ブログのトップへ

2006年10月12日

答は合ってるのに×。先生どうして? 「数学で大切なのはプロセスだ。答なんてただの数字でしかない」

1 名前:団塊ジュニア 投稿日:2006/10/12(木) 00:05:26 ID:CJvhnF8zP ?PLT
テストの答案用紙が返ってきた。結果はともかく私は1枚の数学のテストに疑問を抱いた。答えはあっているのにペケのついている問題がちらほらあった。何も考えずに私は先生にこう言った。
「先生、この問題、この答えで正解ではないでしょうか」
しかし私の予想とは裏腹にこの解答ではダメだ、と言われてしまった。なぜだろう。
理由は教えてもらうことが出来なかった。

私は考えてみた。紛れもなく答えは正解だ。心の中で悔しさがこみ上げた。数日後、先生が
私に理由を教えてくれた。
「答えと解法、先生がこのテストで見たかったのはどちらだと思うか。数学で大切なのはプロセスなんだ。答えなんてただの数字でしかない。君の解答は解法の内容が乏しかったんだよ」
私はこの言葉を聞いて大切なことに気付いた。テストの本質は時間内にいかにして
自分をアピールできる解答を書くことができるかということなのではないか。

私が中学校生活で受ける定期テストもあと2回となった。これからはきちんとテストの意義を
考えながら自分らしい解答を書き上げたいと思う。

http://www.yomiuri.co.jp/junior/techou/t061007.htm

4 名前:体操服好き[] 投稿日:2006/10/12(木) 00:06:36 ID:nldA3Vka0
社会でたら結果が全てとか言うくせに。
大人って汚いな!


12 名前:事務総長[] 投稿日:2006/10/12(木) 00:07:58 ID:TO3nnLIw0
全て頭の中で計算してました
って言ったらいいわけだって言われて怒り出しました


17 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2006/10/12(木) 00:08:35 ID:bi/31Syi0
簡単すぎて課程を書くまでも無いです。僕だけもっと別の問題を出してください
って言ったら殴られたお


21 名前:30代後半デムパ系[] 投稿日:2006/10/12(木) 00:09:21 ID:OfbtxyJZ0
答えだけで○ならあてずっぽうでも正解になっちまうしな
それじゃ勉強の意味がない
理解を試すのがテストならやっぱりプロセスも正誤の判定に含まれるだろうな


29 名前:稲刈り[sage] 投稿日:2006/10/12(木) 00:10:21 ID:xg19MMon0
アピールねぇ。教師の顔色読むのも大事だよなぁ。

32 名前:市民団体[] 投稿日:2006/10/12(木) 00:10:34 ID:8Vs3M3jqO
途中式なんて書いた事ねーよ
っつーか中学の頃の数学なんて全部暗算で出来ただろ


40 名前:吾輩[] 投稿日:2006/10/12(木) 00:12:44 ID:J7MQXrs40
厨房レベルでプロセスも糞もねーだろ

41 名前:まゆ[] 投稿日:2006/10/12(木) 00:12:54 ID:qi3X0a030 ?2BP(224)
プロセスが合ってても答えが違ったら×にするくせによく言うわw

46 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2006/10/12(木) 00:13:24 ID:mP9hUcKE0
答えさえあってれば方法や過程はどうでもいいだろ

53 名前:走り屋[] 投稿日:2006/10/12(木) 00:14:12 ID:Q/RgGcuv0
これは大学入試に役立つな
でも中学生に言うことじゃねーよw


63 名前:国土交通省[sage] 投稿日:2006/10/12(木) 00:15:51 ID:7qV6ZM/70
そういや中学のとき証明問題のテストで、
参考書に載ってる解き方書いたらバツもらったな。
教師曰く、「俺が教えたものと違う」


64 名前:かば[] 投稿日:2006/10/12(木) 00:16:12 ID:zOwE/K/x0
実社会では、終わり良ければすべて良しなんだが。
過程が大事なんてのは自己満足にすぎない。


73 名前:番組の途中ですが名無しです[sage] 投稿日:2006/10/12(木) 00:17:43 ID:lxpcVyAq0
つまりアレか途中で使う足し算や掛け算の証明もしろというのか?
と問い詰めれ


78 名前:ネット右翼[sage] 投稿日:2006/10/12(木) 00:18:02 ID:tp0SoIMM0
算数からプロセス重視で教えればいいんじゃね

102 名前:駒猫 ◆UTCat4IVBo [sage] 投稿日:2006/10/12(木) 00:20:58 ID:tNVzdtrL0 ?PLT
答えだけ合ってればいいのだが、考え方を書かない奴はダメだ
人に伝えるのが学問だから


108 名前:セドナ[] 投稿日:2006/10/12(木) 00:22:09 ID:2eVE1M7+0
数学をやらされるのは自分の意見を説明するトレーニングのため
大人になってからわかる


114 名前:番組の途中ですが名無しです[sage] 投稿日:2006/10/12(木) 00:22:47 ID:lo2dRS1t0
このテスト、解き方があってて、答えが間違ってたら部分点でたのかな?
出てなかったらヒドス


132 名前:クララ[] 投稿日:2006/10/12(木) 00:25:05 ID:7WWvERAo0 ?BRZ(3007)
プロセスってのは、中学数学だから単純に式のことだよね。
じゃあ、定型的な型に囚われない発想で答えにたどり着いたのなら
それだけで評価してもいいと思うんだが。
灘はかえってそういう人間の方が尊敬されると聞くが。


137 名前:見ろ!人がゴミのようだ![sage] 投稿日:2006/10/12(木) 00:25:43 ID:YMOBY0TR0
まぁ大学入試では、というか難関大だと特に、
まず最初にプロセスを言葉で説明するのは定石だな。
途中で計算ミスしても点になるから。
最後の答えだけちょっと違うくらいだったら東大文類の入試では18/20点もらえた。


149 名前:今日から半ズボン[] 投稿日:2006/10/12(木) 00:28:26 ID:iwsWcDUq0
プロセスなんて答えから読み取るものだ
わざわざ書く必要ない


156 名前:ダンス特訓中[sage] 投稿日:2006/10/12(木) 00:29:49 ID:PV3RVGBk0
授業でプロセスが大事だって事を教えてたかどうかが問題だな


172 名前:淫行[] 投稿日:2006/10/12(木) 00:32:04 ID:/H7jS+Zx0
>>156
プロセスが大事って痛感するには、典型問題をこなした上で、
応用力が必要な難関問題を解かないと実感できない気がする。


166 名前:ネット右翼[sage] 投稿日:2006/10/12(木) 00:31:02 ID:tp0SoIMM0
とはいえ、教師が想定しているプロセスじゃないと点もらえなかったりするのな

169 名前:敵対的買収[] 投稿日:2006/10/12(木) 00:31:42 ID:qiMT2ISJ0
じゃあプロセス丸暗記でもおkってことだな

181 名前:難民[] 投稿日:2006/10/12(木) 00:33:41 ID:+jJ3DFLR0 ?2BP(450)
問題 1+1を計算せよ

2と書いた。
答は合ってるのに×。先生どうして?
「数学で大切なのはプロセスだ。答なんてただの数字でしかない」


189 名前:携帯厨[] 投稿日:2006/10/12(木) 00:35:14 ID:qBe+XcFR0
>>181
なんで1+1が2になるか証明しようとしたらタイヘンらしいよ
あながちありえない会話ではない


217 名前:番組の途中ですが名無しです[sage] 投稿日:2006/10/12(木) 00:41:05 ID:B98PnsAS0
数学のテストで解法がわからないとき、
あの真っ白い解答欄はトラウマになる。
どうしても・・・どうしても手が動かないんだ・・・。


222 名前:パトリオット[] 投稿日:2006/10/12(木) 00:43:11 ID:uCdrxwb70
>>217
私はこの問題を解決する驚くべき証明に至ったが余白が少なすぎる・・・って書けよw

232 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2006/10/12(木) 00:47:02 ID:uMdijFzI0
現実の社会ではどんなに良いプロセスであっても結果が伴わなければ評価はされないし
泥臭いプロセスであっても結果が出せれば評価される


249 名前:まゆ[] 投稿日:2006/10/12(木) 00:51:07 ID:qi3X0a030 ?2BP(224)
ぶっちゃけ、高校までの勉強は大学入試のためのものなんだから、
答えが合ってりゃそれでいいと思う。


270 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2006/10/12(木) 00:55:11 ID:tLQStDCz0
解がわかれば解法もわかってるってことじゃないの?
当てずっぽうが当たりまくってるなら問題が悪いんじゃネ?


296 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2006/10/12(木) 01:00:24 ID:tLQStDCz0
仕事では答えが必要とされてるのにテストじゃ過程が必要とされてる。
テストは仕事への訓練ってことか


302 名前:番組の途中ですが名無しです[sage] 投稿日:2006/10/12(木) 01:02:33 ID:87TWjsqz0
いや、プロセスは人を作るんだよ。
どう思考したかはその人の能力を規定する下位構造を作る。


313 名前:あそびにん[] 投稿日:2006/10/12(木) 01:07:19 ID:EJXFZa5OO
英語の長文読解は適当に答えだけ書けば満点だから楽だった。
数学は途中で計算間違いをするから困る。
部分点くれたりするから許せるが。


342 名前:ニューヨーカー[sage] 投稿日:2006/10/12(木) 01:14:07 ID:GpJz3iN70
>>1
天才ですべて暗算で解ける香具師は、どうする?

355 名前:蒸す[] 投稿日:2006/10/12(木) 01:16:05 ID:OdAsxvie0
即座に答えが解るのなら、そいつにとっては式なぞ要らんと思う。
中学高校程度ならなおさらだな。
このレベルなら、数式は凡人にも解るようにするためのもの。

この先生は、「採点をするのは凡人だ。」と言えば良かったと思う。


394 名前:浮動票[sage] 投稿日:2006/10/12(木) 01:23:10 ID:R+BTb0yS0
回答欄が広く空いてるのを見て、それを埋めたくならないのかな。
答えだけ書けばいい問題だったら、それに応じたちっちゃな回答欄しかない筈。


412 名前:名古屋人[sage] 投稿日:2006/10/12(木) 01:26:35 ID:r+jMd0G00
プロセスが見たけりゃ、直感で答えが出ない問題作れよ。
それでも直感なり当てずっぽうなりで正解をだされたら、それは生徒の勝ち。
素直に満点をやれ。


421 名前:みんみん蝉[] 投稿日:2006/10/12(木) 01:28:04 ID:s2Kkao620
この先生は正しい
答えさえあってりゃいいと思うのは文系脳


433 名前:すっぽんぽん[] 投稿日:2006/10/12(木) 01:29:49 ID:kU5RsK870
まあ過程を重視しても結果がでなきゃ何の意味もないけどなw

485 名前:イスカンダル[sage] 投稿日:2006/10/12(木) 01:36:36 ID:bhW100Ke0
家庭教師のバイトやってるんだが
何の根拠もなく適当に掛けたり割ったりして
たまたま答えが合ってて喜んでる馬鹿を見ると
呆れちまうよ


486 名前:みどり[sage] 投稿日:2006/10/12(木) 01:37:16 ID:0KljrjMl0
>>485
呆れる前に教えるのが仕事だろ

525 名前:イスカンダル[] 投稿日:2006/10/12(木) 01:53:04 ID:/hQF7ga20
むしろ数学は「過程より結果が大事」じゃないかねえ
だって、問題が解けるならどんな手だって使っていいんだもの
この言葉を「あてずっぽうが許される」と読むと誤解が起きる
現実もあてずっぽうでうまくいくほど甘くはないし、頭を捻ってリスクをとった奴が勝つ
それは数学だって社会だって同じことだ


529 名前:俺の怒りが有頂天[sage] 投稿日:2006/10/12(木) 01:54:13 ID:bl8pu0QZ0 ?BRZ
>>525
生きるだけなら答えが重要。

530 名前:バイオリン職人[] 投稿日:2006/10/12(木) 01:54:48 ID:tHGaoYaI0
>>525
その結果がなんで導き出されるのかがわかって無いと
どの道その先で挫折するの目に見えてるからな。


557 名前:何か質問ある?[] 投稿日:2006/10/12(木) 02:11:17 ID:R8U91WSA0
テストの前に、このような採点方針であることを伝えて無い事が間違い。
とクレームをつけて正解にしてもらう能力が社会では重要とされます。


578 名前:生まれてきてすいません[] 投稿日:2006/10/12(木) 02:25:29 ID:OPk9XexL0
思うに、
習ったプロセスじゃなく自分でプロセスを作り出したって事だから生徒の方が偉くね?


616 名前:織田信長[] 投稿日:2006/10/12(木) 02:51:04 ID:ubA4vq2P0
つーか

過程なんて書かなくても、その結論に至るまでの過程が頭の中にはあるんだし
それさえも否定して×を付けるってのか?それはいくらなんでも横暴すぎる。

もしどうしてもそれをしたいなら「計算式等全て明記せよ」と最初から書くこと。


622 名前:番組の途中ですが名無しです [] 投稿日:2006/10/12(木) 02:54:29 ID:xD0DJu9Y0
>>616
試験時に頭の中にその過程があったことを証明する物的証拠を解答欄に残しとかないとな

633 名前:原子力発電[] 投稿日:2006/10/12(木) 03:07:31 ID:pP7sjFHS0
数学は答えを直感的に予測する事と、
厳密にそれを証明する事の二本柱から成ってるから、
×はさすがにやりすぎだけど減点するのは自然かな。


650 名前:さば[] 投稿日:2006/10/12(木) 04:15:52 ID:Gu8eMXx60
中学数学は、解答用紙にいちいち講釈垂れなければならない高等なものかね?
ただひたすら計算問題を解いていくだけだろうが。

そういうのは大学数学でやれ。


653 名前:桃色頭脳 ◆C5EKtMD8/k [] 投稿日:2006/10/12(木) 04:20:05 ID:yjb96wjK0
プロセスが大事ならプロセスを聞く問題にすれば良い
なぜ解法を書いてなかったら×なのだ
書いてないからといって、その解法を用いなかったという証拠にはなりえないのに
こいつはまぎれもなく数学の教師としは落第


667 名前:あまり私を怒らせない方がいい[] 投稿日:2006/10/12(木) 04:50:50 ID:kItcnjIc0
あてずっぽうでもテストなんだから正解っぽいのを書こうと無意識に計算してるよな
それで答えが合ってたら正解でいいんじゃない


672 名前:2ちゃんねる卒業生[] 投稿日:2006/10/12(木) 06:22:59 ID:OLiyfPMc0
よほど酷いあてずっぽうならともかく答えあってりゃ良いと思うけど。

経理やってると答えが全てよ。
そもそも過程がわらかなきゃ正しい答え出ないし。


692 名前:番組の途中ですが名無しです[sage] 投稿日:2006/10/12(木) 06:59:40 ID:JaksbDM20
数学とか技術を共有することが目的だから
他の人が見てわからないのはあかんよ
会社に入って一人で製品が作れると思っているのか


723 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2006/10/12(木) 08:05:21 ID:hvUpyxGC0
>>1
これを大学でやるならいいが、中学でやるのは止めた方がいいだろ
義務教育のうちはとにかく正しい答えを導かせることに重きをおくべき


745 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2006/10/12(木) 08:30:11 ID:hvUpyxGC0
中学の数学なんて、名前は「数学」だけど、中身は算数なわけですよ。
真に数学的な考え方(所謂logicの部分)を身に付けるよりも、
ちゃんと計算できることの方が重要なんですよ。国民の最低限の一般教養として。
プロセスが説明できてなかろうが、正しい答えが出てりゃいいの。


764 名前:少年A[] 投稿日:2006/10/12(木) 08:48:10 ID:y/HV2OaZO
過程が正しければ正しい結果が導かれる
誤った結果を得たなら過程に誤りがあったという事
このスレ終了


781 名前:番組の途中ですが名無しです[] 投稿日:2006/10/12(木) 09:14:58 ID:hvUpyxGC0
中学数学なんかに「プロセス」と呼べるほどのものなどないんですよ。
「プロセス」を評価してやるべきなのは少なくとも高校以上の数学。

各段階での教育の目的をはきちがえてる奴が多すぎる。


786 名前:saku[] 投稿日:2006/10/12(木) 09:24:54 ID:1S2l5K+t0
先生はカンニングしたのだ思ったのだろ。解が変で答えがあっているからw

817 名前:私は怒っています[] 投稿日:2006/10/12(木) 10:25:06 ID:GDSA1WhY0
この中学生俺より文がうまいな

844 名前:勘弁してくださぃ[] 投稿日:2006/10/12(木) 11:32:48 ID:pGLJ/1he0 ?2BP(353)
中学生のくせにおっさんみたいな思考してるんだなw

852 名前:番組の途中ですが名無しです[sage] 投稿日:2006/10/12(木) 11:57:25 ID:lfd5md0m0
間違いなく言えることは、中三でこの文章力の筆者は文系に進むべきだってことだな。




フェルマーの最終定理フェルマーの最終定理
サイモン シン Simon Singh 青木 薫

新潮社 2006-05
売り上げランキング : 400
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Powered by livedoor
dqnplus at 12:43│Comments(1442)教育・文化




この記事へのコメント

1. Posted by 555   2006年10月12日 12:46
えー意味ワカンネ
2. Posted by !   2006年10月12日 12:48
なんだってー
3. Posted by     2006年10月12日 12:48
またゆとり世代か
4. Posted by ジオン兵   2006年10月12日 12:48
答えなんて、ただの飾りです。偉い人にはそれがわからんのです。
5. Posted by 5   2006年10月12日 12:49
先生のいってるとおりかな
6. Posted by       2006年10月12日 12:49
それが大事
7. Posted by     2006年10月12日 12:50
過程が大切かぁ…
DIOと逆のこと言ってるね
8. Posted by    2006年10月12日 12:50
matahitoketa
9. Posted by     2006年10月12日 12:50
答えあってるなら○だろオイ
10. Posted by 名無し   2006年10月12日 12:51
なら問題文に最初から
「途中式は消さずに残して置くように」
くらい書いとけ。
書かれてたなら生徒の方が悪いが、なんで間違いなのか聞いてるところ見ると、
答えを出せしか書いてないんだろ。
それで答えを出して正解なのに解法が見たかったは理不尽。
11. Posted by     2006年10月12日 12:51
大人は嘘つきではありません
間違いをするだけなのです
12. Posted by     2006年10月12日 12:51
というか、このニュース別に痛くはないだろ。
13. Posted by     2006年10月12日 12:51
わざわざ過程を書かせてる時点で答えだけ合ってても駄目だってわかるだろ…
常識的に考えて…
14. Posted by     2006年10月12日 12:51
FSS早く続きでないかな…
15. Posted by     2006年10月12日 12:51
○だな( I)
16. Posted by     2006年10月12日 12:51
俺はそれで90点のテストが35点だった
17. Posted by     2006年10月12日 12:52
相似とか図形の計算ならどう見ても過程は要るぜ
18. Posted by    2006年10月12日 12:52
問題にもよるしな・・・
教える教師の人にも教え方違うと思うしさ・・・
やはり、どう教わったかなんだろうな。。。
19. Posted by ー   2006年10月12日 12:52
俺中学高校の頃方程式覚えてないこと多くて
自分ルールで計算して答えにたどり着いていることがめちゃめちゃ多かったぞ。&成績よかった。
俺この先生の下にいたらあほの子判定されるのか
20. Posted by     2006年10月12日 12:54
一理あるな。
まぁ大人になったら結果がすべてだが、
この時期ならプロセスの大切さも学んだ方がいい。
それが数学なら、なおさら。
きちんと理解できてないと無意味だから。
21. Posted by ( ´m`)   2006年10月12日 12:54
そりゃあまあプロセスが分かっていないと意味無いだろ
22. Posted by    2006年10月12日 12:55
大人びた子供だなぁ、おい。
そこまで理解出来るなら、数学におけるプロセスの大切さもじきに判るはず。
この子の未来は明るいよ。
23. Posted by     2006年10月12日 12:55
これは痛いニュースじゃねぇよ
24. Posted by     2006年10月12日 12:55
初1桁!!

まぁそれはいいとして、あれだ。
テストってのは、それまでに学習したことが
身についてるかどうかを「テスト」するわけだ。身についてるかどうかわからん解答はマルやれんな。と教師モドキが言ってみる。
(塾の講師なw

結果がすべてなんていうけど、あてすっぽだったら次同じ結果が得られるかって言ったら得られないじゃん。
プロセスをきっちり理解していれば、別の機会にそういった問題にぶちあたっても、正しい結論が導き出せる。
数学なんて特にそれの積み重ねなんだから、
この先生の判断は正しい。バツは行き過ぎな気もするが、俺だってマルはやらんな。
25. Posted by    2006年10月12日 12:55
※19
アホの子乙
26. Posted by     2006年10月12日 12:55
>>19
その自分ルールが数学的に正しいなら正解にしてくれるでしょ

答え合ってりゃいい派は屁理屈にしか聞こえない・・・
27. Posted by     2006年10月12日 12:55
アマゾン、それは
「途中のプロセスを書くにはスペースが足りません」と言え、ということかwwwww
28. Posted by dd   2006年10月12日 12:56
最近痛くないのにリストされるニュース多くね? 数学で過程を書くのは必要だろ
29. Posted by     2006年10月12日 12:57
青字のほうがまともに見える。
30. Posted by     2006年10月12日 12:57
つーか途中計算しないやつってどうやってカンニングをしなかったって証明するの?
ぶっちゃけ答えしか書いてないやつって隣の席のやつの答案を見たとしか思えん
途中計算書くのってそんなに手間かかることか?
31. Posted by        2006年10月12日 12:57
数学で答えだけでいいじゃないかという人には、
センターの勉強だけ頑張って下さいとしか言いようがない。
社会や人生では結果が大事とか言うのも、学校の教科を引き合いに出す話じゃない、
個人の思想の範囲だからな。

数学で点取りたい欲求にかこつけて
過程と結果の話で作文してみました、てとこだなこの中学生は。
次からは部分点の取り方を知って頑張ろうね。
32. Posted by    2006年10月12日 12:58
中学生程度の数学では答えのみの回答だと当てずっぽうでも当たっちゃうことあるしな。
俺のダチが昔「すげーだろ、適当に3書いたら当たったぜwww」とか言ってたことを
なんとなく思い出した。
33. Posted by     2006年10月12日 12:58
>>249
>ぶっちゃけ、高校までの勉強は
>大学入試のためのものなんだから、
>答えが合ってりゃそれでいいと思う。

だったらますます途中の式が必要なわけだが。
それともセンターと私学しか受けないのかコイツ?
京大や阪大の試験受けたら間違いなく落ちるなこいつは。
34. Posted by    2006年10月12日 12:58
何でこれが痛いニュースなのかが分からん
35. Posted by    2006年10月12日 12:58
答えもプロセスも合ってたのにそんなやり方は教えてないと言う理由で×になった

これ位で文句言うな
36. Posted by    2006年10月12日 12:59
過程を全て書いて大体合っていて、最後に解答だけ間違えた場合。
殆どの数学の先生は△をくれる筈だよ。
それが出来ていない先生はハズレ。
37. Posted by     2006年10月12日 12:59
プロセスチーズは雪印
38. Posted by     2006年10月12日 12:59
回答用紙は採点者への手紙だからな
答えが間違ってても論理があってたら○貰えるし
※10はゆとり世代
39. Posted by     2006年10月12日 12:59
え?なんでこれが痛いニュース?
当たり前のことじゃん。
この記事の黒文字はみんなDQN校卒か?
40. Posted by    2006年10月12日 13:00
※17 だよな。
結局一番大事なのは「その問題はどんなものだったのか」でしょ。
単なる計算問題なら先生のいちゃもんだし、図形の計算なら補助線どうひくかとかが重要
41. Posted by     2006年10月12日 13:00
途中の計算式が必要であるならばきちんと問題文に書いておくべき
42. Posted by     2006年10月12日 13:00
米12
どう見ても中学生の文章じゃないところが痛い。
43. Posted by    2006年10月12日 13:01
俺も言われたなぁ。でも数学の問題を解くプロセスを考えるのは、実生活で物事を進めたり、解決する能力を養うためって聞いたことがあるから、そうだとすると、プロセスってのはやっぱり大切なんだろうな。
44. Posted by    2006年10月12日 13:01
計算過程を書くように、と注意書きがあったがなぁ。うちらが生徒だったときは。
45. Posted by     2006年10月12日 13:01
こんな問題、プロセスを書かなくても余裕だぜ
という中学生らしい背伸びをするとバカを見るってことだな
素直に計算書いとけ、失敗も少なくなるし悪いことは何一つねぇだろうに
才能だけの天才より努力する秀才の方が評価されるのが学校ってもんだろ
46. Posted by    2006年10月12日 13:02
オチワロスwwwwwwwwww
47. Posted by        2006年10月12日 13:02
※33
確かに、京大とか難関国立は、計算用紙の欄も採点するからね。
(場合によっては評価、って意味ね。あくまで部分点の参考程度)
48. Posted by     2006年10月12日 13:02
>※35
それは文句言っていいと思うぞw
俺も小学校だが同じ経験があって、すごく理不尽な思いをした。
(もちろんちゃんと正しい解法
ていうか足し算してから割り算するのめんどくさくて、分母に足し算の式書いただけだが。

指導要領使った地均し教育の典型的な欠点の一つだな。
49. Posted by     2006年10月12日 13:03
中途半端に頭良いと逆に困るってことだな。
ちょっとバカな程度の頭に生まれて俺は幸せだわ。
50. Posted by     2006年10月12日 13:03
自分ルールで解いても良いんじゃね?
ただ、どうやって計算したかを書けば。

次にその解法が通用しない可能性が高いけどw

プロセスが合ってれば答えは自然と正解になる、それが数学。
51. Posted by ..   2006年10月12日 13:03
計算過程が無くてもおまけで△くらいくれてやればと思うのは置くとして、そんな当たり前のことを回答するのに数日掛ける先生と生徒の関係はいったい?
52. Posted by あ゛〜   2006年10月12日 13:03
3 数学って論理的思考力を身に付けるのが主だと思うんだよね。
だからこの先生の言ってる事は正しいと思うんだよね。
まぁ答えが合ってるなら半分くらい点あげてもいいと思うが。
53. Posted by さ   2006年10月12日 13:03
俺は部分点くらいはくれたけどなぁ。
54. Posted by     2006年10月12日 13:03
はってある漫画が気になる。これなんて漫画?
55. Posted by     2006年10月12日 13:03
俺のような凡人は暗算しても確認のために途中式を書くが、大切なことだったんですね
56. Posted by     2006年10月12日 13:05
めんどくさがらずに、途中式も少しは書けよって話じゃないのか。答だけじゃ、はたして当てずっぽうなのかそうじゃないのか第三者には分からんだろ。
57. Posted by       2006年10月12日 13:05
これを。「おばかなニュース」として分類する管理人の感性が、もうどうにもならないほど、生きることをやめるべきだと思う。
お前、生きてる価値無し!
58. Posted by    2006年10月12日 13:05
中学数学と高校入試を一緒にするな、と言いたい。
過程を説明できるようにするのが数学なんだよ。
59. Posted by     2006年10月12日 13:05
>>米50
そうだよな
数学ってプロセスが合ってれば100万回やっても同じ答えが出てくるもんだよな
答えよりもプロセスが大事ってのは正しいと思う

けどせめて半分くらいの点はあげてもよかったとも思う
60. Posted by      2006年10月12日 13:05
答えまでの過程を書くのが大事なのはよく分かるんだが

記事になるほどのことかよwww
61. Posted by SON   2006年10月12日 13:05
プロセス→過程
プロミス→貸せい
62. Posted by     2006年10月12日 13:06
高校や大学の入試でも筆記形式なら解だけじゃだめだしな
63. Posted by        2006年10月12日 13:06
※38
>回答用紙は採点者への手紙だからな

久しぶりに懐かしい用語使おうか。
「激しく同意」

※61
誰が上手いこと(ry
64. Posted by     2006年10月12日 13:06
意味よくわからんな。
過程が必要な問題はそういう風に書いてあることね?んで、そういう問題はプロセスあってたら計算間違いでも点数くれたりするよな。これはどっちのタイプの出題なんだろ
65. Posted by     2006年10月12日 13:06
米61
頭ワルスw
66. Posted by     2006年10月12日 13:07
○肉○食の丸を埋めて四文字熟語を完成させよ
だけならば焼肉定食も正解

問題文の不備
67. Posted by     2006年10月12日 13:07
勉強ってのは基本的に受験のためにする
高校や大学の受験の数学で答えだけで通ると思うのか?
って意見は既に出てるか。

>>4の発言と数学のことはまた別問題だろ
職種によるけどね、研究職なら過程が必要。

>>156はいいとこ突いてると思うな
まあそう言うのは経験に習うものだとは思うけど
68. Posted by     2006年10月12日 13:07
「そういうことは最初に問題文に書いとけよ」

ってそんなことも書かなきゃわからないほどおバカさんなのか?
天才とアホは紙一重とはよく言ったものだ
69. Posted by     2006年10月12日 13:07
確率の問題とかで計算方法わからん時に
総当りならわかるんだけどって事があったなあ
70. Posted by    2006年10月12日 13:08
今はいないんだろうが俺の時代はそろばん最盛期
数学の教師が式がないと満点はあげれないって言って
ちょっと問題になった事があったな。

式書いてて答え(計算)間違っても中間点をつける
式無くても答えがあっていれば満点

脳内そろばん持ってる奴にとっては
式なんて足かせでしか無いって事もあるだろう
71. Posted by     2006年10月12日 13:08
※54
FiveStarStories
72. Posted by    2006年10月12日 13:08
黒文字が痛いって事?
73. Posted by     2006年10月12日 13:08
別に痛くもなんともないニュースだと思うが
大人になったら結果が求められるがこれは中学生の話だから
結果を出すためのプロセスを学んでる段階なんだから先生の言ってることが正しいんじゃないか?
74. Posted by     2006年10月12日 13:09
※54
上にも書いてあるが、FSS(ファイブスター物語)
答えだけ書いて0点→先生はなんでこんな面倒な計算やってるの?→実は超絶天才だったという話
75. Posted by 三部   2006年10月12日 13:10
DIO様の名言を思い出しました。
76. Posted by    2006年10月12日 13:10
管理人は数学できない落ちこぼれ型文系
77. Posted by     2006年10月12日 13:10
うちの学校では、過程と回答で点数分かれてたけど、そういう採点しないんだ
78. Posted by     2006年10月12日 13:10
米64
過程が必要だからってわざわざ問題文には書かないだろ。
問題の扱いと解答欄の大きさから考えて察するのも数学のうち。
塾で習った内容を忘れて学校の先生が教えた内容だけを使って先生の気に入るプロセスを選ぶのも数学のうち。
79. Posted by        2006年10月12日 13:10
※69
さいころ2個振るって問題なら、
6*6の升書いて総当たりの方が早かったりする場合もある。
ちゃんと「自明である」と分かる図を書けばOKだし。

論理も必要だが、文章の表現力も試されるよ、数学は。
80. Posted by    2006年10月12日 13:11
米70
それは「算数」だろ。
数学とは式の正しさ、すなわち論理力の学問なんだよ。
単なる計算とは一線を画する。

1+1にもプロセスをとか言って茶化してるのは極論を言って煙に巻こうとしているにすぎない。
81. Posted by    2006年10月12日 13:13
大貧民やってて後からローカルルール持ち出された気分だな。
82. Posted by    2006年10月12日 13:14
大学レベルになると、1問に付き解答用紙として白紙の紙が数枚あったりするからな。
答えだけって訳にはいかんだろう。
83. Posted by _   2006年10月12日 13:15
答案用紙に計算スペースがあったのなら、過程もしっかり書かなきゃ減点されるのは当然だと思うのだが、特に文章題や図形の証明

84. Posted by     2006年10月12日 13:16
主観だけど数学できる人は途中経過とか余り書かないと思う。
85. Posted by     2006年10月12日 13:16
>78
そんなものまで数学のうちに含めるなよ。
答えを出せと書かれてて計算して正解を出したなら○だろ。
解法も見たいならはなから問題文にそう書いとけ。
86. Posted by      2006年10月12日 13:16
頭がいいやつで「どこが書くべき計算かわからない」ってやつがいた
頭が悪い俺の「どこがわからないのかわからない」の反対だったんだろうか
87. Posted by     2006年10月12日 13:17
いっその事点数分ければいいのに
小学校の頃の塾のテストだけど
計算方法書く所と答えの所で点数別々だったし
元々そうならこの先生の言い分も通るだろうけど、
正解は正解なのだから、×にしちゃだめだろ、どう考えても言い訳じゃん・・
88. Posted by 2   2006年10月12日 13:18
最近のゆとりは優秀だな。
それに比べて最近のニートときたら・・・まったく。
89. Posted by     2006年10月12日 13:19
模擬試験と入試と定期テストは別だと思う
90. Posted by     2006年10月12日 13:19
青字のほうが正しいやん
91. Posted by    2006年10月12日 13:20
っていうか、初めから「式も書きなさい」って言うか書くかしろよ。
それでも式書かなかったんなら×でいいじゃん。
後から式書かないと×だぞって言われても普通は初めに言っとけよって思うだろ。
92. Posted by     2006年10月12日 13:20
※83
計算スペースがあったなら必要ならここに途中式書いていいですよであって、
書かなければいけませんではないだろ。
証明問題に過程がいるのは当たり前。
普通の計算問題なら頭の中で出来るやつだっているだろうに、
それを採点者が見たいというなら改めて書かなければいけないんだから
問題文に書いといてしかるべき。
93. Posted by    2006年10月12日 13:20
本当に賢い奴は教師に反抗して計算式を省くなんてことはしないだろう
経過をきちんと書け、と教えられたにもかかわらず途中の計算式を書かない
奴はは反抗するのがかっこいいと勘違いしてるバカだろ

丁寧に経過を書くことでその度に確認して理解が深まるし、間違えたときも
どの箇所で間違えたかが一目で分かる。俺が教師に言われたのは

「後で見直すとき、どうして間違えたのかを何分もかけて確認するのか?」


そして何より「簡単な問題の経過なんて書くかよ」と言う奴に聞きたい。
計算式を書くだけの労力を省いて何がしたいんだ?
94. Posted by     2006年10月12日 13:20
答えが合ってるのに考え方をまちがえる問題なんてあるのだろうか
95. Posted by     2006年10月12日 13:21
米86
両方とも経験がある俺に言わせると、別に反対ではない。
96. Posted by    2006年10月12日 13:21
でもやっぱ
数学ってのはどのように解くかってのが
理解できてないと話にならんから
途中は重要じゃねえか?

中学レベルなら
公式をちゃんと使えるかとか
移行がちゃんとできているかとか
答えよりこれが大切だろ
97. Posted by     2006年10月12日 13:22
俺の中学ではプロセスを明記すること、
ってちゃんと問題に書いてあったもんだが。
それも含めて式が重要か答えが重要か配点してあったけどな。
98. Posted by     2006年10月12日 13:22
これを管理人はおバカなニュースと感じたらしい。
それはともかく相変わらず緑はよい視点だ。
99. Posted by ーー   2006年10月12日 13:22
実際京大じゃ答が少しズレてても、考え方が教授を上回る解法だった場合、満点以上の点を上げたりするからなww
100. Posted by       2006年10月12日 13:22
>>57. Posted by 2006年10月12日 13:05
>>これを。「おばかなニュース」として分類する管理人の感性が、
>>もうどうにもならないほど、生き>>ることをやめるべきだと思う。
>>お前、生きてる価値無し!

うはwwwww
101. Posted by      2006年10月12日 13:22
中二かよwwwwすげえwwww
102. Posted by ニョー   2006年10月12日 13:23
管 理 人 数 学 や っ た こ と な い の か ?
103. Posted by    2006年10月12日 13:23
て言うか直感でぱぱっと出しちゃった回答に「俺はあの一瞬の間にこれだけの思考を重ねて回答に至ったのか!」と追跡確認して式をずらずら埋めていくのも一種の快感じゃね?
高校くらいだと職員室で教師複数と通りがかりの生徒交えてガチバトルになったりしてたけど。

この生徒がどんな問題にどんな回答をしたかが分からんのに議論してもループするだけか。
104. Posted by     2006年10月12日 13:23
>>94
つあてずっぽう
105. Posted by     2006年10月12日 13:23
別にこれは学校ごとの教育方針でどちらが利口とかないと思う。
106. Posted by     2006年10月12日 13:25
米105
文系はみんなそういうんだ
107. Posted by おk   2006年10月12日 13:25
この中学の教師は高校・大学に進学するにつれて
今のうちから途中式を書く癖をつけさせたかった

…のかも知れない。



取り敢えず青字の言う事のが同意できるな。
108. Posted by    2006年10月12日 13:25
俺の中学では、あらかじめ途中の式も書かないと○にならないって先生が言ってたけどな。
答えは合ってるのに×はやりすぎ。
教師側もめんどくさいから式と答えで点数別にしたりしなかっただけだろ。
109. Posted by    2006年10月12日 13:26
学問は最終的に伝え教えることが目的だろう?
相手に伝えることを疎かにして何が学問か。
110. Posted by     2006年10月12日 13:26
既出かもしれんが、そもそも勉強をすることってのは
国語や数学や物理だとかの一見するとある程度を超えると必要なさそうな科目はそもそも論理的思考を鍛えるものだからプロセスが大事なのは当たり前
111. Posted by     2006年10月12日 13:26
例えば連立方程式にしても
簡単なやつはXが1でYが2だと・・・とか
1つずつ代入して解いてその場は凌げるかもしれんが
ちょっと答えが分数になるだけでもうアウトだろ

これはやっぱプロセスを知ってるか知らないか
112. Posted by     2006年10月12日 13:27
同じことを言ってる数学教師を見たことがある。
当然その時も答えあってるんだから○だろと主張する生徒と揉めていた。
管理人は答えが合っていれば○と思うタイプでそうでない人も多数いるだろう。
この米欄結構伸びるんじゃないか。
113. Posted by 9288   2006年10月12日 13:27
たかが中学の計算問題に過程もへったくれもあるかよとは思うが、出来る生徒にはより厳しくあたる教師もいるからな。定期試験の1点や2点どうってことないわけだし、そういうことが問題視されることもこれからはありうると教えたかったんだろうな。

この記事を書いたこども記者くん(まだあったんだ)ももともと成績はいいほうだったんだろうよ。これが DQN とか普通の生徒あいてだったら普通に◯だったかもしれないが。
114. Posted by 11   2006年10月12日 13:28
この漫画なに?おもろそうなんだけど
115. Posted by     2006年10月12日 13:28
答えだけ正解で△
プロセス正解で△

ふたつあわせて○
じゃないのか?
116. Posted by    2006年10月12日 13:28
数学の答えが勘で当たるわけ無いだろ。一桁当てるのに1/10。しかも桁数が予め分かってるわけじゃないんだから限りなく0だろ
117. Posted by     2006年10月12日 13:29
米107
教師がそういう風に生徒を諭すのなら文句はない。
変に奇麗事じみたこというのは気に食わんな。
それに感化される生徒が実在の人物・団体・事件と関係あるとは思えない。
118. Posted by      2006年10月12日 13:30
むしろ理系みたいに数思考が速い人にとっては過程を書くことも労力になると思う。
それが良いか悪いかわからないけどこの中学生もたぶん理系
119. Posted by     2006年10月12日 13:31
米116
問題によっては勘で十分あたる
まあ勘というよりも推測だがな
120. Posted by          2006年10月12日 13:31
米84
自分ひとりだけが必要な作業の場合は
過程を書くのめんどくさいから結果だけ書く。

他人に見せる数学のテストでは
ちゃんと過程も結果も書く。

テストは個人の能力を鍛えた上で、それを使って他者と対話する競技。
数学に限った事じゃないけどね。
121. Posted by     2006年10月12日 13:31
俺の経験では計算式部分と解部分で点数が分けてあったな
あてずっぽで解だけあってるとその部分の点だけはもらえた
122. Posted by     2006年10月12日 13:32
教師が×にした理由を答えるのに数日かけているのが分からん。
それらしい答えを考えていたのか?
123. Posted by     2006年10月12日 13:32
単に、採点ミスした教師のいい訳にも聞こえるな。
124. Posted by    2006年10月12日 13:32
あてずっぽうで答えが当るほど中学の数学は甘くないよ。
プロセスはともかく答えがあっていれば○でも良いだろ。
まあ図形は仮定・結論・証明を全部書かないといけないから、
ちゃんと書かないといけないけどな。
125. Posted by     2006年10月12日 13:33
建設的でない事柄にやたらと反抗したがるんだよなこの時期の餓鬼共は
教職って本当に大変だよな・・・


>> たかが中学の計算問題
の経過すら書かないくせに、もっと上等な数学を解く時はどうするんでしょうね?
数学には「基礎が大事」という一般常識が通用しないんですかw
126. Posted by     2006年10月12日 13:34
米124
だから図形だったんじゃないのか?
127. Posted by     2006年10月12日 13:34
嫌だろうが何だろうが途中式を書けば教師は納得する。それでおk。

大人社会が云々と持ち出すなら妥協も覚えなきゃ。
128. Posted by      2006年10月12日 13:34
残り二回ならその子が暗算で答えだせそうな子かどうか位わかってるだろ
129. Posted by    2006年10月12日 13:34
いわゆる「結果が全て」ってのの「結果」と数学の「答えだけ合っている」の「答え」とは別物。
終点が決まっているかいないかの違いは大きい。
「結果」というのに相当するのは研究などで「結果」として偶然発見したりすること。
テストなんかの回答で言うような話ではない。

回答で何が重要なのか?ってのは採点を数こなして初めて分かるという部分は多い。
中学生では分からなくても普通だろうし、大人になっても分からない人が多いのは仕方ないところ。
130. Posted by    2006年10月12日 13:34
テキトーな事言っても
きっちり教訓を得てくれるこの生徒マジ秀才
131. Posted by     2006年10月12日 13:34
何コレ?高校も行ってないバカばっかですか?
数学で途中の式書くのは当たり前の事だろ
面倒くさくても頭の中の計算式をメモるように答案用紙に書いていけばいいんだから


・・・でも△にして1点ぐらいは欲しいよなぁ
132. Posted by     2006年10月12日 13:35
俺の世代では過程が間違ってたら×だった。
(過程を書かずにいきなり答えでも×)
試験だけでなく普段からそう言ってたんで
それが当たり前だと思ってけどな・・・

公式丸暗記すれば答えは出せるが、その公式の意味をちゃんと理解して使ってるかを見る
ってのが理由だそうな。
133. Posted by     2006年10月12日 13:35
物理のときは途中の解法なかったら減点されてたなぁ。
別につきつめて珍しい話じゃないような。

途中計算いらないなら、最初からマークシートかもしれんね
134. Posted by 。   2006年10月12日 13:35
「過程より結果」というレスは計算過程も解答の結果として求められている事をわざと無視しているように見える
135. Posted by     2006年10月12日 13:35
あってずっぽうの過程を書いて当たることもあるかも
逆に過程だけめちゃくちゃ複雑にやればやるほど点数をもらえたり
136. Posted by     2006年10月12日 13:35
米122
生徒に自分で気付かせるためだろ
自分なりに考えたから冒頭の生徒も納得したんだよ
137. Posted by              2006年10月12日 13:36
一例として、高校数学の極限の問題は、
高校範囲外のロピタルの定理で一瞬で解けることがあるが、
当然それは解答に使ってはいけない(ロピタルの定理の証明を併記出来ればOKだが現実的じゃない)。
答えは一瞬で出て、かつなぜそうなのかは分かってても、高校数学の範囲内でどう説明するかが求められる。

どの範囲までを解答の道具として使っていいかは、ちょっと意見分かれそうだけどね。
138. Posted by     2006年10月12日 13:36
答えだけ合ってたって意味ねーよ。
特に中学生は考え方を養う意味でも数学習っているんだから。

過程がわかっていないなら、今はその問題を解くだけの能力がないということだからな。
139. Posted by     2006年10月12日 13:37
※87
大学入試とかは部分点が
細かいレベルで付いてるよ。
つか、高校入試の模試だって付いてるよw
140. Posted by    2006年10月12日 13:37
数学はまるでダメ(いつも平均点以下)だったし
今でも数式みただけで無条件降伏だけど
バカはバカなりに必死で公式思い出して片っ端からあてはめてみたり
まず答えを仮定して式が成立するかどうかやってみたりして
正解にたどり着いたときの達成感は忘れられない。

たとえ今の俺の人生に何の役に立ってなくても
あの脳をフル回転させてた時間ってのは大事なんだと思うよ。
141. Posted by    2006年10月12日 13:37
てかうちが行ってた高校はしつこいくらい途中式は書くようにと言ってたんだが、恐らくそれを説明しなかったんだろうから×は酷いだろ…
142. Posted by    2006年10月12日 13:38
英語のテストの選択問題で【ア・イ・ウ・エ・オ】から選んで答えよ。
という問題で【イ】と答えたら、アルファベットの【T】に見えるから×にされたことが何度かある。

理科のテストで【イ・ロ・ハ・ニ・ホ・ヘ】から選んで答えよ。
という問題で【ホ】と答えたら、漢字の【木】に見えると罰にされたこともある。

中学の先生って、アホだ。
そんな、嫌がらせしかできないのか。


143. Posted by     2006年10月12日 13:38
米132
俺の中学時代もそうだった
答えだけでいい問題は解答欄が小さかったし
解答欄が大きい問題は過程も書かなくてはいけない暗黙の了解があった

ここに「じゃあ問題文に書いとけ」ってレスがあるのを見ると ゆとりか…と思ってしまう
144. Posted by 名無し   2006年10月12日 13:39
……解法は答えを出すための手段だろ。
145. Posted by    2006年10月12日 13:39
※95はただの分裂症
146. Posted by       2006年10月12日 13:40
模試の採点バイトしたことあるけど
最初に、過程の部分点の付け方の資料渡されたぞ。
ここまでの論理が説明出来てたら5点、その次まで行ったら8点、完投で10点とか。

過程も解答のうちだよ、数学は。
147. Posted by     2006年10月12日 13:40
米128
それが分かるからって、採点に反映すると親が騒ぐケースが出る。
例えば出せそうな子と出せそうにない子が同じく過程を書かないで、
解の数字だけが同じ正答を提出したとしよう。
それで片方だけ○にしてたら、×つけられた方が騒ぐ。
148. Posted by     2006年10月12日 13:40
高校レベルの幾何学の途中式で小学生の頭の中でもできる計算まで書いてたらとんでもなく時間かかる。
大事なところだけ書けばいいと思う
149. Posted by      2006年10月12日 13:40
答えだけ書いて○はもらってたが、「過程も書くように」って注意書き書かれてた奴がいたな。
過程を書いとけば、答えが間違っていた場合、どこが間違っていたか確認できていいと思うけどな。
過程を書く癖をつけとかないと、高校や大学の試験は点なんて入らない。
今回は青字に同意。
150. Posted by     2006年10月12日 13:40
論理的に考えるために数学やってるのに答えだけ書けばいいわけないだろ。
常識的に考えて…。
いじわるな問題だと、
最終的な答えは同じになるけど途中で確認すべきところがあり、
それを抜かすと10点マイナスとかいう問題も出題される。
151. Posted by     2006年10月12日 13:40
なんか最近管理人叩きが無駄に目立つな(^^;;
152. Posted by    2006年10月12日 13:41
これってプロセスが大事とか言う以前に、教師がそういう考えをしてるんなら事前に言っとけって事だと思うけど。
現に教師の中では答えさえ合ってれば○だっていう考えの人もいたし、この米欄だけでもバラつきがあるわけだろ。
教師が採点するんだからそのルールに合わせるのは構わんが、生徒全員が自分の考えを言わなくても分かってると思ってる所が痛い。
テストが終わった後で式書かないとダメだって言っても意味ない。
153. Posted by     2006年10月12日 13:41
こういうときこそ△の出番だ
154. Posted by       2006年10月12日 13:41
※142
どんなDQN中学だよ……ご愁傷さま
155. Posted by     2006年10月12日 13:41
米141
同意
解法書かなかったこの生徒は確かに議論の原因を作ったのかもしれんがそもそもの原因は説明しなかった教員だもんな

でも普通過程書く場所があれば「過程を書け」という指示だとわかりそうなもんだけどw
156. Posted by    2006年10月12日 13:41
まあプロセスは大事だわな。
理系は尚更。複雑な問題で答えだけだとカンニングと疑われかねない。
無用な誤解を避けるためにも書くべきだろうな。
157. Posted by     2006年10月12日 13:41
世渡り上手になりたきゃ…どうすればいいか分かるよな?
158. Posted by    2006年10月12日 13:41
米148
途中式と計算式をごっちゃにしてる馬鹿発見
159. Posted by     2006年10月12日 13:42
「過程」と「解」の両方を「答」とするなら
それをちゃんと問題文に記述するべきだろう


教師が国語の勉強したほうがいいんじゃないか?
160. Posted by     2006年10月12日 13:43
てかこの記事書いてる中学生がすげえw
161. Posted by     2006年10月12日 13:43
米142
それも教師の愛ですよ。
入試の時、採点者が何枚採点するかを考えれば、
字が汚いのは不利なことは明白。
本番の時同じように判断されたらあなたはどうしますか?
162. Posted by     2006年10月12日 13:43
今回ばかりは青字が痛いと思った
163. Posted by     2006年10月12日 13:44
米142
米154
うちの教員も似たような事やってたがその教員曰く
「大学受験でそのような汚い字を書いたら×にするやつもいる。今のうちにテストではきれいに書く練習をしておけ。」
164. Posted by     2006年10月12日 13:44
※146が真理
解法書かずに答だけ書いても
甘い先生で部分点の2割くらい
普通は×だよ

そりゃ、最初の数問の計算題とかなら別かもしれんがw
165. Posted by        2006年10月12日 13:44
初歩の初歩で過程を書けと教えなかったり、
教えてないのに過程書かないのをいきなり×にしたり、
部分点の概念もなかったり。

最近の数学教師は、数学が嫌いなのかも知れないな。
166. Posted by     2006年10月12日 13:44
解答にもマナーを



(゚д゚)
167. Posted by 9288   2006年10月12日 13:45
>*125
この記事では問題の内容について詳細には触れられていない。そこにきて
「解法過程が必要な問題だったんだろう」と考えるあなたがたと、
「過程を書いたら冗長に過ぎるようなところでもケチをつけられているんだろう」と考えるわれわれとの
差異は何に由来するのかは結構興味深いことだと思う。
それはどちらかが間違っているとか劣っているとかいうことではないとは思うけれどね。
168. Posted by     2006年10月12日 13:45
この先生もプロセスを見たいなら、計算用紙を配るなりしてやれば良かったんだよ。
まぁ、中には面倒だから回答しか見ない先生も居るけどね。
他にもプロセスだけで中間点をくれる先生もいる。
それを知ってて、途中の計算式は解答用紙に書き込んでた記憶があるな。

教師も人間だから人それぞれだよ。


※83
中学生の頃、数学のテストで解答用紙の他に計算用紙も渡されて全回収された記憶がある。
今にして思えば、あの数学教師は解答用紙と計算用紙の両方を確認してたんだろうな。
むしろ、ご苦労な事だと思うよ。

※94
回答は同じだが、プロセスが異なる例は多々ある。
所要時間の差があったりと大学受験では役に立つし、予備校があるのはそれを教える為。
義務教育ではそこまで見る必要無いと思う。
169. Posted by     2006年10月12日 13:45
問題文に過程と回答を答えにするっと記述するべきとかアホなこといってるやつらこそ、国語の勉強するべきだったなw
170. Posted by 774   2006年10月12日 13:46
すまん、俺は今回に限っては青字に賛成だ。
実社会ではともかく、学校のテストである以上はプロセスも必要だと思う。
171. Posted by     2006年10月12日 13:46
青字批判と管理人は10代だろ
172. Posted by     2006年10月12日 13:47
今回は青字への賛成が多いんじゃないか?
俺もそうだ。
173. Posted by s   2006年10月12日 13:47
教えた内容を理解できているかどうか見るのがテストだから、教師が完全に間違ってるとは言わない。
ただ、0にしちゃうのはやりすぎかな。減点1か2くらいが妥当じゃないかと思う。
過程や方法なぞどうでもいいわけじゃないと思ってるから。
174. Posted by     2006年10月12日 13:47
俺にはここで真面目に議論してる奴等みんな痛く見える
175. Posted by     2006年10月12日 13:47
※欄や本スレを見て
「ゆとりの弊害ココに極まれり」を実感。

確かに「痛い」ねw

「説明されないと途中部分が必要なんてわかりません」って
言ってて恥ずかしくないのかねえ?
176. Posted by     2006年10月12日 13:48
米151
ネットでおかしな意見を言うとそれなりに批判されるものだよ。それは管理人氏なら重々理解してるんじゃないかな。
もっとも今回の件もそれなりに人によって意見が違って必ずしも痛いとはならないと思うけど。
177. Posted by     2006年10月12日 13:48
俺厨房ん時よくサボってたからか数学のテストで満点取ったときは
名前に×つけられて-5点されて95点になってたぜ('A`)

今やると騒ぐ奴居るんだろうな
178. Posted by     2006年10月12日 13:49
米174
真面目に馬鹿な事も出来ないなんて
お前の人生つまらないな
179. Posted by     2006年10月12日 13:49
米167
>「過程を書いたら冗長に過ぎるようなところでもケチをつけられているんだろう」

いやそもそも過程を何も書かなきゃあてずっぽと取られても仕方ないぞ
書くのめんどくさいのなら計算式だけでも書いとけよ
180. Posted by     2006年10月12日 13:49
どうでもいいけど最近の数学って難しいね
181. Posted by     2006年10月12日 13:49
いまどきの学生は、何で数学の回答用紙があれだけでかいのかもわからないのかよw

俺も10代学生だけど、青字派。
182. Posted by     2006年10月12日 13:49
>>174
2chじゃないんだからたまには許せ
183. Posted by     2006年10月12日 13:49
自分の考えが青文字だったからって管理人叩かんでもええんやよぉ
最初から「青=痛い」なんて誰も言ってないんやよぉ
184. Posted by     2006年10月12日 13:50
米177
ヒドスwwwww
185. Posted by Kirin   2006年10月12日 13:50
○よこせとは言わんが、途中点はもらえた気がするんだが・・・

三角ぐらいもらえんじゃないの?
186. Posted by     2006年10月12日 13:50
というか問題文が計算せよとか答えを出せだったら答えだけでもいいだろ
証明せよとか説明せよみたいなのだったら過程も必要だろう
187. Posted by     2006年10月12日 13:50
どうせ受験では答えしか書かないし
プロセスなんでどうでもいいだろ
早く計算出来たほうが勝ちなんだよ
188. Posted by     2006年10月12日 13:50
過程を書くべきってことは同意だけど、だからって×はちょっとね
それなら過程かかないと×って問題に書いとくか、試験前に言うべき
189. Posted by     2006年10月12日 13:51
プロセスを書けというのには同意だ。
直感でわかった答えを筋道立てて検証するのは大事なことだ。
でもテスト前に「途中式も書け」って言わなかったのかね、その先生。
190. Posted by         2006年10月12日 13:51
「大学への数学」の学力コンテスト経験者いる?
あれって、解法のエレガントさまで評価に反映されて、同じ100点満点でも、計算式ゴリゴリで真っ黒な奴は、論理でスッキリの奴より順位が下になる。

ま、これは極端な例だけど、
初等的な計算だけで無理矢理頑張ろうとすると、いつかは無理が出るから、
論理とその説明を過程として表現出来るようになれば、おのずとテスト成績も、個人の数学力も上がるということ。
191. Posted by     2006年10月12日 13:52
青字は公立卒
192. Posted by     2006年10月12日 13:52
答えが合っていただけで△もらうのもなんだかな・・・
間違っていても過程を考えた形跡があるなら、答えだけでも一点はあげるべきだと思う。
だが、過程がまるまる空白で答えだけ書いてあるのなら×
問題外だろ。
青字は正論。
193. Posted by     2006年10月12日 13:52
黒字は大学入試の数学試験や大学での数学試験を受けた事が無いんだろ。(センター試験は除く)
全体の問題が4問で1枚に2問で計2枚、1つの問題の解答過程をプリント半分使って書いて行くなんてのが普通。
最終的な答えが出なくても解ける所まで書いて部分点を稼ぐなんてのは当たり前のテクニック、屁理屈並べてないで頑張っておかないと将来的に苦労する事になる。
最近、学生の理工系離れって話を聞くが、こういうのも原因になってるのかと考えさせられるな。
194. Posted by     2006年10月12日 13:52
米186
そう考えると教員も生徒も国語の勉強が必要だな

でも普通は過程書く余白があれば書くのが当たり前だけどwwwwwwwwwww
195. Posted by     2006年10月12日 13:52
先生も×じゃなくて、△くらいにしておくべきだったな。
196. Posted by    2006年10月12日 13:53
名前書かなかったから0点もらった俺様がきましたよ
やっぱ途中経過の式も重要だぞwww

もっとも、問題文見てからじゃないとわからんがなwww
どういう問題で答えだけ書いてこけたのか詳細無いと判定のしようがないwww
197. Posted by     2006年10月12日 13:53
ゆとりゆとり言ってる奴は30代半ば以上?
198. Posted by     2006年10月12日 13:53
数学は受験科目でしかないと思うから正直なんでもいいんだけど
学問観みたいなのは人それぞれって割り切るお
199. Posted by     2006年10月12日 13:54







        青字に賛成。








200. Posted by     2006年10月12日 13:54
米189
全く同意だけど、本スレの黒字は結構痛い事言ってるよ
数学は答えだけで良いとか、先生のイヤガラセか?とか
201. Posted by     2006年10月12日 13:54
米188-189
同意
202. Posted by        2006年10月12日 13:54
※187
私学マークセンスかセンター型私学か国立のガチガチ文系なら、それでいいよ?
203. Posted by     2006年10月12日 13:55
ここまで青文字に同意できるのも珍しいね。
204. Posted by     2006年10月12日 13:55
アインシュタインは、とある問題を見た瞬間に答えがわかったが、他人に、その答えにいたる過程を説明できなかったそうだ。
205. Posted by     2006年10月12日 13:56
wwwwwwwwwwに国語力が必要と言われても釈然としない
206. Posted by しわよせん   2006年10月12日 13:56
まあ、なんだ。
「青字に珍しく…」とか言ってる方が見受けられるが、
小生は今まで

多数意見:黒字
少数意見:青字
痛烈発言:緑字

だと思っていたのだが、違うのか?
207. Posted by    2006年10月12日 13:56
今回は青字のがまともだろ。
黒字は結果と解答がイコールじゃないことも分からないのか。
208. Posted by     2006年10月12日 13:56
あのさ〜、書くのが当たり前じゃんってのは理由になってないだろ…。
計算して答えも分かってるのに、
なんでわざわざ頭の中ですんだ途中過程を
言われてもいないのに書かないといけないんだよ。
209. Posted by     2006年10月12日 13:57
試験前に言うべきとかw
おまえら、どんだけぬるま湯に浸かってんだよ。
いちいち言わないとわかんねーのかよ。
解答用紙見て判断しろや。
210. Posted by     2006年10月12日 13:57
設計とかしてる自分から見たら、答えに至るまでの過程は大変重要。
中学生レベルでは必要ないって言うかもしれんが、基礎において単純な勘違いしてたら
答えさえ合っていればって言うが、答えを出すための訓練をしているんだから・・・。
211. Posted by     2006年10月12日 13:57
最後を見て中三の文章だと知り吹いたwwww
212. Posted by このコメントは削除されました   2006年10月12日 13:58
このコメントは削除されました
213. Posted by Zion   2006年10月12日 13:58
○社会に出たら結果が全てと言ってる人も居るが…。
 下っ端は結果なんか全く重要じゃない。失敗しても謝るのは上司の仕事。失敗した人間が謝っても何の解決にもならん事が多い。
 そして結果を設定するのは管理職。
 それすらももっと大きい目標の下になるので、最終的に答えを作るのは社長とか株主とかその辺。
 社会に出たら、いかに限られた時間と予算で上が出した「結果」に近づけるか…
 という事が重要だった。
 経験則だけど。

 計算に特化した考えなら、結果が合うのは当然で、どうすれば元の数字から理論的に合う結果が出る式を構築するかが問題になる事が多かったかなぁ。
214. Posted by     2006年10月12日 13:58
バランシェ!!
215. Posted by    2006年10月12日 13:58
米175 米209
「途中部分は必要ありません。」って言う教師もいるんだよ。
教師全員で統一してるんならまだしも、式書かなくても○だったり、減点で△だったり、人によって違うんだから生徒は混乱するだろ。
試験に暗黙の了解なんか通用しないんだよ。

216. Posted by     2006年10月12日 13:59
どうでもいい意見:黒字
管理人反対意見:青字
管理人意見:緑字

だと思ってた…
217. Posted by        2006年10月12日 13:59
コンピュータは瞬時に答えを出すが
プログラムコードで過程を教えてやらないとそれは不可能。

教えてやるのは人間。

あとは、わかるな?
218. Posted by なな   2006年10月12日 13:59
そういや前に探偵ナイトスクープで
咄嗟に言われた日付の曜日を即答する特技の子供が出てたなぁ。

彼もやっぱり解だけ書いて×貰ってるんだろうか・・・。
219. Posted by     2006年10月12日 13:59
※193
ウチは、大問5問で、各1枚の合計5枚だった。
220. Posted by     2006年10月12日 13:59
え・・・?普通に黒字酸性なんだが
「答え書け」って問題に答え書いただけだろ?
「プロセス書け」って書かれてるならともかく
受験において問題文を正しく読むのは大事だろ
221. Posted by     2006年10月12日 13:59
結果を先に書いてから過程を書くのはどうなのかな
222. Posted by    2006年10月12日 14:00
数学で式から書くのは常識じゃなかったんだ。
今高校生だけど、確かに模試で「式も書きなさい」って書いてある問題あるもんな。
でも、もしこの中学生が受けたテストに二次関数とか、多少なりともめんどうな計算があったとして、答えだけ書いといて「丸にしろ」ってのは無理があるよ。うん。
223. Posted by Zion   2006年10月12日 14:00
予算→人員
かな。訂正。
224. Posted by     2006年10月12日 14:00
>解答用紙見て判断しろや
この記事に解答用紙出てる?
225. Posted by しわよせん   2006年10月12日 14:00
2 >>※208
テストってのは本来、
「点を取る」ためではなく、
「どれだけ授業が身についてるかを確認する」ためにやるものだからじゃないか?

あと、検算しやすい。
226. Posted by ミーム   2006年10月12日 14:01
世の中は理不尽であるということを先生は言いたかったんだな
227. Posted by     2006年10月12日 14:01
解答用紙というのは入試では自分をアピールできる唯一の場。
面接や内申書もあるが、それらは同点の場合に考慮されることが多い。
言うなれば自分の必要書類であるわけだ。
にもかかわらず答えしか書かないというのは、
面接書類に一語程度しか書かないのと同じこと。
相手には何にも伝わりませんよ。
228. Posted by     2006年10月12日 14:01
※206※216
普通の意見:黒字
痛い意見:青字
ド正論:緑字

だと思ってますた
229. Posted by    2006年10月12日 14:02
そういや、ゆとりゆとりって聞くけど何歳ぐらいがゆとり教育世代なんだ?
(大体、今年で21〜16ぐらいってイメージあるんだが…)
230. Posted by     2006年10月12日 14:02
この教師は試験の前以前に、普段の授業からして過程が大切とか数学の本質とかに全く触れなかったんだろうな。
231. Posted by    2006年10月12日 14:02
本スレの中学レベルの数学には過程なんて必要ないなんて言ってる奴、アホじゃないかと思う。
必要になるから練習しておくんだろう?
それともレポートも何も経験したことがないお方ですか?
結果のみで提出したら文型でも理系でも確実に再提食らうわ。
232. Posted by     2006年10月12日 14:02
いつの時代も公立中学はゆとり
233. Posted by ..   2006年10月12日 14:02
問題文にわざわざ書いてなくても、答えだけでなく過程が求められる場合があるのは理解出来る
理解できないのは、そんな簡単な事を数日してから説明する先生

二人の間に隠された愛憎劇があって、援助やらいじめやらPTAやら不登校が絡んでニートな展開が続くとしたらと妄想して、先生怪しいとか言い出してるんじゃね?
234. Posted by     2006年10月12日 14:02
>>224
なんで数学の回答用紙があれだけ大きいのかもわからないのか、おまえは。
235. Posted by         2006年10月12日 14:02
定期テストって、学校内だけで通じるローカルルールも多分に含まれてる気がする。
全国模試や本番入試だったらそんなの無しで「答えだけでよい」と明記されてない限り過程は絶対必要、という暗黙の了解があるし、従わねばならない。

受験は校内ではなく、都道府県や全国での戦いなんだから、
大きな場所でのルールや戦い方を教えてやれよと思う。教師の趣向じゃなく。
236. Posted by    2006年10月12日 14:02
まぁ、とりあえず。
ここの管理人とか、ここ見てる奴らの大半が文系だってのは理解した。
237. Posted by 揚げ足トリオ   2006年10月12日 14:03
で、論点は何ですか?
プロセスが実社会でもじゅうようか?
数学のテストの配点の仕方?
その他?
238. Posted by     2006年10月12日 14:03
ゆとりって今の高1以下だっけ
239. Posted by     2006年10月12日 14:03
これは青字の方が正しいんじゃないか?
まぁ俺は数学の成績悲惨だったけどなw
240. Posted by     2006年10月12日 14:04
大体25歳以下くらいはみんなゆとり教育受けてる
241. Posted by 。   2006年10月12日 14:04
中学生本人が納得してるんだから納得できるような問題と解答と質問と回答だったんだろ…常識的に考えて…
242. Posted by    2006年10月12日 14:04
テストって途中式と答えで1セットだと思ってたのに
黒文字には今回賛同できねーな
243. Posted by も   2006年10月12日 14:04
19歳以下(大学1年)じゃね?
漏れ18だけど漏れの代から教科書変わってた
最初の移行世代とかそんな感じ
244. Posted by     2006年10月12日 14:04
※234
だから、その回答用紙はここに出てるかって聞いてるんだけど…
俺が見た限り見当たらなかったので。

回答用紙なんて学校によって違うだろ。
245. Posted by    2006年10月12日 14:05
米224
確かに。 この記事だけじゃ判断できないな。
解答欄が狭かったり、式を書かなくても普通に分かるような問題だったら分かりづらいという事で教師にも非はあると思う。
246. Posted by ><;   2006年10月12日 14:05
数学なんて答えが合ってれば良いというのなら
そういうタイプはプログラマーとかには向いてないな。
あと、計算式や論文を必要とする理系学問もダメ。
プロセスを説明し、なおかつ結果が合っている事を外部に示せないのでは
とてもじゃないが研究・開発職はおぼつかない。
247. Posted by    2006年10月12日 14:06
社会でもプロセスは大切じゃない?
プロセスのしっかりしてない人に、結果がでるのか?

評価にプロセスを含めるかどうかは、しらないけど、学生の間は、プロセスも重要じゃないかな?
248. Posted by     2006年10月12日 14:06
米244
答え書くスペースぐらいしかない解答用紙なら教師も過程は求めない。
むしろ過程が欲しい問題に限って少しスペースとって「過程も書け」と問題文に書く。
そんなこともわからないの?
249. Posted by 9288   2006年10月12日 14:06
「テストでの答えかた」とか「教師への手紙」とか、一般論としてはもっともだけれど、
中学の定期試験で生徒にプレゼン能力を問うのは酷じゃないだろうかね?

あと、この流れは本質的な意味で「結果か過程か」を論じているというより、真摯な先生に教わったか意地悪な教師に悩まされたかの違いによっている気がする。
250. Posted by    2006年10月12日 14:07
答えは正解だがバツをもらうというのは
いったいどういった計算をしたんだろう
251. Posted by さ   2006年10月12日 14:07
やはり最近管理人が痛い
252. Posted by     2006年10月12日 14:07
※232
氷河期世代(30前後)より言っておく。
俺らの時代の公立はゆとりとは無縁だ。
公立小中高→国立難関をナメるなw
253. Posted by     2006年10月12日 14:07
数学教師を親に持つ俺ですが
青字が正しいと思います。
254. Posted by     2006年10月12日 14:07
プロセスが先生の意図通りでないからダメという評価はいけないな。”プロセスが乏しい”というだけじゃ、説明になってないな。どう乏しいかを教えてこそ教育じゃないかな。
255. Posted by     2006年10月12日 14:08
>>245
同意。
だが、解答欄が狭すぎる用紙なんて見たことないな。
256. Posted by     2006年10月12日 14:08
※206

いや、僕は今まで青字は一番最初に出てきた意見と逆の意見だと思っていたけどな。
ただ、比率の関係で後に出た意見は妙なのが多いだけじゃないか?
257. Posted by     2006年10月12日 14:08
自分の考えが青文字だったからって管理人叩かんでもええんやよぉ
最初から「青=痛い」なんて誰も言ってないんやよぉ
258. Posted by     2006年10月12日 14:10
>>244
過程がほしいからこの教師が説を唱えているんだろ。
過程がほしい=それを書くだけのスペースを確保している。


そりゃ、大学ノート2行分くらいしかなかったら、話は別だが。
259. Posted by        2006年10月12日 14:10
元記事の教師は

・授業では「過程なんてどーでもいいや(or忘れてた)」
・テスト返却の時に「過程も大事かも、でも生徒が自分で気付かないといけないから放置」
・数日後に「やっぱり教えなきゃ、実はこういう理由なんだよ」

みたいな過程を辿ったような気がする。
思いつきで。
260. Posted by     2006年10月12日 14:10
>>249
別にこの程度なら酷でも何でもない。
ただ、解答だけ書く生徒が出るってことは、
普段から生徒に過程を意識させる教育ができていないことの証左でもある。
261. Posted by     2006年10月12日 14:10
ここで「途中式必要なら問題文に書いとけ」って言ってる奴らは常識が無いのか?

冒頭の問題はわからないが、答えだけで×したって事は少なくとも途中式を書くスペースがあったって事だろ(小さい解答欄で途中式を書かせるはずない)
この生徒は広い解答用紙に真ん中にでっかく「X=5」とか書いたんじゃねーの?あるいは右下にちっさくとか
どの道少し考えれば分かる話
262. Posted by 。   2006年10月12日 14:11
青は記事(の意見、人物)に対する賛成、擁護じゃないの?
263. Posted by      2006年10月12日 14:11
しかし青=少数派意見だったとしても
スレでは少数派な意見がここの米欄では多数派ってのは不思議じゃね?
264. Posted by しわよせん   2006年10月12日 14:12
>>※256
そういや、青字から始まったの見たこと無いな。
265. Posted by     2006年10月12日 14:12
このガキが馬鹿な結論に達してるのは確かなんだが、なんでそこで文系批判が出てくるんだかよくわからんな。

暗記と当てずっぽうで途中の思考過程がないんじゃ文系理系問わずダメだろう。
266. Posted by     2006年10月12日 14:12
※248
確かに普通ならそうだけど、この教師もそうだとは言い切れなくない?
この記事だけでは判断できないと思う。

生徒は納得してるみたいだし、別にいいんだけどさ
267. Posted by        2006年10月12日 14:13
青はスレの流れに逆行したレス
緑はスレの流れに沿って、かつ会心のレス

と思ってるのだが。
たんに相対的な問題で、色による善悪や是非などないんじゃない?
268. Posted by     2006年10月12日 14:13
ゆとり教育とか文系とか当たり前とかそんな言葉で罵ってるだけのは、
それが意見なのか?
269. Posted by     2006年10月12日 14:14
学校で途中式が重要視されてるのは
答えで○×つけると格差が激しくなるからですよ
別に深い意味なんてない
270. Posted by     2006年10月12日 14:14
>>262
あ、これが正しい気がしてきた。

>>265
そうだよな。
271. Posted by     2006年10月12日 14:14
米263
ν速住人の痛さを甘く見るなよ
あいつらは、本当にどこか狂ってる
272. Posted by     2006年10月12日 14:14
頭の中だけで答えを導き出しちゃうのはすごいが
世間ではそういうの求められてないと思う。青地に同意
273. Posted by      2006年10月12日 14:15
結果と経過
どちらも出来てる人が社会で重用されると思うが
274. Posted by        2006年10月12日 14:15
※269
過程書くのを弱者救済策みたいに言うなヴォケ。どっちも重要じゃい。
275. Posted by    2006年10月12日 14:16
試験ってのは、
276. Posted by 9288   2006年10月12日 14:16
>*261
中学くらいの時期だと、理不尽な要求でも
教師の言うことなんだがら疑っちゃだめなんだと
必死に自分を納得させようとすることもある。
この記者くんみたいなタイプは特にそうだろう。
だからほんとうにこの彼が状況を客観視できているかは疑問。
277. Posted by       2006年10月12日 14:18
もう10年以上昔の話になるが、俺も同じことされたよ。
まぁ中学生程度の段階なら、理解度を測るために過程を重要視するのも頷ける。
ただ、俺の場合は△貰えたけどね。
278. Posted by     2006年10月12日 14:18
過程が正しくないと評価されるわけないやん。
これは学校でも社会でも言えること。
それが出来ない奴は本質的に頭が乏しい奴としか評価されない。
279. Posted by    2006年10月12日 14:18
ハイハイテストで100点だったのに途中式がどうのこうのって言われて78点に下げられた俺が来ましたよ

「過程や方法なぞどうでもいいのだァァァァァ!」って言ったら殴られた
280. Posted by ..   2006年10月12日 14:19
米276
小学生じゃないんだから、もっとひねてるのが自然じゃね?

話は変わるが、"**を証明せよ"という問題に苦し紛れに"自明"と書いた香具師は他にいる?
281. Posted by     2006年10月12日 14:19
最初の試験ならともかく、あと2回って時にこれ言われるのって変じゃないか?
今までにも答えだけ書いたことがあったと思うんだけど。
282. Posted by 。   2006年10月12日 14:20
性格とか推測始めるともう何でもありになると思うんだが…
・答えは正解だが×だった
・それについて質問した
・数日後に回答された
・解答には過程も必要だと言われた
事実はこれだけだろ
283. Posted by     2006年10月12日 14:20
米281
受験が近いからかな?
気をつけなさいよっていう忠告
284. Posted by そういや   2006年10月12日 14:20
正答出来なくてもプロセスがあってれば△くれてたなぁ。
×はイクナイ。△に汁!
285. Posted by     2006年10月12日 14:21
米280
途中で「〜は自明」と書く程度なら○もらえる証明問題もある。
286. Posted by a   2006年10月12日 14:21
俺も珠算やってて頭の中で計算してたから
プロセス書けと問題に明記してない限り書かなかったな

頭の中で計算できる人間にとって、プロセスを書くという事は
いちいち指を使って計算したり、考えのプロセスを声に出したりする幼児の手法と同じレベルなんだよ
面倒でしょうがない
287. Posted by     2006年10月12日 14:21
青には同意だけど理系と文系じゃなくて脳内派か脳内+視覚派だと思うよ。
288. Posted by     2006年10月12日 14:22
米262
それはない。100%ない。
289. Posted by     2006年10月12日 14:22
※280
そんなひねてるやつは子供記者なんてやらないwww

※281
数学担当の教師が変わったんじゃね?
この生徒と教師がフィクションでなければだけどw
290. Posted by     2006年10月12日 14:22
※274
事実だよw
式に「=」一つが抜けてても減点だからね
本人が過程を理解する云々よりも点数を付ける為のモノ
故に、イレギュラーな回答は採点基準から外れるからお断り
まー、こういった理不尽さも学んでおくのは良いと思うよ
291. Posted by    2006年10月12日 14:23
米275 続き
ゴメン。切れた。
試験ってのは万人に分かるようにしないといけないから、面倒くさくても式も書くように言っておくべきだと思うけど。
でも式も書くってのは賛成。
292. Posted by     2006年10月12日 14:23
どう考えても青文字が正しいと思ったのが多くてよかった
293. Posted by    2006年10月12日 14:23
米286
学問とは凡人のレベルにまで落としたものですから、貴方のような頭のいいお方でも凡人レベルに合わせてくださいな。
294. Posted by     2006年10月12日 14:23
ぶっちゃけ数学は途中の方が重要。
着眼点があってれば、ミスしなければ解ける。途中8点答え2点ぐらい。

例えば公式覚えてなくて計算式はボロボロでも、図を描いたりして本質を掴んでいれば2〜3割の点がもらえる。
295. Posted by しわよせん   2006年10月12日 14:24
>>※281
証明だとか図形だとかの、式たくさん書いてめんどくさい計算って3年の1学期ぐらいからじゃなかったっけ?
もう十数年前のことなんでよく覚えてないが。
296. Posted by     2006年10月12日 14:25
※283
なるほど。
そう考えたらいい先生かも
297. Posted by K   2006年10月12日 14:25
米282
あと
・解答欄は(おそらく)途中式を書くスペースがあった
というのも追加してくれぃ
まあ世の中には1×3cmのマスに過程式書かせようとする教師が居るのかもしれんがw
298. Posted by     2006年10月12日 14:25
過程重視は大学でやれ、と云うのもどうかね。
過程を書かない癖がついたらそれを是正するのは大変だし、中学からやらせるのは間違ってないと思うけどな。
299. Posted by     2006年10月12日 14:25
黒字の連中にはA3用紙1枚に問題が2問だけ、あとはだだっぴろい空白が広がる問題用紙なんて想像も出来ないんだろうな。
過程を蔑ろにする人間にはロクな結果は出せんよ。
社会に出て成功する奴は、正しい過程を踏んでかつ正解を導き出した奴。過程を無視して結果だけ出ればいいなんて虫のいい考えはDQNの考え。
300. Posted by     2006年10月12日 14:26
問題文も過程に入る
301. Posted by     2006年10月12日 14:26
※280
大学時代、苦し紛れにそう書いたら
「どう自明なのか証明せよ」って返されたw
302. Posted by     2006年10月12日 14:27
これは青に同意だろ
判断基準が解答用紙しかない以上、先生としては、しっかりとしたプロセスにのっとって導き出された解答と、あてずっぽうで出された解答とに同じ評価を下すわけにはいくまい。その判断基準となるのが「途中過程を書いたか否か」ってことなんだから。

てか、この中学生が先生の意図を汲み取って、これから改善していきたいって言ってるものを、先生が悪いとかって批判する意味が分からん
303. Posted by     2006年10月12日 14:27
なんだか計算式と途中式をごっちゃにしてるやつがいるな。
途中式というのは、これを抜かすと説明がつかなくなるもの。
例えば増減表書くのに微分してなかったり。
それに対して計算式は、なくても次の説明につながるもの。
例えばいくつかに場合分けして求めた答えを足した上で次につなげる時。
これなら「合わせて○○となるので」と端折ってもおk
304. Posted by     2006年10月12日 14:27
※297
それは推測でしか無くね
ほとんど間違いなくそうだろうけど
305. Posted by 。   2006年10月12日 14:27
途中を書くスペースはあっただろうね
ないのにこんな採点なら他の生徒も一斉に抗議するだろう
306. Posted by     2006年10月12日 14:28
5 スポーツも同じだな、結果を重視するか過程を重視するか・・・小中高は過程を重視、その経験を生かして大学では結果を重視でOKに思う。
そして、NEET、NEETer、NEETestになる。
307. Posted by     2006年10月12日 14:28
過程をできるだけ簡潔にするのが数学の醍醐味だろ
308. Posted by     2006年10月12日 14:28
※299
中学のテストですよw
309. Posted by     2006年10月12日 14:29
黒字の奴らは「社会に出たら連立方程式なんて使わねーよwwwwww」とか言ってそうだな
310. Posted by 9288   2006年10月12日 14:29
>*298
ここでの話は過程を記述することを重視するか否かであって、
過程を重視するかどうかの問題ではないと思う。
過程は軽視しようがない。必ずなぞるものなのだから。

>*299
そういうテストは私の出た公立中学ではいちども出なかったな、確かに。
311. Posted by     2006年10月12日 14:29
米304
状況判断でしょ
312. Posted by ><   2006年10月12日 14:29
普通、過程も書くもんだろ
解答欄の広さに応じてだが
313. Posted by     2006年10月12日 14:29
資格試験とかじゃないんだからさ。学内のテストなんて「その子供がその学科をきちんと学べているかどうか」をチェックするためのものだろ。だったら思考過程を見なきゃいけないのは当たり前。

将来について言うなら、きちんとプロセスを理解してそれを他人に説明できないと、仕事の戦力としちゃ使えない。
314. Posted by    2006年10月12日 14:31
俺はゆとり教育世代でもなんでもないけど、
式無くても△貰えたけどな。
教師によって違うだろ。
この子が今まで式書かなくても○とか△くれる教師に教わってたんなら疑問に思って当たり前だと思うけど。
言わなくても分かれ!って言うんなら、教師も統一するべきだと思う。
採点するほうが曖昧だからこういう問題が起こるんだろ。
315. Posted by     2006年10月12日 14:32
社会に出ても過程は大事だぞ。
正誤に関わらず過程を積み重ねていく、
それを元にノウハウを形作るんじゃないか。
316. Posted by     2006年10月12日 14:33
誰か、数学のテストで日本語じゃないという理由で×もらった俺を慰めてくれ。
317. Posted by     2006年10月12日 14:34
まぁ、この中学生は中学の段階でこういう経験ができたってのは、この先の人生を考えた上で幸せなことなんだろうな

中学の数学の試験でペケもらって、本当に大切なことに気づけたって本人が言ってるんだから、試験のバツ1個くらい、安いもんだ
318. Posted by     2006年10月12日 14:34
※309
そして、中学校で学ぶ「ベン図」すら書けないプログラマーが量産される。

マジ使えねええ!
319. Posted by     2006年10月12日 14:35
※314
統一っつーかね。本来は教育者ならきちんと生徒の思考過程を見て理解度を推し量るべきなんだよ。答えだけみて機械的にマルつける怠惰な(あるいは忙しすぎてそれしかできない)教師が多すぎるだけのこと。
320. Posted by     2006年10月12日 14:35
>>316
泳いで帰れ。
321. Posted by     2006年10月12日 14:35
米316
数学の試験をオンドゥル語で解答でもしたの?
322. Posted by     2006年10月12日 14:36
>>318
習わなかったぞ、うちでは。


はいはいゆとりゆとり
323. Posted by なな   2006年10月12日 14:36
まぁ、問題見て、パッと解が閃く天才もいるだろうし、
「数学には絶対に過程が必須」とは思わないけど、
「数学のテスト」には過程が必要だろうね。
324. Posted by     2006年10月12日 14:37
米316
そりゃいちいち語尾に「にょ」だの「にゅ」だのつけてれば日本語じゃねぇって言われちゃうよ。
そういうのはネット上だけにしないと。
325. Posted by 9288   2006年10月12日 14:37
>*303
ああそれは尤もだね。
「過程」をそう定義するならば不可欠と言いきれるね。
326. Posted by     2006年10月12日 14:38
※323
いや数学だって証明の過程をきちんと説明して論文提出しないと証明したと認められないんだが。
327. Posted by     2006年10月12日 14:38
過程を書くのは数学の基本だが
328. Posted by 318   2006年10月12日 14:39
煽りでもなんでもなく本気で質問です。

マジっすか!?
(よろしければ年齢を)
329. Posted by     2006年10月12日 14:40
ゆとり教育のせいで一番大事な過程の部分がおろそかにされている実情。
330. Posted by       2006年10月12日 14:40
別に解法を全く書かなかった訳ではないとも読めるよな、この記事。どの位解法を書いたのかが気になる所。

どっちの意見が正しいかなんて頭空っぽの自分には判別つかないけれど、この教師の言葉はテスト後に言うべきではないって事だけはわかる。言われなくとも察しろって言うのも論外じゃないか?
プロセスが大事だと考える教師なら、授業中に公式や解法だけでなく何故そういったプロセスが大切なのかを生徒に教えるのが義務だと思うし、それが教師の仕事なんじゃなかろうか。
331. Posted by    2006年10月12日 14:40
まあこうやって空気読むことを覚えるんだろ
332. Posted by     2006年10月12日 14:40
米323
過程は必須じゃない?
どうしてそれが正解なのか、が説明できないと数学は無意味だし。
333. Posted by 318   2006年10月12日 14:40
しまった※328でレス指定が抜けてた。
再度投稿。


※322
煽りでもなんでもなく本気で質問です。

マジっすか!?
(よろしければ年齢を)
334. Posted by     2006年10月12日 14:41
要はこの過程ってのは人様が見て分かるような仕事をしろってことでしょ
>>1の子だって答えだけ書いてあった訳じゃないだろうし、恐らくは式の殴り書きって感じで
本人が理解してるかどうかは二の次やね
パターンを棒暗記して機械のように当てはめても答えられたら正解、暗算でといたら不正解な訳だし
335. Posted by    2006年10月12日 14:41
米319
いや、俺も×にするんならそれでも全然いいと思う。 ただ教師によってまちまちじゃ説得力ないだろと思う。 この子の次の数学教師が「答えだけでも△やるぞ」って奴だったら混乱するだろうし。  暗黙の了解って言うからには教師側もみんな考え同じじゃないといけないだろ。
336. Posted by 。   2006年10月12日 14:42
いくらなんでもベン図は書けるだろ…
337. Posted by    2006年10月12日 14:42
算数と数学を混同してる奴多いな・・・。
338. Posted by     2006年10月12日 14:42
俺が厨房だったころは「途中式をを書け」としょちゅう言われていたな。(10年前
339. Posted by     2006年10月12日 14:43
正直な話、予備校講師でもトップレベルになると、
問題見てるだけで答えまでたどり着けるような人もいる。
駿台の某雲Kは授業前に問題見るだけで予習は終了。
「先生予習してませんね」と同僚が尋ねたら、
「そんなのいりませんよ。数学の女神が降りてきますから」と言ったそうな。
340. Posted by    2006年10月12日 14:44
すまん、この記事や※見てどうも腑に落ちないのだが、
小学校の時に(少なくとも余白があるなら)計算式は
必ず書いて残しておくようにと言われなかったか?

とりあえず、答えだけでもいいだろと思ってる香具師は
今はそれで○もらえていいかもしれんがどっかでつまずく。
まずつまずくから意識した方がいいと思う。
341. Posted by ω   2006年10月12日 14:45
プロセスは重要だが、テスト前にちゃんと「式の課程を書きなさい」と事前通知すべし。んでもって答えだけでも一定の点数はあげようよ(´・ω・)
342. Posted by     2006年10月12日 14:45
>>328
マジっすよ…。
今年中学卒業した超ゆとり世代です
343. Posted by    2006年10月12日 14:46
>>339
その先生、どこのおたすけ事務所に電話かけたんだろうな。
344. Posted by    2006年10月12日 14:46
>>339
詭弁のガイドライン

極論を持ち出す
345. Posted by     2006年10月12日 14:47
東大クラスの国立大学の受験レベルならこんな事は常識なんだが。
テストってのは基本的に自分がどこまで理解しているか、どういう思考プロセスを持っているかを示す為のものであって、
答えが合うって事は二の次とまではいかないが、最重要されるものとは限らない。
この先生は中学教師にしては質が高い教師であるのは確か。
この中学生もそれに中3の時期に気付く事が出来たのだから幸運であると言える。

あえて批判すべき点があるとしたら授業中にそれをしっかり教えるべきだったという事くらいか。
ただ、この文章を見る限りだけでは教師が授業中に教えなかったのか、
教師は言ったのにこの中学生が聞いてなかっただけなのかが分からないから何とも言えないけどな。
346. Posted by     2006年10月12日 14:47
普通解答用紙って答えだけじゃないか?
途中式全部書いてると紙三枚あっても足りなくなるんだが・・・
347. Posted by     2006年10月12日 14:48
中学時代、二次方程式を和算で解いたら認めてもらえなかった・・・・・
答えも解き方も間違っていなかったのに・・・・
348. Posted by    2006年10月12日 14:48
文系の奴らは数学は答えさえ出ればいいと思ってるから困る。
349. Posted by     2006年10月12日 14:48
※340
言われないな
中学受験の際でも「当てはめで解きました」って一文添えれば大概は○くるぞ
350. Posted by    2006年10月12日 14:49
米340
言われた人と言われない人といるだろうね。
少なくとも一人残らず全員が言われた訳は無いので、暗黙の了解は通用しないと思うよ。
351. Posted by     2006年10月12日 14:49
説明がつくつかないは個人差
352. Posted by    2006年10月12日 14:49
※340 341
同意。授業かテスト前に
「式もちゃんとかけよ〜」って言ったのかな。これ。

社会に出るまでは過程「も」大事。
社会に出たら結果が大事。

そーいうこった。
353. Posted by 。   2006年10月12日 14:50
事前通知せよってのもなんだかなぁ
歩道を歩けと事前通知されなかったから車道を歩いて轢かれた
って論理に発展しかねん気がする
この記事ではテストに関する学校や先生の常識とか習慣までは読み取れないだろう
354. Posted by     2006年10月12日 14:50
この教師はアホ。
高校くらいまでの数学にプロセスも糞もない。
普通は暗算だろうが。
355. Posted by     2006年10月12日 14:50
問題文に通知なんてしなくていいよ。
なんでもかんでも事前通知ってヲイヲイ。
適当っていうのが丸分かりの回答なら答えが合ってても点数をあげる必要もない。
356. Posted by 339   2006年10月12日 14:50
米344
いや、オレは別にだから必要ないとか言いたいわけじゃないんだが。
こんな話もあるという話題のネタなんだが。
357. Posted by     2006年10月12日 14:50
これは教師のほうが正しいな
数学で習うべきなのは計算式じゃなくて
論理的な思考能力だ
358. Posted by     2006年10月12日 14:51
数学では、解答があってても手続きが間違ってる
ケースがいくらでもあるから過程が必要なのは
当然なんだが。莫迦が一部いるな。
359. Posted by     2006年10月12日 14:51
過程式と答えで点数わけりゃいいじゃん
360. Posted by     2006年10月12日 14:51
米354
はいはい、暗算できるの自慢するのはいいけど、
テストでプロセス書けないならアンタはただの馬鹿ですよ。
361. Posted by     2006年10月12日 14:52
途中式を書けと言われなかったとか、スペースがあったはずだとか、そんな議論はどーでもいーと思うんだが

この中学生自身が先生の言葉に納得して、以後改めたいって言ってるんだから、それを尊重してやればいーじゃん
362. Posted by     2006年10月12日 14:52
米346
君の通ってる公立の底辺中学校だったらそれで良いと思うよ
363. Posted by     2006年10月12日 14:52
>>359
そんなことすると、過程空白で答えだけ適当に書くゴミがいっぱいでるから困る。
364. Posted by    2006年10月12日 14:53
※342
それ、心底同情する…
ベン図的思考・ロジックって、一般社会でも応用が利くムチャクチャ便利なものなのに…

いっそ、娘はエジソン方式で教育しようかな…
365. Posted by     2006年10月12日 14:53
※361
そうだよね。
366. Posted by    2006年10月12日 14:54




勉強してきた人は肯定論を、
勉強できなかった人は否定論を、
勉強しなかった人は否定論を、

それぞれ展開しておりますな。
私はこのスレの動向自体に非常に興味が湧いたw



367. Posted by 。   2006年10月12日 14:54
「プロセス書け」→「分かりました」…事実
書くだろ普通…主観
書かなくていい…主観
屁理屈だ…主観
368. Posted by     2006年10月12日 14:55
答え合ってれば丸って言ってる奴は文系
369. Posted by     2006年10月12日 14:55
これのどこが痛いニュースなんだ?この教師は
生徒のためになることを教えてる。それに×を
付けた後もすぐにその理由を教えなかったのも
答えに至る過程を大事と思う考えからすれば、
全く理にかなっている。
370. Posted by     2006年10月12日 14:55
いやいや
これは「漢字指定が無かったのに平仮名で書いたらバツにされた」
と同じくらいに重要な問題ではなかろ(ry
371. Posted by     2006年10月12日 14:55
>>368
文系でそうは思わないやつが多数と思うけどな。
俺は理系だからわかんね。
372. Posted by    2006年10月12日 14:56
ベン図って小学校で習わなかったっけ?
373. Posted by    2006年10月12日 14:56
「途中式も書く」のガイドラインも曖昧だよな。
要約して書くと△にされる事もあるし。
教師がどこまで式を重要視してるかなんてすべての生徒が言われなくても把握してるわけじゃないから、学校の試験なんて教師によってかなり点数違うのが現実じゃないか?
もうあきらめるしかないんだろうな。
ただ式書かないで○は貰えないと思う。△くらいならアリかなと思うが。
374. Posted by     2006年10月12日 14:57
というか、わざわざ暗算できるものからやっていき、
過程の考えを身につける特訓になるんじゃねぇの?
最初から誰もとけねぇようなのやってどうするの?
375. Posted by     2006年10月12日 14:57
※366
勉強してる奴がこんなにいる訳無いだろw
376. Posted by     2006年10月12日 14:57
こんなの先生によって違うんだし。
そのくらい空気読んで書かないと減点しそうなら書いとけ。
受験の場合マークシートなら答えだけマークすりゃいいんだし。
筆記の場合は途中の公式も書いておいたほうが確実。
屁理屈捏ねた所で空気読まずにぐだぐだ言っても相手は意固地になるだけ。

途中の解き方が公式外で減点とかも、その先生の力量から察せ。
加点する奴も居れば教えた以外は減点もある。
こっちの問題は教師自体の力量も絡んでくるし今回の問題とは若干ずれる。
377. Posted by     2006年10月12日 14:57
「結果だけを求めていると人は近道をしたがるものだ……
近道した時真実を見失うかもしれない。
大切なのは『真実に向かおうとする意思』だ」
って誰かが言ってた
378. Posted by     2006年10月12日 14:58
管理人は今頃泡食ってるだろうな
「数学で大切なのはプロセスだって?答え合ってるんだからいいじゃんwこれはブログに載せよう!」

「あれ?ν速では否定意見が多かったのに??何が起こっているの?」
379. Posted by     2006年10月12日 14:58
※359
上で採点のバイトの話があったように(※146)
それが普通だ。
つか、最近はそうじゃないのか?
380. Posted by    2006年10月12日 14:58
米368
だから何?
381. Posted by     2006年10月12日 14:58
というか、書いてなかったんかな?
もしくは授業中に明言してたり。
かかないとダメだぞーとか、書けよーよか
382. Posted by 。   2006年10月12日 14:59
管理人はそういう基準では載せないだろ
いや、知らんけど
383. Posted by        2006年10月12日 14:59
>>339
たかが、大学入試レベルの問題で
偉くえらそうなやつだな。
何年もやってりゃ予習なんていらんだろ。
384. Posted by     2006年10月12日 14:59
家庭は大事だと思う。
結果だけ知って、何故そうなるのか、どの道を通ってそうなるのか。
物を扱うときには絶対必要になると思う。

とりあえず、答えだけで「理解しろ」っていうほうが難しそう。
先生が過程を教えてたなら尚更、教えてなかったら…だが。


…てか、解答だけだと×とかテストで言われて他の、俺だけか?
家庭が大事って言うのは大学生になると滅茶苦茶痛感する。
385. Posted by     2006年10月12日 15:00
ところで、ν速住民ってこんなに痛いやつらの集まりなの?
386. Posted by     2006年10月12日 15:00
おれは本当にどっちかと問われれば文系なので、
理知的な考え方というか、論理的な考えっていうのにはあこがれるなぁ。
というか、数学とか苦手で文学に興味もったようなものだしね…
387. Posted by     2006年10月12日 15:01
うちだと答えと計算式は点数別々につけてたな。答えだけでも一応○だった。計算式の点数はつかないけど。
388. Posted by 最新ゲームDLのご案内   2006年10月12日 15:01
最新フリーウェア・シューティングゲーム
題名:「ネラー」
ISPを襲撃し、ネラーの家を突き止め、ひとりずつ残酷に殺していくゲームです。エンジンはあの、「ポスタル」がベースになってます。
特にプロ固定を殺すとポイント4倍、西村博之を殺すと100倍ポイントが出ます。
DL希望の方は、「ネラー 皆殺し 社会のクズ」をキーワードにぐぐってください。簡単に見つかります。
389. Posted by     2006年10月12日 15:01
そういやCMでは日本では○+○=□
の□部分を埋めるが、
欧州のどっかでは、□+□=○
と、□の部分を埋めるっていうのをやってたな。

アレと似てるのかな?
390. Posted by     2006年10月12日 15:01
当たり前すぎ
391. Posted by     2006年10月12日 15:02
俺は図が問題文といっしょに与えられていたりしたら
それは十中八九至極正確な作図がされているので、
長さを求める時は鉛筆や消しゴムで計りとったり、
角度だったら、自分の指をこれだけ曲げたら何度だとか言うのを覚えておいて、計ったりする。

指は30度、45度、60度についてはほぼ正確に把握している。90度はそこらじゅうにあるしな。
392. Posted by    2006年10月12日 15:02
なんかさぁ
社会に出たら結果が大事とかいうバカ多いけど
解き方理解してないと結果でないから。
393. Posted by ..   2006年10月12日 15:03
文系でベン図も知らない漏れですが、過程は大切ですよ?
394. Posted by     2006年10月12日 15:03
米383
そういうことはニート卒業してから言うといいぉ。
395. Posted by     2006年10月12日 15:03
米391
それ見越して図と答えの角度わざと変えてたりしてね?
396. Posted by     2006年10月12日 15:03
米368
世の中全てを文系理系で理解しようという考えには賛同できん
文系的思考と理系的思考には隔たりがあるけど、それぞれに長短がある
少なくとも、この中学生の書いた文章は、俺の書く文章より上だと思うし(オレ一応理系だが)
「答えがあってりゃ○でいーじゃん」みたいな考え方も、ある意味ではあっても面白い
もしかしたら、日本の冷たい弁当を見て、死者への敬意を表しているのかもしれないなんて
ファンタジックなことを思いつく作家になれるかもしれないワケだ
397. Posted by     2006年10月12日 15:04
※391
与えられた図が正確って・・・
随分と優しい先生だったのですね
398. Posted by     2006年10月12日 15:04
米385
付和雷同な人間が多いだけです
得てしてスレの本流にそった意見が多い。ブログ祭りになったらとりあえず突撃するし
もちろん、そうで無い人も多いのは青字のコメントの多さを見てもらえば分かるけど
399. Posted by     2006年10月12日 15:04
※378
議論になりそうな記事を投下して※伸ばそうとしてるんじゃね?
400. Posted by    2006年10月12日 15:04
「結果が大事」というのなら×貰った時点で結果は出てないわけで・・・。テストでの「結果」は○貰う事なんだから空気読んでプロセスも書くのが一番賢い。
なんて冗談は置いておくとしても、減点は仕方ないんじゃない?×は確かに酷いが。
401. Posted by    2006年10月12日 15:05
式書かないと×には賛成。
ただテスト終わってから「これが俺のやり方だ。」ってのは無いと思う。テストで空気読めとか言ってるのもおかしいし。 ここ読んでても△だったとか×だったとか結構いろんな教師がいるから、やっぱり言っておかないと問題あると思う。
402. Posted by このコメントは削除されました   2006年10月12日 15:06
このコメントは削除されました
403. Posted by      2006年10月12日 15:06
やはりFSSか・・・。
ぱっと見で答えが出てしまう自分がちょっと情けない・・・。
404. Posted by マジレスすると   2006年10月12日 15:06
経験的には、以下の順番だと思う

1.過程と答えの両方が正しい
2.過程が正しく答えが間違い
3.過程と答えの両方が間違い
4.過程が間違っていたが答えは正しい

4.が一番マズい。なまじ答えが正しいだけに、誤った方法を身につけてしまい、より大きな失敗を招くことがある。
405. Posted by     2006年10月12日 15:06
なんでこの生徒も「わかりました、次から気をつけます」くらい言えないかね
406. Posted by     2006年10月12日 15:07
いやいや、数学の問題で単に「問題を解け。」とかしか書いてなかったら、計算過程も書くのが普通だろう。
普通とか言う言葉はあまり使いたくないが。
407. Posted by     2006年10月12日 15:08
俺は先生の考え方に賛成だな。
過程が分からなければ、数字を変えた別の問題が出た時に答えられないのと同じだ。
それでは何のための学問なのか?ってことになるじゃん。
学生は物事を学ぶ段階なんだから答えはさほど重要じゃない。
大人は学んだことを生かし、それに対する責任もとる段階だから、
答えも大事なんだと思うよ。
ちなみに俺が出た中学、高校は途中式を殴り書きでもいいから書けといわれていた。
途中式の考え方か、答えだけでもあっていれば三角がもらえたよ。
ただ、途中式が分かりづらいとやっぱりダメだったけど。
408. Posted by     2006年10月12日 15:09
※404
答えが間違ってるなら過程にも問題があるはずだろ
409. Posted by    2006年10月12日 15:09
このコって中3でしょ。高校受験って内申点とかあるんじゃなかった?それに
響いてるとしたら教師も良くないと思うが。その数日後に生徒に実際に解き方を
理解してるか聞いて分かってたら注意に留めて内申には正解とした時の点数に
してるとかならいいと思うけど
410. Posted by    2006年10月12日 15:10
青字と緑字が逆だろ!!
411. Posted by     2006年10月12日 15:10
社会に出たら結果が大事だからこそ、
社会に出たときに正しい結果を導き出せるように、十分プロセスを勉強するのが学校だろ。

>社会でたら結果が全てとか言うくせに。
>大人って汚いな!

そんな社会で通用しない屁理屈言う前に勉強しろバカ
412. Posted by     2006年10月12日 15:11
米405の意味がわからない。
413. Posted by     2006年10月12日 15:11
答えがあってればいいって・・・。世の中にはまだ答えのわからない問題がたくさんあるというのに。
414. Posted by      2006年10月12日 15:12
私の中学の数学教師は答え間違ってても「途中式はあってますよ」っていうコメントつきで1点くれたよ。2点の問題で。
まー結局答えは間違ってたんだけどさ。
415. Posted by     2006年10月12日 15:12
※395
わざと変えてるね。
「角度を求めよ」問題が
こっそり持ち込んだ分度器一発で終わったらしゃれにならんしw
416. Posted by     2006年10月12日 15:13
米395
全国模試でも2,3回図が与えられてたことあったけど
全部そのやり方でやって正解した。
米397
問題集のコピーだったからな。
417. Posted by     2006年10月12日 15:14
全部の問題がでかいスペースで作られてると答案めくったときに今まで覚えていた公式が全部吹っ飛ぶことが稀にある
418. Posted by     2006年10月12日 15:14
工業系学校に居た時教えられたのは

通常学科=結果以上に過程が大事だ
実技=内容よりそれで動くかどうかが大事だ

まぁ時と場合によるって事で
419. Posted by な   2006年10月12日 15:14
問題も見ずにとやかく言えることじゃないだろう

長ったらしい文章問題に答えの数字だけ書いたんなら×に決まってる
実際に全部暗算でできたのだとしても、カンニングだと疑わることを予想できない時点で生徒がバカ

ちゃんと理解していることがわかる解答なのに、自分がやった通りにしていない、省略されている等の理由で×をつけたのなら教師がバカ
420. Posted by     2006年10月12日 15:14
中3にもなってこんな状態じゃ、どうせゴミだろ。
421. Posted by     2006年10月12日 15:15
先生の言い分は正しいが説明不足なんじゃないか?
問題用紙が見れないから何とも言えんが、
「答え」と「解答」の日本語の違いだけで説明してるとするなら問題だと思うぞ。
422. Posted by ハイハイワロスワロス   2006年10月12日 15:16
米362
あなたは地方の私立の大学生ですかそうですか
423. Posted by     2006年10月12日 15:17
つーか、本人が納得してるんだからそれでいいじゃん
424. Posted by    2006年10月12日 15:17
この記事だけじゃなんとも言えない。
実際その解答用紙と問題を見ないと・・・。
何事もケースバイケースだし。
425. Posted by      2006年10月12日 15:19
先生の意見にも一理ある
減点でいいような気もするが

しかし文系理系の争いは醜いな
426. Posted by     2006年10月12日 15:20
俺は減点じゃなくて、×でいいと思うね。
427. Posted by     2006年10月12日 15:21
ところでこれは中学の数学ってことでいいのか?
428. Posted by     2006年10月12日 15:22
※427
>私が中学校生活で受ける定期テストもあと2回となった
429. Posted by     2006年10月12日 15:22
FSSで思い出したがゴティックメードって放送予定いつなのよ?
てっきり秋番だと思ってたのに
430. Posted by ..   2006年10月12日 15:22
うんとねー、私文系だけど小学生の頃から作文苦手だったんだわ。なんでかっつうと、作文らしい偏向をかけないと評価されないんだけど、その偏向がキライだったのね

この記事にも偏向かかってるんじゃね? いや、わかってて米してるならスマンかった
431. Posted by     2006年10月12日 15:25
ベン図といわれても正直思い出せないから困る・・・
432. Posted by     2006年10月12日 15:25
プログラマ的にはプロセスは必要。
力技で答えを求めるより、如何に効率の良い方法で答えを求めるかってのが大事。
433. Posted by    2006年10月12日 15:28
>君の解答は解法の内容が乏しかったんだよ

ってことは解法(=プロセス)も少しはあったんじゃねーの?
434. Posted by     2006年10月12日 15:29
※431
ググれよ
435. Posted by     2006年10月12日 15:30
今回は青字のがまともだな
436. Posted by     2006年10月12日 15:31
1を棒一本で書いたら1に見えないからって不正解にされた事あったな。何様のつもりだ教員。
437. Posted by      2006年10月12日 15:31
「計算せよ。」って答え書けという意味じゃないからな。
438. Posted by     2006年10月12日 15:32
※434
ググってきたよ

あの図の名称だったのか・・・
439. Posted by    2006年10月12日 15:34
確かに式は大事だけど
計算式も書けってチャンと言っておかないとだめだろ
440. Posted by     2006年10月12日 15:35
毎度毎度で申し訳ないが、やっぱり青の意見の方に同意してしまうんだが…
441. Posted by     2006年10月12日 15:35
過程を説明する能力ってのは
文系だから必要とか
理系だから必要とかいうことはないからね
442. Posted by     2006年10月12日 15:35
最近のおガキ様は「自分の考えを相手に伝える」って意識が欠如しているんだろか。
答案を見る相手も人間で、人間が人間に自分の考えを伝達するのが言葉。
「オレのことを分かってくれ」とだけ叫ぶのはただの猿。
443. Posted by     2006年10月12日 15:39
米442まず文章ちゃんとよめよ。

444. Posted by /   2006年10月12日 15:39
色分けの基準って
黒字=1に同意見
青字=1に反対意見
緑=管理人と同意見
だと思うんだが
445. Posted by    2006年10月12日 15:40
青字が正論

むしろこんな先生に教えて貰いたかったな。
高校の時のテストとか参考書の問題そのまま出てたし、それ覚えてれば点取れるってテストだった。
数学じゃなくて単に参考書の答えを記憶するだけのテストだったしな。
446. Posted by 長文スマン 1/2   2006年10月12日 15:40
問題文の内容によると思う
明記されていないから必要なのかどうか判断できない
文章から察するに証明の類ではないと思うけど。
あとスペースの割き方も人それぞれだから空白で判断しろというのもおかしいと思う

思うに例えば
/X+Y=3
\2X-Y=3
/2X+3Y=1
\2X-3Y=0
この2問で両方とも答えだけ書いて上が×、下が○(あるいはその逆)だったなら理不尽な話だけど
両方とも×だったなら先生の言い分は間違っていないと思う
もともと過程のない答えの採点が×、△、○のどれになるかは先生の甘さで
○にする甘い人でも返却時に「途中の式も書いとけ」っていうと思う
447. Posted by 長文スマン 2/2   2006年10月12日 15:41
また、
Y=2X+5、X=3の時のYの値は?
こういうのは答えだけでもいいけどそれは間に挟まるのが計算式だから。
これで×をつける先生もいるだろうけどかなり厳しい人だってことで。

結果的にその学生が一つ学んだんだからそれでいいんじゃね?
こんな文章書く俺がそれこそすごく痛いな(´A`)
448. Posted by \(^o^)/   2006年10月12日 15:41
※442
「自分の考え」そのものが欠如してるんじゃないかね
此処のコメントを見てると改めて思うよ

日本\(^o^)/
449. Posted by     2006年10月12日 15:42
それなりの進学高校だったけど、
数学の教員が本当に全員凄かった。
回答を子供が見ても分かる様に書く人だったし、
そういう回答を書ける方が凄いっていう雰囲気が生徒にも自然と出てた
450. Posted by     2006年10月12日 15:43
数学で大事なのはプロセスじゃなくて答えだ

そう思っている時期が僕にもありました
451. Posted by    2006年10月12日 15:44
米442
それだと教師にも言えることじゃない?米欄では過程も書いて初めて○。書かなければ△or×だった人もいれば答えだけで○だった人もいる。
よくよく思い出してみたら行ってた高校、2年次は二つ合ったんだが一つは答えだけ合っててもだと△もう一つは○だったし…
×にするなら言った方が良いだろ。伝わんないし
452. Posted by     2006年10月12日 15:45
数学は社会で役に立たない
そう思ってる時期が俺に…ねえなw
453. Posted by    2006年10月12日 15:45
答えさえあってりゃいいとは言わんが、わざわざ途中式書くのってメンドイからなぁ。
直感的に答えが分かるような問題なんか、先に答えだけ書いといて、見直しの時に時間が余ってたら式も考えて書き足しておくとかしてたよ。
まあ>>1のような場合、まず試験の前に、教師が「途中式を書かない場合、あてずっぽうかどうかの判断が出来ないので点数は上げられません」と明言しとかないと。
454. Posted by     2006年10月12日 15:45
米444
なるほど
上の方でも色々基準がでてたけど、それが一番しっくりくるな
別に管理人が1のソースを痛いと感じたわけじゃないのか
455. Posted by     2006年10月12日 15:47
世代とか学校とかにも左右されるのが意見が割れる原因なんかね。

実際、教師の言うことで正しいと思うが。
(経過を)書くスペースが足らんかったら裏を使えと言われた記憶があるな。
456. Posted by    2006年10月12日 15:47
※453
ゆとり世代の文型乙
457. Posted by     2006年10月12日 15:48
米446-447
君は単純な事を複雑に説明する能力の天才だな
458. Posted by Posted by     2006年10月12日 15:50
3 計算高い人間になれという事だな。
結果を残したければ・・なんてな。
459. Posted by     2006年10月12日 15:51
※454
このニュースはお馬鹿なニュースにあるからそもそも痛いの基準もちょっと違う
最近の人はこのサイトの名前だけで痛いニュースだと決め付けるから困る
460. Posted by     2006年10月12日 15:52
>>451
むしろそういう認識の食い違いを社会勉強の一環として捉えたら気分はマシになる。
失敗したところで補習程度、大学であっても単位が取れないだけだろう?
そもそもそんな事を後から愚痴るなら、その教師に「過程書けばよいのかわるいのか」の事前確認をとっておく、なんて対策すら思いつかなかったのか?
文句を垂れる前に自分の行動を考えなさい。
461. Posted by     2006年10月12日 15:53
数学に限らず、プロセスが大事なのは言うまでもないことだな。

任意の角度の三角関数の求め方について一切(今思えば雑学程度にでも)触れずに三角比だけ暗記させようとするのにブチ切れてその後の高校数学の全てをぶん投げてしまった俺は超負け組。
462. Posted by      2006年10月12日 15:54
>>633が真実を語ってる。
463. Posted by     2006年10月12日 15:57
小学校の算数の時間に途中の式を書かないと×だと何度も言われた記憶があるんだけど、そんな人いる?

過程は必須かな。
過程を追う(記述する)ことで問題を解決する能力が身につく。
天才なら必要ないけどね。
464. Posted by 名無し   2006年10月12日 15:58
↑普通そうだよな
465. Posted by     2006年10月12日 15:58
完全筆記の場合は途中式は必要だな。
だが答えまで×にするのはどうかと思うが。
466. Posted by    2006年10月12日 15:59
大学入学の筆記でも答えだけ書いたら×だろ……
常識的に考えて……
467. Posted by     2006年10月12日 16:01
文系でも理系でもないんだけど
過程書かないと×になるのって常識じゃなかったの?
答えが間違ってるってことは過程が間違ってるって事じゃん。ひょっとして
小学校の三角形の求め方の式とかすら知らない連中なのか?

最近の教育ってこんな黒文字みたいなのばっかなの?
468. Posted by     2006年10月12日 16:02
中学くらいの数学なら途中式全部は書かなくていいんじゃないか?
問題用紙に途中式全部書いて計算して必要そうなのを回答についでに書くって感じで

てかこの問題と解答用紙がうpされないことにはなんともいえないとおもう
469. Posted by 普通君   2006年10月12日 16:03
数学で大切なのはプロセス。まあ、答えがあってりゃそれで良いって指導するよりは、ごく一般的だよな
470. Posted by    2006年10月12日 16:04
バルキスの定理を使えば大丈夫だろ。
常識的に考えて。
471. Posted by    2006年10月12日 16:05
中学で教師の心象悪くすると内心に響かせてくる。
卑怯だとは思うがどうしようもない現実
472. Posted by     2006年10月12日 16:05
これは痛いニュース?
473. Posted by    2006年10月12日 16:05
米460
つかさ分かってないの?中学生だよ?本格的なテストなんでまだ指折り程度しかやってないのに「途中式は書いた方が良いか?」なんて疑問に思える奴だったら普通書くだろ
474. Posted by     2006年10月12日 16:06
べん図ってなに?アルゴリズムかなにかの一つ?
フローチャートっていうか。おれしらねー
475. Posted by     2006年10月12日 16:07
数学だから過程は大事だけど△くらいはやろうぜ
476. Posted by     2006年10月12日 16:08
あまりにも「答えあってりゃいいじゃん」といった文系脳が多くて愕然とした。

中学数学に過程の説明なんかいらんだろと言うが、極々簡単な問題のうちから練習しないでどうするんだろう。

数学は計算して数字を出すものではなく、自分の考えを根拠を持って相手に説明する練習だと思うんだけどなあ。
477. Posted by     2006年10月12日 16:11
プロセスうんぬんてさ、答えが全てでしょ?
478. Posted by     2006年10月12日 16:11
×か△かは、もう採点した先生の基準になるから人それぞれだな。

中学3年生が過程の大切さを理解できましたって内容で、これは良いニュース?
479. Posted by      2006年10月12日 16:11
物理的な限界値から逆算して長さを計算したら、本来の解き方と違うから不正解にされた事がある。
480. Posted by     2006年10月12日 16:12
これさ〜・・・大学入試を受けたかどうかコメント見ればわかるよなwww
481. Posted by     2006年10月12日 16:13
 しかし、この中学生は大人社会にすれた人のエッセイみたいな文章を書くな。

 「父の胃癌の検査結果が・・・」

って書いていっても、それなりに読めるぞ。
482. Posted by    2006年10月12日 16:13
同じレスがあったらスマン。
出題時に「解法と答えを記せよ」と書いていなければ教師に抗議すべき。

出題に対し厳密な回答を出さねばならないが、逆に言うと設問以上の記述を行う必要も無いのが試験(社会に出て受ける資格試験等も同じ)

成績に関わる試験なら親を絡めて抗議してもいいくらい。

その教師は「ルール」というものが理解出来ていないDQN。

大学時代にこんな理由で単位落ちてたら教授のトコに猛抗議に行ったろうな。
483. Posted by    2006年10月12日 16:13
高校の数学では省いていいところでも中学では省いちゃいけなかったりするしな
たとえば、一次方程式でもかならず左辺をXのみにしなきゃならんかった気がする
まあ、点がほしけりゃ先生の顔色見ろってことだ
いい社会勉強だな
484. Posted by     2006年10月12日 16:13
小学の頃はテストは
式で5点
答えで5点
だったわ。

プロセスを書けと明記していないのに
プロセスが無いから×にするのは間違ってる。
485. Posted by    2006年10月12日 16:13
米476
残念ですが、あなたはエセ理系脳です。
486. Posted by     2006年10月12日 16:14
CO2をC02と間違えられて重要なテストで×にされたことならある
487. Posted by おk   2006年10月12日 16:15
だから〜この中学の教師は高校・大学に進学するにつれて
今のうちから途中式を書く癖をつけさせたかったんだって

でもテスト前に「途中式も書け」って言わなかったのなら、いきなり×は厳しかったかもって話

そして米369
488. Posted by     2006年10月12日 16:15
解答用紙がない事にはなんともいえん。
それによって過程の重要さの度合いわかるだろう。

なんとなく中学の頃、1次関数のxを答える問題で「x=」を書き忘れて
0点貰った事を思い出した
489. Posted by     2006年10月12日 16:17
※485
あなたの言う通り476はエセです。
490. Posted by     2006年10月12日 16:17
※487
このニュースの入ってるカタログが痛いニュースかどうかをみた方が幸せになれるよ
491. Posted by    2006年10月12日 16:17
米486
お前教師に嫌われてたんだろw
492. Posted by     2006年10月12日 16:19
※480
確かに。過程を書かないとまず二次試験のある大学入試は受からないし。

※482
そんな理由で単位落として、尚且つ抗議なんてしたら、その学生は痛いニュースにめでたく載れるね。
493. Posted by      2006年10月12日 16:20
数学とは、計算の過程を「第三者にもわかるように」書けるかどうかを問われる学問。
過程が正しく行なわれていれば、答えを間違うはずが無いわけだ。
494. Posted by     2006年10月12日 16:21
米491
(´・ω・` )やっぱそうかな・・・
495. Posted by     2006年10月12日 16:22
解答だけを見るテストなら「答えあってりゃいいじゃん」でまったく問題なし。プロセスを見るのならばそのように出題するのがフェアというもの。
後付けで「プロセスが必要」と言うのなら、プロセスの説明を聞いてから以下のように判断すべき。

プロセス自体が誤っていて、別の数値での出題ならば、誤った解答が出る。
→×
教師が教えたプロセスではないが、別の数値での出題でも正しい解答が出る。
→○(+適切なプロセスを説明)

生徒に考えさせない教育は糞以下だぜ。
方程式を叩き込むだけなら、教師なんかイラネ。
496. Posted by     2006年10月12日 16:22
テスト問題のところに、「解法も書け」って書いてなかったら答えだけでOK。それでダメって言われたら抗議すればよい。
解法がわからないだけじゃなくて、時間の都合上省略することだってある。採点基準を明確にしない方が悪い。
497. Posted by    2006年10月12日 16:23
これに怒ってる奴はちょっとおかしい。
大学受験とか受けた事ないんじゃないか?
498. Posted by     2006年10月12日 16:23
ねえねえここってさ、
ニュースよりコメントのほうがはるかに痛(ry
499. Posted by     2006年10月12日 16:24
このテストの問題と回答用紙が出てこない限り議論の答えも出てこない罠
500. Posted by     2006年10月12日 16:25
※482
ゆとり世代文型Fランク大学卒だろお前w
京大や東大の試験見てからレスしろ
501. Posted by     2006年10月12日 16:26
サッカーみたいなもんだ。
1発勝負なら結果が全て。今後につなげるためには内容(過程)が大事。
ってとこかな・・・?
502. Posted by     2006年10月12日 16:27
青字が正しいってことだよね
高校生やってるからあまりに当たり前のことすぎて逆にあせった。中学でも式書くスペースあるなら書く必要あった気がする
503. Posted by    2006年10月12日 16:27
途中式を書かせる問題って事は解答欄も大きくスペースを取ってるだろ…常識的に考えて…

米482みたいなのは広大な解答スペースのど真ん中にでっかく「X=1」とか書いてそう

そして後日母親同伴で学校に怒鳴りこみにきそう
504. Posted by おk   2006年10月12日 16:27
あぁ…
これは馬鹿なこと言ってるなって事で
生徒m9(^Д^)で青字がいいのか、いや、待て
やっぱ教師と青字m9で…
それともニュース自体が論争するに至らない?

混乱してきた
米490
何でお馬鹿なニュースなん?
505. Posted by       2006年10月12日 16:28
中学で言う事じゃない気はするが、いわれた生徒が拗ねずにこれだけ立派な考えに至ったのなら教師の行いも間違いじゃなかったな
大学受験、たとえ文系であれど必要なことだし。今回は青字に賛成
まぁ、部分点あげればいい気もするが
506. Posted by     2006年10月12日 16:28
米492や米496は
さっき大学の授業が終わったゆとり世代
しかも文型
507. Posted by     2006年10月12日 16:29
小学校低学年くらいのとき、理科のテストで、1日の太陽の動きの理由について質問があったから
「地球が太陽のまわりをまわっているから」
と書いて×をもらったことを思い出した。

正解は「太陽が地球のまわりを回っているから」だった。
文句を言ったら「ほんとはそうなんだけど、教科書には正解のとおり書いてあるでしょ」と教師に諭されて、大人の理屈の理不尽さを噛み締めたあの日。

ま、大人にとっちゃ嫌な子供だったろうなwwwwwwww
508. Posted by す   2006年10月12日 16:30
うちの高校の入試のときは、式、経過つきで出すのが普通
まぁ、答えだけあってんなら、10点中3点ぐらいはもらえるよ。
プロセスのほうが大事なのは同意。でも0点てのはないない

大学いけば、プロセスのほうが大事なのがよくわかる。
でも、社会にいけばやったかやらないかで決まる。これにっぽん。
509. Posted by    2006年10月12日 16:30
米498みたいに斜めに構えてる方がカッコいいとか思ってるやついるよな
510. Posted by     2006年10月12日 16:31
この教師の教育方針



        空 気 読 め



511. Posted by     2006年10月12日 16:31
米444
だからそれは100パーセント違う。
平山の記事タバコの記事探せ。
512. Posted by     2006年10月12日 16:32
※506
その答えを導き出した根拠は?
513. Posted by      2006年10月12日 16:32
管理人が痛いということで米欄はFAか。
514. Posted by     2006年10月12日 16:33
文系馬鹿にしてる奴らは恥ずかしくないのかな
痛いね
515. Posted by     2006年10月12日 16:34
文系丸出しの俺から言わせてもらえば青字の方が正論
516. Posted by しわよせん   2006年10月12日 16:35
>>※507
「地球が太陽のまわりをまわっているから」は1年の太陽の動きに関係があるのであって、
1日の太陽の動きは「地球が回っているから」が正解だと思(r
517. Posted by     2006年10月12日 16:35
少なくとも大学受験の数学問題では過程は必須だぞ。

マークシート式であるセンター試験ですら、
数学だけは解答だけを答えればいい形式ではなくて、
(解答を含めた)過程の穴埋め問題になっているわけだし。
518. Posted by     2006年10月12日 16:35
米504
痛いニュースのカテゴリーがある
お馬鹿なニュースのカテゴリーもある
その他色々なカテゴリーもある

痛くないニュースでも気になるのがいっぱいあるからだろきっと
519. Posted by 506   2006年10月12日 16:35
米512
この米欄はそれを書くには狭すぎる
520. Posted by    2006年10月12日 16:36
東大京大の試験見たことはないが、国公立大学の入試の場合「解答に至るまでの過程、論証など省かずに明記せよ」と一言書かれてる場合が多いと思う
521. Posted by 長くてゴメン   2006年10月12日 16:38
「答えさえ正しければ良い」というのも一理ある。
実際のマクロの世界では寧ろ答えが正しくなければ意味が無い。
例えば建造物を安全な条件で建てようとする時は、答えが正しくないと人が死ぬ事もある。

但し、正しい過程を導ける人は当然正しい答えも求められる。
実際、正しい答えを出す人は、正しい過程を導く訓練を積んだ人ばかり。
そして件の事案は学校の試験。
まだ正しい答えよりも正しい過程を導く事の方が重要な段階。

結論:答えは正しくなければ意味がない。先生の判断は支持する。
522. Posted by     2006年10月12日 16:38
トリビア。
文章書いた子のイニシャルはS・M。
523. Posted by    2006年10月12日 16:41
「答えさえ合ってりゃ良い」と「過程なんか書かなくていい」と「過程も書けと明記しない教師が悪い」とでは、言ってる内容がそれぞれ違うからな。
なんか、ごっちゃにしてる奴いないか?
524. Posted by    2006年10月12日 16:43
一回計算間違えると答えは違うが、
二回計算間違うと偶然答えが合うことあるしな。
525. Posted by     2006年10月12日 16:43
文系さけど、青字に同意だな
導出を思考する学問が数学じゃないのか

「答えを当てるゲーム」じゃないんだから
プロセスまで(相手にわかるように)示して初めて「数学の試験の解答」として成立するんだと思うが
526. Posted by     2006年10月12日 16:43
今度こそ青字の意味がわからん。
527. Posted by    2006年10月12日 16:43
1/5程度の部分点はあげるべき
528. Posted by     2006年10月12日 16:44
セックル→過程
妊娠→結果


以上の点を鑑みても過程が重要なのはあきらか
529. Posted by     2006年10月12日 16:44
>>492
※506の
>さっき大学の授業が終わったゆとり世代
>しかも文型

ゆとり世代でもないし文系でもございません。
530. Posted by      2006年10月12日 16:45
※516
…だよな?太陽の一日の動きは自転だよな?間違ってると思ってうっかり調べそうになったよ…
531. Posted by     2006年10月12日 16:45
「解を求めよ」って書いてあったら、過程も書かなければアウト。
532. Posted by ※530   2006年10月12日 16:46
間違ってると→間違えて覚えてたと

スマソ
533. Posted by     2006年10月12日 16:46
数学の試験とか途中経過も書くことって書いてないか?
答えが間違ってても途中経過があってれば三角もらえたりしたな
534. Posted by    2006年10月12日 16:46
むやみに他人を批難中傷する人間は脳が足らないんだろ
535. Posted by     2006年10月12日 16:47
過程も十分大事だよ
考え方を書くだけで答えが合って無くても○もらえるんだからな

>>394
の言ってることは正しい。
536. Posted by     2006年10月12日 16:49
答えもプロセスも重要。よって両方あってないと0点。これ最強。
537. Posted by     2006年10月12日 16:50
数学は概念の学問だろ?
しっかりした理由があるからこそ回答にいたることができる。
過程だけ、答えだけじゃ意味がない。
両方そろってなくちゃな。
538. Posted by     2006年10月12日 16:52
>テストの本質は時間内にいかにして
>自分をアピールできる解答を書くことができるかということなのではないか

痛い部分ってここだな。
全くわかっていない。
539. Posted by     2006年10月12日 16:52
※535
過程>>>>>答え
540. Posted by wwwwwww   2006年10月12日 16:52
>>181
どこのエジソンだよwwwwww

1+1=2になる証明問題って東大あたりが出しそうだなw
541. Posted by    2006年10月12日 16:52
おまえら勘違いひどいよ。
少なくとも中学レベルでは解法も答えも両方大事。
優劣なんかつけれるはずあるか。
542. Posted by     2006年10月12日 16:52
※540
ねえよwwww
543. Posted by     2006年10月12日 16:53
はっきりと教えてくれてなかろうと中学生だろうと小学生だろうと、不文律を見出せない時点で×でいいと思うが
×だった理由まで懇切丁寧に教えてくれて優しい先生じゃないか
544. Posted by     2006年10月12日 16:55
※542
そうでもないぜ、
円周率が3.05より大きいことを証明する問題を東大が出す位だからな。
なかなか侮れない。
545. Posted by byby   2006年10月12日 16:55
あー、プロセスねーー
高校初の数学のテスト196点で途中計算書いてないからって満点逃したね〜〜〜(もちろん答えあってた)
546. Posted by     2006年10月12日 16:55
過程まで含めて解答。
脳内で済むのは、その過程で解こうと思うところまで。
547. Posted by             2006年10月12日 16:57
解法がわからなければ、

応用が利かない脳になる。

そんなの分かり切ったことじゃないか。
548. Posted by    2006年10月12日 16:57
釣りだと思うがあえてマジレス
その問題を解くこと自体が重要なのではなくその問題に関連した問題、似たような問題を解くことができるかどうかが重要なのだから、過程>解答は妥当
549. Posted by     2006年10月12日 16:57
脳内で済ませている奴は必ず挫折しますww
550. Posted by     2006年10月12日 16:58
※538
過程(思考のプロセス)も、相手にわかるように示さないと意味がないからな
「自分の思考の過程を相手に如何に伝えられるか」みたいな意味だったらむしろ先生の言ったことをよく理解したんだと思うが
「いかに先生のご機嫌がとれた回答がかけるか」って理解したんだったら、一生捻くれたものの見方、考え方しかできない奴だろうな
551. Posted by     2006年10月12日 16:58
パッと頭にわけの分からんルートで答えを思いついちまうような天才君はどうする?
552. Posted by あ   2006年10月12日 16:58
東大だったらこれでOKなんだけどね。
プロセスなんて見ない。
553. Posted by    2006年10月12日 16:58
米543
ねーよw
不文律見出せない時点で×っていった何の能力を測るテストだよ。
大人にとっては当たり前でも、子供はそれを分からないから教師が教えてやらにゃならんのだろ。
試験前に「過程もきちんと書け」と言って、試験用紙にも明記しておけばすむ話(それでも書かなかった奴は文句言えん)なのに、
それを怠っておいて×にするんじゃ話にならん。成績に関わってくるかもしれんことなのに。
554. Posted by    2006年10月12日 16:59
青字に同意。
555. Posted by てとら   2006年10月12日 16:59
これは青字を支持するし痛いにゅーすでもない。
556. Posted by     2006年10月12日 17:00
過程も大事かなるほど
なら問題に書いとけ
557. Posted by     2006年10月12日 17:00
回答じゃなくて問題に過程を書いて計算してあって過程を書けと問題に書いてなかったらどうするんだ?

もう答えはこれ以上でない
558. Posted by     2006年10月12日 17:00
※544
それと1+1の証明はレベルが違うと思うけどな
559. Posted by     2006年10月12日 17:00
米551
その過程を書けば委員ジャマイカ
560. Posted by にゃ   2006年10月12日 17:01
1 単純な話をするなら、『〜を解け。ただし、途中式も書くこと』と書いておくべきだな。

ただ、過程か結果かという話ならば難しいところだが…。
不完全な過程に、完全な結果と完全な過程に、不完全な結果。
うむ、難しい。
561. Posted by a   2006年10月12日 17:01
これだけは青文字に同意なんだ
562. Posted by    2006年10月12日 17:01
俺、中高一貫だったんだけど公立の中学って答えだけでいいって勘違いするような
解答用紙なのか?ウチの数学はどの問題も余白ありまくりだから言われるまでもなく
過程書かなきゃいけないんだろうな、って感じだったけど。模試もそんなんばっかだった希ガス
563. Posted by     2006年10月12日 17:01
社会に出たらとか言ってるやつは何なんだ?
「数学で大切なのは」って言ってるじゃん!
564. Posted by     2006年10月12日 17:01
※557
日本語でおk
565. Posted by     2006年10月12日 17:01
数学の教師なら「プロセスをしっかり書け」って口が酸っぱくなる程言ってるはず。答えが合ってりゃ正解ってのは、もう数学じゃない。それはクイズだ。教科書や授業で教えた方法が違うからといって×にする教師もいることはいる。俺の先生はそんなことにはこだわらない。ただ「時間かかったろ?めんどくさくない?」って言っただけ。
566. Posted by     2006年10月12日 17:02
大学では実験のレポートに計算値だけ書いても戻ってくるぞ。計算式も重要なんだよ。
567. Posted by a   2006年10月12日 17:03
プロセスは大事とか言っている奴は
そのプロセスによる結果でしか見ない
568. Posted by     2006年10月12日 17:03
※551
テストの評価じゃ×だろうけど
人の思いつかないルートを思いつくのはすごい
説明できないのはちょっと問題
そんだけ

※553
まぁ(底辺の)文系以下ならそれでいいと思うけど
少なくとも理系に進学してくなら勉強してく上で一切合財説明してもらわないとできないってんではやってけないと思う
569. Posted by 444   2006年10月12日 17:03
※511
別の記事の事だされても…
記事によって基準変わってると思うが
570. Posted by    2006年10月12日 17:03
米562
普通はお前と同じ
黒字の奴らはよほど低学歴かまたはあまりに昔のことなので学校の試験がどうだったか忘れてしまってるだけ
571. Posted by     2006年10月12日 17:03
※562
図形の証明とか、上位層向けの問題ぐらいだったな。
うちのとこは
572. Posted by    2006年10月12日 17:04
米562
その設問による。
解答欄の大きさも、問題の程度も、「答えだけでいいんじゃね?」と思えるような時もある。
ていうかあった。
573. Posted by     2006年10月12日 17:05
※567
プロセスのない答えは「結果」じゃないってだけだ
テレビのクイズ番組じゃないんだから
574. Posted by     2006年10月12日 17:05
普通は計算する場合問題用紙で計算するだろ?
もしそれで計算していた場合問題に途中式かけと書いていなかったらってことだよ

要するに解答用紙と問題用紙が出てこない以上この話し合いに答えなんてない
575. Posted by    2006年10月12日 17:07
まともな教育受けてない輩が多いなw
576. Posted by     2006年10月12日 17:07
「絶対にテストに出す」といわれてた教科書の応用問題が影も形もないのですが。これが先生のやり方ですか。etc

みたいな事をわかんない問題の空欄に書いたら三角ついて帰ってきた。
577. Posted by    2006年10月12日 17:08
米568
そういうところに気が回らんのは、文系よりむしろ理系の方だと思うがな。
つーか、お前さん自身、ちゃんと教師の説明があったからこそ過程書くようになったんじゃねーの?
言われる前からちゃんと分かってたのか?
578. Posted by    2006年10月12日 17:08
今回は青字派。
私の娘の答案を見るかぎり、
最近は「途中式点」なる物さえ出ているくらい
だからな。
579. Posted by     2006年10月12日 17:08
どうでもいいがamazonの小説はオヌヌメ。
数学がからっきしでも全然いけるぜ・・・
580. Posted by     2006年10月12日 17:09
>>1
問題と回答もないのにスレたてですかといいたいが流石にこれは無理が有るなw
581. Posted by     2006年10月12日 17:10
これは青文字の言ってることにも一理あるだろ…
管理人はいい加減に青文字の定義を明言しろよ
582. Posted by 七誌   2006年10月12日 17:10
これは青字に同意なんだが
つーかあたりまえだろ
ただ問題にもよるよな
583. Posted by     2006年10月12日 17:11
むしろこの学生が中学3年になるまで過程の重要性をまったく理解できていなかったことに驚愕。
小学生の頃や、中1、2のころのテストでは過程が必要とされない問題しか出題されなかったのだとしたら、いくらなんでも今の義務教育はヤバすぎる。
584. Posted by     2006年10月12日 17:11
これほど同意できない黒も珍しい
585. Posted by     2006年10月12日 17:12
※574
※565も言ってるが、数学教師なら普段から途中式も書け、書かないと×だとかって言ってて、その前提ありきでテストすると思うけど…
586. Posted by    2006年10月12日 17:13
バルキルスの定理を解いているさいちゅうにボクの邪気眼を狙ってる奴らが襲ってきたので解答しか書けませんでした!
587. Posted by 結果が全て   2006年10月12日 17:14
でも………今の世の中は結果が全てだ。

途中でいくら頑張ったって結果が悪けりゃ意味が無い。

俺なんか、かなり頑張って目的の学校に合格したのに、家に金が無いから入学できなかった。

最終的には「進学できなかった」という結果だけが残った…………
やはり結果が全てだ。

長文失礼
588. Posted by     2006年10月12日 17:14
数学的にはこの先生は正しいよ
過程と結果を両方出せなければ論理的とは言えない

ま・・・文系の俺には関係ないけどな
しかし国語であっても結論だけを述べて
過程の論理を吹き飛ばしたらペケだぜ
589. Posted by    2006年10月12日 17:15
米585
この記事読んだ限りでは言ってなかったっぽいが。
590. Posted by    2006年10月12日 17:16
でもFSSは好きです!!
591. Posted by     2006年10月12日 17:16
むしろ気になったのは,画像の漫画。
このニュースの画像になってる漫画の元ネタって何??
592. Posted by    2006年10月12日 17:16
うちのセンセは途中式書けば答え間違ってても点くれる。さらに、「見直しをした」と書くだけでさらにプラス点。。。
593. Posted by     2006年10月12日 17:16
答えが間違えてても、過程がそこそこ正しければ途中点くれるんだぜ。
いいことだと思うけどな。
プロセスを明確にする、ということそのものが大事だったりするし。
594. Posted by     2006年10月12日 17:17
※577
文系だし、言われないとわかんなかっただろうと思うよ
そんなんだったから理系落ちたと思う
理系は「いちいち言わなくても理解しろ」って前提がある感じ

文系っていうか社会科学系は学説の説明とか懇切丁寧にしてくれるしね
流す教授もたくさんいるけど
文学とかそのへんはどうだか知らん
595. Posted by     2006年10月12日 17:18
なんでこんなに伸びてるんだw
こんなの管理人がFSSの画像貼りたくて取り上げただけじゃねえのかw
596. Posted by     2006年10月12日 17:18
米585
この教師に会ったことも授業受けたこともないからなんとも言えない・・・

まぁ回答の用紙のスペースのとり方を見れれば大体はすぐわかるんだけどな
余談だが二次関数の足し算で一行で終わるのに何故か凄いでかいスペース取られてたときは困惑した・・・
597. Posted by    2006年10月12日 17:19
数学は哲学だ
598. Posted by     2006年10月12日 17:19
本文>>270が核心を突いてると思う
599. Posted by     2006年10月12日 17:20
※594
でも文系だからこそ、答えだけではダメだって感じになると思うんだよなぁ本来なら。
「どう思いますか?」に対して理由つけなかったらバツだろ。
それと同じことだもん。
600. Posted by     2006年10月12日 17:21
過程・課程・家庭。この言葉はみんな大事っ!!

と仮定する
601. Posted by    2006年10月12日 17:21
プロセスがあってれば部分点くれたんだろうな?とか言ってる奴、
プロセスが間違ってるから答えが間違ったって事すら想像できないんだろうか…
602. Posted by    2006年10月12日 17:21
単純に途中式がないとカンニングと思われるからじゃね?
“暗算しました”なんて通用しないだろ常識的に考えて…
603. Posted by     2006年10月12日 17:22
問題も解答も明らかになっていないが、これはどう考えても答えをきちんと書いてないってことじゃん。
国語でも安楽死についての文章を読んで自分なりの考えを説明せずにただ「茂吉は人を殺しても罪じゃない」って書いて丸を貰うことは無いだろ。
数学ではその理由の部分が数式なんだよ。
604. Posted by 603   2006年10月12日 17:24
あ、※599とかぶった。
俺だせぇ…
605. Posted by    2006年10月12日 17:27
いや、茂吉はかぶってないぞ。喜助と言って欲しかったが
606. Posted by    2006年10月12日 17:28
米594
お前の理系観がおかしいよ。
理系だって一部の天才を除けば、数学に関してさえ、ほとんどは自分の頭だけで解くことは出来ない。
先人たちが解き明かしてきた道筋を後追いすることで、やっと理解できるだけだ。
ましてや、「試験の時は、採点する教師が生徒の理解力を測れるように、途中式もちゃんと書きましょうね」なんて一般常識が、言われもしないのに分かるわけがない。
607. Posted by 603   2006年10月12日 17:28
あれー!?更に勘違いが露呈したー!?
608. Posted by     2006年10月12日 17:30
最終的にいえることは問題と回答がなければわけワカンネってことだろ
609. Posted by     2006年10月12日 17:32
ま、中3 も中盤にさしかかって重要性にやっと気づいたってんなら痛いな w。
610. Posted by     2006年10月12日 17:32
これは教師の出題ミス。
それを棚に上げて×つけるってのは恥ずかしい。
611. Posted by     2006年10月12日 17:35
これは青字が正しい。
612. Posted by     2006年10月12日 17:37
青文字がこの意見か。
管理人は高卒のようだ
613. Posted by    2006年10月12日 17:39
×にするのはおかしいよ△ならともかく
×にするなら始めから問題に途中式を書くように書いとけよ
614. Posted by     2006年10月12日 17:39
>管理人は高卒のようだ
むしろ、俺は青字な様な事を高校の時に嫌というほど教わったぞ。
理数系の学科のせいもあったが。
615. Posted by    2006年10月12日 17:40
ここは文系の多いインターネッツですね
616. Posted by あ   2006年10月12日 17:40
はっきりいって
厨房なら途中式書けぐらい書け教師
問題変えてないクイズ。なら自分は自分を否定しろ
別にプロセスがない=クイズではねーよ
結果が全てなんだよ。
カンニングしたかもしれないなんて言ってもそれを見つけられなかった教師の責任。
617. Posted by     2006年10月12日 17:40
てか普通に考えて式と答えで点わけんか?
式2点答え3点計5点とかで、
618. Posted by     2006年10月12日 17:41
どうみても
青文字=記事に対して肯定的な書き込み だろ
青文字=管理人が支持する意見 ではない
619. Posted by     2006年10月12日 17:42
※599
まぁ論理的思考をするものには根拠、導出、結論が必要なのは共通だと思うけど

※606
「言われないとわからないなら理系はあきらめろ」とか「理系なら理系の思考が読める、できないなら文系」って教師や親父や友人の一部に言われてたんだけど(親父には今でも言われる)
俺の周りの人間って一体…
620. Posted by     2006年10月12日 17:42
先生の教え方が下手か、生徒が授業を聞いていなかったかによるな。
この場合は生徒側の話しか出てないから何とも言えない。
621. Posted by     2006年10月12日 17:43
まぁ中学で気づいてよかったんじゃね?

大人になってもプロセスと答えが繋がらない駄文を売る
アカ日新聞の記者らに読ませたいくらいの記事なんだが
622. Posted by     2006年10月12日 17:43
>>557
日本語が不自由なようだから解説してやろう。

「問題用紙に計算過程や思考過程は書いてあるが、
 解答用紙には書かずに答えだけ書いた。
 そして問題文には過程を解答用紙に書くように、と
 記載されていなかった場合はどうなの?」

ってことだな。
これまでに解答に過程を書くように指導されて
いたなら×や△食らっても仕方が無いな。
指導もなくいきなりなら、文句をつけても良いだろうし、
問題用紙を見せて証明すればよい。
(採点は変わらんかもしれんが)
623. Posted by 3   2006年10月12日 17:43
>>485キモ過ぎなんだけどwwww
624. Posted by     2006年10月12日 17:44
× 支持
○ 否定
625. Posted by     2006年10月12日 17:44
記事の漫画なんていう漫画?
626. Posted by a   2006年10月12日 17:46
ていうかこれ普通だろ。
×じゃなく△で1点くらいならあげてもいい。
逆に、最終的な答えが違っても、途中のプロセスが合ってれば△。
受験の時とかはそんな風に採点されてきただろ?センターならともかく
627. Posted by     2006年10月12日 17:46
つまりニュースが痛いんじゃなくてニュースの書き手が痛いってこった
628. Posted by     2006年10月12日 17:47
米622
米574で「米564」が抜けてたんだすまない
629. Posted by バルキス   2006年10月12日 17:47
今回は青文字に賛成なんだぜ
630. Posted by     2006年10月12日 17:48
こればかりは青字が正しいだろ、常識的に考えて・・・
答えが合ってればいいなんて論理性の欠片もない
631. Posted by 勝ち組   2006年10月12日 17:48
皆の集・・問題は先生ではない。


先生はきっと気が付いていたんだよ・・
この生徒が「カンニング」で問題を解いていたことを・・・



遠まわしに先生が厳しさを教えているのさ
632. Posted by     2006年10月12日 17:49
問題見ないとわからないけど中学レベルなら暗算できちゃって数式すら書くのめんどくさいようなのもあるだろうからなんとも言えない。
633. Posted by     2006年10月12日 17:50
高校受験で答えだけ書くのはアウアウってことじゃね?
634. Posted by     2006年10月12日 17:51
中学レベルってことは数1や数2あたりか?
635. Posted by     2006年10月12日 17:52

答えがあっていれば結果は大事でない、という考えは、少し裏返ると、
○島はウリのものだから、証拠を出す必要はない、という
考えにシフトすることがあるから、推奨しない。
636. Posted by     2006年10月12日 17:53
>>633
大学受験のとき数学の先生は難しい問題は
出来る所まで書けば多少点数はもらえるから
最初から投げ出すなと言っていたのを思い出した
637. Posted by ・   2006年10月12日 17:54
理系離れが進んでるそうだが、それはそういう「過程を書くのが暗黙の了解、常識」「答えが合ってればいいとか言ってるのは馬鹿」とかいう排他的な雰囲気が原因じゃないのかな。
私からすれば理系の奴って他人を見下すイメージが強いしね。
638. Posted by ・   2006年10月12日 17:54
理系からすりゃ当たり前の事も、そうじゃない奴は全く知らないわけだ。
で、そうじゃない奴の中に、「答えが合ってればいいじゃん」という奴が居るのは当たり前。
世の中いろんな奴が居るんだし。
私みたいな文系でも理系でもない芸術系の思考の奴は特にそう。
芸術は、モノにもよるが、作品の善し悪し、つまり答えの善し悪しが全て。過程なんか誰も見せない。
そういう数学の世界とは正反対の世界に生きている奴もいる。
数学がそうだから世の中の全てがそうという事は絶対にない。

で、そういう奴がちょっと理系の世界に足を踏み入れた時に、そういう奴に対して、「過程を書かないなんてアホじゃないの」といって馬鹿にして突っぱねてしまう風潮や、そういう教師が増えていることが、理系離れを呼んでいると思うのね。
639. Posted by bb   2006年10月12日 17:55
>>631

カンニングwww
640. Posted by     2006年10月12日 17:56
まぁ理系科目なら間違ってない罠。
641. Posted by     2006年10月12日 17:58
解法がなかった事は×で
回答があってたなら
部分点でいいんじゃない?
っというか、俺が中学だったころは
数学は数式と回答で別得点だったけどね
642. Posted by    2006年10月12日 17:59
米636
その考えこそ、ここの米欄にいるようなエセ理系をのさばらせてるのだと思うがね。
「全然分からなかったけど、適当にそれっぽい式を書いといたら部分点もらえた」なんてのが結構いたぞ、高校時代。
643. Posted by     2006年10月12日 17:59
まぁ理系の(デキの悪い奴に対する)排他的思想、閉鎖的体系も
そうすることで理系社会のクオリティが保てるなら仕方ないと思うけど

俺も突っぱねられたタイプだから未だにくやしいっちゃくやしいし、コンプレックスだけど
自分がその世界に追いつけば済んだ話であって
体質批判は醜い妬みにしか思えないからしないようにしようとは思ってる
644. Posted by     2006年10月12日 18:00
>>636
大体、文章で式を立てて解くものの場合
 立式の途中過程までで 30%
 最終式までで 60%
 計算過程 80%
 答え 100%
とか大体決まってて、部分部分に欠陥があると
ある程度決まった点数減点されるって形だからな。

中学の 2 次関数なら
 式立てる 50%
 計算 70%
 答え 100%(片方なら -20%)
とかになるかな w
645. Posted by     2006年10月12日 18:01
※641
まぁ厳しい先生だったってコトで
点数にしてもらえなかったのは運が悪かったと諦めるか、部分点くれるように説得するかだな
646. Posted by    2006年10月12日 18:03
※638
ゲルニカ描いた当時の背景や事情やピカソの気持ちは全無視ですか。すばらしい分野ですね。
647. Posted by     2006年10月12日 18:03
※638
逆もまた然り
648. Posted by    2006年10月12日 18:03
あーこれ中高のときによく親とかセンセに言われたっけな。
別におかしなことはないべ。これがどうして「おバカなニュース」なんだろう。
649. Posted by     2006年10月12日 18:04
>>642
受験の点取り競争の中ではそうも言ってられないさ。
とはいえ、式の意味をしっかり理解する事は大切だと思うよ。

というか、エセ理系の基準て何なのか知りたい。
やたら文系叩いてるやつの事か?
650. Posted by     2006年10月12日 18:05
計算系の教科書はどれも説明するためのプロセスの部分端折りすぎだろ…

例題の種類少ないわ途中計算の知りたい部分削ってるわ

そりゃ途中計算の書き方わからなくて答えだけ書きたくなるわ
651. Posted by    2006年10月12日 18:05
本当に最近の餓鬼は馬鹿ばっかりだな……。
一体勉強を何の為にやっているのと思っているのか。
数学を勉強するのは論理的思考を訓練するため。答えが合っているだけでは何の意味も無いと云う事が判らないのか?
論理的思考を養う、という本来の意図も理解できない奴は一生大人になれないだろうな。
652. Posted by ぴ   2006年10月12日 18:05
1点くらいやっとけよw
653. Posted by     2006年10月12日 18:05
なんで途中式を書かないのかが理解できない
めんどくさいから?
654. Posted by     2006年10月12日 18:05
問題文で「解」を求められているなら、「解」だけ答えればいい。問題文で求められていないのに解法を記述するのはむしろ冗長。

問題文に、例えば「計算せよ」と書いてあるなら、「計算すること」が求められているのだから、自分が計算した証拠として、プロセスを記述しなければならない。

この教師は「答えと解法、先生がこのテストで見たかったのはどちらだと思うか」と言っているが、実際に問題文からそれが読み取れるような記述になっていたかも問題(問題文がなく、計算式しか書いてないような設問は論外)。
655. Posted by ぽ   2006年10月12日 18:07
3 記事の漫画が面白そうなんだけど、
なんて漫画?
656. Posted by     2006年10月12日 18:08
2 次方程式の文章題なんかだと, 整数を総当りで入れていけば,
答え出ちゃう場合普通にあるからな。
ま、それはそれでプロセスを書けば満点でないにせよ
点を上げてもいいんだが
2 次方程式で解いたのに式すらかかなければ
「思考過程を書きましょう」と言われても、
文句は言えないところがあるな。
657. Posted by     2006年10月12日 18:09
※651
俺今高校生なんだが
もう「論理的思考を養う」なんて言っていられる空気じゃないっつーか
本当にただ「受験のため」に勉強してるって感じだべ?
中三のときもそうだった
658. Posted by     2006年10月12日 18:11
そもそも思考プロセスを示すためって意見が多いが、
途中のプロセスを記述するのはそのためだけじゃないだろ。
計算過程を丁寧に書いておくことで、
後で確認できるようにしておくのも重要な話。

これは理論屋でも実験屋でも、理系じゃなくても重要な話。
あとで人に計算を確認してもらえるのも重要。

理解度だけの話じゃない。
659. Posted by    2006年10月12日 18:11
エセ理系の基準、ねぇ。

本来理系的な人間じゃないのに、なぜか理系分野に進んで文系を見下してる自称理系の人たち、かな。
俺も社会科が苦手で理系に進んだ口。理系を自称してるわけじゃないけどね。
660. Posted by     2006年10月12日 18:11
※654
俺は「解だけ書け(計算式いらん)」って記述がない限りは途中式も書けって教わったけど。
模試とか入試もそんな感じだった…かどうかはわかんないな、書くのが当たり前と思ってたから。
ただ解だけでいいものはどんな試験でも特別に「解だけ」って記述が必ずあったと思う。
661. Posted by     2006年10月12日 18:12
結果がすべてつーなら、答えが合ってなけりゃ部分点貰うなよ。


>>638
あのさ芸術って数学から独立してると思ってんの?それ違うよ。芸術は遠近法っていう列記とした数学的観念使うし黄金比だってある。

そもそも理系離れの原因は、町に自然が無いからで教師のせいでもなんでもない。
自然を観察するって行為そのものが自然科学、つまり理系の始まり。街には『自然』が見当たらないから理系が少なくなるのも当然です。
試験管の中と机の上が理系なんじゃない。自然が理系なのです。

662. Posted by (´∀`lll)   2006年10月12日 18:13
過程が必要なら先にテストの条件として明示しておく必要がある。
なければ解答だけでも何の問題もない。
663. Posted by     2006年10月12日 18:13
無学な人間から見れば試験管の中と机の上だけが理系だぜ
664. Posted by     2006年10月12日 18:14
プロセスが大事だって言われて点もらえなかったら途中式ももう完全に文章にしてここで掛けて、〜の公式を使ってみたいなことやっちゃうな文系の俺なら……
665. Posted by     2006年10月12日 18:15
中高のときの数学教師も同じこと言ってたな。
666. Posted by     2006年10月12日 18:17
※661
ビル群見てパース取ったりも数学的な観察じゃない?
生物、化学系ではないかもしれないけど
667. Posted by     2006年10月12日 18:17
>>663
ディスプレイのなかは?

>>664
プロセスがあっていれば点がもらえるよ。
式で書いたほうが早いけどね w
文章で書くのが面倒だから式で書くの。
668. Posted by    2006年10月12日 18:17
この先生は至極真っ当なことを言ってると思うんだが。数学にせよ物理にせよ、試験での数値計算なんておまけみたいなもので、当然答えを導くまでのロジックを問うてるわけだろ。
669. Posted by    2006年10月12日 18:19
※654
社会の常識として、「解のみ記入せよ」と書かれていない場合は途中式も書かないと。

学校なんて受験の勉強をするための役割が大きいところなんだし、教師が注意するのも当たり前。

大学受験は落とすための試験なんだから、途中式がないと絶対にマイナスにされる。
670. Posted by     2006年10月12日 18:19
ぶっちゃけプロセスがわかってないと応用問題に対応できないからじゃないか?
671. Posted by     2006年10月12日 18:20
※664
それも数式だからそう記述しても正解。四則演算なんかの記号はそれらの文章を短くしたものだもの。
672. Posted by     2006年10月12日 18:20
答えだけはNGってのは、カンニング防止の意味もあると思うよ…
673. Posted by     2006年10月12日 18:21
プロセスを全部理解してるから答えだけでいいと思ったのかもしれないじゃないか
674. Posted by     2006年10月12日 18:21
※664
「〜の公式により」みたいな記述の仕方は普通に使った気がする
うろ覚えだけど

記号も文章にってのはどうだろう…
概念化、記号論理学の思考に反するし、文系だからっていうより単にあてつけな気が
675. Posted by ※654   2006年10月12日 18:25
※660
現実的にはそうだろう。それは、学生時代の試験が「より多くの点数を獲得すること」を目的としているから。

しかし論理的に言えば、試験というのは「問われたことに答える」ものであり、問われていないことまで答えるというのは余計なこと以外の何物でもない。誤答と言ってもいい。

実際には、解しか求められていない場合に途中式が書いてあったとしても、それを誤答とする慣習はないため、より確実に点を取るためには「途中式も書け」と指導するのは受験対策としては当然だが、生徒の思考力を奪っているとも言える。
676. Posted by     2006年10月12日 18:26
なんか※欄の文系理系論争が一番痛い気がする。つーかぜんぜんピンとこない。

論理的思考能力とか過程を他人に説明することとか、そういうことが不要な学問なんてないだろう。理系文系問わず。

そういう自分は語学系。論理的思考能力やコミュニケーション能力の欠けた人間に母語以外の言語はマスターできないと思う。
677. Posted by     2006年10月12日 18:26
っというか、どっちも大事じゃない?
方法が合ってるのに結果が間違ってるのは問題だし
結果だけあってて途中経過がすっぽ抜けてるのもまずいだろうし
678. Posted by     2006年10月12日 18:27
答えだけが駄目ならマークシートや記号問題はなんなんだぜ?
679. Posted by     2006年10月12日 18:28
まあ >>664 は関数の問題で

「f(x) が 1 から 2 の範囲で単調増加だから」
と記述するタイプだろうな。
「1<x<2 にて f(x)>0 より」
とか書くとかなり楽だが。

もちろん相手を見て書き分けるのが普通じゃないかな?
相手のレベルを見て解答やレポートを書くぐらいの
余裕が必要。
それは大学いっても社会いっても一緒。
680. Posted by      2006年10月12日 18:28
はぁ?
あからさまに痛いのをこれみよがしに青字にしてる記事多いのに、
反対意見が青ってなに?
信者キモwwww
681. Posted by     2006年10月12日 18:29
計算する時間が無かったとき1行だけ解法を書いて4割ぐらいもらってたな。
682. Posted by     2006年10月12日 18:29
あれだ
社会での「過程と結果」
学校での「過程と結果」
同列に考えるやつアホス
683. Posted by    2006年10月12日 18:30
これは国公立と私立の解答用紙を見れば
わかる問題。
684. Posted by     2006年10月12日 18:31
文系だろうと理系だろうと、学問、実務の場においては
ひとつの思考を提示するのに根拠、導出、結論は必須
「考え」に説得力、客観的妥当性、論理的正当性を与えなきゃいけないんだから当然
他人を納得させようと思ったら、他人にも理解できるようなプレゼンの仕方もしなきゃいけないだろう

まぁ学校のテストでは「必要ない」ってことにしてもいいかもしんないけど
まず入試の時点で論理的思考ができるかどうか見たいってときにはふるいにかけられることもあるだろうし
思考のプロセスのない論文なんか論文としてみとめられないし
「学問」しだした時点でもう途端に通用しなくなるわな

論理が絶対に必要ないのは、判断が個人の感性だけに拠る場合だけだと思う
685. Posted by 、   2006年10月12日 18:31
俺の中学時代には、必ず解方と解を書けと設問されていたものだが。
そして、途中の計算間違えや、解答の書き間違えの時は部分点をくれた。
答案を返された時、ケアレスミスで減点されるのが悔しくて、必ず見直す様になった。
学校のテストには、入試の為の準備という側面もある。
入試はチャンスが一度しかない。
だからこそ、この教師は解方にこだわったのだろう。
686. Posted by     2006年10月12日 18:31
>「f(x) が 1 から 2 の範囲で単調増加だから」

>「1<x<2 にて f(x)>0 より」

ておなじなん?
687. Posted by     2006年10月12日 18:32
採点や評価が楽だからだよ
決して答えだけの採点法は誉められた話ではない

答えが必要なのではなく思考、推論のロジックを脳味噌に作りこむ作業だからな
688. Posted by    2006年10月12日 18:33
米684
だからそれを生徒に教えるのが教師だろ、っての。
>>1みたいに一方的なやり方じゃなく、授業の一環としてきちんとな。
689. Posted by    2006年10月12日 18:34
論理的思考は文系理系によらないと思うけどなあ。
というか、過程を書くのは間違った場合、どこで間違ったかを知るためでもあるんだけどな。
過程が書いてないとどこで間違ったのかすら分からない。
690. Posted by    2006年10月12日 18:34
数学はただの道具に過ぎない。
正しい答えが導くことが出来るなら、それで良いのだ。

ただ、途中式も含めて解答とするテストもあるので、あながちありえない話ではない。
大学だと途中式必須だしな…。
691. Posted by        2006年10月12日 18:35
まあ、いい先生よね
そんだけ長期的な視点で生徒を見ようとしてるわけだし

但し、×を付けてから説くんじゃなくて、事前に
常日頃から「解法も書けよ〜」って言ってやれよ
692. Posted by     2006年10月12日 18:35
答えだけが合っていれば良いって考え方は楽で良いよな

まぁ実社会では一番使えない理屈馬鹿に多いタイプだがw
693. Posted by     2006年10月12日 18:36
この場合わざわざ過程を書き留めておくほどの問題ではなかったということは理解できる。
694. Posted by j   2006年10月12日 18:39
米279

原作通りじゃん
695. Posted by     2006年10月12日 18:39
総じて青文字に同意。
管理人の意図が理解できない。
696. Posted by くじ   2006年10月12日 18:39
>>41
>>プロセスが合ってても答えが違ったら×にするくせによく言うわw

途中式が間違えてるのに答えがあってるわけがない
それに、途中式を間違えて運良く答えが合ってしまったとしたら、
別のところで応用できないだろ
社会では結果だが、その結果に至る過程を学ぶのが学校だろ
途中式端折る奴は高校レベルで落ちてく底の浅いバカか、
飛び級しちゃうくらいの天才
697. Posted by    2006年10月12日 18:41
中学生のテストの答えを書く欄に過程を書けるようなスペースなんかないよ
698. Posted by     2006年10月12日 18:41
※688
>数学で大切なのはプロセスなんだ。
>答えなんてただの数字でしかない。
教師としたらこれだけでも十二分だと思うけど…
人生や社会における論理的思考の価値や意義や使い方なんて人それぞれなんだから
価値や意義や使う場は個人個人で見出していくしかないんじゃないかな

単語も根拠→理由、導出→途中式、考え方、結論→答え、みたいな感じになってる(俺の言い回しと違う)だけで、普通、学校ってそれらが必要なことはちゃんと教えてると思うけど…
699. Posted by    2006年10月12日 18:42
ぶっちゃけ、採点者によって点数なんて当然変わる。
どの採点者でも正解になるような解答を書くべき。

自分が採点してたときはラプラス変換で解いてる奴が毎年一人ぐらいいたけど、バツにしたぞ
700. Posted by ・   2006年10月12日 18:43
>>646
>>661
だから「モノにもよるが」って言っただろうw
芸術の全てが数学とは正反対の位置にあるとは言わんよ。
数学的論理的な芸術もあれば直感的な芸術もあるだろう。

ゲルニカに関しては思うところがある。
私は絵画じゃなく音楽だからピカソについて良く知っているわけじゃないが、
あれが大戦で崩壊したゲルニカを描いた物だとピカソが言わなくても、
もしくはタイトルがゲルニカでなくても、実際はピカソが暇つぶしに書いた
テキトーな絵だったとしても、あの絵が名作と言われたか?
あの絵は、それが完成される至った歴史的なエピソードだけで
もてはやされているような気がしてならない。
あれは、あの類の抽象的な絵の何たるかが分からない奴でも、
そのエピソードのおかげで「なるほど、確かに」という具合で分かる作品じゃないかと思う。
701. Posted by    2006年10月12日 18:46
>>686
うわ「'」付け忘れた orz
702. Posted by          2006年10月12日 18:49
※695
『痛いニュース』として立ったスレに対して
「痛くないんじゃね?」というレスは青文字
じゃね?
特ア擁護=青である事が非常に多いから印象
として「叩くべきレスが青」になっちゃってる
だけであって、管理人はあくまで相対性を意識
してるだけのきがす
703. Posted by     2006年10月12日 18:49
 塾で答えを覚えるアホがいるんだよな、実際。微積とか特に。
 プロセスを書くのは考えたことをアピールすることって中学の時の担任が言っていたな。社会に出てもそれは同じだな。どんなにすごいプロジェクトをやっても、過程の苦しさを報告しないとなかなか認めて貰えない。

米699
>ラプラス変換で解いてる奴が毎年一人ぐらいいたけど
 微分方程式でしょうか?本来は何でとくのをラプラス変換で解いたのかを書かないとすごさが伝わらない気が。妙に気になったのでw
 因みに、現場だったら楽な方で計算で許されるけどね。それが、社会と学校の違いか。
704. Posted by     2006年10月12日 18:51
学校でやるテストは日頃の鍛錬の達成度を見るためのテストなのだから、
解答ではなくプロセスのほうを見なきゃ駄目じゃないのん?

英語とかでも、「テキトーでも通じればいいやー」ってのは社会に出たあとの話で
学校ではきちんと文法や単語を教えて、それが出来ているかを見るだろうに。
705. Posted by     2006年10月12日 18:51
※700
名作じゃん
706. Posted by     2006年10月12日 18:51
※700
>芸術は、モノにもよるが、作品の善し悪し、つまり答えの善し悪しが全て。過程なんか誰も見せない。
>そういう数学の世界とは正反対の世界に生きている奴もいる。
この言い回しじゃ※700がアタマの中で思ってることは理解できなくて当然かと

「芸術の世界において過程という概念は意味がなく、直感的感性で価値が判断される作品は数学と対極的な概念しか内包せず、交差することはない」
って文に見えるよ
707. Posted by ポンポン   2006年10月12日 18:52
なんだアマゾン。
ここは小川洋子の『博士の愛した数式』(新潮文庫)だろう。
あれは感動するぞ。
この教師が言ったことと同じようなことも書かれているような気がする。


例えば1から10までの連続した数字を全部たしたらいくつになる?
1+2+3+…、という具合にやれば確かに答えは出せる。
じゃあ1から100までの数ならどうだろう。
プロセスがわかれば応用も利く。数学は決してAの答えはBという単純なものではないとわかるはずだ。
答えさえ合っていればそれでいいじゃないか、みたいな考えでは柔軟な発想は出てこないだろう。これは文系理系を問わない。
708. Posted by     2006年10月12日 18:52
青に同意。
数学って社会とか暗記オンリー科目じゃなくて、思考過程を見られてるんだから途中経過も書くべき。
709. Posted by    2006年10月12日 18:54
高校入試なら途中式なんぞ要らんかも知れんが、大学入試では特に注意書きが無くても書くのが常識。

問題のアラ探しするのも結構だけれど、結局出題者の意図に沿わない答案を書いて自滅するのがオチ。
710. Posted by     2006年10月12日 18:54
※703
変な解き方して「すごいけど、そのやり方面倒だろw」
って先生に言われる奴が塾とか学校に1人はいたな
んでもそう言われるのがなんか楽しくてわざとやったり
711. Posted by     2006年10月12日 18:58
(x+3)(x−3)=
バルキスの定理を適用して
x^2−9
これでおk
712. Posted by     2006年10月12日 18:59
米伸びすぎ。

なんか、「答えが合ってれば解法はどうでもいいじゃねーか」って意見があるが、
だったらその自分でやった解法を書けよ、と。
答えだけポンと書かれても、試験中にそいつが何考えてたかわからん。
暗算したとしても、せめてどんな式を立てたのかくらい書いてくれ。
713. Posted by     2006年10月12日 19:01
公務員試験の数的処理なんかでは問題数に比べて時間無いから式立てるより5択の答えから逆算するほうが早く解けて良い場合が多々あるし実際参考書では推奨されてるんだがな…
714. Posted by     2006年10月12日 19:01
簡単な計算問題や記号問題なら別だが
記述式の問題は途中式は必須
途中式を見て思考過程を評価するからね
たとえ答えがあっていたとしても途中式が無い、または不適当なら評価はされない

上であったが極限を求める問題で、ロピタルの定理で答えはわかるけど導けない場合、答えだけ書いても当然点数はもらえない。答えだけわかっても評価されない問題もあるってことね。
715. Posted by     2006年10月12日 19:01
おいおい


これ大学入試じゃ当然のことだし
中学のときだって
答えが間違ってても途中計算が合ってれば部分点普通にくれたぞ
何かおかしいのか?
716. Posted by     2006年10月12日 19:04
答えに×だけ付けて聞かれるまで意味を説明しなかった先生自身
 生徒を指導するプロセスがないんじゃないの

答えしか書いてないならカンニングと思われても仕方がないが解法が足りないって事はそれなりに途中式が有るって事だろ。
中学の数学なんて問題を数こなしていけば暗算出来るようになる。証明問題は別だが。
717. Posted by ・   2006年10月12日 19:05
※705
そう?私はそうは思わない。
個人的にはゲルニカは好きだけど、少なくともあのエピソードがなければ「一般受けする普遍的な名作といわれる作品」になるようには見えない。
あのエピソードがなければ、あの絵は教科書なんかには載らなかったと思うよ。私は。

※706
うん、まぁ私自身が直感的な芸術の人間だからね。
数学嫌いだし。すまんね。
718. Posted by nya   2006年10月12日 19:05
2 >>>651に賛同。
719. Posted by    2006年10月12日 19:07
※713
その逆算の過程を書けばいいって話じゃん。
確かにそれも立派な解法だ。
ただ答えの表記されて無い問題では答えから逆算するのは無理だわな。
720. Posted by     2006年10月12日 19:09
結果が合ってれば良いなんていってるやつらは完璧な文系馬鹿だな。
自分がどうやって答えを出したかを説明する能力も数学の一部。
まともな数式も書けないやつが社会に出てやっていけるわけが無い。
721. Posted by    2006年10月12日 19:12
途中式も明記するよう指導してるなら先生○。

そうでないなら,先生の言っている事は間違ってはいないが説明不足。

どんな問題かにもよるが。

で、この文章って、中学生が書いたものじゃないよね。

記者が書いてるんだよね。
722. Posted by     2006年10月12日 19:12
問題と回答が出てこない限りこの米欄はのびると断言する!
723. Posted by    2006年10月12日 19:12
まず採点者にこんな事尋ねてる時点で、底が知れてるよ。

本当に賢かったら、あらかじめ採点者の意向を汲んで
丸を貰える解答が書けるように努力してる。
724. Posted by     2006年10月12日 19:13
※716
プロセスを辞書で引け
バルキスかお前は

つか受けてこなかったとしても中3にもなっていちいち説明することでもないだろう
普通ならそういう指導は受けてるのが前提だし
まぁ>>1の文章だけじゃ本当に「途中式も書け」みたいな指導を生まれてこの方、誰からも受けなかったのかどうかはわからんが
もし誰も教えてくれなかったんだとしたら不運だな
725. Posted by    2006年10月12日 19:13
俺が中学生だったころは数学は過程が大事って学校の先生からも塾の先生からも言われたけど。
途中式を書かないと×なんて今の受験では(もちろん高校受験も)当たり前だよ。

結果がすべて、とかいうなら証明問題なんて出せないよな。
726. Posted by 724   2006年10月12日 19:15
コピペしながら推敲してたら変な文章になった orz

「つか「途中式も書け」みたいな指導を受けてこなかったとしても(ry 」ね…
727. Posted by     2006年10月12日 19:16
カンニングとかまぐれ当たりを防ぐ為なら当然だろ。
728. Posted by ※705   2006年10月12日 19:17
うんそうだね、その考えは立派だと思う。
世の中にはいろんな人間といろんな考えがあるんだから。あなたの思ったことは否定しないしできない。
だからこそ理解できない人間や、他の人間が後から見ても解かるように途中経過は必要だと思う。
音楽は詳しくないから的外れかもしれんけど、
ラインの黄金でのバスドラムが大きな足音を表現してるって事を知らないとその音楽の魅力がちゃんと伝わらないって感じかな?
729. Posted by     2006年10月12日 19:19
>>720
同僚で九九の3の段から言えない奴が営業成績1位で社長賞貰ってますが…
730. Posted by    2006年10月12日 19:21
教え上手な数学教師は考え方を教えてくれる。
教え下手な数学教師はやり方しか教えない。


まさに過程がすべてだな。
731. Posted by k   2006年10月12日 19:23
結果が全てだということを仮面ライダー龍騎から学びました。
732. Posted by    2006年10月12日 19:23
「あてずっぽうだけどたまたま筋が通っている」のと「ホントに適当に最後に出た答えだけが当たっていて残りのプロセスは完全にワケわからない」は別物とは思う
前者なら得点をあげてもいいだろうが なんでそうなったのか改めてきいてみると教師の経験値は上がるんじゃないかな
後者なら問答無用で×だろう
733. Posted by    2006年10月12日 19:23
入学試験も殆ど記述。
定期試験も問題用紙を読んだ後、白紙にひたすら書くような中高一貫校に通っている私には何が問題なのかさっぱり分かりません・・・
734. Posted by 文系   2006年10月12日 19:24
文系を一くくりにしないでください(´・ω・`)
文系だって論理的思考が必要なんです。
「答えだけ合ってればいい」なんて言ってるのは、
単に数学ができないから文系になった人たちなんです。
735. Posted by     2006年10月12日 19:24
米540
「1+1=2」の証明は簡単だが、普通は証明に使う「ペアノの公理」を高校生が知っていないだろうことを指摘しておく。
736. Posted by    2006年10月12日 19:25
米727
だからそりゃ採点者側の理屈でしかないんだって。
ガキにそんなことまで汲み取れなんて言っても無理。
予め説明しとかないと。
737. Posted by     2006年10月12日 19:25
「答えは5です。合ってますから点ください」
「ソースは?」
「答えが合ってりゃそんなものいらないじゃないですか」
「脳内ソース乙」
738. Posted by     2006年10月12日 19:26
脳内で高等な数学とかも解ける人間なら
それ相応の所にいってる罠

青字の発言に真理があるだろう
739. Posted by     2006年10月12日 19:26
※728
論理的構成を示すの為のプロセスの明示(の必要性)と、予備知識があったほうがより物事を愉しめるってのは違うと思うが
何か例を挙げるのであれば事象を概念化して推敲したほうがいいと思う
740. Posted by     2006年10月12日 19:29
※730
何が「過程」なのかわからんのだが…
それ以前に上手下手というより教師のやる気とかの問題の気がする
741. Posted by     2006年10月12日 19:31
学生の行うテストはいかに先生の期待通りの行動をするかに重点が置かれてるから
それは模試だろうが受験だろうがそうだし
大学進んでも8割型かわらんよ
前もこんな米欄あった気がする
742. Posted by d   2006年10月12日 19:33
受験だなんだとろくに数学できない人間どもが
どうして数学を語れるんだか・・・
数学自体の本質的な性質から、プロセスが大事なのは当たり前。
算数じゃねえんだぞ、、、
物理だって化学だって、結局は全て数学で記述されるんだよ。
ネットの情報通信だって、誤り制御符号や暗号とか、
通信理論とか結局全部数学だぞ?

アホな教育がまかり通っている中で、
数学の本質を教えているいい先生の美談にしか見えないんだが・・・。
なんで痛いニュースになってるんだ?
全く理解できん。
743. Posted by     2006年10月12日 19:34
※736
だからそりゃ回答者側の理屈でしかないんだって。
常識の範囲まで汲み取れなんていうのは無理。
解法を説明しとかないと。
744. Posted by     2006年10月12日 19:36
※742
痛いのは青字以外ってことで
745. Posted by このコメントは削除されました   2006年10月12日 19:36
このコメントは削除されました
746. Posted by     2006年10月12日 19:38
えーと…
イタイのはこの厨房だよね?
アピールってw
先生は数学とは何かってことをまず教えてやらねば。
747. Posted by    2006年10月12日 19:38
数学と言うのは、元々は謎を証明して定理を生み出し、この世界を説明しようとする学問だよ。
証明された物を実際に使うのが科学や工学などの分野。

だから、数学は答えよりも答えの導き出し方の方が重要なんだ。
答えが重要なら、答えを知っている人に聞く(コンピュータを使う)、が最も間違いない方法だからね。
748. Posted by    2006年10月12日 19:40
米743
だからガキってのは視界が狭いもんだから、ちゃんと教師が教えてやらないと、過程を記述する必要性がわからんのだって。
「別にわざわざ書かなくて良いじゃん」って思ってしまう。
749. Posted by     2006年10月12日 19:41
米747
>この世界を説明しようとする学問
そりゃ物理。
750. Posted by     2006年10月12日 19:41
※742
おまいも痛すぎる
まず左上のこのブログについて。あたりで流れてる文を見ることをお勧めする
751. Posted by     2006年10月12日 19:43
「自分をアピール」ってのを「上手く思考を説明する」って意味で言ったんならイイ話だけど

中3にもなって「数学の試験には途中式も書きましょう」ってことをわざわざ説明してもらったのに(あ、この部分が痛いのか?)
挙句逆ギレして「出題者、採点者にゴマをすれるか」って意味で言った、ってなら痛いニュースだな
752. Posted by    2006年10月12日 19:43
つーか単にかみ合ってないだけっぽいな、ここの米欄は。

肯定派「数学は過程は大事」
否定派「過程が大事ってことを事前に教えとけ」
753. Posted by     2006年10月12日 19:44
そ れ で 記 事 の 画 像 の マ ン ガ は な ん て い う ん だ ?
754. Posted by     2006年10月12日 19:45
過程は大事ってのはわかるが答えがあってるんだから○は○だし点数ぐらい・・・
と言う人がいるが、
学校で行ってる定期的なテストレベルでは、この過程の大事さを強調するため、こうやって厳しくも×にしたほうが良い場合もあるんだよ
755. Posted by    2006年10月12日 19:46
最初の問題を、式を書かずに暗算で解答したら、不正解にされた。もちろん答えは合っている。

それ以降の問題が、最初の問題の解答を用いた出題だったため、式も答えも合っているのに、不正解にされた。

それでもう、数学とかは一切やる気がなくなったな。
756. Posted by     2006年10月12日 19:49
>747
むしろ数学は「うまく説明するために必要な記述法作り」の面が濃い気がする。
757. Posted by     2006年10月12日 19:49
科学でO3って書いたら03と間違われた件について
758. Posted by     2006年10月12日 19:49
数学で大切なのは数理を楽しむことだろ。
> 先生がこのテストで見たかったのはどちらだと思うか。
エスパー養成学校ならともかく。
759. Posted by     2006年10月12日 19:52
全く射たくないニュースだが勉強になったので名スレ
760. Posted by    2006年10月12日 19:55
教師の言い分はある程度解る。

がしかし


△(1/3減点位?)ぐらいはあげなきゃ駄目でしょw


教師の言い分を
素直に受け取ると

最終的な解答が間違っていても
途中式を書いていれば
○になる事になる。


論理矛盾もいい所だろ?w
761. Posted by     2006年10月12日 19:57
中学のころ、習った解法よりも短くて、分かりやすい解法を編み出してテストで使用していたんだが、
その先生に嫌われていたせいかいつも×をつけられたな。
その後高校の数学教師には画期的な解法だと褒められたが。
あと、証明せよの問いに対していちいち引用しなさいというのが面倒なのでわざと1から10まで説明したら×食らったこともある。
762. Posted by     2006年10月12日 19:58
※755
起点が間違ってる(当てずっぽう)だったら後の
解答が合ってても意味ないから
ちゃんと途中式も書けつってるのに
解だけの答案出したあげく
課程の重要性を再認識させるためにあえて厳しく採点して×にしたのに
点数くれなかったとふてくされるお前を見て
先生はお前を指導する気無くしたろうな…
763. Posted by     2006年10月12日 20:01
ファイブスターワロスwwww

確かにマイトじゃ大学入試はきついだろな
764. Posted by        2006年10月12日 20:01
大学受験では、自分がどこまで分かっているか、その思考過程を示すのは常識だろ。センターは別として。
ただ、自分の思考を採点者に分かりやすく示す、ということは一朝一夕でできるようにならないから、こうやって中学のうちから癖を付けておくのはいいことだと思う。
この生徒は中学のうちに、こんな先生に会えてよかったと思うよ。
それに、他人に分かりやすく何かを伝えるための方法っていうのは、こういうところからも学べるものだと思う。

まあ、テストに「過程も書け」っていう記述がなかったとしたら、それはテストの採点方法としては問題だけどなー。
まあそれを考えなければ、この先生の教育方針はしっかりしてると思うよ。
765. Posted by     2006年10月12日 20:02
>760
ヒント:答えもプロセスの内
766. Posted by     2006年10月12日 20:04
※760
採点基準によるでしょ
△とかつけない人かもしれないし
プロセスの重要性を教えるためにわざと×にしたのかもしれん

教師は「数学(の試験)で大切なのはプロセス」つっただけだで
「最終的な解答が間違っていても途中式を書いていれば○になる」とまでは名言してない
解が間違ってたら×にするかもしれないし
△はくれるかもしれない

論理でもなんでもないし、矛盾もない
767. Posted by 東大生   2006年10月12日 20:04
答え合ってればいいって言ってるやつ=文系=負け組
768. Posted by P   2006年10月12日 20:07
心が貧しいお前らには分からんだろうが、数学とは思考力、表現力を養う学問だ。
暗算するってのはつまり頭で考えてるだけで発言しないのと同じ。言葉にしないと相手に伝わらないのと同じ様に、結論だけ書かれてもそこに至る根拠がなければ誰も納得してくれないよ。
あと、大学入試とかで答えだけ書いても丸もらえないよ。今、ただの定期テストでバツもらったこの子は、二度とそんな間違いはおかさない。
769. Posted by @   2006年10月12日 20:07
青文字に賛同。
大学入試でいきなり答え書くと×もらうで。プロセスも書けとか問題用紙に書いてるし。
770. Posted by     2006年10月12日 20:09




今回は青字も黒字も両方とも正しい

ただ実生活に例えをもってくるのは間違ってる。
「結果が全て」ってのと「答えがあってればいい」は似てるようで全くチガウ。

771. Posted by     2006年10月12日 20:09
※767
答え合ってればいいって言ってる奴と文系は交差概念だろうが=で繋ぐあたりさては文系でも理系でもねぇな
772. Posted by     2006年10月12日 20:09
テストは過程重視。
本番は結果重視。

丁寧系教師は「途中書かないと点減らすぞ」と言うし、
突き放し系教師はあえて何も言わない。

こんな日常の1コマに何故わざわざ焦点を合わせるのか俺には理解しがたい。
773. Posted by      2006年10月12日 20:10
答えだけを求める数学なんて、前戯のないセックスと同じだろ。
774. Posted by    2006年10月12日 20:10
そういえば高校のとき数学で答え間違ってるけど解き方合ってるからって○もらったなー
775. Posted by     2006年10月12日 20:10
文系でも必要条件と十分条件についてとか、命題の対偶とか、相関関係と因果関係は違うこととかくらいは知っててくれよ。頼むから。
776. Posted by     2006年10月12日 20:11
※772
突き放し系教師を逆恨みするルサンチマンが釣れて面白いからじゃね
777. Posted by     2006年10月12日 20:11
新プロセスを考え付いたならそれを書かなきゃ分からんだろ。
答案ってのは「理解してます」ってことを伝えなきゃ満点をもらえないのは常識だと思っていた。

にしても×はひどいな。
せめて△。
778. Posted by いけ   2006年10月12日 20:13
管理人さんは,米欄における痛さを追求しようとしてるんじゃないか? その証拠かどうか分からんが,最近米欄の伸びがすごい.
779. Posted by ハイタカ   2006年10月12日 20:13
此処の管理人、どうしようもないバカだな。


数学の思考なんて過程が全てじゃん。
例えば、
不等式を都合良くする為に両辺を二乗したときや、
at=bの式をt=b/aとやった時に、場合分けをしなかったら、
例え答が合ってたとしても、大幅減点かバツを喰らうよ。
第一、テストなんて過程が大事だと言う事を頭の芯まで
叩き込む為にあるようなもんなのにな。


俺も一回経験したけどたけど、二回計算ミスした挙げ句たまたま正解が出た、とかなら
問題外だな。
逆に答が違っていても、それが単なる計算ミスで、プロセスが合っているなら
部分点がもらえるはず。
780. Posted by     2006年10月12日 20:16
※775
文系というか、それすらいらんとか気にしないとかわからないって言うのは論理学、論理的思考を必要としない分野だけだな
となると感性のみが判断基準のもになると思うけど、体系が構築不能なそれを学問とはちょっと呼び難いな…
781. Posted by     2006年10月12日 20:18
数学苦手だし暗算も苦手だからプリントに筆算しまくってたからこんなことなかったなぁ。
気持ちがよくわからん。
782. Posted by      2006年10月12日 20:19
いいかぁ、いずれ大学に行ったらなぁ、答えが何かわからないようなものを考えることになるんだよ。
そういうのを研究って言うんだがよぉ。
そういう時何が大切か言わなくてもわかるよなぁ。
プロセスだよ、プロセス。
何のために書くかぁ?
他人を納得させるためだよ。
そのための訓練も兼ねているんだよ。
数学はよぉ
783. Posted by     2006年10月12日 20:20
答えがあっている=途中式できるの発想はないのか?
答え覚えれる奴なんてめったにいない罠
784. Posted by     2006年10月12日 20:20
しかしよく伸びるな
785. Posted by    2006年10月12日 20:23
文系だけどプロセスは必要だと思うな
中学の時、アホみたいに数学の成績悪かったんだが
「計算途中の式を書け」と言われただけで90点程度は確実に取れるようなった

高校では理系科目はやる気無くなって赤点連発だったがな(´・ω・`)
786. Posted by    2006年10月12日 20:24
ここまでバルキスが4件ヒットした
787. Posted by 7氏   2006年10月12日 20:25
1 教師が言ってる事は、まぁ賛同できる。
でも、答えは合ってるのだし、丸はすべきだと思う。
その上で、生徒自身に教師がプロセスについて説けばいいのではないか?
それが最も双方の文句のないやりかたじゃないのか?

788. Posted by ハイタカ   2006年10月12日 20:26
>>783
「考え方が間違っているor足りない場合でも同じ答が出る事がある」

という発想はないのかい?
789. Posted by     2006年10月12日 20:27
ワツも厨房のときまったく同じことになたけど、言われてすごく納得したのいまでもよく憶えてる。
790. Posted by     2006年10月12日 20:27
>783
半径1の球に接する四面体のうち、体積が最大となるようなものを求めよ。

って問題だったら直感で答えはすぐわかるだろ?でも途中のプロセスどうすればいいかわかるか?
791. Posted by    2006年10月12日 20:29
※790
俺は全く解らない
プロセスが浮かびもしない

そんな大学生
792. Posted by      2006年10月12日 20:29
ここには、本質を理解したがらない人間が多い。だから英語のメッセージを全然逆に捉え、バカ騒ぎして、知性の低さを海外まで晒したりするんだよ。
騒ぐ前に、冷静に本質を見極める。そのためには、理解のプロセスが必要だよね。
俺が言いたいことくらいわかるだろ。
793. Posted by    2006年10月12日 20:31
最近痛くないのに紹介されるニュースが多いな
794. Posted by     2006年10月12日 20:31
※788
違う問題で答え覚えてても数字がかなり変わってたら解けないだろってことだ・・・
795. Posted by      2006年10月12日 20:32
>793
そりゃやっぱり、管理人の知性が痛いからだろな
796. Posted by     2006年10月12日 20:34
米791
おれもれも・・・
797. Posted by      2006年10月12日 20:35
やっぱりここの管理人てどうしょもないバカなの?
798. Posted by      2006年10月12日 20:36
どうしょもないじゃなくて、生きてることが間違いくらいのバカだよ、ここの管理人はね
799. Posted by いけ   2006年10月12日 20:36
*790
答えは?
800. Posted by     2006年10月12日 20:38
答えのみでバツにするなら問題文に式も答えるように明記すべき。
答えを求めよ、って問題なのに答えだけ書いたら不正解ってどーなのよ?

って小学生のときゴネまくったら担任の女教師が泣いた
801. Posted by      2006年10月12日 20:38
ところでここの管理人て、西村博之に雇われたプロ固定のネットウヨヤクザだって知ってた?
802. Posted by     2006年10月12日 20:38
米783
答え覚えなくても、隣の奴の見ればいいだろ
803. Posted by     2006年10月12日 20:38
>791
勘のいい人間なら、図形の対象性から「答えはおそらく正四面体だろう」と、プロセスを吹っ飛ばして推測だけはできるんだけどね。
804. Posted by      2006年10月12日 20:39
さすが、クズに雇われるのはクズだね
805. Posted by      2006年10月12日 20:40
屑屑倶楽部
806. Posted by     2006年10月12日 20:40
「結果が全て」というのは圧倒的に正しいが
そのベストの結果を出す確立を上げるためにはプロセスを学ぶことが大事なんだよな。
10回に1回にマグレでベストな結果が出せても意味ないし、そんなヤツが言う「結果は全て」は参考にならない。他人に真似できないから。
プロセスを学ぶってことは10回のうち6回、7回はベストが出せるようにするためのもの。「努力が評価される」とかそういうことを言ってるんじゃない。
先生から見れば、その過程を書いてくれないとその答えが、マグレなのかきちんとした過程の上に成り立ってるものなのか判断できない。だから誤答としてまで生徒にちゃんと書くことを教えるのは正しい。その後の指導方針も変わってくるしね

と文系の俺は解釈してんだけど、間違ってるかな。
807. Posted by るるぶくえすと   2006年10月12日 20:40
5 「ああ理系病ですよこれは。」
なんですか?それ??

「説明や記述が無くとも、自身が経験してきたルールが当然と考えてしまうものです。この先生は解答に求められる条件を定義していない様ですから。」
「真の理系ならば相手に疑問の余地を抱かせない美しい設問を行います。この半端さは理系として未完成であるのにそれを理解していない…理系病ですよ。」

治療法はないのですか?

「残念ですが…。」
808. Posted by     2006年10月12日 20:41
数学にどこまで国語を介入するかの問題かいこれ?
数学の式を書くということは多分一番最後にある文章問題とかその辺だと思うんだけど
式を書けという表記がない場合は
国語を強く介入するなら書かなくていい
数学を強く介入するなら書いたほうがいい
ただ数学のテストだからね数学介入するのが教師にとって感じがいいとおもうw
しかし、文章問題には文章理解という国語の部分も含まれているわけで
問題文というその問題が存在するためにある文章は絶対的なものであるはず
809. Posted by 808の続き   2006年10月12日 20:41
仮にりんご1個自分がもってて他の人から
さらにりんご1個もらいました
あわせて何個ですか?
という問題がでたとしておおよそ一般的には
式1+1=2  答えりんご2個
これは文章が理解できて式から導き出される
答えがあっている場合
式5+5=10 答えりんご10個
これでは式から導き出される答えはあってるが
問題文から導き出される答えではない
問題文あっての文章問題
その中に式を書きなさいというルールを組み込んでなかった場合には式を書かなくても問題ないという考え方もありだと思う
答えは大体の人は2だと暗算できるでしょう
ただし、あくまでテストはテスト
残り時間が十分に残っているとは限らない
もし、解答欄がありそこに入るであろう答え
りんご2個と
式の答えである1+1=2
これどっちを先に記入する?って聞かれたら
俺はりんご2個を先に記入しますな
長くてごめんね数学中学校卒業レベルなの;;
810. Posted by    2006年10月12日 20:41
青字が至極まっとうなことを言ってると思う
プロセスは大事だろ
なんでここの管理人は>>21や>>302を青字にしたんだ?
811. Posted by    2006年10月12日 20:41
プロセスを間違えたら答えが間違うのだから、答えがあってれば○
過程を知りたいのであれば、過程を説明せよという問題をつくるのが筋だな
812. Posted by 809結論   2006年10月12日 20:42
まあプロセス大事だけど三角ほしーってことですw
813. Posted by     2006年10月12日 20:43
俺は公式を覚えて無くてもなんとか自力で解くが、プロセスがめんどくさいので書かない。
大抵合っているが、凡ミスが多いことや時間がかかるのが弱点。
814. Posted by いけ   2006年10月12日 20:43
*803の解答ってあってるの??
815. Posted by     2006年10月12日 20:45
>814 合ってる
816. Posted by     2006年10月12日 20:45
社会に出る前の大学受験で数学を受験した奴ならこの教師の言っている事は十分理解できるだろうね。

東大の数学なぞ、文系で受験するならプロセスがあっていれば最終的な答えなんて重要視されないのに・・・

答えさえあっていればって算数の世界だろ。


数学という学問を教えるにあたってプロセスこそ大事という教師の言葉の何が間違っているのかわからん。
817. Posted by    2006年10月12日 20:47
米793
元スレもこの米欄も痛い奴だらけじゃん。
途中経過がなんで大切かわからない奴がこんなにいるとは…
ゆとり教育じゃなくて安直教育か
818. Posted by     2006年10月12日 20:47
まあどんな問題かわからないのに過程とかいってもなぁ…
中学の問題でも大問1とかなら途中式なくても解けたしな。
ケースバイケースだろ
819. Posted by     2006年10月12日 20:48
>>816
お前はアホかw
受験数学でプロセスを間違った結果正答になる確率はいかほどですか?w
マークシート受験の話か?w

と、ここまで書いてこの教師は、マークシート受験は全否定しないといけないなと気がついた
820. Posted by     2006年10月12日 20:48
中学数学で途中式を省いてた奴が、高校や大学の数学の途中式をまともに書ける訳が無い。

後、スレ住人と言い管理人と言い、中学数学ナメ過ぎ。
821. Posted by     2006年10月12日 20:48
>>809
勝手に「残り時間が少ない」とか舞台設定してる時点で詭弁だよなそれ。
822. Posted by     2006年10月12日 20:49
>813

君は高校生?

すげぇ勘違いをしているようだから言うけども、数学でいうプロセスってのは公式を覚えて使うことではなく、公式がどのようにして出来たかを理解して問題を解くという事なんだけどもね。。
823. Posted by    2006年10月12日 20:49
毎度学術系のスレで目立つ、
『こいつ(あるいはこの考え)は間違っているから文系、やっぱりオレ(理系)って頭いい』
という韓国脳なレスが笑える
824. Posted by     2006年10月12日 20:50
公式を覚えるのが嫌で、縮小した図形の辺を定規で測って面積出してた俺

手順が大事とか言うけど、他の手順で割り出しても×付ける癖によく言うよな
825. Posted by     2006年10月12日 20:51
これは大事だな。中学のときからこういう考え方はもってたほうがいいにきまってる。
高校では答えはさほど重視されないぞ。うちの高校は。
826. Posted by     2006年10月12日 20:51
あげあしとり祭り
827. Posted by 816   2006年10月12日 20:52
816なんだが、米819が俺に言いたいことがよく分からんのだが・・・・

東大ですらプロセスを重要視しているというのにって意味で書いたつもりなんだけど?
828. Posted by ´・ω・`   2006年10月12日 20:52
気持ち悪くてスレの内容全部読めなかった。サムすぎ。
829. Posted by     2006年10月12日 20:53
>>790は外接か内接かどっちだよ。
830. Posted by    2006年10月12日 20:53
>>815
どんな形か、だけでいいのか
一辺の長さがどうとかそういうのが必要かと思ったよ
831. Posted by ふ   2006年10月12日 20:54
答えだけしか書いてなかったら
真っ先にカンニング疑うけどなあ……
832. Posted by     2006年10月12日 20:55
途中の思考が要らないとか重要ではないとは(たぶん)誰も言ってない。

「解答欄に答えを記入」 としか設問に書いていなかったら、例えばあれこれグシャグシャに書き込んだ途中の計算式を消しゴムで消したとしても減点しちゃイカンだろと。

俺が学生の頃は計算が長くなる問題なんかは計算用に紙が用意されていて、解答用紙には答えだけ書き込む様になってたりもしたな。
もちろん解法を示す必要がある問題は解法を解答欄として書く欄があった。

情報処理や簿記等の資格試験だって、計算式の解法抜いたって減点になんかならんし、考えがいくら会っていても数値が違えば当然不正解。

「普段の勉強」ではなく、「試験」とはそういうもの。

何かの偶然で1〜2問答えが合う問題があったとしても、理解が出来ていなければ理解している人間ほど点は取れない。

過程を明記しないと「試験でも意味無い」って、マークシート全否定じゃん。
833. Posted by     2006年10月12日 20:55
カンニングかどうかはそいつの過去の成績から判断するだろうよ。
834. Posted by    2006年10月12日 20:56
答えが合ってる事を最重要と考えて良いのは厨房までだな。
それ以上になったらそれ以外がどんだけ重要か身に染みて感じる事になると思うよ。
835. Posted by     2006年10月12日 20:57
>>827
だからさ、プロセスは不要とはかいてないだろ?
数学における正答というのは公式を知っているか自分で編み出し、正しく組み合わせ、正確に計算することが必要とされるんだよ
でな、解答があってたということは逆説的に正しいプロセスが踏まれたと判断してよいわけだよ

そこで計算は間違ってもいいんだ!
プロセスがあってれば!
というのは違うのではないですか?という話ですね
計算も合わねば意味が無い
というか、答えがあってる(=プロセスもあってる)人とは比較にならないのでは?
836. Posted by     2006年10月12日 20:58
>819
たしかに、センターとか駄目だよな。
ルートの中にマスが1つしかなかったら2、3、5、7のどれかしかはいらんし。
837. Posted by 815   2006年10月12日 20:59
>>829 内接でも外接でも同じ
>>830 790の意図を読むと、形だけで良いと思う。一辺の長さまでは直感では分からん。
838. Posted by      2006年10月12日 20:59
まあ別に過程を書かなくてもいいじゃんって思っている奴はそれでいいんじゃない?
ただし東大,京大,早稲田等には入れんがなwww
839. Posted by    2006年10月12日 20:59
>>832
マークシートというものがどうして存在するのかちょっと考えてみろ。
たかだか数百人の添削で答えだけしか見てる暇ないとかありえないだろ?
840. Posted by     2006年10月12日 20:59
中学数学って二次関数くらいまでだろうけど、
高校数学の回答では確かに二次関数の解を求める式なんていらないと思う。
ただ中学数学の回答でそれが無ければ、一体解答欄に何を書くんだろうか?
841. Posted by     2006年10月12日 20:59
低脳どもが少ない知識を必死にひけらかしてるな
842. Posted by     2006年10月12日 21:00
テスト用紙に式を書け
と書いてなかったら、書く必要無いと思う
843. Posted by     2006年10月12日 21:00
>>838
だから過程抜きに正答を出すとして、ほんとに過程を知らないやつが正答を導けるはずがねぇだろw
844. Posted by 815   2006年10月12日 21:01
>>829 間違った。内接と外接で同じじゃないじゃん。でも、外接だったら形は無限に出来るから、内接だ って予測できるよね
845. Posted by         2006年10月12日 21:02
この先生はもっともな事言ってるとしか思えんがね。
もっとも通りこして当たり前の事言ってるというべきだと思うんだが。

なんでこれ痛いニュースに来てんの?
846. Posted by このコメントは削除されました   2006年10月12日 21:02
このコメントは削除されました
847. Posted by     2006年10月12日 21:02
>>837

球に外接する、なら違うぞ。
848. Posted by 816   2006年10月12日 21:03
あのさ、米832が米819なんだと思うから言うけど、

マークシート(特にセンター試験)の数学の問題ってさ

大問の流れが
問1→その大問の種類(三角比とか微分積分)とかの簡単な問題

問2→その大問の根幹を知っていなければ解けない問題

問3→問2の考え方を使って解け

って流れになっているんだよ。


マークシート自体に反対でもセンター試験に反対が出ないってのはこういうプロセスにきちんと則った出題方法をしている訳。


無論、ものすごい能力のある奴なら問2が解けなくても問3が解けるような事があると思うけど、普通の高校生が問3まで完答するためにはプロセスを知っていなければならないんだよ。


まぁ×にするのはやりすぎだと俺も思うけどね。
849. Posted by     2006年10月12日 21:04
とりあえず、
過程を書くことが必要

過程を知っている
ということはまったく別の問題だけど、混同している人が多いですね

過程を書くように最初から指示しなかった教師に落ち度があると思うのですが
850. Posted by     2006年10月12日 21:04
筆者自身が納得してるんだから
別によくね?
851. Posted by     2006年10月12日 21:04
米837
外に接するだったら全然違うと思う

そして俺は
○■のような図を考えてかなり苦悩した
852. Posted by    2006年10月12日 21:05
米850
筆者も含めて痛いニュースなんだろ。
853. Posted by     2006年10月12日 21:06
DIO様に逆らう愚か者がいると聞いて飛んできますた
854. Posted by 790   2006年10月12日 21:06
>>829
内接のつもりだった。スマソ。

>>837
あたりがつけば一辺の長さを求めるのは簡単じゃないか?いや、790でコメントしたときはそんなことまで考えてなかったけど。
855. Posted by     2006年10月12日 21:07
だからこれは「おバカなニュース」だと言っているのに・・
856. Posted by     2006年10月12日 21:07
>>844
外接なら頂点のうち3点が無限遠以外に答えあるか?
857. Posted by       2006年10月12日 21:07
どーでもいいだろw
なんでこんなどーでもいいことで米伸びてんのw
858. Posted by     2006年10月12日 21:07
皆、逆に考えるんだ。「プロセスも含めて答え」と考えるんだ。ていうかウチの学校それだしな。
書かなくてはならないものがあらかじめ設定されていて、それが書かれていないと減点、それが書かれていれば計算ミスでも部分点もらえるし。
マーク試験とかになっても証明問題とかはプロセスの穴埋めが出るから、この考えはマーク試験でも通用すると思う。
授業でも書けって指導されるし、独自の解法も別解として(先生の検討の上で正しいと判定されれば)認めてくれるから、多少違うのかもしれないけど。

ただぶっちゃけると、計算過程書けって言うのはつまるところ、








カンニング防止だろ?
859. Posted by     2006年10月12日 21:08
>米835

まぁセンターレベルの簡単な問題すらケアレスミスするレベルだとお話にならない問題だと思うけども、

東大や医科系大学の問題になると話が違うだろ。


一つの問題で計算のみでA4用紙丸々一つ使うような問題で、どこか一つ符号を間違えただけでプロセスまで否定されるやり方はおかしい。

そもそも思考力を試している訳で、計算力を試しているんではないだろうが。
860. Posted by     2006年10月12日 21:08
ところで1にある漫画のタイトルをそろそろ正式名称で教えてくれないだろうか?
861. Posted by     2006年10月12日 21:09
数学は明らかにプロセスが大事。
管理人の抽出レスがおかしい。

答えが合ってれば正解だとかほざいてるやつはアホだ。
社会では答えが大事とか言ってるやつもアホだ。
数学という学問と実生活をごっちゃにしてるんじゃねえよww
862. Posted by     2006年10月12日 21:10
俺は中学も高校も、プロセスか答えかあってれば△にして1点引かれる程度だったが。
皆よほど×にされたのか
863. Posted by     2006年10月12日 21:10
米844
馬鹿正直に無限だろって思ってた件について
864. Posted by     2006年10月12日 21:10
ここでバルキスの定理の出番ですよ
865. Posted by     2006年10月12日 21:10
数学の解放なんて一つだけとは限らない。
どんな解放でもいいから答えがわかれば良いと思うのだが。
866. Posted by    2006年10月12日 21:11
【結論】
大人の常識に縛られるなんてもうたくさんだ!!
これからは俺が常識を創ってやる!!
これは改革だ!革命なんだ!!!
867. Posted by いけ   2006年10月12日 21:11
*860
ファイブスター物語

根拠を示さない持論展開とか,脳内理論と言われるご時世だからな.論理的な説明が出来るのは,答えが分かるのと同様に大事だとおもう.
868. Posted by     2006年10月12日 21:13
※864
ここでそれを説いたらあなたは英雄
869. Posted by    2006年10月12日 21:15
>>865
だからどんな解法でもいいからそれを書けって言ってるんだよ
書いて不正解にされるならその解法が理論的に間違ってる
870. Posted by 832   2006年10月12日 21:16
>848
俺は819ではない。

>普通の高校生が問3まで完答するためにはプロセスを知っていなければならないんだよ。

意味的には俺も同じ事を書いているのだが。
871. Posted by     2006年10月12日 21:19
てかどちらも同じことを言ってるようにしか見えないんだが
872. Posted by    2006年10月12日 21:20
今回の青文字レスが正しく感じる俺はおっさんです
873. Posted by このコメントは削除されました   2006年10月12日 21:21
このコメントは削除されました
874. Posted by    2006年10月12日 21:21
プロセスが大事とか言ってる奴は独り相撲を取っているように見える。
問題は大事かどうかじゃなく、書くか書かないかだろ?
カンニング対策というのが正しい。
875. Posted by     2006年10月12日 21:21
要は解答欄か教授がいつも言ってない限り答え以外の途中経過は解答用紙のスペースをみて空気嫁ってことだろ
876. Posted by     2006年10月12日 21:21
>>849
プロセスを知っていて、それを解答欄に書かないってのは、
「プロセスを書けって言っていないから教師が悪い」のではなく「プロセスを知っているのにあえて書こうとしない生徒」に問題があるだろ。

そもそも自分は本当に理解してますってアピールをしないでどうする。自分の能力を他人が分かってくれないって言っているようなもんだろ。

まぁ中学生ならそういう事にうといかもしれないが、これがいい経験になってこれからはちゃんとアピールできるようになるかもしれない。

この筆者のように、妙にひねくれて訳の分からん自分の答えを出すような奴が将来のニート予備軍とかになるんじゃないのか?

普通の奴は、テストでいい点を取るために自分が理解しているという事をこれからはアピールしようって思うだろう。

教師の言っている事も正論だし、これから生徒が社会に出て行く上でも必要な事を教えたんだと思うけどな。
877. Posted by    2006年10月12日 21:23
答えを最後の計算ミスで間違えたけど、途中計算は完璧だったので満点だった時があったな。
先生曰く「ちゃんと計算過程を理解していたから」と言っていたが、
これはこれで問題だったのではと悩む時がある。
878. Posted by      2006年10月12日 21:26
途中式が全部あってたけど何故か回答だけが符号を+じゃなく−にしてて全滅したことなら多々ある
879. Posted by    2006年10月12日 21:26
米876
君にこの言葉を送ろう。

「そういうことは口で言えよ〜」
880. Posted by     2006年10月12日 21:27
>>860
ふしぎ星のふたご姫Gyu!!
だよ
881. Posted by       2006年10月12日 21:28
いつの時代の採点だよww普通部分点貰えるだろうがw
882. Posted by    2006年10月12日 21:29
答えだけ気にするのは算数 
なんでその答えが導き出されるのか公式を利用して説明するのが数学 
答えと同値の数字でも意味が違う場合がある
答えだけ書いて丸もらえると思ってるなんてどこの屑だよ

と現役の俺が言って見る

883. Posted by     2006年10月12日 21:29
計算の答えを出すのはコンピュータだからな。
人間はその過程さえ与えればOKなわけですよ。
よって、計算ミスなんかどうでもよくて、式さえ合ってれば問題ない。
884. Posted by     2006年10月12日 21:32
いや両方必要だろ
常識的に考えて
885. Posted by    2006年10月12日 21:36
問題文に「答えろ」って書いてあったら、何も知らない奴なら答えを書くだろ。
「計算ミスなんてどうでもよくて、式さえ合っていれば問題ない。お前は答えしか書いていないから×」なんて落とし穴があるとは思わない。
886. Posted by    2006年10月12日 21:36
>>884
だから大半がそういってるじゃないか
誰がプロセスだけ記して答えは書かないなんて言ってるんだ
887. Posted by     2006年10月12日 21:37
計算だけあってればいいってやつは、
数学じゃなくて算数をやってろ。

プロセスは高校数学や大学数学でって言ってるやつは、
数学をわざわざ義務教育期間中である中学でやる意味を考えろ。
888. Posted by     2006年10月12日 21:38
なんでその数字が出たの?
その数字はいったい何なの?
数字だけ書かれても普通意味わからんし
889. Posted by ヴァルター・ヒュードラー   2006年10月12日 21:38
誰も、1の画像にふれない点について...
ミース・シルバー・バランシェの解答なんだがなあ...
890. Posted by     2006年10月12日 21:40

この中学生ですら先生の一言で理解できたのに
中学生以下のお方が何人かおられますね
891. Posted by     2006年10月12日 21:40
山頂に登頂するルートは幾つもある。
新しいルートを発見する者が、天才と呼ばれたりする。
892. Posted by     2006年10月12日 21:41
回答自体は合ってるのに×にするってのは
数学的思考とやらに反しないのか?
893. Posted by 現役大学生   2006年10月12日 21:41
んで、この先生は問題用紙に「途中経過を解答用紙に明記すること」とか「解答欄に途中式は消さずに残しておくこと」とか書いたのかな?

それかいてなかったら生徒側に非はなくなるだろ。

でも、数学で大事なのは過程。それはまちがいない。
894. Posted by     2006年10月12日 21:41
っていうか一般入試問題でも途中式必要な計算問題あるから
そのことを言いたかったんじゃないのかな?
895. Posted by    2006年10月12日 21:42
とはいえ頭のマンガのような人にはプロセスなんて返って邪魔なんだがな。
896. Posted by     2006年10月12日 21:45
米148
途中式を書く訓練をすれば「そんなものは書く必要はない」って気づく。大事なことを抜粋し、なおかつ全体の流れがわかるように書くものだろ。高校受験でもこれくらいはしたぞ。
事実1問10点(テストは100点満点)のうち配点比は 途中式:答え=8:2 だったぞ
897. Posted by 天才   2006年10月12日 21:46
右脳が高度に発達している俺には、無理だな。
898. Posted by    2006年10月12日 21:46
>>895
頭のマンガのような人は中学のテストなんかで点数悪くても問題ないだろ
もっと大きなところで大きな成果を残せるような天才だろうし

まぁこのスレや米欄で過程は要らないなんていってる奴は
大半がものぐさか天才と勘違いしてるかどっちかだろうな
…稀に天才がいたりして。
899. Posted by    2006年10月12日 21:48
文系引くわぁ・・・
900. Posted by 898   2006年10月12日 21:48
やべぇ、すぐ上にいたwwwww
901. Posted by     2006年10月12日 21:48
公式覚えてなくてその場で別の計算法考えたらほめられたことが有ったなぁ
902. Posted by     2006年10月12日 21:49
中学の時はどうだったか忘れたが、
高校の時はしつこいぐらい「絶対に途中式書けよ」って言われたんだが。
この教師も不正解にするならするで事前に警告する必要が有ったはずだ。
903. Posted by    2006年10月12日 21:49
まぁ数学の名を冠している限り途中式を書くべきだろう。
数学という学問をやっている以上、マークかただの計算問題じゃない限り答えだけでいいってことは有り得ない。
まぁこの教師がそれを教えていないとしたら生徒は悪くないが。
904. Posted by     2006年10月12日 21:50
米902-903
同意。教師が説明してないなら悪くない。
905. Posted by     2006年10月12日 21:51
空気読まずにあの画像の詳細が欲しいな
906. Posted by    2006年10月12日 21:51
>>904
ちょwwwおまwwwwww
都合いいとこだけ抜粋しすぎだろwwwwwww
907. Posted by     2006年10月12日 21:53
なんか最近「痛いニュース」というより議論沸騰なニュースの紹介増えてない?
908. Posted by    2006年10月12日 21:54
よげんしが使えるとか使えないとかな
909. Posted by     2006年10月12日 21:55
中学ぐらいの問題ならプロセスなんて簡単だろ
教えられた通りにそのまま書けばいいんだから
暗記だろ

この教師がプロセス書けよって言わなかったんなら教師がアウトで
言われてて書かなかったのなら生徒がアウトだな
910. Posted by ヽ(´▽`)/   2006年10月12日 21:57
結局生徒はカンニングしたんだろヽ(´▽`)/
911. Posted by     2006年10月12日 21:59
でも小学校で方程式使うとペケになる場合が…
912. Posted by HH   2006年10月12日 22:00
数学の話題なのにプロセスどうでもいいとか言ってる奴は
まともな数学を勉強したことないんじゃねえの?

プロセスも示さない答えなんか何の意味もねえよ。

もちろん教師があらかじめそのことを口を酸っぱくして言っとかないといけないんだけどな。
中学生レベルだとまだ数学がどんなものかしっかり理解できてないだろうし。
913. Posted by 通りすがり   2006年10月12日 22:02
テストで毎回答えしか書かなかったらそのうち容認されましたが?w
914. Posted by    2006年10月12日 22:02
数学が出来ない、可哀想な低脳ばっかりってことが
2chの反応と米欄を見てよく分かりました^^
915. Posted by にゃ   2006年10月12日 22:04
数学ができないやつは基本的に学問はできません。
916. Posted by     2006年10月12日 22:07
>>913
だから??君が自分の学校でその謎な信念を押し通して、君に何の利益があんの?

その学校で容認されたからといって受験で容認される訳じゃないだろ??

何を勘違いして勝ち誇ってるの?
917. Posted by あほな理系   2006年10月12日 22:10
結果が大事なのは事実。

ただ、その結果が間違っていた場合、どこで間違ったかを辿って、必要最低限の労力でリカバリするために過程を書く。
プロセスがないと一番初めからやり直しだ。
918. Posted by     2006年10月12日 22:16
この前の核の記事といい、管理人は頭がずれてきてるんじゃない?
919. Posted by     2006年10月12日 22:17
数学は過程が書いてなければ意味ないという奴は文系脳だな
そして悲しいくらいに文系脳の奴が多くて嫌になる
この数学教師とやらは文系出身なのは断言できる

途中の式を書こうが書くまいが答えがあっているなら
彼は正しい思考過程を経ているという証明になる
過程をすっ飛ばして適当に答えたら連続で正しい答えは出ない

プロセスを書くのが大事とかいってるのは
部分点狙いのセコい勉強法をしてきた本当は数学が得意でなかった奴だろ
920. Posted by にゃ   2006年10月12日 22:20
>>919
わかった。
お前は結論だけ書いて、論文を提出してみろ。
921. Posted by 、   2006年10月12日 22:22
プロセスは絶対書け派
「常識的に考えて途中式わかってるなら書かないとダメだろ」

プロセスは必要じゃないかぎり要らないよ派
「常識的に考えて途中式書けといわれてなかったら要らないだろ」

どちらも途中式をできることを前提にしてる罠
922. Posted by     2006年10月12日 22:22
おいおい、そんなこと中学の数学じゃ常識だろ

プロセスと答えの両方が完璧にそろって初めて正解

これ常識
923. Posted by    2006年10月12日 22:23
数学の話から論文に飛んでる辺りが文系脳?
924. Posted by ふ   2006年10月12日 22:24
マークシート形式のテストは全員零点だな
925. Posted by    2006年10月12日 22:26
米922
>>1を見たところ、それを教えてなかったっぽいのが問題なのでわ。
最初から「過程がないと×」と教えてたら、疑問を抱いたも何もないんだから。まあ、この生徒が聞いてなかっただけかも知れんが。
926. Posted by     2006年10月12日 22:26
青文字の定義は何だ?とか言ってるけど
別に定義する必要はないだろ
大体少数派意見の書き込みだと思うけど
927. Posted by にゃ   2006年10月12日 22:26
>>923
お前なぁー 俺は物理学科のばりばりの理系だっての。
まあ確かにね。数学科や物理学科の理論系と違って、工学系は途中過程に五月蠅くないのは知ってるが、いくらなんでも程度ってもんがあるだろ。一体どこの大学いってんだよ。
928. Posted by      2006年10月12日 22:27
だいたい高一ぐらいの問題ならパッと見て分かってしまうボクはどうしたら良いんでしょうか?

積分とかでもそのパッと見て思いつくのを数回繰り返したら答が出ます。

中3です。
929. Posted by ・   2006年10月12日 22:29
余程特殊な問題でもない限り、学校でやるような数学で
経過を書き付けること無しに答えだけ出すなんて、不可能ていうか相当効率悪くね?

答えだけ丸覚えして評価もらえないのは当たり前

それともわざわざ答案スマートな俺かっこいいとか思ってんじゃないだろうなガキども
930. Posted by    2006年10月12日 22:29
「数学」の話と「処世術」をごっちゃにしてる低脳が大杉…
931. Posted by にゃ   2006年10月12日 22:30
>>928
積分を教えるのは高三なんですが・・・
( ゚Д゚)y―┛~~ん?
932. Posted by     2006年10月12日 22:31
※928
悪いけど、数学が好きなら普通
933. Posted by ハイハイサー   2006年10月12日 22:31
要するに、教師がテストの該当問題に「途中式も書け」と記入すれば良かったと思うわけで…
934. Posted by     2006年10月12日 22:32
※919
その過程を正しく第三者に示せるかどうか、までが数学なんだよ。
自分の脳内で納得していたらクイズでしかない。
理数系の場合は、考えうる最も簡潔な方法で解かないと、正解していても怒られるよ。
※924
大学受験などのマークシート形式の場合、数学は計算の過程を穴埋めする問題になっている。
935. Posted by CX   2006年10月12日 22:32
米928
はいはいワロスワロス

二次試験なんて完答出来るほうが珍しいわ
936. Posted by にゃ   2006年10月12日 22:33
数学は問題を証明するのが本当の数学で、定理をあてはめるだけの高校数学はぶっちゃけ外道なんです。
高校数学しかやってない人はよく勘違いするんですよね・・・
937. Posted by wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww   2006年10月12日 22:34
この記事の一番の欠陥はどんな問題か乗せてない点にある。
938. Posted by ds   2006年10月12日 22:35
米932が痛い件について
中三で高三の数学なんて数学好きなら解けて普通ですかw
939. Posted by     2006年10月12日 22:35
>>928
直感で答えがわかったところで、その過程を他人に示せなければ脳内乙で×。
過程が無くて答えだけという、榎木津みたいな能力では
社会的にまるで信憑性が無いんだよ。
940. Posted by    2006年10月12日 22:36
*928
釣れますか?
941. Posted by    2006年10月12日 22:36
米927
お前が何学部行ってるかなんて興味ない。
数学問題において過程を書くことの重要性を巡って話をしているときに、いきなり「過程か数に論文書いてみろ」と言い出す脳の構造を言っている。

米929
問題用紙に書いた計算を書き写すのが面倒だ、ってこともあるだろ。
942. Posted by     2006年10月12日 22:36
※931
※928の言った積分は現行過程の供△弔泙衂堋蠕冓までの糞簡単な範囲かもしれないじゃないか
943. Posted by     2006年10月12日 22:37
>>924
>>924
>>924
944. Posted by     2006年10月12日 22:37
公式なんて面倒な計算のプロセスをすっ飛ばすためにあるんだろ?
答えにたどり着く道筋は無数にあるけど
そこをどうすれば上手くショートカットできるかを考えるのが数学でないの?
無駄な途中式なんて書いてるほうがよほど数学的センスがないと思うがね

その公式を考え出す能力を問うならともかく
ただの計算問題で途中式を無駄に書いてる方が数学的な能力不足なんだよ

代数幾何って公式覚えて無駄な計算のプロセス省くための練習と違うのか?
945. Posted by     2006年10月12日 22:38
>>919
高校、中学では中身を理解することが大切なんだから
それを確認する為にやらせてるんだろ。
そもそも先生の意図をわかってるのか。
お前はマークの枠でも塗りつぶしてろ。
946. Posted by ,   2006年10月12日 22:40
まあ数学なんて糞役にも立たないからどうでもいいじゃん。英語だけやってれば何とかなるよ
947. Posted by    2006年10月12日 22:40
問題(あるいは、テストのねらい)による、というしかないと思うけど。

基本的に、証明問題でもない限り、プロセスの明示は不要じゃない?(条件や定義域の明示は当然必要だけど)

まぁ、プロセス(というか、方針)を示さなかった場合、途中で計算ミスしたとき0点になっても文句は言えないけどね。
948. Posted by     2006年10月12日 22:40
これ青と緑逆だろ
949. Posted by     2006年10月12日 22:41
(笑)
950. Posted by    2006年10月12日 22:42
>>944
先人が考えた上手くショートカットできる方法までも無駄といって書かないのかm9(^Д^)
951. Posted by にゃ   2006年10月12日 22:43
なんつーか、コメント読んで頭痛くなってきた・・・
高校数学は一応、大学で勉強するためにも習っておくべきものなんですよ。で、大学では過程が非常に重要視されるの。
例えば、有名な量子力学じゃ、答えそのものはsin関数で書ける簡単なものだけど、その前の導出過程が鬼むずい。
そういった練習をするために、過程を書く数学を勉強してるんですよ。
テストで良い点を取るために、文部科学省はテストを作っているわけじゃないんです。
952. Posted by    2006年10月12日 22:44
自分はずっと文型だけど数学に限らず青字が正しいと思う。
この答えが正しいんだって答案用紙に示すのがテスト。
結論だけで説得できる問題は少ない。
953. Posted by    2006年10月12日 22:44
>156
そのとおりだな
全く話してないならその教師の自己満に過ぎない

ちょっと違うけど、数学の定期テストの前には先生、「途中式を全く書かなかったら0点だから」とか「問題を解けなくても部分点だけで7割はあげる」なんてよく言ってたな
954. Posted by     2006年10月12日 22:44
こういう記事が伸びるの見るとここってやっぱ中高生が多いんだなと思ってしまう。

955. Posted by    2006年10月12日 22:44
米941
数学と論理学は「集合」を除いて互換性があるんだが…

数学の論理構造は、論理学のそれに相当するものであるから
「論文」のように論理的な構造が強く要求される場面において、
「プロセスを無視して結論を書くこと=実験方法も書かずに結果だけ書く」
みたいなこと言いたいんだろ、多分

2chで言えば、「ソース:俺」状態になてるんだよ、低脳
956. Posted by AIKIMARU   2006年10月12日 22:45
ガキの頃の俺なら反発する。
今なら教師の言うことが解るね。
957. Posted by     2006年10月12日 22:47
※944
省略っていうのは必要最低限のことを残さなきゃいけないんだよ、じゃないとただの欠落だ。

「公式を使ってときました」にしても、最低限「どこ」を「どのように」考えて「このように」公式を使いましたっていうのは必須だ。
掲示板でソースを求められて、「脳内です」なんていったらいくら正しくても信じてもらえないだろ?
958. Posted by    2006年10月12日 22:48
米947
そーそー、俺はそう教えられたんだよ。
「答えだけだと途中で一箇所でも間違ってたら0点になるけど、分からなくても途中計算がかかれてれば点数やるぞ」みたいな。
そのせいで俺は、「そんなセコイ点数の稼ぎ方をするか。正答すりゃいいんだろ、正答すりゃ」と思って答えだけの回答を続けた。
そういうことがあるから、事前に『過程を書かなければならない理由』をきちんと教えてくれないと困るんだよ。
959. Posted by     2006年10月12日 22:48
分かってない、答えだけ書いて合ってるならまだいいが、頭の中の計算が間違っていたらその場で不正解だろ、けど途中計算を書いていたらおまけで少し点をくれるかもしれないじゃないか。中学・高校レベルならそういうおまけ点がもらえる事が多々あるだろうに。
960. Posted by     2006年10月12日 22:49
中学のときは暗算かメモ書き程度で解はでたし、プロセスを要求するのは証明問題だけでいいと思うんだが。
米931 俺は高二で習ったけど?
961. Posted by     2006年10月12日 22:49
文系だが、これは当然だと思ってた。
過程も正しく理解出来て、初めて正解になる、そう思うのだが。
962. Posted by ぬるぽ   2006年10月12日 22:50
なんかさ
途中式を回答に要らないって人は問題用紙で途中式を書く事を前提にしてる気がするんだが
963. Posted by     2006年10月12日 22:51
暗記物じゃなければどんな科目だろうと過程なり論拠が大事だよ。でも、求められたもの以外を回答したって点にならない。

この教師、テスト後にルール変えたんだろ?
DQNとの付き合い方は中学時代から学べってことだね。
964. Posted by      2006年10月12日 22:51
今回ばかりは青字に同意せざるを得ない


中学で〜 とか言ってるが、高校入試のときの数学でも途中の式は書く必要があるはず
965. Posted by     2006年10月12日 22:53
中学の数学では答えを出すよりも過程の計算式を書くのに時間がかかった
しかし途中式書けといっても
9+8=(10-1)+8=18-1=17
とかそういう意味ないレベルの式にしかならなくないか

中学の数学の途中式を思いっきり単純化したらそういう感じじゃない?
966. Posted by     2006年10月12日 22:54
世の中には特殊な数学能力の人がいるらしく、
式を見ただけで答えが即答できるが、
解法を人に説明できない。

本人は見ただけで答えがわかるので、
そんな当たり前のことを人に説明するのが難しいらしい。
967. Posted by       2006年10月12日 22:55
まともな大学受けたこと無い、
受けることも出来ないバカが多いインターネットでつね^^

旧帝くらい受けてる教養のある人なら
「途中式書かなくていいじゃん」
なんて程度の知れる発言はしません^^
968. Posted by      2006年10月12日 22:57
※966
他人に説明できなければ、世の中では認められません。
969. Posted by jj   2006年10月12日 22:57
結果とプロセスの問題は一概にはいえないので良しとする。

一つ気になるのは生徒が「答え」と「解答」を使い分けていること。
使い分ける理由は恐らく先生から「答え」と「解答」の言葉の違いを教えたためと推測できる。

・先生は抗議があってもはねつける予防線を張っていた。
・生徒が違いを知ったのは文からして抗議の後。

推測が当たっているのなら
中学生を相手にこのやり方は卑怯だな。
言葉は厳粛であるべきだが、普段から意識して使い分けている先生がどれだけいるかも怪しいのだし、間違える生徒は単純に悪いが、それ以上の問題が先生側にあると思う。
970. Posted by にゃ   2006年10月12日 22:59
>>967
まーだろうな。
俺が中学生の時でも、応用問題に途中式書かないでバツ食らったやつはけっこういた。
このサイトに来てると、なんか日本の将来が日々心配になってくるぜ・・・('A`)
971. Posted by     2006年10月12日 22:59
>過程も正しく理解出来て、初めて正解になる

これが正しいよ

そして逆もまた真なりで正解を出してるなら過程を正しく理解できてるということ



過程を書いてなければそれを理解してないと解釈するのはいかがかと思う
972. Posted by ガッ   2006年10月12日 23:01
米967
問題と答案をみないでそんなことを言えるあなたは神か悪魔か基地外かはたまたそのテストを受けた人ですか?
973. Posted by にゃ   2006年10月12日 23:01
>>971
いや、その対偶は通らないw
過程を覚えていなくても、答えだけ暗記するやつ結構多いからなw
974. Posted by     2006年10月12日 23:01
テストで過程を書かないで解答すると、後々返却されてきたときに誤答について、どこを間違えたのか分からなくなることもあるから、学力を伸ばしたいなら出来る限り途中式は書いたほうがいい
975. Posted by もんもんもん   2006年10月12日 23:04
先生は間違ってないでしょ。一応中学数学でも数学なんだからルールくらいまもろうよ。
976. Posted by    2006年10月12日 23:07
>>969
推理wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
977. Posted by    2006年10月12日 23:07
米955
>「プロセスを無視して結論を書くこと=実験方法も書かずに結果だけ書く」
>みたいなこと言いたいんだろ、多分
俺はそれが飛躍だと言ってるんだがな。特に米919への返答としては。
俺は919でもないし、919の主張に賛同しているわけでもないが。
978. Posted by       2006年10月12日 23:07
この厨房のイニシャルがS.Mなのが、深い。

ツンデレプレイ中なだけかも。
979. Posted by     2006年10月12日 23:07
米971
「過程が正しい」⇒「正解」
という命題の対偶は
「不正解」⇒「過程が間違っている」
なんだが…

ちなみに「⇒」っていうのは「ならば」って意味でつよ^^
中学の問題ですよ^^
980. Posted by    2006年10月12日 23:08
カンニング防止の意味合いも強いんじゃないかと。
981. Posted by     2006年10月12日 23:09
結果が全てといいながらも、途中のプロセスを見直すことで次回の成功に結びつく。
失敗したら全てを捨てる考えが定着するんだろうな。この糞ガキ。
982. Posted by    2006年10月12日 23:09
数学的に、
「〜の値はいくらか」
なら、答えだけでOK。
「〜の値を導け」
なら、過程も書かないとダメ。

過程を書かせたかったら、
初めから答えを出しておけばいい。
983. Posted by     2006年10月12日 23:10
※979
いや、単純にこれは逆も成り立つんじゃないかっていう主張だとおもう。
対偶とは書いてないしね・・・いずれにしても見当はずれだと僕は思うけど。
984. Posted by にゃ   2006年10月12日 23:10
>>979
おっとみすった。すまん。
逆証明って言葉でいいのかな。
数式ばかりみてると、やっぱ日本語がおかしくなるんかな。。
985. Posted by     2006年10月12日 23:10
俺はカンニング対策だと思ってた

ただ「過程を書け」の理由がそういう理由だと知ったら今の親が学校になだれ込んで来るんじゃないかな
986. Posted by     2006年10月12日 23:11
中学で答えだけ暗記すればいい問題なんてあったっけ?
カンニングとか前提にされると答えだけでは怪しいとかになるんだろうけど
ただの計算問題では途中の過程もなにも暗算で答え出るならそれでよくないかな

計算ミスをよくする人なら途中式は書いた方がよさそうだが
987. Posted by    2006年10月12日 23:12
そんなことで学校になだれ込むような親が子供のテスト内容なんて見るとは思えない
そういう奴は大体頭悪いから、自分から子供にそれを曝すようなことはしないだろwwww
988. Posted by       2006年10月12日 23:12
※967
教養のある人なら^^を多用して
煽りなんかしないらしいですよ^^
989. Posted by     2006年10月12日 23:13
>>982
数学的には、設問で最も多いと思われる「次の問題を解きなさい」で
プロセスを書く必要があるんじゃないか?
990. Posted by    2006年10月12日 23:13
米979
「逆もまた真なり」って言うのは、「これこれが真だから対偶も真」とは違うだろ。
「これこれは真です。そしてまた、逆の場合も真です」って意味で。
991. Posted by     2006年10月12日 23:14
アメリカだと、答えが間違っていても
プロセスが正しければ少しだけ点数もらえたりもするよ?

奴らが天才と馬鹿の二分化されてて
天才はとことん天才なのは、そういう考える要素を鍛えられてるからじゃないのかえ
992. Posted by 警官   2006年10月12日 23:15
『キング・クリムゾン』ッ!
過程は全て吹っ飛ばした!
『結果』だけが残るッ!!

…過程を大事にしない奴は真実を見失うぞ。
993. Posted by     2006年10月12日 23:16
マークシートならおkだったのにな
994. Posted by     2006年10月12日 23:17
>>986
いちいち「筆算を書け」とか言ってるわけではないからな。
文章題等で、答えだけ書いてあったりするのが遺憾と。
995. Posted by     2006年10月12日 23:18
過程が間違えてても解答があってるっていうことが実際あり得るんだから、過程は書くべきだろ
996. Posted by だめぽ   2006年10月12日 23:19
回答にいきなり書かないだろ・・・
普通の奴なら問題用紙で二回くらい解いてから解答欄に書き始めないか?

その上で俺は解答欄がの大きさによっては途中式は要らないっていってるんだが・・・

もしかして俺が壮絶に勘違いしてるかもしれないな
997. Posted by     2006年10月12日 23:20
>>989
「次の問題を解きなさい」
の後に問題が示される。
そこで、xの値を出せ、とか。

個人的に一番多かったのは
文も無く、ただ式が書いてあるだけ。

なんとなくxを求めるんだろうな〜、
で解く。

998. Posted by いやな思い出   2006年10月12日 23:20
小学5年の時、鶴亀算がテストで出たんだが
親父に習った連立方程式で解いたら×を
もらったことがある。なんか全部のパタンを
表にして導かないと駄目なんだってw
ズルしちゃダメとも言われた。
999. Posted by     2006年10月12日 23:21
先生の言った事は正しい。自分の中学校は解法を書かないと点が引かれる仕組みだった。
1000. Posted by    2006年10月12日 23:21
『プロセスは記述する』『回答も正しい』
「両方」やらなくっちゃあならないってのが、「学生」のつらいところだな。
覚悟はいいか?オレはできてる。
1001. Posted by     2006年10月12日 23:21
>>781
この段階だからダメ、というのはない。
最終的に行き着く「数学」が結局ロジックの説明なんだから中学でそういう風に指導したっていいだろうが。
「中学なんて計算だけ」なんて今のお前だから言える台詞だろうが。
1002. Posted by     2006年10月12日 23:22
>>995
簡単に例を挙げると積分の計算だな。
sin と cos を 2 度変え忘れて元に戻って
答えあっちゃったことがかなりある www

もちそこで減点食らったけどな。

答えがあってればプロセスもあってるだろっていうやつは
あんまり数学の問題解いたことが無いんじゃないか?
普通に一致することってあるし。
1003. Posted by    2006年10月12日 23:22
>>996
問題用紙に書く意味が解らん。しかも2回。
最初から解答用紙に書き進めていけば問題ないだろ
それともお前はいつも適当に知ってる公式当てはめて手探りでやってたりするのか?
1004. Posted by    2006年10月12日 23:26
※882
お偉い先生に高説垂れてもらうまで、「算数」と「数学」の違いなんてわかんなかったよ。
1005. Posted by    2006年10月12日 23:26
>>997
それなら過程書かなきゃだめだろ
最初に解けって言われてるんだから
1006. Posted by     2006年10月12日 23:26
この画像何の漫画?
1007. Posted by     2006年10月12日 23:27
マークシートの回答と一緒だな。
偶然当たった解答と理解して答えた解答を一緒にしてもらっては困る。
1008. Posted by    2006年10月12日 23:28
>>998
理屈も解らないまま使ってるとしたら問題だからな
その場で連立方程式ってものが正しいことを証明してやればよかったんだよ
1009. Posted by もうだめかもわからんね   2006年10月12日 23:29
米1003
回答に書く前に問題用紙で計算しないか?
もしかして問題用紙で解けるの全部解いてから回答書き始める俺が異常なのか・・・
1010. Posted by q   2006年10月12日 23:30
筆算は算数だろ、どこまでアホが多いんだ。

問題があって、それに答えるっていうことで話が進んでいるようだが、
これはもはや数学一般の話だと思うんだが。
んで、数学ってのは世界のあらゆるものを
論理的に記述する世界共通の言語であるから、
過程が大事なのは当たり前。ほとんどすべての
科学は結局数学に帰着する。というか、数学で
論理的に記述されるからこそ、「科学」なんだが。
高校生レベルの人間にわかりやすくいうと、
物理も化学も生物も、根源がすべて数学で
論理的に記述される。高校レベルでは数学は
全然出てこないが、大学の教養課程にいけば
理系では誰でも勉強すること。

数学ってのは、問題が与えられて、その答えを
考える文脈のみで考察されるべきもじゃないと思う。
1011. Posted by そんなの、さ。   2006年10月12日 23:30
でも、子供の頃から空気読む練習はしないとなって意味じゃない?
1012. Posted by おいおい   2006年10月12日 23:34
即答せずに数日後に理由を話すって
言い訳にしか見えないんですけど。
自分の間違え認めたくないだけじゃないの。
それにしてはご立派な理由をこじつけたこと。
最初から答えと証明で点数分ければよかったじゃん。
1013. Posted by     2006年10月12日 23:39
※1006
ファイブスター物語
1014. Posted by 魔   2006年10月12日 23:39
こんなこと、どうでもいいだろうが。
正解でも不正解でも
死にゃしねー
1015. Posted by ゆ   2006年10月12日 23:40
解法は大事です。
例えば教科書の問題と答覚えてたら、もし同じ問題が出たら、答えは書けるでしょ。

テストって先生にとってもテストなんですよ。

自分の教えたことがどのくらいみんなに理解してもらえてるかなぁ?っていう。
だから解き方もしっかり書いてたら、あなたが理解してることが伝わりますよね。
私は昔、算数の問題で何故か途中で元の式の数字を間違って計算を始めちゃって、問題の答えは違うけど、取り違えた計算は合っていたので部分点もらいました。
過程を略さず書いたら、ミスってもこんなプチハッピーもありますよ(^O^)
1016. Posted by お   2006年10月12日 23:40
数学ができないやつは頭が悪い

という実証するかのような皮肉なエントリーだなって思った。
1017. Posted by     2006年10月12日 23:40
ここはラマヌジャンが多い米欄ですね
1018. Posted by    2006年10月12日 23:41
米1003
二回じゃないが、俺も一旦は問題用紙に計算するぞ?メモ書き程度の汚いもんだが。
最初から解答用紙に書こうとしたら、他人にも読めるように書かにゃならんし、筆記が計算についてこなくて煩わしいだろ。
1019. Posted by      2006年10月12日 23:41
というか、文章題は式を書いてから答えを書けと、小学校のときに言われなかったか?
わざわざ「式」という欄もあったし。

証明問題とかだと、まさに過程を聞いている問題だよな。

(Cosθ)^2+(Sinθ)^2=1を証明せよ。という問題で、
(Cosθ)^2+(Sinθ)^2は1だから。
と答えたらアホ決定だろう。

まぁ、好意的に解釈すれば、どの程度まで省略していいかのさじ加減が生徒と先生の間で違ったという考えも成り立つ。
(249×4+3)^2という問題をいきなり答えを書くか、一度展開してから解くかは評価が分かれると思う。
ちなみにこの問題なら俺はいきなり答えに持っていく。
1020. Posted by    2006年10月12日 23:42
>>1009
解答用紙が返ってこないようなものなら問題用紙にも書くが、学校のテストは別だろ。
見直しの際にも返却された解答用紙見ればいいからな

まぁなんだ、プロセスが不要とかいってる連中が
「解法を示す」ことをしない数学っていう矛盾を必死に正当化しようとしてるのが笑えるな
1021. Posted by     2006年10月12日 23:44
>>1005
Q.次の問題を解きなさい
Q-1.〜の値を答えよ

で、答えだけ書いた場合
Q-1の要求は満足するからOK


1022. Posted by     2006年10月12日 23:45
ようは当たってるか外れてるかだ。
当たっていればなんだっていい。
所詮、世の中なんてそんなもんだ
1023. Posted by かかか   2006年10月12日 23:45
え・・・数学で途中式を書くのって当たり前じゃないの・・・?
1+1ならともかく、公式などを使ってるやつは途中しき書かなきゃカンニングしたといわれても文句言えないぞ。
1024. Posted by    2006年10月12日 23:46
>>1019
999まではパッと出て来るがその2乗はさすがに解らんwwww
1025. Posted by     2006年10月12日 23:46
>1019
いいこと言ってるんだが、下の例は数学ではなく
算数だな。そもそも論理的に説明する必要がない。
×や+が一般的な積や和ではなく特別な演算を
示すような計算であれば話は別だが・・・。
1026. Posted by    2006年10月12日 23:48
米1015
その理屈だと、結局は解法を暗記してるだけで同じタイプの問題は解けるわけで、ちゃんと理解してるかどうかは別問題だと思うけどな。
1027. Posted by    2006年10月12日 23:48
>>1021
日本語の勉強をしような

Q.この下に書いてあるの問題の解法を書いてね

なんだよ
1028. Posted by    2006年10月12日 23:49
※1006
ゆとり教育の弊害乙
1029. Posted by     2006年10月12日 23:49
米1024
(1000-1)(1000-1)
後はいいな?
1030. Posted by だめぽ   2006年10月12日 23:49
米1010
てか俺が紙に書いてるのは筆算だけじゃないんだが・・・

答えを一度問題用紙で作ってから回答で清書するみたいな感じで

てか数何のどんな問題なのかがわからないから何ともいえないんだがな
1031. Posted by    2006年10月12日 23:50
米1024
(1000-1)^2だろ?
1032. Posted by 1024   2006年10月12日 23:51
>>1029
なるほど!


…と思ったがやっぱそれも一回展開したのを書かなきゃできないわ(´・ω・`)
1033. Posted by    2006年10月12日 23:51
問題文に“式も書きなさい”っていれれば万事解決じゃん
7文字くらいケチるな
1034. Posted by     2006年10月12日 23:53
※1012
考えて気付かせることも重要。
SMの場合は、教えても理解できなかったわけだがな。
※1022
100発撃って1発しか当たらなかったら、世の中では「当たらない」と判断される。
何を基準にして撃ったかと問われて、満足に答えられなかったらバカの烙印を押される。
1035. Posted by    2006年10月12日 23:55
なんかみんな得意気に数学を語っているが、
なぜだか高校数学のテストの解き方の話になっているよな。
1036. Posted by     2006年10月12日 23:55
>>1027
解法なら方法だけで答えいらなくね?
解法を書けの後にまた答えろっておかしくね?
一行にまとめるんじゃないの
1037. Posted by     2006年10月12日 23:56
1032
999(1000-1)
こっちの方が計算しやすいかもわかんね
1038. Posted by     2006年10月12日 23:58
つーかさ、数学に解法なんて言葉はねーぞ、お前ら
1039. Posted by    2006年10月12日 23:58
米1034
>考えて気付かせることも重要。
それはモノによるだろ。
試験の点数に関わってくることなんだから、普段から言っておくべき。というか、それも含めて教育。
口で言う前にテストでだまし討ちみたいなことしてたんじゃ、「どうせ口で言っても分からん」とか言ってすぐに暴力を振るう教師と変わらない。

まあ>>1の場合、普段からちゃんと言ってた可能性もあるが。
1040. Posted by     2006年10月13日 00:00
中学の数学って数3はいる手前でおわるんだっけかな?

正直覚えてない
1041. Posted by     2006年10月13日 00:01
※1033
〜を求めよ、〜を解け、〜を示せ、証明しろ……
寧ろ「計算式は不要」と書いていない限りはプロセスは書くのが当たり前。
「このテストは息を止めず呼吸しながら行ないましょう」と書かれないと呼吸していいかどうかも判別付かないのか?
1042. Posted by このコメントは削除されました   2006年10月13日 00:01
このコメントは削除されました
1043. Posted by     2006年10月13日 00:02
だいぶ言われてるけどどう考えても青字が正しいな。
1044. Posted by       2006年10月13日 00:02
思い出した。
自分は公式が全く覚えられなくて
解の公式とか使わずに自力で2次方程式を
解いてたんだけど、
答が合っていても全部×にされた。
1045. Posted by     2006年10月13日 00:03
実はこのテストがマークシート方式で、テスト終了後に問題を回収する形式だったら…
1046. Posted by     2006年10月13日 00:05
もしこれが大きな解答欄じゃなくて中くらいの微妙な解答欄だったら俺は凄く迷うと思う
1047. Posted by     2006年10月13日 00:05
米1039
ただ、これだけの体験をしていれば、二度とプロセスを省くようなことはしないだろう。
先生の印象からするに(答があっていたことは知っているから)内申点に響くようなことはしないと思うが…

問題はSMの理解力がアレだというわけで。
1048. Posted by このコメントは削除されました   2006年10月13日 00:07
このコメントは削除されました
1049. Posted by    2006年10月13日 00:07
模試とかで証明問題を
しっている内容だけえででなんとか回りくどく証明したことあるが・・
1050. Posted by    2006年10月13日 00:08
米1045
ねーよwwwwwwwww
1051. Posted by     2006年10月13日 00:08
1010
おまいは微積とかも紙に書かないで出来るのか?
1052. Posted by     2006年10月13日 00:09
>>1044
それはまぁ、教えた方法を用いて解けるかをテストしてたから○にはならんだろうな

ただ、その場合大体の教師は△にする気がする
1053. Posted by ゆ   2006年10月13日 00:11
中高と試験の時、途中に教科の先生が質問ないですか〜って回ってくる時、
たいてい数学の先生は、途中の式も書いて、そしてもし最後まで解らなくても、解るところまででも書いてくださいね。部分点あるから。と言っていた。

だから解らなくても部分点狙いのみで解いてたときもありましたね。
ここまでは私でもな、解ってるねん!!アピールで。

そういうこと先に言ってくれてたら、こういう思いしなかったのにね。

けど次から出来るようになればいいやん。

頑張れ!!
1054. Posted by     2006年10月13日 00:12
自分は途中式書くの賛成派だけど、とびっきりいい頭持ってたら煩わしいのかもな

正直、自己満足の範囲ではあると思う。
でも、途中式書くことで、逐一間違ってないか確認しやすい上、頭にずっと留めて考えるよりは流れができてすーっと解けることもあるし…

中学なんかは頭の体操みたいな意味合いもあるんだろうが、実際書く方も見た方も分かり易いのは事実。後学の為にも面倒でも書くべき。

ペケになっちゃったのはやるせないがな。。
1055. Posted by このコメントは削除されました   2006年10月13日 00:12
このコメントは削除されました
1056. Posted by     2006年10月13日 00:13
米1048
これのテストが中学生のテストってことを忘れてもらっては困る
1057. Posted by     2006年10月13日 00:16
1049
証明できるならそれで問題ない
○○の定理なんてのは一々書いてたらきりがないから使うに過ぎないんですから。
1058. Posted by 1044   2006年10月13日 00:16
米1052

ま、そうなんだろうけど。
数学好きだったけど、決められた事の型にはめて
やるのが嫌いだったので、自分でどんどん新しい
解き方を試していたけど、学校教育に挫折した。

そんな少年時代を過ごした俺はいまや作曲家。
1059. Posted by     2006年10月13日 00:20
米1058
職業も社会の型にはまらないのを選んだのだな

…というとある種悪い意味に聞こえるかorz
1060. Posted by     2006年10月13日 00:22
「数学」という意味を授業の初めに教えれば問題ナス
1061. Posted by      2006年10月13日 00:23
中学だからいい、大学でやれとかいう意見が多いが、
初めのうちからしっかり身につけとかないで、
後からやれっていわれてすんなりプロセスを開設できるもんかね?
1062. Posted by 三途   2006年10月13日 00:24
この先生バツしか付けなっかたから弁解の余地無く駄目。
なぜなら答え自体が間違ってるのか区別が付かない上、自ら途中の過程を省略してるから。
そもそもこの先生が普段から普段から過程も書くように言ってると知ってるなら省略しないはずだ。
途中の式まで含めての答えであるなら問題に予め書いておくか、
解答欄に回答として式を書く欄も用意するべき。

結論、この教師の手抜きが原因。

あと、スペースが広い云々や塾で習った方法は忘れて・・・
と言うのは数学と言うより社会学の様な気がする。
行間読むのは数学じゃないです。
解答欄の横にあるスペースは何も書いてないなら
答え度出す為に使う「憶え書き」のスペースです。
回答者がどう使おうと勝手です。
1063. Posted by     2006年10月13日 00:25
社会に出たら〜とか言ってるのが多いな。
つーか、実社会に出たときこそ、報告書企画書などなどで、なぜその結論に至ったかを論理的に説明しなきゃいけないと思うのだが。
論理的に説明する訓練ってのは若いうちからやってないと身につかないしね。
1064. Posted by    2006年10月13日 00:25
>>1060
きっとまだ消防気分の奴らにそれを説いたところで
まともに聞かずに結局は算数見たいなもんだろ、って解釈して終わりなきがする
1065. Posted by     2006年10月13日 00:28
>1041
>〜を求めよ、〜を解け、〜を示せ、証明しろ……
>寧ろ「計算式は不要」と書いていない限りはプロセスは書くのが当たり前。

それはお前の脳内基準。
入試試験や資格試験で「解(解法)を示せ」と書いて無いのに手順を書かなかったという理由で正解回答を誤答扱いしたら大問題。

お前の脳内が社会のルールだったら、「解(解法)を示せ」という記述が無い場合、途中の計算をぐちゃぐちゃ書いたまま答えまで持ってった痕跡しか残さない俺なんかは情報処理にも簿記にも大学にも会社にも受かって無いわ。

もちろん「解を示せ」と書いてあったら
A=B B=C よってA=C みたいな解に導くプロセスを書くのは当たり前。
1066. Posted by     2006年10月13日 00:29
※1058
じゃあ僕はウェブデザイナーかプログラマー!

・・・これが本当のことだから困るorz
研究室で実験するのが夢だったのに何故かコンピューター系にきてしまった・・・
1067. Posted by     2006年10月13日 00:30
米1062
だから、「数学」は式を書かなければ答にならないって何度書けば…
お前は言ってるのは「算数」
1068. Posted by ゆとり社会の窓   2006年10月13日 00:32
厨房数学でプロセスとかふざけんなwwwww
−2+3=1とかどんなプロセスだよw
移項して3=1−(−2)=1+2とでもすんのかねww

数学コンプレックス持ってるヤシが多いことは把握したが。
1069. Posted by                    2006年10月13日 00:33
私立マークセンテンス方式を受験する俺には関係ない話だ。
答え合ってりゃOKだぜ。
1070. Posted by     2006年10月13日 00:34
ふと思ったんだが、このニュース自体が痛いんじゃなくて、書き込みが痛いってのがここにのった理由なんじゃと思ってしまう。
1071. Posted by     2006年10月13日 00:35
恐らくこのリア厨は中高一貫に通っていて、中3でありながら高校数学をやっているとみた。
1072. Posted by     2006年10月13日 00:35
「数学で大切なのはカンに導かれる答えだ。プロセスなんてただの数学カンの無さの証明でしかない」


数学カンのあるヤシは、問題を読んだだけで答えが分かる。それから、どう式を組み立てていくか考える。
そしてそーいう数学カンのあるヤシが将来数学者となって、大発見をして日本数学界の実力の証明となる。

教育は状況に応じて行え。
1073. Posted by     2006年10月13日 00:35
※1065
>>〜を求めよ、〜を解け、〜を示せ、証明しろ……

これの前3つが「解を示せ」と同義であることが理解できないお前が理解できない。
「解を示しなさい」でも解法書かなさそうだなwwww
1074. Posted by     2006年10月13日 00:36
米1065
そういう試験のって、そもそも問題用紙解答用紙別で解答欄しかなかったり、マークシートだったりしませんか?
「解を示せ」の場合は、解答用紙に専用スペースを設けるようにして、間違いが無い方法がとられるはず。
入社試験の場合は分かりませんが。
1075. Posted by     2006年10月13日 00:37
これは青字の意見が正解だろ。
青字=理系
黒字=文系
間違いないな。

ま、この先生も1点だけ部分点あげておけばよかったんじゃないかな、とは思う。
1076. Posted by    2006年10月13日 00:37
「数学で大切なのはカンに導かれる答えだ。プロセスなんてただの数学カンの無さの証明でしかない」


数学カンのあるヤシは、問題を読んだだけで答えが分かる。それから、どう式を組み立てていくか考える。
そしてそーいう数学カンのあるヤシが将来数学者となって、大発見をして日本数学界の実力の証明となる。

教育は状況に応じて行え。
1077. Posted by ああ   2006年10月13日 00:37
これって
2学期の中間だろ。
あと2回って、2学期末と学年末だろうから。

って、ヤバイじゃん。
はっきり言って
1年〜3年の1学期までは、オール0点でも良い
内申にのせるのは、3年2学期の成績オンリーだから。

数学でえらい減点くらってるなら
よろしくないよwww
1078. Posted by 。。   2006年10月13日 00:38
米1068が中1にしか見えない
1079. Posted by     2006年10月13日 00:38
※1065
>>〜を求めよ、〜を解け、〜を示せ、証明しろ……

これの前3つが「解を示せ」と同義であることが理解できないお前が理解できない。
「解を示しなさい」でも解法書かなさそうだなwwww
1080. Posted by    2006年10月13日 00:38
米1072、1076
もちちゅけ
1081. Posted by     2006年10月13日 00:38
とりあえず、三流理系私大の人間ですら、数学のプロセスが大事だということは分かる。
むしろ、プロセスなんていらねぇよ!といきがってた結果、3年時国立対策をしても成績が伸びずに、挙句今も苦労してる分やっときゃよかったってのは痛切にある。
その点この中学生の子は今気づけてよかったと思うよ。
1082. Posted by     2006年10月13日 00:39
実はこのテストは証明問題だったら…
1083. Posted by     2006年10月13日 00:40
米1068
それは数学の時間に習う「算数」
1084. Posted by     2006年10月13日 00:42
米1081
気付いてないから痛いニュースなんじゃないの?ラストで
>いかにして自分をアピールできる解答を
>書くことができるかということなのではないか。

と書いてるし。
1085. Posted by     2006年10月13日 00:44
高校から解を導くための方法を書くように言われたかな
暗算でも分かるx^2-1=0だのx^2-2x+1=0でも
一旦式を書いたかな
・・・中学だっけ?因数分解
1086. Posted by ・   2006年10月13日 00:47
たぶんこのテストが出てくれば黒字も青字もほとんど同じ意見になるだろ

今の状況はテスト自体が未知数だから全員混乱してるんだよ

ってことで誰かが問題と解答用紙を自分で作るかしてうぷすればおのずと答えは・・・
1087. Posted by     2006年10月13日 00:49
中2までは○を貰えてたんだろし、次からは解法も書くって言ってるから素直奴じゃないか。
先生によっては出題数が多く答え重視のテスト出すタイプもいるからな。
良い先生なら解答用紙に間違えてる箇所とか添削してくれるし部分点も結構くれるしな。
少なくとも理由も書かずに×を付け勿体付けて数日後に理由を言うなんてこの先生の底意地が悪いだけだろ。
1088. Posted by     2006年10月13日 00:50
764が心理
1089. Posted by     2006年10月13日 00:52
※1082
普通に計算問題としてコメントしてたんだがその場合もありえるから困る
1090. Posted by      2006年10月13日 00:56
上のほう見て呆れていたが、
コメントに常識的な意見が多くて
安心した。
1091. Posted by     2006年10月13日 00:56
いや証明問題で答えだけって不可能じゃねw
Q:1+1=2であることを証明せよ
A:∴1+1=2である

これで○もらえたら俺は何を信じればいいんだ
1092. Posted by さ   2006年10月13日 00:57







米欄延び過ぎwwwwwwwwwwwwww



1093. Posted by     2006年10月13日 00:58
米1084
自分の考えをアピールすることが大切ってことに気づけてれば十分じゃないかな。
大学入試なんかでも、自分の解法をアピールすることは大事だし。
1094. Posted by     2006年10月13日 01:02
1+1=2であることを証明するなんて、もはや哲学の領域。
1095. Posted by     2006年10月13日 01:04
自分が高校に行ってたときの数学の教師は、
答えが間違っていてもそこまでのプロセスが合っていれば
(つまり、答えが違うのが単なる計算ミスによるものならば)
点数は通常通りに貰えた。
1096. Posted by .   2006年10月13日 01:05
証明問題で途中を書かない奴はいないだろ、常識的に考えて・・・
だからこの話題のテストは簡単な計算問題だとばかり思い込んでたんだが(´・ω・)・・・

よく見ると証明かもしれない
1097. Posted by    2006年10月13日 01:10
問題があって答え欄までスペースあったら途中式書くだろ、常識的に考えて
頭いいとか悪いとか、問題が易しいとか難しいとか関係ねーよ
1098. Posted by    2006年10月13日 01:12
>>1097
途中式書かない奴等は天才だから常識なんて通用しないんだよ
1099. Posted by ふ   2006年10月13日 01:14
つぅかこの教師、何故不正解かその場で説明せず後日理由を話したのは何故だ?
皆が熱く語っているような事とは違う、ただ採点間違いを認めたくなかった教師としか思えんのだが
1100. Posted by     2006年10月13日 01:15
普通に、教師の教えた方程式を解答に用いたかどうか、それだけが採点の基準になっていると思う。
1101. Posted by 。。   2006年10月13日 01:20
個人的には数学者になるわけでもなければ、頭の中でごちゃごちゃ考えるより整然と数式を書ける方がいいと思う

プロセスが大事とかどうとかは本当は人それぞれなわけで、先のことを考えれば>>1の考えに至ることも十分価値のあることだよな
1102. Posted by     2006年10月13日 01:21
1+1=2
1=2-1
1=1
したがって右辺と左辺は等しい自然数である
よって
2/2*2=1*2=1+1=2
∴1+1=2である
この場合ってどうなるんだろうかw
1103. Posted by     2006年10月13日 01:24
そもそも、こういうレベルの教師生徒がいる学校で、証明問題とかありえないし。
1104. Posted by     2006年10月13日 01:25
リンゴの絵書いたらよかったね。
1105. Posted by j   2006年10月13日 01:26

 教師とは
 
 小学校→中学校→高校→大学
 →研修で学校→教師→退職

 一生、社会に出ないで学校しか知らない人間

 
1106. Posted by     2006年10月13日 01:31
論理を記述する学問で論理を記述しなかったら一体何を記述するんだ・・・。

米1065
とても残念な事だが、筆記式の入試試験の数学で過程を全部すっ飛ばして答えだけ書いたら
それが正解でも普通間違いなく0点だ。
論理を記述する学問で論理を記述しないとか、点をもらえる要素がない。
メインは論理の正しさ、後は計算間違いがなければ勝手に答えはついてくるだろって感じ。
答えが間違えてるから減点されるんじゃなくて、計算を間違えてるから減点されるんだよ。
1107. Posted by (   2006年10月13日 01:38
米1102
そこでバルキスの定理を使うと1=1が瞬時に出せます
後は2は1を2つ合わせたものをペアノか言語関係から補完すれば・・・
1108. Posted by 1065   2006年10月13日 01:42
>1074
情報処理は基礎問題がマークシートで技術問題は筆記な場合が多い。
基本情報なんかでC言語あたりを選ぶと三角関数とか普通に出たりする。
COBOLとかだと値の遷移を計算したり。
ソフ開の筆記内容は忘れた。
簿記は仕訳け表や貸借対照表、B/Sを計算し、空欄に埋めて行く。
貸借対照表やB/Sの穴埋めなのであちこちで逆算が必要になり計算するが、当然解法なんか必要なし。

入社試験は理系には簡単だが普通に筆記試験での計算問題がある。
SPIを受けるにしても全部筆記(言うまでも無く解法なんかは書かなくて良い)
1109. Posted by @   2006年10月13日 01:47
アインシュタインは数式見ると先に答えが出てしまって、
なぜその答えになるのか説明できなかったらしいな。
1110. Posted by     2006年10月13日 01:50
アインシュタインとか、IQ190オーバーの人間を例に出されても困る。
1111. Posted by     2006年10月13日 01:53
1102は1091宛だったのを忘れてた
もしこれで間違ってでも○されたら何を信じる?
1112. Posted by 文傾   2006年10月13日 01:54
理系って…バカ?

数学の解を導くのにプロセスを記述する事が必要なのは因数分解すら忘れた俺にも解るよ。

でもこの話しの要点はそこじゃないだろう?

ちゃんと勉強したお前らが知っている常識を、果たしてこの教師はこの子供に日頃教えていたのか?って事じゃないの?

勿体ぶった教師の話しを素直に聞いてるこの子、日頃それなりに勉強しているんじゃないかと思うよ。
1113. Posted by Fumi   2006年10月13日 01:54
いずれにしても、

テスト前に生徒に自分が要求することを伝えられていないこの先生のプロセスは、ゼロ点だな。

言っていることが、正しいか、正しくないか以前の問題でしょ。

こういう、自己満足な先生に自分が巡り合わなくて良かったよ。
1114. Posted by このコメントは削除されました   2006年10月13日 01:55
このコメントは削除されました
1115. Posted by     2006年10月13日 01:58
高校の数学教師には、「プロセスは極限まで簡素化して解答だすもんだ。」と言われ、
大学では「どんなに簡単でも正式な途中式や計算過程は書け」と言われ、
もうどうしたもんだか。

さすがに、「最低限求められた必要なことくらい書け」とはどちらにしろ言われたが。
1116. Posted by     2006年10月13日 02:01
そんなにおまいら計算するのがイヤか
暗記だけで世の中渡り合えると本気で思ってるから、クズが蔓延してるじゃねぇの?
少しは暗記以外に脳使えよ脳マジ便利だから
1117. Posted by    2006年10月13日 02:04
5
コメント多すぎて読めねぇ
正直言って、結果が全ての社会だって抜かしてる奴結構たくさんいるみたいだけどさ、世の中そんなに甘くないよ。
結果が全てだというのはあくまで会社側の都合だ。
過程が大事だというのは自分自身の都合だ。どちらにも人間の成長度に見合う賞罰が含まれてないって事が問題なのさ。

だから、働く人間は、「過程も結果も大事にする」のが大事になってきているんだ。
過程だけを大事にするのはただの甘ったれだ。結果だけを大事にするのは、自分を使い捨てているだけだ。この両方を大事にしなきゃいけないところに、不況のしわ寄せが集約されてるんじゃないかなと思う。

この教師がもし俺だったらその部分を保留にして、後で呼び出しなぜこうなったのかを口で問い、うまく説明できてたら紙に書かせてほめた後「次からはこう解答しなさい」って言って部分点をあげるね。
生徒の成長を促すべきだ。
1118. Posted by w   2006年10月13日 02:07
要点が答えだけしかないとも思える問題とかが中学にはあるから困るんだろ
そしておまいらもち着け
数2なのかBなのかも計算問題か証明問題かもわからないのにプロセスの記述が必要かなんて答えだせるはずがない

唯一わかるのは
中3の数学と
プロセスを書くことからだから察するに中型の解答欄はあるって事だ
後は名探偵にでも任せるしかないよ
1119. Posted by y   2006年10月13日 02:14
中3でやっと解答にプロセスが必要なことに気づいたのか。
それまでいったいどうしていたことやら。
それまでは教師がプロセスの無い解答にオマケで○してたってこと?
1120. Posted by 明   2006年10月13日 02:18
中学でそこまで求めるってことは、この中学私立なんじゃね?
私立中学はかなり早くから高校数学やるから。
1121. Posted by z   2006年10月13日 02:19
「解け」「解答しろ」っていう事をただ答えを書くだけだと思ってる奴がいるのに愕然とした
数学の前に国語が必要みたいだなw

ところで大学の教授の受け売りだが
「なんとなく答えがわかるレベルにならないと、超一流にはなれない。そして、答えが分かったら、そこまでのプロセスを説明が出来なければ、その答えには意味はない。」
だそうです。
しかしその教授の講義は全くもって説明が意味不明なのはこれいかにw
1122. Posted by Fumi   2006年10月13日 02:21
1 ええええ?
何なんだこのコメント達は・・・

この記事で重要なのは、
「プロセスが必要か不必要か?」
じゃ無いだろ・・・・

「正しい答えに×をつけた事が、適切か否か?」
でしょ??
1123. Posted by     2006年10月13日 02:24
米1122
まずプロセスが必要かそうでないかを明確にしないと、×つけたのが適切化否かも論じることは出来まい。
そういうことだ。
1124. Posted by 1122   2006年10月13日 02:34
>1123
いや、違うんじゃない?
「×をつけずに、○をつけて注意だけする」とか、先生の対応の仕方がいろいろあるわけで、先生の行動のプロセスが問題なんじゃないの?

1125. Posted by     2006年10月13日 02:36
このスレ文系のアホが多すぎる、理系の俺から言わせてもらえば答えだけ書くとか×になるのは当然だよ。
1126. Posted by     2006年10月13日 02:36
初歩的な計算ミス(符号付け忘れたり)で答えを間違ったとしても途中式を書いて置けば「理論が理解できている」ということで途中点をもらえるというシステムを導入すればみんな途中式完璧に書くよ
1127. Posted by トラバ5の中の人   2006年10月13日 02:37
※1094
数学は基本的に
・既存の概念を用いて論理的に証明する
・既存の概念を踏まえて新概念を定義する
のどっちかだから。
その観点だけで考えれば、1+1=2の再証明は充分可能。

# フェルマーのアレみたいに、証明せずに結論出し逃げのケースもあるけど
1128. Posted by     2006年10月13日 02:43
米1125
そうだな。理系だったら答えだけ書いて提出なんて白紙提出と変わらないものなぁ
でもまぁ中学生だからな。この先生が事前に生徒に「導出までの式を書かないと点やらない」って言っていたのだったら良いが。言ってないのにいきなり×つけたのならちょっと酷いかもな。疑問に思うってことは、>>1はいままで答えだけでも点がもらえてたんだろうし。
まぁ、ここ見てる学生は途中式は書く癖つけといた方が絶対に良いということは肝に銘じとくべき。
1129. Posted by    2006年10月13日 02:43
要は結果に至る過程も書いてねってことでしょ?書けばいいじゃないの。

推理小説で捜査もせずにいきなり犯人逮捕で終わったらつまらないから、捜査の過程をちゃんと書けってコトだね。
1130. Posted by     2006年10月13日 02:44
米1123
○つけて注意だけ、というのは正直その子の為にはならないのではないか?
経験則から云わせてもらえば、○を貰ったという事実で思考停止してしまい、過程を書く癖が中々つかない。
1131. Posted by ラマヌジャン   2006年10月13日 02:44
数学が答えを求めるだけの学問だったら、今のようには発展してないと思う。
1132. Posted by    2006年10月13日 02:47
アメリカの野球の審判と同じなんじゃね?w
1133. Posted by     2006年10月13日 02:51
俺の友人に、数学の図形の証明問題に対し、
解答欄に「図より明らか」って書いたヤツがいたなぁ。
今頃どうしてるんだか。
1134. Posted by おる   2006年10月13日 03:15
まとめると
肯定派「数学は過程は大事」
否定派「過程が大事ってことを事前に教えとけ」
に対して
肯定派「これだからゆとり教育の文系低脳はw暗黙の了解だろバカw」
否定派「小学校では答えだけ書けば正解と教えられてきたかも知れないだろ。図形や証明問題なら過程書かなきゃアウトだが」っていう流れが多いな。

俺自身は過程が大事だって口うるさく言われてきたが何故かテストでは答えだけでOKだったが。

結局問題用紙と回答が分からなきゃ答えなんて出ないか。

先生次第で合わせていくのも賢さの内という意見もあるがどうかなぁ…ある意味大事だが
生徒のいうアピールが「相手に合わせて上手くゴマすっていく」という意味でないことを祈る。

1135. Posted by     2006年10月13日 03:27
これみて最悪な事を思い出した。
数学で100点確実と思ってたテストが98点。理由は過程がない・・・orz 
今思い出しても腹が立つ。
1136. Posted by あーはいはい   2006年10月13日 03:32
日教組日教組

過程を重視して結果に目をつぶるのは赤い国の登録商標です

つっても結果主義が行き過ぎると村上やホリエ豚になるんだがw
1137. Posted by    2006年10月13日 03:32
おまいら高校行ってないのかよwww
1138. Posted by    2006年10月13日 03:43
俺なんか部分点もらうためにわからない問題あれこれつまみ食いしてたもんだけどなぁ。
△が大事な得点源だったぜwww
数学のテストって「要求された解答を導く」ものなんじゃないか?ある問題を解くとき、自分がどういう考え方をしてその解答に至ったかを伝えるのが美しいんじゃないかなぁ
1139. Posted by     2006年10月13日 04:02
いや、これは単純にこのガキがカンニングをしていて答えだけ書いてたって事だろ。
で、先生はやんわり遠回しに(カンニングして)答えだけ合わせても
意味がないって言ってるだけ。

俺の知り合いも大学で講師やってて、中国人留学生がやたらカンニングや
コピペwのレポートやテストを出してくるから同じ様な説教したって言ってた。
1140. Posted by    2006年10月13日 04:05
中3でやっと気が付いたのか。おそすぎるわw
1141. Posted by    2006年10月13日 04:11
過程は大事だぜ

たとえば殺人犯を裁判にかけるとするだろ
そいつが真犯人であったとしても、
その証明が間違っていたら無罪にされちゃうんだぜ

1142. Posted by おる   2006年10月13日 04:13
青字は結構正しいが鬼の首を取ったように管理人氏ねとか、ゆとり教育乙とか馬鹿にしてる連中は何なんだ。それじゃ通る意見も通らんわ。

どういう問題と答えだったかも分かってないのに何を得意になっているのか?

過程は大事だけどね。教師も中学生レベルの生徒なら普段からそういう重要なことは言っとけよ。
1143. Posted by     2006年10月13日 04:16
中学校生活で定期テストがあと2回とかいうときになるまで気づかないほうもどうかしてると思うが
1144. Posted by    2006年10月13日 04:25
俺が中学の時は過程も必要な問題はそれは答案に書いていたような気がする。
1145. Posted by     2006年10月13日 04:43
過程が必要ならそうやって書くのが世間の常識だな。この教師には常識と国語能力の両方が無い。まあ数学教師だから仕方ないか。
1146. Posted by      2006年10月13日 04:49
結果を○×だけで示してたら、意味ないよな。
1147. Posted by     2006年10月13日 04:53
つーか、本人納得してるみたいだし騒ぐこともないと思うんだけどなぁ
まぁ、中学のセンセとか信用してるとイタイことなるし

中学時代9割以上100点取ってたせいでどう見ても×ついてる問題あるのに100点とか言って返ってきた答案あったから
さすがに遣る瀬無くなってつけ直してもらったけど
数学の採点ミスの報告は半分が点数下げる方だった嫌な思い出…
1148. Posted by    2006年10月13日 04:58
それにしてもよくもまぁ皆設定を脳内補完してこんなに米欄伸ばせるよな。
こんな限られた情報で教師が悪い生徒が悪いとか断定しちゃっててpgr
1149. Posted by おやじな学生   2006年10月13日 05:29
3 昔、教師がいってたな〜「目的ないやつには、
大学なんて大人の幼稚園だ」って、w
入るまでの、過程が大切で入ってからの
過程が、どんなんでも出れる大学。
そんなんだから、「答えさえあってれば、
いいじゃん。」って考えてもおかしくないと 
思うのだが。・・・           

ただxと、採点した、教師にもx
xにし、コメント入れる教師だったら◎
コメント入ってたら、こんなに盛り上がる
ようなことには、なってないんだが・・・w
1150. Posted by     2006年10月13日 05:51
※1147
間違ってるのに○だとなんか罪悪感あるんだよな。
1151. Posted by     2006年10月13日 05:51
誰かも言ってるけど、大学入試でさえちょっと上の大学はみな過程重視だろ。あ、高卒のやつらとかは知らんpgr
1152. Posted by    2006年10月13日 06:26
数学で大切なのは答えだ。プロセスなんてただの計算でしかない。
計算(答えの求め方)は教師が教えただけでに限らず、生徒の数だけ存在する。
1153. Posted by     2006年10月13日 06:37
式もひとつの答えらしい
求めよと言われたら答えを書くのではなく
答えをどう求めたからしい


まぁ式も書けといわれない限り
答えだけでも十分だとは思う
1154. Posted by     2006年10月13日 06:40
問題がどういうものだったかわかるやつはいない
生徒が悪いか先生が悪いかの判断は人それぞれ
文系か理系かは人それぞれ
それでいいじゃないか

とりあえず中3なのにこんな文章を書くやつがいるわけない
っていう「お馬鹿なニュース」なんだろw
1155. Posted by    2006年10月13日 07:35
米1143
2年までの教師は答えだけでもOKで。
3年一学期の試験では、途中式のいらない問題と途中式を書かざるを得ない問題しか出なかった。
或いは、答えも間違っていたので、×を喰らった理由が途中式のないせいだとは思わなかった。
1156. Posted by このコメントは削除されました   2006年10月13日 07:38
このコメントは削除されました
1157. Posted by    2006年10月13日 07:45
自称理系のアホが話を理解してないからな。
1158. Posted by     2006年10月13日 08:04
「なんでそのような答えになるのか」という道筋をきちんと理解する事が目的なんじゃねーの。
答えさえ出りゃそれでいい、答えさえあれば社会に通用する、とかそういう狭い事ばかりじゃ無くて、教養として、「それに至るまでのプロセスを理解する事」「そのプロセスを分かりやすく人に説明できる能力」は重要だと思うよー。
青字に同意ですね。
1159. Posted by     2006年10月13日 08:29
問題を見ないことにはなんとも
ただ生徒が理不尽な思いをするような教育をしたのはいかんと思う
大切と主張してるくせに授業で言ってないとかだったら駄目
1160. Posted by 夛田埜納成   2006年10月13日 08:43
>>108
>>156
>>302
>>530
に同意

あと、答えが合ってるなら部分点くらいやれよと思う。

数学ってのは、答えだけでも、答えを出す過程だけでも成り立たない。
社会に出たら、答えがどうやって導き出されたのかを説明出来ないと他人に受け入れてもらえる事は少ないし、
原因がケアレスミスでもなんでも答えを出せなかったら評価されない。

社会に出たら、時と場合に応じてミスや省略がなるべくわかりにくいように答えをでっち上げる能力も必要。
だがそのためには「何がどうしてどうなっているのか」を論理的に理解出来ないと難しい。
1161. Posted by     2006年10月13日 08:44

”問題文に最初から「途中式は消さずに残して置くように」くらい書いとけ。”
って意見が良くあるが

回答欄が広く空いてるのを見て、それを埋めたくならないのかな。
答えだけ書けばいい問題だったら、それに応じたちっちゃな回答欄しかない筈。
1162. Posted by     2006年10月13日 08:45
友人の一人が、中学最初の数学のテストで式書かずに答えだけで出したら点数半分の50点しかもらえず、途中の式を一つ一つ丁寧に書いて行こうと考えると頭ぐるぐるして気持ち悪くなって書けなかったらしい。
先生にそのテストもって行ったら「次は二倍の点数取れるといいな」と皆の前で言われて勉強が嫌いになったらしい。
それからずっと授業以外では勉強しないで定期テストは万年ビリ。しかし、大学試験の前日に数時間勉強しただけで六大学の一つの法学部に受かったというから驚いた。
よく言われるサバンではなかった。
1163. Posted by     2006年10月13日 08:53
米1107
バルキスの定理だかなんだか知らないが、
ペアノを先に与えないと"="が定義されない罠
1164. Posted by     2006年10月13日 09:00
米1162
それ、嘘くせぇw
実際に目の前でみてた?なんか誇張されまくりの武勇伝聞かされてるみたい。
1165. Posted by    2006年10月13日 09:05
>回答欄が広く空いてるのを見て、それを埋めたくならないのかな。

世の中には色んな人がいるし、貴方だけの常識を振り回されてもな。
自分は法学部卒だが、長々とした文章よりは必要最小限に削った文章の方を高く評価する。

そもそも過程に配点を振り分けるなら、初めからその旨明記するなり、一言断っておくのがフェアだろうに。
脳内で暗算できる人間の方が、社会に出た時には仕事効率で上を行くのは言うまでもないんだし。
1166. Posted by     2006年10月13日 09:13
テストは自分の理解度を示す場なので、
途中式を書いたほうが採点者に自分の理解をアピールできる。

答えだけの回答だと採点者によっては"正解"以外の判定がなされてしまうのは仕方がない。
1167. Posted by    2006年10月13日 09:14
米1165
そのわりには文章長ったらしいねw
広い解答欄に答えだけしか書かなかったら不安になるのが通常の感覚。
それとも広い解答欄いっぱいに巨大な字で答え書くのが君の常なのか?
1168. Posted by    2006年10月13日 09:22
俺中学時代にこんな感じのことがあって満点取りそびれた覚えがあるわ
答え全部あってんのにorz
1169. Posted by     2006年10月13日 09:23
米1165

仕事に暗算を使う人でも、書類にするときは「なぜそうなったか」を書くだろ?
テストも同じだと思う。
1170. Posted by    2006年10月13日 09:30
式なんて飾りですよ
えらい人にはry
1171. Posted by    2006年10月13日 09:33
現役予備校教師の漏れがきましたよ。
そもそも「数学」はそういうもの。

答えが合ってればいいじゃんとか言い切る人間の多さに現代教育の間違いっぷりを感じる。
答えだけ知りたいなら実験装置を作ればいい。もはやそれは「測定」だ。
1172. Posted by     2006年10月13日 09:34
※1165
>そもそも過程に配点を振り分けるなら、初めからその旨明記するなり、一言断っておくのがフェアだろうに。

つまり、その程度も理解出来ない馬鹿が量産されているって事ですね? 
1173. Posted by    2006年10月13日 09:38
米1172
説明されなきゃ普通は分からん罠。
お前も教師から「式を書け」と散々説明されて来たから、今そう言えるだけだろうに。
1174. Posted by    2006年10月13日 09:41
まあ、この先生がずっとその生徒を教えてたかどうかも分からないしね。
中学3年だったらプロセスの重要性くらい分かってるものと考えても不思議ではないし。

ただそうなると、なぜ×なのかを質問した時すぐに返答しなかったのかは不明だなぁ。

とにかく、この生徒はプロセスの重要性に気付けたんだからいいんじゃないかな。
特に、将来理系の大学、開発設計関係の仕事に就きたいのならプロセスを他人に説明する技能は必須だからね。
1175. Posted by    2006年10月13日 09:52
米1173
それ以上発言しないほうがいいよ。
バカさらすだけだからw
1176. Posted by    2006年10月13日 10:05
つーか、プロセス重視なんてことは文系の人間こそ言いそうな話だけどな。
数学の素養がない奴は、教科書どおりの手順、言われたとおりの方法でやって行くしかないわけで、結果としてプロセスも記述せざるを得ない。また、答えを出すのが苦手だから、部分点狙いで余計にそうなる。
逆にパッと見で半分以上解けてしまうような奴は、わざわざ過程を書くのを面倒に思う。答えに自信があれば、部分点でせこく点数稼ごうとも思わないだろうし。

少なくとも、「プロセスを上手に他人に説明する技能」なんてものは、数学本来の性質からはかけ離れたもんだ。
理系分野に進もうとするなら必要な能力ってのは間違いないけどな。
1177. Posted by あめま   2006年10月13日 10:10
マークならまだしも記述なら先生の言うとることが正解でしょ
1178. Posted by .   2006年10月13日 10:27
途中経過が×で答えが正解なら
点数は半分もらえないとおかしい。

教育委員会に通報しても点数を貰うべき

それでダメなら告訴するべきだ
1179. Posted by    2006年10月13日 10:34
米1178
そして全校どころか全国の笑い者になるのかw
まあ、2ch的にはネタが増えて良いが
1180. Posted by     2006年10月13日 10:37
>>米1173
典型的な指示待ち症候群ですね
自己判断はできないのですか?
1181. Posted by    2006年10月13日 10:46
米1180
自己判断?
相手は中学生だぞ。
教師が教えてやらなけりゃ、途中式を記述する必要があるなんて分からないのが普通だろ。

というかお前はどうなんだ、と。
「テストの時は途中式もちゃんと書けよ」と教師に教えられるまでもなく、その辺ちゃんと理解してたのか?
1182. Posted by     2006年10月13日 10:46
※1180
1173に自己判断なんかさせたら
どんな我田引水な結論出すかわかったもんじゃねえよw
つか、

1173「言われてないから書く必要なし」

と、「自己判断」したんじゃね?
1183. Posted by    2006年10月13日 10:49
米1182
俺は「過程を書く必要はない」なんて言っていないが。
教師は生徒に「過程を書く必要がある」ことを教えるべきだ、と言っているだけで。
1184. Posted by このコメントは削除されました   2006年10月13日 10:57
このコメントは削除されました
1185. Posted by     2006年10月13日 11:03
普通の教師が「途中式が重要」ってことを授業で言わないはずないと思うんだが・・
これはもしかしたら俺の勉強した環境がよかった傲慢かもしれん。

>>※1176
>逆にパッと見で半分以上解けてしまうような奴は、わざわざ過程を書くのを面倒に思う。
>答えに自信があれば、部分点でせこく点数稼ごうとも思わないだろうし。
そういうやつは最低限どこを書けば伝わるか要点を抑えてるから、妙にすっきりした解答で○をもらうタイプだと思う。そしてそういう人は導く答えはもちろん途中式も解答の一部だってわかってるやつ。あくまで俺の知る限り。

つーか中3て証明とかあるよなぁ?
三角形ABCと三角形DEFが合同であることを証明しなさい。って問題で、「△ABCと△DEFは合同である」だけ書いたってのか?
それこそなんで合ってるのか知りたいところなんだが
1186. Posted by    2006年10月13日 11:12
>これはもしかしたら俺の勉強した環境がよかった傲慢かもしれん。

安心汁
普通だw

>そういうやつは最低限どこを書けば伝わるか要点を抑えてるから、
>妙にすっきりした解答で○をもらうタイプだと思う。
>そしてそういう人は導く答えはもちろん途中式も解答の一部だってわかってるやつ。
>あくまで俺の知る限り。

そうだよ。
1187. Posted by    2006年10月13日 11:14
米1184
だからお前は教師が言う前から「途中式を書く必要がある」ことが分かってたのか、と。
1188. Posted by このコメントは削除されました   2006年10月13日 11:15
このコメントは削除されました
1189. Posted by    2006年10月13日 11:19
※1188
つまり、「ゆとり教育がチョン思考を生む」と言う事か。
ゆとりオソロシス
1190. Posted by      2006年10月13日 11:34
さすがに答えが正解なら○だろう。
問題文に「途中経過を書け」となっていたら
×だろうが。。。
結局は問題文の不備何じゃないの?
1191. Posted by    2006年10月13日 11:36
>>1の子はテスト結果を受けて思慮深くなったのだから良しとすればいいんじゃないの?役に立たない授業受けるより、よっぽど意味はあったと思うよ。
1192. Posted by     2006年10月13日 11:44
うちの学校の先生は答えだけでも○にしてた
先生の趣味によって違うでおk
1193. Posted by     2006年10月13日 11:50
答えさえあっていればよいとか言う人が中学生↓なら許せるが、
高校生↑で言っているなら、馬鹿も程々にしろ。
まずは、算数と数学は違うことを認識しろ。
1194. Posted by    2006年10月13日 11:52
数学教師やってる親父が言っていた、「数学で重要なのは答え。いかに正しい過程を踏もうとも最後に答えが間違っていれば無意味だ。しかし証明問題のように過程そのものが答えになる場合もあるから、過程を軽んじてはいけない」と。
1195. Posted by     2006年10月13日 12:14
プロセスが大事とかの問題じゃないでしょw
「式も書きなさい」と書いておくか、事前に通知しておくべき。それを怠ったなら、教師の責任。○にするしかないw
数学教えてるなら、ちゃんと条件そろえとけよww
1196. Posted by    2006年10月13日 12:17
※1195
他人に要求するしか能がないゆとり世代乙
1197. Posted by     2006年10月13日 12:30
△にすべきとかわめいてるヤツ、おめでてーな www
この問題が 1 点問題だったらどうすんだ。
△でも点なしか? 0.5 点か?
72.5 点とかになったらカワイソス(´・ω・`)
1198. Posted by     2006年10月13日 12:36
これなんてカルマ?
1199. Posted by     2006年10月13日 12:38
 教育としては教師の言うことも一理あると思うが…。

 『答えと解法、先生がこのテストで見たかったのはどちらだと思うか。数学で大切なのはプロセスなんだ。』ということを普段の授業で教えていたかどうかだな。

 教えていなかったとしたら、教師の勇み足。
 教えていたのに生徒が無視したのなら生徒の不注意。

 質問者の意図をくみ取り、どのような答え方をするかも回答の重要な要素。答えの数値があっていればそれで良いというのは機械並。どう答えるかまで考えてこそ人間。この子も社会勉強にはなっただろう。
1200. Posted by     2006年10月13日 12:39
米1194
正しい過程を踏んでいれば答を間違えようも無い。
その答が、正しい過程を踏んで得たものかどうかを問われるのが数学。
勘で答えて合っていても、理解しているわけではないから正解にはならない。

だいたい、途中経過が無ければ正解しているかどうか証明できないだろうに。
1201. Posted by     2006年10月13日 12:42
>>1194
そいつぁアンタの親父が教師失格か、もしくはアンタが親父さんの言った事を誤解して受け取ったかのどちらかだな。
見当違いもいい所、そんな事言ってる教師が居るなら体罰よりもタチが悪いよ・・・
1202. Posted by     2006年10月13日 12:45
米1176
全世界の数学を否定したな。
数学というのは、世界共通の言語で現象を表現するものだ。
そして、学問とは多種多様な人に認知されて始めて意味を成す。
他人が理解できないものなんて全く意味が無いし、未知の数式の場合、プロセスが無ければ正しいかどうか誰も分からないじゃないか?
1203. Posted by       2006年10月13日 12:47
>>1201
お前が何か勘違いをしているように思うのだが
1204. Posted by    2006年10月13日 12:49
宿題とか小テストで省略して書いて○で、期末だけ×になったんならカワイソス。

>1197
1点の問題で△なら0点じゃないか?
1205. Posted by    2006年10月13日 12:50
理数の兄に昔きいたのと違うぞ。
「数学ってのは同じ問題を違う課程で解いても答えはひとつなんだ。だからおもしろい」って言ってたぞ。
課程違っても答え同じなんだから正解じゃねぇのかよ。

てか、俺昔解法違ってたけど答えあってたから部分点もらったぞ。三点中一点だったけど。
1206. Posted by 名無し   2006年10月13日 12:52
先生は「私には1種類の解法しか考えるゆとりがありません。だからそれ以外は×です」って最初から言っとけ。
1207. Posted by    2006年10月13日 12:56
>1205
いや、中学校のレベルで解法が複数存在する方程式は解かないと思うぞ。

というか、複数解法がある場合、どの解法を使ったかが(効率とかの関係で)重要(つーか点数に響く)なのでそれこそ経過書かなきゃだめだぞ。
1208. Posted by     2006年10月13日 12:57
米1025
どんな過程であろうと、間違えてなければ正解だ。
だが、1はどんな過程で計算したかも書いていないんだろ?これではダメだ。
1209. Posted by     2006年10月13日 12:58
毎度の情報不足だが、内容からして
「プロセスを記述しなければ×にする」というのは後付けだったのは間違いないだろう。
言い分は正しかろうがこの教師がアホ。

つかゆとり教育のせいか知らんが変わったもんだね。
厨房のテストとか途中式はわら半紙に書いて解答用紙は答えだけだった。
勿論わら半紙は破棄w
1210. Posted by 匿名   2006年10月13日 13:04
俺の中学、高校は答えだけ書いて正解だったら半分だけ点がもらえた
1211. Posted by    2006年10月13日 13:05
青字に賛成
1212. Posted by 1195   2006年10月13日 13:08
※1196
いや、他人に要求とかじゃないよ。
数学はプロセスも大事だが、最初の条件ってのも大事でしょ。
きちんとした過不足ない条件の下でって部分も大事だろ。
1213. Posted by     2006年10月13日 13:08
米1205
「間違った解法」じゃ意味無いよね。
1214. Posted by     2006年10月13日 13:09
米1202
うむ、1+1=2のことが上にあるが
1+1が2なのではなく
1+1を2とするという約束をもって
表現する言語が数学なわけなんだよな
ただ計算をするという算数はそれの前段階の話

だから算数と数学は根本的に違う物だけど、そこら当たりの説明とか違いというものを教師も良くは分かってないし説明もしてないだろうね。この教師は半分はわかってんだろうが・・・
1215. Posted by     2006年10月13日 13:12
米1207
2次方程式は因数分解以外でも解けたりする、手間だけど。
それと、解法に間違いが無ければどんな道筋を辿っても正解です。
1216. Posted by     2006年10月13日 13:18
薬にたとえてみよう。
結果体に効くらしい「薬」と、
ある成分が体にどのように作用して、効能を生むかががわかっている「薬」あなたならどちらを使いますか?
1217. Posted by     2006年10月13日 13:30
※1216
例え方下手すぎ。
どっちも同じ結果という前提忘れてるだろ?
1218. Posted by    2006年10月13日 13:32
>1215
あー、中学って因数分解→解の公式だっけか。

しかし、解の公式習った後で因数分解で解くと減点じゃなかったっけ?
1219. Posted by     2006年10月13日 13:37
当てずっぽうで入れてみたら
たまたま解が分かった
ってのはどうなんだろう。
1220. Posted by     2006年10月13日 13:47
偶然やカンニングを避ける為に解法の記述が必要なのは当然。

だがそれを生徒に意識させていなければそれは教師の教え方が悪い。
因数分解が必要な問題ができなくて×になった後に因数分解を教えてるようなもんだろ?

最悪じゃん。
1221. Posted by    2006年10月13日 13:52
米欄なげーな。
しかしこの生徒が実在するとして、答えだけあっていて○をもらえなかった理由に気が付かない事が一番の問題ではないか。
「悔しさがこみ上げてきた」とかまでいっている。答えさえあってればそれでいい。そんな風潮があるのではないか。

話は飛ぶが、曜日って400年で一周しきってる。日曜日が最後に作られたという伝説に従っていれば、2001年の1月21日は日曜で当然だ。9月とかにしてほしかったところだな。
1222. Posted by     2006年10月13日 13:55
5 言われたことしかできない奴多すぎ。
ま、言われたことすらできない奴よりはマシかもしれんが・・・。

数学はプロセスを考える力を養う学問です。
暗算でできるなんてのは、社会に出てから発揮してくれ。確かにそのほうが効率もいいかもしれん。
プレゼンとかでそんなのやったら全然説得力ないけどな。

定期テストは学問の成果を量るためのものだと言うことを忘れるな。
1223. Posted by     2006年10月13日 14:02
そう教え方が悪い、数学教育の問題
計算ができることは必要条件だが
なぜ計算しなくてはならないか、計算とはそもそも何かということが全く教えずに
計算で正しい結果を出すということだけを教え込もうとしてるからこうなってしまう。
1202,1214にあるように数学ってのは言語
国語や英語を学ぶのと同じなんだ
回答欄に解だけを書けっていうのは
〜という前提、材料を使って物語を書きなさいと言う問題で
回答欄には、主人公の結末は?(    )
ってしてあるようなもので実は設問自体が意味不明なんだよ
1224. Posted by     2006年10月13日 14:11
教科書を2倍に厚くして解法、例題を増やしてくれたほうが途中計算覚えるのに10倍助かる
1225. Posted by      2006年10月13日 14:15
 つか,「解答欄があったらとりあえず埋めろ」って言われないか?書く欄があるのに書かないのは普通にだめだと思うぞ.式まで書きなさいって言う注意書きなかった・・・これは想像だけど巡回中教師は言ったと思う「途中も書けよ〜」
1226. Posted by     2006年10月13日 14:49
米ながすぎワロタwwwww
攻撃でもされてるのかとおもった
1227. Posted by     2006年10月13日 15:04
今北産業
*1226
俺も、驚いた。
1228. Posted by    2006年10月13日 15:05
すごいコメント数多いな・・・。ざっと読んだが、基本的に青字に賛成。
でも「おまえらバカな文系だろ。」「ゆとり教育世代はこれだから。」とか中傷目的の失礼極まりないコメントしてるのも青字派が多いな。

学生時代に式書いて○貰ってるかどうかとか、文系とか理系とかそんな小さな事よりも、匿名とはいえ人を馬鹿にして喜んでるような文章しか書けないって事の方がよっぽど重要だと思うけど。
1229. Posted by    2006年10月13日 15:35
例えばこの問題が正解すると3点もらえる問題だとして、

過程が合ってて計算間違い等で答えが間違っているなら2点
過程がない、過程が間違ってて答えが合っているなら1点
両方正解して3点

とかなら問題はないのでは?
まあ中学レベルでここまで問うべきかはわからんけど、過程も答えも大切なのが数学だと思う。
1230. Posted by     2006年10月13日 15:39
この解答用紙に途中式や説明文を書くスペースが与えられているなら、そこも書かないといけないだろう。
そこも含めて回答になるわけだし。
答えを書くだけの小さな欄しかないなら答えしか書かないけど。

まあ理想的なのは、答えのみを重要とするか過程を重要とするかで意見が別れるところだけど、問題を出す側が何を求めているか説明が一言あってもいいとは思う。
大学入試じゃないんだし、解法も正解して満点、と書くとか、フォローはできたと思われ。
1231. Posted by     2006年10月13日 15:43
教師の主張も生徒の主張も、どっちも特に間違っていないからこそコメが伸びるんだろうな。
1232. Posted by いけ   2006年10月13日 16:02
 点数の付け方なんて,採点者の一存だと思うけど.
 高校入試にだって採点方法が明示されないものが多いし.一般的にも解けって問題は,途中過程も含めて解答になる.大抵,答えだけの解答を促す問題は,答えのみを書けって書いてある.逆は,特に明示する必要はない.
1233. Posted by     2006年10月13日 16:03
>1228
>馬鹿にして喜んでるような

それは誤解だwあまりにバカだから泣く泣く指摘してやってるんだよw
1234. Posted by    2006年10月13日 16:03
米1218
問題に解法が指定されていない限り、どんな解き方をしてもそれが正しければ正解です。
1235. Posted by    2006年10月13日 16:07
>>1176
文系理系という概念に囚われてる時点でアレだが、パッと見で答え方が複数思い浮かぶときは、それこそ、その考えが正しいのかどうか検証して貰うために過程を書くぞ。
めんどくさいのは確かにそうだが。
1236. Posted by    2006年10月13日 16:09
これって管理人が漫画のひとコマを出したかっただけなんじゃ
1237. Posted by       2006年10月13日 16:18
問題に計算式も書けと書いて有ったならそれで正しい
ただ問題を解けとだけ書いて有ったなら実際に解いているんだから点をやって良いじゃないか
1238. Posted by     2006年10月13日 16:19
プロセスが欲しかったなら、事前にそう指導するか問題文に書いておくべきだった。

それらが無かったことは、
・生徒が数日経っても思い出せなかったこと
・先生が「以前教えた」という趣旨の発言をしていないこと
・生徒の感想が「忘れていた」ではなく「気付いた」であること
以上3点より明らか
1239. Posted by     2006年10月13日 16:23
なんか中学だからいいんじゃないの、とかいう声があるんだが、三十路の俺が中坊時代も、式は書かされたぞ。答えに至る過程が無ければ、正解であっても×だった。
ソレが当たり前だと思っていたし、今もそれが正しかったと確信している。考える力、技術があればこそ、正解は意味を成すもんだし。はっきれ言って引き写しは勉強じゃ無ぇ。

若い世代の奴らは、マジで答えが合っていればソレで良いと本気で思っているんだろうか。だとしたら冗談抜きで、ゆとり教育って腐ってるよな。
1240. Posted by     2006年10月13日 16:25
ゆとり乙って言いたいだけちゃうんかと問いつめたい。
1241. Posted by       2006年10月13日 16:31
※1238
試験問題に不備が有ったって事だな。
確かに後々の事を考えて解法も書いた方が良いというのは正しいけど、
解法も書かなければいけない事を試験問題に書いてないんじゃ点をあげるのが普通だろう。
1242. Posted by     2006年10月13日 16:32
※1238
まったくもってその通り。
○○が重要とかそういう話ではないよ。
単なる問題文の不備(事前の通告でもいいけど)

それを答えだけあってればいいとか
プロセスが大事だとか
釣られすぎ

1243. Posted by     2006年10月13日 16:34
>1238
ヒント:「授業聞いてませんでしたー」
1244. Posted by nov   2006年10月13日 16:34
なあ、先生が採点ミスしてそれを誤魔化す為に後付けでもっともらしい事言ってるんじゃないかって思っちまったんだが・・・
1245. Posted by     2006年10月13日 16:37
つか,ほかのやつ全員かいてるのにこいつだけ書いてないっていうシチュエーションなんじゃないの?
1246. Posted by     2006年10月13日 16:39
>1243
いるいるwww
「授業聞いてませんでしたー\(^o^)/」
1247. Posted by     2006年10月13日 16:39
※1241-1242
この件を「問題に不備」とか考えるのが
ゆとり世代の馬鹿さ加減を表してるな

まあニートにはわかんねえか
1248. Posted by    2006年10月13日 16:55
教師が意図した方法で問題を解かなかったから×になったとする。
この場合、問題文に「〜を用いて解け」と書いてあるなど、方法を限定していることが明示されていれば生徒の問題。
でも最初にそれを言っていないにも関わらず、「俺の考えてた解き方が違うから×」なんて話だと、明かに教師がおかしい。
今回のもその延長だろ。
1249. Posted by ラパリオ   2006年10月13日 17:01
管理人はどうしようもないアホ

答えさえ合っていれば云々とか言っている奴は、
センターしか関係ない文系の中の底辺らへんの香具師

でFA。センターなら過程云々をすっ飛ばしても解けるレベルだし、
なにしろマークだからな。
この程度の簡単な問題しか解いた事がないんだろう。
授業と違うやり方したら×にされたとか言ってる奴、
手前らの極少数の例を取り上げて物事を矮小化するな。
どんだけバカな高校or大学かよってたんだよ。
小学、中学でそんな狂死にあたったなら御愁傷様だが、
それを今まで持ち越しているってことは中卒か?


何の為に数学の答の欄が広くとってあると思ってるんだよ。
テストなんか過程の重要さを再確認する為にあるようなもんなのに。
1250. Posted by    2006年10月13日 17:07
だから、「自分の考えを伝えることも勉強のうち」ってことを教えるのも含めて教育だろ。
この中でゆとり教育云々言ってる奴等のうち、「自分は、過程を記述することの必要性や大切さを、教師に教わるまでもなく、子供の頃からちゃんと分かっていました」って奴がどんだけいんだよ。
1251. Posted by     2006年10月13日 17:09
※1247
おまえの答えも解答(結論)しか書いてないから×だなw
1252. Posted by 今ならヌルポもばれまい   2006年10月13日 17:09
青字も黒字も飛躍しすぎだから困る
問題と解答欄がまだわからない以上わかるはずがない

X=Z
5=YのXの自然数を求めよと言われてるようなものだ
1253. Posted by いけ   2006年10月13日 17:09
*1248
全然,延長じゃないよ.

この場合,限定されていないのに,限定された答え方しちゃって,点数なしという状態.

答えだけ書けって書いてないのに,答えだけしか書かなかった.試験ってそういうもんだよ.
1254. Posted by いけ   2006年10月13日 17:16
自分で読んでてよく分からない文章だったな.

>答えだけ書けって書いてないのに,答えだけしか書かなかった.試験ってそういうもんだよ.
普通は,答え方についての指定の在るときは,それに従うのが当然である.指定がなければ,答えだけじゃなくて,必要最小限の理論展開が必要とされる.
この場合,答えの数字以外書かれていないんだから,×をつけられても文句は言えない.
1255. Posted by     2006年10月13日 17:25
※1254
いや 文章は普通に分かるよ。
ただ、私としては逆だと思う。

問題出す方が、指定するか
約束事として決めておくべきだと思う。

そうしないと採点がぶれるし、
やろうと思えば悪意で
いくらでも×つけられる。

生徒側のあり方としてはいけさんが正しいし
そうした方がいいけど。。
1256. Posted by    2006年10月13日 17:29
米1253,1254
延長だよ。
あんたは俺の言った限定の意味を変に解釈してる。
「式も書かなければならない」のなら答え方を限定していることになる。逆に「式を書いても書かなくてもいい」だと限定していない。
1257. Posted by まめ   2006年10月13日 17:38
テストを何のためにやるか理解してない生徒が悪い。
もし理解していたらいきなり答えを書くなんて愚行はしないはず。
1258. Posted by :   2006年10月13日 17:42
数学の問題は過程も書くだろ…
常識的に考えて…
1259. Posted by     2006年10月13日 17:50
そもそも○をもらえるとか×をもらうとか、そんなに重要なことなのか?

入学試験とかならちょっとした点数の差がその後の身の振り方を決めたりするわけで、重要なことだが、そういう場合は回答の仕方を厳密に要求することが普通なわけだ。

この生徒がちゃんと途中のプロセスを考えてあえて答だけ書いたのであれば、プロセスを実行する能力があるのだから深刻に考える必要などどこにもない。次からは途中を書けばいいだけの話だ。

もしあてずっぽで答え書いて×もらってクレームつけてるのだとしたら笑えるな。そのときは先生の言葉が正に的を射ていることになるわけだが、いずれにせよこの生徒はマヌケ。
1260. Posted by    2006年10月13日 17:54
つーか生徒は納得してんるだけどな。
1261. Posted by いけ   2006年10月13日 17:58
*1255
この場合,他にも答えだけ書いてるのに正解にされてる子がいるなら大問題だと思うが,それについては,何も書かれていないので判断できない.ただ悪意とかの話は,ここで挙っている問題と焦点が少々ずれていると思う.

*1256
あなたのいう限定の意味については,読み違えたようだ.ただ,これは,あなたと「解答せよ」の意味の解釈自体が違っているためだと思う.わたしは,導出+答え が通常提示すべき解答であり,そこに「答えのみ書け」とか,「導出は特定の公式を使うべし」という文面入っていれば,それに従うのが数学の解答方法であると考えている.
1262. Posted by f   2006年10月13日 17:58
社会人…結果が全て
結果を出すには良いプロセスが必要な場合が殆どだから
プロセスの大切さを強調する教育が…ってことだろうか?
(解法+解答)×問題数=100点満点に統一した方がいいんじゃないだろうか?
1263. Posted by    2006年10月13日 17:59
まだ「ゆとり」とか言ってる奴いんのか。
馬鹿の一つ覚え。ナイスな言い回しだと思ってるみたいだけど完全に空回ってるから。
やめた方がいいよ。
1264. Posted by 1255   2006年10月13日 18:24
※1261
うむ 悪意うんぬんは良くなかった。失礼。

いけさんの言うことは数学の常識だし、それも納得。

ただ、私が言いたかったのは、もし事前に解法も書けと言ってなかったのであれば、解答者に有利な解釈をして○を付けるのが妥当だと思っているということ。

この先生が
「答えと解法、先生がこのテストで見たかったのはどちらだと思うか」
なんて言っているので、
事前に教えていなかったのではないかと思ったわけです。
1265. Posted by がっ   2006年10月13日 18:30
英語の教科書通りの答えかいたらペケ貰った事がある件について

普通使わないからと
1266. Posted by    2006年10月13日 18:38
相手の欲するものを察して、それに応じろ、ってことだよな。
1267. Posted by     2006年10月13日 18:42
米1260
その納得の方向が、全くワケワカメなんだよ。

プロセスいらないとか言う奴は
問、風が吹くとどうなるか答えなさい。
答、桶屋が儲かる。
で納得できるんだろうか?
1268. Posted by     2006年10月13日 18:45
極端な例えとして

2+2

2*2

も答えは同じわけだもんな
でも、
2+2の回答数値を
2*2の回答数値として算出するわけにはいかないでしょ
1269. Posted by いけ   2006年10月13日 18:46
*1264
先生の指導方法については,同意.
定期テスト2回を残して,まだ途中式も書かずにいた生徒に対して,何度か指導を行う機会はあったと思う.でも,何度言っても分からない者に対して,お灸を据えたのかもしれないし,高校受験前に気づいてよかった.

>もし事前に解法も書けと言ってなかったのであれば、解答者に有利な解釈をして○を付けるのが妥当だと思っているということ。
1255さんの言っている事は分かるが,大学の単位認定試験でよくある平均点の底上げとかと違って本来テストは落とすための物であることを考えれば,相当甘い採点方法と言うしか無い.
1270. Posted by    2006年10月13日 18:48
米1267
1260は1259宛て。
1271. Posted by 超兄貴先生(黴)   2006年10月13日 18:58
・解法はあっているが解答が間違っている → △
・解法は間違っているが解答があっている → ×
・解法も解答も正しい → ○

・「先生、大好き」と書いてある → ◎

当然の採点じゃない?
1272. Posted by     2006年10月13日 18:59
・初体験について書き連ねている → ☆
1273. Posted by    2006年10月13日 19:04
  なぜ過程が大事なのだろうか?
   ∨     __,,..,,,,_  /簡単に見えて、奥の深い問題だ
  _,,.., ./ ・ω・ヽ ̄     _,,..,,,,_ / わからないやつはゆとりかニートだ
 /・ω・ ヽ   l      l     ./・ω・ ヽ ̄  __,,..,,,,_
 l     l   `'ー---‐´     l     l   /・ω・  ヽ< それは思考停止に他ならず、
 `'ー---‐'′              `'ー---‐'′   l     l  知性の敗北以外なにものでもない
                      `'ー---‐´
1274. Posted by      2006年10月13日 19:05
ミース 星団暦で検索したんだけど
画像の漫画ってファイブスター物語?
面白そうなんだけど。
1275. Posted by     2006年10月13日 19:07
現実社会では結果が重要視されるけど、その結果にいたるにも過程があるってことですよね。

あてずっぽうで結果を出し続けられるならプロセスは考えなくていいけどね。
1276. Posted by 1273   2006年10月13日 19:08
ありゃ、ずれた
スマソorz
1277. Posted by    2006年10月13日 19:17
また管理人の痛さが出てる記事か。
1278. Posted by -_-   2006年10月13日 19:17
こうゆうのってほんと伸びるよね。やめてほしい。
1279. Posted by    2006年10月13日 19:26
米1268
2+2と2*2は同値な演算。
例えが悪すぎ。
1280. Posted by     2006年10月13日 19:28
米1278
なら見なきゃいいだけ。
1281. Posted by 1255   2006年10月13日 19:32
※1269

>大学の単位認定試験でよくある平均点の底上げとかと違って本来テストは落とすための物である

なるほど。
確かに競争試験と資格試験では
違うよね。
私の中でいろいろ整理できてきました。
貴重なご意見ありがとう。
勉強になりました。
1282. Posted by     2006年10月13日 19:47
中学で途中計算も書けって教えられてたから特に何とも思わないな。
まぁ正直面倒だと思うことは多々あったが。

つーかこの中学生は偉そうなこと書いてるが気付くのが遅すぎだw
途中で数学の担当が変わったなら分かるけどな。
1283. Posted by     2006年10月13日 19:50
「答えはあっているのにペケのついている問題がちらほらあった」から察するに合ってる問題もあったってことだとおもう
そこでもしこれが証明問題のテストだったとすると本人がいらないと思って省いたところを×にされたとも取れる
そしてもし計算問題のテストだったとした場合も上の考えで省いて×にされたのかもしれない

しかしもしかしたら証明と計算の複合かもしれない
もし証明と計算がちりばめられたテストだったとしたら証明を落としたって事だと思うんだ

おまいらこれは推理する問題だよ
1284. Posted by    2006年10月13日 19:54
とにかく、目上の人から命令されたら
今度からそうすりゃあいいじゃん。
1285. Posted by このコメントは削除されました   2006年10月13日 19:59
このコメントは削除されました
1286. Posted by     2006年10月13日 20:00
※1279
n+nとn*nは答えが同値だろうが別物だろ
自分でも極端な例えって言ってるじゃんw

例えの程度は該当例と似たようなもんなんだろうよ
まぁどこまで言っても根本が違ってりゃ同じ話なんだろうし
1287. Posted by ちゃ   2006年10月13日 20:23
黒字の連中は中学数学をしってんのか?
解答用紙の空白に見合っただけの解答を書かずに満点をもらえるなんて考えてるのは「しょせん数学なんて将来役に立たないし」とか考えてるアフォだけだぞ。普通なら過程を詳しく書こうとするはずだ。
あきれ果ててものも言えん。
1288. Posted by あ   2006年10月13日 20:35
※1286
同値の意味分かってるか?
分かってるんならスマン
一応言っておくと”同じ値”という意味ではない。

高校レベルならまだ分かるが中学くらいなら
途中式なんてほとんど書くこと無いだろ。
別に答えがあってればいいと思う俺は。
勘で答えが合うほど甘いテストじゃないだろ。
そんな俺はこの前のテストでロピタルの定理よりと書かずに減点された大学生
1289. Posted by あ   2006年10月13日 20:37
※1287
俺が中学の時の数学は解答用紙には一部を除いて答えを書く欄しかなかったが。
今は違うのか?
1290. Posted by     2006年10月13日 20:39
米1289
A.___________________
のコト?>答えを書く欄
余白は全く無かった?
1291. Posted by     2006年10月13日 20:42
※1287
中学数学の何の問題かわからないのにそんなこと言われても困る
ただの計算する問題だったら証明みたく書くことないだろ・・・
1292. Posted by     2006年10月13日 20:46
( ・ω・)そもそも問題とか解答用紙とか判ってないのに議論してるおまいらが大好き
1293. Posted by     2006年10月13日 20:48
米1291
だったら
「答えと解法、先生がこのテストで見たかったのはどちらだと思うか。数学で大切なのはプロセスなんだ。答えなんてただの数字でしかない。君の解答は解法の内容が乏しかったんだよ」
なんて言葉は出ないだろ。
1294. Posted by     2006年10月13日 20:53
※1293
計算でも時々途中を書かないといけないような感じのってなかったか?
俺のとこの教師は全部同じ大きさのワクにして両面の回答用紙で出してたからかな・・・
1295. Posted by    2006年10月13日 20:57
米1287
俺は、中学の時は、解答用紙の空白は問題用紙がない分の計算用と認識してたぞ?
暗算できないときは空白を使って計算して良いが、暗算できるなら別に使わないでもいい、と。
あと、ほとんどの人間にとっては、数学なんて将来役に立たんのが普通と思うが。それがなんでアホなんだ?
1296. Posted by Posted by   2006年10月13日 20:57
答え合ってんなら1点くらいあげろよ
1297. Posted by 1289   2006年10月13日 21:00
俺が中学の時は問題用紙と解答用紙があって、
解答用紙には答えが書けるぐらいしか余白が無い
もちろん証明問題とか、テストの最後の少し難しい問題とかで枠が大きい奴もあったけど
ほとんどが答えだけだった気がする
結構昔の事だからあまり覚えてない
1298. Posted by     2006年10月13日 21:46
※1286に対して、同値だってわかってないんなら引数に充ててたとえたりしないでしょw
nが3なら同値云々はいきなり否定されるんだし
3+3は6だわな。
3*3は6でいい?

大学生だけどって言わないほうが良かったんじゃね?
1299. Posted by     2006年10月13日 21:59
プロセスを書いて正解なら何点、
答えが合ってて何点、って先生が事前に説明しときゃいいだけの話じゃね?
何の説明も無くテストすればこういうすれ違いが生じるのは当然だろ。
1300. Posted by zxr   2006年10月13日 22:46
プロセスが大事なら、最も効率のいい答え以外は駄目って考えてしまうんだが…
1301. Posted by    2006年10月13日 22:47
この場合、プロセスを書けと指定されていたのか?指定されてないのに×はないとおもう・・・
1302. Posted by     2006年10月13日 22:47
俺の学校も答えだけNGだった
記者の低学歴が露呈したなwwww
1303. Posted by     2006年10月13日 22:51
この先生の言ってることは正しいよね

数学では解法が重要で、最終的な答えを出すまでの計算はただの鉛筆を動かす単純作業だし。
極論すれば、解法さえ見つければ計算部分は電卓でもOK
俺が受験のときは、参考書の問題見て解法が思いついたら、巻末の答えの解法の部分だけみて解法が当ってたら計算はしないで次の問題に移る、という方法で普通の10倍くらい問題解いてたし。

1304. Posted by     2006年10月13日 23:05
どこの板にあったスレなのかわからないと不便じゃないかと今頃言ってみる
1305. Posted by     2006年10月13日 23:24
全員低学歴だな。
ごちゃごちゃ自然言語の説明が求められるのは、院試までだろ。
機械的な表現(式や記号)でまとめられなきゃ、その論文に意義は無い。
1306. Posted by c   2006年10月13日 23:34
「答えがあってるならあてずっぽうでも正解にしとけ」って意見があるが、その場合生徒が「あてずっぽうでも良いんだ」って誤解してしまうかも知れんな。
明らかにあてずっぽうで書いたと思われる解答の時は、むしろマイナス○点とかにした方が生徒の為かも。
もちろん、その理由をきちんと生徒に理解させるのも大事。
1307. Posted by     2006年10月13日 23:36
つーか、プロセスを正しく理解してるかを判断するためにテストってもんをわざわざやってるんじゃないの?
1308. Posted by    2006年10月13日 23:55
数学問題だけの事ではないが、
「何故そうなるのか」が分かってる人間は、失敗しても取り返せる。何故なら失敗した理由も自ずと分かるから。
だが、「何故だか説明出来ないが、こうなる」という考え方しかしない人間は、いざ失敗した時には思考が停止して、どうにもならなくなる。

数学問題なんて、所詮社会に出たら殆ど役に立たないもんだ。サインコサインなんて日常生活じゃ使わないしな。
じゃあ何故そんな無駄なものを教えるのかというと、解答を出すまでの過程の作業を身に付けさせるためなんだよ。
1309. Posted by Q   2006年10月13日 23:55
むしろ、長ったらしいプロセスがなくても、簡潔に答えを導き出せてしまった人のほうが、効率的で頭いいんじゃないか?
1310. Posted by     2006年10月14日 00:14
解答に至るまでの経過が間違っていれば

解答の数字が同じでも

問題の解答としては間違ってるんじゃね?
1311. Posted by     2006年10月14日 00:26
経過を間違って覚えたものを数字が変わってるはずのテストでやったら答えが合ってる確率は低すぎやしないかと・・・
1312. Posted by     2006年10月14日 00:32
中学程度の問題で回答へのプロセスが示せないようなら大学入試は全く無理だな。効率がいい回答だろうが根拠が示せないならアウト。化学の概数計算とかじゃないんだから…。
1313. Posted by あ   2006年10月14日 01:00
とりあえず、お前らほとんどが高卒であることはよーくわかった。
1314. Posted by お   2006年10月14日 01:10
どんな問題かにもよるが普通は答えだけで〇になるわけがないだろ・・・。

今回は青が正しい。黒は痛い。小学生?

プロセスができてるかどうか判断するのが数学だと思うんだが
1315. Posted by    2006年10月14日 01:14
中学レベルの問題でも、
解法には
今まで学んだ中で(中学レベルで)
多少の選択肢がある。

数学センスのある子供なら、
すぐに思いつく程度のパズルです。

直感で思いつく程度の問題なら、
頭が良ければ、
2,3の解法を示せば良いのです。

最近習った解法で解き、答えだけを書くのは
暗算と同じ、
数学の一番大事な部分を理解してない。
記憶力が良いだけ?

記憶力が良いだけなら、文系に逝けばいい!

適正な判断だと、私は思います。
1316. Posted by      2006年10月14日 01:22
てか、
試験時間内に
解答でてるんだろ?

プロセス書いたらいいだろ?

答えだけ合ってれば良いとか、
云う奴は文系の人なのかな?

先生にサービスして、プロセスぐらい
記入したらいいでしょ?

それが判らないなら、頭が悪すぎる。
1317. Posted by 三途   2006年10月14日 01:53
うむ、順調に伸びている。
少々考えたが問題に「途中の式も求める」意味の文が無ければ答えだけで正解にしなければいかんよ。
なぜなら採点者が全員同じとは限らないから。
同じ事をやって点数違うのは拙いだろ?

テストを受ける前の条件が違う人間が受けるのが当たり前だから、教師(採点者)と問題文、どちらに合わせるべきかと言うと問題文の方。
いきなり「俺(採点者)のやり方にあわせろ」となると数学と言うより超能力のテスト。
前にも書いたけどやはり教師が駄目。
1318. Posted by     2006年10月14日 02:25
※1317
辞書を引け。
数学=数・量・図形・函数などの性質や相互関係、法則を研究する学問、だ。
数学では計算能力や公式を教えるが、本来は数学的というか論理的な思考手順を教えるべきものだぞ。

純粋数学が物理学上の重大な発見を予言することがあることの意味を考えてみろ。
答えを求める学問ではなく、答えを導き出す手順を科学する学問なんだよ、数学は。
逆に言うと、手順さえしっかりしていれば、平行世界のような現実には観測できていないもの=答えを特定できないものを科学することもできるんだ。

手順をしっかりと踏まないのなら、それはあらかじめ完成された箱庭の中でしか存在できず、
学問という知的で生産的な活動とは無縁の数遊びと呼ぶべきものだ。

数学のテストである以上、答えという数と、問題という数式の間の相互関係を研究してもらわないと困るだろう。
1319. Posted by 774   2006年10月14日 02:46
>>黒地共
プロセスが必要ないただの計算問題は小学校で卒業しろ。確かに計算するだけの下らん問題も多いがそういう問題も過程を考えて論理的に筋道が立ってるかどうかが重要なんだろ。んなことせずに答えだけ書くとかやってたらまともな論理力は身につかん。教育という意味ではそういう習慣を中学のときに身につけさせることも重要だしな。

>>痛いニュースじゃないとかほざいてる連中
カテゴリーよく読め。まあこの場合なんでおばかニュースかはわからんが。いちいち書くことじゃねーとかか?

>>342
それなんてアインシュタイン?
1320. Posted by     2006年10月14日 03:36
中学程度の数学だと暗算だときつい部分の計算式以外省略して書いちゃうとかよくやったんだが、それも減点対象なんだろうか。

少なくとも、まぁ、「途中過程も残しておくこと」って但し書きくらいはつけとくべきだろう。
プロセスが大事なのは分かるが、ペケまではやりすぎ。精々、減点に留めとくべき。
というか、過程が間違ってる場合は殆ど答え合わないと思うんだけどなぁ……(苦笑
1321. Posted by    2006年10月14日 06:03
青字はともかく、青字に賛同してる奴等がイタ過ぎる。
1322. Posted by     2006年10月14日 07:31
すごい伸びだなあ。
計算こそが算数の領域だよ。算学は算じ方を研究するもの。電卓使っていい試験だってある。
中学の話だから、生徒もプロの研究員とみなせば態度にはやや問題ある。
教諭は他の生徒と違う答案が気に入らなかったか、個別に理解を確かめるのは面倒だったんでしょ。どっちもどっち。

本質的な数学は物理学の数世界版なのだけど、学者には研究過程や成果を説明する義務などないし、本質的にそれはどんな学問でも同じ。
世の中の役に立てようとか、誰かに褒めてもらおうとか、将来所得を得ようとして利用するのは学問を志すものとして動機が不純。本当は楽しいからやるものなの。
1323. Posted by    2006年10月14日 08:11
プロセスがどうこう熱く語っている連中は、これが中三のテストだという大前提を忘れているな。
1324. Posted by       2006年10月14日 08:13
俺は高1の数学実力で同じことがあったな。
200点満点のテストで、165点から120点まで、
回答は合ってるが過程を書いていないって事で減点された。
まぁ、そんな大量の問題に過程を書かなかった俺も俺だがww
1325. Posted by    2006年10月14日 08:48
※1323
そうだね。「値を書けと明記していない限り途中の計算式を記述しなければ答えにならないと言うことが当たり前すぎて言う必要も無い」中三のテストだね。

高校受験前で冒険をした生徒が悪い。
こんなアクロバットするのは中二までにしとけよ…
1326. Posted by     2006年10月14日 08:51
米1322
>本質的な数学は物理学の数世界版
意味がわかりません。
1327. Posted by     2006年10月14日 09:01
だから!世の中は結果が重要なんだって!!
プロセスプロセスいってるやつは二流もいいとこ。
所詮サラリーマンの器。それだけ

by.社会科の先生
1328. Posted by     2006年10月14日 09:03
米1298
大丈夫、大学生って頭のいい奴の方が思いっきり少数派だから、
最初から何の箔にもなっていない。
1329. Posted by まなめからきますた   2006年10月14日 10:50
中学高校の数学なんてのは、脳味噌に数学的思考の回路を作る訓練としての側面が大きいと思うぞ。
体育の授業だって、筋肉やバランス感覚・リズム感なんかを養うのが主眼なんであって、どっかの大会にでて結果出すためにやってんじゃないし。

むしろ、この教師は自分がおしえていることについて生徒と意志の疎通ができていなかったことが問題。
1330. Posted by     2006年10月14日 11:27
※1327
一流だ二流だを気にしてるだけなんじゃねーの?その「社会科の先生」がw
説得力無さそうだけど

なんつーの、身の程を弁えれてないっつーか
1331. Posted by     2006年10月14日 11:36
米1327
汚いことしてでも稼げ、とおっしゃるのね。そのセンセイは。

ま、真理といえば真理。法治国家の名が泣くが。
1332. Posted by      2006年10月14日 11:47
これなんてうちの学校の数学教師
俺ガキの頃から公文やってたから計算式なんて書いたことなかったんだが
こいつは計算式を一々書けと煩くて嫌だ・・・
一々書いたらかえってやり辛いのにさ
1333. Posted by     2006年10月14日 11:48
米1327
よくいる欧米の実力主義を
成果主義と勘違いしてそうな先生だな
1334. Posted by     2006年10月14日 12:06
※1327
社会科なんて馬鹿でも教えられるんだけどなww
まぁ三流の言葉として受け取っておくよww
1335. Posted by    2006年10月14日 12:29
大人になったら結果がすべてとか言ってるやつがいるけど、仕事ではプロセスの説明ができないと大概結果がぼろぼろになる。
全部一人でやる仕事は別かもしれないけどな。
1336. Posted by      2006年10月14日 12:32
お前等は2極論で思考し過ぎだ。

結果もプロセスも共に重要

当然ジャマイカ

優劣をつけるにしても
個々人の時と場合によるだろ


世の中の多くの凡人とっては
結果に重きを置くわけだ

少数の偉人は
プロセスに重きを置くわけだ
それが正しければ解は必然と成り得るからだ

社会システムではプロセスが重要になる結果が全てだと何をしても良いことになるがそんな道理は通らないのは自明の理。


数学のテストにおいて
問題文の重要性を説明していないから
こんな不毛な論争が起きるわけだ

教師の脳内の前提として途中式を書くというのは言い過ぎだが、"値を求めよ"じゃないところから考えを巡らせなければならないと考えられる。



1337. Posted by     2006年10月14日 12:55
文系と理数系の違い

みたいな感じだな
1338. Posted by 貴下   2006年10月14日 13:03
どうせならバルキスを使って欲しかった・・・
1339. Posted by      2006年10月14日 13:11
>>222
フェルマー乙
1340. Posted by     2006年10月14日 13:43
※1326
俺は※1322じゃないが、具体的な例を挙げよう。
相対性理論にE=mc^2という公式が存在するのは知っているな。
これは質量とは、その質量に光速の2条をかけた値のエネルギーと等しいという意味だ。

この理論は、核兵器などで応用されている。
核分裂も核融合も、要するに質量の一部をエネルギーに変化させる異論だ。

ここで重要なのは、核分裂反応を見て、アインシュタインがE=mc^2を打ち立てたのではなく、
純粋に計算をとき進めていくうちに、E=mc^2でなければおかしいという結論にたどり着いたということだ。
その後、物理学が発達した結果、相対性理論は仮説ではなく、きちんと実証された法則になった。

このあたりの数学的な予言というのが、物理学の数世界版というところ。
1341. Posted by     2006年10月14日 13:44
>>続き

つまり、数学というものは、結論がきちんと実証されている状態で計算をするのではなく、
結論が実証されていない状態で、多分こうだろうと予言する学問だ、ということだ。
この場合、何でそうなるのかを説明できないと、ただの妄想と同じだ。
質量とエネルギーが等しいという相対性理論は、「質量保存則」という物理学の大前提を部分的にでも無視したとんでもない説だったが、
それでも受け入れられたのは、数学的に明確だったからだ。
妄想と仮説の違いは理屈が通っているかいないかの違いだというのは、別に数学に限ったことじゃないだろう?
1342. Posted by     2006年10月14日 13:53
生徒は生徒で「数学では過程を記録しておくことも大事」ということを学習しただろうし、それでいいんじゃね?
目先のテストの結果にこだわってもしょうがないだろ。

教師は教師で「自分では過程を書くことは常識だと思っていたんだが、それが通用しないこともある」ということを学習しただろうしな。
電子レンジの注意書きに「猫を入れてはいけません」と書かなきゃいけないような時代だからな。
1343. Posted by あ   2006年10月14日 14:02
最近の中学生の読解力はやばい。
応用問題出ても適当に掛けたり割ったりしてるだけ。
なぜそうしたのかとか全く考えてないやつが多い。

それでたまたま正解することもあるけど、なんでこの答えが出たのか聞いてみても
距離が何kmかを聞いてる問題で58時間とか。
たぶんこの記事の子は頭良さそうなかんじだけど、
他の基礎問題がボロボロの子がたまたま答えだけ正しければ丸を付けるべきかどう思う?(´・ω・)
1344. Posted by 追加   2006年10月14日 14:12
追加。

あ…ちなみに、俺は100点の生徒に限っては正解にしてあげるべきだと思うよ。
たぶん分かってるだろうし。

90点以下の分かってないであろうヤシには、ちゃんと復習させるためにバツにするのもありかなと思う。

学校はともかく少なくとも塾と家庭教師はそうすべき。
1345. Posted by     2006年10月14日 14:57
>>1340
乙、アインシュタインは記憶力は最低だったようですがね?(Wikipedia参照ヨロ)
>>1344
同解答で差別する…数学の「解」としては有り得んからヤメトケ
 
普通に考えて数学で解答だけ書いたらカンニングか?と思われるだろってね。(筆算まで書けとは言わんが)
1346. Posted by このコメントは削除されました   2006年10月14日 15:29
このコメントは削除されました
1347. Posted by (´, _ `)ゝ   2006年10月14日 15:49
これ何巻だっけ。
1348. Posted by     2006年10月14日 16:03
>>1340
私は、数学の中の実世界に基づく内容に意味を与えたものが物理だと考えています。

どちらも間違っていない見方ですが、
やはり数学をやっている人と物理方面の人の間には、
考え方のギャップが存在しますね。
1349. Posted by nk   2006年10月14日 16:06
こうしてこうなるからこの答えが導き出されるのだと、他人に解法のポイントを自分なりに説明できなければ本当に理解したことにはならんだろ。
まず間違いなく応用問題でつまづくよ。
自分が分かればそれでいいって物でもないしな。
その辺は小さい頃から身に着けたほうがいいと思う。

ただ、先生も、中学生相手なんだからテストが始まる前に一言位はあって然るべきだがな。
1350. Posted by     2006年10月14日 17:16
>>622が素晴らしい。
やっぱ、過程は重要だよ。
1351. Posted by      2006年10月14日 17:59
1336をちょっと編集

えぇ事いうとるわ〜


お前等は2極論で思考し過ぎだ。

結果もプロセスも共に重要

当然ジャマイカ

優劣をつけるにしても
個々人の時と場合によるだろ


世の中の多くの凡人とっては
結果に重きを置くわけだ

少数の偉人は
プロセスに重きを置くわけだ
それが正しければ解は必然と成り得るからだ

社会システムではプロセスが重要になる
結果が全てだと何をしても良いことになるが、そんな道理は通用しないのは自明の理。


数学のテストにおいて
問題文の重要性を説明していないから
こんな不毛な論争が起きるわけだ

教師の脳内の前提として途中式を書くというのは言い過ぎだが、"値を求めよ"じゃないのであれば、そこから適切な解答方法を思案せなければならないと考えられる。
1352. Posted by     2006年10月14日 18:15
数学はプロセスを重視すると言ってるが
1+1=2と書いたら○をもらえるから不思議だ。
3×12=36
これも○を貰った記憶がある。
プロセスうんぬん言ってるヤツは
全ての数式を証明してるんだろうか?

小学生の頃は結果重視でやってきて
途中からプロセス重視というワケワカランことを
いうから混乱するんだろう。
プロセス重視でいくんだったら最初からそうしてればいいのにな。┐(´∀`)┌ヤレヤレダゼ
1353. Posted by このコメントは削除されました   2006年10月14日 18:32
このコメントは削除されました
1354. Posted by     2006年10月14日 18:34
>>1352
「四則演算定義」と九九やり直すか?
1355. Posted by     2006年10月14日 20:41
答えだけあってればいいじゃんと思える人は、おそらく中学生以下の子供だけだ。

数学取ってて、高校後半〜大学生で、そんな事言う人間なんて一人もいないって。
1356. Posted by     2006年10月14日 20:47
そうさな、本当に答だけ合ってて文句言っても良いケースは、全部頭の中だけで計算出来てる場合だろうけど、そんなの立証出来ないから、書いて証明しなきゃいかん。
本当にそれが出来て、どうしても先生に認めさせたかったら、全部のテストの回答だけ解答欄に書き続けてやれ。
で、聞かれたら数式だけ答えてやりゃ良いんだよ。才能あるって納得してもらえるよ。

ま、入試とかでは無理だけどな。
1357. Posted by     2006年10月14日 21:23
実際、スレの人達はどれぐらいの年齢の方が多いんだろうか。
こんなこと言う人なんて中学生以上で見たことない。
1358. Posted by     2006年10月14日 21:38
まぁ生徒が式書けって言われてる解答欄に答えだけだったら 論外だとは思うがな
1359. Posted by     2006年10月14日 22:35
俺も自分の教えたやり方でやら無かったら
×にした基地外がいたな。
1360. Posted by 123   2006年10月14日 23:07
頭脳の中で考えて書くか。回答用紙にその過程を書くか。か。う〜ん。
1361. Posted by a   2006年10月15日 00:24
途中式無いと全部×をもらう。
ていうか、途中式書かないと絶対に解けない。
特にテイラー展開とかは地獄だったし。

どのようにといたかは重要。
数学だけでなく過程はどんなものにもある。
過程が分からないんじゃ同じことは二度とできない

微分方程式一つとっても普通に解いたりラプラス変換で解いたりできる。

余談だが
このコメントみてはじめて知ったんだが、
ロピタルの定理って高校じゃやらないんだな。
あったほうがいいと思うんだが。
1362. Posted by     2006年10月15日 00:48
プロセスなんてただの式でしかない。
1363. Posted by A   2006年10月15日 01:29
公務員試験の数的推理とか解いてみると、答よりも過程が大切だってわかるんじゃないか?国気箸特に。

あれは結局、解答としては5択だが、解法としては本当にいくらでもある。頭の柔らかい奴と、かたい奴の出した解答が同じでも、正答を導くまでにかかる時間は全然違う。

数学の問題は、例外もあるが、ほとんどの問題は時間さえあれば解けるようにできてる。だからテストをする意義は、プロセスを見ることでは?
1364. Posted by     2006年10月15日 01:52
てか、中学校の数学なんて途中式もクソも・・・
アホみたいな因数分解とか、その程度だろw
ただ、試験の場合は「書いておいた方が無難」ってダケの話。

これ、実は社会に出てからも同じだったりするw
「こんなん、三者契約の形にして甲と乙で別途個別案件の処理させればイイじゃねーか!」と自分は理解してても、あえて手順を踏んで「交渉過程を一連の流れとして周囲に明示する」必要があったりする。
そうすると、コケた時にも「まぁ、あの状況だったら、そう判断するのも妥当だったし・・・やむをえないだろ」という逃げ道が作れるw
1365. Posted by     2006年10月15日 03:26
まぁ理由はどうあれ、教師に合わせれなかった方が悪い。
過程を書きゃ正解だっていうならね。
1366. Posted by    2006年10月15日 05:34
答えだけでいい=文系、数学嫌い、ゆとり、DQN
過程も書く=理系、ゆとりより前の世代、まじめな人

まじめな人の方が社会では重宝されるけど風当たりも強く、結局損ばかり
1367. Posted by     2006年10月15日 08:25
ノルマがある職業はプロセスより結果重視だよ。
まじめな人も不まじめな人も上司も部下も
みんな結果を重要視する。

上司「成果があがっとらんじゃないか。しのごの言う前に結果を出せ結果を!」

結果を出せない人は会社のお荷物とばかりに虐められる。
結果を出せる人はどんなDQNでも発言権があがっていくよ。
1368. Posted by    2006年10月15日 10:56
論点ずらすんじゃねぇよ。仕事だの人生だの関係ない。ここでは数学の途中式云々の話であって他の事は関係ない。

例えば二次方程式の問題で、因数分解でなく解の公式使わなきゃ解けない問題の解答がポンと値が書いてあったら「なんだこれ?」と思わずにいられるのか?数学は得意でなかったが、数学的思考の好きな俺としてはどうもその神経が理解できん。
1369. Posted by    2006年10月15日 11:05
>数学は得意でなかったが、数学的思考の好きな俺
(ノ∀`)
1370. Posted by     2006年10月15日 11:34
米1368
>数学は得意でなかったが、数学的思考の好きな俺

つまり数学的思考が下手糞な人なんだねw
間違ったプロセス示してる時点でもうだめぽ( ´Д`)
1371. Posted by     2006年10月15日 11:42
なんか人生=数学と考えちゃってる人がいるんだけどw
途中式自体が問題なのに
1372. Posted by     2006年10月15日 11:45
結果が全てとか言ってるやつは漫画の読みすぎ。
あとホリエモンに憧れすぎ。
1373. Posted by     2006年10月15日 13:40
>>1361
ロピタルの定理じゃ答えしか出てこないだろ
多分極限計算の過程を大学入試はみたいんだよ

中学の数学が簡単な計算だけと思ってるやつは中学で勉強してなかったのか
1374. Posted by     2006年10月15日 13:49
結果を出すためにプロセスが必要なんじゃないか?
結果が全てとか言ってる奴は、全くプロセス無しで結果が出るの?
社会に出たら結果が全てなんて言っても、そのためのプロセスは考えなくちゃならんだろ。
で、数学はそのプロセスを考える力をつけるための学問なんだから、定期試験ではそれまでの授業の効果を見るんだから、プロセス部分を見たいのは当然。

答えがあってるんだから温情措置で部分点くらいはやっても良いと思うが、教科の意味を考えればバツになっても仕方ない。
この教師も数学とは何たるかを教えていない(か生徒が聞いていない)のも悪かったんだろうが、この件でそれをしっかり伝えられたんだから良いんじゃないか?

ま、「テストの本質は時間内にいかにして
自分をアピールできる解答を書くことができるかということなのではないか。」なんて言ってるなら、それもちょっと怪しいけどな。
1375. Posted by    2006年10月15日 14:18
※7
それはDIOでなくカーズ
1376. Posted by       2006年10月15日 14:41
ロピタルの定理・・・sinもこれ使って解く人もいるからなぁ。微分の定義すら覚えてない人多すぎる。定義わかったら微分得意って言ってる奴が接線の傾きを求められないって言う事態はまず起きないだろ。
1377. Posted by      2006年10月15日 18:16
>>1322本質的な数学は物理学の数世界版
同士よ。
数学の推論規則は物理の暫定仮説、
数学の証明は物理の説明、で良かったっけ?
要は数学の証明も本質的には説明なんだから、
その説明を省く=道具主義的処理=理解に繋がらない。
で、適さない。と。

1378. Posted by      2006年10月15日 18:28
>>557のレスが一番納得いくな。
教師にこういう返答のされ方をするとそれなら採点基準を最初にそう定めておくべきだと思ったが、中学の定期テストみたいな受験とかよりは重要度の低いとこでこういう理不尽ともいえる経験した方が生徒もより深く記憶に残っていいかもな。
とはいえそういうのが成り立つのは物分りのいい生徒相手だけだし、自己防衛を考えるなら、プロセスも採点基準に含みます、とテストの前に言っておかんと後に無用の混乱を起こしそうだが。
1379. Posted by     2006年10月15日 19:25
結果がすべてとかいってる奴は、結果さえあってれば途中はでたらめでもいい、ということか?
そういう奴が耐震偽装問題とかをやらかすんだよ
1380. Posted by     2006年10月15日 20:35
途中経過が良くても答えが間違ってたらそれはそれで問題だよな
1381. Posted by    2006年10月15日 21:39
まあ耐震偽造問題は結果がダメだったんだけどな。
1382. Posted by     2006年10月15日 23:46
うちの大学の某工学の先生はホントに結果しか見ないよ
例えば思いつきで適当な数字書いたとしても(しかも答えだけでも)
あってさえいれば○
先生曰く「プロセスがどうであれ数字さえあってれば工場は爆発しない。逆に方法があっていても答えがちがければ点数はやらん」
いやまぁそうだけど(;´Д`)
単位が取りにくいったらありゃしない
1383. Posted by     2006年10月16日 00:51
いやいやいやその先生にいってやれ
「じゃあ発電施設のの配線を逆に繋いでも電圧差は同じだから大丈夫なんですね?」って
1384. Posted by     2006年10月16日 06:35
っていうか、数学の問題でプロセスを書くという時点でもう国語!!
1385. Posted by 1348   2006年10月16日 09:04
>>1353,1377
わかった、前提条件が違ってた。
私は数学といったら純数学、特に基礎論まで含めたものを想定してたんだけど、
皆そんなとこ見てないんだ。
そりゃ普通は実用的な数学までしかやってないから、そっちをもって数学とするわな。

数学は道具というのは正しい見方の1つだけど、pureに浸った身としては寂しい…
1386. Posted by     2006年10月16日 09:09
米1351

に誰も突っ込めないのか?


良い事っぽい言ってるじゃない
1387. Posted by    2006年10月16日 11:41
数学のテストなのに国語のテストみたいだな
式も書けって書いてないなら答えだせてりゃ
呼び出して指摘するならともかく×ではないだろ。
間違ってはいないんだし実は設問は「解答せよ」ってなってたりすんじゃね?


つーかさ、授業中にそういうことが必要、プロセスが重要だと
教えることができなかった数学教師がマヌケなんじゃねーか
1388. Posted by     2006年10月16日 12:50
物理の試験時、計算式で解く問題を
全て文章で回答に至ったまでの経緯を説明して○貰った俺が通りますよっと
1389. Posted by     2006年10月16日 13:12
「数学で大切なのはプロセスだ。答なんてただの数字でしかない」

でもこの先生、テストの評価を減点されたプロセスを無視して点数で判断するってんじゃねw
1390. Posted by     2006年10月17日 17:05
管理人の考えには同意しかねる
1391. Posted by     2006年10月17日 22:01
表せ、書け → 答えだけOK
求めよ → 求めている様を示す
1392. Posted by     2006年10月17日 22:57
元リンク見ると、別にその生徒自身は先生の言葉に感銘を受けてるんだからよくね?
1393. Posted by ※1288   2006年10月17日 23:59
※1298
俺は2*2と2+2を
n*nとn+nするおかしいと思って言ったんだが。
n*n=n+n+・・・・+n
だろこれならn=2でもn=3でも成り立つ。
こういう意味で2*2と2+2は同値って言ったんだと思ったんだけど。
俺の日本語がおかしいのかもしれん
あと答えが同値なんて言い方するか・・・?
1394. Posted by せー   2006年10月18日 00:49
プロセスなんて気にしなくてもいいと高橋由美子が言ってたもん
1395. Posted by もょ   2006年10月18日 01:11
プロセスが大事だから途中式もかかないと×に
なるなら、最初にそう言って欲しいですよね。
なんで後出しのマイルールなんだろ?
1396. Posted by     2006年10月18日 03:19
プロセス無しの答えほど怖い物は無い
他のをもう一回やれって言われたら間違うぞ
省ける所は省いて良いけど、そうでないならきちんと書くべき
省ける省けないは理解してればわかる事

あとプロセスが有ってて答えが間違えてるってのはただのアホだろ
1397. Posted by     2006年10月18日 04:12
理系は理屈っぽくてウザいな
1398. Posted by 。   2006年10月18日 04:20
俺中学生まで数学で、答えは解るんだけど途中式が書けないって事が結構あって、高校でテストで式無しは減点にするって言われたときかなり焦った。
そん時は辛かったな
1399. Posted by    2006年10月18日 07:15
何で、文系はこんな簡単なことがわからないのかね。
数学の規則に照らし合わせると、本来過程は省略してはいけないんだよ。
なんちゃって数学のマイルールを試験という公式の場で押し付けるな。

例えるならサッカーみたいなものだ。
小学生が公園でやっているサッカーでオフサイドを厳密に取る馬鹿は確かに嫌われるだろう。
だが、公式の試合なら、むしろオフサイドを取らないほうがおかしい。
草サッカーと正式なサッカーの試合を混同して、草サッカーでありだから正式な試合でもアリだという文系は、
フォーマルという概念を理解できない馬鹿か、数学のルールを知らないかのどちらかだと思われる。
この生徒は、数学のルールを知らなかっただけのようだが、
ここに沸いているやつらは、散々説明しているのに理解できないあたり、フォーマルという概念がわからない馬鹿なんだろうな。
1400. Posted by    2006年10月18日 12:47
>>1393
「答えが同値」なんて使い方しません。
数学で"同値"といったら必要十分なことでしょ。
1401. Posted by    2006年10月18日 13:07
理系だろうが
文系だろうが

関係ない


どうしようも無い
糞みたいなレッテル貼るな


そもそも2極論で話すなよ
訳わからんようなる

1402. Posted by 文系主義   2006年10月18日 13:37
>1401↑ごめんな二極論言ってるとこで。
でもチンケな理系至上主義にムカツク。

そりゃー高等数学操って新しい定理発見したりとか
する人類の宝には、俺も無条件にリスペクトするよ。
でもよ、人様の作った定理や式を計算機の様に利
用してるだけで得意になってるガキみると腹立たし
い。

至上であるはずの理系に未完の部分が多く、じゃあ
誰がそれを補っているんだ?
「計算上はこうなるはずだったのに。」計算通りにい
かない場合、誰が尻を拭いているんだ?
チンケな理系を計算機として使って仕事を与えてい
いるのは誰なんだ?

よく考えろよ。
理系が体系的で論理的で完成されればされる程、
人間様の関与する部分は減るんだ。
よく出来たコンピュータによく出来たアプリケーション
があればイラネーじゃん。チンケな計算機はよ。
クリエイティブな理系以外不要。
1403. Posted by ごはんですよ   2006年10月19日 05:24
まあなんだ。解き方を求めてるものは
問題と問題の間が明らかに広く開いてるよな。

おいらの時は(解く時)足りなかったら裏も使っていいぞと言われたけどな。

普通の文の幅で解き方もちゃんと書けと言われたら、キツイよなあ。
1404. Posted by    2006年10月19日 08:34
文系理系が分かるスレですねw
1405. Posted by 名無し   2006年10月19日 19:28
過程と結果は両方重要なのだよ。
てか両方揃ってないと意味がないよね、数学だけについて言うなら。


社会においては…と聞かれるとわからないね、まだ社会に出てないから(´・ω・`)
でもたぶん、そこでも両方必要なんだろうな。
1406. Posted by     2006年10月20日 00:31
米1405
両方必要だよ
人を説得するのには理由=プロセスが必要だよ
コミュニケーションの大事な1つだよ

結果はそのまんま結果だよ。
結果だけ出し続けるのはカリスマ的方法かもね
ただし、カリスマは一握りだよ
1407. Posted by    2006年10月20日 01:52
5 うはっ!これこそ炎上って言うんかいねー?

つかプロセスがどうであっても結果が重要な時、
結果が悪くでもプロセスのよさでごり押しできる時、
人生にはどっちのケースもあるんじゃね?

この教師は後者をゴリ押ししてるような気もするが、
テストって大体が前者に重きを置くもんやからね。
その意味でこの学生に
後者の重要性を気づかせたって点は評価できるかもw
1408. Posted by     2006年10月21日 00:50
米多いなw

実際テスト出す側からすると、数学のテストで答えだけ書かれても困るんだよな、別に答えが知りたいんじゃなくて、理解してるか知りたいからテスト問題作るんだし。

たかだか中学校のテストで「社会に出たら」とか「人生は」とかいう思考はしないよ、この先高校、大学と進んだときに困らないよう、基礎を理解させたくてやってんだから。
1409. Posted by     2006年10月22日 09:30
答えだけ書いて×なんてまだマシだ。




俺なんて、新しい解き方を編み出して、正答だったのに×だったよ。
理由?先生に聞いても無視。
気に食わなかっただけだろ
1410. Posted by してほしいことは言葉で書いておきましょう   2006年11月01日 04:40
解答欄には「Ans」=「答え」という欄があるだけのようだが。
「プロセス・過程をここに書け」と書いてあるわけではなし、問題文の中にそういう注意書きがあるわけでもないんだろ?

してほしいことがあるんだったら教師は「きちんと文章にして説明しろ」。
できないんだったら「小学校の国語から教職課程をやり直して来い」。
1411. Posted by     2006年11月03日 03:02
「※途中式も記入すること。途中式がないものは採点しない」とでも書いておけばよかったものを。

どうでもいいがふと思い出した。
5点の問題で
‥えはあっているが途中式を2箇所間違えて3点の俺
答えはあっているが途中式を書いていなくて4点の友人
……この差はなんだったんだ?
1412. Posted by     2006年11月08日 20:29
暗算で出来るからと回答プロセスを書かない奴は話しの内容も端折って話が通じなくなる。
しかも、そいつの中で分からない理由が聞き手の物わかりの悪さのせいになってる。

計算力はあるんだろうけど、人間としては糞。
1413. Posted by 黒   2006年11月13日 16:28
団塊ジュニアgood job!!
その気持ちを忘れるな。
けっこうそれって大切だから。
1414. Posted by とある厨房   2006年11月14日 21:48
証明問題でもないのにプロセスを書かなきゃ正解にならないだなんて・・・

うちの学校では絶対こんなことないのに
1415. Posted by John Opezdol   2006年11月15日 11:37
1 donna apre marine g caproni foto lesbica fanno 69 hotel piccolo mondo castro marina corte civile cassazione garni piccolo mondo livigno
1416. Posted by 無名   2006年11月16日 22:24
っつかカンでありえそうな答え書くのも
いいんじゃないの?
テストの後にちゃんと見直ししてればいいんだからさ。
しなかったらそいつはただのバカ。
運も実力のうち。
あーこの問題数字が同じのやったことあるー。
でも解き方忘れたー。
ってこともありえるんだし。
1417. Posted by このコメントは削除されました   2006年12月24日 07:38
1 このコメントは削除されました
1418. Posted by このコメントは削除されました   2006年12月25日 11:32
1 このコメントは削除されました
1419. Posted by このコメントは削除されました   2006年12月28日 02:39
1 このコメントは削除されました
1420. Posted by あかさた   2006年12月28日 21:51
数学の問題は答えに至るまでの過程が大切なんだよ。上に「途中式を書かないといけないって注意書きいれとけよ」なんていってるやついるけど、途中式でも普通は減点。言葉を交えて作る”答案”じゃなければ減点されても採点者に文句は言えない。
1421. Posted by 嗚呼   2007年01月19日 11:07
現代社会のテストで、あと1問正解なら 冬休みの補習無しだったのに、その1問を落とし冬休み学校へ。
先生がテストの答え合わせをしていると、1問正確してたにも関わらず、バツがしてあった。
先生に「ここ、あってるんですけど」
と言いに行ったら
「あ〜ホントだ」と認めたので
「じゃあ、マルください」と言ったら
「知らん、そんなのはやれん!」と激怒された。
私の大切な休日を返せハゲ
1422. Posted by このコメントは削除されました   2007年01月30日 10:58
1 このコメントは削除されました
1423. Posted by    2007年02月04日 23:24
バツにするのはさすがに横暴だが、数学や物理において過程が大事であることは事実である。途中式がなければどのように考えたかわからないので答えだけ書いてあるのを見るとバツにしたくなる気持ちもわかる。結果が大事というやつがいるがたまたまあっていただけの結果に何の意味がある。そのときはいいかもしれないが次はどうする?
1424. Posted by n   2007年02月09日 22:16
設問文の不備

これだけで済む話
書いてなくても読み取れとか言ってる奴はアホ

テストは厳密にやれ
1425. Posted by さざなみ   2007年03月05日 19:46
湯川秀樹博士の自伝じゃないの!
このスレは。
1426. Posted by       2007年03月12日 17:26
いや、中学からこういうこたキチンと
伝えるべき。
というか子供だから適当でいいとか
答えさえあってりゃとかやると
科学の裾野が狭まったり
インチキ似非科学が蔓延して
よろしくない。
子供の理解力をなめてはいけない。
子供にこそきちんとした
本物をあたえるべき。

1427. Posted by     2007年03月14日 11:38
法律系の試験だと過程が重要だよ。

Q.A、B間の契約は有効か?
A.無効です。

証明せよなんて書いてないけど
答えだけ書いたら間違いなく0点だわw

採点者に自分がちゃんと理解していると伝えるのがテスト。
答えの値のみで伝わると思えばそうすればよいと思うよ。
1428. Posted by      2007年04月18日 18:15
プロセスが重要だと言うのなら問題文に「途中計算を書け」と入れるべき。
もし、「答えを求めよ」っていう問題でプロセスがどうのこうの言われたとしたらおかしいと思う。
1429. Posted by 否定論者   2007年05月29日 22:43
・・・昔ピタゴラス学派というグループがあって、入門者には必ず数学を学ばせていました。

ことばと言うのは1次元的な表現ですが、概念はシナプスのように互いにリンクしながら多次元的な広がりを持っています。概念→ことばへの変換は、数学や簡単なプログラミングのようにプロセス→解が一次的に表現できる方法で学習するのが望ましいのです。「数学」そのものよりも「数学的に考えられること」が重要なのです。この変換が上手に出来れば、逆プロセスで本や人の話、ニュース、今日起こった出来事から多くのエッセンスを抽出でき、概念として取りこむことであなたの世界も豊かになります。すると物事の関連性が見えてくるので学問が面白くなるのです。一度に取得する経験値を増やす技術と言ったほうがわかりやすいですかね。
1430. Posted by    2007年07月13日 04:01
答えが合ってりゃいいってやつは、数学を有益に学べなかったんだな。

俺は家庭教師やってるけど、生徒に解法を考えさせてる。それを続けていれば、
「文章題嫌い。」
「証明とかわけわからん。」


1431. Posted by     2007年07月13日 04:14
・・・なんてことは言わなくなる。

マジレスしようとしたらミスったorz

1432. Posted by あああ   2007年08月07日 11:12
ところでスレの最後の方で中学生うんぬん言ってたけど
この程度ですごいものなんだな
それとも回りの奴らが低レベルなだけなのか?
1433. Posted by    2007年09月03日 03:00
社会でどうかはともかく、数学にとってこの先生の意見はド正論
1434. Posted by     2008年04月05日 23:47
数学でつまずくのはなぜか読むといいかもよ。
1435. Posted by あ   2008年07月13日 18:16
それより画像の漫画のタイトルは何だ?
読みたいw
1436. Posted by あ   2008年07月29日 18:59
途中を評価してもらえるのは学生のうちだけ。社会にでれば研究者やそういう職でもなければ結果が全てなんですよ。今のうちから結果が全てみたいな回答書いてちゃもったいないぞ
1437. Posted by     2008年10月28日 01:25
 小学校の時、途中式省略したのが数名
居たのに何故か点数貰ってたんだよ、
他の人は零点なのに。

 気になって聞いたら、算盤使えるからという
トンデモ理由だった。
1438. Posted by    2009年04月30日 12:40
俺、中学の理科のテストでさ
「変わるか変わらないか?」
という問題で
「変わらん」
と書いたら
△になった

解答用紙が返って来て先生に
「○じゃないの?」
って訊いたら
「敬語じゃないから△!
変わりませんと書け!
これはテスト以前の問題だ!」
と怒られた
1439. Posted by     2010年05月24日 06:42
論証も採点対象の一部なんだよ。
というか全てだ。
1440. Posted by 名無し   2013年10月31日 13:04
答えをすり合わせるのはただの算数であり、道筋を立てるプロセスが数学。だから、ある部分では教師の発言は正しい。
だが、この思想が全てではないから、反論が生まれるのは当然だね。
1441. Posted by 名無し   2013年10月31日 13:13
プロセスが頭にあればって言うけど、数学は条件や仮定を明示しなければその解法は有効ではないからナンセンス。
1442. Posted by Bengkel Mobil Jakarta Timur   2016年02月23日 12:40
5 レースゲームのコントローラーは良いのがいっぱいあるからなぁ。
これは無理矢理Wiiのコントローラーを使った失敗作のヨカン

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
このブログについて
このブログについて

ブログランキング

livedoor


このブログ内を検索
WWW を検索

スポンサードリンク
Archives
おすすめ
Recent Comments
スポンサードリンク