2007年02月28日

「いざ、さらば」

にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
トラ画像3

突然だが、今日をもってこの「Dr.Tigerの男気レポート」を終了することになった。思えば連載を続けたこの一年近くの間で商品市場は大きく動いた。非鉄金属の銅・ニッケルは過去最高値を更新、その後約4割下落している。原油も過去最高値となる70ドルを更新後、50ドル台まで下落した。だが、国際商品の上昇トレンドは当分変わらないと見ている。中国とインドの巨大なマーケット・消費が穀物・石油・非鉄金属など、ありとあらゆる分野の需給を逼迫させることになる。需要が急激に拡大する一方で供給は限られている。価格の高騰は必至なのである。




貴金属  金、銀、白金がストップ安
東京市場は金、銀、白金がストップ安。円相場は118円台前半で強含み。上海発株価暴落が欧州、ニューヨークを経て東京にも波及。つれてドル安、商品全面安という展開。今回の株価暴落が一過性なのか、それとも中国経済の先行きを暗示しているのかどうか。昔は「米国がくしゃみすると日本は風邪を引く」といわれたが、今や「中国がくしゃみすると世界が風邪を引く」状態になっている。米国の1月中古住宅販売が予想外の伸びとなったが、暖冬が寄与した模様。28日は新築住宅販売が発表される。ニューヨーク金は夜間取引で大幅に下げており、700ドルが遠のいた形。

<目標値>(期先)
金2,700円、銀560円、白金4,700円




石油  原油続落でガソリン、灯油も一段安
         
東京ガソリン、灯油とも原油続落を見て下降した。一時はストップ安をつけたが、いきなりの原油の下げにつられて投げが出た結果である。大引けにかけては雷同売りが後退し、下げ渋り場面が見られた。原油相場はまだ高値圏にとどまり、65ドルに挑戦する勢いを持っている。ガソリンのケイ線を見ると、短期、中期、長期平均線が一点に交差する流れにあり、過去においても大型暴騰相場となったパターンであることから、強気方針を固めて買い玉を這わせ始めた投機筋が認められるのも肯ける。強気勢力が原油安の反動高を契機に買い玉を増やす可能性があるだけに、値に惚れて売るのは危険といえるだろう。ここは突っ込んだら買い玉を仕込むスタンスとしたい。

<目標値>
東京ガソリン58,000〜62,500円 東京灯油54,500〜57,500円



                      
穀物  思わぬ中国ショックに2日連続でストップ安

東京穀物は連日のストップ安。中国株式の暴落が、世界穀物需要を左右しかねないとした売りに円高を嫌気した売りが加わり、手仕舞売りが殺到、トウモロコシ先限は2万8,080円、Non−GMO大豆先限も5万0,320円まで一気に売られた。シカゴ穀物市場はファンドの参入が活発なため、中国の動き次第では資金を引き上げるとの見方も出来るが、夜間取引は下げ渋っており、中国ショックが尾を引く恐れは弱くなった。この下落を投機筋が押目と見るか、ファンドの動きが鈍くなるとみるかどうかが、市場のムードを左右しそうだが、まずは3月1〜2日の農業観測会議がカギになろう。

<目標値>(期先)
トウモロコシ 30,000円  大豆53,000円



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
登録サイト一覧




にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
北辰物産関連


取引所
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)