで例えて

49 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:38:31.24 ID:EU4P3bRS0
>>46
オラじっちゃんからもらった変な玉を捨てようと思ってたら
変な女がそれはドラゴンボールよとか言い出した

153 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 13:20:45.35 ID:Hx9//CPG0
>>46
どうせどっかのキモオタが描いた絵だろと思ったら、鳥山明の絵だった。

47 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:37:19.96 ID:Lth1eT3t0
出涸らしの日本では望めない話だ

54 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:40:18.38 ID:3iMyjynP0
最初絵は捨てようと思ったんだろ?それが実際の価値だ
他の奴はルノアールの名前に騙されてるだけ

55 :はんどるとらふりぃ ◆7DSin/vN4A :2012/09/09(日) 12:41:59.86 ID:vtsvY9uc0
>>54
物の価値は人それぞれの相対的なもの。
絶対的な価値じゃない(・ω・`)

60 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:42:43.97 ID:fYWhe2bU0
傷んでる様なら話題のあの方に修復を頼もう
さらに付加価値がつくぞ

1

62 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:43:57.36 ID:rn5p39H80
確かに素敵な額だね
でも懲りすぎててこの絵の魅力を抑えちゃってるかも

1

67 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:47:42.98 ID:TIa3nejc0
こういうことってまだあるんだなあ。

77 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:51:14.48 ID:RyzmtIKn0
所詮絵画の価値などそんなモノ
自分の気に入った絵にこそ真の価値がある

85 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:54:39.31 ID:Gv+yKWPH0
そうだね
絵画に真の価値があるかどうかは本人が決めればいい
所詮評論家の勝手な評価で付いた値段という価値に踊らされてるだけだから

87 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:55:07.70 ID:ZlLSc9xl0
額縁以下の扱いを受ける巨匠の絵画ワロタw
結局芸術なんて署名に値段がついているだけなんだろうな

105 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 13:04:18.66 ID:VTiOfdA30
>>87
[ゴッホ]
後期印象派の代表的画家として現在でこそ高く評価されているが、
生前に売れた絵はたった1枚「赤い葡萄畑」だった。
人に贈った絵が、鶏小屋の穴を塞ぐのに使われていたこともあった。

89 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:56:36.39 ID:dHVnJvEf0
ライブでGETしたマイケル・ジャクソンの帽子を
「こんな古臭い帽子いつまで持ってるの」と
本人が留守中に燃えるゴミに出したお母さんの話を思い出した

90 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:57:13.68 ID:XcH3fCpP0
>絵は捨てるつもりだったが

印象派に対する世間の評価なんてこんなもんだよね

91 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:57:55.73 ID:L5MuwKml0
何年か前にもあったよね。フリマで絵を買ったらピカソのデッサンだったとか
何故私のような生粋の絵好きにそのような体験が無いのか・・・・・

97 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 13:01:25.31 ID:TIa3nejc0
>>91
それはアニオタのところに二次元の嫁が現れないのとおなじ理論だな。

96 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 13:00:55.50 ID:dTdeBveC0
まあ、実際、絵の価値なんて投機抜きゃ額縁以下だよ

103 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 13:03:24.53 ID:iJejpfhS0
贋作じゃねーのか
普通に見つかったって言うと怪しまれるから、フリマで見つけたってことにする

106 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 13:05:01.85 ID:fGhxM/kY0
捨てられるところだった
ヤバいw

この女性が損するだけじゃなくて
永久に地上から消えてた可能性がw

107 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 13:05:22.12 ID:5ZHTeq0e0
このシチュエーションはいけるでと、なんでも鑑定団がパクるとみた

116 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 13:08:59.96 ID:/3mkmwc10
素人が見るとゴミに見えるのが芸術の本質

121 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 13:10:08.70 ID:+8ZLRcsB0
これが掘り出し物ってやつか…

123 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 13:10:34.32 ID:3F7TSpQS0
今でこそげーじゅつだー言われてるものでも
画家生前の頃にはまるで評価されなかったということも頻繁にあるわけで
高名な画家の作品であろうと何がいいのかわからんときはわからんのだ
それでいっこうに問題無し

129 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 13:11:45.02 ID:oK/tBAQy0
有名な画家の絵だろうと美しい絵だろうと、自分が気に入らなければしょうがないんじゃない?
額縁だけ欲しかったでも、俺は認めるよ。

131 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 13:12:29.45 ID:qD5ZJzsD0
額縁に惹かれた人
審美眼があるのか、ないのか。

140 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 13:15:09.37 ID:ya0FyXlu0
高い額縁って誰が見ても必ず立派な物に感じるんで
知識や目利きができないと分かんない絵画とは全然違う

154 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 13:20:50.84 ID:ya0FyXlu0
ルノワールが入ってた額縁なら、さぞかし良い物だったんだろうと思う

157 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 13:21:53.05 ID:6JMo8nE4O
フリマで売り飛ばされる程度の絵なら失敗作だろう
作家本人もそんな絵に高値がつくなんて不本意だろうな

173 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 13:28:58.00 ID:zAAyT2JG0
捨てられる絵も多いんだろうな

180 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 13:33:58.43 ID:FOJk3nSB0
捨てなくてよかったね


元スレ:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1347160636/


ギャラリーフェイク 全23巻セット (小学館文庫)
細野 不二彦
小学館
売り上げランキング: 18431

Powered by livedoor




この記事へのコメント

1. Posted by あ   2012年09月09日 16:32
2. Posted by かす   2012年09月09日 16:33
絵に価値があるんだ
3. Posted by 樋下田   2012年09月09日 16:33
フライングゲッティー
4. Posted by     2012年09月09日 16:33

5. Posted by え   2012年09月09日 16:35
太っ腹だな
6. Posted by はか   2012年09月09日 16:36
くそ
7. Posted by     2012年09月09日 16:36
なんて棚ぼた
8. Posted by ルノアール   2012年09月09日 16:36
もやっとしてる
9. Posted by     2012年09月09日 16:37
中身だけおくれ(´・ω・`)
10. Posted by    2012年09月09日 16:37
780万なら間違えて売っても心の整理がつくな。
数十億なら自殺を考えるレベル
11. Posted by 1   2012年09月09日 16:37
あ6
12. Posted by aaaa   2012年09月09日 16:39
羨ましい
フリマで掘り出し物をゲットしたためしがない
13. Posted by    2012年09月09日 16:41
なんだそれwwww
14. Posted by 一体額に何の絵飾るつもりだったんだ?   2012年09月09日 16:43
海外ってたまにこんな一攫千金みたいな話あるよな〜
ウラヤマシス…
15. Posted by     2012年09月09日 16:43
当時売れなかったように、先入観が無ければ大した絵じゃないって証拠だな
価値を高めようとする輩が居なければそんなものなんだろう
16. Posted by     2012年09月09日 16:43
>89 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 12:56:36.39 ID:dHVnJvEf0
>ライブでGETしたマイケル・ジャクソンの帽子を
>「こんな古臭い帽子いつまで持ってるの」と
>本人が留守中に燃えるゴミに出したお母さんの話を思い出した
その話は初耳、ちょっと気になる
良く似た話なら漫画集めが趣味の主人が留守中に妻が勝手に手塚治虫の初版「新寶島」を捨てたって話しなら知ってる
似たような話はあるもんだな
17. Posted by    2012年09月09日 16:45
絵画の辿った経路は重要じゃないの?
今頃フリマ出した人のところに取材に行ってたりして…w
18. Posted by ?   2012年09月09日 16:48
そしてまたなんでも鑑定団が云々かんぬん。
19. Posted by       2012年09月09日 16:50
わろた
20. Posted by    2012年09月09日 16:50
ルノアールの絵でも気に入らなきゃただの落書き
額が欲しがっただけってのは分かるわ
21. Posted by    2012年09月09日 16:50
ぶっちゃけ、絵よりも額の値段が高いなんてことはままある
22. Posted by     2012年09月09日 16:50
なんでも鑑定団だったら二束三文の値をつけられていた、に1000ペリカ
23. Posted by    2012年09月09日 16:56
額縁に目を奪われた絵という看板付けられて
ぼったくり額にさらに上乗せされて売り立てられる。
24. Posted by    2012年09月09日 16:57
誰の絵か分からなくても、柔らかい色合いで普通に好きなんだが…
25. Posted by     2012年09月09日 16:58
技術力のある写実主義の画家は
割と生前に正当な評価受けてることが多い
高い技術って万人が見ても凄いと思えるものだし
肖像画とかで仕事もあったし
でも印象派とかの画家は本当に感性が
その時の大衆にウケなければまったく評価されない世界だわな
26. Posted by     2012年09月09日 16:58
カビみたいな絵やな
27. Posted by     2012年09月09日 16:59
>>1の絵にはなんでモザイクがかかってんだと思ったんだけど、
もしかしてああいう絵なのか?
28. Posted by あ   2012年09月09日 17:00
まぁ、価値が分からん人間が見てもただの“ゴミ”だもんな。
29. Posted by    2012年09月09日 17:01
※24
>柔らかい色合い
評価できない人からすればフニャフニャの色合いフニャフニャの絵
30. Posted by あ   2012年09月09日 17:01
ハンターハンターを思い浮かべたのは私の他にもいるはず
31. Posted by     2012年09月09日 17:03
お前ら、したり顔して何が
「ルノアールの価値はさっぱりわからん。
 こんな絵を高値で取引してる男の人って・・・w
 やはり、自分が価値と思ったものに価値があるのだよ(キリ」
だw
バブル期の日本人じゃあるまいし、投機的な価値を狙う奴ばかりじゃねえんだよw
ルノアールの絵に魅力を感じる奴が多いから
ずっとそれなりの値段で取引されてんだよw
32. Posted by    2012年09月09日 17:04
母さんすごい目利きだなwww
33. Posted by     2012年09月09日 17:05
あらあんな所にピエールの絵があるわ♪
34. Posted by     2012年09月09日 17:06
だって画家本人が生きてたら
転売屋のペテン師が儲けられないじゃないか
35. Posted by  うらになにかありそう   2012年09月09日 17:09
5
その当時からブラックマーケットでも足が付いて売りにくい有名な絵だったからしばらく塩漬けにして、頃合を見計らって安全な蚤の市に放出して小銭を得たっていうのが本当はないのか?
36. Posted by     2012年09月09日 17:09
もちろん、他に何か入ってるかもしれん箱全部鑑定したんだろうな。
37. Posted by    2012年09月09日 17:11
ルノアールごときで何発狂してんだよアホw
しょせん絵を喰い物にしてる商売人の売り方次第だよ値なんて
バブル期の日本なんて一番デカい氷山の頂点の話じゃねえか
それ以前もそれ以後も何も変わっていないって
どこ見て物言ってんだか

38. Posted by     2012年09月09日 17:12
おまえら相変わらず
美術の価値に関して納得いってないみたいだなwwww


恥ずかしい。
39. Posted by f   2012年09月09日 17:12
>>31
いないとは言わんが、たいていはエルメスとかグッチとかのブランドに
ひきつけられてるだけだと思うぞ?人はブランドというレッテルに金を払って
優越感を得たいもの。下心の根底を見れば、その優越感に金払ってると言える
40. Posted by 、   2012年09月09日 17:13
知らないなら、単なる下手な絵だね。
41. Posted by .   2012年09月09日 17:13
絵画の話題は必ず嫉妬の言葉で埋め尽くされるな。内心羨ましいんだろうな
42. Posted by     2012年09月09日 17:16
>絵は捨てるつもりだった

結局芸術ってそういうものなんだよね
43. Posted by あ   2012年09月09日 17:16
ともかく失われなくてよかった
44. Posted by    2012年09月09日 17:17
>>38
まあな、画商の売り立て話を知ってりゃそうなるだろう
話として聞く知るぶんにゃ面白いがそれが価値だと言い切られて納得できるかって言われりゃ納得できんわなw
45. Posted by あ   2012年09月09日 17:18
俺が知ってる話しだと、ダメージ加工したジーンズを、婆ちゃんが縫って洗濯してくれたってやつぐらいだな
46. Posted by いやはや   2012年09月09日 17:19
なんでも鑑定団ならよくある話。
まさに棚ぼた
47. Posted by あ   2012年09月09日 17:30
絵画収集は投機目的ってことは桃鉄やるとよく分かる。
48. Posted by 名無しさん   2012年09月09日 17:30
なんでも鑑定団で
「こんなぼろい屏風、いらね」って住職が燃やそうと庭に出したら
通りすがりの檀家の人が「待って待って、いいものだと思うからせめて鑑定して」って慌てて止めて
結局、有名絵師の幻の作品だったってのがあったなー
うちの田舎にもなんかないかなー。
49. Posted by           2012年09月09日 17:31
民草には絵画の良さなんてわかるまい
50. Posted by 骨董大好き   2012年09月09日 17:32
だからフリマや骨董市のチェックは楽しいんですよね。
案外そんなもんかもwww
売る側も良く分かっていないケースは少なくないと思うので…(^_^;)
51. Posted by     2012年09月09日 17:34
この絵なんて価値がないとか言ってるアホは豚に真珠ってことわざ知ってるか
お前にとって価値がないだけで、この絵は貴重なんだよ

まぁ、俺もよくわからん変な絵だと思う
52. Posted by 名無し   2012年09月09日 17:35
こんな笑い話と画像だけ見て「ブランド」「署名に値段」とか言ってる奴らは、名前だけで絵を買ってるのとほとんど変わらないように思えるがな
53. Posted by    2012年09月09日 17:35
ゲームやらない人がゲームけなしてもピントはずれるものだけど、ここで「絵なんて見た人間の・・・」云々なんて唱えている人が、ちゃんと国内外の名作を実物を見て時間費やしてきているようには思えないけれどどうだろう?
美術作品は、写真と本物では色はかなり違ってしまうし、線の面白さも万全には伝わらない。彫刻作品などのマッスの面白さといったものも伝わらない。ので、知ってる人なら写真でどうこう言わないものです。レンブラントやドガの写真で見るとよくわからんぼけたような晩年の絵が、本物見たらびっくりという世界です。
54. Posted by あ   2012年09月09日 17:37
俺から見ればAKBの握手券なんか汚物を触るための無価値なもの
55. Posted by     2012年09月09日 17:37
まぁ、ルノアール自身が引っ越しの時に「これいらない!」と捨てていった絵が
今は上野の国立西洋美術館に飾られていたりするしね〜

芸術品の価値は水もの。
56. Posted by     2012年09月09日 17:39
完璧に仕上げた絵画以外に 、下絵的なもの 試し書き状態など作品未満のものじゃないか。値段が安過ぎる。
57. Posted by     2012年09月09日 17:40
絵なんて死んでから値段上がるしな
専門家のさじ加減ひとつそれが芸術
58. Posted by あ   2012年09月09日 17:41
生前は売れなかったてのが正しい評価だろ
今は芸術的な価値より投機的な価値しかないからな
59. Posted by このコメントは削除されました   2012年09月09日 17:43
このコメントは削除されました
60. Posted by     2012年09月09日 17:43
パリのみの市なんかで、たまにある。話題作りに仕込んでわざとやってんじゃないのか。
61. Posted by とおりすがり   2012年09月09日 17:47
ただの紙切れだって、日本銀行券10,000円って印刷されていれば10,000の価値になるのと同じだな
62. Posted by 名無し   2012年09月09日 17:47
だいぶ視力が衰えてからの作品みたいだね
63. Posted by     2012年09月09日 17:48
母親GJ!
64. Posted by ytd   2012年09月09日 17:49

たしかに、
額縁が豪華すぎて
キャンパスのシミにしか見えんなw
65. Posted by     2012年09月09日 17:49
見て分からないんじゃ価値が…って
俺だってラムネビンの欠片とエメラルドの見分けはちょっとつかねえよ
66. Posted by くぁ   2012年09月09日 17:50
うさんくさい額縁だ
67. Posted by こんなことないだろ   2012年09月09日 17:52
やらせまんさい
68. Posted by     2012年09月09日 17:53
タッチで判断とか意味わからん指紋とDNA鑑定くらいしろよ
韓国の審判みたいに誤審を押し通してる作品あるんじゃないの。
69. Posted by     2012年09月09日 17:54
美術品の価値は評論家が決めるものではない
あくまで買う人が決める
鑑定士は(投機も含めて)買う人の好みを知って「これぐらいの価格なら買う人がいるであろう」と予想をする人
(自分の予想で転売してお金を稼いでいる)
評論家は買う人の好みを芸術に無縁な人にそれを解説出来る人の事
あと美術品鑑定士と芸術評論家は全く別の職業
野球中継で言うと実況と解説ぐらい違う
70. Posted by    2012年09月09日 17:56
なぜこの絵が高いのかというとルノアールが描いたからだろう
でも、なぜルノアールの絵が高いかというとルノアールの絵が評価されてたからであって・・・
わけわからん
71. Posted by     2012年09月09日 17:56
なんかちょっと前の素人が書いたやつを品評家()がド屋顔で解説する釣を思い出した
72. Posted by    2012年09月09日 17:57
>民草には絵画の良さなんてわかるまい

そんなこたあない
わかりやすく日本でいうと浮世絵は民草向けだけどな
しかも当時の民草だって良さをちゃんと理解しててかわら版に絵師番付や絵の人気投票まであったんだぜ
73. Posted by    2012年09月09日 17:57
>民草には絵画の良さなんてわかるまい

そんなこたあない
わかりやすく日本でいうと浮世絵は民草向けだけどな
しかも当時の民草だって良さをちゃんと理解しててかわら版に絵師番付や絵の人気投票まであったんだぜ
74. Posted by    2012年09月09日 18:01
確か絵画ってどういうシステムで値段が釣り上がるんだっけ
75. Posted by    2012年09月09日 18:02
鑑定士と評論家が裏で手を取り合っているからこそ高値がはじき出されるんだけどな
鑑定士と評論家お互い外面は他人のふりするのはあたりまえよ
76. Posted by 五月   2012年09月09日 18:02
ふたけた
77. Posted by 名無しさん   2012年09月09日 18:03
作者の名前で評価される絵なんて、いっそのこと焼き捨てられてればよかったのにな
78. Posted by w   2012年09月09日 18:04
バカヤロー!絵に価値があるんだろうが!って名画すぎてよう飾れんw
79. Posted by     2012年09月09日 18:07
   ! i : : !: :/: :/: : /: : /ィ: : /: : ヽ: :!: : : ! Y
  .!: :| : : !/、_/_/ _ィ//: : /∧: : : : !: : : : } |
   ! ハ: : |./> ̄/ ノ :入〈  !: : : : !: : : :! /!
   |〉、ヽ ! ゙ミミ三、  //  `〈__! : : /: : : :イ: :!
   | 「ヽ!`ゝ:::       ミ、、_  〉へ : : :ノ :|: :| ... かわいいかわいい翠星石が
   | | ヽヽ  ::::  l    ::: `゙゙=ミ/: :/:/ /: ! : !  ..華麗に2桁ゲットですぅ
   | | ヽ \    !ーァ   ::: /://  /: : |: :|   取れなかったザコ共には
   ! .\   \ `´    ,イ⌒ア^〉  /| : : !: :!.  量と味の濃さだけに釣りあう値段の懐石料理をくれてやるですぅ
  /|   }-、,-、__}>r-ァ´ ̄ / /  /: :! : : |: :!  
80. Posted by あ   2012年09月09日 18:08
実際額縁のほうに価値あるのが一目瞭然ww
81. Posted by     2012年09月09日 18:09
そもそもこういう芸術品の価値を決めてるのは画商とコレクター(投資家)だからねw
あくまで金儲けの為に独自性のある絵に箔を付けて価値を高めてるだけ
庶民が見ても価値がわからないなんて普通だと思うよ
庶民には大衆向けの娯楽芸術があるしね
82. Posted by    2012年09月09日 18:10
額縁うんぬんっていうのは、照れ隠しに考えたことなんじゃね?
83. Posted by あ   2012年09月09日 18:11
前衛芸術とかはともかく、
絵画を見て何も感じないのなら自分の感性の乏しさを悔いたほうがいいよね^^;
84. Posted by     2012年09月09日 18:11
音楽においては、有名な作曲家が作曲したからと言って、全ての曲が評価されるわけではない

例えばチャイコフスキーの作曲した交響曲は4〜6番は評価が高くCDもたくさん出てるけど、1〜3番は評価が低い
ドヴォルザークの初期交響曲なんかは、後期のものに比べると全く無名である

つまり、音楽の世界は曲の出来によって評価されている
この点で美術の世界とは違うような気がする

まあ比べられるものではないかもしれんが
85. Posted by koi   2012年09月09日 18:11
日本でもバブル後、ゴミ捨て場から名画が見つかった事件あったなー
86. Posted by     2012年09月09日 18:12
一見したらそこいらの絵を趣味で描いてる人のレベルの絵なのにルノワールってだけで2千万3千万の値がつくんだろな

いや今絵画投機バブルだから1億付くかも
87. Posted by     2012年09月09日 18:14
まあ芸術なんてこんなもんだよな
作品の良し悪しじゃなく、需要があるかどうかで価値が決まる世界
88. Posted by ビンビサーラ   2012年09月09日 18:17
私は彼にブッダ(悟った人の意)の称号を与えたい

278 :名無しさん@13周年:2012/09/09(日) 15:43:34.00 ID:pocpc4+r0
>>8
単なる布切れもスカートの下にあるだけで価値が上がる
89. Posted by     2012年09月09日 18:23
需要とか価値は置いといて誰が描いたか?
の方がわかり易いじゃないのかな

同じ絵はもう二度と描けないんだもの
90. Posted by ななし   2012年09月09日 18:23
>>83
拙いと感じたり気に入らないと思ったり…
それも感性だけどな
絵画から感じ取っていることになるけどな
良いとか凄いとか評価するだけの感性こそ乏しいといえる
91. Posted by    2012年09月09日 18:24
翠星石さん応援してます
92. Posted by    2012年09月09日 18:24
普通の人は、鑑定眼などは持ってないからしょうがない。
93. Posted by ゲット   2012年09月09日 18:26
フタケタ
94. Posted by セザンヌ   2012年09月09日 18:27
ルノアールと聞いてギャグ漫画日和思い出したわ
95. Posted by    2012年09月09日 18:27
※90
日本語でおk
96. Posted by     2012年09月09日 18:29
芸術なんて上手いからすばらしいから評価されるわけじゃないし
100年前200年前の品が欠損少なく出てきたらそら価値のあるものだろ
ルノアールだろうが誰が書いてようが
約一世紀前とかの一枚しかない絵画が出てきたら価値が出るにきまってる
97. Posted by    2012年09月09日 18:29
額縁の選び方の大事さを教えてくれる事件。
98. Posted by ななし   2012年09月09日 18:29
※95
そうか、日本人じゃないから日本語表現できないのか…
了解!
99. Posted by 与えれば名無し   2012年09月09日 18:29
フェルメールも1800年後半に再評価されたよね
ある程度の知識を身につけて昔の人の功績を今生きている人が守らないといけない
100. Posted by こたつみかん   2012年09月09日 18:30
第二次大戦後に、連合軍(米軍)が没収した日本刀の中にも、国宝級の刀も含まれいたそうで、米軍が土産代わりに持って帰ったものだから、今だにこういう話がすくなくないらしい。
101. Posted by かごめ   2012年09月09日 18:31
額縁は1000万円。
102. Posted by 名無し   2012年09月09日 18:31
こういう絵画は、文化、技術、思想の進化や発展なんかの歴史的背景に付加価値があるんだと思う。それを面白いと感じる人が欲しがるんだからね。
絵を描くテクニックなら現代のほうが上で当たり前。
103. Posted by あ   2012年09月09日 18:34
親父が甥っ子に千円札をあげたら500円玉のほうがいいって泣いたことがあったけどw価値観は人によるからなww
104. Posted by    2012年09月09日 18:35
フリマはお宝の宝庫だな!
105. Posted by     2012年09月09日 18:38
※102
絵には「好み」という一番大事な要素があるよ。
表現方法については20世紀中頃で出尽くしたと言っていいだろう。
モチーフと、表現方法、そしてそれを見た人の「好み」そこに
余り年代は関係ないと思うよ。

例えばルノアールの裸婦像と全く同じようなモデルを用い、同じ角度とシチュエーションで
写実の限りを尽くせば「テクニックが上」なのかというとそんな事はない。
106. Posted by     2012年09月09日 18:39
昔の絵画からはその当時の生活環境や宗教など
歴史など知るとこが出来るのも価値がある理由の一つ
塗料はなにか?どんな物に書いているのか?絵のモデルの服装は?ってな
そういった歴史に興味ない奴には無価値だろうがな
107. Posted by     2012年09月09日 18:39
ああ、いい額縁だ
絵なんて有名だろうが高価だろうが気に入らなければゴミと変わらん
108. Posted by     2012年09月09日 18:41
>所詮絵画の価値などそんなモノ
>自分の気に入った絵にこそ真の価値がある
>そうだね
>絵画に真の価値があるかどうかは本人が決めればいい
>所詮評論家の勝手な評価で付いた値段という価値に踊らされてるだけだから

さすがに芸術のげの字も知らない素人がこんなことをドヤ顔で書いていると思うと滑稽で仕方ない
109. Posted by     2012年09月09日 18:42
存命してない人の数世紀前の品ってだけで
付加価値がつくのは当然だ
画力で考えてる奴は芸術とかなんなのかすら分かってない
110. Posted by    2012年09月09日 18:45
歴史的価値と作品の評価は一致しないからなあ

それが一番かけ離れている世界が絵画世界だからなあ
111. Posted by     2012年09月09日 18:45
芸術的な価値がわかんなくても
単純に希少価値なら理解できるだろう
レプリカやら贋作はあっても本物は量産できないんだし
112. Posted by    2012年09月09日 18:45
よかったね!
113. Posted by 名無しさん   2012年09月09日 18:46
300円とかそんぐらいで
114. Posted by     2012年09月09日 18:47
買った本人よか母親のほうが審美眼あるのか、年の功かね
こんな感じで人知れず葬られた美術品いくつもあるんだろうな
価値観の違いっつったらそれまでだけどなんともはや
115. Posted by    2012年09月09日 18:49
で、額縁の方は値打ち物だったのか?
116. Posted by このコメントは削除されました   2012年09月09日 18:50
このコメントは削除されました
117. Posted by VIPPERな名無しさん   2012年09月09日 18:50
※25
印象派に技術力が無いとか白痴乙
118. Posted by    2012年09月09日 18:52
お母さんファインプレーすぎワロタ
119. Posted by     2012年09月09日 18:52
他人事ながら心臓がバクバクする・・・怖いわぁw
絵が無事でよかった
120. Posted by     2012年09月09日 18:53
ゴッホやモネは日本の浮世絵をそのまんま模写した作品がいくつかある
浮世絵が印象派のトリガーを引いた
121. Posted by      2012年09月09日 18:53
105
>表現方法については20世紀中頃で出尽くしたと言っていいだろう
さすがにそれはねーよw
アナログしか見てないんじゃないのw
122. Posted by     2012年09月09日 18:54
口だけの値段否定なんてその評論家が決めた無意味な価値より価値がないわな
その価値を変える力もないお前はその紙切れ以下だってことだ
123. Posted by このコメントは削除されました   2012年09月09日 18:54
このコメントは削除されました
124. Posted by     2012年09月09日 18:55
絵画だけではないけど芸術作品には作者がその作品を作った背景が表れている要素がいっぱいあって
それは時代背景とかとも強く関係しているのよね
だから芸術作品を見るということはその背景も見るということに繋がっていて、そのためには実際の歴史や作者自身の人生なんかも見る側が予め知っていないと作品見ただけじゃ分からない
背景を知って作品を見て、それで初めて本当の価値の表面だけやっと見えるようになる、そんな感じ

だから芸術系紹介番組だと絶対作者の半生とか色々辿ってるでしょ
125. Posted by ななし   2012年09月09日 18:56
確かに素敵な額縁だなあ
126. Posted by    2012年09月09日 19:00
122
作品も突き詰めれば紙切れだぞ
その作品を評価してる諸々の書付も紙切れだけどな
無知の物言いほど恥ずかしいものないなw
127. Posted by    2012年09月09日 19:07
フリマに出る前の所有者がある程度価値見いだしてたなら
額縁もそれなりに高価なものなんじゃないか
128. Posted by     2012年09月09日 19:09
写真の額縁がフリマで勝ったヤツか?
確かに額縁は立派だな………。
129. Posted by        2012年09月09日 19:11
ゲームだってDVDだって初回特典ほしいだろ?
付属品にこそ価値があるんだよ・・・・きっと
130. Posted by     2012年09月09日 19:14
物の価値なんかこんなもんだよな
131. Posted by ポケりん   2012年09月09日 19:14
捨てなくて良かったなー、というか似たような状況で実際に捨ててしまった場合もあるんだろうか・・・
132. Posted by みか   2012年09月09日 19:15
まぁ日本人にも猫に小判だけど
133. Posted by P   2012年09月09日 19:17
何気に女性の母親GJ
134. Posted by    2012年09月09日 19:18
川辺とその場のイメージがモロに伝わってくる絵だけど
これ下手なの?
135. Posted by     2012年09月09日 19:22
こんなもんだよ、芸術なんてもんは。
有名な画家の絵をありがたがってる連中がアホにしか見えない。
カルト宗教と同じだよ。
136. Posted by    2012年09月09日 19:23
元々この世のすべての物に絶対的価値なんて無くて、人間が"欲しいと思うもの"に欲しさの度合いに応じた価値をつけてるだけ。
著名な画家の絵を買うということは、その絵画に纏わる歴史を買うこと。
「何そのボロい絵wwルノアールってだれよww」みたいな友人しかいない貧乏人には関係の無いこと。
137. Posted by 僕自身コメントする喜びはあった   2012年09月09日 19:27
額縁が立派過ぎて、絵が頼りなく見える。
138. Posted by 芸術は爆発だ(^ω^)   2012年09月09日 19:32
芸術を価値がないとか宗教とか言う人は、その言葉に何の意味も価値も無いと分かっていないww
139. Posted by 名無し   2012年09月09日 19:33
ついでに額縁も鑑定しろよ

名高い職人の作品かもしれんぞ
140. Posted by あ   2012年09月09日 19:34
ルノアール涙目w
あの人の絵はわりと好きだけどこの絵はいいとは思えないな
絵画の値段ってほんとメチャクチャだと思う
141. Posted by (´・ω・`)?   2012年09月09日 19:36
ルノアールの作品で10万ドル?
0が1つ足りないのでは?
142. Posted by    2012年09月09日 19:39
メチャクチャの猿絵にしちゃっただけなのに
それもありだよってほめあげてスゲースゲー騒ぐのが芸術ですからねw
143. Posted by      2012年09月09日 19:39
銀と金スレ?
144. Posted by 三途   2012年09月09日 19:40
うーむ、嫁に理解を得られそうに無い旦那が大枚叩いて買った絵を「安い絵」といって飾っておいて、
それを嫁が勝手にフリマに出したとかか?
145. Posted by    2012年09月09日 19:43
なるほどなぁ、今回は偶然救出できたけど、
ほとんどの行方不明の名画は、価値のわからない人たちによって捨てられたり燃やされたりしたんだろうなあ。
146. Posted by 名無しさん@ネタさか2ch   2012年09月09日 19:45
ルノアールって、生前は名声を得られていたの?
147. Posted by このコメントは削除されました   2012年09月09日 19:46
このコメントは削除されました
148. Posted by 名無しさん@ネタさか2ch   2012年09月09日 19:47
※141
小品だからでしょ。
今回のこれ、A4くらいの大きさだし。
149. Posted by     2012年09月09日 19:47
鳥山明も今は生きているからどうとも思われてないけど、
200年後にどうなるか分からん。
150. Posted by     2012年09月09日 19:47
捨てられずに済んで良かったからいいじゃん
151. Posted by     2012年09月09日 19:49
拙い絵と感じるなら一度実物を見た方が良い
本物の絵はモニター越しのjpeg画像じゃ伝わらん
あと芸術作品は知識で観るものでなく感性で感じるもの
152. Posted by     2012年09月09日 19:49
ルノアールってたった10万ドルの価値しかないの?
153. Posted by     2012年09月09日 19:53
>>151
むしろ知識を通して見るもの
当時の歴史的、思想的背景や、画家の人物像を知らないと本当の素晴らしさは分からない
154. Posted by 僕自身コメントする喜びはあった   2012年09月09日 19:54
あ?喫茶店がなんだって?
155. Posted by 知無しカオス   2012年09月09日 19:56
目零しが流れるのも仕方ないと思うニャン
156. Posted by    2012年09月09日 19:57
絵ってのはコピーできないからインフレするってだけの話だからな
有名で希少であれば芸術的価値など無視して高値がつく。
157. Posted by     2012年09月09日 19:57
このフリマ、次回からは人が大殺到するようなきがします
158. Posted by       2012年09月09日 20:01
こっそり贋作も売ります。
159. Posted by     2012年09月09日 20:02
自分が魅力的に感じない絵なら、
どんなに高い絵でもごみだと思うが。
160. Posted by     2012年09月09日 20:05
こっそり買えばよかったのに
161. Posted by 名無しさん   2012年09月09日 20:05
好みでなくても美術館に行ってれば、なんとなく分かりそうなものだが・・・
162. Posted by    2012年09月09日 20:05
こうやって数が減っていくから後年価値が上がるんだな。
生きているうちに高名になる十億の作品が残るから結局それほど値は張らないというジレンマ

どっちにしろ、本人は幸せになれんルートだな。
163. Posted by    2012年09月09日 20:07
芸術家って、死んでから価値が出たりして、なんか可哀想ですね…。
164. Posted by    2012年09月09日 20:07
公務員が一番イイかも(笑)
165. Posted by     2012年09月09日 20:07
芸術なんて一般人からすれば大体ゴミみたいなもん
166. Posted by 2ch語でおk?   2012年09月09日 20:08
※95等、たまに
日本語でおk
とか、日本語に対して書く奴チョンなの?暑くて余計にイラッと来る。
167. Posted by    2012年09月09日 20:10
なんかムキムキしたのがいるけど、その絵だって歴史的な価値だけだろ
168. Posted by あ   2012年09月09日 20:12
本物を見る機会があればある人ほど
世にいう名画が自分にとっての名画にあらず
というの知っているはすだが…
なんでもかんでも人とは違うってのはただの天の邪鬼だが、ズレることがあるって程度ならそれがその人の感性ってもの
それこそが感性ってもの
画一的な感性を求めることこそ愚というもの
169. Posted by    2012年09月09日 20:12
粗大ゴミとして棄てられたら偉大なお宝も、たくさんあるんだろうね…。
170. Posted by    2012年09月09日 20:14
絵画やクラッシック音楽は金持ちの道楽ですよね…。僕みたいな庶民には全くどうでもいい世界だ(笑)
171. Posted by    2012年09月09日 20:15
ワインとか、2000円も200万もわからないよ(^_^;)
172. Posted by    2012年09月09日 20:17
   __≧ァ≠ヌヽ二/     ヽ.
 /, -‐''/ /〃 ヾ!7!,イ ,    ヽ
 <  / '/   .:! {i:!:、l: i:    ', 
.  ヽヽ :/   .::::∧トミト!l|:i !l ! ! 
    /ヽ\   .:::::/  ゞ=′l7zリ ノノ
.   /__..=' .::;:::/       ヒfル!'´ 
 ´:.  `ヽ.:::/イr-z、   `,.イ¨ ヾ、 
  V ヽ  ヾ:.ヽ ヽ!7Zニ´ ノ   _jl 
173. Posted by    2012年09月09日 20:18
出品者は誰だったのか?
174. Posted by    2012年09月09日 20:20
絵の評価なんて当てにならんと思うわ
175. Posted by    2012年09月09日 20:26
別にさ、ただ権威あるわけでもないどっかの鑑定士が1人そう言っただけだからな?
176. Posted by ★★★   2012年09月09日 20:26
これをきっかけにお宝鑑定団が放送されるかも・・てかもうされてるかな?
177. Posted by      2012年09月09日 20:27
>単なる布切れもスカートの下にあるだけで価値が上がる

この解釈凄い、こいつ天才だろ
しかも誰のスカートの下にあるかで価値が変わる。
それはそうとして、今回の場合、ルノアールの系譜を知る為に非常に貴重ということで絵画的価値のみならず歴史資料的価値も加算されたんだろうな。
178. Posted by    2012年09月09日 20:30
※177
スケベオヤジなら思いつきそうな感じもするが・・
179. Posted by     2012年09月09日 20:31
息子が映画撮るために売りさばいた名残かね
180. Posted by     2012年09月09日 20:32
気づいた人すげーな

俺なら丸めてゴミ箱だわw
181. Posted by     2012年09月09日 20:33
有名な画家が紙に線を一本シュッと描くだけで
深読みして有り難がるってキャラに揶揄させてた漫画を思い出した

芸術なんて主体的なもんでいいだろ
俺にはひまわりの素晴らしさもモナリザの素晴らしさも分からんよ
実物見たら何かオーラ感じるのかも知らんけどな
俺はまだ刀の方が美しく感じるな。何を美しく感じるかなんて人それぞれだろ。
大多数が「いい」と認めたものが巨匠と崇められるわけで、その辺漫画の単行本とあまり変わらないか?
182. Posted by    2012年09月09日 20:41
コメのさいごにもあるけど、これは見つかったから騒がれるけど、捨てられていたら行方不明のままで騒がれもしない。
知らずに捨てられている貴重な絵画がたくさんあるんだろうな。
183. Posted by     2012年09月09日 20:43
ルノアールもシャノアールも喫茶店しか思い浮かばないおれにわかるようにどんな価値があるのか教えてくれないか?
それと印象派ってなんだ?
これもわかるように説明してくれたらありがたい
184. Posted by あ   2012年09月09日 20:45
鑑定料は10万ぐらいかかるみたいだね。贋作でも5万かかる。
少なくともそれなりの知識がある人でないと棚ぼたのチャンスすらないってことだな。
鑑定してみようなんて思わないもんな普通。
185. Posted by あ   2012年09月09日 20:47
金持ちが気に入ると価値が上がる、だがつり上がるには少数である事が条件
186. Posted by    2012年09月09日 20:49
芸術の価値は流行
好悪の価値が不変になるなぞありえぬ
187. Posted by      2012年09月09日 20:49
鑑定料10万円?ボッタクリの世界だなあ
188. Posted by     2012年09月09日 20:50
181
天皇の使った茶碗を有難がって、更にその茶碗から他の茶碗に注がれたどーでもいいような安い茶を有難がって飲んでたジジイババアの集団がいたなwそういえばwwwww
尊いのは天皇であって茶碗ではないし、その茶碗から注がれた茶には何の価値もない
バカな年寄り連中が多く生き残っているせいでこの国のスキルは未だに向上しないままだ
189. Posted by     2012年09月09日 20:50
87年頃のこち亀で 両さんに道を尋ねてきた画家を思い出の定食屋まで案内したお礼に、絵の作品貰って、中川「大変ですよ先輩、あの絵は…」

の展開を彷彿させるでござるよ
190. Posted by      2012年09月09日 20:53
※188
尊いのは天皇であって薄汚れたおまえの意見に価値は無い、って解釈で合ってるか?
191. Posted by     2012年09月09日 20:56
日本なら鑑定団に応募できるじゃんwww
192. Posted by      2012年09月09日 20:57
あのハゲデブのオッサン、おにぎり食べ散らかしていきながら絵だけ置いていきやがった!
なんだこんな絵、捨ててやる!
193. Posted by     2012年09月09日 21:00
額縁の話題なのに、なんで「喫茶店」が出てくるの?関係ないじゃんwww

↑で おk?
194. Posted by     2012年09月09日 21:01
※190
薄汚れた「アタマの悪いまま年をとっただけ」のバカな年寄り連中を擁護するのは価値があるのか?
195. Posted by      2012年09月09日 21:03
※194
それは利口で物知りで人間味のある年寄りに出会ったことのないおまえの人徳の無さが原因だろ
196. Posted by      2012年09月09日 21:06
喫茶店しか知らなくてもいいだろうよ
ルノアールのソフトクリーム乗せコーヒーゼリーはガチでうまいぞ
197. Posted by    2012年09月09日 21:10
※194
引きこもりのお子ちゃまじゃ年齢関係なく人と出会えないわな
世の中にはお前より人生経験ある優秀な人たくさんいるぞ
バカなのは自分だと早く気づけるよう一歩踏み出そうな
198. Posted by 最近の傾向なのか   2012年09月09日 21:12
※193
「価値観」というお題の喩え話であって、
日本人なら喩え話は結構使うと思います。
199. Posted by    2012年09月09日 21:12
どちらも馬鹿にする方が間違ってる。
ようはどちらも正しいんだよ。
200. Posted by     2012年09月09日 21:13
195
おれはコケにしてるのは、嫌々連れて行かれたハイキングで同席した会ったこともない老害連中に有難がれと強要されたことがネタ元なんだがね?
でさ、いろいろ考えても。そんな頭が悪いまま年だけ食ったゴミクズが多いこと多いこと

でさ、尊敬できるお年寄りが一人もいないなんて発言したかな?
妄想でパラダイムを固定するのは止めてくれないかな?
201. Posted by     2012年09月09日 21:16
なんでこんな話題で喧嘩出来るんだよw
じゃれ合いですね、分かります、平和な証拠です。
202. Posted by      2012年09月09日 21:17
※200
尊敬できるお年寄りが一人もいないなんて発言はしていないけど、実際はいないんだろ?
いるならいるって書けばいいだけのこと
嘘はつきたくないけど見栄は張りたいっていうおまえのみみっちい性格がコメントの文章によく現れているんだよ
203. Posted by     2012年09月09日 21:22
202
そう思ってりゃいいじゃんwwwww
アタマの悪いのはお前もかってことでwwwwww
204. Posted by      2012年09月09日 21:24
※203
そう思う、じゃなくて
実際にいないんだろ?
さっさと認めちゃいなよ。
205. Posted by      2012年09月09日 21:30
なんだよ、黙っちゃったよ
つーか年寄りに嫌々ハイキングに連れていかれるってどこの地方の部落民だよ
拒否しろよそんなイベント
206. Posted by     2012年09月09日 21:31
204
でもね、実際の99%はバカばっかりだよ
可愛いからって見境なく孫に買い与えるバカ
他人の迷惑を意識しないババア集団
どーでもいいけど早く死んでくれと思うよ

惰性で自民党、民主党に価値ある一票を投げ捨てるのもこのバカ連中
本当に死んで欲しいわwww
207. Posted by    2012年09月09日 21:34
※206
そうやってバカと見下している人達のスネかじって成長したのが…
偉そうに語っているお前だよ
208. Posted by     2012年09月09日 21:34
売った奴、涙目wwwwwwwww(´;ω;`)
209. Posted by     2012年09月09日 21:38
207
生んだんだから成人まで面倒見るのは義務だろ?
それなのに途中で放棄してたのに所帯持ったら何事もなかったかのように孫に擦り寄るジジイ
これって脛かじってたっていうのか???
自分の親でも死んで欲しいと思うんだから、赤の他人が死んだら喜んでやるぜwwwww
210. Posted by     2012年09月09日 21:39
一般人が見てゴミ箱行きの絵でも
著名な画家が描いたというだけで高値がつく
211. Posted by あ   2012年09月09日 21:39
ルノワールの絵って、前もこんな感じで話題になってなかったっけ?
212. Posted by     2012年09月09日 21:41
何度見直してもぼやけた絵にしか見えない・・・
213. Posted by      2012年09月09日 21:43
※209
おまえの両親とジジババがクズなだけだろ
うちは恵まれているのかもしれんけど親とも祖父母とも今でも仲がいいぜ
関係ない年寄りでも優しい人に会うこともあるよ、そりゃ変なジジババも時にはいるけどさ
214. Posted by      2012年09月09日 21:43
>>209
ここはお前の不幸な生い立ちと社会への不満を聞いてやるための場じゃねェんだよww

涙拭いて寝ろ
215. Posted by    2012年09月09日 21:44
※209
義務だろなんて言っちゃう時点でスネかじりのガキと白状してるんだよ
わかるかな?
お前のいうその義務をいつかは背負う側になるのだからな
お前自身も…
216. Posted by     2012年09月09日 21:45
215
ばーか、中学の身空で母親養ってからものを言えクズ!
217. Posted by      2012年09月09日 21:45
※212
それが印象派なんだろうな
見たまんまを描く写実主義がもともとあったんだけど
写真という技術が登場したからあえて物体の動きを絵に取り入れる描き方をしているんだよな
218. Posted by 名無しさん   2012年09月09日 21:45
日本人はチャンスには恵まれ無いだろうな、偽物で騙そうとする奴多そうだし、骨董や書画絵画には興味無さそう。
219. Posted by     2012年09月09日 21:45
絵とか全然詳しくないけど、何年か前デパートの展示会で見かけた絵がすごく気に入って、
でも16万ぐらいしたから諦めた
画家名も絵の名前も分からなくて、ぐぐる先生に聞いてみてもそれらしき絵が見つからなかった
未だに誰の作品かも分からないけど、このぐらいの値段ならそこそこ有名な画家なんかなー
記憶が美化されてるだけかも知れないけど、もっかい見たいな
220. Posted by    2012年09月09日 21:49
※216
大変な身空だったな
それでもな
いまだにガキ、お子ちゃまだってことさ
その身空にグチグチ駄々こねてるガキ、お子ちゃまだったことさ
221. Posted by      2012年09月09日 21:50
※209にずっと反論してた人間だけど

成人になるまで養うのが義務ってのは同意だよ
できちゃった婚の離婚率が高いって言われているんだろ?
今の若い世代がクズだからそういう義務にすら耐えられないんだよ
そこらへんは昔のジジババのほうがしっかりしてただろうよ
222. Posted by Posted by   2012年09月09日 21:53
だいたいなんでこんなのが屋根裏にあるんだよアメリカさん。
もしや第二次大戦の戦利品か?
223. Posted by     2012年09月09日 21:56
印象派の評価はさておき
絵画の価値なんて画家のネームバリュー次第だと
思ってる奴が多いのは今後日本の根深い闇となるかもな
芸術を解する心を失ってきているというか・・・頭か?
美意識自体はそうでもないのかもしれないが
金銭以外に信が置けないのかどうにも斜に構えちゃってる感
224. Posted by    2012年09月09日 21:59
斜に構えているのは「芸術」「芸術を解する心」なんてくくりで物を考えようとする人達でしょ
225. Posted by     2012年09月09日 22:00
220,221
勘違いするなよ? ハイキングは家族サービスだ、強制ではない
そこで見知らぬ同席した見知らぬジジババに価値のないはずの一杯のなんでもない茶を有難がれと強要されたんだ
改めて見回してみると自己中なジジババしか本当にいない
自分の父親からしてもそうだ
過去に何かと助けてくれた中学の担任だった先生と、生きていく上で指南役であったある詩人(あったことはない)だけが尊敬できる年配の人ってことだ
おれは未だにお子ちゃまかも知れない
だけど子供染みたことを全くしない大人って本当にいるのか?
226. Posted by      2012年09月09日 22:03
まあ実際には技術があってこそのネームバリューだからね
227. Posted by    2012年09月09日 22:06
※226
苦労した身空で一杯の茶の有り難みがなぜわからない?
なんでもないからこその一杯が…
228. Posted by     2012年09月09日 22:07
俺ルノアールの大ファンだが、これは見抜けない・・・
ガラクタ市で見つけたらガラクタだと思って見逃すわ。
229. Posted by おお   2012年09月09日 22:08
なんか高く売るための自作自演くさい
230. Posted by       2012年09月09日 22:09
228
お前がどれほどのファンなのかは知らんが、何も知らずに画像見ただけで「これルノアールの作品だわ」って気づけたらお前はルノアール本人なんだろうな
231. Posted by      2012年09月09日 22:09
※225
まあその老人どもがクソだっただけだから
もっとまともな老人に出会えればまた考えも変わるだろうよ

俺だって老人に池田犬作を有り難がれって言われたら拒否しておまえと同じようにネットで陰口叩くわ
232. Posted by     2012年09月09日 22:15
227
おれのレスを遡ってもらえないだろうか?
天皇が使用した(かも知れない)茶碗から更に別の茶碗に注がれた冷めた安っぽい茶に対する「有難さ」っていったいどうなんだ?
あんたには価値がわかるのか?
233. Posted by 贋作師   2012年09月09日 22:16
「これからしばらくはルノアール作品を手がけるかな」w
「さてと、手始めの作品は…」
234. Posted by          2012年09月09日 22:17
いっぽう日本じゃ何百万もの価値がある芸術品を美術館の裏に置いといたら
ゴミ収集のおっさんがゴミと思って捨てるなんで事故があるんだが・・・・・・・・
235. Posted by     2012年09月09日 22:20
絵画の価値なんて所詮こんなもんなんだろうね。
一般人には理解できない、美術館とかにあるとよくわからなくても価値があるように見える。
236. Posted by    2012年09月09日 22:24
※232
「一杯のお茶をありがとう」それ以上でもそれ以下でもなし
ただ「一杯のお茶をありがとう」
わざわざ価値を見いださなくても言える「一杯のお茶をありがとう」
価値があるない憤慨する必要なかろうが…
たとえそれが出涸らしの薄い冷えたお茶でもな
わかるかな?
苦労していろんな経験している身空なのにもったいないぞその考えは…
237. Posted by        2012年09月09日 22:24
ヨーロッパのとある国のおんぼろ教会でもこれと似たような話があったな
古いぼろぼろの教会の屋根裏を掃除して整理してたら一枚の絵がでてきて、その絵は実は著名な画家が教会に寄付した絵だったそうだ。
さっそく競売にかけると何千万もの額になったらしい
238. Posted by     2012年09月09日 22:27
パウル・クレーとか子供の描いたみたいなのが多いしwww
嫌いじゃないし、むしろ好きだけど、どれぐらいの価値があるのか?って聞かれたら答えようがないwwwww
239. Posted by     2012年09月09日 22:29
喫茶店?
240. Posted by       2012年09月09日 22:31
ほんとボケた写真みたいな糞以下の絵だな
近所に住んでる障害者の子の方がずっと上手いわw
こりゃ中身を捨ててガクだけにしたい気持ちも分かるw
241. Posted by     2012年09月09日 22:35
236
いいことはわかる、わかるが・・・
意味が違うだろ?
ハイキングツアーなんだぜ?有料なの!
これは天皇のお使いになった茶碗です、これより、この茶碗に入れたお茶を振舞います、でも、大事な茶碗ですから、別の茶碗に注いだものを振舞わせてもらいます
で、冷え切ってるんだよ、出がらしみたいな薄い茶なんだよ
で、感謝しろって強要されたんだぜ?
こんな理不尽なことってあるかよ?
120円出して冷えた麦茶でも自販機で買ったほうが幸せになれると思わないか?
242. Posted by     2012年09月09日 22:37
額から外してたらゴミだったんだろ。

額縁込みじゃないと認めてもらえない巨匠っつのもどうなの?
243. Posted by        2012年09月09日 22:41
絵の価値については詳しくないが、絵の勉強をしてるやつならわかるはず
絵画は時代や思想を反映したものが多い
ピカソの絵とかがあんな価値をだすなんて信じられないが
多視点から見た部分をつなぎあわせて描いたのはピカソが初めてでありすごく独創的
さらにゲロニカなどはピカソが故郷が侵略される怒りをぶちまけたもの、こうゆうふうにその時代の思想や事件を現したものが多く
その時代になにがあったのか、言葉や文字では表現しにくい感情を描いたものが絵画
人の歴史が続く限りはこういう一枚の絵にも価値がでるということらしい
244. Posted by        2012年09月09日 22:42
生きてる時は糞絵師として相手にせず放置し
死んだ瞬間にべた褒めして祭り上げそいつの絵を法外な値段で
やりとりする。
それが芸術ってもんだ
245. Posted by    2012年09月09日 22:43
※241
そこで理不尽と考えるお前さんにもう何も言うことないし言えんよ
好きに考えたらいい
まあ将来の偏屈老人だなお前さんも…
246. Posted by     2012年09月09日 22:44
241
冷たいお茶飲む幸せと
歴史文化の価値に触れる幸せは
べつもんじゃね?
247. Posted by 名無しさん   2012年09月09日 22:45
額に絵を入れた人はゴミじゃ無いと知ってたんだろうけど、後の人に何も伝えて無いとか、いい加減なもんだ。
248. Posted by      2012年09月09日 22:47
評価された画家の作品は、それが駄作であれ資料的価値があるからな。
249. Posted by 魂の入った絵   2012年09月09日 22:51
高いわな
250. Posted by    2012年09月09日 22:54
※248
なんでも鑑定団的には普通のこと
あこぎな骨董商がそこにつけ込んで右から左へ流して儲けてます
251. Posted by ああ   2012年09月09日 22:55
念の修行が足りなかったんだな。
252. Posted by      2012年09月09日 22:55
結局は競売にかけるあたり、俗物なんだろうな
10万ドルを得ても大事なものを失っている気がする
253. Posted by    2012年09月09日 23:00
※223
絵の値段に関しちゃネームバリューってのはめちゃくちゃ大きいだろw
値段の善し悪しが作品の善し悪しだって勘違いしなきゃ俺はそれで良いと思うけどな
254. Posted by 死んだらあがるわな   2012年09月09日 23:01
生きてるのと死んでるのは全然違うから その人は二度と存在しないんだから
255. Posted by AKB推しの名無しさん   2012年09月09日 23:01
ルノワールの絵だと見つけた人は凄いじゃん。俺は分からんが、
分かる人にはやっぱり意味があるんだろう。
256. Posted by あ   2012年09月09日 23:01
額縁が欲しかっただけなんだからそれは良いだろ、絵なんて好みに因りけりなんだから。
257. Posted by 時間もじゃね   2012年09月09日 23:02
その過去の時代は二度とこないからな その時代に書くことは二度とできない
258. Posted by このコメントは削除されました   2012年09月09日 23:05
このコメントは削除されました
259. Posted by 想像力が乏しくて悲しいY   2012年09月09日 23:11
完璧な風景は写真で見れば良いし、
お茶は管理された普通の茶で良い。
がしかし、日本人は風情を大事にします。
260. Posted by             2012年09月09日 23:13
ルノワールの作品も数が多いだけあって実際は玉石混交だからな・・・
お得意の少女を描いた作品だったらそもそもフリマに出る事もなかったろう
261. Posted by このコメントは削除されました   2012年09月09日 23:19
このコメントは削除されました
262. Posted by     2012年09月09日 23:21
一般人から見た絵の価値なんてそんなもんだ
しょせんは投資の一種
263. Posted by 春画最高   2012年09月09日 23:22
264. Posted by    2012年09月09日 23:31
霧でぼやけてるのか?河ってことすらわからんしょぼい絵だな
でも、アメリカなら後で俺が間違えて売ったから返せって輩が大量に出てきそうで怖い
265. Posted by レンブラント   2012年09月09日 23:36
浮世絵が西洋画のまえではかすんでしまう 云々しているが、そんな事ねーぞ。
266. Posted by    2012年09月09日 23:43
良かったな
多分、俺が買ってたらルノアールって読めなくてそのまま歴史から葬られてた
267. Posted by 水戸屋   2012年09月09日 23:45
マジレスするとこう言うのは、額縁の値段も含めての780万円。これは違うだろうけど、ものによっては額縁の方が高いこともある。伝説の○○工房の額縁……!とかゆって。
268. Posted by    2012年09月09日 23:46
ルノアールは駄作も多い。
これは駄作。
269. Posted by      2012年09月09日 23:47
浮世絵と西洋画だったら西洋画のほうがはるかに価値が高い
ざんねんだけど浮世絵では思想や表現に限界がある。
270. Posted by     2012年09月09日 23:47
それにしても結構マジで素敵な額縁だなオイ
271. Posted by     2012年09月09日 23:47
人知れず捨てられて消えて行く名画も多いんだろうなあ
272. Posted by     2012年09月09日 23:49
こんな漫画みたいな話が本当にあるとは
273. Posted by 名無し   2012年09月09日 23:49
絵の価値がどうのと語ってる奴気持ちわりーわ… 印象派は印象で絵を描いてんだから、そりゃリアルな絵ではないよ
しかしそれまで写真のように精密に描くことが良いとされていた芸術の世界に風穴ぶちあけた一派なの
写真が登場して、絵画というものの価値が危ぶまれた時代にそういうことをやってのけた画家達の絵
それだけで価値があるだろ、一般人がどうのとか関係ねーのにぐだぐだ偉そうに言ってるとどっかで恥かくぞ
274. Posted by     2012年09月09日 23:50
和洋問わず美術品にもピンからキリまであるから
一概に比較するわけにもいくまい
275. Posted by    2012年09月09日 23:50
浮世絵は包装紙どころか…
刷って発行されてた時代から買った人たちの鼻紙や尻拭き紙、障子の破れ直し紙とか普通に使われてたよ
それくらい高い水準の絵に堅苦しくなく慣れ親しんでいたって事になるけど…
素晴らしい芸術品浮世絵って祭り上げられてガラス越しに見る現代からすると贅沢っていえば贅沢な時代だよ
276. Posted by 名無しさん   2012年09月09日 23:54
正直、鑑定が正しいのか疑わしいな
ダビンチの美しき姫君が怪しいのと同じくらい
277. Posted by 名無しさん@ネタさか2ch   2012年09月09日 23:55
マスコミとぐるになって贋作を本物にするつもりかもな
278. Posted by    2012年09月09日 23:57
あれ?
オレの方が上手く描けるanswerねーな♪
さすがに巨匠にはビビったかw
279. Posted by    2012年09月09日 23:59
>>273
そんなに大きく語って出るとそれこそ自分が赤っ恥かくと思うぞw
かなり偉そうに語ってるぞ
280. Posted by     2012年09月10日 00:03
何の知識もない人が見ても
よくわからんがこれはすごいって思わせるようなものじゃないと
芸術とは言えないんじゃないかなぁ
281. Posted by アッキー   2012年09月10日 00:03
5 次期、創価学会会長になるアイアムNo.1俺、アッキーはオークションに参戦なんですねぇハートにやにやハート
282. Posted by    2012年09月10日 00:03
アメリカではフリマ専属の転売屋が片手間仕事として成り立ってるからな
こういうケースもある反面、貴重ななにかが人知れず失われ・・・
283. Posted by ななし   2012年09月10日 00:10
日本で印象派語ると美術を知った気になれる風潮だいぶ昔からあるからな
似非美術愛好家の巣窟だよ印象派って
284. Posted by    2012年09月10日 00:14
創価学会の正体で検索 

あの反日売国民主党以上に外国人参政権や人権侵害救済法案や
移民1000千万人受け入れを強力に推進しています。
285. Posted by あ   2012年09月10日 00:16
絵の価値って欲しい人がいるかどうかだからなぁ。
欲しい人のいい値だから、凄さなんてどうとでもなる。
価値があるなら買ってくれって言えば、みんなヨイショ止めるよ。
286. Posted by あ   2012年09月10日 00:17
金銭的価値や歴史的価値を全く考慮しないなら、萌え豚一本釣り絵のが俺には価値あるな。
287. Posted by このコメントは削除されました   2012年09月10日 00:20
このコメントは削除されました
288. Posted by         2012年09月10日 00:24
まあ名前に騙されてると言えばその通りだけど
それ言い出したら絵画の価値なんて半分ぐらいは騙しになっちまうだろう
289. Posted by      2012年09月10日 00:24
母親は見る目あったんだなw
290. Posted by        2012年09月10日 00:26
※280
現実問題、予備知識なしじゃ何がいいのかさっぱりわからんものしか現代じゃ芸術とは呼ばれない
291. Posted by b   2012年09月10日 00:27
絵の値段なんて“画商”が付けるもんだからな
292. Posted by 名無し   2012年09月10日 00:30
無名の画家だったとしても、個人的には好きだな。印象派は淡いけど、前衛芸術なんかよりはよっぽどわかりやすい。
近づいたり離れたり、眼を閉じて頭の中で補完したり、いろいろな楽しみ方ができそうだな。

落札されたお金はまさか発見者にはいくまいね?まさか。そうだとしても受け取らないよね、捨てようとしてたんだから(笑)
293. Posted by 名無しさん@ネタさか2ch   2012年09月10日 00:31
ルノワール的にも「これ描き始めの頃の絵であんま自信ないんだけどね・・・」って奴がいっぱいあるんだろうな
294. Posted by あ   2012年09月10日 00:32
ルノワール「うわぁぁぁ黒歴史がぁぁぁぁ」
295. Posted by Posted by   2012年09月10日 00:34
フリマで買った人にとっては価値がなかったのかもしれないけど
780万円以上で売れそうなんだろ?
だったらそれだけの需要があるってこった
296. Posted by 名無し   2012年09月10日 00:38
ルノアールの絵がいいのってほんの若い一時期だけだろ。後は、人物なんか、量感がぼわんとして、ごろんとして、もわもわしたのとか、変に輪郭線くくっちゃって退行したのとか迷ってるだろ。でもなぁ、あの、銅版画のハッチングとはまったく違う、質をともなったハッチングとも言うべき、調子の作り方。比較的形態におさまったのは良いんだなぁ。キワが柔らかくて光のアラベスクが美しくて。印象派見ると、何故か、良い絵は、素晴らしいハッチングで出来ていると逆に言いたくなる塗り方をしていることがある。アングル先生の生徒たちが印象派に向かった様に、明らかに古い技術の上に立脚している証拠。まぁ、そのエッセンスを感じる風景画なんじゃね。
297. Posted by        2012年09月10日 00:40
絵のことはさっぱりだけど、漫画と重ねて考えていいなら分かる気がする。漫画家の直筆イラストとか、ファンには物凄い価値があるけど、興味ない人にははあ?でしょ。

手塚治虫の直筆とか凄い金出す人もいる筈だけど、漫画に興味ない人からしたら、何これ?になるのと同じ。

例えであって漫画の価値と絵画の価値を同じという意味ではないよ、念の為に断っとくけど。
298. Posted by 名無し   2012年09月10日 00:42
光の洪水だよな。調子の絵だけど、ハッチングみたいな細かいタッチの集積が、ドローイングとペインティングがストロークの元に一つである一端を示しているよな。
299. Posted by 名無し   2012年09月10日 00:45
無教養な馬鹿のせいで名画が減っていく
300. Posted by あ   2012年09月10日 00:51
> 見て何も感じない絵なのに誰々が書いたからという理由で高値になる
> 単なる布切れもスカートの下にあるだけで価値が上がる

哲学だなw
301. Posted by     2012年09月10日 00:51
もしかしてAKBのCDも100年後とかには価値でるかも?
302. Posted by     2012年09月10日 00:51
人が創る芸術とは知識と教養が有って初めて堪能できるもの
つまり金持ちの道楽でしかないよ
303. Posted by AKB推しの名無しさん   2012年09月10日 00:53
描こうとしても、同じものを見てあの絵を描ける人はそうはいないんだろうな、ということは分かる。

俺には細かいことは分からないけど、誰が見てもすごいと思う芸術作品
とは別に、分かる人にだけ価値が分かるものは、たくさんあるんだから
絵画だってそれで凄い単にの金が動いてもいいとは思う。

ただ、死後認められたとか聞くと、画商の匙加減一つ??、本人が可愛そう過ぎるという思いはやっぱり沸く。
304. Posted by このコメントは削除されました   2012年09月10日 00:53
このコメントは削除されました
305. Posted by     2012年09月10日 00:54
たかがこんな一枚の絵にフリマわされるとかないわー
306. Posted by あ   2012年09月10日 00:56
猫に小判
307. Posted by     2012年09月10日 00:58
>>305
面白いw
308. Posted by     2012年09月10日 00:58
まぁ1枚100円のバスタオルに「E.YAZAWA」って書くだけで5000円で売れたりするしねぇ。
309. Posted by 猫又   2012年09月10日 01:03
これ、なんでも鑑定団にもあったわ。自分の絵を入れる為に額コレクションしてたらフリマで探してたら有名巨匠の絵で400万(うろ覚え)だった。中古店で好きな絵(2000円?)買ったら100万位になったのもあるよ〜
310. Posted by     2012年09月10日 01:06
俺が出品者なら怒りをどこに持って行けばいいのやら・・
返してくれんもんかね
断ったらブスッってのはいくらないんでもやりすぎだしなぁ
311. Posted by    2012年09月10日 01:11
>>296、298
まさに知った気で語れる印象派
そのお手本みたいな人たちです
312. Posted by 名無し   2012年09月10日 01:12
※296

うーん、やっぱハッチングってことはないかな。印象派の作品には、トルネードのようなハッチングを感じさせるのが結構あるけど、ルノアールは、ぼけぼけした調子の塗りだな。手数としてはそう言うことだけど、特質をピックアップするとそれだけクローズアップされすぎちゃうな。色の対比がまず飛び込んでくる絵が多いもんな。ごめんごめん。
313. Posted by このコメントは削除されました   2012年09月10日 01:13
このコメントは削除されました
314. Posted by    2012年09月10日 01:14
知ったかが語りはじめました。
315. Posted by 名無し   2012年09月10日 01:22
※311
良いのは、わりと画面と平行に色塗ってる感じなんだけどなぁ・・・そうじゃないのも多いでしょ。
316. Posted by あ   2012年09月10日 01:25
巨匠の作品は芸術品としてだけでなく、絵画史や巨匠自身への研究材料でもあるから、ネームバリューとかあたりまえ
絵面の値段だけじゃないよ
317. Posted by    2012年09月10日 01:27
以下、名無しさんの印象派ぬり絵談義になるのかなあw
318. Posted by     2012年09月10日 01:32
やぁ、とても素敵な額縁ですね
…絵の価値なんか全然分かんねぇやw
319. Posted by    2012年09月10日 01:36
※316
研究者がいる美術館などに収まるならそうだろうが
オークションに参加するいわゆる金持ちのコレクターにはそんなこと知るか関係ないって部分の話だな
320. Posted by イチ押しはモーリス・ユトリロ   2012年09月10日 01:51
これまで50回くらい美術館で絵を見たが、正直ルノアールは下手の部類。
女好きなのが多少ぼかして書かれてるだけの作品多いし、色彩の合わせ方にも個性がない。何故あれほど人気なのか理解しがたい。
同じ印象派なら、マネやゴッホのほうがよほど鋭いものを持っている。

従って絵は捨てられても仕方なかったと思いマスww
321. Posted by 名無し   2012年09月10日 01:53
※317
あやまります。

ハッチングと言うと、普通、彫塑的な要素です。

あの色味感じさせる塗りってのは、調子だろうってことで言いなおしたんだけど。

調子ハッチングとか、画面のハッチングとか、勝手な複合語を使って印象派を考えてる内に、妄想の世界に居たっす。
322. Posted by アッキーはアク禁にしろよ   2012年09月10日 01:55

はよ創価学会会長なってみろや
いつまで言ってんだよ
冗談は顔とデカ鼻だけにしろよ(笑)

323. Posted by     2012年09月10日 01:59
なんでこの元スレの奴らは、一人の判断(捨てようと思った)でこの絵の価値が全て決まると思ってるんだ
324. Posted by     2012年09月10日 02:33
よく数億〜数十億の絵画がどうとかニュースでやってるせいか
740万て値段が安く見えるから困る
325. Posted by    2012年09月10日 02:36
ブックオフで100円で投げ売りされてる漫画が
ネットオークションで3000円で売れたりするからな
人の価値観は人それぞれ
326. Posted by    2012年09月10日 02:57
Toloveるのお風呂ポスターがオークションで10万円くらいの値がつくくらいだからな。
アレだって好きじゃない人は「なんでこんなものに…」って感じだろ
結局ファンアイテムなのかねぇ、ルノアールの絵だから、って事で、ルノアールの絵が好きな人が買う。
しりあがり寿の絵だってファンじゃなければ「なんじゃコレ」だけど、好きな人は眺めてたいんだろうし。
327. Posted by    2012年09月10日 02:59
捨てようと思ったってのがほんとの価値って言ってる人は価値ってものに対する認識がおかしい

その理屈ならモンローやマイケルの生前の愛用品やサインどころか母ちゃんの形見なんかもよく知らない人からすればただの中古品だし落書きなんだからそれがほんとの価値って話になる
というかこの件でも古い額に興味ない人からすればただのゴミだしそれがほんとの価値だとするならじゃあこの女性が感じた価値は本物じゃないのって矛盾が生まれる
だからその価値って言葉の定義自体がおかしい

そもそもが研究材料的な視点を省けば主観で価値があると感じる人間が多い=値段が上がるって図式が前提となってるのに価値を感じない人が価値を感じないから価値がないって意味不明すぎだしズレまくってると思う
価値が理解できないってのも人間それぞれなんだから当たり前だし皮肉にも何にもなってない
多くの単なる主観の集合体をその大きさに絶対的な価値と勘違いしてるだけなんだろうけどそこを勘違いするって事自体理解できない
328. Posted by 読者小笠原、コメントをする   2012年09月10日 02:59
絵の値段を馬鹿にする気持ちも分かるが、
「美の歴史」の記録としての価値は
きちんと認めるべきと思う。
329. Posted by     2012年09月10日 03:13
今回はセーフだったものの
こんなふうに捨てられて歴史から消えた作品って多そう
330. Posted by    2012年09月10日 03:36
どんなものでもある一定の水準を超えると素人にはわからなくなる
331. Posted by     2012年09月10日 04:51
素人判断されてそれが実際の価値だ!っておかしいよな
にわかが糞認定したらそれは本当に糞アニメなんだっていってるようなもん

日本には絵が分からん・興味ない奴が多すぎるってだけで
それは世界的には一般的でないし、金持ちが道楽で高値つけてるわけではない
332. Posted by xxx   2012年09月10日 05:36
名人の作が全部名作とは限らないんですよ?
適当に描いた絵が持ち上げられると、描き手が 恥ずかしくなるから止めて;
333. Posted by 価値観は人それぞれ   2012年09月10日 06:13
一方、日本人は同じ趣味のオッサンが描いた絵と結婚した
334. Posted by あ   2012年09月10日 06:35
みろよ猫が小判に見向きもしないだろ?!小判なんか本当はその程度の価値なんだぜ〜!小判リスペクト厨ざまぁwwww高尚乙wwwwwwww
335. Posted by アッキー   2012年09月10日 07:04
5 次期、創価学会会長になるアイアムNo.1俺、アッキーフリマじゃなくてブルマ好きなんですねぇハートにやにやハート
336. Posted by    2012年09月10日 07:07
額縁あわせてせいぜい原価1万円程度だろ
337. Posted by このコメントは削除されました   2012年09月10日 07:50
このコメントは削除されました
338. Posted by     2012年09月10日 08:35
すぐ原価とか言い出す無職はなんなの
339. Posted by     2012年09月10日 08:37
ルノアールってセザンヌと仲悪かった人?
340. Posted by 名無しさん   2012年09月10日 08:44
どうしてフリマに流れたんだろう
そっちのドキュメンタリーのが興味あるわ
341. Posted by 名無し   2012年09月10日 08:47
53いい事言った。

絵画の写真は超劣化版コピーだよ。
印刷技術が上がって、そこら中のポスターに写真が載ってるけど、むしろ害悪。
写真観ただけの人達が「価値なし
!」と叫ぶのは、むしろ妥当な審美眼を備えているとも言える。

絵の良さって、実際に観ないと全くわからんのよね、ホントに。
342. Posted by    2012年09月10日 09:08
確かミレーも生前は全く無名で
物凄い貧乏だったんじゃなかったか?
あと、新々刀最上作の源清麿も
今でこそ小説の題材にされるくらいだけれど、生前はたいしたことなかったらしいしな。
343. Posted by あ 名無し 名無しさん   2012年09月10日 09:26








オレの自演連厨どぉ今日も朝から張り付いてるおw名前は他にも色々あるおwざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁ
344. Posted by あ 名無し 名無しさん   2012年09月10日 09:26








オレの自演連厨どぉ今日も朝から張り付いてるおw名前は他にも色々あるおwざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁざまぁ
345. Posted by     2012年09月10日 10:26
誰も損してない、いい話(売った人の気分は知らんw)
346. Posted by    2012年09月10日 10:32
匿名の個人の感情にけちつけてもなんも意味ね〜
せいぜいどっちが多いかな〜ぐらいよね
俺はどちらも正しいと思うよ
文句言ってるのは、違う人間を受け入れられない人だね
教養が〜とか言ってるのは自己顕示欲の現れだね
347. Posted by    2012年09月10日 10:41
趣味で書いたみたいなおばさんの絵がよいと思ったり、とても有名な画家の絵が、全くわけわからなかったり、単に作品を眺めるだけなら人それぞれでいい分野。
絵画には(作品のできなどどうでもいい)投機目的のオーナーもいるからな。
348. Posted by      2012年09月10日 10:44
ものの価値がどうこう言ってるが
金がありすぎて金の使い道に困ってる金持ちの
金を使う理由になれたら値段が跳ね上がるだけでな
金持ちに愛されたら勝ち
349. Posted by 名無しの鬼意山   2012年09月10日 10:45
興味ない人から見た目線の名画なんてこんなものだな
350. Posted by このコメントは削除されました   2012年09月10日 10:57
このコメントは削除されました
351. Posted by      2012年09月10日 11:40
ルノアールの絵って“喫茶店ルノアール”から盗んだ絵が見つかったと言ってるのかと思った。
352. Posted by みらいなう   2012年09月10日 12:09
平和のCMでもみておっきしたんか?
353. Posted by     2012年09月10日 12:26
芸術家が死後に評価されるのってなんでだろうね?
生きてるうちに評価してやれよ
354. Posted by w   2012年09月10日 13:28
実際額の値段も相当なもんだとおもうぜ。
だいたい絵に合わせた相場だ。
百二十万の絵を買ったとき知ったわ。
355. Posted by     2012年09月10日 13:32
物の価値って、本当に人によっても時間の経過によっても変わるんだなー。フリマに出品しちゃった人なむい……
356. Posted by あ   2012年09月10日 13:49
>>353絵だけじゃなく芸術の評価は時代に受け入れてもらえる運の良さとかもあるからね。発表した当時に酷評されたものでも何十年後かに時代の空気と噛み合えたら評価されたり。
現代美術とか素人にはこの絵よりもっとわからん。
357. Posted by 名無し   2012年09月10日 13:51
※321
調子って言うか、モチーフの形に準じた色面なのな。色味のこと、昔、調子調子って呼んでたから、昨日、癖でそう書いちゃったけど、言葉遣いが恣意的だったよ。塗り自体は、画面の面を意識してるもんなぁ。
358. Posted by    2012年09月10日 15:32
同じ画家が描いても習作ならピンキリだもんね
確かにこの額ぶちはかっこいいしw
359. Posted by ななし   2012年09月10日 15:36
時代が進めば今の画家よりもっとすげーのが出ると思って評価されないんだよな

あの時代にMOMAがあったなら長生きしてもっと凄い絵があっただろうな
360. Posted by 名無しのポケモンマスタ−   2012年09月10日 16:17
芸術なんてそんなもんだよ
ルノアールの絵だから価値があるだけで
描かれている絵そのものは価値なんてないんだし
361. Posted by 名無しのポケモンマスタ−   2012年09月10日 16:19
※353
絵に価値があるんやない、後世の人が価値を付けるんや
そういう場合死んだことに価値があんねん
362. Posted by    2012年09月10日 17:15
歴史的資料としての価値しかないだろ
この時代には、こんな画材使ってたとか‥‥
363. Posted by 名無し   2012年09月10日 18:41
確かに目を奪われるのは額縁の方だな
364. Posted by このコメントは削除されました   2012年09月10日 18:58
このコメントは削除されました
365. Posted by    2012年09月10日 19:38
歴史的資料? あはは、おもしろい、おもしろい。
ルノアールが描いたという商業的価値しかないのだがw

芸能人や偉人のサインと同じ

366. Posted by 名無し   2012年09月10日 19:43
言ったってデッサンやらなきゃ、描ける様にならないから大丈夫だよ。
367. Posted by Port 774さん   2012年09月10日 20:07
家族の写真でもかざるんだろ
368. Posted by     2012年09月10日 20:17
>>365
喩えが変。

究めて有名なプロの画家が書いた絵画に相当する
芸能人の生み出した何かは、
ただのサインじゃなくて、主演映画とかだろ。
369. Posted by    2012年09月10日 21:54
適当な出来損ないみたいな絵でも、有名な画家になると捨てられずに衆目に晒され続けるわけか…
370. Posted by     2012年09月10日 22:46
捨てられたらその時点で誰か気付くだろ

しかしメリケンは大ざっぱすぎるな
371. Posted by あ   2012年09月10日 22:59
絵の価値なんかその人相応でいいんじゃね。この女の人にとっては捨てようとするぐらい興味ないレベル。金になるから所有してるだけ。
372. Posted by 名無しだよ   2012年09月10日 23:29
いろんな額縁があるんだね
373. Posted by    2012年09月11日 01:21
イギリス人が書いたという「迷い猫」のチラシの方が価値がある・・

っていうか話題になれば勝ちなので、きっとこの話題作りは嘘だろうと思う
ニュースにした記者はいくらもらったんだろうな

持ち主が自己申告しなけりゃ絶対に話題にもならない事だろ?
374. Posted by 名無   2012年09月11日 02:51
オークションに出品してるんだから記者の目に触れてもおかしくないだろう
375. Posted by 名無し   2012年09月11日 05:30
捨てなくて良かったね。

376. Posted by     2012年09月11日 08:52
見た人に応じて価値が変動するってことだと思う。
この人は額縁>絵だからこうなっただけ。
377. Posted by     2012年09月11日 11:09
※339
大通りで壮絶な絵描き合戦とか?
378. Posted by     2012年09月11日 13:17
ルノアールでも
できが良くないから余り高くないよね
マジで名前だけで付いた値段だな
379. Posted by あ   2012年09月11日 23:07
価値は様々だ
いつサービス終わるか解らない携帯ゲームのカードデータ如きに一枚当たり数万使う馬鹿が大勢いるくらいだからな
380. Posted by 名無しさん。   2012年09月12日 02:01
>>365
ルノアールだったら彼がどの時代にどんなサインを書いていたかだけでも歴史的資料だろww
381. Posted by     2012年09月12日 20:36
正直カビが生えてるようにしか見えない
382. Posted by    2012年09月13日 15:33
※380
歴史的価値のその部分言い出したら別にルノアールじゃなくたっていいんだけとなw
逆にルノアールじゃないほうがいいと思うぞw
絵画史的な歴史的価値として見たらね
383. Posted by あ   2012年09月13日 19:50
そんな事がアルノール
白血球減少理由は原発汚染電力使用のマイクロウェブ。主犯は从群姨闇請負会。从群姨闇艀会。結果、寄生虫疾患はエボラ出血熱から人喰いバクテリアに変異。更に世界中が子供が作れない体になった。日本以外にご確認下さい。
A(E)rena Lancasta Oda Medici Vintevecom Vallantine Brown Yokohama Zaoh Toyama Rminmartin 条約絶対のEleonora de' Medici.とは禁酒法他 何でも実行、禁止が出来る特権を持つ唯一無二の人間らしい。居なくなると条約も特許も通貨も預金も凍結…使用出来なくなる。掟頭=弖十(Ten10)=優多野手頭=野祀燦(讃) νξδεζηθ еёЬЭЮЯХЛθ
元天皇家 織田繪璃奈(横濱・野島えり) 七本指の龍から麒麟になった者。
385. Posted by このコメントは削除されました   2012年09月21日 19:00
このコメントは削除されました
386. Posted by China Wholesale   2012年10月15日 14:58
ああ、いい額縁だ
絵なんて有名だろうが高価だろうが気に入らなければゴミと変わらん
387. Posted by OBD2   2012年10月15日 14:59
捨てられたらその時点で誰か気付くだろ

しかしメリケンは大ざっぱすぎるな
388. Posted by Car Diagnostic Tool   2012年10月31日 12:13
ェスト40cmみ
389. Posted by العاب سبونج بوب   2012年11月17日 15:56
見た人に応じて価値が変動するってことだと思う。
この人は額縁>絵だからこうなっただけ。
390. Posted by あ、これぷ   2012年11月26日 14:24
素敵な話ですね。
391. Posted by automotive diagnostics   2012年11月30日 17:44
報告書は、2002年には、原子力の安全評価の後、日本側が保護措置をアップグレードし、強化するために始めたが、危険な状況の津波とその関連タイプの壊滅的な影響に対処することがまだ十分ではない、と述べた。福島第一壁5.7メートル高い、と3月11日の地震は、津波、最大14メートルの原子力発電所の影響を引き起こした。
392. Posted by Agen Bola   2013年01月30日 04:56
だからこうなっただけ
393. Posted by wow gold   2013年02月06日 18:56
なんて棚ぼた
394. Posted by Bank Mandiri Bank Terbaik di Indonesia   2013年02月07日 23:43
780万なら間違えて売っても心の整理がつくな。
数十億なら自殺を考えるレベル
395. Posted by Digital Areas   2013年02月14日 01:54
海外ってたまにこんな一攫千金みたいな話あるよな〜
ウラヤマシス…
396. Posted by Kumpulan Tips dan Cara   2013年02月14日 01:54
なんて棚ぼた
397. Posted by Perucken   2013年03月09日 11:59
普通に見つかったって言うと怪しまれるから、フリマで見つけたってことにする
398. Posted by cheap Lindy 34cm   2013年03月22日 22:20
地球は丸いので、緯線の長さは赤道が最大で極に近づくにしたがって短くなりますが、メルカトル図法では全ての緯線を赤道と同じ長さに拡大します。経線もそれぞれの緯線の拡大率に応じて拡大します(図1参照)。経緯線の拡大率が等しくなるので、それらがなす角度も等しくなります。 l4dGU67NHk101ruAG7Epr09JoBW3YIMgolv8WGxaCPKn63jEDnx48H7KXcYOXtlokdkoI7てくる粗製濫造期でしっかり耐性つい
399. Posted by ralph lauren pas cher   2013年04月09日 22:55
警察庁は「自白の誘導や強要はなかった」と検証結果を公表しているが、警察検察の取調室の具体的なやり取りはひとつも公表されないままだ。横浜市のホームページに小学校襲撃予告を書き込んだとして神奈川県警に誤認逮捕された男子学生(19=当時)に対して昨年10月、保土ケ谷署や横浜地検は自宅を訪れて謝罪した。 ERFZI1U2vDXaooHoDqrNhHAU0elZa7zNJ5QCyurQCaL0LHLC4WOpXSdDZi2YpDkH2CxR7Zてくる粗製濫造期でしっかり耐性つい
400. Posted by Free Running Cheap UK   2013年04月17日 14:44
3 私はより多くの場合よりフィードバックを購入。あなたは個人的に自分自身にあなたを許すべきか?我々は管理ポイントをadmirことはよ!
401. Posted by g20シリーズ   2013年06月17日 12:55
やらせまんさい
402. Posted by と   2013年06月17日 14:57
日本でこういうことが起きないのはフェロノサetcのせい
403. Posted by 涙を流している笑顔   2014年07月03日 17:29
生まれつきの性質を持っているモーツァルトは、五歳の時少年でませています。けど、三十歳の時子供のようにいたずらです。そんな人は創作した音楽は純粋な子供そうです。
現在、凡人と天才の対立はどこでもありますね。凡人はいつも不平をこぶします。でも、多数が公平ではないかな。モーツァルトは幼いから天才のラベルをつけました。自由や平等を求めて、ずっとヒマワリを持って楽観的な人です。こ生活の困難は黙って涙を流されているのに、いつも笑顔で生活の挑戦に面します........
404. Posted by これはやっただろ   2015年05月21日 05:55
5 >本人が留守中に燃えるゴミに出したお母さんの話を思い出した
その話は初耳、ちょっと気になる
良く似た話なら漫画集めが趣味の主人が留守中に妻が勝手に手塚治虫の初版「新寶島」を捨てたって話しなら知ってる
405. Posted by Pendaftaran PTN   2015年10月03日 00:54
1 フリマで掘り出し物をゲットしたためしがない
Pendaftaran PTN
406. Posted by Lowongan Kerja Bogor   2016年02月03日 23:24
羨ましい
フリマで掘り出し物をゲットしたためしがない

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
このブログについて
このブログについて

ブログランキング

livedoor


このブログ内を検索
WWW を検索

スポンサードリンク
Archives
おすすめ
Recent Comments
スポンサードリンク