魚人(うおんちゅ)日和

アストルティアをさまよう魚人の日々へようこそw

2017年02月

達人たるもの

こんばんわ(^^)/ ユウリです。

南天の正座、炉(ろ)座の方角にある銀河。
ハッブル宇宙望遠鏡によって観測されたそれは、132億光年のかなたにあります。

 ユウリ 「宇宙が誕生してから、137億年経っている。」
 ゆきな 「137億・・・長いね。」
 ユウリ 「まあだいたいだけど。」

なのでこの銀河は、宇宙誕生のたった5億年後に生まれたことになります。
遠くの銀河を探し求めていけば行くほど、宇宙誕生の瞬間に近づくのです。

 ユウリ 「しかし、ある距離を境にバリアが張られている。」
 ゆきな 「なにそれ。」

宇宙誕生後、およそ38万光年後の位置にそれはあります。
原始の宇宙は超高温で、あらゆる素粒子が好き勝手に飛び回っていました。

 ユウリ 「温度が下がってくると、陽子と中性子が合体して原子核になった。」
 ゆきな 「ふむ、それで。」
 ユウリ 「原子核に電子がくっついて、光子だけが残った。」

それでようやく光子が自由に動けるようになりました。
そして、宇宙に光が溢れたのです。

 ユウリ 「ここから宇宙は透明になった。」
 ゆきな 「真っ黒いイメージだけど。」

このときに発した光が”宇宙背景放射”で、宇宙の膨張と共に波長が伸びています。
ギガヘルツ帯の電波となって、宇宙のあらゆるところから放射されています。




さて本日は、達人クエから始めましょう。
先週の。

 ユウリ 「たぶん先週だと思うんだけど、”バズズ強”。」
 ゆきな 「ほう、条件なんだっけ。」

”バトマス”入りで、6分20秒以内だったかな。
なんか長いような気もしますが、その前に”バズズ強”が久々すぎて。
どんなだったかよく憶えてないです。

20170227-2238_369583332
とりあえず、即死指輪をはめて、と。

 ユウリ 「70%しかないけどな。」
 ゆきな 「ふふふ、完成してるのさ。」

それでも80%ですが。
構成は、占いにバトマス、サポで戦僧です。

 ユウリ 「火力は十分、耐性不十分ってところか。」
 ゆきな 「なんか不安だね。」

20170227-2239_369583660
最近のボスにありがちな光景だな。

 ユウリ 「前衛がみんなフューリー。」
 ゆきな 「強いから仕方ないね。」

でもなんでこんな形なんでしょうね。
あちこち尖ったところがあって実用的でないような。

 ユウリ 「あ、ツインクローが・・・。」
 ゆきな 「戦士耐えてるよ。」

占い師は、耐えられませんでした。

20170227-2241_369584222
なんとか”幻惑”を入れようと頑張っています。

が、まったく入らず。
おサルは余裕で”クモノ”とか唱えてやがるし。
しかも引っかかってるし。

 ユウリ 「ザラキしてこないな。」
 ゆきな 「まあこなくてよかったよ。」

討伐タイムは、3分少々。
やはり6分は長いと思いました。


続けて、今週分の達人クエも済ませておきましょう。
”並ガイア”を2分・・・くらいで。(うろ覚え)

 ゆきな 「パラ魔?」
 ユウリ 「呪文完全ガードで詰みそうだな。」

20170227-2246_369585178
魔法物理混成にしました。

構成は占い師と賢者、サポで戦旅です。
僧侶をなくして微妙に攻撃に寄せたつもり構成です。
そして、あっという間に倒していました。

 ゆきな 「1分だね。」
 ユウリ 「回復を捨ててみんなで攻撃したからかな。」
 ゆきな 「サポ旅ゆうたん、ハッスルしてたよ。」

ぼくは片っ端からタロットを投げていました。
なお、報酬でもらった宝珠は超絶微妙でした。


さて、月末を前に、学園に登校です。

20170227-2254_369586912
先生、授業受けに来ました。

レッスンチケットが常にカンストなので。
たまには消化してみようと思ったのです。

 ユウリ 「なぜ、全身全霊切りはタイガークローに変わるのか。」
 ゆきな 「あるある。」

欲しいノートはさっぱり出ませんね。
まあ、使う機会もないのですけど。


部室にも顔を出します。

20170227-2302_369588903
鍛冶に関する何かが書いてあるのでしょう。

 ゆきな 「部活のポイントが確か、月末でリセットされるらしいよ。」
 ユウリ 「え。」

そうなのか。
まだ交換してないポイントがあったはず。
何かもらっておきましょう。

 ユウリ 「オーシャングラスいらないし・・・。」
 ゆきな 「ヒゲとかホッペとか。」

うーん、どうしようかな。
やっぱりここは無難に”ばんそうこう”でももらっておきましょうか。

20170227-2312_369591169
そこに貼るのか。

 ゆきな 「どこだと思ったの。」
 ユウリ 「鼻。」

もうちょっと、目立つような色でも良いですね。
WiiUのパッドではもう豆粒サイズでよく見えませんけど。

 ユウリ 「たいへん!」
 ゆきな 「?」
 ユウリ 「学園から帰ったら”ばんそうこう”消えた。」
 ゆきな 「そりゃ学園内だけの装備だからね。」

・・・そうだったのか。
他の装備も消えるし、そもそも見た目もちがうしな。
いや決して魚姿でも”ばんそうこう”付けたかったわけでは・・・。





おまけ

珍しく、日課の討伐をフィールドで。

20170225-2324_369301517
顔が近い。

 ユウリ 「懐かしのガート”サウルスロード”だ。」
 ゆきな 「前は取り合いだったよね。」

若かりし頃はその経験値にずいぶん頼りました。
しかし今はそれよりもっと貴重な通常ドロップ。
そう、”大きなこうら”です。


ぽちっとさあ、バザーに持っていきますよ。
   ↓
 
ドラゴンクエストX ブログランキングへ

イカとかキリンとか

こんばんわ(^^)/ ユウリです。

薄くて脆い紫色の貝殻をもつ、美しい巻き貝。
”アサガオガイ”は、海に浮かんでいます。

 ゆきな 「ずっと浮かんでるの?」
 ユウリ 「足の裏から泡をいっぱい出して、浮かんでる。」

つなぎ合わせた泡が筏のように浮かび、その下にぶら下がっているのです。
食事も出産も、海面で行います。

 ユウリ 「猛毒をもつ”カツオノエボシ”とか、浮いてるものを食べてるよ。」
 ゆきな 「毒あるのに。」

猛毒をもつクラゲでも、”アサガオガイ”は毒に耐性があります。
毒耐性100%です。

 ユウリ 「でも自分で行き先を決められないから、風で流される。」
 ゆきな 「どこに行くかわからないの?」
 ユウリ 「強い風が吹くと、海岸に打ち上げられちゃう。」

打ち上げられたら、戻ってこられません。




さて本日は、水の”領界討伐”を進めましょう。
やる気になったときにやらないと、忘れてしまいがちです。

20170223-0000_368887554
花みたいな水草。

水中ではなんでも巨大化するようですね。
どう見ても水中にはいなさそうなモンスターもしっかり適応しています。

 ユウリ 「”きせいじゅ”とか水の中で平気なのかな。」
 ゆきな 「湿気ちゃってるよね。」

というわけで、海底の討伐はのこり一匹。
”テンタクルス”を探しています。

 ユウリ 「”テンタクルス”って、ヒトデみたいなのだっけ?」
 ゆきな 「・・・イカだったかと。」

イカ?
どうやら思っていたのと全然ちがっていました。
小さなヒトデみたいなのを探していましたよ。

20170225-2339_369305912
いた。

思っていたやつの30倍くらいデカかったです。
これは、イカですね。
しかも随分探して奥の方までやってきました。

 ユウリ 「マッコウクジラとかと戦うサイズだ。」
 ゆきな 「大王イカだね。」

船とかも沈めちゃうんですね。

20170225-2341_369306172
回った。

名前もそのまんま、”回転アタック”だそうです。
しかもかなり高速ですよ。

 ユウリ 「ふっ飛ばされた。」
 ゆきな 「足の部分だけ回ってるんだね。」

器用です。
というか、どういう構造なんでしょうか。
2匹倒して、ようやく海底分の討伐が終了しました。


さて、こちらも領界討伐。
次は”オーフィーヌの海”にやってきました。
”水の領界”では数少ない陸地ですね。

20170225-2351_369308612
さあ、倒すか。

 ゆきな 「いや、竿出してるし。」
 ユウリ 「せっかくなんで、釣りでもどうかと。」

・・・ホタテしか釣れませんでした。

そんなことより”領界討伐”です。
ここは、モンスターが2種類しかいないので、簡単に終わりそうです。

まずは眼の前にいるこちらの方。

20170225-2356_369309904
”ソルジャーブル”さん。

見た目は強そうですね。
しかし、どうしても”鼻”が気になります。

 ユウリ 「なぜ青い。」
 ゆきな 「鼻の穴デッカイね。」

まあ何か理由があるのでしょう。
お、宝箱を置いていきましたよ。

 ユウリ 「・・・青い宝石が入ってるんだけど。」
 ゆきな 「きっと鼻の穴に入れてたのよ。」

何で青く染まったのか・・・。
深く考えてはいけませんね。


そしてもう一体はこちら。
”ジラフマスター”さんだったかな。

20170226-0000_369311046
棍を持っていらっしゃる。

キリンですね。
長い首は高い木の上に届くため。
さらに長い舌でエサをつかみ取ります。

 ユウリ 「という進化の道を選んだはずなんだが。」
 ゆきな 「首より長い棍持ってるね。」

器用そうな手もあるし。
おまけに羽根まで生えてるから、もう長い首とか必要なくね?
とか考えながら狩っていました。

お、なにやら呪文とか唱えてきましたよ。

20170226-0002_369311637
それ、もしかして。

 ユウリ 「幻の呪文、”ギラグレイド”ではないですか!」
 ゆきな 「幻って。」

プレーヤーでもサポでも、使っているの見たことないから。
緑の大地が禿げるほどの高熱。
立ち上る火柱。

 ユウリ 「そして思わずフッて笑えるほどの威力。」
 ゆきな 「キリンなのにすごいね、呪文とか。」

首から上はキリンですが、それ以外はさっぱりキリンじゃないですけどね。





おまけ

え・・・通っちゃダメなの?

20170225-2313_369298478
”ぬいぐるみ”持ってきたんですけど。

 ユウリ 「エジャルナの神殿、行かせられないって。」
 ゆきな 「そうなの?」
 ユウリ 「お前らはもう信用ならんってことらしい。」

こんなところに影響が出ているとは。
いやそれよりこの”ホイップゴースト小”どうするんだ。



ぽちっとお店に売りました。5万ゴールド・・・こっちのほうがいいな。
   ↓
 
ドラゴンクエストX ブログランキングへ

ネコと将軍と

こんばんわ(^^)/ ユウリです。

海の宝石とも呼ばれる、”サフィリナ・アングスタ”。
虹色に輝くプランクトンの一種です。

 ゆきな 「ちっちゃいの?」
 ユウリ 「3ミリか4ミリくらいかな。」

輝いていますが、自分で発光しているのではありません。
無数の結晶が集まって出来た結晶体がさらに重なり合っている体。
この構造が光を反射して、七色に輝くのです。

 ユウリ 「でもオスだけで、メスは半透明。」
 ゆきな 「それも綺麗そうだけど。」

オスの中には、透明になるものもいます。
海中に差し込む光に対して背面を45度に傾け、青色の光を紫外光に変えます。
すると、人間の目では姿が見えなくなるのです。

 ゆきな 「すごいね。」
 ユウリ 「そんな”サフィリナ・アングスタ”はカイアシ類の仲間で、別名”ケンミジンコ”。」
 ゆきな 「それ理科の本で見たことあるわ。」




さて本日は、お試し衣装の日ですね。
さっそく”ヴェリナード”へ飛んで、借りてきました。

 ゆきな 「ネコかわいいよ。」
 ユウリ 「あ、男子はクロネコだ。」

20170222-2256_368856648
なんかモコモコしてるな。

 ゆきな 「目がボタンだ。ヒゲもついてるw」
 ユウリ 「・・・目もヒゲもないぞ?」

男子の方、シンプルというか、ずいぶん簡単な造りのような気が・・・。
まあ着るのは女子の方が多いんでしょうね。

昔、これとよく似たジャージを着ていたような。
ネコじゃなくて、イヌの足跡が付いていましたけど。

後ろ姿も確認しておきましょう。

20170222-2257_368856970
尻尾に勢いがない・・・。

 ユウリ 「ほぼ降参してるんですが。」
 ゆきな 「こっちはまだ元気だよ。」

しかし、後ろから見るとさらにシンプルですね。
膝の部分だけ、地肌が見えています。
背びれが隠れてなくてよかったです。

ネコ姿に刺激されたのか、対抗意識を燃やしたのか・・・。
写真を撮っていると、散歩中のネコ(ご近所さんちの)が混ざりに来ました。

20170222-2258_368857624
顔デカいなキミ。

比べてみると、やはり全然ネコ感が違いますね。
さすが本物。

 ゆきな 「本物?」
 ユウリ 「本物ってなんだろ。」

”プリズニャン”とかのあっち系も、一応ネコなんでしょうけど。


さて、”Sジェネラルカード”が、切れそうだったので。
チムメンさんを誘って倒しに来ました。

 ユウリ 「これたぶんテンの日にもらったやつかな。」
 ゆきな 「あと30時間だった。」

ちなみに、将軍様にお目見えするのは、まだ2回目です。

 ゆきな 「コイン売っちゃうし。」
 ユウリ 「1回目はサポで撃沈したのもいい思い出。」←そうでもない

20170222-2322_368869795
ネコで来てやったぜ。

構成は、戦戦占い僧で。
最近はパラ魔も流行っているそうですけど。

 ユウリ 「よし、作戦を考えた。」
 ゆきな 「ほう、一応聞いてあげる。」
 ユウリ 「開幕、まず力の”わたぼう”が火を噴く。」
 ゆきな 「噴かないと思うけど、で?」
 ユウリ 「あとは離れたところからタロット投げるから、頑張って倒してくれ。」
 ゆきな 「聞かないほうがよかった。」

ゆきなは戦士、占いはぼくです。

20170222-2323_368870585
開幕わたぼうは”いてつくはどう”で消えました。

 ユウリ 「なんてこった。」
 ゆきな 「作戦変更だね。」

Wアタックはなんとか耐えます。
仲間呼びに悩まされながらも、削って削って。

しかし範囲攻撃に気をつけていたつもりでしたが、もう少しというところで・・・。
”ジェネラルブレイク”で壊滅してしまいました。

 ユウリ 「だがもう一枚ある!」

こんなこともあろうかと、2枚同時投入は躊躇したのです。
というわけで、2戦目に突入です。

20170222-2334_368875887
ネコ服時間も終わって魚に戻りましたよ。

さっきの反省から、”ジェネラルブレイク”には注意です。

 ユウリ 「で、どう注意すればいいんだろ?」
 ゆきな 「うーん、逃げる?」

タゲから一目散に逃げるくらいしか、思いつきませんでした。
あと、”メテオ”なんとかからも逃げて。
プレスもふっ飛ばされるから逃げて。
前方に範囲の技もなんかあったような気がするからそれも逃げて。

 ユウリ 「イオグランデも当然逃げると。」
 ゆきな 「立ち向かえ。」

20170222-2345_368880975
ずいぶん、友達の多い将軍でした。

”ベホマズン”を倒すのに手間取って、一時は4匹くらい溜まっていましたよ。
そこらじゅうから”ベホマズン”唱えやがって、将軍様元気モリモリでした。

一度ならず壊滅しかけましたが、窮地を救ったのはチムメンさんの神僧侶っぷりと・・・。

 ユウリ 「占い師の神がかったタロット運でw」
 ゆきな 「運だよね・・・。」

なんとか初討伐です。
「寒天将軍ストライカー」の称号をいただきました。

・・・寒天って。

あと、初討伐報酬は、何かの間違いか破片でした。





おまけ

海の中を馬が歩いている光景。

20170222-2359_368886978
しかも顔が怖い。

 ユウリ 「まあ歩いてるというか飛んでるのかもしれんけど。」
 ゆきな 「泳いでるかもよ。」

色が綺麗ですね。
深海モンスターは青系が多くてなんだか親近感が湧きます。
”ワニバーン”とかは、ちょっと違いますけど。



ぽちっと水中なので普通に泳いでみたいですね。
   ↓
 
ドラゴンクエストX ブログランキングへ

新しい服で

こんばんわ(^^)/ ユウリです。

”ヤクチクラゲ”は、分裂して増えていきます。

 ユウリ 「文字通り、体が2つとか3つに裂ける。」
 ゆきな 「なんか怖いんですが。」

裂けた体がそれぞれ再生して、個体数が増えるのです。

 ユウリ 「しかし、裂けたあとに口がないと、エサが食べられずに生きられない。」
 ゆきな 「どっちか口がないんじゃないの?」
 ユウリ 「そうならないために、まず口を増やす。」
 ゆきな 「・・・増やす?」

傘の中心から放射状に伸びる、”放射管”と呼ばれる管。
そこにまずたくさんの口をつけるのです。

 ユウリ 「で、口が多いから”ヤクチクラゲ”という。」
 ゆきな 「なるほど、余ったらどうするの?」
 ユウリ 「・・・多くて困るもんでもないかなたぶん。」




さて本日は、レンダ週討伐から始めましょうか。
なるべくお城の周りで簡単に済ませる派なのですが、今回はちょっと遠くへ。

 ユウリ 「っていうほどの遠くでもないけど。」
 ゆきな 「石も馬車も飛竜もあるしね。」

20170220-2301_368576329
・・・そこ通りたいんですけど。

 ユウリ 「なんで座り込んでるんだ?」
 ゆきな 「疲れたんじゃないの。」

大好きなボストロさんですが、いまはちょっと相手していられません。
うまく横をすり抜けて・・・あ。

 ユウリ 「ぶつかっちゃったw」
 ゆきな 「何で嬉しそうなの。」

というわけで、”ローヌ樹林帯”へやってきました。
ターゲットはこちら。

20170220-2304_368577215
正面から見ると、変な顔です。

顔の半分くらいが口ですね。
まあ、横から見ても変ですけど。

ところで、今着ている服。
チームレベルが上がって、新しい服が着られるようになったのです。

 ユウリ 「あんまりチムクエ貢献してないんだけど。」
 ゆきな 「あんまりというか、全然だけど。」

”ゆうたん”は時々頑張っていたそうです。
ぼくももっと貢献しようっと・・・。
寝てばっかりではいけません。

なにはともあれ、新しい服です。

20170220-2325_368581365
すでにカラーリングも完了していました。

黒地に紫で、帽子も付いていますね。

 ゆきな 「カッコイイね。」
 ユウリ 「呼んだ?」
 ゆきな 「・・・。」

胸のところにある四角は、よくみるとエンブレムのようです。
芸が細かいですね。

ちょうどインしていた何人かで集まってみました。

20170220-2327_368581917
背の順で並ぶ。

男女の違いは裾の長さくらいでしょうか。
どの種族もそれぞれ似合っています。
(プクドワ未検証)

 ユウリ 「このままパレードできそうな感じ。」
 ゆきな 「楽器とか似合いそうだね。」

チムメンさんが、変なドレアはこれで隠そうって言っていました。
ぼくのドレアも半分くらい変なのですけど。

 ゆきな 「気持ち悪いのあるよね。」
 ユウリ 「そんなはっきりと・・・。」

あれかな。
パジャマとか妖精とか。


そういえば、もうじき切れるらしい”ぷれぜんとのじゅもん”があるようです。

 ゆきな 「もらってる?」
 ユウリ 「たぶんまだかな。」

いつ出たものかさっぱり気づきませんでしたが、もらっておきましょう。
しぐさ、”立って寝る”です。

さっそく使ってみましょうか。

20170221-2341_368694570
おお、寝た。

立って寝た。
そのまんまだ。

しかしなぜか、”見慣れた光景”のような気がしてならない・・・。

 ユウリ 「ああ、これ毎週”試練”で見てるやつだ。」
 ゆきな 「そだね。」

ワカメの前で、よく寝ていますね。
確率的に言うと、100%です。

 ユウリ 「連続で寝てたりするから、200%かもしれん。」
 ゆきな 「指輪付けたら?」

うん、あれは全然完成してないですし。

しかし、どんな顔して寝てるんだろうな。

20170221-2341_368693988
すぴー・・・。

普通に寝ていました。

 ゆきな 「美味しいミミズの夢でも見てるのかな。」
 ユウリ 「もっといいもの食べてます。」




おまけ

”バトンちゃん”が箱を持って立っていました。

20170220-2234_368569744
そういえば、花の名前言いましたね。

 ユウリ 「見て、箱から”ふくびき券”が50枚出てきた!」
 ゆきな 「お、50枚はいいね。」

わーい、さっそく福引きしてこよーっと。
ほらほら、小ビン埋蔵量、大UPだぜい。

 ゆきな 「いま”ゆうたん”とこにも”バトンちゃん”来てるんだけど。」
 ユウリ 「うん?」
 ゆきな 「”ふくびき券”、99枚入ってた。」

・・・。



ぽちっと50枚程度で喜んでいてはいけません。
   ↓
 
ドラゴンクエストX ブログランキングへ

さ迷う水の中

こんばんわ(^^)/ ユウリです。

海中を漂うようにゆっくり泳ぎながら海藻を食べる”マナティー”。
エネルギー消費量が非常に少ないので、6〜7分も潜っていられます。

 ユウリ 「心拍数を、自由に変えるという特技もある。」
 ゆきな 「ほう、心拍数を。」

通常は1分間に30〜40回の心拍数。
身に危険が迫ったときに、これを8回にまで抑えることができるのです。

 ゆきな 「少なくするのね。」
 ユウリ 「そう、そして長時間水中で生き延びられるようになる。」

脳など生きるために必要な器官だけに、酸素を送り込むのです。

 ユウリ 「あと、よく似ている”ジュゴン”とは、尻尾の形が違う。」
 ゆきな 「尻尾ってあんまり見ないような。」

”マナティー”の尻尾は、丸い形をしています。
”ジュゴン”はこれが、イルカのような三角形です。
口の形も、浮いている海藻を食べる”マナティー”は上向きになっていますね。




さて本日は、”水の領界”のクエをやってみましょう。
ようやくストーリーを終わらせたので、出来るようになったのです。

 ユウリ 「なんか色々集めてくるらしい。」
 ゆきな 「ほう、それまだやってないや。」

20170219-2255_368454695
色々あって、ワカメと対戦。

 ゆきな 「色々って。」
 ユウリ 「まあ主に水中をあっちに行ったりこっちに行ったりと。」

”水の領界”の地形が、全然把握できていないことに気づきました。
歩いてみると(飛び跳ねているんですが)、意外と広いですね。

 ユウリ 「ドルボード乗りたい。」
 ゆきな 「やっぱりあれ、マンタ?」
 ユウリ 「いやもう潜水艦的なハイテク装備でいい。」

古代超科学文明の遺産とか発掘されないでしょうか。
まあ、歩く範囲が広いので、受けたばかりの”領界討伐”もできますね。

20170219-2301_368456226
お、こいつも討伐対象だな。

赤く染まる溶岩地帯で、体色も赤く変化したのでしょうか。
こないだ”みずのはごろもレシピ”狩りでさんざん見たあれの亜種のようです。

しかし、数秒毎にくらう熱ダメージが煩わしいですね。

 ゆきな 「アイテムあったよね、たしか。」
 ユウリ 「トラマナなんとかってやつ?」

そういえば、持っていたような。
でも面倒なので、とっておきということで仕舞っておきましょう。

 ゆきな 「結局使わないパターンだ。」
 ユウリ 「で、そのうち邪魔になって売り飛ばすと。」


領界討伐を兼ねて、モンスターを倒しながら。
ウロウロと探し回って、ようやくそれらしい海域にたどり着いたような気がします。

 ユウリ 「しかし、微妙に広いな。」
 ゆきな 「入り組んでるしね。」

見通しが効かないというか。
そもそもどこを探したら良いのかわからないまま、歩き続けます。

実は若干、道に迷っていたりもします。

20170219-2317_368460241
あ、あそこ何か光ってる。

 ユウリ 「多分あれだな、けっこう遠そうだけど。」
 ゆきな 「・・・うーん、あれもしかして。」

とりあえず、向かってみましょう。
辺りには人っ子一人いません。
魚とクラゲが漂っているだけですね。

しかし、ようやく近くまで行ってみたら。

 ユウリ 「これ・・・ワープするやつだった。」
 ゆきな 「やっぱりね。」
 ユウリ 「ん?てことはあれか。ここまでワープで来れたってことか。」
 ゆきな 「うん。」

なんてこった。
わざわざ好き好んで海中ピクニックしちまったじゃないですか。

しかし、目的のアイテムはどこにあるのやら。
おそらく目印が光っているはず・・・と歩き回ります。

そして結局、間近まできてようやく見つけました。
というか、▼印が出たので気づいたのです。

20170219-2319_368460858
見えねーよ・・・。

よく見れば、ほんのりと光っています。
サンゴというか・・・草みたいな。

これえで一応、アイテムが揃ったのかな。
あれと・・・これと。
うん、大丈夫。

さあ、戻って報告・・・の前に、掃除しないといけなかったのですね。

20170219-2321_368461215
これを磨くらしい。

 ユウリ 「磨かなくても十分きれいだけど。」
 ゆきな 「掃除のしがいがある大きさだ。」

常に海水で洗っているような気もします。
これを磨くのが大好きな騎士団の団長がいるらしいです。

そしてようやく完了。
久々にやたらと移動距離が長かったです。
まあ、道に迷っていた時間も長かったですけど。


さて、ついでに領界討伐を進めておきましょうか。
盗賊なので、アイテムも盗みながら。

20170217-2337_368130629
”ワニバーン”さん。

デカいけどよく見ると可愛いと言えなくもないような気がします。

 ゆきな 「どこらへんが?」
 ユウリ 「えーと、犬みたいな鼻とか。」

あとは・・・。
犬みたいな足とか。
子犬のような丸っこい体型とか。

 ゆきな 「犬が可愛いだけだった。」
 ユウリ 「泳ぎ方も、犬かきみたいだよ。」

しかしこのワニ。
回転しながら突撃してくるんですが・・・。
毎回のようにふっ飛ばされます。

20170217-2338_368130654
そして、砂にめり込む。

だれか掘り出してください。





おまけ

結局このイベントコス、2回しか着なかったです。

20170214-2353_367788883
見納めのネコ姿。

 ユウリ 「しかし、何でネコだったんだろうね。」
 ゆきな 「さあ。」

最近のネコ押しの一貫でしょうか。
魚的にはわりと天敵のような気がしますけど。


ぽちっとどうしても上だけ着てるの納得いかんのでむしろ全裸のほうが・・・。
   ↓
 
ドラゴンクエストX ブログランキングへ
プロフィール

dqx_yuhri

Twitter プロフィール
ギャラリー
  • 立ち塞がる白と砂
  • 立ち塞がる白と砂
  • 立ち塞がる白と砂
  • 立ち塞がる白と砂
  • 立ち塞がる白と砂
  • 立ち塞がる白と砂
  • 立ち塞がる白と砂
  • 立ち塞がる白と砂
  • 疑わしきは・・・
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。 当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved
  • ライブドアブログ