ブログのトップへ

国際

2021年06月22日

1 名前:フォボス(埼玉県) [ES]:2021/06/22(火) 17:10:00.43 ID:hd58tZG70
i021399900915d874011290メルボルンでは5月下旬に、約3ヶ月ぶりに市中感染ケースが確認され、ゲノム解析により、インドで感染拡大した変異種のひとつ、「カッパ株」であることが判明。

感染者が12人に増加した時点で、ビクトリア州首相代理が「我々は、強力な感染力のウイルスに直面している。これは、懸念されている変異株で、過去に例がないほど、急速に感染が広がっている」

と懸念を示し、5月27日から1週間のサーキットブレーカー・ロックダウンに踏み切った。(参照)

しかし、感染拡大傾向が収まらないことから、6月2日にロックダウンの延長を発表。

この時、ビクトリア州政府のコロナ対策医療チームは、(確認されているのはカッパ株であった時点で)「これまで我々が経験してきたものとは異なり、知らない者同士がすれ違った程度で感染しているとみられ、これまで換気が感染リスクを軽減することはわかっていたが、これほど感染力がある変異種には、十分でないのかもしれない。これまで効果あったマスクもうまく機能していないようだ」

と述べ、『麻疹』並みの感染力であることを示唆した。(参照)

そして、その2日後、メルボルン西部に住む家族2人が、カッパ株より更に感染力が高いと言われる「デルタ株」に感染していることが確認されたのだ。(参照)

https://www.newsweekjapan.jp/worldvoice/hirano/2021/06/post-21.php
以下、2ちゃんねるの反応

dqnplus at 20:47|この記事のURLComments(365)
スポンサードリンク

2021年05月10日

1 名前:お断り ★:2021/05/10(月) 07:24:48.35 ID:jd+JikqU9
中国、6年前からコロナウイルスなど生物武器で第3次世界大戦の準備か=米国務省の文書が暴露
potent-a-3_1620478579819中国の科学者らがこの6年間、コロナウイルスを含む生物兵器で第3次世界大戦を準備してきたという事が、米国の調査機関が入手した文書を通じて明らかになった。

英国のデイリーメール紙などが9日報じた内容によると、米国国務省の報告書にはこうした生物兵器が戦争で勝利するため重要になるという主張とともに、これを使用するための完璧な条件と、敵国の医療システムに及ぼす影響まで詳細に記録されている。中国が2015年からコロナウイルスの軍事的可能性を考慮したというこの最新報告では、新型コロナウイルス感染症の原因に関する新たな懸念を呼び起こし、一部の当局者は新型コロナが中国の研究所から流出した可能性があると疑っているという。

また、オーストラリア紙「ジ・オーストラリアン」で報道された文書は中国人民解放軍の科学者と保健当局者が作成したもので、疾病を操作して兵器を作る方法を調査したものだ。文書の著者たちは、第1次世界大戦を「化学戦争」とし、第2次世界大戦を「核戦争」と記述し、それらと違って、第3次世界大戦は「生物戦争」になると主張している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e755c99df919851ec6db852835e9812634666640
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 09:50|この記事のURLComments(1258)

2021年05月05日

1 名前:腕ひしぎ十字固め(ジパング) [US]:2021/05/05(水) 20:50:18.26 ID:U3m0LWPc0
WS003870

能登町、新型ウイルス対策の交付金で「巨大イカ」設置
日本海に面した石川県能登町がこのほど、巨大なイカのモニュメントを設置し、物議を醸している。 新型コロナウイルス感染症対策の国の地方創生臨時交付金が、費用に充てられたからだ。

巨大イカのモニュメントは全長13メートル。スルメイカが特産品の能登町・九十九湾の観光交流施設「イカの駅つくモール」に設置された。

https://www.bbc.com/japanese/56990377

Covid: Japan town builds giant squid statue with relief money
https://www.bbc.com/news/world-europe-56978075
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 23:16|この記事のURLComments(603)

2021年05月03日

1 名前:アリス ★:2021/05/03(月) 21:30:20.76 ID:qjnA1vuO9
03866

厚生労働省は3日、インドに滞在歴があり、新型コロナウイルス感染が確認された50代男性が、成田空港の検疫所が指定する療養施設で死亡したと発表した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/8492a6d8618e8201bb5291c7e293b5dee1c2cc22
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 22:44|この記事のURLComments(781)

2021年03月30日

1 名前:令和大日本憂国義勇隊(栄光への開拓地) [KR]:2021/03/30(火) 15:26:11.50
003780

Twitter広告に出てきたヴァレンティノの…

帯を岩に乗せてその上に座ったり、地面に敷いた帯の上ヒールで歩いたりしてるの…なんか…なんか…ちょっと…無理………

https://twitter.com/gyokai_tabetai/status/1376139727514988544
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 20:57|この記事のURLComments(866)

2021年03月20日

1 名前:オムビタスビル(東京都) [CN]:2021/03/20(土) 18:44:15.18 ID:CeOpbg/A0
003753日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン被告の逃亡を手助けした疑いで逮捕されたアメリカ人親子が、容疑を認めたうえで、「妻のキャロル容疑者にだまされた」と話していることがわかった。

アメリカ軍の特殊部隊「グリーンベレー」元隊員のマイケル・テイラー容疑者(60)と息子のピーター容疑者(28)は、2019年12月にゴーン被告のレバノンへの逃亡を手助けした疑いが持たれている。

東京地検特捜部の調べに対し、2人は、ゴーン被告の妻、キャロル・ナハス容疑者から、知人を通じて 逃亡を手助けする依頼を受けたと説明し、容疑を認めているという。

また、自身らが拘置所に勾留されている現状から、日本の刑事司法制度を評価し、「キャロル容疑者から『夫は日本の拘置所で拷問を受けた』と聞いていたが、だまされた」と供述しているという。

https://www.fnn.jp/articles/-/158314
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 23:41|この記事のURLComments(699)

2021年03月08日

1 名前:スタス ★:2021/03/08(月) 17:23:12.20 ID:zYbxB0dn9
「もう生きていたくなかった」、メーガン妃が王室生活の苦悩吐露
screen-shot-2021-02-28-at-7-33-09-pm-1614558797(CNN) 英王室を離脱したメーガン妃が、米著名司会者オプラ・ウィンフリーさんとのインタビューで王室の一員としての生活を振り返り、一時はあまりの孤独感と寂しさから「もう生きていたくない」との心境に追い込まれたことを明らかにした。

メーガン妃がインタビューを受けるのは、夫ヘンリー王子とともに王室の高位メンバーから引退する計画を発表してから初めて。メーガン妃はこの中で、自らをイメージに執着する王室の被害者と形容し、息子アーチー君の肌の色がどれだけ濃くなりそうかという見通しから、友人とランチに行く頻度まで、王室はあらゆることに介入してきたと明かした。

ヘンリー王子とメーガン妃は王室と実質的に決裂しており、以前より自由に話せることから、今回のテレビインタビューは注目度が高かった。

メーガン妃はまず、ウィンフリーさんと1対1で対談。挙式の3日前にヘンリー王子と結婚していたこと、妊娠中の第2子は女の子になることなど、私生活について一部の情報を明らかにした。ヘンリー王子も、父親のチャールズ皇太子が電話を取ってくれない時期があったと明かした。

ただ、2時間のインタビューで最も印象的だったのは、メーガン妃が王室の実務メンバーとしての生活の難しさを語った場面だ。メーガン妃は涙をこらえながら、「もう生きてきたくない」という心理状態は耐え難く、夫に打ち明けるのも気が進まなかったと振り返った。ヘンリー王子は少年時代に母ダイアナ妃を亡くしている。

「あの時の私は恥ずかしい気持ちでいっぱいで、特にヘンリーに打ち明けなければならないのは恥ずかしかった。彼がどんなに大きな喪失を経験したか知っているから」(メーガン妃)

https://www.cnn.co.jp/amp/article/35167488.html?ref=rss&__twitter_impression=true
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 22:45|この記事のURLComments(663)

2021年02月06日

1 名前:ネンジュモ(ジパング) [US]:2021/02/06(土) 00:22:01.14 ID:U1II6Y/7
ドイツ大使館
qPFcMEh

フィンランド大使館
https://i.imgur.com/Gm2PRAS.png
欧州連合代表部
https://i.imgur.com/8HIMLNg.png
スウェーデン大使館
https://i.imgur.com/ziTZD8A.png
アイルランド大使館
https://i.imgur.com/dzAbA7M.png
国連広報センター
https://i.imgur.com/6QMAG11.png
ポルトガル大使館
https://i.imgur.com/36d1VNt.png

#DontBeSilent=黙ってはいけない
#GenderEquality=男女平等


世界が呆れる…森喜朗「女性蔑視発言」に、各国大使館が「抗議の男女平等ツイート」を始めた…!
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/79995
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 08:57|この記事のURLComments(3204)

2021年02月02日

1 名前:ブギー ★:2021/02/02(火) 18:12:27.97 ID:rvisMc5s9
003652【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権で2回目となる2020年版の国防白書では北朝鮮について「敵」との記述が盛り込まれなかった。また、強固な韓米同盟を強調する中、米軍主導の韓米連合軍が持つ有事作戦統制権の韓国軍への移管を「加速化」させるとした一方、「パートナー」としていた日本は「隣国」と記述するにとどめた。

◇日本は「隣国」に格下げ

20年版白書には悪化した韓日関係が反映された。

周辺国との国防交流協力について、前回と同じく日本を中国に続いて2番目に取り上げ、「日本は両国関係だけではなく、北東アジアおよび世界の平和と繁栄のためにも協力して行かなければならない隣国」と記述した。18年版白書で「両国は地理的、文化的に近い隣国であり、世界の平和と繁栄に向け共に協力していくべきパートナー」としたことから格下げした形だ。

20年版白書では日本の政治指導者の独島関連の挑発、18年の海上自衛隊哨戒機の韓国艦艇に対する威嚇飛行と「事実をごまかした一方的なメディア発表」で両国の国防関係が難航し、19年7月の日本の対韓輸出規制措置が「未来志向の発展への障害」になっていると指摘した。

また、韓国政府が輸出規制措置の撤回に向けた協議を条件とし、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了通知の効力を停止した状況についても言及。その上で、「今後も日本の歴史歪曲(わいきょく)、独島に対する不当な領有権主張、懸案問題でも一方的かつ恣意(しい)的な措置に対しては断固として厳しく対処する一方、共通の安保懸案については朝鮮半島と北東アジアの平和と安定のため、継続的に協力していく」と明記した。
 (抜粋)
https://news.yahoo.co.jp/articles/ea7ba968c50b72dbdfab96d18c0da090e51f2589
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 23:08|この記事のURLComments(1041)

2021年01月13日

1 名前:black Jack ★:2021/01/13(水) 17:12:05.16 ID:s8/eF3M79
03609変異した新型コロナウイルスが各国で確認されていることを踏まえ、政府は、11の国と地域で実施しているビジネス関係者らの往来を停止する方針を固めました。これにより特段の事情を除いて、外国人の日本への入国が全面的に制限されることになります。

イギリスをはじめ、各国で感染力が強いとされる変異したウイルスが確認されていることを受け、政府は先月、全世界からの外国人の新規入国を停止する措置を講じた一方、中国や韓国など11の国・地域を対象としたビジネス関係者らの往来は継続しています。

こうした中、政府は、緊急事態宣言に伴い、入国制限措置も強化する必要があるとして変異したウイルスが確認されたかどうかにかかわらず、11の国と地域で実施しているビジネス関係者らの往来を停止する方針を固めました。

これにより、親族の葬儀や出産などの「特段の事情」を除き、外国人の日本への入国が全面的に制限されることになります。

菅総理大臣は4日の記者会見で、変異したウイルスが発見された国や地域については、往来を停止する考えを表明していましたが、自民党内などから「分かりにくい対応だ」といった指摘が出ていることも踏まえ、対応を強化したものとみられます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210113/k10012812201000.html
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 19:29|この記事のURLComments(621)
このブログについて
このブログについて

ブログランキング

livedoor


このブログ内を検索
WWW を検索

スポンサードリンク
Archives
おすすめ
Recent Comments
スポンサードリンク