ブログのトップへ

海外

2017年01月07日

1 名前:(?∀?(⊃*⊂) ★:2017/01/07(土) 10:17:21.20 ID:CAP_USER9.net
1「肘より小さいものを耳に入れるな」と英語の諺にもあるように、欧米で耳掃除は「やってはいけない禁断の快楽」です。やるときは「ママに怒られる〜」とヒヤヒヤしながら喜んでいたりします。

それでもついついやってしまうのが耳掃除なわけですけれど、そんな罪人のためにアメリカ耳鼻咽喉科頭頸部外科学会が耳ケアの新ガイドラインを発表し、ゴルァア! 何度言ったらわかる! 耳掃除やり過ぎると「耳垢栓塞」になるってばよ!と再度注意を呼びかけました。

なんでも耳垢(earwax、cerumen)には耳垢なりに、耳の中を適度に湿らせ、チリやホコリが中に入るのをブロックし雑菌の繁殖を防ぐ大事な役目があるので、そんなにゴミ扱いしてとらんでもええわ!と言うことらしいですよ? しかも新しい皮膚細胞が生成されると古いほうから順繰りに出ていく自浄作用もあるのだと、新論文にはあります。

余計なことして自浄のサイクルを断つと耳垢がたまって、詰まったり耳が遠くなる症状が出るらしく、そうした症状に悩まされている人は子どもの約10%、成人の約5%にのぼり、高齢者や発達障害を抱える人の間で高くなることがわかりました。

この耳垢栓塞の最新データとあわせて新しいガイドラインの発表に踏み切ったというわけですね。

http://news.livedoor.com/article/detail/12502008/
以下、2ちゃんねるの反応

dqnplus at 21:31|この記事のURLComments(508)
Powered by livedoor

2017年01月05日

1 名前:Godbless You ★:2017/01/05(木) 15:41:58.23 ID:CAP_USER9.net
1米テキサス州でこのほど、自宅に押し入った強盗に銃を突き付けられた74歳の女性が、ピストルを抜いて反撃し、強盗を撃退する出来事があった。

事件が起きたのは1日の夜だった。同州ボーウィー郡に住むレビー・ロバーソンさん(74)の自宅に覆面と手袋を着けた男が侵入。

「私が起き上がろうとすると、男が目の前にいて銃口を私の顔に向けていた」。ロバーソンさんはCNN系列局のKSLAにそう語った。

しかしロバーソンさんはひるまなかった。「私が(近くにあったテーブルに)手を伸ばしてこの銃をつかみ、身をかわして銃口を向けると、男は逃げ出した」という。

ロバーソンさんは家の外へ逃げた男を追いかけ、手にした38口径の回転式拳銃を発砲した。「男を殺すつもりだった」「私の家に侵入すれば誰であろうと殺す。男が私を殺すか私が男を殺すかだ」

銃弾が男に当たったかどうかは不明。当局は今も男の行方を追っている。ボーウィー郡の保安官事務所によると、ロバートソンさんの行動は正当防衛と見なされて罪に問われることはないという。

銃を実際に使う羽目になったのは初めてだったというロバートソンさん。「死ぬほど怖かった」と振り返り、これが最後であってほしいと話している。

http://news.livedoor.com/article/detail/12499728/
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 19:12|この記事のURLComments(397)

2016年12月31日

1 名前:野良ハムスター ★:2016/12/28(水) 22:08:10.51 ID:CAP_USER9.net
11

アフガニスタンで女性(30)が首を切られ処刑された。処刑理由は「一人で市場に買い物に行ったため」と伝えられている。

この地域はタリバンによって統治されている。タリバンの法では、夫など身近な男性と一緒に外出するとき以外、女性が家を留守にすることは禁止されている。

http://www.dailymail.co.uk/news/article-4070100/Woman-30-beheaded-Afghanistan-entering-city-shopping-without-husband.html
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 21:13|この記事のURLComments(832)
1 名前:野良ハムスター ★:2016/12/31(土) 12:34:51.82 ID:CAP_USER9.net
1イランの洞窟で、推定年齢12000歳の巨人が発見された。巨人は仮死状態だが、生きているという。

巨人の身体はガラス製の容器の中に収められていた。この容器は一種の冷凍睡眠装置であるとみられている。未知の技術によってガラス容器内の時間の流れが変えられていた可能性もある。

かつてこの地域に現代科学を超えた古代超文明が存在した証拠である――としか考えられない。

洞窟は約30メートルの巨大な暗黒の物質で覆われており、その内部には解読できない未知の文字がびっしりと書かれていたという。

この仮死状態の巨人は、40万年前に地球にやってきた宇宙人「アヌンナキ」だという説がある。アヌンナキは猿の遺伝子を改造して人類を創造。6000年前にチグリス・ユーフラテス川流域に勃興したシュメール文明も、アヌンナキによって与えられた知識と技術が土台になっているとされる。

http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=2706

Anunnaki Royals found in a sleeping stasis
https://www.youtube.com/watch?v=R1SGyUSMLW0
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 20:08|この記事のURLComments(262)

2016年12月28日

1 名前: ストレッチプラム(庭)@\(^o^)/ [US]:2016/12/28(水) 13:07:30.45 ID:wA0ibC9S0●.net
15年前に莫大な財産を所有する67歳の男性マルセルさんと結婚した女性サンドリン(当時42歳)さん。夫が死亡した後、裁判所の判決によって遺産を一切受け取れないことがわかった。

フランス南東部の田舎の村で水も電気も無く、一人で生きていた独身男性マルセルさんは建物5軒と広大な土地を所有している大富豪だった。

当時パリの不動産業者だったサンドリンさんは土地売買の過程で急に親しくなり、2011年9月に結婚式まで挙げた。しかしこれに対して村の人々は「財産目的の結婚ではないか」という疑惑や噂が浮上。

結婚して1年2ヶ月経った2012年11月に突然交通事故で夫のマルセルさんが死亡。マルセルさんを轢いたドライバーと妻のサンドリンさんが知人であったことが判明し、世間の関心を集めた。

マルセルさんが死亡したあと妻のサンドリンさんは「彼の遺産を相続する」と宣言。しかしそう簡単にはいかなかった。

2013年マルセルさんが封筒の裏に書いた短いメモに「知人と親戚に私の財産をわけます」と遺言が書かれていたのだ。妻のサンドリンさんは紙切れに書かれたものが夫が書いた物か確認することが出来ないと訴訟を起こしたが、今月12日、裁判所が「マルセルさんが書いた遺言である」と判決を下し、一銭の遺産も相続することができなくなった。これは手書きの専門家による結論だ。

ちなみにマルセルさんを轢いたドライバーは過失致死罪の容疑を掛けられるが無罪となっている。

http://gogotsu.com/archives/25015
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 21:43|この記事のURLComments(382)

2016年12月20日

1 名前:Sunset Shimmer ★:2016/12/20(火) 07:00:30.67 ID:CAP_USER9.net
1ロシアの東シベリアで、ウォッカなどの酒の代わりとして、アルコールが入った入浴剤を飲んで、これまでに48人が死亡しました。

ロシア・東シベリアの主要都市イルクーツクでは、今月16日ごろから、35歳から50歳の男女がおう吐などの体調不良を訴え、病院に相次いで運ばれました。

地元の捜査当局などによりますと、20日までに57人がメチルアルコールかメタノールが原因と見られる中毒症状を起こし、このうち48人が死亡しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161220/k10010813051000.html
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 18:48|この記事のURLComments(284)

2016年12月10日

1 名前:たんぽぽ ★:2016/12/10(土) 18:33:31.55 ID:CAP_USER9.net
1【AFP=時事】米アラバマ(Alabama)州で死刑を執行された死刑囚が、せきをしたりあえいだりして13分にわたって苦しんだことが立会人の話で明らかになった。これを受け、死刑執行に使われる薬物注射の有効性に関する議論が再燃している。

ロナルド・スミス(Ronald Smith)死刑囚(45)は、1994年に犯したコンビニ店員殺害の罪で死刑判決を受けていた。

死刑に立ち会ったメディアの一つAL.comのケント・フォーク(Kent Faulk)記者によると、スミス死刑囚の刑は8日夜、34分かけて執行された。その間スミス死刑囚は息をしようとしてもがいているように見えたという。

アラバマ州矯正局のジェファーソン・ダン(Jefferson Dunn)局長によると、死刑執行の手順に何らかの不備がなかったかどうかを調べるため検死を行う予定だという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161210-00000012-jij_afp-int
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 21:38|この記事のURLComments(646)

2016年12月05日

1 名前: ドラゴンスープレックス(栃木県)@\(^o^)/ [ニダ]:2016/12/05(月) 08:26:51.49 ID:yAnSXeQo0.net
1英国で9月に流通が始まった新5ポンド札の材料に牛などの動物から取った脂肪の「獣脂」が含まれていることが分かり、菜食主義者などが反発している。

新5ポンド札はプラスチック素材で水に強く丈夫なのが特長だ。表にエリザベス女王、裏に第2次大戦期の首相ウィンストン・チャーチルの肖像が描かれている。

ただしネット上には「紙幣に動物の脂を使うなんて残酷だ」「獣脂を使った紙幣など持ちたくない」などの書き込みが相次いでいる。

英国には菜食主義者や宗教的理由から獣脂を受け入れ難い人もおり、ネット上では獣脂の使用中止を求める署名運動が行われ12万件を超える署名が集まった。

イングランド銀行(中央銀行)は11月末に声明を出し、製造段階で獣脂が「ごく少量」使われていると認めた。そして「懸念を厳粛に受け止める」と表明し、獣脂を使わない札の作り方をメーカーが検討していると説明した。

http://www.yomiuri.co.jp/world/20161204-OYT1T50070.html?from=ytop_photo
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 20:42|この記事のURLComments(518)

2016年11月24日

1 名前: フロントネックロック(catv?)@\(^o^)/ [ニダ]:2016/11/24(木) 12:15:51.78 ID:c19jPenX0.net
1その農家とは、ノースヨークシャーでBabthorpe Hall Farmを経営しているSheena Seelさん。彼女によれば、現在飼育している1万2000羽の雌鶏は放し飼いにされ、数年間きちんと卵を産み続けていたという。

しかしその卵を購入してくれるクライアントは、卵の品質を落とさないよう、13カ月ごとにニワトリの群れを入れ替えて欲しいと申し入れてきたそうだ。そして苦渋の決断の末、1万2000羽のニワトリが殺処分されることが決まってしまう。

そこでSheenaさんの娘である大学生のEllieさん(18)は、皆にこの問題に関心を持ってもらおうと決心。雌鶏の命を救うため「1ポンド(約136円)で皆に譲るので、ぜひ飼ってほしい」と11月11日にソーシャルメディアに投稿し呼びかけた。

しかしまだ多くのニワトリが残っているため、Ellieさんは彼らが連れて行かれる20日まで諦めず、紙面にも自分の連絡先を載せて呼びかけたそうだ。

彼女は19日の時点でDaily Mailの取材に対し、次のように語っている。

「ニワトリはとてもおとなしい性格で、歩き回れるスペースを必要とするだけです。彼らを屠殺場へ行かせるのは恥ずべき行為に思えます。ニワトリたちは人々が卵を買うお金を節約してくれます。私たちは少し早いクリスマスの奇跡が起きることを望んでいます」

http://irorio.jp/daikohkai/20161124/366248/
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 18:50|この記事のURLComments(555)

2016年11月18日

1 名前: リキラリアット(兵庫県)@\(^o^)/ [DE]:2016/11/18(金) 11:49:52.99 ID:pjl9JMeP0.net
1米ワイオミング州などにまたがるイエローストン国立公園で、観光客の男性が誤って酸性の熱水泉に転落して死亡する事故が起きた。遺体は溶解してなくなっていたという。公園管理当局がこのほど明らかにした。

公園管理当局によると、オレゴン州のコリン・スコットさん(当時23)は今年6月、家族と2人でイエローストンを訪れ、温泉浴ができる場所を探してノリス間欠泉近くの立入禁止区域に侵入した。

泉を見付けたスコットさんは温度をチェックしようと手を伸ばし、足を滑らせて泉の中に転落。駆け付けた救急隊が泉の底に沈んでいるスコットさんを発見したものの、付近一帯は当時、雷雨に見舞われていたことから引き揚げることはできなかった。

翌日現場に戻ってみると、泉の底にあった遺体は消えてなくなっていた。「あっという間に溶解が進んだ」と森林監視員の責任者は話す。

http://www.cnn.co.jp/usa/35092405.html
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 20:36|この記事のURLComments(395)
このブログについて
このブログについて

ブログランキング

livedoor


このブログ内を検索
WWW を検索

スポンサードリンク
Archives
おすすめ
Recent Comments
スポンサードリンク