ブログのトップへ

パソコン・ガジェット

2016年09月07日

1 名前: アルゼンチンバックブリーカー(北海道)@\(^o^)/:2016/09/07(水) 13:21:31.66 ID:Jx/wFjzX0.net
1MicrosoftがLiebherr(リープヘル)の家電部門と共同で冷蔵庫をもっとスマートに、もっと速く、もっと強く作り替えようとしている……おっと失礼、「よりスマートに」だけでした。2社による新たなコラボレーションにより、Microsoftはコンピュータビジョン技術(いわばコンピュータの目)をMicrosoft Cognitive Services Computer Vision API経由で提供し、冷蔵庫が自分で庫内にある物体を見分けられるようにするという。

なぜ「庫内に入っているものを判別する冷蔵庫」が必要なのだろう? 何か買い忘れて、またスーパーマーケットに走らなくてもいい、というのは1つの理由だろう。ここで用いているディープラーニングのアルゴリズムは、何百万点という食品パッケージの画像データを処理した蓄積に基づいて、新しい食品も学習できるという。いずれ市販された暁には、実世界のユーザーから収集したデータを使ってもっとスピーディーで、もっとスマートになるに違いない。

他社製の冷蔵庫では遠隔から庫内を確認できたりもするが、MicrosoftのデータサイエンスチームはLiebherrと直接協力して、この試作機を「学習する」冷蔵庫に育て上げた。そのおかげで、わざわざスーパーでの買い物中につながりの悪い携帯通信経由で低解像度の画像を表示して、人間の目で庫内の食品をチェックしなくても済むように なっている。

この冷蔵庫、現段階では試作品なので、まだ当面は現状の「知性のないまぬけな食品クーラーボックス」で何とかしのぐしかない。けれどももし、今すぐにでもちょっぴりMicrosoftのついた冷蔵庫を導入してみたい、ということであれば、こんな選択肢もあるようだ。

http://jp.techcrunch.com/2016/09/05/20160902microsoft-is-putting-cortana-machine-learning-in-a-fridge/
以下、2ちゃんねるの反応

dqnplus at 19:02|この記事のURLComments(405)
Powered by livedoor

2016年08月25日

1 名前:曙光 ★:2016/08/25(木) 13:41:48.14 ID:CAP_USER9.net
12016年8月20日、中国のポータルサイト・今日頭条は、サムスンのGalaxy S7から「SAMSUNG」のロゴが消えたのは、日本が原因だとする記事を掲載した。

サムスンのGalaxyシリーズでは、Galaxy S7から中国でもサムスンのロゴを外して販売している。サムスン側は、デザインを考慮してとしているものの、記事では、「日本市場のためにロゴを消した」と主張。

実際、日本ではロゴを消して販売したところ、シェアが5%から12%へと上昇した。そして、生産コストや統一性のために、中国で販売するGalaxy S7からもロゴが消えることになったのだとした。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。
 (以下省略)
http://news.livedoor.com/article/detail/11920974/
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 18:41|この記事のURLComments(665)

2016年07月30日

1 名前: ラダームーンサルト(北海道)@\(^o^)/:2016/07/30(土) 16:25:43.52 ID:Rb0u6LPk0.net
1
アップルの「ダイヤルつきiPhone特許」 静電タッチパネルで物理ボタンやダイヤルを認識
http://japanese.engadget.com/2016/07/29/iphone/
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 19:31|この記事のURLComments(264)

2016年07月08日

1 名前: 雪崩式ブレーンバスター(徳島県)@\(^o^)/:2016/07/08(金) 15:08:30.97 ID:uLP9WGIB0.net
02タッチパネル液晶を組み込んだテーブルなどの家具を手掛けている仏Kineti Technologiesは、Windows 10を搭載した42型のテーブル型PC「La Table Kineti」を4,997ユーロ(約55万円)で販売している。

スペックシートには搭載CPUはCore i5と書かれており、内蔵GPUがIntel HD 6000となっていることから、Broadwell世代のプロセッサが載っていると思われる。メモリ8GB、SSD 120GBを実装し、42型フルHD(1,920×1,080ドット)のディスプレイは12点タッチをサポート。インターフェイスはUSB 3.0、Wi-Fi、Bluetoothなどに対応している。

本体サイズは約970×609×399mm(幅×奥行き×高さ)、約46kg。保証期間は2年。

直販サイトのショッピングカートに入れてみたところ、発送先に日本が登録されているのを確認できた。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1008921.html
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 20:27|この記事のURLComments(197)

2016年06月19日

1 名前:ニライカナイφ ★:2016/06/19(日) 15:33:18.78 ID:CAP_USER9.net
◆【斬新過ぎ】iPhoneついに360度ディスプレイになったモデル登場!?設計図が流出
1iPhoneも初期バージョンから既に9代目となるiPhone6Sが登場しておりますが、次期iPhoneはちょうど10代目となります。となると大きな変化が期待されそうではありますが、今のところ背面に細かい変化はあるものの、大きな変化はなさそうです。しかしどうやらアップルは隠し玉を持っており、とんでもないモデルが登場するかも。

今回流出している設計図は、楕円形のiPhoneで、360度ディスプレイとなったものだ。昔ガラケーでは「背面ディスプレイ」みたいなもので、ふたを閉じたときも別のディスプレイが存在したモデルはありましたが、こちらはすべてディスプレイとなっているので、裏も表もないのかもしれません。また、アイコンは横に5列表示できるので目いっぱい画面を使うことができるようだ。

内部の設計もこのような形で流出している。割と詳細なところまで細かく仕様が決まっているように見える。

アップルはこのすべてディスプレイとなった技術の特許を取っているようだが、実際にこれが販売されるかどうかは不明だ。もし実現するのであれば曲げることができるフレキシブルディスプレイを使うのかもしれませんが、ちょっと落とした際にどれだけヒビが入ってしまうのかと不安になりそうですね。

http://www.yukawanet.com/archives/5063522.html#more
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 18:36|この記事のURLComments(285)

2016年05月17日

1 名前:野良ハムスター ★:2016/05/17(火) 15:41:12.64 ID:CAP_USER*.net
1IEのセキュリティパッチにWindows 10アップグレード広告が挿入されたり、Windows 10への自動アップグレードテロをワンクリックで防ぐツール」が登場したりと、ユーザーをWindows 10にアップグレードさせたいMicrosoftとアップグレードしたくないユーザーとの攻防が続いていますが、今度はWindows 10への自動アップグレードスケジュール通知がWindows Updateと一体化したことがわかりました。

もちろん、自動アップグレードスケジュールの表示にはアップグレードの日付を変えたりキャンセルしたりする選択肢があるので、無理強いはされていません。ただし、この表示を見ずに気づかないままアップグレードしてしまう人がいるのではないか、Tom's Hardwareのマイケル・ジャスティンさんは指摘しています。

なお、Windows 10の無料アップグレードの提供期間は2016年7月28日までで、期間終了まで3カ月を切ったわけですが、Microsoftは7月29日以降も無料提供を行うのでは、というウワサもあります。

http://gigazine.net/news/20160517-windows-10-auto-upgrade/
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 18:40|この記事のURLComments(565)

2016年04月21日

1 名前: ファルコンアロー(東日本)@\(^o^)/:2016/04/21(木) 13:36:18.40 ID:l+9BAKfQ0.net
1

日本時間の2016年7月29日に、Windows 10への無償アップグレードサービスが終了する。
ちょうど今日、100日を切ったところだ。

http://ascii.jp/elem/000/001/152/1152704/
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 19:43|この記事のURLComments(466)

2016年04月04日

1 名前: リバースパワースラム(庭)@\(^o^)/:2016/04/03(日) 19:26:21.15 ID:wNtTQKPB0●.net
1街中によくある巨大スクリーン広告がとんでもないことになっていると話題に。その広告はビルに壁に表示されるとても大きなビジョン広告。街中の人からもとても目立つ存在である。

しかしその広告を見てみると『Windows 10』のアップデートで妨害されているのだ。『Windows 10』のアップデートが勝手に表示されてしまい更に最前面表示されることにより、広告動画の前に来てしまったのだ。

『Windows 10』のアップデートはしつこく煩わしいと話題になっていたが、こういう業務用PCにも支障が出るほど。最近は広告表示はWindowsで制御していることが多く、また広告だけでなく、プリクラや券売機までがWindowsで管理されている。

券売機は稀にログイン画面になっているのでWindowsだと気付いている人も多いだろう。

今回のこのビジョン広告は日本では無く、香港の物のようであるが、日本も例外ではなく同じことが起きてもおかしく無い。なおWindowsのバージョンは『Windows 7』を使っていたようだ。

この『Windows 10』のアップデートに妨害された広告を偶然捉えた人が、Twitterに写真を公開し、現在4700リツイートされている。

http://gogotsu.com/archives/17335
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 18:23|この記事のURLComments(207)

2016年03月11日

1 名前: ハイキック(京都府)@\(^o^)/:2016/03/11(金) 13:27:50.66 ID:7ried4sO0
「2020年1月まで安心して使えるようサポートしますよ」と言われていたのに、ある日を境に「やっぱり2017年7月でサポートを打ち切ります」と一変したら――。にわかに信じがたい話が現実になっている。米Microsoftが突如打ち出したサポート期間の変更を巡り、国内の法人ユーザーやパソコンメーカーの間で波紋が広がっている。

きっかけは2016年1月15日、Microsoftが運営するブログの1つ「Windows Experience Blog」に掲載された1本の記事だ。 同社はこのなかで、米Intelの最新CPUである第6世代Core(開発コード名Skylake)を搭載したパソコン、タブレットでのWindows 7/8.1のサポートについて2017年7月17日で終了すると発表した。

ブログでは「サポート期間終了後も継続してサポートを受けるには、今後18カ月のサポート期間中に端末をWindows 10へアップグレードしなければならない」と明記している。

Windows 7の本来のサポート期限は2020年1月。Windows 8.1は2023年1月までサポートが残っており、2017年7月時点ではメインストリームサポートすら終了していない。

Skylakeより前の世代のCPUではWindows 7/8.1をそれぞれの期限まで使い続けられるが、これから新たにパソコンやタブレットを買おうという場合、Windows 7/8.1で使いたくても本来のサポート期限まで使えず、大きな制約を受けることになる。 どうしても2020年まで使い続けたければ、旧型CPU搭載のパソコンやタブレットを探すという選択肢もあるが、既に大手メーカーの主力機種はSkylake搭載機に移っており、自由に機種を選べる状況からはほど遠い。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/020500437/
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 19:16|この記事のURLComments(818)

2016年02月02日

1 名前:cafe au lait ★:2016/02/02(火) 15:26:41.35 ID:CAP_USER
Windows 7/8.1→Windows 10が“推奨される更新”に
yu_win10米Microsoftは2月2日に配布した「Windows 7」および「Windows 8.1」の「Windows Update」で、これまで「オプションの更新プログラム」としていたWindows 10へのアップグレードを「推奨される更新プログラム」に昇格させた。同社は昨年10月、この変更を予告していた。

自動更新に関連するプログラムは「KB2952664」と「KB3035583」。Windows Update上の概要には「この更新プログラムをインストールすると、Windowsの問題が修正されます」としか説明されていないが、詳細情報を見ると前者のタイトルは「Windows 7アップグレード用互換性更新プログラム」に、後者は「更新プログラムにより、Windows 8.1および Windows 7 SP1にGet Windows 10アプリをインストールする」となっている。

Windows Updateを自動アップデートにしているWindows 7/8.1ユーザーは、今回のアップデートでWindows 10へのアップグレードが自動的に始まる。

ただし、“アップグレードで端末のOSが変わる前に、アップグレードを続けるかどうかの意思確認を行うためのプロンプトを表示する”という。また、アップグレードしてしまった後でも、31日間は前のバージョンに戻せるようになっている。

自動更新関連プログラムのインストールを回避する方法(非公式)はこちらを参照されたい。

Microsoftは1月、「Windows 10」の月間稼働端末(monthly active devices)が2億台を超えたと発表した。同社は「Windows 10端末を2〜3年以内に10億台にする」という目標を掲げている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160202-00000038-zdn_n-sci
以下、2ちゃんねるの反応
dqnplus at 18:07|この記事のURLComments(463)
このブログについて
このブログについて

ブログランキング

livedoor


このブログ内を検索
WWW を検索

スポンサードリンク
Archives
おすすめ
Recent Comments
スポンサードリンク