ブログのトップへ

びっくりニュース

2017年12月15日

1 名前:名無しさん@涙目です。(庭) [DE]:2017/12/15(金) 07:06:50.27 ID:CSIMnTBh0
1家の玄関などに貼るだけでNHK関係者が来なくなる「NHK撃退シール」をご存じだろうか。これは東京都葛飾区議会議員であり「NHKから国民を守る党」の立花孝志氏が無料配布しているもので、その効果はてきめんのようだ。

・NHK関係者が来訪しなくなるシステムとは
法的なことや契約のことは別として、非常に興味深いのが「貼るだけでNHK関係者が来なくなる」という点。いったいどういうシステムでNHK関係者が来訪しなくなるのか? 立花孝志氏の公式サイトによると、以下のような理由でNHK関係者が訪れなくなるそうだ。

・立花氏の公式サイトのコメント
「NHKは集金人に対し「NHKから国民を守る党のシールを貼っている家には訪問するな」と指示を出しているのです」

・NHK側はあまり関わりたくない?
どうやら、このシールが貼られている家は「面倒なことになる」という理由で、訪問しないようである。もともと立花孝志氏は数多くのHNK関係者と戦ってきており、その噂は広く広まっている。それゆえ、NHK側はあまり関わりたくないと考えているのかもしれない。 (以下略)

http://buzz-plus.com/article/2017/12/15/nhk-defense-seal/
以下、2ちゃんねるの反応

dqnplus at 17:52|この記事のURLComments(416)
スポンサードリンク

2017年12月14日

1 名前:名無しさん@涙目です。(庭) [ニダ]:2017/12/13(水) 17:31:48.26 ID:dSvQR4NB0
1どこからが恋人といえるのか? ハッキリとした告白のない恋愛をしている人にとって、「この関係って付き合ってるの?」と思うことがあるはずだ。しかしながら「付き合ってるの?」と聞くと、相手に重い存在として思われてしまうかもしれない不安もある。

・男女で大きく意識と価値観が違う
そこで今回、異性と何をすると付き合っていることになるのか、大規模なアンケート調査をしてみた。その結果、以下のような事実が判明。女子と男子で、大きく意識と価値観が違うことが判明した。

・これをすれば付き合っているランキング(男子編)
1位 合体
2位 揉む
3位 キス
4位 吸われる
5位 抱き合う
6位 二人で旅行に行く(日帰りあり)
7位 頭をなでても嫌がられない
8位 同じ布団で寝る(合体なし)
9位 家で二人っきりになる
10位 手をつなぐ

・これをすれば付き合っているランキング(女子編)
1位 手をつなぐ
2位 家で二人っきりになる
3位 見つめ合う
4位 二人でご飯に行く
5位 頭をなでられる
6位 おんぶされる
7位 抱き合う
8位 キス
9位 合体
10位 揉まれる

http://buzz-plus.com/article/2017/12/13/lover-act/
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 22:33|この記事のURLComments(349)

2017年12月13日

1 名前:腐乱死体の場合 ★:2017/12/13(水) 16:18:18.85 ID:CAP_USER9
1【AFP=時事】1985年にノーベル文学賞(Nobel Prize in Literature)を受賞した仏作家クロード・シモン(Claude Simon)のファンが、シモンの作品を大手を含む出版社19社に送るという「実験」をしたところ、全社から刊行を断られていたことが分かった。

ライターのセルジュ・ボル(Serge Volle)氏(70)は、スペイン内戦を描いたシモンの1962年の作品『ル・パラス(The Palace)』の抜粋50ページを19の出版社へ送付。すると12社から出版を断られ、残りの7社からは返事すら来なかったという。

ボル氏によると、ある編集者は「一文一文が果てしなく長く、読者を完全に突き放している」と感想を述べたという。

シモンは「ヌーボー・ロマン(新しい小説の意)」の旗手の一人とされ、冗長な文章を書くことで知られる。また、1981年の傑作『農耕詩(The Georgics)』はしばしば1文が数ページにわたっていることでも有名だ。

ボル氏は、出版社の反応が今の出版界の実利主義を物語っていると嘆き、仏文豪マルセル・プルースト(Marcel Proust)の言葉を引用しながら、文学作品を出版するにはすでに有名な作家である必要があると指摘した。

ボル氏は作品の抜粋を送った出版社については言及を避けたものの、 シモンがノーベル文学賞を受賞するきっかけとなった『農耕詩』ですら、多くが出版を断ったという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000025-jij_afp-int
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 20:41|この記事のURLComments(375)
1 名前:ハンバーグタイカレー ★:2017/12/13(水) 12:53:14.83 ID:CAP_USER9
1場合によっては死にも至ることがあるヘビの毒を、なんと25年間にもわたって自分の体に注射しつづけることで、毒に対する抗体を体の中で作ってきた人物がいます。そしてこの度、この男性の体から骨髄が取り出され、35種類以上の抗体が取り出されています。

まさに常軌を逸した行動を続けてきたのは、アメリカに住むスティーブ・ラドウィン氏です。49歳の男性であるラドウィン氏は、パンクロックバンドでシンガーをつとめているとのこと。

25年前に毒の注射を始めたというラドウィン氏は少年の頃からヘビが大好きだったそうですが、9歳の時に訪れたフロリダのヘビ園で、ある人物にであったことがきっかけでヘビの毒を自分に注射することに関心を持ちました。

その人物とは、西洋人で初めてヘビの毒を自分に注射し、抗体を作る試みを行ったとされるビル・ハースト氏です。無謀すぎるハースト氏の試みでしたが、あろうことかラドウィン氏も同じように毒を注射して抗体を作ることに憧れに近い感情を抱いたそうです。

やがてラドウィン氏は実際にヘビの毒の注射を開始し、それ以来25年間にもわたって週に一度の注射を続けてきました。自宅でヘビを飼い、定期的に採取した毒を最初は水で薄めたものを注射しはじめましたが、徐々に濃度を高くして体を毒に慣らし続けることで、体内で毒への抗体を作ってきたとのこと。ラドウィン氏の自宅では何種類ものヘビが飼われており、餌やりなどの世話をしながらラドウィン氏は毒を小さな容器で採取。その様子は、VICEが公開した以下のムービーに収められています。

http://news.livedoor.com/article/detail/14022553/
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 17:27|この記事のURLComments(284)

2017年12月12日

1 名前:名無しさん@涙目です。(栃木県) [DE]:2017/12/12(火) 12:34:25.57 ID:oLBUmrVK0
1映画「ワンダーウーマン」に主演した女優のガル・ガドットさんが、近親相姦もののポルノに出演しているように見えるムービーが作成されました。プログラマーによって作られた映像は非常にリアルですが、機械学習のアルゴリズムを利用して作られたものとなっています。

以下が公開されたフェイクポルノ。画像をクリックするとムービーを見ることが可能で、動きといい表情といい、かなり自然な仕上がりであることがわかります。

ムービーを投稿したのは海外掲示板・redditの「deepfakes」というユーザー。deepfakesさんはTensorFlowのようなオープンソースの機械学習ツールを使用したとのことで、ときどき映像が不自然になることはあるそうですが、一見するとフェイクだと見分けられないほどに精巧です。

説明によると、deepfakesさんはGoogle画像検索やストックフォト、YouTubeなどから集めた著名人の顔をコンパイルし、人工知能(AI)にポルノムービーや著名人の顔を学習させたとのこと。市販のアイテムでも上記の作業は可能であり、AIについて研究するArtificial Intelligenceさんは 「これは既に高度なことではないのです」と語りました。フェイクポルノを作成したdeepfakesさんも研究者などではなく、「AIに興味があるプログラマー」だと言います。

近年、SNSには大量の自撮り写真が投稿されており、これらの写真を利用すれば、いずれは誰のポルノでも作成できるようになる恐れもあります。技術の進歩によって専門家でなくともAIを利用できるようになること自体は否定されるものではありませんが、それによって倫理的な問題が浮上しているのも事実。Champandard氏は「数カ月しないうちに、偽物の区別はつかなくなり、簡単に偽の画像やムービーを作れるようになるということを私たちは理解する必要があります」「大きな、そして公の議論が必要です」と語りました。

https://gigazine.net/news/20171212-ai-assisted-fake-porn/
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 17:18|この記事のURLComments(297)

2017年12月06日

1 名前:ばーど ★:2017/12/06(水) 20:29:39.84 ID:CAP_USER9
1世界最強の囲碁AI「AlphaGo Zero」を開発したDeepMind(Google関連会社)が、チェスと将棋のAIに関する論文を発表しました。AlphaGo Zeroと同様の手法を使い、24時間で既存の最強AIを超える実力に至ったとのこと。

AlphaGoは2017年5月、世界トップ棋士である中国の柯潔(かけつ)九段に3戦全勝した囲碁AI。もともと人間同士の棋譜(対局データ)を学習させていましたが、進化したAlphaGo Zeroでは人間の棋譜を用いず、AIによる自己対戦のみで強くする「強化学習」が用いられました。

今回の論文では、AlphaGo Zeroで用いられた手法を「AlphaZero」という名称で一般化し、チェスと将棋にも適用。24時間の学習の結果、チェスでは既存の最強AIとして知られる「Stockfish」相手に100戦して28勝0敗72引き分け、将棋でも同じく最強AIである「elmo」相手に90勝8敗2引き分けという戦績を残しました。
(抜粋)
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1712/06/news121.html
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 22:18|この記事のURLComments(495)
1 名前:名無しさん@涙目です。(北海道) [JP]:2017/12/06(水) 18:08:06.82 ID:ET7Q9wW00
1「アサ芸プラス」(徳間書店)が、政府がパチンコを「根絶させる」と指示していることを報じた。

記事によれば、ギャンブル依存症対策として来年2月1日から施行される出玉規制が、パチンコ業界にとどめを刺すという。また「政府は徹底的にパチンコ店を潰す腹づもり」「最後の切り札として、景品の換金禁止も」と永田町関係者が述べているとのことだ。

この度重なる規制、そして場合によっては「景品の換金禁止」というパチンコ自体を根絶させる動きが「意味を成すのか」、という声がある。
(抜粋)
http://biz-journal.jp/gj/2017/12/post_5187.html
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 20:57|この記事のURLComments(684)

2017年11月29日

1 名前:記憶たどり。 ★:2017/11/29(水) 13:34:21.15 ID:CAP_USER9
1「雪男」の正体はやはりクマだった──。ネパール・チベット間のヒマラヤ(Himalaya)一帯に住むと言い伝えられ、雪男とも称されてきた未確認動物「イエティ、Yeti」について、米研究者らがこれまでイエティのものとされてきた遺物の広範な遺伝学的調査を行い、それらが実は複数のクマのものだったことを突き止め、29日、学術誌に発表した。長らく信じられてきたイエティ神話を打ち砕く研究成果となった。

イエティの正体がクマだったとする研究はこれが初めてではないが、英学術専門誌「英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)」に掲載された論文によると、今回の研究では、イエティのものとされてきた骨や歯、皮膚、毛、糞から、これまでにない量の遺伝学的証拠を収集して調べた。

その結果、「イエティの手」をはじめとする世界中の個人コレクションや博物館から収集した証拠品は、実際にはアジアクロクマ(ツキノワグマ)かチベットヒグマ(ウマグマ)、ヒマラヤヒグマのものだったことが判明した。

これら3種のクマはそれぞれ「世界の屋根」ヒマラヤ山脈の異なる地域に生息しており、いずれの種類のクマもかつてイエティと誤認された可能性があるという。

論文の主執筆者を務めたニューヨーク州立大学バッファロー校(University at Buffalo, The State University of New York)教養学部のシャーロット・リンドクビスト(Charlotte Lindqvist)准教授は「われわれの研究成果は、イエティ伝説の生物学的根拠がその地域(ヒマラヤ山脈)のクマに見られることを強く示唆している」と述べている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00000025-jij_afp-sctch
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 20:03|この記事のURLComments(197)

2017年11月27日

1 名前:みつを ★:2017/11/27(月) 07:56:38.44 ID:CAP_USER9
1【11月26日 AFP】南大西洋の英国領セントヘレナ(Saint Helena)島に生息するゾウガメの「ジョナサン」は、おそらく存命する陸生動物では世界最高齢だ。遠路はるばるこの孤島を訪れてでもジョナサンを見たいと思う観光客も少なくないだろう。

正確な年齢は誰にもわからないが、ジョナサンの推定年齢は185歳。この10月、南大西洋の孤島だったセントヘレナについに飛行場がオープンしたことから、ジョナサン目当ての観光客が大挙すると予想される。

セントヘレナ島で最も有名な住民のジョナサンは、総督の邸宅の緑豊かな庭でのんびりと暮らしている。ジョナサンの食事は総督邸の厨房で用意されたニンジンやレタス、キュウリ、リンゴ、洋ナシなどだ。

5ペンス硬貨や入国スタンプの図柄にも描かれ、20世紀初めの白黒写真にはボーア戦争(Boer War)の捕虜とともに写っている。

ジョナサンは西インド洋のセーシェル(Seychelles)生まれとみられているが、セントヘレナ島にやってきた経緯は謎のままだ。フランス皇帝ナポレオン・ボナパルト(Napoleon Bonaparte)が流刑され1821年に死を迎え同島に来た年にも諸説あり、不確実な情報ながら1882年とする説もある。

人口4500人の同島でただ一人の獣医師であるキャサリン・マン氏によれば、ジョナサンはゾウガメの平均的な寿命150歳を大幅に超えており、目は見えず嗅覚もほとんど失っているが、それ以外は健康状態も良好で聴覚も衰えていない。

http://www.afpbb.com/articles/-/3153027?cx_part=topstory&cx_position=4
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 20:01|この記事のURLComments(134)
1 名前:(?∀?(⊃*⊂) ★:2017/11/27(月) 11:55:28.19 ID:CAP_USER9
1ドン・キホーテは12月1日から、プライベートブランド“情熱価格”の新商品として、1万9,800円(税別)のノートパソコン「MUGA(無我)ストイックPC」を発売する。

「MUGA(無我)ストイックPC」は、OSにWindows 10 HOME 64bitを搭載した、ブランド初となるノートパソコン。フルHDのディスプレイにこだわりつつ、2万円を切る市場最安値に挑戦した。

その特長は、ディスプレイの画素数が1,920×1,080ピクセルの高解像度のフルHD画面に加え、視野角が広い高精細IPSパネルを搭載しており、どの角度から見ても美しい映像を楽しめる液晶パネル。動画の再生に最適な仕様で、臨場感ある映像を楽しむことができる。

また、Microsoft Officeと高い互換性を持つWPS Officeを搭載し、簡単な表計算などのオフィス作業にも活用可能。多様化する個人のライフスタイルに対応し、機能をストイックに絞り込むことで、1万9,800円(税別)を実現した。

スペックは次の通り。

☆MUGA(無我)ストイックPC

プロセッサ:Intel ATOM x5-Z8350(Cherry Trail)
プロセッサスピード:1.44GHz/最大1.92GHz
システムメモリ:LPDDR3 2GB(増設・変更不可)

http://news.livedoor.com/topics/detail/13946462/
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 15:59|この記事のURLComments(614)
このブログについて
このブログについて

ブログランキング

livedoor


このブログ内を検索
WWW を検索

スポンサードリンク
Archives
おすすめ
Recent Comments
スポンサードリンク