こんにちは、8月です、暑いですね、いかがお過ごしですか。お盆休みはありますか?私は8月が来るといつも毎年思い出すことがあります。おじいちゃん、おばあちゃんの思い出です。心に確実に刻まれています、自分が愛されていたんだということを。
 さて、愛されているということに関して、私はこのスマイル通信で何度となく、おじいちゃん、おばあちゃんの話を書いてきたと思います(忘れた方は、バックナンバーが医院、ホームページにあります、ぜひ参照ください)
実はこの度、「愛される」というキーワードをテーマに本を書いています。とうとう文筆家への道です(笑)。我ながら多少恥ずかしい部分もありますが、本を書く機会に恵まれました。
「愛」とは駆け引きのないものと思っています。自分に対して損得があるから動くわけではなく、ただただ相手のことを思いやり、行動していくものだと思います。
そんな愛情をたくさん、おじいちゃん、おばあちゃんから私はもらったと思っています。
だから今回はちょっとばかり「愛される」について語ってもいいかなと!
ただ具体的な内容は歯科医師の私が書くわけで、医療に関係した話になっています。
硬いかもしれません。やわらかさを出すためにお見合いエピソードも書いてます!

 本といっても、その本は電子書籍と言われるものです。あなたはAmazon(アマゾン)で買い物をしたことありますか?
もしないという人がいれば周りの若い人、息子、娘さんかお孫さんなんかに聞いていて下さい。
まずみんな知っています。Amazon(アマゾン)はパソコン、スマホを用いる通販です。
通販サイトを画面で見てたくさんの商品の中から自分のほしいものを買うのです。
この通販は特に本を多く扱っています。本の中でも、Kindle(キンドル)と呼ばれるジャンルがあって、これが電子書籍と呼ばれるものなのです。
電子書籍は注文しても実際に本が手元に届くわけではないのです。
パソコン、スマホで画面でデータとして本が見れるのです。現代版の本なのです。

 この電子書籍を出版することになり、今必死の思いで原稿を書いています。編集者との打ち合わせで何度も東京に行きました。
先日は表示デザイナーさんとの打ち合わせがあり、話を1時間ほどしたのですが、そこからどんな表紙がよいかイメージして仕上げてくれるとのこと。まだ自分も表紙見てないんです。
文章っていざ書くとなると悩みます。悩んで悩んで三島由紀夫も悩んだのかなと作家気分を味わっています。作家って苦しい職業なんだなと。そしてAmazon、キンドルの出版予定日は原稿書き途中にもかかわらずきまっているのです。驚きですね。8月29日火曜日午後5時と宣言されました。ほんとに間に合うのかなー、自分が一番心配です。
スマイル通信のエピソードを書いてのせています!