ブログのトップへ

2014年04月26日

江崎玲於奈氏 「就学時に遺伝子検査を行い、才能に見合った教育をしていくべき。無能は教育するだけ無駄」

1 名前: レッドインク(やわらか銀行)@\(^o^)/:2014/04/26(土) 14:04:39.99 ID:m0tSRLBm0.net
江崎玲於奈教育改革国民会議座長の本音 「教育改革に優生学導入」の危険
華麗な学者・教育者歴の一方で江崎座長の教育観は、しかし、ほとんど知られていない。多くのメディアが直接本人に取材しているにもかかわらず、 どういうわけか、肝心な部分が報じられることはなかった。

何よりもまず、私が“個性重視の教育”の具体的イメージを尋ねた際の、彼の回答を紹介しよう。「人間の遺伝情報が解析され、持って生まれた能力がわかる時代になってきました。これからの教育では、そのことを認めるかどうかが大切になってくる。僕はアクセプト(受容)せざるを得ないと思う。

ある種の能力の備わっていない者が、いくらやってもねえ。いずれは就学時に
遺伝子検査を行い、それぞれの遺伝情報に見合った教育をしていく形になっていきますよ」

江崎座長は、そして「優生学」を口にした。
「遺伝的な資質と、生まれた後の環境や教育とでは、人間にとってどちらが重要か。
優生学者はネイチャー(天性)だと言い、社会学者はノーチャー(育成)を重視したがる。
共産主義者も後者で、だから戦後の学校は平等というコンセプトを追い求めてきたわけだけれど、
僕は遺伝だと思っています」

http://www.elneos.co.jp/012sf1.html

25: 膝靭帯固め(神奈川県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:17:21.51 ID:yflRvPPa0.net
デスティニープランですね

32: 不知火(家)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:21:16.14 ID:8zXz38oD0.net
ガタカだな

2: 16文キック(群馬県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:05:43.96 ID:lYGjGrPY0.net
PSYCHOPATHの世界かw

6: シャイニングウィザード(愛知県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:08:38.09 ID:7Bed4oAT0.net
優生学でいくなら、まずは障害者安楽死計画からだな・・

7: 急所攻撃(長野県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:08:44.65 ID:cObcyBTd0.net
適材適所に配置できれば最高だろうけど、
欲がある限り不可能だと思うわ。

12: ジャンピングパワーボム(群馬県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:11:49.57 ID:6a/1cnJl0.net
遺伝子の結果によってやりたくもない仕事しろってか
氏ねカス

18: 中年'sリフト(dion軍)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:15:13.28 ID:FFKX9+IL0.net
これは正しい。
オリンピック選手を見れば明らかだし、学校でも数学や物理がとても苦手な生徒に
理系の科目を無理矢理勉強させても何の意味も無い

19: オリンピック予選スラム(大阪府)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:15:26.22 ID:ZyvrIbZ70.net
天才と馬鹿が
小学生で6年間同じクラスちゅうのもあれやな

26: スリーパーホールド(北海道)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:18:08.34 ID:qy/CmLaW0.net
向き不向きを突き詰めるならこれが効率的だよな

27: ニーリフト(アメリカ合衆国)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:19:03.21 ID:hWMp0QyO0.net
ごもっとも!
個人の能力・個性を全く無視して画一的な教育は歪みを産むだけ!

28: エルボードロップ(滋賀県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:19:40.89 ID:G5y1KnAS0.net
馬鹿だからこそ教育を施さなきゃいけないんだが
高等教育のことを言ってるのならある程度の偏差値の大学以外を潰せばいいだけじゃないの?

29: ジャンピングパワーボム(熊本県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:20:33.90 ID:Kk7kl2Li0.net
ガンダムの見すぎだろw

33: エルボーバット(滋賀県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:21:28.37 ID:Hp6UFEdm0.net
遺伝子の優位性なんてそこまでわかるほどすすんでないだろ

37: キャプチュード(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:23:03.89 ID:2kSJ/9pi0.net
人間を人間が判断する限り問題が起こるだろ
それをやっていいのは全能の神だけだ

38: ラダームーンサルト(チベット自治区)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:23:48.34 ID:oalxwmvW0.net
遺伝子レベルでスポーツに向いているか頭脳労働に向いているかくらいはわかりそうだな
日本の教育がいいのは国民全体が一定レベル以上の学力を持っていることだからな
一定レベルの学力を担保することにより民度を保つことができる

41: チキンウィングフェースロック(埼玉県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:25:47.16 ID:F7XdgTM/0.net
無職に向いてる俺には食肉処理でも施して貰えるのか?

42: シャイニングウィザード(宮城県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:25:54.44 ID:wK/cjVv30.net
これは正論
人間は産まれた時点で能力値の最大は決まってる
努力じゃ乗り越えられない壁

43: キングコングラリアット(東日本)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:25:59.34 ID:/fvPMoFl0.net
こんなのやったら国同士で人材の取り合いやるだろ
政治センスねーだろこの人

44: 急所攻撃(長野県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:26:08.80 ID:cObcyBTd0.net
SFみたいだけど、カネの概念をなくして
振り分ける側もコンピューターみたいに
しがらみがないとできないだろうな

47: ドラゴンスープレックス(東京都)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:29:54.75 ID:tgiSRrLz0.net
下っ端庶民はともかく、官僚は政治家とか
多数に責任がある立場に着く人間には遺伝子検査を強制して
向いていない人間は排除した方がよいと思うけどね

48: フォーク攻撃(dion軍)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:30:02.93 ID:djWRryU60.net
こういうのは馬鹿な子供を持った富裕層や政治家が全力でやめさせるから大丈夫だー

51: キドクラッチ(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:31:02.36 ID:9xrzdGFS0.net
無能過ぎて何しても有害ってでたらどうすんの

52: アルゼンチンバックブリーカー(WiMAX)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:31:14.73 ID:VPrDd2yl0.net
まあ本来は高卒クラスのアホが大学卒業して
大卒枠で就活しても意味はないと思うな
アホはアホなんだから兵隊として働けばいい
そっちのほうが社会にとってもプラスになる

58: キドクラッチ(WiMAX)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:36:41.06 ID:tnfgXPpd0.net
教育って馬鹿を一般人にさせるのが大事だろう

59: レインメーカー(埼玉県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:37:09.46 ID:5BMpqbZ70.net
「正論」とか「その通り」とかいってるやつは真の馬鹿。
どの遺伝子がどうなってると、他の人間と比べてどのような分野で
優秀な力を発揮できるのか?っていうことが全然解明されてないのに、
「遺伝子別で教育しろ!」とよくいえるなw

219: 男色ドライバー(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 16:17:24.97 ID:uKL83vpA0.net
>>59
だいぶ解明されてきたから、完全に解明されたらそうなるだろう、
って前提で語ってるのくらい読み取ってくれないと

60: 逆落とし(catv?)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:37:14.97 ID:cqcWeRwp0.net
人間に感情ってものがなくて机上の計算通りに動くのならこれが一番効率いいだろうな。
まあなんというか典型的な学者馬鹿ですよね。

62: 中年'sリフト(dion軍)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:38:03.03 ID:FFKX9+IL0.net
農作物の品種改良を見ても、こいつの考え方が正しいのは明らかだろ

63: タイガードライバー(東京都)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:38:15.51 ID:04G1uqiT0.net
大都市圏の学校は分けた方がいいかもしれんね

65: マシンガンチョップ(チベット自治区)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:38:44.81 ID:0P6pQ7Uo0.net
まぁ
「勉強を続けることが出来る」
ってのも一つの才能なんだけどな

67: アキレス腱固め(東日本)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:39:08.00 ID:0kMfjpwt0.net
まあ気持ちはわかるけど江崎さんは遺伝子のことは良く知らないみたいね

68: シャイニングウィザード(宮城県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:39:24.01 ID:wK/cjVv30.net
競走馬の血統をみても
こいつの考え方は正しい

71: エルボードロップ(滋賀県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:40:25.69 ID:G5y1KnAS0.net
>>68
スポーツ選手はそうかもしれんね

73: 中年'sリフト(dion軍)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:41:42.33 ID:FFKX9+IL0.net
純粋な日本人ではどれだけ努力しようと永遠に室伏に勝てない
こんなのは誰でも分かる事

74: 男色ドライバー(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:42:03.91 ID:rx7sgA2X0.net
つってもエジソンみたいな奴もいる訳で・・・
見極められるレベルにまで遺伝子で語られるようになるには
俺らの生きているうちはとても無理だと思う

76: ファイヤーバードスプラッシュ(兵庫県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:42:39.36 ID:5lGgyFDU0.net
頭の良さだって努力だけじゃ埋まらない壁あるからな
学歴システムは努力でなんとかなるようにできてるけど

77: 中年'sリフト(群馬県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:42:46.50 ID:SQFW7ae50.net
すげえキチガイ発言なのは本人気づいてるのかな

78: キャプチュード(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:42:55.08 ID:eW5P4Z130.net
金持ちの子供で全く才能ないのに、塾だ習い事だと
毎日のように無理矢理やらされてるのは可哀想。

79: ミドルキック(沖縄県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:43:37.04 ID:GFU6+VWd0.net
遺伝子で人生決められたら堪らないな

83: ダイビングヘッドバット(catv?)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:45:29.37 ID:JG+BjUCA0.net
おれちょっと頭悪いから
遺伝子組み換えしてくるわ
とか
おれちょっと性格が暗いから
遺伝子組み換えしてくるわ
という時代が来るかもな

85: ファイヤーバードスプラッシュ(兵庫県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:46:56.70 ID:5lGgyFDU0.net
遺伝子って説明書みたいなもんで
説明書書き換えたって製品が良くならないみたいなことないの?

86: ジャンピングDDT(北海道)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:47:39.79 ID:OLTv2P8K0.net
遺伝ていうか5才くらいまでの環境で決まる

87: 中年'sリフト(dion軍)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:47:45.80 ID:FFKX9+IL0.net
塾の教師とかやれば、いくら教えてもどうにもならないバカなガキがいる事がしみじみ分かるぞ
平等とか理想論を言うのは世間知らずのアホ

90: パイルドライバー(群馬県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:48:19.90 ID:hUbca+9w0.net
残念ながら、まだ経験>>>才能だろ
才能がある奴が1の勉強でやれることを
才能ない奴は3勉強しないといけないだけ。
そしてやってるうちに才能面もどんどん伸びてくる

てか今の科学レベルじゃ
まだまだ遺伝子選別で大成功!なんて夢のまた夢だぜ

93: アルゼンチンバックブリーカー(大阪府)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:49:55.28 ID:aMHtgUtE0.net
遺伝子検査は希望するものだけが受けられるようにするべきだろ

94: ストレッチプラム(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:49:57.11 ID:6lN65DDs0.net
これホントそうだわ
わしは勉強すればそこそこ点は取れたけど暗記に強いだけだし
職業訓練詰んでさっさと就職するのがベストやった

95: 目潰し(dion軍)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:50:57.04 ID:F/H2fGsC0.net
全く審査や試験をせずに各人の最適なルートへ勝手に進ませてくれるならやってくれ
こんな楽なことは無い

96: シャイニングウィザード(宮城県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:51:06.01 ID:wK/cjVv30.net
人間を生産動物と考えたらどうだ?
牛、馬、豚と同じ生産動物

病気になりにくい遺伝子、早く育つ遺伝子、おいしい肉の遺伝子
これを繰り返し発展させたのが畜産業
つきつめると、俺らの精子は不要になるんだが
農場を国と考え
国を経営して発展させるなら普通の発想

98: ミッドナイトエクスプレス(和歌山県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:51:24.64 ID:fnppZGe80.net
お前らの大好きな選民思想

100: ダイビングヘッドバット(catv?)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:52:59.22 ID:JG+BjUCA0.net
頭の能力なんてほとんどの奴は
さしてかわらない
努力することができる奴のことを
才能があるっていうんだぜ

105: マスク剥ぎ(WiMAX)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:54:15.22 ID:rIj9V85v0.net
遺伝子操作して生ませた方が早い

って周りに言わせる誘導だな
ひどいなこりゃ

106: カーフブランディング(大阪府)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:55:26.80 ID:ByZ8Bya90.net
全体主義に繋がるからダメだし、優秀な人間の精子を集めた精子バンクから天才が現れた
という話は聞いた事が無い

112: ファイナルカット(東京都)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:59:13.58 ID:/0Hhju7l0.net
じゃあ遺伝子操作した優秀な人間を量産すりゃいいだろーがって話になる

113: 中年'sリフト(dion軍)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 14:59:17.43 ID:FFKX9+IL0.net
農作物や畜産分野での品種改良は人類に多大な利益を与えていることは明らかなのに、
人間には当てはまらないと考える奴はアホ。
ガンや糖尿病になりにくい体質の人間を作ることには大きな意義がある。

118: ファイナルカット(東京都)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:01:43.98 ID:/0Hhju7l0.net
>>113
俺達はウシや麦なのか?って話
俺達を収穫するヤツがいるならそうなんだろう

115: アルゼンチンバックブリーカー(大阪府)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:00:35.70 ID:aMHtgUtE0.net
人間は才能と周囲の環境で全てが決まる
優生学に基づいた子供を創り、完璧な環境下で最高の人種を創り出すことがよい
最高の人種には産まれながらに国家を導く役割を与えて、国民は従来通りの遺伝子検査
を行わない普通の生活をすればいいだろう

160: シャイニングウィザード(宮城県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:28:08.53 ID:wK/cjVv30.net
>>115
それは全否定する
どんなに周りが優秀で素晴らしい環境でも
適応できない

162: ミラノ作 どどんスズスロウン(埼玉県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:34:04.45 ID:RFGpVKUu0.net
>>160
そもそも、「完璧な人間とは何か」が分からないと判別できない気がするんだよな
それが人によってバラバラだと意味が無いだろうし

119: キャプチュード(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:01:49.03 ID:6uQ5hTv+0.net
品種改良宜しくデザインドヒューマン作るより
外部装置でブーストした知能と肉体を持った
サイボーグを考えた方が
倫理的には義肢や人工心臓の延長と主張しやすい分現実的だろ

121: ネックハンギングツリー(dion軍)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:02:00.14 ID:gLExRFtG0.net
一歩間違えばナチズム

124: チェーン攻撃(東京都)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:02:28.13 ID:uCWQAKJw0.net
評価する人間をまず選別した方がいいな
天才の芽を摘んでるバカどもを

132: ミラノ作 どどんスズスロウン(埼玉県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:06:18.80 ID:RFGpVKUu0.net
>>124
人間が評価すると必ず恣意的になるので無理かと・・・
コンピューターで機械的に判断ならできそうだが
凄い管理社会になりそうだけどw

138: アトミックドロップ(神奈川県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:10:25.52 ID:b3fqfQ+e0.net
>>132
コンピューターはエジソンやアインシュタイン、スティーブジョブズを見抜けずに抹殺するだろう。

137: シャイニングウィザード(宮城県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:08:48.48 ID:wK/cjVv30.net
今までは池沼を手厚く支援する福祉国家が優秀みたいな風潮だったが
池沼を作り出さない国家にするほうがいいだろ

139: アキレス腱固め(チベット自治区)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:12:19.68 ID:uQxmlCG70.net
まあ賛成だな
下手の横好きで楽しむぶんには、個人でなにやって努力してもいいと思うけど
プロスポーツの世界なんてとくに素質がないと無理でしょ
頭脳の天才はそれに合わせた英才教育や飛び級制度をしてやるべきだと思うし

141: キン肉バスター(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:12:59.99 ID:dnjYxwlZ0.net
共産圏ならもうとっくにやってそうw

147: キングコングラリアット(チベット自治区)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:17:49.41 ID:70Jsh63B0.net
どの遺伝子が何に向いてるってどうやって判断できんの?

154: リバースパワースラム(dion軍)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:24:16.26 ID:SOfgga7O0.net
いずれはって言ってるんだから遺伝子で適正判断出来るような時代になったらの話だろこれ?
ならいいんじゃないの
向いてない事必死にやるよりは向いてる事やり込んだ方がいいでしょ
何も向いてなかったら単純労働すればいいだけだし

156: ファイナルカット(東京都)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:26:58.91 ID:/0Hhju7l0.net
つーか種としての多様性はどうなるのっと
どいつもこいつも高身長で韓国整形顔みたいな「イケメン美女、標準タイプ」みてーなツラで
ノシノシ歩いてりゃええんけ

159: アイアンフィンガーフロムヘル(家)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:27:36.38 ID:rFrUhqFu0.net
可能性の有無を判別できるだけだろ
才能があっても発揮できない人間だっているだろうし

161: ミラノ作 どどんスズスロウン(埼玉県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:31:23.48 ID:RFGpVKUu0.net
>>159
本当に確認のしようが無いその時点で可能性の有無を判別できるのだろうか・・・

165: キン肉バスター(奈良県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:36:03.87 ID:z5dktXbw0.net
個々人の幸せより人類という種の繁栄を望む社会とか
なんでそんな崇高な使命を未来の子供達に勝手に背負わすのw

182: 稲妻レッグラリアット(チベット自治区)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:48:34.62 ID:uBZVGtmi0.net
学者として一つの答えではあるんだろうが
危なっかしい考えだな

185: トペ コンヒーロ(大阪府)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:50:08.49 ID:xJ/cDh910.net
産む前に選別した方が早いだろ

187: ファイナルカット(東京都)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:53:28.68 ID:/0Hhju7l0.net
少年A「サッカーやりたい!サッカー選手になるんだ!」
江崎「いや、お前にサッカーの才能は無い、遺伝子的に決まっている。
お前はバグパイプ奏者の才能があるから毎日練習しろ、これは命令だ」
少年A「…」

少年B「僕は勉強して科学者になるんだ!」
江崎「いや、お前は知能の発育は望めない、お前は嗅覚に問題があるから
下水の修理工かバキュームカーの運転が向いている、中学を出たらすぐ就職するように」
少年B「…」

191: リバースネックブリーカー(西日本)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:55:49.53 ID:HIhEBYIv0.net
無駄な教育させられるより
金もらったほうが幸せってか

195: ファルコンアロー(宮城県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:59:43.56 ID:fUh42P0v0.net
野球に日本のフィジカルエリート大集合してるのがもったいないから
スポーツには是非とも適用してくれ

198: ファイヤーボールスプラッシュ(栃木県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 16:04:02.50 ID:zuCGzJCt0.net
まじめにきっちり授業受けて宿題もやってるのに微妙な成績のやつとか
小学生から野球やってて毎日休まず練習してるのに万年補欠のやつとか
見てるほうもつらいんだよ

201: レインメーカー(チベット自治区)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 16:05:07.83 ID:3RF5JCeE0.net
野球の才能はない。でも野球の監督の才能はある
そんな判定されたらどうすればいいのよ?

209: 男色ドライバー(兵庫県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 16:09:07.74 ID:QM2CDYAm0.net
社会的に何も出来ない遺伝子が偶発的に出て来たらそのまま始末するの?

211: ドラゴンスープレックス(関東地方)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 16:09:32.96 ID:X5xkqcxXO.net
完全に全体主義思想だな。
ちなみにオリンピック競技に関しては中国は似たような手法を既にとっている。

213: ファイナルカット(東京都)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 16:10:27.37 ID:/0Hhju7l0.net
野球に向いていないやつが野球を好きで一生懸命やる
それが無駄だとは俺は全く思わんのだ
大成することだけが目的ではない

214: サッカーボールキック(家)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 16:11:23.48 ID:x7uz10xL0.net
OO君はやれば出来る子とか根拠もないくせに適当な事言う時代じゃ無くなるのかw

217: ファイヤーボールスプラッシュ(栃木県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 16:15:02.64 ID:zuCGzJCt0.net
別に趣味でやる分にはどうでもいいけどな
才能がない人間が必死に努力してもミジメなだけだし、時間の無駄だよ

221: アキレス腱固め(大阪府)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 16:18:18.62 ID:3FZS14HA0.net
現実には、才能のかけらもない子供も、親のエゴで進学塾に入れられ、そのうち洗脳されて、
自分の意思で受験しているような気になっていく。

やがて多くが医学部を目指すが、能力のない奴に人命を預ける羽目になるのはごめんだな。

225: ブラディサンデー(catv?)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 16:23:10.81 ID:wTQcvwaf0.net
平等教育に反する思想だな

227: ファイナルカット(東京都)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 16:24:12.31 ID:/0Hhju7l0.net
文明に敵対する思想だ

229: フェイスロック(奈良県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 16:25:11.22 ID:Fl7GsjQ80.net
スポーツ選手とか良いガタイの奴ばっかりやん
お勉強さん組が良いド頭の奴ばっかりになるのは当然だろ
おつむの中身は外からは見えないから、判断基準として
テストの他に遺伝子診断が加わってもイイんじゃね?

233: シューティングスタープレス(東日本)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 16:32:04.45 ID:IhIDbufi0.net
そんなことしたら消費活動減るんじゃないの?
また偶然からくる発明も減るんじゃないの?
馬鹿なことや無駄なことから生まれるものもあるだろ?

237: ファルコンアロー(宮城県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 16:38:16.75 ID:fUh42P0v0.net
>>233
馬鹿な事や無駄な事が一切なくなるわけでもないし
無駄から生まれる発明なんて全体の1割もあるのか?
得られる利益の方が多そうだけどな

235: パロスペシャル(東京都)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 16:33:52.74 ID:Lt77w9ie0.net
遺伝大事だと俺も思う
習熟度も他人に合わせる必要ないし効率も良さそうだ

245: ダイビングエルボードロップ(catv?)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 16:45:31.49 ID:Sv0CBuJu0.net
重要なのは多様性だ

偏ることで、解決するなら

ニンゲンが超ニンゲンを作るのは容易い

246: ストレッチプラム(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 16:47:22.10 ID:YdsBJkla0.net
人間もサラブレッドみたいに優秀な一握りだけが繁殖するようになるのかな?

252: ウエスタンラリアット(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 16:52:44.46 ID:hHL8nPJM0.net
合理的だが倫理的にダメだろ。

263: アルゼンチンバックブリーカー(京都府)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 16:59:27.99 ID:URn2DNUE0.net
何の才能もないことが分かったら悲惨だな

152: 稲妻レッグラリアット(兵庫県)@\(^o^)/ 2014/04/26(土) 15:23:37.24 ID:cRIAGLNk0.net
まず江崎玲於奈の遺伝子を調べよう


元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1398488679/


ガタカ [Blu-ray]
ガタカ [Blu-ray]
posted with amazlet at 14.04.26
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2010-04-16)
売り上げランキング: 1,614

Powered by livedoor




この記事へのコメント

1. Posted by きさん爺   2014年04月26日 17:57
2. Posted by きさん爺   2014年04月26日 17:57
3. Posted by きさん爺   2014年04月26日 17:57
4. Posted by     2014年04月26日 18:00
アホな大学生が大勢いる以上なにかしら手を打つ必要はあると思うがな
5. Posted by ディオ   2014年04月26日 18:01
無駄無駄無駄無駄無駄無
駄ーっ!!☆

6. Posted by メンデル   2014年04月26日 18:01
まあ、正論の部分は確かにある。
ある程度までは「特性」を判断できる
ので、今のような無駄な画一的な教育を
施す必要がなくなる。
日本は「突出した才能」を持つ者を
嫌う句傾向があるからね。
7. Posted by    2014年04月26日 18:01
この検査事態が間違っていたら
信じてやってきた教育も無駄になるんだが
8. Posted by     2014年04月26日 18:01
就学時に親の収入をチェックするのも手じゃね?
東大生の親の収入ってかなり高いようだからな。
教育につぎ込めるカネのある方が有利に決まってる。
9. Posted by アホ学校   2014年04月26日 18:01
優生学的区別は時代の要請
10. Posted by     2014年04月26日 18:01
甲殻か癌種でそういうのあったよね
11. Posted by    2014年04月26日 18:02
つまり遺伝子的に劣勢な人間は死ね、と。選民意識高すぎて気持ち悪いな。国際の場で同じ事言えるのかなこいつ?
12. Posted by     2014年04月26日 18:02
せやな、遺伝子的に劣る奴はゲットーに押し込めて子孫のこせないように処理しよう
13. Posted by …   2014年04月26日 18:03
某半島の遺伝子は根絶するって意味でしょ?
14. Posted by 名無しの偉人さん   2014年04月26日 18:03
完全に解明される頃には人間自体が必要なくなってそうだけどな
15. Posted by    2014年04月26日 18:04
実際これが現実可能だとしても
金持ちが子供の検査結果ねつ造とか賄賂で頼んだりするんだろうなと思う
16. Posted by ゴールデンバウム   2014年04月26日 18:04
劣悪遺伝子排除法というのがありましてね
17. Posted by 名無し   2014年04月26日 18:05
同級生に2人居た。
天才的レベル。テストは毎回ほぼ満点。全国レベルの模擬試験も満点。
何故勉強が出来るのか聴いたら、殆ど勉強しなくても、テスト問題観ただけで答えが解る、と言っていた。
2人共家庭が貧しく、東京大学現役合格レベルだったが、大学には行けなかった。産まれ乍らの天才は居る。
18. Posted by    2014年04月26日 18:05
ナチスかコーディネーターかよw
19. Posted by 名無しさん   2014年04月26日 18:06
まあ事実。そして実際
エリート層はおおっぴらにはしないが
優生学の信奉者が多い
しかしそういうとこに限って
障害者が生まれたりするから
現実ってのも中々劇的だなと思ったね
20. Posted by 名無し   2014年04月26日 18:07
遺伝子レベルの天才は、百万人に1人位だろう。
21. Posted by あ   2014年04月26日 18:07
よろしい
やってみたまえ
22. Posted by     2014年04月26日 18:07
優生学と社会学の論争はお互い中庸のなあなあで止める気が無いから
完全に答えが見えるレベルまで遺伝子情報が解明されないと
結論が出ない世界だからなぁ。
23. Posted by     2014年04月26日 18:08
やりたい事と向いてる仕事が違ったらどうすんのって言ってる奴がいるけど
本人のやる気も才能として遺伝子で評価されるに決まってるだろ
もしもそれが完全なシステムなら本人が不満を持たないような、あるいは社会全体の不満が最小になるような決定がなされる筈だ
24. Posted by     2014年04月26日 18:08
民主主義である限りは大多数が馬鹿なんだから優秀な遺伝子を持った者だけを特別扱いする世界には絶対にならないだろw
そんなこともわからないっていう時点でこいつも馬鹿に分類されるやんw
25. Posted by     2014年04月26日 18:08
本人の嗜好一切無視かよ(笑)
遺伝子全能論者はラプラスの悪魔の話とよく似てるな(笑)
26. Posted by     2014年04月26日 18:08
>無能過ぎて何しても有害ってでたらどうすんの
何もさせないのが最良だって結論でてるじゃん
27. Posted by 名無し   2014年04月26日 18:09
あーやっちゃったなコレは
知能の遺伝は欧米が黒人-白人でさんざんやって
環境依存100%って結論が出てるのに

重大な人種差別になるよコレ
28. Posted by     2014年04月26日 18:09
い つ の 記 事 だ よ 

’ノーベル賞学者として国民から称えられているが、はたして教育改革の先頭に立たせてよいのか (昨年12月22日、森首相に答申)’

昨年っていつのどこよ

そして
さっぱり正体不明の出版社じゃん  
29. Posted by 名無し   2014年04月26日 18:09
これは最新の遺伝子研究について無知を晒した発言だな。
真面目にこんなことを研究者に語ったら、鼻で笑われるぞ。
30. Posted by 名無し@ニーてつVIPブログ   2014年04月26日 18:10
一部の天才を優遇する政策で良いだろ

なんで全国民を遺伝子であれこれするんだ
31. Posted by     2014年04月26日 18:10
>本人の嗜好一切無視かよ(笑)
本人の嗜好も才能に関わるから評価されるに決まってるだろ……
32. Posted by    2014年04月26日 18:10
中2が一度は考えることだなwww
33. Posted by 名無しのはーとさん   2014年04月26日 18:11
遺伝子調べてそこまでわかるのならやってみてもいいんじゃね
で、具体的に将来の能力がどこまでわかるようになってるか例示してみてくれませんかね?
34. Posted by でも生きる権利はあると思います   2014年04月26日 18:11
いや…親のものの考え方
で子供の将来は180度変わったりする!俺の大学時代の友人はやたら私有地、私有地ってクチ癖にしてた奴なんだが、そいつの子供は重い知的障害があって言葉も変なんだよな…あ〜う〜って言ってて。
35. Posted by     2014年04月26日 18:11
ガンダムの世界
36. Posted by     2014年04月26日 18:12
江崎玲於奈さんは頭が良すぎて、話をしてると次々に話が飛ぶから難解。
天才の頭の中では分かってるんだろうけど、僕ら凡人にはついていけないわ。
37. Posted by     2014年04月26日 18:12
ルーピー鳩山は優秀なのかアホなのか
38. Posted by    2014年04月26日 18:12
全部合理性だけで考えたらつまらん世の中になりそうだな
人類の大半は夢も希望も持てなくなる
39. Posted by     2014年04月26日 18:13
玲於奈なんてDQNネームすぐに排除する方が先じゃね
40. Posted by     2014年04月26日 18:13
狭い分野の中で天才と馬鹿で分ける時点で無能
それに合わないだけで他の事させたらすげー能力だす事もあるだろ
41. Posted by 堊   2014年04月26日 18:13
これにはマァムもニガ笑い
42. Posted by    2014年04月26日 18:13
才能(実力)があっても見合った肉体がなければ完全体とは呼べないと
なんかで言ってたな...
43. Posted by     2014年04月26日 18:13
でも、ノーベル賞クラスの天才から見ると周りが馬鹿ばっかにしか
見えないんだろうなw
44. Posted by    2014年04月26日 18:14
今の試験制度も同じじゃん
45. Posted by    2014年04月26日 18:14
それで産まれながらの馬鹿だと生きる価値なしの生活を強いられるんですね
46. Posted by    2014年04月26日 18:14
頭の中で種が弾けるんだろ?
47. Posted by    2014年04月26日 18:15
悔しいがその通りだが、実践するのは反対。
ただ無能者ほど自身の無能に気付かずに無理して…
というのもなんとかしたい気もする(上から目線の酷いコメすまん)。
48. Posted by     2014年04月26日 18:15
でももうSFの世界が現実じみてきたってことだろ
49. Posted by    2014年04月26日 18:15
やりたいことを見つけられない塵に「キミはこういう仕事に向いている」と教えるのは悪いことじゃないと思うがね。
50. Posted by    2014年04月26日 18:15
遺伝子だけで才能の優劣が決まると思ってるんだろうか?
脳の場合、シナプス結合が重要だから生活環境や教育が占める割合は、他の身体部位より大きいと思うんだが
これは老害と言うべきかも知れんね
51. Posted by     2014年04月26日 18:15
農作物は実際に作ってみて美味い物ができる系統を選別してるだけ。
DNA配列だけ見て能力が予測できるってのは生物学の究極の到達目標だぞ。
100年かかってもそこまで行くのは無理だっつの。
52. Posted by     2014年04月26日 18:16
まぁこんなシステム数世紀分くらいの技術革新は経ないと実用化段階にならないだろう
飛行機は現代の人類社会に大いに役立っているが、もし中世の文明で同じ事をしようとしたら欠陥だらけで大惨事になるってのと同じ
53. Posted by    2014年04月26日 18:16
遺伝子技術はいつの間にそこまで判定できるほど進化したんですかねぇ・・・?
54. Posted by    2014年04月26日 18:16

高校大学も見直せよ。
みんな行く必要ない。

55. Posted by     2014年04月26日 18:17
劣悪遺伝子排除法キタコレ
56. Posted by     2014年04月26日 18:17
コイツやコイツに同調するレベルのお前らが判断する優生な奴等とやらはちょっと見てみたい気がする
57. Posted by ぽ   2014年04月26日 18:17
正論とか言ってる馬鹿は
北朝鮮にでも行けばいいよ
58. Posted by 絶望的名無しさん   2014年04月26日 18:17
これは素晴らしい普遍的な真理だと思う。
59. Posted by     2014年04月26日 18:17
二世議員とか医者の息子とか才能無いのにやってるのを辞めろ
60. Posted by     2014年04月26日 18:17
エピゲノムが見つかって、環境要素も大事だよ!
ってなったこの時代に、ゲノム情報だけ見て何言ってんだ
そっちの解析も済ませてから言え
そもそも、タンパクの生成やら分泌やらが分かってもそれと能力の関係もわかってないだろ
適用できるとしても、身体能力関係だけだな
61. Posted by    2014年04月26日 18:17
綺麗好きで人より嗅覚が鈍いから、便所掃除一生させたりすんの?
いややわ

62. Posted by     2014年04月26日 18:17
後の劣悪遺伝子排除法である
63. Posted by ゼンマイ侍   2014年04月26日 18:17
先ず公務員に適用してください。

腐った役人がのうのうと職場を転々としつつ定年を迎え(最後に昇格)、高い年金をもらっている現状を誰も批難しないのがおかしい。(仲間内では立場が同じなので誰も批判しない)
64. Posted by 名無しのサッカーマニア   2014年04月26日 18:18
ガンダムで見た
65. Posted by    2014年04月26日 18:18
運動関係の遺伝子は分かってきているけど、勉強関係の遺伝子はまだそこまで解析できないぞ。
先生、遺伝子検査を評価しすぎw
それにたった一人の全遺伝子解析ですら、何ヶ月もかかるのに全員に出来るわけないよ。
66. Posted by     2014年04月26日 18:18
>脳の場合、シナプス結合が重要だから生活環境や教育が占める割合は、他の身体部位より大きいと思うんだがこれは老害と言うべきかも知れんね
じゃあ、その脳の遺伝子に合った生活環境や教育を施すことで、よりより環境が生まれ、更に良い才能が芽生えると言う事じゃん
67. Posted by     2014年04月26日 18:18
まっさきにこいつがふるい落とされるだろうけどなw
68. Posted by 名無しの卵かけごはん   2014年04月26日 18:18
あー、俺んとこの大学にもいたぜ!すっげーやつが!一度教科書見ただけで完全にまる暗記できるやつが!だけどそいつすっげー変わってて、大学ん中や大学の外で行う地域パトロールには一切参加しなかった!なんでも自分がパシりに使われることを非常にいやがってたなー。
69. Posted by      2014年04月26日 18:19
>オリンピック選手を見れば明らかだし、学校でも数学や物理がとても苦手な生徒に
理系の科目を無理矢理勉強させても何の意味も無い

へ?当たり前の
知識の底上げが意味ないって
お前の存在が社会に意味と自己紹介してるようなものだわ
70. Posted by      2014年04月26日 18:19
こういう人格的に欠落してるやつは遺伝子検査したほうがいいかもしれんな
71. Posted by     2014年04月26日 18:20
生まれた時に明らかに出来損ないならその場で〆るのは昔からやってる事なんで、別段間違いでもない

ただ、現状に最適化しすぎると環境の激変に耐えられずに死ぬしかなくなるから、ある程度の余裕や無駄は常に必要
72. Posted by     2014年04月26日 18:20
今の技術でそんなことわかるわけない
仮にわかったとして、一人を検査するのにも膨大な時間と費用がかかると思うんだけどその辺何も考えてないの?この人
73. Posted by 名無しさん   2014年04月26日 18:20
遺伝子遺伝子って…お前ら親と違ってまともな職就けてないじゃん
74. Posted by     2014年04月26日 18:21
遺伝子でってことは
ワタミ社長とか
ビッグダディとかが
優秀な遺伝子扱いされる可能性あるけどいいの?
75. Posted by     2014年04月26日 18:21
天才と馬鹿は遺伝子検査しなくてもわかるし、やる気のない並のちょい上よりやる気のある並のちょい下の方がはるかに見込みがある。
76. Posted by          2014年04月26日 18:21
これの精度がかなり高くなって、現実に運用されることになったら、三国志とか信長の野望に出てくる武将の能力が数値化されているみたいに、国民一人一人のあらゆる能力が数値化されるだろうから、採用する側は学歴とかに囚われず、有能な人を採ることが出来るようになるのだろうね。
77. Posted by 名無しさん   2014年04月26日 18:22
そうかヒトラーにノーベル賞やらないとな
78. Posted by    2014年04月26日 18:23
現実は金持ちが無能を金の力で育てるんだがな
79. Posted by     2014年04月26日 18:23
ガン=カタやディステニープランの世界だな
いやヒットラー的というべきか
80. Posted by どうなんだバカババア?   2014年04月26日 18:23
確かに無能な人間は、この世に必要ない!で、キサマはどうなんだ?無能な人間以下のゴミクズにしか思えんが。
81. Posted by    2014年04月26日 18:23
>「就学時に遺伝子検査を行い、才能に見合った教育をしていくべき。無能は教育するだけ無駄」

そんなこと分かるほど科学は進んでいないから。
82. Posted by ななしさん@スタジアム   2014年04月26日 18:23
将来ならともかく、現時点では無理だろ
ただ、陸上のトップアスリートみたいなものなら可能だと思う
83. Posted by     2014年04月26日 18:24
自分は優れた存在なのだと優等生に自覚を持ってもらうために劣等生は必要だよ
某暗殺漫画みたいに学力によってA〜E組に分けて、E組の無能は穢多非人のように扱うべき
84. Posted by 娘はまだ8才です   2014年04月26日 18:24
うむ!…君に一番ぴった
りな職業はAぇ〜Vぅい女優
だ!…って小学校の頃に言わ
れてしまうのか…!…
85. Posted by 名無しさん   2014年04月26日 18:24
ダウン症は排除しても構わないけどな
何が天使だよwただの不快感振りまくグロ面だろうが
86. Posted by    2014年04月26日 18:24
負け組だが、足引っ張りたいから支持する
87. Posted by 名無しさん+   2014年04月26日 18:25
教育費も出せない貧乏人は子供を生むなと、
バカに教育しても無駄。
後者の方がマシだと思うけど、前者を選ぶ人が多いね。
88. Posted by     2014年04月26日 18:25
遺伝子で人生や人間の全てが決まるか
このスットコドッコイ
89. Posted by (´・ω・`)   2014年04月26日 18:25
デスティニープラン…コーディネーター主体の国家か
90. Posted by     2014年04月26日 18:25
いでんこ(笑)
91. Posted by 名無し   2014年04月26日 18:26
遺伝子で判断するのはダメだが
やってみて無理な奴は大学行く必要は全く無いな
92. Posted by 鬼速@名無しさん   2014年04月26日 18:26
試す価値はあるかもしれないけれど、その仕組が完成して社会に貢献するより先に完璧なAIやロボットの方が完成しそう。
93. Posted by     2014年04月26日 18:26
教師に才能を潰された俺はどうすればいいの?
頭良くても才能あっても教育者に恵まれないと意味ないでしょ
94. Posted by    2014年04月26日 18:26
才能があっても努力できる才能がないと
努力した人には叶わない時がある。
95. Posted by    2014年04月26日 18:27
やりたいこととできることは違うからなー。
俺みたいに才能なくても物書きになりたいなー
と思ってる奴にとっては困るわ。
96. Posted by     2014年04月26日 18:27
競走馬ですら血の影響は三割と言われてるんだが
97. Posted by 絶望的名無しさん   2014年04月26日 18:28
戦前のような、飛び級は必要
98. Posted by 名無し   2014年04月26日 18:28
人間にも当たり前だけど向き不向きはあるよな、生物なんだから

ただレールに乗る人生ってのは皆嫌いだろう。

向かう先というか目標みたいなものを提示してやらないてダメだろうな。人間は弱い
99. Posted by 名無しさん+   2014年04月26日 18:28
※56
ちょっと、この先生は空気読めなさ杉だよね…
もしかしたら、アスペルガーの気があるんじゃないかな。ってか有名な物理学者や数学者って、パーフェクト超人ってニール・ボーアしかしらんw(物理学の天才、かつ後人の教育に熱心で、しかもサッカーはプロ級)
まあ、アスペルガーなどの自閉症だったら、遺伝子解析してもらったほうが、ぴったりとした職業を見つけてもらって、ラッキーかも。
障害が分からず、うっかりコミュ力が必要な職業について、人生をつんでる人が大勢いるからね。
100. Posted by 名無し   2014年04月26日 18:29
遺伝子で性格も判断つくわけ?
社会の中でどんな役割を担うべきか判断に足る情報が得られるの?

一部の人間しか教育を受けられない国々をみてみればいいんじゃないかな
インドとかアフリカとか
中国でもいいけど
101. Posted by    2014年04月26日 18:29
知能があっても生活環境によっては高知能型犯罪者になる
身体能力が高くても南米みたいに(ry
つーかこの理論だとヘレンケラー即切りだよね馬鹿じゃねーの
102. Posted by     2014年04月26日 18:29
転載禁止のサイトから転載禁止しちゃだめなんじゃないの?
103. Posted by    2014年04月26日 18:29
勉強の才能、運動の才能、発想の才能、金儲けの才能
104. Posted by 。   2014年04月26日 18:30
私はここにデスティニープランを宣言する!!!
デュランダル議長みたいに粛清されるんですね。わかります
105. Posted by あ   2014年04月26日 18:30
遺伝子検査したあとに、適性を提示するだけに止めればいいシステムだと思うけどな。
106. Posted by     2014年04月26日 18:30
愚民化政策を実行するための下準備だな
107. Posted by    2014年04月26日 18:30
学説とか殆どの一般人には理解不能だから、総じてあるのは支配する為の利権構造を追及して行く為だけの方便に過ぎない。
能力が高いとされる人間同士の、嘘かホントかなんて関係無い話に踊らされるしか無いのはその他大勢の運命。
108. Posted by     2014年04月26日 18:31
本来は危険思想でも何でもない、当然あり得る考え方なんだけど、ナチスが悪用したせいで、政治家が当分主張できない。
109. Posted by     2014年04月26日 18:31
こいつの言う劣勢遺伝子の奴が実は何千人という人を救った例とかあったら良いな
110. Posted by     2014年04月26日 18:31
リフレ論対増税論みたいな話でどっちも極論しかいわねーなぁと
111. Posted by 名無しのサッカーマニア   2014年04月26日 18:31
無能で無価値の人用に楽に死ねる施設を作って欲しいな。
112. Posted by あ   2014年04月26日 18:31
人を人として見てないな、家畜かよ
ポケモン激選爺と命名しよう。自分の子供は激選したの?
113. Posted by     2014年04月26日 18:32
兄弟のなかで頭のできが良いのと悪いのがいたら、一方は、親爺の子供で無いというわけだ。
114. Posted by Posted by   2014年04月26日 18:32
この考えが通ってたら、俺は間違いなく生まれた直後に処分されてたわ。
いいんじゃね。有能な連中が集まっても、その中の落ちこぼれが必ず出てくるから。
115. Posted by     2014年04月26日 18:32
悪性遺伝子排除法つくれば世の中安泰じゃね?
116. Posted by     2014年04月26日 18:33
>>109
一見「悪い」遺伝子が、実は特定の伝染病に耐性を持つ唯一の遺伝子だったりして、そのおかげで人類が滅亡しないとかあり得るから、遺伝子で「選別」するというのは超難しい。
117. Posted by    2014年04月26日 18:33
劣悪遺伝子排除法を先ず成立させよう
118. Posted by まとめブログリーダー   2014年04月26日 18:34
この人の遺伝子情報をまず調べて、どの程度の優位性があるかってのを見てみたいもんだな
119. Posted by    2014年04月26日 18:34
教育の本義は、マジョリティであるボンクラをそこそこのレベルまで引き上げることだぞ
無能を教育することには確かな意義がある

それはそれとして棲み分けの有用性は否定できない
120. Posted by     2014年04月26日 18:34
「無能は教育するだけ無駄」なんて発言してないのにかってにくっつけていいの?
訴えられても知らんぞ
121. Posted by 名無し   2014年04月26日 18:34
なんかよく分からないけど
人間は未知の生き物ってことでいいんじゃね?
122. Posted by 名無しの提督さん   2014年04月26日 18:34
別に強制する必要はなくても、自分の適性が事前に分かればメリットになると思うけどね。
123. Posted by ななし   2014年04月26日 18:34
これと似た事を実行したアメリカの学者がいたよね。素養から外れた失敗作も全体からみたらそれは成功に必要なピースだったと思うの。
124. Posted by     2014年04月26日 18:34
仮に実現するとしても、国民全員に強制ではなく親による選択制が現実的だが…

あきらかに才能ある親→遺伝子検査は必要ないと考える(自信がある上、万一の時子が悲惨すぎ)

あきらかに才能の無い親→遺伝子検査を望まない(無残な結果などみたくはない)

そこそこな親の子→親の意思に関わらず大半の結果がそこそこ。

結論;国がやるには税金の無駄、民間で勝手にやって
125. Posted by    2014年04月26日 18:35
天才なんて、極少数だろ…
126. Posted by あ   2014年04月26日 18:35
中学卒業ぐらいに遺伝子的な特性としてこれが適正と出ていますがって教えるぐらいにしとかないと 叩かれるだけだろ
127. Posted by     2014年04月26日 18:35
厨二魂をくすぐりそうな話だなおいw
128. Posted by     2014年04月26日 18:36
まぁダウン症とかは合法的に安楽死可能にすべき
誰も幸せにならんよあれ

一昔前なら自然淘汰されてたから問題にならんかったけど
今じゃ無理矢理生かされるからダウン症の人が子供作って子もってスパイラル化しとる
129. Posted by 名無し   2014年04月26日 18:36
でも成金のパープーの息子とかは淘汰されないんだろ
130. Posted by 名無しの権兵衛   2014年04月26日 18:37
こいつは教育者として無能過ぎる
今の日本の教育はダメダメなんだからまずそこを治せ
話はそれからだ
131. Posted by    2014年04月26日 18:37
リアル江崎コロ助が存在したのかw
132. Posted by     2014年04月26日 18:37
俺はここに「可能性」を提示する
133. Posted by     2014年04月26日 18:37
どの分野が自分に合ってるのか知るってのはいいと思うけどもね。
職業選択の自由を奪う訳ではないんだし、自分が気づいていない能力があるのに接することがなく才能が埋もれてしまうってことは皆あることだと思うし。
134. Posted by     2014年04月26日 18:37
コミュニケーション拒否と人間恐怖症がある限り、事前アホを間引いても後天性無能人間は減ることが無い。
135. Posted by 名無し   2014年04月26日 18:37
それを国家ぐるみでやったチョビ髭のドイツ人がいてだな

結果は見ての通りだわ
ま、好きにしたら?^ - ^
136. Posted by    2014年04月26日 18:38
本当に正しいんならそれでも良いよ。
実際、遺伝子検査で才能が分かる程度の統計データってあるの?
137. Posted by     2014年04月26日 18:38
理論上は正しいと思うけど、現実的にはかなり難しいんじゃないかなあ
遺伝子レベルで決まっていることというのは極めて狭い領域についてのみだし、その狭い領域についても単純な生物について調査できている程度で、高等生物については例外だらけという現実がある
高等生物は遺伝と経験、様々な複合的要素によって成り立っているわけで、優生学を進めるにあたっては経験的要因を同時に解明する必要があるけど、これは無理に等しい
138. Posted by    2014年04月26日 18:38
バカが居ればこそ利口の価値があるというのを忘れてるな
139. Posted by     2014年04月26日 18:38
「していくべき」なんて書いてないけど…
140. Posted by さ   2014年04月26日 18:38
他人事だからこんな狂った事が言える
嫌いな向いてる事で優秀になるか
好きな向かない事で落ちぶれるか
こんな分け方じゃどっちが幸せか?なんて極端すぎて決められん

人には管理されることを嫌う性質が備わっている。だから共産主義もうまくいかないし、こいつの教育思想もだめ
141. Posted by 八神はやて   2014年04月26日 18:39
( ゚-゚)
私はこの発言について賛成とも反対とも言わない。
( ゚-゚)
ただ、遺伝で才能や犯罪傾向が区別できるとしたロンブローゾは科学の世界では異端とされている。
142. Posted by    2014年04月26日 18:41
てめぇの身内にバカアホマヌケが出ても考え曲げないのだろうか?
143. Posted by あ   2014年04月26日 18:41
適正テストだったらなるほどって感じだけど
遺伝子で判断されたら結果次第で立ち直れないかも
144. Posted by 名無し   2014年04月26日 18:41
優れた人間がより良い場所に行けるようになるって意味なら賛成だか、
優れていない人間がより良い場所に行けないようになるって意味なら反対

他人に人生決められてたまるかよ
145. Posted by     2014年04月26日 18:42
お勉強だけは出来たけどアホの馬韓やポッポ見たいのばかりが政治屋になって終了だな
146. Posted by      2014年04月26日 18:42
なんでこんな端にも棒にもかからない権威のない団体でわざわざスレたてたんだ?
海外に拡散してソースロンダリングして
無理やり日本批判するため?
147. Posted by 名無し   2014年04月26日 18:42
10年以上前の得体も知れない雑誌の記事をもとに
何論争しちゃってるの?
148. Posted by     2014年04月26日 18:43
スレ文でアクセプトって言っててストブラ思い出したww
149. Posted by    2014年04月26日 18:43
でもやっぱ無能と障害者はある程度淘汰されるべきだよね
今は野放しになりすぎ
人権がとか福祉がどうのとかいくら言っても現代の人類社会に邪魔である事実は変わりない
150. Posted by お   2014年04月26日 18:43
>>138
だからこそ底辺を上げる必要はないとも言えるんじゃない?

まあ実際はある程度底上げしつつ、が理想だけど
151. Posted by じ   2014年04月26日 18:43
>まず江崎玲於奈の遺伝子を調べよう

ごもっともだw
152. Posted by     2014年04月26日 18:44
よく脳科学者が脳の機能すべてわかった!って嘘ついて素人相手にトンデモ本書いて小銭かせいでるけど
骨格や筋力ならまだしも、今の脳科学はそこまで進んでないから
適正を判断できるほどのノウハウはないだろうな
153. Posted by あ   2014年04月26日 18:44
この歳まで中二病とか感心しますなwww小説家の才能が遺伝子レベルであるかもですなwwwww
154. Posted by    2014年04月26日 18:44
学校の勉強は出来るというバカがいくらでも居るんだけどw
155. Posted by 名無しクオリティ   2014年04月26日 18:45
デュランダル「デスティニープランだ」
156. Posted by    2014年04月26日 18:45
気持ちはわからんでもないが、現状でそれを発言するのはとんでもない馬鹿
しかもそれが一定以上の社会的地位の人間がやるとかありえん。
ま、知的障害の障碍者を間引いていくってのなら賛成だがね
157. Posted by     2014年04月26日 18:45
努力も才能のうち
素質があっても努力できなきゃ馬の糞よ
158. Posted by あ   2014年04月26日 18:46
能力あっても社会性ないから活かせない発達障害やサヴァンはどうすんのこれ
159. Posted by 名無し   2014年04月26日 18:46
発言者の様子を見ていると、
粗暴な口調の者は優生学寄りの考えを支持し、
そうでないものは優生学寄りの考えを
疑問視する傾向がある
160. Posted by     2014年04月26日 18:46
この人、試行錯誤の過程に関する実験を知らんのかね。
アリですら、環境と経験で働きモノか遊び人かに左右されている。

遺伝子を研究してわかる一番大事なことは、遺伝子に左右される事柄の範囲。そこに人生は含まれない。
161. Posted by 名無し@AKBコロンビア速報   2014年04月26日 18:46
オレの中には国会議員の母方の爺ちゃん、医者の父方の爺ちゃんの血が流れてるはずだったんだが・・・(´;ω;`)
162. Posted by 無理だろ   2014年04月26日 18:47
飛び級ぐらいは導入した方が良いとは思うが、勉強って興味を持てば、意外と出来るようになるから才能で選択肢を決めるの難しいだろうな。
163. Posted by     2014年04月26日 18:47
この前つかまった韓国人の偽医者とかすぐばれるのだろうか?
逆に金持ちとか詐欺師はこういう肩書きを捏造して
詐欺しやすくなるだけじゃね?
164. Posted by     2014年04月26日 18:48
遺伝子で適正が量れたとしても成長性まではわからんだろ
適正のある能力が成長するとは限らない
有限の人生では適正のない能力の方が最終的な到達点が高い可能性もある
165. Posted by    2014年04月26日 18:48
ゲノム党だこれ
国家反逆因子で縛り首
密告うまうま
166. Posted by 名無し   2014年04月26日 18:48
知能遺伝説は黒人差別って知らんのか
そもそも江崎とかいう人が低知能帯に属する人間だぞ
167. Posted by 絶望的名無しさん   2014年04月26日 18:48
言いたいことは分かるけれど、
「誰にでも何らかの天職がある」
という理想論が前提すぎるんだよな。
他にも、天職と好きなこと・理想にギャップはありうる。

結局のところ、現状のなあなあな感じより良い状況ってのは難しいし危うい
168. Posted by      2014年04月26日 18:48
160
まじめな話
どんな天才も社会にでたら換えはいるわけで
大多数の一般人にある程度の能力をつけたほうが効率はいいからね

それをやられるとこまるのがこういう無能だけど利口ぶってるやつら
169. Posted by    2014年04月26日 18:49
そもそも在日とさよばかりの教師ばかりなのが問題だろう
170. Posted by     2014年04月26日 18:49
>こういうのは馬鹿な子供を持った富裕層や政治家が全力でやめさせるから大丈夫だー

裏口入学やこういうあやしい学会の理事とかやるのがそのバカボンだから
いくらでも自分たちだけ除外にできるよw
いくらはぽっぽが馬鹿で実力がなくても
肩書きだけでたべていけてるようにね
171. Posted by     2014年04月26日 18:50
禿>議長ぉ
172. Posted by 名無し   2014年04月26日 18:50
バッカだな〜
そりゃあくまでも素質の問題であって、本人次第で結果は変わるだろ?

それに、そんな教育精神的にも負担が多いし意欲と倫理が崩壊するよ。

とてもまともな社会になるとは思えない。

勝手に自滅すると思うよ。
173. Posted by     2014年04月26日 18:51
遺伝子はどうかと思うが
秀でた部分を延ばすべきだとは思う
いまの金太郎飴的な教育は正しいとはとても思えん
174. Posted by     2014年04月26日 18:51
劣性はいらないっていう極論社会になるだろアホかw アインシュタインが基準になってそれ以下は無能と烙印を押され奴隷になり下がるんですね 解ります
175. Posted by あ   2014年04月26日 18:51
擁護してるやつはお前らみたいなコミュ障は真っ先に排除されるべきって分かってんの?
まあサイコパスの職業適性みたいなシステムはあってもいいね
176. Posted by -   2014年04月26日 18:51
政治家二世とかこれで滅ぼしてほしい
177. Posted by     2014年04月26日 18:51
教育の視点で見るとおかしくね?
エキスパートの養成学校だったら分かる理屈だけど
今の義務教育って、アホを何とか社会で使えるように最低限調教する為のもんだろ?
そういうエリート教育は就学じゃなく、生まれた瞬間に検査して別コースで育てろよw
公立の小中学校なんて動物園だろwそれを人間にすんのが目的なのに
あと、教員とか政治家なんかも遺伝子で篩いにかけろよw
178. Posted by    2014年04月26日 18:53
向き不向きを理解した上で努力しないとってだけの話だよね

179. Posted by     2014年04月26日 18:53
これはコーディネーターの時代が来るで
んでナチュラルとの戦争が始まる
180. Posted by    2014年04月26日 18:53
んで江崎、あんたの適正は?
俺が見た限り、果てしなく不適正だと思うのだが。
181. Posted by     2014年04月26日 18:53
遺伝子(笑)はともかく、身体能力みたいに誰が見ても数字で出る能力
これに関しては、子供の頃からスポーツ特待とかあるやん
182. Posted by    2014年04月26日 18:53
なになに?つまりは遺伝に干渉して南テョンみたいに総バカ国歌にしたいのか?
183. Posted by 名無し   2014年04月26日 18:53
これこそ「人権問題」そのものだな。
184. Posted by 名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします   2014年04月26日 18:54
劣悪遺伝子排除法かよ
185. Posted by 。   2014年04月26日 18:54
遺伝子とかじゃなくて、アメリカ並のとび級制度を導入したり中国並のアスリート養成制度を取り入れることから提案してくれ。

才能とか天性にこだわる奴ほど努力や鍛練など地道な過程を否定するから言うことが空想的すぎる。
186. Posted by 名無しの隣人さん   2014年04月26日 18:54
身体能力ならともかく、知能は何を持って優秀とするかどうか尺度が曖昧だろ。
187. Posted by 名無し   2014年04月26日 18:55
学校は天才を作る施設じゃないんだけどな。
でも高等教育でそういう学校あるのは良いと思う。専門性の高い学校でね。
本人が目指したい明確な未来があって、遺伝子的にも適合してる人たちが集まれば相互に良い影響がでるはず。
188. Posted by     2014年04月26日 18:55
無駄のない世界は恐ろしいな
189. Posted by ゐ電子   2014年04月26日 18:56
※欄DIO様出てたわw
190. Posted by     2014年04月26日 18:56
おまいら批判してるけど、普通に動物がやってることだぞ?
昔の人たちもやってたことだぞ?
191. Posted by 名無しさん   2014年04月26日 18:56
適用するルールなりアルゴリズムを誰が決めるか決める
遺伝子調査がいるな
192. Posted by 絶望的名無しさん   2014年04月26日 18:56
遺伝子なんて困難なもので判断しようとするのは、
個々人の他者評価能力が低いから。

良く漫画である、
「通りすがりのエライ人が劣等生に凄まじい才能を見出す」
展開が実現するようになればいい。
つまり、人を見る目を養う学問を誰か興してくれ。
193. Posted by あ   2014年04月26日 18:56
それができりゃ苦労しないんだよなぁ初期のDNA鑑定みたいに冤罪が発生する
194. Posted by 。   2014年04月26日 18:56
馬鹿を教育しなかったらどうなるかって?
新聞やニュースくらい見た方がいいぞ。
195. Posted by 名無しさん   2014年04月26日 18:56
才能の差はあるけど努力の上限って結構高いぞ
スポーツでもそうだが育てるって事を無視するのは
無能指導者だけだわw
196. Posted by     2014年04月26日 18:57
ですな
優れた夫婦の間に鼎任發覆ぅ▲曚出来たり
遺伝子的に優秀でも、後天的問題で開花しない場合
或いは逆に後の条件で大成したりな
そもそも、お勉強出来るのが偉いって時代終わってますがな
197. Posted by    2014年04月26日 18:57
つまり数学の才能のみあると判定されたら数学のみやらされるという訳だ。
同じ様に英語の才能があると判定されたら英語のみやらされると。
でも英語とかは世界中で話されているけどな。この場合は受験用英語で高得点取れる才能か?その才能がある人のみ英語の授業が受けられると。
198. Posted by     2014年04月26日 18:57
アホだろこいつ
遺伝子で決まるのは「顔のよさ」と「身長」くらいのもん

勉強や仕事のできは先天的要素よりも後天的要素のが大きいって遺伝子研究でもわかってきてるのに
そもそも江崎レオナはノーベル物理学賞とったけど生物学に関してはド素人ww
199. Posted by パジャマを着た名無し   2014年04月26日 18:58
怒ってる奴は無能な奴なんだろうな
200. Posted by     2014年04月26日 18:58
パクリ野郎が偉そうなこと言うなっつーの
201. Posted by     2014年04月26日 18:58
そういうエリート学校があるのはいいけど、公立の学校はちげぇだろwww
202. Posted by    2014年04月26日 18:58
レポジトリー・フォー・ジャーミナル・チョイスの利用者を追跡して
遺伝的優勢と現実の能力や社会的ステータスとの相関を調べた研究グループが居た
江崎の説は成り立たないことが立証されている
203. Posted by    2014年04月26日 18:58
本人が活躍できる分野を知って
自分でそれを選択するならいい話

能力のない分野で努力し続けるのは
本人にとっても不幸な場合もある
204. Posted by あ   2014年04月26日 18:58
身近に東京大学主席がいるから
知識と知性の違いをイヤというほど味わってる

遺伝子論ってのがSF的に流行った時期、そのあたりの考えだろうか

人間はみんなグデグデだからシステマイズの限界は物語の中だけなのよね
205. Posted by     2014年04月26日 18:59
病気だけは設計図通りになる不思議
206. Posted by 彦根正人   2014年04月26日 18:59
>>優生学者はネイチャー(天性)だと言い、社会学者はノーチャー(育成)を重視したがる。

江崎氏がこれ言ったのおおむかしだよね。

それはさておき,「ノーチャー」ってなんだよ。NURTURE[nˈɚːtʃɚ]「ナーチャー」だろ?(発音記号文字化けしないといいけど)
nurtureを「ノーチャー」って言うならnurseは「ノース」,nervous, nerdも「ノーバス」,「ノード」ってことになるけど,いいのかな?
たぶん江崎レオが言った言葉をだれかがメモったんだろうが,そいつはこの単語知らなかったのかな? 入試必修単語なんだけど。
207. Posted by     2014年04月26日 18:59
いや、これは本当にきちんと出来るなら正しい
208. Posted by あ   2014年04月26日 19:00
才能も大事だけど好き嫌いも大事だと思う
才能あっても興味なかったら努力しないし

※7
頭よくなくても生命力あるってこともあるだろうし
ある病気に対してだけ丈夫ってこともあるから
劣っているってどう言うことか難しいな

209. Posted by 名無し   2014年04月26日 19:00
※197
それやると柔軟性なくなって新しい発見とか出なくなるんだよな
210. Posted by 僕自身コメントする喜びはあった   2014年04月26日 19:00
それが分かれば苦労しないわなぁ
211. Posted by    2014年04月26日 19:01
まずは教員のDNA検査が先。特アへの売国奴をクビにすれば、それだけでもまともな人材が育つ。
212. Posted by     2014年04月26日 19:01
優生学って意見とか学説レベルでは成立すると思うんだけど
実際言ってる奴らは自分自身を淘汰の対象外に置くんだよなぁ

アメリカじゃ優生学者の息子が結婚相手に眼鏡かけた女を選んだら
親がそれは身体的欠陥だって言ってやめさせようとしたけど
息子は従わず親子の縁を切った奴いたよね?

優生学者から生まれ育てられた子供でそれなんだから
社会システムに組み込めるような学問じゃないってことだよな
213. Posted by    2014年04月26日 19:02
そんな事始めたら入学金むしり取るだけむしり取って何処にも
就職先斡旋できないともすれば2年間コースで入学させて1年後
計画倒産でウハウハの専学軒並み潰れちゃうじゃないかw
214. Posted by    2014年04月26日 19:02
暗に民主主義を否定してるのか?というか、こいつは他人と一緒に生きるべきじゃないな。一人でいるべき
215. Posted by 名無し   2014年04月26日 19:02
主張した本人は検査の結果を無条件で受け入れられるのかい?
216. Posted by オーベルシュタイン   2014年04月26日 19:02
解せぬ
217. Posted by     2014年04月26日 19:03
17.「何故勉強が出来るのか聴いたら」→「なぜ勉強ができるのか聞いたら」「殆ど」→「ほとんど」「産まれ乍らの天才は居る」→「生まれながらの天才はいる」   うしろのほうが一般的日本語。
218. Posted by     2014年04月26日 19:03
※11みたいにアホは一かゼロかみたいに語るが、そんな風になるわけねえのくらいわかるだろ。何のための人権だよ。

江崎氏の言うようなことが出来るようになっても、教育は引き算にはならない。優秀な奴には別途カリキュラムを組む形で足し算になるだろう。遺伝的優劣を語ってんのにそれを感情にまかせて人間の価値みたいなものにまで飛躍させてどうする。
219. Posted by    2014年04月26日 19:04
ギフテッド教育について/常吉僚子の引用
>>>>>
欧米では習熟度別指導が早くから導入され、一般化しています。一般的にいわれていることですが、欧米では人間の成長・発達というものは一人ひとり違っているという前提が受け入れられているのです。それに対して、日本では“努力すれば、勤勉であれば、人間は皆同じペースで成長・発達していくものである、あるいは、いくべきである”と考えられています。
実は、欧米では「習熟度別」とはいわず、はっきりと「能力別」というのです。能力というのは生まれつき、その人に備わっているものです。その能力に応じて指導しようというのです。他方、日本語の“習熟”という言葉は、くり返し学習するようにすれば、誰でも一定のレベルに達するべきである、と理解されます。
>>>>>
220. Posted by     2014年04月26日 19:04
ここまで狂四郎なし
221. Posted by     2014年04月26日 19:05
勉強も社会的生活もできないような池沼を個性の違いと称して一般学級に放り込む脳天気クソ親を止めさせて、
小1にして池沼に付き合わされた俺のような奴が生み出されるのを繰り返さないようにするだけで十分だよ
222. Posted by    2014年04月26日 19:05
過ぎたるは及ばざるがごとし
223. Posted by 亜空   2014年04月26日 19:05
つまりヒトラーは正しかったと?
224. Posted by     2014年04月26日 19:06
この世は不可能なことばかりだと思うか?…僕に何ができて、何ができないか決めつけるな!

ガタカって映画の台詞
225. Posted by     2014年04月26日 19:06
身体的なことならわかるが、頭の良さとか性格の良さとかは遺伝関係あるのか?
…と思ったけど、民族的に遺伝子損傷してて国民総精神疾患みたいな国があったわ
226. Posted by .   2014年04月26日 19:06
出来ない事を出来るようになるまで頑張った事のないクズ人間の発想だわ。
才能なんて物が実在せん事も解らんで上から目線で口を利くとか、
こういうのに自分の幼稚さを理解させる事が何より先だね。
物事すべて理解しただけでオシマイ。ソコから先なんて考えもしない。
一つ一つモガいてモガいて100回繰り返して覚えた人間に
見てすぐ理解してオシマイの人間が敵うはずなかろうに。
優秀って言われる人間はパチモンしか作れないって事も知らないんだよな。
こういうクズに発言させちゃダメだ。伝染する。
227. Posted by    2014年04月26日 19:08
ガタカは名作、マイナー映画なのが残念
228. Posted by     2014年04月26日 19:08
遺伝子なんて関係ないと思うなあ
心だな、興味があるか否かだ
興味あればドンドン好きにやって能力は伸びていく
229. Posted by nanasi   2014年04月26日 19:08
国が自分の終生を管理してくれるのは、非常に楽なことではあるけど、現在の自由な社会を経験すると、まず無理。「新世界より」みたいな社会も悪くないと思う。まずは日本の全てを消す作業からやらないとな。
230. Posted by    2014年04月26日 19:09
11.
つまり遺伝子的に劣勢な人間は死ね、と。選民意識高すぎて気持ち悪いな。国際の場で同じ事言えるのかなこいつ?
2014年04月26日 18:02

恥ずかしい奴だなこいつ
欧米では持って生まれた能力が人によって違うのは当たり前だという考えが一般的で、
優れた子、または勉学においては人より劣る子に日本のような横並びの教育を強いるほうがむしろ良くないことだという考えが浸透してきている。
231. Posted by     2014年04月26日 19:09
親と違う道歩んで よく言うぜ・・
232. Posted by     2014年04月26日 19:09
>発行: (株)エルネオス出版社
また聞いたこと見たこともない雑誌の記事鵜呑みに騒いでる・・・
233. Posted by     2014年04月26日 19:10
くだらんなぁ。
遺伝子で優劣決めても優秀なもの同士で競い合ってまた別の優劣が出るだけ。
優秀な遺伝子持っててももっと優秀なものがいれば相対的にそいつは優秀じゃなくなる。
何も変わらんよ
234. Posted by     2014年04月26日 19:10
知能や才能に覆せないレベルの個人差があることは確かだが、それを人が測って管理するのはどうかと思うがな。それを管理する人間は遺伝子に則って、もっとも管理能力に秀でた遺伝子をもつ人でないといけないし、そういうことから考え始めたらリアルをゲームを勘違いしている人の理論にしか見えない
235. Posted by    2014年04月26日 19:11
んで次は30歳になったらもう生物として生産性衰えるから
タヒねとか言い出しそうだな70年代の似非SFあめりか映画みたいになw
236. Posted by 名無し   2014年04月26日 19:11
3 どんな理想を計画しても、それが実現できないのなら、そんな計画に意味はない。
優生学がどれほど優れていて人類にとって益なす理論だとしても、この説には必ず批判や反対者が現れるから実現可能性はない。
よって優生学を主張する人間は、実現可能性がない計画を唱えている時点で現実を理解していない劣等者である

優生学は内容がどうのというよりも、その実現可能性から論を展開することでこの説が間違っていることを証明できる
237. Posted by     2014年04月26日 19:12
人類平等お手手つないで並んでゴールみたいな教育は大嫌いだが、遺伝子なんかで区別するのも反対だわ
238. Posted by 名無し   2014年04月26日 19:12
世の中から将来の夢って物が消滅するな
あとこういうのって金持ちが不正したり、天才と判断された奴が自分は偉いと思って他の人を見下したりしそうなんだが……そこら辺どう考えてるんだ?
それにこれ始めたら子供の才能が分かった時に子供捨てる親とか出てくるぞ?
この人そういう怖い部分の事ちゃんと考えてるのか?
239. Posted by     2014年04月26日 19:13
世の中の才能の1つに「努力する(できる)才能」ってのがあるんだが、それ遺伝子でわからないんですけど?

世の中の秀才・天才と呼ばれる人のほとんどが、この才能を持っている人なんですけど。
つまり、江崎とやらは才能だけで人間の能力が決まると思っているただの阿呆。
240. Posted by     2014年04月26日 19:13
遺伝子での優劣なんてせいぜい「背の高さ」「足の速さ」の様な肉体的性能程度
短距離走選手を遺伝子で選別するなら分かるが学習内容は科目ごとに千差万別
それら複合的な要因を統合して、人間には得手・不得手が発生し、進む道が決まってくるわけだ
その根源を遺伝子レベルで解明するなんて不可能で、
せいぜいざっくり分けられたカテゴリで適正を出すのが限度だろう
そもそも職業ごとに必要な能力を推定・数値化する作業が困難極まる
もし職業を想定せずに学業のみで実施するなら可能だろうが、そんなものは無意味
241. Posted by    2014年04月26日 19:13
個々人のポテンシャルを最大限に引き出そうと理想を語ってるだけじゃん
無能死ねとか言ってないし

まあ完全管理社会とか嫌なので分野限って導入してほしいかも
数学とか本当に才能が必要なところで
242. Posted by 絶望的名無しさん   2014年04月26日 19:13
徳弘正也の狂四郎2030だな
243. Posted by 名無し   2014年04月26日 19:13
この人ってキリストとか創価みたいな宗教家?
進化論とか人間の歴史とか知らないのかな
アフリカで原始的な生活してる黒人ですら教育うければ何でも学習できるのに
244. Posted by     2014年04月26日 19:14
>>138は、エジソン、アインシュタイン、ジョブズを
「遺伝的にはまったく能力の無かった人」って言いたいのかな。
エジソンの母親は教師だし、ジョブズの両親は高卒ってのは養父母の話。実の両親はともに大学院生でできちゃって、なんやかんやで養子になってるはず。
アインシュタインの両親はわからないけど、彼の息子たちは学者や医学生になってる。
結局この3人も、遺伝的に秀でた人たちだったと思うよ。
245. Posted by ひ   2014年04月26日 19:14
2 キラさんラクスさん、出番ですよ
246. Posted by 名無し   2014年04月26日 19:14
勉強が苦手な子供に対する指導法を確立できないようなアホが、偉そうに教育に口出しするなよ
247. Posted by     2014年04月26日 19:15
>人間を人間が判断する限り問題が起こるだろ
>それをやっていいのは全能の神だけだ

に同意
248. Posted by     2014年04月26日 19:15
人類なんて存在するだけ無駄なんだからいっそのことみんなで死ねばいい
249. Posted by 名無し   2014年04月26日 19:15
ナチスと同じ思考だな
250. Posted by 名無し   2014年04月26日 19:16
家畜の優秀さの基準はいつの時代どこの国でもだいたい統一されてるけど、人間とは事情が違う
何が優秀な要素かなんて時代によっても社会によっても評価者によっても変わるからだ
自らトップになるよりも集団への帰属を重視する社会ではジョブズはお払い箱だ
男に交じって働く女が良いという時代もあれば家庭に籠る女が良いという時代もあったけどどっちが優秀な女かは決まっていない
面食いに言わせりゃ美男美女以外は内面や能力に関係なく人として落ちこぼれになる
知識豊富な学者が頭の中だけで知識をこね回して、実際の世界を見ずに作り上げた独自の世界の話なんだなって感じがする
251. Posted by      2014年04月26日 19:17
中学の勉強まではほとんどの職業で必要、生きていく上での教養だから進路わけは不要だよ。学力に応じてクラスわけはありだけど。あと、才能よりも、それ以上に努力できるか、インテンシティがあるかの性格のほうが大事。プロフェッショナルになれるのか、浅く広くだけど人間関係で生きていくのか。まず、ほとんどの一般人が努力しないから才能以前の問題。

まぁ、最終的には得意なこと、やりたいこと、社会に貢献できることがイコールになってくるから、遺伝子で自分の適性を把握しておくのは悪いことじゃない。高校以降は得意分野で方向性決めてスキル身につけていかないと、将来苦労する。
252. Posted by 名無し   2014年04月26日 19:17
これさえ実現されてれば、鳩山が総理大臣になることもなかったのか・・・

早急に導入するべきだなwwwwww
253. Posted by    2014年04月26日 19:17
変に争い起きそうだし
めんどくせーから電脳化で解決するかw
254. Posted by     2014年04月26日 19:17
働き蜂の理論のほうが説得力がある
才能よりも環境だな、東大卒のニートだっているんだから
255. Posted by MG名無しさん   2014年04月26日 19:18
才能のなさは技術で補えても、性格の悪さは技術で補う事は出来ないと<ヽ`∀´>が教えてくれた。
256. Posted by 名無し   2014年04月26日 19:18
コーディネーターはよ(・ω・)ノ
257. Posted by      2014年04月26日 19:18
能力の遺伝は確かにある、だが、人間的素晴らしさは環境によって作られる。人心を解する能力、お花畑で無い現実に対する思考力は遺伝だけで作られない。勉強だけ出来て後は駄目だっていうのが腐るほどいるだろ。肉体的選別の前に教育の向上を図るべき。先に人間を作れ。
258. Posted by     2014年04月26日 19:18
はっきり言って無意味
全世界のトップに立つような究極の戦場でなければ遺伝子の差なんて効いてこない
普通に優秀な人間を作るだけなら遺伝子なんてどんなのでもいい
全国民に一定水準以上の知能を付けられる教育方法を生み出す方がよほど有意義で簡単で安上がり
259. Posted by      2014年04月26日 19:19
優秀な無能なバカにもできる仕事はあるんだよ
頭の切れる天才をワタミや土方で働かせても潰されるだけだし勿体無い
260. Posted by      2014年04月26日 19:19
個人個人としてなら選別もいいだろう。
だが、日本は組織として、集団として戦うことを余儀なくされている。人間個体としての能力は、黒人や白人には勝てないからな。

組織として戦う場合、選別は意味がない。優秀なのとバカなのとのいわゆる「化学作用」によって
素晴らしい結果が生じることが多いから。

江崎とやらは、個人としてこれまでやってこれたんだろうが、(だからノーベル賞もとれるほどなんだろうが、)
あまり専門外のことに口を挟まないほうがいい。他の分野では「バカ」と同程度のレベルだよ、江崎w
261. Posted by 名無し   2014年04月26日 19:19
デザイナーズチャイルドって事?
262. Posted by まとめブログリーダー   2014年04月26日 19:19
検査とその後の進路を任意で選べば良さそう
国営で学校作って「才能あるって出てるけどウチの学校来る?」みたいな
263. Posted by         2014年04月26日 19:20
無駄を廃して遺伝子デザインからしちゃえば
264. Posted by 科学万能論は死ね   2014年04月26日 19:21
典型的な発達障碍者(アスぺ)の考え、この人は精神科に行った方がいい。
それ以外の要因(周辺)や批判(他人)を考えていない(答えない)、よくいる自分中心バカ学者。
ナチスの優生学。
ソビエトの優生学。
中共の優生学。
どれもクズだろ
科学万能論と遺伝子と万能感(幼稚性)が混ざってるこの乖離(妄想)はどう説明するの?
知的傲慢を恐れない時点で三流なんですけど。
265. Posted by     2014年04月26日 19:21
とりあえず池沼になる遺伝子とかは大体わかってきてるんだから
適切な交配をしてまともな遺伝子配列に持ち込んだほうがいいのは
火を見るより明らか
しかも〜に向いてないからするなじゃくて
片手間に趣味として好きなことをして
メインで向いている職業訓練を受けさせればいいわけで
いちいち否定している奴は二者択一でしか考えられない池沼
266. Posted by     2014年04月26日 19:21
必要なのは天才側のピークを探すことで他は別にいいんじゃね?

一番の問題は奇跡的な遺伝子を持つ人間が環境のせいで能力を殺されてしまうことであって。
バカと凡人と優等生クラスを区別することに意味はあんまないっていうか、それこそそこら辺は努力でいくらでも埋まる

学力検査でふるいにかけてその後遺伝子で最終検査、パスした者をエリートコースで金かけて教育していけばいい
267. Posted by 名無しさん   2014年04月26日 19:22
小学校に性犯罪者キムチマルがいて最悪でしたわ
268. Posted by    2014年04月26日 19:22
デザインチャイルドも付加するなら認めよう
269. Posted by 無しさん   2014年04月26日 19:25
なんて単細胞なんだw
270. Posted by     2014年04月26日 19:25
いいんじゃないかな
底辺を底辺としてちゃんとケアしてくれるなら
271. Posted by で   2014年04月26日 19:25
その遺伝情報がプラチナデータ化してコネありの無能が牛耳る世界になると
272. Posted by    2014年04月26日 19:25
いいこと言うな。結局DQNの作った子供ってそのままDQNになるケースがほとんどだしな
273. Posted by ななし   2014年04月26日 19:25
頭が良いのが蔓延る世界か
ケチくさくなりそうなんだけど経済回るのか
274. Posted by     2014年04月26日 19:26
宗教なら、魂を重要視する。
優れた親の元に波長の合う優れた魂が吸い寄せられる。
275. Posted by     2014年04月26日 19:26
能力と技能は違う
能力は確かに遺伝するが技能は生活・教育環境に依存する
そして人生を左右する要素は能力でなく技能の方
276. Posted by     2014年04月26日 19:26
報酬神経系へのアクセスは後天的だからね。
やらせるのではなく、そういう道に進む機会を優先的に多くしてやる程度じゃないの

何を以って「遺伝的に向いてる」と判断するかは知らんが、その道に悪印象持った時点で終了
277. Posted by     2014年04月26日 19:26
amazon予想通りだった
278. Posted by 名無しさん   2014年04月26日 19:26
ラクス教団にポアされちゃうなぁこの人
279. Posted by    2014年04月26日 19:27
最近ギフテッドに関心があったからタイムリーだわ

ギフテッドには能力に見合った教育を施すべきという意見ももっともだけど、
「自分と異なるタイプのグループと接することができる多様性のある環境」がもたらす効果も馬鹿にできないと思ってる
280. Posted by     2014年04月26日 19:28
※260
人間個体としての能力で黒人や白人に勝てないのは身体的能力だけな。

頭脳面ではむしろ黄色人種は黒人や白人より固体としての能力で上回っているよ。
281. Posted by     2014年04月26日 19:28
遺伝子組み替えればいいじゃん?
282. Posted by    2014年04月26日 19:28
それでも守りたい未来があるんだー
283. Posted by ドーモナナシサン   2014年04月26日 19:28
しかしこれが実施されたとして優劣決める第三者機関が必要だろ?
んなもん誰もやりたくないだろ
284. Posted by     2014年04月26日 19:29
底辺の癖に不相応な夢見て遠回りするのは社会の損害だから
さっさと摘み取って下働きの補充に回した方がいいわな
ごく稀に夢を実現可能な突然変異もいるのかもしれないが
確率的に些細な誤差だし一緒に摘み取った方が効率的
285. Posted by 名無し   2014年04月26日 19:29
こいつの考え方は危険だ。
自分の言っていることが分かっているのかw
誰かがコメントしているが、ナチズムの思想そのもの。
286. Posted by    2014年04月26日 19:30
教育は平等に受けられるべきだ。
全体的なボトムアップは必要である事に変わりはない。
だが、クラスに一人はいる、他の児童の学習の足を引っ張る、妨げになるような極端なのは弾いてもいいのでは?
学ぶ事も出来ない極端な児童に合わせるのは皆で一緒に不幸になりましょうって言うてるようなもんだろ、逆差別。江崎の言う事は翻せば「伸ばせる奴は伸ばしましょう」って言うてる事に他ならんと思うがな。生物学、社会学、両方ええとこ取り入れていこうや。
287. Posted by 名無し   2014年04月26日 19:31
英才教育とかそれ以外何もできないポンコツに育つだけだろ
288. Posted by    2014年04月26日 19:31
すぐナチズム言う奴は阿呆の極み。
思考停止している事すら気付かない愚図。
289. Posted by エネルギー名無し   2014年04月26日 19:32
 で、本当に江崎博士がそんな事言ってたの?
 博士をナチズムだどうだと非難する前に、発言の信憑性を確かめるべきだろ。ましてや「怪しい出版社」がソースなら(棒)。
290. Posted by    2014年04月26日 19:33
今はなにやってもダメな無能がとことん排除されてるからな
生活保護予備軍みたいなのは減らした方がいいかも
291. Posted by     2014年04月26日 19:33
小説の仮想世界で劣勢遺伝因子排除法を見た。
現実世界ではライ病か何かが問題になった気がする。
292. Posted by 名無し   2014年04月26日 19:34
50年前の感性(つまり、この人コンピュータ使えないと思う)
293. Posted by 名無し   2014年04月26日 19:34
まぁそれは日本でやること無いわ
とりあえず在日消すだけで解決するし
294. Posted by     2014年04月26日 19:35
さてやレオナ知っているな
資本主義→洗練された共産主義(今回)→洗練された無機質な資本主義
→より洗練された共産主義→より洗練・・・

貨幣という発明をしてしまったのでこのサイクルからは人類は抜け出せない

抜け出す800年後に会おうぞ 人類諸君
295. Posted by     2014年04月26日 19:35
優生学適用したら
低学歴のお前らの安倍ちゃんは
今頃土方やってるよ
296. Posted by    2014年04月26日 19:36
どうしようもない奴と同じクラスになった事のある奴以外は共感しにくいだろうな。
お前ら、「あーうー」や、CMのキャッチコピーを繰り返しオウムのように言う事しか出来ない知的障害者と何年間も同じクラスで過ごした事あるか?殆どの奴はないだろう。大人の自己満足、教師の点数稼ぎに付き合わされる子供の気持ち考えた事がある奴なんて、同じ経験をした奴以外いないだろう。 苦労した事ない奴は簡単に「平等」とかを平気で口にするからきらいだ。
297. Posted by あ   2014年04月26日 19:36
アインシュタインは大学で成績悪かったしな。
298. Posted by     2014年04月26日 19:36
才能の効率的な育て方、と言う一点でしか正しくない
今の異常な平等と反対ベクトルに同じくらい狂ってる
299. Posted by    2014年04月26日 19:36
ニートや引きこもりになる奴って幼少時から兆候出てるよね?
排除もいいけどそういう奴を早いうちからケアさせるのも大事なのでは?
300. Posted by ななし   2014年04月26日 19:37
朝鮮遺伝子キャリアは99.9999%犯罪者にしかならないから問答無用で極刑だな。
301. Posted by      2014年04月26日 19:37
遺伝子云々だけですべてを判断できるわけじゃないけどなw
一卵性の双子でもスポーツの世界で結果が違うなんてよくあることだし。

仮にこれをやっても不思議と政治家の息子は政治家になるようになるんでしょ?w
302. Posted by 名無し   2014年04月26日 19:37
これってむしろ遺伝子の多様性すら否定してんじゃないか?
進化の仕組みも分かってないのに。
例えば自閉症とかの障害持つ人でも、計算能力に秀でてたり、音感が神の域だったりとかする人がいるが、そういう能力を伸ばす教育を、って言うなら話は分かるが、そう言いたいのか?
もしそうしたいなら、まずはどの遺伝子がどんな才能を開花させるかを詳細に突き止めないとな。
303. Posted by     2014年04月26日 19:37
まず今の科学力では遺伝子で読み切れないだろ
304. Posted by わらぽん村の名無しさん   2014年04月26日 19:38
飛び級制とかでいいんじゃね?
向上心と才能ある奴が有象無象に潰されなくなると思うわ。
305. Posted by 名無しのガンダム好き   2014年04月26日 19:38
貴公はヒトラーの尻尾だな
306. Posted by    2014年04月26日 19:38
技術職だけど、頭脳労働者も資質が重要だよ
307. Posted by 名無し   2014年04月26日 19:39
効率の中学校なんて意味不明なやつが人畜無害だという理由だけで共存してたよ。でも誰もそんなの騒がなかったな。
308. Posted by あ   2014年04月26日 19:39
自分の能力がどのくらいで、何が向いているかくらい自分で判断したいわ。
309. Posted by 名無しのはーとさん   2014年04月26日 19:40
『スタートレックII カーンの逆襲』の見すぎだろ
310. Posted by とろ   2014年04月26日 19:40
才能あるなら別に特別な教育しなくても勝手に何とかすると思う
環境に潰される才能なんてたかが知れてる
私は仮に人間が皆個室で完全に等しい環境で育ったら、誤差程度の違いしか出ないと思う。才能は環境の違いからついてくるものと思う。
311. Posted by     2014年04月26日 19:40
何基準の話なのか知らないけど少なくとも目的があって国主導で一律で義務教育からはじめるわけだからその結果そもそもの対象の能力高い層が敬遠して無能故に残るシステムじゃ国としては本末転倒だもんな
312. Posted by     2014年04月26日 19:41
うーん…自分の場合だけど、手先が器用で子供の頃から彫刻や絵が得意だった。今もたまにイラストを頼まれて描くことがあるけど、実は描くという作業が全く好きじゃない。得意だけど楽しいと思ったことがない。
逆にうまくできなくても楽しいことだってあるし、できるできないだけで振り分けられたくないなあ。学びは必ずしも将来に結びつけるものでもないし。
313. Posted by    2014年04月26日 19:41
遺伝子の段階で分かるほど科学技術が進んだなら
遺伝子を弄って才能がある子供しかいなくなるだろう
何でわざわざ困難となる人生とわかってる子供を産もうとするのか
314. Posted by    2014年04月26日 19:41
世の中計算しきれないことがある。
一度相場やってみりゃわかるよ。
学者の中には相場に手を出した人(ニュートン,ケインズ)もいるけど,凡人以上に大損こいて迷言残したらしいし。
315. Posted by 奈々氏   2014年04月26日 19:41
5 一級市民=最上層

四級市民=最下層
な時代が来るってことだな。
そのうち、間違いなく叛乱が起こる。
316. Posted by    2014年04月26日 19:41
勉強もスポーツもダメそうならは大学行かせず物流倉庫でライン作業とかでいいんじゃない?
刺身にタンポポのやつ
あれ単純ではあるけど毎日扱う品物が変わって機械化が難しいから常に人が必要みたいよ
317. Posted by あ   2014年04月26日 19:42
いいと思うよ、天才なら天才の、凡才なら凡才の教育をして高校大学から本人の実力にあった学校に行けばいいんだから。
318. Posted by    2014年04月26日 19:43
5 まず人間は一人一人違ってて、差別される事こそが自然な姿である事が真理であるというのに。
だから私は敢えて諸君らに言おう、「差別しろ!」と。
ことばが言葉が持つネガティブイメージに捉われてはならない。何故なら「愛」とは差別そのものであり、自分の父親と隣のおじさんは違うし、自分の彼女と街で擦れ違ったただの女性は同じ扱いではないからだ。ここから目を逸らし続ける者達の価値観の押し付けから脱出して、初めて日本社会は一歩進む。「傷つけろ」と説いているわけではない、人は皆差別をしなければ生きていけないというありのままを受け入れろと言っているだけだ。
319. Posted by    2014年04月26日 19:44
教師も遺伝子調査して不向きな人は雇用しないで頂きたい。
320. Posted by 名無し   2014年04月26日 19:45
程度の問題はあれどこれは正しい
遺伝子検査以外も加えた複合的なテストにして本気で実施目指すべき
321. Posted by 名無し   2014年04月26日 19:46
あと何十年かしたら
新しい技術(システム)を開発出来るものと、それを組織管理するもの

ヒューマンスキルだけの職種

二極化する。それを遺伝子でより分けるのは、多分不可能
322. Posted by     2014年04月26日 19:48
じゃあお前の席にふさわしい赤の他人がいたら、何の未練もなく明け渡すんだよな?
323. Posted by ドラクエモンスターズ   2014年04月26日 19:48
才能の開花や、晩成型といわれる努力の積み重ねで築きあげる方々の事をどう考えてるんだろうな。
324. Posted by    2014年04月26日 19:48
米307
そりゃ人畜無害だからだろ
人畜無害なら誰も文句は言わない、当たり前の話だ。
人畜有害なら皆文句言ったろうな。
325. Posted by 名無しのプログラマー   2014年04月26日 19:49
能力を発現させてやることは人生を幸せにするうえで一番の近道
326. Posted by    2014年04月26日 19:49
アパルトヘイトは理にかなっていた、というこった
327. Posted by     2014年04月26日 19:49
やりたいことは趣味としてやればいいだけじゃん
仕事はちゃんと向いたものをやるのが当然だろ
328. Posted by 名無し   2014年04月26日 19:49
seedかよ
そこまで行ったら怖すぎだわ
329. Posted by 名無し   2014年04月26日 19:50
勉強できるヤツは、一生エリート社畜やればいいんじゃねえの(笑)

仕事ができるのと、勉強ができるは、全く別次元だからな。

勉強できるやつは、総じて仕事できない。お前らの大好きなホリエモンも勉強できるやつだろ。
330. Posted by    2014年04月26日 19:50
その前に、教師の質だろ!?
331. Posted by 名無し   2014年04月26日 19:51
障害者より犯罪者の遺伝子を排除するのが先だろ

332. Posted by 名無し   2014年04月26日 19:51
無能を使えるようにするのが教育なんじゃないのかよ…
333. Posted by     2014年04月26日 19:52
実際には、そんなすっきりと線が引けるとは思えないけどね。
334. Posted by 名無しのはーとさん   2014年04月26日 19:53
俺は夢を追って才能無いこと自覚したけど目指したことを後悔はしてないな
未来はそういう人間が許されない世界になるのか
335. Posted by     2014年04月26日 19:53
何も知らずに無駄な努力を重ねて報われないなんて結果になるよりよほど良い。
が、先天的な影響と後天的な影響、それぞれが定量的にどのように人に作用するかはまだ明らかではないはずだ。
336. Posted by     2014年04月26日 19:53
遺伝子で見合った分野は分かるかもしれんが、
遺伝子解析するだけで将来の細かい方向性まで分かるのか?
337. Posted by     2014年04月26日 19:56
オレ様のようなエリート戦士が、貴様ごとき下級戦士に遅れをとるというのかっ…!!
338. Posted by 名無しのはーとさん   2014年04月26日 19:56
※31
遺伝子で嗜好までわかるわけないだろ
339. Posted by     2014年04月26日 19:56
おっしゃるとおりですが、天皇とか大企業の社長とか一部の既得権益を貪ってる金持ちが絶対許さないと思うよ
340. Posted by お祭り好きの電氣屋   2014年04月26日 19:56
この人の表現は異端過ぎて凡人には理解しがたいときがある。
実はおいら、専門学校の入学式典の時に彼の講義を聴いたことが
あるが正直「解らない」という人が多かった。
(技術者としての考え方についてだった・おいらは理解できた)
極端に技術者脳しているからそのあたりのセンスがないと
理解できない。故に誤解も生む。

その人にあった適切な教育と進路指導が必要だと
言いたかったのだろう。
341. Posted by お   2014年04月26日 19:57
熱い三流の存在を許さない社会かー

いき苦しそうだなw
342. Posted by 名無しのオージャン   2014年04月26日 19:57
これに近いことは既に行われてて、例えば官僚になるためには擬似的なIQテストに受かる必要があるわけだ。IQはある程度の年齢以上ではほとんど変化しないから、実質才能と幼少期の環境で官僚になれるかどうかは決まっているのだよ。あとから努力しても無駄な奴は無駄。
司法試験なんかも、大学在学中に余裕で受かる奴もいれば年齢制限まで落ち続ける奴もいる。そういう無駄な努力を極力なくすことはある意味幸福だと思うがね。
343. Posted by    2014年04月26日 19:58
体の強い遺伝子、くらいならわからんでもないが才能で分けたら
かりに完璧に分けれたとして嫌いな事が向いていると知って最悪そこで人生自体のやる気を失くす奴とか色々弊害は出て来るな
344. Posted by 学名ナナシ   2014年04月26日 20:01
飛び級や学力別クラス訳とかでいいと思う
345. Posted by     2014年04月26日 20:02
頑張れカカロット…
おまえがナンバーワンだ
346. Posted by    2014年04月26日 20:02
貴様ら、これを肯定するなら何故

 ナ チ ス は 否 定 さ れ 続 け て い る の か ?
347. Posted by     2014年04月26日 20:02
遺伝については競馬のが人間より研究が進んでるよな
おれは成長が遅い方だったからいつも運動会でちん毛ボーボーのやつに負けてたわ
348. Posted by PCパーツの名無しさん   2014年04月26日 20:03
最近の研究では
頭の善し悪しは遺伝子よりも
環境の影響の方が大きいという話があるから
遺伝子別学習法というのは基本的に間違ってる
349. Posted by     2014年04月26日 20:04
この人は自分が天才だからこそ才能の欠乏ゆえの無能をたくさん目の当たりにしてきたんだろうな
特に科学研究分野は無能を切り落とすのがやさしさと言える世界なのかもしれないね
この記事の信憑性如何は知らんけど
350. Posted by     2014年04月26日 20:05
>>348
いや正しいって、ディープインパクトがなぜ強かったのか
親が駄馬だと子も高確率で駄馬だぞ
351. Posted by    2014年04月26日 20:06
遺伝子解析で適正を判断出来るようになるとか夢のある話だなー・・・
それが技術的に可能になるのが何十年後で
それを社会が許すのが何百年後になるかが問題だね
352. Posted by 名無し   2014年04月26日 20:07
馬鹿大学の学園長やってる癖によくいうよな
353. Posted by     2014年04月26日 20:07
全くその通り!・・・でも遺伝子検査自体が全く正しく出るわけじゃないんで、ダメ。
354. Posted by    2014年04月26日 20:08
これをナチズムと結びつける奴はなにヒスってんだか
駄目な奴は弾かないと、普通や優秀な奴まで一緒に駄目になるって話じゃねーの。
別にナチに倣えとは言ってないが、ナチ批判に興じる余り、優生学全否定かよお前ら、植物育てた事もねーのか。
355. Posted by    2014年04月26日 20:08
なんか「魔法科高校の劣等生」みたいに
エリート遺伝子を持った層と劣勢遺伝子層で差別意識が出そうだ。
356. Posted by     2014年04月26日 20:09
すでにそういう仕組ができていたんなら、ラリーページとか
ラリーウォールとかラリーバードとかは
無名のままで終わっていただろうな
357. Posted by    2014年04月26日 20:09
これ実用化されたところで一部のお偉いさんが
「ウチの息子池沼一歩手前とか酷い結果出てるけど世間体悪いからデータ改竄しよ!」
とかやりだすだけでアッサリ破綻するんじゃない?
ポッポ2号みたいのがそれで総理になっていろいろやらかして、
でも一般の国民は地頭が悪い上に学もつけさせて貰えてないから
総理がやらかしてるのに気づくことすらできない、みたいな事態になったら
国が滅びかねないよ
358. Posted by 名無しさん   2014年04月26日 20:10
現状に対する苛立ちがあるんだろう。
21世紀だっていうのに全然未来じゃないし
変なことばかり言う奴らが増えて全く先へ進めない。
要は適材適所を効率よく出来たら皆ストレスなくて楽なんじゃない?って話
359. Posted by    2014年04月26日 20:12
阿呆くせえな
360. Posted by 774   2014年04月26日 20:13
教育制度を語るんならまずは義務教育と自由民主主義体制との関連性を明確に理解した方がいいと思うの
無学を生むって事は一党独裁を生みやすいって事とほぼ同義なんだぞ
ナチスの一党独裁が成り立ってたのも無知な民衆が多かったかってのが原因の殆どを占めてるんだよ
最近の日本の動き見てると本気で日本ダメポ…
海外に高飛びでもするか
361. Posted by     2014年04月26日 20:13
仮に天才と同じだけの能力がある人材を育成できたとしても教育という過程を経た人間が果たして天才と呼べるのかって意味では疑問が残るよね。ただのスペアなんじゃないかって、有能無能、良いだ悪いだどうのこうのっていう話ではなくて観念的な話なんだけど。
教育っていう立場の人間の第一目的が天才を育てようってことだとは思ってないけども
362. Posted by 名無し   2014年04月26日 20:13
火の鳥未来編かよ
363. Posted by    2014年04月26日 20:13
遺伝子は絶対ではない、優秀な人材は得てして「野」にいる事も多い。
が、ある程度の能力が、かなりの確率で保証されている事も、家畜や植物の品種改良で証明されている。
あとは倫理の問題だろう。劣った者が差別されたく(不利益を被りたく)ないが故に、この手の発言を集団で全力で潰すのも社会の常だ。突然変異もある、50%程度の導入にとどめ、遺伝子の優劣が絶対的基準と勘違いする馬鹿を生まないような土壌を作れれば或いはうまくいく可能性も微レ存かと。
364. Posted by 名無しさん   2014年04月26日 20:13
多様性を排除したら種が絶えるだろ
365. Posted by @@   2014年04月26日 20:14
これから、戦争がおこるかもしれない、となると。
大事なのは優秀な兵士、そう考えると遺伝子上、江崎おまえは無能だ最前線へ行け、年だしもういいだろう、となるかも。

必要とされる才能はいつも地代で違う。

大体、鳩山元首相なんかも学歴はたかいだろう。
日本帝国も頭がよいのがトップだったんだろう。適正はわかるが馬鹿だろう。
366. Posted by PCパーツの名無しさん   2014年04月26日 20:16
無能のお偉いさんがいる限り二重の意味で実現しないな
まず施行されないし、そして施行されても理想とする形にはならない
無能のお偉いさんたちが好き勝手に例外作って
中間層が絶無になり無能が天才の邪魔をする最悪のパターン
367. Posted by    2014年04月26日 20:17
米365
適材適所の話をしてるのに、なんで無能を適切じゃない場所に配置する話をしてるの?
それに年齢の問題と遺伝子の問題を何故並列で語っているの?
368. Posted by     2014年04月26日 20:19
スポーツは明らかにある

頭脳はまだ分からん気が
少なくとも、人間の思考アルゴリズムを完全にトレースできるコンピュータできるぐらいできなきゃ、優越つけるのは傲慢すぎる
369. Posted by    2014年04月26日 20:20
学歴で騙される馬鹿の多いこと
日本の学歴社会はまだまだ安泰だな
入学試験の記憶力テストで優秀な成績を収めただけで、今の日本は記憶力がいい=優秀となっているからな。
大事なのは大学でどんな研究をして、どんな成果を残したか、優劣を測る基準は本来そこのはずなのにな。日本人は権威や家柄に弱い。とか言う俺でもそうなんだからしみじみと実感する。
370. Posted by 絶望的名無しさん   2014年04月26日 20:20
カスは子供生むなってことですね、分かります
一気に少子化が進むし、合理的だけどモチベに繋がらないしで、尻すぼみに消滅しそうな世界だな
まあ今の人類は多すぎるから資源的にもそのくらいの方が良いのかも知れないけど
371. Posted by 名無し   2014年04月26日 20:20
バカみたい。
人間が人間を管理する事なんて不可能。
マトリックスみたいに、機械が人間を奴隷にするなら同意。

つか、狂四朗2030かよ。
372. Posted by ごーるどらいたん   2014年04月26日 20:23
元記事2001年かよ...古すぎ。
373. Posted by    2014年04月26日 20:23
生まれで差別をする。
こういうのこそヘイトスピーチって言うんじゃないの?
374. Posted by     2014年04月26日 20:23
遺伝子はどうかと思うが、うまく適正を判別できる方法があればいいな
375. Posted by 名無し   2014年04月26日 20:26
昔、学校で職業適性のテストで
「どの仕事も向いてない」と出た。
傷つくんだぞ!
そういう人を増やす教育反対!!
376. Posted by    2014年04月26日 20:27
世に9割存在するいわゆる無能や馬鹿のレベルを底上げしているから日本は優秀な国でいられる
しかし一部の秀才や天才がそのワリを食って才能の活かせずにいるのも日本のシステムのせい
資金や後ろ盾があるやつは欧米の大学に行き、望んだ教育を受けて望んだ分野の仕事や研究に携わるけど
結果的にその後も留学先の国の利益の為に力を注ぐことになる
馬鹿を育てるシステムはそのままに、飛び級制度や特別に高度な教育・研究機関を新設すれば良いだけだよ
377. Posted by       2014年04月26日 20:27
既得権益の獲得に必死だねぇ
378. Posted by 名無しの保守派   2014年04月26日 20:27
江崎氏の考え方って、あのヒットラーの“優生保護法”の考え方と同じじゃね!?
379. Posted by     2014年04月26日 20:27
生まれた時点で将来が決まっちゃうの?
380. Posted by 名無し   2014年04月26日 20:27
ネアンデルタール人みたいに多様性が無くなり、人類が滅びる訳ですね。それでも良いけと。

肉体や容姿に環境に恵まれ人生を謳歌できた。 しかし、いづれ死んでしまう。
産まれた時から全て惨めな人生であった。 しかし、いづれ死んでしまう。
人は死ぬ限り、絶対に幸福にはなれない。
これを崩すのは不老不死くらいだな。
381. Posted by     2014年04月26日 20:28
こんな十数年前のソースで盛り上がる男の人って…
382. Posted by 名無しさん   2014年04月26日 20:28
言ってることは正しいと思う
そもそも学校の試験もそのためにあるようなものだから

ただ幸せを求める権利って部分にかかってくるとややこしくなるぞ
383. Posted by 名無しさん   2014年04月26日 20:29
こういうのは本当に特化した専門的な才能やプロレベルの能力を持つ人達の事を指してるんじゃないの?

有名な四大卒とか県大会何位、程度のものではない気がする。

384. Posted by あ   2014年04月26日 20:31
みんな読み違えてないか?
この人、馬鹿は切り捨てるって言ってるんじゃなくて馬鹿は馬鹿なりに勉強方法があるって言ってるんじゃないの?
そんなの平等じゃないってコメントあるけど全員現段階よりプラスになるんならいいんじゃない?
385. Posted by    2014年04月26日 20:33
後のギルバート・デュランダルである
386. Posted by    2014年04月26日 20:33
つまり俺はボッシュートなんだな
387. Posted by    2014年04月26日 20:34
平等って言葉を理想化しすぎだよな。
ユートピアだよそんなもん。
この世は平等じゃないのに、そんな歪んだ思想持ち込むからおかしくなる。
「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」って言葉を一万円札も残しているのに、名前だけで教えは殆ど受け継がれていない。この世が真に平等なら争いは起こらねぇよ。
388. Posted by ななな   2014年04月26日 20:36
無駄な人生は許さん!!って…
389. Posted by    2014年04月26日 20:39
人生は無駄を楽しむものだ、みたいな言葉を寄生獣が残していたな。
それは個人の生き方の話であって、この江崎のは社会全体を、ひいては日本の国益にかなうような社会をどのように構築していくか、って話でもあると思うけど。俺は可能性があるなら、一部を実験的に試してもいいと思う。普通の人達は今までのそのままに、特化した人間は国がバックアップして救いあげればいいだけの話だな。
390. Posted by 七誌   2014年04月26日 20:39
こんなのは、国が口出さなくても個人、各家庭が今まで自由にやって来て今もやってることなのだからなと思う。

代々医者の家庭は嫁さんの学力に口出してえり好みするし、女の子だって自分の子供が幸せになれるよう相手の年収や職業と一緒に外見をきにしたりするしな。(結婚を口にする女がお互いに子供のころの写真見せ合おうよ!なんて言うのは、そういうのw)。

自由にしとけばいいじゃないんですかね?
391. Posted by    2014年04月26日 20:40
遺伝で決まるなら利根川進の息子は自殺なんてしないはずなんだよなあ
392. Posted by    2014年04月26日 20:40
一次元でしか物を考えない奴が多いな。
優れた劣っただけじゃないだろ。自分が何に向いているのかが分かれば、その分野に集中して伸ばすことができる。
その上でツマンネって思ったなら別分野に行けば良い。

本人的にも、明らかに勉強に向いて無いのに無理に勉強させられるとか苦痛だろ。
393. Posted by    2014年04月26日 20:41
この世は平等じゃないから美しい。
見渡す限り同じ花しかなければ生きていくに値しない。
同じ顔の人間だらけだったり、同じ形の蝶ばかりの社会で生きたいと思うか。
394. Posted by     2014年04月26日 20:43
江崎氏の発言を読んで「選民意識」だの「切り捨て」だの「人権」だの言うやつは本当に馬鹿だから死んだほうが良い

この人は玉石混交の集団に対してピンからキリまで「全員」の力を引き上げる為にはどうすればよいかと言ってるだけだからな

自身へのコンプレックスも大概にしとけよ
395. Posted by    2014年04月26日 20:43
選民意識の高い韓国人は技術的にできるなら喜んでやりそうなアイデアだと思った。
396. Posted by 名無し   2014年04月26日 20:44
遺伝子検査員「江崎座長、以前検査した座長の遺伝子ですが
       知能は並、運動は下、特化した才能はちぎり絵
       と判明しました」
江崎玲於奈「…………えっ?」
遺伝子検査員「明日から才能特別カリキュラムを行います。
       24時間がんばって下さい」
江崎玲於奈「えっ?えっ?えっ?!」
397. Posted by     2014年04月26日 20:44
まず、優秀な遺伝子とはどういうものなんだ
398. Posted by oh   2014年04月26日 20:44
強制するんじゃなくて、あくまで参考に告知するでいい思うよ。
それなら進路も決めやすいだろうし
399. Posted by 名無し   2014年04月26日 20:44
国が口出しせんでええことじゃないのか?ってことだし、
上手くいかないって言ってるだけだよ。
400. Posted by 名無し   2014年04月26日 20:45
人権派様のナチ認定まだー
401. Posted by     2014年04月26日 20:46
優秀とか良かったとかなんて
生まれる前からわかるものじゃない
その人が人生を全うし振り返ったときにわかる事だから
402. Posted by     2014年04月26日 20:47
権力者の息子がピーだったらどうするのかなっと
403. Posted by     2014年04月26日 20:48
※402
金の力でどうにでもなる
それは昔から変わらんよ
404. Posted by さ   2014年04月26日 20:49
遺伝子検査で優秀な人間を判別することが可能と信じる人間は、物事を一面しか捉えられない単純な性質だと遺伝子検査で判別されて、肉体労働にまわされたらどうすんの?
405. Posted by 名無し   2014年04月26日 20:50
そもそも遺伝子による優位性がどこまで能力に差を付けますかというのが明らかじゃない限り、空論でしかない。
能力は環境によるというのは共産主義に多いと言うけど、
ある基準によって画一的に人間を振り分け、決まった仕事しかやらせないというほうが共産主義的だと思うけどね。
少なくても現代の民主主義の考え方じゃないわな。
406. Posted by a   2014年04月26日 20:50
優秀な人の子供は優秀だというのは、殆どの人が経験値で分かっている。
でも、これ聞かされて明るい気持ちになれないのも事実だ。
江崎玲於奈さんは、福島の事故の後も「除染など無駄なことはしないで、
核廃棄物最終処分場にすればいい」と提言してたよね。
提言が理や利に合致していたとしても、丁寧な物事の進め方をしないと多くの人が絶望感に陥る。
科学が進むと人が幸せになるというのは幻想じゃないかと考えることがある。
玲於奈先生にとっては、どうでも良いことなんだろうなぁ。
407. Posted by あ   2014年04月26日 20:51
こいつドラフト一位や血筋がいい馬しか勝てないから教えないとかまだそんな考えなんだなw
ヤンキーから教師になったり東大から雀士になったり人間の才能なんて多種多様なのに馬鹿な奴だw
本人のやる気次第だろ。EXILEよりダンス上手くてもダンスやってない奴らなんてごまんといるわw
408. Posted by あ   2014年04月26日 20:52
正論
生まれた頃から数字と物理、地理的なことにしか興味がなかった息子に国語や社会の点数について渋いことを言いたくない
でもそうしないと彼の理科能力に見合う将来にたどり着けないし、それに見合う教育も与えられない
409. Posted by xxx   2014年04月26日 20:52
異端児的な人が出てこなくなるよな!

つまりは工場量産品が大量に並ぶ…
それって生命の進化につながらないのでは?

てか、何かにつけて
遺伝子的に…とか言う奴って馬鹿なの?
オマエが遺伝指摘に排除されるべきじゃね?と思う。
410. Posted by     2014年04月26日 20:52
※404
肉体労働に必要なのは能力じゃなくある程度の身体能力
何のとりえもなくてガタイが良いやつだけになるんじゃね
あれ?今と変わんねえな
411. Posted by あ   2014年04月26日 20:53
なんだこれ

馬鹿?
412. Posted by 名無し   2014年04月26日 20:53
大丈夫才能なくても東大にいくくらいは出来るから

とりあえず当人の遺伝子からといこう
どうせ大した才能ないから
というか世の中遺伝子に表れる才能を保有してる人間ってどの程度いるんだ? 
413. Posted by a   2014年04月26日 20:54
生物の多様性が美しい地球につながる。
日本の植物の多様性が、農産物の美味しさに関与しているだよ〜〜ん
414. Posted by    2014年04月26日 20:57
身体面では遺伝も関係あると思うが
他の才能って5才ぐらいまでの親の教育の影響だと思う
415. Posted by ?   2014年04月26日 20:57
ゴールデンバウム王朝かな?
416. Posted by    2014年04月26日 20:58
種死でデスティニープランが出てきた時は総ツッコミだったけど
まさか現実で同じ事言う奴がいるとは
417. Posted by     2014年04月26日 20:58
※407
お前がこの※欄での馬鹿ランキング一位
生まれたときや幼いうちに才能が判ればお前の言う
ヤンキー→教師:最初から教師を目指した教育を施せる
東大→雀士:最初から雀士を目指した教育を施せる
ってこと
418. Posted by 名無し   2014年04月26日 20:58
イチローでも本多でも才能なんて超一流の奴らに比べたら全然ないよ。
それでも超一流になれたのは本人のやる気と努力、才能だけで勝てるとか甘過ぎ。
ヘンケラーとか耳は聞こえないわ喋れないわ、目も見えないとか才能どころか生きていくのも大変な状態で看護婦になれとは誰もいわない。
ようは本人の信念と努力次第。
419. Posted by 名無し   2014年04月26日 20:59
大金持ちがどう考えてもアレなのに、大金使って能力不相応な学歴をつけてやることも、ある意味、有難い親心かもしれない(だって、取り柄が無いないなんて可愛そうでしょ?)


偉くなったら困るけど
420. Posted by ヲイ!   2014年04月26日 21:02
まあ、この考えを一歩進めて「劣等種絶滅計画」に立ち至った場合、一番最初に候補に挙げられるのは俺たちだろうな。
「遺伝子は悪くないが現状が悪い。まともに働く事もせずネットの世界に引き籠っている。遺伝子の情報通りになっていないのは劣化要素が何処かにあるからで、この血統は残すべきではない。」なんちゃってネ。
421. Posted by     2014年04月26日 21:03
自分の子供がダメ遺伝子で迫害されるしっぺ返しって銀英伝みたいな未来がくるんじゃ
422. Posted by 名無し   2014年04月26日 21:03
ある意味正しいから
一部地域では本格的に検証して実施すべきだと思う
423. Posted by 名無し   2014年04月26日 21:05
ベッドではすごいんです///
424. Posted by 名無し   2014年04月26日 21:06
そーゆーのも才能やねんで
425. Posted by    2014年04月26日 21:06
ガンダムで見た
要するに人間を一個の部品として扱うわけだよな
426. Posted by    2014年04月26日 21:07
>無能は教育するだけ無駄

こんなこと言ってないだろ
427. Posted by     2014年04月26日 21:07
この手の話は、能力の有無を診る奴が無能ってことがあり得るんで危険。
教育を受ける権利は認めつつ、成人後成果を出せない奴の税金を上げる方向でどうだろう?
税名は無能税な。
428. Posted by 名無し   2014年04月26日 21:07
※417
馬鹿はテメーだろw
最初から才能で選別するのに挑戦もしないでどうやって東大生に雀士の才能があるとかヤンキーに教師の才能があるとわかるんだ?wなれたから才能あったじゃ結果論だろw
健常者じゃなくても偉大な成果残してる人もたくさんいるだろ?普通以下だから才能云々じゃないよな?
まぁお前みたいに才能もなければ努力もしないゴミには関係ない話だからはやく死ねやゴミがw
429. Posted by     2014年04月26日 21:07
まぁ例えばプロスポーツ選手になれたやつとなれなかったやつが高校時代同じチームにいたとしたら
なれなかったやつにとって高校3年間の部活は無駄そのものってことなんだから
ヒトの短い人生、可能な限り無駄を省き、時間を(国益にとって)有効に使わせてやる(従わせる)のは大切なこと
マクロ視点ではね
430. Posted by     2014年04月26日 21:08
※422
とりあえず、お前には明日からマグロ漁船に乗ってもらう
431. Posted by     2014年04月26日 21:08
管理社会の到来ですね。
度が過ぎなければよいとは思うが、必ずその内度が進むようになるぞ。
432. Posted by 名無し   2014年04月26日 21:09
身体能力はある程度遺伝によって左右されるというのは、陸上の短距離の世界記録が黒人に占められているのを見れば納得でいる。
けど脳みその中の能力まで遺伝によって決まる、というのは理解しがたいな。
これが本当なら、ノーべル賞受賞した研究者の子孫もまたノーベル賞を受賞するような優れた研究者、といったことが言えるはず。
けどエジソンの息子が優れた発明家なんて聞いたことないし、アインシュタインの息子が世紀の偉業を成した、ということもない。
結局、最大前提である「人の能力は遺伝によって最大値が違う」が証明されないと全く無意味なんだよね。
433. Posted by まとめブログリーダー   2014年04月26日 21:10
あまりにもマクロ的で崇高過ぎる
人間以外の超越的存在が完全管理する世界なら可能なレベル
434. Posted by    2014年04月26日 21:10
こういう基地外たまにいるよね
二重螺旋構造でノーベル賞とった片割れもひどい差別主義者だし
435. Posted by 名無し   2014年04月26日 21:11
ノーベル賞受賞者が優生学的な考えをしてるのか…
436. Posted by あ   2014年04月26日 21:13
なんか、天皇が遺伝子で無能ってなったら右翼はどうでるんだろと頭をよぎった
437. Posted by 名無しのプログラマー   2014年04月26日 21:14
こういうのって、全肯定する人と全否定する人が不幸な子供を増やすんだよね。
438. Posted by    2014年04月26日 21:14
すべてを画一的にやるんじゃなくて、目的に合わせた選択という意味では素晴らしいんじゃないか。だれがどんな目的を持つかということが問題になってくるが。
439. Posted by     2014年04月26日 21:15
遣りたくもないことも〜って言ってる奴は見当はずれ
遣りたくないことをやらされるのは今の教育も同じ
遣りたくない才能の無い事をやらされるのではなく
遣りたくない才能のある事をやらされるのだから
前者よりはマシだろ
440. Posted by 名無し   2014年04月26日 21:17
遺伝で全て決まるなら長嶋一茂はメジャーリーグで大活躍してこぶ平は落語の頂点とって二世三世だらけになるわwどの業界も
441. Posted by     2014年04月26日 21:17
で、こいつの遺伝子解析したら素質は全然なしとか結論だったりしたら笑ける。
442. Posted by     2014年04月26日 21:18
※428
自分で自分が言ってること理解出来てるかい
才能で選別するのに「挑戦」?www
論理破綻してることに気付いてるかい
まぁ無理だろうな
443. Posted by 名無し   2014年04月26日 21:19
素質ある人間だけ集めても、結局そこに優劣が発生し、落ちこぼれが生まれるんだけどね。
444. Posted by 名無し   2014年04月26日 21:19
逆に犯罪者の子は犯罪者だから殺すしかないとかになるのか?w
まるで狂四郎みたいな考えだなw才能が全てとか言う馬鹿はw
445. Posted by あ   2014年04月26日 21:20
遺伝子で振り分けるのはまだ現実性が伴ってないから微妙だけど
義務教育の範囲内でも成績に応じて学校やクラスを分けるのは良いかもね
446. Posted by     2014年04月26日 21:21
遺伝子的な才能と経験的な才能は別だろ
そんな事を言ったら遺伝的に人間は陸上より水中の方が得意だぞ
淘汰的遺伝アルゴリズムと環境的遺伝アルゴリズムは一致しないって
最新のネイチャーで載ってるがな
447. Posted by あ   2014年04月26日 21:22
ホーキング……
448. Posted by 名無し   2014年04月26日 21:23
※442
お前はいつも粘着して無駄に一生使い切る才能あるから頑張って張り付いててねw
管理人か?じゃなきゃかなりの馬鹿だなwww
449. Posted by にじんちゅ   2014年04月26日 21:25
IQ140以上・ノーベル賞受賞者・オリンピックメダリストの本人及び三親等以内。
子供を産んだらその子が30歳になるまで、一人年100万円の手当+国内の学校であれば教育費は全部無料。
だから何人でも産んでくれい。

でいいんじゃないかな。
450. Posted by     2014年04月26日 21:26
お前らwww
とりあえずだな、高校教育の基礎ぐらいまではどんな生き方でもクリアすべきだと思うぞ・・・これ共感できない高卒以上は残念だな。

能動的に学ぶ姿勢を持つ奴は受験という学力の壁と対峙して超えたいやつは超えてればいいさ。

そうすると今のシステムでも問題なくないか?
451. Posted by     2014年04月26日 21:26
遺伝が重要なのは真理だけど二世議員然り二世選手然り、最も有利な点は血ではなく知識と教育環境が遺伝される点にある
才能も無いのに好きなことだけしていたいなんてアウトローはこの世に不要
才能は無くても苦痛に耐えながら責務をこなしてるやつのほうが偉い
最高なのは才能があって尚且つその道に従事している者であって
江崎氏の提唱は高効率を実現するためのひとつのアイデアに過ぎず
大騒ぎするほどのことでも無い
452. Posted by あ   2014年04月26日 21:27
これを正論とか言ってるやつヨーロッパで同じ発言して殺されてこい

つかフランスだとマジで逮捕されるぞ
453. Posted by 名無し   2014年04月26日 21:27
ガタカみたいに生まれたとき優秀な遺伝子でも交通事故で下半身付随になったりするし一概に言えないよ
454. Posted by み   2014年04月26日 21:27
アクセプトしなきゃいけないと「思ってる」とか僕は遺伝だと「思ってる」とか何の根拠もないただの感想、個人の思い込み。
分野によっても違うだろうし判断するにしてもちゃんと定量的なデータ示して決めなきゃいけない。
現実はこの人の頭の中と違ってそう単純ではない。
455. Posted by     2014年04月26日 21:27
人間は神じゃねーよ
思い上がりもはなはだしい
456. Posted by    2014年04月26日 21:28
才能より意欲のが大事
どんなに創造性を要する仕事も人によってただの作業になったら共産主義と同じ結果をもたらす
457. Posted by     2014年04月26日 21:29
こども以前に
DQN親の子供はクラスで問題児になり
中学高校に進むと犯罪者予備軍になる
義務教育に親判定をまず設けるべき
458. Posted by     2014年04月26日 21:30
※448
お前に他人の才能を判別する能力など無いよ
夢ばかり見てんなよ無能
もう少し現実的になれ
459. Posted by 名無しの気団談   2014年04月26日 21:32
根源的レイシズムとでも呼ぼうか
460. Posted by 名無し   2014年04月26日 21:34
人権団体も騒ぐだろうし、現代技術でどれだけ精巧か分からんのがなぁ……
まぁ、金はたいていい学校通わせる親もいるだろうし、
遺伝子ないし、何かしらの判断材料はあってもいいのかもね
461. Posted by Gamehard774   2014年04月26日 21:36
遺伝子で全て決まると考えちゃうところが物理学者の限界だよな
462. Posted by     2014年04月26日 21:37
おまいら排斥される前に生まれてて良かったな
463. Posted by     2014年04月26日 21:38
学生時代の測定では毎回IQ160〜170出てましたが今は立派なブラック企業勤め(中間管理職)です

部下をこき使う才能は少しはあると思ってますが自信はありません
464. Posted by    2014年04月26日 21:38
血液型性格診断は信じる癖に、このアイデアは反対なのかな?
うちの理系の訓練を受けていない老人も似たようなこと言うんだよ。
遺伝子で教育方法を変えろって。江崎博士も老人だしな。だれでも年を取るし。
ただ、体育が苦手な子に国体目指せっていうのも変だし、理系が嫌いな子に理系博士目指せと等言うのも変。この苦手、嫌いというのは遺伝なんだろうか?そうだったら、ある程度目安みたいなものはあるかもしれない。
465. Posted by    2014年04月26日 21:39
普通に小学生の段階から、優秀な奴と出来ない奴をひたすら分けていけばいいじゃん。クラスや学校も。
両親が馬鹿でも、努力していい大学いく奴もいるんだし。凡才が努力して付いて行けてるなら、才能で分ける必要はないだろ。
466. Posted by ニコニコ名無しさん   2014年04月26日 21:39
全ての人が同じ給料、同時間労働になるならありかもな
少なくともそうしないと
医者に割り振られた奴とライン工に割り振られた奴で差がつきるぎるだろ
467. Posted by ・   2014年04月26日 21:40
天才児の飛び級は認めよう。
468. Posted by 名無しさん   2014年04月26日 21:42
才能あってもやりたくないものってあるだろうに
469. Posted by     2014年04月26日 21:42
絶対値はともかく、得手不得手の傾向は遺伝子で決まるのかも知れないな
家族一同スポーツ一家だとか医者一家だとか割と良くあるけど
例え好きでも才能と努力が一致しないと職業に出来るレベルには育たんだろ
470. Posted by 名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします   2014年04月26日 21:43
性格まで遺伝子で決まるのかね?あっている道に行っても成功しなきゃ意味ないじゃないか
つうか飛び級で解決しないかこれ。
471. Posted by    2014年04月26日 21:43
今は脳の成長に幼児教育が与える影響が大きいことがわかってるからなー。
472. Posted by アラスカ   2014年04月26日 21:44
そんなことしたら間違いなく階級社会が生まれるぞ。 アホなこといってんなクズ
473. Posted by    2014年04月26日 21:45
受験とかは、才能だけでなく努力を測る物だし
努力する力の無い天才なんて、社会に出ても大して役に立たん

努力で一定のラインまで誰でも技能を高めることは出来るし
それ以上を要求する職場、労働が日本にどれだけあるというのか。

まずは十分な社会貢献、経済効果を出している人間が
遺伝子的に優れている事を実証するのが先だろ。
474. Posted by    2014年04月26日 21:46
一見理に適ってるようで
そうでもない
475. Posted by    2014年04月26日 21:48
どこのゴールデンバウム王朝だよ
476. Posted by     2014年04月26日 21:51
苦手なことや向いてないことに前向きに取り組むことを教えるのも教育だと思う。
だれも得意なことばかりやって生きるわけにいかないだろ。
477. Posted by か   2014年04月26日 21:51
どんな人にも均しく教育するから国民全体がベースアップ出来てそれが民度に繋がっていくんだと思うの。
478. Posted by     2014年04月26日 21:53
※472
今も昔も実態は階級社会なんですがそれは

平等とか言ってるのは自尊心が低いくせに傷付きたくない甘えたがりな有象無象だけだよ?

自信のあるやつらは大抵選民思考だよ、口に出さないけど
479. Posted by 名無し   2014年04月26日 21:53
じゃあ遺伝子で決まると言う奴はKKK団とかが白人が一番優秀とか言ってるから進んで自殺でもしろよw生きてる才能ないからよw
食物連鎖だと下の生物は数多いからなw
480. Posted by 奴隷の幸せ   2014年04月26日 21:54
遺伝子検査だけで判断するのはオカシイ。教育による後天性もある。個人の努力や自由を否定して国が個人の将来を決めるのは民主主義に反しないか?家畜になりたいのなら別だが。
481. Posted by a   2014年04月26日 21:55
玲於奈先生、社会人としても学者としても限界に来たな…
482. Posted by あ   2014年04月26日 21:56
※478
選ばれないクズのお前が何言ってるの?www
483. Posted by    2014年04月26日 21:56
全員エリートで集めても必ずサボるというか屑がでてくるわけでして・・・。というわけでそのデスティニープランは無駄
484. Posted by     2014年04月26日 21:59
本当に実行されるならね。
日本だと有力者に取り入るだけの利権血統書にしかならないよね
485. Posted by もぐ   2014年04月26日 22:00
年齢的に暗記力の良いコンピュータ型の人間が良しとされてた時代の人だろ
今はコンピュータが普及してるからかなりの部分の能力は代替される
大事なのは日々なにを思うか、なにに注目しそれを継続したいと思い実行し続けられるか、だろ
そういう能力がある人は現在でもたくさんいるはずだが、続く不況で大半の人はただ生きるので精一杯でそれを活かすことは非常に困難だろうが

それとこういう話題にスポーツを絡めて考えるのはピンとこない
これを言ったら元も子もないが、早く走れるとか球を早く投げれるとか早く泳げるとかいうのは、その行為を切り取って考えれば機械を使った方がはるかに優秀
あれは端的に言うとやる人と見る人の自己満
486. Posted by     2014年04月26日 22:01
劣性遺伝子排除法ですねわかります。
487. Posted by     2014年04月26日 22:02
こういう極論を吐くやつにまず遺伝子検査させるべきだろw
有能だけど反社会的資質がとても強いとか出たらどうするつもりだヨ。

なんかこんな極論を形にしたような漫画あったよな?
488. Posted by    2014年04月26日 22:03
否定されると真っ赤になって反論せずにいられない人がいるみたいたけど2人(?)とも書き込みからして学がなさそうですね
489. Posted by     2014年04月26日 22:04
落ち着けよキチガイども

生きるとか死ぬとか搾取とか排除とかそういう話では断じて無い

一部の才ある者たちを有効活用出来るようにしようってだけの案であって
技術的にも倫理的にも近未来に実現するような話では無い

少しは安心したなら週明けに精神病院に行って精神安定剤貰って来い
490. Posted by     2014年04月26日 22:04
※486
それ、なんてゴールデバウム帝国w
やめて〜 ルドルフが台頭しちゃう〜 www
491. Posted by そ   2014年04月26日 22:06
こんなの机上の空論
実現するわけねえから、どうでもええわ
まだ、各々ルーツがどの民族と共通項が多いか遺伝子検査で調べた方がええんでねえの
492. Posted by え   2014年04月26日 22:07
賛同してるバカって自分は劣性遺伝子の存在だと自覚した上で言ってるんだろうかw
こういう考えがいいんだったら一人のエリートのみをクローンにすれば一番の合理化なんだからな
493. Posted by     2014年04月26日 22:09
※492
生まれが良いか社会的地位があるかのどっちかだろ
494. Posted by 名無し   2014年04月26日 22:12
※488
自称学あるエリートなんだろお前?w
ならイ・エ・ローモ・ン・キーでこんなサイトで粘・着自分を恥じて早く視値よゴミw
自分で言うことすら出来ないのか?この馬鹿は?w
495. Posted by W   2014年04月26日 22:12
白人至上主義者からみたら有色人種は劣性だぜ
496. Posted by     2014年04月26日 22:13
こんな論法なんて共産主義国家がまともに成り立つ並にムチャありすぎだろ。
497. Posted by あ   2014年04月26日 22:14
ガンダム種で扱ってた問題だな
498. Posted by -   2014年04月26日 22:15
極論過ぎてアホみたいな内容だけどクローンとか言っちゃってる奴の頭の中も残念ね

499. Posted by 奴隷の幸せ   2014年04月26日 22:17
たしかに合理的な教育システムだが、それが国や国民に何の役に立つのかわからない。方法は良くてもその目的が何もなければ意味ないだろ。国が繁栄しても個人が奴隷になる国なんか潰してまえ。
500. Posted by     2014年04月26日 22:17
自分の意見を主張するときに態々他者への罵詈雑言や過度な表現をを交えないと発言出来ないやつは自身の考えや表現に穴があると自覚している証拠
しっかり理論武装してから淡々と主張すべき
501. Posted by     2014年04月26日 22:17
そこまで遺伝子研究が進んでいるとはぜんぜん知らなかったよw

工学系の研究に向いてるとか、文学系の研究に向いてるとかまでわかるの?
そんなの1000年も2000も先の未来のことだと思ってたよ

知らない間に人間は進化してたんだね
502. Posted by    2014年04月26日 22:20
これ突き詰めると幼児期とかに「君才能あるよ」とか「おまえ何やっても駄目な」とか洗脳漬けにするって事だよな
どっちにしろ努力しなくなるよ
前者は安心しきって終わる
後者は言うまでもない
503. Posted by 名無し   2014年04月26日 22:20
鳩山も東大卒なんだぞ。研究者でもなけりゃ環境と努力が全てだよ
504. Posted by     2014年04月26日 22:21
つまりホワイトカラーは遺伝子的に優秀で
ブルーカラーは劣性がやれ、嫌なら死ねってことだろ

遺伝子的に優秀=親の学歴()なんですかねw
505. Posted by 名無し   2014年04月26日 22:22
※500
自分で絡み反撃されてみっともないこと言うなら最初から絡むなボケw
506. Posted by    2014年04月26日 22:22
え〜〜と〜〜
つまり、最後には、人肉食料工場行きってことか!w
507. Posted by          2014年04月26日 22:24
バカかどうかを判別するだけでも教育の過程でよく分かると思うが?
人は教育によってのみ人になれるのであって無能かどうかだけではない
それぞれに見合った教育などその後しかできない、なぜって他人に向いている才能など分かるはずもない遺伝子調べても特定できないだろ
508. Posted by     2014年04月26日 22:24
そもそもどんな分野だってスポンサーやファンやフォロワーがいないと発展しないだろ
単純な自然淘汰だけにとどまらなかったから頭脳労働があるんだし、
ただのルーチンワークにとどまらないからブレイクスルーに繋がる発明がある
わざわざ裾野を狭めたらスポーツだろうが学問だろうが枯死するだけだ
509. Posted by     2014年04月26日 22:25
初期のDNA鑑定みたいに間違った判定で人生が台無しになるどころか、社会全体が崩壊する絵しか見えないんだが?
原発が手探りで運用されていることを見ても間違っていないと思うけど?
510. Posted by 社畜   2014年04月26日 22:26
「お前には凄い才能があるな!」って褒められれば嬉しいもんだし
他者からの信頼感を感じれば自分もより一層努力しようと頑張るしな
好きでも無く苦痛なだけなことを延々と強要され続けばそりゃ不幸なことだろうけど
実際にはそうならないように仮に運用となれば政治家が防壁や緩衝材を色々準備するはずで
そうすると結局国民はそこそこの幸福感を感じながら変わらず騙されながら生きる
511. Posted by     2014年04月26日 22:28
遺伝的バックボーンがない層からブレイクスルーを実現する才能が出てくるかもしれない
けどそんな賭けみたいなことする余裕が無いので幾らかでも根拠のあるものを優先しよう
ってことなんだろうけどまぁ言うだけはただだよね
人権屋様たちが全力で反対するから実現はないだろうし
512. Posted by 名無しさん+   2014年04月26日 22:28
突き詰めればせえしバンク、らんしバンク管理社会になるな
513. Posted by     2014年04月26日 22:29
佐村河内の時に現代クラシックのことがちょっと話題になったけど、
現代クラシックってものすげー勉強を要求する、選民的で狭い業界なんだってな
んで今現在、現代クラシックなんて見ることも聞くこともない
密室世界と化しているわけだが
あらゆる分野がそんな風になって何か得するのか?
514. Posted by     2014年04月26日 22:29
試験的に特別学校のようなものを作って、希望者を募って優秀なDNAの人たちを集めて教育してみるとかなら面白そう

DNAで人生決められるってのはどうかと思うが、個々の長所と短所を理解して適正な教育をしていくことも大切だろうね
515. Posted by     2014年04月26日 22:30
クソ無能は安楽死
が抱き合わせなら
良いシステム
さっさと死にたいわー
516. Posted by     2014年04月26日 22:30
※510
反撃?あれが反撃になってたと思ってんのかお前
水鉄砲程度で反撃ドヤアって言われても困る
517. Posted by どうでもいい   2014年04月26日 22:31
無視させていただきまーすw
518. Posted by     2014年04月26日 22:31
ミス
505な
519. Posted by     2014年04月26日 22:32
>>507
理解するのに人の数倍の時間が必要だけど、一度理解してしまえばずっと覚えている人と、理解力は早いのにしばらくするとほとんど忘れてしまう人がいるんだよ
おれにはどちらが優れているとかわからないけど、基準を設けて判断するなら後者だけ生き残る
これって生き残った人の引き出しが極端に少ないことが社会の発展を阻害すると思うんだけど、どう考える?
520. Posted by     2014年04月26日 22:32
遺伝子カーストか
面白そうだな
521. Posted by 名無し   2014年04月26日 22:33
人生いきがいが一番大事だろ
向いてなくてもやりたいようにやらせてくれよ
522. Posted by    2014年04月26日 22:33
しかし進化やらなんやらには多様性が必要だから“良い”遺伝子だけにするわけにもいくまい
523. Posted by     2014年04月26日 22:34
こんな事を公にしゃべっちゃうってのはアスペかなんかじゃないのか?
まず望み通りにこいつを排除してから考えようかw
524. Posted by     2014年04月26日 22:34
ろーんぶろぞー
525. Posted by 名無し   2014年04月26日 22:35
肯定してる奴のほとんどが無能に分類されるけどなwww
526. Posted by 名無し   2014年04月26日 22:35
※517
アンカミスまでして粘着とかwww
池沼過ぎだろwこの馬鹿ニートwww
527. Posted by     2014年04月26日 22:36
なるほど、キラ准将が反対するわけだ・・・
528. Posted by 名無し   2014年04月26日 22:37
何を言ってんだこの馬鹿
529. Posted by あ   2014年04月26日 22:37
遺伝で頭の良さなんて分からないでしょ
530. Posted by ななし   2014年04月26日 22:38
競走馬を例に出してる馬鹿がいるけど
一番ランクが高いレースのG1優勝馬の♂と♀を配合させても
G1馬が生まれるとは限らないのにな

ある程度この系統の組み合わせならそれなりに走るってのはわかるけど絶対じゃないしな
531. Posted by     2014年04月26日 22:39
劣等民族は根絶するんやな
532. Posted by    2014年04月26日 22:42
>>526
アンタも安価ミスってるんですが
533. Posted by あ   2014年04月26日 22:42
そんなことより公立中学校入学時に一斉テストして学力別に近隣の学校に振り分ける制度を作るべき。公立中学で優秀な学生がDQNに危害を加えられる構図の改善をとっととやれ
534. Posted by 517です   2014年04月26日 22:43
>>532
サンキュー
勘違いされちゃ他w
535. Posted by あああ   2014年04月26日 22:49
エリートの話だろ。
俺ら凡人は関係ない。どうせ選別ではじかれる。
普通に教養として学校教育を受けてセンター受けてればいいんだよ。
536. Posted by 社会人   2014年04月26日 22:49
 遺伝子云々以前に、パソコンと人とを比べればよくわかると思います。パソコンでエクセル凄く計算速いですよね。しかしパソコンが計算式を作ってくれるのでしょうか?
否 パソコンが作るのではなく、そのようにプログラムする、式を組み立てる人が作るのです。パソコンの方が計算力は優れています。しかしシステムは人が作ります。
 じゃ次に、パソコンと人のように人事も分けて見ましょうか。
 平社員で動いている人、自分たちのことを理解していない上司の言うとおりに仕事して、うまくいきますか?
否 理解していない人は極論をいいます。常に最速、常に最善なんていってむちゃくちゃいいます。いずれ壊れ、信頼もされません。
できる場合は、理解している人です。エクセルのプログラムや式を作る人は、それなりに、その方面の計算、内容を理解しているから組めるのと同じ、できることとできないこと、中身を理解しています。
もし、遺伝子でというなら、その人が進む道の手助けとして、特化能力を知る(己を知る)のに使うのならとてもいいと思います。
計算だけできて数学が強くなりません。それなりに国語力があるからこそ、数学に強い人は、強くいられるのです。
537. Posted by    2014年04月26日 22:50
そもそも知能の高低はともかく、才能がどんな分野に向いているか遺伝子で判別出来る状態ってのが想像出来ないけどな
そんなことが出来る程であればむしろ人間の限界を突破したり自由に作り出したり出来てそう
538. Posted by あ   2014年04月26日 22:53
遺伝子検査で適正を見るのはありだと思う。

苦手分野を徹底的にやったって
将来何にも役に立たない。
得意分野を生かして将来に役立てられるように
するといいよね。
539. Posted by     2014年04月26日 22:55
効率厨の成れの果てがこの言葉だな
540. Posted by     2014年04月26日 22:55
物理学者の戯言。生物を中学生レベルから学んでこい。あるいは、自分の専門で戦え。
541. Posted by     2014年04月26日 22:56
>>534
いえいえ

というか勘違いじゃなくて自分自身にレスしちゃったんでしょ
今度はタイプミスしてるよ
落ち着いて
542. Posted by まとめブログリーダー   2014年04月26日 22:57
選民思想とか恐ろしいな。
身分社会への第一歩だろ。
543. Posted by ナラカ   2014年04月26日 22:57
そんな極振りな人間とかイレギュラーに対応できなくなるからダメ

必要なのは万事に対応できる人間
とゆうか人類が生まれてうん百年でなんでそうならないかわかれよ
544. Posted by 名無し   2014年04月26日 22:58
カネのニオイがする^^
浅い考えの親に問題点を教えて、安易に追従することに警鐘を鳴らすまともな教育者は普通にいっぱいいるからなぁ。
それより、どんどん金出して検査してどんどんうちの学校・塾・教室に来てお金を落とすといいですよーってアピールしたいとこから権威づけのための仕事もらってきたほうがカネになるよね。
問題点なんて気付いてないはずないし。もし本気ならもうろくしてるとしか。
545. Posted by    2014年04月26日 22:58
でも社会全体でそれやると、想定しうる最善=予定通りの結果
ばかり積み重なって、先細りだと思う
546. Posted by     2014年04月26日 23:00
まさにナチズムがこの考えだったのだが。

何をもって「優秀」とするのか、完璧な定義が出来ないと無理だよな。
線引きをどこでするんだよって事になる。

それに、この考えだとかえって「天才」は見つけられないんじゃないか?
大抵の天才は「一つの事にはずば抜けた才能を持っているけど、他の事については社会不適合者」の場合が多いんだから。
547. Posted by 、   2014年04月26日 23:05
遺伝子検査で才能の有無が判断できる時代なんてまだまだこねーよ
548. Posted by     2014年04月26日 23:05
学ぶ気がある奴に学ばせるのが教育だろ。研究には、知識も重要だが信念も必要。
人にできない、馬鹿な事をするな、といわれたことを成し遂げることで偉大な業績を生み出す。そんな遺伝子解析したら、この人は、いの一番に引っかかる。自己矛盾。
549. Posted by     2014年04月26日 23:08
うるせぇ
やりたい仕事やらせろ
550. Posted by     2014年04月26日 23:11
頭がいいってそんなシンプルなものじゃないだろ
聡明で賢いけど繊細で臆病だったり、そこまで適正なんて分かんないはず
分かるのは、江崎ははじかれる側だってこと
551. Posted by     2014年04月26日 23:15
天才は言い換えれば人がやらないような突飛なことをやる変態だから
管理や解析をされることには一般人よりもむしろ余計に反発しそうだ
552. Posted by     2014年04月26日 23:16
そのまえにFランク大学とかはやくなくそう。
金と資源と時間のむだだ。日本に700も大学いらない。もうそんなぜいたくできる時代じゃない。
553. Posted by j;kl   2014年04月26日 23:16
よし、劣悪遺伝子排除法を制定するべきだ!
554. Posted by     2014年04月26日 23:18
まぁ、ある分野で優れた人を100人集めてすべての人のヒト遺伝子を解析したとしよう。この配列を持っているから、100 %この分野で成功すると言える遺伝子は統計上得られないと断言しておこう。よくて、ややその傾向があるぐらいのもんだ。完全にランダムになるか、あるいは全く関係のない現象を観測する事になると言っておこう。

物理学者が、遺伝子のことをどこまで理解しているか疑問だ。遺伝子解析の仕方もろくに知らないんじゃないか?
555. Posted by まとめブログリーダー   2014年04月26日 23:19
適性なんて、やる気でしかないよ。
やる気は遺伝子で優れている分野に出るわけではないだろしね。
ガタカの主人公はどうしても宇宙飛行士になりたかったから、すべてをかけて宇宙飛行士になったし…
なかなか難しいやな。
556. Posted by 名無し   2014年04月26日 23:20
>>Fラン大学とかはやくなくそう

まさにそれ。
高卒でもできるような仕事が腐るほどあるのに無駄に労働力と公費を遊ばせてるバカが多すぎる。
557. Posted by     2014年04月26日 23:20
教育体制の不備を正すのが先だろう
558. Posted by    2014年04月26日 23:21
現代の技術と照らし合わせたら「まあ夢のある話だこと」で片付いちゃう話やな
559. Posted by     2014年04月26日 23:21
>69.お前の存在が社会に意味と自己紹介してるようなものだわ

 なにを言いたいのかわかりません。ちゃんとした構文で日本語を構成してください。
560. Posted by トウダイセイ   2014年04月26日 23:21
面白いこと言うじゃね〜か。遺伝子で人が決まるなら、そんな世の中は腐ってる。ノーベル賞が聞いて呆れるよ。
561. Posted by     2014年04月26日 23:23
※556
Fランどころか東大以外全部いらないよ
562. Posted by ななしさん@スタジアム   2014年04月26日 23:24
遺伝子だけでそんなわからないと思うんだが。せいぜいスポーツ向いてるか否かぐらいだろ
563. Posted by    2014年04月26日 23:25
安心しろ。
遺伝子で適性判断できるほど人間は単純じゃない。
しょせん、仮定の言葉遊びで、そんな時代は来ない。
タイムマシンが開発出来ないのと同じだ。
564. Posted by 名無しのオージャン   2014年04月26日 23:28
進化論ってホント理解されないな・・・
生物は遺伝子の多様性がなくなって滅んでいくというのに
565. Posted by     2014年04月26日 23:29
おいおい、遺伝子、蛋白質と研究の流れが移って、epigenome, transcriptional modificationとすでに先の先に生物学は進んでいると言うのに...

いったいいつの時代で、この人の生物の知識は止まってんだ?
566. Posted by     2014年04月26日 23:30
才能どうこうの研究よりも
72時間睡眠無し休み無しで働けるようになる体力増強剤とか
どんな頑固で偏屈な奴でも従順に言うことを聞かせられるようになる精神矯正剤とか
そちらの実現のほうが遥かに有意義
567. Posted by a   2014年04月26日 23:33
で優秀なエリートのガキ集めてなんとか計画とかやるわけか
アホの子はほっといてくださいだな!
568. Posted by    2014年04月26日 23:34
東大以外いらないって...日本からでるノーベル賞受賞者の出身大学知ってんのか...
569. Posted by     2014年04月26日 23:38
本気で天才を育てたいなら就学時は既に遅い気がするけどなぁ。
570. Posted by ぬ   2014年04月26日 23:41
絵の才能があると選別されて、まったく金になんなかったらどうすんだよぉぉ
自己責任で終わらす気かああ
571. Posted by     2014年04月26日 23:41
とりあえずこの人
自分の専門外のことについて
発言を控えようとする遺伝子に
欠陥があることは確かだわな
572. Posted by     2014年04月26日 23:41
この考えの先に起こるのは確実に男という種の排除だよ。
573. Posted by    2014年04月26日 23:41
馬鹿らしい
これ信じちゃうようなのはどうしようもないな
574. Posted by     2014年04月26日 23:41
TPPについてのメリット・デメリット/Q&Aを必死で考えまとめてみた

公的医療制度の崩壊。生産性の低い正社員の大量リストラ・非正規雇用の増加。
採算の合わない工場の海外移転加速とそれに伴う大量失業。
公共事業の入札への外資参入による地方の経済疲弊。
エネルギー・放送・通信・鉄道・航空・貨物・武器等の基幹産業の企業を外資が買収可能になる。
郵貯・簡保・共済を外資に買収され、その資金(数百兆円)の運用権を握られる。
「サルでもわかるTPP」「日本分断工作スレを報告するスレ」で検索
575. Posted by ななし   2014年04月26日 23:43
アインシュタインやエジソンは
発達障害の部分があったといわれてるぞ
才能は周囲の環境によって引き出せるんじゃないの?
576. Posted by あ   2014年04月26日 23:45
最新の遺伝子研究では、身長や骨の形状、寿命やいくつかの病気については確かに予見できる事が分かっている。

だから、たとえばモデルやアスリートに関しては、才能でふるいにかけられるかもしれないが、

知能、独創性、スポーツセンス自体は、後天的な環境によるもので、優れた才能を示す人間の遺伝子に特異な遺伝子の発現は認められないという事も分かっている。

90年代のSF並の荒唐無稽な意見だ。
知性の無さにゾッとする。
577. Posted by     2014年04月26日 23:47
ナチスの手口を学んだわけだなw

つーか、東大って官僚を作るための学校でしょ。東大だけにしたら、官僚しかいなくなる
社会にはそれ以外の仕事もあるわけで、それに特化した大学を作るべきでしょ
578. Posted by     2014年04月26日 23:47
ナチスじゃん
579. Posted by あ   2014年04月26日 23:53
遺伝子を何だと思ってんだこいつwww
居酒屋のジジイ並の知識しか持ち合わせてないバカに権力もたせんなよ

頼むからFランの大学でも行って勉強しなおしてこいや
580. Posted by もみあげる名無し   2014年04月26日 23:54
マジレスするとスポーツでも個人競技と団体競技ではまるで適正が違う
遺伝云々いうならまず生物の多様性の理解から始めろ
581. Posted by     2014年04月26日 23:55
まさに正論。
無能は教育するだけ無駄
その通り。
江崎先生も経験から学んだんだろうな
582. Posted by     2014年04月26日 23:59
教員だけどこれは正論
江崎博士を批判してる人は
無能に教える身にもなってほしい
583. Posted by ・×・   2014年04月27日 00:00
江崎は分かってねぇ。
これがまかり通れば、政治家には必ず「ブラック企業に適応した遺伝子こそが優秀な遺伝子だ」という意味の事を言い出す奴が出る。
584. Posted by     2014年04月27日 00:06
これやると同じカテゴリ内でのいじめが苛烈化するだけだよ
いじめって同じカゴの中でハッキリ差別を作る遊びだから

激しいいじめの対象って普通の人で、池沼や明らかに劣ってるやつは対象外でしょ
585. Posted by ん   2014年04月27日 00:08
何が教育者や
自分に教育する能力がないから無能扱いしてるんやろ
遺伝子検査して単純労働者カテゴリに入れてもらえ
586. Posted by あ   2014年04月27日 00:09
遺伝子ではなく、家庭環境でふるいにかけよ、という方がまだ遺伝子研究者としては正しい。

体格ならまだしも、天才は世襲しないし、天才たらしめる遺伝子は存在しない。知能指数の高さや記憶力さえも世襲しない。後天的な経験の量と質が全てだ。

人は経験を積み重ねて天才となる。突然、車を発明する人間はいないし、ノイマンはいきなりiPhoneを発明できはしない。
587. Posted by 。   2014年04月27日 00:14
オオカミ少女いたじゃん
野生動物に赤ちゃんの時から育てられたら、人間でも言葉も喋らず動物みたいな生活する例ある訳だし
生育環境や学習で後天的に変わる割合もかなり多いよ
勿論、先天的適正や素質は個々人で色々あるけど
588. Posted by     2014年04月27日 00:16
こんな暴論に賛同してる奴等ってアホだろw
自分らが切り捨てられる側になる可能性があるって事、微塵にも考えんのか?w
589. Posted by あ   2014年04月27日 00:17
最近話題になった取り違えた子どもの人生の顛末によれば

貧乏な家庭に育った金持ちの息子は、教育の機会を与えられず、生活はすさみ、社会人になっても底辺だった。
金持ちの家庭に育った貧乏人の息子は、塾に通い、豊かな家庭で愛され、経営者となり成功した。

社会的な成功や教育の適正を示す、そんな都合のよい遺伝子はない。遺伝子なめんな
590. Posted by 名無しさん   2014年04月27日 00:18
遺伝子で…… ってのは言い過ぎだが、高校ぐらいからそうあるべき。15超えたあたりから、弱点を潰す教育じゃなくて、長所を伸ばす方向で教育してくべきだろ。
591. Posted by 774   2014年04月27日 00:20
デザイン出来るほど解明進んでないだろw
それが出来るくらいなら教育格差なんてもんは化石になってるわボケ。
592. Posted by まとめブログリーダー   2014年04月27日 00:22
体育は本当に向いてなくて苦痛だった
運動できる奴と同じ基準を求められないようになるなら導入して欲しいレベル
593. Posted by あ   2014年04月27日 00:23
アインシュタインの遺伝子とピカソの遺伝子とウサインボルトの遺伝子と俺の遺伝子比べてみ。

肌と骨格以外に特異な点は何もねーからwww
ニュートン読んどけwwww
594. Posted by 名無し   2014年04月27日 00:31
ドイツだの北欧なんぞは大学に行かずに就業するヤツが多いんだろ
595. Posted by あ   2014年04月27日 00:32
こんな文化人さえ、専門外だと数十年前の知識で止まるんだな

コメ欄読んでもゾッとする。
596. Posted by わろた   2014年04月27日 00:32
玲於奈なんてDQN名前のやつも弾かれるべきですね。
597. Posted by あ   2014年04月27日 00:35
※593
すまん、物理学者として名だたる賞を獲得し世界でも高名な江崎玲於奈氏と何の肥やしにもならないお前とじゃ説得力が段違いだわ
図星でイラッと来たのには同情するが
598. Posted by    2014年04月27日 00:36
���Υ������ȤϺ��������ޤ�����
599. Posted by     2014年04月27日 00:38
選民思想だな
600. Posted by あ   2014年04月27日 00:39
適正も趣向も後天的な環境によってしかもたらされない。
いわゆるガタカの世界は現代科学では完全に否定されている。

骨格さえ、後天的な環境で大きく質を変えるというのに。
601. Posted by    2014年04月27日 00:39
まあまだそこまで素質がわかるほど科学は進歩してないんだし
602. Posted by     2014年04月27日 00:42
机上の空論か・・・
603. Posted by あ   2014年04月27日 00:43
まあ、霊の存在を否定しても、夜の墓場は怖いしな

遺伝子にそんな便利に判別できるものはないと分かっているけど、ついつい思っちゃうんだろ
604. Posted by ななし   2014年04月27日 00:44
ルーピー鳩山見たいな基地外が総理になる事もなくなるな…
あいつは完全に健常者ではない…
605. Posted by 名無し   2014年04月27日 00:47
そこまで技術が進んでないのに空論語っちゃうのも一種の無能な気がするけどな…できたとしても問題しか起きる気しかしないわ
606. Posted by あ   2014年04月27日 00:48
そんな遺伝子は存在しないが、家庭環境や教育環境による選別は必要かもな

しかしながら、クリエイティブ分野はどうなんだろな
発明なんかも、勉強家である以上に独創性が必要な気がするが
607. Posted by    2014年04月27日 00:55
選民思想は己の首をしめるだけなのに

608. Posted by にじんちゅ   2014年04月27日 00:58
もし本当にそうなったら人類はまた一つ進化するきっかけをつかめそう
自分の存在意義とかも決まるしある意味社会は資本主義のひとつ向こうに行くだろうし
人類の目的もそのひとつ先にありそう
609. Posted by     2014年04月27日 01:08
この記事で、江崎先生は
「無能は教育するだけ無駄」なんて言うてないやないですか。
>それぞれの遺伝情報に見合った教育をしていく形に
とか言ってるだけで。

教育を受ける側の自由意志を否定してもいないし、
意訳が許されるなら「そもそも向いてない奴、すなわちある種の勉学に苦痛を感じるような奴に、無理してまで一定以上の修学を強いる必要はない」
「各人それぞれに向いた道を探し、そのための教育を厚くしていったほうがいい」ともとれる。
610. Posted by     2014年04月27日 01:09
というかな
この記事を読んで、なんか反射的に、それこそ烈火のごとく怒り狂ってる人は、
人さんを責める前に、まず自分の読解力を、もしくは煽られ耐性の低さを疑ってかかったほうがいいと思う。
611. Posted by 名無しの電脳王女   2014年04月27日 01:10
これやると収入の格差どころじゃなく、遺伝子の格差が生まれ、完全な差別化社会が生まれるよ。頭のいい人はそれを望むんだろうね。
人間に限らず、動物が自らの行動次第で、次世代に残す遺伝子が変わることも証明されてきている昨今、この理論は横暴すぎるよ。
どんな行いをすれば、よりよい遺伝子を残せるのかを突き詰めて行く方が、種族の力や国力の向上が見込めると思う。
そして昔の人はそれを経験で知っていて、次世代へその土地の文化の中に刻んで残しているよ。
612. Posted by     2014年04月27日 01:11
目的と手段を取り違えるとこういう考え方になる
この人は哲学に欠けるね
613. Posted by あ   2014年04月27日 01:14
19世紀の優生学の父フランシス・ゴルトンは、
「基本的にすべての才能や技能は遺伝によって説明できる」と言っている。

ナチスの思想もこれに起因する。

現在、ゲノムの解析を終え、大掛かりな実験が世界中でなされる中で「才能や技能やひらめきをもたらす夢のような遺伝子」は見つかっていないし、それが存在する可能性は限りなく低い。

このような原始的な発言を公に論じるのは日本人として恥ずかしいし、科学者としては致命的だし、教育者としては最早狂っている。
614. Posted by     2014年04月27日 01:19
SF的発想だけど、物凄く未来では子供は全員試験管ベビーで、疾患にかからない丈夫な身体&頭脳明晰な人類ばかりになるんじゃないかなー
国が人口を管理しているから少子化なんてのは起こり得ないし、国民は生まれてすぐマイクロチップを埋め込まれて完全に管理されている世界

・・・漫画の読みすぎかな?
615. Posted by     2014年04月27日 01:22
ぶっちゃけ、例え遺伝子で才覚がはっきり分別できるようになってる頃には
自由に遺伝子操作できるようになってるんじゃないかって気がする
616. Posted by    2014年04月27日 01:29
才能があってもその分野に興味があるかどうかは別。
驚くほどのイケメンやモデル顔負けの美人がいても本人は芸能界に全く興味がなく
サラリーマンやしてたりパート主婦してたりするだろ。
才能と本人の興味は全く別物だ。
選択の自由があるのだから、無能であっても教育を受けたいと言うのなら
受ける権利はあると思う。
それなりの金は支払う意思がるのだろうから。
617. Posted by    2014年04月27日 01:32
極論めいた言い分に聞こえるが、正しい部分もあると思う。
ただ、小中学校レベルの教育は全体に必要だろう。
618. Posted by 名無しさん@SKE48サマリー   2014年04月27日 01:33
差別差別って言うけど、健常者という括りでも知能が全員一定なわけがないんだよ
こいつの案ほど極端ではなくとも、多少なりとこの現実を見て見ぬふりしている限り社会は発展しない
619. Posted by あ   2014年04月27日 01:35
609
>それぞれの遺伝情報に見合った教育をしていく形に
とか言ってるだけで。

その前提が狂っている。身長についてHMGA2遺伝子というのが発見されたが、それは身長を決定する要因の全てではない。また、知能の高い人間と低い人間の遺伝子に決定的な差異はない。
無論、天才の遺伝子の中に「天才にしかない遺伝子」というのは見つかっていない。
そして遺伝子スイッチは一代でも頻繁にオン、オフをくりかえす。

成功者や天才に遺伝的な要因が存在しないのに、それを判定して教育すべきというのは、前提として狂っている。
620. Posted by あ   2014年04月27日 01:44
遺伝レベルの選別は、最早ファンタジーでしかない。
そんな都合の良い遺伝子は存在しない。

そもそも、天才の子孫は、代々天才でなくてはならなくなるし、それは今までの歴史がありえないと証明している。

ただたとえば、経済力がある家庭の子が、経済力のある家庭を作る可能性が高いのは事実で、即ちその要因は環境ただ一点のみだ。

そして、その環境を奮いにかける制度は既に「社会」が自然とそうなっているから、こいつが今更憂慮する意味もない。
621. Posted by あ   2014年04月27日 01:51
優秀な教育を受けられる私立学校に通う経済力があるかどうか。
優秀なスポーツ指導を受けられる経済力があるかどうか。
自由に才能を伸ばすにたる、優れた保護者がいるかどうか。
ライバルや理解者となる友人がいるかどうか。

すでに現代社会では、選別は無限に行われている。今更何を足す意味もない。

そもそも遺伝的要因で教育の適正を判断するというなら、
すなわちそれは、「全員同じ教育を与え、同じ才能を、同じだけ伸ばす」教育に転換すべきと言っているのと等しい。
622. Posted by      2014年04月27日 02:00
こんなん通るのよくて数百年後だろ
老人問題すらままならない世界が何ができる
623. Posted by 名無しさん   2014年04月27日 02:02
そんなに遺伝子のことがよく分かるようになったら
みんな遺伝子操作して頭のいい子、容姿のいい子に組み換えるから意味ないと思う
今ですら低所得者は子供作んないのに(結婚しないのに)
その上遺伝子まで劣ってるって証明されたら子供産むわけないじゃん
それにしても、倫理が何処まで許すかってのを話し合うのがこの人らの仕事じゃないの?
624. Posted by 名無しのはーとさん   2014年04月27日 02:04
クラスや学校が知能別にされるのはありだと思う
今は池沼以外一緒くただから底辺はついていけないしトップは学校を放棄してしまってる
でもそういうことを言ってるんじゃないんだろうなこいつは
625. Posted by     2014年04月27日 02:07
芸術関係ではそう計算どおりにはいかないだろうけどな
技術的には未熟でも、そこに表現されているものが強烈な魅力をもつことはある(まあ、ごく希に、だが)
遺伝的に向いてなくても芸術関係の活動は好きにさせるべきだな
626. Posted by     2014年04月27日 02:07
物理学者が生物学を語る違和感
歳とって頭おかしくなっちゃったのかこの人
627. Posted by     2014年04月27日 02:07
遺伝子の具体的な優劣を決める判断材料がそもそも存在せんので
口にした時点でアホの戯言でしかない。
現代でできるのは染色体異常や遺伝子疾患による
障碍者が生まれるのを止めることだけだぞ。
(それにいたっては親の希望で現在できるし)
628. Posted by n   2014年04月27日 02:07
優秀…ねぇ…国内全てに言えるけど組織の上は腐ってるのはどう説明してくれるのかなw
629. Posted by    2014年04月27日 02:12
後天的と連呼する方がいるがならば何故5歳前後の子供で知能に雲泥の差の者がそこら中にいるのか。生まれて僅か5年でそれ程の経験の差が一般的にあるとは思えない。更に言えば勤続数十年の同期社員でも平と役職では考え方も能力も仕事の早さも質も大きな差がある。能力が経験によるものであれば両者は一般的に同程度でなければおかしい。では育ち?環境?全く同じ親の元で同じ環境で生活している双子ですら能力も考え方も異なる。ならばその差異は持って生まれた基本能力差、つまり才能によるものとしか言えない。才能は後天的、つまり努力で伸ばせるし、努力しない天才を努力する秀才が上回ることもあるだろうが、最初から備わっていないものを伸ばすことも出来ない。生まれた時から両足に障害がある者にオリンピックに出ろと言ってどれ程のスパルタを課そうとも実現は不可能。
630. Posted by 名無し   2014年04月27日 02:14
この人ね、ほんとにとんでもなく人格破綻してるらしいよ。うちの教授もかなりのもんだけど、それが驚いてたんだからよっぽどだと思う。
631. Posted by    2014年04月27日 02:16
優秀な科学者ってのは、ほんと空気読まずに本音を言っちゃうよね
まあ、実際正しい
これをおかしいと思う奴は現代科学についていけてないと思う
もちろん検査を強制とかはよくないけど、そういう話ではない
632. Posted by    2014年04月27日 02:19
>>630
実際に20年以上前に会ったことあるけど、たしかにかなりおかしい人ではあった
しかし間違ったことを言う人ではない
633. Posted by 、   2014年04月27日 02:20
まずこの無能を切り捨てなきゃなw
634. Posted by あ   2014年04月27日 02:20
才能があって、努力しない人よりは、才能がなくても努力する人の方がいい仕事するから、こんなの問題外
江崎もたいがいな老害やな

環境要因の方がはっきり言って圧倒的に重要
極限状態でのみ才能は差を生む
635. Posted by 名無し   2014年04月27日 02:21
でもな、役に立たないと思われてる遺伝子が何かの病気を押さえる働きをしているかもしれない。これからそうなるのかも知れない。遺伝子の多様性ってのは必要なんだと思うがな。人類はそれでなくても遺伝子の多様性が少ない種族ですし、これ以上の均質化は良くないかもしれなくってよ。
636. Posted by 名無しさん   2014年04月27日 02:22
遺伝子だけで全部決まるわけないだろ。アホか
同じ理系であっても生物学の素養は皆無らしいな

もちろん遺伝子によって決まる能力なんていくらでもあるけど、それを全て把握しなきゃ優生学なんて成り立たない。
しかし遺伝子と言うものは非常に複雑でひとつの遺伝子のキャラクタライズに人生賭けるくらい時間がかかる
しかも最近は経験も遺伝することが分かってきてるからさらに複雑になった。
優生学による選別を実行できるようになるまで一体いくつの技術的ブレイクスルーが必要なのかね
637. Posted by    2014年04月27日 02:22
>>627
最新の科学ニュースをチェックしたほうがいいぞ
各種能力の優劣を決める遺伝子なんて腐るほど発見されてる
638. Posted by     2014年04月27日 02:24
鳩山一郎の息子はどうなるんだよ?
長嶋茂雄の息子は?
639. Posted by     2014年04月27日 02:24
これ2001年の記事。
今の政府が行っている教育再生実行会議の有識者に江崎氏は入っていない。

なんでこんな記事あげてるの?
640. Posted by GEEKな名無し   2014年04月27日 02:24
才能は遺伝子だけでは計れない
641. Posted by     2014年04月27日 02:25
大昔は当時の学者連中にすら地球は丸いと思われていなかった
「皆がそう言ってるから」と信じて思考停止するのは大衆なら良いが
研究者がそう思うのならそいつは研究者の器ではなかったってこと
可能性を見出して解明しようとするから科学は進歩する
無いというなら無いことを数式で証明しろ
悪魔の証明?知るかボケ
642. Posted by    2014年04月27日 02:26
>>636
そんな必死になって極論を持ち出すほど江崎は変なこと言ってないぞ
ただ、単に検査したほうが有用だろう、と言ってるだけでそれ以上でもそれ以下でもない
そしてそれは間違いなく事実
643. Posted by     2014年04月27日 02:31
>>634
お前は毎日毎日、日常が極限状態なのか
それは大変だな
644. Posted by     2014年04月27日 02:31
>>637
チェックしとるし知ってるが、「その程度がどこまで判断材料になる」んだって話で。
総合的にスポーツマンの遺伝子なんざ優秀で
子供も身体的に優秀になるのは誰もが認めるだろうが
先天的な遺伝子によって数十年努力することにより
人より1秒走れることに価値があるとは誰も思ってないだろ。

人間が求められる能力なんぞ多様で、牛の遺伝子をストローで採取して値段つけてるのとは違うんだし。
645. Posted by     2014年04月27日 02:31
間違いなく事実()とか断定しちゃう奴って総じて…
646. Posted by 名無し   2014年04月27日 02:32
※642
教育するだけ無駄と書いてあるのに極論じゃないとか字も読めない池沼の癖に上からもの言うなゴミwww
647. Posted by    2014年04月27日 02:33
あいかわらずだなあ、このおっさんは
648. Posted by 名無し   2014年04月27日 02:35
知的障害者でも絵の才能があったり、音楽の才能があったりする人がいるよね?
逆に高い知能を持ってるけどダウン障とか、発達障害とか、そういった場合もあるけど、その場合はどうなんだろう?
649. Posted by     2014年04月27日 02:36
※646
どこに向かって書いてるんだ
いい加減に落ち着けよキチガイ
650. Posted by    2014年04月27日 02:37
>>644
価値なんて自分で判断したらいいがな
チェックしたほうがいいだろうというだけの話だろ

>>646
江崎がそう言ったの?
651. Posted by な   2014年04月27日 02:37
遺伝子が一定方向に突き進まないようになってるんじゃないか?
ウィルスで絶滅しない為に多様化してるのにばかだな
学問を多様化したほうが良いに決まってる
数学と国語を合わせ数学文とか小説の書き方とか才能はもっとあるのに学問が追いついてないだけ
体育だってマラソンと相撲じゃ違うだろと
652. Posted by 名無し   2014年04月27日 02:40
※649
馬鹿のキチガイ認定ワロタwww
653. Posted by    2014年04月27日 02:42
>>652
今の最新科学っておもしろいこと一杯だから勉強したらいいと思うよ
654. Posted by あ   2014年04月27日 02:42
まいったね。
今の職は最も苦手な分野だったからこそ遣り甲斐が出て楽しくなってそのままそれに関する職についたんだが…
655. Posted by    2014年04月27日 02:43
芝生やすやつはお察し
656. Posted by    2014年04月27日 02:45
>>645
まあ、事前にチェックしないほうがいいと思う人はチェックしなければいいんじゃない?
江崎だって「チェックしたほうがいいから、どうせみんなチェックするような
世の中になるんじゃね?」って言ってるだけであって「全員チェックを強制せよ!」
なんていうファシスト的なものいいをしてるわけじゃない
657. Posted by    2014年04月27日 02:48
そもそもこの当時ってゆとり真っ最中だろ
そらブレイクスルー狙いたくもなるわ
658. Posted by a   2014年04月27日 02:55
ある程度の時期で個性を伸ばす教育は歓迎だが、最低ラインまでは全ての子供を教育していく義務があるだろ。
それに遺伝子的に劣る者がいた場合にその存在を排除するというような見解は倫理的にもどうかと思うがな。
こういうのを支持する人は自分の子供がそうだった場合とか考えんのかね…
とても日本人の発言とは思えんわ
659. Posted by    2014年04月27日 03:00
教育・学歴の差が生涯収入に影響がでない世の中であれば
個人的には江崎氏の意見を押すことにためらいは無い
660. Posted by     2014年04月27日 03:00
個人の能力・個性を全く無視して画一的な教育は歪みを産むだけ!

クサヨが教育機関を荒らした屁理屈が、これ
で、日本の力を削ぐためにゆとりを進め、
シモ鮮には偏差値を進めた売国奴のケンちゃん
661. Posted by ぬーん   2014年04月27日 03:00
おお、SF。
自然の摂理に比べれば、人間の考えなんて御都合主義の行き当たりばったり。一見すると有用に見えない重要な遺伝子潰して全滅すると思いますが。
662. Posted by     2014年04月27日 03:04
遺伝子操作すればよくね
663. Posted by あ   2014年04月27日 03:09
多分無理。
その考えそのものが無駄。
自費でやりたい奴だけ勝手にやれ。
664. Posted by    2014年04月27日 03:10
未来のカースト制度か
古今東西どこの国よりも明瞭に区別がされた階級社会国家が誕生しそう
665. Posted by 七色   2014年04月27日 03:24
くだらん、ロマンが無い
人類誕生から幾億年のハイブリッドの
結果が現在だ。しかも現在進行形
遺伝子操作にもつながる考えには
同調出来ない、人類は何処え往くのか
夢を壊さないで欲しい!

666. Posted by 名無し   2014年04月27日 03:25
雑種がいちばん
667. Posted by 名無し兵   2014年04月27日 03:26
こういう提言する人って自分は無条件でエリート組に含まれてる前提で話し進めるから傍から見てて非常に面白い
668. Posted by 名無し   2014年04月27日 03:26
混血種に美を感じるように人間出来上がってるんやけど(平均美
669. Posted by     2014年04月27日 03:32
向いてる事とやりたい事が一致してりゃ幸せだよな。
始めはイヤでも向いてることならやってるうちに好きになりそうな気もするし。
ただ、向き不向きの人数は偏る気がするよね。
誰もが自分の向いている事をして生きてゆくのは無理な気がする。
670. Posted by 名無し   2014年04月27日 03:40
※667
確かに。
タイムスリップするなら、いつの時代がいいか?系の話題と被るな。皆、自分がある程度上の階級に所属できることを前提に話すんだもん。そんな都合よくいく訳ないのに。
671. Posted by    2014年04月27日 03:42
埋もれてる才能を洗い出すのに良いんじゃね
好きなことがことごとく失敗で、時間をムダにした後に
ひょんなことから始めた、今までまったく興味のなかったことが
意外とうまくいって大成しました
という人も多いし
672. Posted by    2014年04月27日 03:42
倫理なんて気にして学者が務まる訳がない
古来から神の御業とされてきた領域を人類はどれだけ踏み荒らしてきただろうか
人類が続く限り行くとこまで行くよ
ただ言えるのは政治的に一度失敗した手法は復活しにくいということ
673. Posted by ナル   2014年04月27日 03:44
色々なことに諦めて良いなら遺伝子が良くないなら死刑でいいよ
IQ180以下とかガンの原因遺伝子やハゲ肥満不細工は生殖能力潰した上に単純労働に従事していただきます
国としては下等な遺伝子の方には最低限の食糧の配給をして死んだら全ての財産は没収です
この未来に希望が見えるようならサイコパスかと思うけどね
産まれたくて産まれた訳じゃないのになんの罰かねコレは
でも虐待するような親の元に産まれたら子供は現在も同じか
天皇の子供なら全ての国民から大事にされるし凄い格差社会だわ

674. Posted by    2014年04月27日 03:52
遺伝子はともかく才ある者を国がバックアップする体制を強化するほうが先かな
今の日本は無能を重んじすぎる余り有能を軽んじすぎている
高校無償化よりも小中からの特待制度や飛び級の整備のほうが大事
675. Posted by     2014年04月27日 03:52
科学に人間がふりまわされてる。
効率を重視するにつれ人間らしさが失われている。
人間に心がある限り無理だろこんなの。
676. Posted by     2014年04月27日 03:54
個人的には賛成なんだが、人口どんどん減ってくだろうな
677. Posted by    2014年04月27日 03:58
何の作品か知らんが漫画の見過ぎな奴の多いこと多いこと
自分の人生に自信が無いから絶望的な未来ばかり想像するんだよ
どんな未来だろうが自分は有利な側に立てるって言いきれるくらいの生き方しろよ
678. Posted by 名無し   2014年04月27日 03:58
科学者ってのは、科学が万能だと思い込んでしまうものだからね。始末に終えないってのはこのことよ。
679. Posted by あ   2014年04月27日 03:59
637
天才に「天才たる遺伝子」は存在しているかって、無いんだよ、そんなものは。
幾つかの性質を左右する遺伝子は見つかっているものの、様々な分野の天才の、彼らだけが持つ特異な遺伝子、なんてのは見つからなかった。

残念ながら人間は、俺達が想像する以上に後天的な環境で大きく能力を変える生き物なんだよ。

絶望的だろ?「特別な事を経験できた奴」が才能を発揮するだけなんだから、よっぽど不公平な現実だよ。

もし遺伝子で能力が決まるなら、頑張れないのは先天的で仕方ないし、今頑張れなくても「才能があるなら」いつか自然に成功するわけだからな。
680. Posted by なし   2014年04月27日 03:59
じゃ進学率100パーの皇族の教育にお金かけてるのも無駄やわ
681. Posted by 効率的だな   2014年04月27日 04:00
勘違いした人が大量にでそうだな
俺には才能があるから俺は神に認められたんだ!下等な一般人は俺の足を舐めろ俺の奴隷として働け!
こんな奴どんなに優秀でもいらないっす
682. Posted by     2014年04月27日 04:01
というか夢見る前に目の前の現実をなんとかせえや。
ネットで見栄を張る層を消したら、
優秀なやつなんてひとにぎりという本当の日本がみえる。
683. Posted by     2014年04月27日 04:01
エルネオス2001年02月01日発売号の記事って古すぎるだろ
この雑誌、民主党議員と左寄り連中の雑誌なんだが

この記事は江崎氏のゆとり教育批判を歪めたモノだよ
684. Posted by 名無し   2014年04月27日 04:02
自分が有利な立場に立てたとしても、他人を不利な立場に立たせたくない、そんな存在を増やしたくないと考える人間もいるの。なるべく多くの人間がそこそこ幸福な社会の方が、少なくとも私には心地いい。
685. Posted by 天皇   2014年04月27日 04:02
天皇家に産まれてないんだからおまえら全員負け犬なんだけどな
悔しかったら生まれ変わってどっかの国の王様にでもなれば?
686. Posted by あ   2014年04月27日 04:08
ガンになる遺伝子ともくされる遺伝子スイッチが発現していない人たちは、その代わりたしか非常に心臓が弱かったりしたんだよな。たしか。

遺伝子は、多様で複雑で、簡単にスイッチが切り替わるようになっている。
ある単一の社会形態に照らし合わせた「優劣」で取捨選択できるような単純なシステムではないし、
生物に限らず、イノベーションで重要なのは多様性であって、そんなの常識だ。

物理学者は他の分野では一般人以下のSF知識しか持ってないのか?
687. Posted by    2014年04月27日 04:10
>>679
無能がいくら血反吐吐くほど頑張ろうとも長い年月を費やそうとも出来ないものは出来ないけどな
688. Posted by あ   2014年04月27日 04:13
それでも僕はぁぁぁぁん!!!
689. Posted by はぁ?   2014年04月27日 04:14
別に検査してもいいけどさ
自分の子供の姉は優秀です妹は良いところがありません
って検査結果の時どうすればいいの?
妹の方は自殺するかもしれないけど国が面倒みて親を怨むようなら殺してくれんの?
690. Posted by あ   2014年04月27日 04:15
※686

そんなトレードオフあったっけな?統計的に証明できてる?その原癌遺伝子と心臓の関係。それとも、それこそSF由来の知識か何か?
691. Posted by     2014年04月27日 04:17
無能だということを無能に悟らせずに
こき使う人たちを僕は知ってます。
692. Posted by 名無し   2014年04月27日 04:18
そういう場合本人は有能のつもりなんだけどなw
693. Posted by 名無し   2014年04月27日 04:18
691みたいな人だね(にっこり)
694. Posted by 金   2014年04月27日 04:19
努力が何の価値も無くなる超格差社会かぁ
そういえば成績が同じ学生を同じ先生に任せる時
一方の生徒のIQが特別高いですって嘘を教えるとその生徒の方に一生懸命勉強教えるから本当にそうなっちゃうんだってな
お金持ちの子供の方が年収高くなるとか納得と憤慨が同時多発テロだわ
695. Posted by     2014年04月27日 04:19
※338
だから、遺伝子とは別に嗜好での評価も加味すればいいでしょって話
696. Posted by     2014年04月27日 04:20
はい(にっこり)
697. Posted by あ   2014年04月27日 04:24
まだ、ヒトゲノムさえ解明できてない10年以上前の記事かよwww納得だわ

お前ら安心しろ、天才の遺伝子は存在しない

特別な奴は特別な経験したから特別なだけ

経験しなきゃ才能は手に入らないし、それが「最適な」経験じゃなきゃ上達しないし、
いくら待っても、生まれついての才能で成功するなんてない、というわけだ
698. Posted by 方   2014年04月27日 04:24
産まれのせい
親のせい
教育のせい
遺伝子のせい
そこまでするなら無痛自殺所作ってくれないかな
今の日本だってハゲ阿保不細工デブアトピー障害持ち親が犯罪者在日のどれかに属すなら自殺もしたくなるでしょ
699. Posted by     2014年04月27日 04:24
優生学はいつの世も政治上の都合で上手く行かないんだよ
そもそも、完全なシステマティックな環境では貴族や"家"等も無くなってすべての人間は環境の下に平等化されるからね
才能ではなく、持つ者に取ってはこれ程己の存在を危うくしかねないもの導入には踏み切らないよ
そもそもだ
人間の社会システムの中に貴族や家という概念が存在するのはバカで可愛いドラ息子に自分のように苦労してほしくないという愛によってもたらされたものであって、それほど人間というのは度し難いものである
そこには優生学もへったくれもない
すぐれた人間は歴史の中での特定のタイミングでは特異点を突破する原動力になるが、いつもすぐれた人間がこの世を動かしている訳ではないのだ
700. Posted by    2014年04月27日 04:25
遺伝子選別で選ばれた優秀な指導者が、自分を選んだ遺伝子選別を否定して選別制度そのものを廃止したら面白い
選別の精度は完璧だったけど、選別制度そのものが実は間違いだったというオチ
701. Posted by あ   2014年04月27日 04:31
おい、こんな時代の記事になに噛みついてんだお前ら

まだクロマニヨン人が現世人類の祖先だとか、ミトコンドリアイブとか信じてた時代の話じゃねーか

遺伝子のいの字も解明できてない、まさにガタカみたいなSFな夢ばかり話されてた時期だぞ
702. Posted by     2014年04月27日 04:32
馬鹿を一流に育て上げてこその教育者。
教育を放棄してる時点で、こいつは教育者として無能。
遺伝的にも知能的にも欠陥のある、ただの気違いだ。
こういう気違いは人に者を教える四角がない。教育者を辞めるべき。
703. Posted by ぶ   2014年04月27日 04:34
遺伝子的なことを言ったら、日本人に不向きなスポーツ沢山あるだろ。身体能力は黒人の方が高そう。
704. Posted by 名無し   2014年04月27日 04:34
底辺には底辺向けの、スローペースかつわかりやすい、暗記の必要性を落とした教育が必要だろ
底辺を奴隷としたいのなら、まぁなんの教育もいらないかもな
705. Posted by    2014年04月27日 04:36
>>697
マクロ視点ではそうだとしてもさ
年の半分から3分の1は学校サボって遊んでて、出てきたと思ったら授業中はいつも寝てばっかでノートも取らない、塾や稽古ごとにも行ってなければ家でも勉強なんてしない
それなのにテストではいつも満点か悪くても90点台
そんないわゆる「神童」なやつはどう考える?中学高校くらいまでは普通にそこら中にいるし大学でもちょいちょい居るぞ
非難してる訳じゃなくて、周囲にそういうやつばかりが居た自分には経験主張だけじゃ説得力薄いんです
706. Posted by     2014年04月27日 04:41
ナチそのものだね。
正しいと思うよw
707. Posted by    2014年04月27日 04:54
そもそも論として、才能を定義できないだろう。

結果論として、一番いい記録をだした人間に近いのを選ぶ事はできても、最も適した才能は何かはわからないだろうに・・・。
708. Posted by ao lop dep   2014年04月27日 04:56
4 優生学的区別は時代の要請
709. Posted by .   2014年04月27日 05:01
双子研究から、遺伝因は6〜7割って結果が出てる
後は環境で如何様にも変わりうる

発揮された才能によって教育に揺らぎを持たせるのは有りだが、
最初から3〜4割の可能性を潰すのはハイリスク過ぎる
710. Posted by 名無し   2014年04月27日 05:02
705そういう「神童」高校に居て、ストレートで京大行ったけど一年で革マル派になって、そのままドロップアウト。苦労して獲得しないものは大事にしないのも人間かもね(笑)
711. Posted by 名無し   2014年04月27日 05:08
社会に出るとハングリーな奴の方が強い
712. Posted by     2014年04月27日 05:08
努力が芽を結ばない奴にも夢を見させて金を搾り取る事でなりたってる社会だろ
713. Posted by 名無しさん   2014年04月27日 05:18
エリートの血筋は脈々と続いて生き残るって考えか
そんな思考する脳を持った欠陥品は公園の空き缶拾い程度の仕事が関の山だな
714. Posted by 710   2014年04月27日 05:18
あまり俺は親しく無かったのだが、中の良かった人間と三人で飲んだあと、俺の方が、その彼の所属しているコミュニティーに近いと言う理由で電車がなくなった彼を泊めてあげたことがあった。その時いろいろ話したんだけど、高校の時は何で勉強してる人がいるのかよくわからなかった(笑)って言ってたな(笑)。あんたが分からんわ(笑)と思ったが、今どうしてるかな
715. Posted by    2014年04月27日 05:31
※714
天才ってのは本当に素で、出来ないやつはなぜ出来ないのか理解出来ないから、出来ないのは演技だと思ってるくらいだからなあ
716. Posted by あ   2014年04月27日 05:37
自分が選別されてやりたくなり仕事をやらされたら、って思考はないんだろうね。
あんたその仕事向いてないし才能ないから辞めなよ。あんたがやりたいかどうかなんかは関係ないんだよ。
717. Posted by     2014年04月27日 05:44
いずれリアル希望ヶ峰学園が設立され、「カムクライズル」が誕生するのか、胸が熱くなるな
718. Posted by 名無し   2014年04月27日 05:50
ある程度の選定はした方が良いかと
本当に日本を動かしている
トップ層が変わることは無いだろうが
競争力の底上げにはなるのでは
719. Posted by 名無しのモヒカン   2014年04月27日 06:08
言いたい事は分かるが、それを認めるわけにはいかん。
だってここ、何の才能も持たないクズしかいないじゃんw
そんな自分の首を絞めるような真似はせんよ
720. Posted by dp   2014年04月27日 06:11
みんな極端に解釈し過ぎだろ。

自分に向いていない方面に費やす時間と労力を減らそうと言うのが趣旨と思われ。
職業を限定するような細かい話ではなく「お前は運動や理系には向いてないから、法律か経済でも勉強しとけば?」 程度のアドバイスになると考えるのが現実的。

まぁ、人生何が無駄で何が無駄でないかは分らないもんだけど、江崎氏のような理系人間は、成功に直接繋がらない努力は論理的に無駄と判断するんだろう。
721. Posted by 名無し   2014年04月27日 06:13
あのな、遺伝子的にダメだから頑張んなくていいって言われたら、何の苦悩もなくそれに従っていいなんて人間はおそらくごまんといるんだよ。だって楽じゃん。日本なんて収入にそんな格差ないし。でもそれじゃあ、選り分けられた優秀な人たちが思ったほど優秀じゃなかったり、何かの理由でスポイルされたら、国エライことになるでしょ?。底上げってのは無駄を承知で全体にパワーかけることなんだよ
722. Posted by 名無し   2014年04月27日 06:24
でも頭いいからって、皆素直に進んでその勉強受けるとは限らないよね
意思や思考、世界観に性格っていうものがあるじゃない
723. Posted by 名無し   2014年04月27日 06:26
自分以下が存在する世界を生きた優秀な子は、
どんな性格に育つんだろうね
724. Posted by     2014年04月27日 07:00
ゴールデンバウム王朝の”劣性遺伝子なんちゃら法”思い出したw
725. Posted by 名無し   2014年04月27日 07:00
いくらこれが向いてるって分かってても、本人が別の事やりたいっていうならそっちの方をさせるべき
やる気なければ意味がない
726. Posted by 名無し   2014年04月27日 07:05
そんなシステムが導入されて、その通り動くと思ってるの?
727. Posted by m   2014年04月27日 07:12
優生学か。
いまの政府が好みそうなトンデモだ。
728. Posted by 、   2014年04月27日 07:25
自らの意志や下手したら人間性も放棄したいという奴がいるのか。
家畜の安寧とはよくいったものだ。
729. Posted by 名無し   2014年04月27日 07:34
人間を本当の意味で見てない奴の戯れ言だよコレ。
730. Posted by 課金厨な名無しさん   2014年04月27日 07:46
遺伝子から将来の才能を予測できるほど医学が進歩した時代なら、事前に才能をもたせるように遺伝子改変だってできるだろ
731. Posted by まとめブログリーダー   2014年04月27日 07:55
そして政府の家畜となれ!て訳ですか?
732. Posted by か   2014年04月27日 07:56
なんだおまえらがいつも言ってることじゃん。
ようやく評価されたな。
733. Posted by r   2014年04月27日 08:00
駿馬も年をとると駄馬になる。駄馬の飼育は国家の損失だから功労馬でも早く処分すべきだと思うんだ
734. Posted by    2014年04月27日 08:01
能力開発の一定指針するのはいいかもな
こういうレールを敷いてくれた方がいい子もいるだろうし
735. Posted by     2014年04月27日 08:08
教育を分けるのは正しいとは思うぜ
駄目な子が普通の子と同じレベルの教育を受けるとか、
苦痛以外の何物でもないだろうし

でも、それを遺伝子で語れるかどうかはちょっと……
736. Posted by ななし   2014年04月27日 08:09
仮にその『遺伝子による選別』が運用開始されたとしても、不正行為無しで厳格に運用される保証はない。
鳩山家みたいな金持ちならば、金の力で「ウチの息子ちゃんは政治家に向いてるザマス!」と検査結果をねじ曲げたりするかもしれない。
737. Posted by わろた   2014年04月27日 08:09
劣悪遺伝子排除主義者。
738. Posted by     2014年04月27日 08:35
まだ存命なのかよ。そっちのほうがビックリだわ
もう過去の人かと思ってた
739. Posted by     2014年04月27日 08:40
無能とは言われてても別の何かの才能があるかもしれんし
仕方なく合わない事をやり続けるよりは良いかもしれん
740. Posted by     2014年04月27日 08:40
毎日育てた母親でも子供の才能を見抜くのは難しいのに。
子育てって子供の能力を無極める戦いなんだぞ

741. Posted by    2014年04月27日 08:41
マジスレすると
人間の頭の良さは環境要因で決められるところが多い。
多くの脳科学の本にはそのように書いてある。
幼児教育を充実させたほうがいいな。
742. Posted by 学習意欲のない人に勉学を無理強いするのは人権侵害   2014年04月27日 08:52
遺伝子で振り分けるのには反対だが、はなから授業を聞く気のない人は義務教育段階でもやめてもらっていいと思うのだが。

学校に何しにきているかわからん奴の多い中学校は、授業を妨害されて他の生徒が迷惑を被っている始末。
授業をまともに受けないのは勝手だが、他人の妨害をする権利まではない。
それよりもすぐに就業者になってもらうほうが本人のためにもなるのでは。
743. Posted by     2014年04月27日 08:55
ラクシズがアップを始めました
744. Posted by     2014年04月27日 08:56
この人遺伝至上主義で
生物に対する環境要因の影響を無視している。
遺伝情報(DNA)に比べ、脳の構成する情報パターンは
比較にならないくらい多い。
もう少し生物学や脳科学を勉強しなおした方がいい。
745. Posted by     2014年04月27日 09:03
遺伝など調べなくても
小学生で結構差がでてくるから
公立学校で能力毎にクラス分けしてもいいと思うな。
でも政治的に難しいのだろうな。
746. Posted by    2014年04月27日 09:04
もしそれを義務付けようとするなら日本国憲法の改正が必要だな。いかに全体の利益に供しようとも解釈論では対応しきれないだろうな。憲法の原理規定である13条(個人の尊重)の改正だから、改正手続きを踏んだ憲法撤廃と創設、といったところかな。しかし、今の憲法が絶対的な正義ではないわけだから、100年後、あるいは数百年後にそういう改正の流れが来る可能性もあるんだよな…

と、文系卒のおいらはついそっちの方向にばかり考えてまうじょ

実際こんな制度があったら、おいら間違いなく院まで進ませてもらえなかったじょ
747. Posted by      2014年04月27日 09:05
極論ではあるが才能のない奴は生きる意味さえないって事だな
おまえらそんな世の中がいいか?
俺は嫌だね、実につまらない
才能なくても知恵とか努力でどうにかするから楽しいんじゃないか
かけてる部分を何で補うか、それが人間の本質だと思う

>>149
淘汰第一号決定
748. Posted by あ   2014年04月27日 09:06
義務教育は画一的でもいいと思う。飛び抜けた人は飛び級で
高校以上は、無目的な人は行かなくていいと思う
749. Posted by まとめブログリーダー   2014年04月27日 09:08
科学者としては、極自然な帰結を述べたものだけど、「優生学は差別を助長する」との暗黙の了解がある
これは発言撤回を迫られるだろう
750. Posted by    2014年04月27日 09:14
こんな事が公然と語られるとは、恐ろしい時代になったな。
右翼化通り越してナチ化しておるわ
751. Posted by     2014年04月27日 09:19
いや、個人の才覚は幼少期からの環境依存が今後を左右するものであって、赤子の時点での遺伝子情報での才覚なんてのは然程重要性を示さないんだが…。
漫画やアニメじゃあるまいし、現実を見んと意味無いぞ。
当人の意識問題や主張性も無いのなら、遺伝子情報で学務を左右する、という考えは普通は不可能。
環境依存の為の「環境」を構築するならまだしもだがね。。
752. Posted by     2014年04月27日 09:24
自分が無能だったとしても同じ事言えんの?って思う
753. Posted by    2014年04月27日 09:25
今の日本は入試結果(学歴)とか就職試験結果、オーディション結果など結果で進む道が決められる結果主義社会なんだじょ

対して、江崎しゃんの提案するシステムは、今後結果出すかどうか分かるまえに進む道が決められるポテンシャル主義社会なんだじょ

どっちも厳しい点あるし、どっちも良い点があるねー

そんなことより、一科学者がこういう発言を朗々と話せる時代が来たこと、それに対して多様な観点からのコメントがあって誰もコメントすることに後ろめたさを感じてない状況が感慨深いおっおっお
754. Posted by /   2014年04月27日 09:30
何もわかってねえ野郎だな
才能ある人間なんて勝手に伸びるんだよ
『出来ない人間を出来るようにする』のが教育だろうが
755. Posted by あああ   2014年04月27日 09:30
そもそも遺伝情報って更新されるからこそ今の動植物は生きている。オーストラリアのウサギの駆除を例にとれば、もし仮に1000年前のヒトの遺伝子を現代に投入出来たとしても、現代のウイルスや雑菌への耐性が弱くて
隔離施設でしか生きられないらしい。

また、現代社会では淘汰されがちな「バカ」故の次代に必須要項な遺伝情報だってあるかもしれない。

人間が決めつけていい話ではない
756. Posted by     2014年04月27日 09:32
多分、この人は頭のいい家系では更に
頭のいい子が育つという経験則から、
遺伝で決まっていると勘違いしているのだろうけど、
いい家系はいい環境を用意しているから頭のいい子が育つ。
この人にまともな脳医学者(ラマチャンドラン、サックス、
リンデン、久保田競)の本を読むことをオススメする。
腐れクリニックの似非医学を信じてはいけない。
757. Posted by    2014年04月27日 09:36
※科学者としては、極自然な帰結
いや、遺伝子で優劣が決まるって考えるのは科学者とは言えんだろ。
遺伝子の発現にも環境要因が入るって事を知らないんだぞ、このオッサン。
758. Posted by     2014年04月27日 09:36
別に具体的な事何も言ってないやん。
成績次第で飛び級を勧める、とか、
要望があれば授業が超ハイレベルな選抜校への転籍を国が補助するとか。
その程度なら差別にもナチズムにも当たらんでしょ。

ていうかこの人が誰かはもちろん皆知ってるよな?
759. Posted by     2014年04月27日 09:41
未来の子ども達よ
あまりに濡れ衣だ
760. Posted by しがない大学院生   2014年04月27日 09:42
DNAの大規模な調査で分かった最先端の研究結果としては、「DNAでは想像以上に遺伝の原因を説明できていない」、ということ。身長の個人差ですら、DNAでは説明が出来ない。ましてや、知能においては、まるで歯が立たないと思って良いだろう。
↑この冷酷な事実はまだまだ共有されていないので、どっかの大学教授レベルの人であったとしても、細胞生物学が専門系の人でなければ全く分からないだろう。

そもそも、人の才能の違いなんぞ、大したレベルの差異ではない。発明は偶然の結果が多い。謙虚に事実を認める事が重要だろう。
761. Posted by 名無し   2014年04月27日 09:43
これは酷い。
762. Posted by 名無し   2014年04月27日 09:53
狂四郎2030思いついたのが俺だけじゃなくてよかった
まあ普通に考えればあくまで「今の基準で」優秀無能を比較した所で時世が変わった時に対応できるはずがなくそうならないよう世の中を変えないことなんて出来るはずもない
一時期はもしかしたらうまくいくかもしれないがその後は絶対破綻することが目に見えている
763. Posted by     2014年04月27日 09:54
物理学者は理論で何でも決めようとするから(それ自体は当然だけど)
現実離れした理想論を持ち込む傾向があるんだよな。
昔、アインシュタインも共産主義にかぶれていたし、
共産党シンパには物理学者が多い。
でも人の能力(頭の良さ)は遺伝より
幼少教育により決まることは
多くの脳科学者が述べていること。
俺は公立学校でもテスト(遺伝子検査ではなく)して
飛び級させることには賛成だね。
764. Posted by ななしさん@スタジアム   2014年04月27日 09:58
早熟とか晩成も判断出来るのかなあ?
765. Posted by    2014年04月27日 09:59
人間にはプライドとか嗜好があるから無理
金もかかるから日本には無理
反律プロパガンタの餌になるから無理

はいもう絶対無理
766. Posted by 名無し   2014年04月27日 10:05
本来、義務教育レベルの勉強は一般的な頭脳身体の持ち主ならマスターできるレベルであり、
体育や音楽も同じ。
義務教育で落ちこぼれるのは、よほど努力を欠くか、環境が悪いか、今でも設置がある特別学級に行くべきタイプ。
優性学を問題にするなら高校以降の教育だろう。
767. Posted by     2014年04月27日 10:16
人間の脳は1000億個のニューロンと
500兆のシナプスで構成されている。
これらを正しく構成し、接続することは
DNAの情報だけではとてもできない。
少なくとも下記考え、発言は修正が必要だということ。

「人間の遺伝情報が解析され、持って生まれた能力がわかる時代になってきました。」
768. Posted by あ   2014年04月27日 10:22
あのさぁ、これもうほとんど立証されてるじゃん。

競走馬だって毎年何頭もの優秀な遺伝子を持った子が生まれてるけど頭角を現すのはほんと一握りだよ。

769. Posted by 色即是空空即是色   2014年04月27日 10:23
訳:自閉症は出生前検察で判断出来る。
770. Posted by     2014年04月27日 10:24
これ、最初の検査で「何にも向いていない」って診断されたら
死ぬしかないのか?
まぁ、不要な要素が排除されて綺麗な世界にはなるとは思うが
本人はたまったもんじゃないなww
771. Posted by                                       2014年04月27日 10:34
というかオリンピック行きたいとかノーベル賞取りたいとかそういう無理を言わなければ大体のものは早めに努力してればなんとかなるんじゃね
遺伝子検査するより教育制度を見直す方が先だろ

将来どういう病気のリスクがあるのか、みたいな検査は有意義だと思うが
772. Posted by     2014年04月27日 10:35
遺伝子=媒体としてのDNA
の発見が画期的だったので
それで全てを語れると思っている人が多い。
江崎博士ですらそのよな誤りを犯すのだからなあ。
江崎博士がそのような考えにいたった情報源を聞きたいね。
773. Posted by まとめブログリーダー   2014年04月27日 10:44
癌や感染症等かかりやすい病気の傾向やアルツハイマー等加齢でかかる病気や
蕎麦、卵、小麦粉、花粉、動物の毛等のアレルギー等については、
産まれた時点で遺伝子を検査して、データーベースとして育てる親や本人が把握しておく事は
有効かもしれないけどね。

才能に関しては複雑に内的外的要因が多すぎる事も有って難しそうだ。
774. Posted by 名無し   2014年04月27日 10:48
ガタカとかSEEDとかの世界よりも、
江崎玲於奈氏が、存命だったことに驚いた
775. Posted by 名無しのサッカーマニア   2014年04月27日 10:49
努力する才能も遺伝に表れるんか?
776. Posted by デュランダル議長   2014年04月27日 10:49
これがディスティニープランです。
777. Posted by 名無しさん   2014年04月27日 10:53
デスティニープランは、各人の遺伝子特性によって社会的役割を決定する究極の管理社会実現を目的とする政策で、全人類規模で人材の適材適所が実現されるため、無能な人物が不当に高い地位につくことでおこる混乱や、自分の境遇・待遇への不満からおこる争いごとがなくなるとされ、その結果二度と戦争が起こらないようにしようという政策である
778. Posted by     2014年04月27日 10:54
遺伝子と子供の能力(身体能力は除いて)との関連性は
議論の段階でむしろ否定的な意見が多い。
ましては実用的な話になっていないはず。
遺伝子検査で子供の能力の測定を実施するクリニックもあったが、
どれも「可能性」「能力の一部」と参考程度的な意味合いで
述べているところが多い。
ノーベル賞受賞された学者で教育改革国民会議座長もやった人がそのような提言をすることは困ったことだね。
779. Posted by     2014年04月27日 10:57
江崎博士は、アインシュタインみたいに晩節を汚すのかね。
日本のことを思っての行動だろうけど、
現時点では無理がある。
780. Posted by 名無しさん   2014年04月27日 10:59
なんか遺伝子で決める=最初からたった一つの職業しか選べないって解釈してる人多いな
単に明らかに不適切な選択肢を排除してくれるって話じゃないの?
体が丈夫で怪我をしにくい遺伝子を持ってる人間はスポーツに力を入れるべき、種目は野球でもサッカーでも陸上でも水泳でも本人が好きに選べばいいとかそういうことだろ?
781. Posted by     2014年04月27日 11:04
天才のキチガイは紙一重というけど、まさにそんな感じだな
江崎玲於奈は天才の側の一人だが、その差は僅かだ
そしてこいつらが世界を変えていくという事実
おれら盆栽にはなにもでけん
782. Posted by     2014年04月27日 11:12
身体能力という意味だとアスリートは明らかに黒人が強いから
遺伝要素が働いているといえなくもないけど
知能的にはアカデミックの世界であまり人種的には差が無いから遺伝要素が働いていると考えにくいね。
783. Posted by あ   2014年04月27日 11:13
無能なマスコミは教育ではなく、天性のクズって事か。業界のクズっぷりが原因だと思ってたけどな
784. Posted by 名無し   2014年04月27日 11:14
今、学校とかで学習して覚えるような知識などの情報(データ)は、
近い将来、機械などで直接脳に記憶(インプット)出来るようになるだろうから、
今後重要になるのは、ハードとしての人間の初期スペックかもしれないね。

例えば、先天的にデータがインプット(記憶)できない。
すぐにデータを消える(忘れる)
データを再生(活用)できない人は、不良品としてハネられて、
合格品だけ世間に出るとか。
785. Posted by     2014年04月27日 11:17
飛び級は賛成だけど
遺伝子検査はナンセンス。
786. Posted by 名無し   2014年04月27日 11:19
適性検査で小さい頃から何の職業に向いてるか分かるくらいなら良いかもね
流石に遺伝子検査でその子のこと何もかも分かるってのは思い上がりすぎ
787. Posted by     2014年04月27日 11:23
「人間の遺伝情報が解析され、持って生まれた能力がわかる時代になってきました。」

→ノーベル賞受賞した先生に変な知識吹きこまないでください。
788. Posted by 名無し   2014年04月27日 11:24
※784
もうそこまで出来る時代になったら、あえて人間が世の中の役に立つ存在でなくてもよくなってる気がするから、好きに生きればいいよって感じになってるんじゃないかな。
ルーティンワークはロボットで。創造的な仕事は一部の人間で。あとは適当に個々に向いてることをやる。
お金=労働の対価でもなくなってるだろう、というか、そうするのが無理だから、お金のために働く必要も無くなってるだろうし。
789. Posted by 銀河英雄名無し   2014年04月27日 11:25
劣悪遺伝子排除法を制定したら、
制定した本人の子や孫が排除対象になるのですね。

わかります
790. Posted by あ   2014年04月27日 11:30
これは遺伝子を選別する科学(脳科学も含む)が未発達、研究途上であれば成立しない論理。堕胎する判定以外ならばやらない方がまし。他の方向を探せ。
791. Posted by     2014年04月27日 11:35
普通の人ならこんな発想をしないが、躊躇なくしてしまえる所が天才となれる理由だから
江崎氏からこんな性格を取り除いたら何も残らないに違いない
良いか悪いかではなく、こういうモノなんだよ
792. Posted by 江崎玲於奈   2014年04月27日 11:38
ノーベル賞受賞学者を輩出した
江崎家の遺伝子を持つものは
みんな優秀だから優先して教育させろと。
そして優秀な子供が欲しい若い娘は
今からでもいいから俺の子種を受け入れろ
そういうことだわかったか野郎共!!!
793. Posted by 名無しのオージャン   2014年04月27日 11:40
小学生とか最初の頃はともかく
ある程度成長したら適正や希望に添って選択肢を与えたほうがいい気はする
794. Posted by 名無し   2014年04月27日 11:42
俺は遺伝子はあくまでも個人の基礎でしか無く、
それからどういう人間に成っていくかは
経験や環境に依存すると思う。
つまりどういう風に成長するかは誰にも分からない、色々なパターンがあると。
まぁそんな事より、まさかまとめで江崎先生見るとはな…
795. Posted by 名無し   2014年04月27日 11:45
性格や好みまではわかるまいよ
遺伝子的に合ってても性格が合わなかったら?
そりゃ最終的に仕事なんて向いてる向いてないは選べないもんだけどさ
796. Posted by 名無し   2014年04月27日 11:46
まだ幼児だったら成長過程で趣味特技が変わる可能性は可能性はあるので、
あまり有意義には思えない。それなら奨学金の充実とかに当てるべき。

学校教育じゃなくて結婚相談所とかに登録するときに遺伝子検査したほうが員じゃないか?
797. Posted by うん   2014年04月27日 11:50
実際そのとおり
798. Posted by 江崎玲於奈   2014年04月27日 11:55
俺は劣等遺伝子を持つやつに死ねとは言わない。
無駄な足掻きはやめろと言っている。
劣等遺伝子を持つやつは分不相応なプライド、欲求を持たず
劣等遺伝子にも出来る仕事をして暮らせばいいと言っている。
劣等遺伝子を持つが分不相応の教育を受けることは本人にとっても社会にとっても不利益なんだ。
そして優秀な遺伝子を持つ俺様の遺伝子を受け継ぐ子供が沢山生まれることは日本にとって大変な利益になるので、
日本政府はどんどん俺の子種を受け入れる若い娘を連れて来い。
799. Posted by    2014年04月27日 11:58
昔の日本は本来そうだったのではないか。
800. Posted by 葉   2014年04月27日 12:12
ナチズムと同じじゃんか。
それに、どうせ金次第で遺伝子情報を改ざんしたり、隠蔽したり出来るようになるから無駄。民度を上げる方が先。
801. Posted by    2014年04月27日 12:13
希望もなしに人が生きれるか。
802. Posted by ま   2014年04月27日 12:17
教育の機会を等しく受けられないので憲法違反

803. Posted by    2014年04月27日 12:26
実際にやるなら足きり用だろうな。
知能指数110の人間と140の人間、どちらが高等教育を受ける必要性があるかは(本人の意思もあるので)わからないが、
80の人間は受ける必要性はおそらくないだろう。
804. Posted by 江崎玲於奈   2014年04月27日 12:26
いるんですよね。いくら教えても覚えない頭の悪いやつ。
教育としての限界ですよ。いるでしょ。アタなの周りにも。
そんな人達は心なしか遺伝子も臭うんですよ。猿臭い匂いが。
もっと優秀な子を教育したい。せめて人間相手に教育にしたい。
そう思い、愚案を提案した次第なんです。
まあ、猿くさい遺伝子の持ち主でも若い娘なら私の超優秀な遺伝子を受精させて少しでも優秀な子供をあげさせたい。
私も年なんで辛いですが、国のために一肌脱ぎますよ。
805. Posted by あ   2014年04月27日 12:33
やっぱ福田ってすげーな
先見の明がある

監督としての才能はねーけど
806. Posted by     2014年04月27日 12:34
この江崎おじいちゃんの遺伝子解析したほうがいいよ。
きっと教育受けさせても効果が低くてオタクにしかなれない、
ボケも早く出るという結果になるんじゃないの?
807. Posted by 名無し   2014年04月27日 12:40
とりあえずデスティニープランが思い浮かんだ
808. Posted by    2014年04月27日 12:40
実際そっちの方が楽だしな
自分が何すればいいか初めから分かってるなんて有難いことだ
809. Posted by     2014年04月27日 12:41
あなたは将来魔王になります
だからアズカバン行きです
ってコンピュータに判断されたらどうすんだよ
810. Posted by ななし   2014年04月27日 12:44
自分の子供や孫の遺伝子は調べてんだろうな?
811. Posted by 名無し   2014年04月27日 12:46
遺伝子検査なら米国でやっている。
精度は低い様だが、今後は一般化するだろう。
遺伝子的な才能に準じた環境を与えるのは賛成。
デザイナー・ベイビーは優生学に基づく行為だとは思うが、弱肉強食の自然淘汰という点では妥当だ。
だからと言って、民族浄化を容認するつもりはない。
ユダヤ人は無能ではない。
お隣さんは無能だがwww
812. Posted by 、   2014年04月27日 12:47
児童のIQを教師に高低逆に伝えて教育させたら、IQ低い子を天才だと思って接するから、その児童が出来なくても教師が自分の教え方が悪いんだと改善する。
しばらくして学力を試験すると以前と逆転してるという実験がある。
何度やっても教師が違っても同じ結果になる。
相手に合った教え方をする事が大事って事。
んで最初IQ高かった子は低いと思われて教師に接っされてると学力下がってるし。
813. Posted by ...   2014年04月27日 12:53
いい大学出てても鳩みたいなのはどーすんだよ
814. Posted by     2014年04月27日 12:54
残酷だが「馬鹿が馬鹿である原因」って、知識そのものがないからではなく、知識を得て生かそうとしないからなんだよな。
「馬鹿に何を教えても無駄」なのはそのせいだ。
815. Posted by p   2014年04月27日 12:54
ナチス安倍政権を倒さないと
日本が危ない!
816. Posted by 2ちぇんねるから来ました   2014年04月27日 13:09
3 言えてる。

今の時代ってバカが金に物言わせて東大入って国の頂点で売国奴してるからな。

優生学が全てだが、ただ自然淘汰圧は見えこない。
故に何を優とし何を劣とするかが問題だが。
817. Posted by 課金厨な名無しさん   2014年04月27日 13:10
遺伝子でそこまで分かるのかすごいなー(棒)

ノーベル物理学者なのに物理以外はトンデモ論者なのかw
818. Posted by     2014年04月27日 13:14
※813
なぜ鳩が東大に行けたのか不思議て仕方が無い・・・
819. Posted by .   2014年04月27日 13:17
※812
教師期待効果だっけ?
まあ性格だと遺伝的要因と環境的要因の相互作用でなるから、能力もたぶん似た感じにはなるよね
820. Posted by    2014年04月27日 13:19
何が向いてるかを教えるくらいの事はしてもいい
821. Posted by 2ちぇんねるから来ました   2014年04月27日 13:19
5 江崎は物理の専門家としては優秀だけど、教育者としたら糞並みw。江崎の下では誰も育たないだろう。
※テンプレ
>僕は遺伝だと思っています」
思うのは勝手だが科学者のコメントとしては0点ですw。
※817
学者バカはとことんバカだからね。物理学以外はてんでダメなくせに、口出ししてバカを露呈するのがオチw。この江崎のようにねw。

822. Posted by     2014年04月27日 13:19
才能があっても結果が残せるとは限らない
遺伝子ではなく、結果を重視すべき
現在の均一的なシステムを残しつつ、良い結果を残せた者はより高度な学習を、低い者には補習を徹底し、全体の学習能力の底上げ
遺伝子で劣等のレッテルを貼ってたら落ちこぼれだらけになって社会が回らなくなる。掬い上げるシステムも維持しなければ新たな問題が生まれるのは明白だろうに・・・
823. Posted by あ   2014年04月27日 13:23
才能があろうが
それに対してやる気があるのかが問題だろ
やる気もないのに強制的にやらせるなんてバカらしい
夢を持つなとでも言うつもりか?
824. Posted by .   2014年04月27日 13:23
既に職業などの適性検査とかあるし、遺伝子的に解析できるようになればそんな感じになっていってもおかしくはない
825. Posted by     2014年04月27日 13:31
こういう理論もあると思う
天才は個別に教育すべきという気はする
826. Posted by    2014年04月27日 13:33
※822
それがまさに江崎の言ってる事じゃないの?
特定の分野の才能がないのにそれを伸ばそうとしても無駄、才能があるなら早期に徹底的に伸ばせと言ってるだけで、
劣等な遺伝子は切り捨てろとは言ってないでしょ?

社会がうまく回転するには、全体的な底上げは必須だし、底上げ自体無駄とは言ってないと思うんだけど。
827. Posted by 名無しの隣人さん   2014年04月27日 13:34
>>822
掬い上げるためのシステムがコレだと思うがね
最初から能力低いと分かってんならブルーカラー用の学習させとけば
今みたいに落ちこぼれ即ニートとはならないはずだろ
828. Posted by    2014年04月27日 13:37
勉強と仕事ができるのは必ずしもイクオールではない。勉強ができても仕事が全くできない奴もいる。社会生活や人間そのもの力はそう簡単に判定できるものではない。
829. Posted by 2ちぇんねるから来ました   2014年04月27日 13:40
才能っていうか、ある課題に対峙したとき、いかに集中して熱中して継続するかだけだよなぁ。

課題に対して熱中できない人は、まず才能がない。
830. Posted by 玲於奈の野望   2014年04月27日 13:46

なにこのジーク(半拍)ジオン!!
831. Posted by 裏口から袖の下w   2014年04月27日 13:49
>>なぜ鳩が東大に行けたのか不思議て仕方が無い・・・

またまたご冗談をw。よくわかってるくせにww
832. Posted by     2014年04月27日 13:50
優生学の行き着く先は自己否定なんだけどな。
833. Posted by      2014年04月27日 13:50
なんでもそうだけど、万能論者ってのは怖いな
現代科学のレベルで遺伝子をそこまで信頼できるってのは、もうそれ宗教だろ
834. Posted by     2014年04月27日 13:52
強制はひどいと思うけどどの仕事が向いてる程度のことだったら知ってみたいな。
835. Posted by     2014年04月27日 13:52
後のルドルフ・フォン・ゴールデンバウム

ゴールデンバウム王朝となるのであった
836. Posted by     2014年04月27日 13:53
無能が人類全体の進化を阻害してるのは事実だろ
靴底のゴムのような肉と、しもふり肉は完全に違うからな・・・。
837. Posted by ムーミン   2014年04月27日 13:54
馬鹿馬鹿しい。
ノーベル賞受賞者に、こんな事言うのもどうかと思うが、『ジジイ、ボケたか?』
仮に才能あったところで、その才能が開花する時期は何時になるか誰もわからない。
なぜなら、才能が認められるためには、教育もさる事ながら、周りの環境や時代の流れにも影響される。
具体例をあげよう。
例えば、ロベルト・バッジョ。彼が才能が無いなんて言うサッカーファンは、まずいない。しかし、いかんせん時代が悪すぎた。彼が才能の絶頂期にさしかかろうという時に、フィジカル重視のサッカーが大流行してしまい、彼のようなファンタジスタは行き場を次々と失ってしまった。
もし、彼が80年代のマラドーナを頂点とするファンタジスタ全盛期の時代に生まれていたら、
あるいは、現代のテクニック重視のサッカーの時代に生まれていたらと思うと悔やまれてならない。(まあ、ケガの影響もあるんだが。)
才能だけで全てが決まるほど、世の中甘くはない!
838. Posted by 名無し   2014年04月27日 14:08
結論:それで分かれば苦労しない
839. Posted by     2014年04月27日 14:10
遺伝子を過大評価しすぎだろ
だいたい今の分子遺伝学は十何年かで大前提がひっくり返ったりしてる(ゴミ遺伝子だと思ってたら重要な情報だったり)
そんな発展途上の学問にあわせて社会システムを構築するなんて愚かだ
840. Posted by まとめブログリーダー   2014年04月27日 14:14
むしろやってくれ。エリートは官僚や社長になって日本をみちびく指導者に。それ以外はまた三段階ぐらいにわけ、一つは第三次産業のデキるサラリーマン。一つは農業漁業林業専門。一つは馬鹿の寄せ集めで介護飲食(店舗)土方など
これにわければ飲食介護土方の人不足も無くなるしニートも消えるし大丈夫だろ。と土方の馬鹿が言ってみる
841. Posted by    2014年04月27日 14:18
批判してる君たちさ、
痛ニューのタイトルだけで判別するのやめなよ
ちゃんとリンク先の元記事読んだ?2001年だよ?本題はゆとり教育についてだよ?森政権だよ?
恥ずかしいったらありゃしない
戦後70年経っても未だに当時の戦争責任や慰安婦を声高に主張する輩と何も変わらんではないか
842. Posted by 名無しのはーとさん   2014年04月27日 14:31
全く向いてないダメな奴が残した功績も相当あると思うぞ
843. Posted by 職業選択を間違えた者   2014年04月27日 14:50
検査の信頼性が高ければ、思うほど悪くない。
自分の特性に合わない仕事を選んでしまったために、いつまでも鳴かず飛ばずで落ちぶれるより、適正な仕事をするほうが無理もないはず。
844. Posted by    2014年04月27日 14:51
>>837
いやバッジョ好きだけどさ
あんまり底の浅い知識で世界のサッカー語るのもどうかと思うよ
それに十分活躍したろ?W杯でPK外しちゃっただけでさ
だいたい何をもってファンタジスタと定義してるのか
所詮はチームの方針と空間把握能力と状況判断能力と当たりに負けない体とキックの強さと精度の結果だろ
サカヲタは本当にくだらないw
845. Posted by     2014年04月27日 14:59
遺伝子も大事だと思うが教育が最重要だろう。
韓国、中国、北朝鮮・・・見てわからないのか?
外人とのハーフでも同じようなこと言ってるだろう?
846. Posted by あ   2014年04月27日 15:07
結局本人が自主的に一つの事に興味もって突き詰められるか次第だと思う
エジソンやアインシュタインも学生時代は優秀扱いされてない人達だし
自主的に好きな分野を極めた訳だから
847. Posted by あ   2014年04月27日 15:11
無駄から生まれる発明は、数はたいしたことないが、のちの歴史を左右するレベルのものが多すぎんだよな。

てか大人になったあたりで無気力人間だらけになって社会主義の末期みたいになりそうだな。
848. Posted by か   2014年04月27日 15:14
遺伝子で才能の全てがわかるほどおきらくな生き物なら人間ここまで苦労してねーんだよ

そもそも理科とか社会とかも厳密にわけられるほどしっかり分野わけされてねーっつの
849. Posted by     2014年04月27日 15:21
生まれ持った能力が高くてもその後の環境でメンタルがクソになったりする場合がかなりある。なにしろ増長するアホが一番ダメになる
850. Posted by     2014年04月27日 15:22
「才能」と「やりたいこと」が一致してなくても別にいいだろ
こういう考えは偏見と差別しか生まない
851. Posted by    2014年04月27日 15:24
まず教育者に優秀な人間を育てられるだけの優秀な奴を揃えないと駄目だな
852. Posted by      2014年04月27日 15:28
人間とはそう単純な生き物ではない
853. Posted by     2014年04月27日 15:30
※848
「全て」は分からないにせよ、少なからぬ一部は分かるんじゃないの。
854. Posted by     2014年04月27日 15:32
完璧に悪の科学者のセリフじゃないですか
855. Posted by 。   2014年04月27日 15:34
まだまだデータ不足だから実用的じゃない
遺伝子的にはベストでも実際どんな教育でどういう人間になったかを追跡調査しないと

同じ遺伝子の一卵性双子でも生育環境で全然性格や能力、老化速度、寿命、疾患罹患率が違うのにさ
856. Posted by     2014年04月27日 15:40
偉い人が金で不正してガキのデータをねつ造するwそれが横行する
映画とかであるだろ。
実は完璧なシステムじゃないけど目をつぶって実用化される。研究者も金がほしい
857. Posted by     2014年04月27日 15:42
ちょっと遺伝子が分かったくらいで個人の未来を予想した気でいるとか危険極まりないな
仮にそれで100パーセント個人の能力の解析できたとしても、
生まれた時点で能力の限界を決めつけるとかはさすがに倫理的な部分など問題があるのでは?
個人的にはやめてほしい
858. Posted by     2014年04月27日 15:50
遺伝子情報でほぼ同じだとしても同じ中身の人間であるとはいえないのと同様、まったく同じプログラムで成長させるなんて不可能だし、教育分野以外の人生経験や思考も考慮すると成長過程は千差万別が普通。となれば、結局は同じ分野で同じレベルの才能と判断された個体でも大幅な優劣が生まれ、千差万別の成長結果になるだろうよ。
859. Posted by 野国由紀   2014年04月27日 15:51
言いたいことはわかりますが、報われないにしても努力する事に意味があると思いますが。
860. Posted by な   2014年04月27日 15:55
ネトウヨ=劣性遺伝子のキモオタ
861. Posted by     2014年04月27日 15:57
>>855
何かキモイから一生解明されなければいいと思うけど、
そうなったらこの江崎とかいう人がいちばん無能だし
無能のくせに無能がどうとかいうやつは存在するだけ無駄
862. Posted by     2014年04月27日 16:01
国益のために選別されて組み込まれる歯車

人生とはいったい何なのだろう

863. Posted by     2014年04月27日 16:03
何ができるかよりも、何をやりたいかで考えるのも大切だと思う
特に子供の時は
864. Posted by     2014年04月27日 16:04
一つ言えることは幾ら遺伝子が優れいていても全てにおいて優れた奴はいないということだね
性格的な適性も無視されてしまうだろうし問題は多いと思う
予め引かれたレールの上に載せられるんだし奴隷みたいなもんだな
865. Posted by ░▒▓▇▆▅▃笑▃▅▆▇▓▒░   2014年04月27日 16:16
違うなぁ。「動機(欲求)が無い者に教育しても無駄」とは言える。
適性と動機が合致したところに安定と大成がある。
こういう事をテーマにしたストーリーは無数に作られてるんだが…。
彼の場合、自らの考察と合致しないものを見ようとする動機が無かった故に正論を出せなかったわけだね。
866. Posted by あそこがさいこう   2014年04月27日 16:17
アインシュタインは確か劣等性だった。
ゴッホも生前認められることはなかった。
この江崎という人間の発想では、天才が生まれにくい社会になってしまう。時代のパラダイムを変換するから天才なのであって、パラダイムの中で優秀とされている人間は、実は、次世代の凡人達かも知れない。


867. Posted by ドットコム   2014年04月27日 16:19
ワダスは…死んだらただのゴミになってすまうんス
868. Posted by    2014年04月27日 16:26
>> 2000年、小渕恵三首相の要請により、教育改革国民会議の座長に就任。
>> 合計13回の全体会議等を通じ、「教育を変える17の提言」を骨子とする最終報告を纏め上げたが、
>> 会合の席上で遺伝子レベル(優生学)での出生選別(日本を背負って立つエリートを見つけ伸ばすための選別)
>> と受け取れる発言をして物議を醸した。
――Wikipediaから引用

かなり昔の発言なんだな。遺伝統計学ってそこまで確実に未来が判るものではないはずなんだが、口が滑ったのだろうか。
869. Posted by まとめブログリーダー   2014年04月27日 16:27
別によくね
これに異論唱えてるやつなんなの
進歩したくないの?
870. Posted by イグノー   2014年04月27日 16:28
エサキダイオードの成れの果てがこれじゃん
ノーベル賞を返上してね!
871. Posted by まとめブログリーダー   2014年04月27日 16:32
合理的ではあるけど優生学は差別主義の始まりだぞ
872. Posted by あらま   2014年04月27日 16:34
ホームラン級のバカだな
873. Posted by 全国民   2014年04月27日 16:43
正論
みんなが一等賞になる徒競争はおかしい
874. Posted by _   2014年04月27日 16:53
それこそ生産とニーズという古典的な観点だけでも、社会というもの人間自身が現代科学ではコントロールできないということが、旧ソ連の共産主義という大実験で既に分かってんのに、それよりも複雑な人間の遺伝子と社会活動における能力の関係を使って、社会をコントロールしようとか、共産主義以上に大失敗する羽目になるのは自明じゃん。
この人、共産主義者云々って言ってるけど、そんな中学生でも理解している人間の歴史すら理解してないのに、教育なんかに携わってて、大丈夫なのかね。
875. Posted by わ   2014年04月27日 16:56
上手く選別できたとしても1分野に似たような人間ばかりだと逆に発展遅れるかも。
専門分野違う人が既存の常識にとらわれずに重要な新発見をする例も歴史上多いし。
向いてない人が従来効率悪いと思われていて誰も手をつけなかった方法でコツコツ粘って何か成し遂げる事もあるだろうし。
種の保存って意味でも遺伝的多様性があるから、危機的状況でも生存できるタイプの人類がどれかはいる訳で。
今は有利でも環境変われば生存不利な遺伝子タイプ側になる事もある。
876. Posted by ░▒▓▇▆▅▃笑▃▅▆▇▓▒░   2014年04月27日 17:09
貧困に苦しむ環境で、貧困故に強烈な欲求が生まれ、傑出した人物となるケースは少なくない。その反面、犯罪が多いわけだけど。
現代日本の特に窮していない、概ね平和な状況下で、強烈な欲求を作為的に発生させられればなぁ。そうすれば、才覚と欲求が合致した大人物は必然的に生まれる。同時に、欲求のある活発かつ健全な凡人と内需が生まれる。あらゆる類のイノベーションは、そういう環境にこそ発生し易い。
これを移民に頼るのはダメね。結果は他所で出てるわけだし。
877. Posted by あ   2014年04月27日 17:17
まさに映画のガタカの世界になるな
優性遺伝子のみが多くを手に入れて、劣性遺伝子はどこまでも虐げられる
自分がどちらになるかは運でしかないのに、よくもまぁこんな危険な事をしようと思えるな
878. Posted by     2014年04月27日 17:25
>>進歩したくないの?

種の多様性を否定して、生物が進化すると思っているなら、かなりバカだよお前は。
大体玲於奈は物理学だろ、畑違いもいいとこの発言。
879. Posted by     2014年04月27日 17:33
全ての人間の進路を遺伝子のみで決めるのはどうかと思うが、
できもしないのに無能を教育しようとして失っているものは
確かに少なくはないと思うな。
別に本人が教育を受けたがっているわけではないのなら、
切り捨てるというのは全然アリじゃないの。
880. Posted by 名無しさん   2014年04月27日 17:38
5 江崎さんはノーベル賞を取るほどに比類なき天才科学者なことは事実

…ただし物理学者として
生物学、教育学、哲学、社会学、世界史に関してはド素人かあ


「遺伝的な資質と、生まれた後の環境や教育とでは、人間にとってどちらが重要か。
優生学者はネイチャー(天性)だと言い、社会学者はノーチャー(育成)を重視したがる」
どちらも人間にとってはかけがえのない要素でどちらか片方だけでは天才には届かないのヨネ
881. Posted by    2014年04月27日 17:38
誰かこのノーベル賞級の唐変木に『ガタカ』を見せてやれ。
882. Posted by ???   2014年04月27日 17:52
物理学者は物理の勉強だけやってろよw
883. Posted by    2014年04月27日 17:53
才能を精査して、道標を提示することは素晴らしいことだと思う
ただ、それを強制しなければ という前提だが
あくまで最終決定権は個人にあれば誰も文句言わないと思うのだが
884. Posted by 1   2014年04月27日 17:56
つまりあれだな

オグリキャップはいらないと言う事だな
885. Posted by hikonemasato   2014年04月27日 17:58
*11.つまり遺伝子的に劣勢な人間は死ね、と。
*109.劣勢遺伝子の奴が実は何千人という人を救った例とかあったら良いな
*291.小説の仮想世界で劣勢遺伝因子排除法を見た。
*355.エリート遺伝子を持った層と劣勢遺伝子層で差別意識が出そうだ。
  ★脳が劣勢っぽいやつ4人発見。
886. Posted by    2014年04月27日 18:00
ノーチャー wwwww
聞いたことないことばだな。
887. Posted by 名無し   2014年04月27日 18:09
ふえぇただでさえ少子化が進んでる日本でこんなことしたら絶滅しちゃうよぉ><
888. Posted by あ   2014年04月27日 18:19
サイコパスの世界だな

「お前は才能ないから辞めろ」と拒絶されることを想像すると嫌な世界だけど、
「お前はこっち方面に向いてるよ」と提案されることを想像すると、悪いことばかりでもないかもな
889. Posted by せやな   2014年04月27日 18:33
せやんな
890. Posted by は   2014年04月27日 18:37
(不適切な単語が含まれています)
891. Posted by    2014年04月27日 18:37
レールに従うか否かを選ぶ権利は与えるべき
レールに乗った人生を送るものには一定の保障を
自分の意思でレールから外れる場合は保障を削る
選択肢がないと社会主義的な国になってしまう
892. Posted by 専門家でもないのにすぐ精神病と騒ぐゆとりも劣化遺伝子   2014年04月27日 18:39
専門家でもないのにすぐ精神病と騒ぐゆとりも劣化遺伝子
893. Posted by ぉ   2014年04月27日 18:40
将来お見合い()で、遺伝子データお互いに交換も出来るね
相応の家庭が見つかるね
894. Posted by 0K   2014年04月27日 18:49
劣等種を殺したり教育しないのではなく、優秀な奴には良質な環境と高い地位や権限を与えて、劣っている奴には優秀な奴の分もコストやリスクを支払ってもらうようにすればいいだけだと思うが。

判断基準と賄賂等の不正の問題さえクリアすれば、理想的だろ。
895. Posted by    2014年04月27日 19:01
こんなことをメディアの前で言っちゃう時点で
こいつは弾かれる側

少なくとも今の職業は向いてない
896. Posted by 2ちぇんねるから来ました   2014年04月27日 19:01
資本主義社会を前に人は道具と化し資本主義の尺度である金銭の大小において人の優劣は決定する。

資本主義者、どっぷりやんw。

by 俺。
897. Posted by 2ちぇんねるから来ました   2014年04月27日 19:12
優生学とは資本主義的精神病理の一形態なりけり。
898. Posted by あ   2014年04月27日 19:25
凡人が無理してあがくから、学歴や教育産業の価値が維持されているのを、わかってないな。裾野が狭くなれば、頂上も低くなるぞ。
899. Posted by     2014年04月27日 19:27
これは残念なニュース
ヒットラーと言ってる事変わんない
900. Posted by あ   2014年04月27日 19:34
勝ち続ける事が正しくて幸せか?って話だなぁ。
向き不向きはあってもチャレンジする機会位与えておくれよ。
チャレンジするのがめんどくて、遺伝子検査上等・いちばん向いてるのに振り分けておくれ、って奴だけ相手にすれば良いよ。
901. Posted by 名無し   2014年04月27日 19:44
そんな検査しなくてもほっとけば出来る奴は頭角をあらわしてくる。
天才レベルの人間だと教育するしないはあまり関係ないと思う。
902. Posted by     2014年04月27日 20:00
あんまり優生学を信用しすぎない方がいいと思うよ
かえって頭が堅くなる
903. Posted by 名無し   2014年04月27日 20:03
アメリカでも学資が問題になってるもんな(笑)。いい方法はないもんかね(笑)

でも多分、逆に言えば、投資効率的が昔に比べてどうしようもなく不確定不安定になってるんだよな。
904. Posted by 名無し   2014年04月27日 20:08
地方で高校まで公立で駅弁大学行って公務員、あとは趣味に生きる、それでいいんじゃね?(悪魔の囁き)
905. Posted by まとめブログリーダー   2014年04月27日 20:17
漫画の読みすぎなんじゃないの
906. Posted by    2014年04月27日 20:27
遺伝的に向き不向きがわかったとしても、一部の天才以外は、まず弱点を補強することを考えた方が、一般社会で普通に働く分にはいい気がする
多少すぐれた能力があっても、致命的な弱点があったらそっちに足を引っ張られるもんだし
907. Posted by     2014年04月27日 20:42
真実では有るけど、能力の公平化の為のデザインベイビー実現へ流れてしまいかねない
其処までは良いのだけど、遺伝的多様性が失われて人類種の可能性と疫病耐性を大きく損なう恐れが有る
全人類の遺伝子配置データを収集出来る時代までは封印した方が良いのじゃ無いかな
908. Posted by     2014年04月27日 20:46
コイツ、才能なさそうだな。
909. Posted by 名無し   2014年04月27日 20:53
小学生の時点でも出来る子は勉強なんかしてない。
特に教えなくても理解していく。
一生懸命教えないと理解しない時点で勉強の才能はない。
910. Posted by     2014年04月27日 20:55
胚の段階で選別されたり操作されたりすりゃ問題無いんじゃねーの?
911. Posted by 江崎玲於奈   2014年04月27日 20:56
子供の優越は遺伝子で決まるんだ。
俺の優秀な遺伝子受精してやるから、
メス共、ケツを並べて待ってろ。
912. Posted by     2014年04月27日 21:06
まあ人類が繁栄と進化を続けるならどうでも良い
913. Posted by か   2014年04月27日 21:10
何だただのサイコパスか
914. Posted by 安楽死希望   2014年04月27日 21:15
早く遺伝子選別導入して楽にしてほしいわ。
915. Posted by    2014年04月27日 21:36
これって将来的には親の立場が選別されるんだろ?
あなたの遺伝子は劣勢なので結婚不可ですねー、って。
そんな世の中でいいもんかね?
916. Posted by 江崎玲於奈   2014年04月27日 21:39
勉強したい。ダメダメ。君は劣等遺伝子だから勉強しても無駄なんだ。
君は即刻職業訓練学校へ行くんだ。
恨むならパパとママを恨むんだね。
917. Posted by     2014年04月27日 21:40
「無能は教育するだけ無駄」
なんて言ってないじゃないかよ
918. Posted by あ   2014年04月27日 21:50
これをやって何のメリットがあるの?って思う
優秀な遺伝子だけにしても競争や争いはなくらないだろうし
現状でさえ文明の進化速度が異常なのに
頭いいやつだらけにしたら人類滅亡フラグが立っちまうよ
919. Posted by あ   2014年04月27日 22:08
朱に交われば、ということか。
確かにせっかくの才能を平均化教育で潰すのは惜しい。
しかし突き抜けた才能は埋没しないと思うけどな。
920. Posted by    2014年04月27日 22:09
犯罪者の遺伝子とか言われたらどうするんだろう。
921. Posted by     2014年04月27日 22:39
子供に無限の可能性があるとか言ってる屑と反対だけど
似たような屑ではある
922. Posted by     2014年04月27日 22:44
そもそも、義務教育に何を期待して感互いしているのか知りませんが・・・、一般常識以外の突き抜けた才能を育てたいなら他でやれば良いじゃないですか。
923. Posted by    2014年04月27日 22:52
じゃあこういう場合は?
甲 遺伝的才能200 現能力80
乙 遺伝的才能110 現能力100
丙 遺伝的才能90 現能力85
もしかして教育者って相手の才能全部引き出せるとか思ってるのかね
924. Posted by あ   2014年04月27日 23:07
リンク先にもググっても
「無能は教育するだけ無駄」って言った記述が無いな。
管理人の歪曲か?
925. Posted by    2014年04月27日 23:24
教育関係者は教授も含めて実際に会社で仕事をした事がないから社会の事実を知らない。勉強ができる能力と仕事ができる能力は全く別。
926. Posted by 名無しさん   2014年04月27日 23:29
義務教育には、一般水準の教養や知識を身に付けられないような人を淘汰する意味合いもあるんだから、ある程度の画一教育は必要だと思うぞ
得意分野を重点的にやる事自体は良いけど、苦手分野をおろそかにして良いわけでは無いと思う
927. Posted by あ   2014年04月27日 23:41
こんな事がまかり通っちまったら、ここにコメってる底辺共全員消えちまうな
www
928. Posted by       2014年04月27日 23:48
仮に遺伝子検査通りに一流エンジニアになっても
飲み会の無礼講でうっかり上司に無礼な態度を取ったばかりに
まるで畑違いの営業に飛ばされるとかあるぞ
それも江崎座長の教育観か?
929. Posted by 同音異義語   2014年04月28日 00:30
劣性遺伝子を「劣勢遺伝子」とかん違いしてるやつがこんなにいることがおどろきだ。劣性って劣った形質の遺伝子という意味じゃないぞ。
766.みたいに優生学を「優性学」と思ってるやつもいるな。   
だめだこりゃ。理科教育の敗北。
930. Posted by まとめブログリーダー   2014年04月28日 00:39
925>>
教授はそうでもないんだなこれが
教師も確かに民間経験者少ないかもしれんが中途採用など外の風をいれる制度はある。
しかも極最近校長などの管理職に民間などの社長を登用するということもあったはず
931. Posted by 名無し   2014年04月28日 00:53
ポテンシャル100あっても20%しか発揮しない奴と50のポテンシャルで80%(100の奴に換算して40%)発揮する奴ならどっちが有用だと思う?
932. Posted by まとめブログリーダー   2014年04月28日 00:57
IQ140?以上は幼児教育でどうにかなるらしいからまずは保護者の方からどうにかしてください
933. Posted by    2014年04月28日 01:00
いやいや、優秀なの集めても何割かは絶対にダメになるんだから
はじめからあえてバカを混ぜておくのも効率的かもよ
934. Posted by    2014年04月28日 04:08
ナチとかポルポト派に通ずる狂信的な選民思想だな。歴史から全く学んでない。取り敢えずガタカ観ろ。
935. Posted by まとめブログリーダー   2014年04月28日 05:21
ナチュラルとコーディネーターの戦いが始まる!
936. Posted by    2014年04月28日 07:37
授業聞き流すだけで成績よかった自分からしたら、なんで周りの人はマーカーつけて綺麗なノート作ったり、公文やそろばんやってるのに成績悪いのかと小さいながらに疑問でございましたよ
人間の能力は生まれ持って不公平なものだと思ってる
937. Posted by    2014年04月28日 07:41
脳科学者「子供の教育や環境で大きく変わります^^」
938. Posted by 名無しのプロ   2014年04月28日 07:50
自由も何もないつまらない世の中になっちまうな。
管理された社会ほど窮屈な物はないよ。
939. Posted by 名無し   2014年04月28日 07:55
その分野には、この才能持ってる奴以外携わる権利は無いって時代なら、皆同じような 研究対象を同じ面から見て同じ意見をだす。そうして一辺の技術だけが伸びる。だがいつの時代も革新をもたらして来たのは、例えば、エジソンの蓄音機しかり対象を誰も思い付かなかった視点から導いた者達ではないのだろうか?
そうした才能を遺伝子を今の価値観の下で分ける事は、未来の人類全体に対する暴挙であると私は思う。
940. Posted by む   2014年04月28日 08:06
くだらないことばっか考えてんだね お偉い学者さんて
941. Posted by     2014年04月28日 09:44
遺伝プラス最適な教育で効率細大じゃないか。
そして俺みたいのは働かないでよくなればいいと思うんだ。
942. Posted by     2014年04月28日 10:51
その通りだと思う。お金と時間の無駄であり、労働生産性を落としてるだけ
大卒ビジネスやら資格ビジネスと言う金目的のために搾取されている馬鹿達
でも、一部の教育ビジネスで儲けている連中の分よりも社会的にマイナスにしかなってない
Fランなんて存在して価値は無い、どころかマイナスにしかなってない、Fランが派遣やらフリーターを生み出してるんだっての。
本来ならば農業やらの1次産業、2次産業に就くべき低脳者達を勘違いさせてるだけなんだよね

943. Posted by    2014年04月28日 11:25
少子化進んでるのに何言ってるんだこの老害は
才能の有る無しを選ぶ必要があったのは、教育費の負担が重かった前世紀の話
先進国の中で際立って教育費の国家支出が少ないし、どこの口を開けばそんな話が言えるんだか
944. Posted by ニック   2014年04月28日 11:30
とりあえず知能のたらん奴等は全部廃棄処理すべき
奴等を生かす為にどれだけの人と金がかかってるか考えてみろ
945. Posted by     2014年04月28日 11:53
そのうち「人間の遺伝子操作は正当」とか言い出しそう
946. Posted by あ   2014年04月28日 12:04
※944
あなたも廃棄される可能性があるけど大丈夫かい
947. Posted by    2014年04月28日 12:17
こういった都合の良い効率論を正論として
それだけで世の中成り立つなら
とっくの昔に全世界は共産主義を受け入れ成立してる
948. Posted by G   2014年04月28日 12:27
能力に合った教育という主旨なのだろうけど、教育とは勉強だけが教育ではなく、人間形成における精神的なことや社会性なども学校という場所で学ぶもの。
そういうものが必要無ければ、通信教育や個人教授で教育すればいい。各個人のレベルとスピードで勉強できるのだから。
遺伝子云々などの問題以前に解決できる事。
江崎氏は無能。
949. Posted by    2014年04月28日 13:14
江崎ってまだ生きてたのか
もう死んだとばかり
戦時中の記述がないがこの戦時中何やってたのかが気になる
バリバリの徴兵世代のはずだが
950. Posted by     2014年04月28日 13:39
>>944
>>946
学術的な発表会や専門家の会議に出ることもなく
ネットで時間潰しているようなお前らや俺らは
劣った遺伝子の持主として真っ先に処分されそうだな
951. Posted by 狂人   2014年04月28日 13:49
「スポーツならおk」と言ってる人がいるが正気かね。
優良な遺伝子を所持した「選手」がなにやら一般人とは違ったプログラムをこなして淡々と「記録」を打ち立てていく。遺伝子的に劣等と判断された人間は最早趣味の範疇を越えては参加することすらできない。
こんな「スポーツ」のどこに人の心を打つ要素がある? 「人は努力ではどうにもなりません。優良な遺伝子を持つか、持たざるかが全てなのです」というメッセージを発信し続ける選手をどうやって応援したくなるというのか?
個人的には、こんなスポーツの振興には、鐚一文すら払いたくない。
というか、こんな状況になったら、スポーツの世界は完全に「別の世界」になって、ビジネスにスポーツを利用したい極一部の人間以外は誰も興味を持たなくなるのは想像に難くない。
952. Posted by 名無し   2014年04月28日 16:16
ロシアのバレエ団は入団テストの際、遺伝子検査して、怪我しやすいとか太りやすいとかそういう子をはずしてるってきいたことガある
953. Posted by    2014年04月28日 16:18
いまはまだ遺伝子の解明が未発達だからだけど、もしそれがはっきり解明できるようになるなら自然とこういう社会に変わる気がするな。

古臭い人権屋は騒ぐだろうけど
954. Posted by     2014年04月28日 18:13
遺伝子で選別って程明確じゃないけど個人レベルじゃ既に優生学と言うか選別は無意識にやってるもんじゃないか?
恋愛や結婚で容姿が良いとか仕事できるとか学歴が良いとかそういうのに重み置くのも似たようなもんだと思うけど
955. Posted by ななし   2014年04月28日 18:43
学業的に高度な能力を秘める遺伝子を持っているが
それ以上の兵隊としての能力が優れる遺伝子を合わせて持っている場合は兵隊になる
956. Posted by     2014年04月28日 18:43
誰だか知らないけどこいつが頭悪いことはわかる
957. Posted by ななし   2014年04月28日 18:48
個々が秘めるネイチャー(天性)に於いて
それを最大化できる
最適化された教育を施すつーことですね
958. Posted by 名無し   2014年04月28日 19:08
小咄だとこの理論を提唱したやつが
真っ先に弾かれるって落ちだろうな
959. Posted by ななし   2014年04月28日 19:19
個の天性に合わせて教育をするのだけど
やってることは個の為じゃなくて、集団の為だよな
なんとなく社会主義っぽい考え
960. Posted by あ   2014年04月28日 19:51
学問の自由の侵害になる可能性が高いので、それが憲法で規定されてる国じゃ無理だと思う
961. Posted by    2014年04月28日 20:41
こういう研究自体はいいことじゃないかな。
自分にどんな才能があるか?
私なら知ってみたいと思う。
年をとっていくとチャレンジできることがどんどん少なくなっていくから
自分にあった趣味とかスキルを見つけるのがしんどい。
962. Posted by     2014年04月28日 21:22
遺伝子で才能が異なることは否定しない。
ただ、同じ品種での才能の個体差なんて、後天的要因に比べれば無いも同然だ。
963. Posted by 名無し   2014年04月28日 22:17
ノーベル賞受賞者でも遺伝子決定論とか言い出すんだなあ。
優生学とかも言っちゃってるし。
つーか、この手の話って戦前の植民地政策の正当化や口実に用いられた理屈なわけで、こういう言説はあまりに歴史、政治的な過去の出来事に関して鈍感なんだけど、日本の科学者って極左かノンポリしかおらんのかいな?
そもIQテストだって完全なわけではなし、そういう判別のテストの正当性は誰が証明するんだって問題もある。
未だ知能というもの自体、学問的にはブラックボックスの段階なわけで、現状で仮設的にテストを用いて選別しても、公正な結果が得られるとはとても思えん。

>>11
そもそも「遺伝子的に劣等」という概念自体存在しないんだよね。
ただ、多様性があるだけ。日本は進化論について誤解が多過ぎる。
964. Posted by 2   2014年04月28日 22:49
時代遅れもはなはだしいな。
遺伝子だけで判断するのは、もう医学界では見向きもされなくなってきた。
遺伝子は、装飾されるんだよ。そして、それは本当に多岐に渡る因子があって、個人で異なる。しかも、装飾は遺伝する。生活ストレスですら因子なんだ。
エピジェネティックという単語くらい知っておけ。
965. Posted by 笑った   2014年04月28日 23:26
旧ソ連時代のバレエダンサーが、親が太っていると「太る遺伝子を持っている」と判断されて、バレエ学校へ入れさせてもらえなかったというアレみたいなものか。
何に向いている才能があるかを教えてもらえるのは嬉しいことかもしれないけれど、人間の才能は遺伝子で決まるわけじゃないから、無意味だな。
それに、例えば、「そのスポーツにに向いている遺伝子を持っている人間」だけがスポーツをやることになったら、部活なんて成立しなくなるんじゃね?やってる人間は全員、そのスポーツにすぐれた才能を持っていると判定された人間だけなんだから、補欠なんて絶対に存在しないはずだし、試合はすべて引き分けなはずだし、将来は全員プロに入らなければいけないわけだし・・・国がそう決めたんだから、もちろん就職まで世話するんですよね。そうなれなかった場合に、まさか「努力が大切です。」なんて言わないよな?
966. Posted by おんどぅる   2014年04月29日 00:04
その人の才能を発掘する能力がなかった上司が無能って事でいい?
967. Posted by 彦根正人   2014年04月29日 01:08
このコメ欄には「劣性」を「劣った形質」の意味で使ってる人が数十名。中学校中退したのか?
968. Posted by 早く死にたい   2014年04月29日 02:00
優勢種保護法でとっとと消してくれよ。
969. Posted by    2014年04月29日 02:18
やりたいことを才能無いからやらせてもらえず、やりたくも無いことを嫌々するより才能無くても好きな事やればいいじゃん
970. Posted by    2014年04月29日 08:15
単なる人権侵害。
農民の子は農民っていう時代錯誤の主張。
971. Posted by 名無し   2014年04月29日 08:54
才能って身体能力、体格などは判断つきますけどその他に有用な才能って何?誰に何のために有用かって基準作るの?都合のいい人間だけ残してあとロボットでいいだろ。人間ごときが人間様を分別するんじゃねーよ。
972. Posted by    2014年04月29日 10:28
まず世界を統一しないと不可能だと思うの
973. Posted by 名無し   2014年04月29日 11:46
種の入ってない植木鉢にいくら水やっても無駄って事か。
974. Posted by 名無し   2014年04月29日 12:00
>つってもエジソンみたいな奴もいる訳で・・・

エジソンってそういや子供の頃池沼だったんだっけ
975. Posted by    2014年04月29日 14:17
こいつや為末は本当のバカだな
遺伝子で全てが決まると本当に考えてるのかな?
勉強し直した方がイイ
976. Posted by ごり   2014年04月29日 14:25
教育は必要でしょ
977. Posted by あ   2014年04月29日 16:07
人間というものはエラーを発生させるもの、プログラム通りには行かないから江崎の言うことはナンセンス
978. Posted by    2014年04月29日 17:42
1924年のアメリカ移民法なんかでやったけどうまくいかずに、ホロコーストの理論的な根拠になったんだよね。今度はどこの民族が抹殺されるのかな?
あと、アメリカでは子供のコーディネートがもう始まっていて、髪、目、肌の色、記憶野のタイプ、筋肉のタイプなんかを選んで出産できるようになっている。もちろん、まだ失敗も多いけど、それが、現実。
979. Posted by 名無しのはーとさん   2014年04月29日 19:01
アフィが種死じゃなくガタカなのに珍しくセンスを感じる
980. Posted by ななし   2014年04月29日 19:37
遺伝子操作をしていいのは遺伝子操作をされる覚悟のある奴だけだ。
981. Posted by     2014年04月30日 05:15
優生学の根は白人の勝手な言い分だからなぁ
奴らにとってはアジア人てだけで劣等扱いだっての

982. Posted by     2014年04月30日 05:46
そもそも解明できると思ってるってのが傲慢だろうに。
未曾有の天才は過去の遺伝子配列からは予測不能かもよ
983. Posted by 1000   2014年04月30日 11:43
遺伝子は書き換えられる。ただ過去から繋がっている訳ではない。今も書き続けている。それだけ努力するかの結果にしか過ぎない。人の10倍で駄目なら100倍、1000倍と努力すれば良いだけ。先天性の優良遺伝子はその努力の結果にしか過ぎない。
過去からの設計図なだけじゃないんだよ…遺伝子は…
教える人によって状況も変わる。苦労しないで学んだ人は勉強する事に理解できない。苦労して身に付けた人は教えるのも上手い…受けてだけでなく、教える側によっても変わっていく。
米国にはスタートレックと言うドラマが作られている。単なるSFオタク向けとは違う。これを見て宇宙に憧れ、猛勉強してNASAに入っている連中が多い。子供の頃の憧れは努力に結び、結果を出す。
天才っていうのは努力を一切苦にしない連中の事なんだよ。
984. Posted by     2014年04月30日 13:47
こんな考え方じゃイチローは大リーガーになりようがない件

 そもそも才能の伸び代は遺伝子だけでは単純に決まるわけじゃないのに素質至上主義者はその点をガン無視する奴だらけってのはどうなんだろ…(溜息)
985. Posted by     2014年04月30日 14:05
モロにフリーメーソンの考え方

自分がヒットラーと同じ思想っての解ってるんだろうか?
986. Posted by    2014年05月03日 13:39
いつの未来になるのかも、実現するのかもわからないけど、合理的でもそんな社会は嫌だよ〜。
そんな定まりきった人生なんて歩みたくない。
例え才能がなくても、好きな事をするべきだ。社会はそうやって発展してきたし、遺伝子で人生が決まるなんて、不幸すぎる!
遺伝子学は、ただ医療の為に発展してほしい。
987. Posted by ★★★   2014年05月04日 12:20
遺伝子には優勢劣勢あるけど優性だからといって優秀なわけではない
逆に劣勢だからと言って劣ってるわけでもない
あのアインシュタインだって劣性遺伝子の賜物だったと言われてる
遺伝子だけで優劣が決められるものではなく単なる物差しでしかない
その遺伝子同士の交配でどう変わるかも分かってないのに一つの遺伝子だけを取って分かった風な事を言うのは浅はかで愚かなマッドサイエンティストと言うしかない
988. Posted by    2014年05月04日 16:39
文明にインパクトを与えた科学者、発明家、政治家、芸術家、今ある大企業の創業者は選別でその道から落とされるのは間違いないな
向かない教育で苦渋を強いるのが哀れなら、まず選別の前に多様な教育制度を用意してやれよ
ゆとりだ脱ゆとりだで低レベルな論争をしている現代日本人にそれができるのか?
989. Posted by ああああ   2014年05月05日 11:13
本当にはっきりと分かるなら多少傾向を示す位はありと思うが…
日本は割りとアホの一念岩をも通すを許してきた国だからなぁ…
直にこの考えに賛同する人間ばかりになるかというと…
後、ちなみに例えばだけど、サッカー選手だとなんの才能があればいいと思う?
フィジカル?空間把握能力?アイコンタクトとか時のための頭の回転?ただ蹴りがつよければOK?
ある程度向いてないと推測される職業は分かるだろうけど、本当に向いてる職業を1つに絞れるほど鑑定能力が進むのはだいぶ先か永遠の数十年後だよ?(笑
990. Posted by 名無しのプログラマー   2014年05月06日 12:29
優秀な教師が少ないことが最大のボトルネックだから
人工知能でもなんでも人間以外による対面教育ができるようになれば
教育問題のほとんどは解決する
991. Posted by 名無し   2014年05月06日 16:13
人間何をするにもモチベーションやで
塾とか何にも行かせんでほっといても偏差値80くらい出せてた子が高校入学から意気消沈して卒業時には偏差値50にすら届かん、なんてことがあるんやで
992. Posted by ネオナチかよw   2014年05月09日 02:35
遺伝的にどこまで決定されるのかが解明されてればそれもありえるだろうが、
それが謎な以上、適正を一律で判断すべきじゃないだろ

てか大体ほとんど後天的な努力や訓練次第なんじゃねーの?
あまりに頭悪いのは遺伝なのかもだけどー経験的には環境による影響のがでかい気がするんだけどな
993. Posted by 名無しの権兵衛   2014年05月09日 13:13
40人のクラスに1人の割合で天才がいる。そして落ちこぼれが5人いたとしてその天才1人を40人分集めてクラスを作るとするとだいたい5人が落ちこぼれになる。逆にその5人でクラス作っても同じ様になる。絶対ではないが。
994. Posted by あ   2014年05月09日 20:48
なんでお前らって負け組のくせに選民思想が好きなの?
995. Posted by    2014年05月10日 10:32
個人の生きる喜びが目減りしそうな未来は嫌だな
政府や学者連中に価値が無いと思われる分野には人材が支給されなくなりそう
996. Posted by sbmptnorid 2014 sbmptn   2014年06月02日 03:39
mu 放送で
997. Posted by chung cư hh2 linh đàm   2015年01月21日 17:00
現実は金持ちが無能を金の力で育てるんだがな
998. Posted by フルストリーミン   2015年04月08日 16:15
4 ので、今のような無駄な画一的な教育を
施す必要がなくなる。
日本は「突出した才能」を持つ者を
嫌う句傾向があるからね。
999. Posted by Loker   2016年01月24日 18:24
没有魅力在的愚蠢的大陆的大陆蟑螂们世界的被厌恶,是者.奴隶生物大陆蟑螂不很有奴隶作派地反抗而劳动.
1000. Posted by Www   2016年02月04日 17:56
1000なら好きな人と両想い
1001. Posted by IQ130マン   2016年06月27日 18:09
そこまでわかるほど科学が発達したなら能力だって組み換えデザインさせることもできそうだがな。
そもそも教育自体がかつての天才たちの知能遺産を用いた能力開発行為だし。
1002. Posted by 名無し   2016年09月19日 02:59
江崎玲於奈がそういう検査受けてみて自分の人生全否定という展開になったら面白いのになとは思うぜ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
このブログについて
このブログについて

ブログランキング

livedoor


このブログ内を検索
WWW を検索

スポンサードリンク
Archives
おすすめ
Recent Comments
スポンサードリンク