11月に院長がテキサスで研修を受けてきました!
 1つ目はテキサス大学ヒューストン校歯学部で、Dr.Robin Weltmanの審美的機能的クラウンレングスニング、Dr.Nikolaos Soidatosのインプラント周囲炎について、Dr.Junichi Iwataの口腔疾患とメタボリックシンドロームの関係、Dr.Nikola Angelovの口腔細菌と心臓の関係、Dr.Srinivas Ayilavarapuによる2型糖尿病、歯周疾患の病態生理とマネージメント、Dr.Chun-The Leeの即時VS待時インプラントプレイスメント、それに歯学部とヘルスケアセンター(付属病院)の見学と盛りだくさんの内容で行われました。
 
 2つ目はperio health professionalsによる研修でした。この施設は元AAP(米国歯周病学会)会長で歯周病治療と予防歯科の世界的権威であるDr. Michael K. McGuireのオフィスです。他にもDr. E. Todd ScheyerやDr. David I. Liptonといった有名な歯科医師が勤務されています。ここでは世界最先端とも言える予防歯科診療の見学と、Dr. Michael K. McGuireによるソフトティッシュオギュメンテーションとDr. E. Todd Scheyerによるデジタルデンティストリーについて学ぶことができました。
 時差ボケとの戦いでタフな日程でしたが、テキサスで学んだ世界基準の診療をここ徳島でも行っていくことができるよう頑張って参りたいと思います!

45705403_1939865999429898_5206542588105981952_o