板東歯科医院南昭和オフィスでは、インプラントや外科治療で再生療法を行う際、完全自己血液由来フィブリンゲルCGF(Concentrated Growth Factors)を多くの症例で用いています。CGF作成には厳密な施設基準があり、施設基準取得後も定期報告を行うことが義務付けられています。当院ではこれらを全てクリアしていますが、さらに今回、日本再生医療学会の健康被害保証制度に加入いたしました。
当院でCGFを用いた再生医療を受けられるみなさまにとってもさらに安全性が増したと思います。
今後もますます高度な安全性を追求して参りたいと思っています。

IMG3_20170801_0001