DQX 鍛冶アドバイザー

ドラクエ10 の 鍛冶職人で稼げる情報をまとめています。

オフィシャルサイト : http://dqxadviser.info/
ツイッター : https://twitter.com/dqxadviser

弱いレグナード周回(補助壁役)用の

お手頃価格の重さ装備として、

現在、まほうよろいシリーズ

需要がアップしているようです。


実際に検証してみたところ、
防具鍛冶だけでも

時給30万G~50万G

金策になることがわかりました。

特に重さ45以上で錬金された
まほうのグリーブ」は高値で売れるため、
未錬金の大成功品であれば
ツボ職人がまとめ買いしてくれるようです。

レグナード周回(補助壁役)装備としては、
星3錬金が前提の需要となるため、

「いかに大成功率をアップできるか!」

・・ということが、この金策のポイントになります。

そこで、
現在最も利益率の高いまほうのグリーブ」で
威力変化特性を利用して、
ねらい打ちできる限りたくさん打てる手順
思考合成リスト(サンプル)を作成してみました。
思考合成リスト(まほうのグリーブ)


以下、この思考合成リストで作成した結果です。
まほうのグリーブ作成結果


今回使用した道具は、
集中力と会心率をできるだけ多く確保しつつ
ランニングコストを低く抑える目的で、
現在お手頃価格で入手可能な
光の鍛冶ハンマー星2」を使用しました。
※防具鍛冶職人LVは50です。

上記作成結果では、
大成功率9割となっていますが、
光の鍛冶ハンマーの恩恵の必殺が3回、
ノーマルの必殺が1回発生したため、
この手順の実質の大成功率
6~7割程度と思われます。


防具鍛冶アドバイザーをお持ちの方は

ぜひご活用ください。

また、ツボ職人をお持ちの方は、
重さ錬金の成功品を狙うことで

時給100万G以上の金策も

可能になると思います。



ドン・モグーラ戦の耐性装備需要で、
現在、防具鍛冶職人ランプ職人

とても稼ぎ安くなっています。


実際にこの金策を検証してみたところ、
防具鍛冶職人だけでも

時給200万G


ランプ職人と併用した場合は、

時給250万G以上

稼げることが確認できました。

ドン・モグーラの報酬である
大地の大竜玉」が
HPアクセ上位装備ということもあり、

このボスコインは、
当面、高値で推移すると思われます。
※2015/09/26現在 53万G

ボスコインが高額のため、
気軽に失敗できない!という心理が働き、
現在、耐性装備を購入するプレイヤ
急増しているようです。

防具鍛冶職人ランプ職人にとっては

大きく稼げる金策チャンスなので、

この機をお見逃しなく!


以降、今回検証した金策結果を
詳しくまとめていきます。



まず、
ドン・モグーラ戦で必須な耐性装備は、
 ◆転びガード(足)
 ◆混乱ガード(頭/体下)
 ◆幻惑ガード(頭/体下)
・・の3つあります。

転びGは足装備のみとなりますが、
混乱Gと幻惑Gは、
理性のリングダンディサングラス
50%以上カバーできるため、

頭装備と体下装備は、
混乱ガードと幻惑ガードを
50%以上ずつ付けた★2装備の方が

売れ安くなっています。


もちろん、
★3装備に耐性100%+αで良い効果がつけば、
数百万G単位へ売値が跳ね上がりますが、
ランプ錬金失敗の損失リスクも大きいため、
今のところ、リスクの少ない★2装備
まとめ買いするランプ職人が多いようです。

このため、
防具鍛冶や裁縫職人にとっては、

「★2でも大損せず

「★3で大きく稼げる」

・・という金策チャンスの相場
形成されているわけです。

もちろん、
低LV装備で安く済ませてしまう人もいますが、
現在の相場の売れ筋を見る限り、
セット装備にしているプレイヤで

同じ種類で買いそろえておきたい!

・・という需要が多くなっているようです。

まだボスコイン実装直後ということもあり
売れ筋の装備シリーズも、

前衛、中衛向けの
 ◆騎神凱歌シリーズ
 ◆獄獣黄竜 シリーズ
 ◆魔技師レイブン シリーズ
 ◆舞い手古代王族 シリーズ

後衛向けの
 ◆精霊王退魔聖賢者 シリーズ

・・という感じで
各種高LVの人気装備へ
需要が幅広く分散しています。

ランプ職人メインの方であれば、
各シリーズで満遍なく錬金した方が
リスクを分散しつつ稼げると思うのですが、

とりあえず今回は、
防具鍛冶職人+ランプ職人」で
最も稼ぎ安いという観点から、

(1)物理構成で需要の高い「戦士」
(2)魔法構成で需要の高い「パラ」
・・の2職で共通に装備できる
騎神シリーズ」と
凱歌シリーズ」の
「足装備」に絞って検証しました。

以下、2015/9/26現在の
原価と利益の計算結果です。

<足装備(転び100%)>
 ◆騎神のグリーブ原価 約32万G
  →★★未錬金 約28万G(利益 -4万G
   転びG100%で 約40万G(利益 +8万G
  →★★★未錬金 約64万G(利益 +32万G

 ◆凱歌のグリーブ原価 約28万G
  →★★未錬金 約34万G(利益 +6万G
   転び100%で 約59万G(利益 +31万G
  →★★★未錬金 約51万G(利益 +23万G

損失リスクだけで見ると
凱歌シリーズの方が有利なのですが、
バザーの回転率は、
騎神シリーズの方が圧倒的に高かったため、
金策検証の過程で
今回最も時給効率が良かったのは
騎神のグリーブ」となりました。


 


【騎神のグリーブの金策検証結果まとめ】




手順をじっくり考えながら
1時間あたり10個程度のペースでも、
 大成功5割で、時給100万G
 大成功6割で、時給150万G
 大成功7割で、時給200万G
・・・の利益になりました。

さらに、
別アカでランプ職人を使用して
★3は未錬金で即売りしつつ、
★2のみランプ錬金してから売ることで、
 大成功5割で、時給150万G以上
 大成功6割で、時給200万G以上
 大成功7割で、時給250万G以上
・・・の利益になります。

もちろん、
1つ3分以内で作れる上級者の方であれば

さらに、この時給が倍増します。


防具鍛冶職人が苦手な方のために、

今回大成功5割以上

コンスタントに出し安かった手順
鍛冶アドバイザー思考合成リストを作成してみました。

防具鍛冶アドバイザーをお持ちの方は、
「騎神のグリーブ」の思考合成リスト
直接入力してお試しください。

注1)思考合成リストを入力する前に
  事前に判定基準情報を最新版へアップデート(Alt+J)してください。


思考合成リスト(騎神のグリーブ)

この手順は、序盤の「みだれ打ち」と
中盤からの「戻りターン回避」で集中力を稼ぎつつ、
終盤ねらい打ちを多用していく手順の例となります。

この手順だけで打ったケースでは、
会心の出が良い周期8割以上いきますが、
会心の出が悪い周期の場合、
集中力不足で星1以下が連発して
5割未満になることもあります。

上級者の方は、自分の慣れた手順と合わせて
調整して頂いた方がより良い結果になると思われます。

また、騎神のグリーブと同じ
打ち戻しタイプの装備であれば、
同じ思考合成リスト手順で応用可能です。


なお、
今回の金策検証で使った道具の
光の鍛冶ハンマー ★3
光の錬金ランプ ★3
・・の2つは自作しています。

こちらも、
プレミアム版の特典で公開している
思考合成リストを利用することで

大成功が8~9割可能となりますので

道具鍛冶アドバイザーをお持ちの方は、
ぜひお試しください。

 


ちなみに、
現在のモグラ装備バブルは、当面続くと思われます。

なぜなら、
現状、モグラコインをガンガン回せるのは
資産の多いリッチプレイヤーのみで、
一般のプレイヤーが気軽に回せるようになるのは
モグラカードが入手できるようになる
10/1以降になるためです。

つまり、
10/1以降に今回のモグラ用耐性装備
本格的な需要が到来する可能性が高いため、
今は、素材を安く買い集めたり
装備を作りためしておくという
選択肢もありだと思います。

 

本日公開されたVer3.1前期 大型アップデートの情報で、

新たな素材とは?
・・というのがありました。

この

職人の皆さんは・・・

という表現が、
新武器や新防具(盾)に
ある程度汎用的に使用される素材
「新たな素材」に代わるという意味だとすると、

マデュライト」の代わりに、
この「新たな素材」が必要になる
・・という可能性が高いと思われます。

DQ8→DQ9 の流れで
DQXにまだ登場していない武器素材は
オリハルコン」なので、
仮に、
この新素材を「オリハルコン」であるとしましょう。

ようするに、
Ver2.1では、
マデュライトがレンダーシア大陸で新登場したように、

Ver3.1では、
炎の領界」に、このオリハルコン
新登場するという可能性があるわけです。


ところで、
みなさんは、Ver2.1(2014/2/27)の
レンダーシア大陸実装の際、
マデュライトバブル」があったのを覚えていますか?


現在マデュライトは、
ずいぶん安い素材になってしまいましたが、
Ver2.1実装直後の新武器の多くの素材に、
この「マデュライト」が大量に必要であったため、

当時は、1つ 2500G以上

飛ぶように売れまくっていました。

Ver2.1実装当時は、
レンダーシア大陸へ複数アカで乗り込んで
マデュライトマラソンをしているだけで、

1千万G以上稼いだ人が
たくさんいました。


そして、
今回のVer3.1でも新武器の登場に合わせて
「新たな素材」が必要ということから、

また「新素材バブル」になる可能性が考えられます。


つまり、
竜族の世界のどこかで手に入るオリハルコン
キラキラモンスターのドロップであった場合、
確実に大儲けできる超金策術になり得るのです。

しかし、本日時点の公式の発表では、
「炎の領界」で手に入る「新たな素材」
・・としか記載されていないため、

これが、
どこかのマップ
モンスターから入手できるのか、

あるいは竜族の村や街などで

販売されているものなのかが、

まだ不明です。

※ちなみに、DQ8では、オリハルコンは、
 パンドラボックスやメタルキングのドロップアイテムでした。


そして、もう1つ職人で稼ぎたい方

忘れてはならないことがあります。


それは、
Ver2.1以降に追加された武器や防具のレシピは、
全てレンダーシアのみの販売になっていたことから、

Ver3.1の新武器、新防具(盾)や、
もしかしたら新道具のレシピ
「炎の領界」でしか入手できない
・・という可能性があります。

Ver2.1実装当時は、
新武器のレシピをバザーで「ぼったくり価格」で転売して
荒稼ぎするプレイヤーがけっこういました。
※実は当時私もこれを買った口です・・(笑)

当時、
この新レシピのぼったくり転売だけで

数千万G以上稼いだ方もいたそうです。


つまり、
新武器や新道具(光シリーズ)金策で稼ぎたい場合、
ぼったくり価格のレシピ買うのが嫌な人は、
まず先に新ストーリー(炎の領界)
クリアしなければならないということになります。

そして、
新装備の職人メインで金策する場合、
自分で大量に素材を拾い集める(買い集める)のは

とても面倒なので、


特に、実装初日から
新武器で金策されたい方は、

オリハルコンが高騰する前に、

ある程度買い集めておく必要があります。

オリハルコンがバザーのみの素材か、
店買い可能な素材かにもよりますが、

職人メインで稼ぎたい方も、
早めにストーリー(炎の領域)は
進めておいた方が無難かもしれません。


そして、
早々にストーリー(炎の領域)を攻略できる方は、
オリハルコン新レシピのバザー転売だけでも、
実装から1週間ぐらいは
かなり効率良く稼げるチャンスが続くと思われます。

つまり職人メインの方も、
職人をされてない方も、
Ver3.1直後は、

超金策チャンスがあることになるので、

時間に余裕のある方は、
この機にガッポリ稼いでしまいましょう!!


それと、
今回の金策情報は、まだ予測段階にすぎませんが、
新武器の素材で
「マデュライトオリハルコン」が確定した場合、
マデュライト相場が暴落する可能性も考えられるため、

転売目的で事前大量購入された方は、
損をしない程度に
早めに処分した方がよいかもしれません!



今回は、

短期間で億単位の

金策ができる可能性が高い

超金策チャンス」のお話です。


本気で億万長者を目指している方は、

この機をお見逃しなく!


3.1前期の大型アップデートでは、
Ver1.4の奇跡シリーズ以来、
約2年ぶりとなる職人道具の新レシピ
「光シリーズ」の各種道具が実装されます。

光シリーズ

公式情報の公開画像を見る限り、
最大集中力数が、
奇跡シリーズよりも+5多いことから
「奇跡シリーズ」の上位版となるようです。

ただし、
「光シリーズ」の効果が
「奇跡シリーズ」より
圧倒的有利になってしまうと、
バザー市場への悪影響も大きいため、
単純な上位仕様にはならないと考えています。

既存の奇跡シリーズを生かしつつ
市場のバランスをできるだけ崩さないように
実装されると仮定した場合、

トゲトゲルアー」と
天使のルアー」の関係のように、
使い勝手が「プレイヤーの好み」で別れるような
特性になる可能性が高いと想定されます。


◆「トゲトゲルアー」

 食いつき度UPの効果は、
 たましか発生しないが
 発生するとかなり強力な効果。

◆「天使のルアー」

 天使の回復効果は、
 毎回安定して発生するかわりに、
 トゲトゲルアーほど強力な効果ではない。

仮に、
この2つのルアーのような好みの系統
使い勝手を分けるとすれば、

「奇跡の効果 集中力+30」が、
たまにしか発生しない代わりに、
絶大な効果であることに対して、

「光の効果」は、
毎回安定して利用できるかわりに
「奇跡の効果ほど強力ではない」
・・という位置づけになると思われます。

例えば、
光の宝珠」のように、
既存スキル時間延長効果アップ的な
なんらかの効果向上が常時発生するタイプです。


職人好きなプレイヤーにとっては
実際にどんな効果になるのか
今から楽しみな方も多いと思いますが、

3.1前期まで、
まだだいぶ時間があるため、
光の効果の方向性について想定しつつ、
金策としての需要も考えてみました。


(1)特定ターンで集中力消費なし

 <効果>
  例えば、初手のみ集中力消費なし・・等
  奇跡シリーズの「集中力増量」に対して、
  「集中力節約」で対抗させるケースの効果。

 <考察>
  終盤でねらいができるように
  集中力の余力を残す手順を考えるという意味では、
  どちらも変わりませんが、
  「増量」と「節約」という対比は
  効果の違いとしては、とてもわかりやすく
  これが一番「使い勝手で好みが別れやすい」
  特性になると思われます。
 <需要予測>
  奇跡シリーズ同様、★3のみが高値になりやすい。


(2)通常とくぎの会心発生率がUPする

 <効果>
  例えば、3倍打ちや4連打ち等の
  中盤までの使用頻度が高い
  通常とくぎ限定で会心発生率がUPする効果。
 <考察>
  序盤~中盤までの余計な会心発生は、
  手順が複雑になって困るケースもありますが、
  臨機応変に手順を組み立てることが好きな
  職人プレイヤにとっては
  終盤の手順でチャンスが増える楽しみがあります。
  中級LV以上のレシピでは、
  これを好むプレイヤも多くなると思われます。
 <需要予測>
  奇跡シリーズと需要を済み分けつつも、
  光シリーズの★3の方が高値で売れ安くなる。


(3)レシピの特性効果が増減する

 <効果>
  例えば、
   威力2倍→威力4倍
   威力半減→威力1/4
   集中力消費1.5倍で会心UP→集中力消費3倍で会心UP倍増
   集中力半減→集中力1/4
   打ち戻し→戻り幅2倍
  ・・・といった感じに
  レシピの特性が増減する効果。
 <考察>
  手順次第では、
  集中力を大幅に節約して大成功率がUPできそうですが、
  手順を1つ間違えただけで、
  普通に打つよりもむしろ不利になってしまう
  ハイリスクハイリターンな
  ギャンブル性の高い効果です。
  また、今まで使っていた
  定石的な手順も大きく変わってしまうため、
  中級者ぐらいまでは、
  激しく好みが分かれそうな特性です。
 <需要予測>
  奇跡シリーズよりも、
  光シリーズの方が需要が高まる可能性大。


(4)基準値をOverしたらキャンセルできる

 <効果>
  基準値をOverしても
  元に戻る(集中力は消費)という効果。
 <考察>
  基準値超えを気にせず
  何度もねらいとくぎ可能となるため、
  集中力に余裕のあるレシピなら
  かなり大成功率がUPすると思われます。
  ただし、成功率上昇と集中力浪費が比例するため、
  高LVアイテムの作成では、
  今までよりも緻密な集中力余力計算が必要となります。
  「はみ出し」のリスクがなくなる分、
  「集中力不足」が著しく増加するという
  もろ刃の剣的な効果です。
  安定思考の人は、むしろ好まないかもしれません。
 <需要予測>
  大成功品は奇跡シリーズの方が需要が高く、
  量産目的の★2以下では、
  光シリーズの方が需要が高くなる可能性大。


あとは、奇跡シリーズ同様、
たまに発生するかわりに強力な効果」の
別ケースで良効果なものも想定してみました。


(5)たまに集中力消費なし

 <効果>
  ランダムでたまに集中力が消費されない効果。
 <考察>
  「ねらいとくぎ」で発生すれば
  かなり有効になりそうですが、
  そもそも、ねらえる機会自体が少ないことと、
  事前に効果を考慮して手順を考えることができないため、
  発生すればラッキーといった特性です。
  ただし、
  奇跡シリーズの+30以上の集中力節約の可能性があるなら
  光シリーズの方が有利と判断される可能性大です。
 <需要予測>
  奇跡シリーズと同等の需要が見込める。
  大成功品に限らず★2以下でもそこそこの需要が見込める。


(6)たまに素材を消費しない

 <効果>
  鍛冶錬金の白点滅や、
  リーネのラッキー合成のような、
  たまに「素材消費なし」になるという効果。
 <考察>
  これは職人のレベルを問わず、
  1つの材料費で2つのアイテムが作成できるチャンスがあるため、
  金策効果としては単純でわかりやすい良効果になると思います。
  本気で大成功を狙いたいときは「奇跡シリーズ」、
  量産目的であれば「光シリーズ」
  ・・といった住み分けがしやすくなります。
 <需要予測>
  奇跡シリーズと同等の需要が見込める。
  大成功品に限らず★2以下でもそこそこの需要が見込める。


以上、光シリーズの実装効果によっては、
 「★3だけが超高値になりやすい」
 「★2以下でもそこそこ高値で売れ安い」
・・といった需要の相違による売れ行きが
変わってくると思われます。

ただし、
3.1前期大型アップデートでは、

新武器新防具(盾)も登場し、


武器、防具、ランプ、ツボ、裁縫、木工、調理、
全種類の各職人プレイヤーが、

光シリーズで試してみたい!

・・という衝動に駆られるはずですから、

「光シリーズ」の特性がどうあれ、
3.1前期実装直後からしばらくは
光シリーズの道具が飛ぶように売れると思われます。

光シリーズの道具レシピは、

 ◆光のさいほう針
 ◆光の木工刀
 ◆光の鍛冶ハンマー
 ◆光の錬金ランプ
 ◆光の錬金ツボ
 ◆光のフライパン

・・の6種類あり、

小バージョン」も同時に実装された場合は、

 ◆光のさいほう針小
 ◆光の木工刀小
 ◆光の鍛冶ハンマー小
 ◆光の錬金ランプ小
 ◆光の錬金ツボ小
 ◆光のフライパン小

・・の合計12種類となるはずです。

特に今回は、

新武器実装と同じタイミングのため、

 ◆光の鍛冶ハンマー
 ◆光の木工刀
 ◆光の錬金ツボ

・・の3種類は、

大成功1本で50万G以上

もしかしたら

100万Gぐらい稼げる可能性大です。


また、
それ以外の光シリーズでも
とりあえず使ってみようというプレイヤが
たくさん押し寄せると思いますので、
当面は、★2や★1程度でも

飛ぶように売れ続けると思われます。


もし、実装当日から
光シリーズを量産し続けた場合、
数日間の売上だけでも

数千万G以上

うまくいけば億単位

稼げてしまう可能性大

です。

つまり、
道具鍛冶職人」にとっては、

一攫千金超金策チャンス

・・になることは、間違いありません!


現時点で、
道具鍛冶職人をされてない方も、
8/24まで、まだ3週間あるので、
今から「道具鍛冶職人」を育成しても、

この「超金策チャンス」に

十分間に合います!


また、
所持金に余裕のある方は、
超元気+調理で「いっぱつしあげ」を利用すれば
数時間程度で道具鍛冶職人LV50まで育成可能です。

この道具鍛冶バブル」に

便乗できれば、

職人育成にかかった費用も、
十分元が取れると思いますので、

職人キャラ枠に余裕のある方は、
この機会に道具鍛冶職人を

チャレンジされてみてはいかがでしょうか?


鍛冶の手順を考えるのが苦手という方も、

鍛冶アドバイザーを使えば

誰でも簡単に作成できます。



一時、4,000G付近まで高騰した「汗と涙の結晶」ですが、
その後、2,500Gぐらいまで下降して安定したようです。

しかし、
前回ご紹介したライン工バブルは、
その後も継続&加速し続けており、

現在、ライン工商材で稼げる装備は、
以下のように以前よりもさらに増加しています。

◆防具鍛冶
 まほうの盾 原価(2,560G)、★1(+440)、★2(+4,500)★3(+18,000G)
 シルバートレイ 原価(828G)★1(-150★2(+2,600)★3(+12,000G)
 ふうまの盾 原価(5,097G)★1(-2,000★2(+1,600)★3(+21,000G)

◆武器鍛冶
 よるのパピヨン 原価(3,208G)★1(-2,800G★2(+2,200G)★3(+15,000)
 ぎんの短剣     原価(952G)★1(-500G★2(+1,700G)★3(+12,000)
 ぎんのレイピア 原価(952G)★1(-50G★2(+2,100G)★3(+8,000)
 シルバークロー 原価(952G)★1(-420G★2(+1,700G)★3(+9,300)

現在、上記装備はいずれも
★2以上でそこそこの黒字な上、
バザーへ出品すると面白いようにすぐ売れていきます。

3.0前期がスタートして、
すでに1カ月以上経過していますが、
このライン工バブル状態
いったい、どこまで加速していくのでしょうか?

・・・ということで、

今回は、3.0後期以後も含めた
DQXの市場経済の推移予測をしつつ、
当面の理想的な金策方針について
考えてみたいと思います。

まず現状認識ですが、
ここ半年ほどでDQX運営が緩和し続けてきた
様々な金策手段により、
お金を稼ぎやすくなったプレイヤーが急増したことで、
バザー全体の消費率が劇的に上昇しました。

これによって、逆にゴールドの価値は下がり
素材全体の物価が上昇しています。

素材が高くなっているのですから、
職人が作る装備品も値上がって当然なわけです。

つまり、
現在のDQX経済は、

インフレなのです。

そのうえ、今年に入ってから著しく強化された
運営サイドのbot対策によって

安価で継続的な素材供給
 今後、期待できないかもしれない!」

・・という市場心理が働き、

これが、金策緩和によるインフレ
さらに加速させている要因になっている思われます。


昔、オイルショックがもたらした

「狂乱物価」のインフレ経済

似ているかもしれません。

つまり、
コスト・プッシュ・インフレ」と
ディマンド・プル・インフレ」が
現在、同時に発生している状態のため、

DQX経済の現状は、

ハイパーインフレ状態」になりつつあるのです。


運営サイドは、金策緩和でばらまいたゴールド
回収しきれなくなりつつあるため、

このまま何も対策しなければ、
現状のインフレは、さらに加速し続け、
「ゴールド」が「ジンバブエ・ドル」のように
無価値なってしまうかもしれません・・・。

が、しかし!

DQXの優秀な運営陣がこの状況を
いつまでも放置しておくはずがありません!

そして、
先日のDQXTVで満を持して発表された
アストルティア ハッピーくじ」が、
インフレ対策の第一弾となりそうです。

これ、よく見ると、
リアルの「ジャンボ宝くじ」と
ほぼ同じ仕組みになってますね。(笑

そもそも「宝くじ」というシステムは、
日本の戦後のインフレ対策の一環として
政府が実施した金融政策の1つでもありました。

では早速、
この「アストルティアハッピーくじ」の
回収率を計算してみましょう!

【賞金の種類】

 特賞     6億G    1本
 特賞町違い 5千万G  1本(×町数分-1)
 1等(6ケタ) 1億G    1本(×町数分)
 2等(5ケタ) 1千万G  10本(×町数分)
 3等(4ケタ) 150万G  100本(×町数分)


【賞金総額(街総数=10)

 特賞    6億G
 特賞町違い 4億5千万G
 1等(6ケタ) 10億G
 2等(5ケタ) 10億G
 3等(4ケタ) 15億G
-----------
    合計 45億5千万


【くじ代金総額と回収率】

 1枚=1000G
 1街分=10億G(1000G×100万枚)
 10街分=100億G
 運営回収額=54.5億G
 回収率=54.5%


ハッピーくじが全部売りきれたら、
運営側は、1回の開催あたりに
約54億Gの回収が可能です。

DQXTVでは季節毎に開催するとのことでしたので、
年4回やるとしたら、
総額218億Gの回収になります。

これに、賞金の45億5千万の5%も
バザー手数料で回収できると見込んだ場合、
合計で約220億Gが回収できる見込みになります。

1キャラ10枚までの限定販売とのことなので、
毎回全て売り切れるとは限りませんが、
現在放出中の金策総額が、
 ◆平均時給:10万G
 ◆平均プレイ時間:3時間
 ◆平均アクティブ数:16万人
・・・と仮定したら、
総額、約1兆4千億Gになるので、

ハッピーくじの運用だけで、
全体資産の1.5%~1.6%ぐらい
回収できる見込みになります。

プレイヤー1人当たりにしてみたら
たいした額ではありませんが、
DQX内の消費税が1.5%上がると考えた場合、

市場の消費者心理の引き下げには
十分な効果が見込めると思います。

リアルの金融市場でもそうですが、
消費者心理のアップダウンは、
実際の効果以上の大影響があるものです。


さて、
ここからが本題となります!


DQX市場の消費者心理が下がるということは、
簡単に言えば、
バザーで買い物をする人が減り
素材や装備が
今よりも売れにくくなるということです。

つまり、今のライン工バブル
歯止めがかかる可能性大ということですね。

そして、ハッピーくじの運用が開始されると
インフレが抑止された分だけ、
ゴールドの価値が上がることになります。

・・ということは、
ライン工バブルはじける前に、
職人でどんどん作って
どんどん稼ぎまくるのが得策です!

そして、
ハッピーくじがスタートしたら、
素材の価値が低下して、
ゴールドの価値が上がり始めるので、
できるだけ自己資産をゴールドに換金して、
資産をお金で管理しておきましょう。

ライン工職人でこんなに稼ぎまくれるのは、
きっと、バザー市場が活性化している
インフレのときだけです。

また、
インフレ←→デフレの転換期をうまく利用すると
それだけでもかなりの資産形成が可能と思います。

こうしていろいろ考えてみると、
DQXの市場形成の仕組みは、

まるで現実のそれのよう

よくできていると思います。

たぶん、
DQXの中で資産運用の上手な方は、
現実世界でもお金持ちになれる可能性大かも
・・・と、ふと思ってしまう、今日この頃です。(笑


3.0が実装されて約2週間、
汗と涙の結晶 が
ついに、3,700G付近まで上昇してきました。

高LV装備の需要は、
だいぶ落ちついてきたと思うのですが、
汗と涙の結晶は、
未だ下がる気配もなく、高騰を続けています。

このままいくと、
4,000ゴールド超えもありそうな勢いです。

この影響もあってか、
結晶を大量に消費する素材装備には
手を出しにくくなっている反面、

現在、ライン工商材
驚くほど稼げています。

おそらく、
結晶金策を意識するプレイヤーが増加して、
需要が拡大しているものと思われます。

ライン工商材の定番装備は、
元々いくつかあるのですが、
例えば鍛冶で見てみると、

現在以下の2種類が突出して
高回転で稼げています。


装備名種類原価★1利益★2利益★3利益
まほうの盾防具鍛冶2,530G+2,960G+4,110G+17,404G
よるのパピヨン武器鍛冶3,208G-1,033G+1,437G+18,800G
※2015/05/15 時点の相場です。

また、ライン工商材では大量生産が基本となるため、
ランニングコストの安い銀シリーズ
道具鍛冶アイテムも売れ安くなっています。

◆道具鍛冶
 銀の鍛冶ハンマー
 銀の錬金ランプ
 銀の錬金ツボ
 銀のさいほう針
 銀の木工刀

ただし、まだ職人LVが低めの方は、
集中力不足を補う必要があるため、
銀シリーズより多少上位の
道具を使用した方が良いかもしれません。

銀シリーズは
いずれも★2以上の成功率が高い商材のため、
作れば作るだけ確実に儲かります

本日時点では、
特に、まほうの盾 の利益率が高くなっているようです。

これらの装備が、
現在、どれくらい高回転で売れているかというと、

メギストリスで販売されている
高額報酬の日替わり討伐と同じぐらい
回転率はあると思います。

このような状況のときは、
短時間でより早く売りさばこうと
最安値で出すプレイヤーも多いため、
バザーの売値は乱高下を繰り返します。

しかし、
せっかくの高回転相場なのですから、
安値で売りさばいてしまうのは、もったいないです。

そこで、以下に高回転相場で、
できるだけ高くたくさん売りさばけるコツについて
まとめてみましたので、ぜひご活用ください。


【高回転相場で高く売りさばくコツ】

ドラクエのバザーでは
よく「最安値-1G」で売りに出す人が多いのですが、
高回転で売れている商品の場合、
まとめ売りする人も多いため、

安値出品が大量にいると
たくさん購入したい人がわざと少し待って
ある程度値下がりが安定したところ
まとめ買いするという傾向があります。

こんな相場のときは、
例えば、
 最安値:5000
 2番値:5100
・・・だったとしたら、

2番目に安くなる値段で、
かつ、最安値の値段寄りにして
5040あたりで挿入売りします。

たくさん売りに出したい場合は、
 最安値:5000
  →3つ目の挿入売り:5038
  →2つ目の挿入売り:5039
  →1つ目の挿入売り:5040
 2番値:5100
・・・といった感じで、

後から売りに出したアイテムが
常に2番目になるように値を付けていきます。

もし、途中で最安値を出す人がいたら、
最安値:4900
 →ここに新たに挿入売り:4940
2番値:5000
・・・という感じで常に2番目になるように
価格を割り込ませていきます。

既に売りに出してしまった商品は
そのままの値段でかまいません。

高回転相場では、
どうせ少し待てば全部売れてしまうのですから・・。

この売り方は、
私も普段よく使っている方法なのですが、
意外なことに、1番安い装備は売れ残っているのに
2番目や3番目に安値のアイテム
先に売れていくという不思議な現象がよく発生します。

この理由は、装備に限らず、
高回転で売れているアイテムというのは
最安値がすぐに売れてしまって
「買えないストレス」を回避するために
最初から2番目を3番目を購入する人が多いためです。


つまり、
高回転相場のときは、一番安値で出すよりも
2番目以降の安値で出し続ける方が、
実は早くたくさん売りさばくことができるのです。

もし途中で最安値のアイテムが買われてしまったときは、
以下のように、
あえて目立つ最安値
おとりとして1つ売りに出しておいてから、
また同様に2番値出品を繰り返します。

<2番値出品中>
最安値:4900
 →ここに出品中:4939
 →ここに出品中:4940
2番値:5000
  ↓
最安値:4900が売れてしまった
 →出品済み:4939
 →出品済み:4940
2番値:5000
  ↓
最安値:4900最安値を先に売り出す
 →ここから挿入売りを続ける:4938
 →出品済み:4939
 →出品済み:4940
2番値:5000

このような方法であれば、
安売り合戦による値崩れ
相場の乱高下をできるだけ誘発させず
よりたくさんのアイテムを
短時間で売りさばくことが可能になるので、
一度お試しください。

なお、ライン工商材が
こんなに高回転で稼げる時期
めったにありません!

結晶価格が下がり始めたら
需要も比例して下がる可能性が高いため、
今の高回転の売れ行き
低下してしまうと思われます。

また、現在、結晶価格が高騰しすぎているため、
DQX運営サイドでなんらかの
対策をしてくる可能性も考えられます。

そうなれば、ライン工バブル
あっというまに「はじけてしまう」可能性もあるため、
早め参入した方が有利と思います。

まだ、鍛冶職人を始めたばかりの方も、
少し上位の鍛冶ハンマーを使えば
この金策チャンスに便乗可能です。

どんどん作って、
どんどん売って
今のうちに、鍛冶資金をたくさん稼いでおきましょう!

各種鍛冶アドバイザーの判定基準情報も、
この売れ筋装備に合わせて
より成功しやすいように調整してみました。

鍛冶アドバイザーをお使いの方は、
最新版にアップデートしてご活用ください。

鍛冶アドバイザーの手順だけで作成しても、
★2以上を安定的に大量生産しつつ、
★3も2~3割ぐらい作れますので
鍛冶が苦手という方でも安心です。

また、銀シリーズのような「威力変化型」は、
2倍や半減ターンの「ねらいうち」上手に活用することで
大成功率がかなり上昇します。

すでに自分なりの成功手順を確立されている方は、
「思考合成」機能を、是非ご活用ください。


もちろん、
ランプやツボ職人をお持ちの方は、
一番安い初級錬金効果をつけてから売ると、
さらに稼ぎ安くなるのでおすすめです。



以下は、現状の武器鍛冶
売れ筋 利益率ランキングです。
武器鍛冶 利益率ランキング
※2015/05/04時点、出品100以上の相場

上記一覧を見て頂くとわかると思いますが、
★★以上で利益の出ている武器鍛冶の大半
低・中LVの短剣で占められています。

もちろん、
これは踊り子実装の影響が大きいと思います。

踊り子の武器は、
短剣、扇、スティックの3種を装備できますが、

現状、特技の効果が左手にも乗るスキル(実質2倍効果)は
「短剣」が最も多いため、
とりあえず短剣の二刀流装備で
試されている方が多いものと推察できます。

現在、短剣の特技で2倍効果になるものは
以下4つあります。
 ◆スリープダガー:眠り
 ヴァイパーファング:
 カオスエッジ:混乱&マヒ
 ナイトメアファング:猛毒&眠り

また、達人のオーブでは、
特定の特技効果を大幅にアップできるため、

「特技2倍+達人のオーブ効果」を合わせると
異常耐性100%でない敵であれば、
ほぼ確実に状態異常が成功する可能性が高くなります。

武器特技も、達人のオーブ効果も
現在、検証をされている方が
たくさんいらっしゃると思いますが、

特技効果や達人のオーブの検証結果が出そろい、
最終的に踊り子に有利な武器を決定する時期になると、
良い錬金効果のついたLV80武器
購入する方が増えると思います。

ただし、
現在「汗の涙の結晶」が
3,000G近くまで暴騰しているため、

結晶金策もかねた、低・中LVの短剣需要
当面は、続くと思われます。
http://ameblo.jp/dqxadviser/entry-12015093212.html

武器鍛冶職人の方は
今のうちのガッポリ稼いでおきましょう!

武器作成に自身のない方でも、
武器鍛冶アドバイザーを使えば
★2以上量産が可能です。


あとは、
メタスラボスコインの実装により
メタルウイング」も高騰しているため、
こちらの金策もおすすめです!


ツボ職人をお持ちの方は、
 ◆短剣→攻撃力
 ◆メタルウイング→会心UP
・・の効果を付けてから売るとさらに稼げます
http://ameblo.jp/dqxadviser/entry-11993641452.html



2.4後期以後、
汗と涙の結晶が2000G超まで高騰しました。

2015/04/16現在、少し下がっていますが、
2週間後の3.0実装以後は、新装備も登場するため、
汗と涙の結晶は、今回以上に高騰する可能性があります。

そこで、現在のバザー市場で
最も高時給となる「結晶金策」の条件について
調査&まとめてみました。


結晶金策と聞くと、

「手間の割に儲からないのでは?」

「botや業者しかやってないのでは?」

・・と思われている方が、
意外と多いのではないでしょうか?

そもそも、汗と涙の結晶が導入された経緯は、
購入した装備のリサイクル的な目的であったため、

「多少でも元が取れればOK!」

「金策手段としては美味しくない!」

・・という先入観を持ってしまう人が多いのも
仕方ないと思います。

たしかに、汗と涙の結晶が安値のときは、
高時給は期待できませんでした。

しかし、
汗と涙の結晶が1500Gを超えてくると、
かなり有望な金策となり得るのです。

また、結晶金策向きの装備は、
バザーの回転率も早いため、
現在、職人メインで稼いでいる人も
結晶金策で稼げる条件(種類と相場)は、
常に把握しておいた方が有利になります。


実際に、
今まで「金策手段」として
意識していなかったプレイヤーが
「結晶金策」にチャレンジしようとすると、

「どの装備が効率良いの?」

「どの職業が効率良いの?」

「どの敵が効率良いの?」

・・といった疑問が出てくると思います。

そして、
最初におすすめの武器や装備を検索しようすると、
これが、なかなか難航します。

なぜなら、
DQXの相場検索の条件では、
装備毎の結晶個数
結晶1当たり原価を絞り込んで
検索することができないためです。

また、現在公開されている
各種データーベースや検索サイトでも
この「結晶の原価」を検索条件にできないため、
結局、自分で1つずつ装備の原価や
錬金済みの価格を調べて
計算をしてみないとわからないのです。

そして、
この結晶の原価計算は、

かなり面倒です。

「冒険者ツールに実装されないかなぁ~」

「どこかの検索サイトでやってくれないかなぁ~」

・・・なんて思ったことのあるプレイヤーも
少なくないのではないでしょうか。


今このブログを読んでいる方の中には、
「結晶金策」で検索して来られた方も
いらっしゃると思いますので、

まずは、
どういう基準で結晶装備を決定するべきかあたりから、
順を追って説明していきたいと思います。



1.結晶を取り出せる個数とLVは?

汗と涙の結晶を取り出せる個数は、
装備LV錬金数によって決まっています。

また、「使いこみ度」の上昇率は、
装備の部位ごとに決まっています。

↓こちらのサイトが、とても分かり安いです。
http://bazaar.d-quest-10.com/list/sp_crystal/popular_1.html

結晶金策情報をまとめているサイトでは、
よく LV21~LV42装備の効率良いと紹介していますが、
時給効率でつきつめていくと、

「LV42装備が一番良い!」

・・・という結論にたどり着きます。

この主な理由は、以下3つあります。

(1)LV42を超えると原価が高い

 相場情報サイトで調べて頂くとわかると思いますが、
 DQXの武器や装備は
 LV42を超えると、原価が極端に跳ね上がります。
 このため結晶装備として使えるのは、
 LV42までの装備に限定したほうが無難です。

(2)装備LVが高いほど結晶数は多い

 一度に取り出せる結晶数は、
 LVが高いほど多くなります。
 LV42装備は、LV21と比べて2倍になります。

(3)使いこみ度100迄の戦闘回数は同じ

 使いこみ度を上げるためには、
 自分のLVと同格以上の敵を倒す必要がありますが、
 使いこみ度を100にするための戦闘回数は
 LV21でもLV42でも同じであるため、
 一度にたくさん取り出せる
 LV42の方がおすすめとなります。


また、戦闘にかかる時間ですが、
今自分のLVが21以下だったとすれば、
敵も弱くて済むので、
LV42以上の回転率で同格の敵をサクサク狩れます。

まだ始めたばかりの初心者であれば、
LV21装備で結晶金策するのも良いと思います。

しかし、LV21の敵の殲滅速度が速いと言っても、
LV42の敵の殲滅速度と比べて
2倍にはとうてい追いつきません

LV42の1時間あたりの殲滅速度が200匹とすると、
LV21では、せいぜい250~300匹程度です。

また、
結晶金策している間にも
LVはどんどん上がってしまうため、
次の同格モンスターを探して周る手間を考えると
さっさとLV50まで上げて
特訓モードに切り替えてから
LV50同格相当の同じ敵を
延々と狩り続ける方が
実際の時給効率は高くなります。
http://www.d-quest-10.com/list/bp_2/hp_1.html


つまり、効率良く結晶金策するためには、
少なくとも1つの職業をLV50でストップしておき
これを結晶金策専用キャラとしておく必要があります。

しかし、
メインキャラなら例え1職業だけであっても
LV50で止めておくというのは嫌でしょうから、
結晶金策専用の「サブキャラ」
作成しておく方法がおすすめとなります。

では、
 「どの職業が良いのか?」
・・となるわけですが、

これは、
 「どの武器と装備が良いのか?」
・・が判明すれば、おのずと決まります。



2.装備と職業は?

まず、装備LV42で、
最も原価の安い各種装備と錬金効果
一覧にまとめて調べてみました。


※2015/04/16 時点の素材相場に基づく原価となります。

この一覧を見て頂くわかると思いますが、

武器は、
 前衛職なら、オノ
 後衛職なら、両手杖
・・の2択です。

防具は、
「きじゅつし」
「くろがね」
・・の2択です。

この武器と防具から、
使える職業も、おのずと決定します。

前衛職は、まものつかい
後衛職は、魔法使い
・・の2択となりました。



3.できのよさと錬金数は?

次に、
時給換算で実際にどれくらい稼げるのか
「できのよさ&錬金数」別にまとめてみました。


※1時間あたりの戦闘回数は、200回で計算しています。
※1時間あたりの消費装備数は、7.5個で計算しています。



装備の「できのよさ」から原価効率を比較すると、
 ★は、マイナス
 ★★は、トントンか若干のプラス
 ★★★で、大幅プラス
・・となりました。

つまり、結晶金策を成り立たせるためには、
「★★★装備」で「錬金+3」が必須条件となります。


また、利益率を上げるためには、
自力で結晶装備を準備する前提となるため、

まものつかい(前衛職)メインの構成なら、
 武器鍛冶
 防具鍛冶
 ランプ錬金
 ツボ錬金

魔法使い(後衛職)メインの構成なら、
 木工
 裁縫
 ランプ錬金
 ツボ錬金

・・・の各職人キャラが必要になります。

つまり、
結晶金策するためには、
職人が最低4つ必要となるため、
1アカの5キャラ契約か、
2アカ以上が必須となります。

そして、
大成功品(★★★)を作れるスキルも必要です。

必要な職人は全てLVMAXにしておくことが理想ですが、
最低でも、
目的の装備作成や錬金ができるLVより+5ぐらいまでは
職人LVを上げておきましょう。

もちろん、職人LVMAXであっても
100%大成功を作り続けることは無理なので、
結晶金策が目的の場合は、
★★以下は、原価が回収できる程度の安値
早々に投げ売り処分してしまいましょう。

不人気の装備品でも、
原価以下で売りに出すと
薄利多売目的のランプやツボ職人が
まとめ買いしてくれることがあります。

LV42装備程度の難易度であれば、
慣れてくると大成功率5割以上
目指せるようになると思います。

もし、処分品がスタックして困ったときは、
最悪、結晶化して元を取ることも可能です。

ただし、
ここで星1以下ができてしまうと
投げ売りでも結晶化でも
原価割れしてしまいます。

原価割れが発生した分は、
当然、結晶金策の利益率にも影響するため、
最低でも星2以上が作れるように
各職人のプレイヤスキルを上げるなり、
ツールを準備するなりして、
万全の態勢を整えておきましょう。




4.実際の時給効率は?

ここまで条件が絞り込めると
職業別に詳細な時給計算ができます。



この一覧を見て頂くとわかると思いますが、
装備と錬金を自力でやる前提の場合、

◆汗と涙の結晶時価1600G=時給 約9万G
◆汗と涙の結晶時価2000G=時給 約16万G

これが1キャラ分なので、

2アカなら
◆汗と涙の結晶時価1600G=時給 約18万G
◆汗と涙の結晶時価2000G=時給 約32万G

3アカなら
◆汗と涙の結晶時価1600G=時給 約27万G
◆汗と涙の結晶時価2000G=時給 約48万G

・・・となります。

汗と涙の結晶の時価が
1600G(2015/04/16時点)なら、
強戦士めぐりでオーブを集めるより
時給効率は上になります。

1700G以上になってくると、
妖精の綿花集めより
時給効率が高くなります。

また、
LV50で結晶金策可能な敵は
「敵せん滅用1キャラ+残りは金魚のフン状態
何もしなくてもサクサクこなせる敵も多いため、
複数アカ持ちの人ほど、
楽して時給効率をアップできます。
http://www.d-quest-10.com/list/bp_2/hp_1.html

パーティ構成は、
魔法使いだと、MP消費で利益効率が落ちるため、
少なくとも1人は
「オノまも」を入れた方がよいと思います。

また、長時間の戦闘を考慮して、
回復役も最低1人は入れておいたほうが安全です。

結晶装備対象が3アカの場合は、
「オノまも×3 +サポ僧侶 or バイキホイミン」
「オノまも+魔魔 +サポ僧侶」
・・で、結晶装備キャラ3+僧侶構成が
利益効率的にはベストと思います。

結晶装備キャラ枠が2アカ以下のときは
僧侶以外に、できるだけMP消費が低くて
攻撃力の高いLV85サポを連れていくと良いです。

2アカなら、
「オノまも×2+せん滅用前衛サポ+サポ僧侶」
「魔魔+せん滅用前衛サポ+サポ僧侶」


1アカなら
「オノまも+せん滅用前衛サポ×2+サポ僧侶」
「魔+せん滅用前衛サポ×2+サポ僧侶」

・・・といった感じです。

結晶化対象の職業以外は、
LV85でも問題ないため、
助っ人として連れていくサポは
できるだけ せん滅力が高くMP消費効率の良い
武道家やバトなどがおすすめと思います。

また、
結晶装備対象がオノメインのPT構成なら、
アタマ装備を「くろがねのはちがね」にすれば
戦士レンの選択肢もありです。

ただし、
「げんぶのかぶと」よりも数千G程割高になるので
当然その分、時給効率は落ちます。

結晶金策は、
空いた時間でいつでも何時間でもできるため、
例え数千G程度の差でも
長く続ける前提であれば、
これがかなりの差額になります。

原価はできるだけ
安く済ませるに越したことはありません。




5.自力で装備が作れない場合は?

自分で装備制作ができない場合は、
魔法使い(後衛職)なら、
錬金済みのバザー購入品でも
時給=2万G~5万G は出せます。

利益効率はだいぶ下がってしまいますが、
いちおう完成品から
結晶金策をスタートすることも可能です。

また、
毎日相場をチェックしていると
たまに錬金失敗品
破格の安値で投げ売りされていることもあるので、
そういうものだけ買い集めておくのもありです。

この掘り出し物を
たくさん買い集めることができれば
前衛職構成でも
高時給を出せる可能性があります。

毎日相場をチェックして、
結晶金策用の掘り出し物装備を少しずつ買い集め、
一定数たまったら結晶金策スタート
・・といったスタイルなら
このやり方でも可能と思います。

ただし、前衛職用の錬金済み装備は
利益効率が極端に下がることが多く、
掘り出し物の出品自体が少ないため、
出品されても
すぐ誰かに買われてしまうことが多いです。



6.おすすめの狩り場は?

自分がLV50の場合、
敵のLVは51以上必要となります。

↓格下LV51以上モンスター一覧情報
http://www.d-quest-10.com/list/bp_2/hp_1.html


そして、
時給効率を上げるために最も重要なことは、
最短で敵を倒せる狩り場を見つけることです。

できれば1ターン(PTメンバー各1回攻撃分)
敵をせん滅できると良いのですが、
そのためには、
敵ができるだけ1体だけで出現する条件がベストです。

そこで、上記サイトの中から
ほぼ1ターンで倒せそうなモンスターのうち、
1匹単位で出現するマップを実際に調査してみました。

まず、結論から先にまとめると
以下3つの狩り場がおすすめと思います。

◆おすすめ度 第1位

 モンスター名:りゅうき兵
 http://www.d-quest-10.com/detail/a00350.html

 
 狩り場:プクレット地方
 http://dragon-quest.jp/ten/map/fild/p_pukure.php


◆おすすめ度 第2位

 対象モンスター:ダッシュラン、サブナック
 http://www.d-quest-10.com/list/f_p_008/exp_1.html


 狩り場:フェルアバの洞くつ
 http://dragon-quest.jp/ten/map/dungeon/p_feruaba.php


◆おすすめ度 第3位

 対象モンスター:バイキングソウル、ボーンプリズナー
 http://www.d-quest-10.com/list/f_p_008/exp_1.html


 狩り場:海賊のアジト跡
 http://dragon-quest.jp/ten/map/dungeon/p_feruaba.php

 

まず、第1位の
プクレット地方のりゅうき兵ですが、
ここが圧倒的に効率が高いです。

この狩り場は、
常に、りゅうき兵がたくさん湧いているため、
どのサーバーにも
たいていプレイヤーがたくさんいます。

あまりにライバルが多すぎる
効率が悪くなることもあるので、
事前にどのサーバーにするか
調査しておいた方が良いと思いますが、

敵を倒すとほぼ即湧き状態なので、
ある程度人が多くなっても、
ストレスはないと思います。

第2位の
フェルアバの洞くつですが、
奥の方にダッシュランとサブナックの
専用エリアがあります。

このエリアはそれほど広くなく、
倒すとほぼ即わきですが、
元々の湧き数が多くないため、
りゅうき兵と比べると
どうしても効率は落ちると思います。

ただ、人の多い時間帯で
りゅうき兵の狩り場が
どこも混んでる場合などは
こちらもおすすめと思います。

第3位の
海賊のアジト跡ですが、
バイキングソウルとボーンプリズナーが
ほぼ洞窟内全域に湧いてます。

ボーンプリズナーは2~3匹で出ることも多いため
単体で出現しやすいバイキングソウルだけを
狩れると効率が良いのですが、
ボーンプリズナーに比べると、
バイキングソウルの湧き数は少ないです。

ただし、
結晶対象キャラ以外の助っ人サポがいる場合は、
「にちりん棍持ち」前衛職を入れたら
ボーンプリズナーが2~3匹ずつ出現しても
フェルアバの洞くつと
同等以上の効率は期待できると思います。

安全対策用の僧侶も、
にちりん棍持ちにしておけば、
殲滅速度はさらに上がるでしょう。


実際に自分でいろいろまわって
調べて見るのも楽しいと思いますよ!

Ver3.0をより楽しむためにも、
今の内にできる金策は、どんどん進めておきましょう!!



熱風おろしの実装以後、
今までにない斬新な手順を考えたり、
より成果を上げるための手順試行錯誤したりするプレイヤーが
たくさん増えたのではないかと思います。

各種鍛冶アドバイザー
Ver 3.1より実装された「思考合成リスト」は、
このような「プレイヤーごとのオリジナル手順」を
各装備ごとにシステムの思考ルーチンの一部として
追加/編集することができる機能です。


作成したオリジナルの手順は、
装備ごとに保存しておくことができるため、
しばらく打っていなかった装備で

いつもの手順を忘れてしまった!

・・・といったこともありません。


思考合成リスト」は、
いろいろなパターンの手順で試行錯誤したり、
目的に応じて複数の手順を使い分けたりなど、
自分で考えた手順を改良していくことができるため、
鍛冶職人 中級者~上級者向けの機能となります。


以下オフィシャルのTIPSページにて、
この「思考合成リスト」の使い方について
詳しくまとめておりますので、ぜひご活用ください。
※この機能は、トライアル版(無料版)でもご利用頂けます。

「思考合成リスト」の使い方(中・上級者向け)

2.4後期では、
職人のレベルキャップが50まで解放されるため、
3/2(月)以降は、職人関連の素材高騰が予測されます。

メンテは、3/2(月)の2時からスタートするため、
必要なものは、本日中に準備しておきましょう!


【素材の準備】

 大型アップデートのメンテがあけると
 需要の多い素材は、すぐに高騰する傾向があります。

 職人レベル上げ用の素材については、
 できるだけ本日中に購入しておくことをおすすめします。

 職人LV30までは、
 安い素材がたくさんあるため
 自分が作りやすいとか、
 売りやすいものを決めてから、
 特に「バザー売りのみの素材」は
 優先して買い集めておきましょう。

 また、職人LV30以上になると、
 もらえる経験値が同じでも
 素材だけで安価なものと
 高額なものの差が大きくなります。

 レベル上げ効率UPを重視する場合は、
 獲得する経験値1あたりのコストが
 できるだけ安く済む装備品を厳選しておくと
 トータルコストが、かなり軽減できます。

 現状の相場でおすすめの
 鍛冶職人のレベル上げ向きな装備について
 以下にまとめてみました。
 ※必要な素材は以下URLのサイトでご確認ください。

 ◆武器鍛冶用
  ふぶきのオノ
  http://bazaar.d-quest-10.com/detail/i01813.html


 ◆防具鍛冶用
  げんぶの道着下
  http://bazaar.d-quest-10.com/detail/i02451.html


 ◆道具鍛冶用
  プラチナ錬金ツボ
  http://bazaar.d-quest-10.com/detail/i02718.html

 ※最近は、マデュライトルアー も比較的おすすめです。

 なお、
  ◆こうせき系(ガタラでも購入可能)
  ◆マデュライト(バザーのみ)
  ◆汗と涙の結晶(バザーのみ)

 ・・などの基本素材は、
 いつも大型アップデート後、
 すぐに高騰してしまうことが多いため、
 必要な分は、安いうちに
 購入してしまうことをおすすめします。

 お金に余裕のある方は、
 逆に高騰による差額を利用した転売金策目的で
 多めにスタックしておくのも良いと思います。


【道具の準備】

 いっぱつ仕上げが前提の場合は、
 ほとんど★1以下になるため、
 道具は、コストの安い
 「銅ハンマー★★」
 「銀ハンマー★1以下」
 十分と思います。

 道具鍛冶職人の方は、
 いっぱつ仕上げによるLV上げ目的で
 銀シリーズをたくさん購入する
 プレイヤーが増えるため稼ぎ時です!

 各職人の銀シリーズを大量生産できるような、
 関連素材をたくさん買い集めておきましょう!


【調理の準備】

 職人も、元気玉と調理併用で、
 経験値効率が最大130%上がります。

 調理は、職人LV上げであまっても
 普段使いまわしやすい以下2つあたりがおすすめと思います。

 ◆スマッシュポテト ★2(ハグメタやメタキン用)

 ◆バランスパスタ ★2以上(ボス戦用)

 逆に調理職人の方は、
 大型アップデート実装序盤が稼ぎ時と思います。


【装備袋拡張の準備】

 経験値上げ中の調理元気玉効率が上がるように
 倉庫や装備枠の拡張クエストがまだの方は、
 できるだけ事前に完了しておきましょう。
 ※装備枠拡張クエストは名声値不要です。

 ◆[倉庫拡張 +50個] Lv28 (名声値10)~
 http://dq10.org/quest247-azukarijyo.html


 ◆[装備枠 50個] Lv34~
  http://dqxdb.net/blog/dq10_902.html


 ◆[装備枠 75個] Lv68~
  http://dq10.org/quest239-soubi75.html


 ◆[装備枠 100個] Lv72~
  http://dqxdb.net/blog/dq10_10273.html




↑このページのトップヘ