ブログのトップへ

映画

2016年05月29日

1 名前: ネックハンギングツリー(三重県)@\(^o^)/:2016/05/29(日) 10:01:31.22 ID:54ABH4VE0.net
1“実写映画化説”が浮上しては消えていた『ジョジョの奇妙な冒険』(集英社)だが、ついに2018年、実現することが決定したようだ。主演は数年前に報じられた嵐・松本潤ではなく、現在“最もマンガ実写化に適した俳優”と称される山崎賢人が務めるという。

『ジョジョ』は、荒木飛呂彦氏原作の長編マンガで、1987年より「週刊少年ジャンプ」で連載スタート。今回の実写映画は、最も人気が高いとされる第三部で決定しており、山崎は主人公・空条承太郎を演じるとみられている。

「第三部といえば、目立ったヒロインも登場しない完全なバトル編。共演には集客が見込める若手イケメンタレントが多数登場するはずですが、ことキャスティングに関して、原作ファンの理解を得ることができるのか、関係者も固唾を呑んで見守っています」(映画会社関係者)

主演の山崎に関しては、今回の『ジョジョ』登板について「いい意味で個性がなく、アクがない」部分が買われているそうだ。

「山崎といえば、この1年だけでも、映画『ヒロイン失格』『orange‐オレンジ‐』『オオカミ少女と黒王子』、また連続ドラマ『デスノート』(日本テレビ系)と、次々マンガ原作の実写化作品に出演しています。女性人気が高い上、どんな役でもソツなくこなす山崎は、実写化不可能といわれた『ジョジョ』の主役にうってつけの人材なのかもしれません」(同)

http://www.cyzowoman.com/2016/05/post_20206.html
以下、2ちゃんねるの反応

dqnplus at 17:01|この記事のURLComments(743)
Powered by livedoor

2016年04月30日

1 名前: ジャンピングカラテキック(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/:2016/04/30(土) 09:41:41.15 ID:Uu+CBi2M0.net
1日本映画をつまらなくしている3つの元凶
日本映画をめぐって、ちょっとした論争が起きた。発端は、イギリスの映画制作・配給会社のアダム・トレル代表の談話が産経新聞に掲載された際、トレル氏が“日本映画はレベルが低い”と発言したことだ。ちなみにこの方、日本をはじめアジアの映画を海外に紹介する仕事をしている。トレル氏は言ったそうだ。

「日本映画のレベルは本当に低い。最近すごく嫌いになってきたよ!」

ちょっと前ならアジアでは日本映画の評価がいちばん高かったが、このごろは映画の質がどんどん下がり、韓国や中国、台湾、タイの映画に抜かれる始末とのことだ。最近は好きな邦画が見つからなくて、海外配給が大変だとも言う。

「日本映画の大作、例えば『進撃の巨人』はアメリカのテレビドラマっぽくてすごくレベルが低い。何でみんな恥ずかしくないの? 」

だそうだ。コミック原作の恋愛映画に至ってはため息が出るレベルだとか。
(以下省略)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160430-00090462-diamond-soci
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 23:11|この記事のURLComments(1630)

2016年04月28日

1 名前: ジャーマンスープレックス(庭)@\(^o^)/:2016/04/28(木) 09:20:08.48 ID:dr7au50o0●.net
1人気映画やゲームの海賊版が出回るのはいつものことであるが、今回紹介したいのはスターウォーズの海賊版DVD。海賊版といえば中国がメッカであり、その公開中にビデオカメラで直撮りした映像をDVDとして販売したものまである。

そのスターウォーズのパッケージが酷いと話題なのだ。なんとスターウォーズなのにアーノルド・シュワルツェネッガーがパッケージの真ん中におり、どうやらプレデターのシュワルツェネッガーを左右反転して使っているようだ。

よく見ると「18in1」と書かれていることから、このDVD1枚に18本の作品が入っている可能性もある。1DISCと書かれているがディスク1枚に18作品も収まるのだろうか。相当な低画質であれば入らないこともないが……。スターウォーズ、プレデター、その他有名作品が入っているであろうお得なDVDだが、海賊版なので路上で売っていても買ったらダメだぞ!

http://gogotsu.com/archives/17896
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 17:06|この記事のURLComments(152)

2016年04月17日

1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/04/17(日) 13:09:57.22 ID:CAP_USER*.net
1井筒和幸氏は『週刊現代』で『新・のび太の日本誕生』を酷評した。当該の批評が掲載されたのは、2016年3月26・4月2日合併号の連載「井筒和幸の今週の映画監督」である。

「これだけ苦労知らずの夢の道具をためらいもなく出してくれると、のび太の人間形成に逆効果じゃないのか。ますます怠け者で臆病な大人になるのではと危惧したよ」。

ドラえもんが敵のギガゾンビに捕まり、両手を縛られて身動きがとれないために、ひみつ道具を出せない場面があったという。「子供ら全員が息を呑んで心配している最中、小生一人だけ声を出して笑ったら、ドラえもんの鑑賞マナーに違反したみたい。幼児らとママさんにジャイアンの目で睨み返されて、思わずビビりました」。

鑑賞後の感想は、「そんな甘やかし過ぎたら孤独に打ち勝つ大人になれるもんかと思ったね」。だが、一つだけ感心したことがあったという。ドラえもんがギガゾンビに「お前がこの過去に君臨しようとも正しい歴史には勝てないんだと良いことを言う。ママさん、意味分かったかな?」

http://www.tanteifile.com/geinou/scoop_2016/04/17_01/
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 15:33|この記事のURLComments(1126)

2016年04月15日

1 名前:きのこ記者φ ★@\(^o^)/:2016/04/15(金) 08:49:12.84 ID:CAP_USER*.net
1ハリウッド版「攻殻機動隊(GHOST IN THE SHELL)」の撮影が始まったとして、Paramount PicturesとDreamWorks Picturesがスカーレット・ヨハンソン扮する草薙素子の画像を公開した。荒巻課長(北野武)以外の主な配役も発表された。

米Paramount Picturesと米DreamWorks Picturesは4月14日(現地時間)、「攻殻機動隊」の実写版「GHOST IN THE SHELL」の撮影を開始したと発表し、スカーレット・ヨハンソン扮する草薙素子の画像を初めて公開した。

スカーレット・ヨハンソンは「アベンジャー」シリーズのブラック・ウィドウ役や 「LUCY/ルーシー」のルーシー役など、SFアクションの出演も多い。

発表済みの配役は以下の通り。
荒巻大輔:北野武
バトー:ピルウ・アスベック
クゼ・ヒデオ:マイケル・ピット
オーレット博士(?):ジュリエット・ビノシュ

この他、役は不明だが、桃井かおり、泉原豊(9課のメンバー)も出演する。クゼ・ヒデオが登場するということは、「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」をベースにしたストーリーになるのかもしれない。

http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1604/15/news068.html
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 15:51|この記事のURLComments(354)

2016年04月11日

1 名前:スターダストプレス(空)@\(^o^)/:2016/04/11(月) 09:25:35.31 ID:c8EUN2uK0●.net
1

だいたい「今の日本映画はつまらない」とか「神目線」言う人間は、例えば予算のない現場で制作のスタッフがしょぼい弁当をリカバーするために必死で味噌汁作ってキャストやスタッフを盛り上げようする矜持すら知らない。俺はそんなやつらは一切信じない。勝手にほざいてろ。
http://twitter.com/YasuhikoFK/status/718824117370093569
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 11:00|この記事のURLComments(2128)

2016年04月09日

1 名前: ヒップアタック(東京都)@\(^o^)/:2016/04/09(土) 19:35:06.37 ID:82nZYbWR0●.net
英国の映画製作・配給会社「サードウィンドウフィルムズ」代表、アダム・トレル氏(33)と先日話す機会があった。アダム氏は日本をはじめアジア映画を海外に紹介しており、現在公開中の日本映画「下衆(げす)の愛」(内田英治監督)のプロデューサーも務めている。

「日本映画のレベルは本当に低い。最近すごく嫌いになってきたよ!」

アダム氏は憤っていた。断っておくが、アダム氏は日本映画をこよなく愛している。だからこその“苦言”なのだろう。

「アジア映画の中で韓国や中国とかが頑張っている。それに比べて日本はレベルがどんどん下がっている。以前はアジアの中で日本の評価が一番高かったけど、今では韓国、中国、台湾やタイなどにお株を奪われている。ちょっとやばいよ」

「日本映画の大作、例えば『進撃の巨人』はアメリカのテレビドラマっぽくてすごくレベルが低い。何でみんな恥ずかしくないの?」と一刀両断。最近目立って量産されているコミックが原作の恋愛映画についても「ハーッ」と大きなため息をついた。日本で主流になっている「製作委員会方式」に不満があるようだ。リスクの分散・回避のために複数のスポンサー企業が製作費を出資するシステムだ。

「日本では映画は製作委員会のもので監督のじゃない。例えば、誰が監督したかみんなほとんど知らないでしょ。監督の名前を宣伝しない。英国などでは出演者には興味がない。『この映画はマイク・リーの新作』などと監督を重視する。日本では、例えば園子温(その・しおん)監督の『新宿スワン』を誰が撮ったかは95%の人々は知らない。監督は製作委員会のパペット(操り人形)なんだ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160409-00000533-san-movi
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 22:07|この記事のURLComments(1688)

2016年03月26日

1 名前: ダブルニードロップ(dion軍)@\(^o^)/:2016/03/26(土) 10:15:09.16 ID:doS/d/yE0●.net
【悲報】邦画 全く進歩してない これ酷すぎる
maxresdefault23maxresdefault3

https://www.youtube.com/watch?v=4_Rxq2NwuJ8
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 20:06|この記事のURLComments(756)

2016年03月05日

1 名前: テキサスクローバーホールド(やわらか銀行)@\(^o^)/:2016/03/05(土) 02:55:39.80 ID:uw/df2/d0●.net
人気クソ漫画「珍遊記」が、主人公役に松山ケンイチを迎えて実写映画化。上映前から「クソ漫画だけどクソ映画にはなるまい」と大きな期待が集まっていたが、実はとんでもないクソ映画だったことが判明した。

・上映中に席を立って帰る観客
あまりにもクソ映画だったため、多くの観客がクソだと酷評。クソ映画の上映中に席を立つ観客もおり、トイレでクソをするのかと思いきや、そのまま帰ってしまう観客もいたというのだ。以下は、実際にクソ映画を観たほかの観客たちの声である。

・インターネット上の観客の声
「小学生にはウケそう」
「中盤から終盤のグダグダ感は観ていてウンザリしてきます」
「なんでこんな映画を観に来たんだろう?」
「編集の下手さなのか、間合いが悪すぎてせっかくのギャグが笑えない」
「真剣にこれ作ってるとしたら東映ホントに血迷ってる」
「お金出して見てたらこれは原作ファンの人もキツイだろう」
「途中で退席する人もいました。面白くもなんともない 」
「ばばあを演じた笹野高史の演技力に騙されました」
「予告編を観たうえで、あえて劇場に赴き、1800円支払って席につく人物は一体ナニモノか?
どう考えても、まともじゃありませんよね」

http://buzz-plus.com/article/2016/03/05/chinyuuki-movie/
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 19:10|この記事のURLComments(432)

2016年03月03日

17 名前: シャイニングウィザード(庭)@\(^o^)/:2016/03/03(木) 16:14:28.56 ID:UmPjqcsH0
ハリウッド版「攻殻機動隊」出演が決定したビートたけし 写真提供:オフィス北野
お笑いタレントで俳優のビートたけしが、スカーレット・ヨハンセン主演で制作が進行中のハリウッド版「攻殻機動隊」に出演することが明らかになった。たけしのハリウッド映画出演は、1995年のキアヌ・リーブスとの共演作『JM』以来となる。

原作は、アニメ化もされた士郎正宗の人気SFコミック。近未来を舞台に、サイバー犯罪やテロリズムの捜査など多岐にわたる任務を極秘裏に遂行する、内務省公安9課(通称:攻殻機動隊)を率いるヒロイン・草薙素子とメンバーたちの活躍を描く。

たけしは、公安9課の創設者にして課長の荒巻大輔役で出演。「個人的にアニメや漫画のファンという訳ではない」としながらも、「自分が演じる荒巻という役は独特な存在感を放つ魅力的な人物であり、登場人物の人間模様を中心に様々なエピソードが散りばめられ、自分の監督作品とは全く異なるスタイリッシュなエンターテインメント作品として、面白いなと思い出演することにしました。どんな作品になるか、自分も楽しみにしています」と語っている。

http://www.cinematoday.jp/page/N0080879
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 20:16|この記事のURLComments(305)
このブログについて
このブログについて

ブログランキング

livedoor


このブログ内を検索
WWW を検索

スポンサードリンク
Archives
おすすめ
Recent Comments
スポンサードリンク