2
つむみがジュレットをさんぽしていると、
ケモナーという名前のプクリポの女の子がいました。



4
つむみはプクリポの女の子に「ケモナーなの?」とききました。
ケモナーとは、けものが好きな人のことです。



5
そうすると、プクリポの女の子は「ケモナーの知名度ひくいのによくしってるね~」といいました。
どうやらつむみのことをケモナー仲間だとおもっているみたいです。

イーブイ
たしかにつむみは、イーブイはとっても好きですが、
ケモナーではありません。



6
7
「どこで覚えたの?」ときかれたので、
つむみはツイッターでみた画像のことを説明すると、
わかってもらえました。

ケモ度
これが、その画像です。



8
プクリポの女の子は「けむくじゃらからにしか興味ない」といいました。
さすが名前がケモナーなだけあって、
ケモ度の階段をのぼりきっているようです。



10
そのあとなぜかプクリポの女の子がつむみをハリセンでたたきはじめました。
つむみは「ケモナーにたたかれたー」といって泣きました。



11
ケモナーはプクリポなどにやさしいとおもっていたのですが、まちがいだったようです。
つむみは「ケモナーなのになんでたたくの」とプクリポの女の子を糾弾しました。



12
プクリポの女の子は「ちがうんだこれは」といいました。



13
14
そして、「コマンド入力みすったんや」
「けっしてつむみちゃんが泣いているところをみたいなんておもってないです」

といって、つむみが泣いているところをみたかったのでやったと白状しました。
ケモ度が低いつむみなのに、その泣いた姿がみたいなんて、とんだケモナーです!



15
ケモナーにも、かわいがるタイプのひとと、
いじめてたのしむタイプのひとがいるみたいです。



16
でも、ちゃんと土下座してあやまってくれたので、
「ケモナーだから しかたないね」といって、許してあげました。
プクリポの女の子は「圧倒的感謝」といいました。



17
それから、つむみはいっしょにいたプクリポの男の子が、
夏なのにタヌキのような服をきていたのがきになって、
「ケモナーにそれきせられてるの?」とききました。



18
そうすると、プクリポの男の子は「じぶんの毛」といいました。



19
20
ケモナーに着せられているわけではなかったとわかって、
つむみが「あんしんした~~」というと、
ケモナーにたたかれましたが、
泣くとよろこぶのでもう泣きませんでした。



21
そのあと、プクリポたちで記念写真をとっていると、
ウェディの男の人たちがやってきました。



22
すると、なんということでしょう!
黄色い服のウェディの男の人が、
いきなりつむみのおしりの下にすべりこんできました。
つむみはおどろいて、「ヒッ!」といいました。
もしかして、このウェディの男の人もケモナーなのでしょうか?



23
つむみが「このひとたちもケモナー?」というと、
ウェディの男の人は「私女子よ」といいました。
どうやらケモナーをしらないみたいです。



25
ケモナーじゃないのにつむみのおしりのしたにやってくるなんて、
変な人とおもったつむみなのでした。